恵国出身 恵国 之 緒紺 464762 Edit

ID:464762
名前:ケイコクノ オコン
出身家:恵国寺
年齢:2百余
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
設定:企画/ノタレガタリ
◆外見◆
絹絲のような靭やかで柔らかい黒髪、そして見透かすような妖艶な笑みを浮かべる少女
かと思えば、童女のように燥ぐ一面も併せ持つ、五尾の狐姫
恵国の狐たちを率いる「本家」。彼女はその十二代目当主。
直接の肉親は全員死亡している。

【普段着】
基本的には淡い藍や紫で染めた着物を身を包み、金木犀の香を香らせる

【退魔時】

先祖である金狐の霊毛を肩掛けとして身に付けている
これはあらゆる攻撃に反応し、着用者を守る鎧・障壁として機能。
着物は動き易くするために緩め、脚は大きく露出する。
武器は「狂鬼女の鉈」。
とある武士によって討たれた山姥(鬼)の持ち物であり、こと生物に対する殺傷力では群を抜く武器。
但し、これに触れた者は狂気に侵されることになる。
その為、彼女の一族はこれを矛槍として加工し、使用している。

◆性格◆
爛漫で気紛れだが、一途。
正しき事を愛し、同時に必要な悪が存在する事も理解している
一族を率いる者の娘としての自覚が凛とした女性らしい振る舞いを支えている
ごく一部の退魔師・妖魔が識る彼女の名は「恵国鎮守主緒紺前(ケイコクチンジュシュオコンノマエ)」
文字通り、生き神に近い妖かしであると知れる名

◆その他◆
qst070556.png
既知関係歓迎。人間と友好的な存在であり、その道の者ならば知っているかも?
交流施設:http://notarejini.orz.hm/?%BB%DC%C0%DF%2F%B1%D1%CD%BA%C4%AE

三行 Edit

exp012659.png
  • 五尾の狐姫が
  • 外界へ下って
  • 人助け

静謐な庵** Edit

&color(#884cff){ };
お名前:
  • 木っ端妖怪の投げ文だ!
    せりやぼ2期への参加の話し合いが進行しております
    「そろそろ用意されてる雛形への自己紹介文の記入をお願いいたす」
    「また、能力の割り振り案(暫定)ができていますので変更の希望があれば教えてくだされ」 -- 2012-03-29 (木) 15:17:15
  • せりやぼ2期への参加について話し合うております。意見や参加表明などくだされ -- 2012-03-12 (月) 23:38:45
  •   -- 2011-11-21 (月) 22:23:16
    • お紺様ー、口ぞえのお陰で色々と上手く行きそうで……あれ、ここじゃなかったっけ……
      お礼はまた、かな……帰って来ないなんてそんな事……(あるかも、と思いたくなくて一人で呟いて帰った) -- 一片 2011-11-22 (火) 00:38:02
  •   -- 2011-11-21 (月) 22:23:11
    • お紺殿・・・お紺殿−っ(声を張り上げる)
      ・・・おらぬ。何処やに出かけて居られるのか・・・?(人気の無い庵の周りを落ち着かない様相でうろついている) -- ヤコ 2011-11-22 (火) 22:07:52
  •   -- 2011-11-21 (月) 22:23:02
    • 何かの間違い…ですよね……?(人形を抱いてぽつんと独り佇む) -- ライブラ 2011-11-22 (火) 22:35:18

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

編集:金木犀と毛皮  差分:金木犀と毛皮

秘めガタリ//** Edit

設定?経緯?** Edit

恵国寺と呼ばれる、稲荷信仰の大寺お中心とした霊峰が彼女の一族の住まう場所。
彼女はその一族の長の下に生まれた少女。
彼女は狐にとって力の象徴である尾を、5つも生まれながらに持っていた。
その為彼女は統治者である事を常に求められてきた。
その為彼女は孤立者である事を常に強いられてきた。

一族と共に“命ある者”に仇なす魑魅魍魎と戦い、返り血に濡れる日々。
ある時彼女は戦いで傷つき、死を覚悟する。

そんな彼女に手を差し延べる者が居た。
少女を畏れることなく、ただ無心に助けようと手を差し伸べる温もりに初めて出会った。
「・・・人、間?」
無骨な鎧に身を包み、自分と同じ黒髪の、だけれど異国の人。
大きな手を覚えている。
暖かい胸を覚えている。

「狼ノ君・・・」
ぽつりと、愛おしい人を思い出し呟く。
あれから、幾星霜。百年近い月日が流れた。
人の身には重すぎる歳月、きっと生きてはいない。二度と会うこともない。
だけれど

「妾が、戦う理由には十分過ぎる」

あの温もりに出会えた世界を、あの温もりを宿した人間達を、今日も彼女は見守り続ける。

恵国式妖狐術** Edit

五崩陣(斬):五つの尾を使用し、同時に複数の印を結び術を行使する。過去の戦闘の際は矛槍の斬撃力向上の為、妖力を負荷する為にこれを使用した。

頂いたスイッチ類 Edit

         ・恋愛スイッチ ほぼOFF 初恋の人を吹っ切れるくらいの相手なら、のう?

         ・戦闘スイッチ その意気込みや良っ

         ・文通スイッチ むしろお願いするのじゃ
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst075290.png ・セクハラスイッチ 何事も程々にの?無理矢理は好かぬ 死ね
         ・エロールスイッチ 身も心も許したなら、あり得るかも知れぬの

         ・ガチ死にスイッチ 時と場合による 妾とて、易く死ぬ気はない

         ・引きこもりスイッチ な、なるべく出歩くのじゃ

         ・恋愛に性別は関係ない!スイッチ 抵抗感はあるの

         ・同姓でも妊娠はするかもしれないスイッチ 妾は妖怪じゃからの、人とは違う


Last-modified: 2012-01-22 Sun 06:04:24 JST (4538d)