名前ヴェノバ・クラニコフ
性別
年齢42
出身地寂れた村
職業冒険者兼樵
理由生きるため
行動方針
RP傾向無愛想を後先考えず気ままに
目的生き残る
好み静かな時間・何もない時間
苦手戦争・物音
編集:info/黄昏歴
黄昏歴 1104年10月(西暦 2019-12-13)
NEXT : 6/22
カレンダー

三行 Edit

  • 故郷を失った男が
  • 森の奥深くで
  • 人目を避けながら森ライフ

森の奥深くにある小屋 Edit

編集

設定 Edit

  • 人口の少ない小さな村に生まれた。
    • あまり裕福ではない中、国が戦争を始めると徴兵される。
  • 戦争中に負った腕の怪我が神経まで届き、兵士としてほぼ使い物にならなくなる。
    • 既に故郷は焼けている。
      • 戦争が終わると兵士として残る事もできず、ここに流れ着き冒険者業と、たまに木を切ってなんとか生活する。
  • 頭の中の記憶や感情を誤魔化すせいで地味にヘビースモーカー気味。
    • 吸えるものならなんでもいい、金がないときは乾燥した枯れ草を葉っぱで巻いて吸っている。

身体・性格設定 Edit

  • 身長186cm 体重101kg
    • 貧相な村で生まれながらも体格にはかなり恵まれ筋肉質。
      • 戦争中の戦いで体は古傷だらけ。
  • 栗色の髪、目の色は濁り腐ったような赤色。
    • 髪型は手入れが下手なので少し伸び気味のぼさぼさ。
      • いつも口のへの字に曲げ、眉間に皺を寄せる。
  • 戦争前はそこまで喋るほうではなかったが戦後ますます無口に。
    • 人間不信ではないが自然と人目を避けるようになる。
      • 村や戦争では自分を出す事はあまり良い目で見られなかったため自己表現がド下手くそ。

戦い方 Edit

  • 武器は斧と標準的なショートソード。
    • 麻痺が残った左手は殆ど感覚がないので、たまにそれをぞんざいに扱った戦い方もする。
      • 基本は力押し、搦め手などまったく知らないためそういうのにはとことん弱い。

アウト Edit


Last-modified: 2016-06-13 Mon 01:51:36 JST (1278d)