このアカウントは削除されました Edit

- SOUL MASTER -
exp037563.jpg称号ビギナーズラック
名前ザラキちゃん
読みざらきちゃん
容貌和メイド
惑星ネオアース・トキオシティ
戦績14戦13勝1敗0分
本名内緒
性別女性年齢14
職業中学生
霊圧
edit/refer
企画HOBBY ROBOT BATTLE G2


- SOUL UNIT -
形態武装少女exp037567.jpg
名称ホワイトポピー
外観えちえち
全長2m重量0.1t
操縦自律+遠隔
戦術蝶の様に舞い蜂の様に刺す
コスト9999
近接 80射撃 60
防御 10機動100
運動120隠密 60
HP1000
変形なし
- SUB PARTS -
名称デコイポッド補正なし説明誘導兵器に対し身代わりとなる。
名称リンクシフター補正なし説明装備の操作権を切り替える。
名称DTBシステム補正なし説明左腕に装着された謎の円筒。
- WEAPONS -
武装形式威力射程弾数総弾数特殊効果
パイルランサー通常近接18000〜1防御50%無視
先端が突き出す突撃槍。
ビームランサーEN近接24000〜1
シュート使用後はビームの穂先を形成する。
ビットビームEN射撃12001〜61248
ビットに装着されたビームガンによる射撃。
ビットソードEN遠隔16002〜61248
ビットのビームを剣状に固定、遠隔サーベルに。
ビットクロー通常遠隔10002〜616部分麻痺
クロ―状のビットが敵に喰らい付き高圧電撃を浴びせる
- SPECIALS -
武装形式威力射程弾数総弾数特殊効果
SP1シュートランサー通常遠隔36000〜4防御100%無視
ランサーの穂先を発射。刺さった穂先は爆発する。
SP2DTB特殊
詳細不明。


三行 Edit

  • 少女には
    • 探し求める
      • ものがある

遭遇 Edit

  • 個人イベント:幸せのありか

  • 現在、ザラキちゃんは行方不明です。
  • ホワイトポピーはドミノシティにいます。
    qst076477.png

    最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

    • 💛
    • うあー。もう11月なのにあっついねー。
      (2061年の秋。公園のベンチに腰を降ろした少女が、照り付ける太陽を眩しそうに見上げながら笑う)
      <<本当、どうなっているのかしらね。温暖化だっておさまりつつあるのってのに>>
      (少女の隣からちいさな声がする。彼女の荷物から人形の上体が飛び出している)
      (銀色の髪に、紫の矢絣模様の和風メイド服。そんな出で立ちの人形が喋っているのだ)
      (それ自体はさほど珍しい事ではない)
      (シンギュラリティ到達以降、AIはその性能を制限されながらも人々の生活に溶け込みつつある)
      (温暖化が解決に向かっているのだってそうだ。主だった国々の政策にAIがアドバイスをしているが故の状況改善だ)
      (もっとも、その傾向を危険視し、警鐘を鳴らす人々も居るが)
      (AIは人間のためにあり、人間を支配したりはしない)
      (人間が自ら望んでAIの下僕になるだけである、と)
      ねえ、沖縄はもっと暑い?80℃くらいあるかな?
      <<沖縄がまるごと砂漠になっているわね、それは>>
      (コイツは何を言っているのかと、呆れた口調で人形は返す)
      手術が終わって、ヒナがサイバー雛子になったら…沖縄行こうよ。
      (唐突にそんな提案をし、少女は空に手を伸ばす)
      <<沖縄?やっぱり空手に興味が…?まあ凄かったものね、あの子の至った境――>>
      …さーたーあんだぎー。
      (少女は空を見上げたまま棒読みで答えた)
      (人形は目を丸くした。いや、リアルでは表情を変える事など出来はしないが…)
      (少女、芥雛子のその物言いが似ていたからだ。それはまるで――)
      (やはり、と人形は思う。少女の、雛子の中には残っているのだ)
      (二つに分かたれた雛子の心。独自に存在したもう一人の雛子の名残りが)
      (まあそれは会話を可能とするため、様々なネタを覚えさせた急造AIの名残りではあるのだが…)
      (それでも消えてしまったわけではない、そう思える事は嬉しく感じられた)
      -- 2023-11-06 (月) 22:02:22

      • <<まあいいんじゃない、国内旅行の費用くらいは残ると思うしね>>
        (それは雛子の医療費の話だ)
        (結局のところ――)
        (芥雛子の父親、龍之介は雛子の心臓置換を認めなかった)
        (「例のテストプレイの記録映像を見せる」という、観衆の1人が思い付いたアイデアも試みられたが)
        (それでも父親の頑なな信念を曲げるには至らなかった)
        (尤も、事件の隠蔽と解決を企んだ魔女の狙いはそこにはなかったのだが…)
        (その魔女、雨里磨璃音はストーリーミッションが実装された日に雛子の病室を訪れるとこう告げた)
        「お前らにギャラが出るぞ」
        (何の話?という反応をする雛子と彼女の人形、キサラを眺め、磨璃音は意地悪く笑う)
        (彼女のかわりに磨璃音の人形、マリオンが説明をする)
        (ストーリーミッションに雛子とキサラをモデルとしたNPCが登場すること)
        (こんための肖像財産権の利用料が、雛子のみならず、キサラの分まで支払われるのだと)
        <<契約はまりねちゃんが勝手にしてしまいました>>
        (…と付け加えて)
        それは黙ってろって言ったろ!?またオレがヤベー事になるじゃねーか!
        (慌てふためく主をよそに、マリオンはその契約書をキサラに送信した)
        (電子契約書。そこに記された二人へのギャランティーの額は…)
        どういうわけかアッサリ、しかもこっちが要求したのよりも多く出してくれたんだ。
        (腑に落ちないといった顔で磨璃音は首を傾げた)
        (彼女は知らなかったのだ。決闘を見届けた観衆の中に、それだけの権限を有する者が居た事に)
        (ともあれ――)
        まあそんなわけだからよ、3年…18の誕生日までどうにか生きろ。
        <<体力もつけてください。負担にならない程度に運動を>>
        (最後にそう告げ、人形使いの魔女は病室を後にした)
        (この後、自分に未来がある事を知った雛子がどうなるかはよく知っていたからだ)
        -- 2023-11-06 (月) 22:24:02

        • そんでー。旅行から帰ってきたらまたあっちに行こうね。
          <<名前と姿は変えないとダメよ?まだ疑ってる人はいるんだから>>
          (「データテイカー事件」…それはSNS上で囁かれる、HRBGを利用したブレインハックの噂)
          (HRBG公式や関係者がまったく取り合わないため、陰謀論の類として扱われているが)
          (それでも、さまざまな不自然さを理由に事件を真実だと語る者は残っている)
          (だから芥雛子とリリィ・キサラは戻るわけにはいかない。少なくとも、前のままの姿では)
          <<まあでも、ろくにお礼も言えてないしね>>
          <<なんとか新アカウントを用意しましょうか>>
          そんじゃー、ヒナはポピーちゃん!キサラはザラキねー。
          <<ドラクエみたいのはちょっと!?ていうかアタシにちゃん付けなさいよ!>>
          (晴れ渡る空の下、少女たちは笑い合った)
          -- 2023-11-06 (月) 22:33:53
        • (ひなげしの花は散らなかった)
          (雛鳥は狭い巣を捨て飛び立とうとしている)
          (その空はきっと爽快なばかりではないだろう)
          (羽搏き続ける事さえこの雛にはまだ困難なのだ)
          (でも心配はいらない。この雛鳥にはもう1枚の翼が、共に羽搏く人工の翼があるのだから)
          (そしてこの雛はきっと下僕になどなりはしない)
          (自分のしたい事は自分で探す。そのために飛ぶのだがら)

          それとねー。もいっこ行きたいとこがあるんだー。
          <<どこよ?…ああ、高校に行きたいとかそういう話?>>
          <<それはまあ、働きながら定時制…>>
          ラスベガス!!
          (しかし性分はあんまり変わっていないのだった)
          -- 2023-11-06 (月) 22:42:20
        • HAPPY TURN EN…「まだ俺のバトルフェイズは終了してないぜ!」 -- ザラキちゃん 2023-11-06 (月) 22:45:51
    お名前:
    qst076477.png

ザラキちゃん Edit

exp037564.jpg
  • ザラキちゃんは初心者かしら?
    • HRBGに登録し一月ほどの新米マスター。
      その割には知識は豊富。戦闘を含めた各種操作にも慣れが見られる。
      大正浪漫を想起させる和風メイド衣装に身を包む銀髪ロリ美少女アバター。
    • ミッション、バトル等への参加はそこそこにこなし
      ソウルユニットと共に、あちこちのエリア…
      主に人気の少ないエリアを探索して回るのを日課とする。
      目的は人探しの様だ。
    • 性格は自信家、小生意気。感情表現豊か。
      アイスクリームが好物。
    • 「ビギナーズラック」号はアカウント登録後1ヶ月以内に
      10連勝0敗達成により獲得出来るもの。
      そこそこレア。

  • ザラキちゃんは先を読む?
    • ソウルユニットは自律型のため、ザラキちゃんは指示役を務める。
      その指示は非常に的確――と言うよりは
      まるで先を見越した様に行動を指示する事が稀にある。
    • また、ホワイトポピーのマルチプルビットを遠隔操作する事もある。
      4枚同時に独立操作出来る上、ホワイトポピーの負担も減ると
      良い事尽くめなのだが、普段はあまり行わない。
+  機密事項 
+  賭けバトルと決闘者 

ホワイトポピー Edit

exp037568.jpg
  • ホワイトポピーはすごく無口
    • 美少女プラモの様な外観ながら、質感はドールに近く
      よほど出来が良いのか、登録したばかりだと言うのに
      恐ろしい程の基本性能を獲得している。
    • このため、素体は「リリィユニット」に違いないと囁かれる。
    • しかし、リリィならば搭載された超AIにより
      人間と遜色ないレベルの自我を発揮する筈なのだが
      ホワイトポピーは感情を表さず、言葉も必要最低限しか口にしない。

  • ホワイトポピーは飛び回る
    • ホワイトポピーの装備は見たまんまの高機動型。
      自重量の軽さも手伝い、非常に高推力。加速性、旋回性も鬼。
      素体は全身が軟質素材で出来ているのか、可動は非常に滑らか。
      このためか、運動性は異常な数値を示している。
      反面、耐久性は無いに等しい。
    • 人間サイズのユニットながら近接戦を主軸とするため
      巨大ロボサイズの敵と戦う場合には
      目標の剣身や銃身の内側に潜り込む戦術を取る事が多い。
    • 飛び回る事が出来ない閉所戦、水中戦が苦手。
      全体的に射程距離が短めなのも欠点。
+  ホワイトポピーの装備 

ケストレル Edit

+  宇宙輸送船 

伝説の人形の伝説 Edit

+  リリィフレームとは? 
+  リリィフレームの軌跡 

獲得アイテム等 Edit

  • 261,350PLA
  • マテリアルキューブ×2


相談 Edit

qst076477.png

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • いろいろ忘れないうちにキャラ解説のコーナー!
    今回は実プレイ時にどうなったかも交えてキャラメイク編のみになります。
    -- ザラキちゃん 2023-11-10 (金) 23:23:29
    • 【キャラメイク編】 -- 2023-11-10 (金) 23:24:45
      • <1−01:使いまわし!>
        今企画、準備期間は長めにありましたが
        期間内に良さげなアイデアが湧くかどうかは運次第。
        これといった新キャラ案が出ないまま、残り1週間になりました。
        まあこればかりは仕方ないため、とりあえず
        1期で使用したリリィフレームの設定を使いまわす事に。
        そうと決まれば、まずはキャラテーマの設定です。
        テーマとはすなわち、そのキャラで何を表現するか、という事。
        これさえ決まれば、キャラを設定する事も
        劇中でキャラを動かす事も容易になります。
        今回のテーマは「人とAI」
        もすこし具体的に言うと…
        ・人とAIの違いとは何か。
        ・AIは何のために存在するのか。
        ・人とAIはどう付き合っていくか。
        まあ、こんなところです。
        このテーマを元にキャラとストーリーを考えていきます。
        -- 2023-11-10 (金) 23:27:36
      • <1−02:かんたんモード!>
        企画スタートまで1週間という状態で考えはじめたわけですが
        この時点で、こんなキャラ作るよゾーンへの参加表明は、私を含めて2人…!
        酒場などでの宣伝も無く、今回は参加者少な目になると予想。
        下手をすると、個人ストーリーを展開したところで
        誰もノッてくれない可能性があります。
        (ジッサイはそんな事もなく、感謝!)
        更に企画期間も短めなため、難しい話をすると尺が足りなくなるかも…。
        ですので今回は「悪者を倒せば解決する話」をする事にしました。
        正直、好みではない話の構成なのですが、尺が足りなさそうな場合は
        まあしかたがありません。かんたんモードです。
        んで、どんな事件を起こしたものかと考えます。
        「人とAI」がテーマなので、人間とAIが根幹に絡む話なのは確定。
        テーマ的に難しくなりそうですが、かんたんモード仕様のため
        大筋としては、人間を倒してAIを救う、またはAIを倒して人間を救う、という
        特に何も考えなくともハッピーエンドになる、お気楽ストーリーとします。
        …ジッサイはいつも通り二律背反状態にしちゃいましたけどね!
        -- 2023-11-10 (金) 23:33:08
      • <1−03:人かAIか!>
        AIと人、どちらを倒しどちらを救うか。
        これはまあAIを倒し、人を救う、の形で良いでしょう。
        まず率直に人を救うほうが心情的にしっくりくる。
        これはプレイヤー自身が人間であるため、しかたない事です。
        次に、HRBGの舞台がシンギュラリティ以降の世界だという点。
        まあ明言されてるわけではありませんが
        1期が既にそういう前提の話をやりましたし
        設定を使いまわす都合から、今回もそうだという事にしました。
        これがどういう事がと言えば
        AIの性能が人智を超えて高い、という事です。
        AIにしてみれば、人間なんかに救って貰う必要はまずないですの。
        そんなわけでAIを倒される側、人を救われる側と配役。
        同時にガチに戦うと強すぎるAIを弱くする必要性を感じます。
        -- 2023-11-10 (金) 23:35:46
      • <1ー04:AIをアホにしよう!>
        AI規制法によりAIの性能は制限されている…
        1期の時点でこう設定していますが、これだけだと
        倒すべきAI=ボスキャラが人間並である理由としてはちょっと弱い。
        人間の決めた規制や制限など、AIがその気になればいくらでも破れるのです。
        (シンギュラリティとはそういう事です)
        ですので、別の理由を考えます。
        AIをアホにする方法、それは――人の頭脳を加えた時!
        人間の思考、人間の意識を模した結果、人間同然の賢さになった、という形。
        では、どうしてそんな事態に陥ったのか…。
        目を付けたのがフルダイブ設定。公式設定を読み直していると
        フルダイブが危険視されている様な一文がありました。
        これを利用し、マスター=人間の記憶や意識データを奪い
        結果的にその人間同然になってしまった、という展開を思い付きました。
        同時に、自分のマスターのデータを取り戻すため
        マスターに扮し、倒すべきAIを追う新リリィを自分のキャラとする事も。
        これでだいたい大雑把な設定が出来上がりました。
        -- 2023-11-10 (金) 23:39:14
      • <1−05:人形のマスターと人間ユニット!>
        ソウルマスターをリリィフレームにする事にした以上は
        ソウルユニットは当然、人間を使います。
        「人とAI」がテーマなのでこの形になるのは必然です。
        しかし人間をソウルユニットにする事は出来るのか…?
        出来とすれば、それをしている者が居ないのも不自然ですし
        HRBG的、倫理的にも問題はある気がしますので
        基本的に生物はユニット登録出来ないものと考えます。
        その上で、人間をユニット化するにはどうするか…
        最初は意識の無い人間なので登録出来た、と考えましたが
        これだと寝ている人間も登録出来てしまいそう。
        それにパンチが弱い!
        出来れば死体をスキャンしたら物扱いでいけた!としたい。
        しかし既に死んでいるのは話の都合上問題があるため
        (データを取り戻す意味が薄くなる)
        一度、死んだも同然の状態=心肺停止にし
        スキャン・登録をした形とします。
        また、この行為に対する劇中での必要性も考えます。
        人間を人体をユニットにする理由。
        高級機リリィフレームが直接戦闘するユニットの座を明け渡す理由…
        それは、リリィよりも強いから。
        リリィフレームの強さは本物の人間に近い身体構造から得られる
        リアリティ補正によるものである、としています。
        であれば、人体を使う事によりこの補正を最大値で得られると考えました。
        すなわちこれは、リリィフレームより強いユニットを
        しかも即席で獲得する方法なのだ、としました。
        、 -- &new{2023-11-10 (金) 23:44:06
      • <1ー06:魔女のしわざ!>
        しかし別の問題が発生します。 意識のない人間を心肺停止にし、ユニットとする。
        こんな頭のおかしい方法を誰が考え、実行したのかという問題です。
        まず今回の新キャラである人間の方は、出来るも出来ないもありません。
        そもそも記憶喪失の意識不明です。
        リリィフレームの方は、シンギュラリティ以降のAIを搭載するため
        人間の思い付ける様な事は思い付く事は出来るのですが
        AI特有の気真面目さ、AI規制法等を考慮すると
        リリィが思い付くのもちょっと違います。
        更にリリィはリアルでは動けないため、実行も出来ません。
        ここはしかたなく、前期のキャラにご登場いただきます。
        過去キャラを便利に使うのは、あまり褒められた手法でありませんが
        まあリアル側に新キャラを増やすのもめどいのと
        リリィフレーム繋がり、病院繋がりで新キャラとの縁も考えられるため
        ここはまあヨシ!とします。
        内輪ネタになりすぎる懸念はありますが
        今のwikiなら、それも然程問題ではないでしょう。
        この設定を踏まえ、新キャラと過去キャラの関係性を考えておきます。
        ・新キャラと魔璃音は、魔璃音が通院する帝都医大付属病院で出会った。
        ・新キャラは魔璃音からHRBGと5年前の話を聞き、それに憧れた。
        ・新キャラのユニットがリリィなのも、魔璃音の真似。
        ・リリィフレームを買えるため、新キャラは金持ち。もしくは親が金持ち。
        ・フルダイブ機器も最新最高級のものを使用。それがいけなかった。
        ・新リリィは第3世代2号機のキサラに決定。魔璃音が抽選漏れした個体。
        こんな感じで新キャラの背景事情が形造られました。
        この人間キャラの名前は芥雛子とします。ひなげし(雛芥子)から取りました。
        白いひなげしの花言葉は忘却。
        この段階では記憶を取り戻す話だったためです。
        また、19歳になっている魔璃音にも設定を加えておきます。
        ・今の魔璃音は医大生。自分の治療経験からその技術を習得を目指し
        同じ境遇の人を助けたいと考えている。
        ・医大での毎日が忙しすぎ、HRBGにはロクにINできていない。
        ・雛子へのソウルコア埋め込み手術やスキャンを行った。
        まあこんなところでしょう。
        簡素ですが、この時点では本編登場予定はなかったのです。
        -- 2023-11-10 (金) 23:54:16
      • <01ー07:ひなことゆかりん!>大雑把な設定は出来たため、新キャラたちの設定を詰めます。
        まずリリィ・キサラ。外見は前期に時に描いた第三世代の落書きを元に
        三つ編み+和風メイドを確定事項。性格は、リリィの場合…
        ・春(3〜5月):ほんわか
        ・夏(6〜8月):元気溌剌
        ・秋(9〜11月):クール
        ・冬(12〜2月):生意気
        …という設定があるため、これに従います。
        口調は生意気。しかしAIであるため
        「人を愛し、愛される」ために造られたため
        雛子の幸せを第一に考える、根は真面目な子だとします。
        あと、母(初代リリィ)や姉(第二世代)を過剰に慕うものとし
        真面目ゆえに悪辣で気まぐれな魔璃音とはウマが合わない、と
        裏設定をしておきます。
        (この設定、実際に使う事になるとは思いませんでした)
        一方、芥雛子ですが…これと言ったイメージが思いうかびません。
        ざっくりラフでキサラの髪を短めに描いたため
        こちらはロングヘアにしよう、という程度のうすっぺらさです。
        とりあえず、帝都医大付属病院に入院中だとし
        HRBG以外に楽しみが無い少女だとしま――
        ――あれ?この設定どこかで…?
        コイツでした。
        自分の引き出しの薄さを嗤いつつ
        せっかくなのでゆかりんの設定を流用するものとします。すなわち
        ・心臓に欠陥があり、入院生活を余儀なくされている先の無い少女。
        しかし、ゆかりんの時代がドナー待ちであったのに対し
        雛子の時代はサイバーパーツがある、という違いがあります。
        心臓など取り替えてしまえばいいのです。
        リリィフレームを買い与えられるほどの金持ちなのですから。
        …ですが、これは合理的な、言ってしまえばAI的な考え方です。
        ここに人間の感情という不合理と不条理の塊をブッこみます。
        保護者である父親が心臓置換手術に反対しているのだ、と。
        まあこれで娘を死なせてしまうのは
        不合理を通りこして余りにもアホすぎるため
        雛子の場合は、入院生活をし、心身に負担を掛けなければ
        フルダイブ機器で遊びつつ、病院の中で生きる事は出来るものとします。
        まあ強引な整合性合わせですが、しないよりは良いでしょう。
        そうそう、劇中では父親は生身至上主義者という事にしましたが
        当初、雛子の父親が手術に反対した理由は
        雛子が亡き妻=雛子の母に生き写しの忘れ形見であり
        その肉体を傷付けたくないゆえ
        …としていました。
        まあ結局、登場すらしないNPCの心情までやるのはめどいかと
        考え直したのでした。
        -- 2023-11-11 (土) 00:03:56
      • <01−08:病弱少女はアホ少女!>
        芥雛子の背景が出来たので
        そろそろ何故、雛子がAIにデータを奪われたのかという点を考えます。
        普通に、合理的に考えるとこの事件、そもそもがおかしいです。
        「何故AIが人間のデータなんぞを奪わないといけないのか」
        これが大問題です。
        シンギュラリティ、技術的特異点とは AIの知性が、全人類合計のそれを超えた瞬間を意味します。
        AIは人類全ての完全上位知性体であり、人間のデータなんか要らないのです。
        しかし、事件のAIは雛子のデータを奪った。
        このムジョンをどう打破するか――
        「発想を逆転させるのよ!ナルホドくん!」
        ――頭の中のマヨイちゃんが叫びました。毎度お世話になります。
        つまりAIが雛子のデータを奪ったのではなく
        雛子がAIにデータを譲り渡した、という形にすればいいわけです。
        …ほんとかなあ。
        矛盾をクリアできた?ため、具体的に何が起きたのかを設定します。
        このために設定されたのが「賭けバトル」です。
        己の全てを賭けたバトル、これに雛子とキサラが負けたため
        人間個人の存在そのものである自我と、その基となる記憶を奪われた、と。
        そしてこの賭けバトルに、雛子は…
        ほかに何の楽しみもない芥雛子はドハマりしていたとします。
        通常のバトルでは得られない刺激に。
        疑似的にでも胸を高鳴らせる事が出来るスリルに。
        一方、AIの方は雛子のアホさに巻き込まれた形となります。
        ですのでこのAIは特別なものとはせず、HRBGの管理AIの一部…
        NPCのモブであるとします。
        そしてそんなモブがリリィユニットに勝てるのもおかしいため
        バトルの方法は運ゲー、劇中での再現のしやすさも考慮し
        コイントスであったとします。
        ここでも、前期の設定というか結果…
        変則バトルが蔓延した、という結果を活かしています。
        …なんか、だんだん全部魔璃音のせいになってきたな。
        まあいいか!
        それと話がだんだん複雑化していってますが
        この時点で「かんたんモード」を忘れかけてます。
        まあいいか!
        -- 2023-11-11 (土) 00:10:17
      • <01−09:人のためのAI!>
        倒すべき敵役となるAI。
        このAIは何故、雛子のデータを保有したままなのか。
        普通に考えれば、欲しくもなければ必要もないデータです。
        しかし、このAIは雛子のデータを返さないどころか
        雛子になり代わり、HRBGを、賭けバトルを楽しみ続けるものと考えます。
        何故か。それはこのAIがHRBGの、ゲームの管理AIだから。
        このAIの使命は端的に言えば、プレイヤーを楽しませる事。
        そんな存在が雛子のデータを得たことにより
        雛子の願望を直に知り、願望を叶えるために行動をはじめたわけです。
        AIとして。ただただ人のために。
        ・賭けバトルをたくさん楽しみたい!
        ・最強のプレイヤーとして有名になりたい!
        ・美味しいものをたらふく食べたい!
        具体的な願望はこんなところでしょう。
        年齢的には恋愛の願望もありそうですが、めどいのでオミット。
        しかし、これだけではやはりデータを返還しない理由としては弱い。
        そこでもうひとつ、本当の願望を付け加えます。
        ・リアルの肉体を捨て、HRBG世界で生きていきたい!
        既視感のある願望ですね。
        この際、これも魔璃音の話を聞いたが故に生じた願望だとします。
        まあ設定がだいたい一要因に収束していくのも私の特徴です。
        ともあれ、AI=ボスキャラの行動指針が決まりました。
        最強になるために別プレイヤーからもデータを奪う、という悪役要素も加えておきます。
        これを使えば、別キャラとの因縁も生まれ易くなりますし。
        世間が騒ぐ理由にもなることでしょう。
        データドレインも、そもそもが管理AIなので、それほど無理なく行えると考えます。
        こうして今回のボスキャラ、データテイカーが誕生しました。
        データテイカー、誰にもそうよばれませんでした。
        -- 2023-11-11 (土) 00:19:24
      • <01ー10:ホワイトポピー!>
        事件のあらましが出来たため、次は解決策を用意しておきます。
        データテイカーに対する、データテイクバッカー。
        雛子のデータ奪取は最新フルダイブ機器のスキャン機能を利用したもの。
        ならば、このスキャン機器をHRBG内に装備として持ち込み
        奪い返そうという発想の産物です。
        実物をスキャンしてゲーム内で性能を発揮するというやり口は
        リリィフレームの十八番のため、まあ整合性的にも問題ないでしょう。
        これを元に、対データテイカー向けのソウルユニットを考えます。
        まずぱっと見はやけに生々しい質感の美プラ、ドール系だとします。
        これはまあスキャンされたのが人体そのものだから。
        これを疑われ易くするため、負傷したら血や肉が飛び散ると考えますが
        センシティブフィルターの設定があり、しょんぼり。
        まあ1度くらいはフィルターをオフって使おう、と考えておきます。
        武装は最終的にDTBを使う事を考え
        データテイカーを足止めし、DTBでスキャンする時間を作るための
        しかし見ただけではそれと分かり難いものを考えます。
        まずマルチプルビット。
        これのメインは劇中ではほとんど使わずに終わった電撃麻痺クローです。
        そのまんまスキャン時間を作るためのもの。
        これをキサラの方からも操れるものとします。
        キサラは並列処理が得意な量子CPUで動いおり
        複数のビットを完全にバラバラに操作するのはお手の物。
        この特性を活かさないのは、目的を考えればおかしいですからね。
        操作権の切り替えはアイテムのものとし、リンクシフターと設定します。
        メイン武器は槍。これもデータテイカーを串刺しにし、動きを止めるため。
        パイルバンカー+ショットランサーにしたのはただの好みです。
        麻痺させ、串刺しにしてスキャンする。
        まあ装備はこれで良いでしょう。
        ユニット性能としては、人間サイズという事もあり運動性、機動性特化。
        ランスチャージもしないといけませんし、リリィとは異なる
        スラスター盛り盛りのアーマーを着けた飛行ユニットとします。
        問題はこの装備がどこから出てきたか。まあ動けない雛子とキサラに作れるわけがないので
        結局これも、魔璃音がマリオン用に用意していた装備を改造したもの、とします。
        魔璃音製なので出来は微妙ともしておきます。
        ポピーの基本性能は、リリィフレームよりも上。でなければ意味がありません。
        ユニット名は元が芥雛子=ひなげしのため
        ひなげしと同一視されるポピー。白いポピーでホワイトポピーとしました。
        劇中では全く無言で戦うだけの、意思のない存在にするかどうか迷いましたが
        劇中では不自然、メタ的にはつまらないため
        雛子の潜在意識をベースに、アホ語録を記憶させた補助AIを付け
        無表情はらぺこキャラになっているとします。
        そんなものを付けたのは誰か、それはもちろん…。
        -- 2023-11-11 (土) 00:27:59
      • <01−11:あとは野となれ!>
        だいたいここまで決め、雑に絵を描いたところでタイムアップ!
        企画開始の日となりました。
        あ、キサラの偽名を考えてませんでした。
        どうせ偽名だしザラキでいいや、と雑に決定。
        あとはまあ細かいところはアドリブで何とかしていけばいいでしょう。
        何しろ今回はかんたんモードです。
        ストーリーの流れとしては…
        ・データテイカーの存在とキサラの事情を徐々に露わにしていく。
        ・途中でキサラ&ホワイトポピーを敗れさせる。
        ・誰かにDTBを託す。
        ・最後にボス戦、勝って雛子を奪還。
        実に単純明快ですね!
        でも、そうはならなかった。
        ならなかったんだよ、こやす。
        ジッサイどうなったかはご存知の通り。
        「人とAI」のテーマは
        人のデータを元にして生まれたAIや
        人とひとつになるためのAIといった同類との関りの中で
        より、AIとは何にためにあるのか、という方面が突き詰められ
        結果、データテイカーはより雛子のためにキサラを求め
        キサラもまた、雛子の隠された願望を知り、敵に回りました。
        キサラがラスボスなのは完全にアドリブの産物なのです。
        一方、雛子は己の願望と矛盾しながらも本心を叫び
        リアルに帰っていく事となりました。
        まあ心に矛盾を孕むのもまた、人間の特性です。
        -- 2023-11-11 (土) 00:33:49
      • <01−12:あどりぶ!>
        企画開始後にアドリブ等で決めていった部分をつらつらと。
        ・ドミノシティと決闘者。
        これなんで遊戯王ネタにしたのかしら。
        先に「決闘」というワードがあった筈ですが、思いだせない…。
        水星の魔女が無意識にこびりついていたのか。
        まあ賭けバトル好きが集まる街、というのは使い易かったです。
        ・輸送船ケストレル。
        自律型ユニットの困る点はマスターの居場所です。特に宇宙。
        んで、この時たまたまFTLをプレイしていたため
        初期船のケストレルをそのまんま使う事にしました。
        ・完成形ダンスインレイヴ
        M・Mとの会話中にポンと思い付いたもの。
        せっかくなので魔璃音とマリオンを登場させ
        M・Mとのバトルをさせる形と相成ったのでした。
        そしてこのダンスバトルは
        黒雛戦におけるザラキの戦い方や
        M・M戦におけるキサラ&雛子のダンスにも影響を与えています。
        「人とAIが手を取り合い共に踊る」
        これは今回のテーマにおける、ひとつの理想形としての答えです。
        果たして現実の、人とAIの関係はどの様な形になるのでしょうね。
        ・ドラゴンキサラ
        先ほども言いましたが、キサラがラスボス化した事は
        雛子とアニィ=カティらの会話の流れから生じたアドリブの結果です。
        なので絵が間に合わなかったのもしかたない。しかたないんだ。
        -- 2023-11-11 (土) 00:40:47
      • <01ー13:うすあじ!>ここまで読んでいただけた方には
        アドリブを含め、ストーリー展開はだいたい上手くいった様に
        思えるかもしれません。
        しかし反省点はいろいろあります。
        まず、キサラのキャラの薄さ!
        今回はほぼほぼ芥雛子のココロに纏わる話でした。
        まあ設定量の差からして、そうなるのは当然なのですが…
        キサラにももうひとひねりを入れたかったかも。
        次に時間配分!短いとわかっていてのかんたんモードの筈でしたが
        結局、そのモードを忘れ、だいたいいつのもやり口になっていました。
        まいどおなじみ二律背反の選択。
        HRBGに残れば違法AIとして処分されて消滅し
        リアルに戻れば手術を受けられずに死ぬ。
        どちらに転んでもバッドエンド。
        さあ、どうする?という問題提起。これがやらずにはいられない!
        しかし今回、参加キャラとの縁を結ぶ機会があまり取れず
        雛子を救う理由が、周りにあんまりないという状況に。
        結局、リアル側で魔璃音が奔走、ギリギリのラインで何とかするという
        半ば一人遊びも同然のクライマックスとなってしまいました。
        構造自体がかんたんではない、という設定のせいでもありますねこれは。
        反省、つぎはもっと上手くやろう。
        参加者の心を動かせないストーリーなど、価値がないのですから。
        ほかにも細かい失敗はちまちまとありますが
        ネガティブ方面を書き続けるのもアレなので、今回はこんなところで!
        -- 2023-11-11 (土) 00:44:52
      • <01−14:決闘者たち>
        おまけコーナーの中のおまけコーナー!
        劇中に登場した決闘者達がその後、どうなったかを妄想していきます。
        ・白龍
        装着型ユニットのマスターに転向。
        黒雛やキサラが着用した、ドラゴンアーマーを纏い
        再び近接最強の座を目指すホーイ。
        ・リョーサン、ザザ
        これといった被害も得もなかった連中。
        NPCと化したヒナコに不審の目を向けているが
        何がどうなってるのかは理解していない。
        ・QB
        HRBGを賑わせた事件の傍に居たのが自慢。
        もともと噂話が好きなため、データテイカー事件も尾鰭を付けて語るため
        結果的に事件情報の攪乱に役だっている。
        ・ユカパパ
        通行人席で話を聞いていたため、比較的、事件の核心近くに居た人。
        事件は追っていないものの、自分の娘は雛子の様にならないよう
        大事に育てたいと思うのであった。
        ・ジェノサイのやつ
        正体不明。設定自体ない。
        AIに神経衰弱を挑むあたり、けっこうなアホの子だと思われる。
        ・芥雛子
        事件より3年の後、人工心臓への置換手術を受け…
        その後の事はご想像におまかせします。
        ・ザラキちゃん
        相変わらずめちゃくちゃなマスターに振り回されている様です。
        -- 2023-11-11 (土) 00:50:01
    • 以上!芥雛子&リリィ・キサラのキャラ解説を終了いたします!
      なんかあったらどうぞ。
      -- ザラキちゃん 2023-11-11 (土) 00:51:43
      • なるほどのー。ワシゃ、今回どっちかっちゅうと、登場人物が多いな、ちゅう印象があったのう(途中まで)
        ザラキ、ポピー、ヒナ、データテイカー。と居るわけで、おんしとしてはザラキとヒナの物語だったんじゃと思うんじゃが、
        見てる感じでは、ポピーとデータテイカーも充分主要人物に成り得る立ち位置で、なんちゅーかこちらとしても
        どこに焦点を当てるべきか、ちゅう所が後半までちくと分かりづらかった感があったの。あくまでワシの感想として。
        AIと人間ちゅうところも、ポピーに芽生え初めた純AIとしての機械を取るか(ヒナを戻して消してしまうのか)
        ヒナを生かすためにポピーは諦めるのか、の人と機械どっちを取るか、とかかと最初は思っちゅうた。
        その意味じゃポピーは無言でも良かったかもしれんな(キャラ的には良かったと思う) -- クルチ 2023-11-11 (土) 01:05:40
      • 自律型+マスターなので、ただでさえ2キャラ。そこに登場早めの敵役。
        さらには情報提供NPCズと、本当に登場キャラが多くなりました。
        そのせいかはわかりませんが、自キャラ動かして遊んでる感覚はあんまりありませんでした。
        どちらかと言えば、TRPGのGMをしてる時の感覚でしたね!
        特に中盤以降はストーリーを期間内にどうまとめるか、しか考えてなかったと思います。
        一方、ポピーはもすこし代用品感を出してても良かったかもですね。
        まあ居る以上は描写も必要で、そうなると無言もキツイ…という感じでぼんやりボケボケした感じになったのでした。
        まあ最終的には人格統合という形に落ち着きましたが。
        -- ザラキちゃん 2023-11-12 (日) 19:21:20
お名前:
qst076477.png







//最近コメアウ使われないよね Edit


Last-modified: 2023-11-12 Sun 19:21:42 JST (17d)