魔剣を携えし貴族 オスヴァルト卿 439932 Edit

ID:439932
名前:オスヴァルト・ツァールマン
在住国:ノルデン・アードリガー
年齢:24
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
冒険:ステータス/戦歴/国家ロワイアルEdit
統治体制高い軍事力を保有する有力貴族達が政治を行う
オスヴァルト卿はツァールマンの名を持つため、彼をプロパガンダに利用している
モデル東西ベルリン? 国家分裂をやりたかった
規模小国7つ分くらい(アドラフリューグ全体のおよそ7分の1程の面積)
万が一ロワで
勝利した場合
勝利、というかズューデン・クロイツよりも長持ちした場合
アドラフリューグに貴族制が残る

国の設定 Edit

アドラフリューグ北部の領地。ヴァルハラっぽい国の侵攻を退け
北に散在する反乱諸侯達を滅ぼしアドラフリューグの領地を増やすのに貢献した、大きな軍事力を保有する貴族達がいる
革命が起き、民主制政治の流れが起こるアドラフリューグ。彼ら貴族達が黙っている筈も無かった
貴族制政治を主張し、革命の主導者であったツァールマンが持つネームバリューを利用し国家から離反した
また、十字教による政治介入も良しとせず、同じく離反した南部のズューデン・クロイツとも敵対する
ノルデンアードリガーの強みは歴戦の貴族達の統率力、高い資金力による武器防具と兵力収集力
そしてアドラフリューグにおいて最も早く銃火器を軍に取り入れた点だろう


陣営ノルデン・アードリガーズューデン・クロイツ新政府軍
兵力そこそこ少ない膨大
士気微妙極めて高い非常に高い
統率かなり高い非常に高い微妙
備考高い資金力で兵士と兵器、武具を調達する
指揮も歴戦の貴族達が行い安定
だが所詮は金で雇われた兵の士気
信仰心による士気の高さが強み
兵力は少ないが少数精鋭
7人の聖騎士達も武力&指揮力に優れる
多くの民衆が新政府軍派
よって兵力は3勢力中で抜きん出ている
戦闘指揮官不足が弱点。最終的に勝つけど
  • 兵力
    • 奴隷階級や借金を抱える貧困層を顎で使う。彼等は主に捨て駒さして重要ではない部隊に配置される
      もう半分は金で雇われた傭兵達である。錬度もそれなりに高い
  • 兵器
    • 基本は剣盾鎧の歩兵とか槍兵とか騎兵とか弓兵とか弩兵とか
      一部は銃兵
    • 黄金砲
      • 貴族達の趣味の悪さが大集結した黄金大砲!

ノルデンアードリガー ロワイヤル年表 Edit

&ruby(){}; &color(Red){}; &color(Blue){}; &color(Green){}; &color(Gray){};

歴史書の検閲

コメント:
  • 黄金暦183年 9月 暗殺
    • 戦争終結から1年が経とうとしていた……。その爪痕はアドラフリューグ各地に未だ残っていたが、人々の生活は元に戻りつつある。しかしその時事件は起こった
      貴族制政治のシンボルとして少しずつ民心を掌握しつつあったオスヴァルト卿の街頭演説会……彼の左胸にナイフが突き刺ささった
      突然、人ごみの中から1人の男が飛び出してきてその貴族を殺したのである。犯人の男はズューデン・クロイツ師団長の助祭だったらしい……
  • 黄金暦182年 10月 シュレースブルグ要塞攻略戦
    • 宿敵であるズューデン・クロイツ軍を改良、量産した黄金大砲で新政府軍ごと焼き払ったノルデン・アードリガー。その勢いのままに要塞へと攻め込む
      この戦闘で要所を奪われ、兵力の被害も被った新政府軍が和平交渉を持ちかけてきた
      貴族制政治の存続を条件にこれを受け入れ、ノルデン・アードリガーは見事に自身達の力を誇示することに成功したのである
  • 黄金暦182年 8月 シュレースブルグ=ホルシュタイン戦線
    • アドラフリューグ西部に位置するシュレースブルグ=ホルシュタイン争奪戦が発生。この地方には大きな港があり、ここを抑えれば非常に有利になる
      新政府軍が守るこの土地を、ノルデン・アードリガー軍は多数の軍艦で北から襲撃。激しい戦闘で223部隊が壊滅した
  • 黄金暦182年 1月 新年
    • 多大な被害を負った部隊の再編成を行う。302部隊が万全の状態に
  • 黄金暦181年 12月 冬の到来
    • 新政府軍の敵兵を3138人吹っ飛ばしたり、調子に乗っていた貴族達だが部隊に風邪が蔓延
      174もの部隊が戦力低下。仕方が無いということで部隊を下げて春が来るまで防戦の姿勢を取ることにする
  • 黄金暦181年 11月 黄金砲
    • 新政府軍との睨み合いが続く冷戦状態だった最前線に先月完成した大砲を導入。その一撃で381もの敵部隊を壊滅させる
      数日をかけて1都市を占領することに成功。5823万もの資金を丸々強奪した
  • 黄金暦181年 10月 新兵器完成
    • 貴族達が大枚をはたいて作らせていた試作型の大砲が完成する。これを用いれば新政府軍も木っ端微塵になるだろう
      来月の作戦にて早速試験的に用いることを考える
  • 黄金暦181年 9月 送られた塩
    • 新政府軍の激しい反撃が続く。750人の敵兵を撃退するが228もの部隊に被害を被る
      何か策を講じなければというところで新政府軍が謎の撤退。どうやら南のズューデンクロイツ軍の侵攻が始まったらしい
      敵に塩を送られた形になり事無きを得た
  • 黄金暦181年 8月 日照り
    • その年は猛暑となり、退却を決意する。90の部隊が被害を受けつつも自分達の領地まで無事退却を果たす
      深追いしてきた850人の敵兵を倒し、何とか一矢報いた
  • 黄金暦181年 7月 一進一退
    • 新政府軍との交戦は翌月も続く。先月の負けを取り返すように合計1785人の敵兵を撃退
      しかし55部隊が壊滅。夏の暑さが士気を殺ぎ始める……一時撤退するか否か判断を迫られる状況だ

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照



若き魔剣使い オスヴァルト卿 Edit

かつて聖剣を振るい革命を指導したアーデルベルト・ツァールマンの血筋を引く貴族
アーデルベルトは聖剣を用いていたが、オスヴァルト・ツァールマンは十字教と敵対するため魔剣の力を借りる




Last-modified: 2011-04-03 Sun 09:59:18 JST (4070d)