IAL/帝国学園ロートガルデ

編集:IAL帝国学園ロートガルデ・グラウンド
お名前:
  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)
  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)
      • (以前と同じような、それより更に大規模な儀式用の祭壇やら香炉、人皮紙で作った敷物やら用意して古代龍の竜骨を置く狐)
        よし、やるかー(以前より大規模な為スケルトンの音楽隊(本来元ロックバンド)まで動員して舞いを始める) -- ソフィ 2024-05-16 (木) 22:54:56
      • おお…なんだか凄いことになっていますね…(祭壇を見て驚く。それにも増して)…楽団!?いやはやこれは賑やかですねぇ(演奏する音楽隊に微笑みを洩らし、舞いを見つめる) -- ネル 2024-05-16 (木) 23:14:50
      • (初日、休日朝から日が暮れるまで舞いを続け、どうにか事前準備の半分まで終了し片付けてから替える狐)
        (二日目、また祭壇を作り、その最中に投石などで妨害を受ける、死霊術自体忌避する生徒は少なくはないので想定しているが面倒くさいと思いつつもスケルトンファーマーの召喚、簡単な壁を作ってもらってからまた舞いを始める) -- ソフィ 2024-05-16 (木) 23:15:49
      • 使ってるモノがモノだから邪悪な儀式にしか見えねえってのが問題だな(まあソフィなら大丈夫だろという事で静観) -- ルミナ 2024-05-16 (木) 23:17:23
      • (投石してる連中にお前等顔覚えたからな〜、成績楽しみにしておけ〜と脅しとく) -- ルミナ 2024-05-16 (木) 23:19:04
      • (2日目、事前準備の工程が終了、竜骨自体は変化していないが纏っている気配のようなものが変わっている)
        んお、ネルちゃんやせんせーも見てたんだ?まあやってる事も怪しい儀式だしね(主に人との接触が多いのが邪悪な死霊術師なのも悪い印象しかないのは理解してる)
        んー、せんせー、劣化古代龍的なの一時的に黄泉還りさせて再討伐的なのはやっぱアウト?(このまま加工していけば一応の無難なものは作れる)
        (が、かつての魂の残滓の再現と、実家から取り寄せた結晶大蜥蜴の心臓となる光る楔石を使えば短時間だが黄泉還りを使える、その状態で討伐ができれば、自分が加工するよりも遥かに高性能な装備が手に入る可能性が高い) -- ソフィ 2024-05-16 (木) 23:23:27
      • (投石が当たる前にシュバッとキャッチし、ごりっと握りしめて砂に変えた。おお…ゴリラ)
        いやでも、儀式のアイテムはともかくとして、ソフィ様の舞いそのものは神秘的で優雅で美しく有りません?(とルミナに言う。煽情的かも、とは言わないでおいた)
        …えっ(えっ)黄泉がえりです!?(そんな事まで出来るのか、と驚きながらも)く、来るなら来なさい!?(どうなるどうなる、とびっくりしながらちょっと構える) -- ネル 2024-05-16 (木) 23:28:35
      • すげー事しようとしてるな…まあ、命の危険さえなきゃあたしとしちゃあ問題ないが
        もし危険があってそれでもやるってなら…あたしも討伐に手を出させてもらうぞ? -- ルミナ 2024-05-16 (木) 23:29:23
      • そうなのかな?でもあれだようちの集落時々貧乳至上主義者が喧嘩売りに来ることあるし?(多分ルミナ先生は逆に崇拝されると思ってる)
        とっくに魂成仏してるから本当に一時的だけどね、どれだけコスト掛かるか、そもそも私で足りるかもわからないけど(リミット一杯まで霊力消費しても生前の能力には程遠い劣化品しか出てこないのはわかっているが)
        まあ命の危険があるか無いかで言えば、大いにあるんじゃないかな?心臓に使う結晶大蜥蜴のパワーアップ版みたいなのが出てくると思うけど(翼が無い地龍の末裔のような状態での召喚になると予測している)
        せんせーが参加するのは問題ないし人集めた方が時間内に討伐できる可能性は高いね、まあ失敗しても最初のやり方でやるだけだから損はないんだけど(とりあえずネルの髪や爪を使ってネル自身とのリンクを繋げたハイパーハンマー的なボーンモーニングスターとジェット噴射スローイングダガ―渡しておく) -- ソフィ 2024-05-16 (木) 23:34:20
      • あ、ありがとうございます(渡されて前に部屋に行った時に採取された髪や爪が使われた骨武器は、身に馴染む感じがして)
        ……ちょっと火力が弱かったかなと思った相手が居るのは少し気まずいものがありますね!(はいルミナ先生に使って火力を上げる要望をしましたはい、という顔をするメイド) -- ネル 2024-05-16 (木) 23:38:00
      • 暇すぎだろ貧乳至上主義者…成程、スピード勝負ってわけか…
        じゃああたしも参加した方がよさそうだな(生徒の何人かに基礎しかわからない教師が足しになるのか等ヤジられる) -- ルミナ 2024-05-16 (木) 23:40:45
      • 内部の炎の魔石の魔力蓄積の分しか噴射出来ないし、一応魔力回復特化だからすぐにリチャージはされるけど総量は低いから気を付けてね(ネルの意識に合わせてアバウトな噴射方向の指定、更にはチェーン部分も意識すれば通常ありえない挙動を与えることが可能になった)
        パワーアップさせる切欠先生だったんだ!?まあそりゃ普通のボーンモーニングスターじゃちょっとパワー不足だよね(納得した)
        制約上私が攻撃されることはないから大丈夫、あとは(スケルトンのロックバンドが勇猛な音楽に切り替えグラウンド全体にハイテンションを初め様々なバフを掛けていく)
        それじゃやってみよう疑似古代龍討伐ってことでー(光る楔石を竜骨の中に納め、先とは違う舞いを始める)
        (舞に合わせ徐々に竜骨に青白い炎が纏わりつき、霊的物質であるエクトプラズムが不足している骨格を、筋肉を、外皮を、外殻を、そして古代の結晶龍だった最大の特徴である水晶の様な構造体を全身に纏った巨大な蜥蜴の親玉が起き上がる)
        (が、まだ未熟だったこともあり霊力不足もありほぼ全部持っていかれて気絶、最低限呼び出した儀式陣地から出ることがない以外の制約を掛けるだけで殆ど制御できていない状態となる)
        アンデットドラゴンが現れた -- ソフィ 2024-05-16 (木) 23:52:45
      • 良い曲を奏でますね。歌劇場でも通用しますよ(にこり、と微笑む。歌劇場にはたまに行く身だ。そして、その曲に呼応するように力が高まる)
        (本物の竜骨である頭蓋を中心に、擬似的に身体を構成し龍が、古代を生きた古き龍が今、この時代に黄泉帰る。その水晶にも金属結晶にも見える結晶をまとった姿で)
        ってソフィ様!?(その龍を睨みつけていればソフィが気絶。とはいえそもそもがこの龍はソフィの術式によって顕れ縛られる存在だ。問題はないのだろうが…)
        …とにかく…参りますか!先に行きます、ルミナ様!(叫ぶと同時、念を込めながらスローイングダガーを数本投擲。それは魂のリンクに応じて、飛びゆく最中、柄から炎を吹き出す)
        (そしてダガーを追うように儀式陣地に飛び込んでいき、モーニングスターをじゃらり、と伸ばし…)せぇいっ!!(ダガーに続けて骨球が足を狙い動きを鈍くさせようと) -- ネル 2024-05-17 (金) 00:01:39
      • うおおい大丈夫かソフィ!?(気絶してるソフィが息をしてるのを確認すると、そっと横たえさせ)
        んで、これが古竜(もどき)か…いいね、テンション上がる曲は好きだぜ(スピード勝負、ということもあり流石に今回は気を引き締め)
        うっし…ネル、前衛頼んだぜ(無詠唱で放たれるのはあの時と同じ足元を泥沼化させる魔法)
        (そして、機関銃の如く放たれる光の矢!弱点と思われる属性の攻撃、そして動きを封じ込めるべく複数の術式から絶え間なく光の矢を飛ばす) -- ルミナ 2024-05-17 (金) 00:12:40
      • (壁作ってたスケルトンファーマーズが狐を担いで退避、ドラゴンもどき相手では焼け石に水だが余波を受けないようにと大工スキル持ちが大急ぎで防壁を作っている)
        (体長は本来の姿より遥かに小さく、それでも3mを超える、周辺をようやく認識でき、自身に向かってくる敵対者を確認、スローイングダガ―程度些事であると防ぐ素振りすら見せず…しかし劣化再現でしかない肉体にはしっかりと命中、外皮を砕き少なからず損害を与える)
        ■■■■!!(声のない咆哮、劣化再現しかできない術師に対する不満か、油断した己への叱責かは不明だが少なくとも敵対者二人は現状難敵であると判断された)
        (背に生えた無数の水晶の一部が砕けるように爆ぜ、光の矢を迎撃し、更にはネルの接近をさせまいと狙いを変え)
        (不意に前足が滑るように泥濘に囚われ狙いがずれルミナの方へ向けた集中砲火へと変わる) -- ソフィ&アンデットドラゴン 2024-05-17 (金) 00:19:49
      • ぬぬぬッ!(こちらへと結晶の破片が飛び交ってくる。それをモーニングスターを身体の前で凄まじい勢いで回転させて弾く)
        (更にはルミナの放った魔術は確かに足を取った、が)ルミナ様ッ!(そのせいで結晶の砲火が彼女へと向かった、ならば)
        (滑った前足にモーニングスターを投擲、しかし、それは打撃を与えるためではなく、鎖を巻きつけるように)
        …せぇい!(そうして、腕鎧に光を灯しながら膂力を強化し、前足を引っ張る。それで体勢を更に崩し、ルミナへの攻撃を逸らす狙い) -- ネル 2024-05-17 (金) 00:32:53
      • うお!(完全に予想外の奇襲、砕けた水晶が襲い掛かる!)
        (襲いくる水晶はネルによりある程度逸らされたが、その内の幾つかに貫かれた女が、黒い水のようになり溶けると、別の場所に姿を現す)
        へ、水の魔術で作った分身だよ(が、それが嘘なのはネルならわかるだろう)
        さあて、残り時間はどれぐらいなんか、ねえ!(巨大な火球を竜へ放つ!だがそれは目眩まし、本命は)
        ネル!(ぬかるみと引っ張りで大きく体勢を崩し、隙を晒した竜に有効打を与えるべく)
        (ネルに何重もの強化魔術をかける!) -- ルミナ 2024-05-17 (金) 00:50:18
      • (本来のドラゴンとしてより心臓として使った結晶大蜥蜴の方の影響が強く、ブレスも翼もない、しかしその結晶を操る能力は変わらず驚異として二人に襲い掛かる)
        (泥濘と化した足元を爪の延長のように結晶を伸ばし、スパイクのように差し込むことで無理矢理巨体を起こす、だがその結果本来素早く動ける結晶大蜥蜴の機動性すら失ってしまう)
        (そこに巻き付けられる骨の鎖、目の前にある火球を避けようと頭を振るうも泥濘の踏ん張りの悪さ、スローイングダガ―によって傷ついている足では踏ん張り切れず大きく態勢を崩し顎が泥濘を跳ね上げ地面へと打ち付けられてしまう)
        (身に迫る死の気配を感じ背負った結晶を鋭く、まるでハリネズミのように無数の棘として背負い接近を拒むような姿勢へと変わろうとしている) -- ソフィ&アンデットドラゴン]] 2024-05-17 (金) 00:58:47
      • (楽団の演奏の力に、ルミナの強化魔術の力が加わる。更に、更に膂力が高まり、その力は龍鱗をも安々と砕くほどに)
        …かかった…!(機動力を失い、完全に動きを止めた大蜥蜴。これは好機だ、と。白い骨のモーニングスターを尾を引くように高く飛ぶ)
        (眼下には、無数の棘を展開し、鉄壁の守りを備えたように見える大蜥蜴の姿。ある意味では地竜でもあるこの龍の得手でもあろう)
        (だが)おおおおっっ!!(空中にて両手でモーニングスターを構え高く掲げる。両手を合わせて添えたそれは、ウォーノック式格闘術『乙女の構え』)
        (まるで祈るかのように組まれた両手。めきめきと力を込めてそのまま勢いよくモーニングスターを振り下ろし…縦回転を始める)
        (恐るべきスイングで空中にて少女を中心に、円周を骨球として骨の色をした白い円盤が生まれるが如くに)
        (放物線を描いていたその円盤が、大蜥蜴へと落ちていく。落下の勢いも加え、ぎゅおおお、と凄まじい風をかき乱す音がする)
        …今っ!(リンクを起動。骨球の棘から、炎が勢いよくジェット噴射される。更に加速する円盤。もはや少女の姿が視認できない)
        そろそろ…眠る時間ですよッ!!(炎を吹き、先端の速度は音速を越えた。城壁をもふっとばすようなそれが、結晶を砕いて、本体へと、落ちた) -- ネル 2024-05-17 (金) 01:24:59
      • (複数バフ付きとはいえ、ネルの強烈な一撃に目を見張る)あれは…食らったらただじゃ済まねえだろうな…
        (あのモーニングスターによる一撃を食らえばただでは済まないのが容易に想像できる、アレを手に入れる前に相手できてよかったと内心安堵)
        さて、ドラゴンの方は…(防いでどうこうというレベルではない一撃を受けたドラゴンを確認する、コレで倒せていればよいが…) -- ルミナ 2024-05-17 (金) 01:33:44
      • (恐らく本来の古代龍であれば余裕をもって防げたであろうボーンモーニングスターの一撃、展開した無数の結晶の針が砕かれ、再生し、勢いを削ごうと全力の抵抗が行われる)
        (しかし未熟な死霊術師による黄泉還りではあらゆる要素が不足してしまい、更に勢いを殺したはずの禍々しいまでの棘を持つモーニングスターが炎の噴射により再加速、全ての結晶を砕き)
        ゴガァッ!!(派手な音を立て、アンデットドラゴンもどきの頭蓋が地面にめり込み、その頭部も大きく陥没する)
        (その一撃が届く瞬間、確かにその龍の口角は上がり、笑って見せた、全力には程遠い身であれどたった2人で龍に挑み勝利した二人を讃える笑みであり…)
        (エクトプラズムによって構築された肉体が光の粒子に還元され霧散していく、全ての粒子が消えた後には身の丈を超える柄をもつ巨大な両刃の骨の斧と、龍の外皮でできた手袋が落ちていた、討伐による報酬である) -- ソフィ&アンデットドラゴン]] 2024-05-17 (金) 01:47:26
      • ……ふうっ…不完全とはいえ…流石は古龍。強力な相手でした。おやすみなさいませ(着地し、もはや攻城兵器となっていた骨球をぐい、と引っ張って回収し)
        (輝く光となって消えていく大蜥蜴を見て、一息をつき残心を解く。そうして…後に残ったのは、巨大な刃を持った、竜骨のバトルアックス)
        こちらは…(と外皮らしきもので作られた、手袋)…この手袋は、ルミナ様がお持ちになるとよろしいかと(と、彼女に向かって微笑む。腕鎧を常に着ける己には不向きだし、と)
        とりあえずは…ソフィ様を起こしませんとね(それとも保健室に運ぶべきか?と倒れたソフィへとてとてと近づきおーい、と声をかけたりゆさゆさしたりして) -- ネル 2024-05-17 (金) 01:56:59
      • うわあ、えっぐ…(竜鱗に加え体から生えた天然の盾であり、矛でもある結晶をまるで飴細工か何かかのように砕き、竜ごと叩き潰す…その余りの威力にバフをかけておいてそんな台詞が飛び出した)
        へ、そっちもお疲れさん…ま、ゆっくり休んでてくれよ(最期の笑みに、こちらも気の抜けた笑顔で声をかけ別れを告げる)
        ん?貰っていいなら貰っちまうが…(あの竜が気を利かせたのか、サイズぴったりなのに思わず笑ってしまう)
        倒した奴のご褒美にまで気を遣ってくれるなんざ、ありがたい限りだねえ…ああ、そういやあいつノビたままだった
        お〜いソフィ―、生きてるか〜(頬っぺた軽く引っ張る) -- ルミナ 2024-05-17 (金) 02:12:57
      • にゃぁぁ…おなかすいた…(全く大丈夫そうな狐、ただし空腹で動けない上に寝たままお腹が鳴ってる)
        (契約者が動けない事、無駄に消費しないことを配慮してか音楽隊もファーマーズも自発的に送還されて消えていく)
        (そのおかげで若干消費より回復が上回り)ろーすとびーふ!はっ!?夢!?(滅茶苦茶どうでもいい夢を見ていた狐)
        って消えてる!なんか馬鹿デカイ斧!ってことは間に合ったんだ、よかったー、いやー想定以上に持っていかれたね、龍種契約は無理そうだよ(鳴りやまないお腹に自分の未熟さを痛感した狐) -- ソフィ 2024-05-17 (金) 02:18:13
      • ええ、ぜひ(彼女の力も無ければ一人での討伐は難しかったろうから。大蜥蜴の見せた笑みを思い出し、あの笑みは二人へ向けられたものだ、と微笑んで)
        (消えて行く配下に手を振れば結構大丈夫そうなソフィに、ほ、と軽く胸を撫で下ろし)ありがとうございました、ソフィ様。良い鍛錬にもなりました、感謝ですよ(と頭を下げつつも…)
        …ソフィ様、マナよりカロリーで死霊術を使っておりません?(ごそごそとスカートのポケットからカロリーメイト的な行動食を取り出して、食べます?と差し出す) -- ネル 2024-05-17 (金) 02:23:38
      • お疲れさんソフィ、しっかりドラゴン(もどき)は倒したし何かあたしまでおまけ貰ったわ
        お前のマナはアレか?胃の内容物から生成でもされてんのか…?(ほぼ一日中以上踊った上で更に不完全とはいえ、遺骸に竜を降ろす儀式となれば、まあそれだけの消耗も止む無しかと思いつつ)
        手袋の礼もあるしな、リクエストあったら奢るぞ…ついでにネルも行くか?
        (奢ったり減給くらっては極貧生活を繰り返してるが、今月は顧問になり査定アップしたのか割と余裕のある教師) -- ルミナ 2024-05-17 (金) 02:32:48
      • マナ?私マナ総量多分普通の人の半分以下だよ(おかげで殆ど魔法が使えない)
        (行動食貰ってもちもち食べてる)その分霊力とか巫力?とか呼ばれる奴が大分余力あるからいけるかなーって思ったんだけどね、マナ以上に生命力と直結してるから完全枯渇すると即死するけど(逆に言うと生命力で補える)
        わー!先生大好き!お肉食べたい!(回復力が高いと言っても生きる力の表裏一体となっている霊力を消耗したので色々補充したい狐、なお4人前程食べた) -- ソフィ 2024-05-17 (金) 02:36:43
      • 私、先生に奢られてばかりな気がします(くすり、と笑みを漏らす。三回目くらいではなかろうか?)
        …でも、先生に奢ってもらうごはんは美味しいので、今回もご相伴にあずかりますね、せ・ん・せ?(珍しくちょっとだけ猫撫で声をして)
        ……マナと霊力とかって違うものだったのですか…また一つ学びを得ましたよ。……ん?いやちょっと待ってくださいそれじゃちょっと死の危険あったんですかさっき!?(気絶してたし!)
        前言撤回私も今回はお金出しますっ、いっぱい食べてくださいソフィ様っ!(出せる分はお金を出しつつ、自分以上に食べるソフィに食べさせまくったとか) -- ネル 2024-05-17 (金) 02:43:28
      • おう食っとけ食っとけ、前衛は体が資本だしな…
        お前さらっと結構やばいことやってたな!?ああもう食え!回復しろ!
        しっかし本当に面白いな―お前の故郷の魔術…魔術?
        (そう言ってローストビーフとか肉料理を中心にネルと二人で食わせまくったとか) -- ルミナ 2024-05-17 (金) 02:53:23
  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)
      • (休日中限定で許可貰ってグラウンドに祭壇作ったり陣を作ったりしてる狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 20:21:56
      • (火熊の頭蓋骨、背骨、ばらした肋骨、鎖骨1本、背骨の間に靭帯や軟骨を並べていく) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 20:24:55
      • (何をしてるんだろうと遠くから眺めている) -- カーツ 2024-05-11 (土) 20:35:14
      • 私服に着替えて作法に則って香炉を焚き、祈りと舞いを始める狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 20:39:45
      • ・・・?(胸部が異様に肥大化した、何かの儀式なのは間違いないだろう) -- カーツ 2024-05-11 (土) 20:40:57
      • ソフィ様は着痩せするタイプ…?(どっちも服着てるが。という訝しむ顔)
        これは…なるほど、これが儀式ですか(見覚えのある骨が並べられているそれを、興味深く眺める) -- ネル 2024-05-11 (土) 20:44:54
      • (普段は変化で胸のサイズ押さえてる狐)
        (儀式中は雑念も何もない死者への弔いと遺骨を作り変える許しを得る為の物なので返事も出来ない狐)
        (ぎしぎしと軋みながら巨大な熊の頭蓋骨が肋骨を取り込みながら徐々に縮み、背骨が靭帯と共に連結し、一つの武器としての形に変わっていく) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 20:50:11
      • カーツは思う、これは神聖な儀式だ、ゆえに声を出すべきではない。(出してる)
        (無表情でマナを用いた信号も出ていないので感情は推し量れない。でも驚いている) -- カーツ 2024-05-11 (土) 20:52:29
      • …カーツ様、あれは骨から武器を作り出す儀式なのだとか(返事ができなそうな彼女の代わりに、邪魔にならぬ程度の声で)
        あの骨は以前生物部の活動で倒した火熊のものですよ(見ていれば、骨が独りでに動いている。おお、と漏れる声。実に神秘的な光景だ) -- ネル 2024-05-11 (土) 20:54:29
      • (しゃんしゃんと鈴を持ち鳴らしながらくるくる廻り、飛び、舞う、死者への言葉は必要なく、祈り願う事しかできない)
        (人の頭と比べ物にならないサイズだった頭蓋が小さく纏まり、背骨を鎖に、鎖骨を握りにした、ボーンモーニングスターとして圧縮を終える)
        (神聖な祈りと舞いに対し出来上がったものが禍々しすぎるのは御愛嬌) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 20:55:54
      • (もうちょっと剣とか槍とかそういうのだと思ってた、想像以上にえぐいのができたなとか考えている) -- カーツ 2024-05-11 (土) 20:59:22
      • (舞い踊り、声なき声をあげて祈る彼女を見る。それはまさに儀式と相応しき荘厳で美しい光景。思わず見入る)
        (そうして生まれたのは、火熊の骨が動き、集まり、圧縮された出来た武器。禍々しさをおいても実に物騒な代物だが)
        …おお…。自分で頼んだものながら凶悪そうな武器ですね…(カーツがなんかいいたそうな雰囲気をしてるな、と思うが信号が無いので分かり辛いとか思ってる) -- ネル 2024-05-11 (土) 21:01:59
      • ぷはー!しんどー!(やっと終わったのでへにゃへにゃと座り込む狐)
        いえーい、カーツ君は槍使うんだっけ?大分余ってるから何か作る?(この前の火吹き熊の遺骨だがまだまだ大腿骨や骨盤、肩甲骨など大きく刃や柄として使える部位も多く残っている) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:02:51
      • あ、ネルちゃんだ、完成したよーって言うかまだまだ手直し必要かもだけど(なお密度が高く狐だと持ち運ぶのも苦労する)
        (真っ白な火吹き熊のボーンモーニングスター、棘部分にほどほどの温度まで加熱する効果があり全体的に耐熱性が高い、見た目より重く同サイズの鋼鉄よりも強度で勝る、これは侵食された生物の骨の特徴) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:05:20
      • 何か神聖な気配を感じたが、その武器は神々を由来とする物だろうか。
        であればカーツはレヴァクシュルへの信仰を裏切る事は出来ない(ふるふる首を振って断わる) -- カーツ 2024-05-11 (土) 21:11:41
      • あはは、私は別に神様とかは信じてないよ、死後の世界はあるかもしれないけど、残ったものを作り変える為に死んだ魂に許可を貰う為のお祈り、みたいな?(宗教ではなく死霊術師独自の価値観がある)
        だからこれ自体も別に神聖でもなんでもないね、今生きている人達が使う為の物(それを作る為に死者へ許可を貰う為の儀式だと説明して) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:15:05
      • お疲れ様でございました。ソフィ様(座り込んだ彼女へ労いの言葉をかける)ふむ…見た所は手直しが必要なのかは分かりませんが…
        (疲れていそうだったのでボーンモーニングスターを持ち上げる。ずしりと重い。同じだけの大きさの鉄球よりもかなりの重さなのが分かる)
        これはかなり威力が高そうですね…(軽く上下させて感覚を確かめた。自分の頭より少し大きいほどの骨の球体、骨球とも言えるそれはなかなかにエグい形をしている) -- ネル 2024-05-11 (土) 21:16:41
      • バランスとか色々ね、あとは実際に使わないといけないけど(軽々持ち上げるのをみてわーおと驚いてる)
        この手のはママが得意なんだけど、しっかり私も使えてちょっと安心(本格的なのは実は初めてだった)あとはスローイングダガーは略式で作ったけど(足の指の骨を使って2本ずつ圧縮したスローイングダガー5本も渡しておく) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:20:57
      • であればそれは確かに神を由来とする物ではないのだろう、だが同時に強い信仰心に由来する力である事も確かだ
        (少し考える仕草)形はどうあれカーツは敬虔な信心に敬意を表する。わかった、そういう事であればソフィに頼んでみたい。 -- カーツ 2024-05-11 (土) 21:26:56
      • (ふむ、と頷いて鎖骨の握りを持ち)…ふっ!(軽く気合を入れて振り上げる。ぎゃりぎゃり、と脊椎が鳴り、棘付きの骨球が宙に舞う)
        はっ!(ある程度脊椎の鎖が伸びた事を確認したのち、めき、と腕に力を入れ振り下ろす。必然、骨球は鎖に引かれ…どずん、とグラウンドへ落ち)
        …ふふ、今の所、なかなかの使い心地ですよ(骨球は地面にめり込み、僅か周囲の地面が割れていた。良い威力だ。と微笑んでダガーも受け取り)
        おお、こちらも作ってくださったのですか!これは有り難く…頂戴致します(五本のダガーを胸に抱き、頭を丁寧に下げる) -- ネル 2024-05-11 (土) 21:29:44
      • ほいほい、まだ未熟だから複雑すぎる機構とかは無理だけど、槍とか剣なら割とどうにかなるよー(あと素材が火吹き熊なので自然と火属性付与状態になる)
        使えそうなのは手足の骨とか骨盤、肩甲骨かな?部位ごとの差はサイズと形状ぐらいだけど(祭壇のお香もまだまだ残っているのでもう一回ぐらいは行けそうと思い)
        わーお、めっちゃ手慣れてる感!私がやったら絶対自分に当たる!そりゃもう絶対に!(イメージする為に紐で色々やってみたが大変だった狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:32:52
      • (そうだなと呟き自分が使っている普通の槍を取り出す、195cmある体格で普通なのでそこそこ長い)これと同等の大きさがいい
        具体的にどの骨を用いるかはソフィの裁量に任せたい。ソフィの方が専門なのだ -- カーツ 2024-05-11 (土) 21:38:19
      • んー、おっけー、サイズはだいたい把握、刃部分は長い方がいい?(手足の骨、脛や前腕の2本ある部分を束ねて強度確保しようと考え)
        ナギナタみたいな感じとか、そのままその槍みたいな感じでいいのか(槍の刃なのでナギナタ型なら大腿骨、普通の穂先なら肩甲骨を圧縮しようと考えている) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:41:00
      • (槍を見上げ、考える様な間)今その力は喪失しているが、クン族は本来高く跳んで舞い降りる勢いで突きを繰り出す。
        余計な機能は必要ない、強く硬く、敵を貫ければそれでいい(槍の形でいいよ、肩甲骨でいいよと言っている) -- カーツ 2024-05-11 (土) 21:44:50
      • なるほど、じゃ強度重視にしてダブルで使っちゃおう!まあ多少重くなるから、必要なら後で軽量化の魔術刻印とか入れてもらってね?(スポドリ飲んで一息つき、骨を並べ始める)
        ん、と十分残ってる、それじゃ(香炉の残りも確認して再着火、鈴の音と共に再び祈りの舞を始める狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:47:30
      • ふむふむ…カーツ様は槍ですか…(彼の槍捌きは幾度か見たが、使い慣れている感じがしていた。と)
        ふふ、シンプルな強さを求める辺りは、カーツ様らしいですね(微笑みながら、ソフィの舞いを見守る) -- ネル 2024-05-11 (土) 21:49:43
      • 頼む(それだけ告げると少し下がった所で見守る構え) -- カーツ 2024-05-11 (土) 21:50:40
      • (舞の最中は何の雑念も持たない狐、ただし過剰なサイズの胸が思いっきり揺れている)
        (暫くすると4本ずつ上下に束ねられた骨がぎしぎしと軋み、互いに巻き付くように繋がり、まるで最初から1本の白い棒だったような繋ぎ目のない素材になる)
        (穂先として用意した肩甲骨も2枚が重なると小さく、三角の先端を頂点に鋭さ、硬さ、そして金属にはない粘り強い耐久性を持つ刃に変化し繋がっていく) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 21:55:36
      • (無表情でマナの信号も出てないのでカーツの心情を推し量る事は出来ないだろう、でも内心めっちゃわくわくしてる、骨を由来とするとは言え、その白い刃を美しいと思っている) -- カーツ 2024-05-11 (土) 22:05:48
      • (ゆれてるなぁ…というとおいめ。これ見た目が荘厳なのに、一点において卑猥さがすごい。と周囲の目(主に男子)を警戒しつつ)
        (出来上がっていく槍に、ほほう、と軽く目を向く。肩甲骨がその形状を生かしたまま、穂先にへと変化していく。見事なものだ、と) -- ネル 2024-05-11 (土) 22:06:29
      • (魔力は乏しい、恐らく神聖魔法などを使うこともできない、が霊力やら巫力と呼ばれるものだけは馬鹿みたいに多い狐)
        (形状自体はシンプルだが強度を上げる為に長めに舞いを続け、最後に大きくしゃん、と鈴を鳴らし終わる)
        ふー、シンプルなのって逆に誤魔化し効かないから思ったより大変だった!(一つ一つの機能を持たせるモーニングスターと違い全体の強度を重視しないといけないので密度バランスで苦労した様子)
        はい、天然火属性なのはまあ仕方ないけど、結構重いから気を付けてね(使った骨が少ないのでモーニングスターよりは軽いがそれでも鋼鉄の槍と同程度はあり、骨故に鉄とは違う手触りのボーンスピア)
        あ、ちなみに普通に鍛冶屋では修理できないけど、骨灰とか骨粉で修復はできるよ(その際の骨は特に由来に関係なく使えると説明しておく) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 22:13:11
      • でかい(でかい)(何か妙な儀式してると思ったらお前等か…ソフィはこ山の時はありがとな〜)(余りのインパクトに本音と建前がまた逆になる) -- ルミナ 2024-05-11 (土) 22:18:12
      • (ボーンスピアを受け取る、元々使っていたのはジンに用意してもらった全金属製の物だ、何よりクン族は人間より体格が良く、嗅覚やゼイマー器官以外の感覚は鈍い傾向にある・・つまり)
        重さはあまり気にならないな、それにあたたかみがある(軽く振り回してみて具合を確かめる)
        修復・・・骨粉を塗り込めばいいのだろうか?(わからないって顔) -- カーツ 2024-05-11 (土) 22:20:00
      • あ、せんせー、これ?普段は変化で押し込んでるからねー(疲れてるし汗で濡れてるしで色々艶やかな狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 22:20:24
      • わーお、ネルちゃんもだけど軽々持ち上げる!(非力なので自力で圧縮後の骨は持ち運べない狐)
        だいたいそんな感じ、本当なら骨で糊作って使うのが一番だけど、水に溶いてそれで塗りこんでおけば欠けたりした部分が修復されるよ(ちょくちょく錬金術の教室で骨糊作ってる狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 22:22:16
      • カーツ様もお強いお方ですから。ふむふむ…治すのには骨粉を塗ればいいのですね…(覚えておこう、と脳内メモメモ)
        確かに欠けたりしたら、どうしていいか分からないですものね…(ソフィがちょっとエロい事になってない?と周辺を伺えば)
        ルミナ様。いいかた(デリカシー)(メイドの鋭いジト目が飛んだ) -- ネル 2024-05-11 (土) 22:28:38
      • わかった、ありがとうソフィ。カーツはとても満足・・感謝している(表情も抑揚もない分意識して感謝を伝えた)
        しかし人間とはとても奇妙な生き物だ、雌雄の区別がある生き物は多いが、その特徴は個体ごとに差異があるようだ(すごくデカい乳房の事を言ってる) -- カーツ 2024-05-11 (土) 22:31:13
      • す、すまんちょっと想像以上だったからな…(コホンと咳払い
        しっかし体格のいいカーツはわかるが、ネルもやるもんだなあ…あたしは…できてギリ持てるぐらいかねえ
        (それはそれとして既存の魔術体系と全く違うっぽいソフィの儀式にいいものを見たと満足) -- ルミナ 2024-05-11 (土) 22:35:14
      • まあうちの集落の女に人だいたいこんな感じだけどね?(母親は外からの嫁入りだがそれでも中々らしい)
        普通の素材なら鍛冶屋でいいんだけどねー、流石に骨に金属は繋がらないし(恐らく死霊術と錬金術両方の才能が高レベルなら可能な領域)
        あ、カーツ君はもし歯が抜けたとか角が折れたとかあったらちょっと分けてくれると嬉しいな!(とんでもないこと言い出す、龍種の血を引く骨素材は色々貴重なのである)
        魔力系でこれやろうとしたら大分手間だろうしねー、先生も何か作ってみる?ってもう香炉が足りないかー(全部使い切った香炉の中身確認して祭壇を片付け始める) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 22:36:50
      • 分かれば宜しいのです(ふんす)ふふ、これでも一応鍛えて居ますからね(とりあえずモーニングスターの鎖をぐるぐると腕に巻いて、ダガーはポケットに仕舞い)
        ……ソフィ様の故郷は一体どんな場所なのですか…皆死霊術師で恵体とは(想像の故郷がすごいことになってきた) -- ネル 2024-05-11 (土) 22:40:58
      • そういやお前の父ちゃん母ちゃんは結構な大恋愛の末に結婚したって言ってたの聞いたな…
        正直お前の使ってる死霊術って魔術の担任からすると既存のものと違い過ぎてマジで興味深いし
        本気で近いうちに一度訪ねてみるかな… -- ルミナ 2024-05-11 (土) 22:46:21
      • カーツは人の街に来て気付いた事がある、人間は腕が取れたら生えてこない(つまりクン族は腕が取れても生えてくる)
        みだりに取られるのは不本意だが、槍の礼に角を取られるくらいはかまわない -- カーツ 2024-05-11 (土) 22:52:20
      • 普段は普通に森に集落構えてるだけなんだけどねぇ、むしろ近所に流れ着く普通の人?人…?の方がとんでもだと思うよ(微妙に国境の外側だったおかげで流れ者が結構近くに溜まっている)
        そう言えばうちの集落の男は普通かなぁ、背丈も別に大きくないし(無味無臭な容姿の父親を思い出し)
        基本的に魔力じゃなく祈りと霊や魂へのお願いでどうにかしてる感じだから、多分大分変種なんだろうね(発動条件や事前準備が多いが恐らく直接的なコストが低い特殊技能) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 22:55:47
      • 腕生えてくるとかは流石にないね!でもそこまでは必要ないけど、もし事故とか何かで怪我したりしたらその時はちょっと融通してくれると嬉しいかな?(あくまで自分の技能を伸ばす訓練も兼ねているので明確な対価は必要ない)
        あ、でもできればこの後はご飯奢ってくれると嬉しいかも!(日に連続して祈りの舞いを使ったのでかなり空腹) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 22:57:36
      • えっ(えっ)カーツ様って腕が生えるのですか…!?(流石に驚くも)…うらやましい(出てきた感想はちょっとピントがズレていた)
        ああ、やっぱりそうなのですね…ですが私、ソフィ様の死霊術は、好きですね(とルミナの発言を聞いて微笑む。彼女の死者へのスタンスは、好ましいと)
        そんな場所で育ったソフィ様も、また素晴らしい方です。今日またそう思いましたよ(微笑みを浮かべ、そう言った) -- ネル 2024-05-11 (土) 23:00:21
      • そうか…その時が来るかは分からないが…だが分かった、そういう事であればこの後食事に行こう(うんうんと) -- カーツ 2024-05-11 (土) 23:00:24
      • 色んな意味でいいもん見せてもらったし構わねえけど、流石にアシェレベルの爆食されたらあたしが破産するから
        もしそうなら控えてくれると助かる…(ついでだからお前等も食うか?とネルとカーツも誘ってみる) -- ルミナ 2024-05-11 (土) 23:01:21
      • (カーツがソフィに奢る流れだと考えていた、ルミナが名乗り出た)・・・(カーツは少し考えて・・・)ご相伴にあずかろう(乗っかった!) -- カーツ 2024-05-11 (土) 23:05:18
      • 私からもお礼をしようかと思ったのですが…(んー、と顎に手を当てていたが)…ルミナ様がそう仰るのならば、お言葉に甘えてしまいましょうか。
        大丈夫ですよ、私はせいぜい食べるとしても、人の3人分程度です(にこり。だいぶ多い量を告げながら誘いに乗る) -- ネル 2024-05-11 (土) 23:09:02
      • こういう時位教師の顔立てとかないと、そのうち教師である事すら忘れられそうだからな…
        (まさかのネルの大食らいっぷりが発覚しやっぱり早々に真顔になってたそうな) -- ルミナ 2024-05-11 (土) 23:14:01
      • そこまで食べられないよ!いっぱい食べたいけど!ジンせんせーもだけど教師って薄給らしいから手加減はするし!(祭壇も片づけ終わってスケルトンファーマーズに後は任せてしまう)
        (この後奢ってもらい普段よりお腹がすいていたのでしっかり食べた狐) -- ソフィ 2024-05-11 (土) 23:15:03
  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)
      • (授業の補習が行われている。補習と言っても赤点生徒が対象ではなく、授業の成果が平均より下の者達に行われる特別授業という形だ)
        (今回は万全の状態ではない時の魔法のコントロールを鍛える、との事で、そこそこの人数のモブ生徒達がグラウンドのトラックを走っている)
        (一周走り終えるとすぐに設置されたターゲット人形に向かって基本の火矢魔術を放つ。命中すれば1セット終了、これを5セットするらしい)
        (命中しなければセットカウント無しでまたランニングからやり直しだった。……という訳で、私は2セットまでは進む事が出来たがそこから2回連続外し、グラウンド5週目を走っている所だ) -- シャルロッテ 2024-05-02 (木) 00:12:41
      • (監督している教師曰く、成績優秀な者が続々と現れている今、彼らに負けじと気合を入れて全体の底上げをしたい……との事だが)
        (卒業後、軍に入る気の無い私にとってはなかなか迷惑な方針である。座学こそ得意な分野は並より上だけど、体を動かす科目の方はさっぱりだ)
        (そこへこんな組み合わせ特訓されてはたまったもんじゃない。時間切れになれば終わりは来るとしても、それまで走り続けるなんて本気で体力が持たないだろう) -- シャルロッテ 2024-05-02 (木) 00:19:58
      • (とりあえず次は当てよう。先生も威力までは期待していないだろう……多分。この補習をやらされている者達の中にターゲットを焼き尽くす程高火力の魔法を操る者はいない。皆教科書通りといった感じかな)
        (こうして頭の中で色々考えていられるならもう少し余裕あるな……と自己分析しながら私はまた一周走り終え、荒い呼吸を何とか整えて集中しながらターゲットに向かうのだった) -- シャルロッテ 2024-05-02 (木) 00:24:19
  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)
  • という訳でやってきたよ運動場!何ができるか、だったよねぇ(と片手持ちの杖を取り出して)攻撃用の魔術は一通り習ったのは使えるよ(一般的な四工程を踏んで、簡単な炎の矢を的にぶつけて見る) -- ポテチ 2024-04-30 (火) 23:02:37
  • ふむ…なるほど…(所謂普通の魔術師が良くやる極めて模範的な魔術行使を眺めつつ)
    ん、じゃあ、まあ…ひとつひとつ行こうか…
    この世界の魔術師には大まか2種類プラス1に分類けられる。お前さん、威力の高い魔法は得意か?
    (軽く質問を投げかけ) -- ジン 2024-04-30 (火) 23:12:05
  • はい!せんせーよろしくね!(流石に教えて貰うとなるとそれなりにピシッとしつつ)
    2種類プラス1?(首をかしげて)得意、かどうかは自覚がないかなぁ、一応、こんな感じでいい?(魔術の第一工程、マナの集中に重きを置く)
    (魔術の授業については成績が良いらしく、さほど揺らぎもなく先ほどより高い威力の魔術が放たれ的を燃やした。が、得意と言うよりそう言う事も出来る想像力はある、という感じである) -- ポテチ 2024-04-30 (火) 23:26:58
  • (燃え上がる人形を見て感心しつつ)
    ん、優秀な生徒という訳か…こりゃルミナ辺りに可愛がられてそうだな(漠然とした感想を抱きつつも)
    話を戻そうか。ひとつは火力重視の砲撃タイプ、現状この国だと殆どがこっちのタイプだな
    というより、これ以外が軽視されてる傾向にあるんだが…まあ、それはこの際置いておいて(話がそれかけて再度戻しつつ)
    ふたつめは回復とか幻惑とかそういった直接攻撃とは別の方法でパーティーをサポートするタイプ。魔力出力が少ないタイプはこっちをやる事が多い
    そして最後はそれ以外…これはハッキリ言ってどれがどうとか言えない。なぜかっていうと十人十色だから…まあ、自分の道を突き進むタイプで軍用にはほとほと向かないから今のゼイム軍部だとあんまり好まれなさそうなやつだな
    さて、では改めて聞こうか。お前さんは今さっき使った魔法の威力に絶対の自信があるか?
    あるなら俺としては教える事が少なくて非常に助かるんだが -- ジン 2024-04-30 (火) 23:37:40
  • (ふんふんと真面目に頷きながら話を聞く、新しい事なので面白いと言う興味が先に出ているのだろうが、故に飲み込みは早い様で) 威力重視の砲撃タイプと、回復とかの補助、センセーの言う最後のは、一人一人の固有の魔術ってコトでいいのかな?
    はい!絶対の自信なんてありません!(きっぱり)まだ魔物相手に使ったことも無いし、どの程度効くのか経験もないんだよねぇ(実戦経験は無)
    だから、絶対の自信がある場合と、自信のない場合、どっちがどう違うか教えて欲しいなセンセー
    あと、回復と補助は攻撃より自信ないし、特殊なのは複製魔術くらいだねぇ新聞の(役に立たない) -- ポテチ 2024-04-30 (火) 23:55:17
  • その解釈でOK
    砲撃に自信があるのなら単純に火力を敵に向けりゃいいだけだ。無力化させる事を簡単にできるからな
    大事なのはオーバーキルにならないように必要な威力を見極める事と、撃つのに時間がかかる場合近づかれない様に立ち回る事ぐらい
    後は大抵味方がフォローしてくれるからな、楽なものだよ(手を振って)
    さて、それで回復補助は…不得意だったな、ではこれは無い方向で(再度手を振って)
    で、自信がない場合は…色々と工夫がいる。単純に火力で相手を一撃で無力化できないからだ
    各々、自分が得意とする物を伸ばしてそれに近づく努力をする訳だ…今からやるのはすべて魔法でやってると思いな(言いながらコートに手を突っ込み、鋭く振るう)
    (手のひらから放たれた糸状の物が、無傷の人形を絡め取る。硬質の輝きを持ったそれは鋼鉄のワイヤー)
    (身動きを取れそうになれないほどに雁字搦めとなった人形に数本のスローイングナイフが突き刺さる。搦め手から止めを刺す動き)
    ふっ…(同時に次の人形の目前に跳躍する傭兵教師。握ったこぶしの合間に挟み込んだ数本のナイフは魔力の代わりだろうか)
    (鈍い打撃音の後には拉げた上にナイフが突き刺さった。こちらは魔力と体術を組み合わせて戦う想定)
    そして最後に…(人形の前で呟くとポテチの目の前でその姿が消失し、彼女が周囲を確認する前にその頭に軽く手刀が下ろされる)
    と、まあ、魔術師でもこう言う事はできるんだわ(と、声をかけた。最後のそれは魔法ではなく彼女の瞬きと同時に背後に回ったのだが彼女がそれと知れるかどうか)
    今やったのは俺の知り合いの魔術師のマネなんだが…要は頭の使いようなんだよなぁ…マジで千差万別すぎてどうしたらいいかは直ぐに教えられねぇ
    (彼女の視界の前へと歩いて戻ってきた) -- ジン 2024-05-01 (水) 00:25:52
  • そっかー、威力だけ上げればいいって訳じゃないよね、一人じゃなくてパーティーを組んでるんだし
    近づかれないように、なら走りながら魔術を使うとか?(これは出来そうと、歩きつつ杖を振るも命中に難ありであった)
    (そして搦め手の実演をするとの事、でジンの動きを注視する)
    (動きを封じる魔術、先ほどジンが言った近づかれない様にする立ち回りをさせないためのもの)
    (一撃で無力化できないのであれば、数を当てる、それも間髪入れずにだ)
    (マナを魔術としてぶつけるのではなく、体に纏わせ威力を上げる攻撃、ただこれは体の小さいポテチには向かないであろうが)
    (それでも出来る事としての一例として見せたのであろう)
    あいたぁっ!(トン、と軽くであったが完全に意識の外だった故か、感じた衝撃以上に響いた)
    うー、にわかには信じられないなぁ、でもセンセーの知り合いの魔術師が出来る、って言ってるなら出来るんだよね……
    うん(前に回って来たジンに一つ頷いて)とりあえず、威力を上げる方向でやってみるね、そっちがあたしに向いてそうだし!
    (と、一つの方向性に絞り、暫くのあいだ色々と先生に指導してもらったって話だ、それが依頼で役に立つかどうか……神のみぞ知るである) -- ポテチ 2024-05-01 (水) 00:57:08
  • グラウンド
    • グラウンド(屋外の運動場。魔術(主に攻撃系が想定される)や戦技(弓術等を含む)の訓練設備も整っている)

Last-modified: 2024-05-17 Fri 12:33:04 JST (7d)