白船来航/群像劇・冒険者用
白船来航/群像劇・東夷用


- 酒場 -


酒場
飯だ!酒だ! え?盗賊?なにそれ美味しいの?

編集:白船来航/群像劇・壱
お名前:
  • 夜の街
    • 伝達
      • 最後の切り替えです。ここまでお付き合い頂きありがとうございました〜 -- 2012-09-22 (土) 01:44:55
    • 大通り
      • 玄骸の人質作戦も無駄かと思われたその時――
      • はい、そこまでですっ (冒険者達に向かって矢と鉛弾が飛んでくる!!) -- 鬼子 2012-09-22 (土) 01:43:42
      • なんとか間に合ったべ (他の場所を襲っていた東夷達が合流してきた)
        玄骸どん、待たせてずまねぇ! そろそろ逃げた方が良かんべ!! -- マタギ 2012-09-22 (土) 01:44:17
      • 私の矢に当たると危ないですよー。清められますよー (バスンバスンと撃ち込んでいる) -- 鬼子 2012-09-22 (土) 01:45:57
      • 好き放題やって逃げる気ですの!?(そう非難するが、新手を相手にするだけの魔力の補充は出来てはいなかった) -- カダリア 2012-09-22 (土) 01:50:40
      • ひぎゃー!!(汚液をぶつけられて流される)あああ、あぁったまきた…!!こうなりゃもっと強力な゛っ(スコンと鬼子の放った矢が、後頭部を貫く)
        ぎええええええええ!!(大絶叫して倒れ込む餓鬼の親玉は、目を回したまま手下に運ばれていった)
        //そして離脱、遊んで下さった方々ありがとう! -- 沙耶子 2012-09-22 (土) 01:50:53
      • 「夜盗ども、観念しろ!!!!」
        ようやく手練れの衛兵達が集まってきた!
        冒険者達の時間稼ぎもまた成功していたのだ。彼等は各地で東夷を何人も捕まえていたらしい
        残る東夷衆は引き際だろう…急ぎ敗走を!
        -- 2012-09-22 (土) 01:53:47
      • …い、一発ならまだ誤射かもしれませんよ〜? 知ーらないっと… -- 鬼子 2012-09-22 (土) 01:57:39
      • (異形の悪鬼、玄骸に対しても臆せず捨てた刀を拾い上げると構える…また立ち上がり、命を弄び嘲り笑うのならば立ち上がれぬまで叩き潰すのみ)
        ……くっ…!(そんなとき、悪鬼の援軍から放たれる弾雨に背を向け少女を庇う、耐熱、防弾、防毒…凡ゆる物を阻む鎧はその性能を遺憾なく発揮する)
        退くか、悪鬼…!(弾雨が止むと玄骸と呼ばれた悪鬼へ向き直る) -- ? 2012-09-22 (土) 01:58:17
      • チッ、やれやれ。(舌打ちを一ツ)作戦は失敗か……
        好き勝手絶頂やらかしてくれた手前ェらに礼もできねぇのは心苦しい限りだがなァ…?
        今日はこれくらいで引き上げってことだ。じゃあな、冒険者ども。
        (背を向けて骨刀で地面を擦りながら走り去って行った)
        //ここで離脱です、ありがとうございました! -- 玄骸 2012-09-22 (土) 01:59:02
      • (手下に神輿のように扱われて運ばれてく沙耶子を遠目に眺め、聞こえてくる衛兵たちの足音に耳を立てる)
        これでお開きかしらね。‥‥じゃ、アタシは先に
        (身を翻して夜空に舞い飛び、夜空の中に溶け込むように消えていく)
        //おつかれ〜 -- イルゼ 2012-09-22 (土) 01:59:42
      • むっ…! あの鎧兜…種子島を弾きおった!? 熊より手強い奴がいたもんだべな… -- マタギ 2012-09-22 (土) 02:00:04
      • ……(蜘蛛の子を散らすように退散する悪鬼、入れ替わるように人々の救助と周囲の警戒に当たる衛兵たち)
        (少女が衛兵たちに保護されるのを見届けると、鎧の姿はまるで最初からいなかったかのように消え失せていた)
        //みなさんお疲れ様でした… -- 2012-09-22 (土) 02:10:50
    • 酒場
      • 外の騒ぎは一段落したようだ…割れた窓ガラスと酔い客達の懐が軽くなったことなど些細なことだと言うように
        酒場は赤々と燃え続けているのであった……
      • イヤー!!わたくしのスモークタンが焼きタンにー!!? -- カダリア 2012-09-22 (土) 01:53:23
      • 燃え尽きたよ……全て、真っ白にね……(酒場のマスターは一足先に真っ白に燃え尽きていた!) -- マスター 2012-09-22 (土) 01:56:23
  • −切り替わる− -- 2012-09-22 (土) 01:42:33

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照



  • 夜の街
    • 伝達
      • 最後の切り替えです。ここまでお付き合い頂きありがとうございました〜 -- 2012-09-22 (土) 01:44:55
    • 大通り
      • 玄骸の人質作戦も無駄かと思われたその時――
      • はい、そこまでですっ (冒険者達に向かって矢と鉛弾が飛んでくる!!) -- 鬼子 2012-09-22 (土) 01:43:42
      • なんとか間に合ったべ (他の場所を襲っていた東夷達が合流してきた)
        玄骸どん、待たせてずまねぇ! そろそろ逃げた方が良かんべ!! -- マタギ 2012-09-22 (土) 01:44:17
      • 私の矢に当たると危ないですよー。清められますよー (バスンバスンと撃ち込んでいる) -- 鬼子 2012-09-22 (土) 01:45:57
      • 好き放題やって逃げる気ですの!?(そう非難するが、新手を相手にするだけの魔力の補充は出来てはいなかった) -- カダリア 2012-09-22 (土) 01:50:40
      • ひぎゃー!!(汚液をぶつけられて流される)あああ、あぁったまきた…!!こうなりゃもっと強力な゛っ(スコンと鬼子の放った矢が、後頭部を貫く)
        ぎええええええええ!!(大絶叫して倒れ込む餓鬼の親玉は、目を回したまま手下に運ばれていった)
        //そして離脱、遊んで下さった方々ありがとう! -- 沙耶子 2012-09-22 (土) 01:50:53
      • 「夜盗ども、観念しろ!!!!」
        ようやく手練れの衛兵達が集まってきた!
        冒険者達の時間稼ぎもまた成功していたのだ。彼等は各地で東夷を何人も捕まえていたらしい
        残る東夷衆は引き際だろう…急ぎ敗走を!
        -- 2012-09-22 (土) 01:53:47
      • …い、一発ならまだ誤射かもしれませんよ〜? 知ーらないっと… -- 鬼子 2012-09-22 (土) 01:57:39
      • (異形の悪鬼、玄骸に対しても臆せず捨てた刀を拾い上げると構える…また立ち上がり、命を弄び嘲り笑うのならば立ち上がれぬまで叩き潰すのみ)
        ……くっ…!(そんなとき、悪鬼の援軍から放たれる弾雨に背を向け少女を庇う、耐熱、防弾、防毒…凡ゆる物を阻む鎧はその性能を遺憾なく発揮する)
        退くか、悪鬼…!(弾雨が止むと玄骸と呼ばれた悪鬼へ向き直る) -- ? 2012-09-22 (土) 01:58:17
      • チッ、やれやれ。(舌打ちを一ツ)作戦は失敗か……
        好き勝手絶頂やらかしてくれた手前ェらに礼もできねぇのは心苦しい限りだがなァ…?
        今日はこれくらいで引き上げってことだ。じゃあな、冒険者ども。
        (背を向けて骨刀で地面を擦りながら走り去って行った)
        //ここで離脱です、ありがとうございました! -- 玄骸 2012-09-22 (土) 01:59:02
      • (手下に神輿のように扱われて運ばれてく沙耶子を遠目に眺め、聞こえてくる衛兵たちの足音に耳を立てる)
        これでお開きかしらね。‥‥じゃ、アタシは先に
        (身を翻して夜空に舞い飛び、夜空の中に溶け込むように消えていく)
        //おつかれ〜 -- イルゼ 2012-09-22 (土) 01:59:42
      • むっ…! あの鎧兜…種子島を弾きおった!? 熊より手強い奴がいたもんだべな… -- マタギ 2012-09-22 (土) 02:00:04
      • ……(蜘蛛の子を散らすように退散する悪鬼、入れ替わるように人々の救助と周囲の警戒に当たる衛兵たち)
        (少女が衛兵たちに保護されるのを見届けると、鎧の姿はまるで最初からいなかったかのように消え失せていた)
        //みなさんお疲れ様でした… -- 2012-09-22 (土) 02:10:50
    • 酒場
      • 外の騒ぎは一段落したようだ…割れた窓ガラスと酔い客達の懐が軽くなったことなど些細なことだと言うように
        酒場は赤々と燃え続けているのであった……
      • イヤー!!わたくしのスモークタンが焼きタンにー!!? -- カダリア 2012-09-22 (土) 01:53:23
      • 燃え尽きたよ……全て、真っ白にね……(酒場のマスターは一足先に真っ白に燃え尽きていた!) -- マスター 2012-09-22 (土) 01:56:23
  • −切り替わる− -- 2012-09-22 (土) 01:42:33
  • 夜の街
    • 伝達
      • 切り替わりました! -- 2012-09-22 (土) 00:01:20
      • キリのいいところまで待ちます。切り替えた後は〆となります -- 2012-09-22 (土) 00:56:06
      • そろそろ切り替えます! -- 2012-09-22 (土) 01:30:05
    • 酒場
      • 外の騒ぎは一層大きくなっている。しかし酒場の中は相変わらずである
        もはやモブしかいないので特に事件も起こらないだろう
      • 店主、この店で一番美味い酒を出しなんし(いつの間にかちゃっかりいる東夷軍の幹部) -- 梗妃 2012-09-22 (土) 00:16:02
      • 誰ですか貴女…(一応酒は出す) -- マスター 2012-09-22 (土) 00:18:37
      • 飲んだくれや野次馬たちの中に「財布が無い!」と騒ぐ者たちが出始めた。これまでに、この酒場に居たことのある者の懐も…ひょっとしたら軽くなっているかもしれない -- 2012-09-22 (土) 00:18:48
      • (酒の注がれたグラスを傾けながらほくそ笑む) ほっほっほ…酒場の中にも紛れておったか -- 梗妃 2012-09-22 (土) 00:22:14
      • …仕掛ける時期を逸しやしたね。おかげで随分と、ラクな仕事になっちまいやした(ため息混じりにそう言うと姿が掻き消え…後にはウエイトレスの制服だけが残った) -- 背の高いウエイトレス? 2012-09-22 (土) 00:22:28
      • ……む?あ、あれ? さっきまでここに作り置きしていたスモークタンとピクルスの盛り合わせがあったのに…
        どこに行ったんだ? カダリアちゃんに私が怒られちゃうじゃないか -- マスター 2012-09-22 (土) 00:25:29
      • ……御馳走様。不味い酒じゃったわ…では、わっちはそろそろ帰るとしようか
        (足元から紫光の蝶が無数に現れ、梗妃の姿を隠したかと思えば…蝶の群れが消えた時、梗妃の姿もまた消えていた) -- 梗妃 2012-09-22 (土) 00:35:58
      • む、無銭飲食ーーーーーー!!?! -- マスター 2012-09-22 (土) 00:36:57
      • マスター…俺達も財布掏られたから今夜の勘定はツケでいい? -- 飲んだくれ達 2012-09-22 (土) 00:38:03
      • ……店、畳みたくなっちゃった -- マスター 2012-09-22 (土) 00:38:22
      • 酒場に突如として振りかかる腐った汁、めっちゃ臭う -- 2012-09-22 (土) 01:06:32
      • \\\ぐえー!?/// -- 飲んだくれ達 2012-09-22 (土) 01:08:17
      • もうやめて!酒場と私のHPはもうゼロよっ!!? -- マスター 2012-09-22 (土) 01:09:08
      • 知るか馬鹿!とばかりに更に降り注ぐ粘液っぽい腐った汁、凄く臭う、しかも燃えやすい -- 2012-09-22 (土) 01:20:10
      • ひぃぃ〜!?臭い〜〜〜〜〜〜!!(うろたえる酔い客達!その拍子に、テーブルに乗っていたランプが転がり落ちる) -- 飲んだくれ達 2012-09-22 (土) 01:22:10
      • あっ――! -- マスター 2012-09-22 (土) 01:25:50
      • 酒場・火炎属性付与(エンチャント・ファイア) -- 2012-09-22 (土) 01:27:20
      • 炎上した酒場にトドメとばかりに降り注ぐ、大量の腐汁 -- 2012-09-22 (土) 01:27:37
      • 燃える……燃えてしまう…! 酒場……私の店が…燃えて…… -- マスター 2012-09-22 (土) 01:29:17
      • ……まぁ元気出せよ。初めて燃えたわけじゃないんだしさ HAHAHA... -- 飲んだくれ達 2012-09-22 (土) 01:33:30
    • 大通り
      • 街中で騒ぎが起こっている。自警団や衛兵達がこの大通りに到着するまでまだかかりそうだ…
      • (ごろごろと転がっていく戦車だが、突如ぴょんと飛び上がり、くるくると空中を舞うと、地面にしっかりと着地した。まるで生きているようだ。)
        はぁ、はぁ、なかなかやるな、魔女め。だが私はこんなものではないぞー!!
        (距離を詰めてくるカダリア目がけて、機関が爆音を上げ、煙が吹き上がり、そのまま戦車がカダリア目がけて突進していく。砲身はぐるぐると回りあたり構わず鉄の球を投げ飛ばす。) -- 常世 2012-09-22 (土) 00:02:33
      • ただの金持ちだァ………?(背後で常世の戦車の放った砲弾が弾ける)手前ッ そんな名乗りがあるかァァァァァァァ!!!
        見極めてやるッ! 真空斬!!(馬車から降りた人物に向けて風の刃を飛ばす) -- 玄骸 2012-09-22 (土) 00:04:03
      • わっはー!やっぱり飛ぶと気持ちいへぶん!(なんか飛んできた鉄の弾が直撃して墜落する)
        (頭から地面に刺さって動かなくなった) -- 小夜子? 2012-09-22 (土) 00:04:51
      • 商店街でも住宅街でも東夷達が暴れまわっており街の防衛はてんてこ舞いだ
        しかし騒ぎの大小で言えばこの大通りが一番だ。自由に立ち回れるのは今の内かもしれない…
        -- 2012-09-22 (土) 00:11:05
      • (馬車から出てきたのは女、燃えるような赤い髪を揺らして立っている)
        だってありのままよねえ?
        (黒のエナメル皮の衣装が襲撃の炎によって照らされ、運転手に邪魔にならないところに避けてなさいと手を振る)
        (馬車が走り出し、入れ替わるように荒武者の剣圧…いや風が刃となって彼女の下へと飛んでくる)
        (風の刃は彼女のいた石畳を剥がし、破壊が石畳の破片を巻き上げる)
        (しかしその場所に女はいない。次に彼女の声が聞こえてきたのは頭上、街灯の縁に彼女は背から蝙蝠にも似た羽をはやして座っている)
        ふーん… で、見極められたかしら? -- イルゼ 2012-09-22 (土) 00:11:46
      • ぐえーっ!!(意図せず小夜子から飯綱落としを喰らう形になり、吐血)
        な、何故にあたしが… -- 沙耶子 2012-09-22 (土) 00:12:27
      • おやびんが吐血しター!? し、しっかりしてくれ!傷は浅いゾ!! -- 餓鬼 2012-09-22 (土) 00:13:57
      • 一騎打ちですわね……これ以上被害の広がらない内に、ここで終わらせます(駆け寄りながら魔女騎士は箒に呪文をかけた)
        触れる者に目覚めとの別れを―――《琥珀銀の猛り(エレクトラム・コレダー)
        (呪文を受けた箒の先端が光を帯びる。それは感電の性質を持つ光で、箒は雷の刃を持つ槍となる。)
        街の者達の怒り、受けてみなさいな!(戦車と突撃する直前に魔女騎士は跳び、戦車の前面に雷の槍を突き立てるようにして着地する) -- カダリア 2012-09-22 (土) 00:14:04
      • 何……!?(放った攻撃を軽くかわしただけでなく、いつの間にか街灯の上に移動している女・イルゼを睨み付ける)
        成る程なァ……速さは大したモンじゃねェか……だがッ!!(イルゼの立っている街灯を横一文字に切断)
        剣力はどうかな………?(倒れる街灯を前に右眼の緋が爛々と輝く) -- 玄骸 2012-09-22 (土) 00:19:28
      • 剣の相手なら我輩が致す!!(どこからともなく声が響く) -- 2012-09-22 (土) 00:21:30
      • いかにも一騎打ちだ。そして、貴様が我が野望のための、武功の第一号となるのだー!!
        街の怒りなどしるものかー! これは戦なのだっ、被害が出るのは当然だな! このままひき殺してくれるわ!
        のぉっ!? 雷の刃だとぉ!? くっ、これは、まずい!(激突する直前、魔法の力により雷の刃となった箒が戦車の前面に突き刺さる。戦車に電撃が走り、機関が爆発を始める。)
        ちぃっ! 脱出!!(どかーん! と音を立てて戦車は炎を上げて爆発し黒こげになった。常世は爆発する寸前でハッチから外へと飛び出していた。)
        西洋のものにしては中々やるな貴様、阿修羅のような腕をしているだけのことはある!(地面を転がって受け身を取ると立ち上がり、カダリアと対峙する) -- 常世 2012-09-22 (土) 00:24:44
      • なんだ……この声は!?(辺りに響く声に周囲を見渡し)どこのどいつだ、現れて名乗りやがれ!! -- 玄骸 2012-09-22 (土) 00:27:57
      • (街灯の柱が切断され、切断面より斜めに滑って柱が傾いて落ちてゆく)
        悪いけど私は剣術家じゃないのよ。…それに、貴方の相手は私じゃないわ
        (崩れ落ちる街灯から羽を打ち夜空を背に、掌を上に向けビー玉ほどの光球が生まれれば…)
        ふっ…
        (息を吹きかけると光球が風に揺られるかのように飛び、玄骸の目前にまで流れると光球は内側より爆ぜて周囲一帯を白の世界にて包み込む)
        (閃光による目くらまし、そしてそれを次の者へと繋いで…) -- イルゼ 2012-09-22 (土) 00:28:53
      • ……どうします、自慢のカラクリはもう壊れてしまいましたのよ?(爆発する戦車の上から飛び降り、常世と対峙した。)
        大人しく降参するなら命まではとりませんわ。(警告をしながら箒を構えなおす。箒の穂先は今だ雷の魔力を帯びている。) -- カダリア 2012-09-22 (土) 00:32:07
      • …ふっかつ!(起き上がる少女、辺りを見回せばすっかり戦場に)
        何か派手にやってるわね…グワーッ!!(今度は戦車の爆発に巻き込まれた、黒焦げで煙を吐く) -- 沙耶子 2012-09-22 (土) 00:33:36
      • ……貴様に名乗る名など無いッ!(通りに面した建築物の屋上から落下、着地 振動と陥没する大地は鎧の重量を想像させるに十分)
        抜刀!(叫ぶや否や目くらましと同時に上段から玄骸に斬りかかる、もはや問答無用である) -- ? 2012-09-22 (土) 00:34:48
      • むむ、新手ですの? -- カダリア 2012-09-22 (土) 00:38:51
      • ……ッ!(閃光を前に右眼を見開いて)くそッ 目潰しか!(仙核のない左目を灼かれて瞑り)
        あいつ……やってくれるぜェ!!(斬りかかって来る謎の鎧武者を見上げる右眼の緋)
        手前ェも冒険者か鎧のォッ!!(鎧武者の斬撃を骨刀で受け、返す刀で斬り上げの反撃) -- 玄骸 2012-09-22 (土) 00:38:54
      • 貴様は莫迦か。莫迦でなければもしくは阿呆か。(けけけと口の端を吊り上げて嗤う。武器らしいものと言えばサーベルと拳銃ぐらいのものだ。魔法に勝てるような装備ではない。)
        あの戦車はただのおまけだ。副戦力みたいなものだな。私の真の力――私は、《偽神使い》だ。
        (そして常世は言葉放つ――)
        「天に輝き来るもの。
        天津神にして天に反逆するまつろわぬ神。
        邪悪なる星々の輝き。
        妖しき光と共に来たれ。
        《偽神》天津甕星!」

        (そう叫ぶと、天から妖しい紫の光が舞い降りた。その光の中に、いやその光を放つ者こそ、古風な装束に身を纏った男だった。)
        《偽神》、天津甕星よ、あの魔女を、星の光によって、殺せ。
        (《偽神》にそう命じる。すると、紫色の光を放つ男が動きだし、星のごとき輝きを放つ剣でカダリアに斬りかかった。) -- 常世 2012-09-22 (土) 00:41:43
      • 吾輩は正義を執行する者!それだけだッ!(斬り上げる刀を後転し回避、すぐさま飛びかかり鍔迫り合いの構え)
        (玄骸が窺い知ることができるのは少年とも少女ともつかぬ声、異形の鎧、額に記された正義の文字)
        (そして決して達者ではないがまっすぐな太刀筋、断片的な情報のみだ) -- ? 2012-09-22 (土) 00:47:09
      • ニセガミ……召喚術の類ですの!?(斬りかかる剣を箒の刃で受ける、普通の人間なら感電の効果を発揮するだろうがしかし) -- カダリア 2012-09-22 (土) 00:53:17
      • ひぃ……!
        (戦いの余波で崩れた民家の壁。そこには頭を抱え身を縮こまらせている少女がいた
         東夷衆でも特に強面の玄骸の姿が目に入ってしまい、恐怖でふるふると震えている…)
        -- 女の子 2012-09-22 (土) 00:54:08
      • 「(へえ…今の世代もやるわねえ……)」
        (女悪魔はいつの間にか戦車の残骸に腰かけ戦場を俯瞰していた。) -- イルゼ 2012-09-22 (土) 00:54:09
      • 正義だぁ……? 反吐が出るんだよォ!!!(突如現れた鎧武者と鍔迫り合い)
        (力と力の拮抗、骨刀がジリジリと削り取られる)
        (膠着状態、それを打開するのは)見ぃつけたァ……(人質
        (鎧武者から離れると女の子に向けて走り、すぐに首に刃を向ける)動くな!! こいつの命がねェぞ、正義の味方さんよォ! -- 玄骸 2012-09-22 (土) 00:59:17
      • ハーッハッハッハ!!(高らかな常世の笑いが響く。)
        雷など効くものか。これは《偽神》だぞ。神ならぬものだが神に連なるものだ!(天津甕星は電撃を喰らうも、関係のないことのように剣を再び振り上げてカダリアを切ろうとする。)
        (邪悪な星の化身、雷などものともしない。それは神に連なるものだから。しかし、後ろにいる常世は違う。純粋なる人ではないが、神ではない。時折何かを呟きながら、《偽神》を操っている常世は、神ではない。)
        勝てるならば勝ってみせるがよいわー!(余裕をこいてふんぞり返っている。召喚している常世に何か衝撃が加われば、《偽神》は消えていくだろう。) -- 常世 2012-09-22 (土) 01:00:08
      • い、いやぁ!? やだっ、死にたくない!!助けて!お母さん!お父さーん!!誰かぁ〜…!! -- 女の子 2012-09-22 (土) 01:04:00
      • (戦車の残骸から、ずるずる這い出して来る)お・の・れ〜…!!!!!
        よぉくもやったわねー!!!(袖から、破れた服から、その少女の体からは想像もできないような、醜悪で巨大な触手が噴き出す様に生えてくる)
        おらー!あたしを吹っ飛ばしたのは誰じゃー!(腐汁を撒き散らしながら、触手は無差別に伸びて、触れるものを巻き上げていく…当たれば無事では済まない!) -- 沙耶子 2012-09-22 (土) 01:05:28
      • ………(刀を捨て、微動だにせず玄骸を睨めつけ続ける、拳は握り締められ軋む)
        少しの間だけ、我慢していてほしいナリな…(怯える少女にかけられる声は先ほどとは異なりまるで子供に語りかける母親のようで)
        光…(しばしの静寂、月が武者と玄骸、少女を照らし出す…影が蠢いたかと思った瞬間、玄骸の足にまとわり付く!) -- ? 2012-09-22 (土) 01:11:32
      • オイオイ、どうしたんだァ……? 正義の味方さんよォ……?(少女の喉元に刃を突きつけたまま笑う)
        クハハハハハハハハハハハハハッ!! 良いザマじゃあねェか、なぁ!? 正義! なんと厄介な性質か!
        そんなお題目で自縄自縛たァ笑わせてくれるぜェェェェェェ!!!(再び真空の刃を作り出そうと骨刀を大きく振りかぶり)
        ……ッ!?(足元に影が絡み付く)これは…影技(シャドウスキル)ッ!? -- 玄骸 2012-09-22 (土) 01:16:53
      • 神に連なるもの……なら、魔女として対峙すべき敵ですわ(再び剣を受け、鍔迫り合いに負けてたたらを踏みながら後ろに下がる)
        でも、今勝つべきはあなたじゃありませんわね……!炸裂の蒼尖晶石(ブルー・ショット・スピネル)》×5
        (後に下がって剣の間合いから離れ、氷弾を再び飛ばす。放射上に放たれる5つの氷弾を5回の計25発は、《偽神》だけでなく常世も狙っていた) -- カダリア 2012-09-22 (土) 01:16:40
      • あら……… (戦車の残骸から這い出てきた少女、腐汁と触手を癇癪のようにまき散らす)
        (無論、それは女悪魔にも伸びてくるものであったが)
        ちょっと貴方、静かになさいよ
        (触手の一本が鋭い刃物によって瓦礫に縫い付けられる。…だがそれは刃物ではない、彼女の頭から生えた毛の束の一つが独立した生き物のように動いて突き刺しているのだ)
        …静かにしないと怒るわよ? んふふ -- イルゼ 2012-09-22 (土) 01:21:18
      • ムキーッ!!(クソコテみたいに真っ赤な顔)
        なぁら(無作為に伸びた触手の全てが、イルゼへ一斉に向く。)
        怒ってみなさいよ!(全ての触手が裂ける様に口を開けると、腐った液体を一斉に吐きかける!)
        (意識を失いそうな悪臭を放つ腐汁の滝が、イルゼに降り注ぐ!) -- 沙耶子 2012-09-22 (土) 01:26:53
      • ハッハッハッハ! 無駄だ無駄だ、《偽神》にはそんなものは……なにぃっ!? 貴様ー! 私を狙うとはどういうことだー!!
        (氷弾が飛んできて驚き、慌ててサーベルを抜いてそれらを切りさいていくが、最後は対処しきれずにバランスを崩して尻もちをつく。諸手を上げて叫べば、《偽神》を呼んだ集中力が切れたのか、《偽神》はスーッと霧のように消えてしまった。)
        ちぃっ! 西洋の人間がここまでやるなんて計算違いだぞー! どうなってるんだ!!(起き上がると、荒く息を吐く。《偽神》を使うにはそれほどの力がいるようだ・)
        ……次を呼ぶには無理がある。西洋の魔女よ、この勝負はお預けだ! 逃げるわけではないぞ、戦略的撤退なのだー!! こい、旭日号っ!!
        (そう叫んで指を鳴らすと、黒焦げだった戦車の残骸が飛び上がり、くるりと空中を回れば元の通りの戦車に戻っていた。残骸の上に立っている人物がいたらなら吹っ飛んでいるだろう。)
        貴様ー! 覚えておけよー!!(戦車に乗り込むと、そのまま蒸気機関の爆音とともに街から脱出したのだった。)
        //時間の関係上此処で離脱! ありがとうございました! -- 常世 2012-09-22 (土) 01:28:11
      • ハッ!(助走を要せず加速を可能とする『爆芯』を以てすれば隙など一瞬あれば十分、肉薄し少女を上空に投げ飛ばす)
        鉄拳…制裁ッ!!(少女を投げ飛ばす際ねじれた体勢から即座に回し蹴り、どてっぱらにめり込む足裏からはまたしても『爆芯』二段の爆芯によって通常生物ならば微塵となるは必定の威力)
        ……よっと(投げ飛ばした少女を所謂お姫様だっこの体勢にて受け止めると残心) -- ? 2012-09-22 (土) 01:28:15
      • んふふ……
        (触手の口から吐き出された腐汁は瘴気を放ち、飛び散らされた汁が周囲を穢す)
        (人によっては顔をしかめ鼻を押さえるような中、女悪魔を口元を吊り上げ、笑ったのだ)
        それ私もやったことがあるわ。‥‥そして大好きなの、こういうの♪
        (嬉しそうに口元を歪ませれば女悪魔の影より何本もの鞭が現れる。鞭はしなり生理的嫌悪すら感じさせる皮質が腐汁を弾き)
        (影より出た鞭、いや触手も沙耶子のもののように先端の口を開くと意識ごと持っていきそうな悪臭の体液を吐き出す) -- イルゼ 2012-09-22 (土) 01:36:21
      • 召喚術のセオリー、通用しましたか……(《偽神》が消えて安堵の息をついた)
        ま、待ちなさい、逃がしはしませんわ!ダタロウ!?(常世の撤退を追おうとするが、騎乗タコを連れて来なかった事を思い出した。飲酒運転ダメ絶対。)
        いや、今は追うよりもやる事がありますわね!(騎士として、敵を追うのでなく怪我人の救助を優先した) -- カダリア 2012-09-22 (土) 01:40:06
      • ぐ……っ!?(鎧武者の『爆芯』を受けて大きく吹き飛ぶ)
        (通常の生物ならばこの時点で上半身と下半身が泣き別れとなっていただろう。しかし、この男は。この生き物は)
        (吹き飛ばされながらも足でブレーキをかけ、制動と共に上半身を起こし、何事もなく立った)
        オイオイ、ヒデェことしてくれるじゃねェか……仙核で強化されてなかったら即死だったなァ?
        (嗚呼、この男は。人質を奪い返され、人間ならば即死という衝撃を受けて尚、笑っている)
        まだ楽しみてェところだが………やれやれ、頃合か。 -- 玄骸 2012-09-22 (土) 01:40:14
  • −切り替えます− -- 2012-09-22 (土) 00:00:49
  • 夜の街
    • 伝達
      • 切り替え終了です -- 2012-09-21 (金) 23:03:56
      • 0:00に切り替えます -- 2012-09-21 (金) 23:51:15
    • 酒場
      • 窓が割れて外の声がよく聞こえるようになった。興味のある者が耳を傾けてみれば…
        「夜盗だ! 東洋人の格好をした夜盗が大挙してきやがった!!」
        そんな声が聞こえる。ただの喧嘩では済まない騒ぎが起こっているようだ……
        しかし、君達は今月の依頼を終えて間もない。中には体調が万全でない者もいるだろうし
        そもそも街を守るのは衛兵や自警団の仕事だ。わざわざ外に出て夜盗を戦う義務はない
      • 夜盗だって? こんな時間に…相当の馬鹿なのか、大物か…何にせよガラス代は弁償して欲しいよ!! -- マスター 2012-09-21 (金) 23:05:14
      • ますたぁ、幼女の黄金水くれェ〜 -- 飲んだくれ樵 2012-09-21 (金) 23:14:58
      • (駄目だこの樵…早く通報しないと!!) -- マスター 2012-09-21 (金) 23:15:29
      • はいはい。外のことは外の人たちに任せて…酒場は通常営業よ! -- 背の高いウエイトレス? 2012-09-21 (金) 23:15:48
      • うにゅー…(いつものようにべろんべろんに酔いつぶれている) -- 小夜子? 2012-09-21 (金) 23:18:43
      • ウェイトレスさんの黄金水一つ!! 30秒で用意して!! -- 飲んだくれ漁師 2012-09-21 (金) 23:19:59
      • ……うん。君、飲んだくれは適当に処理してくれていいからね(ウェイトレスに断罪許可を出すマスターだった) -- マスター 2012-09-21 (金) 23:21:00
      • これも、通常営業ね(Goサインを受けて、お盆のフチで飲んだ暮れどもにチョップ)
        あなたも、しっかりなさいな(お盆の真ん中でトイン、と小夜子を叩く) -- 背の高いウエイトレス? 2012-09-21 (金) 23:24:02
      • 窓が割れて多少風通しは良くなったが、飲食するには差し支えない
        未だに外は騒がしいが、店の中はきっと恐らく多分もしかしたら安全だと思う…
        -- 2012-09-21 (金) 23:25:43
      • ぷぇい(はたかれて変な声を出す)
        はい…さよこ酔い覚ましに外の風を浴びます…(ふらーっと外に出て行く) -- 小夜子? 2012-09-21 (金) 23:26:58
      • ちょっ、今外は危険だって!? -- マスター 2012-09-21 (金) 23:29:47
      • 静かになっちゃったわね(それでもモブ野次馬たちは沢山いるのだが) -- 背の高いウエイトレス? 2012-09-21 (金) 23:35:32
      • …これからどうする? 俺はウェイトレスさんに膝枕してもらおうと思うんだが -- 飲んだくれ衛兵 2012-09-21 (金) 23:37:40
      • いや、お前も戦えよ元衛兵…… -- 飲んだくれ学生 2012-09-21 (金) 23:38:19
      • (お盆に罅が入るくらいのチョップ)サボってないで街の治安を守ってらっしゃい! -- 背の高いウエイトレス? 2012-09-21 (金) 23:39:15
      • ああっ!? 彼は魔法適性衛兵じゃないから耐久が…!! -- マスター 2012-09-21 (金) 23:41:23
      • (返事が無い。まるで屍のようだ) -- 飲んだくれ衛兵 2012-09-21 (金) 23:41:49
      • ……(黙祷を捧げている) -- 飲んでない占い師 2012-09-21 (金) 23:43:15
    • 大通り
      • 酒場や飯屋などが連なる大通り。今の時間はもっとも人が多く、東夷の襲撃を受けて大混乱だ
        道行く一般の民衆は東夷の姿を見ればすぐに逃げ出していく…
        しかし、中には逃げ出すどころか向かってくる者達もいるようだ
      • クキキッ・・・どいつもこいつも腰抜けばかりだナ!! -- 餓鬼 2012-09-21 (金) 23:09:47
      • あら、これはいったい……暴徒?なんにせよよろしくありませんわね!(外の光景に目を見張る)
        わたくしも騎士としてなんとかしなければ……(多少良いが冷めたのか、騎士としての責務を全うすべく住民の安全確保に走った) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:13:28
      • ゴブリン……いや、グールですの?そこのあなた!なんで街で暴れてるんですか!?それ以上の暴力はこの魔女騎士カダリア・シャルマークがゆるしまへんよ!?(酔ってるので呂律がおかしい) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:15:14
      • 砲撃よーい! どかーん!!
        (右手を前方の建物目がけて振り下ろす。すると、常世の叫びとともに、戦車の砲台から爆音とともに巨大な鉄の球が飛び出した。この戦車は常世の意志によって動くのだ!)
        ズドドドドド(戦車が音を立てて街を駆け回り、砲弾を放って街を破壊しながら暴れまわっている)
        フハハハ! 西洋のものどもはこの程度かー! -- 常世 2012-09-21 (金) 23:16:19
      • オオッ?なんだか阿修羅みたいな腕の女がいるゼ! キキィー!!(カダリアに向かってルパンダイブした!) -- 餓鬼 2012-09-21 (金) 23:17:58
      • (骨刀を手にゆらりと立つ)ククク……絶景だなァ、オイ!?(逃げ遅れた町民を斬り倒し)
        んんん? なんだ、魔女騎士ってのはよォ……(返り血に濡れた姿でカダリアを睨み付ける)
        新手の冒険者かァ……? まぁいい、餓鬼ども適当に遊んでやれ。飽きたら殺しな。 -- 玄骸 2012-09-21 (金) 23:20:31
      • 警告はしましゅたわよ?光よ弾け、雹となりなさい―――!炸裂の蒼尖晶石(ブルー・ショット・スピネル)
        (腕を魔術の仕草で組み呪文を唱える。餓鬼に向かって5つの氷弾が飛んだ) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:20:50
      • ああ、アイスやしゃんが!?(餓鬼を相手にしつつ傍目に壊される町並みを見る)
        いったい何が目的でこんな事を!貴方達は何者なんですの!? -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:23:22
      • ひぎゃピー!? (カダリアの放った氷弾で餓鬼Aは吹っ飛んだ!その他の餓鬼達はおびえて逃げ出した!!) -- 餓鬼 2012-09-21 (金) 23:24:20
      • (大通りには二つの動きがあった、夜盗から逃げる者。または果敢に立ち向かっていこうとする者たち)
        (しかしいずれにも当て嵌まらない者もいた。騒ぎを知らず、夜盗の背後…街の外より馬車が入ってくる)
        (一頭四輪の客車のような形をした馬車だ。ランドーと呼ばれる種類の馬車の運転手は騒ぎに気付き、馬のハーネスを力強く引いて立ち止まろうとした) -- 2012-09-21 (金) 23:24:35
      • ふー食った食った…(いい笑顔でステーキハウスから出てくる妖怪達、先頭にいるのは例の少女)
        あら、おーいあんた、誰と戦ってギニャー!!(運悪く常世の砲弾を喰らって吹っ飛ぶ) -- 沙耶子 2012-09-21 (金) 23:27:46
      • お、おやビーん!!(吹っ飛んだ沙耶子を追いかけていく) -- 餓鬼 2012-09-21 (金) 23:28:56
      • かーぜーがきーもーちー!(酒場の入り口で伸びをしながら変な叫びを上げるどうみても酔っ払い) -- 小夜子? 2012-09-21 (金) 23:31:21
      • あらもう終わり……手下は逃げてしまいましたのよ?あなたが頭目ですの?(そういって玄骸を睨み返す) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:31:51
      • (土煙を上げて高機動の戦車が町の中を駆け巡る。常世は戦車のハッチから身を乗り出し、高らかに嗤いながら街の破壊を続けていく。)
        我々が誰だと? 愚問だな! 私こそはこの野蛮なる西洋に「八紘一宇」の理想を完遂せんがために、貴様たちの安寧を打ち壊すものだっ!
        我が名は惟神常世、みしりおけっ!(軍服の少女がカダリアに向かって叫ぶ。)この西洋を征服し、支配する王となるものなのだー!! どかーんどかーん!!(カダリアに方針を向け、鉄の球を放つ。急に旋回したためにその勢いで戦車は宙に浮く)
        ん? あいつは味方だったような……まあよいか。(吹っ飛ぶ沙耶子をしり目に言う) -- 常世 2012-09-21 (金) 23:34:17
      • ぁぁぁぁああああああ!!(小夜子の目の前に落っこちてくる少女、アレッシーみたいに頭だけ地面に埋まって止まる)
        …ぶぁ!!ひ、酷い目にあったわ…! -- 沙耶子 2012-09-21 (金) 23:35:39
      • ほう………(眼を見開いてカダリアが行使する魔術を視る)奇怪な妖術を使うヤツがいるじゃねぇか……?
        む?(馬車の気配に気付き)……なんだァ? ったく……千客万来ってところですかねェ。
        (骨刀の背で肩をトントンと叩き)いいや、俺は頭領じゃあねェなァ……覚えておけ、俺の名は李 玄骸。
        聞け、冒険者ども!! 俺たちこそが白船よりの来訪者也ッ!!(宣言するように大声を張り)さぁ……それでどうするよ、カダリアさんよォ。 -- 玄骸 2012-09-21 (金) 23:37:04
      • おやぁ、漫画のよーにさかさまに地面に刺さった人が。お元気ですかー?(抜く) -- 小夜子? 2012-09-21 (金) 23:37:14
      • (馬車の運転手が背後、客室の中にいるであろう主人に対して伺いを立てる)
        (窓を開けて主人は一言) 「…あの騎士さんに気がいってるみたいだから、轢いちゃえば?」
        (運転手は目を開いて鸚鵡返しに聞き直そうとするが、二度は言わず窓から伸びてきた杖によって進めと促される)
        (主人の横暴によって馬車は走りだし、カダリアの方を向いていた玄骸へと向かって突進した) -- 2012-09-21 (金) 23:42:27
      • (引っこ抜かれた、顔を突っ込んでたのにどこで喋ってたかはわからない)
        ふう、苦しかったわ…、あら、あんたが引っこ抜いてくれたの?礼を言うわ…
        あんたも白船に乗ってきたクチ?みない顔だけど(勘違いしたままじろじろ眺める) -- 沙耶子 2012-09-21 (金) 23:42:35
      • (すんでのところで砲弾をかわす)く、よく分かりませんが悪者ですのね!?(聞いていてあれだがよく理解できなかった、酔ってるので)
        だけどこの街は私が守って見せますわ!覚悟なさい!そしてわたくしのこの後の散歩の予定を邪魔した事を後悔なさい…炸裂の蒼尖晶石(ブルー・ショット・スピネル)》×3(戦車に向け氷弾を打ちかえす) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:43:34
      • ふねー?違うますよー、わらしは風です、風になるんですよー(罠だ!酔っ払いとのコミュニケーションは困難だ!) -- 小夜子? 2012-09-21 (金) 23:44:56
      • どうするもこうするもありませんわ!貴方達の目的を阻止して見せます李玄骸!
        く、しかしこれでは多勢に無勢……て、あー(砲弾を裂けながら、多くの敵をどう対処するか悩んでいると、馬車が玄骸に突っ込むのを見た) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:47:46
      • 風…あんたまさか…(きっと険しくなる顔)
        船に乗らず飛んできたのね!見かけによらずやるじゃないの!(こっちも相当な馬鹿だった) -- 沙耶子 2012-09-21 (金) 23:48:50
      • ………っ!(野獣のような聴覚と反射速度で馬車の襲来を察知すると壁を蹴って中空へ)
        (空中で壱回転し、馬車をやり過ごす)手前ェ……何者だッ!!(馬車に向けて刃を向ける) -- 玄骸 2012-09-21 (金) 23:49:22
      • ハーッハッハ! 悪いものでもなんでも言うがいい。これは戦争だ。戦争に悪いも良いもあるものか!
        貴様らのようなへなちょこに何が出来るか! って、おお!?(調子こいて、ハッチから身を乗り出し腰に手を当て笑っていると、カダリアから放たれた氷弾が襲う。)
        これが噂にきく魔法という奴か!?(戦車を急旋回させて避けようとするも間に合わず、横っ腹にぶち込まれ戦車が転がっていく) のわー! -- 常世 2012-09-21 (金) 23:50:16
      • そうです!飛びますよ!飛びまーす!(何故か突然沙耶子をホールド、そのままGN粒子を撒き散らして飛び上がっていく) -- 小夜子? 2012-09-21 (金) 23:51:11
      • ナイスですわ馬車の人!そちらは任せますわね!(玄骸を馬車にまかせ常世に向き直る)
        まずはあのクルマを止めないと……(右の1つの腕に箒を持ち転がった戦車に駆け寄り距離を詰める) -- カダリア 2012-09-21 (金) 23:56:38
      • ちょっと何すんのよ!?は〜な〜せ〜…(そのまま持っていかれる( -- 沙耶子 2012-09-21 (金) 23:57:11
      • (馬車の上、身をひねらせて隻眼の荒武者が通り抜け背後で着地する音が聞こえてくる)
        (馬車はそのまま真っ直ぐ進み、カダリアの隣へと来るとその足を止めた)
        「(この子…昔の知り合いに似てるわねえ)」
        (窓の外に見える魔族の騎士を脇目に、何者かと問われれば馬車の中より聞こえてくる一喝)

        \ ただの金持ちよ! / -- 2012-09-21 (金) 23:57:59
      • \金持ちがきたぞー!/ -- モブ住人 2012-09-22 (土) 00:00:07
  •  −切り替え中−
  • 酒場
    • 伝達
      • 開始!開始で〜す -- 2012-09-21 (金) 22:09:56
      • 23:00に東夷と合流しますので切り替え中は待機でお願いしまーす -- 2012-09-21 (金) 22:45:09
    • 陽はとっぷりと暮れて、時刻は宵の口。冒険者の溜まり場的酒場には徐々に人が集まり始めている
      秋の収穫祭を間近に控えて街は全体的に浮ついた空気に覆われており、冒険者達も財布の紐が緩くなりがちだ
      今月の稼ぎも湯水のように使ってしまうのだろうか?
      • 「ほろ酔いなう」と……(魔女騎士は心地いい酔い加減で、一人で晩酌をしながら呟いたりいていた) -- カダリア 2012-09-21 (金) 22:15:43
      • カダリアちゃーん、冒険者とは言え女の子がそんな酔い方するもんじゃないよ… -- マスター 2012-09-21 (金) 22:18:13
      • いいじゃありませんかマスター、気を使っては息抜きになりませんのよ?
        このビール、香りが良くてなかなかですわねぇ。なんて名前でしたっけ……?(すでに頼んだ酒の名称を思い出せないぐらいに出来上がっていた) -- カダリア 2012-09-21 (金) 22:21:21
      • やれやれ……まぁ息抜きした分、来月また依頼をしっかりやってくれるなら私はそれで困らないのだがね
        (グラスを拭き拭きしながら小言を言うが、それもマスターの親心のようなものであった) -- マスター 2012-09-21 (金) 22:27:41
      • ふふんふ〜〜〜♪あ、ピクルスもいいですわね〜♪(マスターの親心を聞き流し、追加注文するために上機嫌でメニューに目を通していた)
        マスター、スモークタンとピクルスの盛り合わせくださいな -- カダリア 2012-09-21 (金) 22:33:15
      • 今度は食べ物かい? ここ最近は羽振りがいいねぇ。依頼が順調に成功しているからかな
        よし、それじゃあちょっと待ってておくれよ? (早速食材を用意して作り始める) -- マスター 2012-09-21 (金) 22:38:29
      • いつものように飲食を楽しんでいると、なにやら外が騒がしくなってきた
        しかしこの街は冒険者の集まる街。どうせ喧嘩程度のトラブルだろう…と、気に留める者は少ない
        -- 2012-09-21 (金) 22:46:48
      • ええまあ、それなりに稼がせていただいてますわ。これからも良い依頼くださいな
        ふふん〜♪(料理が来るまでの間、店の活気に目をやったり呟いたりで暇を潰した) -- カダリア 2012-09-21 (金) 22:48:53
      • また巨乳だ貧乳だで揉めてるのかしらね…ふふふ -- 背の高いウエイトレス? 2012-09-21 (金) 22:49:54
      • …んんっ? 何だか外が騒がしいな…… -- マスター 2012-09-21 (金) 22:51:58
      • ガシャーン!!
        突然、酒場の窓ガラスが割れる音が響いた! 見ればレンガが投げ込まれている
        -- 2012-09-21 (金) 22:52:34
      • あらら……喧嘩ですの?(喧騒とは違う物音に驚き、カダリアの視線は窓の外へと移る) -- カダリア 2012-09-21 (金) 22:54:24
      • ぎゃー!?私の店がーーーーーー!! -- マスター 2012-09-21 (金) 22:55:07
      • なんやなんや(冒険者達の中にも流石に外を警戒し始める者達が出てきた) -- 冒険者達 2012-09-21 (金) 22:56:57
      • 騒がしいですわね……わたくしもちょっと見てきましょうか(本来の野次馬好きにほろ酔い気分がプラスされ軽い気持ちで外に行く事にした)
        マスター、すぐに戻るので席はそのままにしておいてくださいな -- カダリア 2012-09-21 (金) 22:59:44
  •  

Last-modified: 2012-09-22 Sat 02:11:33 JST (3570d)