エテルネール家出身 ロシェ 515276 Edit

qst085378.jpg
ID:515276
名前:ロシェ
出身家:エテルネール
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
ステータス/戦歴
Edit
企画:企画/アドベンチャラー・アカデミー
テーマ曲:Todestrieb

三行です Edit

  • 吸血嫌いの
  • 少年吸血鬼は
  • 何かをお探しのようです

ペナルティ Edit

なんかダメそうな予感がするので一応設置してみますねぇ。

+  長くなってきたので

はぁい、何か御用ですかぁー? Edit

春先までという名目のロスタイム中
edit/refer
←よく変え忘れてます

編集:その血の運命差分:その血の運命 

お名前:
  • (人間辞めてから数日後、部屋のドアをノックして中を覗き込む) -- クリエ 2014-08-25 (月) 18:54:41
    • (いい加減寮からは出て行かなくてはならない、新居はもう既に決めてあるので吸血鬼荷物まとめ中………)
      (視線を感じて振り返れば、覗きこむクリエの顔を認めて掃除の手を止めてぱたぱたと嬉しそうに近寄ってくる)
      どうしたんですかぁクリエさぁん。体の調子は大丈夫ですぅ…?(何度も繰り返し聞いている事だが、やはりまだ気になって仕方がないご様子)
      -- ロシェ 2014-08-25 (月) 22:49:48
      • (その必要は無いのに妙に慌ててしまう)……あ、や……片づけの最中でごめんなさいですっ……そ、その、お陰様で、なのです……
        ……落ち着いて周りが見れるようになってきましたが、これがロシェさん達の世界なのですね……お日様の光もあんまり辛くないのは相手がロシェさんだったから、なのかもです
        それと、やっぱり一部構造が違うのか、今までの薬の効きがかわったものもくつかありますねぇ…… -- クリエ 2014-08-25 (月) 23:14:12
      • (その顔を見れば少々落ち着きを無くしてしまうのはこちらも一緒ではあったが、それよりも一緒にいられる時間が幸せ、という気持ちが優っていた)
        (それと、こういう時男は落ち着いているべきだ。という内側から始祖様が囁いてくるのも多少は関係している。いちいち恋愛強者っぽいアドバイスが来るのが若干ウザい)
        いいえぇ、クリエさんなら何時だって大歓迎ですよぉ。そろそろ一息着こうと思ってたところですし、お茶入れてきますねぇ。
        (テキパキサッサ)人から吸血鬼になって…まだ一週間足らず、ですからねぇ。違和感は、一杯あると思いますぅ。
        何か分からない事があったら遠慮なく聞いてくださいねぇ?…お薬に関しては専門外ですけど
        -- ロシェ 2014-08-25 (月) 23:25:06
      • ……え、あ、ロシェさん?(一瞬なんかウザそうな顔してるのみてびくっとする)
        えぇ……違和感は多いですけど、じき、慣れると思いますっ……ロシェさんと同じになったんですから……(掌にぎにぎしてそれを見ながら)
        薬のことまで専門だったら私立場がなぅなっちゃいますよぅ……ですねぇ、身体のことはおいおい……気になったことがあればその都度聞きにきますけど、
        他に気になるのは……ロシェさんの故郷のしきたりとか、文化、とか……(と目を逸らしながらぼそぼそ) -- クリエ 2014-08-25 (月) 23:33:51
      • あっ、なんでもないですぅ、なんでもないですよぉ…!?少なくともクリエさんには関係の無いところですからぁ…!(慌てた様子で首を振り)
        何かあっても、僕が支えますからぁ…心配は、しないでくださいねぇ?(にぎにぎしているその手取り、微笑んで見せて)
        (そう言われて…はと。こんな事をしておいて、今後の事について特に話をしていなかったという事に気が付く)
        あと、えと、く、くりえさん!(取ったままの手をぎゅっと握る)
        色々と、頼りない僕…ですけどぉ…クリエさんの事、ずっと、一生守りたいって、思ってますぅ…!
        ですから…僕と、一緒に…来てくれませんかぁ…?絶対、絶対幸せにしますから…っ!
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 00:00:27
      • ……あ、もしかして以前言っていた始祖さん、です?私もあとでご挨拶しなきゃですねぇ
        ぁ……(手を取り微笑まれると口をぱくぱくさせながらこくこく)……わ、私も、できる限り……半分こで支え合い、なのです(その手に更にもう片手を添えて)
        (その手がぎゅっとにぎられるとびくぅ!として)……は、はいっ!? え、えと……その……(プロポーズを受けると少し、戸惑ってみせるが)
        (すぐにぎゅっと握り返し笑顔を向け)……喜んで、ですっ!私もがんばってロシェさんの力になれるよう頑張りますっ!私からもよろしく願いします、ですっ!
        ……あ、でもでもっ、ロシェさんの故郷に行く前に、私の故郷のひとたちに挨拶しておきたいので…… -- クリエ 2014-08-26 (火) 00:14:02
      • …んん、そう…ですねぇ…多分、そうとうからかわれると思いますのでぇ…面倒なところはスルーしてくださいねぇ…?(扱いが軽く酷い)
        (勢い余って完全にプロポーズになっていた事に後から気付く。しかし、それは紛れも無い本音で、何れ必ずしたい事であって…)
        (軽くフリーズしかけたところを握られた手の感触で、我に返れば聞こえてきたのは快諾の言葉。安堵に、軽く腰が砕けかける)
        うぅ、先走ったことを言ってしまった気がしましたけどぉ…良かった、ですぅ…
        あ、それに関しては…大丈夫ですよぉ。僕も、すぐに故郷に戻るというわけではありませんし。…その、折角ですから僕もそのご挨拶に、同行してもいいですかぁ…?
        ちゃんと、クリエさんを守ります、って…クリエさんを救ってくれた人達に、言っておきたいですからぁ。
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 00:36:34
      • からかわれる、ですか……予想しているのと随分違うイメージです……
        ロ、ロシェさん?……だいじょぶです?荷物整理が響いたんです?もし疲れているのならマッサージでも……
        先走ったなんて、私もこの身体になったときから……その、ついていこうと決めていましたから……
        あ、ぜひぜひっ!ロシェさんのことも紹介したいですし……それに、2人で旅をするのも楽しいかとっ!
        ロシェさんの故郷に行ったら、ロシェさんずっと勉強の毎日になっちゃいそうですし…… -- クリエ 2014-08-26 (火) 00:47:09
      • きっと想像している威厳に溢れたくーるな吸血鬼、というのは大幅に間違っているのでぇ…がっかりは、しないであげてくださいねぇ…?
        だ、大丈夫ですぅ…ちょと、大胆な事を言ってしまったのに気付いて自分でびっくりしちゃっただけ、ですからぁ…
        二人での旅………なんだか、その言葉だけでわくわくしてきますねぇ…♪ご挨拶は、ちょっと緊張…ですけど、安心してもらえるように、がんばりますぅ。
        だいじょぶ、ですよぉ。クリエさんに寂しい思いをさせるような事は絶対にしませんからぁ。族長候補…とは言っても、引き継ぎをするまではまだまだ時間がありますからねぇ。
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 01:01:01
      • が、がんばりますっ(こくこく)
        私も、ちょとびっくりして戸惑っちゃいましたけど……嬉しかったので、結果オーライなのですっ!
        私はもう急ぐ必要がなくなっちゃいましたから、少し寄り道しながらのんびり向かっても良いかもですねぇ、ちょと観光したり、温泉に行ったり……
        だいじょぶですっ、みんな良いひとたちなので……あ、アンチせんせい(ギロチンクロスのひと)に会うときはちょと注意がいるかもですが……あんまり頑張るところはないですよたぶん
        私もその間、一族のこととか薬のこととか勉強してますからっ、ロシェさんは自分のことに打ち込んでもだいじょぶですよ……でも時々……時間を作ってくれると嬉しいかもですっ -- クリエ 2014-08-26 (火) 01:12:07
      • 露骨にうわぁ…って顔をしてしまうと、こう…傷ついたりするナイーブな性格な割に態度が大きかったりで…色々、アレなのでぇ…(面倒臭い、というかお)
        あ、いいですねぇ…卒業旅行って感じでもありますしぃ。クリエさんと、沢山楽しい思い出作りたいですし。(こくこく)
        えと、僕…割りと人見知り、する方…なのでぇ…この学校に来た時も、結構頑張ってたんですよぅ…?それに、頼り無いと思われたら嫌ですからぁ、やっぱり頑張らないと、ですぅ。
        (健気で控えめな言葉に思わずぎゅぅ、と抱き締めて)…もっとワガママを言ってくれてもいいんですよぉ…?
        こ、恋人…なんですからぁ…僕は、クリエさんにもっともっと、甘えて欲しいですぅ…。
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 01:26:28
      • えと、えと……難しいひとですね……(めっちゃ顔に出るたいぷなので)
        出発までにここから故郷までのルート上で、面白そうなところピックアップしておきますね……今からとっても楽しみですっ!
        あんまりそう言う風に見えなかったのはロシェさんがいっぱい頑張ってたからなのですねぇ……頼りなくなんてないですっ!私を救ってくれたひとが頼りない訳ないのですっ!ちょと、メイド服が似合うだけなので……
        わ、ひゃっ!?……あ、えっと……今まであんまり……甘えたりとか、なかったので……どうしたらいいか……
        ……じゃ、もうちょとだけ……このまま、ぎゅっとしてほしいです……(腕を背に回し、顔を胸に埋めてぎゅっとして) -- クリエ 2014-08-26 (火) 01:40:04
      • …はぁい…とても申し訳…無いですけどぉ…あっ、でもでも、クリエさんの事は気に入っている様子なのでぇ…多分、大丈夫ですよぉ…?
        クリエさんの故郷の方は結構モンスターも多いところ、でしたっけぇ…楽しむだけじゃなくてぇ、ある程度気も引き締めておいた方が良さそうですねぇ。
        気を張っていた部分も多かったのでぇ、あまりそちらの疲れは感じてなかったんですけど…この学校で、楽しく過ごせていなかったら…押しつぶされてたかもしれませんねぇ。皆さん良い方ばかりで…本当、良かったですぅ。(メイドという単語に一瞬目がジトっとしかけた)
        そういうところも含めてぇ…二人で、成長していきましょうねぇ。こんなことだったら、何時でもお安い御用ですぅ。
        (背中に回した腕にぎゅっと力を込めて)僕には、何も遠慮することなんてありませんからぁ。
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 20:37:45
      • 何が気に入られちゃったんでしょう……話を聞くとちょと不安ですが……
        多いことは多いですけど、森や平地のものはふつーにしていればあんまり襲ってこないですよ、動物みたいなモノなのですっ
        今となってはオチがわかってしまってますけど、使命の方も重かったですからねぇ、周りがまわりじゃなければ危なかったですよね……
        ……甘え方、あんまり解らないので、加減できないかもですよ?覚悟、しておいてくださいね……? -- クリエ 2014-08-26 (火) 22:47:54
      • ええと、「かわいいものが好き」なんだそうですぅ。単純にクリエさんとってもとっても可愛いから…だと思うんですけどぉ
        あんまりという事はそういうものも中にはいると…ちょと腕試しもしてみたい気はするんですけどねぇ。襲って来ないのなら、こっちから殴りかかるような真似はしたくないですねぇ。
        殺伐としてた所だったら、心が危なかったかもですぅ…そういう意味でも、僕は幸運でしたねぇ。
        はぁい、覚悟はもうとっくに決めてますからぁ。クリエさんの、全部を好きになるつもりですぅ、だから大丈夫ですよぉ。
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 23:14:53
      • (あぁ、ロシェさんも可愛いから始祖さんの力借りれたのかな、と言いそうになってやめる けど顔には出てる)
        洞窟とか、所謂ダンジョンみたいな場所にいるモンスターは人間慣れしてないので襲ってきますけどねぇ……あ、でも向こうのモンスターなら大抵の対処法はせんせいに教えてもらっているのですっ
        ある意味サツバツとした部分はありましたけどね……(ガチな模擬戦して運び込まれる生徒思い出し)
        私も、ロシェさんを全部……(むぎゅぅ そして少しの間無言)……本当に、生きてるっていいですねぇ……ありきたりな言葉ですけど、今はちょと特別です…… -- クリエ 2014-08-26 (火) 23:36:19
      • (ジト…)…僕の場合はぁ、始祖様の血が濃く受け継がれて…器が似ている、というだけでぇ…見た目は関係ないですからねぇ…?
        んー…ちょっと興味はアリますけどぉ…(冒険心があると男の子アピール)折角の旅で、変に怪我をしてもつまらないですからやめておきましょうかぁ。
        …僕も少なくともその時点ではサツバツとしたものありましたし、アレックスさんもそうですしぃ…局所的には確かにありましたねぇ。
        (深く同意して、こくこくと頷いて)ホントですぅ。僕も、今にして思えば少し前までは…殉教者のような気持ちがありましたけどぉ…
        死んでしまっていたら、こうしてクリエさんを抱き締める事も…幸せだと思うことも、出来なかったんですからねぇ…
        -- ロシェ 2014-08-26 (火) 23:43:58
      • あぅ……ごめんなさいその目やめてくださいっ……つまり、始祖さんに似ていた、という事なのですね……女装が多かったのもその影響と言うか、サガと言うか、その辺も関係していたのかもです
        対処の仕方さえ解れば難しくないですよー……ですね、万が一怪我しても治せますが、観光をメインとしてそういった遠回りは避けておきましょう
        (抱きついたまま見上げる 目の前にロシェのかお)私は、学校時代もしやわせでしたけど、今はもっとしやわせなのですっ!これからはロシェさんを沢山しやわせにするのですっ!それが私のしやわせでもあるので…… -- クリエ 2014-08-26 (火) 23:59:27
      • 実際、体を持っていた時には…ボクと似たような風貌だった、と聞いてますぅ………っ!?(その可能性、というよりも下手をすれば若干の運命改変すら出来ると聞く始祖の手によって仕組まれたものだったのでは…?という考えに至り目元が険しくなる)
        修行にはなるかもしれませんけどねぇ。…そういえばちょとだけ調べましたけど、クリエさんの地方だと冒険者は皆職業につかなきゃいけないんでしたっけ…?
        えへへ、僕は今でも十分すぎるくらいにしやわせですけど、もっともっと沢山この幸せを増やしていきましょうねぇ。
        (幸せそうに微笑んでクリエの顔を見返せば、唇に目を惹かれて)
        -- ロシェ 2014-08-27 (水) 00:15:26
      • 就いた方が色々な修練を積めるので強い……という感じですね、見習のままずっと冒険している猛者もいるにはいますが……
        ですですっ!さっきいっぱいワガママ言っていいって言ってくれましたけど、ロシェさんもしたいこと、して欲しいことあったら何でも言って下さいなのですよ 時間はいっぱいあるのですから……
        ぁ……(視線に気付いたのか、ふっと優しい笑みを見せて目を閉じる 抱きついたまま背伸びをして) -- クリエ 2014-08-27 (水) 00:25:27
      • 猛者というよりも物好き、酔狂の類な感じがしますねぇ…クリエさんもそちらで修行をしてた、ということはぁ…職業、ついてるんですぅ…?お薬関係でしょうかぁ。
        はぁい、僕も人には遠慮がちなところありますけど…クリエさんには、一杯甘えさせて貰いたいですぅ。一緒に、いろんな事したいですからねぇ。
        (意図に気付かれてしまった気恥ずかしさはあるが…こちらも目を閉じれば、ゆっくりと顔を寄せて)
        (柔らかな感触が唇に伝わる、ほんの少し触れ合う程度の初々しい口付け)大好きですよぉ、クリエさん…♪
        -- ロシェ 2014-08-27 (水) 00:59:44
      • 私はアルケミストとか、クリエイターとか……要するに薬師ですねぇ、それと、せんせいがギロチンクロス……暗殺者なのでその辺も少し……です ロシェさんが就くとしたらやっぱり魔術師系でしょうか
        ツァリティモさん達がやってることも少し聞いて居るので、その辺も追々、ですね(でも聞いてたのは一緒に寝る、程度)……あ、ダメですよぅ、ひとにはいっぱい甘えていいとか言って、そこで遠慮するのはずるいですっ!
        (唇と唇が触れる、それだけなのにとても幸せな気分で胸がいっぱいになった 唇が離れると、再びぎゅっと抱きついて)私もです……改めて、これからずっとよろしくなのですっ! -- クリエ 2014-08-27 (水) 01:08:34
      • (そちらの技術も多少教わっていた、という事に少々驚いた顔)んと、多分そうですねぇ。今なら、技術職以外でしたらある程度何とかなるとは思いますがぁ…
        えっ。ツァリさんと…ティモアさんに、です…?(あの二人から聞いた、という事は誇張されたり変な事を吹聴されてないか若干気がかりになった)
        言うのは簡単…なんですけどねぇ…はぁい、気をつけますぅ…それじゃあ、差し当たって…
        (指先でクリエの顎を持ち上げれば、もう一度、先程よりも少し長めに不意打ちのようにして唇を重ねて)ずっと、ずっと一緒ですぅ。離したりなんかしませんからねぇ
        -- ロシェ 2014-08-27 (水) 01:26:01
  • そういえば、ロシェが卒業後どうするか聞いてなかったナ。そもそもまだいるかどうかも分からないガ -- リドバ 2014-08-19 (火) 21:44:36
    • あ、リドバさん。ご卒業と、春香さんとの交際、おめでとうございますぅ。(とても嬉しそうな笑顔)
      僕は地元に帰るつもりですよぉ、来年の春くらいまではこちらに留まる予定ですけどねぇ。
      一応、次期族長候補…というものになってしまったのでぇ…追加で勉強しておきたい事が幾つかありますのでぇ。
      -- ロシェ 2014-08-19 (火) 22:46:25
      • …アぁ、春香が卒業式で宣言したからナ…オマエは嬉しそうダナ?
        アぁ、やはりそうカ…こっちはもうしばらくダナ、近くの街でこれからの事を話し合って、そこからダ
        …ほぅ、族長…吸血鬼の族長と言うのも珍しい気はするナ、何せ一匹狼のイメージだ -- リドバ 2014-08-19 (火) 22:53:39
      • はぁい、リドバさんにも文字通り春が来たんだなぁと思うとなんだかうれしくってぇ…行路は大変と思いますがぁ…幸せになってくださいねぇ?
        なにせ北国なのでぇ…冬に入ってしまうと進むのが大変ですからねぇ…その後は、地元に戻られる予定はあるんですぅ…?
        僕の国は特殊ですからねぇ、吸血鬼以外にも、そういったイメージの強い種が多いですがぁ…種はどうあれ、やはり個人差というものはありますからぁ。リドバさんだってそうじゃないですかぁ?
        -- 2014-08-19 (火) 23:03:21
      • …マぁ、オレみたいなオークが人の恋人と言うのはおかしいとオレも思うがナ…アぁ、そこは任せろ。幸せになるシ、幸せにするつもりダ
        いや、オレはもう戻らナイ。戻らない方が奥の森に移る計画だからうちの部族のためでもアル…それに、春香をオークの村につれてく訳にもナ
        なるほどナ…色々とある訳カ、しかし族長…こんなに小さいのに大変ダナ(子供にするように頭をナデナデ) -- リドバ 2014-08-19 (火) 23:15:58
      • おかしくなんて無いですよぉ、愛は種族の壁を超えますからぁ…吸血鬼なんて、そもそも絶対数が少ないですから大体異種愛ですからねぇ。(嬉しそうにこくこく頷いて)
        …どうしても説得が不可能そう、というのであればそれが無難なんですかねぇ…ですがぁ、故郷の事ですしぃ…折を見て、生きているという報告…人の世を見て感じた所感なんてものは、伝えてみてもいいんじゃないかなぁ…と思いますぅ。
        今は魔族である事を逆手に取って、異種族交流を出来る観光産業をやっている国なんですよぉ。何時か来てみて欲しいですねぇ…
        …うぅ、小さいのは仕方ないんですよぅ…始祖様の遺伝が特に強いみたいですから僕はぁ…(ぐぬぬ、という顔で撫でられる)
        -- ロシェ 2014-08-19 (火) 23:22:54
      • オークは絶対数が多い癖に、割と異種姦が多いナ。他の種族を孕ませても生まれるのはオークに近いからかもしれないガ
        下手に帰ると、逆に意外といけるとか思ったり、あるいは逆にオークに不利な事を言うと洗脳されたとか言って追われる身ダ…そうなると、親族まで被害が及ぶ。マぁ、言いたい事は分かるガナ
        ふむ、変わったところダナ。観光にはしてないガ、近くの街もある意味何でもありとは聞くガ…行くことがあったら寄らせてもらおうカ
        マぁ、長になったとしても女装したりメイドになったり女になった事は言わないから安心してクレ -- リドバ 2014-08-19 (火) 23:35:35
      • そもそも交配が可能、という時点で様々な種族と愛を交わせる可能性の高い種族なんだと思いますよぉ。これから変わっていけばもしかしたら…人間さんになり変われるくらいの可能性を秘めてるのかも、ですぅ。
        …本当に、厄介ですねぇ…その辺りの暴力性の高さが他の何かに変われば…例えばドワーフのように鍛冶に対する情熱だったり…に出来れば、きっと凄いと思うんですけどねぇ…
        はぁい、そうしたら、エテルネールの名前を出してくださぁい。地元ではそれなりの名士ですので、色々と便宜をはかってもらえると思いますからぁ。
        …一番バレたくない人にもうバレてるのでぇ…その気遣いは不要、ですかねぇ…(死んだ魚の目)
        -- ロシェ 2014-08-19 (火) 23:44:09
      • なかなか前向きな発想ダナ…オレとしては、今まで繁殖力だけは強いとだけしか思ってこなかったガ
        それは難しいナ、闘争と繁殖がオークの根本ダ…オレの一族だけが変わってて、お陰で浮いていたとも言えるガ…
        そうして友達の名前を出して便宜を図ってもらう…と言うのがあまり性に合わなさそうダガ…マぁ、困った時はそうするカ
        …そうなのカ、誰かは分からないガそれは難儀な事ダナ…オマエのその目も、久しぶりダナ? -- リドバ 2014-08-19 (火) 23:53:11
      • どうせなら、悪く考えるよりも前向きに考えた方がいい…って、思いますからねぇ。どう考えても、良い方向にはならない事もままあるのが現実というものですからぁ…前向きに出来そうな事くらいは、ですぅ。
        …吸血鬼の中でも異端の一族である、僕が言うんですからぁ。出来ない、という事は無い筈ですよぉ。諦めてしまうのが、一番良くない事だと思いますぅ。
        いやそのぉ…観光産業以外に大した収入源となるものが無い国、なのでぇ…出した方が、滞在費が安くなるっていう事情もありましてぇ…はい…
        ふふぅ…この会話も聞いている筈なんですよぉ…僕の中で、ですけどねぇ…なるべくしたくはないんですけどねぇぇ…
        -- ロシェ 2014-08-20 (水) 00:12:55
      • …そういうものカ、マぁそういう考えもありだろうナ。オレはあくまで石橋をたたいて渡るつもりダガ
        …それはそうダナ、諦めるのが一番よくないものダ。その辺りは、ここで良く学んだことの一つダナ
        …ふむ、マぁ訪れる前にどうするかは考えるようにしよう…あえて、こっそりと入国して驚かせると言うのも面白そうなのデナ
        …そうなのカ?ショウのようなものだろうカ…マぁ、若気の至りというのはあるものダ。これからは気を付ければいいはずダ -- リドバ 2014-08-20 (水) 19:35:53
      • リドバさんはぁ…もうちょっと自分に自信を持つべきではないか、とも思うんですよねぇ…この学園で培った事も沢山あるんですしぃ…?
        例えリドバさんが突然変異のような存在だとしてもぉ…リドバさんが理解出来たのであれば、他の一族の皆さんでも理解が出来ない訳ではないと思いますからぁ。
        でもぉ…出来るなら、なるべく早めに伝えて貰いたいですねぇ。おもてなしの準備とかもありますしぃ。
        ある意味で似たようなものでしょうかぁ…まぁ、僕の一族の始祖様、なんですけどぉ。若気の至りで済ませていいものなのかどうかぁ…ふふぅ…
        -- 2014-08-20 (水) 23:28:06
      • それはもちろん、とはいえ油断大敵ともいうダロウ…マぁ、そう簡単に今までの生き方は変えられないと言う事でもあるガナ
        …可能性としては0ではないガ、害されるリスクが高い以上オレはやらないナ。オマエは長としての認識もあるからそう思うのダロウ、しかしオレはそんな認識はナイ
        部族の未来と、オレや春香の未来をどちらを選べと言われたらオレや春香の未来を選ぶ。どちらが正しいではなく、それがオレの選択と言う話ダナ
        フッ…マぁ、考えておこう…アぁ、オレと春香の新居でも決まったら、それはこちらも連絡する。新居に来るときの連絡は任せるゾ
        …マぁ、いろんなことがあるものダ。前向きに生きるのだろう?なら、気にせず頑張る事ダナ。それではまたどこかで会おう -- リドバ 2014-08-20 (水) 23:57:16
      • まぁ…一度の失敗で全てを失う可能性がある以上はぁ…慎重になるのもやむ無しですけどねぇ…今はもう一人の体でもないですからねぇ…
        (言われてみて、個よりも族を優先している自身の思考に気がつく。それは、長として…というよりも、それは自分の中にある根幹の思考なのだろうと思う)
        (個よりも他を優先する…確かに、長の候補としてはそれは重要な素質なのかもしれないが………)…そう、ですねぇ。折角掴んだ幸せを…離したくは、ありませんよね。
        ちゃんとおもてなし、してもらいたいですからぁ、連絡は入れますよぉ。取り敢えず、天井は高いところにしないと、ですねぇ?
        …はぁい、ようやく…自分らしく、生きていけそうですからぁ。後ろはなるべく振り向かないように…
        …ええ、それではまた、ですよリドバさん。本当に、お世話になりましたぁ。(頭を深く下げて、その大きな背中を見送った)
        -- ロシェ 2014-08-22 (金) 23:00:32

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • 外見の特徴はこのようになっております 銀髪、赤目。服装は一張羅がこれというだけで別段普段はマントはつけていない
  • 身長150cm弱、細身で華奢な為実際よりも大分小柄に見える体格
  • 少々間延びした丁寧な口調で、基本誰に対しても下手気味に回る腰の低い穏やかな性格。押しが弱そうに見えるが案外そうでもない
  • 意図的に弱体化する事を選びその結果多くの弱点を克服していった吸血鬼の一族の末裔
    • 以下一般的な吸血鬼の弱点と彼に対する効力
      • 日光:問題なく日中の行動が可能。とは言え直射日光を長時間浴びていれば体調は崩す。
        炎:人間並みには不得手。
        ニンニク:美味しいですよねガーリックパスタ。
        十字架:エンチャントでもついてなければ問題なく触れる。モチーフとしてはむしろ好きな部類。
        流水:カナヅチ。
        鏡:普通に映り込む。
        招待制:ソーシャルゲームは招待されなければやらない
  • 同じく一般的に吸血鬼が持っているとされている能力についても概ね減衰、或いは消失している
    • 以下一般的に持っているだろうと言われる吸血鬼のスキルを有無
      • 不死性:生物ですから死ぬ時は死にます。老化は緩やかで全盛の肉体を保つ期間が長い
        吸血・吸精:それらを糧とする力が無い訳ではないが、不要。
        変身:小さな白い蝙蝠へと变化出来る。
        飛行:人間体の時は不可能。蝙蝠時は可能
        催眠:この穴の開いたコインをじーっと見て下さい?眠くなりませんか?ならないですか、そうですか。
        支配能力:炊事場を取り仕切るのは得意
  • 上記の通り吸血鬼らしさが大分薄いが本人的には吸血鬼としての誇りは有るとの事で一種の美学のような挟持を持つ
  • と言いながらも本人は今まで一度も「吸血」を行った事がない。
    • トマトジュース(有塩)は大好物である。無塩のトマトジュースはトマトジュースではない、とまで言い張る
  • 見た目は華奢だが身体能力は一般的な人間に較べて高く。が所謂吸血鬼らしい異常なまでの身体能力は持ちあわせていない。膂力で言えばりんごは握りつぶせない程度。
    • 特筆すべきといえばAGILITYだろうか。逃げ足はとにかく早く、跳躍力もそこそこ。
  • 祖国は通称「ハロウィンの国」と呼ばれている北方の小国。基本的に敵対性が強いとされる魔に連なる種族の中でも変わり者な他種族に対して友好的な者達が集う国
    • 主要産業は観光業。国全体が一種のテーマパークのようになっており、通常出逢えば危険とされる種族にも安全に接する事が出来、もしも外で出会った時の為の対策まで教えてくれると評判が良い
      • エテルネール家はこの国の建国の祖の一角であり、本国では割りと有名。とはいえ一族の人数は相当数いるので別段敬われているという訳でもない。
  • 追記は多分あります

ぺあこめ Edit

+  見ちゃうんです…?

コメントアウトと相談用兼一人遊びするコメント Edit

 &color(#cc0066){ };

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • まとまらなーいまとまらなーいですぅー。 -- ロシェ 2014-07-31 (木) 00:54:48
お名前:

Last-modified: 2014-08-22 Fri 22:22:43 JST (2424d)