マ・ルア家出身 ニーカ 471440 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp014188.png

ID:471440
その他:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
企画/ゴールデンモンスターズ2

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp014333.png洞の奥 Edit

お名前:
  • …濃いな、何処ぞに魔石の鉱脈があるのかそれとも地脈が通っているのか…
    こうした環境になると稀に魔素に適応する生物が出ると聞くが…居るかニーカよ…(水面に語りかける老魔族) -- アキベドル 2012-01-28 (土) 23:51:32
  • エロ衣装ともうひとつオマケでエロ衣装が届けられた -- 2012-01-25 (水) 02:25:09
    • ……???(触ったり匂いを嗅いだりしている内に着てしまう水棲亜人) -- ニーカ 2012-01-25 (水) 02:33:00
  • さて、あれ以来の同行になる訳だが・・・向こうから現れてくれないものだろうか
    襲われないと分かっていても、水の中に入るのはな・・・(元がウサギだけに、水は苦手で) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 20:15:06
    • ……オー(洞穴を覗き込むニベンスの背後から、なんかいるの? とばかりに覗き込む水棲亜人) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 20:46:12
      • ・・・いや、何かいたとしてもお前以外にいるとしたら犯罪者くらいじゃないか?もっともここに入って不法侵入になるかは分からないが
        ・・・ともかく久しぶりだな・・・相変わらずこの洞穴くらいか? -- ニベンス 2012-01-20 (金) 20:48:25
      • ……(ぺたぺたと無遠慮にニベンスに触れ、ついで、くっ付かんばかりに顔を近付けて匂いを嗅ぎ、知っている者だと認識)
        ♪(満足げにその場にぺたんと座り込む。ニベンスの話の内容は理解しているのかいないのか。ともあれ、左右に揺らす尻尾が、上機嫌、敵意は無い事を示していた) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 20:57:10
      • ・・・何をしてんだ?・・・いや、近い近い!視力悪いのか、お前は!(顔を後ろにそらしながら)
        まったく・・・敵意がないのはいいことだが、意思疎通ができるのかがやはり不安だな・・・(その辺りは依頼で既に把握済みで) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 21:03:39
      • (視力…というか視覚その物が無く、代わりの鋭敏な嗅覚と触覚故のボディタッチ&スニッフィングだが…そもそもソレを相手に語る術すら持たないのであった)
        ……?(不安げなニベンスを向き、小首を傾げ) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 21:10:39
      • そういえば、こないだも壁に当たりそうになっていたし・・・視力が弱いのか、今度組んだ時は考慮しておくか・・・
        ん?あぁ、気にしないでいい。こちらで応用よく対応すればいいだけだしな・・・しかし感情は分かるのか
        ・・・あと気になるといえば・・・何で冒険してるかなんだが・・・会話出来ないのが難しい(金や名声などは関係ないように思えて) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 21:15:29
      • ……???(幾度か小首を傾げたが、まぁ良いかとばかりに、体を前後に揺らしたり、水辺を手…と言うか水かきで叩いたり。まるきり子供の様な仕草)
        ……!(ニベンスが疑問を口にした時、丁度洞穴の入り口辺りを、犬かキツネか…何かの動物が横切る)
        (…と。途端に洞穴の入り口まで跳ぶ様に駆け出し、横切った対象を追わんとする。 …まぁ、直ぐに見失ったのだが…)
        (どうやら動くものを追う、という習性らしい。冒険に出ている理由も、その辺りが当て嵌まりそうだ。通りすがりの冒険者について行った、とか) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 21:25:04
      • ・・・まるで子供だな・・・いや、実際に子供と同じようなものなのか・・・(そう思うといくつか納得でき)
        ・・・ん?・・・なんだ、縄張りをおかしたから・・・と言う訳ではなくて、子供の狐などが追いかけるようなものか?
        (ウサギの聴覚で横切る以前に気付いていたが、まさかそれを追いかけるとは思わずに多少驚いて)
        ・・・もしかして、冒険者やギルドの誰かの後をついていって・・・まさか、な(軽く笑ったが、このギルドのことなのでありえそうだと考えて) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 21:31:59
      • ……ウー(結局発見できずに、肩を落としてとぼとぼと戻って来る)
        アー…(無理だったよ… とでも言うかの様に、ニベンスのいる辺りを向いて鳴き声を上げ) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 21:37:52
      • なんだ、狩れなかったのか?まぁ元々陸上が得意と言う訳でもなさそうだからな・・・水中なら得意そうなんだが
        ・・・食べ物はないぞ?あるとしたら・・・これくらいか(食べ物が欲しいのと勘違いして、コートから人参スティックを取り出して) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 21:40:43
      • ……?(例によって、ぐっと顔を近付けて匂いを嗅ぐ。ナニコレ!?ナニコレ!? とはしゃぐ子供の様に、興味津々に人参スティックに触れ捲くる) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 21:44:15
      • 初めてみるか?・・・ってあぁ、ベタベタと・・・責任もって食うんだぞ?(触れまくっただけに、そのまま差し出して)
        (何の変哲もない人参スティックだが、ウサギのニベンスが選んだだけあって人参としては上質で) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 21:46:05
      • (流石に魚類や甲殻類ばかりに親しんでいるだけに、野菜など触れた事も無く。子供の様にはしゃいで弄ぶ)
        (食べ物だとは思っておらずとも、口に含んでみるのも子供らしく)
        …………(人参スティックを咥え煙草状態でニベンスに振り向く水棲亜人) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 21:53:06
      • ・・・もしかして、食べ物と思っていないんじゃないだろうな・・・・・・あぁ、やっぱりか・・・いいからそのどや顔っぽいのやめてくれ(半笑いになりながら)
        まったく、いいか。こうするんだ・・・(もう一本取り出すと、目の前でパキッサクサクと食べて) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 21:56:57
      • ……(ドヤッ)
        ……!(見えずとも、音と匂いで、ニベンスがどうしたかは察し。咥えていたスティックを二つに割って、片側を口に放り込んで咀嚼)
        ……………ァ゛ー(流石に魚類ばかりに慣れた舌ゆえに、野菜は口に合わなかったか、放送できない自体になりつつ) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 22:02:16
      • いいから止めろと言うのに・・・ちゃんと理解してるんじゃないだろうな(疑わしそうな目で)
        お、分かるか?なかなか賢いじゃないか・・・・・・ってあー・・・口に合わなかったか(だらーと口から流れてるものを見て苦笑しながら)
        すまんすまん、次は口に合いそうなものを持ってくるさ(詫びながら、今回は口を拭いてやってから退却して) -- ニベンス 2012-01-20 (金) 22:06:29
      • ……(視線を逸らす水棲亜人)
        …ケッ ケッ(目があったなら涙目になっている所だが…取り合えずは咽て口にしたモノを吐き出し)
        ムー…(口元を拭って貰いながら、ぷぅと頬を膨らませ)……ァー(去り行くニベンスを、視線で見送り) -- ニーカ 2012-01-20 (金) 22:14:01

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


地下水湖に住まうもの Edit

洞穴の中を流れる地下水に住む生物が、土壌から染み込み、地下水と交じり合った魔素の影響を受けて、長い年月を経て姿を変えたもの
元は山椒魚の仲間であったらしい
人に近い姿を持つが、その習性は古来からの地下生物のまま
長い地下生活の為にその肌は透通る程に白く、目は退化し失われている
退化した目の代わりに鋭い嗅覚と触覚を持ち、僅かな変化に敏感に反応する
声を出す事はできないが、代わりに僅かな鳴き声を上げる事がある
雌には乳房は無く、僅かに胸の辺りが隆起しているのみ
主食は主に、同じ地下水湖に住む魚類、甲殻類など。迷い込んだ人を含む哺乳類などを口にする事は滅多に無い
主に洞穴の奥、地下水湖に生息し、生涯を其処で終える…筈なのだが

この極めて稀な種族の中でも、取り分け稀な知能を備えたニーカは
どういうつもりか、洞穴入り口まで登っては、時折通り掛る人々(特に冒険者など)にこっそり付いて回る習性を持つ
この奇妙な習性の為に、地元住民の目に触れる機会の多いニーカは
地元の言葉で、マ・ルア・ニーカ(白い洞窟のニーカ)と呼ばれている……勿論当人は知ったこっちゃないが

白き洞穴 Edit

ニーカの住む洞穴は、その地下水の持つある特性から、地元住民からは白い洞穴と呼ばれている
その特性とは、僅かな水のさざめきにも敏感に反応し、魔素の溶けた地下水が淡い光を放つ事
大きく揺らげばそれだけ大きく光が波打ち、洞穴内を照らす出す
この特性は、不思議な事に、この洞穴内でしか発生せず、水を外に持ち出した時点で効力が失われる

暗闇を見通す Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp014270.png

Last-modified: 2012-01-12 Thu 19:19:15 JST (3134d)