文部省出身 古事類苑 465087 Edit


http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp012986.png
ID:465087
名前:古事類苑
出身家:文部省
年齢:不詳
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
ステータス/戦歴/冒険中?
ステータス/戦歴/冒険中?
Edit
企画/ノタレガタリ
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp012018.png
平均活動時間帯:夜は大体いると思う。
霊圧復活しました


三行 Edit

  • 日本の大百科事典の古本に宿った
  • 幼女の姿の
  • 精霊!
+  スイッチ関係


頁をめくる(コメント欄) Edit

和書や洋書が散乱している部屋
お名前:
  • せりやぼ2期への参加について話し合うております。意見や参加表明などくだされ -- 2012-03-12 (月) 23:46:01
  • 類縁、生きておったか……!! -- 華鱗 2011-11-25 (金) 00:10:13
    • フフフ、我がそう簡単に死ぬわけがなかろう。しばらく霊圧はなかったが…… -- 類苑 2011-11-25 (金) 22:08:12
      • 勿論その意味でじゃが。いない間に随分と落ちとるようじゃな…… -- 華鱗 2011-11-25 (金) 23:56:18
      • ……そ、そんなことはないのだ。我は落ちてなどおらんのだ。
        そのなんだ、ページが足りないせいなのだ……。貴様も元気にしていたのか。 -- 類苑 2011-11-27 (日) 14:14:45
  • えーとあの古本小僧のすみかはここでいいのかァ……? すンげェ散らかりようだなァ、オレでもこうはいかねェぞ。 -- カテン? 2011-11-05 (土) 23:37:43
    • 古本小僧とは何事か貴様! 図に乗るでないぞ!
      (夥しい量の本の中からぬっと少女が現れる) -- 類苑 2011-11-05 (土) 23:41:00
      • おォ、相変わらず妖怪みてェな いや妖怪だったか。図に乗るのはどこぞの四角い謎生物だけで十分だ。
        で、えーとなンつったっけ手前ェ。こじ、こ……広辞苑? -- カテン? 2011-11-05 (土) 23:42:49
      • 我は妖怪などではないっ! いい加減にせぬと貴様はすぐに灰になるぞ。我が力を侮るでない。(両手を腰に当て、自信ありな笑みで言った。)我は彼の古事類苑の化身なるぞ!
        ……ばか者め! それは別の辞書なのだ! 我こそは世界最高にして最大の類書……古事類苑なのだ!!
        //今日はちょっとこの辺で寝ます。続きは明日にでも! -- 類苑 2011-11-05 (土) 23:46:27
      • 偉そうに言ってるが、その力がねェから手前ェ今チビなンじゃん(あっけらかん)それとも灰にしてみるか? いいぜ、来いよベネット!
        ってあァ、ンなガキとからかい合ってる場合じゃねェんだ。ほれ、例の手前ェの分体。ソレっぽいの見つけたぞ。
        //了解ー -- カテン? 2011-11-05 (土) 23:48:08
      • 何だと!?(古本娘は転げそうなほどに飛び上がり驚きの表情を浮かべた。)
        そそ、そそ、それは本当か!? ど、どこにあった……!? -- 類苑 2011-11-06 (日) 22:56:21
      • マジマジ。安心しろよ、優しいオレはちゃアんと買ってきてやったからよ(包みに入れられた本を示して)
        欲しいか? ン? 欲しいか?(全然優しくない顔で古本娘じゃ絶対届かない高さに掲げつつ) -- カテン? 2011-11-07 (月) 02:49:58
      • お、おお、素晴らしい! 褒めてやるぞ貴様! お前は良い人間だ!
        ではそれを早く我に……お、おい何をする! 変なことをするな! はよう我に渡さんかー! こらー!!(ぴょんぴょん飛び跳ねてそれを取ろうとするが届かない) -- 類苑 2011-11-07 (月) 21:47:19
      • 貴様ァ? 渡さぬかァ? 人にお願いするときゃなーンつんだったっけかなァ?(ものすごい悪い顔で)
        ほれどうする、ほれ。届かなーいぜェー。 -- カテン? 2011-11-07 (月) 21:51:53
      • お、お願い!? 我が貴様にお願いだと……!? バカなっ! うぐぐぐ……!!
        (ものすごく悔しそうな顔で唇を噛み、何度も跳躍を試みるが届かない。)この外道ッ! 変態ッ! 鬼めっ!! ……う、ううう!(しかしなんとしても残りの巻は欲しい。そのものでなくても、それにつながるものでも欲しい。)
        ……お、おねがい、します……それを我に、ください……。(片言のようにぎこちない言葉で、明らかに不満そうな顔を浮かべつつ言った) -- 類苑 2011-11-07 (月) 22:12:12
      • おうマジで言いやがった(てっきり噛み付いてくると思っていたらしく)悪ィ悪ィ、からかいすぎたな。
        で、ほれコレだ。一冊だけだがよ(がさがさ。袋から取り出したのは分厚い辞典らしき本、たしかに表紙には「古事類苑」とある)
        (……と見せかけて、よく見たら「占事類苑」だった! パチモノだ!) -- カテン? 2011-11-07 (月) 22:14:35
      • お、おお……『古事類苑』! 我が半身! 我が一部! 我が完全になるためへの道への一歩!!
        よくやった! よくやったぞ貴様ー!!(受け取ってぴょんぴょんと跳ねて子供のように嬉しそうにする。しかし、よく見ると……)
        うん? ちょっと待て、これは……『占事類苑』? ……。(ぼっ、と顔が真っ赤になる)
        きき、ききき、きききー!! きさまー!!!! 偽物ではないか!! 我にあんな恥ずかしいことを言わせておいて!?
        許さんっ! 許さんぞきさまー!!(魔力を込めた拳の一撃をカテンに放とうとする) -- 類苑 2011-11-07 (月) 22:27:55
      • ……あれ? それパチものだった?(マジで気づかなかったようだ)
        ま、待て待て! 違ェってこれは事故! オレも気づかなグワーッ!?(ゴウランガ! 拳がみぞおちにど命中!)
        く、クソ……いいパンチしてるじゃねェか……。 -- カテン? 2011-11-07 (月) 22:32:52
      • ふんっ! 恥をかかせおって!! 我の恐ろしさを思い知ったか!
        わざとではなかったようだからこれで勘弁をしておいてやるのだ。しかしこんなまがい物をよく見つけてきたな貴様…… -- 類苑 2011-11-07 (月) 22:38:26
      • さっきはガキみてェに飛び跳ねてたくせに……へーへー、わァりましたよ。
        あーいや、よく考えたら手前ェの名前聞き覚えがあってなァ。たしか明治頃だよな? ンな名前の本が出たの。 -- カテン? 2011-11-07 (月) 22:43:37
      • 如何にもそうである。我が編纂されたのは明治時代である。刊行されたころになると大正をまたぐことになるが。
        貴様が日ノ本の元号と知っておるとは思わんかったな……聞いたことがあるというのなら何故それを早く言わん -- 類苑 2011-11-07 (月) 22:47:35
      • 覚えてなかったンだよしょうがねェだろ、クソ分厚い辞典なンぞ好き好ンで読むモンでもねェし。
        しかしなるほどなァ、当たりだったか。てことは、アレか? 手前ェも「気がついたらこっちにいた」ってワケか。それでよくそこまで偉ぶれるモンだなオイ……。 -- カテン? 2011-11-07 (月) 22:49:48
      • 何だと……と、すると……
        貴様も我同様、この世界の者ではないということか。なるほど、貴様は我がいた世界から来たということだな。日ノ本もその元号も知っておるのだから当然か。
        我が偉いのはどの世界でおいても共通の事項であるのだ! 当然なのだ! -- 類苑 2011-11-07 (月) 22:59:18
      • 「同じ」なのかは知らねェが、まァ日本から来たって意味じゃ同じだ。正直手前ェの名前なンぞマジで忘れてたが。
        はいはい、わかったわかった。じゃ、そのド偉い類書様の本をまた探してきてさしあげますかねェ。今度はバッタモン掴まされねェようにするからよ、ンじゃな。 -- カテン? 2011-11-07 (月) 23:02:25

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


古事類苑とは(設定) Edit

  • 明治12年より文部省が編纂を始め、最終的に神宮司庁へと引き継がれ完成された日本の大百科事典である。全1000巻。
  • その後順次刊行されていき、内容は30部門からなる長大なものとなった。
  • 日本史研究にはなくてはならないという壮大なものとして今現在に至る。

その精霊 Edit

  • 多くの人々の努力と執念により、いくつも編纂場所を変えつつ完成したそれに、精霊が宿るのも当然のなりゆきであった。
  • それがどういうことか、この街のとある古本屋に並んでいた古事類苑に魂が宿り、それは精霊として顕現した。
  • ここに遍く知識を携えるとされる古事類苑の精霊が誕生したのである。
    • つまり生まれたばかりの辞書です。

その精霊についての詳らかな事 Edit

  • その名は古事類苑、本人は類苑と呼んでほしいらしい。
  • 自称日本の遍く知識を蓄えた存在だが、全巻すべてではなく古本屋にあった一部だけが精霊として顕現したのでその能力も知識も完全ではない。
  • 全巻そろった状態で魂が宿らなかったので幼い少女の姿を取っている。
    • 全巻そろうと大人の女性になるという。
      • 本来は学者肌なので何か知識を集めたり研究するときは真面目である。かもしれない
  • 本来の形で顕現したならば、知的で冷静な学者のような性格になるはずだったが、不完全に顕現したためにどこか尊大で子供っぽい性格になってしまった。
    • 自分の知識をひけらかしたい欲望に駆られている。
      • 特に理由はないが基本的にテンションが高い。ウザいかもしれない。
  • 自分の知識の一部を利用して古代呪術じみたものを使うことができる。
  • 物の怪だの妖怪だの言われると嫌がる。
  • 完全体になるために抜け落ちた残りの巻を集めるために冒険を始めた。
    • この国で得た新たな知識などは別巻として記録される。元々は日本の百科事典なので
  • 魔力のある人間と契約して魔術師とかにする。しない。
  • こんな感じだったりする
    • たぶん外見は変更する。
  • 全身
  • 分厚い本を抱えてたりすることが多い。
  • 退魔師とか妖怪だのとの話は、超然とした立場でいたいらしい。
    • しかし、こちらもある意味で妖怪とみなされかねないので困っているらしい。


もらい物 Edit

未来日記判定

『新事類苑』
1001巻目としての古事類苑に近く、日記形式で記されはするが記録される内容は百科事典に「新たに」記される事項となる
90日先までに開発されるであろうテクノロジーから、大きな事件の概要や顛末などその量は膨大
形状は単なる一冊の百科辞典だがページ数は記録日数に比例して数千ページ、数万ページにも上る
新しい事項ほど新しいページに記録されるため知りたい情報を探し当てることは困難である


自分が何をしたくてこのキャラを作ったのか立って判定して貰おうぜ判定

>偉そうな妖怪チックな女の子で恋愛してみたくて


http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp012992.png


スッして描いてもらいました! 華麗に描いてくれてありがとう!

古本娘の注釈 Edit

最近流行の一人遊びとかイベント用のコメント欄。使う予定はまだない。一人遊び中でも乱入していいヨ!
お名前:
  • さて……これについて少し考えねばならぬな。
    (幼い少女の姿で、着物を着た古本娘が、何やら分厚い本を、数多あるほかの本を机の代わりに並べたものの上に置き、腕を組み、首をひねっていた。)
    酒場でもらったこの『新事類苑』……奇怪な本だ。日々内容が増えておる。我も追うことが難しいとは……。
    しかもこの日付は……最大で90日先のものか。よもや未来のことを書いているなどというあほらしいものではないだろうな……。
    とりあえず、検証してみなければならぬな…… -- 類苑 2011-10-26 (水) 00:58:38
    • しかしこれはなんというか、使い方が難しい……。
      日々増えていくゆえに、一日隔てれば、昨日追加されたものの発見が非常に難しくなるとはな……。
      我の残りの巻については……載っておらぬか……。(ため息) -- 類苑 2011-10-26 (水) 01:04:58

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

//注釈(コメントアウト) Edit


Last-modified: 2011-11-25 Fri 22:54:00 JST (3231d)