神出鬼没の LC Edit

- SOUL MASTER -
qst088791.png称号神出鬼没の
名前LC
読みルーシェ
容貌中性的な銀髪14歳
惑星サンクチュアリ星系・第4惑星『メメント・モリ』
戦績00勝00負00分
本名ルーシェ
性別男性年齢14
職業ちゅうがくせい
霊圧あえて明記しない
企画HOBBY ROBOT BATTLE G


+  ソウルユニット


LCのマイルーム(等) Edit

スノウィちゃんのとこからもらってきた) exp035007.png
編集:1・2の3で消えますからね
差分:1・2の3で消えますからね

お名前:
  • さあて…ルーシェ殿ー?その後如何でござるかー?(チョイーッスと雑にマイルームに来る忍者) -- 堂仁 2019-12-30 (月) 23:11:31
    • 元気です。はい(玄関で出迎える……というよりはちょっと前から居たような佇まい) -- ルーシェ 2019-12-30 (月) 23:16:37
      • おお!良かった良かった!……いやな、ほれ、ルーシェ殿は例のアレでござろ?ドッペル某。…もしや消去などされておらうかとな(近づいてこそこそ耳打ち)
        しかし、何かやっておったでござるか?(とその佇まいを見て首をかしげて) -- 堂仁 2019-12-30 (月) 23:24:04
      • あー、ええ、まあそのような感じの。でも運営さんにお話して、正式に許可貰いましたので。
        ……で、ええ、まあその。エヴァンジェリンさんとヴィータさんがお着替えなさっておいででいらっしゃいまして(よく見るとちょっと顔が赤い)
        お茶もお出し出来ませんけど、運営さんの件でも話しましょうか。
        (玄関に置いてあるシンプルな丸椅子を堂仁に勧めつつ)こう、ぼくの場合はちょっと特殊なケースだそうで。
        ……本来NPCというのは生成時点で、役割と周囲の関係がある程度構築されてるんだそうです。
        でもぼくは、ソウルマスターであること以外は空白で……とは言え知識もないので疑問に思う余地もなかったんですけど、ね。
        -- ルーシェ 2019-12-30 (月) 23:41:19
      • 「そうして過ごす内に、自他──いわゆるプレイヤーとそうでないものの違いに気が付き、それが自我の芽生えとなった……らしい」
        ルーシェの背後のドアがシュッと音を立てて開き、黒のゴシックドレス姿のヴィータが現れる。 -- ヴィータ 2019-12-30 (月) 23:43:02
      • 「あら、いらっしゃいませ、堂仁様」
        続いて現れた白いゴシックドレスのエヴァンジェリン略。ドレスの裾を摘んで華麗に会釈する -- エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ 2019-12-30 (月) 23:45:18
      • おおそいつはめでたい!(ぱん、と笑顔で柏手を打つ少年)ここの運営も話が分かるでござるな!…ま、一癖も二癖もあるプレイヤー達を纏めている以上、当然でもござるか(と笑い)
        ……着替え?あー…(と、その言葉と彼の赤らんだ顔に納得する。…その顔自体も人によっては可愛らしくも見えるだろうな、とまでは言わなかったが)
        はは、サリア殿はそれに決まったでござるか。それでもちょっと長いでござるし、折角名付けたので拙者はサリア殿と呼ばせてもらう(と椅子に座って)
        ふむ…そうであるな。エドバクフでもNPCは殆どが役割を持つ。あの星の場合は伽藍忍法帖の登場人物としてや、賑やかしの町民なりでござるが。
        ならばそれはルーシェ殿の場合は逆にそれが上手く作用して…(と言いかければ、ヴィータとエヴァンジェリンの姿。それを見れば、一瞬、ぽかんとして)
        …おお…いやはやこれは見目麗しい。あの時はバタバタしてあまり見ていられなかったでござるが…これは素晴らしい…。
        (着飾ればこうも美しくなるのか、と慌てて一拍遅れて会釈に頭を下げ返す。…直前までうわ胸部装甲ハンパないみたいな視線を無意識に向けてしまってたのを誤魔化すためでもあるが) -- 堂仁 2019-12-30 (月) 23:57:42
      • 「ええ、名前に関しては頂いた方からはそのように、そうでない方も選んで呼べるようにと……」
        殿方はそういう物だと知っていれば、気付いていても涼しい顔をする優しさがエヴァンジェリンにもあった。 -- エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ 2019-12-31 (火) 00:04:18
      • 「そうだな、我がサンクチュアリ星系も同じようなものだ。ある程度の役職はイベントに際して付加されたものであるが」
        この格好の時はそうした所作をするのか、と主人を見てからそれに倣って会釈する。ぎこちない。 -- ヴィータ 2019-12-31 (火) 00:06:46
      • まあ、そういうわけなので元々ぼく自身には削除フラグは立っていなかった訳で。
        ……でも、喜んでもらえて嬉しいです(照れ笑いを浮かべて)
        -- ルーシェ 2019-12-31 (火) 00:08:41
      • 「削除を免れたのは私達の方ですね……制御システムに居る12人の同胞も含めて……」 -- エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ 2019-12-31 (火) 00:09:30
      • む!(先程のエヴァンジェリンの会釈はあまりにもスマートだったためにその所作自体に目が行ってしまっていたが)
        (ヴィータのぎこちない会釈、そして下方にどうしても向かい重力によって落ちるように僅か形を変える大きなそれ)
        (当然、ブラはしているのだろうが、だとしても質量が質量、方向を変えた事によってより強調されたラインは豊かなる褐色の大地!)
        ……こ、こほん。いやなんでもござらんよ?…礼が不慣れなのも、微笑ましいなぁ、と思っただけで。うむ(実際、それはそれで素直な感想ではあったが、たぶん白い方にはバレてる)
        はは、それはそうでござるよ!友人が居なくならないのを喜ばぬ者がおろうか!ルーシェ殿にはまた、射撃のコツを教えてもらいたいでござるしな!(とからからと笑う)
        (そうして制御システムの言葉を聞けば)あー…確かに、全体としてはそっちの方が大問題でござるよな…綱渡りでござったが、上手く転がって良かった…。ちなみにしっかり代替はできているのでござる? -- 堂仁 2019-12-31 (火) 00:21:34
      • 男ならば見るのは当然と思っているので特に反応はしない。ただし知識は諜報系に偏っているため、エヴァンジェリンとはなんとなくニュアンスが異なるが。
        「仕方あるまい。データして持ってはいても、実際にこのようなことをするのは初めてだ」 -- ヴィータ 2019-12-31 (火) 00:36:11
      • (へへへ、と照れ笑い)……うん。そうですね……じゃなくて、そうだね、の方が自然ですよね? -- ルーシェ 2019-12-31 (火) 00:36:56
      • 「多少、活動にムラがありますが……実際の恒星もそういう事は多々あると聞きますので、概ね順調かと」
        それにしても……と続けて、
        「そちらも、大変だったご様子で。私もあの場で見てはおりましたが……」
        チェルノボーグの件である。自分の命が掛かっているのだから、介入しても良さそうなものではあったが、そうしなかった。
        結果論ではあるが、その判断は間違いではなかったと思っている。 -- エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ 2019-12-31 (火) 00:41:17
      • はは、ならばもっともっと行ってその知識を身に馴染ませるとよかろう、もう、反乱に気を揉む必要もなかろうしな(セーフ!!と内心思いつつ言う忍者。全然セーフじゃない)
        (いちいちこいつも可愛いなぁ!?とか照れ笑いを見つつも)ふふ、好きにするがいいでござる。ルーシェ殿には役割などない。決まり決まった自然さに収まる必要はないのでござるからな。
        …だが…まあ、良いのではござろうか。そういうのも、な。さあどんどこ来るがよい!呼び捨てでも構わぬぞ!(おどけたようにカモーン、みたいなポーズして)
        む?いや別に?(とかエヴァンジェリンにはそう言う)……いや、大変と言えば実に大変ではござったが。かつてここまでがっつりと修行して、
        コインの裏と表を十回連続で当てるような賭けを繰り返して、それでも勝てるかどうか分からぬような勝負は初めてでござったからな(などと、様々な思いを巡らせ視線を部屋にさまよわせていたが)
        …それでも、楽しかったでござるからな。その過程も、結果も。もし、の話は余り意味が無いでござるが…仮に、負けたのだとしても、楽しかったと思うでござるよ(と、にかりと笑って言う) -- 堂仁 2019-12-31 (火) 00:53:29
      • 「……まあ、そうだな。無駄になる経験でもない……か」
        男性陣の反応を見れば、無表情なりに吝かでない気もしてくるものである。 -- ヴィータ 2019-12-31 (火) 01:10:47
      • 流石に一足飛びにそれは難しいでs……難しいなあ!まあ、やってみま……やってみる、よ。
        えーっと、堂、仁……(口幅ったくて、もにゅもにゅしながら呼んでみる)
        -- ルーシェ 2019-12-31 (火) 01:12:27
      • 「ええ、楽しんでいらしたのも存じております……大変、良い物を拝見させていただきました……」
        そう、楽しそうにしていればこそ、水を差すような真似はしたくないと思えたのだった。 -- エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ 2019-12-31 (火) 01:15:03
      • それに、戦に繋がる知識だけでは問題もあろ?言ってしまえばそのような知識のみでは真にやらねばならぬこともできまい。
        Drヘルムのような反乱を事前に予期するためにも、無駄に思えることも必要なのであると考えればよいでござるよ。
        (とか偉そうに言ってるが、その視線は二人の腰回りの方をさりげなく見ている。オイオイオイ圧迫祭り開催しなきゃだろコレ。白と黒のせめぎあい…!挟まりたい…!)
        ははは!ヴィータ殿にも勝るぎこちなさよな!おうよルーシェ殿!その調子でござるよ!(と、そこまでからから言って…何かに気づいたように、こほん、と一つ咳ばらい)
        …あー…、一応言っとくけどな。殿付けんのは俺のロールだから人には呼び捨てにさせんのにお前は殿付きかよってのは悪ぃな、許せ。
        ま、あれだ。いつか…本当にいつになっかは分かんねぇけどさ、リアルに出てこれるようになったりしたら…そん時には、な(と、にかりと笑って言い、またこほん、と)
        はは、お粗末様でござったよ。まあ、どちらにしろ拙者一人ではあのような結果にはならなかったでござろうからな、観客席で応援してくれた者たち含め…皆の勝利よ。
        (と、そこまで言って、今まで座っていた丸椅子から立ち上がって)…さて、お三方の元気な(そして大変艶めかしい)姿も見れたことでござるしそろそろ失礼するでござるかな(と言っていたが、足を止めて)
        あ…そうだ。数週間後辺りに、エドバクフで大々的に射撃大会をやるそうでござるよ。折角ならば、ルーシェ殿も一緒に出ぬか?
        そしてお二人も、よろしければ観戦など。ついでにエドバクフの案内もするでござるよ(そう、笑って言う) -- 堂仁 2019-12-31 (火) 01:32:20
      • 「そういえばシノビと呼ばれる者は様々な知識に精通していると聞き及ぶ……一理あるな」
        などと言いつつどこを見ているのやら……と思ってはいるが、ルーシェと友情を育んでいるようなので余計なことは言わないことにしておく。 -- ヴィータ 2019-12-31 (火) 01:43:55
      • はい、じゃなくてうん……あはは、うん、分かってま、分かってる……有難う、堂仁。
        (14年。プレイヤーの中にそれとなく混じって暮らし、自身の出自をどう受け取られるか分からず、ひた隠しにしてきた)
        (そうと知ってもちゃんと友人として接してくれる。それが有り難くて、また照れたような、ハニカミ笑いを浮かべた)
        -- ルーシェ 2019-12-31 (火) 01:47:20
      • 「あら、もうですか?お構いできず……あら、それは楽しげな。さておき、お気をつけてお帰りくださいね」
        再び、スカートの裾を摘んで一礼。 -- エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ 2019-12-31 (火) 01:49:05
      • うん、ぜひぜひ。またね、気をつけてくださ(大丈夫そうになってきた所でエヴァンジェリンに釣られて敬語になりそうになった)
        ……気をつけて。まあこの辺りはPKも出ないけど、ね。
        -- ルーシェ 2019-12-31 (火) 01:50:29
      • 「……思えば視線を悟られないのも修行の一環なのではあるまいか。まあいい、気をつけてな」
        再び主に倣い口調に似合わぬ礼で見送った -- ヴィータ 2019-12-31 (火) 01:51:45
      • ん!ならば拙者もその時に備え腕を磨かねばな!ふふふ修行修行に継ぐ修行!そしてそれを友と行えるのであればまた楽しく!
        (などと照れ笑いを見て拳を握りしめて言う。そう、楽しんでもらいたい。自分が人でなかろうとも、ただのデータの塊なのだとしても)
        (それは、ヴィータと、エヴァンジェリンにも。戦うだけではない楽しみを、紫の瞳持つ不器用な彼女にも)
        (システムから観測しただけでない、自分自身で感じる外の世界の楽しさを、赤の瞳持つ可憐なる彼女にも)
        (なぜなら…それは彼と彼女達がこの世界をよりよくしてくれたおかげなのだから。目一杯に、そうして良かったと思えるように)
        さ、では拙者は失礼致す。それではまたいずれ。さらばっ!(言って玄関のドアを開け、その先の廊下の床に煙玉を叩きつける)
        (ぶわりと白煙が吹き上がる。その煙からは、ラベンダーと、ベルガモットと、ローズマリーの香りが、なぜだか絶妙な配合でして。煙が消えた時忍者の姿は無かった) -- 堂仁 2019-12-31 (火) 02:04:39
  • エネルギー系のスナイパーを見ない理由が何となくわかりました…… -- ルーシェ 2019-11-30 (土) 21:51:44
  • 装備できないじゃないですかー! -- ルーシェ 2019-11-30 (土) 21:51:10

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

ソウルマスター Edit

  • LC
    • ルーシェと読む
    • 銀髪に紫色の瞳、肌は白く中性的で整った顔立ち
      • 中性的だがどちらかと言えば女の子っぽく見える
    • 体つきは14歳にしてはちんまくて華奢
    • 落ち着いた性格……と見せかけてぼーっとしてるだけ
      • パーティでいつの間にか壁際まで追いやられて楽しそうにしているのを楽しそうに眺めているタイプ
      • 気配を消すのは得意……?
    • 新規プレイヤーではないっぽい

そして居候 Edit

  • エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ
    • 恒星サンクチュアリ管理システム中枢だったサンクチュアリ人
      • 皆から名前を貰ってご満悦
    • 銀髪に赤い瞳、肌は白く美しく整った顔立ちの女性
      • その胸は豊満であった。尻もまた然り。
    • ボディはサンクチュアリ人のアーキタイプフレームそのまま
      • 事実上ソウルユニット兼ソウルマスター
  • ヴィータ
    • エヴァンジェリン以下略の元部下
      • ミス仏頂面
    • 銀髪に紫の瞳、肌は褐色で美しく整った顔立ちの女性
      • その胸は豊満であった。尻もまた然り
      • バイザーだけは絶対に取らない。取らないったら取らない。
    • ボディはサンクチュアリ人のアーキタイプフレームを隠密系カスタムしたもの
      • あまり戦闘向きではなく、イベントでも裏方として東奔西走していた
      • 事実上ソウルユニット兼ソウルマスター
        +  エヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ様のフェイバリットアニメ


      チームTRUE SUCCESSOR Edit

      • チームTRUE SUCCESSOR(サクセサー)は生まれたばかりのチームです☆
        • 意味は真の後継者
          • ちょっと根に持ってるな……?
      • 構成員は
        • スナイパーのロストワン
        • 隠密のヴィータ
        • 姫のエヴァンジェリン・ジェマ・サリア・リベルタ・ノリカズ
          • ちゃんと戦うのは実質ロストワンだけ
          • 「失敬な、AC-20で私が回避壁だ」
          • 「防御値は単純に装甲強度でしか無いので……」
          • 「なんと……!?」

      ソウルユニット Edit

      • ロストワン
        • 曲線主体で構成された装甲を持つ、高機動型スナイパー
          • 全身図
          • ボリュームのあるシルエットだが装甲としての機能は最低限
          • どちらかと言えば空力カウルに近い
        • 各部に大口径のスラスターが配置され、異様な機動力を見せる
          • 飛ぼうと思えば飛べないこともない
        • 前腕部等にアンカーショット、肩部にサブアームをそれぞれ内蔵
          • アンカーショットは電流を流せるわけではなく、機体の固定などに使う
          • サブアームは格闘に使えるほどの自由度はなく、レールガンの保持用
        • カラーリングは明るめだが、質感は極めてマット
          • ステルスコートの機能を高めるためのマット感
        • ソロでの継戦能力を重視したセッティング
          • であるにも関わらずビーム兵器を装備するほどの出力を確保出来なかった
          • コンデンサでどうにか補ってレールガンを使用しているが、そのレールガンも弾切れがあるため本末転倒
            +  そうびるい

      サンクチュアリ星系・第三惑星『メメント・モリ』 Edit

      • 恒星『サンクチュアリ』を中心としたサンクチュアリ星系の第三惑星
        • 砂漠と遺跡の惑星
          • 発掘作業の盛んな遺跡の周囲に、移動可能な街が出来上がる仕組み
        • 遺跡からはソウルコア(或いはコアが装填済みのソウルユニット)が出土する

      取得物 Edit

      +  アイテムリスト

    フレンドリスト Edit

    こめあう Edit


Last-modified: 2020-01-05 Sun 00:53:05 JST (189d)