セルフェール元公爵家出身 セイヴィーア・セルフェール 451275 Edit

召喚師
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst073318.pngID:451275http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst074360.png
名前:セイヴィーア・セルフェール
出身家:セルフェール元公爵家
年齢:25
性別:
前職:商人
理由:立身出世を目論んで
状態:冒険中
その他:ステータス/戦歴
edit/refer
種族:人間
召喚獣:ティクル
属性:中庸・善


理由を3行で?こんな感じだろうね Edit

  • わが一族は力をつけなければならない
  • 伯父がいた街には知らない魔術がある
  • ならば一つ、色々学ばせてもらおうか ……それにしても暑いよこの街

概要も3行で?頼りすぎはよくないよ Edit

  • 限りなく黒に近い深緑の、肩甲骨あたりまで伸ばした髪と同じく限りなく黒に近い濃紺の物憂げな瞳、白い肌と整った目鼻立ちに長身を備えた男。二人称は大抵の場合「〜君」。「〜君、〜君。」と二回繰り返す癖がある
  • 魔術に秀でた家系で雷魔術を得意とし、大体いつも悲しそうな顔だが割合ノリのいい性格 雪国出身のため暑がりで左耳に虹色月長石製のイヤリング(氷の魔導器)を装備 普段は養成校制服を着用している
  • セレイアの甥に当たる人物で、子爵の嫡男卿 一族の完全なる復権のため新たな魔術体系を欲した当主からこの街へ派遣され、手始めに冒険者養成校へ入学した。そしてこの地で伴侶を見出した

高すぎず、安すぎずの宿屋
※完了した会話が完了していない会話の上にある場合順序を変えることがあります 来てくれてありがとう Edit

編集:イラスト教室はじめました<編集するのかい?なら僕を押すといい

お名前:
  • 養成校終了後どうするのかアンケートが届けられた、街を出る、出ないの欄が一番上にあるのでそれを選べばいいらしい
    もちろん何をするかも()で記入できるようになっているが、特にない・面倒なら書かなくてもいいらしい
    答えるのが面倒だったりすれば捨てる(消して)も自由らしい -- 2012-04-07 (土) 10:25:41
  • 今年はしろチョコよ♪ 魔法で冷却処理してあるから、好きなタイミングで食べてね♪
    さて、いよいよ来週ねぇ。しっかり用意しておかないと・・・ -- アーシュラ 2012-03-18 (日) 22:05:16
    • 今年の分も置きつつ、ちょっと話があるので今度こっちに来てね、と書置きを残す) -- アーシュラ 2012-04-12 (木) 02:46:15
  • いぇーい!先生おっつかれさまー!(ブイサインでどうこうあいさつー) -- 風斗 2012-03-18 (日) 18:35:31
    • はい、お疲れ様風斗君。エンドリン君ともども素晴らしい活躍だったね(なでてあげる) -- セイヴィーア 2012-03-18 (日) 18:40:02
      • じゅっくれーんでいい感じ!コーヒーゼリーもおいしかったし!また組んだらシクヨロ!(なでてもらってご満悦!しながら帰る) -- 風斗 2012-03-18 (日) 18:43:44

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照



宿屋の奥 Edit

お名前:
  • セイヴィさん、恒例の、バレンタインケーキですよ!(ハート型の苺ケーキをもってくる)
    今年は二人だけなので、少し小さめなのですよ…(例年の半分くらいの大きさのケーキを持って、しょんぼり) -- ピピルン 2011-10-03 (月) 01:46:26
    • なんというか……広く、なったね。この部屋(ついお茶のカップを三つ取り出したりして、ひとつしまいなおしたりする)
      ……そうだ、少し出かけてこようと思う -- セイヴィーア 2011-10-03 (月) 07:23:30
      • (3つ目のカップをしまい直すセイヴィをみて、くすりと笑う) …ティクルちゃんはあんなに元気に出発していったのに、私たちがティクルちゃん離れできてなかったらダメですね。
        …え、どこに行くのです?もしかしてまた母国のほうで用事が? -- ピピルン 2011-10-03 (月) 16:31:06
      • いや、出かける先はこの街だし何事もなければ夕方には戻れるよ(のんびりと紅茶を啜りながら、努めて緩やかな口調で)
        ただ、相手は知らない女性な上に絶対に安全とも限らない。だから一応事前に説明はしておこうと思ってね? -- セイヴィーア 2011-10-03 (月) 23:19:15
      • 知らない女性!(ぴん) あ、安全とは限らない!?(ぴぴん)
        ううー、いろんな意味で心配なのです…!ていうか、いったいどういうご用なのですかー!(ぶーぶー) -- ピピルン 2011-10-03 (月) 23:22:26
      • 確かピピルン君には僕の一族とは積年の対立関係にある一族の話はしたよね?
        ……その女当主が『聖杯』なる財宝を求めてこの街にやってきているらしい。少し、話をする用事があってね
        ……ああ、だから知らない女性というわけではないな。僕は向こうを知っている。向こうはどうか知らないけれど。 -- セイヴィーア 2011-10-03 (月) 23:39:45
      • な、なるほどです、多少は心配はなくなったかも…。  でも、危ないことはしないでくださいよ?(はらはらしつつ、納得した) -- ピピルン 2011-10-03 (月) 23:51:30
      • 伝え聞くところではこの街で死んだ僕の叔父、セレイアと何がしか縁があったらしくてね
        ……知りたいんだよ。この街で叔父がどう生きて、どう死んだのか
        大丈夫、伝え聞くところによれば彼の女当主は見境なしに戦闘を仕掛けてくるような性質ではないようだから、よっぽど何かない限り大丈夫。無事に帰ってくるよ、ピピルン君 -- セイヴィーア 2011-10-03 (月) 23:57:47
      • ええ、有名な方のミハイロフさんも、見た感じ穏やかそうでしたから、そこは安心してるのですよ。
        ただ、政治がからむと個人の裁量ではなくなることもありますから…。そういう意味で、気をつけて行ってきてくださいなのです(ぎゅーと抱きつく) -- ピピルン 2011-10-04 (火) 22:24:37
  • セイヴィさん、バレンタインですよ!今年はがんばって色々作っちゃいましたよ!(特製チョコケーキの上に手作り人形がのっけてある) -- ピピルン 2011-09-21 (水) 00:51:12
    • ……(目をぱちくり)
      これは……ケーキはともかくこの人形は、食べられない…… -- セイヴィーア 2011-09-21 (水) 00:52:42
      • はい!人形のほうは飾りなので食べられませんよ! 机の上にでも飾ってあげてくださいなのです! -- ピピルン 2011-09-21 (水) 01:19:08
      • びっくりした……これが雨細工とか砂糖細工とかだったら僕はどうしようかと思ったよ
        議長に保存用の氷魔術を願い出ないといけないところだった
        それじゃあケーキ用にお茶を入れてくるよ -- セイヴィーア 2011-09-21 (水) 01:24:26
      • ふふふ、私もサンタ人形とかとっときたくなる性分ですからねー! あ、私はいつものストレートティーでお願いします〜!(ケーキを3等分に切り分ける) -- ピピルン 2011-09-21 (水) 01:37:55
      • ふふ、わかっているよ。ケーキも甘いからね
        ああ、そうだ。蒸らしている間にティクル君を呼んできてくれるかな? -- セイヴィーア 2011-09-21 (水) 01:44:21
      • はいなのです、でもどこか出かけてるみたいですけど…、一応探してみるのですよ〜(家中まわって声かけしてみる) -- ピピルン 2011-09-21 (水) 02:10:12
      • (暫くして、ピピルンと一緒に戻ってくる) ごめんなさいお兄ちゃん、屋根裏で本読んでたの …あ、美味しそう… (ケーキを見て目を輝かせる 耳も尻尾もピンと立った)
        手を洗ってきますの! (てってけリビングから出て行った) -- ティクル? 2011-09-23 (金) 23:22:24
      • ふふ。いってらっしゃい。戻ってくるころにはちょうど紅茶もできているよ(ティーカップに白湯を入れて暖めている) -- セイヴィーア 2011-09-24 (土) 01:05:25
      • あい、ただいまですの (ハンカチで手を拭きながら戻る少女 漂う甘い香りと、紅茶の柔らかな香りに目を細めた) なんだか、こうやって三人で一緒にお茶するの、久し振りですのね お兄ちゃん -- ティクル? 2011-09-24 (土) 01:09:56
      • そうだね……いろいろと忙しかったからね。こういう時間は大切なものだよ(白湯を捨てて、香りたつ紅茶をそれぞれのカップへ)
        さて、それじゃあいただこうか -- セイヴィーア 2011-09-24 (土) 01:13:14
      • わー!お手洗いにいってたらすっかりお待たせしちゃったのですよ!ごめんなさい!(ごめんなさい!)
        久しぶりに団欒できて嬉しいのですよ〜、いただきます!! -- ピピルン 2011-09-24 (土) 01:51:56
      • いただきますのー (嬉しそうに声を上げ、紅茶を一口 飲めば、嬉しそうに尾を揺らす)
        お兄ちゃんのお茶と、お姉ちゃんのケーキ ボクね、これ大好きですなの (ケーキをぱくちき、心から幸せそうな笑顔) -- ティクル? 2011-09-25 (日) 15:22:31
      • (それが、最後のお茶会になった) -- ティクル? 2011-10-02 (日) 23:17:55
  • ねーねーセイヴィさんー(夕食後にすりよってくるピンク) -- ピピルン 2011-09-13 (火) 22:33:54
    • ん(食器を洗う手を止めて振り向き)
      どうしたのかい、ピピルン君? -- セイヴィーア 2011-09-14 (水) 00:47:00
      • あ、食器洗ってたですか、手伝うですよ(お皿拭き担当)
        …あのですね、コレをもらったんですけど…(試供品のコンドームを取り出してみせる) -- ピピルン 2011-09-14 (水) 04:13:09
      • ぶっ(噴出す前に辛うじて顔を背けた)
        ピ、ピ、ピピルン、君……貰ったって、どこで……? -- セイヴィーア 2011-09-14 (水) 04:19:59
      • なんか家に届いてたのですよ。 こういうの使ったことないですから、ちょっと興味あるのですよ!
        (避妊にというより純粋に道具として興味があるピンク) -- ピピルン 2011-09-14 (水) 04:23:01
      • ああ、うん。いわゆるコンドームというやつだよ、それは
        そのー……セックスをするときに、、僕のほうのアレに被せて、精液を届かなくさせるための避妊具
        そのへんはまあ知ってるとして……興味? -- セイヴィーア 2011-09-14 (水) 04:29:32
      • はいです、使い方のチラシも一緒に入ってましたから(うんうん)
        これをつけたらどんな感触になるのか、興味あるのですよ〜。セイヴィさんちょっと試しにつけてみてくださいなのです(渡す) -- ピピルン 2011-09-14 (水) 04:36:59
      • ……ピピルン君、意味分かって言っているかい?使い方も知っている以上分かっているんだろうね……
        ああもう。見られるばっかりじゃ大きくならないから大きくするのを手伝ってくれるかい、ピピルン君(半分ヤケ) -- セイヴィーア 2011-09-14 (水) 04:47:48
      • わぁい! じゃあとりあえず家事を終わらせて…(皿洗い完了した!) これで準備おーけーなのです!
        それでは失礼して…(その場でセイヴィのベルトを外しにかかるピンク) -- ピピルン 2011-09-14 (水) 12:01:54
      • (ズボンと下着が下げられて、男根が露出したところでソファに座って)
        それじゃあ、お願いしようかな……? -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 00:49:12
      • ふふ、なんだか久しぶりすぎて恥ずかしいのです(おずおずとセイヴィのに手を添えて、先端からゆっくり優しく撫でていく) -- ピピルン 2011-09-15 (木) 01:29:43
      • ん…もう少し強くしても大丈夫だよ。(滑らかな手の感触に目を細めながら、ピピルンの頭をなでてやり) -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 01:35:33
      • ん…こうですか?(ちょっと強めに握って圧迫する)
        …それとも、こっちのが良いです?(先端にそっと口づけして舌先でちろりと舐める) -- ピピルン 2011-09-15 (木) 01:38:49
      • んー……両方、は少しよくばりすぎかな?(刺激が強くなったことで、血の流れが速くなってだんだんと大きくなっていって) -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 01:41:44
      • (両方つづけた!)…お〜、大きくなったですね(ごそごそとゴムを取り出す) …ええと、こう?(セイヴィのに被せて、ちょっとずつ下ろしてゆく) -- ピピルン 2011-09-15 (木) 02:15:04
      • んんっ……(引っ張られるような感触に声を漏らして)
        さあ…これから、どうするんだい? -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 02:30:03
      • それはもちろん(セイヴィに跨り、スカートに手を入れて下着だけ下ろす)
        …さっきからどきどきしてますから、もうばっちり準備OKなのですよ(セイヴィにキスしつつ、腰をおろしてゆく) -- ピピルン 2011-09-15 (木) 02:34:03
      • ふふ…えっち……えい(上気した顔に何かを煽られ、先端が埋まったところで不意打ちに腰を突き上げて、ピピルンの腰を押し付ける) -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 02:58:41
      • ふ ゃっ !!(急につきあげられて変な声が出る) もー…、今回はコンドームを試すのが目的なんですからね…!(ぷんぷん)
        ん…、 んん…。(少しスライドしてみたり、ぐりぐりしてみたりして感触を確かめる) んー…やっぱりあまりきもちくないかも…ぐにぐに違和感があるのです。セイヴィさんは? -- ピピルン 2011-09-15 (木) 04:23:50
      • ふふ、ごめんごめん。ピピルン君があんまり可愛かったから、つい
        違和感か……そうだね、僕のほうもピピルン君のぬるぬるが感じられないかな。中のやわらかいのもちょっと(抱き寄せてぎゅ、と撫でる) -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 05:00:07
      • んー…(左手と腰をもぞもぞさせる) …えへ、とっちゃった。これでいつも通りなのです!(左手の使用済ゴムをぽいする) -- ピピルン 2011-09-15 (木) 09:35:22
      • ん…(ぽいされるゴムを横目にちょっとだけ苦笑して)
        それじゃあいつもどおり……たくさんしよう?(抱き寄せるのに合わせて今度は生で挿入し、首筋に軽く吸い付いて) -- セイヴィーア 2011-09-15 (木) 15:17:20
      • んん…やっぱりコレじゃなきゃだめなのです(粘膜が侵入してくるのを感じつつ)
        やっ…いきなり首はだめですよ…!(身体をよじってセイヴィの舌から逃れようとする) -- ピピルン 2011-09-15 (木) 17:36:31
      • ふふ。繋がっている状態で逃げられるとでも?(いたずらっぽく笑いながら繰り返し首筋を吸って、跡をつけて)
        そういえば、この前は耳掃除の時にさんざんしてくれたっけ……あの時のお返しは是非しないとね?(唇を離して、指先で耳たぶをなぞりながら楽しそう) -- セイヴィーア 2011-09-16 (金) 16:51:57
      • ふぁぅぅ…、らめ、スイッチはいっちゃうからぁぁ… らめぇ…(吸われるたびにぶるぶると身体を震るわせ、セイヴィにしがみつく)
        えぇ…、 アレについては、その日のうちにリベンジされちゃったじゃないですか… ひぅっ! -- ピピルン 2011-09-16 (金) 18:10:21
      • ああ、そうだっけ……?
        それなら、新しく僕がいたずらすることにしよう。なんだかピピルン君が可愛いからいじめてあげたくてしょうがない(つながったままくるり、とピピルンの体を回転させて、刺激しながら背面座位の形にして)
        こっちのほうが胸とか、こことか…いじりやすいからね(結合部に手を伸ばして、クリトリスを手探りに) -- セイヴィーア 2011-09-18 (日) 02:31:21
      • えぇ…、結局いたずらするんじゃないですかぁ… やだぁ…(回転させられる)
        んぅ、これだとセイヴィさんにしがみつけなくて、寂しいのです(背をもたれて、腕に両手を絡める)
        ひっ! そこ、ら め、  すぐ、イッちゃ… っ!! (びくびく震えて絶頂する、一気に締め付けがきつくなった) -- ピピルン 2011-09-19 (月) 23:57:27
      • ピピルン君が可愛いのが悪い。(笑み交じりに)
        ふふ、きつくなった、きつくなった。…ダメだね、我慢できそうにない、から……このまま…っ(絡んだ腕をそのままに、ピピルンを密着できるように抱きすくめて)
        大好きだよ、ピピルン君……っ!(耳元でささやくと同時、我慢しきれなくなった白濁が奔流みたいにピピルンの最奥を叩く) -- セイヴィーア 2011-09-20 (火) 00:43:56
      • ん、うぁ… ま、またそんなこと、言って ぇ…(びくびく震えながら腕をセイヴィの首に回し、少しでも密着しようとする)
        わたし、わたしも、セイヴィさんが しゅき…!  あっ!  でてる… でてるの…、 これ、らめぇ…!!
        (セイヴィの収縮を感じながら、一際強く震えた 秒数ゾロ目で妊娠フラグ) -- ピピルン 2011-09-20 (火) 01:28:46
      • (絶頂の余韻が収まるまでぎゅっとし続けて、包み込むような抱擁を解いて)
        ……だめ、なのかな?(少し寂しそうな声音) -- セイヴィーア 2011-09-20 (火) 01:32:22
      • ふぅ、 んん…(抱擁されてとろんとした目でぼんやり)
        …あ、いえ…、 あのだめは、気持ちよすぎてだめって意味なので…、その、私は、デキちゃっても嬉しいですよ…?
        (首をかしげながらセイヴィの顔を見上げて、にっこり微笑む) -- ピピルン 2011-09-20 (火) 01:47:03
      • ん、実はわかってて聞いた(くすりと笑って、少しきつめにぎゅっとして)
        まあほら、その……責任を取れるだけの、経済的余裕とか、そういうのはあるつもりだから。…実家の力を借りなくてもね。だから、できたときには安心してその、育てて欲しい、な。うん……(目を中空に彷徨わせながらなのは、照れるときのセイヴィーアの癖でもある。それでも安心させるように、抱きしめる力は緩めずに睦みあいは続いたのだった) -- セイヴィーア 2011-09-20 (火) 01:49:25
      • ん…、なんだぁ… 安心したのです(目を閉じ、セイヴィの首元にすりと頬を寄せる)
        はい、そうなったときは、よろしくお願いしますね。…旦那さま(すりすりしたまま、ふふと笑う そのまますやと眠りに落ちていった) -- ピピルン 2011-09-20 (火) 02:16:35

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照



こんなものはただの昔話だよ Edit

魔導公爵・セレブレイス・セルフェール
彼の北方王国において、その名は畏怖と敬意をもって語られていた
彼の一族は建国当時より王家に仕え、国中随一の魔導知識を持ち、またそれをさらに発展させんと独自の研究機関をも運営していた
蓄えられた魔導の知識と力は跳梁跋扈する魔物や侵略の機会を伺う他国からよく国を守った
数百年の後、大きな地震があった。時を同じくして王国に「鬼」の一族が流れてくる。以来、王国の護りと備えはセルフェールとミハイロフの二つの家が担うこととなる
セルフェールとミハイロフ、王国の2強は時に協力し、時に対立し、微妙な力関係を演じながら国を護った……あの事件が起きる前までは
セルフェール公爵家の凋落…引き起こしたのは大規模な事故であった。機関に於いて研究中であった大規模陣地魔法が突如原因不明の暴走
セルフェール家は所用により国を離れていて難を逃れたセルフェール家長子・セライラント・セルフェールを除いて広大な領地、幾万の領民、そして膨大な魔術資料を道連れにこの世から消滅した
更に悪いことに、異国でミハイロフの血の者と研究を行っていたセルフェール縁者がまたも原因不明の大惨事を引き起こしてしまう
度重なる大惨事の責を負いセルフェール公爵家は断絶、しかしセライラントはそれを良しとしない



返り咲くのだ。あの輝かしき日々を忘れてはならない。そしてミハイロフを許してはならない
セライラントから代を下ること4つ。セルフェール家当主セクレティア・セルフェールは商人として興した圧倒的な財力を背景に子爵に列せられた
これを足がかりにさらなる栄達を遂げるべく、嫡男セレイア・セルフェールをこの街に送り込む
その目的は、冒険者の武勲をもって公爵に叙せられることであったが……それは失敗に終わった
時を下ること30年余
嫡男に代わってセクレティアから爵位を継承したセレイアの弟セオーファ・セルフェールは、嫡男セイヴィーア・セルフェールを再びこの街に送り込む
特殊な鉱石と術式によって異世界の存在を呼び寄せる、独特の召喚魔術を身につけ、彼ら一族の力の一端とするのが目的であった



セルフェールの魔術を知りたいのかい Edit

 一族相伝の魔術の特徴として、『使用するマナあるいは魔力に制限がない・呪文詠唱を必要としない』という点が挙げられる

 彼らの一族は独自の秘術によって『魔力変換フィルター』とでも呼ぶべきものを体内に保有しており、魔力をそこに通すことで
各属性の魔力に変化させ、それを操って魔術を行使するのである

 この時たとえ先天属性が氷であろうとフィルターを通せば炎の魔力に変換できる上、変換先の属性はしかるべき出力を持った
魔導器さえあればどのようにも変化させられる。
 セイヴィーアが雷の魔術ばかりを扱うのは、先天属性が雷であり、ほかの属性の魔導器を所持していないため

 呪文詠唱を必要としないのは、属性魔力を何かにチャージした後魔術の形に整えて放つためである。何の準備も必要なしに魔術を
放てるわけではないが、強力な魔術師が熟達した術を放つ場合においてはその限りではない

 現状、セイヴィーアの行使可能な魔術は以下のとおり。単純な放電・冷気放出・火炎放射などはこれに含めない

 なお、魔力の同時チャージはステータスの100の位の数だけ可能である

名称属性習得条件効果備考
雷神掌最初から習得手にチャージした雷を巨大な掌の形にして放ち、敵の攻撃を受け止める受け止める他にも摘まんだり握りつぶしたり掴んだり抑えたり、応用が利く
雷神拳最初から習得手にチャージした雷を巨大な拳の形にして放ち、敵を攻撃する要するに雷製ロケットパンチ
雷迅魔力150到達指先にチャージした雷を放つ。威力は高くないが平面的ながら軌道を操作できる--
電刃衝魔力200到達、かつ小日向との練習イベントを経験魔剣にチャージした雷を刃として放つ最大射程は7m
雷神招魔力300到達全身にチャージした雷によって雷の人型を生み出し、操る全長は(魔力の100の位)mまで
輝神掌光の魔導器を所持手にチャージした雷を巨大な掌の形にして放ち、敵の攻撃を受け止める暗いところで照明の代わりにすることも可能
輝神拳光の魔導器を所持手にチャージした雷を巨大な拳の形にして放ち、敵を攻撃する--
閃迅魔力150到達、かつ光の魔導器を所持指先にチャージした光を放つ。威力は高くないが平面的ながら軌道を操作できる雷迅と比べて弾速が桁違いに速い
光刃剣魔力200到達、かつ小日向との練習イベントを経験、かつ光の魔導器を所持魔剣にチャージした光を刃として放つ最大射程は7m
輝神招魔力300到達、光の魔導器を所持全身にチャージした光によって人型を生み出し、操る全長は(魔力の100の位)mまで



もらったものが色々。ありがたいね Edit

水族館の思い出 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst073870.pnghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst073871.pnghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst073873.pnghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst073883.pnghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst073889.png

クリスマスの思い出 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst074064.png

戦利品 Edit



コメアウ Edit


Last-modified: 2012-03-02 Fri 15:47:46 JST (2819d)