バンリュー家出身 ベイル 458425 Edit

ID:458425
名前:ベイル
出身家:バンリュー
年齢:20
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
バナー企画/幼馴染
戦闘スイッチON
イメージBGMコレ
その2
その3




血飛沫が舞い、赤く染まった街道にまた一人男が倒れ込む。
30人近くいた野盗達は、今や二人しか残っていない。
「おい!何者なんだあいつ!?」
「知るわけねえだろ!いいから逃げるぞ!」
「お、おい、こっち来るぞ!」




「ねえ、僕と遊ぼうよ」





















説明+ Edit

街でも有名なキチガ○。
一見すると普通の青年なのだがとにかく何かにつけてすぐ殴る、蹴るの暴行を加える。武器も遠慮なく使う。
はずみで人を殺してしまい、牢屋に入れられていたが
最近になって出所してきた。
出所したら知ってる連中が冒険者になっていたので、なら僕もと非常に軽いノリで冒険者に。

細々長々とした設定 Edit

  • 突然襲ってくる以外はいたって気のいい普通の青年。会話もできるし面白ければ笑うし
    悲しければ涙を流す。むしろ感情自体は豊かな方。
    • 優しい態度と口調は彼のごく表面の部分であり
      その内面は無自覚な悪意と破壊衝動の塊。その気が無いにも拘らず他人を傷つけるような言葉を口にし、衝動のままに他人に暴力を振るう。
      そしてそれにより生まれる混沌を何よりも好んでいる。
  • 背が高い、190以上ある。
    • 最近また伸びた。とうとう2Mを越える。
      • 現在2m30強、まだ伸びているらしい。
      • 24歳、2m60を越える。
  • とにかく思考や行動が危ない方向にしかいかない。~(子供が泣いてたら飴玉を上げるのではなく気を失うまで殴って黙らせる等)。
  • 普段はややぼんやりしているが人に暴力を振るう時だけは生き生きとしている。
  • よく物を壊す。ちょくちょく手から物がすっぽ抜けたり、あり得ない不注意で破壊してしまう。
  • 死んだ魚のような目をしている。どんなに爆笑してても目が笑ってない。
  • あだ名は蛮族(バーバリアン)。理由は敵にも味方にもすぐ暴力を振るうから。
    本人はカッコイイと思っているのでそのあだ名で呼ぶと喜ぶ。
    • 幾多の人間を殺め傷つけた事、闘技場での不死身と思われる程の常軌を逸した戦いぶり
      アールとの激戦、単身でのギャング組織の壊滅を経て
      とうとう怪物(モンスター)と呼ばれるまでに至った。本人は相変わらずかっこいいと喜んでいる。
  • 髪型はこんな感じ
  • 常にぼろぼろのコートを羽織っている。スラックスはあちこち継ぎ接ぎで補修されている。
  • 足に大きな傷跡ができた。現在は傷も塞がり完治しているが、跡が残っている。
  • ある一件を機に更に凶暴性が増す。かつての様に何の前触れもなくいきなり襲いかかる事も。//
  • 自身の好敵手を自ら作るべく、無差別に女性を襲い始める。襲った女性達は幾つかある塒に監禁している。
  • 黄金歴202年1月、ジュロウの手により首を切断され殺害される。享年24歳。死体は深く掘られた穴に埋められ処理された。
    • 翌月、何者かが死体を掘り起こし、彼を(偶然とはいえ)蘇生させる。傷の全ては一ヶ月の間に完治し、抜かれた歯も元通り生えたが
      首の切断された部分だけは傷跡として残っている。

戦闘設定 Edit

力に任せて殴ったり蹴ったりその他色々してくる。基本的に人のできる範疇外の事はできない。
戦い自体は素人もいい所だが、恵まれた体格とそれによる怪力をセーブする事なく振り回してくる上
どれだけ傷つこうと意識が切れない限りお構いなしに襲ってくるため
人によっては戦い辛く感じるだろう。
ある程度自身が傷つくか極度に感情が高ぶると理性の抑制が外れ暴走する。
普段の様子とは一変し顔もまるで鬼の様な顔つきとなり、獣じみた動きで相手に襲いかかる。
元から尋常ではない馬鹿力も更に強化され、その一撃は鋼鉄の鎧すらも軽くひしゃげる程。
ある一件で瀕死の重傷を負って以来、元から高かった身体能力が更に飛躍的に向上した。
特に傷に対する回復力が向上し、十分な栄養さえ補給できれば大抵の怪我は3日で完治する様になった。

幼馴染設定 Edit

この街で過ごした時期昔から
その頃どんな子だったか笑顔で意味なく人を殴れる子だった。
本当の意味での友達は殆どおらず
運悪く知り合い、仕方なく友達づきあいをしてる子は何人かいた。
家族構成そもそも聞く気も起きないため誰も知らない。
育ての親がわりの死霊術士が一人いる。彼自身はその人物を「先生」、「お世話になった人」
等と呼んでいる。
その他知っておいて欲しい事一つか二つ設定は物騒だけど多分コメ欄で使われる事はあまりないので
戦闘以外はただのぼんやりお兄さんで終わると思う。

だれもいない Edit

どうしたの?

お名前:
  • -- 2011-11-15 (火) 22:42:38
  • -- 2011-11-15 (火) 22:42:33
  • -- 2011-11-15 (火) 22:42:27

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照



誰もいない部屋に飾られた写真 Edit

exp012579.jpg

黄金暦202年1月、遺跡にて

// Edit


Last-modified: 2011-11-11 Fri 01:48:15 JST (3403d)