クライド家出身 ジゼル・クライド 479687 Edit

ID:479687
名前:ジゼル・クライド
出身家:クライド
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画:企画/吸血鬼xハンター

三行 Edit

  • 近代兵器を使う
  • ルーキーの
  • 吸血鬼ハンター

街角でも酒場でも、彼女とお話する Edit

お名前:
  • ・・・シィイイイィッィィイィ・・・(駆動音とも蛇の鳴き声とも取れる異質の音がジゼルの後ろから響く。)
    (振り向けば音の主・・・死と破壊の権化がジゼルを見下ろして。) -- デッド 2012-05-23 (水) 18:35:43
    • っ!!(夜道を単独で…完全に油断していた!普通なら細心の注意をはらって歩くような街頭の少ない道…)
      (狼男以来、目立った襲撃がないことも、彼女の油断を助長させていた、酒場の近くなら安心だろうと…)
      (だが幸いにも、常日頃から持ち歩いていライフルはそこにあった、振り向きざま、ライフルケースに手を掛ける。いつでも抜けるように)
      (そして振り向いた彼女は唖然とする、そこにある死臭漂う異界のものに)吸血鬼…いや違う、化物…? -- ジゼル 2012-05-24 (木) 01:34:30
      • (振り向いた刹那、ジゼルの手元に何かが巻きつく。ノズル、と呼ぶには余りにも生々しく禍々しい。)
        (「触手」は手の先、ライフルケースにまきつくように鎮座し、蠢き、先端のレンズでまじまじと見つめていた)
        ・・・[銀弾ハッケン]・・・[銀弾ハッケン]・・・・・・[はんたートダンテイ]・・・・・・(触手が警告音のように騒ぎ出す)
        ・・・・・・みつけた。(触手の主はゆっくりと手を伸ばし、ジゼルの手をつかむと・・・)

        どうも初めまして。私吸血鬼のデッドディグスと申します。あの、ハンターさんですよね?(握手するように手を動かした) -- デッド 2012-05-24 (木) 01:46:18
      • (手元に何か巻き付いた!ノズル?と言うには禍々しすぎる、しかし、レンズのようなものも付いている…何だこれは…?)
        (兎も角、様子見かは分からないが、先手を打たれた。後手に回ったが仕方がない…ライフルを…しまった!触手が巻き付いて、ライフルが取り出せない!目に前には死臭がする怪物が迫り、バックアップのハンドガンに手を掛けた刹那、手を掴まれる、丁度、握手のように)
        ほえ?(思わず素が出てしまう。とても礼儀正しい、なんだろうこれは…だが確かに、目の前の怪物は、礼儀正しく挨拶をしてきた)
        あ、は、はい!そーです!新米ハンターのジゼル…ジゼル・クライドって言いますっ…(思わずこちらも敬語で返してしまう。どう見ても姿形は怪物なのだが…いや、人を見た目で判断してはいけない) -- ジゼル 2012-05-24 (木) 02:10:24
      • グキキャカカカカカッ(巨躯の怪物は大口を開け、まるで金属が引きちぎれるかのような不快な笑い声を上げる)
        いやー、それは丁度よかった!私もご覧の通り新米の吸血鬼でしてね。ハンターと言うのもよく知らないんですよ。
        それで実際に会って話をしてみようかなって。(握手してる手を離し、慈悲を乞うかのように自身の両手を合わせる)よければいろいろお伺いしてもよろしいですかね? -- デッド 2012-05-24 (木) 02:16:26
      • (不快…いや違う…何というのだろう、正気度というか、SAN値が下がるような笑い声、きっと正常な人間が聞いたら正気ではいられない、そんな声)
        (でも礼儀正しい、うん、凄い礼儀正しい、メイヘムさんとかだったら、有無を言わさず、悪即斬なんだろうけど、私はそんな事はない)わ、私もまだまだ駆け出しなんで、どれほど答えられるかもわからないです…けど…
        (夜道で、吸血鬼と、お茶を飲んでするような会話。良いのかなー?でも礼儀正しいし、悪い吸血鬼じゃなさそうだ、何より真正面からこんな怪物とやりあって、勝てる気が更々しないというのもひとつ…)
        で、何を聞きたいんでしょうかー?私に答えられることでしたらなんでもお答えしまうけどー…?あ、ギルドの本部の場所とかは勿論企業秘密ですよ!?
        //返事が遅くて申し訳ありません… -- ジゼル 2012-05-24 (木) 02:41:40
      • 勿論。話せる範囲でかまいません。それに情報戦を仕掛けているわけでも無いのでご安心を。
        そんな聡い頭はこの未熟者にはございませんよ。(再び断末魔のような笑い声を上げる)あくまで・・・そう、人脈。人脈作り!吸血鬼ですが。
        (相手の心情などお構いなし、といった感じか。異質の怪物は自分のペースで話を進めていく。)
        ま、冗談はおいて早速。・・・・・・あなたの生い立ち。なぜ吸血鬼ハンターになろうと?
        //こちらも文通状態になってすいません -- デッド 2012-05-25 (金) 07:34:03
      • 情報戦とかではないのですねー、それなら一安心…かな?わたしそーいう頭使うのは苦手で…
        人脈作りですかー…(面白いことを言う吸血鬼だ、ハンターに人脈を作るとは…)
        えと、そうですね…ししょー、えと、私の育ての親に当たる人が、外の世界を見てくため…と言いますかー社会研修の一環として、私をハンターにしてくれたんです。
        腕のいいヒットマンになるためには、人間よりも手強い吸血鬼とか、そう言う化け物とも渡り合えないといけないって感じでー
        //そして所用のため、2,3日連絡が取れなくなります…本当にごめんなさい… -- ジゼル 2012-05-26 (土) 11:51:51
      • なるほど、別の目的のためのステップとしてハンターになった・・・と。(顔無き顔でうなずく)中々ハードな修行内容だ。
        ヒットマンというのはそんなに辛いお仕事なんでしょうか。人間の社会は不思議な事が多い・・・。
        で、実際どうですか?ハンターになって吸血鬼との対立した後の首尾といいますか。冒険家やその他も含めての調子は。
        //はい。気楽に気長にお付き合いいただけたら幸いです -- デッド 2012-05-26 (土) 21:34:28
      • 結構ハードですけどー、今までも結構死線をくぐるような修行はしてきたのでー、結構平気っていうか、そんな感じです。
        そうですねー、身体能力は勿論のこと、メンタル面が相手より強くないと、殺しのお仕事って中々出来ませんからー、より強い敵と対峙すれば、心も鍛えられる…と言う感じでしょうかー
        うーん、まだ狼男としか対峙してないんですけどー…どうにもダイ・ハード…殺しにくい感じっていうかー、難易度たかいーっていうかー…
        正直吸血鬼と真っ向から対峙なんかしたら勝てるのかなー?って最近はちょっと不安に思ってますー… -- ジゼル 2012-05-31 (木) 01:04:28
      • あ、まだ対峙した事がないと。ふむ・・・。そこはほら・・・冒険の依頼の内容と同じく。恐らくジゼルさんが戦える、戦うべき相手が来るでしょうからなんとも。
        我々は人の闇ですからね。ジゼルさんが追うことになるのはある意味自分の闇かもしれません。無論難易度は高く、どちらかが勝つかは別のお話ですが。
        来るときが来ればあなたの「敵」が現れるでしょう。ほら、私なんて吸血鬼ですけどジゼルさんの敵じゃないですし?(自分を指差し、歯茎を歪ませ)
        ・・・出来る事なら、敵が来ないのが一番なんですけど。 -- デッド 2012-05-31 (木) 01:53:25
      • そうですねー…自分の闇かー、確かにそうかも知れませんねー…そういう意味でもししょーは私をここに送り込んだのかも知れません…
        戦うべき相手に…何れめぐり合えますかー…まぁ、合わないのが一番いいんでしょうけれど…
        デッドさんが吸血鬼だけど敵じゃないのはわかります。多分デッドさんに本気出されたら私なんか一撃でズバッとやられちゃってるでしょうしー(なはは…と笑う) -- ジゼル 2012-05-31 (木) 02:12:26
      • 何、敵を待つのもおかしな話。冒険をしつつ、来るその日のために準備をしていればいい。
        私がジゼルさんをズバッ?ははは、やりませんよそんな事。こんな素敵な方に手を掛けるなんて・・・。あれ?素敵だから手を掛けるべきなのか?
        (顎に手を当て悩む怪物は)ま、とりあえず。練習ぐらいでしたらお相手しますし。自分銀武器とかも全然平気なんで。(どうでいいやと大笑い) -- デッド 2012-05-31 (木) 02:31:36
      • そうですねー、今はじっくり準備をしながら、来るべき日を待つとしましょう。あ、でも、夜道で襲われても対応できるようにはなりたいなー、なんて…
        いえいえ!手に掛けるべきじゃないです!手に掛けるべきじゃないです!大事なことなので二回言いました!
        銀の武器が平気なんですかー(まずい、ぶっちゃけ勝ち目がないじゃないか…敵対してなくて本当に良かった…)いえいえ、練習の時は、ゴム弾か、プラスチック弾を使わせてもらいますよー、流石に銀の弾平気でも怪我させちゃったら大変ですしー -- ジゼル 2012-05-31 (木) 02:51:15
      • 冗談、冗談ですって。こんな小心者に出来るわけないじゃないですかいやだなぁ。
        それにしてもジゼルさんはお優しい。私にもしっかり考慮してくださる。でも大丈夫ですよ。ホラ(笑いながら首を引きちぎり、そして戻す。・・・あっという間に裂けた首は戻り)
        丈夫さだけは一人前なので!・・・と、ちょっと長く引き止めすぎましたね。貴重なお話を聞かせていただきありがとう御座いました。
        よければこの新米吸血鬼の事、お見知りおきを。では!(ジゼルに深く一礼すると、ゆっくりと闇の底へと、来た時と同じくいつの間にか消えていた) -- デッド 2012-05-31 (木) 03:05:21
      • 冗談でしたかー、あははー、そ、そうですよねー、もー、ちょっと本気にしちゃったじゃないですかー
        うわぁ…(目の前で広がる、グロテスクな光景、首が引きちぎれ、そしてまた戻る。一般人なら絶対発狂してるってこれ!)いやー、でも、さすがに痛いでしょう?今のも…(痛かった…のだろうか、そもそも痛覚はあるのか、疑問に思う)
        いえいえー、大丈夫ですよー、時間なら有り余ってますからー、(この吸血鬼、何処か自分と同じベクトルと言うか…方向性に振り切れている気がする、友達になるのも面白いかもしれない)
        はいはーい、ではまたー。あ、ハンターの中には、吸血鬼を見たら悪即斬な人もいるので、その辺りはお気をつけてー、それでは。(闇に消える姿に、軽く会釈をすると、こちらも帰路を急いだ) -- ジゼル 2012-05-31 (木) 03:22:41
  • おーっすジゼルってんのはお前かん?次の依頼で同行するエルシェって言うん、ひとつよろしくんよー? -- エルシェ 2012-05-02 (水) 08:13:50
    • はいはーい、御返事遅くなてごめんなさい…私がジゼルですー。
      結構さっぱりした依頼だったけど、無事に達成できて良かったですー。あ、ロングボウありがとうございます!あまり使い道はないですがー… -- ジゼル 2012-05-03 (木) 01:54:37
  • (ジゼルが弾薬の補給にやってきたある日のことだ、聞き覚えのある声が響いた)
    いや、いくらなんでも12.7mmの価格が高すぎやしませんかね?まとめて買うってんだから、安くしてくれてもいいじゃないか
    (ああだこうだと店長と交渉している。どうやら100単位でその馬鹿でかい弾を買うつもりらしい) -- ショウ 2012-04-29 (日) 21:12:13
    • (弾薬の補給にやってきたついでに、バックアップのガンの選定もしている。今迷っているのは、散弾銃、KSG12にするか、ベネリ、M1014にするか…)
      やっぱり散弾銃は必要だと思うんですよねー…吸血鬼の化物じみた俊敏性には面で制圧が望ましい…
      ありゃ?この前酒場で一緒に人狼を狩った方じゃないですかー!12,7mmをお求めですかー?あ、ご紹介が遅れましたー、私ジゼル、ジゼル・クライドって言います!
      (//相変わらず、お返事が遅くなってすみません…) -- ジゼル 2012-04-29 (日) 22:53:54
      • おや?(交渉の最中、背後から聞き覚えのある声に振り向く)
        ああ!君はあの時のガンナーの・・・ジゼルさん?此方こそよろしくね。自分はショウ・フォン・マンシュタインと言いますよ
        そう、12.7mmが高くてね・・・25mmは十分に手に入れたんですけど
        ショットガンを探してるのかい?君、結構小柄だけど大丈夫かな? -- ショウ 2012-04-29 (日) 23:12:05
      • //気にしないで い い ん だ  きらくにあそぼー -- ショウ 2012-04-29 (日) 23:19:47
      • えっと、ショウさんですね。よろしくおねがいしますー。(にぱーっと笑いながら握手をしようと、手を差し出す)
        12,7mmってことは、対戦車ライフルですか?それとも車載の重機関銃?ここは中々まけてくれないんですよねー。え?25mm!?25mmって言うと…何に使うんだろう?
        はい、この前、ショウさん散弾使ってたじゃないですかー、あれ、かなり有効じゃないかなって思いましてー、12ゲージ散弾の散弾銃を選定中なのです!
        反動制御でしたら大丈夫ですよー、7,62mmでもバシバシ当てれますからー! -- ジゼル 2012-04-29 (日) 23:29:14
      • //許された…!そしてちょっと晩御飯まう…本当に申し訳ないです(土下座) -- ジゼル 2012-04-29 (日) 23:42:01
      • こちらこそ(にこやかに握手を返す)
        当たらずとも遠からずですね。あくまでも副砲だけど・・・まあ、重機関銃用です。25mmは機関砲なんですが・・・っと、しゃべりすぎたか
        こいつはウチの軍で採用してる対大型獣の武器なんで、通常弾や徹甲弾、散弾まで仕えるスグレモノなんですよ、HAHAHA
        まあ、確かに有効といえば有効です・・・7.62が制御できる君なら大丈夫かな。これなんてどうです?堅牢ですよ(手にとったのは、イズマッシュ・サイガ12だ)
        //い い ん だ なんどでも言う い い ん だ(GN全裸空間を展開しつつ) -- ショウ 2012-04-30 (月) 00:25:37
      • ぬぬぬー…12,7mmで副砲ですかー、そんでもって主砲の機関砲が25mm…装甲車両とかですかねー…?
        なるほどー、対大型獣用の小銃でしたかー。バレルを変えずに通常弾から徹甲弾…散弾まで…ほほー、それは使い勝手よさそうですね!
        おー、サイガ12ですかー、ストックは折りたたみにすればコンパクトにもなりますし、なかなかいいですね! -- ジゼル 2012-04-30 (月) 00:49:44
      • 車両じゃあ、ないね・・・ふふふ(言われれば思い出すかもしれない、最近勃発した内戦でとある大国が人型の装甲兵器を投入したという噂があった事を)
        勝手は良いんですよ、いいんですけど・・・耳元で激発するから煩いのなんのってね
        吸血鬼相手に、ポンプアクションは無謀だと思うよ。とにかく途切れなく弾幕射撃をしなきゃ、捉えられない・・・そうなるとやっぱ、オートのほうがいい(ガッシャン、とボルトを引いて見せて) -- ショウ 2012-04-30 (月) 11:24:35
      • 車両じゃないんですかー?だとすると固定銃座…?でも主砲と副砲って言ってましたし…戦闘ロボット!まさかなー…(うーん、と頭をひねる、近隣情勢や内戦にはあまり詳しくないようだ)
        あー、それはブルパップタイプの欠点の一つですよねー、常時耳栓するわけにも行きませんしー…でもブルパップで弾薬を選んで撃てるのはかなりのメリットだと思いますよ!私も一丁欲しいなぁ…
        確かに、ポンプアクションであんな化け物と対峙するのは無謀ですね…フルオートで散弾をばらまけたほうが勝手もいいですかねー
        (サイガ12を手にとって見る)なるほどー、セレクターなんかはAKとおんなじなんですねー、これは扱いやすい…弾薬もマガジン式なんで即座に対応できますしー…(ガシャっとマガジンを抜いてみる) -- ジゼル 2012-05-01 (火) 00:24:42
      • (当たっている、当たっているが答えない。にこやかな表情は崩さない)
        上に掛けあってみますけど・・・許可が出れば、一丁くらいお譲り出来るかもしれない。といっても、この10mm弾はこの辺じゃ滅多に見ないけど
        ボックスマガジン以外にドラムマガジンもあるみたいだし、良いんじゃないかな
        君は本当に銃が好きなんだねえ・・・(弄るさまを見ればわかる、そういう人種なのだと)・・・さて、買うものは買ったし
        また会いましょう、ジゼル(ぽふ、と頭を撫でて店を後にする) -- ショウ 2012-05-01 (火) 00:40:37
      • おお!マジですか!?是非一丁コレクションに加えたいですー!!10mmですかー、それは確かにこの辺りでは見ないですねー…弾の調達も大変でしょう。
        ドラムマガジンもあるのですかー!火力は十分ですね!
        えへへー、分かりますー?(ゆるーい笑顔、銃をカチャカチャを扱う顔つきは、まるで玩具を持った子供のそれだ)
        あ、はいー、それでは、またお会いしましょうー!(手を振り見送ると、散弾銃の選定に戻った) -- ジゼル 2012-05-01 (火) 01:05:57

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • 外見
    • 身長は160cm程、常に厚手のコートを着用している。
    • 髪は灰色と栗色の中間のような少し珍しい色、ショートヘアで外ハネ気味
    • 瞳の色は澄んだブルー、肌の色は白い。
  • 性格
    • 基本的に敬語で礼儀正しいが、どこかユルい、頭のネジが数本とれているような感じ。
    • これは育て元(後述)が大きく関係していると思われるが、本人もさして気にしていないようだ。
    • 危険な状況になってもこのユルさは変わることはない、相手にとっては厄介だろう。
    • 仕事に対しての印象は、物凄くストイックである。私事と仕事は分けるタイプ。
  • 経歴
    • マフィアの幹部、リム・クライドの愛弟子。
    • スラムで孤児だったところを、リムに見込まれ、育て上げられる。
    • 白兵戦は通常の軍人レベルだが、ライフルの射撃に、特に才能を見出される。
    • ハンターになったのは研修の一環、外の組織で別の空気に馴染んでこさせようというリムの心遣いである。
  • 経緯
    • 最近管内で吸血鬼の事件が発生し始めたことを不審に思ったリムが、研修ついでの名目で派遣した。
    • リムの独断、かつ動員要請は一切行なっていないため、実質マフィアとは何の接点もない
  • 吸血鬼の敵対度
    • あくまで仕事で狩るといった、ストイックな感情
    • これまでやってきた暗殺家業より、ちと手強い丁度の敵、位の印象を持っている。

装備等 Edit

  • 対吸血鬼用装備
    • お気に入りのライフルはAR-10狙撃ライフル
    • ジゼルはこれを独自にカスタマイズし、銀メッキ銃身、ショート化、折りたたみ式ストックに変更など、原型がなくなるほどカスタムを施している。
    • そのせいもあり、7,62mm弾を使うライフルの割に、反動をある程度コントロールできる銃に仕上がっている。
    • 本来は反動が強すぎるためフルオートで撃つことはない銃だが、
      ジゼルは対吸血鬼用に、フルオートでも銃をコントロールできるように訓練している
    • 弾薬、弾頭に使われているのは7.62mm、308法儀式済み銀弾頭。通称「シルバー・チップ」
    • 大抵のグール、下位吸血鬼なら一撃で葬り去ることのできる威力を誇る。
  • 予備武装
    • 白兵戦に持ち込まれた時用に、ミスリル銀製ナイフを複数所持、
    • 大型拳銃も携行している。何を使うかはその時によってまちまち、本人もどれを使おうか考えあぐねている様子である。
    • 因みに拳銃の弾頭も法儀式済みの銃弾頭「シルバー・ホローポイント」
  • 防具
    • ジゼルが着ているコートは対刃性に優れたケブラー製のコート
    • 中でも特徴的なのは、吸血鬼の牙が通らないようにミスリル銀の繊維を縫いこんであることにある。
    • これにより、吸血鬼の吸血行為をほぼシャットダウンすることに成功している。

Last-modified: 2012-04-24 Tue 02:48:20 JST (3766d)