IG個人イベント/伊上山の山神退治

編集:IG伊上山の山神退治A
お名前:
  • 伊上山の山神退治・3 -- 2020-05-23 (土) 23:06:45
    • 君たちの奮戦ぶりは、時間稼ぎや陽動の枠を超えて、このまま神を打倒せしめるのではないかと思うほどだ。
      だが、神とて黙ってはいない。
      この世のものとは思えない咆哮をひとつあげると、更なる膨大な神気を放ちだした。
      先ほどまでついぞ本気など出していなかった、とでもいうように。
      傷ついた君たちには、もはやこれまでかと思わせるほどの、底なしの神気と瘴気。
      絶望が君たちを支配しようとする時、社殿から駆け出した人影がある。

      墨薫だ。片手に諸刃の鉄剣を持ち、全速力で駆け出してくる。
      果たしてその鉄剣は、君たちの決死の陽動の甲斐あり、無事玄道のもとへ届けられた。
      -- 2020-05-23 (土) 23:07:02
      • (鉄剣を受け取った瞬間。強化された異能の影響だろうか)
        (理解できてしまった――これを打ち砕いた後、自分に待ち受けるものを)
        (しかし、一刻の猶予もこの場にはなく、一欠けらの逡巡も玄道にはありえなかった)
        (一切の迷いなく、吉広に教わった通りの、武術の粋の一撃に)
        (猫又としての最大限の身体能力の強化を乗せて、打ち砕く――) -- クロ 2020-05-23 (土) 23:07:35
      • 果たして立ち折れた神体から、とてつもない量の神気と瘴気が溢れ、衝撃波となって周囲を打った。
        その場にいる全員が一瞬、怯んだその時。

        楔を失ったことで消えゆく大杭神が、それを行った憎き黒猫に一瞥をくれる。
        澄み切った眼による神の視線が、玄道を射抜いた。

        衝撃波を至近距離で受け倒れ伏す玄道に、その視線がどのような作用を齎したかはまだ分からない。
        現世への楔を失ってなおこの世に留まろうとする神に、まずは引導を渡してやるべきだ。
        -- 2020-05-23 (土) 23:09:04
      • (墨薫が持ってきた鉄の剣。あれが恐らくは目的の物…久常が、それを砕く姿を見る)……(それで、よかった…の、だろうか)
        (その瞬間、吹き荒れる衝撃波……今の雪洞銚釐は、これに脅かされるほど弱い存在ではない。先ほど、愛妹から分けてもらった活力が、体に満ち満ちている…体力も上がっている)
        (再度、あの神と接続するか…?多少のフィードバックがあったとしても、アリシアが手伝ってくれれば……と、思っていたところで)…久常君!?(久常が倒れた…至近距離だったからか。心配して駆け寄ることも難しい距離…)
        …やめて!!(強い、先ほどとは比べ物にならない「人心掌握」を神に向けて飛ばす。久常への追撃、こちらへの攻撃、悪あがきを…やめろ、と。少しでも行動の阻害になればいい…) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 23:20:09
      • 久常玄道!?(駆け寄ろうとして片膝をつき)くっ……アリス、まずはあの神にトドメを刺すぞ!
        さっきの負傷と満ちてる瘴気で上手く空論の獣・起源種(ジャバウォック・オリジン)が発動せん。
        二人でやるぞ、ありったけの万能の元素を大気中に放出しろ!! -- アリシア 2020-05-23 (土) 23:21:20
      • わかったわ!!(手を真上に向けて万能の元素とも呼べる錬成の元を作り出し始めると)
        わわ!?(アリシアと自分の頭上に黒い球体が発生する)
        と、とりあえず……これを放ればいいのね!? いくわよ……(手を振り下ろすと、黒球が動き出す)
        ケイオスレギオン・ニルヴァーナ!!(二つの声が重なって、不滅を滅する、理の超越とも言える力が神に放たれた) -- アリス 2020-05-23 (土) 23:24:08
      • …はあっ…はぁっ…(梅花の華開く時はそう長くは持たなかった、抑え込んだはずの古き神が吠え立てた時、もはや抗う手段はなく)
        ……黛!(彼女の姿を見て作戦は成功したのだ、と口端を思わず歪めてしまう。そして、久常がそれに、苛烈なる一撃を加えた)
        !(しかし、衝撃が弾け、神がその神威を視線に乗せて久常を見たことで、何か、背筋がぞわりとするような予感がした)
        …てめぇ…悪足掻きしてんじゃねぇ…!!(華無き黒盾を構え、残った力を振り絞って、疾風のように駆け、突撃を仕掛ける。もはや、何もさせぬと、一つの砲弾のように) -- 総痍 2020-05-23 (土) 23:26:44
      • クロ!!! (倒れる姿を見て友の名を呼ぶ 反応はない 駆け寄りたい しかし、今駆け寄っても自分では何もできないのだ それに、) まだ、神は死んでいない……あの野郎!
        ……クロ、良い一撃だったぜ 皆伝をくれてやる だから死ぬなよ!! (声をあげながら諸肌を脱ぐ 体中に走る刺青が脈動し、身体の色が変わっていく 赤銅 それは深夜を徘徊していたあの大鬼の色)
        俺はこの中じゃあ一番弱い……でもな、このなかじゃあ、一番! デカく、力強くなれる! (筋肉が唸りを上げ膨れ上がり、下肢が血色の大蛇に変わる 神の巨体に匹敵する物量で、掴みかかる!)
        お前を、物理的に押しとどめる! 止まった身体に皆の一撃を食らやあ、神だってひとたまり無いだろうよ!! -- 吉広 2020-05-23 (土) 23:28:43
      • くろくん!(御神体を打ち砕き、神の怒りを買ってしまったクロをかばう余裕は無かった あの一瞥がどれほどの呪いを秘めているか……)
        (だが楔を失った神にもはや居場所はない)人に害なす山神よ、もはやこの世におわすに能わず(静かな怒りとともに仙気を練る 悪影響がクロの身体を蝕む前に消し飛ばしてしまう必要がある)
        ナウマク・サンマンダ・ボダナン・インドラヤ・ソワカ(空が近い。山は雷の神、帝釈天の領域に近い 高く飛び上がり手を翳しその恩恵を受け)
        雷鉾(ヴァジュラ)(山を穿つ雷霆が降る 古来より山火事を起こし山を穿つものである雷を持って、山の神を滅さんとする) -- 2020-05-23 (土) 23:34:24
      • 久常玄道!(たとえ妹を取り戻せたとしても、当人が力尽きては元も子もない だが、まだ決着はついていない 動揺を示すわけにはいかない)
        ……奇遇なものだ この私が、旧きものに引導を渡す手助けをするとはな(敵も味方も疲弊しきっている 決着は近いと気取り、今一度戦場を見渡し)
        真田丸吉広!! 肩を借りるぞ!(突き進む紅蓮の蛇身に足をかけ、一陣の風のようにぐんぐん駆け上っていく 筋骨隆々たる肩を足場にもう一つの巨体に飛び移り)
        終のさだめを受け入れるがいい―――!!(残る熱量のすべてをただの一矢に込めて、零距離からウェスタの焔の顕現たる煌めく赤光を放つ) -- アエリア 2020-05-23 (土) 23:38:36
      • 銚釐の人心掌握は果たして、神の無秩序な視線の行使を食い止めた。
        吉広の巨体に押し留められた神のもとに、皆の攻撃が次々と殺到する。
        アリスとアリシアの、不滅殺しが現世に留まらんとする神の不滅を否定する。
        総痍の一撃が砲弾の如く神の肉体を揺るがし、楓の雷が山神を打ち滅ぼす。
        そしてアエリアの煌めく焔が神の瞳を打ち貫いた時、ついに決着は果たされた。

        大杭神が咆哮を上げ、その実体を失い、散り散りに分解され、この現世ではないどこかへと還っていく。
        神は斃れた。君たちは成し遂げたのだ。
        神殺しという偉業を!
        -- 2020-05-23 (土) 23:41:46
      • かつて神に隠されていた者の魂が、輝く光の玉となって空に還っていく。
        もしかすれば、墨薫の母がその肉体を伴って、吐き出されたかもしれず。
        そして――久常玄道の妹、深白が、神による虜囚の呪縛から解き放たれた。

        真っ白い少女の体が、境内の雪の上に頽れる。
        いつの間にか、冬の空からは粉雪がちらついていた。

        その一片(ひとひら)が、倒れ伏す玄道の頬にも降り落ちる。




        ――その重さにすら耐えかねたように。

        久常玄道のカタチが崩れ落ちた。




        そのあとには、赤黒い人型の跡しか残されていない。 -- 2020-05-23 (土) 23:42:20
      • あ……あ…………いやぁぁぁ!!(崩れ落ちる、人の形。さっきまで友人だったものが雪の上にある)
        アリシア!!(縋るような視線を妹に向けて) -- アリス 2020-05-23 (土) 23:50:19
      • (やった。神は倒した……皆の力が、想いが、為した奇跡。このために今、みんなここにいて、死力を尽くしたのだ)…よかった…
        (妹さんもきっと無事。それよりも)久常君────(倒れている久常に、駆け寄ろうとして……その姿が、消えた)っ(息をのむ。急速に血が引いていく感覚)
        ……久常君っ!!嘘、嘘でしょう、どこ…!?(全身全霊で周囲を探る。怪異としての鋭敏な感覚で、僅かでも手掛かりはないかと……無駄かもしれない、と考えそうになる心を厳しく叱責し、続ける) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 23:51:16
      • (顔を背けて)無理だ……私の力では………神の因果を砕けない………… -- アリシア 2020-05-23 (土) 23:51:29
      • (三笠をくわえたドラ猫といっしょに社の方から歩いてくる)
        (周囲を見回せば、「神」は影も形もない。ああ。終わった。やり遂げたと安堵が胸にこみあげる)
        (しかし、同時に目に飛び込んできた光景は――)…え、え…?クロくん!なんで…!?(クロが、崩れゆく、その瞬間だった)
        (慌てて、覚束ない足でクロへ駆け寄り、手を伸ばすも…届かなかった。残るのは、黒く、赤い、後。不吉の色)
        (闇の黒、血の赤、無の黒、狂の赤、だ)なんで…!?やだよ!!(バッ!と思わず出現した妹の方を見る。なんだこれは!と) -- 墨薫 2020-05-23 (土) 23:54:03
      • おっと、おい、妹さん! 生きてるか? 生きてるな!? (倒れた少女の身体に、自分が着ていた着物を掛けて声をかける)
        (そして) ……おいクロ! 早く起きてこっちにー…… (振り返ってみるのは、友人達が悲鳴を上げてクロが居た場所に縋っている姿) ……え?
        お、おいおい、待てよ、どうせあれだろ 変わり身の術ー、とか言って…… おい、クロ、妹さんここだぞ、隠れてないで出て来いよ……!? -- 吉広 2020-05-23 (土) 23:54:58
      • ――――――――(声が、出ない。 掻き消えた後輩の姿に困惑と悲しみの感情が渦巻いている)
        (脇差を取り落しただクロだった影を見つめていることしか出来ないでいた)
        (神も仏もない。せっかく妹を救った彼が、最期に顔を合わせることすら出来なかったなんて) -- 2020-05-23 (土) 23:55:47
      • 死に際の神の一瞥は、特大の呪力を以て玄道の総身を蝕んでいた。
        その呪いの威力は玄道を即死させるに余りあり、その肉体をも崩壊せしめたのだ。
        彼を呼ばうその声にも、一切の返事はない。
        -- 2020-05-23 (土) 23:58:01
      • っってえ(大福から降りて、肩を入れて…)
        よし。神様は倒せて消えてる…………おい、あの子大丈夫か…って
        (クロが消える瞬間を目撃した)
        ………………は? おいなんで!?
        (荒れる呼吸をコントロールしながら、誰か分からないかと周囲を見回すが……) -- 三笠仁 2020-05-23 (土) 23:58:04
      • ……んだと(倒れていた久常、軋む体を抱えてそちらを見た。賭けには勝った。これで後は、彼の妹を起こせば…と)
        てめぇ……!勝った、勝ったじゃねえか!!クソ!!自分の身を賭けてたなんざ、認めねぇぞ!お前は…お前こそが…笑うべきは、今だってのに…!!!
        (ぎりぎりと、尖った歯を軋ませて怒りの形相を浮かべる。果たしてその怒りは誰へのものか。もはや跡しか残らぬ、彼へか、神へか、もしくは…己へか) -- 総痍 2020-05-23 (土) 23:58:10
      • ……………なんだ、これは………どうなっている、倉守喰三!!(あっけなく崩れて消えた 生きているだの、死んでいるだの以前の問題だ)
        こんなことがあってたまるか! 約束を果たさずに逝くなど、いかな私とて許さんぞ……久常玄道…!! -- アエリア 2020-05-23 (土) 23:58:48
      • ――兄さんを。
        (か細い声が静寂を破る。起き上がった、久常深白だ)
        ――兄さんを助ける方法は、まだあるはずです。
        (黄金色の瞳の底に、神気の名残を湛えながら、深白は言葉を紡ぐ) -- 深白 2020-05-23 (土) 23:58:59
      • …あるのか!? どうすればいい!?(深白に縋りつくような視線を向け) -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:01:00
      • (探る、探る、探る。周囲100mに渡るほどの、音をすべて探ったとしても。…聞こえない。彼の生きる音が、命の響きが感じられない)嘘よ…近くの、どこにもいないの…!
        (膝が折れそうになり……なる、が。…深雪の声が聞こえる)……本当!?久常君を、いえ…クロ君を、掬う方法はまだあるの!? -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:02:01
      • おい!!どういうこった!説明しやがれ…!
        (起き上がった深白に思わず「オレ」口調で掴みかかりそうになるも、まだ手はある、との言葉に寸前で踏み止まり)
        そ、そう、なんだ…(それだけ言い、今度は周囲をキョロキョロと見回しはじめる)…おかあ…さん…?(そう、ここに現われる筈の母の姿を求めて) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:02:02
      • (あまりのショックに雪の上にへたり込んでしまう)
        (怪我はほとんどないのに、深白の言葉に僅かに反応する程度で) -- アリス 2020-05-24 (日) 00:04:39
      • (深白の言葉に茫然自失だった意識の手綱を取り戻して)……本当?(希望がある、と言えばそれに縋るしかない)
        手立てがあるなら……私はそこに賭けたい。皆もそうでしょう?(脇差を拾い直して気合を入れ直す) -- 2020-05-24 (日) 00:04:47
      • (へたり込むアリスに、そっと肩に手を乗せて。楓の言葉には)当然よ。…やれることがあるうちに、諦めて泣いてなんていられないわ。 -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:07:10
      • ……何かの、目論見があるのか(静かに、いつもとは違う無感情な声を深白へと投げかける。抑えていなければ、口から飛び出しそうなそれを、抑え込んで)
        (そして、その横目で…黛の様子を見る)…くっ…!(思わず、口惜しそうな感情が、漏れてしまう。もしや、とは思っていた。外れていてくれと、思った、が) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:07:40
      • 兄さんは、半分怪異でした。怪異は、その個体が一度失われても、噂が生きている限りいつかよみがえります。
        (神懸かりの残滓だろうか。それとも、人の思考を無意識に読み取ってしまう精神感応の能力者故の知識の深さなのだろうか)
        (虚ろな瞳のままで。鈴のなるような声で、つらつらと話し出す)
        兄さんにも、噂の後押しがあれば、きっと。純粋な怪異としてですが、よみがえるかもしれません。
        流布された噂に従って、死者の霊がその死した場所に出る。よくあることでしょう? -- 深白 2020-05-24 (日) 00:07:40
      • 姉様、アリスの様子がおかしい。(負傷によろめきながら何とか立ち上がって)陣楼成哉が迎えに来るまで私が面倒を見る。 -- アリシア 2020-05-24 (日) 00:08:32
      • 妹さん、目を覚ましたか…… 助ける方法って言うと……? (鬼の身体のまま尋ね) -- 吉広 2020-05-24 (日) 00:08:58
      • …… 死したのち、噂をもってその場所に…… 俺みたいな感じにか (自分は誰にも知られず死に、昔話となって復活したが……)
        ……ここにいる皆は、クロを知ってる 生きたクロを、今居たクロを知ってる 昔話なんかよりもずっと強く、クロの話を、たくさん知ってる…… -- 吉広 2020-05-24 (日) 00:10:39
      • (助かる可能性があると知れば、一気に冷静になる。深白の表情を見て…トランス状態?)
        (神が生きているのではなかろうなと軽く周囲を見るが、何も分からず諦めた)
        噂を利用すれば…?(思わず雪洞を見る)
        純粋な怪異としてか…記憶とかはどうなるんだろう。そういった場合って -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:11:20
      • …アリシアも疲れているでしょう?大丈夫よ、私は貴女から元気をもらっているから…私も見るわ。貴方の事も、心配。
        噂…(ああ、それは……それなら)……得意分野よ。私の。…力になれるはず。どんな噂にするか…相談、しなくちゃね… -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:11:29
      • 怪異……(運命を操作するほどの力を持つとなれば、人から外れた怪異として合っても不思議ではない なにせ本物の怪異だったちろりがいる 信じられない話ではない)
        噂を撒けば、また現れるかも、か。存在承認。久常玄道はまだここに居ると、伊上に、世界に認めさせる事が出来れば(確かにそれこそ希望だと)
        ……そうなると、間がいいのか悪いのか、丁度いいいんふるえんさーが二人はいるわけだけど(ちろりに視線をやりつつ、少し躊躇うような表情) -- 2020-05-24 (日) 00:13:33
      • 猫には九つの生があります。九度までは、生まれ変わって現世に在ることが出来る。
        疑似的な生まれ変わりと考えれば、きっと、記憶や意識の連続性は保たれるはずです。
        ……本当にばかなひと。皆さんに、こんなに心配をかけて……。(はらはらと、涙が零れた) -- 深白 2020-05-24 (日) 00:14:32
      • この先はプルートーの管轄だ 生あるものに手出しはできぬ……この伊上が尋常の土地であればな(真田丸吉広の方にライドオンしている) -- アエリア 2020-05-24 (日) 00:15:29
      • (銚釐に肩に手を置かれても、反応しなかった)
        (万能の異能を持っていても、この結末。アリス・アンダーソン、お前に人生は重荷) -- アリス 2020-05-24 (日) 00:16:13
      • (視線が自分に集まるのを感じる…知っている人なら知っている、それは)……私は、ためらわないわよ。久常君が、助けられるのなら。ええ、やれる手は全て打つつもり。
        …けれど、どんな噂を、どんな風に流すのかは…改めて相談しないといけないわね。…深白ちゃん、でいいのかしら?…泣かないで、私が…私たちが、きっとなんとかするから。
        …後で、お兄さんの詳しい状況や、話を聞かせてちょうだいね。 -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:16:33
      • すまない、姉様……(深白に)…久常玄道は莫迦だ。この結末を予見しているフシがあった。
        だが……誰よりもお前を想っていた莫迦だ。だから………(言葉が出てこない、喪うことの苦しみはわかっているはずなのに) -- アリシア 2020-05-24 (日) 00:17:50
      • (妹さん、もうちょっと動揺しても…)
        (そんな事を思いながら。周囲を何度も見回す。暗視、霊視。耳を澄まして、声を求め…)
        なんで、なんで居ないの…?(動揺しているのは自分だ。そうだ、どうせ冷静なら…と思いつく)
        (深白に聞くのだ。母の事を。しかし深白の前に立つと言葉が出てこない)
        (聞いてしまったら、そしてその答えがNOだったら、と思うと怖くて仕方がないのだ) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:17:51
      • ……充分にありえる話だ。望みがあるならば、やろう(静かに、頷く。そうして、三笠の方を見て)
        俺たちの知ってる奴を出来るだけありのまま取り戻したいと思うなら…ただの猫又ではなく、久常玄道として広めるべきだろうな。
        …ただの一案ではあるが……今回の、妹が居なくなったことを発端とした一連の討滅を、そのまま物語の形として広める…だが、結末は変えるんだ。
        久常玄道は、しかして死の淵に留まった。もしくはその幾つもの魂を使い蘇った…そういう話に仕立て上げてもいいと思う(と、思考のまま呟くように言う) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:19:55
      • ……はい。久常深白(みしろ)といいます。
        ありがとう、ございます。兄は、ほんとうに人に恵まれましたね……。
        (くらり、と。めまいがした。何しろ、丸4年にも近い期間、神の身元に縛られていたのだ)
        (意識を喪い、気絶する。これ以上の話は、この場では難しいだろう。冬の山は冷える。一度下山し、態勢を立て直すべきだ) -- 深白 2020-05-24 (日) 00:22:32
      • ウワサで怪異に…?幽霊と同じ…?それって…
        (生きてるって言えるの、と思うが、すぐ傍に生きてる怪異が数体いるので、そういうものか?とも思える)
        っと、妹さんも気を張ってただけみたいだね。休ませてあげないと…(ふー…と息を吐く。母について尋ねるのはまた今度になりそうだ) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:23:54
      • (雪洞が動いてくれれば道筋は立ちそうだ。自分はフォローできる所をフォローしようと腹を括る)
        やりようがあるならまだ何も終わってないな。よし……それにしても妹を泣かす兄は悪い奴だぞクロ…絶対に呼び戻してやるからな
        っといかん。深白さんは家まで運んでやらないとな
        (気絶した深白を大福を巨大化させて背中に乗せんとす) -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:25:06
      • 立て、アリス。自分の足で立つんだ。(アリスを強引に立たせて)歩け。陣楼成哉が来るまでの辛抱だ。 -- アリシア 2020-05-24 (日) 00:26:41
      • (崩れ落ちた深白に分身の介添えをして、一息吐く)……しろちゃんも無理してた。仕方ない
        うん、そば猫に送ってあげよう。それと……出番なんだろう、くらあじ(スタンバイしていたであろう喰三に声を掛ける 何処かで聞いているのだろうと) -- 2020-05-24 (日) 00:27:51
      • 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
        (力を伴うお経が階段下から響いてくる)
        観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
        (青い狐の尾にも似た不思議な形の炎がその音に伴う様に神社へと満たされていき)
        度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
        (青色に空間が染め上げられていく中階段から奇妙な装束に身を包んだ二人の神使が登り現れる)
        空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
        (黒い装束に身を包んだ女がその魔性の魅了に満ちた瞳を僅かに面々へと向ければ僅かに頷いて一人旧社殿へと歩みを進める)
        不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
        (女が旧社殿へと進めば狐火は更にこの神域へと満ちていき幻想な光景を生み出していく…これは神話の塗り替えだ)
        (現代ではもう殆ど見られる事は無くなったもの)
        (男は面々のその様子から何が起きたのかを…いや事前に理解していたのか、頷く事すらなく口を開き)
        これにて伊上の山の神隠しは終わり、これよりは楔の書き換えと神の瘴気を溶かし陰気へ変えて天へとお届けします
        皆々疲れてはるやろうけど今此処は神の名残もあり心身共に癒やすに向かへんさかい一先ずは山を降りるとええ
        (男は淡々と口にする、まるで祭事の時の宮司の様だ…ただそれは今すべき事は全て終わったと示すようでもある) -- 倉守 2020-05-24 (日) 00:30:25
      • このまま捨て置くことはできんぞ……何と言って顔向けをすればよいのだ(息子をよろしく、と頼まれたのではなかったか 赤黒く染まった土を集めて、器に収める) -- アエリア 2020-05-24 (日) 00:34:57
      • (いきなり弔われてるー!!!?…と、普段ならツッコんだ事だろう)
        (聞こえてくるお経に、力なく、光ない瞳を向ける)そっか…(まだ、後始末があったんだ、と思い出す)
        (新しい神を設置する。その神様が…)なんとかしてくれないかな…(そんな事を呟いてしまう) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:37:25
      • (倉守の祝詞と、言葉に頷いて)…ええ、そうね。私たちはまだ、やることがある。やれることがあるから…今日は、一度戻りましょうか。
        …アリス、立てる?…立つのよ。…私が、私たちが、できることがまだあるのだから。(アリスの肩を支えて…)……今日はみんな、本当にお疲れ様。
        改めて説明することでもないけれど……行燈りののチャンネル、しばらく注目しておいてちょうだい。きっと、突破口を開くから…(新たな決意を胸に。下山するのであった) -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:38:38
      • 血臥崎の案はだいぶよさそうだな…あとで相談してブラッシュアップして実行できそうな感ある
        (倉守が来たのには驚いて。話を聞けば)
        ……今ここで俺達にできる事はないって事ね。それもそうか……
        (自分も討伐班も無傷ではない。精神的ショックも含めて、休息が必要だろう)
        速くクロを助けてやるためにも今は帰ろうか(周りにも、自分にも言い聞かせるように。山を下る準備を) -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:39:57
      • (アリシアと銚釐に促され、立ち上がると下山していった)
        (途中、腕に巻かれた包帯を解いた。ただ赤黒い瘡蓋があるだけだった) -- アリス 2020-05-24 (日) 00:41:56
      • ……来たか(最後の大仕上げ。全てが万事うまく行くはずだったそれも、しかし今は一旦の幕を引くに留まる)
        (倉守を見ても、何かを抑え込んでいるような無表情は変わらないが……)……おめーも、お疲れさんだ(男にしては珍しく…素直に彼を労う。…余裕が無いのだろう)
        (そうして…黛を見る。眉が、への字を描く)……黛、おめーも、今は戻るんだ。あのアパートにな。ここでこれ以上出来ることは…恐らく、ない(口惜しさを、出来るだけ押し殺して…呆然とした彼女へ言う) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:43:05
      • 山を降りるって、でも!(思わず声が荒くなる)…でも、お母さんが……(そして力なく俯く)
        (わかっている。ここには居ない。居なかった。その可能性は倉守から示唆されていたし、自分でも心の隅で思っていた)
        (けれど、覚悟しようと辛いものは辛い。ショックはショックだ。更に、クロの死という悲惨まで重なれば、空元気すら出やしない)
        なんで、なんでこんな…(神様を殺す、そんな大それた真似までして、得た結果がこれだなんて)
        こんなの、やだよ…(それしか、言えなかった。チガサキの言葉には、ちいさく頷いた) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:46:04
      • 冬の山は冷える。長居は無用だよ(他人の気遣いに回す気力が戻ってきた 山の人間として早く街へ戻るよう促す)
        私達の戦いは終わってない。やるべき事が変わった、第二らうんどってことだね(努めて明るくしようと、皆にそう声を掛け)
        (最後に喰三に)おまえも、忙しくなりそうだな(新しい稲荷神の社を整えるのは大変だろうと そばにいた艷姫に礼をし、皆と同様に下山していった) -- 2020-05-24 (日) 00:46:21
      • ああ…分かってる。分かってるさ。……だから…終わってない。久常の奴も、お前も、だ。黛(出来るだけ平静に声を保ち言う)
        今はただ…休め(黛の小さく、落ち込んでしまった背中を、ぽん、と軽く、優しく叩いて下山を促す)
        あー……鞍馬、ちっと悪ぃんだが医療道具貸してくれ、ちと無理しすぎた…(皆に対する彼女の気遣いが、今は染みる)
        (そうして道すがら最低限の治療をしつつ…雪がいまだ残る、冷たく凍える帰り道を、それでも拳を握り帰っていくのだった) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:54:30
      • …………黛墨薫……自分を強く持て、私も難しいが……そうしている(もっと優しい言葉はかけられないのか、おのれの冷血さに嫌気が差しながら境内を後にする)
        (入れ替わりに現れた倉守喰三とすれ違う 話が違うだの何だとの責める気にさえなれず、一瞥もくれぬままその場を後にした) -- アエリア 2020-05-24 (日) 00:56:19
      • (階段へと向かえば男達が登ってきた跡を示すように青い狐火が帰るべき道を照らしている)
        (その炎は特に熱くも無いがしかし確実に何かを焼いてこの地を塗り替えていっているのだ)
        …(総痍に言葉を掛けられても僅かに目を開いて視線で返すだけで何も言わない)
        (この結果は想定していた範囲内ではあった、そのため出来れば掛けられる言葉は厳しい言葉の方が有り難かったが)
        無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
        (それは無を語る大乗仏教の本質とも言える般若心経、今面々の内にある燻りを少しで冷ます為か)
        こればかりは最初から分かってた事やさかい、最初からね
        せやから神の怒りが以降君等に降り掛かる事だけは無いよ、それが僕が此処に来た理由やさかい
        (男は入り口傍に、女は旧社殿へ、核と外縁からの般若心経を伴う塗り替えは進められていく)
        無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
        乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
        以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
        心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
        究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
        得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
        是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
        能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
        即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
        菩提薩婆訶 般若心経(これが真に少年への念仏とならないよう祈りながら男は祈る) -- 倉守 2020-05-24 (日) 00:57:28
      • (クリスマスで得た幸せ気分も、ここにくればという希望も吹き飛んだ)
        (まだ終わりではない、その言葉を胸にとぼとぼと雪道を歩いて帰路に着く)
        (泣きそうな顔、泣きたい。なのに不思議と涙は流れない)
        (いつもそうだ。あの日からずっと泣けない。どんなに泣きたくても)
        (自分の涙はもう、枯れ果ててしまったのだろうか。そんな事を思いながら山を降りていくのだった)
        (寒風に揺れる黒髪から、陰気、怪異の気配を微かに発しながら) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:59:33

      • 伊上山の神殺しは、果たして一匹の黒猫の死とともに、その結末を迎えることとなった。
        だが、君たちは彼を――たった一人の妹のために、決然と神に立ち向かった一匹の黒猫を、諦めてはいない。
        君たちは神をも殺したのだ。今度は人一人蘇らせることぐらい、どうして不可能といえるだろう?
        そのための道程は険しくとも、君たちにはそれだけの力がある。
        きっと、やがて幸福な結末を。双子の猫又をめぐる物語はまだ終わらない――
        -- 2020-05-24 (日) 01:00:43

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


  • 伊上山の山神退治・3 -- 2020-05-23 (土) 23:06:45
    • 君たちの奮戦ぶりは、時間稼ぎや陽動の枠を超えて、このまま神を打倒せしめるのではないかと思うほどだ。
      だが、神とて黙ってはいない。
      この世のものとは思えない咆哮をひとつあげると、更なる膨大な神気を放ちだした。
      先ほどまでついぞ本気など出していなかった、とでもいうように。
      傷ついた君たちには、もはやこれまでかと思わせるほどの、底なしの神気と瘴気。
      絶望が君たちを支配しようとする時、社殿から駆け出した人影がある。

      墨薫だ。片手に諸刃の鉄剣を持ち、全速力で駆け出してくる。
      果たしてその鉄剣は、君たちの決死の陽動の甲斐あり、無事玄道のもとへ届けられた。
      -- 2020-05-23 (土) 23:07:02
      • (鉄剣を受け取った瞬間。強化された異能の影響だろうか)
        (理解できてしまった――これを打ち砕いた後、自分に待ち受けるものを)
        (しかし、一刻の猶予もこの場にはなく、一欠けらの逡巡も玄道にはありえなかった)
        (一切の迷いなく、吉広に教わった通りの、武術の粋の一撃に)
        (猫又としての最大限の身体能力の強化を乗せて、打ち砕く――) -- クロ 2020-05-23 (土) 23:07:35
      • 果たして立ち折れた神体から、とてつもない量の神気と瘴気が溢れ、衝撃波となって周囲を打った。
        その場にいる全員が一瞬、怯んだその時。

        楔を失ったことで消えゆく大杭神が、それを行った憎き黒猫に一瞥をくれる。
        澄み切った眼による神の視線が、玄道を射抜いた。

        衝撃波を至近距離で受け倒れ伏す玄道に、その視線がどのような作用を齎したかはまだ分からない。
        現世への楔を失ってなおこの世に留まろうとする神に、まずは引導を渡してやるべきだ。
        -- 2020-05-23 (土) 23:09:04
      • (墨薫が持ってきた鉄の剣。あれが恐らくは目的の物…久常が、それを砕く姿を見る)……(それで、よかった…の、だろうか)
        (その瞬間、吹き荒れる衝撃波……今の雪洞銚釐は、これに脅かされるほど弱い存在ではない。先ほど、愛妹から分けてもらった活力が、体に満ち満ちている…体力も上がっている)
        (再度、あの神と接続するか…?多少のフィードバックがあったとしても、アリシアが手伝ってくれれば……と、思っていたところで)…久常君!?(久常が倒れた…至近距離だったからか。心配して駆け寄ることも難しい距離…)
        …やめて!!(強い、先ほどとは比べ物にならない「人心掌握」を神に向けて飛ばす。久常への追撃、こちらへの攻撃、悪あがきを…やめろ、と。少しでも行動の阻害になればいい…) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 23:20:09
      • 久常玄道!?(駆け寄ろうとして片膝をつき)くっ……アリス、まずはあの神にトドメを刺すぞ!
        さっきの負傷と満ちてる瘴気で上手く空論の獣・起源種(ジャバウォック・オリジン)が発動せん。
        二人でやるぞ、ありったけの万能の元素を大気中に放出しろ!! -- アリシア 2020-05-23 (土) 23:21:20
      • わかったわ!!(手を真上に向けて万能の元素とも呼べる錬成の元を作り出し始めると)
        わわ!?(アリシアと自分の頭上に黒い球体が発生する)
        と、とりあえず……これを放ればいいのね!? いくわよ……(手を振り下ろすと、黒球が動き出す)
        ケイオスレギオン・ニルヴァーナ!!(二つの声が重なって、不滅を滅する、理の超越とも言える力が神に放たれた) -- アリス 2020-05-23 (土) 23:24:08
      • …はあっ…はぁっ…(梅花の華開く時はそう長くは持たなかった、抑え込んだはずの古き神が吠え立てた時、もはや抗う手段はなく)
        ……黛!(彼女の姿を見て作戦は成功したのだ、と口端を思わず歪めてしまう。そして、久常がそれに、苛烈なる一撃を加えた)
        !(しかし、衝撃が弾け、神がその神威を視線に乗せて久常を見たことで、何か、背筋がぞわりとするような予感がした)
        …てめぇ…悪足掻きしてんじゃねぇ…!!(華無き黒盾を構え、残った力を振り絞って、疾風のように駆け、突撃を仕掛ける。もはや、何もさせぬと、一つの砲弾のように) -- 総痍 2020-05-23 (土) 23:26:44
      • クロ!!! (倒れる姿を見て友の名を呼ぶ 反応はない 駆け寄りたい しかし、今駆け寄っても自分では何もできないのだ それに、) まだ、神は死んでいない……あの野郎!
        ……クロ、良い一撃だったぜ 皆伝をくれてやる だから死ぬなよ!! (声をあげながら諸肌を脱ぐ 体中に走る刺青が脈動し、身体の色が変わっていく 赤銅 それは深夜を徘徊していたあの大鬼の色)
        俺はこの中じゃあ一番弱い……でもな、このなかじゃあ、一番! デカく、力強くなれる! (筋肉が唸りを上げ膨れ上がり、下肢が血色の大蛇に変わる 神の巨体に匹敵する物量で、掴みかかる!)
        お前を、物理的に押しとどめる! 止まった身体に皆の一撃を食らやあ、神だってひとたまり無いだろうよ!! -- 吉広 2020-05-23 (土) 23:28:43
      • くろくん!(御神体を打ち砕き、神の怒りを買ってしまったクロをかばう余裕は無かった あの一瞥がどれほどの呪いを秘めているか……)
        (だが楔を失った神にもはや居場所はない)人に害なす山神よ、もはやこの世におわすに能わず(静かな怒りとともに仙気を練る 悪影響がクロの身体を蝕む前に消し飛ばしてしまう必要がある)
        ナウマク・サンマンダ・ボダナン・インドラヤ・ソワカ(空が近い。山は雷の神、帝釈天の領域に近い 高く飛び上がり手を翳しその恩恵を受け)
        雷鉾(ヴァジュラ)(山を穿つ雷霆が降る 古来より山火事を起こし山を穿つものである雷を持って、山の神を滅さんとする) -- 2020-05-23 (土) 23:34:24
      • 久常玄道!(たとえ妹を取り戻せたとしても、当人が力尽きては元も子もない だが、まだ決着はついていない 動揺を示すわけにはいかない)
        ……奇遇なものだ この私が、旧きものに引導を渡す手助けをするとはな(敵も味方も疲弊しきっている 決着は近いと気取り、今一度戦場を見渡し)
        真田丸吉広!! 肩を借りるぞ!(突き進む紅蓮の蛇身に足をかけ、一陣の風のようにぐんぐん駆け上っていく 筋骨隆々たる肩を足場にもう一つの巨体に飛び移り)
        終のさだめを受け入れるがいい―――!!(残る熱量のすべてをただの一矢に込めて、零距離からウェスタの焔の顕現たる煌めく赤光を放つ) -- アエリア 2020-05-23 (土) 23:38:36
      • 銚釐の人心掌握は果たして、神の無秩序な視線の行使を食い止めた。
        吉広の巨体に押し留められた神のもとに、皆の攻撃が次々と殺到する。
        アリスとアリシアの、不滅殺しが現世に留まらんとする神の不滅を否定する。
        総痍の一撃が砲弾の如く神の肉体を揺るがし、楓の雷が山神を打ち滅ぼす。
        そしてアエリアの煌めく焔が神の瞳を打ち貫いた時、ついに決着は果たされた。

        大杭神が咆哮を上げ、その実体を失い、散り散りに分解され、この現世ではないどこかへと還っていく。
        神は斃れた。君たちは成し遂げたのだ。
        神殺しという偉業を!
        -- 2020-05-23 (土) 23:41:46
      • かつて神に隠されていた者の魂が、輝く光の玉となって空に還っていく。
        もしかすれば、墨薫の母がその肉体を伴って、吐き出されたかもしれず。
        そして――久常玄道の妹、深白が、神による虜囚の呪縛から解き放たれた。

        真っ白い少女の体が、境内の雪の上に頽れる。
        いつの間にか、冬の空からは粉雪がちらついていた。

        その一片(ひとひら)が、倒れ伏す玄道の頬にも降り落ちる。




        ――その重さにすら耐えかねたように。

        久常玄道のカタチが崩れ落ちた。




        そのあとには、赤黒い人型の跡しか残されていない。 -- 2020-05-23 (土) 23:42:20
      • あ……あ…………いやぁぁぁ!!(崩れ落ちる、人の形。さっきまで友人だったものが雪の上にある)
        アリシア!!(縋るような視線を妹に向けて) -- アリス 2020-05-23 (土) 23:50:19
      • (やった。神は倒した……皆の力が、想いが、為した奇跡。このために今、みんなここにいて、死力を尽くしたのだ)…よかった…
        (妹さんもきっと無事。それよりも)久常君────(倒れている久常に、駆け寄ろうとして……その姿が、消えた)っ(息をのむ。急速に血が引いていく感覚)
        ……久常君っ!!嘘、嘘でしょう、どこ…!?(全身全霊で周囲を探る。怪異としての鋭敏な感覚で、僅かでも手掛かりはないかと……無駄かもしれない、と考えそうになる心を厳しく叱責し、続ける) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 23:51:16
      • (顔を背けて)無理だ……私の力では………神の因果を砕けない………… -- アリシア 2020-05-23 (土) 23:51:29
      • (三笠をくわえたドラ猫といっしょに社の方から歩いてくる)
        (周囲を見回せば、「神」は影も形もない。ああ。終わった。やり遂げたと安堵が胸にこみあげる)
        (しかし、同時に目に飛び込んできた光景は――)…え、え…?クロくん!なんで…!?(クロが、崩れゆく、その瞬間だった)
        (慌てて、覚束ない足でクロへ駆け寄り、手を伸ばすも…届かなかった。残るのは、黒く、赤い、後。不吉の色)
        (闇の黒、血の赤、無の黒、狂の赤、だ)なんで…!?やだよ!!(バッ!と思わず出現した妹の方を見る。なんだこれは!と) -- 墨薫 2020-05-23 (土) 23:54:03
      • おっと、おい、妹さん! 生きてるか? 生きてるな!? (倒れた少女の身体に、自分が着ていた着物を掛けて声をかける)
        (そして) ……おいクロ! 早く起きてこっちにー…… (振り返ってみるのは、友人達が悲鳴を上げてクロが居た場所に縋っている姿) ……え?
        お、おいおい、待てよ、どうせあれだろ 変わり身の術ー、とか言って…… おい、クロ、妹さんここだぞ、隠れてないで出て来いよ……!? -- 吉広 2020-05-23 (土) 23:54:58
      • ――――――――(声が、出ない。 掻き消えた後輩の姿に困惑と悲しみの感情が渦巻いている)
        (脇差を取り落しただクロだった影を見つめていることしか出来ないでいた)
        (神も仏もない。せっかく妹を救った彼が、最期に顔を合わせることすら出来なかったなんて) -- 2020-05-23 (土) 23:55:47
      • 死に際の神の一瞥は、特大の呪力を以て玄道の総身を蝕んでいた。
        その呪いの威力は玄道を即死させるに余りあり、その肉体をも崩壊せしめたのだ。
        彼を呼ばうその声にも、一切の返事はない。
        -- 2020-05-23 (土) 23:58:01
      • っってえ(大福から降りて、肩を入れて…)
        よし。神様は倒せて消えてる…………おい、あの子大丈夫か…って
        (クロが消える瞬間を目撃した)
        ………………は? おいなんで!?
        (荒れる呼吸をコントロールしながら、誰か分からないかと周囲を見回すが……) -- 三笠仁 2020-05-23 (土) 23:58:04
      • ……んだと(倒れていた久常、軋む体を抱えてそちらを見た。賭けには勝った。これで後は、彼の妹を起こせば…と)
        てめぇ……!勝った、勝ったじゃねえか!!クソ!!自分の身を賭けてたなんざ、認めねぇぞ!お前は…お前こそが…笑うべきは、今だってのに…!!!
        (ぎりぎりと、尖った歯を軋ませて怒りの形相を浮かべる。果たしてその怒りは誰へのものか。もはや跡しか残らぬ、彼へか、神へか、もしくは…己へか) -- 総痍 2020-05-23 (土) 23:58:10
      • ……………なんだ、これは………どうなっている、倉守喰三!!(あっけなく崩れて消えた 生きているだの、死んでいるだの以前の問題だ)
        こんなことがあってたまるか! 約束を果たさずに逝くなど、いかな私とて許さんぞ……久常玄道…!! -- アエリア 2020-05-23 (土) 23:58:48
      • ――兄さんを。
        (か細い声が静寂を破る。起き上がった、久常深白だ)
        ――兄さんを助ける方法は、まだあるはずです。
        (黄金色の瞳の底に、神気の名残を湛えながら、深白は言葉を紡ぐ) -- 深白 2020-05-23 (土) 23:58:59
      • …あるのか!? どうすればいい!?(深白に縋りつくような視線を向け) -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:01:00
      • (探る、探る、探る。周囲100mに渡るほどの、音をすべて探ったとしても。…聞こえない。彼の生きる音が、命の響きが感じられない)嘘よ…近くの、どこにもいないの…!
        (膝が折れそうになり……なる、が。…深雪の声が聞こえる)……本当!?久常君を、いえ…クロ君を、掬う方法はまだあるの!? -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:02:01
      • おい!!どういうこった!説明しやがれ…!
        (起き上がった深白に思わず「オレ」口調で掴みかかりそうになるも、まだ手はある、との言葉に寸前で踏み止まり)
        そ、そう、なんだ…(それだけ言い、今度は周囲をキョロキョロと見回しはじめる)…おかあ…さん…?(そう、ここに現われる筈の母の姿を求めて) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:02:02
      • (あまりのショックに雪の上にへたり込んでしまう)
        (怪我はほとんどないのに、深白の言葉に僅かに反応する程度で) -- アリス 2020-05-24 (日) 00:04:39
      • (深白の言葉に茫然自失だった意識の手綱を取り戻して)……本当?(希望がある、と言えばそれに縋るしかない)
        手立てがあるなら……私はそこに賭けたい。皆もそうでしょう?(脇差を拾い直して気合を入れ直す) -- 2020-05-24 (日) 00:04:47
      • (へたり込むアリスに、そっと肩に手を乗せて。楓の言葉には)当然よ。…やれることがあるうちに、諦めて泣いてなんていられないわ。 -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:07:10
      • ……何かの、目論見があるのか(静かに、いつもとは違う無感情な声を深白へと投げかける。抑えていなければ、口から飛び出しそうなそれを、抑え込んで)
        (そして、その横目で…黛の様子を見る)…くっ…!(思わず、口惜しそうな感情が、漏れてしまう。もしや、とは思っていた。外れていてくれと、思った、が) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:07:40
      • 兄さんは、半分怪異でした。怪異は、その個体が一度失われても、噂が生きている限りいつかよみがえります。
        (神懸かりの残滓だろうか。それとも、人の思考を無意識に読み取ってしまう精神感応の能力者故の知識の深さなのだろうか)
        (虚ろな瞳のままで。鈴のなるような声で、つらつらと話し出す)
        兄さんにも、噂の後押しがあれば、きっと。純粋な怪異としてですが、よみがえるかもしれません。
        流布された噂に従って、死者の霊がその死した場所に出る。よくあることでしょう? -- 深白 2020-05-24 (日) 00:07:40
      • 姉様、アリスの様子がおかしい。(負傷によろめきながら何とか立ち上がって)陣楼成哉が迎えに来るまで私が面倒を見る。 -- アリシア 2020-05-24 (日) 00:08:32
      • 妹さん、目を覚ましたか…… 助ける方法って言うと……? (鬼の身体のまま尋ね) -- 吉広 2020-05-24 (日) 00:08:58
      • …… 死したのち、噂をもってその場所に…… 俺みたいな感じにか (自分は誰にも知られず死に、昔話となって復活したが……)
        ……ここにいる皆は、クロを知ってる 生きたクロを、今居たクロを知ってる 昔話なんかよりもずっと強く、クロの話を、たくさん知ってる…… -- 吉広 2020-05-24 (日) 00:10:39
      • (助かる可能性があると知れば、一気に冷静になる。深白の表情を見て…トランス状態?)
        (神が生きているのではなかろうなと軽く周囲を見るが、何も分からず諦めた)
        噂を利用すれば…?(思わず雪洞を見る)
        純粋な怪異としてか…記憶とかはどうなるんだろう。そういった場合って -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:11:20
      • …アリシアも疲れているでしょう?大丈夫よ、私は貴女から元気をもらっているから…私も見るわ。貴方の事も、心配。
        噂…(ああ、それは……それなら)……得意分野よ。私の。…力になれるはず。どんな噂にするか…相談、しなくちゃね… -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:11:29
      • 怪異……(運命を操作するほどの力を持つとなれば、人から外れた怪異として合っても不思議ではない なにせ本物の怪異だったちろりがいる 信じられない話ではない)
        噂を撒けば、また現れるかも、か。存在承認。久常玄道はまだここに居ると、伊上に、世界に認めさせる事が出来れば(確かにそれこそ希望だと)
        ……そうなると、間がいいのか悪いのか、丁度いいいんふるえんさーが二人はいるわけだけど(ちろりに視線をやりつつ、少し躊躇うような表情) -- 2020-05-24 (日) 00:13:33
      • 猫には九つの生があります。九度までは、生まれ変わって現世に在ることが出来る。
        疑似的な生まれ変わりと考えれば、きっと、記憶や意識の連続性は保たれるはずです。
        ……本当にばかなひと。皆さんに、こんなに心配をかけて……。(はらはらと、涙が零れた) -- 深白 2020-05-24 (日) 00:14:32
      • この先はプルートーの管轄だ 生あるものに手出しはできぬ……この伊上が尋常の土地であればな(真田丸吉広の方にライドオンしている) -- アエリア 2020-05-24 (日) 00:15:29
      • (銚釐に肩に手を置かれても、反応しなかった)
        (万能の異能を持っていても、この結末。アリス・アンダーソン、お前に人生は重荷) -- アリス 2020-05-24 (日) 00:16:13
      • (視線が自分に集まるのを感じる…知っている人なら知っている、それは)……私は、ためらわないわよ。久常君が、助けられるのなら。ええ、やれる手は全て打つつもり。
        …けれど、どんな噂を、どんな風に流すのかは…改めて相談しないといけないわね。…深白ちゃん、でいいのかしら?…泣かないで、私が…私たちが、きっとなんとかするから。
        …後で、お兄さんの詳しい状況や、話を聞かせてちょうだいね。 -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:16:33
      • すまない、姉様……(深白に)…久常玄道は莫迦だ。この結末を予見しているフシがあった。
        だが……誰よりもお前を想っていた莫迦だ。だから………(言葉が出てこない、喪うことの苦しみはわかっているはずなのに) -- アリシア 2020-05-24 (日) 00:17:50
      • (妹さん、もうちょっと動揺しても…)
        (そんな事を思いながら。周囲を何度も見回す。暗視、霊視。耳を澄まして、声を求め…)
        なんで、なんで居ないの…?(動揺しているのは自分だ。そうだ、どうせ冷静なら…と思いつく)
        (深白に聞くのだ。母の事を。しかし深白の前に立つと言葉が出てこない)
        (聞いてしまったら、そしてその答えがNOだったら、と思うと怖くて仕方がないのだ) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:17:51
      • ……充分にありえる話だ。望みがあるならば、やろう(静かに、頷く。そうして、三笠の方を見て)
        俺たちの知ってる奴を出来るだけありのまま取り戻したいと思うなら…ただの猫又ではなく、久常玄道として広めるべきだろうな。
        …ただの一案ではあるが……今回の、妹が居なくなったことを発端とした一連の討滅を、そのまま物語の形として広める…だが、結末は変えるんだ。
        久常玄道は、しかして死の淵に留まった。もしくはその幾つもの魂を使い蘇った…そういう話に仕立て上げてもいいと思う(と、思考のまま呟くように言う) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:19:55
      • ……はい。久常深白(みしろ)といいます。
        ありがとう、ございます。兄は、ほんとうに人に恵まれましたね……。
        (くらり、と。めまいがした。何しろ、丸4年にも近い期間、神の身元に縛られていたのだ)
        (意識を喪い、気絶する。これ以上の話は、この場では難しいだろう。冬の山は冷える。一度下山し、態勢を立て直すべきだ) -- 深白 2020-05-24 (日) 00:22:32
      • ウワサで怪異に…?幽霊と同じ…?それって…
        (生きてるって言えるの、と思うが、すぐ傍に生きてる怪異が数体いるので、そういうものか?とも思える)
        っと、妹さんも気を張ってただけみたいだね。休ませてあげないと…(ふー…と息を吐く。母について尋ねるのはまた今度になりそうだ) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:23:54
      • (雪洞が動いてくれれば道筋は立ちそうだ。自分はフォローできる所をフォローしようと腹を括る)
        やりようがあるならまだ何も終わってないな。よし……それにしても妹を泣かす兄は悪い奴だぞクロ…絶対に呼び戻してやるからな
        っといかん。深白さんは家まで運んでやらないとな
        (気絶した深白を大福を巨大化させて背中に乗せんとす) -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:25:06
      • 立て、アリス。自分の足で立つんだ。(アリスを強引に立たせて)歩け。陣楼成哉が来るまでの辛抱だ。 -- アリシア 2020-05-24 (日) 00:26:41
      • (崩れ落ちた深白に分身の介添えをして、一息吐く)……しろちゃんも無理してた。仕方ない
        うん、そば猫に送ってあげよう。それと……出番なんだろう、くらあじ(スタンバイしていたであろう喰三に声を掛ける 何処かで聞いているのだろうと) -- 2020-05-24 (日) 00:27:51
      • 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
        (力を伴うお経が階段下から響いてくる)
        観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
        (青い狐の尾にも似た不思議な形の炎がその音に伴う様に神社へと満たされていき)
        度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
        (青色に空間が染め上げられていく中階段から奇妙な装束に身を包んだ二人の神使が登り現れる)
        空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
        (黒い装束に身を包んだ女がその魔性の魅了に満ちた瞳を僅かに面々へと向ければ僅かに頷いて一人旧社殿へと歩みを進める)
        不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
        (女が旧社殿へと進めば狐火は更にこの神域へと満ちていき幻想な光景を生み出していく…これは神話の塗り替えだ)
        (現代ではもう殆ど見られる事は無くなったもの)
        (男は面々のその様子から何が起きたのかを…いや事前に理解していたのか、頷く事すらなく口を開き)
        これにて伊上の山の神隠しは終わり、これよりは楔の書き換えと神の瘴気を溶かし陰気へ変えて天へとお届けします
        皆々疲れてはるやろうけど今此処は神の名残もあり心身共に癒やすに向かへんさかい一先ずは山を降りるとええ
        (男は淡々と口にする、まるで祭事の時の宮司の様だ…ただそれは今すべき事は全て終わったと示すようでもある) -- 倉守 2020-05-24 (日) 00:30:25
      • このまま捨て置くことはできんぞ……何と言って顔向けをすればよいのだ(息子をよろしく、と頼まれたのではなかったか 赤黒く染まった土を集めて、器に収める) -- アエリア 2020-05-24 (日) 00:34:57
      • (いきなり弔われてるー!!!?…と、普段ならツッコんだ事だろう)
        (聞こえてくるお経に、力なく、光ない瞳を向ける)そっか…(まだ、後始末があったんだ、と思い出す)
        (新しい神を設置する。その神様が…)なんとかしてくれないかな…(そんな事を呟いてしまう) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:37:25
      • (倉守の祝詞と、言葉に頷いて)…ええ、そうね。私たちはまだ、やることがある。やれることがあるから…今日は、一度戻りましょうか。
        …アリス、立てる?…立つのよ。…私が、私たちが、できることがまだあるのだから。(アリスの肩を支えて…)……今日はみんな、本当にお疲れ様。
        改めて説明することでもないけれど……行燈りののチャンネル、しばらく注目しておいてちょうだい。きっと、突破口を開くから…(新たな決意を胸に。下山するのであった) -- 銚釐 2020-05-24 (日) 00:38:38
      • 血臥崎の案はだいぶよさそうだな…あとで相談してブラッシュアップして実行できそうな感ある
        (倉守が来たのには驚いて。話を聞けば)
        ……今ここで俺達にできる事はないって事ね。それもそうか……
        (自分も討伐班も無傷ではない。精神的ショックも含めて、休息が必要だろう)
        速くクロを助けてやるためにも今は帰ろうか(周りにも、自分にも言い聞かせるように。山を下る準備を) -- 三笠仁 2020-05-24 (日) 00:39:57
      • (アリシアと銚釐に促され、立ち上がると下山していった)
        (途中、腕に巻かれた包帯を解いた。ただ赤黒い瘡蓋があるだけだった) -- アリス 2020-05-24 (日) 00:41:56
      • ……来たか(最後の大仕上げ。全てが万事うまく行くはずだったそれも、しかし今は一旦の幕を引くに留まる)
        (倉守を見ても、何かを抑え込んでいるような無表情は変わらないが……)……おめーも、お疲れさんだ(男にしては珍しく…素直に彼を労う。…余裕が無いのだろう)
        (そうして…黛を見る。眉が、への字を描く)……黛、おめーも、今は戻るんだ。あのアパートにな。ここでこれ以上出来ることは…恐らく、ない(口惜しさを、出来るだけ押し殺して…呆然とした彼女へ言う) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:43:05
      • 山を降りるって、でも!(思わず声が荒くなる)…でも、お母さんが……(そして力なく俯く)
        (わかっている。ここには居ない。居なかった。その可能性は倉守から示唆されていたし、自分でも心の隅で思っていた)
        (けれど、覚悟しようと辛いものは辛い。ショックはショックだ。更に、クロの死という悲惨まで重なれば、空元気すら出やしない)
        なんで、なんでこんな…(神様を殺す、そんな大それた真似までして、得た結果がこれだなんて)
        こんなの、やだよ…(それしか、言えなかった。チガサキの言葉には、ちいさく頷いた) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:46:04
      • 冬の山は冷える。長居は無用だよ(他人の気遣いに回す気力が戻ってきた 山の人間として早く街へ戻るよう促す)
        私達の戦いは終わってない。やるべき事が変わった、第二らうんどってことだね(努めて明るくしようと、皆にそう声を掛け)
        (最後に喰三に)おまえも、忙しくなりそうだな(新しい稲荷神の社を整えるのは大変だろうと そばにいた艷姫に礼をし、皆と同様に下山していった) -- 2020-05-24 (日) 00:46:21
      • ああ…分かってる。分かってるさ。……だから…終わってない。久常の奴も、お前も、だ。黛(出来るだけ平静に声を保ち言う)
        今はただ…休め(黛の小さく、落ち込んでしまった背中を、ぽん、と軽く、優しく叩いて下山を促す)
        あー……鞍馬、ちっと悪ぃんだが医療道具貸してくれ、ちと無理しすぎた…(皆に対する彼女の気遣いが、今は染みる)
        (そうして道すがら最低限の治療をしつつ…雪がいまだ残る、冷たく凍える帰り道を、それでも拳を握り帰っていくのだった) -- 総痍 2020-05-24 (日) 00:54:30
      • …………黛墨薫……自分を強く持て、私も難しいが……そうしている(もっと優しい言葉はかけられないのか、おのれの冷血さに嫌気が差しながら境内を後にする)
        (入れ替わりに現れた倉守喰三とすれ違う 話が違うだの何だとの責める気にさえなれず、一瞥もくれぬままその場を後にした) -- アエリア 2020-05-24 (日) 00:56:19
      • (階段へと向かえば男達が登ってきた跡を示すように青い狐火が帰るべき道を照らしている)
        (その炎は特に熱くも無いがしかし確実に何かを焼いてこの地を塗り替えていっているのだ)
        …(総痍に言葉を掛けられても僅かに目を開いて視線で返すだけで何も言わない)
        (この結果は想定していた範囲内ではあった、そのため出来れば掛けられる言葉は厳しい言葉の方が有り難かったが)
        無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
        (それは無を語る大乗仏教の本質とも言える般若心経、今面々の内にある燻りを少しで冷ます為か)
        こればかりは最初から分かってた事やさかい、最初からね
        せやから神の怒りが以降君等に降り掛かる事だけは無いよ、それが僕が此処に来た理由やさかい
        (男は入り口傍に、女は旧社殿へ、核と外縁からの般若心経を伴う塗り替えは進められていく)
        無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
        乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
        以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
        心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
        究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
        得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
        是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
        能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
        即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
        菩提薩婆訶 般若心経(これが真に少年への念仏とならないよう祈りながら男は祈る) -- 倉守 2020-05-24 (日) 00:57:28
      • (クリスマスで得た幸せ気分も、ここにくればという希望も吹き飛んだ)
        (まだ終わりではない、その言葉を胸にとぼとぼと雪道を歩いて帰路に着く)
        (泣きそうな顔、泣きたい。なのに不思議と涙は流れない)
        (いつもそうだ。あの日からずっと泣けない。どんなに泣きたくても)
        (自分の涙はもう、枯れ果ててしまったのだろうか。そんな事を思いながら山を降りていくのだった)
        (寒風に揺れる黒髪から、陰気、怪異の気配を微かに発しながら) -- 墨薫 2020-05-24 (日) 00:59:33

      • 伊上山の神殺しは、果たして一匹の黒猫の死とともに、その結末を迎えることとなった。
        だが、君たちは彼を――たった一人の妹のために、決然と神に立ち向かった一匹の黒猫を、諦めてはいない。
        君たちは神をも殺したのだ。今度は人一人蘇らせることぐらい、どうして不可能といえるだろう?
        そのための道程は険しくとも、君たちにはそれだけの力がある。
        きっと、やがて幸福な結末を。双子の猫又をめぐる物語はまだ終わらない――
        -- 2020-05-24 (日) 01:00:43
  • 伊上山の山神退治・2
    対神戦闘・大杭神
    (大杭神との戦闘には、当診断を利用します。)
    (診断の際に使う文字列は、そのキャラクターと分かる範囲でそれぞれ好きにしてよいです。)
    (各自が枝を生やす形で、診断結果を張り付け。結果に沿ったRPを付記して遊びます。) -- 2020-05-23 (土) 22:01:24
    • 伊上の旧き大神、大杭神との戦闘を開始!
      大杭神の巫女たる少女の異能が発動――運命干渉による自動防御!
      玄道の同種の異能による対抗干渉!
      大杭神に働く理不尽な幸運を無効化した!
      大杭神は膨大な神気を収束させ、巨大な光の杭を生成して地に突き立てた!山が啼き、大地が激震する!!
      銚釐はかすり傷を負った!

      銚釐は大杭神の左脚を攻撃!
      大杭神に痛烈な一撃を見舞った!
      大杭神は銚釐の精神に干渉した!狂える神の意識が正気を削り取る!!
      銚釐はかなりの傷を負ってしまった!
      銚釐は大杭神の胴体を攻撃!
      楓と連携!
      大杭神にごく軽度の損害を与えた!
      魂削る激戦の果て、銚釐達は作戦に成功する――
      この戦いにおいて銚釐は、かなりの傷を負いながらも、有効な活躍をした! -- 銚釐 2020-05-23 (土) 22:05:00
      • (今度こそ…そう、今度こそ。私は神に己を刺す。命を燃やす。……助けたい。久常君の妹を。彼の力になりたい…)
        (自分の存在の力を燃料とした、更なる『人心掌握』を発動。頭痛が酷くなるが、それは一旦置いておく。………繋がれ、繋がれ……つな、がった)
        (激震、大杭神が地面に光の杭を突き刺したところで、脚を救われ転びながらも…つながったその糸を、離さない。相手の意志を、捻じ曲げる)
        ───曲りなさい(更なる攻撃を加えようとした神に、意志を捻じ曲げる呪詛。神は自らの力で、己が左足を削る。それこそ神の力にて、神の脚を貫かせた)
        (よし、と思うのもつかの間───神からの、意志のフィードバックが。濁流の様な禍禍しい奔流が、己に帰ってくる)っ、ぎ、ぃ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ…!!(頭が割れそうだ)
        (私の、存在が揺らぐ。これまでに蓄えていた、僅かながらの精気を使い切ってしまう。…左脚の重傷と引き換えに、銚釐は大きなものを喪った)
        ……か、えで、さん…(追撃は、楓さんが掬ってくれた。胴体への攻撃で気を逸らし、抱えて距離を取ってくれたが……立ち上がれなかった。立ち上がる力が失われかけている)
        ……ふぅ、ふー………(浅い息をつく。消えない…まだ、私は消えない。ああ、けれど。勝利は、したかもしれないけれど)………(約束を、守れなくなるかもしれない。アリスと、アリシアと、した約束…無事に帰ってくる、って……) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 22:13:56
      • 姉様!!(駆け寄って来て)どうしてこんな無茶を!!
        (その手を握って)私の生命力を吸え、姉様!! 私の命は無尽だ、だから……生きてくれ、姉様!! -- アリシア 2020-05-23 (土) 22:20:51
      • …(失われかける己の身を、支える姿があった。…アリシアだ)……アリシア。ごめんなさいね、馬鹿な姉で。…力になりたかったけれど、ええ。脚ばっかり引っぱってしまって。
        ……(その声に、言葉に、少しの思考。自分に残された時間はあとわずか …私は……)……ここで、吸いたくない、って答えたら……ええ、まるで、昔の貴女みたいに、駄々をこねてしまうみたい。
        そう、ね……(握られた手を、強く握り返す)…知ってるもの。信じること、求めることに、手を伸ばす勇気を。それを、私は貴女から教えてもらった、から…(そうだ。生き恥など、いくらでもかいてやる。妹が大丈夫だというのだから、大丈夫なのだ。妹を信じる気持ちだけは、無くしたくない)
        …貰うわ、貴女の命を。…辛かったら、言ってね…?(手から。吸収する…生まれてから、もしかすれば初めての、本気の「吸精」。……常人なら即死するほどの速度で、アリシアから精を吸う)
        (ぐんぐん、と体に気力が満ちる…これまでが、例えるならダムに薄く溜まる水たまりの様なそれであれば。今、急速にダムに水が注がれる…活力が満ちる)
        …アリシア、本当に大丈夫…?その、数十人分の精気は、吸わせてもらっているのだけれど……?(頭痛も消え、痛みも消えた。一度吸うのを止めて、立ち上がる) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 22:27:21
      • 問題ない。(吸われながらも姿勢を保ったまま身動ぎもしない)姉様が私の手を取ってくれたことが嬉しい。
        (立ち上がるのを見れば胸を撫で下ろして)さて。少し離れよう。久常玄道の最後のアクションが始まる。 -- アリシア 2020-05-23 (土) 22:34:37
      • …よかった。ほっとしたわ。…改めてだけれど、凄いのね、アリシアって(これ以上吸う必要はない…今ですら、普段の数十倍の精気を吸って破裂しそうだ)
        ええ、そうね……十分な打撃は与えられたと思うのだけれど…(そう言いながら、そそくさとアリシアと共に離れた) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 22:37:16
    • 新雪降り頻る伊上山の中腹、旧社殿の境内にて、玄道達は古く由来知れぬ山神と対峙する。 君たちの目的は陽動と時間稼ぎだ。別動隊が社殿内から御神体を持ち出し玄道がこれを破壊するまで、ここで持ち堪えたまえ!
      伊上の旧き大神、大杭神との戦闘を開始!
      大杭神の巫女たる少女の異能が発動――運命干渉による自動防御! 玄道の同種の異能による対抗干渉! 大杭神に働く理不尽な幸運を無効化した!
      大杭神は膨大な神気を収束させ、巨大な光の杭を生成して地に突き立てた!山が啼き、大地が激震する!! 玄道は大きな傷を負った! 玄道は大杭神の頭部を攻撃! 大杭神に重度の損害を与えた!
      大杭神は神の声による咆哮を上げた!大気を震わせ、大地を揺るがし、破壊の波が一帯を襲う! 玄道は重傷を負ってしまった! 玄道は大杭神の右腕を攻撃! 玄道と連携! 大杭神にごく軽度の損害を与えた!
      魂削る激戦の果て、玄道達は作戦に成功する―― この戦いにおいて玄道は、 重傷を負いながら、 標準的な活躍をした! -- クロ 2020-05-23 (土) 22:05:28
      • (重傷を負いながらも、神に繰り返し攻撃を加える)
        (口の中が血の味でいっぱいだ。肋骨が何本かもっていかれただろうか)
        (対抗干渉を維持しながらでは、他と連携する余裕もなし、死ななかっただけ僥倖だ) -- クロ 2020-05-23 (土) 22:26:17
    • 新雪降り頻る伊上山の中腹、旧社殿の境内にて、アエリア達は古く由来知れぬ山神と対峙する。
      君たちの目的は陽動と時間稼ぎだ。別動隊が社殿内から御神体を持ち出し玄道がこれを破壊するまで、ここで持ち堪えたまえ!
      伊上の旧き大神、大杭神との戦闘を開始!
      大杭神の巫女たる少女の異能が発動――運命干渉による自動防御!玄道の同種の異能による対抗干渉!大杭神に働く理不尽な幸運を無効化した!
      大杭神はアエリアに視線を集中させた!強大な呪圧がアエリアを跪かせ、圧し潰そうとする!!アエリアはかなりの傷を負ってしまった!
      アエリアは大杭神の左腕を攻撃!大杭神に重度の損害を与えた!
      大杭神は無数の岩石を宙に浮かせると、散弾めいて打ち放った!アエリアは大きな傷を負った!
      アエリアは大杭神の頭部を攻撃!吉広と連携!大杭神に痛烈な一撃を見舞った!魂削る激戦の果て、アエリア達は作戦に成功する――
      この戦いにおいてアエリアは、かなりの傷を負いながらも、優れた活躍をした! -- アエリア 2020-05-23 (土) 22:06:24
      • (全身の骨が軋みをあげ、脳髄からはらわたまで原形をとどめぬまでに圧壊しそうなほどの重圧に晒される ぽたり、と赤い雫が滴り落ちて、咳き込むと手のひらが赤く染まった)
        ………有無を言わせぬか…異邦の神性の巫女をつとめたこの身にさえ奉仕を強いるか!(悲鳴をあげる肉体に鞭打ち、弓を支えにして立ち上がる)ははっ、ははははは!!!
        そんなだから滅びるのだ!! 語るに落ちたな、伊上の旧き神性……(切り札を惜しむ余裕はない 即席の回復魔術で肉体を修復し、動けるまでに叩き直して)
        我が大神ウェスタ、不滅の篝火よ!! 消えぬ焔よ、今一度我らのゆく道を照らしたもう!(番えた弓矢から烈火が噴き出し、陽炎が立ちのぼる 高熱の大気が渦を巻く)
        真田丸吉広! 血臥崎総痍!! 仕掛けるぞ!(連携の望めそうな二人に合図して、大熱量の火炎が矢の形に収縮して放たれる まばゆく輝く赤光が大いなる神体へと降り注ぐ!)
        ああ、畏れるがいい! 慄くがいい―――お前を滅ぼすものがここにいるぞ!(小さな岩は撃ち落とし、巨岩は間一髪で避け続ける だが、すべてを捌ききれるはずもなく強かに傷を負う 血みどろの射撃戦は幕を開けたばかりだ) -- アエリア 2020-05-23 (土) 22:46:29
    • 大杭神は無数の岩石を宙に浮かせると、散弾めいて打ち放った!
      アリシアはかなりの傷を負ってしまった!
      アリシアは大杭神の頭部を攻撃!
      大杭神に痛烈な一撃を見舞った!
      大杭神が巨剣を掲げると、大地からいくつもの巨岩が突き出した!
      アリシアは大きな傷を負った!
      アリシアは大杭神の左脚を攻撃!
      楓と連携!
      大杭神に痛烈な一撃を見舞った!
      魂削る激戦の果て、アリシア達は作戦に成功する――
      この戦いにおいてアリシアは、
      かなりの傷を負いながらも、
      優れた活躍をした! -- アリシア 2020-05-23 (土) 22:07:53
      • ────おい、神。お前の一撃を受けてやる。(表情を歪めて)実はな? さっきの攻撃ついでに概念を操作させてもらった。
        『お前の生命力は減衰する』『お前の攻撃はアリスに届かない』など……まぁ5種類くらい概念を書き換えた。
        (話している最中に岩石を全身に受けて体から血を噴出させる)…いいだろう。私の番だ。
        (頭の上に黒い破壊力の塊を創造し)まずは最大火力でお相手だ!! ケイオス・レギオン!!(黒球を放ると、神なる存在の頭部に直撃する)
        …!! 姉様!!(雪洞銚釐に攻撃が及んだのを見て気が逸れると、地面からの岩石に貫かれ)
        ……痛いだろうが…だが。(アリスの平手ほどじゃない)
        左脚だ、楓!! 合わせるぞ!!(両手に漆黒の刃を握って接近戦を挑む)食らえ!!(不滅を滅する黒刃で左脚を斬り付け)
        くっ……このままでは千日手か…(銚釐の元に走り出していく) -- アリシア 2020-05-23 (土) 22:19:30
    • 新雪降り頻る伊上山の中腹、旧社殿の境内にて、鞍馬楓達は古く由来知れぬ山神と対峙する。
      君たちの目的は陽動と時間稼ぎだ。別動隊が社殿内から御神体を持ち出し玄道がこれを破壊するまで、ここで持ち堪えたまえ!
      伊上の旧き大神、大杭神との戦闘を開始!
      大杭神の巫女たる少女の異能が発動――運命干渉による自動防御!玄道の同種の異能による対抗干渉!大杭神に働く理不尽な幸運を無効化した!
      大杭神は鞍馬楓に視線を集中させた!強大な呪圧が鞍馬楓を跪かせ、圧し潰そうとする!!鞍馬楓は軽傷を負った!
      鞍馬楓は大杭神の左腕を攻撃!大杭神の存在を大きく揺るがした!
      大杭神は無数の岩石を宙に浮かせると、散弾めいて打ち放った!鞍馬楓は重傷を負ってしまった!
      鞍馬楓は大杭神の右脚を攻撃!アリシアと連携!大杭神の存在を大きく揺るがした!
      魂削る激戦の果て、鞍馬楓達は作戦に成功する――
      この戦いにおいて鞍馬楓は、重傷を負いながらも、空前絶後の活躍をした! -- 2020-05-23 (土) 22:08:27
      • (総痍の背中を借り、乾坤一擲の瞬間を狙う だが)ぐぅっ、よく見てる(その狙いに気がついたのか、呪圧が身体を蝕んでくる だがこの程度、怯んではいられない)
        (総痍の進行を阻もうとした木の根を刈り取る 彼の右足への突貫に対し左側に動き攻撃を挑発 鋼の太刀が迫る瞬間)ノウマク サンマンダ バザラダン カーン(不動明王への真言を捧げ、不退転の姿勢)
        (刃が顔を貫く一瞬前、身を僅かに反らす そして神の一撃の勢いを逆利用し)陰陽交差(クロスカウンターの要領で二刀を伸びた左腕に突き立てる 衝突する運動エネルギーが神の左腕を引き裂いた)
        (手応えはよし 勢いに乗じ連撃を試みたが)ちろりちゃん!!(神の精神攻撃がちろりを蝕む 分身を放ちちろりを逃がす 彼女の手当は……他のものに任せるしかない 自分が攻め、神を守勢に回らせなければ)
        ありしあちゃん。承った(連携の提案をうけ、アリシアと同時に駆ける お互いが交差するように刃を振るう)
        ナウマク・サマンダ・ボダナン・ボラカンマネイ・ソワカ(梵天への真言が刃に銀の光を満ちさせる 反撃の石礫の嵐は強引に突破 カーボンナノチューブ製のジャケットがダメージを和らげる)
        (そしてアリシアが振るう漆黒の不滅殺しに相対するように)梵戟(ブラフマーストラ)(斬鉄剣が煌めき、銀の一閃が走る 右腕の石剣で受けようとした防御をも薙ぎ払い、両足を痛打し跪かせた)
        これで倒れるとは、思えないけど。すみかちゃん、じんくん、くらあじ、早い目に頼むよ……(動きを止めたように見える大杭神 だがまだその存在は揺るがない 御神体を奪い取るまでの時間稼ぎ、何処まで果たせたか) -- 2020-05-23 (土) 22:44:34
    • 新雪降り頻る伊上山の中腹、旧社殿の境内にて、血臥崎総痍達は古く由来知れぬ山神と対峙する。
      君たちの目的は陽動と時間稼ぎだ。別動隊が社殿内から御神体を持ち出し玄道がこれを破壊するまで、ここで持ち堪えたまえ!
      伊上の旧き大神、大杭神との戦闘を開始!
      大杭神の巫女たる少女の異能が発動――運命干渉による自動防御!玄道の同種の異能による対抗干渉!大杭神に働く理不尽な幸運を無効化した!
      大杭神が唸り声をあげると、地面から生えだした樹木の根が血臥崎総痍を巻き取り締め上げる!血臥崎総痍は大きな傷を負った!
      血臥崎総痍は大杭神の右脚を攻撃!大杭神にごく軽度の損害を与えた!
      大杭神が唸り声をあげると、地面から生えだした樹木の根が血臥崎総痍を巻き取り締め上げる!血臥崎総痍はかなりの傷を負ってしまった!
      血臥崎総痍は大杭神の左脚を攻撃!アエリアと連携!大杭神に痛烈な一撃を見舞った!魂削る激戦の果て、血臥崎総痍達は作戦に成功する――
      この戦いにおいて血臥崎総痍は、かなりの傷を負いながらも、有効な活躍をした! -- 総痍 2020-05-23 (土) 22:08:28
      • (うねる樹木。爆発的に伸びるそれは、盾とならんと前へと突き進んだ身では躱すこと敵わない、ならば)
        (盾を持たぬ左腕で根を殴りつける。僅かに軌道は逸れるも、それでいい)
        俺に対して木で挑んでくるたぁ、皮肉が効いてんじゃねーか!(べきり、と左腕が凄まじい圧力に負け…俺、肉が裂け血が溢れ出す)
        (その瞬間、左腕の異能の出力を上げる。ぶわり、と蛇口を捻ったような血が吹き出し、その滑りで左腕を引き抜く)
        (そのまま前へ、前へ駆け古き神の禍々しき右足へと、ぐるりと一回転して黒盾を真横に切るように振り抜いた)
        (久常の相殺が効いている。今度は確かな手応えがあった、が、その瞬間に、先に脱した根が追いつき、血で滑らせることなどさせぬと)
        (全身にあらゆる角度から、根が、根が、根が。体を丸め、即座に致命傷を避けるが、根は遠慮なく呵責無く、身を締め付ける)
        ぬ…、舐めんじゃ…ねぇ!!(骨が軋む。血が溢れる。それを黒盾が吸い…数十本の刃のような枝が、根に負けぬ勢いで伸び、切り裂いた)
        (何本か残る根が、男を追うも…その根は鞍馬の今を象徴する刃にて断たれのたうちまわる)
        (体の各所から、骨が幾本も折れた感触がする。痛みは早鐘のように全身を打ち、今にも気絶しそうだ。でも)
        まだ…まだ…だ!(更に、前へ。異能の出力を限界近くまで上げる。それが切れるまでは…痛みにより意識を失うことはない)
        (黛は恐らく今も三笠と計画の要を遂行しているに違いない。彼女を、返さなければ。暁に、デカい口を叩いたのだ)
        (そして、賭けたのだ、自分は久常に。勝ち目が薄いならば、それを引き上げてやると。なら)
        やせ我慢のしがいがあるってぇもんだ……!
        (突進。全身に傷を負いながらも、前へ、前へ、前へ。その時、偉大なる長命の者、しかしてクラスメイトのアエリアが叫んだ)
        (降り注ぐは山河を燃やし尽くさんとする大火。遥かなる時を超えてなお美しく輝くそれが、神の身を照らし上げる)
        (ここだ。と血に濡れた赤い瞳がぎらりと異形なりし神を睨みつける。異能を、最大限に高める。心臓の鼓動は、もはやフルスロットルのエンジンのように)
        (全身の傷から、溢れ出した血が右腕に構えた黒盾へと雪崩込むように流れ行く。そうして、男は黒盾を縦に掲げ、神の左足側から体ごと激突するようにし)
        ───おおおおお!!狂い咲けェ!!八重血紅ッッッ!!!!
        (吠えた。その瞬間、漆黒の黒盾から、ぶわりと生まれるは血のように紅い紅い花弁)
        (一弁一弁が、男の背丈を超えるような、人の命と負の気配が混ざり合って固められたかのような、大輪の華)
        (豪壮雄大なる山なれど、ひととき咲き誇る華の時には、目も奪われよう。次々生まれ花開き、香るは甘い芳しき香り)
        (触れる者全てを、儚く散らさんとする、終わりゆく限られた時を具現化したかのような…八重に重なる、梅の花弁が、僅かな時を稼がんと、古き神性を覆った) -- 総痍 2020-05-23 (土) 22:58:02
    • 新雪降り頻る伊上山の中腹、旧社殿の境内にて、真田丸 吉広達は古く由来知れぬ山神と対峙する。
      君たちの目的は陽動と時間稼ぎだ。
      別動隊が社殿内から御神体を持ち出し玄道がこれを破壊するまで、ここで持ち堪えたまえ!
      伊上の旧き大神、大杭神との戦闘を開始!

      大杭神の巫女たる少女の異能が発動――運命干渉による自動防御!
      玄道の同種の異能による対抗干渉!
      大杭神に働く理不尽な幸運を無効化した!
      大杭神は真田丸 吉広の精神に干渉した!狂える神の意識が正気を削り取る!! 真田丸 吉広はかなりの傷を負ってしまった!
      真田丸 吉広は大杭神の胴体を攻撃! 大杭神に軽度の打撃を与えた!
      大杭神は真田丸 吉広の精神に干渉した!狂える神の意識が正気を削り取る!!
      真田丸 吉広はかなりの傷を負ってしまった!
      真田丸 吉広は大杭神の右脚を攻撃! 銚釐と連携! 大杭神にごく軽度の損害を与えた!
      魂削る激戦の果て、真田丸 吉広達は作戦に成功する――

      この戦いにおいて真田丸 吉広は、 幾度も傷を負いながらも、 地味ながら有効な戦果を挙げた! -- 吉広 2020-05-23 (土) 22:16:23
      • やるじゃねえか、クロ! (それは、何度も稽古を重ねる中で、クロが掴もうとしていた力 それを見事自在に使い、一番の所でぶち当てた! クロに称賛の声をあげながら、飛び掛かる)
        (自分に出来る事は少ない 他の皆のように特別な異能も無く、強力な武器もない あるのは古く錆びついた剣術と、身体能力だけだ 大打撃を与える事は出来ないだろう)
        (じゃあなぜここに来た、と弱い心が囁く 足を引っ張り、もし死んでしまったらどうする? 相手は神だ、その一撃が致命になることは大いに考えられる)
        (なのになぜここに立つ? 此処にいつ誰よりもお前は矮小で非力な、ただの小僧であるというのに 鬼の力も削られ、蛇は神の力を取り上げられ、侍は人の身でしかない なのになぜー……) ……っ!
        (気付けば涙が流れていた、頭の中に響く精神を削り闇に落とす声 しかしそれを堪えさせる力が膝には籠った) 俺の我儘さ、全部 俺を此処にいさせてくれた友達が、したい事を助けたい
        それ、だけ、だあっ!! (神の楔を振り切る声 無理が祟り視界が真っ赤に濡れる 神経の根元からの痛みに声が上がるが、振るった太刀は神の脚を傷つける その足回りが鈍り、隙が生まれる) 先輩! (その隙に叩き込まれる呪詛 その大打撃を聞きながら少年は膝をついた)
        は、は、小鬼だって、神の足を引っ張ること位は、出来るんだ、ぜ…… -- 吉広 2020-05-23 (土) 22:28:57
    • 大杭神は神の声による咆哮を上げた!大気を震わせ、大地を揺るがし、破壊の波が一帯を襲う!
      アリスはかすり傷を負った!
      アリスは大杭神の右腕を攻撃!
      大杭神の存在を大きく揺るがした!
      大杭神は神の声による咆哮を上げた!大気を震わせ、大地を揺るがし、破壊の波が一帯を襲う!
      アリスはかすり傷を負った!
      アリスは大杭神の右脚を攻撃!
      総痍と連携!
      大杭神に重度の損害を与えた!
      魂削る激戦の果て、アリス達は作戦に成功する――
      この戦いにおいてアリスは、
      かすり傷を負っただけで、
      最大級の活躍をした! -- アリス 2020-05-23 (土) 22:23:50
      • (神の声による破壊を前に)甘い!!(自分の前に研究施設のシャッターと同じ構造の複合合金製の壁を錬成して防ぐ)
        あんまり怪我はできないからね……彼氏ぃに悪いから。(右手を浅く握ると、アリシアの異能と自分の異能が共鳴しているのを感じる)
        オーバーロード!!(異能を進化させ、自らの前に巨大なゴーレムとも呼べる岩石の生命を創造する)
        こうだよね、アリシア!! サードステージ……空論の獣・災禍(ジャバウォック・ヒューマンドゥーム)!!
        (ゴーレムは相手の右腕を殴りつけると、その役目を終えて光の粒子となって消えた)
        (再び神の咆哮、しかしそれをシャッターで防ぐと)いたた……かすり傷だけど…(顔を顰めて)
        血臥崎先輩! 私が相手の動きを止めるから!!(砂を操作して巨腕を作り、相手の右脚を掴み、共に攻撃した)
        いたた……(腕のかすり傷を舐めて)みんなは? -- アリス 2020-05-23 (土) 22:32:00
  • 伊上山の山神退治・1
    • 君たちはそば猫の一階に集まると、事情を知っている店主達から暖かな蕎麦茶と軽食のもてなしを受けた。
      やがて定刻になると、君たちは店を後にする。『息子と娘をよろしくお願いします』と丁寧に頭を下げられながら。

      一行は昨晩降ったばかりの処女雪を踏みしめながら、冬の旧参道を登っていく。
      死地へと向かう覚悟は出来ているだろうか。

      ほどなくして、君たちは旧社殿へと辿り着いた。
      朽ち掛けた木製の鳥居、もぬけの殻の神使の台座。
      そこは悍ましいほどの瘴気と神気に満ちている。

      鳥居を潜れば、そこは神域だ。
      もはや君たちに迷いはないはずだ。異界に足を踏み入れたまえ。
      -- 2020-05-23 (土) 21:01:57
      • (黒い女性用コートで身を包み、白い息を零しながら旧社殿を眺める)
        ……凄いわね。悪いものと良いものが混ざり合ってる感じ…。 -- 銚釐 2020-05-23 (土) 21:10:18
      • (程よい緊張は、むしろ実力を発揮させる。頭は冴え、気力は十分、体も冷えていない)
        では、いきましょう。
        (ひとつ深呼吸をしてから、鳥居を潜った)
        (その目的を果たすために、死地へと――) -- クロ 2020-05-23 (土) 21:10:20
      • (鳥居に踏み込む。大切なもののためにも絶対に生きて帰らなければならない)
        (久常の家族は温かい。そのピースを奪った神を、どうしても倒さなければ) -- アリス 2020-05-23 (土) 21:12:40
      • 本来は良い場所のはずなんスけどねえ…… こりゃいけん、嫌な感じッスわ (銚釐の言葉に頷く少年はたすき掛けの和服姿 腰に刀)
        (クロの呟きに頷き) 正面衝突上等 やってやるぜ! (指を鳴らして、クロの後に気合を入れて鳥居をくぐる) -- 吉広 2020-05-23 (土) 21:13:42
      • (参道を歩く男。僅かな緊張の色を表情に見せつつも、その物腰は普段と同様…いや、男を知る人間にとっては明確に違う点が一つあることに気づくかもしれない)
        (それは、いつも腰に下げている木刀が無く、その変わりに肘から指先ほどの直径の、木刀と同じ素材と思わしき、概ねひし形の形をした小型の木製の盾を背にしていた)
        (そうして、旧社殿にたどり着けば…ふ、と白い息を吐く。その息は魂が抜けているのかと思う程の、凄まじい、圧)
        ……ここにゃ地元民ながら近づいたことなかったが…正解だったみてーだな。そんじゃ…いくか!(しかし、その圧を押し退けるようにして、脚を踏み込んだ) -- 総痍 2020-05-23 (土) 21:13:46
      • (刺すように冷たい山の冷気が肺腑を侵さぬよう、細くゆっくりと白い吐息を漏らして歩く)
        (記憶の中に残っていたそれと今の姿を見比べれば、失われた時の長さに想いを馳せて)同じ神殿とは思えんな……見る影もなく寂れたものだ -- アエリア 2020-05-23 (土) 21:14:45
      • (久常に続いて鳥居をくぐる)……ふぅ…(緊張…しているな、と自覚。それは、これから神様と対峙するというところへの緊張ではなく…)
        (己の異能を、開放することへの恐れ…仲間へは。この力を向けてはいけない…大丈夫だと、思うのだけれど。) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 21:15:28
      • 怯懦と慢心は捨てろ。ここからは覚悟のみが道を切り開く。
        ……姉様は私が守る。(訃を知らせる黒装のまま銚釐に目を向けて)みんなも無事に切り抜けよう。 -- アリシア 2020-05-23 (土) 21:16:57
      • ……そうね、頼りにしているわアリシア。…でも、私も戦う。久常君の妹を助けたいって気持ちは本物だから…(神域……気配がビリビリする)
        (…ふと、りゅーちゃんや…なぜか、有名の近くにいるときの様な感触を得た) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 21:18:37
      • (伊上山の旧社殿 一度山に上り遠巻きから気配を望んでいただけだが、それだけでも強い圧力の陰気を感じた)
        (直視するのはこれが初めてとなる ……ここで怖気づいてはいられない 如何に相手が強大な土地神であろうと、クロの妹を取り返すためには打ち破らなければ行けない敵)
        まさか本当に山神と敵対することになるとは(修験者として敬うべき自然の神 しかし人に仇なす存在を放置も出来ない 皆に続き鳥居を潜り、異界へ踏み出す) -- 2020-05-23 (土) 21:19:40
      • (人の気配は絶えて久しく、ここには神寂びた気配だけが満ち満ちている ただ人知れず在るということ、その孤独にはどこか思うところもある様で)
        最期はおのれのエゴに滅ぼされるか まるでヒトのようなことをする……ついでに躊躇も捨てるがいい、アリシア・アンダーソン あれは私ほど優しくはないぞ -- アエリア 2020-05-23 (土) 21:21:19
      • 君たちが神の領域に足を踏み入れると、そこが異界であることが肌で理解できたことだろう。
        濃密な神気と瘴気が、意識すら蝕むように肌に触れる。
        その肌感覚の後、そこではじめて、社殿の前に、一人の少女が立ち尽くしているのが見えた。
        白無垢の衣装に、一振りの剣。純白の髪。同じく純白の猫の耳と、二本の尾。
        黄金色の双瞳は虚ろで、何を映しているとも思えなかった。

        「深白!!」

        久常玄道が思わず叫ぶ。
        少女の瞳が僅かに感情の色を取り戻して動き、頬を一筋の涙が伝う。
        しかし、それもその一瞬限りのことだった。

        「――かみが、おいでになります」

        旧社殿の扉が開く。
        さらなる膨大な神気と瘴気が溢れ出た。
        -- 2020-05-23 (土) 21:23:35

      • 闇の奥から、瞳が覗いている。
        人の眼を直角に捻ったような、縦に割れた双眸がふたつ。
        片方二尺はあろうかという、藍鉄色の巨大な眼は、悍ましいほど純粋無垢に澄み渡っていた。

        一拍遅れて、ぞるり、と。
        闇の奥から、神の肉体が露になる。
        それは、奇怪極まる異形であった。
        例えるならば、虎と蜥蜴とかみきりむしを無邪気にこね混ぜて、そこに人間を交配させたような。
        それはもはや、およそこの世のいきもののどれにも似ていないなかった。人の手足を幾百幾千と捻じって縒り合わせたような、歪な四肢。
        尾らしき器官が二つ、稲妻状に折れ曲がりながら、地を這っている。
        右腕に相当するであろう部位には石の剣。左腕に相当するであろう部位にはかつて奉納されたものと思しき鋼の大太刀。
        この真の名すら失われた最古の神の一柱が、戦いに臨むべくして現れたのは明らかだった。

        神は言葉を発さない。

        ただその澄み切った眼が君たちを捉えると、
        君たちは心の底から身を震わせるような悪寒と重圧に苛まれる。
        それは、身に刻まれた根源的な神への畏怖心だ。

        君たちはこの感覚に耐えながら、これからこの神性――大杭神に立ち向わなければならない。

        まずは陽動だ。奪取班のために、この神の注意を完全にこちらに向ける必要がある。
        早速、挨拶代わりの一撃を見舞いたまえ。
        -- 2020-05-23 (土) 21:24:31
      • ……人の心、か………(怪異である自分や姉様にもある、久常玄道とその妹を助けたいと思う心)ああ。頼りにしている、姉様。
        ……そうだな。(アエリアに頷いて)世には数多の道があれども、己が足で歩める道は一つ。なれば、神殺しの道を漫ろ行くも一興。
        来るぞ。(その瞳に射竦められれば、表情を強張らせる)こ、これは……
        私は神殺しをしたことがある。したことがあるが………ここまでの濃密な存在を保った神と戦ったことはない…!!
        (守れるか? 守りきれるか? 姉様を、あれから!!) -- アリシア 2020-05-23 (土) 21:28:38
      • (現れた異形への、根源的な恐怖。怪異という、人非ざる身だからこそ感じる重圧は強く。だが…ああ、だが)…負けない。(その瞳に秘めた決意は、揺るがず)
        (攻撃の手段はない。雪洞銚釐という怪異に、直接的に相手を攻撃する手段はない…出来ることは、己の存在の濃度を変えることと、外見を変えることと、そして)……(心を持つものを、操り殺す)
        (『人心掌握』をその異形へ向けて発動。相手から見れば雑多な集団の内、ただ一つだけ…雪洞銚釐への心配、という名のマインドコントロール。これは、意志を持つものならば抗いがたい感情操作)
        …貴方は私たちを殺さない。害することも躊躇う。動かない。息をしない。命を長らえない。…己の存在を否定する。(呪詛を紡ぐ。全てが通らなくても、少しでも阻害になれば十分。あとは、頼れる学友たちが何とかするだろう) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 21:31:58
      • うわっ 気持ち悪ィ! ……神様ってなぁ随分と不安定な生き物らしい 間違いない事と言えば……やる気満々って事だけだな! (刀を抜き払い構える クロが嫌と言うほど稽古で向き合った八双の構え)
        (ふぅぅ、と細く吐いた息がたなびき、そして、疾駆はそれを一瞬で置いていく 一撃、二撃、神殺しに躊躇いはない、何故なら) 俺の一部は、もう一回神様喰らった事があるから、な! (三撃 刃物の振るいも堂にいったものだ 怪異殺しの太刀筋) -- 吉広 2020-05-23 (土) 21:33:34
      • (全身が総毛立つのを抑えながら、巨大な神のプレッシャーに抗う)
        (抗えるか、答えは是だ。深白の姿を見た。深白が無事であるのを見、その瞳から涙が零れるのを視た)
        (その光景が、玄道を奮起させる)
        射程があるので、先に仕掛けます。
        (視線には気を払うべきだ。神の眼球を狙い、目くらましに無数の、漆黒の妖力弾を放つ) -- クロ 2020-05-23 (土) 21:34:29
      • アリシア!!(足元に手を置いて)肩の力を抜いて、リラックス!!
        (怖い、けど。恐怖に震えたまま戦ったらアリにだって勝てはしない)
        いっくわよー!!(足元から毎分3,900発の銃弾を放つ機関砲、GAU-99『Strider』を錬成し)
        (神なる存在に銃弾を浴びせた) -- アリス 2020-05-23 (土) 21:36:37
      • (クロの妹……深白が姿を表したのを見、息を呑む 神域に囚われまだ生きていたとは)
        (その幸運を噛みしめる余裕はない 即座に顕れた神の気配 崇められることのない神 荒御魂とした神の異形)
        (畏れ。大いなるものを目前にした小さきものの心の弱さ。 だが、ここで引くことは出来ない 後輩の幸せが掛かっている)
        オン・ベイシラマンダヤ・ソワカ……(戦いを守護する毘沙門天の真言を唱え、二刀の脇差を抜く 右は稲荷大明神の加護を受けた小狐丸 左は超硬合金(タングステンカーバイド)で鍛造され仮面のヒーローに名を受けたリアル斬鉄剣)
        (神に通じるかはそれでも不安が残る が、やらねばならない)お覚悟を(印を組み己の分身を発し取り囲む)
        (そして360度あらゆる方向から斬りかかる)しぃっ(刃の嵐を生み、包囲 囲みきれない部分は仲間がカバーしてくれる 当てないように留意しながら少しでも刻め、と) -- 2020-05-23 (土) 21:37:00
      • …言われずとも!(右手を開いて)空論の獣・起源種(ジャバウォック・オリジン)!!
        (闇を削り出したような黒の槍が周囲から錬成され、神に向けて硬質に伸びた) -- アリシア 2020-05-23 (土) 21:38:13
      • (かつて在りし人々の思念や想像力が生み出した複合神性 その容貌は異様にして魁偉そのもの 全容をうかがい知ることさえ容易ならぬ相手を見据える)
        人とのつながりを失い、完全なる神秘に昇華されたか……いいや、堕ちたと言うべきか! 皮肉なことだ!!(異邦の神性に由来する高速詠唱、光り輝く弓がその手に顕れて)
        落魄せしテウルギアの余技、その一端を見るがいい お前の神話は今日終わる!(開戦を告げる鏑矢が一矢、強弓を引き絞って虚空へと放つ 風切音にも似た高音が神寂びた戦場へと木霊する) -- アエリア 2020-05-23 (土) 21:38:39
      • (禍々しいその姿。いや、これを禍々しいと感じてしまうことこそが、所詮矮小なる人間の感性なのだろう)
        (神はただ、あるもの。怪異ではない古き神々なのであるならば、それはヒトの思念で芯を造られし存在ではなく)
        (つまりは、恐らくはこの山そのものを象徴する存在。何故ならば)
        …ぬっ…く……っ……ヤベぇ、ヤベぇなこりゃぁ…!(まるで山が丸ごとのしかかってくるようなその重圧。それが何よりの照明)
        (しかし)……賭ける目があるなら…!賭けねぇ手はねぇよなぁ!(久条の、妹。彼女は確かに生きている。そして彼の言葉に、煌いた涙)
        (なら、前へ進まぬ道理はない。異能発動。心臓が、激しく脈打ち出す。己の手を噛み切る。溢れた血が、構えた木盾に吸われる)
        突貫ッッッ!(黒く染まった木盾を構えて、放たれた射撃に続くように走る。そうしてその黒盾で勢いのまま横殴りに大杭神を殴りつけた) -- 総痍 2020-05-23 (土) 21:40:50
      • 銚釐の精神操作は、果たして手応えは無い。神の精神があまりにも異質すぎることに起因するのか。逆に、僅かでもその異形の精神と繋がったことによるフィードバックが銚釐を襲う。

        そして。吉広の太刀筋は神を捉えない。
        総痍がその疾駆の途中、わずかに踏み抜いた雪の下の小石が、二人の体をぶつかりあわせて、その太刀筋を歪ませ、盾は神の身体を捉えない。
        アリスの銃口がぶれ、玄道の呪力弾を機関砲で叩き落す。
        楓の放った風の刃は僅かにも神に触れず、空に放たれたアエリアの鏑矢は、一羽の烏を捉えて地に落ちた。

        ――大杭神に当たるはずの攻撃の悉くが、理不尽なまでの偶然によって弾かれる。
        巫女の仕業だ。
        神気によって増幅された異能、運命を操り幸運を齎す異能が、巫女自身と大杭神の両方を守っている。
        -- 2020-05-23 (土) 21:44:11
      • この理不尽に対抗しうる存在は、果たして一人しかいなかった。
        同種の異能を持つが故に、そのことに気づいた久常玄道が前に出る。
        『運命干渉』の異能による相殺を試みて。

        「僕の今の力よりずっと強い……でも」

        深白の姿を目の前にした。そのことが、玄道の総身に力を漲らせていた。
        今の自分の異能では限界があるというのなら、今、この場で限界を超える――!!

        「『運命操作――惹禍!!』」
        -- 2020-05-23 (土) 21:46:07
      • ……っ(ずき。…脳内に強く、痛みが響く。通じなかった…というよりは。相手の精神の異質さが、「心配」という根幹へとたどり着かなかった、か?分からないが…)……(ふらつきかける足を、抑える)
        …(相手はただの神ではない。確か倉守君が言っていた…異形化したものだと。となれば、さらなる力で掌握をかける必要がありそうだ。私は、諦めない) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 21:47:21
      • (鏑矢は何かを射るためのものではない かつてもののふたちがしたように、戦場に「音」をもたらすための道具だ しかし、周りの有様はどうだ)
        あれは『柱』だ 伊上の地に息づく数限りない神秘、怪異なるもの その幻想を紡ぐ力の淵源のひとつでもある……ゆえに、倒してはならぬ
        だが、倒さねばならぬ(矛盾することを口にしている 神話とは往々にしてそういうものだ)雪洞銚釐、あれに何ごとかあればお前も影響は免れぬだろう -- アエリア 2020-05-23 (土) 21:50:20
      • 姉様!(駆け寄って傍に立つ)大丈夫か、姉様。あれほどの存在の精神に接続するのは、やはり…!
        (最悪の結末が脳裏を過ぎる。これが、仲間と共に戦うということか)
        (だが)負けてはいられない……私はアリシア・アンダーソンだぞ…!!(己をこの場に立たせる矜持に賭けて) -- アリシア 2020-05-23 (土) 21:52:10
      • すまん真田丸!!……が、チッ、厄介だなこりゃあ!!(空振りの後、素早く後退。あわよくば全面で奴の攻撃を引きつけようと考えていたが、それは危険だ)
        (明らかに、今の攻撃の失敗は尋常の手段ではない、それを打ち破れないまま神の前に居ることは死を意味する)
        (…が。久常が前に出た。彼ならば、この計画のために心血を注いだであろう彼ならば。それを信じ、握った拳の力は、未だ強く) -- 総痍 2020-05-23 (土) 21:52:45
      • そう…かもしれないわね。土地に基づく怪異ではない私でも、影響は出るかもしれない。
        …けれど関係はないわ。私たちの目的は、奥のあの子を助けること。そのためなら私は…まだまだ、やれるわ。(次は、もっと強く。…存在の定義を割り振る。相手の死と、自分の死を天秤にかけてやる)
        (「無理しないでね」)……(と、誰かが言っていたのを、思い出そうとして。やめた) -- 銚釐 2020-05-23 (土) 21:52:59
      • ガトリングの弾丸がまるで曲がっているみたいに感じるわね…!!(固定砲台に居座るのは危険と判断してガトリングを分解して)
        久常……(その後姿を見る。限界を超える友人の姿を) -- アリス 2020-05-23 (土) 21:54:56
      • っと、ちがちゃん先輩ビビってるんスか? (よろけてぶつかる二人 にやりと笑って、しかし、ぐっと支える) なんて、良かったッス、俺も転ぶところだったんで助かりました
        あいつ、なんか刀が当たんないんスよね……やっぱこう、神様バリア的な…… クロ! (前に出た友人の背に声を投げ、) あれは、もしかして……!! (二人で稽古をしていた時に話した、さらに上の段階の力?!) -- 吉広 2020-05-23 (土) 21:56:22
      • く……!(当たらない どれほど包囲を縮めても既の所で神の身体を捉えきれない 防がれてすらいない 斬撃が空振る運命を辿らされている これは尋常の事態ではない)
        (運命を操る異能 クロの不運操作の事を鑑みればその要は)みしろちゃん……!(囚われ巫女となった彼女か)
        (今限界を超え、運命を手繰り寄せようとするクロに委ねるしかない)お願い、頑張って(強く声を掛けることしか出来ない)
        (しかしうまくゆけば戦闘は人の領域まで降りてくる だから策を練る)そーいくん、次の突破、君の後ろ借りていいかい(敵を惹きつける役を買ってでた総痍の後ろに立つということは敵の攻撃を浴びる危険性を帯びる それをおして尚策があると) -- 2020-05-23 (土) 21:59:38
      • 巫女は一人だけか……?(黛墨薫の母がここにいる可能性を考えていた 久常兄妹の力がせめぎ合う姿を見守りながら、見落としはないかと戦場の隅々にまで気を配る) -- アエリア 2020-05-23 (土) 22:01:17
      • へっ、俺ぁ万全だが靴の裏がビビっちまったよ!(などと真田丸に軽口を返し)
        おう!なんか手があるなら幾らでも背中ぁ貸すぜ鞍馬!(彼女がそう言うのならば…何かある。盾を前方に構え…更なる異能の出力強化。後ろには、手は出させない、と) -- 総痍 2020-05-23 (土) 22:04:36

Last-modified: 2020-05-24 Sun 01:00:43 JST (735d)