ヴァルナ家出身 ビャラ・ヴァルナ 13468 Edit

ID:13468
名前:ビャラ・ヴァルナ
出身家:ヴァルナ
年齢:22
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer

――主を失った部屋は静寂に包まれ、閑散としている。――


お名前:
  • 久しぶり・・・。お盆だしね、お参りに来たよ。
    ・・・静かだね。こうして、だれもが還ってゆくのかな?(軽く墓を掃除して、お酒を供える) -- アルマ 2008-04-24 (木) 00:32:55
  • 陽気で親しみやすい、龍族に珍しい方でありました…仇である水龍族とは思えぬぐらい……貴方の魂が母なる大海に抱かれますようお祈りいたします -- ボストン 2008-03-20 (木) 17:35:42
  • くそ…どいつもこいつも…
    お前とはもっと普通の会話って奴をしてみたかったぜ…知り合いがどんどん減っちまうな… -- マッド 2008-03-18 (火) 19:00:16
  • ・・・おいおい、マジかよ・・・人がごたごたしてるうちに逝っちまったのかよ・・・あぁ、もったいねぇ・・・本当もったいねぇぜ・・・ -- ベアウルフ 2008-03-18 (火) 05:30:05
  • まだ話したい事が沢山あったんだけどな・・・マイペース過ぎるのも困ったものだね・・・あっちでもそんな風に君らしく楽しくやってる事を願うよ。・・・それじゃな -- ラデューク? 2008-03-18 (火) 02:27:06
  • …おかいもの、いけなかったね。 おねーさんの音は宛ら水の流れそのもの(ウォータードラゴン)だったわ。
    お迎えは・・・、そっか、間に合ってるんだ・・・。有情無情の流れの果てで、またあおーね・・・。 犬のおにーさんにもよろしく・・・。 -- リリカ 2008-03-18 (火) 00:10:33
  • ―誇り高き水龍よ、お前の事はいつまでも忘れ無い。輪廻の先で再びまみえることになるだろう、それまで、安らかに眠れ。
    (そう言いつつも、龍の瞳からは大粒の雫が毀れ、添えられた吾亦紅の花に水を与えるのだった -- アトリア? 2008-03-17 (月) 23:37:14
  • (同族へ捧ぐは祈りと一本の短剣。死を食い物にしようとする者を払うことを願い打たれた。安息の地にたどり着くために)。遠き時代、いずれまた。 -- イギストロン 2008-03-17 (月) 20:04:17
  • 姐さん…(歯を食いしばり肩を小さく震わせる そのまま目をつぶり黙祷を捧げる) -- ジェイス 2008-03-17 (月) 16:22:58
  • そんな・・・。・・・・・・いつかまた・・・会いましょう・・・。私の大切な家族・・・。(静かに目を閉じ、聖印を結ぶ) -- アルマ 2008-03-17 (月) 12:55:26

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2008-03-18 Tue 04:01:07 JST (4495d)