ナンバ家出身 ホクト 475249 Edit

ID:475249
名前:北斗
出身家:南波
年齢:16
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
所属:企画/冒険者養成校2期
絵:
頂き物:
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst080072.jpg

エピローグ Edit

養成校から離れ、港へ向かう街道を、一人の青年が走っている。
「ほらほらほら、もっと急がないと船が出ちゃうよ」
それを先導するようにふよふよと浮いている小さな毛玉のような生き物。
「うるせー! これでも全力疾走だっつーの!」
走りながらチラリと後ろを向く青年。養成校の方向からは盛大な祝砲の音が響いてくる。
「南のヘイムレル地方じゃ盗まれた神像の回収、西のメルアイル地方じゃ崩れた封印の修復。色々助けてあげたんだから、君には死に物狂いで働いてもらうよ」
自称妖精の奇妙な生き物の容赦ない言葉に顔をしかめる。
「鬼! 悪魔! 白ムック! チクショウ、あん時死んどきゃよかったぜ…! うぉぉぉぉぉぉ!11!!1!」
やけくそになって走る青年の頭にふわりと毛玉が鎮座する。。
「いいじゃないか、英雄になりたかったんだろう? 僕と一緒なら世界を救う英雄になれるよ……表舞台には立てないけどね」
得体のしれない毛玉が一つ目を細めて笑い、青年の雄叫びが祝砲と一緒に空へと響き渡る。
4年前とは見違えるように大きくなった青年の身体。その全身には今は完治した傷跡がいくつも残されている。
「けっ! 家に戻って親父のゲンコツもらうくらいなら何だってやってやるさ。英雄でも魔王でも何でも来いってんだ!」
妖精に向かってそう言うと、走りながら着ていたボロボロの外套を脱ぎ捨てる。
目の前に開けた新たな道に向かって、青年は故郷を飛び出してきた時のように全力で走って行った。

あらすじ Edit

+  第二部
+  第一部

珍獣の巣 Edit

現在の住所:もういない
ログ1
ログ2

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp018849.jpg http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp019412.gif


  • (旅立ちの支度、港で買出しの最中。聞き覚えのある声と、知らない声を聞く)
    (市場の人ごみの中背の高い誰かが後ろを駆け抜けて行って)
    (振り向くともういない。遠くに黒髪の青年の後姿が見えるだけ)
    (…もしかしたら、もしかしたらって思ったけど、追いかけるにはもう遠く)
    (ただ、心に残ってた悲しいことが一つ消えたような気がした) -- アリエル 2012-04-13 (金) 14:32:48
  • 北斗君!北斗君には私の卒業証書をあげよう!卒業おめでとう
    (今はもういない彼の場所へ卒業証書を筒ごと放り込んで行く) -- アーニ 2012-04-12 (木) 23:52:14
  • う!
    北斗よ…天に届く事を祈るぜ…さあ次はミラージュんとこだな -- フェリックス 2012-04-12 (木) 21:10:14
  • (胸に手を当てて暫しの間黙祷)北斗…色々伝説を作っちまったお前だが…
    お前もちょいと生意気だが楽しい奴だったぜ…またな、何時か遠い日にまた会おうぜ… -- フェリックス 2012-04-06 (金) 01:52:31
  • 遊びに来てた次に帰ってこないとか、ずるいよね……(献花して黙祷) -- 白華 2012-04-05 (木) 17:38:17
  • ふむ……(お線香をたいた -- ラムナ? 2012-04-04 (水) 16:11:01
  • 結局合コンは出来なかったですね……何かと頼りにしようと思っていたのですが
    …イヨッシャー!(鎮魂のイヨッシャーを放ち、寂しげに帰っていった) -- ソライマ 2012-04-04 (水) 10:48:59
  • 猿はもうおらんのか…嫌いではなかったのだが。うむ…いなくなるとつまらぬな。
    (ポケットに入れていたバラの香油の瓶を取り出して、しばらくぼんやり眺めるのだった) -- アリエル 2012-04-04 (水) 06:42:05
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst078919.png  -- アーニ 2012-04-04 (水) 03:12:41

特徴 Edit

  • 金髪と目付きの悪さが印象的な不良っぽい外見の少年。
  • 性格は直情型で頭が悪く、口も悪い。
  • 身長は平均より小さめ(16Xcm)だが身体能力は高く、とにかく頑丈。
    • かなり伸びて175cmになった。
  • 手先が器用で工作はお手の物。料理も男料理ではあるが結構な腕前。
  • 棒術の心得があるが、戦闘では剣を使う事が多い。
  • 歌が下手。恐ろしく下手。体調を崩すレベルを通り越して脳を溶かすくらい下手。
  • (殴り飛ばす事のできない)オバケが苦手。

設定 Edit

  • 地方の田舎町にある(農具の作成がメインの)鍛冶屋の三男。
    母親を幼い頃に亡くし、二人の兄と父親とで男家庭で育った。
  • 二人の兄に虐げられていた(本人談)ため若干性格がヒネている。
  • 某GLOの人はパラレルワールドの住人です。
  • ちんこ
    +  裏設定

戦闘 Edit

  • 剣術
    • 流派は無く、見よう見まねで覚えた我流である。
      鍔の無い直剣を好んで使い、斬ると言うより叩きつけるようにして攻撃する。
      特に必殺技と呼べるような技は持っていない。
  • 棒術
    • バケモノじみた身体能力を持つ兄達とチャンバラごっこ(本人曰くイジメ)に耐える内に自然と身に付いた技術。
      生まれ持った柔軟かつ強靭な手首の力で身長ほどの棒を自由自在に操り、多彩な攻撃を繰り出す。
      剣より長く、槍より迅いという棒の特性を活かし、近・中距離でフットワークを生かした素早い戦闘を得意とする。
      赤樫で作られた黒塗りの棒を愛用しており、その表面は耐火コーティングが施されている。
      必殺技は一瞬で七発の連撃を放つ「七星連衝」
  • 光鎖の指輪
    • 冒険中に拾った下級の魔道器。攻撃には向かないが特殊な力を持つ。
      • 術者のイメージに沿って光の鎖を作り出す。強度は術者の精神力に比例して強くなる。

いただき判定 Edit

  • モブ判定
    >歯がギザギザしてそう。5モブ
    • 5モブヤッター!
  • 絡みにくさ判定
    >見た目普通の不良っぽいキャラ、隠し設定もあるが日常だけでは不良ッポイだけに見えてややネタは弱い
    >会話自体は割と上手そうだし霊圧もあるので、今後部活や行事でどれだけ特徴を出せるかがポイントだろうか 絡みにくさ度は55点
    • 圧倒的に、速度(スピード)が、足りない!
  • 絶頂判定
    >北斗は腹筋ズリされ臍に当たる陰茎の剛直感だけで絶頂した
    • 剛直感って何だよ!?

頭の中を見る http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst078447.png Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst078273.jpg http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp017867.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst078277.gif http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp018207.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst078583.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst078647.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079083.jpg http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp018610.jpg http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp019188.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079348.jpg http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079457.jpg


Last-modified: 2012-05-24 Thu 07:43:57 JST (3910d)