路地裏 Edit

猫>名簿/335722 アサシン>名簿/335722 &COLOR(#9966ff){ };

編集

お名前:
  • この辺りに次回の同行者のお宅があるらしいけど……同一人物が2人……?(興味深いなと思いつつ) -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 19:04:06
    • (知らされたとおりの場所・・・そこは寂れた通り、その路地裏だった)
      (木箱の上にラジオを提げた薄桃色の猫が丸まっている)
      -- 2009-08-01 (土) 19:21:30
      • (書類に寄れば、名前はノラネコ。そして目の前に、世にも奇妙な薄桃色の猫)あの……(と、どう呼んだものか困った。ノラネコが名前だとしても、肩書き出ないと言い切れず、或いは被っているとしても、やはり呼びづらい)こんにちは。(とりあえず、そう声をかけておく) -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 19:24:23
      • (チラと片目を開けて蟻を伺うと、首もとのラジオから音が出てくる)
        「こんちは〜にゃーね〜」(軽い調子で応える)
        -- 2009-08-01 (土) 19:35:25
      • ええ、こんにちは。もしかしてと思いましたけれど……あなたがノラネコさんですか? 野良猫をしていらっしゃるんでしょうか、やっぱり、お名前の通り……あ、今回は次回に同行ということで、そのご挨拶です。 -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 19:38:27
      • 「お〜ぅそうにゃよ?・・・まぁとはいっても?今は『飼われ』なんにゃけどね?」
        「ノラネコってのも、人間向きの名前が無かったからそうしてるだけで・・好きなように呼べばいいにゃーよ」
        -- 2009-08-01 (土) 19:49:27
      • ということは、ひとまずのお名前、ということですね……ではピンクさんとでも。
        私はシュルメウス広報部のサナビア。どうぞ、以後お見知りおきを。 -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 19:55:20
      • 「おぉぅこれはまた新境地な名前・・・サナビアにゃんにゃーね、よろしく〜」
        「・・・しゅるめうす?なんにゃ、それ」
        -- ピンク 2009-08-01 (土) 20:01:00
      • よろしくお願いします。シュルメウスというのは、ここから数日行ったところにある街でして……私たち蟻人の街なんです。
        色街ですから、人は選ぶかと思いますが……観光するだけでも大歓迎ですので、よろしければどうぞお越しください。 -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 20:05:27
      • 「ふぅん、結構遠いんにゃね・・・色街?・・・あぁ交尾するとこにゃね、確かに縁遠いにゃ」
        「・・・蟻人、まぁ見ての通りなんにゃろうけど・・・初めて見る種族にゃーねぇ」
        -- ピンク 2009-08-01 (土) 20:19:16
      • ええ、少しばかり。ですけど、少々お時間をかけてもいらっしゃる価値はありますよ。(にっこりと笑みを浮かべ)
        どうやら、そういう方が多いみたいですね。確かに私たちは、基本的に自分の街から遠く離れませんので……そうなるのも無理ないとは思いますけれど。
        私たち自身、近くにある別の蟻人の町と交流するくらいで、そこから聞いてまた、程度でしか世界を知りません。どれくらいの規模蟻人が広がっているか、把握してませんから。 -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 20:24:43
      • 「価値ねぇ・・・蟻には一度食い殺された記憶があるからにゃぁ・・・まぁ考えとくにゃ」
        「ふむふむ・・・ホントに蟻なんにゃねぇ・・・ふむ・・・生まれてから一生やることが決まってるってどんな気分なんにゃ?」
        -- ピンク 2009-08-01 (土) 20:52:24
      • 冒険で出てくる、巨大蟻のことですね……? あれは蟻ですが、私たちは蟻人……言えなくも無いとはいえ、違うもの。と、そうはなかなか行かないでしょうが……。
        ……難しい問題ですね。他の種族の方々はそういうことを気になさるようですけれど、いまいち理解しかねる感覚です。私たちは女王様へ奉仕し、街の発展に寄与する。
        もちろん娯楽であるとかを楽しむくらいはしますけれど、別になんとも……子供も出来ませんから、そういったことも気になりませんし。役目が果たせれば、それで。 -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 20:57:06
      • 「いやはや、まぁ流石にもうやられはしないけどにゃ?」
        (子供が出来ないと聞いてその眉がぴくりと動く)「・・・欲しいとか、思わにゃいの?子供・・・」
        -- ピンク 2009-08-01 (土) 21:19:47
      • ? いいえ、特には……むしろ色街であるのは、それを利用してのことですし。お母様、女王様が休み無く産み続けてるので、それほど人口に困ることもなく。
        ですので、欲しいと思ったことはないですね。 -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 21:26:10
      • 「・・・そう・・・そうにゃか・・・」(再び丸まり・・・)
        「・・・変なこと聞いちゃったにゃね・・・うん、来月は宜しく・・・」
        -- ピンク 2009-08-01 (土) 21:40:37
      • いえ、お構いなく……(ちょっと首をかしげた)それでは、次回に。よろしくお願いします。(一礼して、そこを去っていった) -- 働き蟻 2009-08-01 (土) 21:42:51
      • 「ん、ほんじゃにゃー・・・・・・仲間を求めても、仕方が無いにゃね・・・聖杯、絶対手に入れる・・・」 -- 2009-08-01 (土) 21:49:50
  • (屋敷から延々と追っかけてきた女、疲れた様子もなく路地に入り辺りを見渡す) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 14:21:39
    • 路地裏は薄暗く、廃屋に開いた穴や商店の名残であろう木箱が散乱している・・・猫の姿は見えない、だが此処に逃げ込んだのは確かだ気配を隠匿しているのだろう -- アサシン 2009-07-31 (金) 14:25:14
      • (キレ気味の女、周囲に濃厚な魔力の気配、宝具の解放の前兆)
        (片手に数十Mの大氷塊が現出、そのまま一帯を薙ぎ掃わんと…) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 14:33:38
      • (そう怒るなよとまるでからかうように物陰から飛び出すコインのように小さな影・・・指輪だ)
        (『電磁波照射・可視光』:宝具を構え。大きく振りかぶった彼女に向かって強烈な閃光が放たれる、目晦ましだ)(充電1)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 14:37:43
      • !(閃光、反射的に片手は視界を遮るような女の動き、だがもう一方は…止まらない)
        (一掃すれば見晴らしもよくなるだろうと回りの被害も考えぬ大雑把な薙ぎ払い) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 14:50:20
      • (巨大な氷塊のなぎ払い、散乱している木箱やらごみ、廃屋の一回部分等々が砕かれ、潰され、流され、蹴散らされていく・・・これで前後左右一帯を全て片した事になるが・・・)
        (閃光の中、振りぬいた姿勢の彼女の上から後ろに降りてくる気配)「ザザ...もーらった」(『電磁波照射』継続・充電2)//何回も編集してゴメンなさい
        -- アサシン(ヒトガタ) 2009-07-31 (金) 14:58:35
      • (肉を潰した手応えはない、それ故に反応は速い……片手で視界を覆ったまま、後方へと当たりに行くかのように跳ぶ)
        //いいのよ、此方こそのんびりでゴメン… -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 15:14:39
      • (後方への体当たり、それはやけに軽い、そして硬く冷たい角ばった感触を返すことだろう・・・ラジオだ、ラジオが単独で宙に浮いている)
        (閃光が収まる、最大出力の一撃を放つために。そして今度は上から影が刺す、それは、崩れかけた廃屋の、その二階部分に潜んでいたネコミミ娘が飛び降りたことによる影)
        振り向いてくれることがベストにゃったけど、仕方ないにゃね?(『連続放電』四重起動・『大強化型連続放電・アーク改め・・・』:彼女の手にした剣がブゥンと僅かな音を発しながら振り下ろされ・・・)アーク・・・(電力消費中につき明記せず)
        //大丈夫、ゆっくり推考して行きましょう
        -- アサシン(ヒトガタ) 2009-07-31 (金) 15:25:46
      • (理解は叶わないが直感的にぞくりと背筋に悪寒が走る……こういうときの選択は攻めあるのみ)
        (右の大氷塊を振り戻す中、空中に居る人影へと左剣が投じられる) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 15:51:28
      • (振り戻される氷塊、それを再び振るだけの時間は与えない。投じられる剣、それを上空からの体重の乗った振り降ろしで迎え撃つ、互いの剣がかち合った瞬間)
        セイバァアァァアァ!!(目を、肌を焼く閃光、耳を劈く炸裂音、触れた点から大電圧大電流が一気に迸る)
        (・・・アーク放電、数ある放電形式の中でもっとも理想的且つ強烈なエネルギーを誇り、中心温度数千を下らぬそれが、今光の刃となって自らの剣すらも溶かしながら飛来した剣ごとフロムヘブンを溶断せんと上空より迫る)
        -- アサシン(ヒトガタ) 2009-07-31 (金) 16:12:11
      • (剛力の投剣で空中で止め損なった以上、光を、殺意の形を…迎え撃つのみ、加重で足元の大地が砕ける)
        (上段からの熱刃の先端から剣芯へと跳び込み、ガードを試みた左腕が焼き切れた……左身を削ぎ落としながらも中心軸は避ける)
        (加圧からの解放による反発加速と大氷塊から鞘走らせた氷の太刀、反撃の横薙ぎの一閃) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 17:12:58
      • (二重の罠からの必殺の一撃。イカズチと高熱を振りまく剣はフロムヘブンの左腕を両断した時点でその身を削りきる)
        (まずっ防がれた・・・)(放たれる横なぎの一閃別のESPを起動しても作用させるだけの時間が無い、とっさに左手に2本目の剣を呼び、盾として受け止める)
        ・・・フグッ!!(骨にまで響くような衝撃、地に足の着いていない状態で受けたせいでそのまま横・・・先ほど破なぎ払われた廃屋の一階部分に吹き飛ばされる・・・生体電流を操って痛みを緩和するのが精々だった)
        ・・・・・・けほっ・・・せんせ〜・・・左手が動かないんにゃけど〜・・・ゲホッゲホッ・・・(暗がりからそんな弱弱しい声が響いてくる、今のがトリガーになったのだろう、廃屋がピシリピシリと音を立てて崩れ始める)(充電1)
        -- アサシン(ヒトガタ) 2009-07-31 (金) 17:47:34
      • (着地、倒壊に混じり氷塊が崩れ落ちる音が続き、大剣を地に突き立て血を溢す女)
        (再生能力かじわじわと欠損すら復元しつつある…が、焼き切られた所為か治りが遅い)
        (手負いのまま、一歩一歩足音が廃屋へと近づいていく) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 18:07:35
      • (廃屋に近づけば暗がりの向こう、瓦礫を背にへたり込んでいる彼女が見えることだろう)ハァ・・・ハァ・・・(荒い息、足音を追うように耳がピクピク動く)
        (フロムヘブンが廃屋へと近づくと声がかかる)ハァ・・・『リンク・リング』はにゃ?三つの魔導器を繋ぐ事でアタシの力を複数方向から使えるいわば有線ビットにゃ・・・その活用条件は、三つのうちのどれかがアタシに触れていること・・・
        (・・・位置関係は・・十分、今だ!)(右手を掲げる。其処には先の大技で柄まで溶けきった剣と、中指にはまる・・・指輪。フロムヘブンの左右後方の指輪とラジオが動く、丁度三方から囲まんとし)
        (『電磁波照射』三重起動『強化型電磁波照射・ネコレンジ』:三方から放たれた電磁波が中心点で交差、波が何度も干渉し合い強力な電磁場を形成、三角形の内側が巨大な電子レンジと化す。)猫がレンジでチンってにゃ?燃え尽きろ!
        (同時、遂に崩落を始める廃屋)
        -- アサシン(ヒトガタ) 2009-07-31 (金) 18:23:47
      • (今の女にその言葉の意味は解らない、だが依然としてそれから殺意と戦意が感じ取れる…本能が警戒を告げる)
        (レンジで体中の水分が熱を帯び始めるよりも早く、氷剣が放電、火花を上げた)
        ………!!!!!(囲む気配に跳躍、更に豪腕が唸りをあげる、猫耳娘の胸部へと一直線に氷剣を投げつけた) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 19:34:37
      • (跳躍に応えるのは崩落による瓦礫の群れ、猫もろとも押し潰す勢いでフロムヘブンの動きを阻害する)
        (当然飛来する氷剣を回避する余裕など無い、そのまま受け入れ)・・・・・・・・・ッ!!!(胸の中心を刺し貫かれる・・・だが)
        ・・・(逃げんなよ、そう唇が動く、機能しないはずの心臓を能力で無理矢理動かし、痛みを伝える情報を遮断、能力を発揮する為に必要な脳と右腕、その活動を保つ為だけに集中し)
        (指輪の向きが変わる、僅かな生命維持の為に照射は3方向から2方向へ変じたがそれでも容赦なくフロムヘブンへと電磁波を向け続ける・・・暗がりの中、道連れにせんと不敵に笑う顔が、やけに不気味に見えるかもしれない・・・)
        -- アサシン(ヒトガタ) 2009-07-31 (金) 19:53:52
      • (女の身体から蒸気が昇る、水分が湯立ち灼かれる中も繰り返される再生と破壊)
        (白濁した眼は最早その嗤いも見えていないが、前進を続ける)
        (その身が剣に追いつき、手に取ると瓦礫に埋もれた猫耳を縦に引き裂いた) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 20:17:39
      • ・・・(砕かれ貫かれ、瓦礫に押し潰された彼女にもはや抵抗するだけの力などある筈もなく、なす術もなく引き裂か・・・)

                                                       猫に九生あり、女に九猫の生あり(キャット・ナインライヴス)
        (そう何処からか声が聞こえ瓦礫の間から雷光が迸るそれは一度霧散した後、彼女の後方で結実する)
        「いやはや・・・さっすが、やるにゃーねぇバーサーカーは・・・でも。あと7回、同じ事が出来るにゃか?それも・・・」(路地裏に来た仲間をチラと見やり)「さっきより多い」
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 20:29:34
      • WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY........!!!!!!
        (大剣をつっかえに立ち上がり声へと向き直る、再びの現出にも獰猛な笑み) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 21:10:42
      • (振り向けば少し離れたところに座る猫、その体には傷一つなく)「・・・へぇ、やるんだ・・・さっすが。こりゃもう一個の方のナインライヴスを使っとくべきにゃったか・・・」
        「まぁアタシも仲間の見ている前で恥は晒せないからにゃ?んじゃ、第二ラウンド。始めるにゃか!」猫は何処にでもいるし、何処にもいない(リンク・リング)(彼女の周囲を二つの指輪が周回し始める)(充電2)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 21:25:39
      • (強力な再生で腕も含め体機能が復元しつつあるが未だ満身創痍……不意に、突き立てられた大剣を中心に青白い空間が広がり始める) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 21:37:51
      • 「ほーら来ないならコッチから・・・?」(広がり始める青白い空間に、思わず動きを止め・・・)
        (・・・宝具?・・・今飛び込んでも一撃必殺でも無い限りカウンターを食らう・・・何だかヤバ気にゃーね・・・力を溜めて・・・間に合うか!?)(充電4)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 21:48:26
      • (凡そ百mは包んだだろうか、薄ぼんやりとした青白い世界……地だけでなく天も塗り替えていく) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 22:15:44
      • ドン!!!
        (上から降ってくる人影、不意打つように両者の間で地を穿ち、轟音が鳴り響く) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 22:15:46
      • (・・・広いにゃ、これは逃げようとしても間に合わなかったかにゃ?・・・まぁ兎も角充電はバッチシ、これで切り抜けられなかったらどの道手は・・・)
        「って〜ニドヴォルクにゃん!?・・・・・・えっと・・どうしたん?」(小首を傾げる猫)(充電6)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 22:23:01
      • 汝等の諍い等如何でもよかったが……宝珠を持ってるのは猫よ、汝じゃな?ならば話は違ってくる…
        (場を制圧するほどの威圧感を以って女は冷たい瞳で両者を見据える) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 22:31:49
      • (唸る声、乱入者の存在に咄嗟に間合いを取り出す) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 22:35:15
      • (フロムヘブンの方を目で牽制し続けながらも後ろ足で耳裏を掻き)
        「宝珠〜?確かに持ってるにゃけど・・・宝珠ったって色々あるにゃろ?どんな宝珠にゃーよ、因みにアタシが持ってるのはリベラにゃんのにゃーよ?」(顎でフロムヘブンを示しながらこーんくらいのと前足で大きさを示す)(充電8)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 22:41:16
      • ならば確証が得れた……(無表情に告げる)
        この戦い本来こやつではなく我が戦うべきものじゃ……共に退け(勝手に仕切りだす) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 22:49:22
      • (じりじりと移動しつつ睨み付けたまま、闖入者に困惑の表情…その間に手も再生し、傷が殆ど塞がっていく) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 22:53:53
      • ………!!!(不快を露わに吼える) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 22:56:03
      • (治っていく腕に)(あーぁ、折角消耗させたのににゃ・・・これじゃ無駄死に)
        「ん〜?ちょいまちちょいまち。言語が古風すぎて現代っ子なアタシには理解できない部分があったんにゃけど・・・つまりアタシと戦うべきはリベラにゃんにゃなくてニドヴォルクにゃん?」
        「・・・でもアンタマスターでもサーヴァントでも無いにゃろ?なんでアタシが戦わなきゃならないのん?ぶっちゃけ無駄に戦う気無いんにゃけど、逃げちゃうにゃよ?・・・あ、ひょっとして宝珠が何か関係しとるン?」(充電10)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 23:05:44
      • 汝等の争う聖杯等知ったことか。(言外に主でも従でもどちらでもない事を示しつつ)
        宝珠は汝等の物ではなく我が物じゃ、力づくでも取り戻す……(静かな狂気に満ちた目で見据え)
        従えばよし、従わぬなら……両者この場で叩きのめす -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 23:14:42
      • (この隙を幸いに武具を回収する) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 23:24:38
      • (くぁっとアクビ)「あーそうかい、んじゃぁあんまし邪魔しないでにゃーね。アタシは猫、竜のアンタとは生物としての規格が違うんにゃから人には挑めても竜は無理。」
        「アンタの?リベラにゃんのじゃないのん?・・・・・・そうなん?」(緊張感に欠けるノンビリとした調子で武器を回収しているフロムヘブンに顔を向ける猫)「・・・なにちゃっかり回収しちゃってるんにゃ!」(ぱちぱち弱雷を放つ)(充電11)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 23:30:19
      • (向けられた視線に自分にもよく解らないと首を傾げる) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 23:34:57
      • (弱雷に焦げて怒声を上げ、再び構える) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 23:37:39
      • サーヴァントとやらも十分規格外じゃろう……知らずとはいえそやつは挑んできたが(ギラリと構える青髪を睨み付け) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 23:43:27
      • (めんどくさくなったのか頭を掻きながら青白い空間を解くと大きく跳躍、戦場からの離脱を試みる) -- 青髪女? 2009-07-31 (金) 23:50:26
      • 「人間はどこまでいっても雑食、安全パイの生き方してる奴にはそうそう負けはしないってだけにゃーね」
        「あ、こら逃げんな・・・あーぁ、行っちまったにゃ・・・これで完全に命の無駄遣い。なんというか無常観を感じるにゃねぇ・・・」(遠い目)
        「・・・まぁいいにゃ、ホントはリベラにゃんのマスターに、アレをネタに脅迫なり保障なりを求めるつもりだったンにゃけど・・・あの護衛っぷりじゃ無理にゃね・・・」(ほしーならこっちにゃーよ〜ととぼとぼ歩き出す)
        -- アサシン 2009-07-31 (金) 23:58:14
    • (後を付けて来たのか無表情に様子を見ている) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 17:33:26
      • (後から来て全体が俯瞰できるニドヴォルクなら見える。フロムヘブンの少し後方に浮くラジオ、前方には指輪、今は丁度挟む形。)
        (そのまま彼女が廃屋の中に進めば丁度猫と三方から囲む形になることに)
        -- 2009-07-31 (金) 17:57:59
      • 匂いは同じ、件の獣と言うのが……あの猫じゃったか?(思案の結論が出たらしい) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 18:27:43
      • (その場から姿が消えた、否……跳躍した) -- ニドヴォルク? 2009-07-31 (金) 21:38:54
      • 青白い空間が広がってくる -- 2009-07-31 (金) 21:45:23
    • ……ここか(崩落する廃屋を見るとここで戦闘が繰り広げられていることは遠目にもわかる)
      今は一応様子を伺っておくか -- ドライ 2009-07-31 (金) 18:56:41
      • (少し間を置き、二人の妖精がドライの両脇に舞い降りる)
        ヴェイン「追いついた…… …サーヴァントの気配が…二つ……」
        アーテリー「怪我とかはしてないよね? な、なんか廃屋っぽいのが崩れ始めてるんだけど……猫さん大丈夫かな??」
        (今は、まだ、何もしない いつでも魔法は展開できる体勢だがただ見守っている) -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 19:11:49
      • まだよくわからない。2人ともあの廃屋の中だろう……とりあえず、相手のマスターや他の英霊が来るかも知れない
        今はここで様子を伺おう -- ドライ 2009-07-31 (金) 19:16:33
      • アーテリー「うん! 横槍入れられないように見張ってないとね!」
        ヴェイン「………本当は…この状況で…相手を叩くのが一番楽…。 数的にも有利…それに、陣を敷くことで…逃げられる心配も…減る……
        ………でも、マスターは…猫さんは……それを、望まない………?(蒼と金の瞳でドライを見る)」 -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 19:21:26
      • あいつが戦っているのが例の宝珠の持ち主のバーサーカーなら……確かに助太刀した方が良さそうだが
        ……向こうもこっちのように援軍が来るかも知れない……
        少なくともここからじゃ廃屋で何が起きてるのかわからないな……(物陰に身を隠しながらじわじわと廃屋へ近づいていく) -- ドライ 2009-07-31 (金) 19:39:51
      • アーテリー「ふむ……あの宝珠の……??
        陣は一種の結界のようなものだから、相手側の援軍の侵入もある程度防げるよ」
        ヴェイン「少なくとも……奇襲と言う形は取られなくなる… 陣に何者かが触れれば…わかるから…」
        (マスターを守るようにその両脇のポジションを変えず、ついていく) -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 19:46:26
      • なるほどな。完全に包囲網がしけるのか……(両脇に2人を従えて廃屋へ向かうマスター。だがここで背景化してしまう…) -- ドライ 2009-07-31 (金) 19:58:13
      • (//あと1時間くらいで参戦できるようになりますが手を出してもいいのでしょうか?) -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 21:41:30
      • (心情としては全然おっけーだけど日をまたぐ気もするから強制できない猫) -- 2009-07-31 (金) 21:58:53
      • 青白い空間が広がってきた
        //…えと大体8時間?流石に退いた方がいいかな? -- 2009-07-31 (金) 22:06:21
      • (//長丁場ですねぇ・・・このまま数ヶ月文通で遣り合ってキャラが死んだらそのまま〜とまで考えていたりしましたが・・・それは流石に長すぎか、この大技で終りにしちゃいます?) -- 2009-07-31 (金) 22:17:51
      • (//戻りましたー!が、が、これはどうしたものか……… キャラ的にはとても困惑しているので見守る……かな………?) -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 23:00:01
      • (妖精二人は身を隠し、テレパスで話し合う)
        アーテリー『あの人って…この間試供品でとんだ先にいた…!?』
        ヴェイン『そう…… あの宝珠は…あの人のものだった…?』
        アーテリー『うーん 話がよくわかんないや』 -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 23:19:40
      • アーテリー『とりあえずあの宝珠はあっちの急に現れた人のもので、それをあのサーヴァントが持ってて、さらにそれを猫さんが持ってきてたってことみたい??』
        ヴェイン『………… あのサーヴァント……逃げる気…』 -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-31 (金) 23:52:49
      • 「おーぅお二人、に霊圧消えたドライ。折角きてもらったのに悪いにゃね?帰るにゃよ〜」 -- アサシン 2009-07-31 (金) 23:59:54
      • アーテリー「え??ええ???? 帰るの??」
        ヴェイン「猫さんが…それでいいのなら…。」
        (アサシンについて帰ったようだ) -- アーテリーとヴェイン? 2009-08-01 (土) 00:06:54
  • -- 2009-07-31 (金) 14:08:01
  • -- 2009-07-31 (金) 14:07:56
  • -- 2009-07-31 (金) 14:07:54

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

//コメアウ Edit

アサシンな猫、略してネコシン Edit

ID:335722
名前:ノラネコ・ネームレス
出身家:常春の地
年齢:23(享年)
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
残機○○○○○○○?
qst028615.jpg設定等
暗殺者の英霊
個人の戦闘能力の向上幅がキャスターの次に低いサーヴァント
基本的にマスター狙い専門のクラスで、サーヴァントと真っ向から戦ったりはまずしないステルスタイプ
【外見】
首から総金属製のラジオを提げた薄桃色の体毛を持つ猫
【クラススキル】
気配遮断
-気配をほぼ完全に消せる。何の障害物もないような場所でも死角とかを利用して隠れられるレベル
【保有スキル】
エレクトロマスター
-電力を初め磁力電磁波など電気に関する事象を自在に操る
魔術とは違い物理現象に近いので対魔力では防ぎきれない
魔術
-直接攻撃力の無く単純だが強固な初歩魔術を扱える
変化
-謎の飴玉の力で姿を変えることが出来る
猫、人、犬、鴉、狐、狸の6種、自分以外の者も変化できる
【宝具】
『キャット・ナインライヴス』
-猫には9つの命がある。死亡すると肉体が消滅し、別の地点に全快状態で雷と共に降り立つ
『リンク・リング』
二つの指輪とラジオのアンテナを繋ぐ不可視不可触の電線
????
まだ秘密
真名:???
クラス:アサシン 名簿
マスター:ドライ
属性:中立・中庸

命が複数あるセコいやつ、原作にもいたから・・・いいよね
うーん、やっぱりどう考えてもこれは卑怯だ!
個人的に納得がいかないので何号が生きていようと『ノラネコ・アサシン』が死んだら失格!・・・ゴメンねマスター
アサシンのサーヴァント
マスターはドライ
生前?

以下の能力を持つ(サーヴァント化に伴い後日編集)


設定(殆ど流用) Edit


猫、短毛種、尻尾はすらりと長い、なぜか超能力が使える(エレクトロマスター)、薄桃色のつもり
野垂れ死んでいた冒険者からくすねたラジオを首から提げている。
ラジオを通して話す事が出来る
大きさは普通より気持ち大きめ、ラジオが小さい(あいまいすぎる)
ラジオのアンテナは『標準的な杖(雷)』になっており、魔術の中核の一つだったりする
能力で全身にネットワークを形成し擬似脳を作り上げる事で容量を上げている為人の言葉が理解できる

リンクスから変化の薬(飴型)を貰う、青は人化・緑は犬化・黒は鴉化・赤は猫化・赤縞は狐・緑縞は狸
赤を食べなくても時間経過で元に戻る。

人化時設定:身長145cmくらい、ネコミミ尻尾付き。
素で話せるけどラジオは一応持ってます。左手首にぶら下げる
服装は素肌に外套のみ
最初から人化している時は何か着てるかも

9つの命を持つ

  • 『キャット・ナインライヴス』
    1つ目の宝具
    九つの命を持ち、死亡した場合肉体は雷となって周囲へ発散、任意の地点に全快状態で収束する
    • 『サクリファイスド・ナインライヴス』
      命を一つ分消費する事で充電量が実質無限になる

戦闘時設定 Edit


  • サーヴァント化に伴った簡単な変更点、というか強化点
    猫自身の出力が電力2つ分になった。
    一度痺れてしまえば触れていなくても『神経ジャック』が可能
    『リンク・リング』の強靭化
    充電システムの変更
    ナインライヴスを一機消費することでフル充電される

    要するに全体的にズルッこくなってる

肉弾 Edit

基本脆い、ちっこい分当たりづらいので何とかなる。
ヒトガタ時は剣を使用、呼べば自然と手の中に現れる。刃渡り60cm程切れ味より頑丈さを重視した造り。剣術自体は防御重視の型
体が大きくなった分当り易くなったが肉体は強くなっているので問題無い

ESP(魔術とは力の流れが若干異なるので対魔力では防ぎきれない) Edit

  • 『電撃』
    (痺れる、神経ジャックに派生できる)
  • 『生体レーダー』
    (生体や機械に流れる電気を感知して位置を把握する、疲れないが電気の流れてない物は感知できない)
  • 『アクティブレーダー』
    (電波を振りまき反射したものを読み取ることで周囲に何があるかわかる、便利だが長時間は不可能)
  • 『電磁力制御』
    (磁力やローレンツ力を使って金属や自身を操作する)
  • 『電磁波照射』
    (電波を出したり水分を加熱したり、波長を変えれば光も出せる)
  • 『神経ジャック』
    (電気を流した部分を支配する、複雑な指令は出せない。)
  • 『電光石火』
    (電気的負荷を全身にかけ、知覚速度と反応速度、運動能力を飛躍的に上昇させる)
  • 『ハウリング』
    (ラジオのマイク感度と音量を無理やり上げて高音を出す)
  • 『空中放電』
    (遠距離攻撃、射程は10m程、同時に3発まで、鞭で穿たれた様な衝撃や痛みが走る、電圧は高くても電流は低いので感電はしない)
  • 『連続放電』
    (『空中放電』を自分の周囲に連続的に発生させて相手の電撃を受け流す。近接攻撃にもなりえる。ちなみに周囲のイオンが増加する為使用後は地味に放電系の威力が上がる)
    • 発動&本格発動
      同じ意味通常威力、二種類まで同時に出せる
    • 簡易併用発動
      出力や効果範囲、時間を限定する事で行う同時起動、合成みたいな感じ
    • 多重発動&併用発動
      充電(後述)を消費することで本来の出力で三重四重に出せる

魔術 Edit

  • 『リンク・リング』
    2つ目の宝具
    ラジオのアンテナになってる杖と2つの指輪を繋げる電線を作り出す、魔導器のどれかに電気を流すと他の2つの魔導器にロスをほぼゼロで伝達することが出来る。以上
    この電線は魔力で作られた不可視不可蝕の糸であり、魔術的強度も高く、キャスタークラスの魔術師でなければ触れる事すら出来ない
    去れどもこちら側からは干渉可能なので断ち切る事の出来ない高熱の糸や、突然目の前で発生するスパークなんてことも出来る
    繋いでいるのにふわふわ浮いたりしているのは電磁力制御を簡易発動状態で常駐させている為。
    非常に簡略化された状態なので負担は軽く、主発動の方への影響は少ない
    • 充電について
      『リンク・リング』によって出力箇所が増加しても電源自体は猫一つである
      その為電力を溜め込み、任意のタイミングで放出できるように工夫してある
    • 電力
      猫が一回に出せる電力を2とすると充電作業に専念した時、1回で電力が2チャージされる、指輪2つと猫自身の3箇所から同時に出力するには充電は1必要

『リンク・リング』と充電によるESP活用法 Edit

  • 『充電作業』
    (電力をチャージできる)
  • 『強化型〜』
    (充電した電力を消費することで色んなスキルのに出力を上げる事が出来る、代表的且つ効果が変わるものは以下に)(消費電力2〜4)
  • 『電熱線』
    (電線の抵抗値を上げ、破壊不能な高温の刃を作る)(消費電力1〜4)
  • 『断線スパーク』
    (電線にあえて綻びを作り、其処に大電流を流すことでスパーク、それに付随した爆発を起こさせる)(消費電力2〜4)
  • 『磁力牽引』
    (指輪を目標点にした移動が出来る、速度をある程度調節でき、3以上の出力ではほぼ一瞬で移動できる)(消費電力2〜4)
  • 『強化型電磁波照射・ネコレンジ』
    (3つの魔導器で囲み、三方から電磁波を照射、共鳴させて簡易電子レンジを作る。3以上の出力で放つと中心点にプラズマが発生する)(消費電力3〜4)
  • 『強化型電磁力制御・ニガサネorミガサネorシガサネアクセル』
    (電場と磁場の交差を複数並べて融合、『銃身』を作ることで簡易レールガンを成す。3以上の出力で放つと超音速の速度で円盤状に回転した剣が飛来する)(消費電力2〜4)
  • 『強化型空中放電・ボルツ・ボルト』
    (『空中放電』を束ね、自然雷と同等の雷を放つ。速い、眩しい、五月蝿い、感電するっとズル性能)(消費電力2〜4)
  • 『強化型連続放電・アーク』
    (金属を持っているときだけ使える、たとえば剣。剣先と対象の間に高電圧大電流を流しアーク放電を発生、電熱で溶解させながら叩き込む。先端温度は5,000〜7,000℃)(消費電力3〜4)
  • 『雷獣化』
    (溜めに溜めた電力を一気に自己に注ぎ、一時的に出力を跳ね上げる奥義)(消費電力:発動に5その後1ターン毎に充電で1、猫自身から1計2消費)
    • 雷獣化
      猫の奥義、ある意味宝具
      肉体をプラズマ化、イカズチの獣となって超高速で移動できる
      触れれば勿論電撃効果//



Last-modified: 2009-11-01 Sun 01:10:41 JST (3861d)