ブラッド家出身 ディナーハ・B・ブラッド 265109 Edit

ID:265109
名前:ディナーハ・B・ブラッド
出身家:ブラッド
年齢:70代
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst024670.png

老執事の最期 Edit


ウーズ。
冒険歴が1年程度の者なら、容易に殺られて然るべき相手だ。

それはこの執事も例外ではなく。
彼は身体を深々と食い破られて尚、戦い続けた。

次の世代を担う若者達を逃がすために。

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst025937.jpg


彼のささやかな遺産は、生涯独り身だった彼の遺言通り
新たに孤児院を建てるために使われたという。

小さな墓 Edit

お名前:
  • (墓前で手を合わせて)どうかな、そちらは。魂が安らかであればと思う。
    私は大切なものを見つけられたよ。幸せだ。(花を一輪手向け)
    ……それも君に教えてもらったからだろうね…私に一番必要なものを。
    それじゃまた来るよ。おやすみなさい。 -- フィセル 2009-01-27 (火) 20:59:17
    • (寒風に身を竦める深紅の外套の女)冷えるね。そちらはどうかな?
      私は楽しく順調に生活しているよ。みんなとも笑えている。ディナーハ君に会えたからかもね。
      (寂しげに笑って)食べて眠り、子を残すことだけが人間の「生きる」じゃない。そうだろう?
      さて。(髪をかきあげて)墓参りが遅くなってすまなかった。また来るよ。 -- フィセル 2009-03-03 (火) 17:13:27
      • あれから12年か、13年か……久しぶりだねディナーハ君。
        君が言う次代は確実に育っているよ。そして今日もどこかで怪物と戦い、理由はどうあれ結果として武器を持たない人々を守っている。
        きっとその中には君が望んだ孤児院の子たちも入っているんだ。決して平和でも穏やかな世界でもないけど…
        少なくとも私は幸せになった。君から学んだことのおかげでもある。
        それじゃあまた来るよ。おやすみなさい、ディナーハ君。 -- フィセル 2009-06-09 (火) 10:29:46
      • あっという間に時間は流れてしまったね…やぁディナーハ君。遅れてすまない。
        もうすぐ冒険者登録番号が365万台になるらしい…次は私たちとは違う誰かが、また別の物語を紡ぐんだろう。
        楽しみだよ。また冒険者たちが出会いと別れの中に絆を見出していく……(花束を置き)
        それじゃまたねディナーハ君。おやすみなさい。 -- フィセル 2009-07-27 (月) 11:23:06
  • 御機嫌よう、ディナーハさん。 …後の世で、またお会いしましょう。 (ディナーハの部屋であったそこに、そっと花束を置いて去った。) -- チトセ 2009-01-07 (水) 01:12:17
  • ……ウーズも………ついでに……殺っておくわ……………おやすみなさい…………… -- 赤頭巾? 2009-01-06 (火) 23:32:25
  • (唯々無言。口を開けば言葉と一緒に涙も零れそうなほど、胸中悲しい)
    (金木犀の花をそっと供えて暫し立ち尽くしていた) -- ムー 2009-01-06 (火) 00:13:15
  • ……(静かに十字を切る)
    貴方は良き執事であったと思います。神の御許へ逝っても、どうかお元気で…… -- ヨハネス 2009-01-05 (月) 23:50:42

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2009-01-05 Mon 17:27:26 JST (3986d)