産婦人科ではない

  • …久しぶりに来たけど、この辺にいるんだっけ…
    マドレーヌ…はだめだから…(油揚げを置いて帰っていった) -- キャッツァ 2010-05-17 (月) 01:15:19
    • …?(唐突に置いて合った油揚げにちょっと驚いて辺りを見渡す狐、最近色々と油揚げで罠にかかっている気がするのでちょっと警戒)
      …(特に罠も無く、なおかつ面白い双子の姉の方の匂いがする事に気付いて安心して食べました) -- クー(狐) 2010-05-21 (金) 01:33:02
  • 引退おめでとう。稲荷寿司作ってきたけど食べるかな?(枕の形の関東風に味付けしたお稲荷さんを置いて行く) -- 枕返し? 2010-05-13 (木) 01:48:32
    • ん…ありがと…。何もしてないの、って…ちょっと…暇だね…(ごろごろしているのにも飽きてきたらしい)
      …♪(耳をぴこぴこ、と嬉しそうに動かしてこくこくと頷く) -- クー 2010-05-15 (土) 23:33:50
  • お、銀色の狐…雪国でもないのに珍しいな。誰かのペットか? -- サイラス? 2010-05-13 (木) 01:11:49
    • ………?(何時ものように荒れ寺の付近の林の中を散歩していると、見知らぬ男性に見つかりゆっくりと首を傾げる)
      (ペットかと問われると否定の意思を示すように軽く首を振るう、首輪等が付いている様子も無い) -- クー(狐) 2010-05-15 (土) 23:31:30
  • そして引退祝いに大量の油揚げを置いて置くわたしだった。油物は長持ちするっていうし、たぶんだいじょうぶ! -- ほのおのゆきおんな? 2010-05-10 (月) 20:17:30
    • …ありがと、ほゆき…ちょっとずつ…食べ…食べ………がんばって…食べる、ね…(ちょっとずつ食べるのは無理だと理性が判断したらしい) -- クー 2010-05-12 (水) 09:05:30
  •  
  •  
  •  
  • んーむ、この辺りに俺のすぐ後番の冒険者がいるって話だったんだが…
    …いけどもいけども森の中、だなこりゃ(薄暗い森の中を歩き回りつつぶつぶつ) -- フェイル 2010-05-02 (日) 22:40:17
    • ………(嗅ぎ慣れない匂いに気付いて遠くから様子を探る、どうやら冒険者のようだ…という事に気づくとすこしずつ距離を詰めて、青年の後ろの方から観察している狐) -- クー(狐) 2010-05-06 (木) 21:54:22
      • …んむ、諦めて帰るかな…(視線に気づかず、手ごろな切り株を見つけて座りこむ 広げるのはサンドイッチの包み)
        …その前に、ちょっと休憩にするかね…いただきまーす -- フェイル 2010-05-07 (金) 21:20:23
  • (手紙が届いている)
    『前略クーちゃんへ。
    お元気に過ごしていますでしょうか。きっとクーちゃんのことだからふわふわしているのでしょうね。
    ……ハッ! 今気づいた! クーちゃん手紙読めるのかな!? ……ひらがなを多くしておきます。
    さてさて、私は旅に出ることになりました。ちなみにお別れではありません。遠い遠いところまでは行きません。
    ただ少し自由に飛び回りたくなっただけなのです。というわけで、しばしのお別れ。
    クーちゃんにはプレゼントがあります。いつも心をなごませてもらったお礼です。
    文字が読めなくてもこの気持ちは伝わるんじゃないかなってなにを書いているんだ私は。ってインクだから消せない! わー!
    ともかく! また会いましょう! 緑の色は愛の色!』
    (手紙にはサテンでできた緑色のリボンがついている) -- Celine.Nika 2010-04-26 (月) 01:00:53
    • (なんだろう…?と手にとって、書面に眼を通す。一応、簡単な読み書き程度は出来るので時間をかけて、ゆっくりゆっくりと文面を読み進めていった)
      …行っちゃった、ん…だ…せりーぬ…(手紙から顔を上げて、空を眺める)
      (広い、広い大空の何処かに翼を生やした友達が、飛んでいるのが見えないか探すように。しばらく空を眺め続けて)
      (リボンをぎゅ、と握りしめて。空に向かってぽつり、呟いた)…また、ね…また…いつか…会える…よね…セリーヌ…
      (小さな呟きは空に溶けて。きっと今も楽しそうに飛び回っているであろう天使のような女の子に届いていますようにと、小さな祈りを込めて暫く空を眺め続けていた) -- クー 2010-04-27 (火) 22:57:17
  • (木の棒に凧糸を括りつけただけの釣り竿、その糸の先には、油揚げをくわえた洗濯ばさみが結ばれている)
    ふふふ……食うに困った狐ならこれでイチコロのはずですよ(ぶらぶらさせながら) -- フェンレイ 2010-04-20 (火) 20:27:36
    • (ふらふら…と匂いに釣られた銀狐が茂みの奥からやって来る)
      くっ、くっ…(ふらふらと宙に揺れる油揚げを疑いも無く凝視して、どうにかして齧り付こうとぴょこぴょこと飛び跳ねている) -- クー(狐) 2010-04-26 (月) 00:08:14
      • やだ……かわいい(つかず離れず、一定の距離を保つように竿を操る。たまに揺らしてみたりする) -- フェンレイ 2010-04-26 (月) 23:15:02
      • くぅ…くぅっ…!(ぴょこたんぴょこたん、蛙か何かのように飛び跳ねていたが少しだけ理性が働いてきたのか、力を貯めてより高く跳んでみたりもし始めている。しかし届かず。ぅー…と唸り始めた) -- クー(狐) 2010-04-27 (火) 22:59:28
      • おぉう……今のはちょっと危なかったですね
        (そろそろ手首も疲れたし、ちょっと危険な雰囲気も感じて、少し頭を上げれば届く位置に下ろしてみる) -- フェンレイ 2010-04-27 (火) 23:05:56
      • (ふと、糸と洗濯バサミに気がついた狐。それならば…と足をピンと伸ばして立つと、油揚げに視線を集中したまま…小さな、火の塊を宙に飛ばして糸を焼き切ろうと)
        (したところで頭を上げたフェンレイに気付いて、あ…っという表情をする狐) -- クー(狐) 2010-04-27 (火) 23:09:40
      • むむむ……なかなか食いつきませんね、警戒してるんでしょうか(見当外れな事を呟き)
        ……あ(こちらを見るクーと目があって、しまったという顔) -- フェンレイ 2010-04-27 (火) 23:11:56
      • (しばらく、狐火を出したままの状態で固まっていたが…はと我に返ると取り敢えず油揚げを目にも留まらぬ早業で掠め取り、茂みに隠れる)
        (たかだか油揚げ、狐にとってはされど油揚げではあるがに物凄い本気を出していた事が恥ずかしいようで尻尾がはみでているが、ふるふると震えている) -- クー(狐) 2010-04-27 (火) 23:16:22
  • 今回はかなり安定しているね。クゥが食うに困って…ふ…ふふふ…ふふふふふふふ -- 枕返し? 2010-04-16 (金) 00:53:26
    • (嬉しそうにこくり、と頷くと尻尾をゆっくりと振っている。何処か余裕が出来たという雰囲気だ。しかし続いた言葉を聞いてなんだか急に寒くなったような気がしてふるふると震えだす) -- クー(狐) 2010-04-19 (月) 00:03:36
  • (油揚げ片手に鼻をスンスン言わせながらやってくる)ここのへんからこう、獣くせーかんじが…
    おーい狐ーいるならでてこーい -- ソァル 2010-04-16 (金) 00:50:54
    • …すぅ…(荒寺の一角、日当たりの良い縁側の上にキラキラと薄らと輝いている。良く良く見ればそれは銀色の毛並みで、狐が丸くなって眠っているのが分かる) -- クー(狐) 2010-04-19 (月) 00:01:10
      • しかしきったねーテラだな、ジンジャーといいここといい何かボロいことに意味があんのか…?…お、いたいた(ボヤきながら歩いていると探していた狐を発見し)
        すっげーテカってら…何だ寝てんのか…(油揚げをひらつかせながら暫し考えて)…(尻尾のあたりに油揚げをそっと置く)
        よし、これであいつに言われたことはやったかんなー(起こさないように抜き足差し足で寝ている狐から遠ざかり走って逃げていった) -- ソァル 2010-04-20 (火) 00:48:42
      • (何かの気配を感じるような、そんな気がして薄らと眼を開いたもののその存在に敵意は無く、またぽかぽかとした陽気と眠気に勝ことが出来ずそのまま眠っていた銀狐)
        (しばらくしてから目を覚ますと、大好きな匂いと共に尻尾に何か違和感を感じる。見てみればそこにあるのは油揚げ。寝起きの頭でもしゃもしゃと食べた後にはと覚醒して、首を傾げる)
        すんすん………くぅ…?(わずかに残った人の匂いから、あの変わった兄妹の、男の子がやってきていたのだと気付いてなんとなく、申し訳なさそうに頭を垂れた) -- クー(狐) 2010-04-25 (日) 23:51:21
  • 歩いていると上からパンツが落ちてきた -- 2010-04-13 (火) 09:21:39
    • (ひらひらと舞い降りてきたパンツに首を傾げながら、少しだけ匂いを確認するとその匂いがする方向に向かってお届けしに行った) -- クー(狐) 2010-04-13 (火) 22:23:05
  • あ、クーだ!大丈夫かー寒がってないかー? -- 五味椰子姫 2010-04-12 (月) 23:00:29
    • くぅっ、くーん(近寄っていき、冬毛に生え変わったばかりでふっさふさの体毛を見せ全然大丈夫!とばかりに頷いて見せる) -- クー(狐) 2010-04-13 (火) 22:20:11
  • 毛皮剥ぎかーうーん毛皮かー -- イルル 2010-04-12 (月) 18:01:50
    • …剥がれると、寒い…から…あんまり、剥ぎたく…無い…けど…お仕事…だし…しょうが…ない…って…思う…事に…したよ…
      (獣の時に毛皮無くなったら寒いだろうな…なんて思いつつ) -- クー 2010-04-13 (火) 22:14:35
  • やっぱり薬草売りは魔道器を拾うと安定するねえきつねちゃん。うnうn。
    ………でもどこに指輪つけてるんじゃろか? -- ほのおのゆきおんな? 2010-04-07 (水) 01:20:00
    • くぅーっ(熟練にまでなれるとは思ってなかった…訳ではないだろうが、調子が良くて本当に嬉しそうに尻尾を振っている)
      くぅ…?くぅっ…(首をんっ、と持ち上げて巻き付けられた飾り紐に付いた指輪を見せる。凄く首輪っぽい) -- クー(狐) 2010-04-08 (木) 01:36:11
  • 気づけばクーのほうが順調だったのだな(頭を撫でようとゴミ箱から手を伸ばす) -- 五味椰子姫 2010-03-29 (月) 22:58:24
    • くぅっ。(何処と無く余裕な雰囲気を漂わせて耳をピコピコと動かしている狐、伸ばされた手には自分から寄っていく、撫でられたいらしい) -- クー(狐) 2010-03-30 (火) 01:07:32
      • (優しく手を乗せると毛並みを確かめるようにゆっくりとなで始める)
        たまには動物と触れ合うのもいいのぅ、人懐っこいというか愛くるしさはよくわからないが…癒される -- 五味椰子姫 2010-03-30 (火) 22:54:23
      • (撫でられるともとより細い狐目を更に細めて、猫でもないのにごろごろと言い出しそうな勢いでほんわかとしている狐)
        くぅー…くぅん。(こくこく、と頷く。撫でられるとこっちも癒されるとでも言いたいらしい) -- クー(狐) 2010-03-30 (火) 22:56:58
  • 16歳、一人前……やったね、おめでとう(くるくる回ると袖の下から油揚げが乱舞の期間限定祝いの人形) -- お菊人形 2010-03-27 (土) 22:18:27
    • (ついにたどり着いた境地に、嬉しそうにピョコピョコと飛び跳ねていたが油揚げを見ると目の色が変わった
      普段は決して見せる事のない野生の獣の目。声も上げずに油揚げに飛びつくとはむはむ…等と言う可愛らしい表現ではない
      その姿、狩りを行う野生の狐そのものでガツガツと油揚げに齧り付いている。怖いかもしれない) -- クー(狐) 2010-03-28 (日) 00:20:50
      • こ、このキレ…この動き…! ただものじゃないわ。これが眠れる獅子を起こしてしまったと言う事―――!?(ピタッと止まる回転。袖からわずかに覗く次弾の油揚げ) -- お菊人形 2010-03-28 (日) 00:28:31
      • (散らばった油揚げを食べ尽くして、他に獲物は…と探り始めたところ袖下に覗く油揚げを発見…目を光らせて飛びつ…きそうになったところで我に返った)
        ……………………(長い間を置いた後、狐は恥ずかしさのあまりに逃げ出した) -- クー(狐) 2010-03-28 (日) 00:33:31
      • (視線がこちらを向いて小さく悲鳴を上げる人形。やられる! そう確信した瞬間に逃げていく狐さん)ふ、ふふふ……人形じゃなかったら危なかった、貴重な水分的な意味で
        クーちゃもやっぱり動物なのねー(いつも寝床にしているあたりに残ったおあげを置いてそそくさっと消える人形だ) -- お菊人形 2010-03-28 (日) 00:38:41
      • (取り敢えず恥ずかしさを紛らわす為に荒れ寺周辺を物凄い勢いで駈け回り、疲れて寝床に戻ってきたらお揚げが置いてあったのでまさかこれは罠なのでは…
        とほんの一瞬だけ疑いを持ったが誘惑に耐えきれずに幸せそうにお揚げを頬張るのだった。なんやかんやで欲望にはそこそこ忠実らしい) -- クー(狐) 2010-03-28 (日) 00:43:17
  • こんにちはー来月オーク退治で一緒するイルルだよーよろしくー
    ん〜?こすぷれ? -- イルル 2010-03-27 (土) 16:14:48
    • (初めて見る顔に、少し警戒した様子を見せていたが、同行者だと聞くと耳をぴくんと震わせて慌ててお辞儀をする)…えと、くー…だよ…宜しく…
      …こす…ぷれ…?(言葉の意味を知らないが、取り敢えず思い当たる事はしていないので首を振るう) -- クー 2010-03-28 (日) 00:18:21
      • コスプレじゃないのかーごめんねー(唯の獣人と思ったようだ) -- イルル 2010-03-28 (日) 05:59:29
      • (また首をふるふる、と振るい)んん…気に…しないで…だいじょぶ…がんばろ…ね。 -- クー 2010-03-28 (日) 23:43:22
    • 護符かーそれでも満足できないのは実入り少なかったからかなー?
      まー来月もがんばろー -- イルル 2010-03-28 (日) 16:57:26
      • そう…じゃなくて…(全く一緒の形の護符をもう一枚手に)…もう…同じの…持ってた…から…くーが…貰っても…しかたなかった…の…
        ん…また…一緒…こんなの…初めて…だから…嬉しい…な…(微笑みながらこくり、と頷いた) -- クー 2010-03-28 (日) 23:46:05
      • 3ヶ月一緒だーってあれでも物足りないのかーもっと過激なほうがいいのかな? -- イルル 2010-03-29 (月) 20:23:46
      • (そういう訳でも無いはずなのになんで情熱が下がるんだろう…と首を傾げる)こんなに…一緒なんて…珍しい…の…かな…でも…楽しいから…嬉しい…よ… -- クー 2010-03-30 (火) 00:57:57
      • 今回はいい感じだったみたいだねーいいもの手に入ったかなー?
        また一緒になったらよろしくねー -- イルル 2010-03-30 (火) 22:27:58
      • (缶で作った荒れ寺再建貯金箱にチャリンチャリンとお金を入れながら)ん…お金、一杯だと…ちょっと、嬉し…から…かな?
        …ちょっと…寂しい…ね…また…一緒に…冒険できたら…いいな…ありがと…イルル…(お世話になった、とおじぎする) -- クー 2010-03-30 (火) 22:43:57
  • くーさんもついに一年生き延びる時が…!?そんな中私はまた落ちちゃいましたよぅ……ちょうど二年という時にじわっとやられちゃいましたよ… -- ニキ 2010-03-26 (金) 05:44:54
    • …何時までも…弱いままじゃ…駄目…だと…思うから…頑張ってる…皆に…心配…かけないように…(小さくグッ、とガッツポーズを取って見せる)
      …ニキ、がんばれ。くーも、応援する…(変なスイッチを見ながら二重の意味で慰める) -- クー 2010-03-27 (土) 00:32:14
      • その意気ですくーさん!薬草売りとはいえ魔導器が手に入れば…!って、魔導器手に入りつつ二ヶ月出オチしちゃったも事あるんですね……(ほろり
        わ、私も頑張ります、あぁ慰めるってそういう……くーさんにはまだ早いのでダメです、スイッチの事は気にしちゃダメです! -- ニキ 2010-03-27 (土) 08:07:32
      • (触れられたくない思い出に一瞬、表情に陰りを見せる)…あの…時は…くぅ…(しょんぼり)
        …なんだか…一杯…押されてる…けど…いいの…かな…(取り敢えず意味は分かってないらしく、不思議そうに首をかしげた) -- クー 2010-03-28 (日) 00:13:36
  • (ゴミ箱を整理しつつ順調な様子ににっこりと笑みを零す) -- 五味椰子姫 2010-03-21 (日) 02:12:26
    • (椰子姫のお手伝いをするようにゴミの分別をしている狐、この調子なら行ける…!と思ってるらしく上機嫌だ) -- クー(狐) 2010-03-21 (日) 09:29:38
      • やあクー順調で何よりだぞー、ぼくも10月で神様おやすみだからゴミ箱の外なのだ -- 五味椰子姫 2010-03-25 (木) 20:41:59
      • (あ、また外に出てるーと駆け寄り、足元をくるくると回ってみる)
        くぅ、くーっ。(何時もお疲れ様、と言うような感じで足元でぺこり、とお辞儀をしてみせるのだった) -- クー(狐) 2010-03-25 (木) 23:33:33
      • ホホホ、そんなに嬉しいのか?お、これはどうもなのだ♪(返すようにお辞儀をしてしゃがみこみ)
        情熱が回復できるように来月は頑張ってくるぞぃ、クーも頑張って無事に帰ってくるのだぞ(なでりなでり) -- 五味椰子姫 2010-03-26 (金) 00:24:39
      • くぅん…♪(撫でられると嬉しそうに目を細めて、ぐりぐりと手のひらに頭を擦り付ける)
        くぅっ(こくり、と頷くと前足の片方を掲げてお互いに頑張るぞーと言った風情) -- クー(狐) 2010-03-26 (金) 00:40:29
  • クー、どこだ! 出て来いクー! (この前の場所辺りを探して) -- 褐返? 2010-03-17 (水) 18:29:26
    • くぅ…?(名前を覚えられていた事に少し驚きながら、ひょっこりと植え込みから顔を出して首を傾げてみせる銀狐) -- クー(狐) 2010-03-18 (木) 11:06:15
      • (勢いよく近づいてきて引っ張り出す)……おい、口を開けろ -- 褐返? 2010-03-18 (木) 13:22:42
      • くーっ…!?(抵抗するような素振りは見せたものの茂みから引っこ抜かれて目をまん丸くしてパチパチと瞬いている
        少々乱暴な扱いに不満げに顔をぷい、と背けてしまった) -- クー 2010-03-19 (金) 05:38:02
      • げえーっ、怒っちまったか。まぁ良いや(籠を置いて)じゃあな(帰って行った、籠の中には黒糖パンが入っていた) -- 褐返? 2010-03-19 (金) 10:09:33
      • (褐返が背中を向けると耳を垂らして悪いことをしたような気分になってきた狐、しばし去っていった方を眺めていた)
        くぅ…?(完全にその姿が見えなくなってから籠の中身を改めると、どうやらお返しらしいものが入っていたので更にしょんぼりとしていた) -- クー(狐) 2010-03-19 (金) 11:27:09
  • (ゴミ箱から顔を覗かせて)病み上がりは危険だぞ?せめて寒い思いだけはしてくれるな
    (誰かが箱ごと捨てたおかげで新品同様のマフラーを首に巻こうとする) -- 五味椰子姫 2010-03-16 (火) 09:49:27
    • …そう…なの…かな…?最近…良く…怪我…してる…から………そういうの…考えて…なかった…(出落ちに慣れてやや辛いらしく何処か悔しそうに抵抗する事も無くマフラーをかけられる
      そして巻かれたマフラーに少し驚いているような顔で)…これ…綺麗…だね…あったかい………ありがと…ね……しき?(名前が若干長いので、そういう呼び名にしてみようと思ったらしい) -- クー 2010-03-17 (水) 06:00:29
  • くーさん……あれからすっかり出オチ癖がついてしまって…(ほろり -- ニキ 2010-03-15 (月) 21:53:05
    • (傷が癒えきってないところでまた落ちたので一ヶ月休養を取る事にしていた狐)
      …戦うより…薬草…とか…探すの…得意…だから…今度は…きっと…(キノ鉱コースを選びながら) -- クー 2010-03-16 (火) 07:47:29
  • (辺りを見回しながら)なんかやば気な雰囲気が漂ってきたぞ…… -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:19:44
    • (カサカサ、カサカサ…と、周囲の茂みが静かに、しかし怪しげに揺れている) -- クー(狐) 2010-03-14 (日) 00:25:04
      • 生温いぞ……風が……騒がしいな……(びくびく) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:26:06
      • (ガサッ、と比較的大きな音がしたかと思うと、褐返の後ろに何かの気配が現れる。それは離れる様子も無く、じっと背後に佇んでいるようだ) -- クー(狐) 2010-03-14 (日) 00:29:32
      • どうやら風がここに良くないものを運んできちまったようだな……(背中に背負った槍に手をかけて)
        来い妖怪! 力試しと行こうじゃねぇか! (そう言ってクルリ振り返り槍を構える) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:33:34
      • (振り返れば、そこにいるのは小さな銀狐。構えられた槍の切っ先を見て尻尾を立てて驚いている様子)
        …くぅ…?(ふるふると小さく震えながら、恐れを抱いているような小さな鳴き声を上げた) -- クー(狐) 2010-03-14 (日) 00:35:51
      • 何だ狐じゃねーか(構えを解いて槍を立てて)
        別に今腹減ってねぇし、動物殺すのはあんまり好きじゃねーンだ。帰んな(しっし、と手をやって) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:37:26
      • …くぅん…(切っ先をどけられると、少しは安心したようでほっとしたような声を上げた
        そして、近くの茂みへ隠れるように入り込むと、顔だけをちょこんと出して褐返をじーっと見ている) -- クー(狐) 2010-03-14 (日) 00:40:50
      • (後ろを向き腕を組みながら)そう言えば俺何でここに来たんだっけ……ああ、妖怪に会いに来たんだったな(歯をぎりぎり)
        おい。お前は何か知ってるんじゃねぇの? 絶対怪しいしな! (指さしながら断言する赤マフラー) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:43:34
      • (何をしてるのか観察しているように少年を眺めていたが、指さされるとビクっと震えて、茂みを揺らし何処かに逃げ去ってしまったようだ
        …しばらくすると、先程狐のいた茂みの奥から狐の体毛と同じ色の髪をした小さな女の子がこっそりと木陰からそちらを伺っている) -- クー(狐) 2010-03-14 (日) 00:46:28
      • お決まりの展開なんじゃねーの……!? な、なぁ。あんた、こんな所で何してるんだ? (一応聞いてみる、女の子はちょっと苦手) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:48:02
      • (声をかけられると想定していなかったのか、ほかに誰かいるのかと後ろを向いたりきょろきょろしてから、自分に声をかけられたと気付いたようで)
        え、えっ…と…誰か…来た…みたい…だから…見に…(苦し紛れにしか聞こえない狼狽えぶりだ) -- クー 2010-03-14 (日) 00:52:01
      • そ、そうなのか……? いや……違うだろ……ッ! お前ッ……さっきの狐だろ……ッ!(突っ込みを入れる) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 00:58:14
      • (良く良く見れば、頭の上には耳が生えているし腰の辺りからは尻尾が見えるのが分かる
        しばし逡巡するかの様な間があった後、こくりと頷く)………えと…その…驚かせて…ごめん…なさい… -- クー 2010-03-14 (日) 01:03:08
      • いや別にそこまでビビってはねぇけどさ……(腕を組みながら)
        お前……強いの? なんかさっきからずっとぷるぷるしてるし -- 褐返? 2010-03-14 (日) 01:05:19
      • (ふるふる、と首を振るう)くー…強く…なんて…ない…戦う…好きじゃ…ない…し…
        ぷるぷる…は…さっきの…それ…怖かった…から…で…(背負っている槍をおずおずと指さして) -- クー 2010-03-14 (日) 01:07:59
      • ……(妖怪退治と意気込んで来た自分を恥じながら)う、うん……すまん(槍を仕舞い)
        別に無理にいじめる気は無かったんだぜ。ただ妖怪と力比べしてみたかっただけだ
        怖がらせて悪かったな(後ろを向いて)じゃあな(走って石段を下りて行った) -- 褐返? 2010-03-14 (日) 01:15:29
      • ………(力比べに応じそうな妖怪…いたかなぁ、とぼんやり考えて該当者が思い浮かばず)…ここに…いる…みんな…は…そういうの…しない…と…思う…枕返し…くらい…?
        …ん…くー、も…後ろから…近寄ったから…悪い…の…ごめん…ね…(多分、悪い人ではないと思った様で、小さく手を振り後ろ姿を見送った) -- クー 2010-03-14 (日) 01:18:33
  • 薬草売りの悲しいさだめだなー(普通に歩み寄ってしゃがんで目線をあわせる) -- 五味椰子姫 2010-03-13 (土) 20:12:03
    • くぅー…きゅーん…(ちょっとショックだったらしくしょんぼりとしていたがゴミ箱の外に出れたんだ…と少し驚いた様子を見せて顔をじーっと見ている) -- クー(狐) 2010-03-13 (土) 22:49:27
  • また…出オチたのね…(頭を撫でてやりながら) -- 枕返し? 2010-03-12 (金) 02:20:20
    • くぅー…くっくぅー…(薬草売りでは駄目なのだろうか、そんな空気を漂わせながら今度は魔法が使えそうだからあるいは…と無でられながら密かに燃える狐) -- クー(狐) 2010-03-12 (金) 08:17:47
  • 前は油断していた方が俺好みです着崩してくださいお願いします土下座します つ -- 2010-03-11 (木) 08:54:47
    • …よく…わかんない…けど…こう…で…いいの…かな…(服を少しゆるめに着付け直して)
      …描いてくれて…ありがと…ね…(土下座してる頭をなでなで) -- クー 2010-03-12 (金) 08:16:08
  • (夏の陽気で発酵工場と化したゴミ箱を整理し、グロッキー気味にゴミ箱から顔を覗かせている)
    うー…動物なら気にしないんだろうなこういう汚れ(どことなくクーの方へ目をやって) -- 五味椰子姫 2010-03-10 (水) 21:46:06
    • (また落ちてしまったので少しふてくされた様子でぐったりと暑さでのぼせあがっているきれい好きな狐) -- クー(狐) 2010-03-11 (木) 07:46:48
  • チチチチ…(舌を鳴らして指をこまねき銀ぎつねを呼んでみる) -- COLT 2010-03-10 (水) 08:26:16
    • ………?(なんだか呼ばれたような気がするので荒れ寺の縁の下から出てくる、そして少し離れた距離に座るとなぁに?と小首を傾げている) -- クー(狐) 2010-03-10 (水) 08:32:25
      • 何も無いよーん (餌に釣られたと思ったのか持ってなーいとアピール) ホントに銀だ、白髪か? わっ目が青っ。生意気な… (意味不明である)
        よーしこっちこいこっちこい -- COLT 2010-03-10 (水) 08:38:13
      • …くぅん?(持ってないアピールに特に残念がるような様子でも無く、やっぱり首を傾げる狐
        そして、遊んでくれるのかな…と思ったようで近寄っていくと、じーっと顔を見上げている) -- クー(狐) 2010-03-10 (水) 08:50:53
      • お、逃げねえ。頭いいのかァ? うりうり (もふもふと銀の毛並みを楽しむ。腋を持って持ち上げてみた。確認中)
        …お前メスか。ん んん? (二本ある尻尾に今度はこちらが首をかしげ、荒れ寺を見上げた) ははァ… -- COLT 2010-03-10 (水) 09:10:18
      • くぅーっ…(悪意を感じないので逃げる様子も見せず、少しくすぐったそうに鳴きながら大人しくもふられている
        が、確認された辺りで一応女の子としての琴線に触れたようで尻尾でペチンと軽く頭を引っ叩いた) -- クー(狐) 2010-03-10 (水) 09:18:05
      • ぶえ …オンナノコなのね、ハイハイごめんよ (毛が入った目を瞬かせ) お前妖怪? ハハ、妖怪みたいな姉妹がいたの思い出しちまった
        (ぱたんぱたんと揺れる二本の尻尾をいじりながら寂しそうに呟く) 妖怪なら 死なないのかな -- COLT 2010-03-10 (水) 09:24:46
      • …(妖怪か、という問いかけには特に反応を示さなかったが、死なないのかという問いに対しては軽く首を振るった)
        …くぅ…?(寂しそうな様子を見かねたのか、持ち上げられている腕に前足をぽんと置く。慰めているようにも見える) -- クー(狐) 2010-03-10 (水) 09:30:00
      • …答えた。妖怪だーコイツ妖怪だー。なんだよ慰めてくれんのかァ? (銀の毛に顔を埋める。スンスンと匂いをかいで)
        獣臭い。そーゆーとこは妖怪でも別に変わんねえのな。ありがとよー銀子 (勝手に命名して頭にキスした) 今度は油揚げでも持ってくるから、じゃな -- COLT 2010-03-10 (水) 09:39:49
      • くぅ…?くぅん(妖怪だ、と認めても特に態度を改める様子の無い少年を不思議に思いつつ、腕においた前足をぽんぽんと動かした)
        くぅっ…くーんっ…♪(獣臭いと言われて一瞬不機嫌そうになったが、大好きな油揚げを持ってくると言われればすぐに機嫌を直したようで尻尾をふりふりと見送った) -- クー(狐) 2010-03-10 (水) 09:51:12
  • ちにうえていた? -- 枕返し? 2010-03-10 (水) 01:48:42
    • …?(うえてないよ?と首をふるふる。そしてお腹がきゅぅーっと鳴る)
      …おなかは…すいた…けど…(両手でお腹をおさえている) -- クー 2010-03-10 (水) 08:19:04
  • 失礼するよ。怪我はもう大丈夫かい?
    唐突ですまないんだが君のテーマソングを考えて来たよ
    ソングじゃなくてBGMになるかな。気が向いたら聞いてみてくれ -- アーディン? 2010-03-06 (土) 19:20:00
    • ん…こないだ…崖から…落ちた…けど…もう…平気…だから…だいじょぶ…(こっくり、と頷く)
      てーま…そんぐ…?(取り敢えず渡されたものを耳にしてみる、最初は首を傾げていたが徐々に尻尾を振り始めて)
      これ…くーの、で…いいの…?あり…がと…せん…せ…♪(嬉しそうに微笑んだ) -- クー 2010-03-06 (土) 19:37:05
  • おめぇが妖怪で本当によかった -- 2010-03-06 (土) 04:08:44
    • くぅ…?………くぅんっ♪(届けられたものに描かれているのが自分だと分かると、とても嬉しそうに目を細め、尻尾をふりふりと振りながら頭を下げている。) -- クー(狐) 2010-03-06 (土) 04:15:54
      • ………(それにしても左下にいるの誰だろうこれ…と飾ってみてから思ったらしくじーっと左下を見ている) -- クー(狐) 2010-03-06 (土) 04:23:43
  • 力をなくすと薬草売り同然か…不自由が多そうだぜ♪おあいこだ -- 五味椰子姫 2010-03-05 (金) 09:24:21
    • くぅん…(今は力が殆ど無いのは事実だけど、不自由さを感じた事は特に無いようで首をふるふると振っている。今は色々と楽しくて幸せなようだ) -- クー(狐) 2010-03-06 (土) 03:56:08
  • 狐とか、ちょっと憧れる。 -- MORO? 2010-03-02 (火) 17:55:12
    • …?(何に憧れられてるんだろう、と首を傾げているギンギツネ) -- クー(狐) 2010-03-02 (火) 22:32:01
      • 何かすごい…化けたり、稲荷食べたりとか…。する。…するとか? -- MORO? 2010-03-02 (火) 23:25:10
      • くぅ。(一応間違ってはいない気がするのでこくりと頷く。なんとなく自分と同じヒトとは違う何かっぽいので警戒心がやや薄い) -- クー(狐) 2010-03-02 (火) 23:30:27
      • 後は、そう。創造された動物の割りに人間の知恵を持っている所とかある。ふしぎ。
        どうやったのか、知りたい。食べたら分かりそう。そういう憧れ。分かった ?-- MORO? 2010-03-02 (火) 23:57:30
      • く、くぅー…?(何を言っているのか理解が追いつかず、首を傾げていたが食べたら、という言葉だけで何か怖いことを考えているっぽいという事に気づいてササーっと身を離す。そして、ちょっと恐怖の混じった視線でMOROを見ている) -- クー(狐) 2010-03-03 (水) 00:09:22
      • 狐は安心していいよ。MOROは妖怪を襲ったりはない。
        来月一緒だから来ただけ。それが挨拶。ほら、もふもふ?(一見、だっこする体で両手を差し伸べる) -- MORO? 2010-03-03 (水) 00:25:01
      • (妖怪だと言うこと何も言っていないのに気づかれていたのに少しながら驚く、そして仕事の同行者だと分かると恐る恐る近づいていき、よろしく…とばかりに首をこくんと下げた) -- クー(狐) 2010-03-03 (水) 01:13:50
      • いいこ、いいこ。もふもふもふもふ(涎を流しながら) -- MORO? 2010-03-03 (水) 01:23:39
      • くぅー…っ…!?(やっぱり食べる気だー!?とじたばたする狐) -- クー(狐) 2010-03-03 (水) 01:24:21
  • クーちゃーん!(前に居たあたりはここらへん、ということで時間も憚らず大声で呼んでみました) -- セリーヌ 2010-03-01 (月) 03:22:39
    • (呼び掛けに答える声は無い、が…夜空の雲間から月明かりに照らされると一瞬、荒れ寺の寺社の片隅で何かが光ったように見えるかもしれない) -- クー(狐) 2010-03-01 (月) 03:25:13
      • 寝ちゃってるのかな、やっぱり。寝ているならそれでいいんだけど、そうじゃなかったら……。(荒れ寺をぐるりを見回す。月明かりに照らされた荒れ寺がまるでオバケみたいで不気味だな、と思っているとその片隅でなにかが光る)
        枯れた尾花でもそこにあるのかしら、なーんて……。(なにか見えたようなところに視線が嫌でも向く。不気味さと、もしかしたらクーちゃんかな、という二律背反)……いってみよう。(そちらのほうにゆっくり近づいてみる) -- セリーヌ 2010-03-01 (月) 03:32:50
      • (近寄っていくと、光ったように見えた場所は荒れ寺の縁の下の辺り
        そこには血の滲む包帯をぐるぐると巻かれて横たわっている銀狐の姿があった。光ったように見えたのは狐の毛並みのようで、呼吸の鼓動以外でぴくりとも動く気配は無い) -- クー(狐) 2010-03-01 (月) 03:37:12
      • この下。むしろ灯台下暗しというふうに、オバケとかは出なさそうな雰囲気です。だから怖くない。(そっと覗き込む。するとぎょっとする。見開いた目で見てみると、どうやら生きてはいる様子。安心に近づいたけれどしきれておらず、そっとしておいたほうがいいかという思考に行き当たらぬままに声をかける)
        クーちゃん……! -- セリーヌ 2010-03-01 (月) 03:41:08
      • (呼びかけられればゆっくりと目を見開き、セリーヌの姿をぼんやりと眺めている
        少しの間の後、少しは意識が確りとしてきたようで身を起こそうとしたが…体は持ち上がらず、仕方なく顔だけをセリーヌの方に向けた)
        …くぅ…くー…ん…(だいじょうぶ、生きてる…と、伝えたいようだが狐の姿なので弱々しく鳴き声をあげただけだった) -- クー(狐) 2010-03-01 (月) 03:46:08
      • あっ、あ、無理しないでいいからそのまま、そのままで!(わたわたと、手を触れれば傷口に障るだろうし、かといってこの持ち上げた手の行き場もなく空にはらはらと手を動かす)
        ……ええと、ええと……なんて言ってるかわからない……!(か細い鳴き声は、心をどきりとさせるような不安を呼ぶ。どうしたものかと思えど自分に医療知識はなく、気がついてみれば包帯が巻かれて治療の後だというのがわかり、自分にできることはなにかと結論を出したところ)
        とにかく、安静、安静ねクーちゃん。がんばって。(小さな頭を撫でることぐらいだった。さらさらの毛並みも今日はやはり元気がなさげに感じる) -- セリーヌ 2010-03-01 (月) 03:54:25
      • くー…くぅん…(人の姿に…なろうと思ったが、無理はしないようにと言われたのでそのまま大人しく狐の姿のまま、じーっとセリーヌの顔を見ている
        自分を気遣ってくれているセリーヌの言葉がとても嬉しいようで、少しだけ目がうるうるとしている)
        くぅ…ん…♪(軽く触れられただけでも少し、体が痛んだがそれよりも撫でられた事に喜びを感じたようで、目を細めている
        撫でられている内、細められていた目は閉じていき、小さな吐息をたて始めた) -- クー(狐) 2010-03-01 (月) 04:04:06
      • うーん……。(大丈夫かな、見ただけでは解らない。なでる手に伝わる生の感触でちょっと安心。喜んでるのかな、このまま満足してかくっ、とかは駄目だよ)
        おー…………おやすみー……。(目を閉じて眠りにつく。悪い意味での眠りには見えなかったので、さらに安心しながら小声であいさつ。小声でもこの静かな荒れ寺だと大きく聞こえてくる)
        ええと、お見舞いはここにー……(葡萄の入ったかごを持っている。置いといて大丈夫かな)……。(しばらく考えて、かごの下に敷いてあるクッション用の紙を地面に置いて、その上に葡萄を乗せ、さらにその上からかごをかぶせてみた)……こんな感じでオッケーでしょうか。
        果物は消化がいいから、病気のときにいいんだよ。……と、いうのは、置いといて。それじゃあクーちゃん、お大事に。(静かに音を立てないように、ゆっくりそこから離れて飛び立った) -- セリーヌ 2010-03-01 (月) 04:19:41
  • あれ・・・産婦人科ではないんですね・・・ -- ゾーヤ 2010-02-28 (日) 04:21:37
    • …まぎらわ…しい…表札…で…ごめん…ね…違う…の…(申し訳無さそうに軽く頭を下げている)…耳…四つ… -- クー 2010-03-01 (月) 03:12:04
  • 狐って本当にコンコン鳴いているのデスかね…オホン こんこん こんこん(仲間を呼び寄せるよりは死霊を呼び寄せそうな響く声で鳴きまねを試みる) -- デスロック 2010-02-28 (日) 01:01:52
    • ………?(何か声が聞こえるので怪訝な気持ちで茂みから顔を覗かせる)
      …くぅん…?くーん…(鳴き真似に、というよりも何をしてるの?とでも言うような鳴き声) -- クー(狐) 2010-02-28 (日) 02:07:14
      • くぅん…異国の言葉で発音したらコンって聞こえなくもない鳴き声デス(ふむふむと強くうなづいて、声のするほうに顔を向け)
        にひひひひひ・・・みっけたーデス(子供のような無邪気な顔で嬉しそうに彼女を指差したのだった) -- デスロック 2010-02-28 (日) 02:21:57
      • …くぅ…?(近寄ってくる相手の見た目は子供のように見えるので、特に警戒したような様子も見せずにじっとしている狐
        指をさされ、耳をピクンと動かすとなんだろう…?と首を傾げている) -- クー(狐) 2010-02-28 (日) 02:28:05
      • あ…くぅー!可愛い…DEATH…(気持ちを表現するかのようにその場で足踏み)
        もう少し暑さが収まってきたら一緒にお昼寝するのデス 寝心地のいいところいっぱい知ってるからな、安心して任せるといいのデス
        (抱き心地よさそうだなという意もこめられた可愛いものを愛でる視線を少し距離を残しつつ送る) -- デスロック 2010-02-28 (日) 02:37:31
      • (足踏みの音に少し驚き身を震わせるが、害意は無いようなので逃げる様子は見せない)
        ………くぅん…(しばし、値踏みをするような視線でデスロックの目をじーっと見ていたが、少しずつ距離を詰めていきやがて手を伸ばせば届くくらいの距離まで近づいてきた) -- クー(狐) 2010-02-28 (日) 02:45:10
      • ほっぺ触れそうデス…(おそるおそる手を伸ばす…が思いとどまり引っ込める)狐相手とはいえ初対面デス
        いきなりほっぺもみもみしたり抱っこはきっと失礼なことな気がするデス(自分に言い聞かせるようにうんうんとうなづき)
        狐のほうからデスロックの胸に飛び込んでくるまで我慢するのデス、きつね デスロックとお昼寝したかったらいつでも言うのデスよ? -- デスロック 2010-02-28 (日) 02:55:14
      • (触られるのも構わないかな、と思っていただけに引っ込められた手にあれ?とまた首を傾げる)
        …くぅーん(じっとデスロックの言葉を理解しているように耳を傾けていたが、同意するようにこくりと頷く
        そしてデスロックの周りを軽い足取りで一周すると、二本の尻尾を軽く振るい、先程いた茂みの方へと歩いて行き)
        コォーンッ…(一度振り返り先程デスロックが声真似ていたような甲高い声で一声鳴いた) -- クー(狐) 2010-02-28 (日) 03:09:46
  • こ、ここがあの有名な荒れ寺…!くーさんのお家って荒れ寺だったんですねー…… -- ニキ 2010-02-26 (金) 20:02:44
    • (荒れ寺の境内、縁側に座りぽけーっとしていたが人の気配を感じたのかキョロキョロと周囲を見渡す。ニキの姿を見つけるとちょこまかと近寄ってきた)…にき、この…前は…お疲れ様… -- クー 2010-02-27 (土) 00:41:06
      • あ、くーさんこんにちはー、特に危ない事も無い依頼でしたねー……って
        くーさんうさんくさいじゃないですか……怪物じゃないですかしかも薬草売りじゃないですか、き、気を付けてくださいね…? -- ニキ 2010-02-27 (土) 09:40:48
      • …ん…簡単…でも…一緒で、楽しかった…(ほのかに目を細めて笑み)
        (こくり、と頷くがそれほど重く感じているわけでもなさそうで)くーは…くーなりに…がんばる…にきとまた一緒、したいし… -- クー 2010-02-27 (土) 11:45:52
      • うっふふー、やっぱり一緒の方が楽しいですもんねー、依頼の場所につくまで結構暇だったりしますし……
        それにしてもくーさん大丈夫ですか荒れ寺の妖怪さん達に枕返されたり小豆洗われちゃったりしてませんかー? -- ニキ 2010-02-27 (土) 12:07:20
      • たの…しいし…知らない…人…ばかり…だと…怖い…から…一緒…だと…安心…する…
        …?みんな…ちょっと…騒がしい…けど…優しい…よ…?枕に…挟まれた…こと…ある…けど… -- クー 2010-02-28 (日) 02:01:39
  • あの狐は一体どこに行ったんだろうな……(辺りをうろつく) -- アーディン? 2010-02-25 (木) 01:51:07
    • (荒れ寺周辺の森、狐に良く似た銀色の髪の毛と耳尻尾を生やした和装の少女が茂みをがさごそとやっている)
      …見つけ…(何かを探していたようで、手には以前狐がアーディンにお礼として渡した薬草の葉が握られていた) -- クー 2010-02-25 (木) 02:05:14
      • (遠目に見える少女に既視感を覚え)……ちょっと良いかな? (傍によって話しかける)
        ここに銀色の狐がいると聞いて訪ねてみたんだけど……見た事あるかな? -- アーディン? 2010-02-25 (木) 02:12:36
      • ん…?(よほど薬草探しに熱中していたのか、近づき、声をかけられるまで気付かず声には出していないものの驚いたようだ)
        あ…お医者…さん…この…前は…ありがと…(軽く会釈をする、振り向いたその首元や、和装から覗く手首には包帯が巻かれている) -- クー 2010-02-25 (木) 02:16:03
      • この前……? (記憶をたどるがこの少女を手当てした記憶は無い、思い当たるとすれば……)
        ああ、あの狐が君なのか。なんだ、そんな格好にもなれるのかい? -- アーディン? 2010-02-25 (木) 02:18:16
      • そう…人の…姿にも…なれる…この前は…この姿…だと…痛いところ…多かった…から…(傷の面積が大きくなるのと、体自体の強さで痛みが増す。と言いたいらしい)
        もう…痛くないの…お医者…さんの…お陰…だから…お礼…探してた…(傍らに置いてあったざるには薬草とキノコがこんもりと盛られていた) -- クー 2010-02-25 (木) 02:22:37
      • なるほどな。しかし……お礼は気にしなくて良いんだよ? きちんと代金は受け取ったからね
        それよりも……怪我の調子はどうかな? 包帯を取り換えるのも一苦労だろうに(鞄を開いて) -- アーディン? 2010-02-25 (木) 02:25:03
      • ………驚か…ない……の…?(平然と自分が狐であると認めた事に、むしろ少女の方が驚いたようで)
        …でも…集めたから…貰って…ほしい…な…?(今採ったばかりの薬草も載せて、ざるとアーディンを交互に見て)
        …痛くないから…もう…だいじょぶ…?(まだ傷跡は残り、若干血は滲んでいるが痛くないので大丈夫、と思っている) -- クー 2010-02-25 (木) 02:30:46
      • 今更驚くようなものでもないさ。君こそ私の容姿を見て驚かないのかい? (奇妙な顔の文様に尖った耳である)
        そうだね。ありがたく受け取ることにして……と、動かないでくれよ(首元の包帯を解き手早くガーゼに消毒薬を浸みこませて傷口に当てる) -- アーディン? 2010-02-25 (木) 02:39:08
      • ………?何か…変…なの…?きれー…だと思う…けど…(そもそも人に疎く、常識が欠如しているので何がおかしいのかはまるで分からないようだ)
        ん…良かった………ひぅっ…!(やはりまだ染みるには染みるようで、ガーゼを当てられると痛そうに小さな悲鳴を上げる) -- クー 2010-02-25 (木) 02:43:23
      • ごめんな、すぐに終わるから(包帯を巻き直し、手首にも同じように繰り返す)
        君は……一人なのかい? 今は小さな怪我でもいずれ大けがを負った時は大変じゃないのか? -- アーディン? 2010-02-25 (木) 02:45:34
      • くぅーん…やっぱり…この姿…だと…痛い…(我慢はしているものの、少し涙目になっており小刻みに震えている)
        …一人…だけど…友達…いる…よ…動けない…くらい…だったら…助けて…くれる………はず…?(荒れ寺の方を振り返り…でもどうだろう…?と首を傾げる) -- クー 2010-02-25 (木) 02:49:38
      • 良く頑張った。偉いな(頭にぽん、と手を置いて微笑み)
        そうかそうか、友達がいるんだったら安心……ん? 本当に大丈夫なんだろうね? -- アーディン? 2010-02-25 (木) 02:53:09
      • んっ…ありが…と…ぇへ…(少しくすぐったそうに目を細め)
        ……………ん、だい…じょぶ…(普段のふざけてばかりいる荒れ寺の妖怪達だがなんだかんだで根は皆優しい、としばらく逡巡してからこくりと頷く) -- クー 2010-02-25 (木) 03:01:12
      • その様子だと大丈夫そうだな(安心したように微笑み)
        (ざるの中身を袋に詰めて)それじゃ、これはありがたく頂いていくよ(会釈をして)
        子供だから治りは早いが、怪我だけは気をつけるように。それじゃ(鞄を担ぎながら後ろ手を上げて歩いて行った) -- アーディン? 2010-02-25 (木) 03:07:18
      • …うんっ…みんな…いい…ひと…ひと…?(人ではないか、と思ったがまぁいいか…と頷いて)
        お礼…だから…持って…って…くれると…うれ…しい…(会釈されたので会釈を返して)
        んっ…気を付け…る…ね…ありがと…ござい…ました…お医者…さん…(小さく手を振り、その後ろ姿を見送った) -- クー 2010-02-25 (木) 22:49:38
  • (くぱぁ) -- 2010-02-24 (水) 21:53:00
    • くぅっ!?(ごめんなさいごめんなさいとふるふる震えている) -- クー(狐) 2010-02-24 (水) 21:55:30
      • (ぬっぷぬっぷ) -- 2010-02-24 (水) 21:55:51
      • (エキノコックスに感染して死に至るこやす) -- 2010-02-24 (水) 21:56:58
      • くぅー…くぅー…(この状況をどうすればいいのか分からなくておろおろしている) -- クー(狐) 2010-02-24 (水) 21:58:48
      • クー、オラの初めての相手がおめぇでほんとによかった(死ぬこやす) -- 2010-02-24 (水) 22:02:26
      • く、くぅー…?(何がどうなったのか分からないけれど取り敢えず、丁重に掘った穴へ埋めておく狐) -- クー(狐) 2010-02-24 (水) 22:07:56
  • (何度もageてごめんなさいと項垂れる) -- クー(狐) 2010-02-24 (水) 21:52:52
  • クー、さんはいらっしゃいますでしょうか。(背中の翼をゆるくはためかせながら少女がやってくる) -- セリーヌ 2010-02-21 (日) 21:50:53
    • (名前を呼ぶと、森へと連なる小さな植え込みからカサカサ、という小さな音が聞こえてくる
      やがて物音の聞こえた付近の木の陰から小さな声が聞こえてきた。隠れているつもりのようだが銀色の尻尾が覗いている)…誰…?クーに…何か…用…? -- クー 2010-02-22 (月) 00:00:22
      • ……居るのかな。……う、んー?(地上に降り立って、植え込みのほうを腰を折り眺める)
        あ。(銀色の尻尾はふわふわと揺れている。なんだかほんわりとした気分になりつつ、「居た」という顔)あ、私、セリーヌ。今月の冒険で一緒だったからあいさつに来たんだけど……。 -- セリーヌ 2010-02-22 (月) 00:17:04
      • せりー…ぬ……あ…っ(名前を聞いて尻尾を軽く一振りする、声にも名前にも聞き覚えがあるという事に気づいておずおずと木陰から姿を表す)
        え…と…この前は…あり…がと…?おつかれ…さま…(恐る恐るといった様子で俯きながら、上目遣いにちらちらとセリーヌの顔を伺いつつ近寄ってくる) -- クー 2010-02-22 (月) 00:27:06
      • (姿を現した少女の姿。自分よりも小柄な外見。獣人の類だろうかふさふさの尻尾が二つ。こんな小さな子が冒険してると思うと、なんだか少し心にきゅんとしたものを感じる。自分も人のことをいえた義理ではないような気がするが)
        あ、クー……ちゃん? もお疲れ様。(さん付けで呼ぶのはなにかためらわれる気がして、ちゃん付けで呼ぶ)
        (自分より頭一つ足りないぐらいの身長差。目線はちょうど狐耳の部分に向かう。銀色の毛並みが見える。わぁ、と感嘆の息を心で漏らそうとしてみるが、ふと自分の背中にも似たようなファクターが存在することに気づいて、うーん、という顔) -- セリーヌ 2010-02-22 (月) 00:53:16
      • ちゃん…?…ん…(珍しい呼ばれ方だと思ったのか、少し驚いたようで眉をぴくりと動かしたが悪く思っている訳ではないようでこくり、と頷く
        そして、視線の先に自分の耳があるという事に気づいて条件反射的に耳をピコピコ、と少し動かす)
        えと…あの…そんな…見られると…くすぐったい…よ…?(恥ずかしそうに手を上げると服の袖で口元を覆う、が自らもセリーヌの羽根に興味があるようで視線はそちらに向いている) -- クー 2010-02-22 (月) 01:02:53
      • (ぴくんと軽く弾くように動く耳。なんとなく見蕩れる。がすぐに我に返る)あ、あはは、ごめんごめん……(そしてクーの視線も自分の羽に向いている。確かに、これはくすぐったい)
        なんだろう、このこみゅにけーと……。おんなじみたいだね。(上手い言葉が思い浮かばなかったのか、曖昧な表現が口から出てくる。嬉しいのかなんなのか、はにかむような笑みが顔に浮かぶ)
        えっと、それじゃあもう遅いからこれで! また依頼で一緒になったらよろしくね、クーちゃん! それじゃあ!(なんだか照れくさくなったようで、手を振りながら空中に飛び立つ。白い翼はやけに嬉しそうに空を泳いでいった) -- セリーヌ 2010-02-22 (月) 01:14:26
      • ………?耳…珍しい…?(見られていると何となく反応してしまうようで、無意識に見られている間はしばしばぴくぴくっと耳は動いている)
        おんなじ……うん、ちょっと…ヒトとは違う…おんなじ…(同じ、という言葉と笑みに親しみを感じたようでほんの少し嬉しそうに表情が和らぐ)
        ん…いっしょに…なったら…いい…ね…?ばいばい…せりーぬ…(視線を振られているセリーヌの手と、自分の手交互に何度か向けてから真似るように手を振り返す)
        (セリーヌの姿が見えなくなるまで空を見上げていたが、その姿が視界から消えると狐の姿になって元居た茂みの方へと消えていった) -- クー 2010-02-22 (月) 01:28:21
  • クーだニルチッイ…クーをきめろ! -- 2010-02-21 (日) 11:39:25
    • …!(匿名に慣れてきたのでとてとてと駆けていき、軽く体当りする銀狐) -- クー 2010-02-21 (日) 11:40:59
  • クー…お前だったのか -- 2010-02-21 (日) 11:33:42
    • (狐の姿で転がっている、ただ寝ているだけのようだ) -- クー 2010-02-21 (日) 11:34:37
      • パーン ドサッ…(銃声と共に倒れる匿名) -- 2010-02-21 (日) 11:38:18
      • !(銃声に驚いて飛び起き、周囲をきょろきょろ見回す)
        ………?(倒れている匿名に近寄って、つんつんと鼻先でつついてみる) -- クー 2010-02-21 (日) 11:39:53
  • ちにうえていた -- 2010-02-21 (日) 11:33:10
    • ………?(ふるふると首を振っている) -- クー 2010-02-21 (日) 11:34:08
  • エキノコックス! -- 2010-02-21 (日) 11:31:24
    • (大声に驚いて木の陰に隠れている) -- クー 2010-02-21 (日) 11:32:15
  • ごとー…さん…? -- クー 2010-02-21 (日) 11:29:57

Last-modified: 2010-05-21 Fri 01:33:02 JST (4422d)