ブラニィ家出身 シロリア・ブラニィ 472404 Edit

ID:472404
exp014662.png
名前:シロリア・ブラニィ
出身家:ブラニィ
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
3アウト:ステータス/戦歴Edit
2アウト:ステータス/戦歴Edit
1アウト:ステータス/戦歴Edit
文通スイッチON、セクハラスイッチON、撒き物歓迎スイッチON……等々
夜行性

 

いつの間にかスッ絵描かれてた!! 気付かなかった!! おしえてよ!!!1 ありがとう!

弾ける3行説明の香り! Edit

  • 色素薄めの
  • 若年インキュバスは
  • とってもいい匂い!
  • 2度も痛い目に遭ったので冒険者やめます
    • と思ったけど痛いのが癖になって温泉に入ったら気分が良くなったのでこっそり復帰してみたり
      • 3ヶ月で死んだのでやっぱやーめた

コメント香炉 Edit

&color(#ad4f82){}; 編集/差分

お名前:
  • やふぃー、シロリアさーん、温泉に行きませんですー? -- テール 2012-02-08 (水) 21:22:03
    • やあテールちゃん ボクは大丈夫だけど…エミリオくんは大丈夫かな? 心配なんでボクも声掛けにいったとこなんだけど… -- シロリア 2012-02-08 (水) 21:25:14
      • お心遣いありがとうございますですー…テールもそっちに行くですかねー? -- テール 2012-02-08 (水) 21:25:48
  • // -- 2012-02-07 (火) 16:29:27
  • シロリアさーん、シロリアさんにちょっと聞きたいことがあるのですようー -- テール 2012-02-05 (日) 22:59:05
    • こんにちわテールちゃん 何かな? -- シロリア 2012-02-05 (日) 23:23:32
      • 実はですねー、テールはくさーいにおいに困ってるですよう
        そこでにおいの王様のシロリアさんに、いい解決方法はないかなーとお伺いに来たのです! -- テール 2012-02-05 (日) 23:25:07
      • においの王様って…ハハッ、いい名前なのか悪い名前なのかいまいち分からないねそれは… それはどういう匂いで、どういったときに匂ってるのかな? -- シロリア 2012-02-05 (日) 23:28:28
      • えぅー?じゃあにおいの神様でしょうか…(根本的なところがずれている)
        えっとですねー、今まで住んでた所が爆弾で壊れて、居候をしてるのですけど…そこのお風呂が温泉なんですよう
        とってもくちゃいにおいなので、お風呂に入るときは毎回くちゃいのです、テールは鼻がいいのでとってもとってもくちゃいくちゃいなっちゃうのですよう
        いぬの人に聞いたらいぬの人は頑張ってにおいをかがないときはちょっと普通の人よりいい位で、テールは常にかなり良いので犬の人は助言できなーと言うものだったのです
        そこでにおいマスターのシロリアさんなら!と思ってみたのですよう -- テール 2012-02-05 (日) 23:33:10
      • ふぅむ、温泉か……ああ…温泉はいいねぇ…テールちゃんの居候先は温泉なのかい? それはぜひ行ってみたいものだね…一緒に入るかい?
        さておき、温泉の匂いってのはどうにもならないことが多いねぇ… 温泉の匂いは、身体にいい成分がお湯に溶けてる証拠なんだ いいお薬が苦いように、いい温泉は臭い…もとい、不思議な匂いがするものなんだ
        どうしてもそれが耐えられないなら、素直に鼻栓をするか、居候先の人に言って良い香りの入浴剤を入れてもらうか…とかかなぁ? ちなみにボクはボクの身体から出てない匂いは変えられないんだ
        -- シロリア 2012-02-05 (日) 23:37:46
      • 居候してる所は山奥のお社なんですけど、そこの温泉自体はそこまで広いお風呂じゃなーですよう、一人で住むおうちだったのでお風呂も…うーん(シロリアの体躯を見て)3人でも何とか入れるですかねー…ぎゅうぎゅうづめになっちゃいそうなくらいです、一緒に入るならもっと広い所がいいですー
        身体にいい成分がくさいですか…はうっ!そう言えばよくきくお薬はとってもとってもにがにがです、変なにおいは身体にいいにおいだったのですね…
        ふむふむ、入浴剤はせっかくの温泉に入れるのも変ですし…鼻栓か頑張るしかなーですねぇー
        シロリアさんは自分のにおいだけ自由だったですか、ふむふむ…じゃあとっても臭いものがここにあったらシロリアさんでもくさいーってなっちゃうのですね -- テール 2012-02-05 (日) 23:43:08
      • 温泉なのに狭いんだね……ふぅむ、お風呂場をなんとかして広くすれば、その分匂いが気にならなくなったりする…かも? まぁあとは温泉の泉質とか湧き方とかを実際に見てみたら解決方法もあるのかもね…
        もちろんボクだって臭いものは臭いさ 怖いケモノに追いかけられたときとか、やむを得ずツノから悪臭を放ったりすることもあるけど、その後しばらく寝こむくらいにはしんどいよ でも温泉の匂いはボクは好きだよ
        -- シロリア 2012-02-05 (日) 23:47:04
      • お風呂場を広くするですか?ふむむー、それは試してみるべきですねー(その後広くするようにお願いをしたら、遭難するレベルに空間を広げて迷子になったりもしたと言うのは別のお話)
        湧き方…ですか、くさいにおいが別にどうでもいい所から入っていたら、入らないようにするーとかですかねー
        自分で出したくさいにおいでも臭くなるですか!においが自由でも鼻が普通だと大変なのですね…ふむふむ
        温泉のにおいをくちゃいくちゃいな嫌なにおいと思わないようにすることが一番ですね… -- テール 2012-02-05 (日) 23:53:42
      • 温泉ってのは地面に穴を掘って出てきたお湯だからね ちょっと掘る場所を変えただけでも全く違う匂いのお湯が湧いたり、匂いが消えたりするかもしれない まぁ、すごく難しいことだから専門家の協力を仰いでね
        やっぱり自分がその匂いを好きになるのが一番だと思うね 居候先の方と一緒に入るお風呂が楽しければ、いつのまにか匂いなんて気にならなくなるよ…場合によっては逆に好きになってるかも
        -- シロリア 2012-02-05 (日) 23:58:07
      • まずお湯選びですか…うゆゆ、もう沸いてるのがあるですから新しいお湯探しは難しそうですぅ
        一緒に入るお風呂ですか…えへへぇ(どこか照れて恥ずかしそうに)そういうのもすきですし…はいですっ!それじゃあ一緒のお風呂を好きになって、においも好きになるように頑張ってみるですよう〜
        今日はありがとうですー、こんどシロリアさんとかエミリオさんとか、みんなで一緒にひろーい温泉に行きましょうですよう -- テール 2012-02-06 (月) 00:05:00
      • え、エミリオくんとかい!? それは……フフッ……テールちゃん別の匂いでむせちゃうことになるかもね……フフフッ…(舌なめずり)
        この街にはちゃんと大きいお風呂もあるんだったね…ぜひ行きたいものだね それじゃあまたね…キミの居候先の方にもよろしく言っておいてね
        -- シロリア 2012-02-06 (月) 00:08:15
      • 別のにおいーですか…?あんまりくさいのはやーですようー
        あい!それじゃあテールは帰るですよう、いつかお風呂にみんなでいけるといいなーです〜♪ばいばーいですー(魔女っ子さんが居る間だともっといいですねー) -- テール 2012-02-06 (月) 00:11:01

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定臭 Edit

執筆中

フルールインキュバスとは Edit

 端的に言えば、彼らは「匂いを操る」淫魔である。
 
 フルールインキュバス(および同サキュバス)とは、淫魔であるサキュバス等と、同じくらいに淫蕩の気のある妖精族(サテュロスなど)との間で血が混じり合った結果生まれた、突然変異種のようなものである。
 悪魔の血統は強いので姿形は魔族のそれに近いままだが、妖精族の特徴も色濃く継いでいる。
 
 フルールインキュバスの最大の特徴として、頭に生えた大きな(だが柔らかい)片角の全体が強いフェロモン発散器官となっている。
 かつ、その角をはじめとして、彼・彼女の身体から発せられるあらゆる『匂い』を自由自在に変えることができるのである。
 本人が嗅いだことのある匂いであれば、いかなる匂いでも忠実に再現することができる。ただし強度についてはその部位の「本来の匂いの強さ」に準じる。
 この能力はもっぱら、人間の好む匂いを発して誘惑に使ったり、交渉事を良い方向へ運ぶために使われる。動物の嫌う匂いを発して敵を退けることもできるが、自分も被害を食うので好まれない。
 
 その他の特徴

  • アルビノであるが、自然界のアルビノほど陽光に弱いわけではない、だが人間よりは弱い
  • 総じて身体能力は貧弱(妖精の血統ゆえか)
  • 淫魔なので人間の「淫気」「精気」が主食だが、妖精の血統に由来し、「強い感情」も栄養にすることができる
    • だが栄養価(?)としては感情の類は淫気に及ばないようだ

シロリアについて Edit

 数少ないフルールインキュバスの一人。
 155cm、37kg。体重相応にシルエットは細い。デフォルトで身にまとう香りはホットミルク。
 
 人間社会に興味を持ち若い頃から溶け込もうとし、とある貴族の館で住み込みで働いていたが、そのためには淫魔としての性質「淫蕩の気」を抑える必要があった。
 彼は自分の本能を抑圧するだけの精神力を持っていたが、精気という栄養を取りづらいために身体はなかなか発達せず、また潜在的に多大なストレスを蓄積することとなった。
 
 そしてある日、そのストレスを爆発させて「暴走」してしまう。正気を失い、貴族の館の従者数名を本能のままに強姦してしまったのだ。
 淫魔の悪事としてはカワイイものであるが、貴族の側にはやはり世間体などもあり、シロリアはその家を放逐されることとなってしまった。
 路頭に迷ったシロリアは、召使時代に嗜みとして習った剣の腕だけを頼りに、冒険者になってお金を稼ぐことにした。
 
 貴族の館を追われるきっかけとなった「暴走」は彼自身にとってもトラウマであり、淫魔としての本能をさらけ出すことに対してひどく臆病。
 だがそれでは生きていけないことも十分理解しているので、セックスに対して目を背けず、しかしなるべく「理性的」に向きあおうとしている。
 もちろんそれはそれでストレスであり、「暴走」の危険性を孕んだ負のスパイラルはまだ続いている。

 洋食屋「DIRT OWL」にて、淫魔の能力の一部を代償に「雌奴隷」を購入した。
 オウルさんいわく、薬漬け・自我崩壊・ビッチと三冠王の奴隷さんらしい。名前は教えられなかったため、シロリアも名前を彼女に与えていない。
 現状、性行為によって精気を得るためだけの「装置」として家に置かれている。もちろん彼女のために食費などは稼がねばならない。
 今後彼女の扱いは変わるかも。いまはただ設定上存在するのみ。

物置独特の匂い Edit

フレーバーテキスト Edit


Last-modified: 2012-02-11 Sat 17:08:10 JST (3541d)