IG/伊上高校

編集:IG伊上高校・学食購買
お名前:
  • 学食購買
    • 黒は幸運を呼ぶ神聖な色。持っていれば運気があがる学食
    • 黒は幸運を呼ぶ神聖な色。持っていれば運気があがる購買

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • 学食購買
    • 黒は幸運を呼ぶ神聖な色。持っていれば運気があがる学食
    • 黒は幸運を呼ぶ神聖な色。持っていれば運気があがる購買
  • 学食購買
    • 学食
    • 購買

      • きたる8月第4週
        生徒たちが待ちに待つ夏休み期間にそれぞれの思いをはせる一方
        比例するように人の存在が薄くなる場所が校舎である
        もちろん、夏休み中であれど部活中の生徒に教師と、けして完全なる無人ではないだろう
        しかしそんな人という存在もまた、ある時間になればこの場所で見つけることは困難になる
        丑三つ時直前……午前3時の真夜中を時計の針が示す数秒前に、校内にある場所……購買部にて、それは姿を現そうとしていた -- 2020-05-07 (木) 03:02:00

      • 静寂、姿を現すといってもそれはなにか大きなものでも、強く存在を示すものでもない
        販売員のいない購買部は防犯用に鍵がかけられ、カウンターも完全に締め切られている
        しかし秒針がゆっくりと、規則正しい音とともにその先を時計の頂点を指し示し……午前3時を示したとき
        締め切られていたはずの購買部分が音を立てて開かれる
        入れ物を動かす音がカウンターの向こう側から聞こえると。次第にパンが焼かれる香ばしい香りとともに、無人の学食内にベルの音が響く -- 2020-05-07 (木) 03:08:43

      • 複数の足音……外から、校内のどこかから、あるいは最初から近くに置かれたテーブル席から
        制服を着た複数の生徒達が購買へと群がるように
        しかし妙に落ち着いた雰囲気で近づいてくる。その様子は密教、いや裏取引……あるいは早朝の築地のような空気を醸し出しながら
        生徒たちは表情を変える事無く、開かれた購買の前へ集まる -- 2020-05-07 (木) 03:10:58

      • ………フンスッフンスッ -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 03:12:33

      • しかしそんな玄人じみた集団の中、ただ一人落ち着きを隠せない様子で鼻息を荒くする人物が一人紛れていた
        青い髪とマフラーを揺らしながら
        香る香ばしい煙に鼻をひくつかせ、それが出来上がるのを待つ存在は
        暗黙的ルールも知らぬまま、ただ無礼な新参者としてそこに立っていた
        しかし周囲の生徒はそんな新入りを気にする様子はない。ただ病的にカウンターの奥を見つめ今か今かと、その時を待っていた

        そんな異様ともいえる間が数分、ただ気合交じりの鼻息だけがBGMとして集団の目の前に、黒い布を被った何かが
        白いトレイに茶色く丸いものをいくつか規則正しく並べカウンターへと運んでくる -- 2020-05-07 (木) 03:17:44

      • 「オオ…… 」-- 生徒A? 2020-05-07 (木) 03:18:13

      • 「イロツヤ……」 -- 生徒B? 2020-05-07 (木) 03:18:47
      • 「アノ…ガ……イイネ……」 -- 生徒C? 2020-05-07 (木) 03:19:12

      • その瞬間、今まで静寂を保っていた集団がボソリ ボソリと小声で口々に目の前のものに対する感想を呟き出す
        色つやが良い 今日のは出来が良い かろうじて聞こえる言葉に -- 2020-05-07 (木) 03:20:42

      • ……んっ! んん・・・?
        んぐうぅう! -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 03:21:50

      • 新参者もまた、心を躍らせその目の前にお出しされた物を一目見ようと、あわよくば齧りつこうとせんばかりに
        カウンター前へぎゅうぎゅうに密着する集団の中に割って入ろうとする
        しかし凄いPOWERな密集力を誇る生徒たちになすすべもなく、新参者はゴムまりのように跳ね飛ばされると
        ただ力なく、後ろへ倒れ込み尻もちをつくばかりであった -- 2020-05-07 (木) 03:24:16

      • 「おう、今日は珍しく知らねえ顔が居るじゃねえか」 -- 男子学生? 2020-05-07 (木) 03:25:08

      • じんじんと痛む尻をさすり、落ち込んだように割って入れぬ古参の壁を見つめていると
        そんな敗北者の頭上から野太い声がそそがれる
        頭のてっぺんに置かれるようなほど存在感のある太い声に顔を上げると、そこにはなんともいかついふと眉角刈りの
        いかにも柔道家空手あたりをやっていますといった風貌の男が立っていた
        学生服を着ているあたりおそらくここの学生だろうか、顔だけ見れば工事現場かどこぞの事務所にでも居そうなその顔をしばし見て
        ようやく口から出るのは -- 2020-05-07 (木) 03:32:07

      • …つよ……そう…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 03:35:39

      • 「強そう」それはこの尻もちをついた女学生なりに
        (その強そうな肉体さえあればあの人ごみにも割って入れてパンが買えそうで羨ましいですね
        良ければ私の分も買ってきてくれませんかお代は払います)
        といった内容を圧縮させ、手早く伝えようとした結果の言葉であった
        もちろんそれは男子学生に伝わるはずもなく、当然の結果として相手を一瞬困惑させることになるのだが -- 2020-05-07 (木) 03:38:36

      • 「つよ……よくわかんねぇけど褒めてんのか、まあいい!
        オラッ、とりあえず立て……あっ、おも・・・意外と重いな!」 -- 男子学生? 2020-05-07 (木) 03:40:23

      • ……グッ! -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 03:40:46

      • 「やめろ!無駄に体重かけてんじゃねえ!」 -- 男子学生? 2020-05-07 (木) 03:41:10

      • ゴツゴツとした手を差し出され、それを掴んで立ち上がろうとすると
        途中「重い」というワードに少し頬を膨らませ、むしろ足を踏ん張らせながら男子学生の手を両手で掴み
        あえて体重を最大限にかける
        しばし当初の目的を忘れ、絶対に立たないという鋼の意志から始まる攻防戦が始まり
        その無益な戦いは男子学生の息を多少乱すまでにとどまった -- 2020-05-07 (木) 03:43:20

      • 「はぁっ、はぁ……チッ! 手間かけさせやがって
        まあいい! 俺ァ郷田 健司、1年●組だ、おめぇは!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 03:45:29

      • ……八田 2年B組…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 03:46:52

      • 「先輩だったのか……それで、あんたも此処のパンを買いに来たのかい
        だとしたらどこで聞いた?」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 03:48:19

      • 自己紹介を終えると
        郷田と名乗る男子学生は眉間にしわを寄せ、少し迫真めいてヤチヨへと問い詰める
        深夜の学校、誰かに見つかれば生徒と言えども不法侵入扱いだ
        ヤチヨは最初そういった事情で、同じ参加者であるこの郷田も広く知られていることを警戒しての事だろうと、この時は思っていた -- 2020-05-07 (木) 03:50:32

      • (どこで聞いたか思い出そうと、渋い顔をして空を見る)
        うー…ん……誰かに 聞いた気がする……多分、そうだったかも・・・ -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 03:51:58

      • 思えば、自分がなぜここに居るのかが思い出せない
        ただ明確な意思としてあるのは、ここで出されるパンを食べたいという欲求だけであった
        普通であればそんな欲求があっても深夜の学校には入らないだろう、しかしヤチヨ自身昼夜問わず食べ歩く時もあるため
        時としてこのような非常識な時間と場所に対してもあまり異常性を感じないほどに麻痺してしまっているのだろうと、そう思っていた
        -- 2020-05-07 (木) 03:55:08

      • 「随分曖昧だな、まぁそれも不思議じゃねえんだが───ん、そろそろ始まるみてぇだな」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 03:56:05

      • 疑問がぬぐいきれないまま、郷田は顔を上げ人だかりの向こう側に目を向ける
        するとすぐにそこからひときわ大きめのベルの音が鳴ると
        先ほどまで目の前の物体に対する品評会を繰り広げていた生徒たちの声がぴたりとやみ、海が割れるようにカウンター正面が開かれる
        -- 2020-05-07 (木) 03:58:14

      • 「第●●●回……販売会…まずはアンパン」 -- 販売員? 2020-05-07 (木) 03:59:49

      • 「一休……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:00:29
      • 「イイヨネ...」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:01:13
      • 「イイ...」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:01:32

      • ……なに あれ…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:01:54

      • トレイに乗せられた、湯気を立ち昇らせる物体を前に
        黒い布に身を覆った販売員が指を一本露出させ、天に向けると生徒たちは口々に手を上げなにやらブツブツと宣言を始める
        その内容はまるで意味をなしていないようなもので
        しかし生徒たちの間ではちゃんとした意味を持っているのか、時折特定の言葉が出るたびに生徒の何人かは力なくうなだれる -- 2020-05-07 (木) 04:04:56

      • 「俺も今でもよく分かんねぇけどよ、ああやって誰が買うかを決めてんのさ
        何回か通って分かったことは一休はイイより高けぇって事と
        あのさっきのあいつ、あいつが言った「テンジョウ」が即決価格「バクシ」が即決以上出すって意思表示な事ぐらいだ」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:07:24

      • ・・・普通にお金出すんじゃ ダメなの -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:08:13

      • 「俺の知る限りそれじゃ買えたことはねぇな」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:08:39

      • のー…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:09:22

      • 粛々と行われる競りのような行為
        なにも分からない世界を目の前に、食べ物を目の前に強い敗北感を覚えると
        ヤチヨは両手に財布を持ったまま強く、強くうなだれる
        その負のオーラに充てられたのか、はたまた別の対抗心を生み出すのか競りに負けた生徒たちも負けじと深くうなだれるポーズをとるが
        それは目の前で起きている現象に対し突発的なイレギュラーであり、なんの関連性もない事である -- 2020-05-07 (木) 04:11:47

      • 「まあそう気を落としなさんなって先輩
        アンパンだのコッペパンだのはただの前振り、この後はすげぇのが来ることになってんだ」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:12:34

      • すげえ…の……? -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:12:54

      • 「あぁ、毎回出てくるってわけじゃねぇんだけどよ
        定期的に限定三個のパンが売りに出されるんだ」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:13:58

      • 「それを買うための権利は今みたいなお行儀の良い競りじゃねえ
        ガチの金での殴り合いよ! 隠語もなし、ただ金額を提示するだけなら俺にも先輩にもチャンスはあるぜ!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:15:00

      • 落ち込むヤチヨの肩を叩きながら、郷田がその外見に相応の豪快な笑いを響かせ
        随分とテンションを上昇させる
        何かに充てられているのだろうか、それ以降競りが行われる中で郷田はやけに型をとったり空手部アピールを誰に向けるでもなく
        ただ周囲にひたすら印象付けるかのように動作と言動を繰り返すだす
        ヤチヨはその様子に少々不気味さを覚えつつも「限定三個」という魅力には抗えず、さらに夜が更ける校内でその時を待っていた -- 2020-05-07 (木) 04:18:15

      • アンパン
        食パン
        コッペパン
        品目はどんどん進んでいき、やがてカウンターの奥に控えていたトレイも空のものが増えていく
        そうしてようやく品物が出尽くしたのだろうか、ある程度のパンが生徒達の手に行き届き。黒い布を被った販売員は一息ついたようにカウンターを撫で
        そして軽く手を鳴らす -- 2020-05-07 (木) 04:20:45

      • 「さあ……今日は特別、限定三個デー……静かな競りは一切なし
        上限なしのオークション……グフフ……」 -- 販売員? 2020-05-07 (木) 04:22:31

      • よく見れば、布の下から伸ばされた販売員の腕は人肌とは思えないほどに黒く
        随分と骨ばっている……が
        限定三個のパンだけを探すヤチヨの目にはもちろん、近くに居る生徒達もその異常な腕には何のリアクションも示さない
        再び静まり返る一角で、販売員の宣言の元にゆっくりと最後のトレイが運ばれてくる……

        上にかぶせられた布が取り払われると。そこには食べ物とは思えないほどの光沢を放つ、黒々とした三つのパンが規則正しく並んでいた
        その姿を現した途端、周囲の生徒たちは一斉にどよめきの声を上げ始める
        中には先ほど競り落としたパンを床に落とす生徒までが出るほどだ、それだけ憧れなのか……もしくはそれが生徒にとって今までのパンへの興味を失わせるほど特別な何かなのか
        少なくともお預けをくらい続けていたヤチヨにとってそこは考察するほど重要な事ではなかった --2020-05-07 (木) 04:28:47

      • 「……よし……ッ! グアッハハハハ!!!! 今回も限定パンを求めて雑魚どもが群がっとるわ!&brr;毎回毎回、手に入りもせんのに最後までご苦労なこったのう!!!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:30:50

      • 〜〜〜〜〜ッ!?
        な、なに……なに……? -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:31:19

      • 「今日も三つのうち一つはぁ!!!!
        このセンドウジが頂くぜ!!!!!! ガーッハハハハ!!!!!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:32:35

      • 「……センドウジ」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:32:56
      • 「センドウジ マタアイツカ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:33:17
      • 「ヤナヤツダゼ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:33:47
      • 「シッ!キコエルゾ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:34:26

      • ご、ごうだくん……どうしたの
        おなかすいた の……? -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:34:56
      • 「ガハハハ……ちょっ、やめ……やめろ! すそ引っ張んじゃねぇッ!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:35:29

      • だってきゅうに 変になるし……夜食ぐらいなら 買ってあげるよ…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 04:36:04

      • 「いや今はそう言うんじゃねぇんだけど……あっあぁ!
        おーっと! この足音は! おいおい、こりゃあ二つ目も誰が取るかは決まったみてぇだなあ!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:37:02

      • 捕まれた裾を必死に振り払おうとする郷田との問答をしている最中、廊下を経由し学食の購買へ新たな足音が響く
        生徒たちはもちろん、販売員にさえその外からの音には緊張と警戒の色が見える
        重く遅い足取り、少々太った体系を思わせるそれが暗い中で姿をはっきりと視認できるほどの距離までくると
        生徒たちは再び落胆の声をあげる -- 2020-05-07 (木) 04:40:09

      • 「ゴウカイジ……ゴウカイジダ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:41:06
      • 「マタアイツ タケンカラキタノカヨ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:41:31
      • 「アノセイフク、ウチニハイリコムタメニ
        トクチュウデツクラセテンダゼ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:42:10
      • 「ヒクワー....」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 04:42:23

      • 「フフフ……今日もずいぶんと賑わっているじゃないですか
        南無阿弥満腹…南無阿弥満腹…」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 04:43:47

      • 「よお豪快寺! 今日も隣の県からご苦労様だな!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:47:50

      • 「そちらこそ、空手部部員でありながら深夜の学校に侵入など
        リスキーな不良行為をよくも毎回……おや、そちらの方は?」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 04:48:57

      • 二人は知り合いなのだろう、親しげに声をかける郷田に慣れたように対応する豪快寺が
        相手の横に居るヤチヨを見つけると、少々バツが悪そうに郷田に尋ねる
        郷田とは違い、いかにもヤチヨを面倒の種といったふうに指をさしながら少々、非難めいたように言葉を続ける -- 2020-05-07 (木) 04:51:49

      • 「まさかあなた、誘ったんじゃないでしょうね」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 04:52:24

      • 「ちげぇよ! 俺が来た時にはもう居たんだ
        それより……」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:53:54

      • 「もうすぐ限定の販売が始まるってのに金持寺がまだ来てねぇ
        これじゃ二個しか確保できねぇぞ」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:54:36

      • 「金持寺さんが? それは困りましたね……
        そういえばこの間道端に落ちてた饅頭がどうとか言ってたような────」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 04:55:54

      • 次第に小声になっていく郷田と豪快寺の会話
        最終的にはほぼほぼ耳打ち状態で、饅頭が 腹痛が 2個しか などと
        次第に二人が焦りの色を浮き上がらせながら
        額にいわゆる嫌な汗をにじませていく……「もうパンだけ見ていよう」美形でも美少年でもない男二人が汗だくで耳打ちをしている醜い光景をよそに
        ヤチヨはただ心を無にして販売開始を待つ……が

        それは先ほどまで会話をしていたその男二人が許さなかった -- 2020-05-07 (木) 04:58:47

      • 「先輩……」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 04:59:36

      • ……ん……ッ!?
        ヴゥァッ!? -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:00:23

      • 「せ、先輩! いや姐さん!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:00:54

      • 「ヤチヨサン!」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:01:10

      • 脂汗をにじませた二人の顔がいつの間にか目の前にある、二人の手がそれぞれヤチヨの肩をがっしりと掴む
        突然の事に暇つぶしに食べていた携帯食がのどに詰まりそうになり
        目を大きく見開き半ばその二つの顔に対する恐怖で過呼吸を起こしかけながら、なんとか悲鳴を喉元で抑え込み
        ヤチヨは眼球だけを動かし二人を交互に見る -- 2020-05-07 (木) 05:02:52

      • 「頼むッ、限定パンの確保に協力しちゃくれねぇか!
        理由を説明してる時間はねえが、頼む!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:04:11

      • 「私からもお願いします
        あのパンだけは生徒に渡すわけにはいかないのです!」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:04:49

      • えっ……で、でも…二人も生徒なんじゃ…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:05:16

      • 「私は隣の県から来てる他校生なので具体的にはここに居る限り生徒ではありませン!!!」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:06:02

      • うん……うん? まあ 元々限定パンだけでも 買うつもりだったから
        それは いいんだけど…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:06:51

      • 「おぉ! 感謝するぜ姐さん!
        よし……やるぞ、豪快寺」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:08:06

      • 「えぇ、では設定的には食べ歩きの───」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:08:41

      • ……? ?? -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:09:19

      • 再び顔を突き合わせ、なにやら相談事を繰り返す二人を傍目に
        ただただ ひたすらキョトンと呆けるしかないヤチヨはとりあえず残りの携帯食を口に入れ咀嚼を繰り返す
        時計の針が限定パン販売開始時刻に近づく中で、やり切ったふうに額の汗をぬぐう二人の男児が立ち上がり
        思考を停止させたヤチヨの両隣に立てば
        互いに顔を見合わせ、息を合わすよう首を縦に振る -- 2020-05-07 (木) 05:11:34
      • おぉ〜〜〜〜〜っとぉっ!? 何やら見知らぬ小さな方が居ると
        お・も・っ・た・ら・!!!!」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:15:05

      • 「なぁにぃっ!? この方こそ、伊上高で食番(※捕食番長)と名高い
        満腹寺姐さんじゃあぁぁ〜〜〜ねぇですかい!!!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:16:40

      • えっ、まん……え? え?
        ご、ごうだくん……まんっ…なに・・・? -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:17:20
      • (すまねぇっ! すまねぇ! 今は何も言わず話をあわせてくれ!)
        「満腹寺の姐さんといやぁ! 隣の県で連日在庫分全部食い尽くして、定食屋を50件潰したって言う!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:18:52

      • 「あの!例の公園の池で飼われてる!!!鯉を全部食べてしまったという罪深いあの!!!」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:19:48

      • 「マン…プクジ……?」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:20:22

      • 「イタカ? ソンナノ……?」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:20:38
      • 「くそぉ!!!満腹寺姐さんがきちゃあ! 今回のパンは三個全部この人の胃の中かもしれねぇ〜!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:21:29

      • 「イタ……キガスル!」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:21:52
      • 「マンプクジ……マンプクジダ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:22:17
      • 「マンプクジ……!」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:22:34

      • 「よしっ! 即興だが十分すり込めたか!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:23:21

      • 〜〜〜〜……ッ!ッ!!! -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:23:51

      • 二人の男子学生による大声でのわざとらしい寸劇
        呼応するようにざわめく生徒たちの視線の先で、ヤチヨは自身の服の袖をつかみながら
        うつむいて不満げに頬を膨らます
        手はプルプルと震え、若干の気恥ずかしさからか、頬を少し赤く染める -- 2020-05-07 (木) 05:25:11
      • …………だもん -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:25:32

      • 「え? なんだ?」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:25:50

      • 鯉じゃなくてザリガニだもん…… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:26:26

      • 「……そうか!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:26:44

      • 震えた声での告白、化け物の出現にざわめく生徒
        汗だくになりながら嘘を吹聴する男が二人、深夜の校内とは思えない現象がそこで起こりながらも
        時間は平等に進んでいく……針がついに午前四時を指す

        空が白くなり始める夜と朝の境目の時間に、その時は訪れた
        ガラン ガラン と、ひときわ大きなベルが鳴り響く
        その瞬間生徒の声も、男二人の嘘も凪のようにぴたりと止まり、その場にいた全員の視線が販売員へと注がれる -- 2020-05-07 (木) 05:31:11

      • 「それでは限定パンの販売を始めます
        まずは一つ目、金額の提示は宣言をしてから───」 -- 販売員? 2020-05-07 (木) 05:33:39

      • 朝日が昇りつつある中、ほのかに周囲の人々が薄くなり始める場所で販売パンのオークションが始まる
        生徒たちはもちろん、郷田 豪快寺もまた矢継ぎ早に手を上げ
        パン一つに対し異常なほどに値を吊り上げていく
        「姐さんは最後の一つに注力してくれ」
        開始直前の郷田の言葉を受け、ヤチヨはその様子をただ立って見ているだけであった
        確かに限定という言葉は甘美だ
        しかしなぜここまで、この二人は必死になるのだろう……先の羞恥プレイじみた過程ですこし熱が冷めたヤチヨは
        息抜きに改めて周囲を見渡す

        何かが透けている気がする、先ほど限定パンの販売が知らされた時に生徒の一人が落としたパン
        よく見ればパンが透け床が見えるのだ
        深夜、徹夜でいつの間にか学校内に居るのだ、疲れてそう見えるだけかもしれないと目をこすり……再びパンを見る
        するとそこにはもうパンはなくなっていた、誰かに踏みつぶされたわけでも、ましてや食べられたわけでもない
        一口も齧られていないパンが目をこする一瞬の間に消え失せていたのだ
        そもそも自分がなぜ、今ここに来ているのかさえ記憶のない状態
        こんなところで、こんな時間にパンの販売が行われていたなど知るわけもないし
        知ったところで、いくら物珍しいからとこんな場所に来るだろうか……ヤチヨは目立たない分、あまり問題行動もしないタイプであった
        そんな疑問がよぎる中
        豪快寺が二つ目のパンを勝ち取ったことを知らせるベルが鳴り響く -- 2020-05-07 (木) 05:43:21

      • 「はぁっ……はぁっ……ぐっ!」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:44:23

      • 「豪快寺! 大丈夫か!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:44:58

      • 「毎回毎回……こんな腐ったパンに何千円も払うのほんとキツイ……
        早くこいつらなんとかしてほしい……」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 05:45:48

      • 二つ目のパンは最終的に八千円ほどで落札されていた
        豪快寺の手には小さめのガビガビになったパンが握られており、とても八千……いや、100円の価値もあるとは思えないものだった

        それを見た瞬間、ヤチヨの中に出来たのは怒りの感情であった、怒りというたいそうなものではない
        八つ当たりじみたもっと幼稚なものだったかもしれない

        気が付けば貴重なワクワクタイムである深夜に、こんな食べ物も碌にない構内に居た事ももちろんだが
        焼きたてのパンの香りを嗅がされながら、ルールも分からず目の前で買われていくパンたちを眺めさせられるばかりか、そのパンですら虚像だったのである
        しまいには限定パンをうたったそれは、ただの乾燥しきった
        それこそ、そこらで拾ってきたのではないかと思うほど貧相なものである&b; 食べられないパン ワクワクタイムの消失 この後歩いて家まで帰らないといけない疲労感
        すべてが爆発したとき、ヤチヨの手は自然と上へあがっていた -- 2020-05-07 (木) 05:50:31

      • 「グフフ、それじゃあ最後の超限定パン 金額のてい -- 販売員? 2020-05-07 (木) 05:51:48

      • ごまんえん -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:52:22

      • 「エッ」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:52:39
      • 「えっ」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:52:49
      • 「……え?」 -- 販売員? 2020-05-07 (木) 05:53:10

      • ごまんえん、はい -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:53:37

      • 困惑する周囲をよそに、カウンターに無造作に広げられる福沢諭吉5人衆
        クイシンボー怒りの5万が散らされると、制止する間もなくトレイからはガビガビパンがひったくられ
        そのまま一気にそれにかじりつく -- 2020-05-07 (木) 05:55:03

      • ……まっず -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:56:21

      • 「マズイノ……?」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 05:57:30

      • まずいよ たべてみていいよ -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 05:58:06

      • 「まっまて! 俺達は今まで生徒にそのパンを食わせないために!」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 05:58:41

      • かすかに透けた生徒に手渡されるパン
        郷田の静止を振り切りながら、生徒の一人がそのパンにかじりつくと
        フレーメン反応を起こした猫のような表情を見せた -- 2020-05-07 (木) 06:00:03

      • 「マッズ……テイウカコレナニ カビ?」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 06:00:52
      • 「ボクニモクレ……ウワッブルーチーズノデキソコナイカヨ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 06:01:29
      • 「マンプクジデサエ マズガルンダ……オレタチニクエルワケ ナイヨナ……」 -- 生徒? 2020-05-07 (木) 06:02:08

      • 「……ヒっ」 -- 販売員? 2020-05-07 (木) 06:03:15

      • 次々に齧りまわされる限定パン、生徒のすべてがフレーメン&b;場の空気はだんだんと冷めていき、その場にいる全員が微妙な面持ちのまま今までを思い出す
        高い金を払ってどうでもいいパンを買わされる自分 限定という言葉にに踊らされてなんか夜更かしとかしちゃってる自分
        生徒達は次第に自分たちの今までが恥ずかしくなってきたのだろう、一人……また一人と
        朝日の中に歩き出し、そしてその姿を消していく

        呆然とする郷田と豪快寺、そしてひきつったような声を出したきり、小刻みに震えるだけの黒い布を被った販売員
        それを見送りながら、もったいないので不味いけど戻ってきた限定パンを齧り続けるヤチヨ達は
        朝日が完全に差し込む校内で、この悪しきパン・オークションの終焉を感じ取っていた -- 2020-05-07 (木) 06:06:54



      • ・ -- 2020-05-07 (木) 06:08:07

      • 「いやぁー、ただの人間の金目当ての妖怪だったとはな
        幽霊相手に商売なんてバカな奴だったぜ」 -- 郷田? 2020-05-07 (木) 06:09:34

      • 不味いパンを片付け、人が来ないうちに校内から退散した郷田 豪快寺 ヤチヨは
        学校近くで事の顛末を振り返っていた……といっても、既に疲労困憊なうえ
        今のヤチヨにとって幽霊も妖怪もどうでもいい事だった。ただ今は帰って寝てからまともなものを食べたい
        それだけが今の心の支えだが、ただ一つだけ疑問が残っている -- 2020-05-07 (木) 06:11:52

      • ……満腹寺って、なんなの… -- ヤチヨ 2020-05-07 (木) 06:12:32

      • 「あぁ、それはですね───」 -- 豪快寺? 2020-05-07 (木) 06:12:52

      • この質問は失敗だった、豪快寺は説明を始めると非常に長いタイプの人種だったらしく
        怪奇現象は一定のルールと思い込みで成り立っていることが多く
        そういったものには強引な刷り込みを行う事で。そこに居合わせた人間がなぜそこに居るのか説得力を持たせ、登場人物とすることで襲われる危険性を極力低くする事
        というわけで、豪快寺もまた本名ではなく別の名前があり、でも隣の県からわざわざ来ていたのは事実であることなど
        無駄な情報もふんだんに聞かされながら
        後半はほぼ寝ながら相槌を打ち、余計にストレスをためることとなる

        ただ巻き込まれた一般人のヤチヨにとって、事の顛末はわりとどうでもいいのだと
        いつの間にか乗っていた帰りのなにかの中、眠りに落ちそうになる意識を頬をつねって考えていた

        途中、勢いで置いてきた五万円の行方を確認せず学校を出てしまったが……ヤチヨはこの疲労感とともに、その夜の事はすべて忘れることにしたのだった
        まる -- 2020-05-07 (木) 06:20:01
  • 学食購買
    • 学食
      • (珍しくお昼を学食でとっている)…あむ。あむ…(レバニラ定食を注文した。貧血予防のためである)
        …………(お口が小さいのか、体力の消耗があるのか、食べる速度はとてもゆっくり)……んむんむ…(よく噛んでたべておる) -- 銚釐 2020-05-01 (金) 12:29:59
      • (季節は夏真っ盛り…来週から学校も夏休みに入るので、登校の頻度も下がる。学食もこれで食べ修めだろう…)
        ……夏休み…何をしようかしら……(ぼんやりと夏休みの予定を立てる。家にこもりっぱなしはおつらい…入院時期もあったので。出来れば友達とも遊びたいが…体調の都合もあり…) -- 銚釐 2020-05-01 (金) 12:35:32
      • (…新作スイーツ…夏物の服…は、抑えたいのだけれど……北区ならともかく、南区までいくなら誰かと一緒に行かないと大変そうだし…)
        (…プール…水鈴さんに教わって、水に浸かる楽しさは覚えたから…夏休みに、何度かは行きたいわね。…後で連絡先を交換して、学校にいるか聞けるようにしましょう…)
        (夏祭りには当然参加したいから…その前は、散歩を増やして少しでも体力をつけておかないと…倒れたらまた迷惑が掛かってしまうわ…。…ああ、生配信も増えそうね…SEKIRO、クリアできるかしら…?)
        (そんなことを考えながらもっそもっそ。まだレバニラは半分も食べ終えていない。食の進みが遅い…!) -- 銚釐 2020-05-01 (金) 12:45:16
      • (何して楽しもうかしら、とJKらしい思考でいっぱいになりながら、満腹感を覚え始めた)……(けぷ、と指先で口元を隠しつつ)……
        ………(周囲に…周囲に残ってしまった昼食を食べてくれる人はいないかしら…と救いを求めてきょろきょろ) -- 銚釐 2020-05-01 (金) 12:55:13
      • ………(モブ男子A(ファンクラブ会員)と目が合った)……ねぇ、田中くん。ええ、そう、貴方。部活頑張っているかしら…?
        …その、大変申し上げにくいお願いなのだけれど。ほら、運動部ってお腹がすくのでしょう?…実は私、お昼が…食べきれなくて…
        それでね、箸をつけてしまったうえで、よかったらなのだけれど、残りを食べてくれないかしら…?残すのは、食堂のおばあさんに申し訳が無いから…大丈夫?本当?ありがとう、お願いするわね…?(田中に自分の席を譲って餌付けする) -- 銚釐 2020-05-01 (金) 13:06:14
      • (そして消化に血液が使われすぎる前に教室に戻った。田中は泣きながらレバニラ定食を噛みしめて味わったという) -- 銚釐 2020-05-01 (金) 13:07:27
      • ましょーのおんなだ・・・ 「いや普通に残しただけだべ」 -- やどり 2020-05-01 (金) 13:12:53
    • 購買
  • 学食購買
    • 学食
      • (放課後、人もまばらな学食はテーブルの確保に困らない。焼きそばパンと麦芽コーヒー豆乳を買い、適当な席につく)
        さて、と……(パンを齧りながら、テーブルに広げるのは伊上市の地図…をコンビニでコピーしてきたもの) -- 七緒 2020-04-23 (木) 21:17:07
      • (仕事も一段落して一休みとお腹になにか入れるために学食へ 隣りに座ってカレーうどんをすする) -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 21:29:39
      • こっちの件は片付いてて…(赤ペンでマークされた所に、×印をつける。ふと隣の席が引かれるのを見ると、知った顔ではなく)
        え……っと、あの。 僕に何か…?(用事でもあるのだろうか、少なくともカレーうどんの至近距離という状況はちょっぴり危機感だ) -- 七緒 2020-04-23 (木) 21:39:35
      • べふに…げほっげほっ!(むせた)別に用事じゃないわ おやつを食べに来たの
        何の勉強?そのマークは何かしら?(ばつ印を指差す) -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 21:43:01
      • うわっ!ちょっ、飛沫がー!(地図は犠牲になったのだ…しかし学ランは意地でも守りきる)すっごい重めのおやつだね…A組の子?(身長からして1年…見慣れないのはA組だからだろうと推測し)
        あ、これは勉強じゃなくって…ひボ部の活動の一環、かな…?(疑問形になった)もう退治された怪異に、チェック入れてるというか -- 七緒 2020-04-23 (木) 21:48:12
      • お昼抜いてたから……うん、(2年)A組よ
        ひぼぶ……最近よく聞く名前だわ かい……(怪異というと呼び出しそうで)かのつくアレを退治とか、危ないことしたらだめよ!?ひぼぶって夜にも活動するって聞いたけど、そういうことしてるのかしら? -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 21:53:45
      • あー、お昼抜きはつらいよね…わかる…。 だと思ったんだ、A組の面々ってどんな感じ?そろそろ打ち解けてきた頃かなー…(などと微妙にズレたまま会話が進む)
        怪異と間違われやすい生物を保護する、っていうのが主な活動…だから、そのためにも地道な調査は大事なの。 退治なんてそんな大それたこと…!(首を横に振る)
        なにそれ僕のしらないひボ部の活動がある…(初耳の情報だった)…あ、僕…1-Bの奈々崎七緒。 -- 七緒 2020-04-23 (木) 22:00:16
      • みんな仲いいわよ、見た目が怖い男子もいるけど、根はいい子だし
        そんな活動の部活は聞いたことはあるけど……ひぼぶ?(略称にピンとこない)かのつくアレに関わらないんだったらいいわ、でも、本物を見かけて困ったことがあったらいつでも生徒会に言うのよ
        この間、夜間の活動の許可について相談されたわ 2−Aの白鐘水仙よ、よろしく(握手しようとして箸を持ったまま手を差し出す) -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 22:06:19
      • 見た目が怖い……(怪異寄りの方向で考えてしまう怪異脳)…うん、うちのクラスにも居るなぁ…(思わず納得する)
        ええと、正式名は長ったらしくて…非なんとかボランティア部?とかいうんです(部員も名前が覚えられない)って言っても、生徒会でどうにかできるものなの…?(ポリスメン案件では?という顔)
        なッ……(今度はこっちが咽て焼きそばパンを吹き出しそうになった 何とか堪え)…スミマセン、先輩であるとは露知らずー… でもお箸持ったままでは握手できません(差し出した手をぷらぷらさせ) -- 七緒 2020-04-23 (木) 22:19:24
      • おんや?(と放課後の怪異探索に備えて小腹を満たそうとカレーパンをぱくつきながら通りかかれば)
        …なんだこの地図。あー…これもしかして、あれか、もう終わってんところか(などと箸もったまま七緒に握手しようとしてる白鐘を眺めて)…抜けてんなぁ(けけ、と笑う) -- 総痍 2020-04-23 (木) 22:21:35
      • 見た目で判断するのは良くないわ、うん
        あー……なんか長い名前の部活あったわね、そう、それだわ!部員ならちゃんと正式名称を覚えときなさいよ!?
        (おっと、とお箸を加えて改めて右手を差し出して握手 あやうく焼きそばパンまみれになるところだった危機一髪) -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 22:24:08
      • 怪異が出没するって噂だった場所…ですけど、もう退治されたっていう話を聞いたんで(赤ペンで印のされた地域、いずれも怪異の噂があった場所だ)
        こうやって常に情報を更新してかないと、調べにいったら空振り…なんてこともありそうで。(総痍の方を見上げ、頬の傷跡に一瞬ぎょっとする)
        ですねー…人は見かけによらない…。新入部員なので、まだ覚えきれてないんです…早めに覚えるつもりではありますっ(水仙と握手して)二人とも面識ありそうな…やっぱり2年…? -- 七緒 2020-04-23 (木) 22:31:09
      • 生徒会長ならむしろお前が部活の名前覚えとかなきゃじゃねーのか…?(などとやれやれと二人が握手する様を見ながら)
        やっぱか。なら(カレーパンを片手に、空いた方の手で地図の印のついていない場所を、いくつか、とん、とん、と指差す)
        ここと、ここはもう流れてた噂を精査して怪異の対処済みだ。少なくとも今はなにもねーよ…ん?ああ俺も二年だ、そこの生徒会長サマたぁクラスちげーがな。血臥崎総痍、2Bだよ。 -- 総痍 2020-04-23 (木) 22:36:54
      • ちがさきくんは隣のクラスよ(ついでにちがさきにも右手を差し出して握手しようとする) -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 22:37:02
      • この学校にいくつ部活があると思ってるのよ!(いくつあるのか知らない)全部把握するのは無理よ -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 22:38:20
      • え、白鐘先輩が生徒会長…!? あぁ、だからさっき生徒会の話がちょこっと出たんですね…
        情報が、僕の知らない新情報が出てくるっ…(カレーうどんの汁の染みができた地図、示された場所にペンで×印を書き入れ)助かりますっ!
        1-Bの奈々崎七緒です。よろしくお願いします、血臥崎先輩……その、先輩も怪異がらみの調べ物って、ひボ部ですか? -- 七緒 2020-04-23 (木) 22:43:42
      • ……(白鐘から差し出された手を見て、若干の無言。そして、カレーパンを咥えて)へっ、ヨロシクな?生徒会長(罠だ!カレーパンの油がべっとりついたままの手だ!ちょっとした嫌がらせである)
        そーゆーの全部把握すんのが仕事じゃねーのー?(にやにや)…いやまあ、俺もよく知らねーけどよ。無認可の部活も大量にありそーだし。 -- 総痍 2020-04-23 (木) 22:44:32
      • お花見のときとか入学式のときとか挨拶したのに!(むすー 超不満そうな顔だ!)
        無認可は本当に困るわ!それで危ないことされて事件にでもなったら、後始末とかも大変なのよ!(ベタベタの手におかんむり ちがさきの服で拭いてやろうと張り手張り手) -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 22:51:43
      • ああいう式典とかの挨拶って、校長先生の話並みに聞き流してる生徒が僕以外にも多数派だと思います…思いたい…(豆乳をストローでちゅーちゅー)
        ひボ部も気をつけないと生徒会に目をつけられそうですねこれ… -- 七緒 2020-04-23 (木) 22:55:27
      • ああ…それと…(もう一箇所、町外れの地点を示す)ここの廃墟も、対処済みだ。一年の自称天才の瓶底眼鏡ガキが化鼠の怪異を始末してる。
        …あ?ひボ部?ちげーよ、俺ぁあそこの部員じゃねぇ、持ちつ持たれつではあるがな。ウチの実家手伝いっつーか…仕事みてーなモンだよ。
        (そして地図を眺め)にしても大分調べが良いな。新入生にしちゃなかなかの手際……ぬあ!?やめろ白鐘!悪かった!頑張ってる頑張ってんよお前は!えらい!(逆襲にあい、結局手は自分の服で拭うことに。渋面である) -- 総痍 2020-04-23 (木) 22:55:49
      • (短いスカートを翻しながらそぉい とりあえずきれいになった手にちがさきに参ったか!というような得意げな表情)
        家の手伝いなら仕方ないけど……あんまり、『か』のつくアレに関わるのも良くないわよ!危ないんだから!
        その地図、後でコピー貰ってもいいかしら?生徒会室に貼っておくわ -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 23:04:26
      • 一年の…自称天才… あぁ、クリストファー君…彼も怪異退治なんてできるんですか…(意外そうな反応で、印をつけ)あとで話を聞いてみようっと
        血臥崎先輩の家の仕事が…怪異がらみ。伊上市だとそういう仕事を代々やってるっていうのも、多いらしいですねー(他の土地では珍しい、と思いながら)
        いやぁ、独自に調べてるのとかもありますから…ね……あはは(最初につけた×印の場所は、自らが魔法少女として怪異を仕留めた場所なのは内緒である) -- 七緒 2020-04-23 (木) 23:06:43
      • え、コピー…まぁ、いいですけど……(少し躊躇いがちに)人に見せる用だったらもう少し綺麗に書いとけばよかった…(注意書きとかがほぼ走り書きのレベル) -- 七緒 2020-04-23 (木) 23:08:19
      • 面白半分に手を出さないように、(地図を参考にして)見回らなくちゃ!
        あの子(クリスくん)もそんなことしてるの!?どっちかって言うとオカルトより科学って感じに見えたのに……意外だわ -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 23:17:21
      • カレーの染みついたモンを掲示物にしていいのか…?(得意そうな顔を見つつ、いつかギャン言わす、的な顔をしてささやかな嫌味を)
        危ねーからこそウチみてーなのが動く必要があんだろが、どうせ高校卒業したら家継いで怪異狩りなんだしいいんだよ、社会勉強ってやつだ。
        ウチ以外にも怪異に対応してる奴ぁ多いなぁ…だとしても…(地図を見る)そっちの方の怪異は始末した奴の情報が回ってきてねーけどな。いつの間にか落ち着いちまった(若干の不思議そうな声) -- 総痍 2020-04-23 (木) 23:21:50
      • 見回りって、白鐘先輩自らですかっ!? …や、案外こう見えて凄い異能の使い手だったり…(戦う生徒会長。ありえない話ではない、と唸り)
        ですよね、そういう非科学的なものは全力で存在否定しそうだったんで…ビックリです 何気に同級生の活動も全然知らないなぁ僕… -- 七緒 2020-04-23 (木) 23:23:30
      • あー…(と二人のクリスへの反応を聞いて苦笑。他ならぬ自分自身もそう思っていたのを忘れていた)…まあ、俺も見てたが。言うだけはある天才っぷりだったぜ?科学ってのぁ奥がふけーわ(けらけら) -- 総痍 2020-04-23 (木) 23:24:22
      • 怪異狩りになることが決まってる、っていうのも…なんか大変そうですね、責任とかそういうプレッシャーを感じそうで…
        えっ、そうなんですか…?(情報が出回ってないと聞けば、視線を泳がせ)怪異狩りの組合、みたいなのがあるんでしょうか…なら、そういうのに属さないフリーの人とか…?
        っと、もうこんな時間…では僕はお先に失礼します!あと白鐘先輩、ひとまず地図は預けますんで今度コピー終わったら返して下さい!(そう言って学食を後にした)
        (地図の印の幾つかは、魔法少女の目撃例がある地点と合致する その噂を知っていればの話だが) -- 七緒 2020-04-23 (木) 23:30:05
      • コピーなら平気よ(悪いと思ったのか、地図のカレーをティッシュで拭く)
        全部を把握するのは無理だと思うわ それ、きっとただの噂だったんでしょ
        えっ……む、むりむりむり!退治とか、無理だから!生徒が巻き込まれないように、監視するのが限度だわ!(超怖い! この間も学校でひどい目にあった)
        科学なんて、カマセ枠っぽいのに…… -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 23:31:59
      • ありがとう(借りた地図を畳んでカバンに)
        奈々崎くんも興味を持つのはいいけれど、軽い気持ちで見に行ったりしちゃだめだからね -- 白鐘 水仙 2020-04-23 (木) 23:40:48
      • 組合がある訳じゃねーが…同業者の話ってのは割と知れたりすんのよ。とはいえ全部分かる訳でもねーから、なんつーか稼業としてにやってる訳じゃねぇ可能性がある、ってくれーだが。
        おー、励めよ若者ー(と七緒を見送る。地図の印は一応頭に入れた、何かしらの役に立つかもしれない、と)
        ……よく間違われるが奈々崎は初めて聞いたな(けっけっけっ、とせせら笑って)でーじょーぶだよ、あぶねー真似はしねーさ。…今んとこはな(そう言ってカレーパンを食べきって食堂を後にした) -- 総痍 2020-04-23 (木) 23:48:21
    • 購買
  • 学食購買
    • 学食
      • めっちゃ混んでる!!(生徒ひしめくお昼時、座席を探してきょろきょろ) -- クロ 2020-04-20 (月) 21:52:20
      • このままでは焼きしゃけ定食が冷めてしまう……(おひとり様の座席は埋まり切っていた。誰かに相席させてもらうほかはない。お向かいが空いている人!) -- クロ 2020-04-20 (月) 22:11:21
      • どうもこうもねえよ!(肩が触れるくらい混雑しているテーブルの一角でラーメンライスを食べているところ) -- 璃桜 2020-04-20 (月) 22:12:23
      • ラーメンくったら!(お向かいにしれっと滑り込む) -- クロ 2020-04-20 (月) 22:13:59
      • (ズズーッ)飯を食う(ぱくぱく)わかってますね玄道君 -- 璃桜 2020-04-20 (月) 22:21:44
      • おいしいよねラーメンライス。カロリーが暴力だけど……。座るところなくて困ってたから助かったよ。
        (定食を食べ始める。焼き魚の食べ方がきれい)ラーメンは何派?(しおみそしょうゆエトセトラ) -- クロ 2020-04-20 (月) 22:25:04
      • 混んでる時は体が小さい方が有利っす(隙間に入りこんだらしい)
        うーん、豚骨醤油かな……食べたら身体が破壊されそうなところがいいよね(容赦なくスープをライスにかけて食べる) -- 璃桜 2020-04-20 (月) 22:29:13
      • 今度から猫スタイルで来ようかな……。(しかしそれではお盆が運べないのであった)
        思いのほかコッテリ派だった。間違いなく肝にも腎にもよくないよね。でもだからこそ美味しい……。(ああ!そんなに!!って顔しながら) -- クロ 2020-04-20 (月) 22:41:26
      • 体を維持するのに明らかに必要で無いものを貪り食うのがいいんすよ。野菜成分は……メンマとネギと海苔で(毒を食う勢い)
        魚を丁寧に啄んで食べるのもニホンジンらしいですけど -- 璃桜 2020-04-20 (月) 22:49:12
      • ラーメン屋にサラダは無用……(ごくり)たまには野菜も食べてね?
        日本に生まれた猫としては、魚の食べ方にはこだわっていきたいよね。璃桜さんはお魚食べるの得意な人? -- クロ 2020-04-20 (月) 22:53:36
      • いやー魚の種類と食べ方ならわかるんですが、実際に食べる機会があまり無くて。次回はカレイの煮つけ定食イッてみますよ -- 璃桜 2020-04-20 (月) 23:00:12
      • 知識はあるけど実践に欠ける。宇宙出身の説得力だ……。
        カレイかあ。縁側の部分がやっかいだから気を付けて。(などなど話しているうちに完食した)
        ごちそうさまでした(礼) -- クロ 2020-04-20 (月) 23:06:23
      • 身自体は柔らかくて取れやすいそうなので、ちょうどいい腕試しになるんじゃないっすかね。なにより煮つけってところがジャパニーズめいてイイ……
        ご馳走様でした。それじゃまた教室で -- 璃桜 2020-04-20 (月) 23:11:11
      • (さっきまでとんこつしょうゆラーメンライスを謳歌していた舌に合うかどうかは一抹の不安があったが黙っておいた)
        うん、また教室で!(解散!) -- クロ 2020-04-20 (月) 23:21:08
    • 購買
  • 学食購買
    • 学食
      • (おかわり自由だと聞いてカレーをおかわりしまくり満喫) -- メガネ 2020-04-19 (日) 00:29:45
    • 購買
  • 学食購買
    • 学食
      • 購買の方は随分と騒がしいですわね…? そういえば今月から新入生が…という話でしたわね。
        ヒトの時間感覚というのは随分と慌ただしいものですわねぇ。(涼やかな顔しながらカレーライスをぱくつくエルフ) -- きぬ 2020-04-18 (土) 21:36:11
      • (購買で買ってきたちゅーるを爪で器用に開封して一心不乱に舐める)(キマった目) -- 黒猫 2020-04-18 (土) 21:38:56
      • なるほど。知らねー顔が多いと思ったら新入生か(学食のテーブルに自前の弁当の包みと水筒をちょこんと置く)
        ふーん、獣人はああいうのも飯になるのか。安く仕入れて売れないかな…。 -- 墨薫 2020-04-18 (土) 21:49:21
      • ……きっとやべーやつですわアレ…都会には猫用の合法ドラッグがありますのね…(完全にイッちゃってる黒猫を眺めつつ、どんな味がするのだろうと少し気にもなったりする) -- きぬ 2020-04-18 (土) 21:49:37
      • 動物用の餌ってのは基本うすあじなんじゃないっけ?まあ食った事はねーけど(自分の弁当、野菜の煮物やらミートボールやらのちっちゃなそれを食べだす) -- 墨薫 2020-04-18 (土) 21:51:49
      • (あっという間に一本キメた)安く手に入ったら買うよ。そりゃあ買うよ。徐々に値段をつりあげるのだけはやめてほしい(まだ半分キマった目で)
        気になるなら購買に売ってたから買ってみるといいよ。上物だよ。保証する -- 黒猫 2020-04-18 (土) 21:52:54
      • あら、墨薫。(ひょいと片手を挙げ) しばらく賑やかになりそうですわね。
        …あまりお腹が膨れる食べ物には見えませんけれど…似たような食べ物を安く自作できれば中毒患者が釣れそうですわね。 -- きぬ 2020-04-18 (土) 21:55:07
      • 何で売ってんだそんなもん。まあ猫の獣人ってのは比較的多いのかもしれないけど…。
        んでお前は1年か。制服が真新しいからすぐ判るな。 -- 墨薫 2020-04-18 (土) 21:55:56
      • おーっす(きぬの方に箸持った手を振ってアイサツを返し)猫を釣るならマタタビで十分だろ。餌よりよっぽど安いからなマタタビ。
        しかしまあオレらも先輩かあ…。なんか実感ないな。 -- 墨薫 2020-04-18 (土) 21:58:13
      • ふむ…猫にしかわからない何かがあるのかしら…? 一度味を見てみるのもいいかもしれませんわね。(食に関しては割と興味を持つエルフ)
        売れるからこそ仕入れているのでしょう、きっと。(キマり具合から他の猫系獣人への需要も高そうだ、と) -- きぬ 2020-04-18 (土) 21:59:09
      • (あっ人間態見えてるなこのヒトって顔)うん、1年の久常玄道。
        マタタビはガチすぎるからちょっと……。あれすごいんだよ本当に。猫にしか効かないから規制されてないけどさ。
        うん、ちゅーるは猫のヒトたちには需要が高いよ。おやつにちょうどいいし。おいしいし。脳にがつんとくる多幸感……(キマり顔) -- 黒猫 2020-04-18 (土) 22:05:01
      • ええ、ここへ来てもう1年…まだ1年。 ここへ来てから時間の感覚というものが随分と変わってきましたわ。(エルフ時間とは比にならない密度にも少し慣れた様子で)
        私達が先輩になって、後輩…新鮮な響きですわね。 -- きぬ 2020-04-18 (土) 22:05:51
      • (猫寝痛いだったのか!)まあマタタビだと、人間で言う飲酒扱いに…ならないのか。あ、オレは2年の黛、黛墨薫だ。
        なんか困った事があったら頼ってきな。助けてやるぜ、これ次第でな(親指と人差し指で円を作ってにひっと笑う) -- 墨薫 2020-04-18 (土) 22:08:04
      • ああ、エルフは時間がもったいないって感覚がないからな…。まあ食い物の方はもっと慣れたようだが(カレー食べてるのを眺めてむぅと唸る)
        っても、3年の先輩どもはまだいるんだよなあ。最上級生として好き勝手出来る日は遠いぜ。 -- 墨薫 2020-04-18 (土) 22:10:53
      • (今度からもう少しわかりやすくしようと思うくろみちであった)いつもニコニコ現金払い……(ごくり)
        お財布に余裕ができたら頼ろうかな。あやしい商売じゃないよね?(と、エルフの人に確認を取る) -- 黒猫 2020-04-18 (土) 22:13:17
      • ああ、ナントカpay払いには対応してないんだ。って、おかしな商売ってどんなだよ…? -- 墨薫 2020-04-18 (土) 22:18:39
      • やはりマタタビは猫界隈ではドラッグ扱いなのですわね… わたくしは2年の千代城 きぬですわ。以後お見知りおきを。(スプーン片手に優雅な会釈)
        ふふふ、ヒトの食への探究心というものは侮れないものですわね。(食べ物に関しては既にかなり世俗に染まっている)
        地獄の沙汰も金次第…とまでは申しませんけれど、信頼は出来ますわよ。 お金を取る以上はそれ相応の責任というものが発生するものですから。(と、黒猫に向かってうなずく) -- きぬ 2020-04-18 (土) 22:19:23
      • ほかの生徒を紹介するほどロイヤリティが発生するとか……。
        (これはご丁寧にって顔で会釈を返す猫)お助け屋さんなら、信用商売だもんね。なるほどなー。 -- 黒猫 2020-04-18 (土) 22:22:15
      • ああ、いいなそのシステム。問題は商品=オレの労働力に限界があるってとこだが…。
        まあ、そんな感じでほかの生徒の手伝いとかしてるから、良かったら宣伝しておいてくれよな。
        そうして稼いだ金がこれ(食べ終わった弁当箱を指差し)になるんだ。 -- 墨薫 2020-04-18 (土) 22:26:06
      • (苦学生なのかなって察した顔)宣伝によって先輩のおかずを一品増やし隊。了解いたした(頷く) -- 黒猫 2020-04-18 (土) 22:30:37
      • ありがてえありがてえ…オレは良い後輩をもった。…っと、ごいそうさま(両手合わせて弁当箱の蓋を閉じ)
        さて、腹も膨れた事だし、放課後まで寝て過ごすかな。そんじゃ、またなー(手振って学食を後にする) -- 墨薫 2020-04-18 (土) 22:34:48
      • 新入生も入ってきて新規顧客の開拓もできそうですわね、墨薫。(くすくすと笑いながら)
        現物支給で話相手になってもらう、という手もありますわよ。(そういう体裁で何度か利用してたりもする) -- きぬ 2020-04-18 (土) 22:35:41
      • 堂々と午後の授業はすべて寝る宣言をした先輩に畏敬の念を禁じ得ない……。
        お昼をおごるかわりに、この学校のあれそれをレクチャーしてもらう。うん。いいかもしれない。
        それじゃあ僕もそろそろ行こうかな。それじゃあまた、きぬ先輩。(お世話になりましたんぬ、という一礼をしてからすたすたと学食を去る猫であった) -- 黒猫 2020-04-18 (土) 22:39:57
      • あれで進級できているのは七不思議の1つ…とも言えますわね。 無論その裏には努力もあるのでしょうけれど。(ひらひらと手を降って見送りつつ)
        まだまだわからないことばかりでしょうから、何かありましたらわたくしも頼っていただいて構いませんわよ。 ええ、ではまた…
        さて、これから楽しくなりそうですわね。 御馳走様でした。(と、綺麗に完食したカレーの器を載せたトレーを返却し、学食をあとにした) -- きぬ 2020-04-18 (土) 22:49:03
    • 購買
  • (お花見は後にして何か食べよう。だって12時もすぎて30分だもの)
    (ふらふら歩いていたら何か人が少ない購買……三番と書かれた売店があった)
    (どういうわけか、売り物がまだ置いてない。怪訝にしていると、目の前にクリームパンが置かれた)
    (焼きたてかな、とっても良い匂い。思わず手を伸ばすと)

    (周囲から駆けつけてきた生徒たちが一斉にクリームパンを取ろうとし、私は轢かれて宙を舞い購買前の床でバウンドした) -- アリス 2020-04-18 (土) 20:46:38
  • えっ!? 何!?(今、轢かれたんだけど!! 多分だけど頭から落ちてゴシャアとか音したんだけど!! みんなスルー!?)
    (目の前で生徒たちが男女や学年の区別なく、殴り合って少ないパンを奪い合っている)
    殴り合う系のブラッドピットの映画かな……?(スマホで学校のことを調べる、第三購買部、あった)
    (限定販売のパンや弁当を殺傷しない程度に戦って奪い合う、そんな場所みたい。この世界は狂っている……) -- アリス 2020-04-18 (土) 20:54:43
  • (そんな中、勝負が決まったようだ。こぶしを突き上げた赤毛の少年の手には) クリームパンげっとぉおおおおおおおっ!!!
    (折り重なって気絶、または昏倒する男女生徒の上、勝ち取ったものを掲げて勝利の余韻に酔いしれる一年生) あ、おばちゃんこれお代金ね -- 吉広 2020-04-18 (土) 20:58:10
  • そこ!購買での直接的暴力は禁s…むぎゅ(踏まれた) -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 20:59:17
  • (調べたら第一購買部や第二購買部はファイトクラブなしで普通に購入ができるみたい)
    (お腹が空いたけど、この戦場にはいられない。豚には豚の幸せがある。私は狼にはなれない)
    (でも、本当にこれでいいのだろうか……)

    (目の前で赤毛の少年がクリームパンを手に入れた。私に同じことができるか? ううん、やるんだ)
    (気高く餓えなければ勝てない)…私も、やる。(ハンカチで顔を拭って、一年が修羅に入る) -- アリス 2020-04-18 (土) 20:59:55
  • がははは! 力こそすべてよ!! (信頼と勇気の力に逆転されて負けそうな悪役っぽいことを言いながら生徒会長の上に立つ) ってうわちっさ、なんかごめん
    ……おう? やんのか可愛い子ちゃん 2個目のクリームパンも俺の物だぜ…… (アリスに向けて強者の風格……でも小柄だ) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:02:25
  • うっわなにこれ・・・(凄惨な光景を見る)・・・なにこれ・・・(今まさに繰り広げられようとしてる逃走に目を向ける) -- やどり 2020-04-18 (土) 21:03:58
  • (あ、なんか生徒会っぽい人が人の群れに踏まれた。無事であることを祈る)
    可愛い子ちゃんね……(ナメられてる、でも)やらなきゃ……わからないわ!
    (次に出たのは、季節の炊き込みご飯が贅沢に使われた弁当、これで500円)
    (奪い合いの中、宙に舞った弁当の一つを取るために)もらったー!!(足元に跳び箱の前の踏み台を錬成して、飛翔()ぶ!!) -- アリス 2020-04-18 (土) 21:05:46
  • (戦場の如き購買部にするりと入り込んでいく小さな影が一人 人の波に飲まれたかのように見えたが……)
    (なんと出てくるときには同じ姿の少女が3人、それぞれメロンパン、焼きそばパン、チョココロネを手に人混みから出てくる)
    よしよし(そのうちの一人に全てを渡すと残りの二人は消える 分身の術だったのだ) -- 2020-04-18 (土) 21:07:32
  • なにこれといわれると……生存競争? (クリームパンに齧りつきつつ宿りの横に来るボロボロな少年)
    なにっ!? 跳んだ!? あのカワイ子ちゃん見かけによらず身軽……いや、魔法で足場を作ったのか! あの短い時間で!! -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:09:52
  • あれ、今3人……なるほど ……三つ子か!(名推理!みたいな顔を楓に) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:11:09
  • (購買に袖の下を渡して買っていく) -- IG/0024 2020-04-18 (土) 21:13:26
  • おぉ増えたり・・・あっちの子はなんかこう・・・出した
    「語彙が少なすぎる気がするっべぇよぉ」(ツッコむ小龍)
    (隣に来たなんだかボロボロになってる少年の方を見て)その・・大丈夫?(あの子に挑まれてる感じもしたが)・・・此処いつもこうなのかな・・・(どうしたものかと考えてる) -- やどり 2020-04-18 (土) 21:14:18
  • (分身の術で要領よくパンを手に入れた少女が見える。戦うだけが力じゃない、でも!! 私にできることは!!)
    (問題なのは着地、商品を持った状態で接地すれば狼に襲われる!!)
    (着地と同時に左手にしっかりと弁当を持ち、右手にハンカチ、しっかりと顔に押し当てて呼吸を止めろ!!)

    (着地と同時に、大気成分に香りを錬成した)

    みんな、空腹でしょ? 餓えた狼は………(匂いを嗅いだ戦士たちがふらふらと学食へ移動していく)
    学食のカツ丼の匂いに耐えられない!(そう、これを嗅いだら。もう今日は丼ものという気分でしょう?)
    (余裕を持って代金を支払って弁当ゲット) -- アリス 2020-04-18 (土) 21:14:18
  • え、怖ぁ…… (こわぁ) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:14:31
  • 三つ子、ないない(チョココロネをもっしもっし齧りながら印を組むとまた一人の楓が現れ人波に入りパンを買ってくる 今度はカレーパンだ) -- 2020-04-18 (土) 21:15:01
  • (くんくん)あ、いい匂い・・・やっぱ出来立てのあったかいご飯のほうがいいよねぇ(うんうん) -- やどり 2020-04-18 (土) 21:18:04
  • うん? 俺はクリームパン一筋だからあのカワイ子ちゃんと競合はしないぜ (やどりに返しつつ、宙を舞うアリスのスカートのひらめきをチェックしつつ)
    平和な購買もあるが、ここの方がちょっと安かったり、有名パン屋のパンが回ってきたり、めっちゃ旨いのがあったりと、色々目玉商品が多いんだよ。このクリームパンと言ったら(10行くらい一息でクリームパンの魅力を語って)
    この匂いは……カツ丼!? 成程、競争相手を倒すんじゃなく、お目当てを変えさせることで減らす戦法か! -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:18:53
  • えっ何あれ、ジャミラじゃない?(弁当を持って素の発言) -- アリス 2020-04-18 (土) 21:19:00
  • 水かけてみるか…… -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:20:12
  • (何はともあれ)勝った……私は…勝ったんだ…(勝利者となった今、味以上の満足感のある昼食が食べられるはず)
    (錬成した小道具を分解して)狼たちの戦いね………(ハンカチで汗を拭って、まだ戦いを続ける者たちを見ていた) -- アリス 2020-04-18 (土) 21:21:24
  • 新しい怪異?(首を傾げるが制服を着てるので様子見 イマドキの子はウルトラ怪獣なんて知らないのだ) -- 2020-04-18 (土) 21:23:38
  • 俺としては三つ子の方が、『増える』よりも信じられるんだが……忍者だ、忍者が居る…… (楓の分身に興味深く)
    お、弁当げっとおめ。ぶっちゃけ負けると思ってたから驚いたぜ。戦法勝ちだな。(アリスに片手をあげて気安くハイタッチ待ち) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:24:07
  • (>水かけてみるか……) -- IG/0024 2020-04-18 (土) 21:25:42
  • やっぱりジャミラじゃねーか! -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:26:02
  • ぎゃー!(踏み潰された上に水でぐしょぐしょになったところに奇っ怪な死体が現れて悲鳴を上げる) -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 21:27:11
  • あれは山野くんだよ(南区同士な上に特徴的すぎる見た目なので顔と名前位は知ってることにしようした)水掛けたらダメだよ(ふるふる)
    おめでとー・・・そっかぁここの購買そんなすごい所だったんだね(人もまばらになった所で何か売れ残ってないかなーと歩いていく)
    ・・・?あれ・・ねぇおばちゃんこれ・・・(重ねられた陳列トレーの合間に一個見つける)らっきー♪(クリームパンを買えた) -- やどり 2020-04-18 (土) 21:28:12
  • ちゅーるくださいんぬ -- 黒猫 2020-04-18 (土) 21:28:53
  • ジャミラじゃん!!(ツッコミハンド)
    ふふん、レディが素直に殴る蹴るで戦わないわよ。(吉広とハイタッチをして)
    って……(なんでハイタッチ? 勝利の高揚感? 知らない人なのに)ま、いいけど。 -- アリス 2020-04-18 (土) 21:28:58
  • ・・・!!?はぁぁ!?し、死んでるぅ!?(パン買って戻ってきたら死体が一つ出来てた) -- やどり 2020-04-18 (土) 21:29:46
  • こんなの京都じゃ日常茶飯時だぜー(驚く吉広相手に更に分身して戦隊モノよろしくポーズを取る 一切表情も変わらないしローテンション!)
    (と、水を掛けられて突然の死を遂げたジャミラに)……なーむー(線香を上げて拝む) -- 2020-04-18 (土) 21:30:13
  • あ、ちびっこが目覚めた。(水仙を踏んずけていた張本人が素知らぬ顔で) 大丈夫だ、山野君は強いからまた生き返える。
    って、あいつ山野くんって言うの…… あーっ! クリームパン買い損ねた!!? 俺とした事が!! (片手には食べかけのクリームパンがあるけれど) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:31:13
  • 京都出身か、なら納得だな。京都だしな (楓のポーズにライダー物のポーズで返し)
    (そして、アリスとハイタッチしてにかっと笑う少年だ) ……そして改めて見ると、なんか俺、初等部か中等部に紛れ込んだのかと心配になるな……居る女の子全員ちびっちゃいぞ…… -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:33:35
  • まじか、京都ってなんなの・・・・?
    あげないよ?(にへーっと嬉しそうにもぐもぐ)・・・ってか自分の分あるじゃん? -- やどり 2020-04-18 (土) 21:36:24
  • (未開封のクリームパンを手に吉広に歩み寄る) -- IG/0024 2020-04-18 (土) 21:37:35
  • 私はれっきとした高校生よ!(踏んづけられてずれたパンツやセーラーやスカートを直しつつ)
    ふぎゅ!(直したそばから人混みに押しつぶされて踏まれる) -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 21:39:32
  • 京都だからなあ……(よく分かってない)
    いやほら、好物ってのは1日2個はたべたい…… …… 山野君の強烈なプレッシャー…… そ、それに手を出したら、負けなきが、でも、クリームパン……ッ (葛藤) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:40:48
  • 高校なのに小さいとでも言いたげね。(長い金髪を手で靡かせて)
    こう見えて……いやまぁ、14歳なのだけれど………多分、同級生よ。(口元だけで笑って)クラスで一緒になることはないかもだけど。
    ああもう、この子ほんとうに……(同じ一年だと勘違いして生徒会長に手を差し伸べる)大丈夫? -- アリス 2020-04-18 (土) 21:41:35
  • (気が変わったので食った) -- IG/0024 2020-04-18 (土) 21:42:34
  • かいちょー……(潰される水仙を遠い目で眺める 流石に可哀想になったので救助に入る 見た目よりパワフルだ!) -- 2020-04-18 (土) 21:42:41
  • クリームパァァアアアアアアアン……!!!!!!!!!!!!!! -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:43:35
  • た、たすかったわ………… -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 21:45:31
  • (いろんなことが一度に起こりすぎて対応できてない)とりあえず山野くんと会長が無事でよかった -- やどり 2020-04-18 (土) 21:46:13
  • 差し出したクリームパンを結局自分で食べてる!!
    えっ、この子、なんかの会長なの……? 本当に?(どう見ても同世代という感じだった)
    じゃあ先輩なのかしら……(ハンカチを錬成して生徒会長に差し出す) -- アリス 2020-04-18 (土) 21:47:41
  • お、マジで 俺も1年だから、まあ、クラスメイトじゃなくても仲良くなれそうだな 真田丸だ
    (アリスに挨拶しつつ、目は山野君が食べるクリームパンに……諦めて自分のクリームパンを食べて) 明日こそクリームパンを2つ……獲得して見せる……っ (野望を抱く) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:48:51
  • (だいぶぼろぼろになったが今度こそ身なりを正して)
    学籍番号2年の1番、白鐘 水仙。この学校の生徒会長よ。困ったことがあったらいつでも生徒会室にきなさい -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 21:52:15
  • 会長を騙ると会長に怒られるのでは、と思うが言わない俺だ。クリームパンうまい。 -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:54:13
  • 自己紹介の流れ?(そう察し)2年A組、鞍馬楓。怪異に困ってたらよろしく お安くしまっせ(指で輪を作って見せる 現金!!) -- 2020-04-18 (土) 21:55:16
  • 真田丸ね……私はアリス、一応1年A組のアリス・アンダーソンよ。よろしく。(挨拶は大事だとパパも言っていた)
    え、生徒会長なの!?(小さい…見えない……でも自分も小さい高校生だから人にどうこう言える立場ではないし)よろしくね、白鐘先輩……?(疑問系) -- アリス 2020-04-18 (土) 21:56:18
  • お金取るんだ・・・あ、り、流河弥堵里・・新入生です・・・ -- やどり 2020-04-18 (土) 21:56:50
  • 全員1年じゃないのか……1年か中等部が紛れ込んだのかと (山野君は学年とかを超越してるので除外) -- 吉広 2020-04-18 (土) 21:58:49
  • 本物よ!(むきー)
    生徒間のお金のやり取りは禁止よ!それで色々トラブルになるんだから! -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 22:00:37
  • 鞍馬先輩に、流河……(名前を覚えきれるだろうか、ぼっち暦が長いとそういう点で不安だ)
    あっ本当に発言が生徒会長っぽい!? 本物だったわ!!(焦りながら弁当を両手で抱えて)
    そ、それじゃ私はこれで………(人混みから逃げ出した) -- アリス 2020-04-18 (土) 22:01:41
  • けちー(水仙に無表情で抗議する と、閃き)じゃあクリームパン払いで(抜け道を作ろうとするセコさを見せる!) -- 2020-04-18 (土) 22:04:34
  • 怒り方よ……(むき―って怒るちびっこ会長を微笑ましく見守る1年生……) っと、俺も腹ごしらえ済んだから行くかな
    ほんじゃな皆、いつでも声かけてくれよ! (ひらひら手を振って帰って行った) -- 吉広 2020-04-18 (土) 22:05:26
  • ・・・(私は一応普通くらい・・だよね?と背を気にするしぐさ) -- やどり 2020-04-18 (土) 22:06:09
  • それは禁止されてはいないけれど……根本的な問題の解決になっていないわ!
    生徒間の金銭トラブルは暴力による怪我の次の多かったと引き継ぎの書類にも! -- 白鐘 水仙 2020-04-18 (土) 22:20:55
  •  
  • 学食購買
    • 学食
    • 購買

Last-modified: 2020-05-07 Thu 06:21:02 JST (627d)