”宿り木憑き”の 悠樹 465105 Edit

ID:465105
名前:”宿り木憑き”の 悠樹
年齢:18
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画類:企画/ノタレガタリ
 
国立外道高校
ユーキ
学生証(身分証明書)
イメージ学生番号201-038
退魔組
氏名ユーキ
生年月日不明
現住所英雄街
上記の者は、本校の生徒であることを証明する。

ワンセンテンスでわかるTAIMABUGEI Edit









  • !

もうちょい詳しく Edit

+  会話する上で踏まえておいた方がよさそうなこと。

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png

  • 幼少時は街(和風じゃないほう)にいました
  • しばらく巨人しばらく幼女

お名前:
  • せりやぼ2期への参加について話し合うております。意見や参加表明などくだされ -- 2012-03-12 (月) 23:38:58
  • (次回の依頼で同行なのでとりあえず挨拶だけはしておこうと思うも、何やら小さな"少年"の姿が見える)
    (知人によく似ているせいか、おそらくは親類か身内だと断定し、声を掛けた)
    すまない、君は悠樹という"男性"を知っているかい? この辺りに住んでいるはずなんだ。 -- 賀良 2011-11-21 (月) 00:46:19
    • …いや、知らないな…この辺りにはそれなりに長いつもりなんだけど。聞いたことない(同名の男がこの辺にいると聞き驚く。同名だからとあてにされたのだろうに役に立てずにしょんぼり耳)
      あ、それはそうとお仕事の方はよろしく。僕は見ての通りの状態だけど、まあ、力が減ってるわけじゃないから気にしないでいいからね? -- 悠樹 2011-11-21 (月) 11:39:26
      • (依頼書を見る。他に知人はいない)君、名前は?
        (しなだれる耳を見ると、姉が思い起こされる。同時に悠樹にもよく似ていると) -- 賀良 2011-11-22 (火) 12:37:54
      • いや、えっと……君が尋ねてきた方じゃない方の悠樹だけど……わかってて聞いたんじゃなかったのかい? -- 悠樹 2011-11-22 (火) 22:50:18
      • (白紙とペンを渡す)すまないが名前を書いて欲しい。 -- 賀良 2011-11-23 (水) 21:20:34
      • この一連の行為の意味がわからない…(Yuki-Wildfluß」と書く) -- 悠樹 2011-11-23 (水) 22:09:47
      • (やっべ、勘当されてるのに家名書いちゃった、と後半をぐしぐし消す) -- 悠樹 2011-11-23 (水) 22:22:13
      • 漢字でよろしく。 -- 賀良 2011-11-23 (水) 22:22:33
      • はい。(悠樹と書き直す) -- 悠樹 2011-11-23 (水) 23:41:25
      • ええと……君は悠樹君かい? -- 賀良 2011-11-24 (木) 21:03:29
      • うん……。(たったこれだけの説明に手間取ってまた申し訳なさそうな顔) -- 悠樹 2011-11-25 (金) 12:08:08
      • うわあああああああああああああ、悠樹君が小さくなってるうううううううううううううううう!? -- 賀良 2011-11-25 (金) 19:02:53
      • うん…………。ごめん…………(謝る) -- 悠樹 2011-11-27 (日) 19:55:55
  • (妖怪の罠だ!突然ねぐらに煙が吹き込む!深く吸い込めば十歳の頃にまで若返ってしまう!) -- 2011-11-18 (金) 23:54:06
    • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst075680.png
      (画像は朝起きて鏡を見たときの僕の顔)
      • …ブッダ!なんたるヒレツな罠か!
        …やはりヨウカイ殺すべし……!慈悲はない…! -- 悠樹 2011-11-19 (土) 03:43:57
  • よう、今月の冒険じゃ世話になったなァ、お疲れサン(同行者となったチンピラが声をかけてきた)
    ところで手前ェ外道高校の生徒なンだってな? ケンカ売られるモンだと思ったが案外そうでもなくてちと驚いたぜ。とまれ、また機会があったらよろしくな。 -- カテン? 2011-11-16 (水) 18:37:01
    • うん。お疲れ様だよ。だるい仕事だったね…。そうだけど……ははは、徒にそんなことはしないよ、キミは強そうだしさ
      弱者ばかり狙ってこその外道というやつで。はい、またよろしく! -- 悠樹 2011-11-16 (水) 23:08:09
  • ちわーっす…留守か…?
    メモだけでも残しておこう…冒険よろしくお願いします、ライズ…と…(かきかき -- ライズ 2011-11-14 (月) 22:32:39
    • いないことはないのだけれどまあいなかったということにしておこう!そういうわけでただいま!(バーンッ)
      ええと何だろ、ライズ…ああ、あの、こう、なんか……普通の人……? -- 悠樹 2011-11-16 (水) 01:21:42

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • 生い立ち
  • 人と妖狐の間に生まれた子。
  • (退魔師として登録する)半年前ほどに、妖刀に憑かれて理性を失い家族を殺そうとした。
  • 親側も蔵から鬼の剣を引っ張り出してきたりそれはもう激戦を行った末、半ば相討ちに近い形で家を放り出される。
  • 以降、諸国巡行して妖怪を殺して回りながら刀を手放す方法を探しているうちに枡村藩の御触れを聞きつけ、
    高名な退魔師が集まるならこの刀を御する方法もあるいは。そうでなくとも飯の種程度には、と英雄町まで流れ着いた。
  • 人物
    • 気性は穏やかでわりと常識人。
    • 中性的な振る舞い、顔立ちのため男と間違われやすい。
    • 平時は人の姿で茶色の短髪、黄の瞳。妖寄りになると髪が黄、瞳が赤に近づき、耳尻尾が現れて妖怪オーラを纏う。
      • みんクロだとこんな /
    • 優しい心根であり、刀の影響下にないときは殺生を好まないが…
  • 能力等
    • 人と妖の比率をある程度自分の意思で操作することができる。
      • 狐の化生ではなく半人半狐であり、亜人に近いものなので動物の姿にはなれない。
      • 身体能力は人よりの方が高いが、感覚は妖よりの方が鋭い。平均すると五分五分。
    • 妖刀と普通の刀、脇差を扱う。
      • 実際のところ別に刀でなくてもいいらしいがそこはそれ、雰囲気とかそういうものが

宿り木 Edit

  • 基本
    • 木刀の姿を取る妖刀。というか魔剣。
    • 「人間に」「力を貸して」「魔を討つ」剣。
      • しかし実態は人間に寄生して強制的に操り、魔を喰らう剣である。
      • 性質上、人間に傷をつけることはできない。
      • 妖力判定なので神とか悪魔とか亜人とか仙人とか魔術師にも反応しないと思う。たぶん。
  • 影響
    • 寄生された人間は妖怪に強い殺意を抱くようになる。
    • 普段はいたって平常だが、妖怪を前にすると理性を失い、殺戮者へと変貌する。
      • ”怒り”や”憎しみ”ではなく、純粋にただ”殺意”。
        殺したいという欲求、殺さなければならないという義務感に心を支配される。
      • 例えるならば寄生虫に寄生されたカタツムリが高いところに上りたくなる。
        ハリガネムシに寄生されたカマキリが水場に行きたくなる。ようなもの。
    • また、剣が妖怪を殺し、血肉を吸って成長するごとに宿主の精神が侵蝕され、徐々に平常時の理性も失われていく。
      • 子鬼程度なら糧になってもすぐに消化されてしまうためさほど影響がないが、
        個の確立した妖怪なら数匹で宿主に限界が訪れ、死ぬ
    • 理性が残っている場合でも、長時間妖怪を食っていない場合などは
      一時的に精神を支配し、宿主を「食事」に向かわせることもある。
  • 能力
    • 妖怪を喰らう
      • 接触面の血肉を吸収する。「触れた部分がなくなり」結果的に切断や貫通されたような傷になる。
        防御力無視というわけではなく、硬い筋肉や甲殻などには阻まれたりもする
    • 形状変化
      • 伸びる、曲がる、枝分かれるといった植物的性質のほか、木刀ではなく刀や槍になるなど自由自在。質感も再現。
    • 身体能力の強化
      • 耐久・再生・回復力を強化し、ノーガードで攻撃し続けられるような殺人マシーンに変える。
      • 鬼など、人間を一撃で殺せるような妖怪パワーでグチャっとされても何事もなかったように再生して立ち上がれるほど。
      • この辺は侵蝕具合(=どのぐらい人間を捨てているか)によって変化
    • 妖怪の感知
      • 妖気を感じ取り、持ち主に居場所を示す。妖怪コンパス。
  • 悠樹の場合
    • 普段は右腕内部に寄生している。
    • 「人間のための剣」であるため、半人の悠樹には純人間ほどは影響は及ばないが、性能も引き出しきることができない。
      • とくに妖怪よりの状態では理性を失うことなく振るうことができる。
        が、剣が自らの妖怪部分を喰らうため肉体的負担が高く、激しい痛みに苛まれる。
        この際、刀や槍などの武器として使用する
      • 人よりの状態では純人間とほぼ同様の状態になる。
        負担は少ないが当然制御はできず、妖怪に分類されるものは敵味方問わず攻撃する。
        この状態では触手状に伸ばして攻撃するためこっちの方が化け物っぽい。
  • 妖怪などに接する際は、衝動を抑えるため半妖の姿になることが多い。
  • ぶっちゃけ鬼斬りのパクリ。

Edit


Last-modified: 2011-11-19 Sat 03:47:00 JST (2945d)