怪異パレード特設ページ?

下へ
お名前:
  • 【南区】 -- 2020-06-07 (日) 03:12:53
    • 【南区 ロボ部秘密基地】 -- 2020-06-07 (日) 03:13:06
      • 御神体さえ、盗み出してしまえば…!
        (魂が宿る部分さえ抜き取れば、動きは止まる。そうすれば騒動は終わりにできる。
        動きを止めたロボットの体を、有名が駆け上る!)
        ツミちゃん!
        (止めた後はどうしよう。知ったことか!ただ、少女の体を抱きとめようと両腕を伸ばして飛び込む!) -- 有名 2020-06-07 (日) 02:41:23
      • (ツミちゃんの元へ駆け寄ると、黒いヘドロの中に露出した少女の胸にあるカケラへと手を伸ばす。
        有名の能力は、逃げ隠れすること、そして盗むことだ。瘴気によって正気が失われた今この場であれば、埋め込まれたものを
        盗み出すこともできるはず。
        案の定、有名の腕は少女の体へすぅと潜り込んだ。そして、引き出そうとして尻もちをつく)

        えっ…?
        (有名の両腕が、二の腕から先が消えて、白い振袖がだらんっと垂れさがる。さらに、その体が
        沸き立つ黒いヘドロに飲み込まれていく…) -- 有名 2020-06-07 (日) 03:02:37
      • (皆の声が背中に掛かる・・・振り返り、応えたくなるのをぐっとこらえて前を向く)
        有名ちゃんっ(追いついた目の前で、彼女の体がヘドロに呑まれていく)有名ちゃん!立って!そこから出て!(手を伸ばす・・・) -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 03:06:33
      • 有名さん!!(ロボットの装甲の上を駆け、追い付いたが。そこに有るのは、吸収されゆく無残な姿で)
        ……取り込まれてる。これは――(最早、助けることは出来ないのだろうか。やどりが必死に手を伸ばすが、果たして――) -- クロ 2020-06-07 (日) 03:07:37
      • どうして…ツミちゃん……ああっそうか!!髪飾り!!
        (有名の髪飾り、実はそれ…有名が盗んだりゅーちゃんさんのボディを封じているものなので…)
        そっかー、ツミちゃんお腹空いてこれ食べようと…くっそぅ!私はまた大事なとこでぇぇえええ!!!
        (なんかあんまり緊張感ってものがないが、状況は切羽詰まっている。
        龍神の体なんてものを取り込んだら、ぜったいまた、すぐに暴れだすのだから…)
        やどりっ!髪飾り取って!はやく!私は良いから!おねがい!ツミちゃんを…ッ! -- 有名 2020-06-07 (日) 03:10:59
      • ・・・っ・・何言って・・有名ちゃんもこなきゃだめっ(そう言って助け出そうとするも、手にできたのは彼女の髪飾りだけで)
        う・・うぅ・・・「弥堵里、まだ終わってねぇぞっ」
        ・・・・・うんっ(頷き、彼女の髪飾りを自分に付ける・・・そこに封じられた力がりゅーちゃんに還元されて、改めて体に宿るのを感じる)
        (半透明の角と尻尾に続き、手に半透明の鉤爪が付く・・体表に走る鱗めいたエネルギーのラインが上半身にまで至って全身を覆う)
        「さぁ、反撃の時間だべ」 ・・・絶対・・助けるからっ -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 03:18:31
      • (やどりの事情は知らないが、どうやら龍神が力を取り戻したようだと、その漲る霊力の強さを目の当たりにして)
        ――今すぐ、殺すんだ。大杭神を。有名さんが完全に吸収されてしまう前に。
        いけるね、やどりさん。(視線を交わし、頷き合う) -- クロ 2020-06-07 (日) 03:22:19
      • (コロンッと木琴を転がすような音がする。有名を完全に取り込んだ少女は、
        今度はやどりとクロへとヘドロの触手を伸ばす。
        いつしか空を覆っていた雲は切れ、夕焼けが差しこむ。一足さきに夜が来たようなヘドロが
        泡立ち、さざめく) -- 2020-06-07 (日) 03:25:51
      • (赤い瞳でツミちゃんを睨み、構える・・・どんなスロースターターだって、いい加減動き出す・・・覚悟は決まった)うん・・・出来るよ -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 03:26:01
      • ・・・・!(龍の腕が巨大化する・・伸びあがってくる触手を・・)てぇい!!(べしーんと真正面から、ツミちゃんごと叩き潰す勢いで振り込まれる) -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 03:28:01
      • じゃあ、やろうか。(燃え盛る車輪、火車を二つ展開する)
        止めは貰うよ。完全に殺し切るのは、きっと僕じゃないと出来ないから。
        (呼吸を合わせて、動き出す) -- クロ 2020-06-07 (日) 03:30:07
      • (叩き込まれる拳に、ヘドロの触手がつぎつぎと束になり押し戻そうとする…が、逆に押し込まれる!
        泥の絶対量が足りないのだ。完全体となった龍神の力を押し返すこともできず、その場に縫いとめられる。
        彼女を守るという結界の気配もない。彼女が力を取り戻そうとしたのと同じように、側に自身のカケラがあれば
        元に戻ろうとせざをえないのだ) -- 2020-06-07 (日) 03:35:18
      • わかった・・・っ(クロに頷くと・・・)じゃぁちょっと集めてくるね(ばんっと空気の破裂する音と衝撃波を伴い、一瞬のうちに東区の空へ飛んでいく)
        ──おいで!─
        (次の衝撃で北区の空へ)
        ──きみも!─
        (そして西区を経由して)
        ──きて!─
        (戻ってくる・・・散り始めていた、伊上のありったけの雲をかき集め、巨大な積乱雲として)
        ──いかづち!こんじょーみせろぉおおぉお!!!─
        (怪獣めいた咆哮を上げながら、雷を纏うその水と氷の集合体を)でぇぇいい!!(一点に集約して叩き落とす) -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 03:43:19
      • (巨大な雷に撃たれ、閃光の中で堕ち行く少女の姿を、猫の瞳は捉えていた)
        (二つの火車が回転する。徐々に速く。漸うと熱く)

        妹を攫ったお前を殺して、僕はお前に殺されて、でも互いに蘇ってここにいる。
        こんな因果も終わりにしよう。お前を殺したモノとして蘇ったからこそ、僕はお前を殺せる。今度こそ、完全に。確実に。

        (瞑目して、妹のことを想う。大杭神に囚われた4年間で、どれほどの傷を負っただろう?)
        (大杭神が再び現れ、これだけのことをして、またどれほどの傷を受けているだろう?)

        (瞳を、見開く。神を、見据える)

        ――お前がいると、深白が安心して生きられない。だから。

        (回転する二つの火車が業火を纏って、大杭神の本体を両側から――挟み潰す)

        今度こそ、消え去れ! 大杭神――!!

        (燃え盛り噛み合う一対の車輪は、その神体の全てを粉々に磨り潰し、その魂の全てを焼き尽くす)
        (存在のひと欠片すら残さずに。燃ゆる両輪は少年の怒りを映して過熱し、大杭神の神核を、ついに完全に消滅させた――) -- クロ 2020-06-07 (日) 03:49:05
  • (雷と火炎が、ヘドロの闇を払う。一瞬、夕焼けを青空に戻すほどの閃光があった。
    そして、後には、何も残らず…。強い光に誘われるようにヘドロの山は、音もなく、風に巻き上げられるこの雪のように
    なって散り始める。その光の中を、生き物とも何とも言えない不思議なモノたちが泳ぎ、その姿もすぐに薄れてきえていく。

    気配が消えて、静寂が戻ってくる。夕焼けに染まる街の遠景に、破壊の後の煙がたなびく) -- 2020-06-07 (日) 03:58:03
  • おわった・・・いや・・(ツミちゃんは倒した・・でも・・・まだ終わりじゃない)
    ・・・守れなかった・・(破壊された町と傷ついた人々を見る)
    ・・・(これは、大杭神を呼び出した私の罪・・・落ち着き、安心した事で改めて湧いた罪悪感に胸が締め付けられる)

    りゅーちゃん・・・私の中には、龍珠があるんだよね・・・(そんな事をしても、無かったことになんて出来ないけれど・・・それで少しでも償いになるのであれば)
    「弥堵里・・・お前が何をしたいのかはわかってる」
    ・・・でも・・それをしたらさ・・
    「お互い、ただじゃぁすまねぇなぁ・・・」
    「まぁでもなんだ?きっとオラでもそうしただろうよ・・・ここまで来たら一蓮托生だべ」
    「やりたい事、やるべき事・・それが一致するってのは幸運な事だ・・間違えた分、しっかりやれ」
    うん・・・っ・・ありがとう・・・りゅーちゃん・・(静かに、決意を固める) -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 04:02:42
  • (振り返り・・眼下の皆を見る・・・巻き込んでしまった・・いくら謝っても謝り切れない・・)
    (あるいはもっと早く助けを求めていたら、違う結果になっていたかもなんて思う・・・それらはすべて、考えても栓のない事だ)
    ・・・あいちゃんは何処にいるかな・・・無事だと・・いいな・・・(これからも、きっと大丈夫だ・・・倉守先輩と一緒なら、怖い事はそうそう起こらないない筈だから)
    クロちゃん・・・ごめんね・・・「後で話す」って言ってたけど・・多分無理・・(ちろっと、昔みたいな悪戯っぽい表情をして)
    有名ちゃん・・必ず戻してあげるから・・・(深く呼吸を整えて決意を新たにする)
    (最期に・・・)・・・そーい先輩・・・(皆の中にいる人を見る・・どうしても、言いたい事があった・・)
    ──私は、貴方の事が・・好きでした・・・
    (人間には理解できない龍の言葉を紡ぐ・・・それでいい・・世の中には伝わらなくていいことだってあるもんだ)
    ・・・よし・・行こう! 「おう!」(雲を呼び、空高く舞い上がる・・今ならなんだって出来る気がした)

    「力を使う時、お前はいつもオラの龍珠にアクセスしてる・・・その感覚には覚えがある筈だべ」
    うんっ・・わかってる(それの使い方を、少し変えればいいのだ)

    (空に辿り着けば・・胸に手を当てて)
    ──お願い・・・ツミちゃんが傷つけた人たちを・・・巻き込んでしまった物たちを・・もとに戻してっ・・!!─
    (龍がなけば雨が降る・・)

    (龍が持つ珠・・・それには願いを叶える程の神通力が込められているとされている・・・)
    (弥堵里の魂に宿ったその珠の力を開放する・・伊上の空が瞬く間に薄曇りに包まれ、地上に光を帯びた雨が降り注ぐ・・・)
    (光雨の持つ不思議な力が、百鬼夜行で傷つけられた人々を・・・壊された町を、元のあるべき形に癒していく・・・) -- 龍神やどり 2020-06-07 (日) 04:09:50
  • (謝罪と笑みに、一抹の不安を覚えた。一瞬止めようと思うも、出来ない。それだけの覚悟が見えたから)
    (街に光の雨が降り注ぐ。どこまでも優しく、慈雨のように)
    これは……(街が、人が、元に戻っていく。まさしく、奇跡を目の当たりにしているといってよかった)
    (でも。その、代償は果たして――) -- クロ 2020-06-07 (日) 04:15:21
  • (眩い光の中にいる・・・街が癒されていくのを実感していると・・・)
    ・・・きた・・(その時が来たことを悟る)
    (自分が今いる雲の上よりさらに高い場所・・・そこから何かが来る・・・否・・何が来るのかは分かっていた)
    あれが・・・ 「大龍王様だ」
    (姿は見えなかった・・・見る事を許されなかったという方が正しい)・・・・っ!!(そこにいるという気配・・ただそれだけで体がすくみ、息が詰まる)
    (「畏れ」とはこの事を言うのだと強く実感する・・目の前にいる者に逆らってはならない・・叶うのなら、一生気にも留められぬよう静かに静かに生きるべきだと・・・)
    (でもその願いは叶わない・・・自分はもう、この方の怒りに触れてしまった・・・)

    ・・・・・・・──龍の力を使ったのは貴様か、小娘─・・・

    (声をかけられた、ただそれだけで立っていられない程にくらくらする)そ、それ・・・は・・・には・・理由が・・・

    ・・・──お前が何を思って力を使ったかなど、どうでもよい話だ・・龍珠は人間風情には過ぎた力・・・それを使って世の理を曲げた以上、代償を支払ってもらう

    お待ちくだされ大龍王様・・
    (何も言えないでいる私の前にりゅーちゃんが飛び出す・・・いつの間にか、憑依合体がとけていた)

    ──印旛・・また貴様か・・・罰を受け、情けをかけてやったにも関わらず再び禁忌を冒すか・・・余程儂の顔に泥を塗りたいらしいな

    申し開きのしようがありませぬ・・・これはもう私めの性分なのでしょう
    此度の一件・・全ては私の独断でなした事・・小娘はただ利用されただけにございます・・・
    (りゅーちゃんが・・龍王様と何かを話している・・・それが何なのかは分からない・・なんなのか・・理解させてもらえない)

    ──その娘の罪を被ると申すか・・・いい度胸だ・・しかし、罰も二度目ともなれば前の様にはいかぬぞ?

    承知の上にございます
    (りゅーちゃんが向き直る)「アマエビってすんげぇのな?予言の通りだべよ」
    ・・・・え?・・・
    「弥堵里・・・これでお別れだ」
    ・・りゅーちゃ・・・なに・・どういう・・ぅわ!?(揺らぐ・・・乗っていた雲が薄れていく・・)まさか・・りゅーちゃん・・だめ・・ダメだよ、りゅーちゃん一人で死ぬのなんて・・そんな事っ
    「弥堵里、生き物はなんで死ぬと思う・・・?」
    (降りていく・・りゅーちゃんから引き離される・・・慌てて飛び移ろうとするけど、叶わない・・・認めたくなくて・・くしゃりと顔をゆがめて首を振る・・そんなこともう何回も聞いた・・そんな説教じみた事が聞きたいんじゃない!)
    りゅーちゃ・・ま、待って!・・・ズルいよそんなの!
    (叫ぶ・・涙が溢れて)嘘つき!一緒にって言ったのに!騙したんだ!・・ひどい・・ひどいよ!私を・・一人にしないで!!
    (遠ざかっていく空の上・・)「弥堵里・・・お前は一人じゃない」
    「泣いてもいい、怒ったりすることもあるだろうけんども・・・お前にはちゃんと仲間がいる・・そいつらと仲良く、達者で暮らせ」
    「んで出来たら」(大龍王から放たれる光に包まれながら)「最期は笑ってな」(りゅーちゃんは笑っていた)

    う・・う・・・うぁぁぁああぁ!!(嗚咽は雨空に消えていった)

    う・・ぅう・・・りゅーちゃん・・(ゆっくり・・ゆっくりと空から落ちてくる) -- やどり 2020-06-07 (日) 04:19:52
  • (地上に戻って来たやどりの側を風が吹き抜けた。風は先ほど散って行った大杭神の体から
    昇った粉雪のような光を運んで、吹き溜まりを作る。
    光が、人の形になる、やがて質感と存在感を得て、それは白い着物をきた有名の姿を取った。
    …しかし、うすぼんやりと光るその体は、重さが希薄で、まるでまた風にのって消えてしまいそうで…。
    体が地面に着くと、光はそよと吹いた風に散らされて消えた。
    その場に、着物だけがふぁさり…と落ちて、ぽたぽたと雨に打たれる…。)
    (…なんか、着物がモゾモゾして…)
    exp035659.jpg
    (すっげぇ気まずそうな顔した、なんかシュッとしてない生き物が顔を出す) -- 有名 2020-06-07 (日) 04:29:29
  • う・・っく・・・う・・ぐすっ(雨に濡れる伊上の地に横たわり、泣きはらして・・・)
    (やがて現れたシュッとしてない生き物を認めれば)・・・(取り戻せた確かな温もりを感じ取ろうとするように、強く強く抱き寄せる) -- やどり 2020-06-07 (日) 04:32:53
  • (少女の嗚咽を確かに聞き届けた。罪は贖われ、代償は支払われた)
    (これでよしとしないほど、玄道は狭量ではなかった――だが)
    やっぱりタヌキじゃないか。(締まらない姿に、そう苦笑する。此度の災禍は大事ではあったが、結局のところ)
    (一柱の龍神と、皆の奮闘のお陰で誰も死なず、ロボという一部の例外は除いて何も壊れなかった。そこにこれでは、すぐに怒る気も失せようというものだ)
    (ただし、罰としてスマホで写真は撮っておく。やどりがすぐに抱きしめたせいで、間抜けというよりは幾分エモい記念撮影にはなってしまったが)
    (ため息を一つついて)
    世はなべてこともなし、かな。 -- クロ 2020-06-07 (日) 04:37:05
  • (しばし、気まずそうにやどりに抱きしめられた後、もぞもぞと体を捩って腕から抜け出すと。
    ダッシュで2人から離れるピンクのたn…なんかシュッとしてない生き物。
    そして、2,3度その場で跳ねると、ヒャンッ!と一声啼いてひと際高く飛び上がり、ふっと姿を消した。
    降り出した雨は、濡れた大地から土の香りを上らせて。大地の陰気を流し去る春の雨が降る) -- 有名 2020-06-07 (日) 04:41:32
  • 【混乱する現場から離れた場所/SAFE SPACE】 -- 2020-06-07 (日) 03:13:14
    • ――あ、頭だけでた(髪飾りを取らせるため、だとはまでは判らないが、有名がまだ生きているのはわかった) -- 墨薫 2020-06-07 (日) 03:14:34
    • あんのやろう…自分の術を過信しやがったか!(そんな器用なタチではあるまい、と歯噛みして見る) -- 総痍 2020-06-07 (日) 03:16:29
    • まだ生きてる…!(声が聞こえた。髪飾り…やどりちゃん──そうか)…あれが取れれば、吸収されることもなくなるかも…?お願い…! -- 銚釐 2020-06-07 (日) 03:17:28
    • あれはやどりちゃんが探してた龍の…体!?有名ちゃんが持ってたの…!?(ナンデ?って顔になる) -- 墨薫 2020-06-07 (日) 03:20:49
    • 有名が前に吸収していたのよ…やどりちゃんも知っててそのままにしていたみたいだけれど…それを、大杭神は吸収しようとした…?
      けど、すべてが揃った今のりゅーちゃんとやどりちゃんなら、行けるの…?(けど、ツミちゃんは…どうなる?…有名を信じるしかない) -- 銚釐 2020-06-07 (日) 03:23:34
    • ゆーなちゃん……!(止めようとした有名が取り込まれていく 状況は既に自分の手に負える範疇にはない 見ているしかないのが歯がゆい) -- 2020-06-07 (日) 03:23:48
    • 有名……!?(巨狼となった成哉に跨って遅れて姿を見せて)
      大体の暴れてる怪異は何とかなったわ、でも……あれは。 -- アリス 2020-06-07 (日) 03:26:23
    • あれが本当の龍神の力か…!(離れていても分かるその力に、目を開く)久常の奴も意気軒昂、早く仕留めちまえ…!(でなければ、有名が、と) -- 総痍 2020-06-07 (日) 03:30:37
    • あたしは信じるよ。今までだってみんなで何とかしてきたんだもん。
      (それだけ言って、勝利を、救いを信じて戦う者達を見守る。信じる事、人の想いがもう一度力になると、それをまた信じて)
      どうか「みんな」で無事に…。 -- 墨薫 2020-06-07 (日) 03:32:10
    • 有名を…!(助けて…くれる。そのはずだ。やどりも、久常君も、彼女を見捨てるような真似はしないと…信じられる)
      (だが、ツミちゃんは…前に、私の家で少しだけ、一緒の時を過ごした少女…もちろんその中身の危険性も知っているが、その子の無事迄願うのは、我儘ということもわかっている)
      (口に出すはずもなく。…ああ、けれど。それでも願ってしまうのは、私が怪異だから?…否。私が、私だから。叶わぬ願いと知っていても、祈る…) -- 銚釐 2020-06-07 (日) 03:33:14
    • (圧倒的な力の奔流、でもこの力は)……終わるわ………(全てを終わらせるための力で) -- アリス 2020-06-07 (日) 03:46:18
    • (やどりの神の力と、久常の怪異としての権能…神殺しのその力で、恐らくはトドメになるだろう一撃が見舞われたのを見据える)
      (……これで、よかったはずだ。それでもやっぱり、身勝手な想いは消えなかった。ツミちゃんを、助けられないか、という、そんな想い)
      (でもきっと。私以外にも、一人くらいは……同じ思いを抱いているだろう)……有名……(その者の名前を、呼ぶ。貴方は、無事なのでしょう。そう言って…) -- 銚釐 2020-06-07 (日) 03:51:41
    • なかなか、みんな、とはいかないもんだね…(何事もそうだ。誰かが犠牲になる、と溜め息を吐いて)
      ごめんなさい、神様…(墨薫の顔に勝利の喜びはない。煙の方へ両手を合わせた) -- 墨薫 2020-06-07 (日) 04:02:20
    • 奇跡………神龍の巫女………! -- アリス 2020-06-07 (日) 04:15:59
    • 傷と痛みが消えていく……… -- アリシア 2020-06-07 (日) 04:17:11
    • やどりん……(龍の巫女が慈悲の雨を降らせ、破壊された街を、人を、元通りにしていく)
      (まるで神の所業を見ているかのようで)そっか、やどりんは神様とともにいたのか(彼女の力の真意にようやく気づく ……そして、それだけ大きな力を振るうことの代償は、一体) -- 2020-06-07 (日) 04:18:50
    • 奇跡――…ね(そう思えるほどの力の行使。それと引き換えに今度は…どれだけの犠牲が払われる…?) -- 墨薫 2020-06-07 (日) 04:20:08
    • そう…なるのね…(神に匹敵する力の代償は、神そのもの。妥当ではあるけれど…)どうしても、誰かが泣かないといけないの…?
      -- 墨薫 2020-06-07 (日) 04:26:50
    • 流河……(彼女が無事だったことに、心より安堵した。初めて見た頃から無茶をしてばかりで、実の妹よりも放おって置けない妹のようで)
      (その小さな体に抱えきれないような重い荷物を背負って、その一部でもと支えるようなこともしたが、それは果たして助けになったのだろうか)
      (龍の声が響く。あらゆる獣の王、天に揺蕩う神秘の存在、そして今は神の欠片を抑えきった、沼収める古き龍神)
      (遠く遠く、市内全てに届くかのようなその声に、何かを感じた。意味は分からねど…龍としてではなく、一人の少女の声として)
      ……よくやった。お前はよくやったよ。先輩として、誇りに思う(深く頷いた。そして笑う…男が人にはめったに見せぬ、彼女に見せた、優しい笑顔を)
      (そうして降り注ぐ光に目を開く、その意味)……阿呆が。だからお前は…優しすぎるんだよ(苦笑をして…彼女なら、そうするだろうと。己を苦しめてしまうほどの慈悲の心をもつ彼女なら、と) -- 総痍 2020-06-07 (日) 04:28:09
    • あ、あれ?あそこになんか…………やせおとろえたタヌキが。 -- 墨薫 2020-06-07 (日) 04:31:43
    • 『……シメて毛皮を剥ぐ気も失せる間抜け面とは、ああいうのを言うのでしょうね』(なんてばつの悪そうな顔だ…) -- マチルダ 2020-06-07 (日) 04:35:43
    • ……つまりあれがゆーなちゃんの正体というわけか。(たぬきのような、妙に気の抜けたナマモノが振り袖から現れたのを見て)
      こりゃあ、いつぞくらあじに言ったやらかした時の罰ゲーム、べんけーくんを頭に乗せてぱーりなぃ、ゆーなちゃんにやってもらわねば(とても地味で邪悪な計画が いまここに) -- 2020-06-07 (日) 04:38:15
    • だいじょうぶ。もうシメられてたからね(倉守くんに…。と言って少しだけ、微笑んだ) -- 墨薫 2020-06-07 (日) 04:38:55
    • (男が龍神の気配を察知すれば空を駆けてやってくる、どうやら伊上山で待ち受ける必要は無くなったと見たからだ)
      (ぐるりと見渡せば大凡の結果を把握する、想定よりもだいぶ甘い結果とはなったが…笑える空気では無いようだ)
      総痍ちゃん、あのみすぼらしいよぅ分からん狸…そうよう分からん狸見てるとこ悪いんやけどそっちの集まりの手配頼むわ、諸々忙しくなる(とだけ言う…つまりは概ね隠蔽に関わる話、まだまだ怪異に関わる者の仕事は終わらない) -- 倉守 2020-06-07 (日) 04:43:14
    • …はー…まさかタヌキだったとは…。こりゃもう、皆化かされたと思うしかねーな(からからと笑う)
      ……しかも逃げ足は人間の時といっしょときた(ふう、とそこまできて…ようやく、終わったのだと肩から息をついて…木刀を腰に収めた) -- 総痍 2020-06-07 (日) 04:44:43
    • んン?おめーにしちゃタヌキ確定言い切れーもんなんだな。ありゃ北川だよ(迷惑かけられついでだ、と倉守に密告しておく)
      ……あー…そっか、そうだったな。壊れたモン概ね治ったとは言え…記憶まで戻った訳じゃねーしな(やれやれと、改めて肩を伸ばし)
      ああ、ウチの人間にゃ声かけとく。おめーんところの人間が誤魔化せる隠蔽範囲以外をピックアップしてまとめとけ(と、てきぱきとスマホを取り出しつつ連絡をして) -- 総痍 2020-06-07 (日) 04:49:58
    • (その密告を男は口に人差し指を当てて)今僕は耳が遠いから聞こえへんかったわ、被害がゼロやったら鍋にする狸も居らへんさかい
      (見なかった事にする…という事なのだろう、事前に有名には散々に釘を差しこの結果となった以上罰を与えるつもりもない)
      避難解除諸々出すよう連絡も回さんとなぁ…はー面倒が随分あるわ(溜息一つ男もスマホを出して諸々の作業へ向かった) -- 倉守 2020-06-07 (日) 04:54:44
    • お疲れ様、専門家は大変だね…。いくらギャラが良くても怪異絡みのお仕事なんて、就きたくないよ。
      (気楽に言って街の方を眺める。本当に?と心の声が笑うのを感じる)
      (変身を解き、メイド姿に戻る)さて、あたしはあたしの仕事に戻ろっと。(スマホを取り出し、母親や店の安否を確認)
      (それから帰――ろうとして)ここ伊上山で徒歩じゃん!?ちろりちゃん!送ってえええ!(またドタバタしたのだった) -- 墨薫 2020-06-07 (日) 05:00:07

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

上へ
+  

Last-modified: 2020-06-07 Sun 05:00:07 JST (33d)