ユーリィ>名簿/408792 &color(crimson){}; リッツ>名簿/408792 &color(#408792){};

リビング Edit

編集

お名前:
  • くそッ!(ガシャン、と音を立てて手の中でカップが砕け散る)
    (リハビリのつもりで珈琲を淹れようとしたが何度やっても上手く行かず、カップを割るのもこれで三度目になる)
    -- ユーリィ 2010-07-16 (金) 09:47:53
    • (失った手だけではない、体全体がどこかズレてしまったかのような感覚)
      (誰にも見せないように心掛けている不安と苛立ちが、不意に心を掻き乱し表面化する)
      -- ユーリィ 2010-07-16 (金) 21:47:01
      • ……まだ、痛むの?(奥から苛立ちと焦燥を感じ取って恐る恐る出てくる) -- リッツ 2010-07-17 (土) 05:19:11
      • あ……起しちまったか(少し、バツが悪そうに)
        いや、大丈夫。もう痛みは殆ど無い。ただ……慣れなくてな(嘘を吐く……夜中に何度も叫びと共に飛び起き、その度に心配をかけているというのに)
        -- ユーリィ 2010-07-17 (土) 09:39:33
      • 無理、しなくてもいいよ。……私も、その、学校修了したし。
        少しは、冒険でもお金もらえるようになってきたしね……(ことりと、水をユーリィの前に置く)
        -- リッツ 2010-07-18 (日) 00:48:05
      • ああ、サンキュ……リッツ。(力の加減が出来ない右手ではなく、左手でコップを持って水を飲む)
        (水分が体に染み渡り、遅れて自分がかなり汗をかいていた事を自覚する)
        それでも、な……なるべく、その金はリッツ自身の為に使って欲しいしよ。(そう言って笑顔を作って見せ)
        と、そうだ!ちょっと良いか?
        -- ユーリィ 2010-07-18 (日) 01:29:10
      • ……ん。無理したら怒るよ。(どこか平静を装うような表情で)
        私、そんなにお金とか、いらないし。……あまり、興味、ないから……オシャレ、とか。
        ……?(いぶかしげに兄の顔を見て)
        -- リッツ 2010-07-18 (日) 02:11:07
      • ああ、分かってる。リッツは怒ると怖いからな(『いつもどおり』を演じるように)
        リッツは何を着ても可愛いからな……ん、前に言ったろ、卒業祝い(と、ポケットから鎖に通した指輪を取り出す。金と銀が絡み合い、紫の石が飾られている)
        -- ユーリィ 2010-07-18 (日) 02:19:19
      • (ただ、そんな仮初が……いつも通りで心地よく)
        あ、えっと、うん、ありがと。……わあ、凄い。(指輪を手に取り、電灯に照らす)
        ……ありがとね、お兄。(首にそれを通しながらぎこちなく笑った)
        -- リッツ 2010-07-18 (日) 02:31:09
      • どういたしまして。うん、よく似合ってる……気に入ってくれたみてーで嬉しいぜ(ぎこちなさに気づかない振りをしてニっと笑ってみせ)
        にしても、あれだな……やっぱ俺は、リッツが居ないと駄目みたいだ。(どこか、しみじみと)
        この腕の事が無くても……一人じゃやってけないのは、俺の方だったらしいや。
        (ん、と一つ伸びをして)そうだ、リッツ。 久しぶりにどっか遊びに行かないか?友達も誘ってさ。 店も今はほとんど開店休業状態だし気分転換を兼ねたリハビリって事で
        -- ユーリィ 2010-07-18 (日) 02:44:26
      • うん、ありがと……(ただ、しみじみと言われるその言葉に、心の中心が痛む。自分の心の弱さは、また振り出しに戻ってしまった)
        ……うん。(生返事を返す。必要とされれば、それを振り切るだけの力はなく。そして、自分も必要とする事実に、足元に言葉が絡みつく)
        無理、しなくていいよ? まだ、痛むんだよね。……私は、その、大丈夫、だよ。
        -- リッツ 2010-07-18 (日) 02:58:58
      • ん、時々……な。医者が言うには段々と治まってくるらしいけどよ(今度は素直に認め、痛覚など無いはずの銀色の義手を握り締める)
        ごめん、な……ずるくて、弱い兄ちゃんで。(小さな声でぽつりと、呟くように言った)
        -- ユーリィ 2010-07-18 (日) 03:13:27
  • (ずるずると、這うようにして家に辿りつき、玄関の扉にもたれて血溜まりの中で意識を失う) -- ユーリィ 2010-07-14 (水) 16:38:28
    • (悲鳴を、呼びかけをしなかったのは僥倖だったと言える)
      (一瞬だけ目を閉じ、呼吸を整えてから、一気に……魔力を練り上げる。3年間の努力の集大成が、顕現する)
      ――立ち上がれ(Stand up)。(呼びかけに応えるように空間の明度が落ち、兄と同程度の陰人間を作り出す)
      (魔力の余波が紫電となって、空気中を走るが、視線は亡羊とユーリィを捉え、陰でできた人型はその体を抱え上げ、部屋の中へと連れて行く)
      (……長い長い七分の後、店の床に兄の体を横たえ、ふらりと一歩だけ蹈鞴を踏んだ)
      -- リッツ 2010-07-14 (水) 21:52:50
      • (半ば固まった血を剥がされるように陰人間に運ばれ、意識を失ったまま、床に横えられたユーリィの肉体は、無数の傷と大量の失血により弱りきっている)
        (血は既に止まっているが特に酷い傷は右腕……その肘から先が、引きちぎられ失われている)
        -- ユーリィ 2010-07-14 (水) 22:00:14
      • (悲鳴を上げる代わりに、涙がこぼれた。失われた腕を確認し、ぼろぼろとこぼれる涙をそのままに、学園で習った応急処置を思い出す)
        (呼吸を確認した上で、食いしばった唇の端から血がこぼれるまで我慢した声を、電話にたたきつけた)
        ――すいません、急患ですっ! 場所は、4丁目の喫茶、急いで、お、お兄が、死、んじゃう!!
        -- リッツ 2010-07-14 (水) 22:22:40
      • (程なくして、ユーリィは病院に運ばれ治療を受ける事となった。)
        (応急処置がしっかりとされていた事、冒険者として元々の体力、生命力が有った事が幸いし、命に別状は無い)
        (そうして今、病院のベッドで意識を取り戻す時を待っている……)
        -- ユーリィ 2010-07-14 (水) 22:28:07
      • (病院のベッドの横。安堵で、ようやく、嗚咽と呼びかけが戻ってくる)
        お、兄……イヤだ。……イヤだよ、私。……強くなんて、なってない……弱いままだったよ、お兄。
        (ベッドに突っ伏し、そのまま泣き崩れる。静かな病院の一角に、長い長い嗚咽が響いた)
        -- リッツ 2010-07-14 (水) 22:43:38
      • (闇に沈んだ意識の底に、リッツの声が届く。肌に触れる熱い涙を感じ、俺が「俺」を認識する)
        (リッツが、泣いている……リッツが、俺を呼ぶ声がする……)
        (意識が、昏く閉ざされた世界から、ゆっくりと浮上してゆく。)
        なき……むしだな、リッツ……は(まだ少し混濁した意識の中、ゆっくりと瞼を開け、動かしづらい唇を無理やり動かして言葉を紡ぐ)
        -- ユーリィ 2010-07-14 (水) 22:49:45
      • (ハッ、と顔を上げる。意識を取り戻した状態を見、じわりと涙がにじむ)
        お、兄……(もう、後半は言葉にならない。ベッドに顔をうずめて、泣いた)
        -- リッツ 2010-07-15 (木) 00:15:06
      • だい、じょうぶ……おれが、ついてるから、だいじょうぶだ……(そっと、リッツ泣き続けるリッツの髪を撫ぜようとして、自分の腕が無い事に気付く)
        (ああ、リッツは……俺の為に泣いてくれているのか……俺が、リッツを泣かせてしまったのか。それが、どうしようもなく辛くて、嬉しくて……)
        だいじょうぶ、にいちゃんは、りっつがいてくれれば、いくらでもつよくなれる。こんなきず、へっちゃらさ……
        (もう一度眠りに就くまで何度も、何度も「だいじょうぶ」と繰り返し、残った方の手でリッツの髪を撫ぜていた)
        -- ユーリィ 2010-07-15 (木) 00:27:24

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

+  リビングの隅に置いてあるメモ帳

兄の部屋 Edit

編集

お名前:
  • ……先日はタイミングを外して申し訳なかったわね…あのまま話せばよかったのかしら…。
    でも、残念な話ね…貴方の店のバイトの子も一人いなくなったみたいだし…せっかくいい雰囲気だったのに。
    とはいえ、過去には戻れないのだし…今を大切に生きるしかないわね(ガトーショコラが入った箱を差し出した。) -- クノン 2010-07-27 (火) 21:47:03
    • サンキュ。 ま、そうだな……でも、店はいつでも居て良いし、いつ帰ってもいいからよ
      てか……やっぱ、店の雰囲気が暗くなっちまってるか?
      -- 2010-07-28 (水) 00:03:42
      • ……いえ、一度ズレてしまったのだし…また後日行くから今は掃除して貰った方がいいと思うわ。
        ……それは、今のお店の現状を知る貴方が一番よくわかっているのではないかしら? -- クノン 2010-07-28 (水) 00:33:34
      • そう……だな、すまん。 どうにかしないとなあ……それにそろそろ腕も慣れてきたし、またレッスンも受けにいかないと -- ユーリィ 2010-07-28 (水) 00:45:54
      • 貴方が動くのであれば、また喫茶店の時は動き出すわ…前と同じ時ではないかもしれないけれど。
        でも動かなければ時が止まったままであるのは確かね…何にせよ、無理しない程度に頑張りなさい。
        私も、父様も…貴方にはそれなりに期待しているのだから…(そう言い残すと、そのまま帰っていった。) -- クノン 2010-07-28 (水) 01:02:54
      • ん……俺が動くなら、か…… -- ユーリィ 2010-07-28 (水) 01:04:37
  • マスター、回復の具合は如何ですか? …義手をつけられたと聞きましたが (見舞いに来た青年が心配そうに 片手で使いやすい先割れスプーンのセットをお土産) -- コルネーユ? 2010-07-19 (月) 20:23:49
    • お、コルネーユ!まあ、まずまず……ってトコか、まだ細かい作業は出来ねえけどフツーにしてる分にはなんとかなってるぜ(ちょうど外していた銀色の義手を取り付けながら出迎える) -- ユーリィ 2010-07-19 (月) 20:33:59
      • (その様子を痛ましそうに見守って) うん、でも安心しました 命が無事なら、一先ずは
        … あの、喫茶店の方は、これからどうなさるんですか? (前のように杯か無いだろうとは言わずに、しか指揮になっていた事を尋ねる) -- コルネーユ? 2010-07-19 (月) 20:54:45
      • ああ……それに冒険者なら隻腕くれえなら珍しくもないだろ
        ん、そりゃあ続けるさ。その為にリハビリもしてるんだしよ……ま、前みてーに珈琲を淹れられるようになるにはしばらく掛かるとは思うけどよ
        -- ユーリィ 2010-07-19 (月) 20:58:41
      • 隻腕になっても冒険を続ける人は珍しいですけどね もう、無茶しちゃ駄目ですよ、マスター
        (無茶しそうですから、と小言を言って) 僕みたいに、マスターのコーヒーを楽しみにしてる人もいるんですから -- コルネーユ? 2010-07-19 (月) 22:18:16
      • ああ、肝に命じとくよ。 と、そうそう、8月にまた商会のイベント……っつーか、レクリエーションがあるんだが遊びに来ないか?
        今度は海で海水浴だぜ
        -- ユーリィ 2010-07-19 (月) 22:25:06
      • …マスター、隻腕で海に泳ぎに行くのは自殺行為ですよ?! (ざわ・・) -- コルネーユ? 2010-07-19 (月) 22:33:32
      • あっはっは、俺も流石にそこまで無茶はしねえさ。今年は足のつく範囲で水に入って、そん中で義手を動かす練習をするくらい、かな -- ユーリィ 2010-07-19 (月) 22:37:33
      • ふぅ… …なら良いですけど …義手錆びません? 良かったら、剣や防具で使ってる錆び止めの油を差し上げますからね?
        (ほっとしたように頷いてからそんなことを言って) っと、そろそろ帰らないと お元気そうで安心しました イベントには行けたら顔を出しますよ
        それじゃあ、また ご無理はくれぐれも・・・ですよ? (一礼して帰っていった) -- コルネーユ? 2010-07-19 (月) 22:47:03
      • ああ、何でも生体金属って奴で出来ててそういう心配は要らないみてーだぜ
        と、そりゃあいいな!ちっと油臭くなるが悪くないアイデアだ! おう、それじゃあまたなー
        -- ユーリィ 2010-07-19 (月) 22:48:56

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

妹の部屋 Edit

編集

お名前:
  • こないだはさっさと帰られたから今日はこうやって捕まえとく。 -- ウル 2010-07-28 (水) 22:42:23
    • ふ、えあ!!ちょ、ちょっと、ウル。あの。……!!
      (しばらくもぞもぞしていたが観念した)……うう。
      -- リッツ 2010-07-28 (水) 23:41:01
      • これに観念したらつれない態度をとらないことだな!
        (少し強く、ぎゅう、と抱きしめると、ぱっと手を離して)
        おしおきおしまい。 -- ウル 2010-07-29 (木) 00:04:57
      • だ、だって、その、なにか、恥ずかしくて、えと、意識しちゃうと。
        (無抵抗極まる)………(ぐったり)
        うう、おしまいされた……。
        -- リッツ 2010-07-29 (木) 00:13:19
      • う・・・そう言われるとやった俺の方まで恥ずかしく・・・。
        なんだよ、おしまいしない方がよかった?(手を構え) -- ウル 2010-07-29 (木) 00:22:38
      • (膝の間に顔をうずめ)……え、と。……ううん、勝手に、私が恥ずかしくなってるだけ、だし。
        ち、ちがう、そ、そっちの意味じゃないよ!?(耳まで真っ赤にして床に手を着いて逃げる)
        -- リッツ 2010-07-29 (木) 00:30:36
      • 逃・が・すかっ!(身構えて飛びかかる)
        (追いかけっこは、疲れ果てて反省に至るまで続いたという) -- ウル 2010-07-29 (木) 00:42:10
      • ふぇあー!ちょ、え、え!あ!?(色々が色々なってパニックに陥る)
        (門出のシーズンの3月に何してるんだろうと思わなくもない闇属性だった)
        -- リッツ 2010-07-29 (木) 00:51:56
  • (部屋に入るなり徐にリッツの頭に赤いものをのせる) -- ウル 2010-07-25 (日) 22:56:03
    • ふぇ。え、え?(振り返る)あ。えっと。
      ……メリー、クリスマス?
      -- リッツ 2010-07-26 (月) 20:05:13
      • メリークリスマス。帽子はそこの雑貨屋でバイトの姉ちゃんにもらった。
        それと、ほい。プレゼント。
        (差し出された手には、一枚のポートレート)
        ・・・もーちょっと気の利いた渡し方した方がよかった?
        (恥ずかしげに様子をうかがうと、すぐに照れ隠しの所作、人差し指で頬を掻くそれにうつる) -- ウル 2010-07-26 (月) 21:32:52
      • 町の中赤とか緑とか綺麗だよね。う、わ、わ!こ、これ、これいつ撮ったの?
        ……う、な、なんだか、客観的に、見ると、すごく恥ずかしい格好してるきがしてきたよ……(それでも嬉しそうに頬を染め)
        -- リッツ 2010-07-26 (月) 21:57:47
      • へへ。何にせよ喜んでもらえたみたいでよかった。
        さーてどうすっかな・・・今日はクリスマスだし、表で何か食べない? -- ウル 2010-07-26 (月) 22:24:49
      • うん、いいよ。あ、でも、今だと、どこも一杯かも。
        ……買い物して、そっちで、その、料理作ろうか?(パスタとか)
        -- リッツ 2010-07-26 (月) 22:28:53
      • んー・・・それもそうか。じゃ、とりあえず買い物行くか。
        (リッツの準備ができるのを待つと、手をつなぐべく手を差し出して)
        (こうして、クリスマスの、聖なる夜は更けていった) -- ウル 2010-07-26 (月) 22:39:50

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

メタスペース Edit

お名前:
  • 一旦〆。ありがとう、楽しかった。 -- リッツ? 2010-07-30 (金) 05:15:06
    • うい、こっちこそありがとう。 -- ユーリィ? 2010-07-31 (土) 18:08:29

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2010-06-11 Fri 17:10:04 JST (3470d)