短い間だったけれど、最後に冒険ができてイリヤは幸せでしたのです

編集

お名前:
  • 無力さの代償がこの咎だとするならば、運命は思ったよりも残酷なものなのですね…。
    等しく誰も似訪れる安息と錯覚することで、僕はもう少し先に進んでみようと思います。……つかの間に言葉を重ねられたことを幸運と思っていいでしょうか。
    でなければ、とてもではないが……この悲しみは拭いきれませんよ(涙はこぼさず、身を切るような痛みに顔を歪めて呟いた) -- マエバ? 2010-08-17 (火) 13:59:33

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

行冒険中頁?


Last-modified: 2010-08-14 Sat 02:05:13 JST (4491d)