街人/団子茶屋

お名前:
  • (霊圧に自信がないのでこっちにぺたり)
    すごい量ですね、うーん(むむむ、とメニューと真剣に格闘しながら)
    それじゃあこの林檎団子と餡団子秋味をください。あ、お茶はほうじ茶でお願いします
    ところであの、この三色ダゴンって…… -- シトー
    • 季節の物を増やしたり…あるいは要望があればそれに答えたりしてござるからなあ、一度にたくさんの種類を食べるとむしろ味がわからなくなるでござろうから少しづつ楽しむのがよろしかろう
      (注文を聞けば頷いて)少々お待ち下され(その場で焼いたりするものと異なり、作り置きタイプの餡子を内包する林檎団子…それと、プレーンな団子に餡子を載せる餡団子はすぐにお出しされる)
      (お盆に乗って赤い団子と黄色い餡の乗った2本の団子が運ばれてくる)パッと見ではわからんでござろうが、こちらが芋餡…こちらは栗餡になってござる、口に入れた時の風味の違いをお楽しみ下され(そして、温かいほうじ茶が添えられて)
      …三色ダゴンは…シュネーと呼ばれる魔女によって生み出された…邪神と団子の配合物のような…?捨てようとしても捨てられず、そして食べると発狂する…
      …連れて帰ってりしたいでござる?ある意味で、テイクアウトのような… -- ササキ@お品書き
      • なるほど、そういえばもう一年経つ頃ですから一通り季節のものは出揃った、ということなんでしょうか……そうですね、取り敢えず今日のところはそれだけでお願いします
        (早速運ばれてきた団子のうち赤い林檎団子を手にとって口に入れる。酸味の刺激を求肥がやわらかくつつんでやさしい味わいになっている……りんごの甘さがよくわかった。なので一言も話さずに全部食べてしまったのはしかたのないことなのだ)
        な、なるほど栗と芋なんですね、うん、うん……(とりあえずほうじ茶で甘さの余韻を味わいつつ目がせわしなく二点を往復していた)
        なんかすごい取り合わせというかなぜそんな恐ろしいことを!? ……ひょっとして毒キノコはおいしい、らしいという話みたいに発狂するけどおいしいかったりするんでしょうか……
        いやいいですよ持って帰るなら普通のお団子にしますよ! 正気度に関して多少自信はありますけど四六時中近くに置いといたら絶対ヤバイですもん! というかそれ意志があるんです!? -- シトー
      • 一応通年の物は…ただしまだまだ、秋の味覚では柿やらと完全であござらぬがなあ、はっはっは…これからも増えると言う事でござるよ
        (試食タイムには、じっと見つめていても食べづらいだろう…と、他の事をしつつも…食べる様子を伺ったりして)
        林檎の団子と…栗の団子、そして芋の団子…これらは秋を代表する団子面子でござるな!
        …なぜ、と聞かれると…いたずらでお品書きに組み込まれていたので…
        いや、生臭くてまずかったでござるよ、あの時は発狂して大変でござったが…
        ははは、それは残念でござるなあ…味わうのではなく部下に出来るやも?とちょっと期待してしまったでござるよ
        …さあ…捨てても戻ってくるのであるのやも…? -- ササキ@お品書き
  • ミアリス様あての肖像画の配達でーすがこちらでよろしかったでしょうか…
    • ううむ…難しい質問でござる…気づくでござろうか…? -- ササキ@お品書き
      • ぬおー掲示のお気遣い感謝感激…!どうもお手数をおかけ致しました!
      • ハァ…ハァ…今気が付きました…!ありがとうございます!!(二人にジャンピングお礼のお辞儀) -- ミアリス
      • 届いたようで良かった…! -- ササキ@洋服
      • 届いてよかったー!
        そしてこちらはササキ様に…!
      • ニーナ殿に教えて頂いて気づいた拙者…!遅れたかもしれぬが安心のタイムスタンプなしでダメージを軽減…アリガタヤー(ぺこぺこ) -- 女装ササキ
  • にゃしぃ!(ブロマイド用の画像データが送られてきた!) -- らん
    • 有りがたい…しかし今は画像を開けない状態なので仕しタイムが終わってから追加しますぞー! -- ササキ@お品書き
      • (仕事中に痴女い幼女の画像を開いたらササキさんの人生がデンジャーですね…痴女い自覚はちょっぴりありますので) -- らん
      • (アゲハ殿の編集中にうっかりラバチンを開いてウオオー!あぶねえ!となったりはしたでござるがな…!) -- ササキ@お品書き

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

  • (霊圧に自信がないのでこっちにぺたり)
    すごい量ですね、うーん(むむむ、とメニューと真剣に格闘しながら)
    それじゃあこの林檎団子と餡団子秋味をください。あ、お茶はほうじ茶でお願いします
    ところであの、この三色ダゴンって…… -- シトー
    • 季節の物を増やしたり…あるいは要望があればそれに答えたりしてござるからなあ、一度にたくさんの種類を食べるとむしろ味がわからなくなるでござろうから少しづつ楽しむのがよろしかろう
      (注文を聞けば頷いて)少々お待ち下され(その場で焼いたりするものと異なり、作り置きタイプの餡子を内包する林檎団子…それと、プレーンな団子に餡子を載せる餡団子はすぐにお出しされる)
      (お盆に乗って赤い団子と黄色い餡の乗った2本の団子が運ばれてくる)パッと見ではわからんでござろうが、こちらが芋餡…こちらは栗餡になってござる、口に入れた時の風味の違いをお楽しみ下され(そして、温かいほうじ茶が添えられて)
      …三色ダゴンは…シュネーと呼ばれる魔女によって生み出された…邪神と団子の配合物のような…?捨てようとしても捨てられず、そして食べると発狂する…
      …連れて帰ってりしたいでござる?ある意味で、テイクアウトのような… -- ササキ@お品書き
      • なるほど、そういえばもう一年経つ頃ですから一通り季節のものは出揃った、ということなんでしょうか……そうですね、取り敢えず今日のところはそれだけでお願いします
        (早速運ばれてきた団子のうち赤い林檎団子を手にとって口に入れる。酸味の刺激を求肥がやわらかくつつんでやさしい味わいになっている……りんごの甘さがよくわかった。なので一言も話さずに全部食べてしまったのはしかたのないことなのだ)
        な、なるほど栗と芋なんですね、うん、うん……(とりあえずほうじ茶で甘さの余韻を味わいつつ目がせわしなく二点を往復していた)
        なんかすごい取り合わせというかなぜそんな恐ろしいことを!? ……ひょっとして毒キノコはおいしい、らしいという話みたいに発狂するけどおいしいかったりするんでしょうか……
        いやいいですよ持って帰るなら普通のお団子にしますよ! 正気度に関して多少自信はありますけど四六時中近くに置いといたら絶対ヤバイですもん! というかそれ意志があるんです!? -- シトー
      • 一応通年の物は…ただしまだまだ、秋の味覚では柿やらと完全であござらぬがなあ、はっはっは…これからも増えると言う事でござるよ
        (試食タイムには、じっと見つめていても食べづらいだろう…と、他の事をしつつも…食べる様子を伺ったりして)
        林檎の団子と…栗の団子、そして芋の団子…これらは秋を代表する団子面子でござるな!
        …なぜ、と聞かれると…いたずらでお品書きに組み込まれていたので…
        いや、生臭くてまずかったでござるよ、あの時は発狂して大変でござったが…
        ははは、それは残念でござるなあ…味わうのではなく部下に出来るやも?とちょっと期待してしまったでござるよ
        …さあ…捨てても戻ってくるのであるのやも…? -- ササキ@お品書き
  • ミアリス様あての肖像画の配達でーすがこちらでよろしかったでしょうか…
    • ううむ…難しい質問でござる…気づくでござろうか…? -- ササキ@お品書き
      • ぬおー掲示のお気遣い感謝感激…!どうもお手数をおかけ致しました!
      • ハァ…ハァ…今気が付きました…!ありがとうございます!!(二人にジャンピングお礼のお辞儀) -- ミアリス
      • 届いたようで良かった…! -- ササキ@洋服
      • 届いてよかったー!
        そしてこちらはササキ様に…!
      • ニーナ殿に教えて頂いて気づいた拙者…!遅れたかもしれぬが安心のタイムスタンプなしでダメージを軽減…アリガタヤー(ぺこぺこ) -- 女装ササキ
  • にゃしぃ!(ブロマイド用の画像データが送られてきた!) -- らん
    • 有りがたい…しかし今は画像を開けない状態なので仕しタイムが終わってから追加しますぞー! -- ササキ@お品書き
      • (仕事中に痴女い幼女の画像を開いたらササキさんの人生がデンジャーですね…痴女い自覚はちょっぴりありますので) -- らん
      • (アゲハ殿の編集中にうっかりラバチンを開いてウオオー!あぶねえ!となったりはしたでござるがな…!) -- ササキ@お品書き
  • 天使に 施す 青いドレサージュ
  • 第一次報告
    色の確定は魂の色に比重が大きい・色の変化自体はあり得る・ただしめったにはいない
    ということはわかったでござる。こうなるとタタラ殿に最適な人間はプリズマンではないかと疑いたくなる拙者でござった -- ニンジャ
    • 拙者に…あれっ、プリズマンって何超人でござろう…完璧…?(あいつの分類よく知らねえ!と思いつつ)
      魂を塗り替えるレベルの変質が必要…ただし必須ではない、と -- ササキ@お品書き
      • マンモスは完璧だったっけ・・・?オメガマンは閻魔(あやつ)の子飼いだが
        まぁ基本的には「その場のノリ」だとは思うがな。さて、今度は変化させる方法についての検討だ。続いて報告を待て! -- ニンジャ
      • マンモスマンは超人強度がアホみたいに高いから完璧でござろう、完璧以外の悪行超人はせいぜい1000万前後が関の山!プリズマンのパワーは知らぬ…
        そう言えばタタラ殿も色が変わると性格が変わった感じでござったなあ…うむ、任せたでござる -- ササキ@お品書き
      • 第二次報告
        要点をまとめるとリュカ殿の見解は「魂の色を変化させるのは本人次第、道筋はいくらでもある」といった具合でござるな
        で、ここまで調査して思ったのが・・・色の違う人間が2.3人いればことがすむのでは?ということだササキ・・・! -- ニンジャ
      • 本人次第ってどういう事でござる!?道筋がいくらでもあっても…その筋がわからねば…でござるなあ…
        確かにそれもそうである、ではなぜ拙者に超進化を促した…!? -- ササキ@お品書き
      • リンク先を読めばわかるが魔術以外でも気や別要因(憑依や2重人格)、へたすりゃ根性で色が変わるという可能性・・・!
        とりあえずここまでの調査でオヌシが超進化できる可能性はあると断定してもよかろう・・・あとプリズマンはビッグ・ザ・武道より超人強度が上らしい -- ニンジャ
      • 憑依合体!そう言う者もあるのか!うーむ、死せる霊を呼び出す…魔力ない拙者に魔法使いの霊を…降ろす!
        蛇とキノコの魔女とかを!でござるかなあ…
        えっ…あいつそんなに…? -- ササキ@お品書き
      • まぁ方法として魔力を使えないと考えると気の道を使うのはありでござるな。仙人であるイェチン師匠にササキが話を聞いてみてはどうだろう?
        とりあえず超進化(魂の色の変化)自体は可能であるとわかったしほぼ達成でござろうこれ(ドヤ顔ニンジャ)
        まぁあとはオヌシ次第だな・・・プリズマン超人特攻あるし実際強い -- ニンジャ
      • 気の道で魂の色を変える…?
        あとは実行できる最後の一手でござるかな…イタコみたいな交霊術使いが居ればいいんでござるが…
        さすれば毒を使う程度の魔女、ディース・アレクサンドリア
        または真の勇者ジーク・セネガルあたりを降霊して…なんかどうしようもない色になりそうでござる両方
        そう言えば超人殺し出来たでござるね…あいつ始祖にも勝てるんじゃ…? -- ササキ@お品書き
      • 左様・・・魔術素養はなくともそちらの方向であれば可能では?オヌシ鬼だし。鬼の血に目覚めスーパーサイヤ人的パワーアップしてもよい・・・
        憑依合体系は黄金暦の遺物入手とかで可能と言う手もあるな・・・どっちしろに降霊術はきっかけを作れる人物がこの街にいるかどうかだが。
        ちなみに武道5000万プリズマン5800万マンモス7800万でござる -- ニンジャ
      • 鬼の血に目覚めるも何も…拙者封印してるもの何もござらぬし…(※真の鬼神力解放のためには父親が死んで本当の角が生える必要があります、その際には魔力も生まれますが今は全部父親の所です)
        そこを調査するのが第三段階でござらぬー?降霊以外…イェチン殿にはまあ(今も話してるし)話を聞くとして、と
        プリズマン強い…ラージナンバーズに居てもおかしくないでござるな -- ササキ@お品書き
      • (つまり鬼の地に目覚めるために父親殺しを・・・!?)
        拙者魔術関係には疎いしなー、オヌシ誰か知ってそうな人知らんでござる?なので拙者は師匠路線を押してみるというわけだ。
        アイツ今も生きてたら相当やばい存在でござるからな・・・ラーメンマンはGJといわざるをえない・・・!そして拙者はとりあえず寝る -- ニンジャ
      • (父親はササキが存在する事すら知らず、先に家出しているのでどんな姿なのかわかりません、残念!)
        流石に降霊術は…知り合いにおらんでござるからな…ネクロマンサーはちょっと違うでござろうし
        お休みでござるよザ・ニンジャ… -- ササキ@お品書き
      • 第三次報告
        カレリア殿に話を聞いてきたがオヌシがイメージする降霊術とは少し違うかもしれぬ・・・だが精神を鍛えるという点ではドージョーでの修行と変わりはないな
        しかしさすがはカレリア殿、わかりやすい解説がありがたい・・・ -- ニンジャ
      • 遺品に呼びかける…でござるかあ、ともすれば…死者の冒涜に繋がりかねんでござるなあ
        こう、浮遊例とか地縛霊をカモン!するくらいのイメージでござったんよ -- ササキ@お品書き
      • うむ、その点はカレリア殿も気にしていた転だ。オヌシなら平気でやるかと思ったが(無論冗談である)
        あくまでカレリア殿の方法論であって一般的ではないと思うが、どちらにせよ簡単に・・・というわけにはいくまい。 -- ニンジャ
      • (と言う事でアキベドル殿に話してみている拙者である) -- ササキ@お品書き
      • (魔王にでもなるつもりだろうか・・・) -- ニンジャ
      • (こうして自分から言い出すのが恥ずかしい弟子入りをちゃっかり果たしてウッシッシでござるよ、全員と言ったからね) -- ササキ@お品書き
      • (なんという狡猾な策・・・!で、おじいちゃんのほう如何するのよ!) -- ニンジャ
      • (シショーの方はどうするのか秘密よ、まあわかるかもだけど!
        カラーチェンジはアキベドルさんの方が本命!) -- ササキ@お品書き
      • その貪欲にネタを取り込もうとする姿勢は買うが、最終的によくわからない生き物になりそうでござるなオヌシ!
        あ、あと成功報酬払えよ早く -- ニンジャ
      • ここでのトークはなんか半メタ入って変にグダッてるのもあるので、後日そっちの名簿に届けるでござるよ!
        ここで渡すのもなんかこう…妙な気がして -- ササキ@お品書き
      • まぁ1/3くらいプリズマンの話題だったからな・・・ -- ニンジャ
      • カラピリア光線でござったっけ名前の記憶微妙でござるけど…超人即死攻撃使うとかマジヤベエでござる
        氷で作った偽物ですら近いビーム出せるってどういう事でござる…! -- ササキ@お品書き
      • パルテノンとかあのあたりもひどいけどな!ロビン以外であいつ倒せたのか!
        とりあえず今日も拙者は寝るでござる -- ニンジャ
      • お休みでござるよー、順番変えておくでござるかな -- ササキ@お品書き
  • 跪いてお舐めよ 苦い愛のしずくを
  • ササキさん。ちょっと一つ確認したい事があるのですが…(訪ねてきて、ちょっと込み入った話があるのかすぐに奥の方へ…と、促して)) -- アリー
    • 一つ確認…?はて、なんでござろうか…(人前では話せぬような質問内容…今までの彼女の様子から口にするものに関してであれば言いよどみそうだが…)
      (店の奥へと連れ立って入り、個室にて座布団をよこし座るように促す…その間に二人分のほうじ茶を淹れて…)さて…確認したい事と言う事でござるが…何でござろうか? -- ササキ@お品書き
      • ええ…あ、直接例の話に繋がる事…では、無いので。間接的な関係はありますけれど…(と、少しだけ顔を赤らめつつも)
        (お手数かけてすみませんと言いつつ座布団に腰掛けて)えっと、ササキさんこの建物一人で建てた…と以前仰ってましたよね。…一度にどれくらいの重さが持ち運び出来るのかな、と(それによって変わって来ることがある様で) -- アリー
      • 直接ではないにしろ間接的に…???一体全体どういう事でござろう…(顔を赤くする様子を見て深刻な話ではないだろう、と少し安心し)
        左様でござるな…一度に運べる重量?手で持ち運びするなら…だいたい…5トン程度でござらぬかなあ、うちの車1台ならまだ余裕ござったし…2台だときついかもしれんでござるが…まあ…
        大きさや持ちやすさでも変わるでござろうけどなあ…しかし、一体そんな事を聞いて何を…? -- ササキ@お品書き
      • …え、ええ。とりあえずどれくらい持ち運びが出来るのかなと言うちょっとした好奇心ですが
        …5トン!?ん、うーん…5トンですか……(聞かされて少し考え込みながら)
        え、ええ…あの……前に私のお風呂たくさんに、その…出して下さったではないですか。
        …それだけの量をここで出して貰った場合、最悪の場合ササキさんに運んで頂ければな、と…思い、まして…(視線を逸らしながら) -- アリー
      • 実際に測ったことは無いので大体の想像でござるよ?拙者の木刀が…まあ200キロでござるし…あれっ…10~20位やも…うん、やって見んと分からんでござるな!
        あ、ああ…風呂に、まあ確かに…出しはしたでござるが…
        …あれをここで出して…運べと…?(非常に複雑な表情)…(アリーに向かって手を振る何と答えていいかわからない)
        あー…こっちからも聞きたいでござるが…仮に…ここで出せたとして…何に貯める気でござる…?そんな風呂に一杯のものを例えば袋に詰めて…?そんなもの持ち運べんでござろう…穴が開いてしまうでござるよ -- ササキ@お品書き
      • やってみないと…ですか、ううん…(それだとある程度軽い素材にしたほうが…ですが、強度も…と呟きつつ)
        …凄く複雑な気分だと言うのは、私も深く理解出来ます。(運んでもらう事自体…お願いするのも凄く気が引けるが、される側も自分が出した物をそうやって運ぶのは…)
        えっと…最初はササキさんの仰ってた袋に貯めようかと思ったのですが、本格的にタルと言いますか…タンク的な物を用意して、それを運ぶ…というのを今は考えてます。…運ぶ為の手段を持ち合わせてないため、器具の部分は既に出来ているのですが…(それで中々来られないと告げて)
        …逆にそう言った物を運ぶのに適した物を用意出来る方とか、ご存知ありませんか…? -- アリー
      • アリー殿の所の風呂の…水量はどれくらいでござろうか…単純な重量として1トン2トン程度なら訳は無いでござるが…
        運ぶにしてもそんなものを運んでいると思われたらそれだけで辛いでござるよ…!(肩を落として答える)
        樽…タンク!?運ぶのに適したと言うと…ジープ殿とかでござろうか、どこまでの重量物を持てるかわからぬでござるが…
        タンク自身にタイヤなどをつけて転がせると言うのであれば実際の重さ以上に運搬も出来るやも…
        …しかし、運搬するくらいなら拙者が赴いて出す方が早いのでは…? -- ササキ@お品書き
      • …詳しくは測った事は無いのですが、多分ササキさんの仰ってる量くらいでしょうか…最大値よりは多分確実に少ないかと
        そ、そうですよね‥・出し終えてただでさえ疲れた状況で運んで欲しいとか、私そんな鬼か何かでは…吸血鬼でした、ね(最近少し自信持てませんけれど…)
        ジープさん…ジープさんにはあまり無理はして欲しくないです、ね…だからといってササキさんなら良いって事にもなりませんけれども…(ジープさんは、たまに不調を起こしてるのを見かけていて余計気にしている様で)
        となると、タンクの重量を受け止められるタイヤやシャフト何かを用意して……あ。(最後の方のササキさんの言葉、そこでようやく前提から気付いた様子で) -- アリー
      • 普通の浴槽で200キロとか300キロと聞いた事があるような…それ以上はわからんでござるからなあ…でかい風呂だと
        前回も出して即座にへばったように、あの量は辛いでござるからなあ…体力を何割か持ってかれるでござるよ…まあ吸血鬼でござるなあ…
        ジープ殿は車型で引っ張るのもあまりよろしくないんでござろうか…?(その辺りの事情には詳しくなく…)
        …うん…うん、タンクに貯めておきたいと言うならそれはいいでござるが…(肩に手を置いて)ここでする必要ないでござるもんね…! -- ササキ@お品書き
      • 確か通常の10倍くらいだと聞いてました、多少前後しても運べなくは…?
        ‥…ちなみに体力の限界まで出した場合、どうなるのでしょうか。(と言ってからハッとして)……もしかして今私ひどいこと言ってました…?
        以前ソニアさんとジープさんを街でお見かけした時、路地裏で…えんすと?と言う状況になってました、何やらパーツが何とかと言ってましたから…
        す、すみません!作った物をお持ちする事だけを考えてたのでそういった発想には至らなくて……な、なので…ササキさんをテイクアウトしたいのですが…(と、顔を赤くして) -- アリー
      • まあそれくらいならなんとか…持ち運べる形にありさえすればどうとでもなるでござるかなあ…(巨大な洗面器のような物でだっぷんだっぷんさせながら運ぶのはちょっと…のような意味合いで)
        どうって…それは恐らく死ぬとかでござらぬかな、てくのぶれいくと言う奴でござるが…不滅の精油を焚いていれば肉体的には…大丈夫ではないでござろうかなあ
        …そのものの限界がどれくらいか知りたい知的好奇心だろうから咎めはせんでござるよ、内容が内容だけに恥的好奇心やもしれんでござるが
        エンストしてしまうでござるか、それは大変でござるなあ…やはり古いものであるから問題がござるのやら(※団子屋にはハイエースがあります、積載量1250kg)
        テイクアウトすればまあそこの問題は解決するとして…問題は、それをしてどうするつもりなのか…でござる
        …一人で飲み干すと言う訳ではござるまい…? -- ササキ@お品書き
      • ただ同じ量でも液体と固体で持ち運ぶのにだいぶ手間の差が起きるとは聞いてます
        …てくのぶれいく…?う、ううん…難しい言葉なのでどう答えたら良いのか難しいですが…
        …前に私が駄洒落だと言われた事をササキさんが言って行くんですか…
        ううん…どうにも重要なパーツと言う部分がちょっと良い物が無いらしいので…(難しいですねと頷きながら)
        …あ、出して貰う量が重要な訳では無いんです。その、目的と手段が前後している部分ではあると自覚しているのですが(そう言って語るのは)
        …いつもササキさんにはお世話になってるので、その…気兼ねなく、出して貰えればなと… -- アリー
      • 左様、5キロのダンベルはひょいと持てばよいでござろうが…5キロの水などは洗面器のような器ではこぼさぬように運ぶのが面倒で、水筒のような物では…かさばるでござる
        一度にし過ぎると死ぬことがあるとか…ただ人間の状況なら、でござるから拙者も同じになるかは…?(HPを削っての射精が可能なので死ぬにしても少々状況は異なる…はず)
        …言ったでござるっけ…同レベル…(指を差し出す)
        重要パーツは…まあそれは仕方ないでござるな、似たような物を持っているシロネクロ巡査であれば何やら情報でも持っているやも…
        もし部品の流用が効くようであれば予備を分けて貰う…しかし官給品らしいので難しいでござるかなあこれも
        ぬっ?量が重要ではないと言うと…気兼ねなく、でござるか…それは少し違うんでござるな
        あの時は薬の効能でその気持ちがおさまらず、まあその…シコり続ける事になったでござるが…普通は1回、多くても3回程度で満足はするでござるよ
        人間の場合は回数を重ねるごとに薄くなる所を…拙者は生命力を削って生産を続けると…
        要するに、薬を使って通常の限界以上に無理をして出すとああなる可能性がある…と言う事でござる
        (普段は一回200cc程度だが、発情薬を盛られれば1リットル…いや1ガロン?いやいや、途切れることなく出続けるのかもしれない) -- ササキ@お品書き
      • …私にとってはあんまり差が無いですが、どちらも持ち上げられませんから…(少なくともその細腕では思い何かを持ち上げる事は容易く無さそうで)
        …試す必要が無いですから、うん…(とりあえずそう言った方向での実害を与えるつもりは毛頭無い様で)
        巡査…さん、あのドーナツ屋さんでコーヒーを提供してらっしゃる方でしたっけ。…官給品は管理されてますから…(ううんと悩ましげにしながら)
        は、はいっ…その、ササキさんにはいつもお世話になってますし…?
        う、ううん…つまり普段はそこまで出す意必要は無くて…?じゃあ貯めすぎてああなるという訳では無いのですね…
        …そういう事だとササキさんをテイクアウトする必要は無い…?あ、それじゃあいっそ私のことをテイクアウトします…か?(情報が多くて軽く混乱しているのだろうか) -- アリー
      • 5キロも…無理でござる?流石にそこまで非力ではないと思いたいでござるが…(いくらなんでもそれは…と心配そうに)
        ドーナツ屋みたいになってはござるがそのものではござらぬよ!?ううむ…官給品の元がどこで出来ているか…を教えて貰えるかどうか…
        そもそも本人が知っているかどうか、と言うのもあるでござるからなあ
        左様、あれは貯め過ぎた訳ではござらぬよ…発情薬のせいで命を削って限界近くまで体が生産した結果でござる
        なのでむしろ行う方が不健康…拙者を持ちかえってどうこうなどとする必要はござらぬよ
        アリーどの落ち疲れよ…ここはまずどこでござるか?拙者の家でござる、テイクアウトするというよりデリバリーされた状態でござる、よいでござるか? -- ササキ@お品書き
      • 5キロって結構な重さだと思いますよ…?…あれ?もしかして私がおかしいだけなのでしょう、か…(ただ、腕の細さとかを見ているとあながち無さそうでは無い様に思えて)
        …もう少し他にそういうルートとか無いでしょう、か…?ううん、聞くだけ聞いては見ますけれど…そもそもドーナツとコーヒーと奥に牢屋があるのしか私は確認してないんですよね。
        …そ、それでは溜めすぎた場合はどの位に…?(今も定期的に頂いてはいるが、念の為聞いておこうと思い)
        そ、そうでしたか…アレがむしろ通常に対しての異常だったのです、ね…(じゃあもう少し簡素で問題無いですねと一人納得しながら)
        で、デリバリーと言うのは分かりましたが……ちなみにその、デリバリーされた側はどういった事を行うのでしょうか…? -- アリー
      • 確かに決して軽いものではないかも知れんでござるが…両手なら持てるでござろう?(流石に片手では…位だろうと、それでも持てないのであれば日常生活に支障は気たしていないのだろうか)
        拙者ああいう物に詳しい訳ではござらぬからなあ…必要な部品と言うのがジープ殿のように人型に関わる所でないのであれば…うちのハイエースから流用できるやもしれんでござるが
        あそこで巡査は寝泊りをしているようでござるし寝室やトイレも…まあ、詳しい所は話を聞けばよいのではござらぬかなあ…困っている民草を逮捕するような事は無いと…無いといいでござるな…
        ええっ!?さあ…多分寝ているうちに夢か何かで…暴発してしまうんではござらぬかな、貯めた事は無いので…(1日1シコ)
        左様、いくらなんでも日常的に風呂なんぞ作らんでござるよ!命削って死にそうになる程でござるしなあ…
        デリバリーされた側?!ソニア殿のような仕事の場合なら抱いて…お金を払う事になるんでござろうが、そういう仕事についている訳ではござらぬであろう…? -- ササキ@お品書き
      • ………えっと、いえその……多分ダメかもしれません(顔を背けたまま、これまでの事を考えるとどうにか引きずれる程度だったと自覚していて)
        …ああいう風に人型に変形するのというのはもしかして凄く珍しいのでは無いでしょうか、そうなると…一朝一夕でどうにかはなりそうにないですね…
        そうだったのですか…ああいった場所で一人で寝泊まり…されてるとは…。え、そういう方を取り締まる方なんですよ、ね…?
        ……そ、そうですよね?溜めすぎって身体にあまり良くないと聞いた事がありますので…ササキさんはとても健康的なのです、ね?過ぎたるは及ばざるが…とも言いますから、適度なら健康に良くてもしすぎてはいけないと…
        だ、抱く…抱かれる…?!え、ええ…ついてはないですね…あ、ですがデリバリーする側と言うのはあながち間違って無いかもしれません(いつも持ってくる例のオナホを示して) -- アリー
      • 箒やらお茶のポットやらでも下手するとオーバーしそうでござろう…(マッチョになれとは言わないがもう少し筋肉をつけなければ危ういのではないかと、ただし肉を食べて栄養になるわけで無ければ…どうしたら良いのか)
        左様、あんなものは見た事はござらぬよ…巡査殿が同じような人型を持っていたので驚いた位でござるし、うちにある車は普通の車でしかないでござる
        巡査殿は暴走気味な所がござるから…(目をそらす)
        …変なたとえでござるがまあそんな所でござるよ、ただ普段それが無駄打ちになる所を…有効活用出来ると、そう言う具合にござる
        そう言う事をする仕事もあると言う事でござるなあ、それが良いか悪いかは本人次第…
        あぁー、確かに言われてみればデリバリー…食べ終わった食器を出しておくではなく、出し終わったホールを出しておくと…(よくわからない脱力) -- ササキ@お品書き
      • あ、箒は自分で動いて下さるので問題は…それ以外も、ギリギリそこまでの重さもありませんから……ただ最初の頃よりかは持ち歩ける様にはなっている…気がします(多分と続けて)
        …そう言った物があちらにあるのです、ね…ちょっとまた訪ねて拝見しに向かいましょうか。…えっと、とても優しい方だとは思いましたけれど…?(と、そう言った一面はまだ見ていない)
        ……やっぱりお手伝いしましょう、か?…その、独りでするより2人でした方が気持ちいいと、思いますし…?
        …少なくとも私には出来ない仕事で、どこか羨ましい…というのは、難しいのですが…それで喜んでいる方がいらっしゃると言うのなら、立派な事だと思います
        …という訳でデリバリーに改めて来ようと、思います。お風呂を想定していたのでどう持ち運ぶか迷ってたので…(どこか満足の行く今後が見えたのか、頷いて) -- アリー
      • なんと!?魔法やらでござろうか…便利な物もあるもんでござるなあ…ふうむ、一応は力がついてるんでござろうかな?
        うむ…まあ機嫌のよい時はそうかもしれんでござるが拙者はもう機嫌よくさせるのは無理でござろうからなあ、ちょっとハプニングが…
        いや、いやいや、それは遠慮しておくでござるよ、気持ちいいとかどうとかで無く拙者の方に歯止めが効かなくなりそうでござるしな
        喜ぶ者が居る…まあ居るとは思うでござるが、そう言う意味では立派何でござるかなあ…うーん?
        あ、ああ…了解したでござるよ…しかしいったい次に来る時に何を持ってくるのでござろうか… -- ササキ@お品書き
      • カレリアさんから頂いたゴーレムのコア…?と言うものを使わせて頂いてます。とりあえず日光の下に出ても一瞬で灰になったりは…多分しません、し
        ハプニングです、か?…着替えを謝って覗いたり、とか…何かそういう事でも…?
        …………歯止め、効かなくなって良いんです、よ?(少しだけ、下から覗きこむ様に上目遣いで近づいて。少し見つめてから、元の位置に座り直して微笑んで見せて)
        …私には出来ない事でもありますから、そう言ったお仕事…凄いなと思ってます
        …前々からお話していた例の物、ですね。量として想定よりもずっと少なくなったのでお持ち出来るかと思います(そうして頷いてから立ち上がり)
        …それでは、また(と一度お辞儀をしてから帰っていく) -- アリー
      • ほほう、それは便利な…普通の人が扱えばだらけること間違いなしでござるなあ…一瞬で死なぬのが大丈夫になった…まあ進展なんでござろうかなあ・・・
        いやあ…差し入れのドーナツを食べたらパンツだったでござる、何を言ってるか分からないと思うが拙者もわからんでござるよ
        …遠慮するでござるよ、そう言うコトは商売で無ければ恋人同士や夫婦でするもんでござる…(ため息一つ、手を振って)
        やってやれぬ事は…ああ、体力的に無理があるでござろうか…多分に疲れるなどと言う物では無さそうでござるなあ…
        すごいオナホでござるか、なんかすごく怖いのは気のせいでござろうか(帰って行く姿を見送りつつ、何とも言えない気持ちになったとか) -- ササキ@お品書き
  • はい
  • はいじゃないが
  • さて… -- ササキ
    • は、はい…っ(緊張した面持ちで正座して) -- アリー
      • えーと…まず…見せろと、言う事でござるか…? -- ササキ
      • …えっと、お見せ頂ければ…と、思うのですが…直接お見せしたくないのであれば、こちらを…(と、KTD-DSK…こちらのコメント欄のレイレイさんの発言参照…を差し出して) -- アリー
      • いくらなんでも嫁入り前の娘にそんなもん見せられんでござるしな!
        ほほうこれは面妖な…これに突っ込むと…レプリカが出来ると言う具合にござるかなあ -- ササキ
      • そうですよね、そうなんですよね。…嫁入り前の男性同士(?)なら、見せ合ったり、比べあったりするのでしょうか…?
        ということ、らしいです。…実際に型取りをお願いした相手は居ないそう、なので…ササキさんがこちらの初めて…です、ね…? -- アリー
      • 男性同士は嫁とは言わんと思うでござるが…わざわざそれを目的とすることは無いにしても、風呂などで大きさを競ったりする場合はあるでござるなあ…女子も女同士で胸の大きさを比べる場合がござろう?
        ええー…副作用とか大丈夫なんでござろうか…これ一度しか使えないと言う事は無いでござる?何度か使えるのなら指で確かめてみようかと思ったんでござるが… -- ササキ
      • …言われてみれば、確かに。私のは、同世代の方から比べても……(だいぶこぢんまりとしているのを見下ろして、胸元を隠す為、胸の前で祈るように手を組んで)
        何度か使えるとのことですけれど…ああ、それなら…最初私の腕で試そうかなと思ってたのですが…実際に試して下さい、みたいなことを…。…(と、じっと見つめて) -- アリー
      • (肩ポン)個人差があるものでござるから…(デリカシーは無い)
        実際に…もしかしてこれは実験台のモルモットなんでござろうか拙者、しかし他の人が使った後の物よりはまだマシでござるしなあ…
        これは…その、大きくなった状態でセットしたらいいでござろうか? -- ササキ
      • ……ですよ、ね(肩を落として、諦めている様子)
        だ、大丈夫です…あの、もし何かあったら責任は…取ります、ので…(と、安心させるように頷きながら)
        あ、はい…一番大きな状態でセットすると…自動で固まって…取れたら、簡単に剥がせるとのことです。…多分あの説明だと、そのまま大きい状態のコピーが出来る…らしい、ですね(ちょっとひんやりとかするかもしれませんが大丈夫だそうですと取扱説明書らしきものを読みながら) -- アリー
      • それはそれで魅力がござるから…大きければ大きいだけいいものと言う物でもござらぬし元気出すでござるよ、まあ明らかにブルンボルンしていたら目立つので注目は引くでござろうが
        えっ…責任取らないといけない事態になる可能性が怖いんでござるけど、もげたらどう責任取られるのかわからんのでござるけど!
        ふむふむ…どこまで突っ込めばいいんでござろう…ええと、棒の下には袋がついていて…袋もでござろうか…? -- ササキ
      • ……ちなみにササキさんはどちらの方が好みです、か?えっと、他意は無いのですが…(じっと見つめて)
        モゲません、多分形を優しく包み込む…みたいな感じで取る…と、書かれてますね。
        ・・・えっと、棒まで…で…(一体どうなっているのだろうか、背を向けて今の状況をうかがい知る事が出来ない) -- アリー
      • 拙者は節操無しでござるからなあ、大きければ大きいで良し、小さければ小さいで良し…好きと好きでより好きな方と言えば…小ぶりではある者の完全な平らではないような具合にござろうか…(ふくらみかけ)
        優しく包み込まれて…取れちゃうんでござる…?(それアウトでは…って表情で問いかけ)
        そっちだけでいいんでござるな…(器具を手に持ったまま)いやしかしこの状況で大きくしろって言うのは相当難しいんでござるが、これだけでなくその、強制的に巨大化させるようなそう言うのは貰わなかったでござる…? -- ササキ
      • …小ぶりで、そう、ですか…そう、ですか…っ(少しだけ嬉しそうに明るい表情を覗かせながら)
        あ、体の一部が取れるのではなく…型が取れたら自動で外れる、という意味で…。(それに今まで1件も不具合の報告は届いてないらしいですよと答えて)
        ……あ。少し前に…男性用の発情薬を、注文して頂いてたのを思い出しました。(これは別口で頂いたものなのですが、と…)天然由来の成分ですので…(と、粉薬を恥ずかしそうに取り出す。…それとも、と続けて)…お手伝いします、か…? -- アリー
      • まあ視線は大きい方にどうしても吸い込まれるでござるがなあ、これはもうインパクトが違うでござるから…
        ああそう言う事でござったか!自動的に取れる…便利ではござるが…いや初使用なら不具合これからなんじゃないでござる!?
        しっかりと用意してまあ…天然由来と言う事は黄金歴の遺物のような尋常ならざる効能ではないと言う事でござるかなあ、浴槽を埋めるような事態になるほどの効果は効きすぎでござるし
        (と、粉薬を受け取って)…いやいやっ!手伝うって何をしようと言うのでござるか… -- ササキ
      • それは、分かります。私だって、気にしてますけれど…大きい方には、妬みや羨みというよりも…ただ凄いと思って見たりすることがありますので…
        ………大丈夫ですよ(優しく微笑んで問題無いですからと)
        え、えぇ…あまり強くし過ぎると暴走する位だと言われたので、その…ギリギリまで効果の高い物をおねがいしました。……えっと、お風呂…あの後凄いことになりました、から…(と、思い出す様に顔を赤らめて)
        えっと……あの、息を吹きかけたり…す、少しだけ………さ、触ったり…? -- アリー
      • 女性から見てもやはり目立つもんなんでござるなあ…男で言う…筋肉みたいなもんでござろうか(比べると凹んだりするが、凄い人を見るとすごい…となる)
        なんだかマルチまがいのような不安を感じるんでござるけど!(本当に大丈夫かな…)
        まあ待つでござる待つでござる、ギリギリまで効果が高いってそれはわりとアウトな代物ではないでござろうか…量をこっちで調整するべきでござるな…(いくらなんでも襲いかねないのは…)
        すごい事…ああ、掃除とかする羽目になったでござろうか…結局眠ってしまったでござるからなあ…摂取はいつもしているでござろうに何故赤くなるでござる!?
        薬が入った状態でそれはマジでヤバイのでやめておくでござるよ…それこそ歯止めが効かんくなる恐れがあるでござるし…
        ともあれ…薬を…1/4くらいにしておくでござるか(少しだけ口に含み、水で流し込んで) -- ササキ
      • えっと…おっぱい=筋肉…?(今の話を組み合わせるとそういう意味合いになるのでしょうか…と呟いて)
        あ、だ、大丈夫です。えっと、同じ事を3人に紹介して…その紹介した方が更に3人に紹介すると仲介手数料が入ってくるとか、そういった怪しい事は無いです、から。
        ………えっと、ササキさんは鬼ですから、人向けの効能よりもだいぶ耐性とか強いのでは…その辺り、すごく気を使って煎じてくださってましたから
        ……………せ、摂取どころでは無くて、その…い、色々と(と、顔を見て恥ずかしそうにする。まさか浸かる事になったとはとてもではないが言えない)
        大丈夫です、私…ササキさんの事は信じてます、から…っ(と、微笑んで見つめて全幅の信頼を置いている様で)
        …ど、どうです、か?(効能の方はと、様子を伺う様に見つめて) -- アリー
      • そう大して違いは無いかもしれんでござるが…アリー殿から見て筋肉がある方が良いかない方が良いか…あれっ、なんだか違いそうでござるコレ
        嫌に具体的何でござるけど!まあこんなものを広めるように紹介できんでござろうが…
        耐性と言われてもわからんでござるなあ…痛みには強くとも薬にはどうだか、ああ…有毒なノリを食った時に人よりは助かっていたでござるが…
        ええ…何か変な事に使ったんじゃないでござろうな!?変な事されるようであればこれからも考えねばならんでござるよ…(あくまで生命維持のために、という建前があるので摂取しないで破棄するのであれば…とも思ったが、量が量だけに保存し切れぬ分は仕方ないか…いや、それでも遊ばれるのはどうか、と複雑な思いで)
        信じられても理性でどうにかなるような…んんっ、来た…来たでござる!何もしなくても収まりそうにないこの感覚!
        (着物を押し上げる膨らみが見える…) -- ササキ
      • 筋肉が付いてると言うことは…逞しいという事です、ね…それは、それで…良いと思います、ね…色んな良さがある、と、言う意味で…。
        ……少なくとも話をされた時点で、私なら席を立つと思うのですが…多分、聞かされた挙句買わされそうな気も…します、ね
        ではもう少し薬効を強くしてもらっっても良かったかもしれません、ね…身体の大きさとか、そういうので必要な量が変動するものです、から…。
        ら、らいじょうぶです…っへ、変な事には…えっと、つ、使ってません、ちゃんと全部保管してもらいました、から…………その、脚とか滑らせて浸かったりとか、してませんから(相変わらず隠し事は出来ない性格の様で)
        わ、わ……服越しでも、感じられます。ササキさんのが大きくなってる、様子が…(いつの間にかじっと見つめている状況になりながら) -- アリー
      • 混乱してくるでござるしまあ…この話はこれ位にしておくでござるか…
        アリー殿は何というか押しに弱そうな気はするでござるなあ…拙者がこう肩を掴んで押し倒しでもしたら…ああ、膂力で問題がござるな(普通の女性では抵抗できるものではないので押しに強いとかの問題ではない)
        薬効強くしすぎでござるぅ!?十分でござるから、これ1/4で十分でござるから!そんなに強くしたら拙者理性が飛ぶでござる!我おかしくなっちゃうでござるよ!
        ああ…全部保管できたんでござるかアレ!?それは凄い…ええっ、浸かった…?それは大丈夫でござろうか…
        全身余さず浴びたとして…まあ瞬時であれば平気でござろうが下着の中にそのようなものが降りかかると…子が…(入り口でも十分に可能性があるために余計に心配そうに)
        うん、うん…これで型を取れば… … いや、後ろ向いててほしいでござるが… -- ササキ
      • で、ですね。…少し混乱してきました
        ……やっぱり、そう見えます、か?あの…ぐいぐい来られると何かこう、そうしていた方が良いのかなと思ったりしまし、て…それは多分物理的に敵わないと…(同世代の女性相手でも普通に力負けしますからと答えて)
        だ、大丈夫ですっ ササキさんなら大丈夫だって思いますし…ダメそうだとしても、頑張って下さい…っえっと、頑張って、頑張ってって応援しますの、で…っ
        …通りすがりのかみさまと名乗る方がお手伝いして下さって、ただ取り出すのが容易く無いのが難点で…。
        ………………(下着を付けずに擦れ合わせたりした、まで言ったら卒倒してしまうのではないかと…改めてとんでもない事をしていると自覚しながら顔を赤くしたまま視線を反らし黙り込んで)
        ………あ、は、はい…っわ、分かりました…(と、素直に背を向ける…が、気になりチラチラと視線を向けているのが分かる) -- アリー
      • もうちょっとこう自分を大事にしてもいいと思うでござるよ…アリー殿はまあ生きるために糧を得ねばならんのでござろうが…
        逆に、進んで快楽に溺れたいと言うなら止めはせんでござるが、そうでないなら…
        そこで応援されたら余計に頑張れないどころか、生涯ダメになりそうな気分すら出そうなんでござるが!?
        取り出せないのは…意味あるんでござろうかそれ…(どこかに保管されっぱなしで腐るのではと思ったり)
        (もしそんな事を伝えでもしたら静かに妊娠検査薬を買いに出かけたことだろう、特に自分の物が普通の人間の物よりもそうした効果が強い事を自覚して…だ)
        ふぅ…(後ろを向けばこちらもはち切れそうな状態、着物をとっとと肌蹴て下着…褌を外せばなるほど、アリーの肘から先…手首辺りの物が飛び出してくる)
        これを…いつもの物と同じようにでござろうか…うへぇ!(気持ち良いと言うよりも何か貼り付いてくる、どちらかと言えば不快感、これらの動作中は視線に気が付かず…気にする余裕はない)
        ところでこれは…どれくらいこうしていればいいんでござろう -- ササキ
      • …少し自分を出していかないと、その…協力も得られないのはわかってるのですが…言われるがままみたいな時があったりして…えっと、暗黒教団と名乗る眼鏡(敬称略)が、来た時も危なかったですし…。
        あの、こんな風に頑張ってと応援して行くのが今の流行りだと…その、参考書に書いてあったので…。
        あ、ですが、時間も固定して保管してあるので数日置いても新鮮なまま戴けます…ただ、お会いした時でないと取り出せないので…。(なので今後もお願いしていくかと…と、告げて)
        (ちなみに余談ではあるが、栄養が足りてないのでまだ来て無いらしい。…余談です。)
        …っ(チラと見た物は、大きいどころの話ではない。…男性器としては、知る限り(2人目)では規格外なのでは…と、思うほどで、思わず息を詰まらせ)
        あ、包み込んですぐに外れるそうなので…(ただ大きいと若干掛かるかもしれません、と言っている間に固まってから、自動で外れる様になり…気づけばじっと見つめて) -- アリー
      • 暗黒、そうそうあんこ食うでござる?(スキあらば行われる暗黒へのいざない)
        その流行りは拙者には通用せん流行りでござるなあ…人を選ぶ奴でござるよぅ!
        めったに会う者ではござらぬであろうしなあ…まあ、それならそれで今まで通りでござるよ
        (もし来ていたらどうなっていたんだろう、そう思わずにはいられなかった)
        ふう…(やはり鬼であるだけになのか並の人間よりははるかに大きく…普通の人間が受け入れるのは大変な事だろう)
        すぐに外れるんでござる?…まだ外れんようでござるが…あっ(と言ってる間に固まったので、自動で外れてしまい)
        …(眼前に飛び出したものを居心地悪そうに着物の裾で覆う) -- ササキ
      • いいえ、私は遠慮しておきます(何だか緑色になりながら)
        じゃあどういう風なのがササキさんのマイブームだったりするのでしょう、か…?
        ……何となく呼べば出てきそうな気はするんですよ、ね。(なんといってもかみさまと自称してらっしゃったので)
        (ifを言い出したら何も動けなくなりますから、と思う吸血鬼です。)
        わ、ぁ…(改めて目の当たりにする大きさ、チラチラどころかじっと見つめ初めて)
        …あ(小さく声を漏らす、外れてピンとそそり立つ物を目の当たりにして)
        ……あ、ありがとうございます…(顔を赤くしたまま、外れた型取り機を手にして…程無くして形を模した物が出来上がり)
        ……ところで、その……ど、どうされるのです、か…?(と、着物の下で膨らんでいる物を気にして) -- アリー
      • 強い方の緑色でござる…(可愛い方と役に立たない方が居る)
        ううむ、昨今の拙者は所謂逆レイプと呼ばれるものでござるなあ、薬物でも眠っている間に拘束でも、あるいは拙者以上の力をもって力づくでも…
        抵抗できない、できたとしてもねじ伏せられる…そのようなものがマイブームでござるよ…(女の子相手に何を語ってるんだろうと言う気分に)
        (いそいそと下着、褌をつけようとするが上手くつけられないでいて)
        ぐぬぬ…(見られたものは仕方ない、何か情けない物を見られたように必死に隠そうと…)
        ああうん…それどうするつもりでござるか…?(見慣れた自分の物に似ている…そっくりだ!という気分で)
        これは…薬の効果が切れるのを待つでござるよ、以前撒かれたものと異なり辛抱溜まらん!と言うほどではござらぬ…量を減らしたでござるからなあ
        やれやれ全部飲んでいたらどうなっていたやら -- ササキ
      • あれはずるい、です。(パーティーが分割してもご丁寧に余る枠があるのを見ながら)
        …自身の力が強いから、ですか…だから逆にこう、そういう風にされたいという…欲求、が?……(ちょっと強い薬でないと効果が出難い、と言ってましたね…と呟きながら、尚実行する予定は今の所無い模様)
        ……わ(小さく声を漏らし、チラチラと見つめて…はしたないとは思いながらも視線が外せないで)
        えっと…参考に作らせてもらおうかな、と…実物のモデルがあると…もっと良い物が作れる様に思います、し。(大きさは少しスケールを変えれば…大は小を兼ねる、です)
        ……ただ、これだけ大きいと入る方はいらっしゃらないのでは…。(と、何の気なしに呟いて…モノの模造とはいえ、正面から向かい合って唇が触れそうな程じっと向かい合ってる様子)
        ……それくらいなら、一回お出し頂ければ…落ち着くの、では…? -- アリー
      • (エメラダは成長させない、ぜったいだ)
        そう言う事でござるかなあ…なぜ、と言われるとわからんでござるが…これが拙者の中のキーパーツ、といった具合でござろうかな?
        (仕方ないので着物を不自然にはおりつつ前かがみになるようになって)
        なるほど参考に…スケールを変えられるか知らんでござるが…他の物には見せんように…ああ、レイレイ殿だけは許すでござるよ
        多分一度はこういう結果になったと、報告する必要もあるでござろうしなあ…
        自分の意志であればもう一段回抑えらえるでござるよ…これは薬が決まっているので制御が全くできぬだけで…
        一回で無理なのは浴室の事を思い出して頂ければおのずと…あの時よりは抑えめであっても10や20で終わるかどうかわからんでござるからなあ…いくらなんでも自室でそんな事をしてられんでござるよ(あの浴室のような事になりかねないので) -- ササキ
      • …そういう譲れない部分、大事にしたい部分って誰にもあるものですからね(と、納得する様子で)
        ……(いい加減見過ぎだと反省をして、視線をそちらに向けない様に気をつけながら)
        縮尺の方を少し縮めたりすれば……と、言いたいところなのですが、そうなるとサンプルが少し足りないのですよ、ね…。
        ………レイレイさんにお見せして、卒倒されないでしょう、か…(言ってて卒倒しなくなっている自分に複雑な物を感じつつ)
        な、なるほど…任意でどうとでも出来るもの、なんですね。
        ……10や20もだしたらここも大変な事になってしまいますから、ね。…流石にそれだけの回数全部この場で飲んだり出来ません、し…(と、何気なく口にしながら)
        …あ、えっと…だいぶ長居してるので…私は、これで。……また、専用で作ったら、お持ちしますので…?(と、告げて帰っていく) -- アリー
      • 左様…能力が変わるのだとしてもこれは譲れない拙者のスタンダード
        サンプルを集めようとするのは良いでござるが、本当に襲われぬよう気を付けるでござるよ…?
        …卒倒されるかは…まあ、元よりの使い方でござるし仕方あるまい…その時はその時でござる
        どう、と言うほどでもないでござるが…孕ませるべき相手を殺すようなモノではこまるでござるからなあ、それ故に…
        直接飲むつもりでござったか…いやそれは不味いでござるから!
        ふぅ…ああ、うん…専用で?一体どうするつもりなんでござろう…
        まあいいでござるが…どうしたもんでござるかなあ -- ササキ
  • ホイ
  • ホイ
  • あぅ…ちょっと、休憩させてもらっても、よろしいでしょうか…(いつもよりふわふわ、というよりフラフラという感じでやってきた。) -- クィール 2016-05-30 (月) 23:11:22
    • おやいらっしゃいでござる…ふらついてるでざるよ、大丈夫でござるか?(手を貸す必要は?と、手を差し伸べつつ問いかけ)
      椅子席でもいいでござるし…あちらの全身リラックスできる座敷席でも好きな方へ参られるとよろしかろう -- ササキ 2016-05-30 (月) 23:15:47
      • …い、いえ、大丈夫…ですよ?(その割に手を差し伸べられる…なぜかその腕に抱き着いた。)
        …は、はい…できれば…おざしきが、いいです…(腕に抱き着いてる事も気づいてなさそうだ。) -- クィール 2016-05-30 (月) 23:23:58
      • むう(手を取って…くらいは考えていたが、腕に抱き疲れて内心戸惑う…静かにしていたら鼓動が聞こえてしまいそうな気がした)
        ああ…了解したでござる、ではこのまま座敷の方へ…(腕に抱き疲れたままの状態で座敷の方へと…)
        あっ、こちらでは靴などの履き物は脱いで下され?(ほぼ抱きかかえるような状態で座敷についたが、自分の草履を脱ぎつつそう伝えて来た) -- ササキ 2016-05-30 (月) 23:27:53
      • (ただ、厚着な上にぺったんなので、いい匂いがちょっとする以外はあまり嬉しい感触というのはなさそうでもある。)
        …ふぇ…あ、大丈夫、です…何も、はいてません…から…(警戒心が緩んでいるため、見ようと思えば尾が見えるようだ。) -- クィール 2016-05-30 (月) 23:43:34
      • (感触よりも状況に戸惑っているので、むしろそう言った邪念呼び覚ますポイントがない事はすくいなのかもしれない…)
        えっ、はいてないって…(一瞬下着かと思ってしまった自分を恥じつつ、常に浮いて地に足をつけない生活でもしているのかと…)
        (好奇心に負け、ちらりと足元を覗いてみた…)おお…クィール殿…人魚の方でござったか(なるほど、尾では靴など不要…というよりも履けないだろうと納得している) -- ササキ 2016-05-30 (月) 23:47:08
      • …どうか、したんですか?(ふわりと、首を傾げる。あまり頭が回ってなさそうだ。)
        …あぁ、はい…人魚、です…だから、大丈夫…ですよ?(尾をゆらゆら揺らしながら言った。) -- クィール 2016-05-30 (月) 23:55:18
      • ああいやこっちの話でござる…なるほど人魚だったんでござるなあ、海藻やらの仕入れ先を訪ねる時にクィール殿も候補に入れておくべきだったでござろうか(などと言って笑って)
        …このままくっついてござるとお茶も出せんでござるが…いやまあ、茶位は出せるでござるか(なぜか剥がれないでいるので座敷で降ろさず、そのままお茶を淹れる…重力魔法で軽くなっているのかはわからないが、クィール自身の体重がすべてかかった所で妨げにはならないだろう)
        落ち着くにはミントティーが良いでござろう、さあ…まずはこちらをお飲みくだされ、人魚的に熱いのが良いかわからなかったのでぬるくしてあるでござるよ(差し出される、ぬるめのミントティー…ミントの香りがすがすがしいことあろう) -- ササキ 2016-05-31 (火) 00:00:11
      • 私の、故郷…ですか?…私の故郷は…どちらかというと……こっちが、名産、ですよ?(取り出したのは真珠類、白だけじゃなく漆黒の真珠まである。)
        大丈夫、です…おとなしく、していますから…(腕に何かがくっついてるような感覚だろうが、それ自体に重さはないという不思議なもの。)
        …は、はい…有難う、ございます…(ようやく手を放し、両手でゆっくりと飲んでいく。) -- クィール 2016-05-31 (火) 00:11:11
      • うおっ、宝石…真珠でござろうか?真珠は食えんでござるからなあ…いや、削れば…?まあもったいないのでやらんでござるが
        大人しくと言っても…ははは、まあ張り付くぐらいいくらでも構わんでござるが(もしやくっついていれば自分にも効果が出て軽くなるのだろうか…と思ったが、常にくっついて浮くと言うのも現実的ではないと首を振って)
        …落ち着いたでござるかな…? -- ササキ 2016-05-31 (火) 00:15:31
      • …化粧品などに、使ったりとは…聞いたこと、あります…一杯、ありますよ?(普段は見せないが、多数保有してるからこその宿が豪華なのだろう。)
        (お茶を入れる間、座布団がふわりと浮かんだり、そのままくるくる回ったりしてたのは、おそらく待ってる間珍しくクィールが暇つぶしで遊んでたからのようだ。)
        (そして飲んで落ち着いてきたのか)…はい……あれ?ササキ、さん…ですか?(意識が鮮明になってきたのか、今更首を傾げる。)
        …あ、ご、ごめんなさい…いつの間にか…お邪魔まで、して…(慌てて頭を下げつつ、スゥーと距離置く。嫌というよりはクィールが落ち着く距離らしい。) -- クィール 2016-05-31 (火) 00:21:26
      • そんなに使い道あったんでござるか…拙者は宝石として飾る物ぐらいにしか思ってなかったでござるよ、それはしまっておくといいでござる…高価なものでござろうし狙われんとも限らんでござるからなあ
        (座布団を回すのに何が意味があるのか…わからないが、痛めつける行為ではないため咎めることは無く…その様子を眺めているだけで)
        えっ!?いやいや…ササキでござるが、大丈夫でござるかクィールどの、もしかして熱でもあるんでござらぬか
        (記憶の混濁が見られる、もしや相当危ない事態か…病状を確認すべく額へと手を伸ばす) -- ササキ 2016-05-31 (火) 00:29:08
      • ふふ…道中で、泣いたら真珠落とす人魚…なんて呼ばれたりも、しました…(あまり良い思い出ではないが、ぽつりと漏れた。)
        (本当にただの暇つぶしで意味はなかったのか、お茶を受け取った時はぱさりと床に落ちた。)
        その、先ほど誰かに…急に、粉か何かを…ひゃっ!?(警戒が緩んでたところに額に手を当てられ、無意識に魔法を発動した。)
        (それはクィールの周囲、影の近くに通常の5倍の重力を課すもの。腕だと急に15kgほどのコメ袋を乗せられたようになる。) -- クィール 2016-05-31 (火) 00:43:17
      • あいや…すまなかったでござるな、申し訳の無い事を言ってしまったようで…(すまぬ、と頭を下げて)
        粉か何か…ああー(それで察しがついた、なるほどぼうっとしていたのは薬効であったのだ、自分とはタイプが違ったので思いつかなかったらしい)
        んぬっ!?(突如腕にかかる重力、人間の10倍程度の密度を持つ体は5倍の重力で約150キロ程度の負荷が…)
        …?何か…この辺り…?(効果範囲に手を抜き差ししている、負荷がかかるエリアを不思議そうにしているようだ、重さを感じないかのように振り回す武器の質量が200キロ程度なので5倍では影響は少ないのかもしれない) -- ササキ 2016-05-31 (火) 00:48:09
      • …いいんです、大丈夫、です…(フワフワとしていて、この時の記憶はあまり残ってないのだった。)
        あ…す、すみません…今、すぐに解除します…です(慌てて手を挙げると、それだけでその重さも消えてなくなる。)
        …し、心配して触れてくださったのに、失礼しました…あぅ、なんてお詫びをすれば…(無実の人に魔法かけてしまってとても反省してるようだ。) -- クィール 2016-05-31 (火) 00:52:59
      • ははは、まあ大丈夫であれば問題は無いでござるよ、それより…ぼうっとしている間に変な事になっておらねば良いでござるが…(発情した人魚とはどのようになるのか想像できなかった…卵…?)
        おっ、軽くなったでござる!魔術か何かなんでござるなあこれ(手をにぎにぎ、確かめるように動かし理由をやっと理解する)
        お詫びなどととんでもない…ああ!そうでござるな、ではクィール殿には拙者に詫びて貰うでござる!
        (否定しようかとも思ったが、このタイプは自分で背負い込むのではないかと推測し…ある事を命じる)
        (やがて戻ってくると…あんみつが届けられた、ほうじ茶とのセットである)こちらのあんみつを食べて味の報告をする事!テスターのお仕事をタダ働きにござるがよいでござるかな? -- ササキ 2016-05-31 (火) 00:58:54
      • あ、いえ…大丈夫、ですよ…もう、落ち着きましたから(その後ハーブ効果が薄れフラフラと帰る人魚の姿があったとか。)
        その…魔術というか…そういうもの、です…重さを軽くすることも、その逆も…出来ます、から。
        …は、はい…たいていの事、なら…(少し怖いものの、それでも罰として受けようと考えていたが、出てきたあんみつにきょとんと首を傾げる。)
        あ…有難う、ございます…では、タダ働き…されちゃいます(そしてササキの心遣いに気づき、感謝しつつあんみつを頂く事にしたクィールだった。)
        (ちなみに味の感想は上々で、やはり通じるところがあるのか寒天に関しては懐かしい感じがしますとも言っていたようだ。) -- クィール 2016-05-31 (火) 01:18:31
      • 左様でござるか、それならば良かったでござる…薬に負けて人生を棒に振ってもなんでござるしなあ
        浮かすのの逆がこれ、最大出力でどれほどになるのか…拙者を最大出力で重くしたら地面に埋まってしまうかもしれんでござるなあ、はっはっは!
        ふふふ…(かける蜜は二種類、黒蜜と抹茶蜜があると伝えられ…クィールの口の中へと)
        どうやら感想を提出し終えたようでござるな…よろしい、無罪放免にござる!
        ちなみにその寒天は…セラフィータ殿…他の人魚の方の国から取り寄せている海藻がもとになっているのでござるよ
        だから…懐かしいと思うのかもしれんでござるなあ -- ササキ 2016-05-31 (火) 01:23:28
  • していってね
  • ゆっくり
  • (文通側にぺたり)
    そういえば…お団子、頂いた事が無かったなと思いまして(そう言いながらやってくる黒衣の少女) -- アリー
    • (歓迎するでござるよ)
      …えっ?団子…食えるでござる?(ポカンとした表情で聞き返す)
      (どうやら彼の中ではアリーは普通の食事は一切出来ず栄養も取れず…本来なら血液の所を精液でしか栄養を摂取できないものと思っていた様子)
      ああいやスマンでござるなあ、物を食べられるとは思っておらず…(そう言ってお品書きを持ってくる)お詫びに最初の1本はサービスするでござるよ -- ササキ
      • …食べることくらいは出来ます、よ?…嗜好品と変わらない感じにはなるのです、が…(と、その予想は大まかなところは間違ってない事を説明で補足して)
        普段も…その、アレも…お野菜とかと一緒に食べて、ますので…(慣れる為にそのまま飲む事もあるのだが、基本はそういった形で口にしていると恥ずかしそうに告げて)
        い、いいのでしょうか…?ではこの、チーズとバジルのお団子さんを…(と、おしながきを指さしながら) -- アリー
      • あぁ…なるほど、栄養にはならない物の味わいは感じられる…と言う事にござるか、そうした種族は得てして栄養にならないどころか酷い味に感じて食べられない事もあったりとするようでござるし、まだマシなのでござろうなあ…
        野菜とかに…(色々な物にかけて食べさせるプレイってありござるなーとか思ってしまったりしたが口にはせず)まあ…味の濃い物に混ぜ込めば分かり辛そうでござるな…熱を加えると変質してしまいそうでござるが
        ああ構わんでござるよ、栄養を得て元気になるばかりが団子ではござらぬからなあ、味わってうまいと感じる…それが出来れば上等にござるよ(注文を受け付ければ迅速に団子は用意され…ほうじ茶を添えてチーズ&バジル団子がお出しされる)
        ごゆるりと… -- ササキ
      • その辺りは元々が人だったのも関係してる…らしい、ですよ。殆ど憶えて無いですけれど
        あ、えと…ですが、最初の一口目はそのまま何も無しに…口にしてます、ので…大切に頂いて、ますよ…?(と、答える。…そのまま指か何かですくい上げて舐めている様子を思い起こさせる)…熱は加えてはいけません、あれだけは本当にいけません(いつになく真剣な様子で首を横にふる)
        美味しいと思って幸せを感じれば…心の栄養になると聞いた事もあります、から。(そうして出てくるほうじ茶とチーズ&バジル団子)
        (手を合わせて小さく祈りを捧げてから食べ始める)ん……っ(口を開けて最初の一玉の半分に噛みつき、よく見れば小さい牙もあるのを覗かせ吸血鬼であることを実感させたりしつつ。噛んだ後に手の中の団子を軽く引くと、チーズが程よく伸びて少し慌てた様子で空いてる手で受け止めようとしながら)
        (伸びたチーズを少し行儀が悪いと思いつつ、受け止めた指で口へと運び…小さく舌を出してそのまま舐めとり口の中へ。)ん……っ(口の中でチーズと団子が絡み合い、そこにバジルの風味が合わさりもごもごと口を動かしてやがて飲み込んで)
        ふ、ぅ……美味しいです、ね(と、少し頬を染めながら微笑んで) -- アリー
      • 元々人間だったでござるか!?いやあすまぬ、母乳で育ったと言うからてっきり生まれつきであったのかと…記憶まばらな幼少期に転換して居たのでござるなあ
        味わえる事、食に感謝を示し…次いで栄養をと仕方なしに加える…あえる?のでござるなあ(あれえ拙者なんだか変なイメージが浮かびござるよ)…試したでござる?(一体どうなるのだろう、きっとものすごく臭いのだろう…自分はやめておこうと心に誓った)
        心の栄養…良い事を言う者でござるなあ、色々な喜びがこの世には溢れてござるが、美味しい!と思う物を食べる事はとても身近な喜びにござるからなあ…(しきりに頷き、感心して居る)
        おっとっと、食べ方には気をつけんといかんでござるなあ、大抵の者がひと玉を一口で食べていたので途中で齧った場合のとろみまでは考えていなかったでござるな…
        (うん、それは良いでござるが…何でござろうこの艶めかしいと言うか妖艶な食べ方は…吸血鬼ではなく吸精鬼をしているせいでサキュバスめいて来たのではござらぬよな…)
        (軽く首を振って煩悩を払い)うむ…お口に合うようでなによりでござるなあ…あっ、口にしてからこれを聞くのは不味いでござるが…ニンニクさえ入って無ければ良いのでござるかな?
        うちの団子にニンニクは使っておらぬでござるが、他に弱点があれば混じっている者は避けた方が無難でござろうし -- ササキ
      • …そういえば細かい説明、一切してませんでしたね。(経緯として、生まれて間も無く病弱であったため親類の吸血鬼に両親がお願いして…と言った経緯があったと説明して)
        実際は…味と食感に慣れる様にと…後は無理に身体に摂取させるため、ですかね…見た目だけはドレッシングみたいな感じになるんですが(と、余計なイメージをさせて)……焦げ臭いが、凄かったです(ふっと顔を背け)
        普段どこかで食べる事もそう多くは無いんですが…食事をした時に美味しいというとお店の方が喜んでくれるんですよね。きっと食べる側も作って下さる側も、そう言った喜びを分けあってると考えると…とても良いことだと、私は思うんです
        ん…そこは、私の口が小さすぎて…ちょっと大きくて咥えきれないです、ね。ただ、濃厚な味わいと香りが口の中で広がってとても美味しいです
        (嬉しそうにもう半分を口に含み、口の端からちょっと垂れたチーズに慌てて指で拭ったりして。…行儀が悪いと思いつつ指のチーズを舐めた後に、照れた様子で上目遣いで微笑んで)
        ん…にんにくが入って無ければとりあえずは、と思ったのですが……あ、あの…逆に私からも聞きたいことがあるんですが。
        (そういうとおしながきの餡系のお団子を示して)…これらの餡って、もしかして小豆から作ってたりするんですか?…その、一応豆ですので(と、その点がちょっと気になった様で -- アリー
      • ざっくりと吸血鬼であることと…血が飲めぬゆえに代理でアレを摂取せざるを得ないと言うあたりを把握してござらるが…
        ほう…?ご両親は藁にも縋る気持ちであったろうが、それはまた親戚の吸血鬼殿も困惑した事でござろうなあ(細かい経緯はわからないが親族に居れば生まれる発想なのだろうかと)
        (説明を受けて…まさにイメージをしてしまう、なぜか直接かけるようなシーンに眉を顰め、それを食べる姿を思い浮かべ吐き気のようなものも…)まっこと大変にござるなあ…
        (ああ…焼いたんだ…とそれ以上は追及しない事にする、虫や髪の毛ですら焼けるとかなりの臭気なのになのにアレはさぞかし…)
        左様でござるな、美味いと言って貰えれば作った甲斐があり申す!(やはりその気持ちはあるのだろう、アリーの言葉に力強く共感して見せた)
        恐らく普通の吸血鬼であれば犬歯にあたる牙を突き立てるためある程度口を大きく広げなければならぬ所を、血を口に出来ないために広がらなかったのでござるかな?女子としてはまあそちらの方が可愛らしいでござるが
        (とろみのあるチーズを舐め取り、上目遣いでほほ笑む姿に湧き上がる煩悩と鎮めようとする平常心との戦が繰り広げられる…戦力は五分…いや、まだ平常心優勢か)
        にんにくはやはりだめと…ここいらではロッシーニの料理では気を付けるべきでござろうかな?
        聞きたい事とはさて…ああ、餡とは大まかに言えば小豆の中身を煮たりして解したものを砂糖と混ぜた甘〜いものにござるよ
        吸血「鬼」、と言うだけあって豆は大丈夫か、と気になってござるかな?確かに豆は「魔滅」とも言われることもあるでござるが…ただのマメにそこまで顕著な効果はござらぬよ
        節分の豆は炒る事で「福豆」と呼ばれる簡易法儀式を施された状態になるのでござろうか、あれは当たると…そう、静電気でパチリとなる程度には不快にござるなあ
        …実のところ拙者、純度100%の鬼ではなさそうなので効果も薄いのやもしれぬが…(家系を辿れば25%が人間であるが実際の血は100%…ただし魔に類する人食い鬼と聖に類する邪気払いの鬼神との近親ハーフで抵抗がある、非常にややこしい血縁である) -- ササキ
      • 何人かお話している内に、どこまでお話したか…どこからお伝えしてないのか、たまにすっかり伝えた気でこちらがいる場合もあったりしますから…ね。
        おかげで私は大きな病気もせず、今日まで過ごせてきましたから…その両親は流行病で幼い頃に…ですけれども。
        …色々と気にかけて下さったんです、両親が居なくなった私を引き取って下さってつい先ごろまで育てて頂きました。…私絡みで二度驚かれた、と(一度は吸血鬼となること、二度目は血が飲めないという事)
        近頃は…美味しいもの、美味しいものと言い聞かせながら口にしていく内にもしかしたら本当に美味しいのでは…と、思うようにして…少しだけ、慣れ……ま、せんね…
        (ほんの少しだけ、変えればまた違ってくるのではと思ったのですが…と語って、流石にお話することではないと気付いて)す、すみません…(と、謝罪をする)
        はい、なのでササキさんのこうして出していただいた物は美味しく頂きたいなと。なので、こちらを食べ終わったらもう少し追加を…です、ね
        あまり大きく口を開くのは苦手で…この歯も、ちょっとだけ…気にしてました。けれど…(言いながら照れた様子で赤面する、可愛らしいという言葉にどこか嬉しくもあり気恥ずかしさもあるといった様子で)
        (そんな葛藤があると知ってか知らずか、2つ目を今度は一口で食べようと口一杯に頬張り)んん…(食べてる最中に何か言う様子はなく、懸命に咀嚼してから飲み込んで一緒に出してもらったお茶へと口付けて)ふぅ…流石に一度に飲み込むのは大変でした、ね(と、苦笑して)
        んん……えっと、多分同列に置くのは間違ってると思うのですが……あの、アレや、血の匂いよりも匂いがちょっと苦手で…(と、精液>血>ニンニクと言った図式で臭いを受け入れられる順という)
        え、ええそちらの方が気になる物ですね…。そ、そうだったのですか…?(顕著な効果が無いと聞くとキョトンとして、おそらくこれまで豆類からは距離を取っていた為か知らなかった様で)
        …当たった事あるんですか。と言うことは浴槽なんかにたっぷりと炒った豆を用意して、そこに浸かると全身がビリビリしたり…?
        長く家系が存在してると血自体も薄まるのかもしれませんね。あ、えと……こ、この間送っていただいた本…の、様に儀礼的な意味で婚姻を結んで……的、な…(裸エプロン……と、耳まで赤くして送り物として受け取った資料(オカズ)を思い起こしながら耳まで赤くしている) -- アリー
      • 人が多ければそれも仕方ないでござるなあ、場合によってはどこまで話すかを躊躇う場合もござろうし…相手がパンパイアハンターだったりしたら隠さねばならぬでござろうしな
        一応は吸血鬼になって良かった…のでござろうか、病気にならずと言う事なので…亡くなられたのは残念でござるが良いご両親だったのでござるなあ…拙者は父の顔すら知らぬし母はまともではござらぬゆえに…家を飛び出してこの街に来たでござるからなあ
        なぜ吸血鬼になったのかは分からぬがその親戚も優しい人ではあったのでござるな…ためらったせいで血の吸い方ガハンパになって血が吸えない体質に…と言う事は無いでござろうか、もう一回吸い直したらしっかりとした吸血鬼に…
        いやいやさすがにどう頑張っても美味しくは無いでござろうからな…異性として愛した相手だとしてもそればかりは慣れると思えぬでござる…
        存分に味わうがよろしかろう…追加も構わぬでござるよ、まあ…余ったら包むので持ち帰って食べると良いでござるからなあ、物によっては味の持続時間が短い物もあるでござるが…みたらし等は温かいうちに食べてこそでござるから持ち帰りだとどうしても冷えてしまうでござるよ
        どうしても気になるなら歯は…いっそのこと削ってしまっても良いのでは?血が吸えない…皮膚を噛み切る必要が無いのであれば牙も必要ないでござろうに…しかし片方だけ牙が残っていると八重歯的に良いかも…?
        無理して丸ごと頬張らずとも、先のように先端からはむようにして少しづつで良いでござるよ、特に3つ目は真っ直ぐに食べようとすると串が喉に向かう事になるでござるから、よこから行くのも手…さすれば串の為に半分ずつ2回に分かれたりするでござろうしなあ
        アレ自身の臭いははっきり言ってそこまで強い気がせんでござるが、自分だと気付かんだけなのでござろうか…ニンニクは吸血鬼でなくても苦手な物も居るでござろうな、強い臭いでござるから犬系獣人にもあまり?
        鬼であるため節分等の時は時折ちびっこ達にぶつけられたり、サザンカ殿が狙ってきたりするでござるよ、まああてられるよりその度にどうリアクションを取るかの方が(ネタを悩む必要があるため)別の意味で辛いでござるが
        風呂いっぱいの炒り豆…おいちょっとアリー殿の頭と言うか発想は一体どうなってござるか!?流石に漬かりっ放しで持続ダメージが入れば…ええ…どうなるでござろう、死にこそせずともグッタリしそうでござるよ…
        色々血が入ればそうにもなるでござろうが…拙者の家系図はややこしいのでなあ(頭を抱え)ああうむ…本でござるか…いや内容まで言わずとも!こう言うのも使ったりするぞと言うだけでござるし… -- ササキ
      • …聞かれたら大体答えています、ね。たまに淫魔の類と間違われたりするので…。ですが、今の所バンパイアハンターさんや、退魔師、対魔忍の方々とはお会いしては…あ、ニンジャさんはお一人お会いしてました、ね。
        ええ、私のことをよく気にかけてくれてたと…今でも思ってます。生活していく分に十分なのは遺して頂いて…ただ、それらは無くても良かったので…もう少し一緒に、居たかったです、ね(と、寂しそうに俯き)……家庭環境も人それぞれ、と言うのはこちらに越して来てから身にしみる程感じてます。(苦労なさったのでしょう、とも思いつつ)
        血を避け続けて身体が受け付けないとか…仰ってましたが、多分原因が良く分からない様で…引き取られてからも調べて貰ってましたが、今も分からずじまい…そこでも色々とあり今はこうしてここへと来たんです
        愛も恋も…まだ味わった事が無いので…あ、濃い物はいつも頂いてます、けれど…(と言った言葉を挟みつつ)
        物を美味しく食べる事の出来る期限…賞味期限というものですね。どちらにしても先に食べ終えてからになりますけれども
        ……もし、吸える様になれば必要になる部分ですから。(気にはなりますが、いつかの事を考えるとどうしても、ですねと)後八重歯って…活発な印象の方が似合う様に思うので(削る場合は両方共でしょうねと)
        ああ、確かに…先端から咥えようとしたら、串が喉奥に突き刺さってしまいますね(と、得心して串を横に持つ。そして軽く噛みつき一口分を咀嚼して残りを平らげていく)
        普段から嗅ぎ慣れ…て、しまってる身からすれば…結構な臭いがするように思います。…たまに、息がその臭いになってるのではと気になって丹念に歯を磨いてはいるのですが…。…ニンニク、苦手なのは私だけではないのですね(どこかホッとした様子で)
        私の場合は…特別そういった事は無いのですが、もし差し出されたら……延々と個数を数えたくなる衝動が、私に抑えられるかどうか…
        え、え?わ、わたし変な事言いましたか…?……た、確かにそんな風に体力は消耗しそうな気はしますけれども。
        (そして何故そんな発想に至ったかというと)………実は、ある方にその…例の物の調達をお願いした所沢山用意して頂いて…そうしたら「どれだけ必要か」と問われたので、「浴びる程の量があれば…なんて」って冗談混じりに言ってたんです
        ……浴槽いっぱいとの言葉が返ってきまして。(眼から少ない光が失われている、言ってしまえば自業自得ではあるのだが)
        …複雑な家庭環境、とだけは分かりましたので(無理に説明頂かなくてもと抑えつつ)いえ、あの…好奇心からくる疑問で……やはり同じ鬼系の方が題材な方がオカズとして使いやすいとか、それともやはり裸エプロンが……? -- アリー
      • まあ…その間違いは仕方ないでござるなあ…やってる事がやってる事なだけに…普通のニンジャならまあ大丈夫ではござらぬであろうか?
        (一緒に居られなくなる事情が何かあったのだろうか、しかし寂しそうにする姿に問う事は出来ずに)まあ本当に色々な者がいるでござろうしなあ…親に言われて働くために冒険に出る者もいるぐらいでござる
        最初に血をちょっと口にしておくべきだったのでござろうか、しばらく母乳で…と言う事でござったがこう…生えたての牙で噛んでしまったりは無かったのでござろうか
        そこでダジャレを挟むでござるかぁー!いずれ経験すればよいとして実は結構長生きしてるのでござろうか…(おっさんくささを感じてしまったためだ)
        左様、消費はこれ!とはわからぬが賞味期限はせいぜい当日中にござるよ(頷いて)
        将来は一応吸えるようになるかもしれないと…?一生吸うつもりが無ければと思ったでござるが、今はもう吸えないから吸えないと言うだけなのでござるなあ…
        確かに八重歯は活発の象徴っぽいでござるな…(そこは言われて気がついたようだ)
        …あれの臭いがする息と言うのは非常に嫌でござるなあ…そんなにおいがぷんぷんと漂うようであれば思わず距離を開けてしまいそうでござる、今は…大丈夫でござるが
        妙なこだわりと言うか何かあるのでござろうか?個数…ううむ、そればかりはまあわからんでもないようなそうでもないような…
        あれを浴びる量でござるか…(想像しそうになって首を振り)それはまあ必要な物でござるし…拙者にとって炒り豆は必要な物でござらぬし…
        拙者の家庭環境を察して頂けたようでなにより、ううん?
        … … … (しばし答え辛そうにしてから) いや、たまたま手元にあっただけで別にこだわりがあるわけでは…(性癖的にサンプルとしてこれは送れない!と言う者もいくらかあったとか) -- ササキ
      • …冷静に考えなくとも、そんな事してたら私だってサキュバスさんかと思います。それか…そういった趣味の方…な、なのでお願いする人には細かく説明を行ってます。
        …えと、私実はその…直接実物を見たことが無くて…今度お願いして、その…ニンジャさんのを拝見させていただく事に…(そう言えばと、話題が出たので。…言ってから、これはもしかしたら言ってはいけないことだったでしょうかと顔を青くする)
        …詳細はまた今度お話すると思います。ちょっとだけ居づらくなったのと…自立したい、という思いからあそこに移り住んだんです(経緯はともかく自分の意志で選んだ事だと胸を張って伝えて)
        さぁ…なにせ乳幼児のタイミングで後天的に吸血鬼となった事例は少ないどころか殆ど無いとの事なので…そう言った部分が関係している可能性もあるかと。
        …あ、あの…その、不憫過ぎてその…提供し辛いと言う事を良く言われましたので…ちょっと会話だけでも冗談交えれば少しは気兼ねなく…と、思ったのですが(…恐縮した様子でうまく冗談を口に出来なかった事を引け目に感じる年齢は…もう数ヶ月で16になると告げて)
        …取り敢えず美味しい時期だけは逃さない様にしなければ。それで、ですね…血に慣れる練習もしてるんですが…頻度はその…せ、精液未満、で……目先の糧の方を、優先してしまうんです。(…実際これでは吸精鬼ですよね。と、自嘲気味につぶやいて)
        …もしそんな臭いをさせてたら、やっぱり離れますよね…そうですよね。こうして会話してるだけで臭いを漂わせながら…と言うのは、引いてしまいますよね…
        何となく本当に浸けられそうな予感がするのですが…そんな状態を経験した後も、またこうしてお話して下さいますか…?(と、どこか縋るような目をして。)
        牙も、そんな(豆を数えるという)習性も…一応は、私が吸血鬼だと実感させてくれてます。…そういう経験を経たら、私は…一体何になるんでしょうか…?(ほぼ独白の様に溢しながら。)…怖いと思う反面、もしかしたら新しい自分に目覚めてしまうのでは無いかと思うと…すごく複雑なんですやね。
        …すみません、自分のことばかり語ってしまって。…今度はササキさんの事をきかせてください。その、聞いてくださったお礼にその…は、裸エプロンは…は…恥ずかしいですけれど…何かその、お手伝い…で、出来れは…? -- アリー
      • 吸血鬼が血を飲めない…と言うだけで「なぜ…?」となるのは必然でござろうからなあ、まあそこは仕方ないとして流しても代わりにアレだとしたら…すべてをスルーして聞かない事にしたとしてもお願いだと流石に「なぜ!?」と尋ねないわけにはいかないでござるからなあ…
        理由もスルーして提供できるのはお人よしと言うより何かが欠けていそうでござるが…まあそれはさておき、と
        …ニンジャの物を…?(頭を抱えて)ああ…うむ、好奇心か何か思い立った理由はわからんでござるが…それはあんまり言わない方がいいでござるよ、主にニンジャが死ぬでござる…社会的に
        ああ!なんだそうでござったか、その恩人の吸血鬼が健在そうで何よりにござる、一人で暮らすのは…必要なものがモノだけに難しそうでござるが、立派なものでござるよ
        吸血鬼も…処女の血を好むらしいとはいえそんな乳幼児は流石に…もうちょっと育ってから、とおいておきそうな気がするでござるなあ
        不憫ではあるでござるが…タイミングがこう、間が悪いと言うかなんというか…16でござったか…まあ一人前のレディには少々若いか…
        血の匂いが苦手とか言う話でござったが、種類に限らず苦手なんでござろうか?先も言った処女の生き血や乳幼児の血など…もしかして状態によって臭気の度合いが異なったりするやも?
        知らずの人間がそんな匂いを嗅いだら、商売女か何かと思われてしまって…と言う事もあるでござるし、歯磨きはしっかりとされるでござるよ…
        なんで浸けられるでござるかー!?どんな予感かわからんでござるが…ちゃんと風呂なりで洗い流してからなら構わんでござるよ…どろどろのままであれば流石に…
        新しい自分…それが良いかどうかは拙者には判断つかんでござるが…裸エプロンとかいらんでござるから!手伝いと言われても…居候'sが居るでござるしなあ
        拙者最大の問題のきなこ作りは…アリー殿も危うそうでござるし -- ササキ
      • …飲めない物は、飲めませんから。確かにその…血の飲めない吸血鬼というのは格好がつきません…何だか物語の題目みたいな印象はしますけれども。…いっそ割りきって好きだから飲ませて下さい…だと、結局痴女扱いされ、ますし…逆に提供したいと申し出てくる方が居らっしゃったら、流石に身構えます…
        えっと…経緯をお話した方が良いのでしょう、か…?私自身、その…あまり男性自身の事に付いて存じてない部分が多々有りまして…。それなら一度見た方が手っ取り早いと仰ってたので、私の方からお願いを…。……この部分は、その…内密でお願いします
        ええ…おば様…あ、その親戚の方なのですが…その方自身は気にしないで良いと言ってらしたのですが…その、遅かれ早かれという部分もありましたし…?
        …割と切迫した状況だったと聞いてますから。何にせよ…半人前とはいえ、一人で暮らしている以上はやれること…やらないといけない事はちゃんとしませんと、です…ね。
        だからと言って…しょ、処女の方に血を頂く前に…その、処女ですか…とお尋ねするのは……乳幼児に至っては申し訳なさ過ぎてこちらから絶対にお願い出来ませんし…っ(と、ぶんぶん横に首を振って)
        …その、浴びせる程と考えてらっしゃる友達はそんなに匂いはしないので…寝る前起きてからはきっちりと、洗います…ね
        ですよね、そうですよね…っ多分ちゃんとお風呂入ろうとしたら、「もうお風呂入ったんだからそのまま休んじゃえば」的な流れで臭いに包まれたまま悪夢にうなされる…の、では……とは、考えすぎでしょう、か…
        そう、ですか…?では普通の作業着でお手伝いをと思う、のですが……きなこ、作り(それを聞いて複雑そうな顔をして)……確かに、お手伝いは出来そうにないです…ね
        (そしてお茶を飲み干してから)…あ、持ち帰り様に…よもぎ団子3本、こし餡でお願いしますね…?(と、追加で注文して用意されたら長居も何ですしと支払って受け取って帰ったそうな) -- アリー
      • 恰好…まあ確かに恰好はつかんでござろうが…生きる上でそこを格好つけようとしても仕方ないでござろうし…
        自分から積極的も相手から積極的も…これはややこしくござるなあ…しかし言われてみれば納得の理由でござるし…
        …あー…性教育とかそういうのはあまり受けていないとか、そういう具合にござろうか…まあ見た方が早いやもしれんでござるが(内密に、と言われればそこは話さないようにと了解して)
        拙者ずっと親戚の吸血鬼の方を男性だと思っていたでござる…何故でござろうか、おばさまだったのでござるなあ(これにはなぜか驚いたようで)
        処女かと尋ねるのは確かにまあ…乳幼児も…倫理的な物があればあるほど生き辛くなるとは本当に難儀なものでござる
        それを入浴と取られるのは非常に辛そうでござるが…臭いとは別に痒かったりかぶれたりしそうでござる、たしか女性の膣内は酸性だったでござろうか…それに負けないようにアルカリ性だったとかなんとか…
        逆だったかもしれんでござる(うろ覚えである)
        キナコ…炒り豆にかかわるものでござるからアリー殿も厳しいやも…と…炒り豆で無事であれば問題ないのでござるがなあ
        まかされよ(頷くとこし餡のよもぎ団子を…5本包み込み…同じ料金のまま受け取ったと言う)
        彼女に必要なのは本当に何でござろうかなあ… -- ササキ
  • 待たれたり -- ササキ
  • 待ったり -- ササキ
  • ゆるゆりアンアンと聞いてきました
  • てすてす -- ササキ 2016-05-12 (木) 14:06:57
    • てす -- ササキ
      • すいか
      • かんづめ
      • めっこーる -- ササキ
      • るーとびあ
      • あろがんとすぱーく -- ササキ
      • くりんち!
      • ちくちん

Last-modified: 2016-07-23 Sat 02:12:02 JST (2129d)