廃屋の一つに佇む 茸人 Edit

名前───特技重たいパンチ成体
CV:好きじめじめ
年齢──嫌い乾燥・火
性別職業分解者
種族茸人方針ただ居るだけ
現在拠点
所属企画/魔界自治区
棲息地廃墟の中心ガイドブック参照
出身地少し離れたところにある茸人街
金の雨と銀の雨と

三行 Edit

画像を拝借してきたゲームとは無関係の
シャイな茸人が佇むだけ
ただしパンチは重い

黙し佇む Edit

霊圧ほぼ無いです。しっとりすべすべたまにであるくよへたっぴだけどねコインいっこいれる恋愛しないよ

お名前:
  • (自家製腐葉土を30kgほど運び込んで帰る) -- フレイア 2017-11-27 (月) 00:43:17
    • (廃屋に茸の姿は無かったが確かな存在感と感謝するような気配が感じられたかもしれない) -- 2017-11-27 (月) 07:28:55

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

かつて栄えたと思われる一角に残る廃屋(イメージ) Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst023102.jpg

しらべる Edit

  • ドアさえない廃屋のひとつが棲家
  • じめじめした地下室で一日の大半を佇んで過ごす
  • 数日そのままということも珍しくはない
  • 別の個体が居るのか、たまに複数の場所で目撃される
  • 体は食用に適しており独特の歯ごたえと滲み出す滋味があると言われる。香味は殆どない
  • 大型の怪物に襲われ食われるところを目撃されたこともある
  • 人間にも噛み切れる固さなのは体から切り離され弛緩した部位のみで、普段は引き締められた高密度の筋(菌)繊維が織りなす鋼の肉体
  • 戦闘設定
    • ハイパーアーマー
    • ぶっきらぼうに殴る
    • 以上
  • ドロップアイテム
    • ノーマル「干し茸」 水戻しや湯戻しすると出汁がでる。滋味あふれるうまあじ
  • 「─」は茸語。甲高くか細い金属音に似た音でノイズのようにも聞こえる。人間には発音できない。高圧縮の高速言語
  • 茸語のほかに片言の共用語を喋る。こちらは何重にもかけたマスクの奥で喋っているかのような低くくぐもった声質

// Edit


Last-modified: 2017-12-02 Sat 21:58:51 JST (735d)