行間で人殺ししてます
と名簿に書けば君も立派な暗殺者

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp007198.jpgリファイン企画

絵本の魔女

qst070422.jpg
qst025446.gif

魔女の「読み聞かせ会」残党 Edit

旅籠の下働きカレン立身出世英雄引退
貴族の召使マロン立身出世英雄冒険中?
薬草売りリリーやむをえ英雄冒険中?

Q、このキャラは何?
A、絵本の魔女が配下にしていた「死んだはずの娘」たち。
  彼らは全員既に死んでいるが、「生きているはずだ」という都市伝説により存在している。というか存在していた。
  絵本の魔女の魔法が崩壊したので、都市伝説であった彼女たちも今は(wiki的には)存在していない。
  公式の方に登録してたIDはまだ生きている。

↓連絡先(なにかあれば)

お名前:

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

事の顛末 Edit

スラムの連続殺人事件はどうなったのかって?

なかったんだよ、そんな事件。最初から。



まだ暑かった9月のある月の綺麗な夜を境に、スラムを歩く妊婦の姿は見られなくなった。

事件の真相を目撃したものは数人いるようだが、だれも「その事件が何だったのか」を説明することは出来ないだろう。

一言で、乱暴に言いきってしまうなら、「都市伝説の暴走」だろうか。


被害者の遺族を調べていくと、次々と奇妙なことが判明した。

スラムで遺体となって発見されるよりもはるか前に、被害者たちは
死んでいたのだ。

遺族の共通点は、「まだ幼い娘を失い、その死を受け止めきれなかった両親」である。これが、調査の結果出た結論だった。

とっくの昔に死んだ娘たち。その死を受け入れられず、「娘は生きている」と思い込んでしまった哀れな遺族たち。

遺族たちが、「娘はもういない」現実と「娘は生きている」妄想の折り合いをつけるため
「娘は最近、スラムで殺された」という狂言を信じてしまう……


それが事件の真相だったのだと。



もちろん、死体を実際に見た者たちは反発した。


しかし、すべて消えてしまったのだ。死体がそこにあったという証拠が。


埋葬されたはずの墓地には、新しい墓の跡すらなかった。


ただ「死体があったはずだ」という記憶だけを残して、

歴史は改竄された。

お名前:
  • 聞き耳を立てるだけで干渉はしませんが、ネームさん?チョトスさん?のお話が面白いですね。
    後日、何がきっかけでネームさんにその話を聞きに行ったのか、チョトスさんに聞いてみたいですね。
    -- 絵本の魔女
    • 私であれば……不老不死にしてあげるかしら。だって、私と同じぐらい不幸な人が増えるのは、スカッと溜飲が下がることですもの。 -- 絵本の魔女
      • それが愛する人なら満たされる嗜虐欲も2倍ですね -- 絵本の魔女
      • みんなもっと笑顔曇ればいいのに。 -- 絵本の魔女
      • 不治の病に侵された子供を救うため不老不死にしてあげるなんて素敵じゃないかしら。親も曇る、子供も曇る。私は人の不幸を見てスッとする。 -- 絵本の魔女
      • ネームさんは優しいなぁ。 -- 絵本の魔女

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

三行で絵本の魔女 Edit

ガーパイクさん
なに女装してその上妊娠してるの?
詳しくはここ

スラムの怪事件 Edit

相談事窓口 → 奴は我ら一人遊び四天王の中でも一番の小物
黄金暦181年頃から起こるようになった、連続通り魔事件。目的も犯人も一切謎。
度々、スラムに不似合いな妊婦の姿が目撃されている。
邪教ロワイヤルからスラムの怪事件まで詳細はこちら

(メタいこと:実はなんもストーリーとか陰謀とか考えてなくて、不老不死で暇だったので殺人時間を起こして回っているだけである)
(けっこう拾ってくれる人がいてうれしい。ベルちゃんレナータさんルサルカさんクラージュ君スレットさん?ティムちゃん?ヴェールさんシバルさんカインさん)
(それとは別口で動いてるフレアフリンジさん。さあて私はなんも展開考えてないぞー!!)

''うらさびしい路地''

修正

お名前:
  •  

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

わかりますね? Edit

むかしむかし、ゾーヤという女性がおりました。
ところがゾーヤという女性は実在しませんでした。
ガーパイクという男性がおりました。
ガーパイクという男性は実在しました。
ガーパイクは頭の中でゾーヤという女性の物語を作りました。
ゾーヤはガーパイクの空想の中の登場人物でした。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

ガーパイクは空想の中のゾーヤが、実在するように振る舞いました。
ガーパイクの周りの人々も、彼に合わせてゾーヤが実在するように振る舞いました。
誰もがゾーヤは実在するように振る舞いました。
だからゾーヤは実際に存在するかのように話が広まり、ゾーヤに会ったことがない人にとってゾーヤは実際する人間と同じでした。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

むかしむかし、ゾーヤという女性がおりました。
ゾーヤはガーパイクのことが大好きでした。
ゾーヤは人間でしたが、ガーパイクはドラコといって不老不死でした。
ゾーヤがガーパイクより先に死ぬことはみんながわかっていました。
ゾーヤはずっと二人がいっしょに居られる方法がないか探しました。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

矛盾の魔宮にヴァルキサスという魔王がいました。
ヴァルキサスは物語をみんなが信じることで存在していました。
ヴァルキサスがいて物語があるのではなく、物語があってヴァルキサスが存在していました。
ゾーヤはそれを知ると、自分を物語にしようと思いつきました。
物語は物語を知っている人がいることで存在します。
自分がいて物語があるのではなく、物語があって自分がいることにすれば、自分の体が消えても物語がある限り、自分を残せると思ったのです。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

ゾーヤは「ガーパイクという男性がゾーヤという女性の物語を作るという物語」を作りました。
その物語が本当になったことでゾーヤは物語になってしまいました。
だからゾーヤという女性は実在しなかったことになりました。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

だからゾーヤという女性は実在しませんでした。
ガーパイクという男性がおりました。
ガーパイクという男性は実在しました。
ガーパイクは頭の中でゾーヤという女性の物語を作りました。
ゾーヤはガーパイクの空想の中の登場人物でした。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

ガーパイクは空想の中のゾーヤが、実在するように振る舞いました。
ガーパイクの周りの人々も、彼に合わせてゾーヤが実在するように振る舞いました。
誰もがゾーヤは実在するように振る舞いました。
だからゾーヤは実際に存在するかのように話が広まり、ゾーヤに会ったことがない人にとってゾーヤは実際する人間と同じでした。
ここまではわかりますね?

わかりますね? Edit

ゾーヤという女性がおりました。
ゾーヤはガーパイクのことが大好きでした。
それらはすべて虚構でしたが、誰もが本当のことのように振舞う虚構は
もはや現実のことと区別がつきませんでした。

わかりましたね? Edit




名前:絵本の魔女exp004208.jpg
ID:464384
その他:ステータス/戦歴/冒険中/464384?
最終更新2011-10-28 (金) 16:50:22
BGM:月狂 - Moon Rise-

戦闘設定 ※「どんな攻撃も跳ね返す!無効だ!」系のオレツエエさんと戦いたい、という前提のものです。普通に戦闘RPを楽しもう、というコンセプトではありません Edit

この設定はジョークです。実際に戦闘をすることは想定していません。
基本的に絶対負けない自身があるゆえに、戦おうという発想すら沸かないキャラです。

「強キャラを負かして、中野さんごとギャフンといわせたい!」という方の挑戦お待ちしております!!
  • 戦闘RPをするには、まず相手にこちらの戦闘設定をわかりやすく書くことが必要だと聞きました。そこでちょっと私の戦闘設定を作ってみました。 -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 09:35:34
    • プレイスタイル:こちらからは攻撃しません。言葉で相手を挑発して、相手から攻撃させます。


      「ほーら、核弾頭のスイッチですよー。押してみたいでしょ?押して押してー。
      大丈夫、爆弾が落ちるのはこの町じゃなくてどっか遠くの名も知らないNPCの国だから。
      一般市民を巻き込んだ無差別大量虐殺者の称号もゲットできますよ(笑)
      え?押さないんですか?それとも押せないのかな(笑)
      押せないかー、まあ貴方じゃねー(笑)」

      対処法
      1、相手にしない
       返答例:「お前のような狂人には付き合えない(すげなく追い返した)」
      2、挑発に乗って攻撃する(例で言えば核攻撃ボタンを押す)
       その場合、こちらは死亡し、「一般市民を巻き込んだ無差別大量虐殺者の称号」を進呈
      3、挑発に載せられるけど攻撃はしない(例で言えば核攻撃ボタンを押そうと思ったけど押さなかった)
       その場合「そうですか、わかりました」で引き下がります。
      4、狂人と判断し、有無を言わさず滅ぼす(挑発に乗らず冷静に対処する)
       こちらは死亡。滅ぼし方の内容によって、「本体含め完全に滅びる」「その場で死ぬだけで次の月に復活」など変化。

      こちらのスペック
      耐久は一般人程度です。ナイフで刺されると死にます。

      反撃する場合
       攻撃してきた相手にレス長文(レイプ)を仕掛けます。(あらかじめ用意してある長文を貼ります)
      このプレイスタイルの相手とは戦いたくないと思った場合は、追い返すのをお勧めします。

      キャラのポジション
      悪役です。
       己の憎しみのためにスラムのNPCを殺して回るようなキャラなので、一方的に攻撃してきてもOKです。
       悪役ですが、「(勝つ側が)思う存分勝ちをとりに行って相手をボロボロにしたい」という場合でも、あっさり死ぬだけであんまり「やられ役の小物っぽいリアクション」は返しません。
      負けたはずの相手に「不老不死キャラだから(笑)」と勝ち逃げされるのは嫌、という場合も、相手にしないことをお勧めします。 -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 09:36:56
  • どういう攻撃なら私(ゾーヤ)に効くのか考えてみました -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 10:45:26
    • 絵本の魔女を倒す10の方法
      • 1、「不老不死であっても人間の精神を保ったまま生きる方法はあるよ」という答えを教わる
        中野さんが知りたい。説得されたい。勉強不足にも、古典であるメトセラの子供たちって読んでないんですよね……。なんか、不老不死を扱った既存のSFに、答えがありそうなんですけどね。どうなんだろう。 -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 10:45:42
      • 2、「何らかの方法で惑星中の染体を滅ぼす」
        「深海のYrr」方式で、毒で滅ぼすのがいいと思います。ドラコには「癌に弱い」という設定があるので、細胞(染体)が正常なコピーを作れないようになる毒=細胞が癌化する強力な発がん性物質、なんかがいいんじゃないかな?
        副作用:生態系への大きな影響 -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 10:45:54
      • 3、「オルグ力(染体が人の姿を保っているパワー)を無効化する
        これは「なんだか知らんけど神すら呪う超強力な呪いだぞ!」でいける!
        要は、徹底的に記憶喪失にするってことですね。復活しようにも、自分の姿が、自我が思い出せない。
        あ、これいいな。これで倒せるぞ。
        副作用:今まで蓄積された「人類の生きた記憶」を完全に失う -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 10:46:56
      • 4、時間を遡って、ガーパイクさんが生まれる前にガーパイクさんのお母さんを殺す
        これは死ぬ。これは抵抗できない。
        wikiで出来そうな人………ラゼンシアさん? -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 10:48:39
      • 5、「○○は まじょを せっとくした! まじょは かいしんした!」こまけえことは気にするな。確定で倒したことにしとけばいいんだよ
        いいなー、潔い。 -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 10:57:41
      • 6、倒せるけど倒さない。お前はそこで苦しみながら生きて行け
        (レイプ目になる私) -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 11:08:19
      • 7、SNS経由で中野さんのリアルを割る
        (中野さんがwikiから)滅ぶ。禁じ手過ぎる…… -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 11:13:05
      • 9、//ここで必殺技出すので、滅んでもらえますか?
        //まずぶつかって、その後は流れで行きましょう。口座はゆうちょ銀行のでいいですか? -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 11:21:34
      • 10、なめくじが あらわれた!(画像つき)
        なかのさんが しぬ。コウガイビル、プラナリアでも同様の攻撃が可能。昔ボスにやられた。懐かしい。 -- 絵本の魔女 2011-03-03 (木) 11:27:49

実際のところ Edit

いま、絵本の魔女と呼ばれているのが「実在としては」誰なのか。
答えはガーパイクである。
ゾーヤがガーパイクの脳内にしか存在しない以上、そこに「実在している」のはガーパイクだと考えるしかない。

絵本の魔女の都市伝説によると、魔女の本名はゾーヤ・オドナチェヴァ。自演の果てに理想の恋人を作り出した男の名前はガーパイク。
でも魔女は実在しないのであくまで都市伝説に過ぎない。

絵本の魔女に比べるとあまり知られていないが、50年前(黄金暦133〜136年ごろ)
ゴルロア学園一期生にガーパイクという人物は実在した。知っている人もまだ街に残っているだろう。
ガーパイクと魔女の関係は、ガーパイクを知っている人なら知っている可能性がある。

ガーパイクを知っている者でも、絵本の魔女を目の当たりにして、それがガーパイクであるとは
恐らくは気がつかない。

かつてのガーパイクを知っている者は「ガーパイクはどこに行ったのか」と素朴な疑問を抱くだろう。
真相は、目の前に居る「絵本の魔女」がガーパイクである。

絵本の魔女に「ガーパイクはどこに行ったのか」を問いかけると、「腹の中にいる」と答える。
実際、腹を捌いてみれば、胎児の姿に変わったガーパイクが出てくるかもしれない。

ただし、それはあくまでも演出的なもので、絵本の魔女=ガーパイクが目下一番正確な答えである。

何で女体化して妊娠してるのか……男同士の結婚式すら盛大に行われるこのwikiで今更であるが、当然の疑問である。
絵本の魔女に直接聞けば、長々と教えてくれるだろう。

乱暴に要約するなら、「違う自分になりたかった」とでもなるのだろうか。
自分自身に嫌気が差し、「別人になりたい」と思うことは珍しいことでもない。
この場合、「別人になりたい」が「理想の嫁になりたい」に置き換わったと考えてもらえばいい。

それほどまでに、ガーパイクとして人生を送るのが嫌だったのである。

ゾーヤ・オドナチェヴァという人間は、最初からいなかった。すべてガーパイクの自演である。
そしてガーパイクという人物は、ガーパイクとして人生を生きることを拒絶し、絵本の魔女と名乗って活動している。

どうやってガーパイクをゾーヤの姿に変えているのか。
実は、複数のパターンがある。

‘体が女性(ゾーヤの姿)に変化している
 最近はすっかりこうなっている。50年の間に、体が「人間の女性の形」になった。
 ガーパイクの場合、体を構成しているのは細胞ではなく、染体と呼ばれるアメーバの一種である。
 染体はそれ自体が一個の知性を持った微生物で、特定の命令(これを「オルグ力」という)に従って集合し、人間の体細胞のように振舞う。
 50年の間に、「ガーパイクの形を作れ」という命令が、「ゾーヤの形を作れ」に変わっていたようだ。

∀辰靴討い訖佑砲魯勝璽笋了僂見えるが、実際にはガーパイクと話している
 昔はこうだった。
 ゾーヤとガーパイクが会話している場合、実際はガーパイクが一人で喋っている。
 ガーパイクが壁に貼られている時も、実際はガーパイクが一人で自分を壁に貼りつけている。
 ガーパイクが尿道を開発されている時も、実際はガーパイクがセルフで開発している。
 ゾーヤの姿が見えているものは幸いである。ゾーヤという幻が見えず、ガーパイクが自演しているところを見る羽目になったものは、SAN値が下がるだろう。

重ねあわせ状態である
 いまのガーパイクは、ガーパイクであると同時にゾーヤである。
 素粒子が下向きスピンと上向きスピンを重ね合わせた状態で持つのと同じで、観測して確定するまで、それがガーパイクであるのかゾーヤであるのかは決定されない。
 ガーパイクであるのかゾーヤであるのかは、確立でのみ語れることであり、同時にどちらでもある。
 今はまだ肉体レベルで姿を変えるにとどまっているが、いずれは(数万年後には)ガーパイクとゾーヤは重ねあわせ状態で安定すると考えられている。

ぜ造魯勝璽笋肇ーパイクは別人である
 これはあくまで都市伝説である。
 今だから言うけど、ゾーヤとガーパイクは中野さんが違う人なんだ……

あるところに絵本の魔女(ヴィエーディマクニー)がおりました Edit


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst060347.png

忙しくてポーシャ出来ないこやすさんのための過去ストーリーあらすじ Edit

+  ベストカップルのあらすじを読む場合はjavaScriptを有効にして+をクリックしてください

あの夫婦から産まれた子供を確定で真空パックしたらどんな顔をしてくれるんだろう

+  そして少女は怪物たちの母になりました

過去(現役時代の設定を)もう少し詳しく Edit

+  設定が折りたたまれています。javaScriptを有効にして+をクリックしてください

部屋に似つかわしくない大きな絵画 Edit

+  javaScriptを有効にして+をクリックしてください

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst059057.jpg

// Edit


Last-modified: 2011-10-28 Fri 16:50:22 JST (3010d)