天へと導く陽光の御手 聖剣オリガ 418625
裁きの氷刃 神父ゲラシム 417615 Edit

ID:418625417615
名前:オリガ・フョードロヴナゲラシモヴィチ・ロゴフスキー
所属:北方十字教会異端審問省独立断罪議会「アンゲロス」
年齢:27?
性別:
edit/refer
edit/refer
前職:
edit/refer
edit/refer
理由:
edit/refer
edit/refer
状態:
edit/refer
edit/refer
その他:ステータス/戦歴Editステータス/戦歴Edit
一言:死んでても気にするな!イベント用だからな!Edit

あらすじ ※イベント用キャラです。交友を目的とした活動はしましぇん Edit

聖剣マイヤを追ってこの国へと調査に来た。彼らは十字教でも特に過激派で知られる保守の一派「アンゲロス」
上層部の意向をかなり無視した異端狩り、神器集め、布教活動をする狂信者の集まりである
彼らが祭る聖剣、それがオリガである。マイヤと同じく少女の姿を取っている。彼女を所持していることがアンゲロスの強み
オリガはマイヤの姉妹剣で、天からの授け物とされる反面、忌まわしき赤毛を持っているために密かに恐れられた
彼女の力は罪人や異端者と契約し、彼らの罪を「照らし消す」陽光の如き力。だが本人はその力とは裏腹に
ただ自分の偉大さ神々しさを顕示するのに飢えており、過激派のアンゲロスは彼女にとって好ましい場所であった

一方のゲラシム、彼は「敬虔過ぎる」十字教徒である。幼少の頃に見た氷の天使ザドキエルに憧れ、氷魔術を学ぶ
彼の生み出す氷は加護により同程度の力を持つ魔術師の炎でしか溶けることがなかった
魔術の才と、戒律に厳しい真面目な性格からエリート神官としての道を歩んでいたが
その性格故に、十字教全体が穏健な気風へと流れるのについていけなかった。しかもその流れを奨励したのは憧れのザドキエルである
そんな時、苦悩する彼の前に現れた聖剣オリガ……太陽の御子のような彼女の姿こそが、彼の目には天使に見えたのだ……

オリガとゲラシムは契約は交わしていない。ゲラシムがオリガの忠実な従者というだけの関係である
では聖剣オリガの契約者はと言うと……彼ら2人の後ろにひっそりと無言でついてくるシスター服に身を包んだ少女だ
彼女は贖罪のために名前を捨てられている。洗礼名として罪深い女という意味の「ベタニア」を与えられてはいるが
それはオリガが自分の契約者として選出する女につける通例の名前であり、彼女で既に何人目の「ベタニア」かも分からない
オリガと契約すると彼女に「自我」を吸われ、どんどん従順になっていく……そして最後に出来上がるのは意思無き信者
歪んだ贖罪を与える聖剣オリガに手を掴まれた哀れな犠牲者と言える

各々の設定 ※ガチ悪役で絡み辛いから放っておいて! Edit

  • オリガ
    +  能力
    • いかにもお嬢様!といった服装。髪は赤毛(オレンジ色っぽいあれ)で体型は小柄
      物腰は上品だがどこかお高く留まった雰囲気。一人称は私(=わたくし)表情は豊かで喜怒哀楽がころころ変わる
      しかしそれは猫を被っている時であり、本性を見せる際には残虐さがむき出しになる
      自由奔放なワガママ娘であるが、他2人は彼女を止めることが特に無いためやりたい放題だ
  • ゲラシム
    • いかにも神父!といった服装。髪は青みがかった灰色で、体型はほっそりした長身
      常に柔和な笑顔だが、どこか気味悪さを感じるかもしれない。笑う時とか特に変質者っぽい
      口調は常に丁寧で、神父らしく小さなことに動じることは無い
      神父でありながら嘘がとても上手で、必要に応じて平気で嘘をつく。物腰に安心して信用してはいけない
  • ベタニア

一応設置 ※ほぼ1人遊び専用 Edit

記録改変

&size(){}; &ruby(){}; 剣→&color(Coral){}; 従者→&color(DarksLateBlue){}; 奴隷→&color(Firebrick){};
お名前:
  •  

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照




別に交友目的じゃないリンク集 Edit

ノイン?

打ち合わせとかに使うかもしれないコメあうあう Edit


Last-modified: 2010-08-27 Fri 17:58:57 JST (4289d)