ミスコン出場中!!対戦相手求む!!
ミスコンは終了しました
現在:3/8
qst061214.jpg
ID:405005
名前:小緑
出身家:破星少林
年齢:エンシェント森エルフとしては若い
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
種族:エルフ
もらった声南央美

三行で Edit

  • サイボーグ
  • モンク
  • ダークエルフ

詳しく Edit

  • 太古より連綿と続くエンシェント森エルフの一人だった(一族で一番若い)が、強さを求めて森をでる
    • 自ら閉じた世界で暮らす最も古い半神の一族 一言で言うなら停滞厨 なのでつまらない
      • 流れなくなって停滞した水にたまった澱みがシャオルゥだと皆思っているので居なくなってむしろ清々してる
  • その一念で闇に落ちる
    • 武術、科学技術、バイオテクノロジーを統べる暗黒神が加護を授ける
  • その一念でサイボーグ化
    • 偽装されており、生身にしか見えないが四肢をはじめとして人工骨格、強化筋肉等に身体を改造したサイボーグ
  • 俺より強い奴に会いに行く←いまここ

外見とか Edit

  • 生気の無い色のぬけた白い金髪に褐色の肌、深緑の瞳だけがかつて森の民であった事を思わせるがそれも義眼
  • 義肢も偽装されており、感触も見た目も生身とほぼ変わらない
  • 来ている服は一張羅 着替えは持ってない
  • 町外れの寺の廃墟を寝床にしている
    • 妖怪が住んでるのとは別

内面とか Edit

  • 拳法第一に考え、強くなる強くあることが行動原理
    • 闇に落ちたダークエルフではあるが種族のしがらみなどには興味がない
  • 高慢ですごい自信家
    • こういうところだけエルフっぽい
  • 好きな飲み物は師匠の元で飲んだジャスミン茶
  • 菜食主義者ではあるが、肉体の維持に必要最低限の蛋白もとる つまりただの好み
    • 必要カロリーが多いのでとり皮とかイヤイヤ食べる
  • 酒は弱いわけでは無いが好んで呑むことはない

住む人もなく荒れ果てた寺 Edit

+  こんな場所に住んでるよ

超電磁編集

&COLOR(#191970){ガガガは見てない};
+  コメントアウトじゃないけどコメントアウト的な?

貰ったよ Edit

+  判定
+  描いてもらったよ
+  よいこのダークエルフぬりえ

描いたよ Edit

+  描いたよ

シャオルゥを紐解くキーワード Edit

流派 Edit

  • サイボーグとして強化された肉体を用いて戦う新時代の拳法「エレクトロクンフー」の一派破星少林(バスターショーリン)の使い手
    • 四肢の義体化により生物の範疇を超える肉体能力を有する
    • 義体に内蔵された発電装置をつかい通電させる事により様々な技を使う
    • 全身一〇八ヶ所に内蔵されたナノモーターの回転を連動させる事により、経絡(ドラゴンライン)を通じて螺旋運動を打突部位に伝達する螺旋錬気システムを搭載
  • 師匠は全身を義体に改造して生き続けるフルボーグ爺
    • 師匠もまた拳に溺れた人間であり、他派の師範高弟のことごとくに挑み殺害、武林を出る
    • たまたま留守にしていた小緑は武林を乱した師を倒すために後を追った
      • と言われているが、武林にももはや未練はなく、武林を破壊した師を倒し乗り越える事が目的

スタンド貰った Edit

  • 名前はD's.C.J.J(跳ね回る運命の子)(仮)
  • 君の能力は『衝撃を蓄え爆発に変える力』だ!
    • 装着型のスタンドで膝から下のみの利便性を重視した脚部状態と全身装着の特攻状態の-二種類の姿を持つ
      • 衝撃を貯めるたびに背中に腕が生える その腕はケーブルで繋がれた点火装置を持っており、スイッチを押すたびに貯めた衝撃が爆発として解放される
    • 君がスタンド装着中に与えた衝撃、食らった衝撃は全て蓄えられる、上限は無い
    • 脚部状態
      • 蓄えた衝撃エネルギーを自分の意思で好きなだけ爆発力に変える事が出来る、また爆発は脚部のどこでも発生させる事が可能だ
      • 膝で蹴りつけた時に爆発させダメージを追加する事も、踵を爆発させキックの速度を上げることも
      • 足の裏を爆発させジャンプ力を増す事も出来る、他にも応用が効くかも知れないがそれは君の手で見つけるのだ
      • おまけ程度だが防御力もそれなりにある、破壊ダメージは当然ながら脚部のみだ
    • 特攻状態
      • 蓄えた衝撃エネルギーを全て推進の為の爆発力に使う、強制的に全エネルギーを放出する事になる
      • 全身を包むスタンドはチャージしたエネルギーによって強度が増加するため、超音速で鋼鉄の壁を突き破るといった行為も可能
      • ただしスタンド装着後は位置を調整するのが難しく、事前に調整するなりしなければ大きな隙となる
      • また爆進せず、チャージしたエネルギーによる全身防御を行う事は可能であるが
      • 元に戻る為には能力を解除する必要があるため、どちらにせよチャージしたエネルギーは全て解放されてしまう

斜体は自分で追加した設定

エンシェント森エルフ Edit

  • 幽界と現世の間にある森の中に暮らす最も古い半神の一族
  • 十分に成熟した姿で生まれ、歳をとることもなく永遠の命を持つ
    • しかし死なないわけではなく、深い絶望や喪失感と言った精神的な死により、死亡する
      • ゆえに、激しい心の動きをもたらす外界と接触することは禁忌としている
      • 最も忌む物は変化であり、、永遠の停滞の中で生き続ける
      • もうなんていうか生きる事が生きる目的みたいになっていて延々と生きてる
      • かなり無感情で、何ごとにも何物にも執着はしない

暗黒神ネロス Edit

  • 武術、科学技術、バイオテクノロジー等の技術、知識を統べる邪神
    • 科学や知識の発展や発見が人々にもたらすのは不幸と破滅であると言うのが教義であり、この世界の技術の発展のために力を貸すこともある
      • 大量破壊兵器の開発やそれを用いた戦争はこの神のもっとも望むものである
  • シャオルゥの義体のメンテナンスをしているのは銀クラゲと呼ばれるネロスの下僕
    • といっても、滅多に破損するものではないので頻繁な交流はない 本人もシャオルゥをあまり快く思っていない
      • シャオルゥ自身はネロスに対する敬意も忠誠心も持っていないためである

フィストマスター Edit

  • 唯一破星少林(バスターショーリン)を極めたフルボーグ爺
    • 頭部のみが人間であった時の名残を残す
    • 一撃殴るごとにビッグバンとか起こす

最後のクンフー Edit

  • ついにフィストマスターと対峙する小緑
    • 達人同士の勝負が一瞬で終わるように決着は一瞬でついた
    • 交錯の瞬間、交わされた無数の拳、拳が当たるたびにビッグバンが起こり、次の一撃が起こったビッグバンを打ち消す
    • 数という概念すらなくなるほどの数の宇宙が生まれ消滅した後、そこには何も残らなかった

自分用 Edit

+  あったひと
+  技名とかどんな技かとか思いついたらメモするところ

Last-modified: 2010-07-17 Sat 02:36:59 JST (3792d)