• ばーちゃん 押し倒します -- 2008-05-01 (木) 17:30:56
    • なかなか元気のある冒険者じゃなっ!ふははは!!よし来ぉーいっ!!
      実はわしの筋力は118じゃぞーーーーっ!!
      (最大威力の炎の呪文を準備しつつ)
  • http://misokkas.hp.infoseek.co.jp/gol/mekura2_2.jpg
    (秒数下一桁1,2:プレーン、3,4:苺、5,6:バナナ、7,8:唐辛子、9,0:狙い通りの味)
    ばーちゃんつえー…ばーちゃんつえー! これ手作りちょこましょまーろだぜー、くってくれ! -- ビコウ 2008-05-01 (木) 06:59:35
    • うむっ!バツゲーム的なのはそれにふさわしい者が食べればよい。
      わしはじっくりビコウの坊ちゃんの心を賞味したいでな。
      どれ…さっそくひとついただいて………ぶぉふぁっ!!!!??
      (誤って混入したであろう唐辛子入りを食べて、顔を真っ赤にし、涙の浮かぶ両目をまんまるに見開くペリル)
  • ペリルさん歴戦になったんですか・・・おめでとうございます(コメント欄のレイプされ具合に笑いを抑えつつ)
    ふふ、ははは・・・んっ(咳払いし、口を閉める)久しぶりなのでカニ鍋セットをどうぞ。年をとっても変わらぬ姿で強靭な魔力。想像もできません・・・本当 -- アインレス? 2008-04-30 (水) 20:35:30
    • 長かったような、あっという間だったような…正直、わし自身もピンと来んのだがの。
      歴戦などと言われてもな。
      とはいえ…自分でも思っても無いところ、どうやらこの身体は思いのほか先の、さらに先の冒険をまで求めておるようでな。
      …ふふっ、まだまだ休めそうにはないわ。

      ん。今日はありがとうな、ゼロ坊。これからもよろしく頼むの。
  • メリークリスマス、ペリル・・・おめぇが好きだって聞いたからよ
    10個ほど買ってきた
    まぁ、おやつにでもするといいぜ・・・最近あまりいねぇみてぇで・・・
    (寂しい、と言おうとしたが、押し止まり、床にゴロリと寝転んだ) -- ベアウルフ 2008-04-28 (月) 02:51:24
    • めりーーーーーさぷらーーーーーーーーーーいずっ!!
      (寝室のドアが勢いよく開き、クリスマス衣装のペリルと阿部山がクラッカーを鳴らしながら入ってくる)
      (しかしそこには狼の巨体も赤髪の少年の姿も見えず、キョロキョロと首を振れば横になっているベアウルフと目が合う)
      (その若干寂しげな瞳を見て「これは失敗したかもしれん…」と動きと表情が固まるペリル)
      • ・・・(ペリルと目が合うと暫くの沈黙)ククっ・・・クッ・・・ハハっ・・・ハハハハっ
        (自分の気持ちとは別に、明るく振舞うペリルの姿を見、寂しい気持ちなど吹き飛び、笑いがこみ上げてくる)
        よぉ、ペリル・・・似合ってるぜ・・・(のっそりと起き上がると、口を大きく歪ませて、楽しげな笑顔を向けた) -- ベアウルフ 2008-04-28 (月) 03:46:15
      • …あ、あははは……はは……………ははは……
        (ベアウルフにつられ、多少ぎこちなさげに笑うペリル)
        (似合っていると言われれば、少し困ったような笑みを見せて)
        べ、別にこんなものが似合っていると言われてもな…
        (上目になり、頭にちょこんと乗った紙製のとんがり帽子をツメで撫でる)
        (しかしなんにせよ目の前の男を笑わせられたことは嬉しいらしく、ほんのりと白い頬が染まっていく)
      • (はにかみ、少し困った風に笑うペリルを見つめながら、少しだけ心が温かくなる)
        ペリルは何をつけても似合うからよ・・・へへっ
        (染まる頬を、ペリルの顔をいつまでも見つめていたい気持ちになる)
        っとそうだ、食おうぜプリンをよ・・・俺も喰ったことねぇんだよ牛乳プリンって奴は・・・俺がこんなの買うとアレだからって理由でよハハっ -- ベアウルフ 2008-04-28 (月) 04:29:17
      • …ばっ…ばか……そんなこと言われても………………ちっとしか嬉しくないわ…
        (我ながら単純。そうは思いつつも、やはりその一言はどうにも心に響き、ペリルの頬はさらに色を強くして)
        そ、そうじゃな、お前がせっかく買ってきてくれた騎士プリンじゃ。
        ただでさえうまいプリンが、倍、うまくなるに決まっとる。
        ふふ、男だからと甘味を遠慮する必要などないとわしは思うがの。
        ささっ、ではいただこうか。
        (気恥ずかしさを取り繕うように、早口気味にそう言うペリル)
        (そしてプリンの蓋を開けてベアウルフに渡すと、自分もひとつプリンを取り蓋を開けた)
      • んっ・・・そうか・・・・・・・・・へへっ・・・(言動と行動がチグハグなペリルの姿が微笑ましく思う)
        それじゃ喰うとすっか・・・甘いのは果物くらいしかくわねぇからな俺はよ・・・まぁ、甘いのは実は好きなんだぜ
        (騎士の顔がプリントアウトされた容器に少し食欲が沸かなくなるが・・・蓋開いてるし問題ねぇかと思う)
        ・・・中は普通だな・・・良かったぜ -- ベアウルフ 2008-04-28 (月) 04:56:19
      • そーかそーか。…ふふっ、そういえば昔はお前によくリンゴをもらったもんじゃったの。
        何年も前のことなのに、ついこの間のように感じるわ……
        …あのときはこんなふうに、肩をならべてクリスマスを過ごすなどとは思っておらんかったなぁ…
        (しみじみと語るその顔は、懐かしさの中に楽しかった思い出、悲しかった出来事、それらが混ざり合ったもので)
        うむ?どうしたベア?プリンとにらめっこなぞしおって。
        んふふ、騎士プリンはパッケージングの秀逸さのみならず味のほうも◎◎◎◎◎なんじゃぞ。
        安心して栄養を補給するといい。
  • |
  • (蟲姦…あ、いやない!) すいません、部屋を間違えたみたいです… -- ハウ? 2008-04-24 (木) 13:39:08
    • …ふむ?まぁ間違いは誰にでもあるもの。
      気にしなくてもよいからの、坊ちゃん。
  • ばーちゃんの胸が大きくならずにベアのちんこがでかくなっていったね -- 2008-04-23 (水) 12:52:26
    • ………ぅうっ!じゅっ、10年後を楽しみにしておれ!!
  • 大 -- ビコウ? 2008-04-21 (月) 17:18:40
    • 空 -- ビコウ? 2008-04-21 (月) 17:18:52
    • 門 -- ビコウ? 2008-04-21 (月) 17:19:10
      • てめぇ! -- ビコウ? 2008-04-21 (月) 17:19:24
      • もう一度!
        大 -- あいす? 2008-04-21 (月) 19:56:33
      • 空 -- あいす? 2008-04-21 (月) 19:56:45
      • 魔 -- あいす? 2008-04-21 (月) 19:57:00
      • 竜 -- あいす? 2008-04-21 (月) 19:57:09
      • ハ -- アルマ 2008-04-21 (月) 19:58:12
      • ナ -- ベアウルフ 2008-04-21 (月) 20:45:16
      • ゲ -- ビコウ? 2008-04-22 (火) 04:53:35
    • ああ……わしのコメント欄が燃えていく…
  • こんにち……あらあらまあまあ。お姉さんがベッドの上でじっとしてた間にぺリルちゃんもおめでとうだわ(ぎゅ もうあんまりこのすべすべのぷにぷにのやわらかにもあんまり触れなくなっちゃうのね…(ほおずりほおずり あ、これはお久しぶりとおめでとうとそのほか色々のババロア?よ。たくさん作ってきたからベアクンと一緒に食べて頂戴? -- パンチェッタ 2008-04-19 (土) 11:25:38
    • やれやれ…相変わらずどこで話が漏れるのか…
      しかしまあ祝いごとじゃしの。うるさく言うものでもないな。
      ふふっ、ばかもん。これまでどおり接してくれてよい。
      それがわしにとっては一番ありがたいことよ。

      これからもいろいろ世話になると思う。改めてよろしくの。パンチェッタっ。
      (ほんの少し頬を染めて、そして笑顔でババロアを受け取りつつ)
  • よぉ、ペリル・・・いるか?ちょいと、大事な話があんだ・・・時間あるか? -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 20:32:38
    • んーっ、おるがのー!
      (ドアの向こうから声、そしてパタパタと足音がして)
      んふふっ、よく来たのベア。ま、とりあえず上がっとくれ。
      何か食うか?それとも茶かなにかのほうが良いかの?
      • おう、邪魔するぜ、んだな、よく喋ることになりそうだから、茶がいい
        (部屋にあがりこむと、座り込む)・・・今日は大事な話が二つあんだペリル
        突然言われて、おめぇは困るかもしれねぇが、最後まで聞いて欲しいんだ(いつになく真剣な顔で、神妙に語る) -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 20:48:58
      • うむ。ではちと待っててな。
        (数分の後、紅茶の入ったカップをふたつトレーに載せて運んで)
        ほほう、大事な話となぁ…ま、お前といて困ることは確かに多いがな、それも楽しみのうちだとわしは思っておるぞ。
        無論、最後まで聞くと誓おう。
        (口調こそ明るいものの、その目はベアウルフをしっかりと見つめ、話を聞く準備を整えている)
      • 一つ目は、悪い話だ・・・いや、悪いと思ってるのは俺だけで、お前がどう受け取るかは・・・わからねぇが・・・
        兎に角、ペリル、おめぇには話しておかねぇといけない話だと思ってよ・・・
        ペリル・・・おめぇは、前、俺に、俺にあって欲しいと、自分に縛られないでいて欲しいと言ってくれたのを・・・覚えてっか? -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 20:59:55
      • もちろん忘れてなどおらん。わしの心からの願いだ。忘れるはずがない。
        (そう言うペリルの顔は、ばつの悪そうなベアウルフを安心させるかのように、慈しみのある笑顔に変わる)
      • ああ言ってくれたのが、本当に嬉しかった、俺は・・・本当に嬉しかった
        (くぐもった声で、搾り出すように、言う)
        だが、俺は自由に生き過ぎたかもしれねぇ、お前に、謝りたいことがある・・・
        お前と出会う前にもなかったことじゃねぇが・・・

        ・・・別の女を孕ませた -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 21:12:44
      • ………………………………………………………
        ………………………………………………………
        ………………………………………………………
        ………………………………………………………
        ………………………………………………………
        ………………………………………………ふぅん
        (笑顔が貼り付いたものに変わったような、そんな印象を狼は受けるだろうか)
        (長い沈黙の末、ペリルは一言、相槌を打つ)
  • グっ・・・(喉から声が漏れる)
    俺は狼で・・・自由に生きると・・・こうなる・・・
    相手の女は泣いていた、昔なら、それこそ、逆に笑えた下衆だったが・・・
    なんだろうな、こっちに来て、お前に会って・・・いろいろ変わっちまったのか・・・
    心苦しくなっちまってよ、相手の女とも話した、産むそうだ
    だが、もちろん、俺に愛はねぇらしい、産むのも、殺したくないからだ、そうだ
    愛情はないが、友情はある、とも言われた、だから、俺はガキの責任だけはとりてぇと思っている -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 21:21:34
  • ふん、まったくお前というやつは……本っ当に馬鹿な男っ!!
    (うってかわって、今にも大笑いしそうなにやけ顔で)
    それでは二流三流の、どこにでもいる女たらしと変わらぬではないか。
    身体を奪っておきながら心を置いてけぼりにするから、そんなことになる。
    それでお前はいいのか?ともすればその女、幸せにできるのはお前だけなのかもしれんぞ?
    お前の懐はわしを抱くので精一杯かベアウルフ?わしの見込んだ男よ。
    …お前がその女にしてやれることを、そのすべてを精一杯してやるといい。
    愛情でも友情でも、なんでもな。
    お前はそういうことのできる男だと、わしは思っているぞ。
  • ぐぅ・・・ペリル・・・やはりお前は・・・いい女だ、攻め立てられ、絶縁すら叩き付けられる覚悟だったのだが・・・
    だが、おめぇの言うとおりだ、俺は、俺なりのやり方で、アイツに責任をとりてぇと思っている
    もしかしたら、これからも、こういうことがあるかもしれねぇ・・・
    俺が自由に生きるってことはこういうことだ・・・それでも愛想を尽かさぬと、俺の巣で居てくれるというならば・・・
    もう一つだけ、聞いて欲しいことがある、許せねば、愛想を尽かすならば、ここで話は終わる
    (より一層、真剣な面持ちになり、覚悟を決めたという様子で、ペリルの双眼を見つめる) -- ウィル 2008-04-18 (金) 21:47:37
  • 愚問も愚問、今更だの。
    見てくれはいかんともし難いがな、ただ童女のように夢見るだけの女ではないぞわしは。
    そして己の発言に責任を持たぬ女でもな。
    いつまでも変わらず、わしはお前の居場所であり続ける。あり続けたい、そう言ったはず。
    ……あまりこういうことを言わすな…わしとて、やはり恥ずかしくないわけではないのだ…
    (わざとらしいほどに顔を染めつつうつむき、そして向きなおし)
    ほ、ほれっ、それで次はなんじゃ?酒場でも燃したか?それとも実は女だったとかいう話か?
    今日のわしは、大抵のことには驚かんぞ!
  • 他の場所でよ、クズを見たんだ、愛が半分に別けれるとほざく、奴がよ
    下衆だ、外道だ言われてきた俺だが、俺の親友に、甘い、綺麗な、耳に心地よい言葉を吐きながら
    自分に向けられる、他の愛情があるとしれば、その愛情を半分に割って、別の奴に向けれると、平気でいうクズがよ・・・
    怒り狂い、そいつの家に殴りこみ掛けちまったよハハっ・・・まぁ、そこらの話は話すと長いから省く
    話したいってのはこのことじゃねぇ、そいつを見ていて、一歩間違えば、俺もコイツとかわらねぇ、腹の底から腐ったクズになっちまうと思った

    だから、俺は、俺なりの責任を、お前に相応しい男になりてぇ・・・そしてずっと俺の巣でいて欲しい

    ・・・俺の妻になってくれ・・・ペリル・・・俺が帰るべき場所、俺の・・・巣・・・
    お前が自由であって欲しいと願うとしても・・・俺はお前の所に必ず帰ってくる
    必ず帰るために・・・俺の責任をとりたい、お前を俺の妻としたい -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 22:02:53
  • (ベアウルフの言葉に目を白黒させつつ、わけもなく右を見たり左を見たり、顔をツメで被ったり)
    (そんな一人芝居がしばらく続いた後、肩をすぼめ、うつむきがちにベアウルフへと視線を向けて)
    いやはや…………まったく…これはその………ははは…
    いつか言ったかどうか…わしらの種族の間では、まず少なくとも結婚は40過ぎてから、
    普通は60くらいからが適齢とされておるんじゃけど……
    でもその、いやな、うん…あはは……なんて言ったものか……………
    (ペリルの目にはどんどんと涙が溜まってゆく。口の端がふるえ、鼻が通らなくなる)
    (そしてついに一筋、頬に涙が流れると、後はもう止まらない)
    (くちゃくちゃの笑顔をめいっぱいに輝かせ)
    …うれしい…っ……べあぁっ!うれしいっ!うれしいよお…っ!!べあっ…あはっ…べあぁ!!
  • ・・・おうっ・・・俺も・・・俺もだペリル・・・
    (涙を流して喜んでくれているペリルを、太い腕でゆっくりと抱き上げ、壊さぬように、それでもめいいっぱいの、愛情をこめて、抱きしめた)
    俺の妻になって・・・いづれは俺の子を産んでくれペリル・・・きっと俺は・・・お前ほど長くは生きられねぇ・・・
    どんなに長く生きても、100やそこらには死んじまうかもしれねぇ・・・
    今はまだ・・・子は成せぬとも・・・いづれは・・・まだ時間は沢山ある・・・
    お前の長い時を、共に歩み、子を成し、俺が死んだあとも寂しくないように、子を、孫を、お前の命尽きる日まで、寂しくないように・・・
    ・・・これが俺の責任のとり方だ・・・俺が愛した女にやってやれる、精一杯の責任だ -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 22:44:45
  • ……べあっ…おまえの…おまえのような男のそばにいるからには…ぐすっ…半ば、あきらめていたのだがな…
    …おまえこそ、そうだお前こそ、わしのような面倒な女でいいのか?
    つがってしまえば…それこそわしは、お前を放しはしないぞ?
    そうなってしまえば、重荷になっても離れてやることなんてできんのだぞ?
    なあベア、いいのか?それでもいいのか?
    (とめどなく溢れる涙、愛する男の腕の中で、言葉とは裏腹、ペリルはただひとつの答えを望みながらまくしたてる)
  • 小さい体に、大きな心を持つのがおめぇなら・・・俺の太い腕で、大きな体で・・・お前の重荷も全て背負える男になりてぇ・・・
    だから、そんな不安そうな顔すんじゃねぇよ・・・へへっ・・・
    放さないように、しっかり俺を鎖で繋げるくらいの・・・いい女だってことだ・・・おめぇはよ・・・
    ・・・まぁ、それでも結構フラフラ俺はどっか行っちまうかもしれねぇが・・・最後に帰ってくるのはお前の所だ・・・それだけは約束するぜ
    だから、俺の妻に・・・なってくれるか?(もう一度だけ、問う、最後の確認とばかりに) -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 23:02:38
  • 人生ただ一度きりのこの日だというのにな…何も気の利いたことが言えん……
    (涙の味のするキスを、触れ合うようなキスを狼の大きな口先へと交わし)
    …これが答えだベアウルフ。わしはお前の妻に…いや、わしをお前の妻にしとくれ。
    しかし今すぐにとはいかぬ、一族の顔は立てねばいかん。
    けれどそう、わしが40になったら、その誕生日にすぐにでも一緒になろう。
    ふふっ……そうしてお前と過ごす幾千万の夜は、きっと楽しいだろうな…
  • あぁ・・・40くらいまでなら、待てるさ、俺だって心はお前にだけは広いつもりだからよ・・・
    お前が知らぬことも、俺は沢山教えてやる、お前を退屈などにはさせねぇからよ・・・俺が退屈しないためにも色々教え込んでしまうかもしれん・・・
    ははっ・・・色々、ない頭使って考えて言ったらよ・・・俺はぁ疲れちまった・・・
    酒とカニでも喰うか?まだ夜も浅い・・・2人きりで・・・ゆっくりとよ・・・ -- ベアウルフ 2008-04-18 (金) 23:17:58
  • 郵便でーす(招待状が届きました) -- ゴルロア郵便? 2008-04-17 (木) 08:08:21
    • ほう…最近はめでたい話も多いのう。
      はぁ…それに比べて……なんて言うのはいかんよな。はぁ。
  • トロルもやれるんですね・・・凄いなペリルさんは・・・後続の冒険者達にペリルさんの強さを見せて活気付けさせたいものですね -- アインレス? 2008-04-14 (月) 19:30:06
    • わしなんかで皆の手本になれるかどうか…
      ま、こんなわしでも頑張っとるぞ!というのを見せるにはいいかもしれんがの。
  • 来月一緒みたいなんでよろしくー。
    ……。(ムカデやトカゲ相手ならまあ難なく連れ帰って来れそうね) -- ライカ 2008-04-12 (土) 15:30:38
    • いやはや遅くなってしまってすまんの。
      ふふっ、まぁ大したことのない依頼でよかったというところじゃな。
      ん。いずれきちんと挨拶に寄らせてもらうぞ。
  • http://notarejini.orz.hm/up/d/hero22062.png <ロボかな -- 2008-04-11 (金) 21:46:44
    • ほほう、なかなか心くすぐるデザインではないか。
      どれ…ちとこの辺にでも…
  • っ スピリタスをどうぞ -- 2008-04-08 (火) 17:46:43
    • (一息でぐいいっと飲み干して)
      っはーーーーーーっ!!んふふ、たまにはこういうのも…っく。悪くないの。
  • お久しぶりです、お婆ちゃん。お元気ですか?わたしは元気で、幸せです。どうかご心配なさらずに。? -- 南方からの手紙? 2008-04-08 (火) 07:08:57
    • そうか………………………アミィ、そうかぁ……
      (涙を拭いつつ、今は遠く離れた場所で暮らす少女を思い)
      ふふっ…そうかそうか…アミィ、達者でな。ああ、心配せんよ。
      幸せに、いつまでも幸せにな。わしはここから、アミィの幸せを祈っておるよ…
  • よっペリル、冒険6年目と、誕生日おめでとうさん・・・
    最初見かけたときはよ、こんなちっけぇからだで、さっさと野垂れ死ぬタイプかと思ってたがよ・・・
    流石は蟲人と言ったとこだよな、耐久がすげぇすげぇ・・・
    やはり心配っちゃ心配だが・・・このまま長生きしてくれよ
    ほれ、長寿を祝うために、桃を山ほどもってきてやった、へへっ・・・一緒に喰おうぜ -- ベアウルフ 2008-04-07 (月) 23:40:26
    • 遅れてしまってすまんな、ちと今日は身体が重くての。
      ふふっ、わしとてこう長く冒険の日々を送るとは夢にも思ってなかったわ…
      色々なものを見、感じることができるからこそなんじゃろうなぁ…今年もちゃぁんと帰ってくると誓うぞ。
      うむっ、ではせっかくの甘そうな桃、戴くとしようか。
      • 無茶すんじゃねぇぞ?季節の変わり目だ・・・体調が悪くなることもあらぁ
        疲れたときこそモモだ、リンゴの次に俺は好きだぜ桃はよ・・・これより甘い果物はねぇんじゃねぇかってくれぇだ
        ハチミツ漬けのスライスした桃とかよ・・・最高だぜ? -- ベアウルフ 2008-04-08 (火) 02:37:07
      • (手近な桃を取り器用に皮を剥いて一口かぶりつき)
        …うむうむ……ん。ふふふっ、うまいうまい。
        邪気を払い長寿を呼び込む…こんな日にはうってつけだな。んむんむ。
      • ・・・おめぇの手は便利そうだな、ナイフの変りにもなりそうでよ
        俺の爪は深く食い込ませて肉を削ぎ取るには便利だがよ・・・細かい動きには不便でな
        (ペリルの横に座り込み、皮がついたままの桃をヒョイっと口に放り込み、一口で飲み込む) -- ベアウルフ 2008-04-08 (火) 02:54:39
      • これベアぁ、言えばわしが剥いてやるというのに。
        まったく…野生味というのかせっかちなのか……
        (ぶつぶつと呟きながら、皿の上に剥いた桃をコロコロと載せていく)
  • おっと・・・すまねぇな・・・(皮を剥くペリルに・・・えも知れぬ感情を覚えつつ)
    ・・・皮剥くの上手だな・・・(頭をポフポフと撫でまわす、自分の手の平に収まってしまう、小さい蟲人の少女が愛しくてたまらぬといった様子だ) -- ベアウルフ 2008-04-08 (火) 03:11:05
  • ふふ…森では硬いものからやわらかいものまで、幅広い実を主食とするからなぁ…
    ま、そんな場所で育てば自然と身につくというものよ。別に自慢できるようなことでは…
    (そうはいってもやはり褒められたことは嬉しいらしく、口元に軽く笑みをたたえて、気持ちよさげに頭を撫でられる)
  • なるほど、なぁ・・・俺はぁ・・・狼とは言っても人狼で言葉も話せるからよ・・・まっ普通に・・・普通に飯食ってたからなぁハハっ
    もっぱら爪も牙も・・・荒事や気まぐれで狩りをするときくらいにしか使ってなかったからよ
    あぁ・・・カニの甲羅とか割るのは得意だぜ?今度喰うときは砕いて食わせてやるよ
    (皿の上に向かれた桃に手を伸ばし、今度は味わうように噛み締めている)
    ・・・やっぱ皮がねぇほうがウメェなハハっ -- ベアウルフ 2008-04-08 (火) 03:28:07
  • それはいいの。カニの殻はあれでなかなか厄介者だからの、ふふふっ。
    だーから言ったじゃろが。無くなったらまた、いくらでも剥いてやるからな。
    (そうほころぶ顔で言うさまは、確かに桃の花のようでもあった)
  • ・・・(何かを訴えるような瞳で軒先に立っている) -- ベアウルフ 2008-04-06 (日) 04:22:39
    • むぅ…大きな身体して、なんという情けない顔しとるか…
      …ほれっ、とりあえず入った入った。
      ちゃんと…その、用意しとるから。
      • ん?・・・なんのことだ・・・俺にはわからねぇなぁ・・・(ぎこちない動作で、誤魔化すように言うと、導かれるまま部屋へと入っていく) -- ベアウルフ 2008-04-06 (日) 04:42:00
      • (テーブルの上にはちょこんと、黒い円形の何かが置かれている)
        (数種類のベリーがのった、飾り気のない、素朴なチョコレートケーキだ)
        …すまんのう、急ごしらえだったもんでな、あまり手を入れられんで…
        で、でも味は保証するぞっ!
        (先ほどまでと一転、今度はペリルが不安そうな瞳でベアウルフを見つめる)
      • ・・・こっちから強請っちまったようで悪りぃな・・・
        (申し訳なさそうに言うが、その顔には明らかに安堵の顔と喜びが見え隠れする)
        本当はこれを強請りに来た訳じゃねぇが・・・おう・・・嬉しいぜ・・・(そして目の前でヒョイっとそれを一口で頬張ると)

        ・・・うめぇな(一言漏らす) -- ベアウルフ 2008-04-06 (日) 05:07:37
      • ふぅ……………
        (うまいの一言に胸をなでおろすペリル)
        (緊張の解けたその顔にはいつもの含み笑いが浮かんで)
        んふふ、そうじゃろそうじゃろ?なんにせよ喜んでもらえたようで何よりじゃ。
        ……ん?ベアよ。そういえば今日はチョコを貰いに来たのではないのか?
        てっきりわしはそうだとばかり…
      • (少しはそういう意思もあったのだが、気恥ずかしいのかそれは表にださず)
        あ、あぁ・・・なんつーかそのなんだ・・・ただ・・・単に・・・会いたかっただけだ・・・
        (それだけ言うと、プイっと恥ずかしそうに後を向いた)・・・幸せそうな奴等を見てよ・・・むしょうに・・・お前に会いたくなった -- ベアウルフ 2008-04-06 (日) 05:24:03
      • …………ばっ…!……ばかもん、それならそうと、少しは手の込んだ料理でも準備したというのに…っ!
        (ベアウルフが後ろを向いてるにかかわらず、恥ずかしさのあまり、思わずうつむいてしまうペリル)
        (こうした素直な気持ちをたまに出してくる狼が、ペリルはたまらなく好きなのだ)
        …わ、わしとて……いつも……………振り向けばお前が居はせんかと…思っとるわ…
        (対抗するかのように、思わずそんな言葉を口にしてしまう)
      • (ペリルの背後から聞こえてくる言葉に一瞬で耳が立ち、わなわなと震えだす)
        (そして、グルリと振り返ると、真剣な顔持ちで、いきなりペリルを抱きしめ囁く)
        俺もだ・・・俺もいつもお前が居ないかと・・・いつも・・・いつも思ってるぜ・・・
        1人が辛い、寂しいと思うのは今まで生きてきて初めてなくれぇだ・・・お前と・・・お前とずっと一緒に居たい・・・
        お前だけは・・・お前だけは・・・絶対に居なくならないでくれよ・・・
        (狼は腹の底から、振り絞るような声で、ペリルを抱きしめ、囁く) -- ベアウルフ 2008-04-06 (日) 05:44:38
      • (悲しみのこもった抱擁。だからこそ、ペリルは笑顔で)
        ………ああ、お前を置いて誰が居なくなるものか…
        お前に抱かれている女は、そんな情けの無い女ではない…
        お前の抱いている女は、そんな事ができないくらいには、お前に心奪われている…
        安心しとくれベア…お前にだけは、悲しい思いをさせんよ……
        (母親のようにその身を撫でながら、優しく語った)
  • ばーちゃんばーちゃん、ハッピーバレンタイン!
    アタシ手作りチョコとか挑戦してみたんだぁ……(ごそごそ)
    はい、よかったら食べて?(つ[ごくありふれた手作りチョコ]) -- アルマ 2008-04-06 (日) 03:56:18
    • ととと…もうそんな季節じゃったか…
      ほほーう、手作りときたか、アルマのお嬢ちゃん。ふふっ、これはなんとも楽しみだの。
      ん。ではせっかくのチョコレート、食べさせてもらうとするかの。
      • おっと、寂しがり屋のワン公が来たかな?
        んじゃね、ばーちゃん! -- アルマ 2008-04-06 (日) 04:24:40
      • おおーう…ふうむ、ちと世話をかけてしまったかもしれんなぁ…
        すまんの、お嬢ちゃん…この礼はいつかするからの。
  • ばあちゃん、もうばあちゃんとは遊べないけど いままで楽しかったよ。 それじゃなー -- ビコウ? 2008-04-05 (土) 15:51:45
    • 坊…ちゃん………?
      おい、ちょっと待っとくれビコウの坊ちゃんや…一体何の話…
      (部屋を出て行く後姿を追いかけるものの、すでにその姿は無く)
      (胸騒ぎを感じたペリルは取るものも取らず、急ぎビコウの部屋へと向かった)
  • 俺のせいで、他の奴が来辛くなっちまってるだろうからよ・・・寂しくねぇように変わりに俺が毎日くる・・・
    とか・・・言ってみたりしてな・・・ははっ・・・まぁ、似合わねぇか -- ベアウルフ 2008-04-04 (金) 20:49:57
    • お前にも自分の時間というものがあるじゃろ。
      無理して来られても、逆にわしが困ってしまうわ。
      ただ…うむ、まぁそういうのを踏まえたうえで…訪ねてきてくれとるのなら……
      (にこりと笑って)
      こんなに嬉しいことも、そうはあるまいのっ。ふふっ。
      • なぁに・・・俺は案外こう見えても・・・意外だろ?暇なんだぜ?(他の誰にも見せぬ屈託のない笑顔)
        無理をする・・・というならそうだな・・・毎日行くのを我慢するほうが無理だなハハっ
        毎晩・・・深夜に忍び込んでたときを思い出しちまうくれぇだ、あんときゃ遠慮なんてもんは・・・しなかったんだがよ -- ベアウルフ 2008-04-04 (金) 21:49:09
  • ばーちゃんばーちゃん、スベスベマンジュウガニしていい? -- ウィル 2008-04-03 (木) 19:53:30
    • 忙しいみたいだから、僕帰ろっと・・・メリークリスマス・・・(全身の真っ赤なリボンを巻いた狼が寂しげに帰っていった -- ウィル 2008-04-03 (木) 21:12:27
      • ストップ!ストオオオオーーーーーーーーーーーーップ!!
        (遠くから砂煙と共にすさまじい速度で近づいてくる)
      • うぅ・・・?(トボトボとリボンを解きながら振り向く) -- ウィル 2008-04-03 (木) 21:20:10
      • んもぅ…どうしてこっちの姿じゃとそんな弱気なんかのうっ!
        これベアっ、男がそんな情けない顔するもんでないっ!
        しゃんとせんかしゃんとっ!いい男が台無しじゃろうがっ。
      • だって・・・あっちだとこんなことできないし・・・全身に真っ赤なリボン巻いて、カニ!とか、プレゼントは僕!・・・とかできないし・・・
        それが滑ったみたいで、凄く情けなくなっちゃったんだもん -- ウィル 2008-04-03 (木) 21:26:48
      • …むむう………
        (「実際情けないじゃろ…」という言葉をすんでのところで飲み込んで)
        …しかしベアよ。自分がプレゼントーと言うのは簡単じゃがの、いったい具体的に何をしてくれるんじゃ?
        (若干上目づかいの、期待のこもった視線で問う)
      • えっと・・・(何をしてくれる、と問われ、実際そこまで深く考えてなかった狼は頭を悩ませる)
        (少しの間思い悩み、解いていたリボンを再び不器用そうに巻き終え、そのままスタスタとペリルに近づき)
        ・・・す・・・スベスベマンジュウガニ・・・(恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら、背中へとそっと手を廻し抱きつき、首元にぽふっと顔を埋め、小声で呟き・・・勇気を振り絞ったという感じに、恐る恐ると頬擦りをした) -- ウィル 2008-04-03 (木) 21:38:54
      • はぁ………………んふふ、冗談の才能は、お前にはちと足りとらんようじゃなぁ…
        (抱きついた体に手を回し、ぽんぽんと背や頭をあやすようにさする)
        (やわい頬の感触を楽しむように目を細め、自らもウィルへと頬を擦り付ける)
      • こっちの姿、こういう言動行動自体が、僕の精一杯の冗談みたいなもんだからさ・・・
        (ない頭で考えた精一杯を優しく受け止められ、嬉しげに頬擦りを続ける)
        僕本当は凄い寂しがり屋なんだからね・・・巣だって言ってくれたんだから・・・いつも、いつでも居て欲しいんだから・・・
        (ギュっとより一層強く抱きしめる・・・離したくない、他の誰にも渡したくないと言いたげに、強く・・・強く) -- ウィル 2008-04-03 (木) 22:21:14
      • 求めよ、さらば与えられん…なんていうのはまた違った話じゃがな。
        でもなベアよ…やはり求められることこそが女の喜びと、わしは感じておるぞ?
        (苦しいくらいに抱きしめられて、しかしそれこそが想い人の気持ちの強さだとするなら、痛みもまた格別であり)
        ならばお前のものにしてしまえばよいではないか…誰も彼も目に入らぬほど、わしをとろけさせてしまえばよいではないか…
        …ふふっ、これ以上の泣き言は聞きたくないぞ、わしの愛しいベアウルフ。
        (いつもの様に、ただ一人だけに聞こえるよう、届くよう、そっと耳元で囁いた)
  • ばーちゃんばーちゃん ふにふにしていい? -- 2008-04-01 (火) 21:54:44
    • いい…いいんじゃよ!(例のポーズ)
  • ばーちゃーん、元気かーい、身体でも壊してたのか、ダメだぜ?女の子が無理しちゃ、大事な人も居るらしいしな
    風邪対策にパスタを食べるといいよ、パスタ、パスタを食べればなんでも治るからね、ガンバ! -- マッド 2008-04-01 (火) 05:44:14
    • 返事が遅くなってしまってすまんの。
      その民間療法については疑問を抱かずにはいられんが…うむ、その気持ちはありがたく受け取っておくぞ。
      マー坊もなんというか色々と大変そうじゃからな、お主こそ色々と調子を崩さんようにな。
  • (寂しげな瞳をして、玄関の前に座り込んでいる) -- ウィル 2008-04-01 (火) 01:01:34
    • (出先から帰ってきたペリルの目に飛び込んできた少年の姿)
      (その顔はペリルがよく見知ってるものなのに、どういうわけか普段見慣れぬ暗い影が落ちていて)
      ……どうした、ベア。そんな顔して。いい男が台無しじゃぞ?
      • あーうん・・・ちょっとねー・・・毎日来るのは迷惑かなーと思ったんだけどさ、我慢できなくて来ちゃった・・・ -- ウィル 2008-04-01 (火) 01:11:21
      • ばか。人前で恥ずかしいことを言うなぁ…
        (ペリルは辺りを軽く見回し、人影がないことを確認すると、そっと耳打ちで)
        ………こんなところでは…素直に喜ぶこともできんじゃろうが…
      • ・・・少しだけお話していってもいいかな?・・・こっちの姿だとこう言うこと・・・言いやすいんだ -- ウィル 2008-04-01 (火) 01:28:43
      • もちろん。
        …ふふっ…まったく、ホント別人のように思えるから不思議じゃなぁ…
        (そう言って部屋に招きいれる)
  • 此処にベアちゃんの彼女が居ると聞いてちょっと見に来たのよ!始めましてぇ〜 -- シャドウ 2008-03-29 (土) 10:42:10
    • ふむん…どうやら妙な方向に話が転がってしまっとるようじゃなぁ…
      わしがあれの彼女…か。果たしてそのような存在であるかどうか、わしはちと自信が無いんじゃがの。
      まっ、ともあれ訪ねてきてくれる者は大歓迎じゃからの。
      こんな顔でよければ好きに見てってくれな。

      っとと、名乗りが遅れてしまったな。
      わしがペリル・ドットじゃ。よろしくな、お嬢ちゃんや。
      • 宜しくね ペリルちゃん♪…前から気にはなっていたのだけどね、勇気を出して出向いてみたのよっ ってお嬢ちゃんなんて言われたの何年振りかしら(笑) -- シャドウ 2008-03-30 (日) 17:48:37
  • [おばあちゃんへ この度結婚する事になりました
    昔、式には呼べと言われていたのに、呼べませんでしたから
    今度こそ、お呼びしたいと思います](招待状が手紙に添えられていた) -- ヴォルフ 2008-03-29 (土) 02:25:37
    • (頬を伝う涙をツメで拭いつつ)
      そうかそうかぁ……ヴォルフ、そうかぁ……うん、うん。良かったな、ほんとうに、良かったなあ……
      (その日、何度も手紙と招待状を読み返しては、自分のことのように喜びの涙を流したペリルであった…)
  • 死にかけちゃった。てへ♪ -- アルマ 2008-03-29 (土) 02:00:55
    • おーアルマのお嬢ちゃ……お嬢ちゃん…んー……いやいやまだボケは早すぎるじゃろ。
      (アルマの頭からつま先まで、視線をいったりきたりさせ) …いやその、なにやら大変なことになっとったとは聞いたんじゃけど……まぁ最近は何が起きても不思議ではないからの…
      んっ。ともあれ元気そうでなによりじゃなっ。ふふふっ。
  • ばーちゃんはトロルに勝ったんだよね? 流石だなぁ……無様にやられちゃったよアタシ
    ん、ちょっと若返っちった。これで今まで鍛えたのがパーになっちゃったよ。はは!
    元気元気! ばーちゃんも風邪すっかり治ったみたいでよかった! -- アルマ 2008-03-29 (土) 02:12:51
  • まぁアレを勝っただ狩っただと表現するのもちとどうかって感じじゃけどの。
    招き騎士がなければわしとてどうなっていたことか……(遠い目をしつつ)
    心配してくれてありがとうな、アルマのお嬢ちゃん。
    んっふふー。そういうわけでもう大丈夫になったしの。
    なんなら今度遊びに来るときはお嬢ちゃんの大事な人と一緒に来てくれても、わしはぜーんぜん、構わんぞ?
    (ちょっとだけいじわるな笑みを浮かべてそう言った)
  • 仲間がどんどんミンチになってったよ……4万台に回す仕事じゃなかった
    ぬっ、ぬう……ばーちゃんまで伝わってたか……へへ、恋実っちゃったー(幸せそうに微笑んだ) -- アルマーダ 2008-03-29 (土) 02:24:26
  • うむうむっ!やはりお嬢ちゃんは笑っている顔が何より似合うのっ!
    ま、わしはホントの噂程度、お嬢ちゃんのお相手の顔も名前もわからんのじゃけどな。
    とはいえお嬢ちゃんが選んだ相手、きっと良い男に違いない。
    (そう微妙な勘違いをしつつ、楽しそうに笑った)
  • えへへ……(男と聞くとぎくりとして)いい男だよははは……(汗を垂れ流しながら空笑い)
    じゃ、じゃあ今日は遅いし帰るね! 何しに来たんだろアタシ
    まあいいや! また勉強教えてね、知力下がってバカになっちゃったからさ! じゃあねばーちゃーん!(手を振って帰っていった) -- アルマ 2008-03-29 (土) 02:43:56
  • ん。ペリル教授の講義はいつでも開講中じゃよっ。
    お嬢ちゃんの時間のあるときに自由に来とくれな。
    ではまたのーっ!
    (同じく、手を振ってアルマを見送った)
  • こんばんは・・特に用事があったわけじゃないんだ
    ヒマだからぶらぶらしてるんだ・・ こういうときわがまま言える相手がいると便利だよねぇ -- あいす? 2008-03-28 (金) 23:47:15
    • ふぅむ…なにやら前に来たときとは印象が違うの…
      ま、立ち話もなんじゃしな。
      上がっていくか?アイス。
      • 丸くなったのよアイスからあいすに!
        はじけちゃった感じかな・・もう飾ってる必要もなくなったし
        ばっかだよねー(べらべら喋りながらあがりこんだ -- あいす? 2008-03-29 (土) 00:18:18
      • ふふっ。そうかそうか、それが本来のお主に近い姿とな。
        ん?ふむ、アイスでなくあいすか。
        まぁ口だと違いがよくわからんのじゃが、その方が良いというならそうするかの。
      • ごめんね、なんか面倒で・・ でも学者さんなら理解してもらえるかなー?
        私、言霊っての信じてて、アイスだと甘そうだけど冷たいイメージも付きまとうでしょ?
        でもあいすだと、一気に子供っぽさとラブっぽさがにじみ出るわけよ?
        ふふ、私って結構あざといんだー でも、こんなことしてるせいかな・・本気になれないのって -- あいす? 2008-03-29 (土) 00:28:19
      • その辺の感じ方というものは、人それぞれじゃと思うがなぁ。(くっくと喉の奥で笑いつつ)
        本気……またそれはちと抽象的というか…あいすは何に対して本気になれないわけかの?
        話くらいは、聞いてやれるぞ?
      • 話だけじゃ満たされないよ 抱かれてないと不安でしょうがないから・・ペリルはしてくれないでしょ?

        おしゃべりだけでガマンするよ 本気になれないのは・・よくわかんない 考えないようにしてたから・・ -- あいす? 2008-03-29 (土) 00:38:11
      • んー…すまんな。わしはまだあいすのことを何もわかっておらん。
        何かを言ってやりたいとも思うが、どうも今のわし、今のお主ではそれも意味のない気がしてな。
        どれ…不安というなら……(あいすの顔を胸へと押し当てるように抱きこんで、頭を軽く撫でてやり)
        ………こうすれば、少しは落ち着くか?(慈しみを含んだ声で言った)
      • ははh、ずるいや・・ 手を出せないの知ってて優しくすんでしょ?(涙がこぼれそうで強く目を瞑った)
        もう少し・・こうしてていい?
        構ってくれるだけで十分だよ・・ 言葉を期待してきたわけじゃないし・・・ -- あいす? 2008-03-29 (土) 00:59:05
      • 出せないじゃなく、出さないんじゃろ?
        あいすが自分の意志でわしを大事にしてくれてるのだと、わしは思っとるぞ。
        わしみたいな者でも、少しでも誰かのためになれるのなら…
        ああ、お主が満足するまで、こうしててやろうではないか。
      • ペリル・・・ キスしたい ダメ・・だよね・・・
        やっぱりみんなキスとか えっち って特別なものだって考えてるのかな?
        私が未来に生き過ぎてるのかな、はは(ずーっと目を閉じたまま、ペリルに撫でられている) -- あいす? 2008-03-29 (土) 01:25:43
      • それはダメ。わしにとっても、きっとお主にとってもな。
        (口調こそ優しいものの、その言葉には確固たる意志が含まれていて)
        …口付けは、大事な人のために取っておくもんじゃぞ。
        ふふっ、まぁこの時世。お主が未来なら、わしはちと古風すぎるのかもしれんがな。
        (あいすを優しく撫でながら、そう、おかしそうに笑った)
      • うん、ゴメン・・・でも、軽い気持ちじゃないよ
        私はいつだって本気でやってる・・それしかないから
        本気の想いでも断られたら、引くってちゃんと決めてる・・守りたくなんかないけど・・ね
        でも、寝ると忘れちゃうから、心が折れない限り何度も来ちゃうかも・・
        たぶん迷惑かけ続けると思う ゴメンね -- あいす? 2008-03-29 (土) 01:40:26
      • なに、大人に迷惑をかけるのは子供の特権じゃよ。
        わしのような年長者がそれを受け止めてやらんでどうするか。
        いつでも訪ねて来るといい。
        わしにしてやれることは少ないじゃろうが、その範囲でならいくらでも応えよう。
        (ぽんぽん、と背中を軽く叩きつつ)
      • 子供扱いかぁ・・ばーちゃんって言いたくなるところなのに、かっこつけてペリルって呼んでるんだよ?
        もう、台無しだよー でも、元気でた すごい元気出てきたよ

           (ぎゅーーっと強く抱きしめる)

        っと、またくる!じゃねーノシ ワンコがしっとしてくれるといいね? -- あいす? 2008-03-29 (土) 01:54:18
      • ふふふっ、好きに呼べばよかろうに。わしはどっちでもかまわんからな?
        うむ。いい笑顔ではないか。可愛いぞ、あいす。

        っと、では気をつけて帰るんじゃぞーっ!
        (あいすの呟きは、ペリルの耳には入らず。ペリルはにこやかにあいすを見送った)
  • (幾分不機嫌そうに、玄関前に座って、ペリルの帰りを待っている) -- ベアウルフ 2008-03-27 (木) 17:34:45
    • …………?
      おーいベアよ。どうかしたか?
      そこに居ては部屋にも入れんのじゃけど?
      (口を若干突き出し、不思議そうな顔でベアウルフの顔を覗き込む)
      • おう・・・帰ったか・・・ちぃと色々な・・・今時間あるかい?
        (のっそりと立ち上がり、玄関への道を開ける、やはり少しピリピリしているようで、雰囲気が重い) -- ベアウルフ 2008-03-27 (木) 18:30:30
      • ふむ…………ま。とりあえずは中へ入ろうではないか。
        (一体何が、そう思う気持ちをひとまず抑え、笑うでも心配するでもない、
        なるべく当たり前の表情をして部屋へと招き入れる)
  • ・・・(いつもと変わる様子のないペリルを見て、己の不甲斐ない感情にイラついていることに、更に苛立ちを覚えたのか)
    ・・・やっぱいい・・・また出なおす・・・すまねぇな(それだけ言うと、狼はくるりと振り返り、ペリルの言葉も聞かず、一人帰っていった) -- ベアウルフ 2008-03-27 (木) 18:46:32
  • おかえりなさいペリルちゃん。さっそく治療させてもらうわよ(開始 …それにしても、ここはいつきてもワンちゃんとのあまあま空間が広がってるわね…おねえさん最初の2人からは創造もできなかったわ(はみはみ -- パンチェッタ 2008-03-27 (木) 16:04:18
    • あまあまって…ぱ、パンチェッタぁっ!
      どういうわけか酒場の連中は耳がいいもんで色々知られてしまうようじゃが、ひ、秘するが花という言葉もあろうにっ!
      改めて言われると…なんというかもう…すっごい恥ずかしい!!
      としか言いようがないんじゃよう!
      しっ!これからはしーっじゃ!
      (真っ赤になって口の前にツメを立てつつ)
  • トロルお疲れさん、直行だったみてぇで危ないこたぁなかったな、いや、良かったぜ・・・本当良かったぜ -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 18:43:30
    • ふふん。まぁ蓋を開けてみればというやつじゃな。
      げに素晴らしきは栄養力、マルチな騎士の溢れるパワーよ!

      …なーんて、わし、ちょっとだけ健康食品にハマる主婦の気持ちがわかったかもしれん…
      ま、まぁ最近ではカニに宿に書籍にと、わしの生活に欠かせんものにいくら金をつぎ込んだところで貯金が膨らむ一方じゃからな…
      た、たまにはこういうもんに金を使ってもええじゃろ?な?
      • まぁ、無事ならよかったぜ、あの騎士野郎は・・・ナニの最中に乱入されて、腹筋崩壊させられた怨みがあっから・・・
        俺は素直にそれを祝福できねぇんだよなぁ・・・騎士かな!?じゃねぇよアイツ・・・(何やら、色々思い出してブツブツと文句をいっている)
        ところで風邪の調子はどうだい?少しはマシになったか? -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 21:12:31
      • うむ。だいぶ調子も戻ってきてな。
        ふ…ふふ…やはり騎士の言うことに嘘はないんじゃ…(ぼそぼそ)
        これならば来月には完全に快復できるのではないだろうかな。

        …って、いくらわしといえど、目の前で他の女との情事のことを話されると、ちとビキッと来るんじゃけどなあ…?
        (軽くボボッと炎を噴射しつつ)
      • ・・・俺は「ナニ」としか言ってないぜ?・・・へへっ・・・ペリル・・・何を想像してたんだ?
        (ニヤリと楽しげに笑うが・・・炎を見て少しだけ血の気が引く) -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 21:45:26
      • いかんなあ、いかんよなあ"わんこ"ぉ〜。
        "お主"まだ昔ほどには動けないんじゃて?
        いやぁそれはちとまぁずいんではないかなあ?
        わしとて人の子、場合によっては加減ができずにやりすぎてしまうかもしれんぞお?
        (浮かべていた笑みが、だんだんと張り付いた薄いものに変わっていく。ベアウルフの軽口は果たして耳に届いているのかどうか)
      • ・・・リハビリで鉱脈いったりキノコ探してばっかだからな・・・昔ほどは・・・
        お、おちつけよペリル・・・こっちの姿を一日保てるようになったのも最近なんだからよ・・・ハハッ・・・
        (ペリルの気迫に気圧された様子で、ジリジリと後退る) -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 22:01:18
      • (「おちつけ」と言われれば、思わず怒ってしまったこと、嫉妬してしまったこと、
        自分の未熟さがないまぜになってペリルの心に渦巻き)
        ……ふんっ!ならばしばらく反省することじゃなっ!
        あーぁ、なんだかまた風邪がぶり返してきたわ。
        わしは寝るからお主は適当に帰るんじゃな。ほれ阿部山、今日はもうわしと寝ようなー。
        (言うが早いか、ペリルは阿部山を連れて寝室へ。頭までベッドの中に入って、それきり口をきかなくなってしまう)
      • (どうしたら良い物かと、困った様子で・・・グルルっとモノ寂しげに喉を鳴らす)
        (落ち着かないようすで、部屋の中をウロウロとしながら考える・・・どうすればよいのかと)
        (この狼、今まで女を大事にするということ、思いやるということをしてこなかったが故に、こんなとき本当にどうすれば良いのかが解らぬのである)
        ・・・すまねぇペリル・・・(10分も落ち着きなくうろついた後、一言・・・ない頭で必死に考えた結論は、とにかく謝る、だった) -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 22:20:29
      • ……………………ふん……そんなとこからじゃ聞こえんわ…っ…
        (毛布の下からのくぐもった声。人には聞き取れぬ呟きのような声も、狼になら届くだろう)
      • ・・・グルルッ・・・(ピクリと耳を動かし、ペリルの言葉を確かに聞き取った)
        (そしてゆっくりと寝室のベットへと近づき、ベットを壊さぬよう、ゆっくりとベットに座り込んだ)
        ・・・すまねぇ、ペリル・・・機嫌治してくれよ・・・なっ(そう言って、毛布の上から、ペリルの背中を優しく撫で始めた) -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 22:31:05
      • …………………………こそばゆい……
        (心持ち、穏やかな声色になって聞こえる声。もぞもぞと何かが蠢いたと思えば、毛布の端から阿部山が姿を見せる)
        (阿部山はベアウルフの目をじっと見つめ、しきりにハサミを上下に動かす) (その姿は「めくれめくれ!」と言っているようにも、見えなくないだろう)
      • (阿部山の様子を見て、少しだけ、息を漏らすように笑い、すまねぇな、といった様子で手を軽く挙げた)
        (そして、毛布をゆっくりとめくりあげた・・・) -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 22:48:07
      • ……………………………だれも開けてよいなど…言うとらんぞ……
        (顔はそむけたままだが、その様子からはさきほどまでの刺々しさは抜けており)
        ………………………それで、次は何をしてくれる………?
        (目だけを動かしベアウルフを見つめた)
      • ・・・前も言われたが、これだけで全部乗り切ろうって訳じゃねぇが・・・これくらいしか思いつかなくてよ・・・
        (そう言うと、覆い被さるように、腕をベットに突き立て・・・そっと頬に口付けをした)

        ・・・これで許しちゃくれねぇか -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 23:08:12
      • (目を細め、その唇の感触を確かめれば、やれやれといった調子で)
        …………………はぁ…お前のようなばかもんに期待などするものではないな……
        (そしてお返しとばかりに、ベアウルフの頬にもキスをして)
        …………………………その一つ覚えを何より嬉しがるわしは…まったくもって大ばかもんじゃ……
        (そのままぐいっと、狼の巨体をベッドに引きずり込もうとする)
      • んっ・・・はいっていいのかい・・・少し照れ臭せぇな・・・
        (そう言うと、引きずり込まれるまま、ベットに引きずり込まれ、横になる)
        ・・・ ・・・ ・・・(どうしたら良いものか・・・狼は心底悩む、人生でこれほど悩んだことも数えるほどしかないだろうというほどに) -- ベアウルフ 2008-03-26 (水) 23:30:04
      • ふふー…………ま、罰は甘んじて受けその罪をすすぐのが、賢い選択じゃよな。
        (そのまま小さな身体でベアウルフの腕に巻きつくと、ゆっくり目を閉じた)
  • むぅ、本当に年上なんだぁ…この間は失礼な喋り方しちゃってごめんなさい…(しょんぼりと肩を落として)
    えへへ、心配してくれてありがとう…でもボク、今とっても幸せだよ!みんなにおばあちゃんって呼ばれてるんですねー、ボクもそう呼んでもいいですか?
    あ、それともっちもっちどうぞー♪ -- ルージィ 2008-03-26 (水) 03:40:52
    • ふふっ。よいよい、坊ちゃんにそんなこと気にされては、わしのほうがすまん気持ちになってしまうぞ?(なでりなでり)
      うむっ。わしのことはルージィの坊ちゃんの好きなように呼んでくれな。

      …おおっ!このもっちもっちはわしも好きでなっ!
      なかなか買いには行けんのでこれは実にありがたいの!
      んふふ、嬉しいぞ坊ちゃん。お礼に、よかったらわしのカニ料理でも食べてっとくれな。
  • ファンの君に特別な騎士箱(きしボックス)だ!http://1st.momo.net/uploader/img/adv003045.jpg(クリックすると謎の中身が飛び出す!)ではまた会おうぞ! -- マルチビタミン 2008-03-26 (水) 01:25:02
    • きゃーーーーーーーーっ!!騎士ーーーーーーーーっ!!
      …って…こ、これはマニア垂涎の非売品騎士箱(きしボックス)ではないかっ!!?
      くおおお…わし、感激!!!
      (その後ペリルは招き騎士の加護によりトロル直行、騎士プリンのドーピング効果によりトロルチーフの
      首級をあげるというめざましい成果を上げ、いっそう騎士にのめり込んでいったという…)
  • ばーちゃーん!体調悪いってほんとかー?大丈夫かー?大丈夫かー?くっきー持ってきたけど…元気になったらだなー… -- ビコウ? 2008-03-26 (水) 00:59:34
    • いやいや…うむ、だいぶ良くなってはきとるからな。ビコウの坊ちゃんに心配されるほどではないぞ。
      とはいえ…はぁ…本当なら坊ちゃんのところにもチョコを届けにいくはずだったんじゃがなぁ…すまんの…
      日が経って味は落ちてしまったじゃろうが、一応まだ食べれはするはず。
      良かったらそこにあるチョコ持ってっとくれ。
      • ペリルばーちゃんは大事な人だからなー、心配するぜー!おー!チョコいいのかー?ありがとーばあちゃん! -- ビコウ? 2008-03-26 (水) 01:09:50
      • ふふっ、嬉しいことを言ってくれる。
        坊ちゃんの喜ぶ顔が見れたなら、多少遅れても作った甲斐があったというものかな。
        来年はきっちり準備しておくからの、期待しててくれな。
      • おう!頑張って生き残るぜー!ばーちゃんも無理しないでちゃんと休めなー! -- ビコウ? 2008-03-26 (水) 01:29:22
  • (中を覗けば、仲睦まじく笑う少女と狼)……は、ここで入ったらただの野暮だな
    お大事に、ばーちゃん(抱えた荷をその場に置いて、踵を返しその場を去った) -- アルマ 2008-03-25 (火) 19:54:33
    • (翌朝、部屋の前に置かれた土産を手に取り、しまったという顔をするペリル)
      いやはや……気を使わせてしまったか知れんなぁ……
      今度遊びに来たときは、めいっぱいもてなしてあげんといかんな、これは…
      (まだ少しふらふらとする足取りで部屋へと戻っていった)
  • 風邪ひいちまったんだってな、この前の夜酒がいけなかったか・・・
    来月は5人でトロルが相手みてぇだしな・・・生姜湯作ってやっからよ・・・ゆっくり休めよ -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 15:23:03
    • ばか。別にお主のせいではないわ。
      冒険者の身、健康には人一倍気を使ってはいたんじゃがな…ま、わしもまだまだ未熟ということじゃな。
      相手が相手だけに、次の依頼までには響かせたくないもんじゃが…
      (やがて生姜湯が運ばれてきて)
      ……んく……ん………はぁー………………なんじゃ、今日はいやに優しいではないか。
      ふふっ…いつもこの調子ならば、きっとよい良人になれるぞ?ふふふっ。
      (ベアウルフの鼻を軽くつつきつつ、冗談めかして言った)
      • 1人の風邪ほど世の中で寂しく辛いもんもそうそうねぇからな
        俺だって馬鹿じゃねぇからよ、風邪の一つや二つ、引いたことがある、そんとき俺ぁ大抵1人だったからよ・・・
        んまっ・・・暖かくして寝てろ・・・な?なんなら俺が暖めてやろうか?俺の毛皮は暖かいぜ?へへっ -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 19:16:03
      • いい……もしそれでお前にうつってしまいでもしたら、あまりに申し訳が立たんからな……
        …でも、そう言ってくれたのは素直に嬉しい…すごく、うれしい…
        (心持ち、普段より素直に気持ちを吐き出しながら、再び生姜湯に口を付ける)
      • 風邪は移すと直ぐ治るっていうぜ?まぁ、俺にゃそうそう風邪は移るもんじゃねぇかもしれねぇがな
        生姜湯、まだまだあるからよ・・・ゆっくり飲めよ、体の中から暖めれば・・・風邪なんざ直ぐよくなるさ
        (横に座り込み、頭をポンポンっと軽く撫でた) -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 19:35:16
      • (頭を撫でられれば、猫のように目を細める。ちびりちびりと生姜湯をすすり)
        ん………ベア、大好きだ…
        …ほんとう、ほんとうに大好きだ……
        (つぶやくように、何度も言った)
      • なんでぇ・・・今日は焼けに素直で可愛いじゃねぇか・・・こっちまで照れるぜ
        (気恥ずかしそうに鼻の頭をポリポリと掻く、大好き、といわれたときに耳がピーンとたったが、ペリルに悟られまいと必死だ)
        (生姜湯を啜るのを見ながら、暫くの間、頭を撫でつづけた)

        ・・・俺もだぜ -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 19:52:24
      • うん………………………知っとる……
        (俯いて、すでに空になった湯のみに口を付け続ける)
        (自分の頬が真っ赤に染まっているのは、きっと風邪のせいだと、そう思い込みながら)
      • ほれ・・・新しい生姜湯淹れてやっから湯のみ貸せ・・・
        (湯のみを受け取り、コポコポと暖めなおした生姜湯を注ぐ)
        布団の中じゃなくても、これならあったけぇだろ・・・
        (生姜湯を渡す前に、ペリルの小さな体をヒョイっと持ち上げ、胡座をかいた自分の膝の上にのせ、その後、生姜湯を渡す)
        (膝の上に乗せたあとも、暖めるように背中を擦り、頭を撫でつづけた) -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 20:20:31
      • (ベアウルフの膝の上にちょこんと座り、湯のみを抱えているペリル)
        (その姿は見た目相応の、年頃の少女の姿だ)
        (時折腰を浮かせて位置や姿勢を正し、ふぅふぅと生姜湯を冷ましては喉へと通していく)
      • そういや、今までまともに誕生日とか祝ってことなかったよな、人を祝うのは慣れてねぇからよ・・・
        確か今月だったよな・・・風邪もひいてることだし、なんでも1つだけ・・・へへっ前ペリルがしてくれたようによ
        (そこまでいって、少し目を細め、窓の外の月を見上げ、一言)
        なんでも一つだけ、俺ができることなら、願い事叶えてやるぜ -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 20:53:47
      • なんでも……ふふっ…なんでも、ねぇ……
        (半分ほどになった生姜湯の、揺れる水面を見つめ)
        言われてみれば…なかなか迷うものだな……さて…どうしたものか…
        (視線を変えず、淡い笑みを浮かべたまま黙り込む)
      • だろ?俺も言われたときゃ、寝床で一晩眠れずずっと考えてたもんだぜハッハッハ
        (色々なことを思い出したのか、楽しげに豪快に笑う、心底、腹のそこから楽しそうに)
        まっ、別に今日でなくてもいいぜ、風邪の頭じゃ、しっかり考えれねぇだろうからよ
        (ペリルが悩む姿が愛おしく、また頭を撫で始めた、触れても痛くないように、最近は来る前に風呂に入り、毛先を柔らかくしてからくるほどだ) -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 21:23:29
      • ううん……ある………ぼやけていたが…わしがずっと…ずっと思ってたことだ…
        (そこで一度言葉を切ると、ペリルは首だけで振り返り、ベアウルフの顔を見る)
        (そして少し考えてから、一度立ち上がり、今度は向かい合うような形で膝の上に乗ると)
        いいんだな……なんでも……
        (眉間にしわを寄せた、若干睨むような視線で言った)
      • おう、なんでもいいぜ、俺ができることだったらよ、流石に世界中のカニを全て持って来いとかは無理だがよ
        (少しふざけた調子でいったあと、真面目な表情になり、ペリルを見つめ返した)
        ペリルのためなら、俺はなんだってできるぜ -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 21:35:57
      • そうか………わかった………
        (コトリ…と静かに湯のみを置くと、ペリルは背を伸ばしベアウルフの首へ腕を回す)
        (口を耳に当て、ぎゅっと、強く、強く、抱きしめる)
        ベア………………………誰のものにもなるな……お前は、お前だけのものであってくれ……
        わしのものではない……もちろん他の女のものでもない……そんなお前自身であってくれ……
        わしはその上で…わしはわしとして……お前に認められる…ただひとりの女になる……
        他の、どこの、誰にも負けない……お前の隣にいられる女になる……なりたい………なりたいんじゃ…
        (そう、熱っぽい吐息に想いを込め、言った)
      • (ベアウルフはペリルのその言葉を聞いて、全身の毛が一瞬ぞわりと張り詰めた)
        (この小さき体の半蟲半人の少女は・・・これほどか、これほどまでに、強き心を持つか、たった一つの願いを・・・)
        (狼に、狼で在れと言ってくれるのか・・・己より、狼を案ずるか・・・なんと・・・強く優しい少女だろうかと・・・)
        あぁ・・・あぁ・・・わかった・・・その願い、しかと聞き届けた・・・お前のその言葉・・・俺は生涯忘れねぇ
        (狼は、それだけ言うと、無言でギュっとペリルを抱きしめ、顔を胸元に埋めさせた)
        (抑えきれぬ、涙を見られぬよう、己でもわからぬこの感情を悟られぬよう、ギュっと強く抱きしめた) -- ベアウルフ 2008-03-25 (火) 22:01:01
  • どうもはじめまして・・ とあるダメ医者のところで弁護士をしておりましたアイスと申します。
    以後お見知りおきを・・・ ふふ、彼と同じくマトモではないので気を抜かずお付き合いくださいな
    本日はご挨拶までに・・ では、よしなに -- アイス? 2008-03-25 (火) 02:59:19
    • ふぅむ……似たもの同士は惹かれあうとはよく言うもんじゃが…
      ま、あまり自分を悪く言うものではないぞ、アイスとやら。
      ダイスキはダイスキ、お主はお主。
      自己評価は別として、わしはわしの眼鏡でお主を判断させてもらうからの。
      ともあれ、うむ。これからよろしくな、アイス。
  • よっ、あけましておめでとうって奴だ、一応は新年の挨拶くれぇはしておかねぇとな・・・
    最近どうも色々重くてよ、これなくてすまねぇな -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 00:53:10
    • (ふくれっ面でベアウルフを招き入れるペリル)
      ………ふんっ……謝らなかったら、入れてなかったぞっ…
      (最近何かとあったのはペリルも承知の上。しかしそれでもつれない態度をとらずにはいられない)
      • そ、そう膨れッ面になんじゃねぇよ、ほ、ほらよ、新年の挨拶変わりによ・・・立派なタラバガニを3匹も持ってきたんだぜ、それに日本酒もよ、俺からのせめてもの詫びって奴だ・・・ -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 01:18:21
      • …………ゆるす…
        (カニと酒を両手で抱えるも、まだ若干、睨みつけるような顔で言うペリル)
        (謝罪の気持ちが行動にまで表れているのに、相手がベアウルフであるというだけでその気持ちを素直に受け取れない)
        (普段ならコントロールできるはずの、意地のような拗ねのようなないまぜの感情を、この男の前でだけは制御できないのだ)
      • ・・・相当腹にきちまってるよーだな・・・まぁ、カニくって機嫌治してくれよ・・・なんなら俺が茹でてやっからさ
        (流石にこれはヤバいと思ったのか、必死で思いつく限りの機嫌をとろうとオロオロとしはじめる) -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 01:35:32
      • ……………抱け
        (聞こえるか聞こえないかのギリギリのところ、ぽつりと呟く)
      • (狼の耳をピクっと動かし、しっかりと聞き取る)
        (無言で、ゆっくりとペリルに近づき、グルルッと、一声嘶き、狼の太い腕で、ヒョイっと持ち上げるように、お姫様抱っこをした)
        (少し気恥ずかしいのか、目をあわさず、視線は空を泳いでいる) -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 01:50:03
      • ………ふん…おまけつきで、合格点だ…
        (まだ少し尖ってはいるが、先ほどよりは和らいだ表情をするペリル)
        (なんとなく仕返しがしたくなって、近くなった唇を、両のツメでぐにぐにとつまんでいじる)
      • イテェ・・・(抱っこしたまま、呟く、だが、嫌ではなさそうだ)
        次は・・・どうすりゃ機嫌治してくれっかい?学者先生よ -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 02:01:58
      • ……自分で考えろ………………もし間違ったりしたら…怒るからな……
        (少しだけ笑みを浮かべ、耳元へ囁く)
      • チッ・・・ペリルはいつも無理難題を押し付けてきやがるぜ・・・俺の頭じゃ答えは一個しかみつからねーよ・・・
        (そう不満げに呟くと、顔を近づけ、ペリルの柔らかい唇を少し乱暴に、だが壊さぬよう優しくキスをした) -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 02:14:53
      • …ん………
        (目を閉じ、相手に任されるままに唇を差し出す。瞬間、モヤモヤもイライラも、どこかへ飛んでいってしまう)
        はぁ………良いではないか…簡単な問題なんてすぐに解けて…つまらんだろ…?
        (キスの毒に犯され、うっとりとした視線でペリルは微笑みかける)
      • んっ・・・あぁ、そうだな(しっかりと眼を見つめ返し、窓の外を見つめた)
        今日は月がきれぇだ、さっと、蟹と酒飲もうぜ、そのために飯もくってねぇからよハラペコだぜおりゃ
        鍋借りるぜ・・・俺でも茹でるくれぇならできらぁ(ペリルを下ろす前に、もう一度だけ口付けをし、ゆっくりと地面へ、ポリポリと頭を掻きながら、鍋を探し始めた) -- ベアウルフ 2008-03-24 (月) 02:33:01
      • …んー……………ふぁ…
        (床に下りれば、もういつもどおりのペリルになって)
        ん?ああ、鍋ならそっちの食器棚の下段にあるからの。
        まぁカニ料理ともなれば色々口も挟みたくなるが…ふふっ、今日のところはお手並み拝見といこうではないか。
        ではわしは他の準備をしておくことにするかな…
        (そう言って、テーブルの上を片しはじめる)
      • (このあと、ベアウルフの豪快・・・というか適当な茹で方で、蟹について数時間薀蓄やら説教をされながらも、月を見、思う存分、蟹と酒と2人の時間を楽しんだそうだ) -- 2008-03-24 (月) 02:56:48
  • やぁペリルさん。明けましておめでとう! しょうがつだからもちをくばるよ!(デクスのもんしょう入りのもちをわたす。)
    きっと力がつくよ! たべてくださいね! ことしもよろしく! -- ケイタ 2008-03-23 (日) 23:18:44
    • うむっ。あけましておめでとうじゃな、ケイタの坊ちゃん。
      はは、これはこれはすまんなぁ。
      ではわしからはお年玉を上げよう。無駄づかいせんようにな。
      つ[お年玉]
      今年も一年、よろしくお願いします、じゃ。
      (その後デクスのもちを食べたペリルは魔王を倒す夢をぶっ続けで一週間見続けたらしい)
      (なんでもそれは壮大なスペクタクルストーリーで、とてもここでは書ききれないような感動の物語だったそうな…)
      • おお。こんなものをもらえるなんて……ありがとうございます。(お年玉を受け取る。)
        ええ、おれは金をつかうことがあんまりないですからね。なにかひじょうじにつかわせてもらうとしますよ……。 -- ケイタ 2008-03-24 (月) 00:01:52
  • ぺーりーるばーちゃーん あーそびーましょっ -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 21:06:54
    • おっ、ビコウの坊ちゃんではないか。久しぶりじゃの。
      うむうむ、では何して遊ぶのが良いかなぁ…(顎にツメを添えて思案して)
      • おー!ばーちゃんが遊んでくれるなら何でもいいぞー!んあ?今日はベア来てないのなー? -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 21:12:42
      • まったくなぁ。わんこのやつもいったいどこをほっつき歩いとるのか…ま、あれはあれで楽しくやっとることじゃろ。
        ふぅむ…では正月らしく羽子板でもやるか?
        んっふっふ、わしも昔はよく相手を耳なし芳一にしてしまうと恐れられたもんじゃよ。
      • ハゴイタ?なんだそれー?おもしろそうだなー!やるやる!おれやるぞ! -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 21:24:55
      • うむっ!羽子板とはな(がさごそがさごそ)…っと、これよ!
        まずこの板を互いに持ち合って距離を取る。
        そしてこの小さな羽根を打ち合い、落としたほうが負けという遊びじゃよ。
        ふふっ、これがなかなかに燃えてなぁ…さ、好きな板を選んどくれっ!
        (裏面に「社長ガッデム」と書かれた板と、「死亡フラグ」と書かれた板を差し出す)
      • おおっすげー!おとしたら負けかー!…よーし!俺は登録して2日目でころころされた娘にちなんでこっちのシャチョーガッデムを選ぶぞー!
        んお、そう言えば耳なし何とかって言ってたけどばつゲームとかあるのか? -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 21:38:49
      • ううう…それはマジガッデムじゃよなぁ……わしも最初のキャラは半年経たずに…
        って湿っぽい話してもしょうがないの!
        ふふふ、そう、羽子板には恐るべき死のルールが存在してな…
        羽根を落とすたびに墨でラクガキをされてしまうんじゃよっ!!(ビシィッ!とテーブル上のインク壷を指し示しつつ)
      • た、楽しくいこー!
        ふむふむ…な、なんだって!?お、恐ろしいぜーばーちゃーん!
        さもすれば人死にが…!(ガタガタ) -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 21:50:01
      • ふははははは!!
        左様!書く文言によってはその人間を社会的に抹殺しかねないという、まさに死亡遊戯なんじゃよっ!
        …さあ、準備はよいか?ビコウの坊ちゃんやっ!
        お祈りトイレその他以下略は済ませたかっ!?
        (スチャッ!と「死亡フラグ」を構えて見得を切る)
      • おーー!? 負けないぞー!こい!あははははは!(「社長ガッデム」を構え楽しそうに笑った) -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 22:00:46
      • (ペリルの宿泊している高級宿の庭園。そこの開けた場所へ移動して)
        さーって、ではゆくぞっ!(高々と羽根を放り投げ)
        ……デ・ス・ト………
        ローーーーーーーーーーーーーーイ!!!!!!!
        (長い腕と身体のバネをフルに使った一発を天空に向かって撃つ)
        (ビコウからは羽根が極小の点となって落ちてくるかのように見えるだろう)
      • うわっ!たけーー!(しかしペリルは見落としていた。彼の名前はロクジ。そう、目が見えない変わりに全ての音を聞き分ける六耳のビコウなのだ!)
        ふっふっふ…わかる…落ちる音が手にとるようにわかるぞばあちゃん!
        今!必殺のぉ!ポトグレーあれ?(しかし経験はないのでへっぽこだった!) -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 22:23:32
      • わははははは!!どうじゃビコウの坊ちゃん!
        幾人もの蟲人たちを屠ってきたわしの稲妻落としの味はっ!
        (ビコウの目にも耳にも気付いていなかったペリルはのんきに高笑いでご満悦)
        (もとより勝負事となると、どうしても本気になってしまう性分なのだ)
        (にやにや顔でインク壷に筆を浸すと、じりじりと距離をつめ)
        さぁ〜〜〜て、覚悟はよろしいかの、ビ・コ・ウ・の・坊・ちゃ・んっ♪
      • あ、ちょ… うー、お、おう!どんどんやっていーぞ!(半ばやけ気味に) あ、でも… やさしく、してね…? -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 22:38:45
      • ん〜〜〜知らんなぁ〜〜〜〜…っと、あんまりいじめるのも大人気ないかの。
        (十二分に大人気ない行動をとってから思い直すペリル)
        ではまずは…ふふーんお手柔らかに…こうじゃなっ!
        (頬に「MADE IN CHINA」と小さく書いて)
        うむっ!では次はビコウの坊ちゃんから打ってよいぞっ!
        (羽根を手渡し、距離を取って板を構える)
      • お?コレどういういみだろー? まぁいいか!
        よーし…今度こそは俺勝つかんな―!ちょわっ!(高く上げられた羽は今度こそビコウの羽子板に吸い込まれてゆく)
        妙技!千手観音のおっちゃんアタック!
        (ネーミングセンスはさておき、若い力を纏った羽が空の彼方へ飛んでゆく!) -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 22:53:41
      • あーーーーーーーはーーーーーーーーはーーーーーーーーー!!
        千手観音だかメンチカツ丼だか知らんが羽子板マスターのわしに効くものかよっ!
        無事に返さん!この一撃で本当の本当に最後だっ!!
        (腕をクロスして謎のセリフを発しつつ、落ちてくる羽根に自分の座標を合わせていく)
        てぇえりゃあああぁぁぁっとわあっ!!?
        (後ろ歩きで盛大にこけるペリル。長年のブランクに身体が付いていってないのだ)
        くっ…わしはペリルっ!!羽子板マスターのペリル・ドットじゃあーーーーっ!!!
        (着物が汚れるのも気にせずごろんごろんと回転し、落ちてきた羽根を地面スレスレで弾き返……せなかった)
        (失意と共にそのまま地べたに突っ伏す)
        くぅぅぅ……全盛期であればあそこからのスマッシュも容易であったというのに……っ!
      • あははは!ばーちゃん土だらけだぞー!(ぱんぱん、とはたきながら)
        ふっふっふっ…今度は俺が描いていーんだなー?えへへ、何かこうかなー!
        (少し考えた後、ビコウは広いおでこに「手塚治」とかいた。)
        よーし、これで一対一だなー!次はばーちゃんだぞ! -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 23:16:52
      • うううっ…あえて虫を抜かすあたりがなんとも屈辱…っ!
        (ぎりぎりと歯をかみ締めつつ構え)
        仕方ない…これを素人に使うのはさすがのわしにもはばかられたんじゃが…そんなことを言っている場合ではないのでなっ!
        (カッ!と目を見開き気合を込めると、それとは裏腹に実にゆるやかに羽子板を打ち出す)
        喰らえい!大リーグ羽子板参號ッッ!!
        (この羽子板手生命を削り取る技は、それと引き換えに相手の羽子板を振る風圧によって
        極限までスピードを抑えられた羽根が羽子板自身を避けていくというまさに魔球
        …いや魔羽根と呼ぶにふさわしい秘技なのだ!!)
        (ちなみに余談だが、小さい頃ペリルはこれのやりすぎで肩を壊しかけたどころか、友達もなくしかけた)
      • うっ!こ、これは…!中の人の年齢が若干わかるなんとも恐ろしい技だぁーっ!
        (しかしビコウは負けられない。負けられぬ理由は特にないが負けられないのだ!)
        くっそぉぉお!!!10倍だぁーーーっ!!
        (その時ビコウの体が金色に光りランランララランランラン!)
        グワラゴワガキィーン!
        (な…なんと!道端の小石にあたっただけで当然羽は風圧で逃げていった!) -- ビコウ? 2008-03-23 (日) 23:47:34
      • なぁに昔再放送で見たってだけじゃよっ!
        ていうか放送禁止用語の自主規制ってどうなんじゃろね!ばあちゃん的にはノーグッドなんじゃけどっ!
        (一瞬の間になぜか長尺のセリフを吐けるというアニメ時空が発生し、謎の言葉を発するペリル)
        (どうやら今日は若干アンテナの感度がよく、妙な電波を受信してしまうらしい)
        (こつん…と落ちた羽根を満足げに眺めると、額の手塚治を笑みで歪ませにじり寄っていく。その顔は完全に悪人だ)
        さてさて…今度はどうしてくれようかのう…ふはは…ふははははっ!
      • 規制しても逆にいわかんあってへんだなー!(ビコウも変なテンションになり訳のわからない事を叫ぶ)
        はぁ…はぁ…ま、負けたぁ… うぎぎぎ!よーし!やでもてっぽでももってこーい! -- ビコウ? 2008-03-24 (月) 00:10:33
      • じゃよねー。まったく口パクの多いことときたら!
        っとと、電波はもうよいんじゃよ。
        …ふふふん、矢でも鉄砲でもとは男らしいではないか!
        (ぎしりとした笑みを浮かべ、ペリルはビコウの服をはだけさせる)
        (その露出した背に文永の役の竹崎 季長と蒙古兵を器用に描いていく。無論、矢もてつはうも忘れない)
        (約二十分ほどかけて、ペリルは蒙古襲来絵詞を完成させた。その顔は何かをやりとげた者特有のすがすがしい笑みに変わっていた)
        ふぅー………っ!こんなもんじゃろうかな!
        我ながら会心の作よっ!
      • おー!…って俺見えないぞーばーちゃん!なるほどコレが闇のゲーム…
        ふいーでも疲れたなー?ばーちゃん大丈夫か、疲れてないかー? -- ビコウ? 2008-03-24 (月) 00:35:53
      • そういえばそうじゃなぁ…疲れはそうでもないが、わしもさっきのアレで随分汚れてしまったしの…ふぅむ…
        …………うむっ!それじゃあわしの部屋に戻って何かあたたかいものでもつつくかっ。
        とと、もちろんその前に墨を落とさんといかんから、まずは風呂が先じゃな。
        んふふ、今回はわしの勝ちじゃが、挑戦はいつでも受け付けておるからの。
        では行こうか、ビコウの坊ちゃん。
        (その後ふたりは一緒に風呂へ入って身体を洗うと、雑煮を作って一緒に食べたとさ)
  • 婆ちゃん婆ちゃん、今日外に居たら風が吹いてね、頭に黒いのがくっついたの、また海苔かと思ったらゴキブリだった
    その日の夢はネズミ捕りでハムスターを捕獲する夢だったんだ、タスケテ -- ゴンノ? 2008-03-23 (日) 12:41:12
    • ゴンノくんの身体からは、きっと妙なフェロモンが出とるよね。
      主に人外とかアッチ系の人とか寄せ付ける類の。
      あと風が吹いたって言ってちょっとビックリしたのはナイショじゃよ。
      さすがにそうだとしたらあまりに忍びないからの…
  • お邪魔します。ええと、ペリル先生さん!酒場で見かけて、綺麗な着物だなあって!
    この辺でこう言う服扱っているお店があるんですか? -- ミサト? 2008-03-23 (日) 01:45:03
    • おーおーそれはそれは。んふふ、よく来てくれたの、ミサトのお嬢ちゃん。
      わしの着物に関してはな、専門の店というよりかは、職人に「これこれこういう服を頼む」
      と、直に頼みに行って仕立ててもらっとるんじゃよ。
      わしの身体だと袖が広くてゆったりした服でないと着るのが大変なんでな。
      ま、そんなわけで、そういうのでよいなら紹介もしてやれるぞ。

      …しかしお嬢ちゃんの名前にはちょっとドキっとさせられたぞ。
      わしとしては聞いたことのない地名のはずなのに、なんでか知ってるような…
      ははっ、何を言っとるんじゃろうなわしはっ!忘れとくれ忘れとくれ。
      • ほほうー。オーダーメイドですか!すげえ!私さんも…(財布の中身を確認して)…まだまだ先だね、がっくり。
        でもいつか!案内してねペリルせんせ!
        名前に聞き覚え?あは、せんせも彩の国に何かの縁があるのかもね! -- ミサト? 2008-03-23 (日) 15:23:33
  • ゴルロアポリスです。逮捕者についての情報提供のご協力いただいております。どうぞよろしく -- GP? 2008-03-22 (土) 19:25:31
  • ふう、冷えてきたなぁ最近……ばーちゃんこばわー!
    あんな、今剣の師匠にお前学つけろ言われて宿題出されてん
    だからさ、カニ食べながら一緒に……やろうぜ!!(バチーンミ☆とウインク)あ、一緒にやるっつってもアレね、アタシがやってるの横から見ながらカントクしてくれたらいいんだけどね? -- アルマ 2008-03-22 (土) 00:06:45
    • うむっ。こんばんは、アルマのお嬢ちゃん。
      外は寒かったじゃろ?ささ、上がっとくれ。

      ほほー…それはまたしっかりとした良い師ではないか。
      ふふっ、そういうことならば喜んで協力するぞ。
      わからないところがあったら、なんでも聞いとくれ。
      (胸をどんっ!と叩いて)
      • 阿部山もこばわーっす!
        うん、なかなかのナイスミドルだよ。んじゃ、お言葉に甘えちゃって!(鞄から簡単な問題集を数冊とカニを取り出す)
        ふへへ……長丁場になるぜよ……!(腕捲り) -- アルマ 2008-03-22 (土) 02:07:55
      • ふふっ。ではわしはとりあえず簡単なカニ料理でも作ってくるからの。
        台所におるから何かあったら呼んどくれな。
        (カニを持って台所へ。何を作ろうかしばし思案)
      • あーい(テーブルに向かい、問題集を解き始める)
        うーん……ばーちゃん、ここいい?(カニ料理を食べながら、二人は着々と問題集を解き進めていく) -- アルマ 2008-03-22 (土) 02:34:49
      • ほいほい、んーとどれどれ……うむ、これはの…んーどこじゃろうか…(ぺらぺらとページをめくり)
        っと、これじゃな。ここを参考にしながら解いてみるといいぞ。
        もしそれでも良くわからんかったらまた聞いてな。
        (テーブルの上では阿部山が使っていない問題集をめくって見ている。さすがに問題はわからないようだ)
      • ……あー、ここの応用かー……(呟いて、止まった鉛筆がまた進む、その繰り返し。やがて時間は過ぎて……)
        ……っ出来たー! ありがとばーちゃZzz……(勝利の雄叫びと共にダブルノックアウト) -- アルマ 2008-03-22 (土) 03:00:28
      • ……ん。よく頑張ったの、アルマのお嬢ちゃん。
        (寝息を立てるアルマを、優しげな瞳でペリルは見つめる)
        時期が時期じゃからな。風邪など引かんようにしておかんと。
        (ペリルはアルマをベッドまで運んで寝かせると、毛布をかける)
        …おやすみ、アルマ。良い夢が見れればよいの。
        (あどけない少女の寝顔にそう語りかけ、寝室を後にした)
  • ばーちゃんウルフが浮気してるけど良いのかい -- 2008-03-21 (金) 15:59:36
    • http://1st.momo.net/uploader/img/adv001874.png
      • つまり浮気公認ってことだね。よかったねーウルフ -- 2008-03-22 (土) 09:42:13
  • トリックオアトリート!お菓子くれなきゃカニ足の中身をカニカマボコとすり替えますよ〜!http://1st.momo.net/uploader/img/adv001753.jpg -- リル 2008-03-21 (金) 06:14:07
    • http://1st.momo.net/uploader/img/adv001837.png オバケも消毒だ〜!!
      • ひでぶ!?暴力反対です〜!それにウチは火葬じゃなくて土葬なの〜!(リルは にげだした!) -- リル 2008-03-22 (土) 02:49:13
      • ひゃっはー!待て待てぇ〜〜!!(ボオアッ!ボオアァッ!!)
        夢の国?気分がまだ抜けていないらしい)
  • こんばんは、ペリル。あなたには近づかないでいようと、そう思っていました。
    アナタと狼が微笑ましかったから……
    このところどうにも落ち着かなくて来てしまいました。お邪魔でしたら突き返してください…… -- ダイスキ? 2008-03-21 (金) 02:31:19
    • おおっ、久しぶりだのダイスキ。
      しかしなんというか…お主の…悪名、とでもいうのかな。そういった噂をよく耳にするぞ?
      いい歳なんじゃから、もうちっと落ち着いたほうがいいかもしれんな。

      んん?ふふっ、何を言っとるか。
      さすがに訪ねてきた知り合いをむげに返すことなどせんよ。
      ま、とりあえず茶でも入れてやるから少し待っててな。(流しのほうへ行き、茶葉などを用意しつつ)
      • 悪名……ですか。まぁそうですね。むしろもう、わかりやすくていいかと思うほどですよ(お茶を淹れるペリルを待ちながらボヤいた)
        ちょっとしたテコ入れ心境の変化でこうなったわけですが、そのおかげでここにも居れる。少し嬉しいことです
        昔はただ、壊したいだけだった。だからココにはこれなかったんですよ -- ダイスキ? 2008-03-21 (金) 03:07:21
      • はは…わしにはよくわからん話じゃな…
        (テーブルの上に紅茶とミルクビスケットを置く)
        まぁわしは来るものは拒まぬを自負しておるからの。
        ダイスキがわしの元を訪れたいと思うのなら、わしはなんら構わんよ。
        (微笑を浮かべ、カップに口をつける)
      • まぁペリルなら安心してセクハラできるかな?っと。(いただきますとお茶をすする)
        狼にはいろいろ思うところがありましてね。
        尊敬、羨望、軽蔑……モヤモヤするものがあったんですが、最近は考えも落ち着いて、達観できるようになりまして……
        フフフ、とりとめがなくて申し訳ない -- ダイスキ? 2008-03-21 (金) 03:24:52
      • ふふっ……ばかもんがっ。
        そんなくだらんことばかり考えていると、あっというまに腰が曲がって歯が抜けるぞ?
        まぁわんこはわんこで、とかく力には溢れている男じゃからな…
        同じ男として思うところがあるのも、なんとなくわかないでない。
        …なぁに、茶のみ話なんて得てして取り留めのないものではないか?
        気にすることない。わしはこうして人の話を聞かせてもらうのが、好きなんじゃよ。
      • たとえどうなってもしたいことするのが信条でして
        許されるのなら、今すぐにでもペリルの髪を撫でて触覚にちゅーしたいくらいですよ……
        どう考えても、許されざるよ、ですよねぇ(お茶をさらにゴクリと)
        狼も今はワンコですからねぇ、イケナイ遊びを覚えてはしゃぎまわっているようで…… -- ダイスキ? 2008-03-21 (金) 03:39:50
      • それはまた結構な信条じゃな。
        (ノドの奥で笑って、少し茶を飲む)
        ふふん。言うは易し行うは難し。少なくとも、今のわしがそれを許すということはないよなぁ。
        無論、お主に組み伏せられるほどやわいわしでもないしの。
        (ベアウルフの「遊び」のことを言われれば、気づくかどうかのほんの一瞬だけ表情を曇らせる)
        ま……犬ならば首輪も必要じゃろうがな。わんこといえどあやつは狼。その首を縛れはせんよ…
        (遠くを見るように、ぽつりと言った)
      • それだけ思われてることが羨ましいのかもしれません。私にはないことですから……
        たとえ、縛れなくとも縛りたい、そんな乙女心ですかね、ペリル……そういうトコ可愛いですよ
        暴れまわってこその狼とも思いますが、以前を知っているといささか変化に戸惑いますね。
        どちらも本物なのに -- ダイスキ? 2008-03-21 (金) 04:13:13
      • いつか、ダイスキの前にもそういう女が現れる。
        こんなのは所詮遅いか早いかの違いじゃよ…
        はは、よせよせっ。わしを褒めたところでわしが喜ぶだけじゃぞ?ふふっ。
        そう、どちらも本物でいい。人は多面を持つもんじゃし、またそうでなくてはバランスが取れんものとも思うからな。
        (そこで少し言葉を区切ると、ペリルはにっこりと笑って)
        悪名とどろくオクスリダイスキもひとつの面じゃが、今こうしてわしと茶を飲み語らうお主も、また一面よ。
  • そうですね、タイミングですよね……アナタにもう少し早く出会っていたかった
    えぇ、いつもとは違う自分になれた気がします。(ペリルが笑うのをみて、何か満足したように)ありがとう、少し長居しましたね。
    また、伺います。ウチにもぜひ寄ってください。
    ペリルならセクハラなしでお悩み相談受け付けますよ -- ダイスキ? 2008-03-21 (金) 04:38:17
  • ふふっ。いや、わしこそ楽しかったぞ。
    機会があれば、またこうして何か話せるといいの。

    …うむ。では何かあったらそのときはよろしく頼むぞ、ダイスキ。
    夜道は危ないからな、気をつけて帰るんじゃぞ。
    (阿部山と共に手を振って見送る)
  • こんばんわー、ランダムに御宅訪問してます旅芸人のルージィって言いますー
    …(名簿の年齢と本人を見比べて)…はれ?君も年齢詐称…? -- ルージィ 2008-03-20 (木) 23:40:34
    • うむっ。はじめましてじゃな、ルージィの坊ちゃん。
      わしはペリル。ペリル・ドットという。よろしくの。

      んふふっ、最初は皆疑うんじゃよ。見ての通りわしは純粋な人でなくてな、
      まぁ単純に言えば人より成長がゆるやかな代わりに寿命が長いんじゃよ。
      …ふむ、それにしても坊ちゃんはずいぶん苦労をしとるようじゃな。
      もし何かあれば、わしでよければきっと力になるからの。
      ふふっ、冒険者の道は大変じゃろうけど、がんばってな。応援しとるぞ。(頭をなでりなでり)
  • ペリルくん…それはどちらかというと何かを企んでいるようなにんまり顔に見えるぞ? -- ホナミン 2008-03-20 (木) 23:27:47
    • くうっ…ホナミンにまで言われてしまうとは…
      ああそうじゃよそうじゃよ!あれがわしの精一杯の誘惑じゃよ!
      あ、あと10…いや20年経てばそりゃあもう!胸も色気も出まくりのはずなんじゃっ!
      信頼度◎◎◎◎◎!ええいこれにてこの話題は終了っ!
      …うううっ!!
  • ぺりりーん、またアトしんじゃいましたよー…どうしたらしなないようにたたかえますか?(だきつきながら -- アトリア? 2008-03-20 (木) 21:24:57
    • そうか…大変だったんじゃなぁ…(よしよしと頭を撫でつつ)
      結局冒険は出たとこ勝負、事前の対策も大して役に立ったりはせんからの。
      早寝早起き、深酒しない。心と身体の体調をきっちり整えて出発するしかないのではないかな。
      我ながら実に参考にならんアドバイスじゃなぁ…すまんの、アトリアのお嬢ちゃん。
  • 艶っぽいというよりも子供のにんまり笑顔に見え…じぇ、ジェアッ!(飛び立つ -- ティガ? 2008-03-20 (木) 18:47:33
    • ははははは。
      …少し話し合わんかティガ山…って逃げ足の速いっ!!
      むうう…次来たときは教育的な指導をせねばいかんなっ!もう!
  • ペリルちゃん…ちょっと見ない間にすっかり大人になって…こうしてペリルちゃんもお姉さんのもとから巣立っていくのね…(ふにふにさわさわ) -- パンチェッタ 2008-03-20 (木) 17:09:17
    • んむぅー…わしはすでに大人じゃよう……
      第一パンチェッタが考えているようなことはしとりゃせんし、するつもりもないっ!
      ………ないったらない!
      だからそんな妙なことを言うもんではないぞっ。
  • ばあちゃん。上の口と下の口ならどっちがすき?今度描くからおせーて -- 2008-03-20 (木) 07:46:41






  • 婆ちゃん婆ちゃん、今日部屋のドア開けたら海苔が跳ねて来てさ、凄い奇怪な虫に見えた。泣かせて -- ゴンノ? 2008-03-20 (木) 03:55:11
    • おーおー、よしよし…
      しかしゴンノくんは愉快な日常を過ごしとるのう。
      想像してみたらなんか凄いシュールな光景が思い浮かんだぞ。
      一枚切りなのか八つ切りなのか刻みノリなのか…んふふ、ゴンノくんには悪いが、ちと和むな。
  • よっと おかえりさん、最近はキツい依頼が本当多いみてぇだな
    ちぃと遠出してたみてぇで、怪我とかねぇか?・・・ -- ベアウルフ 2008-03-19 (水) 03:17:17
    • ん。ただいまベア。
      …まぁ確かに依頼は大変になってきとるかもしれんなぁ……
      でも、それは裏を返せばわしの実力がついたということじゃし、それだけ世の中には怪物に困っとる者が多いとも言える。
      最初はそんな意識など無かったが…ふふっ、やはり感謝というものは嬉しいもんじゃよな。

      怪我は……んー…どうかの?
      なんならお前が診てくれるか?
      (悪戯げにくすくすと楽しそうに笑う。蟲の混じった身体は人より回復力が高く、見た目のダメージはすぐ消えてしまうのだ)
      • 俺が診たって、医者じゃねぇからな・・・舐めるくらいしかできねぇぜ・・・まぁ、けがないようなら良かったぜ・・・ -- ベアウルフ 2008-03-19 (水) 06:59:18
      • ふうん………そ。
        (そっけなく言うと、ペリルは籐製の椅子へ腰掛ける)
        (肘掛に肘をつき、頬杖をつく。少し落ちたまぶたの下の瞳が妖しく濡れて光る)
        ……で、どこを舐めてくれるんかの?
        (少女の顔に似合わぬ表情をして、そう言った)
      • お望みとありゃ・・・何処となりと・・・ペリルの体限定だけどな?
        俺の良く動く舌のこたぁ・・・よくわかってんだろ・・・ペリルのなら何処だって舐めれるぜ?
        (レロっと舌を伸ばし、器用に上下左右にと、奥をほじくるように動かして見せた) -- ベアウルフ 2008-03-19 (水) 07:45:32
      • …ほんっと、下品な犬じゃ……っな。
        (ため息を吐きつつ近寄れば、おもむろにベアウルフの伸ばした舌のみを口の中に含み、自らの舌でもってこねまわす)
        (柔らかな感触を十分に堪能してから、舌を開放する。唇についた唾液をぺろりと拭う)
        ……んは…ぁ………っ……………………ばぁか。誰が勝手に舐めさせるかよ。
      • ハハッ・・・本当に意地悪だなあんたは・・・自分から誘っておいてよっ・・・
        (少女の艶やかな瞳で見つめられ、自分から進んで舌を弄ぶその姿に、興奮を抑えきれず)
        勝手にぁ舐めないぜ・・・ペリルが舐めて欲しいって頼んでくるまではよ・・・キス上手くなったよな・・・へへっ -- ベアウルフ 2008-03-19 (水) 08:16:50
      • ふふん…褒められるのは…嫌いでないな。
        …とはいえ、だ。ふふ…わしは言わんだろうなあ、頼まんだろうなあわしは。
        (そこで一度言葉を区切る。あごにツメを添え、とぼけたふうに)
        でも、言わせることならできるかもなあ。ああ、かもしれんなあ。ふふふっ。
      • 言わせることなら出来る・・・かっ・・・へへっなら頑張らねぇとな・・・んだな・・・
        (狼は考えるように目を閉じ、暫くの沈黙のあと、口を開いた)
        たまには趣向を変えて攻めてみっか?・・・最近色々覚えてよ・・・これだったら言わせることの一つもできっかもしれねぇ -- ベアウルフ 2008-03-19 (水) 08:36:41
      • まったく…悪戯坊主の目ぇしおって……………良いよ。お前がしたいことを、してみるといい。
        (にやりと口の端を吊り上げて)
        ではひとつ勝負といこうではないか。わしが我慢できるか、ベアがそれを破るのか。
        (思わず乗ってしまったペリルだが、その胸のうちは緊張に溢れている)
        (きっとそれは、ともすれば自分は目の前の男に全てを委ねてしまいかねない、ある種の抵抗)
        (弱い女でいたくないという心からくるものだった)
      • んじゃぁ・・・へへっ・・・その悪戯坊主ってぇのに見事なってみせるぜ?
        (そう言って、狼の姿から、赤い髪の少年の姿へと変わる)
        (持ち歩いていたカバンから、服を取り出し、いそいそと着こなし、振り向く) -- ベアウルフ? 2008-03-19 (水) 09:00:49
      • (ニパっと明るい少年の無邪気な笑顔を見せる)えへへっ蟹婆ちゃん、僕ウィルっていいます
        (そう言って、すすいと擦り寄り、抱きついた)えへ〜・・・お婆ちゃんいい臭い・・・(スリスリ -- ウィル &new{2008-03-19 (水) 09:02:44}
      • むっ……そ、そう来たかっ……!
        (未だ慣れぬ人の姿にたじろぐペリル)
        (相手があのベアウルフだからこそ、強気な態度をとることも挑発的な言葉も放つこともできるのだ)
        (いくら中身が同じといえど、目の前の少年といつもの狼とのギャップはかなりのものがあった)
        …こっ、こらぁ!いい年こいてっ…な、何をしとるかぁ!
        お前はウィルではなくっ、ベアウルフじゃろうがっ!
        (とは言うものの、あきらかにペリルの中では「いつもの」状態に戻ってしまっている)
  • (一瞬だけ素に戻り)こう、可愛い少年に甘えられると母性本能ってぇのが擽られんだろ?女はこういうのが好きだってぇきいたからよ
    というわけで〜・・・今日はこんな感じで婆ちゃんに甘えてみたいとおもいまーす!
    (慌てた感じのペリルをみて、内心笑う狼は、いい機会だと、思う存分戯れることにした、抱きつき、頬擦りし、柔らかさを楽しむ) -- ウィル 2008-03-19 (水) 09:16:59
  • …むむう……むぅー……
    (しぶっているはずなのに、どうしてか意識は変わらない)
    (だんだんとベアウルフという存在の他に、ウィルという存在がいるかのような気さえしてくる)
    ……べ…………………う……ウィル…?
    (ぎこちなさを感じつつも、その名を口にしてみる)
  • なぁ〜に?お婆ちゃん?(コロコロと響き渡る鈴の音のような声で甘えたように囁く)
    (擦り寄り、膝に縋りつくようにゴロンと寝転がった)
    お婆ちゃん顔真っ赤になってきたよ?どうしたの?(撫でるように、頬に手をあて、目を細め、楽しげだ) -- ウィル 2008-03-19 (水) 09:36:13
  • ……んっ…!
    (頬に手が触れればほんの少しぴくっと身体を震わせ)
    こ、こらっ…男がそんなふうに…気安くぺたぺたと女に触れてはならんっ…
    (赤面しつつ、目を逸らしてうつむき加減に言う)
  • ごめんね、お婆ちゃん〜・・・でもおばあちゃんの肌スベスベして・・・柔らかくて・・・えへへ〜
    (そう言いながらも頬に触れるのをやめず、指先でそっと撫でるように、顎へ・・・首へ・・・優しく優しく撫でる)
    お婆ちゃん・・・ゆっくりさわってるとわかるけど・・・やっぱり少し怪我あるね・・・目立たないほど薄くだけど・・・ -- ウィル 2008-03-19 (水) 09:48:21
  • …んぁ…………っ………ふ…っ……………ん…ー………っ…
    (眉を寄せて、必死で刺激に耐えているペリル。少しずつ、息が荒くなっていく)
    そ……うか…?…っ…大丈夫…ウィルが心配するような……ふ…ぁっ……怪我でない…から…
    (意識はしていないものの、身体はだんだんとウィルの手を受け入れて) 
  • (ツツイっと・・・そっと傷口を優しく・・・優しく・・・触れるか触れないかくらいにそっと撫でる)
    お婆ちゃんどうしたの?さっきから顔真っ赤で苦しそうな声でてるよ?大丈夫?どこか痛いの?
    (スっと起き上がり、顔を覗き込むように、視線をそらしてもそれを延々と追いかける)
    (艶声があがる個所がどこかと・・・丹念にゆっくりと探すように、頬、首・・・鎖骨のあたりに指を這わす) -- ウィル 2008-03-19 (水) 10:10:20
  • だっ…いじょう…ぶ……大丈夫っ……じゃから…
    (男に全く慣れていない身体は、全身どこもがやわらかい指先に敏感に反応してしまう)
    (ましてやそれが、想い人の指であればなおさらのこと)
    (ただ息を荒くし、沸き立つ感覚の正体も掴めないまま、ペリルは唇を噛む)
  • あっ・・・ここの傷・・・少し大きいね・・・(鎖骨の窪みの少し上、小石が跳ね擦った程度の薄く赤い傷を見つけそこを撫でる)
    ねぇ?お婆ちゃん・・・はやく治るように舐めてあげよっか?傷口は舐めると直ぐ治るんだよ・・・?
    (そう言いながら首に手を回し、頬にそっと口付けをし、舌で撫でるように舐め、唇の柔らかさを伝えるように、軽く頬を添う こんな感じだよっといいたげに) -- ウィル 2008-03-19 (水) 10:30:11
  • ……?
    (和服が少しだけはだけられと思えば、反応する間もなくウィルの指がそっと這って)
    ……〜〜〜〜〜〜〜〜っ!
    (声も出せず、爆発しそうになる「何か」に耐えるペリル。心臓が痛くなって、口の中がからからに乾く)
    (されるがままにキスをされ、誘惑をされれば、回らぬ頭で必死に)
    ……だめっ…だめ…だ……ほんと、だめになる……やめてくれ……これ以上は…だめ…
    (絶え絶えに、か細い声で懇願する)
  • んふっ・・・お婆ちゃん可愛い・・・何がダメなの?僕・・・頭悪いからちゃんと言ってくれないとわからないよ?
    (口ではそう言いつつも、舌を動かすのは辞めず、ペリルの目をしっかりと見つめたまま、頬から首筋へと這わす)
    さっきから体がピクンピクンっ凄く・・・エッチに震えてるよ・・・心臓の音も凄いね(首筋に口付けをしたまま、体を寄せ、腰に手をまわし、抱きしめ、胸と胸をあわせ心臓の音を確かめる) -- ウィル 2008-03-19 (水) 11:01:53
  • ちがう…っ……ちがっ………違…っう…ぅ
    (ウィルの身体を、全身で密着するように強く抱きしめる)
    (何かに掴っていなければ落ちていってしまいそうな感覚が身を支配しているのだ)
    んっ……んぁ……んぁあ!…っん〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!
    (ペリルの中で、限界が近づく)
  • そんなに強く抱きしめて・・・擦り付けちゃダメだよお婆ちゃん・・・これだと傷口舐めれないよ・・・だ・か・ら
    (わざと胸を擦るように体を動かし、刺激を与えながら、両の手で頬に優しく触れ、目を見ながら無理やり口を塞ぐ)
    (限界に達してしまいそうなペリルへトドメと言わんばかりに、ギュっと密着し、体を擦り合わせ、舌を啄ばみ、唾液を交換する深い口付けを・・・) -- ウィル 2008-03-19 (水) 11:22:36
  • っ…ぁっ…ふぁっ……あっ…くぁっんっ!?
    (脳内がパチパチと何かがはじけ、瞳が潤み、頂点へと高まっていく)
    (ウィルの唇が、舌が、唾液が、ペリルの唇と、舌と、唾液とまじって溶けた)
    (繋がりあったまま、ペリルはその内に滾った「何か」の正体すらわからずに、それを溢れさせた)
    (そうして全身の体重をウィルに預けると、泣き声のような、少しかすれた声と共に息を漏らし続けた)
    (頭の中がくちゃくちゃに混ぜられて、ぞっとする恐怖の中に、とろけるような快楽がありったけに詰め込まれた生涯初めての感覚)
    (ペリルは霞がかる頭をもたれかけながら、最愛の男の腕の中でそれを感じていた)
  • 少しやりすぎちゃったかな・・・?・・・
    (そう呟いて、きっと声は届いていないだろうと思い、そっと抱きしめ、ペリルが落ち着くまでずっと頭を撫でつづけた)
    (もうすっかり日も昇り、窓の外を見つめ、黄色い光に眼を細めながらも、充実感と達成感に狼は笑みを浮かべた)
    (まだまだこれから・・・焦ることはない、ゆっくりと・・・ゆっくりと・・・2人の時を楽しめば良いと、狼は思った)
    (部屋にはただただ、少女の声が時折漏れるだけ、艶めいた、声が漏れるだけ) -- ウィル 2008-03-19 (水) 11:46:42
  • (ちゃっはー虫のおねーさん!阿部山も相変わらず元気そうで何よりだよ。髪切ったの?うん、似合ってるよ。えへへ、言われたとおりお兄さんは向こうに行っても笑顔だよ) -- 風の音は歌う? 2008-03-18 (火) 19:45:31
    • (夏の日のある暑い夜、ペリルと阿部山は窓辺で涼んでいた)
      (ひょうひょうと、笑い声にも似た風が吹く)
      (聞こえないはずの声が聞こえて、少しだけ寂しくなり、それ以上に懐かしくなり、なんだか楽しい気分になる)
      ……………盆……か。
      (ぽつりとつぶやくペリルの横で、阿部山は星空に向かって両のハサミを大きく振っていた)
      (風の気持ち良い夜だった)
  • ばーちゃんがNISHINして子供が出来たらどんな外見になるんだろう -- 2008-03-17 (月) 02:18:48



    • はせんよ
      • じゃー、妊娠はするんですね -- 2008-03-19 (水) 12:24:08
  • ほぅ、これは…いや、実は昔に同僚から凄い人がいると言われ、この時の写真を見せられた事が
    お陰で会った時は別人かと思ったものですよ…ふむ、恥かしい話題でしたか?
    (ならば、講義中に大暴れしたと言う噂も話さないでおこう) -- ムゥ? 2008-03-16 (日) 19:03:32
    • 仕返しか!?この前の将棋の仕返しなんか!?
      やめいやめい!やめとくれ!
      あーもー顔から火が出るーっ!
      こんなの恥ずかしいに決まっとるじゃろーがっ!くっううう……っ!
      (袖で真っ赤になった顔を覆い、背を向けてゴロゴロと身悶える)
      • いえいえ、滅相もないです。私は昔話をしているだけなのですから(と笑いながら)
        まぁ、安心してください。酒に酔って名誉教授を頭を殴った話は他言しませんので
        (まぁ、今のペリルさんが一番活き活きしてますが…と微笑ましく思っている) -- ムゥ? 2008-03-16 (日) 19:45:05
  • ばーちゃんこんちゃー……ってうわっ、髪切ったの?
    しっかし、あのワン公方々で見掛けるよ。やんちゃ坊主が板についちゃって
    もうなんか、余計ってわかってても心配でしょうがねえや…… -- アルマ 2008-03-16 (日) 17:41:25
    • んー…アルマのお嬢ちゃん的には短いの、あまり良くないかの…?
      わしとしては最近やっとこ慣れてきたーという感じなんじゃが。

      ふふっ、まぁわんこはな。あの性格じゃから。
      その上人のかたちを得て、若返りまでしたというんじゃからはしゃぐのも仕方あるまいて。
      …子供は風の子元気な子。外で遊んでくるのも、人様に迷惑かけん範囲でなら結構なことじゃろ。

      そうそう、朝のスレとは関係なくな、アルマのお嬢ちゃんをひっそり描いてたんじゃよ。
      あくまで手慰みに描いたもんなんであまりお嬢ちゃんらしさは出とらんかもしれんが、
      よかったら受け取っとくれ。
      • んーにゃ、新鮮でびっくりだっただけ。可愛いと思うよ?(なでなで)
        その言い方まるで母親みたいだよばーちゃん……あはは、まさしくワン公の帰る場所ってワケだ
        ぷおー!? マジか! スゲー! アタシだ! おっぱい増量キャンペーン中!? 落ち着けふんどし! わーい! 飾っとく飾っとく! あかん何か涙出てきた……ありがとうね、ばーちゃん -- アルマ 2008-03-16 (日) 18:43:47
  • ペリル殿ー! (パタパタと音を立てながら部屋に入ってくる) 先ほどは拙者の肖像画まことにありがとうでござるよー 少々うとうとしていた故挨拶に来るのが遅れて申し訳ないでござる
    絵は大事にさせてもらうでござるよー(とても嬉しそうな顔をして笑った) -- ホウエン? 2008-03-16 (日) 12:24:28
    • お、ホウエンの坊ちゃんか。
      なに気にせんでもいい。遅れてるどころかむしろ早いくらいじゃよ。
      わしのほうこそ、らしさを出せてやれなんですまんなあ…
      なんというのかの。やっぱりその、ニンジャと言えば冷徹で鋭いイメージがわしの中にあってな。
      だいぶそれに引っ張られてしまったかもしれん。

      ふふっ、ホウエンの坊ちゃんはこんなにかわいいのにのう。
      またいつか描いてやるから、許しておくれよ。(頭をなでりなでり)
      • 拙者冒険中はあのような顔でござるから大丈夫でござるよー で、でもかわいくはないでござるよ? 拙者これからもっともっと大きくなってかっこよくなるでござる!(頭を撫でられつつ) -- ホウエン? 2008-03-16 (日) 17:22:24
      • うむうむ。その調子じゃぞ、ホウエンの坊ちゃん。
        何かあったらまた遠慮なく訪ねてくれてよいからの。
        んふふ。まぁかっこいいのもかわいいのも、全部含めての坊ちゃんじゃ。
        じきに男前なよい青年になるれるぞ。(なでりなでり)
  • ゴンノさんのノーズは地獄の犬級!僕に親切にしたからにはそれはもうブラックプディングのように粘っこくしつこくそれでコクがあってまろやかで
    ……えーとなんだっけ、言うべき事を忘れちゃった。とりあえず握手しましょう、握手 -- ゴンノ? 2008-03-16 (日) 10:32:47
    • (ドアを開けるやいなやアイマスクを装着してダッシュしてくる)

      http://1st.momo.net/uploader/img/adv000580.png <うおーーーーーーーーっ!!

      (…数分後。ひとしきり怖がらせたところでアイマスクを外す)
      いやーこれはこれはよく来てくれたの。
      んふふ、わしも悪いとは思ったんじゃがな、ゴンノくんの顔を見てると
      なんでか知らんがすごい仕返しをしたい気分になってくるんじゃよ。
      これで二度目ましてのはずなのにのう…わからんのう…

      そうそう、ゴンノくんの冒険記はわしも楽しみにしとるんじゃよ。
      ともあれこれからはよろしくな。
      (ツメとハサミがカチカチ鳴りあう奇妙な握手を交わして)
      • 御婆ちゃんマジ幾つになっても悪戯っ子。実を言うと僕も御婆ちゃんにはガチで何度か恐がった覚えがあるんだよね、不思議だよね
        あれ冒険記って呼べるのかな、でも楽しみにしてくれてるんならゴンノさん張り切っていつもどうりだらだらやるよ、よろしくねっ!(唐突に窓を突き破って走り出しながら -- ゴンノ? 2008-03-16 (日) 17:39:52
  • ・・・お久しぶりに覗けば年甲斐も無くお元気そうで何より、ペリルさん。巨大討伐も軽々とこなしてるようで心配なかったようですね・・・で、覗きに来たのは、遅れた祝いのシャンパンをもってきただけなんだ -- アインレス? 2008-03-16 (日) 02:11:54
    • こらこら、まだわしはそこまで言われるほどの歳ではないんじゃぞ?
      まぁ冒険に関しては軽々…と言っていいのかどうかはわからんがの。
      それなりには…ってところじゃな。んふふ。

      おお、それはわざわざすまんな。
      ふんふふー……
      (さっそくボトルを開けて)
      ん。せっかく来てくれたんじゃ。
      よかったらちょいとばかしゼロ坊も付き合ってはいかんか?
  • こんばんはペリルさん。さっきはふろにいってたみたいだから、じかんをずらしてきたよ。
    大学じだいのしゃしんをみたけど、むずかしいないようだね。おれにはよくわからないよ。ちょっとデクスのもんしょうをつかってかいせきしてみるね。(デクスのもんしょうを発動させる。 -- ケイタ 2008-03-15 (土) 23:17:36
    • うむ!ケイタの坊ちゃんのような気遣いが現代社会には必要じゃなっ!

      ま、まぁ見られてしまったもんはしかたないの…
      あの写真の講義の内容は、広ーい意味でのキノコを使った食品についての講義じゃな。
      特に写ってる場面は本物のキノコではない、あくまでそれをモデルとしたものの解説になるの。
      都を離れすでに3年…もうだいじょうぶかと思っとったが、まだまだトラウマが残ってるようじゃよ…
      (力なくふらふらしつつ)
  • ペリル先生の性感帯はおへそ -- 2008-03-15 (土) 11:29:46
    • 〜〜〜湯上りにて〜〜〜

      http://1st.momo.net/uploader/img/adv000402.png

      (……………むぅ…ホントなんかの…………へそ……へそ…かぁ……)
      • はじをしるおんな…ねぇ…(てをわきわきさせながら) -- アトリア? 2008-03-15 (土) 22:39:01
      • あああアトリアのお嬢ちゃんっ!?
        ひっ人の部屋に上がるときはのののノックをしようっ!!なっ!?
        (あわててタオルを巻きつつ)
  • ペリル見てくれよ、へへっどうでぇ?それっぽく見えんだろ?
    いつまでも、耳と尻尾だしっぱなしで、髪もボサボサ、ボロキレいっちょってのもどうかと思ってよ
    昔の金使って、いっちょ上質な服仕立ててみたぜ?・・・どうよ、どっからどう見ても学生っぽいだろ?ハハッ -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 04:06:04
    • http://notarejini.orz.hm/up/d/hero19686.png
      いやその…あ、ああ……うん…変わったのう…うん…だいぶ変わった…すごい……ははは…
      (……だれだろう…これ……)
      • あ、あれー!?・・・ちぃとイメージチェンジしすぎたか・・・こう、ペリルの和風に対抗して、洋風で攻めてみてよ・・・えーと
        (服を脱ぎ始める)・・・ほれ、昔の姿にも気合いれたら戻れるようなったんだぜ?・・・こっこっちならいいか? -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 04:57:39
      • おおう!?
        う、うむ……その姿のベアを見るのも久しぶりじゃからな。確かに懐かしくはあるの。
        だからといってだな、まあその…今の姿が嫌いなわけではないんじゃぞ?
        わしもお前の普段着というものをはじめて見たもんでな、あはは、ちとびっくりしてしまったんじゃよ。
        許してくれな。
      • まぁ、普段着っつーよりこう気合入れすぎたっつーか・・・人の姿になったのなんて10年以上ぶりだからよ・・・
        いの一番にペリルに見て欲しくてよ・・・ハハっガキじゃあるめぇし・・・恥ずかしいところ見せちまったな
        ふぅ・・・前の姿もまだ数分しか戻れやしねぇ・・・もう少し鍛えりゃずっとあの姿にもなれっか -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 05:39:33
      • (再び少年の姿に戻ったベアウルフを抱き寄せ、頭を撫でる)
        …ばーか。恥ずかしいなんてことないじゃろが…
        それをいうならば、お前のその想いに気付いてやれなんだわしこそが恥ずかしいというもの。
        ん…焦ることもなかろ。お前はお前で、姿かたちなど些末なことに過ぎんよ…
        (そこまで言って、ベアウルフが裸同然であることを思い出し、顔中真っ赤に染めてばっと飛びのく)
        って、ふふふ服っ!!服!着る!ベア!はっははは、早うせっ!!
      • あぁ、服か・・・服・・・お婆ちゃん、僕の体みて興奮してるの?イヤン、アハン、僕食べられちゃう!カニみたいにチュルンって!チュルンって!
        ・・・とまぁ、今日はこんな感じで色々な所でやってみたわけよ・・・優男くらいしか面白い反応帰ってこなかったけどよ
        ・・・ペリルも案外純情なんだな、ガキの裸くらい笑って凝視するかと思ってたが・・・そんな可愛い反応されると我慢できなくなっちまうぜ?へへっ
        (そう言って、少年の姿のままで、ギラつかせた狼の眼になってみせた相変わらず、まだ裸だ) -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 06:23:02
      • (袖で顔を隠し、ベアウルフの裸体を見ないようしつつ)
        たっ叩くぞベアウルフっ!
        まったく!見てくれだけ整えても内面は外面へと滲み出るもんじゃからなっ。
        皆の反応も当然といえるわ。
        (「純情」と言われれば、真っ赤な顔がさらに焼けるように染まり)
        (それを悟られぬよう、少々ぶっきらぼうな調子でペリルは言う)
        …うるさい、ばか。子供は子供でも、その身はベアのものだろうが…そんなの…
        ……そんなの、恥ずかしいに決まっとる。
        ほ、ほれっ!くだらんこと言っとらんでさっさと服を着んかっ……そのままだと…わしは心臓が苦しくてしようがないんじゃ。
  • ・・・よし、服着た・・・もう眼をあけてもいいぜ?・・・
    (眼ぇあけたら・・・直ぐに顔がある位置っと・・・やっぱペリルは可愛いな・・・俺にゃもったいないくれぇだ)
    (体ガキなってから頭の中までガキなっちまったみてぇだな・・・青臭い言葉しか浮かばねぇ・・・)
    (こんなときなんて言えばいいんだっけなぁ・・・あぁ思い浮かばねぇ・・・)
    ・・・もう眼あけていいぞ -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 07:14:31
  • …ったくもう…………
    (そろりそろりとペリルが腕をどければ、すこし拗ねたようにも見える、ふくれっ面の顔がベアウルフの目に映るだろう)
  • これで機嫌治してくれよ・・・(ペリルが眼をあけた瞬間に、しっかりと眼をみて、ゆっくりと唇を重ねた) -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 07:24:36
  • っ…ん…………ふん……っ……んぅ……
    (心の内、ほんの少しだけ期待していたベアウルフの詫びに、ペリルは唇で答える)
    (いつもより長いキスが終われば、思わず荒くなってしまった息を整える)
    ……ぁ…は………べあ…おまえ……なんかまずいことしたとき……ん……
    こ、これからキスだけで…ぜんぶなんとかしようとおもっとらんか……?
    (紅潮した頬と荒い息。まだやわらかな感触の残る唇を動かし、ねめつけるような視線で問う)
  • ・・・んっ・・・っそんなことはっ・・・んふっぅ・・・ねぇっ・・・ぜっ・・・(ペリルの柔らかい唇を堪能し、満足げな顔で答える)
    なんなら・・・ペリルがまだ知らないようなこの先のことだって・・・教えてやるぜ?
    学者だからそっち方面の知識も豊富かと思ってたがよ・・・へへっ・・・どうやらそっち方面はそんなでもねぇらしいし・・・
    カニを喰うより病み付きになるぜ?きっと(からかうような、真面目なような、よくわからない調子で笑う、狼は心底楽しそうだ) -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 08:02:49
  • ふん…っ!知っとることは知っとるわ…
    ただ…その、そういう話は無闇やたらとするもんではないし…………第一っ!わ、わしにはまだ早い………
    それは…そういうのは……ん…と、もっとずっと先の話で……とっ、ともかく今は特に必要はないんじゃっ!
    (そんなペリルの弁解を聞くベアウルフの顔は楽しそうに笑っている)
    (恥ずかしさはもちろんある。だが、それでもこちらがつられて笑ってしまう。楽しくなる。不思議な笑顔だった)
    (自分の意識がこの男と出会うことで、少しずつ変わり始めているのをペリルはこのとき実感した)
    ………………んま、わんこがいい子にしとったら…ふふ、そうじゃな。
    十年後か…三十年後か、そのくらいには考えてやらんこともないぞ?わははっ!
  • ははっ10年後か30年後か・・・そりゃ気が長い話だぜこりゃ(笑うペリルを見つめながら狼も笑う)
    なら、こっからが俺の腕の見せ所ってぇ奴だな?俺はぁ・・・おめぇの価値観からすりゃ悪い子だからよへへっ
    あの手、この手で・・・我慢できなくして見せるぜ?・・・楽しみにしてなよ
    (狼も、昔の自分なら考えられねぇなと、心の中で軽く苦笑いしながらも、今までにない心地よさを感じていた) -- ベアウルフ 2008-03-15 (土) 08:42:32
  • おーおー。可愛い顔してよう言うわな。
    ふふん!ならば試してみるがいい。
    お前の目の前に立つ女が、たやすく篭絡されるようなやわな女ではないということを見せてやろうではないか。
    (そう高らかに挑発すると、ペリルはまた、心底楽しそうな声で笑った)
  • いーなーショタっこゲットいーなあ…ショタっこってきいただけでからだじゅうのちがうずいちゃいますっ♥
    …ま、かみくらいのほどですから、そのあいはそうとうなんでしょうねえ…で、だいいっしはいつごろで?(にやにや) -- アトリア? 2008-03-14 (金) 21:03:16
    • うずかんでよいっ!
      まったくもう…アトリアのお嬢ちゃんはもちっと…その…外では抑えんといかんぞ!
      って第一子もなにもない!ないったらないんじゃよっ!
      ペリル・ドットは恥を知る女なんじゃようっ!!
  • ペリルちゃん……いつの間にかワンちゃんとそんな仲になってたのね……(なでなでふにふに あ、お姉さん大体10月か11月に戻る予定よ。結婚式はそれまで待っててくれたら嬉しいわ -- 携帯パンチェッタ 2008-03-14 (金) 18:55:09
    • ばばばばかもん!結婚などそれこそあと20年はするつもりはないわ!
      こんな歳で結婚などわしらの種族にとってみれば犯罪も犯罪じゃよっ!

      ふぅ…それにしても、パンチェッタもなにかと急がしそうなんじゃな。
      わしに手伝いはできんが応援だけはしておるぞ。
      また元気な姿で会えるのを楽しみにしとるからな。んふふ。
  • ふむ、なるほど…髪型などの外見だけでなく、精神的にも若くなられましたか(パチン)
    (パチン)…むぅ…いや、私は今では他が考えられないほどお似合いだと思いますよ(パチン)
    (パチン)……しかし…将棋はまだ勝てそうになりませんなぁ(と頭をかきながら投了する) -- ムゥ? 2008-03-14 (金) 16:03:54
    • 褒められるのは嬉しいが(ぱちん)……(ぱちん)……おだてても(ぱちん)
      加減は…(ぱちん)出来んぞっ(ぱちん!)……と。うむっ。これにて王手じゃな。
      ふふん。まぁ伊達にお主より長生きではないということじゃよ。

      さて……ではどうする?ムゥよ。(にやにやと意地の悪い笑みを浮かべて)

      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero19615.png
  • へへっ・・・寝る前に邪魔するぜ・・・もう寝ちまってっかな・・・
    (寝顔をゆっくり見つめ・・・恥ずかしそうにうろうろしたあと、意を決して、そっとキスをする)
    ・・・ふぅ・・・布団にも潜りこんじまおうかな・・・まださみぃし・・・
    ・・・あんまり表だってイチャついても、他の奴が来づらくなっちまっちゃーわりぃよな・・・へへっ
    まっ・・・俺は見せ付けてやりてぇくらいだがよ -- ベアウルフ 2008-03-14 (金) 03:59:14
    • (寝たふりをしていたペリル。やってくるだろうベアウルフを少し驚かせてやろうと思っていたのだが…)

      (っっ!!?…………これ……キスだ……キス…された……………ぁ……どうする…どうしよう……)
      (…目開けてしまうか………だめだ…今更そんなマネ……まるでねだってるようではないか……!)
      (……そうだそうだ…人目に触れるところでこんなことするもんでは…ってここわしの部屋じゃよっ!)
      (何を言っておるか…!……見せ付けるなど無理に決まってるっ!……で、でもベアならやりかねん…やりかねんぞ……)
      (あああどうしよう……ひょっとして寝てる間に……い、いかん!それはいかん…!)
      (…そうだ!あくまで自然に目を覚ましたように………いや待てよ!このタイミングで不自然すぎや……ああもうっ!!)
      (すごいだめだ……だめだだめだ………ああ…あつい……どうしよう……どうすれば……)

      (その後、ずーっと朝まで悶々としていたペリルであった)
  • 可愛いな、ペリル・・・心機一転てところかな?ふふ(音もなく背後に立って声をかけた
    ・・・・あいつがさ、戻ってこれたのは多分、君のおかげだから・・・ありがとな、ペリル(なでなで
    別にあいつが戻って嬉しくはないぜ?俺は嬉しくないけどアレだ、惜しいっていう奇特な奴も居るからであってして・・・・ええい、さらば!
    (BAM!) -- ヴォルフガング 2008-03-14 (金) 03:07:01
    • ま。そんなとこになるのかの……ってヴォルフ!?
      その登場の仕方は心臓に悪いぞ!

      んふふっ、男と男はげんこつで語り合うと母様から聞いていた。
      お主らを見ているとそういうものなのだなと実感できるぞ。
      わんこは実に良い友を持ったものよ。
      わしの価値はわしにはわからんが…もしそうなのだとしたら…ふふ、これは責任重大じゃな。
  • 髪を切ったのか・・可愛くなったぞペリル・・ ・・・・意外な展開だが・・狼少年と仲良くするのだ・・ -- よっしー 2008-03-14 (金) 02:18:42
    • ヨスィ男の顔で言われると……これはちと…えへへ、照れるの。
      まぁ、うん。その、悪い気はせん。むしろ…う、嬉しい…な。はは。あははは。(軽くうつむき赤面しつつ)

      わんことは皆の迷惑にならぬ程度にやっていこうと思っとるぞ。
      もっとも、あやつ自身は周りにちょっかい出す気まんまんなんじゃがな…
      まったく困ったもんじゃよ。
  • こんばんは、ペリル嬢。不幸があったと聞いて参りましたが、その顔を見るにもう大丈夫そうですな。
    見舞いのつもりで持って来ましたこのカニ、祝いの品として置いて行きましょうぞ。
    その髪型よく似合っております。少々幼くお若く見えますが、それもまたペリル嬢らしいかと。それでは。 -- ボストン 2008-03-13 (木) 21:04:51
    • ふふっ、本当お主は見た目以上の紳士よな。
      あのときはカニですらノドを通らなくての…このタイミングでの贈り物は実にありがたいぞ。
      お主もわしの髪を気に入ってくれたか?
      嬢などと呼ばれる歳でもないんじゃが…ここは素直に喜んでおくぞっ!

      しかしまぁ槍技も少しずつではあるが増えていってるんじゃな。
      この調子でボストンが名手になれる日を、わしは待っておるぞ。
  • (ひょこ、と顔を出す)・・・睡眠中、でしたか。・・・髪の毛、良くお似合いだとわたしは思いますよ、おばあちゃん 
    ・・・わたしも、あなたを護ります。必ず。・・・だから、幸せになってくださいね。
    わたしも、幸せになります。そう、約束しましたから。(そう言うと静かに笑った。) -- アーミリア? 2008-03-13 (木) 05:42:58
    • アミィにそう言ってもらえるなら、わしの髪型も捨てたもんではないのかな。
      …こんなに髪を切ったのはそれこそ二十年は前のことでの、どうも自信がつかんのじゃよ。
      まぁ、それだけに良い気分転換にはなったんじゃがの。んふふ。

      お互い幸せに…それは本当に素敵なことじゃな。
      アミィがわしの幸せを願ってくれとるように、わしもアミィの幸せを願っておるよ。
      ありがとうな。アミィ。
  • 学者先生、どうしたんでぇ、そんな浮かない顔してよ、まるで誰か死んだみてぇな顔してるじゃねぇか -- ? 2008-03-12 (水) 23:14:41
    • ………ふん…………名も名乗らんやつに……言うことなどないわ……
      (言いたいこと、言わなければいけないこと。何も口にすることが出来ず、出たのはただ子供じみた拗ね言葉)
      • 名前なんて今更名乗る間からでもねぇだろ・・・ベアだよ、ベアウルフ・ヴォーゲンだ
        (柱の陰から、いつもの声、いつもの臭い、いつもどおりの狼の気配) -- ? 2008-03-12 (水) 23:28:08
      • (名が聞こえれば喉の奥がせばまり、胸がふるえ、鼻頭が重たくなる)
        (それらを必死で抑えるペリルの声は必然、うわずった途切れ途切れの言葉となって漏れでて)
        ……………わしは…巣…じゃよ……おぬしの巣で…ありたかった………疲れた身を休ませ……
        …傷ついた身を癒してやれる……そんな巣になってやりたかったのに………………
        (抱えた膝に顔を埋めて、ぽつりと呟く)
        ……………こんなみっともない顔では…っ………む…迎えてもやれないでは…ないか……
      • ここぁ、俺の巣なんだろ?だから・・・ちゃーんとよ、ちゃんと帰ってきたぜ?
        で、帰って来てみりゃどうだ、学者先生が泣いてるじゃねぇか・・・俺以外の奴に泣かされたのかと爪と牙を研ぎ始める所だったぜ
        (柱の陰から、姿は見せず、いつもどおり、いつもどおり語る)
        俺以外の奴が、ペリルを泣かせてんじゃねぇかと思うと、例え死んだって他で言われようが・・・帰ってくるぜ? -- ? 2008-03-12 (水) 23:48:06
      • (涙だけは見せまいと、今まで必死にバランスを取り続けていた椀が、傾いた)
        (感情が、とめどなく流れ出す)
        じゃあこっちに来いよ!!顔を見せろ!その腕に抱いてくれ!!人がどれだけ心配した!?
        泣かせたのはぬしだ!ベアウルフ・ヴォーゲンだろうが!!責を果たせよ!!なあ!!
        わしの心はもう!わしだけではどうにもならんのだ!!!
        (一息で言い切ると、その後には嗚咽のみが続く)
      • あぁ、直ぐ抱きしめてやるぜ・・・でもよ・・・ひとつだけ約束してくれ・・・笑わないでくれよ?
        (そういって柱の陰から現れたのは年のころ15そこ等の少年)
        (燃えるような赤い頭髪に、薄茶灰色の狼の耳、着れる服がなかったのか、ボロ布を纏っている)

        どうやらやっぱ死んじまったようでなハハッ・・・目が覚めたらこんな体になってやがった
        わ、笑うんじゃねぇぞ、これでも必死でここまで来たんだからよ・・・姿形は変わっちまったけど・・・
        それでもいいか?こんな俺でもあんたを抱きしめていいのか?・・・
        (不安げな瞳で、どうしたらいいのかわからぬといった様子だ) -- ? 2008-03-13 (木) 00:17:09
      • (すっかり小さくなってしまった身体に驚くよりも、想い人の身に触れることのできる喜びのみがペリルを支配した)
        (飛びつかんばかりの勢いで、今は少年となったベアウルフへ抱きつく)
        (胸に顔を埋め、自分の存在をこれでもかこれでもかと主張するように身を寄せれば、泣き笑いのくちゃくちゃの顔で)
        そ……そんなもの訊くまでもなかろうがっ!離さんといったろうがっ!
        このばか。ばかやろう!ばかうるふっ!
        …っ……………ひっく…………………もう……もう二度と…離してくれるなよ…?
      • ・・・(ギュっと強く、精一杯抱きしめる・・・昔なら強く抱きしめれば壊れてしまいそうな体も、今なら精一杯抱きしめられる)
        ただいま・・・あぁ、もう二度と離さない・・・死んでも死んでも何度だって帰ってくるぜ・・・
        ・・・暖っけぇな・・・体毛がないからよ・・・ペリルの暖かさが直接感じられるぜ・・・ -- ベアウルフ 2008-03-13 (木) 00:47:09
      • ああ……ああ…毛がなかろうと牙を失おうと、本当にお前がベアウルフだとわかる…
        (抱きしめられた姿勢のまま、長い腕の片方でベアウルフの頭や身体を、ひとつひとつ確認するよう、やさしく撫でさする)
        あははっ……これでは悪たれも上手にできんなあ…………でも…このやわらかな肌は…お前に似合いだ……
      • くすぐってぇな・・・どうにもまだこの体に慣れないというか・・・敏感すぎるぜこの体はよ・・・
        (ペリルの息遣いが、ペリルの心臓の音が、とても近く感じ、こちらまで気恥ずかしくなる)
        (心臓が張り裂けそうなくらいはやく脈打つ・・・ガキじゃあるめぇし・・・そう思ったが・・・今はそのガキじゃねぇかとふっと笑った)
        へへっ・・・まぁあれだよ・・・この体も慣れりゃ、また他の使い道もあんだろうさ・・・
        例えばこんな感じによ・・・(そう言って、ペリルの唇に、そっと唇を重ねた) -- ベアウルフ 2008-03-13 (木) 01:10:34
      • (突然のキスにペリルは全身をこわばらせる。が、それも一瞬だけのこと)
        (再び合わせられるとは思っていなかったその唇へ、赤子のように強く何度も吸い付く)
        ………あはっ…すまんなわんこ…涙で…鼻が詰まって…もっとずっとしていたいのに…口が離れる……っ
        (何度も、何度も口づける)
      • まだまだ時間はたっぷりあんだ・・・朝までだって口付けし続けれるぜ・・・
        (そういって、何度も何度も、口付けに答え、こちらも、何度も何度も繰り返し口付けを交わす)
        ・・・そう泣くんじゃねぇよ・・・口付けがしょっぱくてまるで蟹みてぇだぜ・・・ま、俺の大好きな味だけどよ
        ずっとこうしていてぇな・・・もう二度と離したくねぇ・・・(また力強く抱きしめ、優しくキスをする) -- ベアウルフ 2008-03-13 (木) 01:40:50
      • …ああ……そうしとくれ………お前の望むまま……したいように…
        (緊張の糸が切れたのとキスの甘みに惚けたのとが、ペリルの中で合わさる)
        (口元はとろけ力が入らない。なんとか滑舌よくしゃべろうと、ゆっくり口を開いていく)
        ……それが……わしのしあわせだ………
      • それじゃぁ・・・このまま朝まで・・・一緒に居てくれっか?まだこの体慣れねぇしよ・・・
        このままペリルと一緒にいられりゃ・・・俺も幸せ・・・だしよ・・・この姿だとあんまり意地はらず何でも言えっな・・・
        それとも、ペリルが相手だからかな・・・まぁ、どっちでもいいぜ・・・今、本当に幸せだからよ・・・
        (そう言って、少年の顔で、犬歯を見せるように、昔のように、とても嬉しそうに、幸せそうに笑った) -- ベアウルフ 2008-03-13 (木) 02:23:34
      • ………ん。それくらいお安い御用じゃ…
        その笑顔……あははっ、いい笑顔ではないか。これから何度だって笑わせてやりたくなる。
        (ペリルはベアウルフの手を取って、大人が二人でも余るほど大きなベッドへと導く)
        ふふっ、やはり宿は高いところに限るな。
        (寝巻きでないことなど気にもせず、二人であたたかな毛布に包まる。ベアウルフの身をきゅっと抱きしめる)
        苦しかったら言えよ……少しだけ手加減してやる……………………いや…やっぱりしないかもしれん………
        (それから少しも経たないうちにペリルは寝息を立てはじめた。それはペリルの人生の中で、もっとも幸せな眠りだった)
      • (寝息をたてはじめ、幸せそうに眠るペリルを見つめ、狼も、ぎゅっ抱きしめ・・・幸せそうに、とても幸せそうに、寝息をたてはじめた)
        (ここが自分の巣だ、狼は心の中で何度も・・・何度も繰り返し・・・懐かしいような、そんな気持ちで・・・安らかに眠りについた) -- ベアウルフ 2008-03-13 (木) 02:47:55


  • 皆には色々と迷惑をかけたのう…でも来てくれたというその事実が本当にありがたかったぞ。
    まとめてですまんがこの場で礼を言わしてな。



  • ばーちゃんー…ウフフのおっちゃんがどこにもいねーんだー。俺嫌われたかなー? -- ビコウ? 2008-03-12 (水) 22:04:12
  • ……(黙ってペリルの近くに座り、背中からおろした酒をあおる様に飲み、語り始めた)
    彼は下衆などと言われてますが、一度調べ、そしてここで見る彼は正直で芯のある男でした…
    そんな彼が一度決めた事、貴方を裏切って死ぬだろうか…?
    私にはどうなのか分かりません…が、貴方の中では分かっているのではないでしょうか?
    (と言い切ってからまた飲み)…まぁ…酔っ払いの独り言です…(と言ってから立ち上がり)
    (近くにいるお二人にお辞儀をして去っていく) -- ムゥ? 2008-03-12 (水) 21:50:23
  • ・・・・・ペリル・・・顔を合わせたくないと思うから、ここから言うよ
    ・・・俺さ、あいつが大嫌いだったけど・・・でも気に入ってたんだ・・毎度毎度俺を冷やかしたり、ふてぶてしい態度でからかってきたりしてさ・・・
    それであいつにお返しの蹴りを入れてやるのが、楽しくて・・・・(首を振る)
    あいつは、ベルが死んだ時言った・・狼の遠吠えは、天にも届くってな
    だからきっと、耳を澄ましてれば・・・あいつの声が聞こえると、思う・・・じゃあ、また来る(ふっと気配が消えた) -- ヴォルフ 2008-03-12 (水) 21:16:59
  • (ペリルの身が暗くなった。巨龍の影のようだ。幽かに震えながらペリルを覆う姿は、まるでペリルを隠しているようだった。)
    (何か言葉を出そうとしているが、一々声が震えていて聞き取れない。龍は言うのを止め、ただペリルの身を覆った) -- アトリア? 2008-03-12 (水) 19:29:16
  • ばーちゃんっ!!(蹴り破らん勢いで扉を開けた)はぁっ、はぁっ……ワン公が、帰って来ないって聞いて……!(息は荒く、急いで飛んできた事は想像するに容易い)
    ばーちゃん……? 大丈夫か……?(ゆっくりと近づいて、顔を覗き込もうと) -- アルマ 2008-03-12 (水) 17:55:34
    • (部屋の隅。膝を抱えたままのペリルは目線だけをアルマへ向ける)
      (その目に光はわずかしかなく、椀の水がふちいっぱいのところ、ぎりぎりで保っているかの印象を与えるだろう)
      ………わからん……………………………………なにもわからんのよ………お嬢ちゃん………
      (羽虫のような声でそれだけ言うと、ペリルはまた目線を落とし、それきり口を閉ざした)
      • ……ッ(ぎり、と音が鳴るくらい強く歯を噛み締める。ペリルの心を奪って遠くへ行った狼への怒りがアルマの胸を焼いた)
        ………………(阿部山を抱いて、ペリルの隣に無言で腰を下ろす。今はどんな言葉もこの人の心を傷つけそうで、恐かった) -- アルマ 2008-03-12 (水) 18:54:08
  • 寝る前によっと・・・さっきのアレ・・・ありがとよ・・・今度飾らせて貰っていいかい?学者先生よ
    あんま人から貰ったもんは飾るのは趣味じゃねぇが・・・あんたからの貰いもんだ・・・飾りてぇんだ -- ベアウルフ 2008-03-12 (水) 08:42:16
    • 何を言っとる。人にやったもんをどうこう言う送り主なんておるもんか。
      煮る焼く飾る、わんこの好きにするといい。
      ふふっ、とはいえあんなのでも喜んでくれたならホント、嬉しい限りじゃよ。

      …ん。ではゆっくり、おやすみな。
  • しのびあし…しのびあし…さて、プレゼントを…ってもうすでにおおい…サンタさんとして、かぶらぬようにせねば
    あわいえんじのストールをさしあげましょうか(ものおとをたてないようにそっとおく -- アトリア? 2008-03-11 (火) 04:12:29
    • えへへへへ…> http://notarejini.orz.hm/up/d/hero18437.png 0 〇 (……みなかったことにしておこう…)

                      ↑
                (ひとりファッションショー中)
  • まぁ・・・ここじゃ隠れる必要もねぇか・・・いや、人多すぎだからやっぱ隠れとくか・・・
    (そっと寝室忍び込み、枕もとに、綺麗な黒髪に似合いそうな簪をそっと置いた)
    ・・・また、明日な・・・へへっ・・・ ・・・ ・・・やっぱやめとくか(狼は何かをしようとしたが気恥ずかしげに、また窓から帰っていった) -- ベアウルフ 2008-03-11 (火) 00:02:33
    • (酔いつかれてベッドへ潜れば、すぐに枕元の贈り物に気付く)
      (可憐な花と手の込んだ細工がなされた簪。こんな渡し方をするのはただ一人しかいない)
      はぁ…………ふふっ、相変わらず困ったヤツじゃな。別に普通に来ればよいものを。
      (簪を手のひらで弄びながら、様々な角度から見たり、意味なく天井に透かしてみたり)
      (いつの間にか、ペリルの口元には笑みが浮かぶ)
      わしには飾りの多いもんはあまり似合わんと思うんじゃがなぁ……しょうがない男じゃ。
      (ぶつくさとににやにや顔で文句を言いつつ、ペリルは髪をまとめ、整える)
      (簪を挿してくるくると巻き込めば、さっそく鏡を取り出し仕上がりを確認する)

      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero18430.png

      ………うん。まぁ、んふふ。うん。これは…悪くないかもしれんな。
      ふふ。うん。有りじゃな。普通にいけるな。うん。良い良い。これは、あはは、いいな。うん。うん。
      (その後、数時間。ペリルは鏡を見ながら、様々な髪型を試してはそのたびに「いいな」を連発していたとさ…)
  • おぉ、これはおめでたい!私も祝いの酒に参加しましょうか(サンタの衣装つけている)
    その前に…阿部山君、いい子の君にサンタからプレゼントだ
    君の欲しい物が入っているはずだよ(と言って小さい箱を渡す) -- ムゥ? 2008-03-10 (月) 23:42:15
    • お主も知っておったのか!やれやれ…これはもう本当、酒場じゅうに知れ渡っていると考えた方がよいなぁ…
      (阿部山に渡された箱の中には、色とりどりの海綿が入っていた。カイカムリは海綿を身に纏う事が多いのだ)
      (最近オシャレのバリエーションにウルサイ阿部山にはこの上ないプレゼントだと言えた)
      あはは、よかったの阿部山。ほれ、ムゥに感謝の気持ちを込めてアレをやるぞっ。
      (阿部山は一礼すると、最近覚えたばかりのスリラーダンスを披露した)
  • ばーちゃーん!メリークリスm…取り込み中か…、クリスマスは皆幸せそうだなあ、お兄さん見てるだけでなんか嬉しくなるよ -- マッド 2008-03-10 (月) 23:19:44
    • わしもマー坊の活躍(と言っていいじゃろ)を見てると嬉しくなってくるぞ。
      ふふっ、勝手気ままな風来人というのも実に冒険者らしく、カッコいいではないか。
  • (年が明けるからのう。様子を見に来たぞペリル……。そうか……想い人ができたのだな……。
    幸せになるのじゃぞペリル……ぐすっ、妾はずっとお主が好きだったからな……幸せになるのじゃぞ……それではな……。) -- アメノミナカヌシ 2008-03-10 (月) 23:14:58
    • (ペリルが窓辺の小さなテーブルで書き物をしていると、ふいに懐かしい空気がペリルを包んだ)
      ……神さま?
      (答えるものはなく。冬の夜の静けさの中、薪の爆ぜる音だけが部屋に響く)
      (それでも何か確信があったのだろう。ペリルは東洋から来た冒険者仲間に作ってもらった、小さな神棚の下まで行くと、そっと、手を合わせた)
  • (グッと親指を立てる)ところで…お付き合いするのならエイティ先輩には気をつけて下さいね? -- ティガ? 2008-03-10 (月) 23:01:30
    • (少しはにかんだ笑顔見せる)
      ふむ、エイティというと…実力とそれ以上の下品さを併せ持つという、ティガ山の先輩のことじゃったか…
      ま、まぁさすがにわしの所までは来んじゃろ。何かと忙しい身の上のようじゃしな。……たぶん。
  • 幸せになるのだぞ・・ペリル・・ -- よっしー 2008-03-10 (月) 23:01:05
    • これこれ、ヨスィ男もちと気が早すぎやせんか。
      まぁとはいえ、うん。そうじゃな。これからのことはそりゃわからん。
      しかし今現在でいえば、わしはとても、とてもとても幸せじゃぞっ。んふふ。
  • やっぱペリルさんの幅は広いな、くくく。しかし、ここって色恋の噂ながれるの早いですよね・・・ -- ゼロキュー? 2008-03-10 (月) 23:00:40
    • んもー意地の悪い笑みを浮かべてからに…
      しかしまぁ、まったくもってその通りじゃよな。どーしてだか皆、いつも以上にわしのことをジロジロ見よる。
      大して気にしてなかったのに、なんかすごいことをしてしまったんではないか、という妙な気持ちになってくるわ。
  • おばあちゃんと狼か…まるで童話のような関係だな、だがそれがいい
    君たちのような見てて和む関係は羨ましいよ、本当に -- ホナミン 2008-03-10 (月) 22:48:05
    • 穂…っと、今はホナミンのお嬢ちゃんじゃったか。
      そこまで言ってもらえるとちと照れるが…ふふっ、やはり嬉しい気持ちもあるな。
      わしらを見て和めるかどうかはわからんが…そうじゃな。
      少なくとも人様に迷惑をかける関係にはならんつもりじゃよ。
  • はじめまして。山の上から六耳でずっとばあちゃん聞いてたけど、素敵な人だ。
    里に下りてあんまたってないから、ばあちゃんがよかったら今度買い物付き合ってくれ! -- 獼猴? 2008-03-10 (月) 19:50:29
    • これは元気のいい、可愛らしい坊ちゃんじゃな。うむっ、はじめましてじゃ。
      名は…ふむ、ビコウでよいのかの?んふふ、よろしくな、ビコウの坊ちゃん。

      山から街へ来たのでは確かに入用なものも多くあるじゃろ。
      どこで何を売ってるかもわからんとも思うしな。それくらいお安い御用じゃ。
      わしに任せておくといいぞ。買い物がてら街の案内もしようではないか。
      • やったあ!楽しみだぜ! 目一杯カッコいい服着てくな!でも、ごめんばあちゃんー…おれくりすますとか知らなくてなんもプレゼント持ってきてねーや…
        山でじいちゃんに貰った觔斗雲、いるかー?
        あ、そうそう!呼び名はビコウであってるよ。漢字だと難しいからカタカナにしたんだ! -- ビコウ? 2008-03-11 (火) 04:39:33
      • 何を謝ることがあるか。こうして出会えた縁こそが大事とわしは思っとるぞ。
        …って、これこれ。
        おじいちゃんからもらったものは大事にせんといかんぞ?
        それはきっと、ビコウが使うのが一番じゃろうしな。
      • 俺もばーちゃんとあえてよかった!じーちゃんからもらったの大切だけど、ばーちゃんも大切だからなー!
        でもばーちゃんがそう言うならやめとく! -- ビコウ? 2008-03-12 (水) 04:05:51
  • ばーちゃんばーちゃん! 酒場で聞いたんだけどワン公にコクられたって……(ペリルの瞳を見て、その一瞬で答えを得る)
    あー、いいや何も言わなくて。しっかり恋する乙女だよばーちゃん……しかし、ばーちゃんとワン公とはなー(座り込み、嘆息)
    先、越されちゃったね? -- アルマ 2008-03-10 (月) 17:32:20
    • ふふ。アルマのお嬢ちゃんが想像するような男女の関係とは、ちと違うかもしれんがな。
      長い人生、こういうのも悪くない。
      花に水、人に愛、そして狼には巣。…ははっ、なーんて気取ってみたりしてな。

      なに、アルマのお嬢ちゃんならきっといい縁がある。
      わしとて30年の人生、こんなことになったのは、あいつが初めてなんじゃしな。
  • おう、ちゃんと帰ってきたぜ・・・学者先生も無事なようで何より
    (狼には珍しい、心底安堵した顔でぶっきらぼうに呟いた)
    あーなんだ・・・取り込み中かすまねぇな・・・丁度いいし、出直すか・・・
    ・・・そうだ、あとで利子とやら、返してくれよ?・・・楽しみにしてっからよ・・・ハハっ
    (色々と言いたげだが、狼の頭の中で言葉はまとまらず、いつものように無愛想にそう言った) -- ベアウルフ 2008-03-10 (月) 04:51:08
    • まぁまぁそう急くな。今回の依頼も大変だったらしいではないか。疲れてるじゃろ?
      とりあえず何か飲むか?(棚から適当な酒などを見繕って)

      んふふ、それにしても案外律儀なんじゃな。てっきり毛くらいくれてやるとでも言いに来たのかと思ったぞ。
      (上目遣いで、冗談めかして言う。その顔は実に楽しげだ)
      ま、約束を守ると言った以上、それを破るわしではないからな。
      約束の毛と…(布に包んだ毛束をテーブルの上に置く)…そう、利子じゃったか。
      んー…そういえば特に決めてなかったのう……さてどうするか……
      (あごを爪で撫でながら、しばし思案。寄せた眉間がぱっとひらき)
      そうだ!のう、わんこや。なにか欲しいものはないか?
      なんでもひとつだけそれをやろうではないか。これなら利子として十分。文句は出まい?
      うむうむ、我ながら妙案じゃな。ふふっ。
      • ん、あぁ、そうかい・・・なら一杯貰うとすっか・・・(椅子に腰掛け、杯に注がれた酒を飲み干す)
        まぁ・・・毛くらいならどうでもいいんだがよ・・・んまぁなんつーか・・・そのなんだ
        (歯切れ悪く、酒を呷りながらブツブツと呟く)

        学者先生よ・・・本当に一つだけなら、一つだけならなんでも貰えんのか?
        ・・・俺はぁ・・・一つだけ、どうしても欲しいもんがあんだ -- ベアウルフ 2008-03-10 (月) 05:45:57
      • ふふん。わしがいい!と言っておるのだからいいに決まっとろうが。
        しかしなーんか怪しい口ぶりじゃのう……って、まさかわんこ!あ、阿部山を取り返しに!?
        しし舌の根の乾かぬ内に約束を違えるようなことは誓ってせんが、あああ阿部山はきっと
        この部屋が気に入っておるから連れてくのはててて手間じゃぞ!?
        そうそう!水槽とか洗うのはあれでなかなか細かい仕事じゃからお主では手が行き届かんのではないか!?
        その他エサに環境整備に…いやーやめておいたほうが良いと思うぞー。わし、嘘つかん人間じゃからー。
        (顔色をくるくると変え、あたふたとうろたえるペリル)
        (棚や道具箱をひっくり返し、様々なものを取り出しては「これなんかどうじゃ?」「これはオススメじゃぞ?」とさかんにベアウルフに薦める)
  • (ゆっくりと立ち上がり、目の前であたふたと、あれやこれやと薦めてくる半蟲半人の眼をしっかりと見つめた)
    学者先生よ・・・俺が・・・どうしても欲しいもんは・・・ ・・・ ・・・あんただ

    ペリル・ドット・・・あんたが欲しい・・・壊しちまいてぇような・・・壊したくねぇような・・・よくわかんねぇ気持ちだ
    ずーっと考えてた、足りねぇ頭必死に振り絞って考えてみた・・・他の奴とか見てずっと考えてた・・・
    俺はおめぇさんが好きだ・・・もう一度だけ言うぜ・・・俺はあんたが欲しい -- ベアウルフ 2008-03-10 (月) 06:16:42
  • (その言葉を聞き目を見開かせるペリル。驚きに口は半開き。心臓は小動物のように加速し、かっと顔が赤く染まる)
    (おもわず胸の辺りを押さえても少しも鼓動は収まらず、真っ直ぐと見据えられた視線は冗談には見えなかった)

    (…沸騰しきった脳は一回転し、ペリルを普段以上に冷静にさせた。ペリルは頭に浮かぶいくつもの行動、言葉の取捨選択をしていく)
    そうかー……そうかそうか。わしにはまだそういうのは、少なくとも10年以上先のことと思っとったんじゃがなぁ…
    (軽く目線を落とし、「そうかそうか」と何度も何度も繰り替えす)
    (そしてゆっくりと、ベアウルフの瞳を見つめ返し)
    …そう、ひとつだけなんじゃよわんこ。わしがお主にやれるのは『ひとつ』だけ。
    わしも一度しか言わん。よぉく聞けよ。
    (笑み。まさしく蟲惑的な顔をして、ペリルは言った)


    わんこが欲しいのは、わしの身体か?わしの心か?好きな方をひとつだけ、やろうではないか。


  • んじゃ・・・俺も1回しか言わねぇ・・・1回だけだぞ・・・ちゃーんと聞きやがれ・・・
    体は・・・無理やり奪えても・・・心はちげぇだろ・・・だからよ・・・俺ぁ・・・

    ペリル・ドット・・・あんたの心が欲しい・・・

    (見つめ返された眼を、瞬き一つせず、見つめつづけ、狼は、低く、重いが、優しい声で一言、答えた) -- ベアウルフ 2008-03-10 (月) 06:56:45
  • そ、か。
    (ほう、とひとつ、ため息をつく。その顔はもう、いつものペリルだ)
    ふふ。正直者には金の斧……てな。
    わしの心は誰にも動かん。今この時より、わしはお主だけのわしだ。
    わしが金の斧に足るかどうかは、これからのお主が見定めとくれよ。
    (にこりと笑ってそう言うと、手招きをし、ベアウルフにしゃがむよう言った)
  • ・・・(黙ってペリルの答えを聞き、少し安堵したように顔がほころんだように見えた)
    ん?あぁ・・・(手招きに応じて、ゆっくりと、しゃがみこんだ) -- ベアウルフ 2008-03-10 (月) 07:15:12
  • ……………ちゅっ……
    (ほぼ目線を同じくした鼻先に小鳥のようなキスをして、ペリルはベアウルフの背に回る)
    (そしてよく鍛えられた逞しい首へ腕を絡めると、耳元へ優しく囁いた)
    いつか…言ってくれたよな……わしをその背に乗せてくれると。
    ……それ、今でもかまわんか…?
  • (鼻先にキスをされ少し呆気にとられた表情で)・・・お、おう・・・任せな・・・俺の足は馬よりも風よりも速いぜ
    ペリル・・・あんたを乗せてなら、何処へだって連れていってやるぜ?
    ・・・ただし、しっかり掴まってなよ?振り落とされたら・・・口に咥えて走るぜ?
    (そういって、嬉しげに、とても楽しげに口を大きく歪ませ、牙を見せるように、他の誰にも見せたことがないような笑顔で、笑った) -- ベアウルフ 2008-03-10 (月) 07:31:51
  • ふふふっ。それでこそわしの男。それでこそ気高き人狼よ。
    (破顔一笑。心の底から楽しげなベアウルフにつられたように、ペリルも歯を見せて笑う)
    ああ、この腕を離すものか。お主が嫌だと言うまで、いや言ったとしても離しはせんぞっ。
    お主と行くところなら、どこだって楽しいに違いない。気の向くままに、どこへなりとも連れてっとくれ。
    (そう言うなり再びのキス。今度は口へ、十数秒)
    …ぷは…ッ………あははっ!いいなこれはっ。初めてなのに、何度でもしたくなるぞ。

    では行こうかベアウルフっ!!わしとお主の初デートへっ!

  • (その日、大きく・・・とても巨大な狼が方々で目撃された・・・
    その背には、楽しげに笑うあどけない少女が1人、風の如く、狼は駆け回り
    その遠吠えを聞いた者はこう語ったそうだ「もう寂しくないぞ」と言っているように聞えたと・・・

    狼は、その日、何処までも走れる、このペリル・ドットと一緒ならば、何処までも、何処までも・・・
    心の中で何度も呟き、また、一吼えしたのだった) -- 2008-03-10 (月) 08:44:36
  • ・・・先日は申し訳有りませんでした、ペリルさん。 
    (大きく息を吸い、言う。)・・・わたしの覚悟が決まりました、・・・今のわたしが、どうなっているか。 
    聞いていただけますか。(そういう彼女の手は少し震えている。おばあちゃん、と親しんでいた人に、それを知られるのが恐ろしいらしい。) -- アーミリア? 2008-03-10 (月) 03:23:34
    • (優しい微笑みで出迎え)なんじゃなんじゃ、ずいぶんと他人行儀ではないか。
      アミィが真剣に話したいことなんじゃろ?ならばわしは、何だって聞くぞ。
      (部屋に招きいれ、テーブルに着く)
      • (無言で、導かれるままに席に座る)・・・あ、あの。
        ・・・ペリルさん。・・・(何度か口を開いたあと、何も言えずに黙り込んでしまう) -- アーミリア? 2008-03-10 (月) 03:41:27
      • ん?なんじゃ?アミィ。
        (ペリルは微笑みのままアーミリアを見つめる。アーミリアが話し始めるまで、何時間だろうとこのまま待っているだろう)
      • (自分でその言葉を口にするのは、どうしても出来なかった。だから。)
        ・・・て、手を。・・・手を、握ってください。
        (そう短く言うと、自分の手を差し出した。・・・この手に触れてしまえば、アーミリアがどうなったのか、即座に解るのだろう。) -- アーミリア? 2008-03-10 (月) 03:52:27
      • ああ、手、じゃな。ああ、ああ。構わんよ。
        (差し出された手を4つの爪でやわらかく包む)
        (いつかアーミリアが逃げたとき、つてを頼ってアーミリアの事を調べたペリルは、彼女の現状を知らないわけではない)
        (ただ、全てが本当の話だったのだと認めざるを得なくなったのだ)
        (だからこそ、ペリルは笑顔を崩さない)
        アミィ…他にわしにしてやれることはないか?なんでもワガママを言ってくれてええからの。
      • ・・・いいえ。大丈夫・・・ペリルさん、・・・わたしは。(アーミリアは息を大きく吸い) 
        ・・・死にました。(言った。あとは簡単だった。流れるように言葉が出てくる) 
        悉く打ち据えられました。それも2度。1度目は死霊に全身を食われ、2度目はムカデに胸を貫かれて、死にました。 
        ・・・それでもなお、こうしてここに居るのは。・・・わたしが、まだ生きたいと、ここに居たいと望んだからです。 
        それをかなえたのは、キスケ、という男ですがそれは大した問題ではありません。 
        「わたし」が望んで、こう成り下がった。・・・だから、ペリルさんの前にはいけなかった。怖かった、否定されると思ったから。・・・でも(そこで一度、言葉を切った。) 
        ・・・でも、おばあちゃ・・・ペリルさんは、いつもどおりで。知ってないのかな、って安心して、
        でも、だったらそのまま知らないほうがいいって思ったから、逃げたの。・・・ごめん、ごめんなさい。ペリルさん・・・(そこまで吐き出すと、彼女は黙った。涙は出ない。・・・死人だから当然だ) -- アーミリア? 2008-03-10 (月) 04:12:09
      • 「成り下がった」なんて言うもんじゃない。自分を卑下する必要なんてないんじゃよ、アミィ。
        アミィはアミィ。ここにいるのは紛れもないアーミリア・ハルム。
        優しくて思いやりがあって、とびきり可愛いアミィのお嬢ちゃんじゃよ。
        (ペリルは席を立つと、椅子に座ったアーミリアを背中からそっと、抱きしめた)
        痛かっただろうに…辛かっただろうに…我慢なんて、せんでいい。甘えたいだけ、甘えとくれ。
        全部わしが受け止めてやる。アミィの生も死も、想いもぜんぶな。
        (一呼吸置いてから、にっこりと笑って)
        ……じゃからまた前のように、おばあちゃんと呼んではくれんか。
        好きなんじゃよ。わし。アミィにそう呼ばれるのが。
      • ・・・また、呼んでもいいの?・・・おばあちゃんて、呼んでもいいの?・・・(少しだけ。一瞬だけ、迷ったようなそぶりを見せる。)
        ・・・おばあちゃん。・・・おばあちゃん、おばあちゃん・・・!(そう、何度もペリルの事を呼んだ。) -- アーミリア? 2008-03-10 (月) 04:42:14
      • (抱きしめたままアーミリアの頭をゆっくりと撫でる)
        ん……アミィ…アミィ……
        (まるで自分の存在を確かめさせるように、ペリルも何度となくアーミリアの名前を呼んだ)
  • (暫く、そのまま抱き合っていた・・・。)・・・ふふ、恥ずかしい・・・。こういう時に、嬉し泣きでも出来れば、上出来なんですけどね・・・ふふ
    ・・・あの、おばあちゃん。・・・また。ここに来て、おばあちゃんとお話しても、良いですか・・・? -- アーミリア? 2008-03-10 (月) 05:14:20
  • 誰がなんと咎めようと、わしはアミィのおばあちゃんじゃよ。
    …うむ。いつだって来たいときに来とくれ……歓迎するぞ、アミィ。
  • やぁ婆ちゃん、無事で何より、もし婆ちゃんが死んじゃったらいらずゲフッ!ゲフッ!話し相手が居なくなっちゃうから本当に心配していたのよー
    しばらくは巨大な怪物依頼が来ないといいねぇ(どこかに悪戯のアイディアが沸く物が無いかと部屋を見回しながら -- ニトロン? 2008-03-10 (月) 01:59:20
    • んふふ。なーに、こうして訪ねてきてくれる皆がいるうちは死ねんよ。
      わしもニトロンのお嬢ちゃんと話すのは楽し…………タノシ…イ…クンクン…クン…
      (突如あふれ出るドス黒いオーラ)
      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero18013.png
      アレー…オカシイナァ……コノカヤクノニオイ……クンクン……オカシィナァァ……カイダコトガアルゾ…アノ…トンデッタカニノ……クンクンクン…
      (ニトロンの全身をくまなく嗅ぎ回りつつ)
  • どうしたの御婆ちゃん御婆ちゃん目が怖い怖いオバアチヤンメガコワコワゴメゴメひっ!ひぃぃー!(窓を突き破って逃げ出す) -- ニトロン? 2008-03-10 (月) 02:53:52
  • …………………ハッ!あ、あれ?ニトロンのお嬢ちゃんはもう帰ってしまったんか?
    まったく忙しい子じゃな…って、なんで窓が割れとるんじゃろ……?
    (首を傾げるペリルと、部屋の隅でガタガタしてる阿部山)
  • (この上の看板使いやすそう…)あ、あの…これ、貸して頂いてもよろしいでしょうか?
    その、代わりと言ってはなんですが…(バスケットから何かを探し)
    うなぎパイならぬかにパイです、お口にあえばいいんですけど…(ごにょごにょ) -- ティコ? 2008-03-10 (月) 01:10:34
    • こんなのでよければ自由に持ってってくれてかまわんよ、可愛らしいお嬢ちゃん。
      別にわしだけのもんてわけじゃないしの。使いやすいように編集して使うといいぞ。

      ほう、かにパイとはまた珍味じゃな。
      ふふふ…これはさすがのわしも初めて食べる菓子じゃよ……どれ(ひょいぱく) ……ほほう!悪くない!悪くないぞ!!塩味と甘味のなかに確かにカニが存在するっ!(ひょいぱく)
      いやーすまんのう(ひょいぱく)わざわざ(ひょいぱく)差し入れて(ひょいぱく×3)くれて(ひょいぱく×5)……あれ?
      (その後かにパイの製造元を突き止めたペリルはさっそく36個入りの箱を4ダース買って帰ったという…)
  • こんばんはペリルさん。こんばんはアベさん。今日もぶじでよかった。
    おれのしめいは君たちをまもることにある。なにかあればすぐによんでほしい! デクスの力は光そくをこえるからね! -- ケイタ 2008-03-10 (月) 01:03:04
    • 相変わらず頼もしいのうケイタの坊ちゃん。
      ひょっとすれば、今回の依頼でトカゲを引けたのはこのデクスの扇子のおかげかもしれんな。
      んふふ、頼りにしとるぞ。坊ちゃん。
  • おっす、婆ちゃん久しぶり!何でも今回は大仕事だったとか…でも大した怪我もないみたいで何よりだぜ -- ニッパー 2008-03-09 (日) 22:45:18
    • うむっ。ニッパーくんもちょっと見んうちに立派になったもんじゃな…男前のいい面構えしとるぞ。
      やはり仕事にプライベートにと充実しとるのが成長の秘訣かの?んっふふ。

      次の依頼は何かとネタになりそうじゃけど…ま、いろんな意味で気をつけて行ってくるんじゃぞ。
  • おばあちゃん無事でよかったよー…一個しか歳違わないのにおばあちゃんって呼ぶのも変かな -- ワルプルギス 2008-03-09 (日) 22:16:42
    • 好きに呼んでくれてかまわんぞ。
      わしも皆からそう呼ばれるのは、親しみがあって悪くないと思っとるからな。
      ま、わしのとこでくらいくつろいでいっとくれよ。
      普段は何かと激務じゃろうからな。ふふっ。(茶と菓子を用意しつつ)
  • うちの前に落ちていた似顔絵・・・あんたが描いてくれたそうだな。
    格好良く描いてくれたじゃあないか。ありがとな!飾っとく。 -- テツ? 2008-03-09 (日) 22:06:06
    • なに、かっこよく描けてるとしたらそれはモデルがいいというだけの話じゃよ。
      わしはテツの坊ちゃんみたいな子は好きじゃぞ。冒険、がんばっての。
  • 無事に戻られたようで安心しました…今後は余り無理なさらないで下さると助かる
    まぁ、祝いの酒を持ってきました。それと将棋盤も(と言って背中から色々とおろす)
    さて、それでは今日こそは勝ちますよ!(阿部山君を頭の上に乗せながら) -- ムゥ? 2008-03-09 (日) 20:26:12
    • 女には女の意地ってもんがあったりしての…無論、生きて帰ってくることが前提じゃがな。ふふ。

      おお、これはすまんな。………ふぅー、今夜の酒は特別うまい。よい酒だの、ムゥ。
      …これで超巨大トカゲとの因縁も、少しはカタがついた気がするの……(目を閉じ、くいっと杯を飲み干して)
      だがっ!わしとムゥとの因縁はこれからも続くでな!
      どうれ、軽ぅく揉んでやろうではないか!ふはっ…ふははははーーーっ!(デクスの扇子をズビッと開きながら)
  • 先ほどは補足ありがとうございますペリルさん。それにしても、誰が描いたのかしら。うふふふ…… -- ラプリア? 2008-03-09 (日) 17:41:10
    • なに、礼を言われるようなことではない。
      お主こそ難儀な体質とは思うがくじけないでな。

      …そうじゃね、誰が描いたんじゃろうね。プロテインじゃね。(明後日の方向を見つつ)
  • おかえりなさいペリルさん!ほんとに…いきてかえってくえてよかった…つぎはどうやらかんたんそうですし。
    うれしいついでにほっぺたすりすりするー! -- アトリア? 2008-03-09 (日) 15:39:33
    • うむ。ただいまじゃな、アトリアのお嬢ちゃんや。
      わしも一息下ろしたというところじゃよ。
      ふふっ、それにこうしてお嬢ちゃんのかわいい顔がまた見れるとはな。
      んん〜!うりうりーっ!(すりすりしたりされたり)
  • アレ描いてくれたのアンタだって?
    サンキューな、すっげー嬉しいよ!大切にするぜ!! -- シン? 2008-03-09 (日) 15:17:58
    • 喜んでくれたなら描いた甲斐もあるというもの。
      わしのほうこそあんまりカッコ良く描いてなれなくてすまんの。
  • キノコ学の博士か…あまり世界征服に役立ちそうではないな
    あぁそうそうペリルくん、君が蟹を好物としていると聞いたから持ってきてみたぞ、お近づきの印だから受け取ってくれ
    しかしカニ肉を大量に食べていると飽きないものなのかね -- ホナミン 2008-03-09 (日) 08:10:51
    • おーおーよく来たの穂波のお嬢………あー…えとー…ほなー…穂波のお嬢…ちゃん?じゃよな?
      (世界征服?ペリルくん?お近づきってなんじゃよ!?え、なにこのなに!?)
      あ、あはは…ありがたいのー…か、かに?まーそのー…カニは好物じゃからー…
      パンやミルクに飽きんようにカニにも飽きんのじゃよー…ははー
      (妙なキノコでも食べたんか!?双子の姉妹!?い、医者かの。とりあえず医者かの)
  • ひさしぶりだねペリルさん! ぼくのぼうけんはじゅんちょうだよ。ペリルさんもなにごともなくてよかった。
    今日はハロウィンというらしいけどおれにはよくわからない。とりあえず、このかぼちゃをあげるよ!(デクスのもんしょうを発動させながら。 -- ケイタ 2008-03-09 (日) 00:00:08
    • うむっ。そろそろ寒い時期じゃ。健康にも特に気をつけんとな。
      そういった意味でこのかぼちゃは非常にありがたいぞ!
      わしもがんばる。ケイタの坊ちゃんも気を抜かずがんばるんじゃぞっ。(デクスの扇子をババッと開きながら)
  • よっ学者先生、お互い大変そうな依頼ばっかだな、俺のほうは、同期についてこれる奴がいなくなったのか、俺に恐れをなしてか
    最近は1人、2人で依頼いくことが多いがよ…んまっ…俺は丈夫だからいけるがよ
    学者先生はあんま無理すんじゃねぇぜ?生身の人よりゃぁ丈夫そうだが、それでもガキ見てぇな身体してんだからよ
    (顎の毛を撫でながら上から下まで、ゆっくりと眺め、大きな口を歪めて楽しそうに笑った) -- ベアウルフ 2008-03-08 (土) 23:52:30
    • ふふん。心配してくれるのか?…そうかそうか。(目を伏せ、何かを得心したように喉の奥で笑い)
      …わんこ。わんこにだから言うがな。今、わしはとっても恐ろしい。怖くて怖くてしようがない。
      ほとんどもう、心臓を氷漬けにされた気分じゃよ。この身体の内のふるえを抑える術をわしは持たん。
      (語るペリルの顔は言葉とは裏腹、どこか微笑みをたたえて)
      でもなぁ、お主が、わんこがおるからなぁ……ははっ、もう負けてらんないじゃろ、これは。
      本当に…本当に怖くて今すぐ泣き出したくてもう嫌だーっ!て思ったって、お主にだけはなめられるわけにいかんじゃろ。
      (そう言ってベアウルフの元まで近づいていくと、ピンセットのような爪で、比較的長い毛をぶちりと数本引き抜く)
      …こいつはわしの借り。そしてわしは借りはきっちりと返す女じゃ。
      (毛を紐で束ね、大事そうに懐へしまうと、ペリルは普段誰にも見せない、外見相応の少女のような笑顔で言う)
      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero17747.png
      あははっ!わんこよっ!この毛が惜しくば戻ってこいよ。そのときは利子付きで返してやるからの!
  • (泣きそうな顔で)・・・おばあちゃん・・・。・・・おばあちゃん・・・、ごめんなさい・・・(そう行って、逃げ出そうとする。それと知らずに触れてしまえば、きっと驚いてしまう、そう思ったから) -- アーミリア? 2008-03-08 (土) 23:05:19
    • おおっ!アミィのお嬢ちゃん久しぶりじゃなっ!
      いやな、アミィの妙な噂も耳にしたしずいぶんと心配して…………………アミィ…?
      (様子がおかしいのに気づいて、ゆっくりと歩み寄る)
      ……どうしたよ…いったいなにが悲しいんじゃ…?
      わしでよければいつでも力になると言ったじゃろ……なぁ、アミィ………アミィっ!
      (近づくたびに後ずさり、ついに逃げ出すアーミリアのその手に、ペリルは目一杯腕を伸ばす)
      (伸ばした爪と逃げる指だけがかすかに触れる。一瞬の違和感。ペリルの中で噂話が現実味を帯びる)

      (アーミリアの姿はもはや遠くなっていた。もはや追いつきはしない。それに確かめることが――)

      (…渦巻く不安を抱えながら、ペリルはさらなる噂、情報を求めて酒場へと向かった)
  • おー巨大ラッシュ・・・頑張れペリルさん ・・・・・・気になってるんですがこの飾られてる肖像は娘さんですか? -- ゼロキュー? 2008-03-08 (土) 18:17:27
    • わしじゃよ!どっからどー見てもわっしっじゃっよっ!!
      むむん…ゼロ坊もしばらく見んうちになかなか言うようになったではないか…
      ああっ…わしは悲しい!悲しいぞ…っ!(およよと泣き崩れ)

      …とまぁそんなことも言ってられないんじゃよな。
      さすがに次の依頼、行程5日の冒険は初めてじゃからの。
      ふふっ、今のうちにたっぷりわしの顔を拝んどくんじゃぞ……なんてな。
  • 「おはようございますー、肖像画のお礼に来ましたー!めっちゃステキなやつをしかも三枚も!!どうもありがとうございましたー!!」
    『ナウなヤングにアモーレな流行語で言えばグッジョブってやつだ!!さんくすあろっと!!』 -- 柚七? 2008-03-08 (土) 07:46:13
    • 喜んでもらえたようでなによりじゃよ。
      ふふ、正直言ってしまえばその一言のためにやってるようなもんじゃからな。
      その歳での冒険は辛いじゃろうけど、がんばっての。応援しとるぞ。
  • 蟹の大好きな嬢ちゃんねぇ…俺は食わせらんねぇが、ちょいとした縁だ。豊漁祈願くらいなら叶えてやるさ -- 蟹神? 2008-03-08 (土) 01:06:38
    • むむん…どこかで見たような…わけないんじゃけどなぁ……ふむう…

      ま、わし自身がカニ漁に出向くわけではないんじゃがな、んふふ。カニの神さまともなれば
      会えるだけで十分嬉しいというもんじゃ。
      わざわざこんな場所まで挨拶に来てくれてありがとうの。蟹神さま。
  • なんだか呼ばれているような気がしたので来てみたんだよね ……なんだい?そんなに期待したってなかなか出るもんじゃなゥオェッ -- ゲロルト 2008-03-07 (金) 21:43:25
    • わし、どんなに不幸な境遇の冒険者よりもお主が一番かわいそうじゃと思う…
  • オマ…… 彼、無事に帰って来るといいですね。私もあなたとともに祈ります。 -- オゥマン? 2008-03-07 (金) 06:09:33
    • うむ。TPOをわきまえた行動ができるというのは素晴らしいことじゃな!

      ふふ、まぁわんこのことなら心配せんでもだいじょうぶじゃろ。
      どうせ腹がへったーとかなんとか言ってひょっこり顔出しにくるに決まっとるぞ。
  • (狼は、崖の上から、見目麗しい半蟲半人を目に焼き付けると、忘れえぬように、静かに家路についた) -- ? 2008-03-07 (金) 04:22:40
    • (かの人狼の受けた依頼を、このときまだペリルは知らない)

      (後日酒場で仲間たちと飲んでいると、誰かがふと、この無謀な依頼の話題を出した)
      (「ああそういえば例のでっけぇ狼。ペリル先生とも顔見知りでなかったかい?」)
      (「がはは!さすがにバカとしか言いようがねえって。強い強いって同期の間じゃおだてられてるけどよぉ!」)
      (口々に語られる嘲笑の言葉を、ペリルはただにやにやしながら聞いている)
      (アルコールが入りとろんとした半眼の奥に、意地の悪い笑みが浮かぶ)
      (「犬は鼻が利くぞ」)
      (ぽつりとつぶやいただけのその言葉は、なぜか飲み仲間たちの耳へ強烈に刺さった)
      (「犬は耳も良いぞ。脚が速いぞ。犬は特別賢いぞ」)
      (淡々とした語り口が酔いを醒ましていく。酒場の喧騒が遠のく。)
      (「そしてあいつは腕を使うぞ。人でもあるからな。そして獣でもある。ゆえにあいつは―――」)
      (誰かが唾を飲み込んだ。誰もがその音を聞いた。そしてペリルは、口の端をきゅうと吊り上げて、言った)
      (「――獰猛だぞ」)
      (…この日再び人狼の話題を出す者は誰一人としていなかった)

      (時は流れて9月。ペリルは自室に、一人では食べきれない大量の蟹と酒を買い込んできてから、冒険へと出立した)
  • なにこの美少女 -- 2008-03-07 (金) 03:55:18
    • 一番びっくりしとるのは わ・し・じゃ・よ ☆彡
  • 今日も物足りない依頼だったのね。でも今度は巨大な怪物…油断しちゃ駄目よ?(ぷにぷに -- パンチェッタ 2008-03-07 (金) 01:49:10
    • 何事も腹八分がちょうど良かったりするもんじゃよ。パンチェッタ。
      ふふっ、そういった意味では次の依頼は辛いもんがあるかもしれんがの。
      なに、はいどうぞと怪物に身を差し出しにいくわけではない。倒しに行くんじゃ。
      それにパンチェッタだって巨大討伐ではないか。お互い行程2日の討伐依頼。
      来月もまたこうして、顔を合わせような。約束じゃぞ?
  • HAHAHAHAHAHAHAHA!!!!(装着中のふんどしを喰いながら) -- ボプロの杖 2008-03-06 (木) 23:57:15
    • …ん?
      ……え?あ………あぁ!?つ、杖ぇ!?
      盆か!?盆だからか!?というか貴様なに口に入れとるんじゃ!?
      あっ!こ、こらっ!待てぇぇぇーーーーっ!!!
  • お邪魔するぞ・・これをうけとってくれ・・hero16757.jpgだ -- よっしー 2008-03-06 (木) 23:13:46
    • よ、ヨスィ男っ……お主というやつは…っ!
      うむ…ありがたく、ありがたく頂戴するぞ!

      …しかしその…アレじゃな…自分でいうのも何じゃが、わし…かわいいな……
      うん…すごいかわいい……ふ、ふふ…まだ美少女で通用するではないか…えへ、えへへ…
      (もらった肖像を眺めながらにやにやと)
  • ばーちゃーん! こないだのお礼にきたよー!(軽快に部屋に上がり)
    まず、新鮮なカニだろ? それに質の良いカニとありふれたカニと……(テーブルにカニを並べる)
    あとな、こんなの見付けたんだー♪(緑色の液体に満ちた透明なボトルを置いた。ラベルにはabsintheと書かれている)
    珍しいお酒で、アブサンっていうんだってさ! 名前でもう阿部山が頭から離れなくってさー -- アルマ 2008-03-06 (木) 21:13:09
    • あははっ、どうしたどうしたアルマのお嬢ちゃん。やけにごきげんじゃな。
      なんだか見てるこっちまで楽しくなってくるのう。
      (テーブルにカニと酒が置かれ、沢山のカニにホクホク顔のペリル)
      すまんのう、こんなに買ってきてくれて。そしてこっちは…ほぉー…わしも飲んだことのない酒じゃな。
      ふむふむ、きれいな色をしておる………んふ、そうだ阿部山よ。
      せっかくじゃからお前もアルマのお嬢ちゃんにごちそうになるか?アブサンというらしいぞ、これ。
      (ボトルを開け、ほんの少しお猪口についで阿部山の前に置く)
      (恐る恐るアブサンを舐めた阿部山は、その後半日はまっすぐに歩けなくなったという…)
  • むぅ…ムカデの毒の抗体を作ったので、知人に配ってるのだが…
    ペリルさんには不要だろうか?(小瓶をもてあましつつ)…阿部山君、にしたら何か変化しそうでもある
    むぅ…(とうなるムゥの背中を阿部山君が今日も滑って遊んでいる) -- ムゥ? 2008-03-06 (木) 17:09:02
    • ほほー…毒の抗体となぁ…
      なかなか手広いの、ムゥよ。
      (元気に遊ぶ阿部山を見つつ)
      とはいえ、確かにわしも阿部山もあまり使いそうにない代物じゃな。
      そいつはそれを必要とする他の者へあげたほうがよいじゃろ。
      んふふ。わざわざありがとうの。ムゥ。
  • お疲れ様ペリルちゃん。りザードマンとチーフじゃペリルちゃんには役者不足だったわね。それじゃあ今月も触るわ!…節度を持ってね、分かってるわ。節度節度…(なでなでなで -- パンチェッタ 2008-03-05 (水) 22:34:02
    • ま、あの程度であればそう問題なく討伐をこなせるようにはなったとは思うぞ。
      ってさっそくか!

      …たくもー……そう。節度じゃよ節度。
      ほれ…好きにせえ。(少し頬を赤らめつつ、目を閉じて)
  • そういえばよ、学者先生は何の蟲が半分混じってんだい?
    黒い角が美しいからよ、甲殻系の蟲だってぇのはわかるけどよ
    …いやまぁ、なんとなく気になっただけだからよ…答えづらかったら無理に答えなくていいぜ? -- ベアウルフ 2008-03-05 (水) 21:18:02
    • ん?どうしたどうした?わしのことが気になるか?わんこ。
      …んっふふー。ツノを褒められるのはわしとしても嬉しいことじゃからな。
      答えてやってもよいのだが、どういう蟲がルーツにあるかを知ると、いろいろと後悔するかもしれんぞ?

      わしは蟲人と区分され、確かに身体も蟲の部分と人の部分が混在しておるよう見える。
      だが本来ならば、わしらの身体は完全な蟲の形をしておるそうじゃ。
      なぜそうでないかと言えば、わしらの種族はもともと長寿で、丈夫な身体と優れた脳髄
      そして好奇心を持っておったそうでな。
      ようは学ぶこと鍛えること、進化することが好きだったんじゃよ。
      そうして幾千年の自身に対する研鑽を重ね伝えていった結果が、今の人型を作った…
      そんなふうに、わしは母様から教わったな。

      ちなみにわしが蟲の状態になると、超巨大サソリと超巨大ムカデとクモとダンゴムシを
      合わせた様な姿になるとだけ言っておこう。
      これこれ!想像するな想像するなっ!完全に変態することはまずもってない。安心せいわんこ。
      • ハハっそりゃスゲェな、超巨大サソリと超巨大ムカデとクモとダンゴムシを合わせた姿か…
        …想像してみたがよくわからなかったぜ…わざわざ教えてくれてありがとよ
        後悔したりはしねぇ、それによ、学者先生だけが、そういう姿に成れる訳でもねぇんだぜ?
        教えてくれた礼だ、秘密だぜ?学者先生だから教えるんだ
        俺も、人の形から、完全に狼の姿になれるんだぜ?、今よりも二回りは大きい巨大な狼によ
        馬よりも、風よりも速く、走ることができる巨大な狼に…そのうち学者先生なら背に乗せてやるよ
        (そういって狼は、嬉しげにとても楽しげに口を歪め、笑った) -- ベアウルフ 2008-03-05 (水) 22:55:02
  • 御婆ちゃ…ペリルさん、女性が酒場で襲われるのを良しとする旨を言っては駄目だよ…酒場はケダモノが多いんだから -- ティガ? 2008-03-05 (水) 21:17:36
    • ふふん。ティガ山よ。それは少し勘違いというものじゃな。
      時と場合という言葉がある。
      たしかにアーティは女性。一見すればきわどい状況を、ティガ山が放っておけないのも当然じゃろう。
      だがの、あの時あの場合……そう!はっきり言ってあやつは喜んでいた!!
      わしのこれまでの経験、そして女の勘がビビッと告げておる!

      公の場において風俗を守るのも大事じゃろう…しかしそれはがんじがらめということではない。
      ある種の相互理解というものがあれば、あのようなコミュニケーションの形も十分ありうるんじゃ。
      それを見分けてこその、ヒーローじゃぞ。ティガ山。
      • 成る程…守るばかりが、秩序を守るばかりが正しいという訳ではないのか…ありがとうペリルさん、また一つ賢くなったよ! -- ティガ? 2008-03-06 (木) 11:49:49
  • 阿部山ー、プール持ってきたぞー!(金だらいと数冊の本を抱え部屋に入る)
    水溜めるからちょっと待ってろな?(水道の蛇口にホースを繋ぎ)あ、なぁばーちゃん、塩とか入れた方がいいのかな? -- アルマ 2008-03-05 (水) 19:15:38
    • ま、普段はその辺の管理も気をつけてはおるがの。
      なーに、阿部山は強いカニじゃからな。水道水ごときではビクともせんに違いない。
      いうなればかえって免疫がつくというやつじゃな!のう、阿部山っ?
      (ペリルのほうを見て「いやいやいやいや」とはさみを振る阿部山)
      わははっ!気合十分とのことじゃぞ、アルマのお嬢ちゃん!
      よーしガンガン水を入れとくれ!
    • 任されたー!(だばだばと水を注ぎ、やがて水面が阿部山の胸(?)ほどまで来ると蛇口をひねり水を止めた)
      どうだ阿部山、気持ちいいだろ?(阿部山自身の気持ちはいざ知らず。人と蟹の異文化コミュニケーションの壁は高く厚かった)
      あーそうだばーちゃん、ちょっと聞きたいんだけど(持ってきた難解な学術書を広げ)解らない字があってさ……ばーちゃん学者様だから解るかなって -- アルマ 2008-03-05 (水) 22:18:42
      • わしも任されたっ!
        それくらいお安い御用じゃよ。
        さてと…んー…どれどれー……(引き出しからメガネを取り出し掛ける)
      • ここと、これとー……あとこっちのも……(それから暫く、ペリルはアルマの勉強に付き合わされた。持ち込まれた数冊の学術書はジャンルもまばらならば難易度もまるで違い、それは目的を持った「学習」ではなく知る事を楽しむ「遊び」である事が伺えた)
        ん、大分日が傾いてきちまったな……そろそろ帰ろうかな(立ち上がって)じゃあ、ありがとうばーちゃん! 充実した時間だった! 今度カニ持ってくるから! 阿部山もまたな! -- アルマ 2008-03-05 (水) 22:46:03
      • (ひさしぶりの、ちょっとした勉強にペリルはにこにこ顔。一方阿部山はげっそりとうなだれている)
        うむっ、わしこそ実に楽しい時間をすごせたぞっ!
        また機を見てお勉強しような、アルマのお嬢ちゃん。 では気をつけて帰るんじゃぞー!
        (ぶんぶんと手を振って見送るペリルと、のっそりと手を振る阿部山)
        (ペリルと阿部山は、アルマの姿が見えなくなるまでずっとそうしていた)
  • こんばんは、おばあちゃん、安部山さん・・・随分久しぶりになってしまいました。・・・ふふ 
    おばあちゃん、聞いてくれますか?・・・あのね、わたしに素敵な方が出来たのですよ・・・ふふ 
    大事な人に、おばあちゃんに、・・・それと、ほかのたくさんの友人。 
    まもる人がたくさん出来ました。・・・わたしは、護れるでしょうか、みんなを。 -- アーミリア? 2008-03-05 (水) 02:32:52
    • うむっ、どうやらそのようじゃな。
      まったくそんなに嬉しそうな顔しおって……んふふ、おめでとうの、アミィ。

      (そっと抱きしめ)
      だいじょうぶ。だいじょうぶじゃ…アミィのお嬢ちゃんなら、きっとだいじょうぶじゃよ…

      …もしそれでも元気がなくなったり、不安になったりしたら、そのときもまた抱きしめてやる。
      いつだって何度だって、わしはここでお嬢ちゃんを抱きしめてやるからの。
      だからアミィ。がんばっておいで。
      お前の信じる道を精一杯、後悔せんようにな。
  • こんばんはペリル……。カニを持ってまいりましたが、阿部山さんの前ではまずかったでしょうか……。
    6月は梅雨です。雨が多く振るので、風邪などを引かないよう気をつけてくださいね……。 -- 天照大神 2008-03-05 (水) 00:30:22
    • と、言っておるが、どうじゃ?阿部山。
      (そっぽを向いて、知らないふりをする阿部山)
      …ま、気にはしとるようじゃが、別に構わんと。
      んふふ、気にさせてすまんの。孫神さま。

      うむ。心配してくれてありがとうの。でも安心しとくれ。
      こう見えてもわしは大きな病気をしたことがないのが自慢のひとつでもあるんじゃ。
      孫神さまも、神さまだからというて油断してると思わぬ病にかかってしまうかもしれんからな。
      重々気をつけて、元気な顔を見せに来とくれ。
  • アドバイスをありがとう・・ -- ヨッスィー? 2008-03-04 (火) 21:33:39
    • ふふっ、わざわざこんなところまですまんの。
      お役に立てたようならなによりじゃよ。
      その身体で冒険者の道を選ぶというのも大変とは思うが、がんばってな。
  • やぁ、今日も寄らせてもらうよ…おや、阿部山君…うん?あぁ、すまないね。ゲームはないn…お、落ち込まないでくれ…むぅ、なら私の背で滑り台でもするかい? -- ムゥ? 2008-03-04 (火) 17:44:28
    • (ぶんぶんと頭を縦にふる阿部山)
      (何度も何度も上っては降り上っては降りを繰り返す)
      ふふっ。すまんのう、ムゥよ。
      どうも阿部山がお主の背を気に入ってしまったようでな。
      もう少し遊んでやってくれんか。
      わしはその間に酒でも買ってくるからの。
  • うーっすペリ公…冒険から無事帰ってきたんでおひつ返しに来たぞー。うん。実に美味かった…カニうめー…で、次は何を食わせてもらえるんだ…?ところでお前のペット美味そうだよな… -- おなかぺこぺ子 2008-03-04 (火) 16:49:58
    • ふふふ。ぺこぺ子よ、阿部山はただ黙って食べられるようなヤワなカニでないぞ?
      ま、それはそうとわしも最初は食べようと思ってたんじゃけどな。
      どーの料理本を漁ってもカイカムリの調理法がわからんかったんじゃよ。
      それに見てみよ、この阿部山の目を。知性の光が見えてはこんか。
      ならばと芸を仕込めば覚えに覚え、遊びを仕込めば日に日に上達する。
      まさに阿部山はカニ界が生んだ100万年に一度の逸材よ!!

      …とと、自慢話に熱が入ってしまったな。悪い悪い。
      というわけでぺこぺ子には中華カニづくしとして、カニラーメンとカニチャーハンとカニ玉を作ってやるぞ。
      すぐ準備するから、阿部山とボードゲームでもして待っとってな。
      • ZZZZzzzzz……ん…あぁ、話は終わった様だな。よしよし…
        …料理はスゲー楽しみにするとして…ボードゲームか…蟹公と…じゃあUNOでも…1枚になった時UNOって言わないと上がっちゃ駄目だからな… -- おなかぺこぺ子 2008-03-05 (水) 05:47:35
  • こんばんはペリルちゃん。……一ヶ月経ったわ、触ってもいいのよね?お姉さん我慢するのが大変で大変で…あ、その前にたいしたことはなさそうだけど治療ね(いそいそ …大丈夫よ、今日は本当に普通に撫でるだけよ -- パンチェッタ 2008-03-04 (火) 01:35:31
    • (治療されつつ)う、うむ…約束は約束じゃからの。
      一度決めたことを理由もなし反故にするわしではない。
      これからはー……その……節度…そ、そう、節度を持ってだな!
      ひとりの大人として恥じぬふるまいをするんじゃぞっ!
  • こんばんはペリル……子供の日だそうなので、柏餅を持ってまいりました……一緒に食べませんか……? -- 天照大神 2008-03-03 (月) 20:30:48
    • ふふっ、そういえばそういう習慣もあると聞いたことがあるの。
      柏の葉が子孫繁栄に繋がるとかなんとか。
      うむうむ。ぜひそうありたいもんじゃな。
      では一緒に食べようかの、孫神さま。
  • 久しぶりの悪戯なのよ〜、さて今日の商品はこちら、蟹型ロケット!見た目は何の変哲も無い蟹!しかし半径1m以内に近づくと天井を突き破って空高くへ飛んでいく!
    ちなみに制作費は金貨50枚よー、金の掛かる悪戯よー、さぁ貴方も今すぐでんって、こんなことしてる場合じゃないよー、テーブルに設置設置と -- ニトロン? 2008-03-03 (月) 19:21:21
    • http://notarejini.orz.hm/up/d/hero15996.png
      (コロ……マジコロ……ハンニンヲミツケシダイ……ソクコロ…)
  • えーと…その節はどうもご迷惑おかけしました!ほんまはもっと早くご挨拶にあがろうと思ってたんですけど、
    そう思ってた矢先にまた死んだり生き返っ;たりしてて、気付いたらこんな遅なってしまいまして!
    お近づきとお詫びを兼ねて市場で毛ガニ買うてきたんで、よかったら取っといてやってください! -- 柚七の柚? 2008-03-03 (月) 12:59:03
    • いつかいつかと待っとったぞ。
      …うむ、おかえりなさいじゃな。ユズのお嬢ちゃん。
      なに、迷惑なことがあるもんか。わしもお嬢ちゃんのことは好きじゃったからな。
      こうしてまた会える日が来てうれしいぞ。本当。

      んふふ。もちろん土産もうれしいんじゃがな、ほれ、頭を上げとくれ。
      お嬢ちゃんには、やっぱり笑顔が似合うと思うぞ。こんな感じのな。
      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero15616.png
      いちおう大きいのも用意してみたから好きなように使っとくれ。
      すこし時間はかかると思うが、今の服を着たちゃんとしたやつも準備中じゃ。
      しばし待ってての。お嬢ちゃん。
      • あらまー!めっちゃかわいいやんうちー!あかんわー、まさにこの肖像みたいになってまうわー
        いえーい!とか言うてみたりして…うわ恥ずかしっ!
        ありがとうございました、準備中ってほうも楽しみにしてますね! -- 柚七の柚? 2008-03-04 (火) 01:41:08
  • よ、学者先生おはようさん、今日はよ、巨大トカゲに行ってくるぜ
    まぁ、俺にかかりゃ巨大トカゲ程度は楽に討伐してくっからよ
    帰ってきたら喰うかどうかしらねぇが、巨大トカゲの丸焼きもってきてやるぜ?楽しみに待ってなよへっへっへ -- ベアウルフ 2008-03-03 (月) 12:08:57
    • 巨大トカゲの丸焼きなぁ…なんだか手間かかりそうなわりに、大味なイメージしかわかんのう……

      ふふっ、まぁお主が口だけのわんこでないことはわしが保証する。
      今回も思う存分に暴れてくるとよいぞ。
      そしてまた、ちゃんと顔を見せに来い。……約束じゃぞ?
      • ヘヘッ、超巨大トカゲって奴もたいしたことなかったぜ、俺の一撃で首落としてやったっつー話だ!
        …ただよ焼いてみたが…あんまり美味くなかったからよ、久しぶりにカニでも食わせて貰うぜ -- ベアウルフ 2008-03-03 (月) 20:07:48
      • (冒険を終えてから、そのままやって来たのかどうか)
        (ボロボロの格好をしたベアウルフの冒険譚に、ところどころ相槌は打つものの、じっと耳を傾けるペリル)
        (その顔は実に楽しげであったという)

        (…しかしその後、ベアウルフの身体に超巨大トカゲから受けた大きな傷があるのを発見すると
        「わしのとこより先に行くところがあるじゃろうが!」と叱り付け、部屋から蹴りだしたとさ)
  • お兄さんはオセロより五目並べの方が得意だな!そしてもっと言うと五目御飯のほうが好きだ!カニの五目御飯って美味しいかな? -- レーカ? 2008-03-03 (月) 07:46:29
    • やぁ…レーカのおじょーちゃん……(全身真っ白に燃え尽きている)
      ふふ、カニの五目飯か……用は具沢山の炊き込みごはんじゃからな…うん…うまいぞー…
      そりゃあもうわしがつくったカニ五目とくればうまいにきまっとろうが…はは…うん、大分うまいとおもう…
      たぶん……いや、ちょっとはあれかもしれないけどきっとうまいよ……うん………
  • オセロと聞いては黙ってはいられないわね…おばあちゃん、私とも一つ打ってみない? -- 穂波 2008-03-03 (月) 01:46:00
    • ほほーう、なかなかの自信じゃの。穂波のお嬢ちゃん。
      ふふふ、バニーになって少々戦闘のカンというものが鈍ってるのかもしれんぞ?
      まぁこのペリル・ドット。来るもの拒まずが信条よ!
      よかろうお嬢ちゃん!受けてたつぞ!!ふはっ、ふはははは!!(デクスの扇子をバッと開きつつ)
      ………
      ……

      (10分後、真っ黒な盤面と頭を抱えているペリル)
  • やぁ、今日はオセロというものを持ってきた。単純ながら奥が深くてね…おや?阿部山君やりたいのか。ハハハ、ではまずは阿部山君と勝負をしようか (10分後) (頭を抱えているムゥと喜んでいる阿部山と真っ白なオセロ盤 -- ムゥ? 2008-03-02 (日) 23:25:37
    • ふふふ、腕力だけが男ではない。やはりこちらのキレがないといかんよな(自分の頭を指しつつ)
      阿部山を甘く見てはならんぞ、ムゥ。
      なんたってわしがこやつに○×ゲーム仕込んでから早半年。
      オセロ・囲碁・チェス・将棋と来て、今はなんと麻雀の特訓をしとる最中じゃからな。
      山を積めるカニはいたとしても、そのまま卓に付けるカニなぞそうはおらんぞ!

      …と、自慢話はそこまでとして、実際は阿部山はまだまだ甘ちゃんよ。
      あと二、三度やればムゥが勝ちはじめて、そこからさらに五度ほど勝負すれば完全に阿部山のパターンは読めるはずじゃ。
      んふふー、ならばそんな相手とより、わしとのほうが燃えるじゃろ?ムゥよ。
      さっきのは準備体操とでも考えて、これから本番といこうではないか。
  • ペリルちゃん、とっても素敵だったわ(にこっ …ええと…怒ってる…かしら……?(おずおず -- パンチェッタ 2008-03-02 (日) 22:45:56
    • そんな顔をするなぁ…………………………べつに………お、怒っとるわけでは…ない……
      ただびっくりしたというか……慣れない…ことじゃったし……とくべつ、その、嫌というわけでも…
      でっ、でもそれはそれとしてだ!とりあえずパンチェッタは来月までおさわり禁止じゃ!!
      わしに触れること指一本まかりならんぞ!!それだけはこの場で約束してもらうっ!
      よいなっパンチェッタっ!?なっ!?
      (※あくまでペリルがされたのは、ふにふになでなでもふもふなでなでなでなでなでであり
      これはプロとして実績を積んだパンチェッタ医師一流の医療的行為ですので、無害です)
      • うう、分かったわ……(しゅん -- パンチェッタ 2008-03-03 (月) 01:03:05
  • せっかくだから、俺はこの沢蟹を選ぶぜぇ -- 越前 2008-03-02 (日) 20:37:14
    • んふふ。ついでにこれも持っていくとよいぞ
      つ[クチビルのかぶりもの]
  • (すっかり遅くなってすまんな、先日はご主人に不思議な形のチョコをどうもありがとう。一応お礼持ってきたけど、カニの方が良かったかなー?) -- ハリー 2008-03-02 (日) 17:39:43
    • (なに、心配するこた無いって!うちのばーちゃん菓子で嫌いなものってないから!
      ていうかある意味カニ好きでよかったよ。カニの次に菓子食ってるからさ、ばーちゃん。
      もしカニ好きじゃなかったらゼッテーまんまるになってた。ぷっくぷくの海の王状態だったもん)
      おーい阿部山どこじゃー!筋トレするぞー!
      (…おっと、もうそんな時間だったか。わざわざサンキューな、ハリー!
      ちゃーんとこいつはばーちゃんに渡しとくからよ!じゃアデュー!)
  • ロリババアをさがしてたらきました。しかもつのもちなかまじゃないですか!ちょっとそのつのさわらせてもらってもいいですか? -- アトリア? 2008-03-02 (日) 17:28:04
    • これはまたかわいいお嬢ちゃんが来たもんじゃの。
      だがお嬢ちゃん。
      ひとつ言わせてもらえば、そんな歳のうちから変な言葉を覚えてはいかんぞ。
      …え?わしより年上?
      そーかそーか、それはすまんことを言ってしまったな。許してくれよ(本気にしてない)。

      うむ、確かにわしとお嬢ちゃんはツノ持ち仲間じゃな。
      どうぞ好きなだけ触ってよいからの。んふふ。
  • はじめましてですね。酒場でブーメランを引き当てたのですがどうしようか考えていたらお礼が送れてしまいましたよ
    あなたにどこまで効果がでるかわかりませんが【コレ】お試しください -- ダイスキ? 2008-03-02 (日) 14:46:24
    • うむ。はじめましてじゃな。
      ちなみにわしは先月誕生日じゃったもんで、友人らにサプライズパーティー!をしてもらったぞ。
      いやまぁ、今は関係ない話なんじゃが無性に言ってみたくての。
      ブーメランというと…あれか、作りすぎたチョコなどを酒場へ持ってったときのじゃな。
      しかし残念なことに、医者のお主には風雲拳は必要なさそうじゃの。すまんな。

      (アンプルを受け取り)ん?これをわしに?
      ほほう、そうかそうか。お主、薬剤師でもあるのか。
      えーなになに……びや………(一瞬迷う)………ま、まぁせっかくの贈り物じゃしな。
      使うかどうかは別にして、ありがたくいただいておくぞ。ダイスキ。
  • ………(カニありがとうペリルさん 鍋にしていただきました お返しの魔除けの葡萄入りカイムキャンディーです 今日も無事に帰ってきてね) -- カイム? 2008-03-02 (日) 12:49:15
    • うむっ。カイムにお願いされて聞けないわしではないからの。
      生きてまた帰ってくると、確かに約束するぞ。
      チョコではなかったようじゃが…喜んでもらえたようでなによりじゃな。んふふ。

      ほほう…これが噂に聞くカイムキャンディーか。
      では冒険のお供に持ってくとするかの。
      それじゃ、行ってくるぞ、カイム。
  • チョコありがとうペリル! おいしかったよ! お礼にこのデクスのもんしょう入りのせんすをあげるよ! すさまじい力をひめているよ! -- ケイタ 2008-03-02 (日) 11:34:20
    • そうかそうか、ケイタの坊ちゃんはちゃんとチョコだったんじゃな。よかったよかった。
      ふふ、扇子とはまた渋いの。大事に使わせてもらうぞ(扇子を受け取る)
      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero15212.png …ふは…ふはははは!!すごい!ちからがみなぎってくるぞ!!あーっはっはっは!!
      (その後数日間、ペリルは口調が妙な感じになったとさ…)
  • 前回角言ったものだけど、ヒャッハー言ってみるもんだな!くくくっ、ベアウルフより先に角に触ってやったぜ -- 2008-03-02 (日) 10:29:43
    • はぁ……お主のう、そんなことで見栄をはっても仕方あるまい?
      先とか後とか考えていると人生損だらけじゃぞ。
      第一、わしはツノくらいなら求められれば誰にだって触らせてやるわ。
      無論あのわんこにだっての。
      わんこならきっと、お主のように順番なぞ気にせんぞ。
      ふふっ、どちらがより男らしいかは、聞くまでもないよな?
  • やあペリル・・・この間は、チョコありがとう・・ハートのおっきい奴、冒険持っていって食べたけど美味しかった
    ありがとう(なでなで)・・・んー、お返しはどっちが良い?(毛ガニとズワイガニを両手に持っている)・・・・チッチッチッ・・ハイ時間切れ、没収
    ・・・・ウソだ、はいどうぞ・・(両方渡す -- ヴォルフ 2008-03-02 (日) 04:21:40
    • ヴォルフーーーーッ!そいつをよこ………って、ふぅ……なんじゃ、冗談か。
      んもー、いつの間にかこんな悪い子になってしまって。んふふっ、わしゃ悲しいぞ。

      とりあえずチョコ系を引けたようでなによりじゃよ。
      いちおう、確率的には半々でチョコなはずなんじゃがの…どうも皆別のものを取りたがってな…
      うむっ、お返しありがとうの。ヴォルフ。猫の軍人さんにもよろしくな。
  • 阿部山がでたぜ…まぁ、仲良くしてんならそれでいいさ
    …昼間によ、市場で美味そうなマグロって魚とイカって奴のサシミってもんを見つけたんだ
    最近東洋の酒、日本酒って奴にこってんだがよ…学者先生も一杯どうでぇ?なかなか美味いもんだぜ -- ベアウルフ 2008-03-02 (日) 04:12:05
    • ほう!日本酒とは、なかなかいい目のつけどころではないか。あれは良いものよな。
      …って、わんこも微妙にハズレを引いてしまってたのか……なんだか責任感じてしまうの…
      ま、まぁあれじゃよ。互いに無事なら、来年も再来年も機会があるというもの。
      今はそれで勘弁しとくれ、わんこ。

      そういえばマグロもイカもひさしぶりじゃな。
      好物ではあるが、カニのために遠出はしてもマグロやイカのために遠出はせんからの。
      ではさっそく……ほれ、わんこも杯を持たんか。それでは酌ができんじゃろう?
  • ペリルちゃん、ハズレだったわ……。いいもん、お姉さんはペリルちゃんをもらうからいいもん!(ふにふになでなでもふもふなでなでなでなでなで -- パンチェッタ 2008-03-02 (日) 02:11:04
    • ううっ…ぱ、パンチェッタは特別にもうひとつ持っててもー……
      あ、あのパンチェッタ…?わしの…は、話をだな…
      だからその目が怖いんじゃて……いやお願いだから……………くっ!南無っ!
      (ふにふになでなでもふもふなでなでなでなでなでされる)
      ああわわああうあうああうああああああ…………

      (暗転)

      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero15196.png ……………………ぁ…ぅ……ひっく…
      (※イメージ画像)
  • きのうは お楽しみでしたね -- 2008-03-02 (日) 12:41:28
  • うるさいばかもん!あっちいっとれ!……ぐすっ…
  • バレンタインはありがとう、残念ながらハズレだったけど・・・一応これ、お返しです つ(コンブ) -- カラッパ? 2008-03-02 (日) 01:58:17
    • わははっ!鴨がネギをしょってやってくるとは正にこのことじゃなっ!
      これはもう据え膳いただかねば恥も恥よ!!
      さてとコンブということは鍋を所望かの…………って………………あ…もしかしてわし、声に出しとった…?
      うっ!嘘じゃって!おいカラッパ!ひとりの大人として冗談ぐらい解さんか!!
      ちょっこれ!!あっ、もう!あああああーっ!!
  • オバァーーチャーン!!乳首チュッチュサセテェーーー!!! -- ボプロの杖 2008-03-01 (土) 22:46:09
    • http://notarejini.orz.hm/up/d/hero15190.png <ヘイヘイヘイ!ピッチャーびびってるー!
  • すみません、カカオからチョコの精製に失敗したので代わりに冒険で拾った綺麗な陶磁器のお皿を置いておきます -- ティガ? 2008-03-01 (土) 21:42:47
    • おぉう…ゼロ坊に続いてティガ山までもカカオの餌食に…
      ちと来年は考えなおさんといかんのう…
      うう、許しとくれよティガ山。

      これはまた……よく割れ物を持ち帰ってきてくれたの。大変じゃったろ?
      ふふっ、いい仕事しとるぞ(皿を叩いて音を聞きながら)
      大事に使わせてもらうからの、ありがとうな。ティガ山
  • ですよペリルさん。カカオからチョコを作るのは非常に困難でした。えぇ、本当に。 もし、甘すぎるのだったら、ワインと一緒にのんでください。それ用に一本ありますんで -- ゼロキュー? 2008-03-01 (土) 20:50:37
    • あちゃぁ…そうか……ゼロ坊はカカオを当ててしまったんじゃな……
      しかしそこからチョコを作るとはさすがゼロ坊。
      素直に凄いと思うぞ。

      さてと…ほほう。これは食べたことがない菓子じゃな。
      確か、クレープとかいうやつじゃったかの?
      うむ。実に女心をくすぐる匂いがする……では、いただきまーす。
  • 私が出たのはカニだったよ…えぇ、チョコではなくカニそのもの…なので、芸はないかもしれないがこれを つ「カニ味噌合えの茹でカニ料理」 -- ムゥ? 2008-03-01 (土) 20:32:02
    • うむぅ…わしとしては大当たりとして入れておいたんじゃがのう……
      やはりああいう日とあっては、カニの絶大な魅力よりチョコが勝ってしまうか……
      許しとくれよ、ムゥ。

      そういえばムゥの料理をいただくのははじめてかもしれんな。
      ふふっ、ではさっそくじゃが、お手並み拝見といこうかの。
  • こんにちは、ペリル嬢。ほわいとでい、のお返しに参りましたボストンです。
    ルーレットで当たったのが安部山さんでしたので3倍カウンターのルールに従い、3匹のカニをどうぞ。(自ら取ったのであろう取れたてのカニを置いていく) -- ボストン 2008-03-01 (土) 20:11:17
    • これはまた活きのいいカニじゃの。ふふっ。
      いや、わざわざすまんな、ボストン。嬉しいぞ。
      カウンターといえば人狼なんてのがおったが、討伐依頼にも狼王などというのがいるらしいからの。
      出会ったときは気をつけるんじゃぞ。
  • 初めまして。だ。…飯食いづらそうな手ぇしてるな。……それよりもカニを寄越せ。腹が減ってるんだ私は -- カプリス 2008-03-01 (土) 18:29:50
    • ふふっ、どこで話を聞いたのやらな。
      とりあえず落ち着かんか。腹が減って気が立つのはわかるがの。
      この手のことなら心配せんでもよい。
      なんたって生まれつきこうなんじゃから、そりゃ自然とこの手での食べ方が身につくんじゃよ。

      さてと、もう少し腹は持つか?
      もし大丈夫なようなら、わしが特製のカニ料理をふるまってやるぞ。
  • おい、ロリババァ。一度いいから触らせろ!・・・その角に -- 2008-03-01 (土) 12:06:41
    • 今度のはずいぶん口のひんまがった輩のようじゃな…
      ま、このツノはわしの自慢のひとつであるからして、触らせるくらいやぶさかではないがの。
      ただし、アルマのお嬢ちゃんからもらった角入れの上からな。
      http://notarejini.orz.hm/up/d/hero15031.png
      ふふん。直接触りたいと思うのならば、今度はきちんと来ることじゃな。
  • こんにちはーペリルさん。バレンタインってことでチョコ飲料どうぞー。蟹エキス少量入れときました。 -- メンベル? 2008-03-01 (土) 06:19:25
    • おおー。よく来てくれたのうメンベル。久しぶりじゃな。
      しかしこれはまた珍しいものを……(一瞬何かが動く)……………め、珍しいものをもってきてくれたの…
      なんていうかもう、カニエキスどころの騒ぎじゃない気がするが…う、うむ。ありがたくいただくぞ。
      わしの作ったやつからも、好きなの持ってってくれてかまわんからな。
  • こんばんはペリルちゃん。…お姉さんをひやひやさせないで頂戴?その怪我は正直寿命が縮むわ……。チョコレート食べながらでもいいから、治療をさせて頂戴? -- パンチェッタ 2008-03-01 (土) 00:19:15
    • ん…こんばんは、パンチェッタ……
      ふふっ、子供らの前で痛そうな顔はできんからの…ちと無理してたら、また傷が痛みはじめたわ…
      丁度よく来てくれてありがたいぞ。

      一時はどうなるかと思ったがな…皆生きて帰れたんじゃ。これ以上を望みはせんよ。
      (チョコにひとくちかぶりつき)……ん…優しい甘さじゃな、パンチェッタ。世辞抜きでうまいぞ。
      口に合うかどうかわからんが、よかったらわしのも持っていっとくれ。~ はは、下ごしらえだけでも冒険前にしていって正解じゃったわ……いつつ…
      • しょうがないおばあちゃんね…(治療中)… はい、これでいいわ。少しは痛みも引いたかしら。じゃあチョコをもらうわね -- パンチェッタ 2008-03-01 (土) 02:12:41
  • おばあちゃん、安部山さん。今月は聖ヴァレンタインの月なのでチョコを持ってきました。 つ「七味入り柿ピーチョコ」 
    あと、お小遣いを頂いたので、毛蟹を買ってきました。一緒にたべませんか? -- アーミリア? 2008-02-29 (金) 21:56:11
    • アミィのお嬢ちゃんもチョコを持ってきてくれたのか。うむ、うれしいぞ。
      …ほほー、アミィのはあまり見ない形のチョコじゃな。ふふ、どんな味がするのかの。
      ではお返しにわしの作ったやつから、好きなのをどうぞ、じゃ。

      しかし毛蟹とはまた豪勢なものを買ってきてくれたの。
      別にお小遣いは自分の欲しいものに使っていいんじゃぞ?
      ……わざわざ、ありがとうの。アミィ。

      ん。ではさっそく一緒に食べるとするか。
      アミィの買ってきたカニじゃ、んふふ、うまいに決まっとるぞ〜
  • ちゃっはー虫のお姉さん!先日はお年玉ありがとうね!今日はバレンタインディだけど蟹とチョコは合わないから普通のチョコをあげるよ!食べてね -- レーカ? 2008-02-29 (金) 20:42:12
    • さすがのわしもカニチョコなどは遠慮願いたいからの。
      んふふ、ありがとうな、レーカのお嬢ちゃん。

      そうそう、わしも今年はチョコづくりに挑戦してみたんじゃよ。
      たくさん作ったから、好きなのを持っていってよいぞ。
  • おばあちゃん、ご挨拶が遅くなってごめんなさい。
    あけましておめでとうございます。安部山さんも。 ・・・おばあちゃん、悲しいときは、誰にだってあります。 
    そんなとき、おばあちゃんの傍に居てくれる人がいいな、って思います。私じゃなくても。 
    ・・・でも、できればわたしがいいな・・・なんて -- アーミリア? 2008-02-29 (金) 05:57:31
    • 何を謝ることがあるか。
      …こうしてアミィのお嬢ちゃんが顔を見せに来てくれるだけで、それだけでとっても嬉しいんじゃよ。
      (抱きしめて)…もう…お嬢ちゃんの年頃くらいの子は、そんなこと考えなくてもよいのにの…この子は……
      でもその優しさは、確かにわしを救ってくれているぞ……ありがとうの、アミィ。

      …ん。では改めてあけましておめでとうの。お嬢ちゃんの分もちゃーんと用意してあるから、ぜひもらっとくれ。
      つ[お年玉]
  • ペリルばーちゃんのマンコってどこにあるんですか? -- 2008-02-29 (金) 04:54:04
    • ……ポチッとな> http://notarejini.orz.hm/up/d/hero14318.png
  • あけましておめでとう虫のお姉さん!お兄さんこれで居て二十歳オーバーだからね!お姉さんに落とし蟹をあげよう! -- レーカ? 2008-02-29 (金) 02:41:50
    • あけましておめでとうの、レーカのお嬢ちゃん。
      ふふっ、この歳になってお年玉ならぬお年ガニを貰うとはの。
      じゃ、せっかくじゃからこれと交換こということにしとくかに?
      つ[お年玉]
  • ばーちゃんあけおめー! 遊びに……どした、大丈夫か?(なでなで)
    アレか、ゲス狼にいじめられたか? -- アルマ 2008-02-29 (金) 01:34:00
    • アルマのお嬢ちゃんか…ちょいと待ってての。今、顔を洗ってくるからな。
      (洗面台へ行き、やや乱暴に顔を洗ってくる)
      …あはは、心配させてすまんかったの。ちょいと、まぁ、な。
      別にあのわんこに何かされたわけではないからな、安心しとくれ。

      ああそうじゃった、挨拶が遅れてしまったか。うむ、あけおめーじゃよ、アルマのお嬢ちゃん。
      ではよいこでやさしいお嬢ちゃんにも、はい、どうぞ。
      つ[お年玉]
  • ペリルさん、知人がいくのは悲しいものですね…乗り越えるべきものですが…今日だけは、今日くらいは彼女のために、酒を飲みましょう。彼女が好きだったお酒で、ね… -- ムゥ? 2008-02-29 (金) 00:37:29
    • (部屋から顔を出すペリル。まぶたが赤く、腫れぼったくなっている)
      …ああ、ああ。そうじゃな。今日は存分に偲ぼう。
      わしらの声をお嬢ちゃんのとこまで響かせんとな。
      …途中で酔いつぶれてはいかんぞ、ムゥ。
      お主には、今日は朝まで付き合ってもらうからの…
  • ペリルちゃん、あけましておめでとう。お祝いにカニを持ってきたんだけど…みんなからもうたくさんあるわね。どうしようかしら?(くすくす -- パンチェッタ 2008-02-29 (金) 00:28:15
    • あけましておめでとう、パンチェッタ。
      なに、ことカニのことに関してはわしに心配など無用じゃぞ。
      んふふ。というわけで今日もお主の厚意に甘えさせてもらうかの。(にこにこ顔でカニを受け取り)
      パンチェッタは……お年玉をあげるほうじゃよな。……ひょっとして残念じゃったか?
  • 明けましておめでとうペリル……。今年もよろしくお願いしますね……。
    お祝いに蟹を持って参りました、良ければ食べてください……。これからも仲良くしてくださいね……。(頬を撫でながら。 -- 天照大神 2008-02-28 (木) 23:23:33
    • あけましておめでとうの、孫神さま。
      いやはや、皆が孫神さまを拝みに行くのに混雑する中、孫神さまのほうから来てもらえるのだからわしは幸せ者よな。
      心配なんてせんでも、わしと孫神さまはずっと仲良しじゃよ。
      カニもありがたくいただくからの。では孫神さまにも、はい、どうぞ。
      つ[お年玉]
  • や、やぁ婆ちゃん、あけましておめでとう、お正月と言えば毎年老人が餅に喉を詰まらせて亡くなってるのよー、婆ちゃんも気をつけるのよー -- ニトロン? 2008-02-28 (木) 15:43:31
    • うむ。あけましておめでとうの、ニトロンのお嬢ちゃん。
      ふふっ、心配してくれるのは嬉しいが、わしの身体はまだ老人ではないぞ?
      それよりも、わしとしてはお嬢ちゃんの様子が妙なのが気になるんじゃが…
      何か困ったことがあったら相談してくれてよいからの。
      ま、それはともかく。お正月といえばこれじゃよ。はい、どうぞ。
      つ[お年玉]
  • おばあちゃん、おばあちゃん・・・あの、蟹味噌の事・・・きっと、悪い人じゃないと思いますから、そんなに起こらないで上げてくださいね・・・? -- アーミリア? 2008-02-28 (木) 07:18:32
    • はぁ……アミィのお嬢ちゃんにお願いされちゃ、それを聞けぬわしでないわ。
      うむ。人生には寛容の心こそ大事じゃからの。
      たとえカニのこととはいえ、過ぎたことをいつまでも根に持っていてはいかんよな。
      ふふ、怖がらせてすまんの。アミィ。(なでりなでり)
      (この時ペリルの瞳孔が開き気味になり、噛み締めた唇の端から少量の血が垂れていたのは秘密である)
  • (靴下に世界の甲殻類図鑑 と書かれた本を詰め込んで去っていった) -- ? 2008-02-28 (木) 04:25:46
    • (最近は向こうが気をつけるようになったのか、ペリルが慣れたのか。あるいはその両方か)
      (ペリルはその図鑑に、以前のように特定できるほどの臭いを感じることはなかった)

      (贈られた図鑑は、ペリルが小さな頃から何度も繰り返し読んで育った図鑑の最新版だった)
      (実家に置いてきてしまった懐かしい品、それにまつわる数々のエピソードを思い出して、ペリルの中で様々な感情が渦巻く)
      (気付いたときには、両の目から涙があふれ出ていた。幸せな涙だった)

      (……この後、ペリルはこの不思議な贈り物の話を幾人もの友人たちに語った)
      (その中には、もちろん、ぶっきらぼうなサンタクロースも含まれていたことだろう…)
  • はぁ、外寒っ……ばーちゃんメリクリー!
    これ、プレゼントな!(赤い毛糸の角入れを渡す)
    阿部山には靴下だぞー(足の一本一本に靴下を履かせる)……シュール!
    おっ、スゲェ蟹だ! ちょっともらっていいか? -- アルマ 2008-02-28 (木) 00:35:07
    • おーおーよく来たの。寒かったじゃろ…っと……?(角入れを受け取り)
      ……これは、また…ふふっ、確かにこういったものがあるとは聞いたことがあるが…わしなんかでも似合うかの…?
      こういうものは、もうちっと若い女がつけたりするもんで…んむ……
      (もぞもぞと履かされるままの阿部山)
      (やがて全ての足に靴下を履くと、具合を試すように足をトントンさせたり、部屋を歩いたり)
      ま、カニに関してはニトロンのお嬢ちゃんに感謝、ということで。
      好きなだけ食べていってくれての。んふふ。
      (言うとペリルは鏡台の椅子に腰掛け、角入れに角を通す)
      (最初は少し恥ずかしがっていたようだが、鏡で姿を見るうち、気に入ってきたようだ)
  • ちゃっはー虫のお姉さん!何?蟹パーティー。それじゃあお兄さんは蟹の茶碗蒸しが良いな!銀杏は苦手だから入れないでね -- レーカ? 2008-02-27 (水) 23:47:42
    • うむっ、了解したぞレーカのお嬢ちゃん。
      しかし銀杏が苦手とはもったいないの…わしなぞむしろ、母様に
      「子供は銀杏みっつまで」
      と厳しく躾けられたもんじゃったが…ま、好みは人それぞれよな。
      〜♪何か他に具になりそうなものは〜(鼻歌を歌いつつ、材料を探す)
  • まあ、かにがいっぱい…凄い量だわ。せっかくだから皆でなべにでもしましょう? -- パンチェッタ 2008-02-27 (水) 16:54:18
    • いろいろ気にかかるが、さすがに捨てるワケにはいかんしの……
      ここはニトロンのお嬢ちゃんのご好意に甘えるとするか。
      ふふっ、この量があれば、鍋だろうとなんだろうと作れるぞっ!
  • おばあちゃん…さっきニトロンのところで凄い怖い顔してたけどどうしたの? -- 穂波 2008-02-27 (水) 09:36:03
    • http://notarejini.orz.hm/up/d/hero13456.png    し    ら    な    い    の    う  
  • http://notarejini.orz.hm/up/d/hero13465.jpg
    ヤァオバァチャン・・・キョウハネ、オバァチャンガカニガスキッテキイタカラ、タクサンカッテキタンダ、タベテ、タベテー -- ニトロン? 2008-02-27 (水) 00:12:31
    • わあ〜!まさにカニの一個師団じゃあ〜〜…っていったいどうしたんじゃニトロンのお嬢ちゃん!?
      いきなりこんなに大量の…わしでも2週間は持つ量のカニじゃぞ!?
      な、なんか悪いやつに脅されたりしたのか?それとも金を使わないと死ぬ病気にでもかかったのか?
      変なトラブルに巻き込まれてるならわしに相談してくれればいつだって力になるぞ!?
      …お、お嬢ちゃん!?返事をせんかっ…へん………お嬢ちゃーーーーーんっ!?
      (肩に手をかけゆさぶりながら)
  • 大丈夫ですよペリル……。お婆ちゃんはいつも貴方の傍に居ます。そして、いつかまた貴女と再開するでしょう……。
    お婆ちゃんは貴女のことが大好きだったのでしょうね。私がそうだからわかりますよ……。(抱きしめながら。 -- 天照大神 2008-02-26 (火) 23:48:36
    • (軽く身を預けて)ん……そうじゃよな………
      …孫神さまも、優しいんじゃの……うん、大丈夫。もう平気じゃからな…
      ありがとうの…孫神さま……
  • 早速森の中の洞窟だったから、沢蟹たくさん釣ってきたわよ!から揚げにして食べましょうペリルちゃん。そっちのワンちゃんも食べる? -- パンチェッタ 2008-02-26 (火) 23:43:52
    • でかしたパンチェッタっ!ふふ…この一月の辛抱はなかなか堪えたぞ!
      なぁに、わんことてカニを揚げてしまえばこっちのもんじゃよ。
      匂いにつられて腹が鳴るに違いがないわ!
      ではさっそく油を準備せんとな!えーとなべなべ…
  • こんばんは、・・・えと、おばあちゃん・・・ふふ、少し照れます・・・ こんばんは、小さなカニさん。 
    今日は東洋のマーボードウフという料理を作ってみました。 あまり辛くしては、皆さん食べられませんからそんなに辛くしてません。 
    よろしければ如何ですか? ・・・あ、小さなカニさん用にも、ちゃんと餌を持ってきましたよ つ「にぼし」 つ「そんなに辛くない麻婆豆腐」 -- アーミリア? 2008-02-26 (火) 23:22:19
    • うむ。こんばんは、アミィのお嬢ちゃん。
      んふふ、お嬢ちゃんの声は耳に気持ちよいのう。
      (ペリル、阿部山共に受け取ると、阿部山のほうは少しずつにぼしを口に運び始めた)
      ほほー、マーボードウフならわしも知っておるぞ!
      まぁ食べたことはないんじゃが…どれ、一口(ぱく)
      …ほぉ…これは(ぱくぱく)…なかなか…(ぱくぱくぱく)美味では(かちゃかちゃぱく)ないか……ん?(鍋の中は空だ)
      …………むぅ……これはすごい料理じゃな…味見のつもりが食い尽くしてしまったわ。
      これはやはりアミィのお嬢ちゃんのコレかの。コレ。(右手で左の二の腕を軽く叩くジェスチャーをしつつ)
      いや、実においしかったぞ。ごちそうさまじゃ、アミィのお嬢ちゃん。(阿部山も若干の前傾姿勢を取る)
  • カニとは仲良くやってんだな・・・ってかカニって芸を覚えるもんなんだな、知らなかったぜ
    あぁ、あとよ、来月はリザードマンらしいってきいたからよ、まぁ気をつけてくれや・・・
    ・・・箱のカニ、貰うぜ(部屋に座り込み、無言でカニを貪っている -- ベアウルフ 2008-02-26 (火) 22:33:17
    • 何を言うか。そういうお主もリザードマン退治と聞いておるぞ。
      つまりこの場合は「お互い気をつけて」が正解じゃろ?わんこや。
      無論、心配してくれるのは嬉しいことじゃがの。
      (座り込んでカニを貪るのを見て)
      …ふふっ、がっつきおって。もう。
      お主にも体面があるじゃろうから、外では無頼でおるのもよいがの。
      いつでもその調子じゃあ疲れはせんか?
      わしの部屋でくらい、ゆっくりくつろいでいけ。な?
      (テーブルの上を片し、酒や軽くつまめるものを用意している。「こっちに座って食え」という意味らしい)
      • 俺は問題ねぇんだよ、トカゲ程度に遅れをとるほどやわじゃねぇからよ
        ・・・ま、最近ちょっと疲れてるからお言葉に甘えさせてくつろがせてもらうぜ・・・
        学者先生は変わってんな・・・あんた見たいな奴、本当滅多にいないぜ・・・-- ベアウルフ
  • こんばんはペリル……。今日も無事でよかったです……。
    今宵も良い夜空です……阿部山さんと貴女と私と一緒に見に行きませんか?(手を繋ぎながら。 -- 天照大神 2008-02-26 (火) 20:20:35
    • ふふっ…そういえば孫神さまのおばあちゃんも、よくわしのことを心配してくれてたの…
      なんだかちょっと…思い出してしまったな…はは…(涙目を乱暴に着物の袖でぬぐって)
      …うむっ!それは良い申し出じゃよ。
      ではさっそく行くとするかの、孫神さまっ。
  • 手紙ありがとう、お気遣いは凄く嬉しいよ でも俺はヒーローだからもう誰かの前では泣かないよ あ、カラッパさんこんにちは…え?阿部山?はじめまして阿部山(握手しながら -- ティガ? 2008-02-26 (火) 16:07:16
    • (ヒーローと握手できて、多少テンションの高い阿部山)
      うむ。それがお主であるというなら、そうするのが一番じゃよ。わしは応援するぞ。
      でももし、どうしようもなく辛いとき、いつでもわしのところに来ていいんじゃからな。
      それは覚えておいての。
  • ふふ、小さなカニさんも、こんにちは。 
    あの、皆さん「おばあちゃん」と呼んでいますが、わたしも、おばあちゃんと読んでも宜しいのでしょうか? 
    いえ・・・駄目でしたら、よいのですけれど。 -- アーミリア? 2008-02-26 (火) 15:08:22
    • (片方のはさみを上げ、挨拶をする安部山)
      何を言うか。好きに呼んでくれてかまわんよ。
      呼ばれてみると、これがなかなか親しみがあって悪くないもんじゃしな。
      ではこれからはわしも、アミィのお嬢ちゃんって呼んでもよいかの?
  • やっぱりアレかねばあちゃん
    餌を変えると阿部山も色変わったりするのか?(阿部山に青魚食べさせながら) -- アルマ 2008-02-26 (火) 11:59:16
    • (あごを小さく動かして、青魚をぱくぱくぱくぱく食べる阿部山)
      どうなんじゃろなーアルマのお嬢ちゃん。
      確かにそうだったら、いろいろおもしろそうではあるが…ふふ、試してみる価値はあるかもしれんのう。
      阿部山には立派ないい男、もといカニになって欲しいからな。
      うむ。目の覚めるような青色をしたカニなぞ、なかなかかっこよくて良いかもしれんの。
  • 今日はちょっとお話があって…囲碁ですか?それは話の後で… 実はこのような事がありまして。まだまだ私も未熟だと知りました…ん?阿部山君、励ましてくれるのかい?君はいい子だね(頭を撫でつつ -- ムゥ? 2008-02-26 (火) 11:51:48
    • (撫でられるままおとなしくしている阿部山)
      ほほー…ムゥもなかなか酔狂な。
      わざわざわんこの散歩についていくとはの。
      …ま、人の裏、裏の裏。そのまた裏の裏の裏。
      ひとりの人間をひとつの枠で囲ってしまうのは危険なことじゃからな。
      ふふっ。何事も勉強じゃな、勉強。
  • ロリババァ結婚してくれ! -- 2008-02-26 (火) 09:19:21
    • はぁ…まーたお主か。
      まぁ前のとは違うのかもしれんが、どのみち顔も見せぬのでは有象無象と変わらんぞ。
      よいか、わしが欲しいのなら、お主の持てる全てでわしを落としてみせろ。
      存外わしも、そういった男を待っているのかも知れんぞ?んふふ。
  • 今日は花札で勝負を…おっと、これが噂の「阿部山」ですか。どれどr(ガチン…何故、はさまれたのだろうか…?(足をはさまれたまま阿部山持ち上げつつ -- ムゥ? 2008-02-26 (火) 00:26:02
    • ふふっ、すまんすまん。お主なら皮膚が破けることもないかと思っての。
      力は強くないから、別に大して痛くないじゃろ?
      おわびとして、お主には最初にこれを見せてやるから許しとくれ。
      (阿部山をムゥの足から離し、床に置く)
      …これっ、阿部山!ムゥに謝りっ!ごめんなさいするんじゃ!
      (はさみを地面につけ、若干の前傾姿勢を取る阿部山)
      ……どーじゃよ!?これっ!昨日徹夜して仕込んだ新芸「土下座」っ!!
      なかなか見事なもんじゃろっ?の?の?
      (あべさん は どげざ を おぼえた!)
  • ちゃっはー虫のお姉さん!阿部山(あべやま)さんは可愛いなぁ、カニとか食べるんだろうか? -- レーカ? 2008-02-26 (火) 00:02:57
    • 結論から言うと食うぞ。
      わしもどんなエサが良いのかと思ってちょいと調べてみたら、まぁ何のことはない、雑食とのことじゃったからの。
      でも実際、阿部山にカニをやるくらいならわしが食うから、阿部山の口にカニが入ることはまずないと思うがな。
  • こんばんは、ペリル……。カニを飼い始めたのですか、何だか格好良いですね……。
    ペリルも阿部山も可愛らしくて見ていると安心します……。 -- 天照大神 2008-02-25 (月) 20:49:21
    • うむ、こんばんは。孫神さま。
      それにしてもよかったのー阿部山ー。神さまに褒められたんじゃぞー。
      ま、わしのほうもこんな顔でよければ存分に見てってくれてかまわんからの。んふふ。
  • 私、クラーラと申します……その手は……ああ、申し訳ありません。ハーフの方を初めて見たもので……申し訳ありません(安部山を撫でる) -- クラーラ 2008-02-25 (月) 20:02:21
    • あはは、謝るでない謝るでない。
      そもそもこちらが気にしとらんのだから、お嬢ちゃんが気にする必要もないんじゃ。そうであろ?
      …ふふっ、よかったのー阿部山ー。こんな可愛いお嬢ちゃんになでてもらえて。うりうり。
      (おとなしくされるがままの阿部山)

      ま、お嬢ちゃんさえよければ、これから仲良くしてくれると嬉しいぞ。
      わしはペリル。ペリル・ドットじゃ。よろしくの。
      つ[カニ肉]
  • 阿部山お前かわいいなー 身の危険を感じたらいつでも俺のところにくるんだぞー
    それじゃあ俺は飼い主が帰ってくる前に帰るよ、元気にやれよー阿部山 -- カラッパ? 2008-02-25 (月) 19:12:20
    • (片方のはさみを振り上げ、バイバイをして見送る)

      (その後部屋に戻ってきたペリルは、阿部山がなんとなく嬉しそうにしてるのを発見する)
      (あべさん は おみおくり を おぼえた!)
  • カニが言うことを聞くところ初めて見たわ…すごいのねペリルちゃん(ほっぺふにふに
    じゃあ今度、依頼で森へ行ったときにでもついでにサワガニを獲ってくるわね。ふふふ、腕が鳴るわ-- パンチェッタ 2008-02-25 (月) 18:53:37
    • こやつはまさに海綿のごとく!仕込めば仕込むだけ芸を覚えそうな勢いよ!
      サワガニの件、ぜひよろしく頼むぞっ。期待しておるからの!
  • ・・・31歳との事ですが、それ以上にお年を召しているのですか?・・・不躾な質問でした、申し訳ありません・・・ -- アーミリア? 2008-02-25 (月) 04:37:14
    • や、これはまたちんまくて可愛いお嬢ちゃんじゃな。
      ふふふ、31で合っておるよ。話し方が年寄りくさいのは、くせとでも思っとくれ。
      わし自身そのへんはわかっておるから、別にお嬢ちゃんが頭を下げなくてもいいんじゃよ。

      ところでお嬢ちゃん、お腹は減っとらんか?よかったらおやつどうぞ、じゃ。
      つ[(カニ味噌を抜かれ、失意の中捌いた)カニ肉]
  • にゅふん、今日は何の悪戯をするかよー……そだ、今日はここにある蟹の蟹味噌のみを片っ端から全部抜いてみよう、うへへー蟹味噌のない蟹達に恐れおののくがいいよー、あ、蟹味噌って案外美味しい…… -- ニトロン? 2008-02-25 (月) 02:34:31
    • (外出から帰ってきて、惨状を目にする)
      ピキ http://notarejini.orz.hm/up/d/hero13021.png !? パキ
      ……あ…?………あぁ…ン…?なンだァ……こりゃァ……
  • ●こないだの冒険は大変でしたなぁ…まぁ、また将棋を打ちながら酒でも飲みましょう -- ムゥ? 2008-02-25 (月) 01:51:37
    • わしもなかなか知り合いとパーティーを組むことがないからの。
      肝は冷えたが…実に、楽しい冒険だったぞ。
      んふふ、将棋以外にも碁でも花札でも麻雀でもなんでも受けて立つからの。
      いつでもかかってきてよいぞ、ムゥ。
  • ちゃっはー虫のお姉さん!食べるだけじゃなくて飼育も始めたんだって?溢れる蟹愛だね!クラブ・ラブ・クラブ! -- レーカ? 2008-02-25 (月) 01:47:53
    • うむっ。さしずめ蟹蟹clubとでも言ったところかに!
      どうじゃレーカのお嬢ちゃん。ちょいとわしの阿部山を見ていかんか?
      これでなかなか可愛いやつでな。ほれ、阿部山!あれやるぞ!
      ふふ…刮目するんじゃぞー…………例のポーズっ!
      (声を聞き、ゆっくりと両のはさみでバンザイする阿部山)
  • (ニヤニヤする優男を見つけて軽く舌打ちをする)・・・よ、よぉ学者先生、カニは喰わずに飼うことにしたのか・・・ ・・・ ・・・ 今日は特に用もねぇから帰るわ、邪魔したな -- ベアウルフ 2008-02-24 (日) 23:23:07
    • なんじゃなんじゃ。大きな口のくせに歯切れが悪いのう。
      どうした?また腹でも減っ…………た…かー……?(帰っていく後姿を、不思議そうに見送る)
      ……むぅ…なんじゃ?やって来たそばからそそくさと…

      あ、ひょっとしてわんこのやつ、腹でも痛めたんかのう。
      それならそうと、言えば薬のひとつでも出してやったのに。
      まったく…あれだけカニ泥棒しといて、妙なところで意地張りおってな。くくく。面白いやつ。
  • …お姉さんなんだかあのわんこが悪人に見えなくなってきたわ…。そういえばお姉さんの実家ではよくサワガニやザリガニを釣っていたものだけど…ペリルちゃんはその辺は好きなのかしら?(なでなでふにふに -- パンチェッタ 2008-02-24 (日) 23:22:05
    • もちろんじゃよ!サワガニ見てから唐揚げするの余裕でしたってくらい好きじゃよう!
      ザリガニは食べたことこそないが、しかるべき調理をされたものは美味と聞くからの。
      きっと好きになると思うぞ。
      パンチェッタもなかなか良いところにいたんじゃな。ふふ、うらやましいのう。

      ま、骨の髄からの悪人なんてそういないもんじゃし、いたとして、そういうやつは大抵その顔を隠しているものよ。
      その点で言うなら、表にしてるぶんあのわんこは可愛げがあるというもんじゃ。
      要はあれ以上悪くはならんというわけじゃからな。
  • こんばんは、ペリル様……。今宵は夜空が綺麗です。一緒に見ませんか……ああ、でも私が居ると明るすぎて無理ですね。
    少し残念です……。 -- 天照大神 2008-02-24 (日) 22:59:24
    • 何を言う。明るいのが孫神さまなんじゃから、いちいち気にする必要なんてないんじゃよ。
      ぼんやりとした星、薄く輝く真昼の月というのも、趣があって良いではないか。
      それにな、茶と菓子と話があれば、どこだろうと楽しいもんなんじゃよ。んふふ。

      そうそう、わしは呼ばれ方にこだわりは無い人間なんじゃが、さすがに神さまに「様」をつけられるのは妙な気分がしての。
      よかったら、これからはもっと普通に呼んでくれんか?
    • わかりました……。ペリル……これでよいのですか? フフ、何だか気恥ずかしいですね……。
  • (上手くやってるみたいだな、わんこ)心配は・・いらないな、くくく・・・(ドアの前に良質な殻切り鋏の入った箱を置いて行った -- ヴォルフガング 2008-02-24 (日) 19:01:45
    • ん?…………ほほー、これはまたなんとも…
      うむ。さすがヴォルフ、良い目利きをしておる。やはり探し物にかけてはお手の物なのだろうな。

      とはいえ、顔くらい見せていってもとは思うが……まぁ、あやつも何かと忙しい身じゃからの。
      今の酒場であやつの話を聞かぬ日はないほどじゃし。ふふっ、なんだか自分のことのように楽しみだの。
      …………がんばるんじゃぞっ、ヴォルフ。
  • (2足歩行の巨大ロブスターが現れた) こんにちは、ボストンと申します。こちらに甲殻類に詳しい学者殿がいると聞いてきたのですが……。 -- ボストン 2008-02-24 (日) 12:00:45
    • むぅ、妙なウワサが立ってしまったようじゃな…
      わしは単なるカニ好きの元学者じゃよ。ま、エビだって好きじゃがの。

      しかし槍を使うとはなぁ……ちともったいない気がするが、いろいろ仕方ないものな。
      これは餞別じゃよ。お主の鎧はあれでなかなか柔らかいからの。
      つ[高級傷薬]
  • (親しげな目で見つめる) -- AMIDA 2008-02-24 (日) 11:54:48
    • (自爆しちゃ  だ め じ ゃ よ   と、アイコンタクト)
  • ふむ………あ、物珍しそうに見てしまって申し訳ないです。何しろ半蟲半人は初めて見たので…… -- ワルプルギス 2008-02-24 (日) 08:39:32
    • ふふっ、よいよい。見たいだけ見ていってくれてかまわんよ。
      お主の顔はわしも知っておる。んふふ。さしずめこの酒場の女神とでもいったところか。
      …うむ。近くで見るとなおさらそんな感じがするの。美人に産んでくれた親御さんに感謝せんとな。

      こうして会ったのも何かの縁。これからはぜひよろしくの、ぷるっぷる。
      (他の人がそう呼んでるのよく聞くため、これが本名と思ってる)
      つ[カニ肉]
  • やっぱアイツ絶対いい奴だよな……っていうか下手したら童t……よう、虫のばあちゃん! 遊びに来た! カニ缶突っついて酒でも呑もうぜ! -- アルマ 2008-02-24 (日) 02:07:52
    • うむっ!よく来たのアルマのお嬢ちゃん。いいタイミングじゃよ。
      今ちょうど鍋の真っ最中でな。
      ま…とあるアクシデントのおかげで、実に惜しいことに完成度としては9割の鍋なんじゃが、それでも味は保障つきじゃぞ。
      夏に鍋というのは、これがなかなかいい感じに酔いが回っての。ふふ。良いんじゃよ。
      さ、こっちじゃこっちじゃ。上がっとくれ。
  • (近くに来たから立ち寄ってみたものの・・・やっぱりここは危険だ、はやく家に帰ろう・・・) -- カラッパ? 2008-02-24 (日) 01:57:51
    • やあ!カラッパ「さん」!きぐうですね!ちょっとわしらとなべでもつつきませんか!
      おいしいおなべなんですよ!なんていうかもう!カラッパ「さん」がいてくれれば「かんぺき」っていうか「かんせい」ってかんじなんです!
      ね!ちょっとたべていきましょうよ!ね!ね!ねぁーーーーっ!?待てっ!待てぇーーーっ!!

      ……………………くっ……!フレンドリーに行けば大丈夫じゃと思ったんじゃがのう…
      いっそのこと……ふ……ふふ……や、やっちま(以下具体的な犯行計画が続く)
  • ちゃっはー虫のお姉さん!真夏だけどカニ鍋やろうよ! -- レーカ? 2008-02-24 (日) 00:43:55
    • よしきたっ!望むところじゃレーカのお嬢ちゃん!
      キンキンに冷やしたエールも十分な残ってたはずじゃからな…
      すぐ準備してくるから待っとってくれよ!
  • よぉ学者先生いるか?昨日のはまぁ、ちょっとした冗談だよ冗談へへっ、今日はちゃんとしたカニもってきたぜ?・・・
    まだ生きてるし食用にも向かねぇらしいけどなあとはまぁ・・・なんつーか・・・んだ・・・えっとだな・・・
    学者先生が・・・笑ってくれんなら・・・贈り物も悪かぁねぇな・・・雌は物貰えば喜ぶもんだってのは知ってるしよ -- ベアウルフ 2008-02-24 (日) 00:43:32
    • んふふ………かーわいいやつめ。雌だの雄だのと、そんな理由づけなんて必要ないんじゃよ。
      わんこが、わしのためを思って持ってきてくれた。それが嬉しいと言っておるんじゃ。
      気持ちを贈り物に込めて渡す。そうして相手が喜んでくれる……すてきなことじゃよな。
      これからの人生、いろんな者に今のわしみたいな気分を味わわせてやるんじゃぞ。
      今のわんこならその気持ち、わかるはずじゃからの。

      さてこのカニじゃが…うむ。せっかくだからここで飼うことにするか。
      名前は…そうじゃなぁ…阿部山がよかろう。ふふっ、いいカイカムリになるんじゃぞ、阿部山。
  • こんばんは。どうやらお婆ちゃんがお世話になっていたみたいですね……ありがとうございます。私はアマテラスと申します。アメノミナカヌシの孫です……これからもよろしく。(蟹を差し出しながら。 -- 天照大神 2008-02-23 (土) 23:39:28
    • ほうほう…(顔をしげしげと眺め)………うむ、確かに感じがあるの…
      お嬢ちゃん…いや、神さまの孫じゃから孫神さまじゃな。
      孫神さまのおばあちゃんにはな、むしろわしのほうが世話になってたんじゃよ。
      こちらこそ、これからよろしくの。
  • はじめまして、茸研究の論文を読んだ事があり、一度お話したいと思っていましたよ。特に、このような姿になりましたのでね…それとカニがお好きと聞いて用意しましたよ。後でお食べください -- ムゥ? 2008-02-23 (土) 20:10:32
    • これはどうもわざわざ…しかしすみません。今の私はもう研究者ではなくなってまして…
      あまり貴方を楽しませる話はできないと思います。
      それでもよければ、これも何かの縁。是非ゆっくりしていってください。
      …今は互いに冒険者の身。堅苦しく話すのも何か妙な気分でしょう。
      私もしばらく、こういう話し方をしていなかったもので、なんだかむずがゆくなってきました。
      お互い余計なものは外してしまいませんか?それが研究室の代わりに私たちが得た自由というものです。

      ん。こほん。では、ムゥ。改めてよろしくの。混じり物ではあるがわしも蟲。何か困りごとがあれば相談しとくれよ。
      このカニはさっそく今晩にでもいただくぞ。ふふっ、わざわざ来てくれてありがとうな。
  • 相変わらずここの狼は和むわね、その内挨拶に行ってみようかしら -- 穂波 2008-02-23 (土) 07:48:54
    • ふふっ、穂波のお嬢ちゃんは若くて可愛い顔しとるからの。
      行くときは笛でも持つなどして、気をつけて行ってな。
  • ・・・なんでぇこりゃ・・・リンゴの・・・菓子か・・・甘めぇな っとなんでぇ、学者先生起きてんのか、・・・あーなんだ、市場で美味そうなカニみつけたからよ・・・やるよ -- ベアウルフ 2008-02-23 (土) 06:43:11
    • ほほう!わんこもついにカニに目覚めたか!
      うむっ、やはりわしの目に狂…ってこれエビじゃろーがっ!!エっ!ビっ!じゃろーがっっ!!!
      まったくもうっ、わしはともかくお主の目に狂いがありすぎじゃよ!このっ!
      (「この馬鹿わんこ!」と続けようとして、口をつぐむ)
      ……………………まあ、贈り物をあしざまにののしるわしではない。
      …お主なりに考えて、わしが気に入るだろうと思ってカ……エビを買ってきてくれたんじゃろ?
      ならば、うむ。ありがたく、ありがたく頂戴するぞ。

      …んふふっ。のう、わんこよ。
      贈り物って、もらう方はもちろん嬉しいが、するほうも、なかなか嬉しいもんじゃろ?
  • ペリル姉さんー、遊びに来たよー(蟹を一つ足す)。ところでー、称号をー、変えないのはー。こだわりー? -- フッァク? 2008-02-23 (土) 01:26:07
    • お、よく来たの、フッァクのお嬢ちゃん。歓迎するぞ。
      (カニをカニ箱にしまいつつ)ん?称号?…あー、そういえばそんなのもあったの。
      いやなに、特別何かあるわけではないんじゃよ。
      ほれ、称号の申請に行くたびに「今日から駆け出しでお願いします」とか「魔術入門者でお願いします」とか言うのもどうかと思ってな。
      そろそろ冒険者になって1年半とはいえ、まだまだ分からないことだらけ。ぴよぴよのひよっこじゃもの。
      ならば称号なぞ登録したときのままでよかろ、というわけじゃ。
      まぁいつかは変えるかもしれんが……ふふ。つまらん解答で申し訳ないの。

      …おお!そういえばちょうどマー坊からケーキをもらってたんじゃ。お茶の準備をするから、ちと待っててな。
  • すまない…蟹を一つ貰っていくよ…蟹鍋にすれば湯気で泣いても分からないだろうから 俺は………無力だ………(蟹を一つ持って出て行く -- ティガ? 2008-02-22 (金) 23:17:58
    • ……………………ティガ山……

      (後日、ティガの元へ手紙が届く。内容はこうだ)

      私が君にしてやれることはあまりに少なく、そのことが私はつらくて仕方ない。
      だからせめて、君が何かを話したいときは、いつだってその話を聞こう。
      君が辛いときには、いつだってそばにいよう。あたたかい料理で君をもてなそう。
      だから、困ったときはいつでも訪ねてほしい。
      私はいつだって、君を歓迎するから。

      ――君の友人 ペリル・ドット
  • こんばんはよー、少し通りかかったから挨拶しに来たのよー、よろしくよー(まだ悪戯はバレて無いみたいよー、さて次は何をして遊ぶかよーうへへへ -- ニトロン? 2008-02-22 (金) 22:47:05
    • うむ、こんばんは。……えーと、何のお嬢ちゃんだったかの。
      おかしいのう。お嬢ちゃんとはこの前酒場ですれ違っただけだと思うんじゃがな、どーしても何回か会ってる気がするんじゃよ…
      いかんなぁ、この歳でもうろくするとは…最近頭を使ってないからかもしれんなぁ…

      ま、わしの都合なぞ関係ないか。
      ではこれからもよろしくの。えーと…ふむふむ(名を聞く)。うむ、よろしくの、ニトロンのお嬢ちゃん。
  • ねぇ、カニのお姉さん。そこでスッポンを捕まえたんだけどカニじゃなくてカメでも食べれる? -- レーカ? 2008-02-22 (金) 22:39:18
    • むむん…そりゃまあ、スッポン自体は食べられる生き物じゃし、わしも別段嫌いではない。
      だがあいにく調理の仕方がわからんでな……ううむ、酒場のマスターが知っているともちと考えづらいしの…
      さて、どうしたもんか…
  • 今月や来月は盆に祭りじゃ。なかなか楽しいのう。一緒にどこかいかんかペリルや。外に出るのが億劫なら妾が別世界へ誘おうぞ。(鳥居を出現させながら。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-22 (金) 20:22:24
    • ははー…いやはや、持つべきものは神さまじゃな。
      わしもいろいろと予定は立ててたんじゃが、せっかくの誘いとあらば、やはり異世界を覗いてみたいの。
      危険なとこでなければ、どこだって喜んでお供するぞ!
  • わたしをむしするなんてなまいきよこのとしま! -- こうりんのわーむ? 2008-02-22 (金) 19:26:19
    • 〜〜♪(口笛を吹きつつ沼2つタップ)
  • レディー、酒と女ってのは怖いモノなんだね…ケーキ置いておくよ… -- マッド 2008-02-22 (金) 18:56:42
    • まったくもう。早とちりしたわしが馬鹿みたいではないか。
      しかしこれでひとつ賢くなったではないか。酒も女も分別をつける事が肝要、とな。

      …とはいえ、ここだけの話。わしの見立てによるとあのお嬢ちゃんもまんざらでないように思えたぞ。
      可愛い娘じゃから恋敵は多そうじゃがな。んふふ、マー坊さえ本気ならもっと攻めていくのもアリではないかの?の?
  • フッ、これはまた美しい。狼殿の気持ちがわかるわけだ -- セキネ 2008-02-22 (金) 18:15:07
    • ふふっ、お世辞でも褒められると嬉しいの。お主もなかなかの色男じゃぞ。
      その身体で人間社会に暮らすのは、いろいろと苦労するじゃろ。酒場でくらい、ゆっくりとくつろいでいってな。
      つ[カニ肉]
  • ペリルちゃんもお疲れ様。ちゃんと成功してきたのね、うらやましいわ…。今日はなでなでとほっぺぷにぷににとどめておくわね?(なでなでぷにぷに 気持ちいいわね…♪ -- パンチェッタ 2008-02-22 (金) 16:04:21
    • あう……わしのことはいいんじゃよ、それよりわしは、お主が生きて帰ってきてくれたのが嬉しいぞ。
      確かに無事とは言えぬかもしれんが…それでも、な。

      わしなんかでよければ気の済むまで触ってくれてよい。早くケガを治して、今度は元気に冒険から帰ってくるんじゃよ。
  • こんにちはペリル。何故かおばあちゃんの所ではウルフも紳士ねぇ。これも人徳かしら? -- 穂波 2008-02-22 (金) 13:02:23
    • わしに言わせれば紳士というにはほど遠いがの。
      しかし、歩みは遅くとも、前に進むことが肝心じゃからな。今はあれで十分じゃろ。
      わしに徳があるかなど自分ではわからんが…
      それでも、誰かのために何かできているなら…ふふっ、嬉しいことじゃな。
  • ・・・・(なんだ、そう言うことか)・・・微笑ましい奴だな、くく(帰るわんこの背中を見送りつつ
    や、ペリル・・林檎の処理なら少しは協力しよう?それと・・凄く意外だが良い所があるらしいな、あの犬 -- ヴォルフガング 2008-02-22 (金) 10:48:44
    • 人の内面というのはサイコロのようなもんじゃからの。普段は見えずとも、1の裏には6が、ちゃーんと存在しとる。
      少なくともわしは、そういうものじゃと思っておるよ。そして、あのわんことて例外ではないともな。

      うむ、おぬしの分もきっちり用意してあるからの。
      わんこ臭さを抜いた、わし特製のタルトじゃ。好きなだけ食べていっとくれ。
  • さて・・・今日もカニを頂くとすっか・・・ってなんだこりゃ・・・「わんこ用」・・・俺は犬じゃねぇっつーのによ ま、ありがたく頂いとくか・・・またリンゴでも積めとくか・・・(次は違うもんでももってくっか -- ベアウルフ 2008-02-21 (木) 23:56:01
    • (翌朝、カニの代わりにリンゴが入ったカニ箱を覗き込み、にんまりと笑う)
      んふふっ、ちゃーんと「わんこ用」のほうから持っていきおったな。結構結構。きちんと分別がつくようになってきたではないか。
      …しかし、この量のリンゴとなると、わし一人では食べきれんな。わんこ臭いリンゴをおすそ分けするわけにもいかんし…
      ここはちょいと手を加えて、本人にも食べてもらうのが一番かの。
      わしはともかく、毎度カニではあのわんこは飽きてしまうじゃろうし、甘いものは心を落ち着かせる。
      これであのわんこが節操を持つようになればしめたもんじゃ。くふふ、わし冴えとるな、今日。
      さて…アップルパイはこの前作ったし…あれはあれでうまかったが。他に何か良いものは…ふぅむ…

      (結局リンゴのタルトを1ホールと、大ビンいっぱいに詰まったリンゴジャムを作り、カニ箱に入れておいた)
  • カニを釣ってきたんじゃ。焼くなり煮るなりするがいいぞ。今日も無事に帰ってきて嬉しいのじゃ。そういうわけで今日も一緒に寝るのじゃ。答えはきいてない!(布団を敷きながら。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-21 (木) 23:33:52
    • や、こんばんは神さま。……っとと、ふふ、いつもすまんの。
      なんというか、立場的にはわしこそ神さまに何か供えるべきなのにな。

      さて…わしはまだちとやることが残ってるでの、すまんが先に寝ておいてくれよ。
      なに、心配せんでもすぐそっちに行く。少しの辛抱じゃから。な?
    • わぁい! ちゃんと待っておるからな! 約束じゃぞ!(うずうず -- アメノミナカヌシ
  • カニあげるから、ウチのノームくんには手を出さないでね?つ《カブトガニ/Horseshoe Crab》 -- リゼロ 2008-02-21 (木) 23:20:20
    • むむ…店主、意趣返しのつもりか……!?
      わし、このカニには嫌な思い出がいろいろあるんじゃよ!地味にやっかいな動きしおってからにっ!
      もうボトルノームはあきらめるから、さっさとこいつを送還しとくれ!ううっ!
  • ・・・巨大狩りお疲れ様です。お元気そうで何より。求めるものが遠くにあると・・・近くが見えずにつまづきますのでご注意を -- ゼロキュー? 2008-02-21 (木) 23:17:10
    • く…そんなことは…っ……………………あるのだろうな…
      …ああ、そうじゃな。階段は一歩一歩を踏みしめて上っていかねばなるまいよな。
      すまんのゼロ坊。お主にはたびたび助けられる。……感謝するぞ。
  • ちゃっはー虫のお姉さん。今日は蟹の仲間のカラッパを持ってきたよ!でも何だか食べるのは可哀想だね -- レーカ? 2008-02-21 (木) 21:17:57
    • でかし…!…………こほん。(チラッ)う、うむ、そうじゃな。(チラッ)かわいそうじゃな。(チラチラッ)いやーほんとーにかわいそうじゃ。(チラッ)
      しかし人というも(チラッ)のは生まれな(チラッ)がらにして他(チラッ)者の(チラッ)命を奪(チラッ)わずには(チラッ)
      生(チラッ)き(チラッ)て(チラッ)ゆ(チラッ)け(チラッ)ぬ(チラッ)と(チラッ)い(チラッ)う(チラッ)原(チラッ)罪(チラッ)を…(チラチラチラッ)

      …あっ!これ!カラッパぁっ!片足だけでもーーーっ!!
  • 冒険お疲れ様、お土産にカニを丸ごと持ってきたわ。それにしても…このすべすべ感は飽きないわね…うふふふふ……(すりすり あ、そうそう。今度リンクさせてもらったわ。よろしくね? -- パンチェッタ 2008-02-21 (木) 15:58:21
    • ううー……だからの…お、お主の触れ方はミョーに…ひゅっ……ゾクゾクして…っ…ちょっとこま…困るん…じゃっよう…
      …わ…わしのことを紹介するのは……はぁ…別に構わんから…あれだ……もう少しふつーに……っんん……!

      ……はぁ…はぁ……か、カニはそこに置いておいてくれ…わしはちと休む……はぁ…
  • ふむふむ蟹亜人は老若男女に大人気・・・っと -- 探偵 2008-02-21 (木) 10:07:57
    • んむ?何かの調査かの?仕事か趣味かはわからんが、熱心なのは結構なことじゃ。
      よかったらこれでも持っていかんか。ふふ。腹が減ってはなんとやらじゃからの。
      つ[カニ肉]
  • こんにちはペリル、相変わらず蟹の贈り物が絶えない部屋ね。今日巨大怪物討伐みたいだけど頑張ってね -- 穂波 2008-02-21 (木) 08:48:05
    • ああ、頑張ってくる…頑張ってくるぞ。だから穂波のお嬢ちゃんも、無事に帰ってくるんじゃぞ…

      カニに関しては、ほれ、昔から言うじゃろ。(カニは)ありすぎてそんはない、と。
      …え?言わん?むぅ…ひょっとしてわしの家だけだったんかのう…
  • ペリッちゃん、カニと似顔絵(と凄いラクガキ)ありがとな!…しかし、寝起きとは恥ずかしいところを見られちまったぜ…。あ、そうだ、せっかくだから今度あのカニで皆で鍋しようぜ!…ちょっと季節外れだけどな -- ニッパー 2008-02-21 (木) 05:34:59
    • うむ!喜んでもらえてなによりなんじゃよ。
      ラクガキについては覚えがないんじゃが…わしも描いていたのが夜中じゃから、寝ぼけて妙な何かを受信してしまったかもしれんな。許してくれよ。
      いやぁ、それにしてもわしも伝説の腋を見たときは年甲斐もなく…ちょっとドキッとしたぞ。

      なに、あたたかい時期にする鍋というのもオツなもんじゃよ。ふふっ、楽しみだの。
  • よっこいせっと・・・よし・・・寝てんな・・・あ?・・・あぁん?・・・あぁ・・・んだよ・・・チッ カニでも食って帰えっか・・・箱にゃ殻とリンゴでも詰めときゃ赤いし気づかねぇか -- ベアウルフ 2008-02-21 (木) 04:29:05
    • (カニ箱を覗き、殻とリンゴを発見する。匂いで誰が犯人かは丸分かりだ)
      ………あはっ……あっはっはっ!はー………ったく、ホント、あのわんこは馬鹿なんじゃなあ…
      こんなに割りに合わん物々交換なぞ聞いたことないわ。あははっ……もういっそ愛らしいくらいの馬鹿者じゃなっ…はー、腹痛いっ。
      衣食足りて礼節を知る。あやつもあの身体を維持するのが大変なのだろうな。
      致し方ない。ここはひとつ、このわし、ペリル・ドットが一肌脱いでやろうではないか。ふふっ。
      さてこのリンゴは…ま、皮剥いて熱を通せば前のカニみたいにはならんじゃろ。
      第一、カニと引き換えた貴重なリンゴを捨てるのも惜しい。そうじゃな…うむ、アップルパイにでもしていただくとするかの。

      (その日の午後、アップルパイを食べ終えたペリルは、さっそく街へと買出しに出た)
      (前が見えないほどのカゴいっぱいのカニと、新しいカニ箱を抱え、よたよたと危なっかしい足取りで宿へと戻ってくる)
      (そして新しいカニ箱に「わんこ用」と筆でデカデカと書き記すと、カニを山盛り入れて、今までのカニ箱の隣に置いておいた)
  • 死は定めとは言え、関わりがある者が逝くと、な・・・なあ、ペリル・・少し、疲れたよ・・・部屋の隅、借りてもいいかな?一人で眠るには、辛すぎる・・(寝息が聞こえる -- ヴォルフガング 2008-02-21 (木) 02:51:24
    • はぁ………まったく。言うだけ言って寝てしまいおって……どれ、仕方ないの…(身体を担ぎ上げようとする)
      んっ……よ…いしょ…っ………っと……ふ…寝顔は……っ…まだまだっ……お子様じゃ……の…っ…(完全には持ち上げられず、引きずる形でベッドのほうへ)
      ……いち…にの……さっ…!(担いだ上半身をベッドに下ろし、次に残りの身体をベッドの上へ乗せて、最後に毛布を掛ける)
      っふー………はっ……はぁー…………はぁ…………………ふふっ。ま、それでよいのだがな。
      …さて……手のかかる坊ちゃんの元気が出るよう、明日の朝はうまいカニグラタンでも作ってやろうかの…(机に腰掛け、大きなあくびをひとつすると、うつぶせになり目を閉じる)
      • (明け方に目を醒ます)・・・(そっとベットに運ぶ)・・・・・・・お休み(布団をかけ、退出
      • …ん……ぁっ!ちょいと寝すぎたかっ!……って、ここは…(寝場所が変わっているのに気付く)
        ………はぁ〜…………ふふ、なんじゃなんじゃ…もう…えらそうな口叩いた割には、わしこそまだまだではないか…
  • 遊びに来たんじゃよ。しかしお主は本当に光の巨人と縁があるのう……とにかく光の巨人がおるなら安心じゃの。神である妾もいるからもっと安心じゃ。死ぬでないぞ……。後、てぇまそんぐというものを設定してみたのじゃ。ふたつめ。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-20 (水) 23:49:37
    • うむうむ。神さまのご利益はこの身で実感しておるぞ。
      …大丈夫。ちゃんと来月もこうして語らえる。大丈夫じゃよ。
      ふふっ、そうじゃな。時間ができたら、わしもテーマソングを考えてみるかの。
  • あの〜、このカニ缶、如何ですか〜? なんとなく、有っても余らせちゃいますよねカニ缶って… -- フランチェスカ 2008-02-20 (水) 01:15:55
    • それを 余らせるなんて とんでもない!
      サラダに、スープに、パスタに、チャーハン!なんならそのまま食べてもよし!
      無論、保存がきくことを活かして冒険に持っていく非常食にも◎!事実、わしはそうしておるぞ!
      確かに味においては新鮮なものには敵わんが…カニであるというだけで十分じゃ!
      というわけでありがたく頂戴しておくぞ。感謝じゃ、お嬢ちゃん。
  • あら、年上だけど可愛い子がいるわ。……なでなでさせてもらってもいいかしら? -- パンチェッタ 2008-02-20 (水) 01:15:40
    • んふふ。お安い御用じゃ。好きなだけ撫でてくれて構わんからの。わしもたびたびお願いされて、もう慣れっこじゃ。

      ……でもちょっと…その、なんだか手つきが怪しいのはわしの気にしすぎなのかの…?
      目が見開いてるのも鼻息が荒いのも、わしの思い過ごしなんじゃよな…?あ、こ、これ…人の話を……ひゃうっ!
  • ちゃっはー、虫のお姉さん、こないだは大百足の蟹足食べさせてごめんね。今日はお礼にヤシガニを持ってきたよ!食べて! -- レーカ? 2008-02-20 (水) 00:19:16
    • むむぅ…お嬢ちゃん、本当に反省しとるのか…?いや、詫びに来た人間を怪しむなど下の下の精神じゃしな。
      うむ、このヤシガニはありがたくいただくぞ。ヤシガニなら活け造りや茹でるのも良いし、ラーメンにする手もあるからの。
      良かったらお嬢ちゃんも食べていかんか?自分で言うのもなんじゃが、わしの料理はなかなかのもんじゃぞ。
  • おお、一緒に寝てくれるか! 妾は寂しがり屋でのう。ひとりは嫌いなのじゃよ。嬉しいのう。今度またカニを釣ってくるからの。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-19 (火) 23:45:19
    • ふふ。困ったときはお互い様じゃろ。明日の身すらわからぬのだから、遠慮なんてするものではないぞ。
      わしとて賑やかなのは大歓迎なんじゃしな。
  • ダイナと三回も冒険を…羨ましい…ダイナは明るくて優しい奴なんだ、これからも後輩をよろしくペリルさん! (ファブリーズしながら) ジェアッ!(飛び立つ -- ティガ? 2008-02-19 (火) 23:38:54
    • うむ!ダイナは実に頼もしい男だったぞ!あのような後輩を持ってお主も幸せじゃな。
      部屋の匂いもだいぶましになったし、いつもありがとうの、ティガ山。
  • こんにちはペリル。ウルトラ一族と縁があるのねぇ。私はまだ一度も酒場の人と組んだこと無いの…ちょっと寂しいわ -- 穂波 2008-02-19 (火) 22:12:27
    • 心配はいらんぞ、穂波のお嬢ちゃん。わしとて最初にティガ山に世話になって以降、一年近くこの酒場の者と組んでなかったからの。
      それに冒険から戻ればこうして話もできる。そう悲しむこともあるまい。な?
  • (しっかしこのカニうめぇな・・・うめぇ!!)おっと帰ってくる前に退散しねぇとな・・・へへ ここにゃ目をギラつかせた狼より性質悪いのが多いからよ -- ベアウルフ 2008-02-19 (火) 21:24:56
    • まっ!またやられとるガニーーーーーーーーーーーーーっ!!!
      …はっ…はぁ……はぁ…お、思わず謎の口調になってしまったの………ちくしょう誰がこんな事を…ってあの発情わんこしかおらんじゃろうが!!
      ぐぬぬ…今度会ったらえのころ飯100人前にして酒場の冒険者に振舞ってやるから覚悟しとくんじゃぞっ!!

      ……ああーんもーホントにおいがとれんのじゃようー
  • こんにちは素敵なクワガタムシのお姉さん。バンダナのお兄さんの所で買った蟹足っぽいものをあげるよ!食べて! -- レーカ? 2008-02-19 (火) 17:50:31
    • お嬢ちゃん、確かに角はくわがたに似とるが、あいにく違うんじゃよ。
      ふむふむ、お嬢ちゃんもカニをくれるのか。ふふ、最近はいろいろな者からもらえてわしは嬉し…
      ――――ピコーン!!―――― …これはっ!?
      お嬢ちゃん…この世の中には偽ってはならぬ3つのものがあっての…ひとつ、自身を偽ることなかれ。ひとつ、他者を偽ることなかれ…
      そして最後のひとつ…カニを偽ることなかれじゃっ!!そもそもカニというものはな!万物創生の頃より…(以下お説教モード)

      …と、いうわけなんじゃ。まずは本当にうまいカニを食べて、カニの尊さと素晴らしさを学ぶと良いぞ!
      つ[カニ肉]
  • また郵便でーすつ記録用紙 -- 2008-02-19 (火) 04:12:40
    • ううっ…わざわざすまんの、郵便屋さん。わし今日は一日のはじまりから盛大につまづいたもんで、こういうのがひどくありがたいんじゃよ…
      郵便屋さんも変なものを口に入れてはいかんぞ…?わしからの忠告じゃ…
  • 遊びに来てもらったから遊び返そうのコーナー!よー……ってまた寝てるよー…うーん、とりあえず目の前にゴムの蟹をぶら下げて置くよー…うへへへ -- ニトロン? 2008-02-19 (火) 03:07:57
    • ん…む…………(起床)
      ………ぁー…?(発見)
      …えへへ、ぱく(咀嚼)
      ぶーーーーっ!(噴出)
  • こんばんはなんじゃ。遊びに来たぞえ。そうか結婚式か。神前結婚なら妾が取り仕切ってやったというのに……まぁよいわ。今日は泊まりにきたんじゃ。意味は無い。独り身は寂しゅうてのう。一緒の布団で寝させてくれ。(潜り込みながら。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-19 (火) 01:10:35
    • 神さまは神さまのくせしてなかなかの寂しがりなんじゃな…なに、それくらいお安い御用じゃよ。
      よかったら子守唄でも歌おうかの?…って、それはちょっと失礼じゃな。ん。おやすみ、神さま。
  • ロリババァ結婚してくれ! -- 2008-02-19 (火) 00:17:11
    • 男は女を求め、女も男を求める。積極的に自らの想いをぶつけるその姿勢は感心じゃが、名も名乗れぬ臆病者に惚れるわしではないぞ。
      もし本気というなら、それ相応のものを見せてもらわんとの。ふふ。
  • や、ペリル・・・まだあのケダモノの匂いがするな(チャキリ)・・・まあ、いいか
    いやはや、先日友人の婚姻があってな・・今までは思わなかったが、ふと羨ましくなった・・・ん、そういえば誕生日なんだって?・・銀で髪留めを作ってみたんだが・・(それとなく差し出す -- ヴォルフガング 2008-02-18 (月) 22:34:55
    • 窓全開にしとるんじゃが、なかなか臭いが取れんでのう…すまんがちょいと我慢しとくれよ。
      そうか結婚式か…ここでもよく顔を見かけるふたりだったかの。うむ、男女かくあるべしじゃな。
      なに、そう心配せんでもヴォルフなら嫁などすぐ見つかるじゃろ。んふふ。むしろ、相手から寄ってくるくらいではないのか?ん?

      それにしても…これをお主がな…すごいのう……いや実はな、今つけてる髪留め、ついこの間一目ぼれして買ったもんなんじゃが…
      こんな素敵な髪留めをもらえるなら、ちょっと我慢しとけば良かったのう…(髪留めを外し、もらった髪留めを付けて、その場で一回転)
      …えへへ、どうじゃ?似合ってるかの?
    • ああ、凄く似合っているペリル・・んん、この場合はあれだな・・・可憐、と言うべきところか?ともかく、身に付ける本人が良ければ大抵のものは似合うらしいな-- ヴォルフガング
  • ヘアッ!(空に向かってランバルト光弾を撃ち爆発させる)俺の国に伝わる花火っていう光を楽しむ物に似せた物さ、花火はめでたい日に打ち上げる事が多いんだ、誕生日らしいからね。…やはりベアウルフ…あいつだけは…ジェアッ!(飛び立つ -- ティガ? 2008-02-18 (月) 20:41:05
    • …おおー…………これはまた…………………………綺麗なもんじゃ……
      ぱっときらめき…美しく…儚く……ふふ、まるで冒険者のようじゃな。
      いや、いいものを見せてもらった。礼を言うぞ。ティガ山。
  • (むー?なんか獣くさい)……どもーぅ、お誕生日ということで毛蟹をお持ちしましたぁー。お互い二年目突入ですねー、ま、ゆるっとがんばりましょーぅ -- フルール? 2008-02-18 (月) 20:07:51
    • いえす!毛ガニいえすっ!毛ガニといえばカニミソじゃよねっ!テンション上がるのう!
      やはり冒険もメリハリつけんと身が持たんからの。酒場でくらいはゆるりとくつろがねばな。
  • (ペリルさんも顔の幅が広いんだな・・・おかげで、ちょっと犬くさいけど)誕生日おめでとうございます。お菓子をどうぞ。カニ風味ではないですがカニの形をしたクッキーです。あと、シャンペンをもどうぞ。では -- ゼロキュー? 2008-02-18 (月) 19:51:15
    • いやぁ、長生きはするもんじゃな。こんなふうに祝われるのもいつくらいぶりか…
      うむうむ。なんともかわいいクッキーだの。食べるのがもったいないくらいじゃよ。
      さてと、もちろんシャンパンにはお主も付き合ってくれるんじゃろな?ふふっ、誕生日に一人酒なんて酷すぎるからの。
  • また来てやったぜ・・・へへっ しかしなんだ、学者先生も大変だな?・・・俺の鼻が教えてくれるぜ?ここにゃ、足繁く羊の皮を被った狼どもが来てんのがよぉ -- ベアウルフ 2008-02-18 (月) 19:41:22
    • ふふん。お主に心配されるようなことはないわ。皆、わしの大事な大事な者ばかりじゃからの。
      お主こそたまには羊の皮でも被って、その雄臭を抑えるべきじゃな。いつまでもやんちゃ坊主では嫁も見つからんぞ?
      ……ってそうじゃ!カニっ!お主っ!わし、カニっ!あああーっ!!逃げるでない!!これーっ!!
  • おっ、誕生日かの? めでたいのう。一年目おめでとうなのじゃ。お祝いにカニを釣ってきたから食べるといいのじゃ。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-18 (月) 18:40:55
    • さっすがカニさま…じゃなくて神さまは話がわかるの!
      そうか…もう1年とはのう……早いもんじゃ。いやはや、ここまでやってこれたのも神さまが見守ってくれてたおかげじゃよ。
      ふふっ、神さまを祀った社を建てれば、霊験あらたかと、たちまち評判になるかもしれんの。
  • 聖バレンカニンですよーカニをもってきましたよー、カニ食べて来月もがんばりましょー!来月も無事にかえってきてくださいねー -- リュウリュー? 2008-02-18 (月) 02:33:12
    • わははっ、今日は何だかもらってばっかりじゃな!申し訳ない気もするが、やはり嬉しさには敵わんの!
      ありがとうな、お嬢ちゃん。お嬢ちゃんのもおいしく食べさせてもらうからの。
      さてさて、来月もまたうまいカニが食べられるように無事に帰ってこんとな。無論、お嬢ちゃんもじゃぞ?
  • なんだか手足が硬いお姉さんにもハッピーバレンタイン!チョコおいしいよ! -- クリセス? 2008-02-17 (日) 23:39:58
    • お、わんこのお嬢ちゃんか。よく来てくれたの。お嬢ちゃんもわしにチョコをくれるのか。
      うむうむ、嬉しいのう。カニと甘いものは別腹じゃからな。
      (……む…?そうか、なにやら酒場の男どもが色めき立っておったのは、今日がバレンタインとかいう記念日だったからか…
      わし、いままでそういうのにとんと縁のない生活してたからのう……来年は参加してみるのもいいか知れんな。)
  • ペリルさん最近は依頼が順調ですね。良い事だ。頑張ってくださいね -- ゼロキュー? 2008-02-17 (日) 20:29:48
    • うむ。やはり息災が一番だからの。なんともありがたいことじゃな。
      とはいえゼロ坊。わしとしては、お主の調子の方が気がかりじゃよ。
      …長い人生じゃ。気を落とさずにいればいつか良いことが必ずある。それを忘れてはならんぞ?
  • ・・・大丈夫だ、奴には忠告した・・俺の知り合いに手を出したら・・・・とな?(ニヤ
    兎も角ただいま、ペリル・・今日の依頼は酷い目にあった・・(げんなり -- ヴォルフガング 2008-02-17 (日) 20:23:07
    • よしよし……いつまでもしょぼくれていては、いい男が台無しじゃぞ…?
      わしに大したことはしてやれんが、酌くらいならいくらでも付き合ってやるからの。
      ゆっくり休んで、また頑張れ。の?
  • 先生!・・・カニかましかもってねぇ!食べます? -- フロアイミテーター 2008-02-17 (日) 19:14:28
    • 愚問じゃな!毎日食べても飽きのこない常食食品であるところのカニ。
      しかし、それでもたまに食べたくなるのがカニカマの魔力というものなんじゃよ。
      お主もそうは思わんか……もきゅもきゅ。
  • (蟲人…これは欲しい!)チョコは無理そうかな。樹液ジュースのほうが良いかな。とりあえず両方置いていくネ -- メンベル? 2008-02-17 (日) 18:39:02
    • ……ふむ?これを、わしに?
      ふふっ、嬉しいのう。わしはもらい物に関してはありがたくいただく主義じゃからの。喜んで頂戴するぞ。チョコだって好きじゃし。
      おまけに樹液付きとは気が利いておる。はぁ…なつかしいのう……いわゆる思い出の味というやつじゃな。
      うむ。お礼にカニが食べたいときは、いつでもわしのところへ来てくれて良いからの。
  • 郵便でーすつ記録用紙 -- 2008-02-17 (日) 04:44:24
    • おおっ!これじゃよこれ!こういうのを待ってたんじゃよっ!
      わざわざありがとうの、郵便屋さん。またわし宛の手紙があったときもよろしく頼むんじゃよ。
  • はじめましてペリル。特に何といった事は無いんだけれど挨拶に来させてもらったわ。
    とりあえず蟹でも置いておくから煮るも焼くも好きにしてね -- 穂波 2008-02-17 (日) 04:07:38
    • ふふ、はじめましてお嬢ちゃん。素敵な服じゃの。
      こんな所までわざわざ来てくれるとは嬉しいぞ。これからもよろしくな。
      さて…せっかくじゃからこのカニはカニ汁にしていただくとするかの。
      外はまだ寒い。良かったら食べていかんか?
  • 何この惨状。いや、立ち直られたみたいでなりよりです。今日は様子を見に来ただけですので、これで失礼しますね。(3段目に飾ってある絵画を小脇に抱えながら) -- バシネッ太 2008-02-17 (日) 02:26:30
    • のうバシネッ太や。お主も戦士、そろそろ魔法抵抗を鍛えたくなってはこんか?
      なに遠慮はいらんぞ。んふふ、一日中みっちり付き合ってやるからの。
      さてまずは、熱いのと痺れるの、どっちが好みじゃ?
  • クソッとうとう現れたのか…狼男め…ペリルさん、今度あいつが来た時は俺を呼んでくれ、絶対に君を守る、あいつは全ての女性の敵だ…倒さなければ -- ティガ? 2008-02-17 (日) 02:22:08
    • なぬ!?ということはあの臭いは発情わんこの臭いだったんじゃな!?
      食べ物の恨みは恐ろしいということをわからせてやるんじゃよ!
      ふふふ、お主もいてくれるなら百人力よの!
  • お前じゃねーよ! お前じゃねーよ! -- アルマ 2008-02-17 (日) 00:57:25
    • そうじゃよ!お前じゃないんじゃよ!お前じゃないんじゃよー!
      ……あれ?今わし何か言ったかの?
  • ヌッ   あ?なんだ?呼ばれた気がしたが気のせいか・・・ここぁ・・・あの学者先生の家か・・・へへ、場所は覚えたぜ・・・またくるとすっか -- ベアウルフ 2008-02-17 (日) 00:51:32
    • ふぅ…食べて飲んで温泉三昧……宿に戻ればあったかおふとん……はぁ……わし、至福。ちにゃー。(ベッドにダイブ)
      …って、臭い!なんか部屋が猛烈にわんこ臭い!!なんじゃこれ!
      ……はっ!?おやつカニ箱ーーーーーーーーーっ!!!(慌ててカニをひとつ手に取る)
      すんすん……すん…あああ…やっぱりわんこ臭くなっとる………
      …ぜ、全滅じゃよ…わしのカニが…全滅………ううっ……許さんぞ!ジワジワと炙り焼きにしてくれる!!!!!(カニを)


      (ぱく)
      ……………………………やっぱ、わんこくさい…
  • ぬこも連れて行こう、好きにやればいいーってかー! ……んー? 何だ嬢ちゃん、迷子か? こういう店は嬢ちゃんみたいのが好きな変態がいるからあんま来ない方がいいぞ? おーいマスター! ベア様いっちょー! -- アルマ 2008-02-17 (日) 00:00:53
    • うん……おねえちゃん……あの…わたし、迷子になっちゃって………って、ふふ。お嬢ちゃんをからかってはいかんな。
      わしはこれでもお嬢ちゃんより一回り以上は年上なんじゃよ。ま、見た目がこんなじゃからわからんのも無理ないがの。
      なんでも「ごーほーろり」だそうで、ベアードを呼ぶ必要もないんじゃと。わしも意味はよくわからんが。

      なんにせよ、せっかくこんなところまで来てくれたんじゃ。歓迎するぞ。
      つ[カニ肉]
  • 今日は起きているうちに来たんじゃ。冬だし温泉にでもいかんか。酒場の隣に湧いていたような気がするんじゃ。(着物を脱ぎながら。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-16 (土) 23:00:27
    • 温泉!そういうのもあったんじゃな!行くぞ行くぞ。わしも温泉は好きなんでの。
      さて、ならば早速準備を……って、これこれ神さま!ここは脱衣所ではないんじゃよー!
  • 半人のよしみー、で、ご挨拶ー。酒場でいつもー、綺麗な髪の人だなー、と思ってましたー。良かったらかに鍋ー、混ぜてくださいー。 -- フッァク? 2008-02-16 (土) 22:26:58
    • ふふ、はじめましてじゃの、お嬢ちゃん。
      わしも身だしなみには気をつけているほうじゃが、お嬢ちゃんの髪のほうがずっと綺麗だと思うぞ。
      うむうむ、お嬢ちゃんもわしと同じで寒いのが苦手そうじゃし、第一、鍋は大勢でつつかんと盛り上がらんからのう。
      好きなだけ食べてっとくれ。もしカニが足りなくなったときは…おかわりもいいぞ!
  • やあ、そういえばどう呼ぶか決めていなかったな・・ペリル、でいいか?・・・なあ、ペリル・・憧れていた人が、逝ったよ・・あんなに強かったのに、解らないものだよな
    (ふるふる)・・・それはそうと、こう寒いと鍋にしたくならないか?(酒を出しつつ -- ヴォルフガング 2008-02-16 (土) 21:00:50
    • 青年か。ん、よく来てくれたの。呼び名なら好きにしてよいぞ。これからは、わしもヴォルフと呼ばせてもらうからの。
      (手を伸ばし、頭を撫でる)
      …のう、ヴォルフや。お主はわしに言ってくれたよな
      死んだ者のことを忘れず、いつか笑顔で思い出せれば……と。本当に、そうだと思うぞ。
      今日はたくさん食べて、たくさん飲んで、たくさん悲しめ。
      そして来年も再来年も、飲んで騒いで弔ってやろう。それこそ、死者の元まで声が届くらいにの。

      ……さて、ならばわしが特別手の込んだカニ鍋をご馳走してやるからの!飲みながらでも待っとってくれ。
  • うぉ!!・・・あーごほん、えー私このたび冒険者になったフロアと言うものです。以後お見知りおきを(やっべえ超かわいい・・) -- フロアイミテーター 2008-02-16 (土) 19:20:06
    • ほほー。しゃべることのできるスライムとはめずらしい。
      おまけに礼儀正しいときてる。うむうむ、わしはしっかりした者は嫌いでないぞ。
      …その姿ではなにかと苦労するじゃろ。お主さえよければ、ゆるりとくつろいでいってくれよ。
      とりあえずカニでもどうじゃ?さっき新鮮なのを買ってきたんじゃよ。
      つ[カニ刺]
  • よー…なんか変な人が寝てるよー…とりあえず進行方向を予測して地雷を…いや流石にそれはまずいよー、とりあえずバナナの皮でも置いとくよー -- ニトロン? 2008-02-16 (土) 04:04:20
    • (てくてくてく…)……ふんふふーん…かにかに…かにかに…わしのかにー……♪
      うまうまでりしゃす…わしのかにー…♪…………っとわったぁああ!?(盛大に転ぶ)

      …ううっ…あいたたた……って、バナナの皮がなんでこんなこ所に仕掛けてあるんじゃよう!
      くそう!なんて時代じゃ!どこのいたずら坊主かわからんが、見つけたらおしりぺんぺんじゃよ、もう!
  • 遊びに来たんじゃが、どうやら寝ておるようだのう。それでは寝顔でも観察するとするかの……。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-16 (土) 01:01:16
    • …………ん…む……ふぁぁ〜……ぁ…
      …むぅ、もうこんな時間か……なんとなーく居心地が良くて、眠りすぎてしまったようじゃの……
      母様に抱かれて眠ってた、幼かった頃を思い出すような…………ふふっ、何を言っとるんじゃ。わしは。
      さて、ちょいと小腹が減ったの……(おやつ用カニの収納箱へ歩いていく)
  • きょうじゅだったのか! けんきゅうは精しんをやむほどおそろしいものなのか。あなたがキノコたんさくにでないことをいのりますよ。 -- ケイタ 2008-02-15 (金) 23:06:54
    • うむ、よく来てくれたの。いかにもわしが元教授じゃよ。……それにしてもお主からは只者でない気配を感じるぞ。
      純粋で…無垢で……なんというか、ちょっと胸を締め付けられるような感じがの。
      キノコについてはマスターに頼んで、そういう仕事は蹴ってもらっておる。
      …ま、どうしてもと頼まれたら行かざるを得んだろうがのう。世話になっとる身としては。
      何はともあれ心配してくれるのは嬉しいぞ。これは土産じゃ。良かったら食べとくれ。
      つ[カニ肉]
  • (くんくん……)  (ほっぺをぺろぺろ) -- クリセス? 2008-02-15 (金) 21:24:33
    • ひゃっ!?なっ、なんじゃなんじゃ!?
      あははっ!こ、これっ!やめいやめい!
      んもー、しょうのない子じゃのっ!ほ〜れ、うりうりうり〜!(もふりたおす)
      ふぁぁ……可愛いのう可愛いのう…(もふり終了)
      …っとと、いかんいかん。最近ネジがちょっと緩んどるな。これはもふり代じゃよ。よかったら持ってっとくれ。
      つ[カニ肉]
  • 誰かを失う悲しみは俺も分かる。だから言うよ、笑って生きていこう。それは生きている俺達にしか出来ない手向けだから。 -- ティガ? 2008-02-15 (金) 16:06:36
    • うむ。ティガ山の言う通りじゃ。
      じめじめしていても、何も出来ぬし起こらぬものな。
      生きてこそ偲べる想いや為せることがある。
      わしも笑顔になれて、周りの者も笑顔になれて、そんなふうになれたら、それほど幸せなことはないものな。
      …ふふっ。ありがとうの。ティガ山。
  • 何か、あったんだな・・・ふむ(なでなで)・・例え、それが俺達の宿命だとしても・・辛いよな、解る・・・こういうときはさ、忘れなきゃいい・・そしていつか笑顔で思い出せれば、それでいい -- ヴォルフガング 2008-02-15 (金) 12:25:48
    • …ぁ………よ…よさんか……わしはこれでも、お主よりも…な、長生きしとるんじゃぞ……
      ………
      ……

      …はぁ………なんじゃろな……まったく…もう…、わしの周りは優しい者ばかりで、ホントわしなんかにはもったいないくらいじゃよ……
      …その言葉、しかと胸に刻ませてもらったからの。
  • イナゴの佃煮持って来たんだけど、食べる? -- マッド 2008-02-15 (金) 09:16:07
    • つくだに!つくだにじゃないか!
      …いや、特に意味はないんじゃがなんとなく言ってみたくての。気にするでない。
      マー坊が持ってきてくれたものじゃ。無論、ありがたく頂かせてもらうぞ。
      別段嫌いなものでないしの。
      そうそう、今回の冒険では大活躍したと聞いておるぞ。この調子で次もがんばるんじゃよ。
  • ウォレノォキノコモォ調ベェテプリィーズ!!詳シク!丁寧ニィ!時ニィ!激シクゥ!ソシテェ・・・・君ノォ中ニィ!! -- ボプロの杖 2008-02-15 (金) 04:42:06
    • ほほう、喋る杖とは珍しいの。わしも見るのは初めてじゃ。
      とはいえ、この場合はそれが良い事とは思えんのう……お主はもう少し、お主の主人を見習うんじゃな。
      ……ka…………v…s…………fla…
      (炎の呪文を詠唱している)

      ……教育的指導っ、てりゃ!
  • 進化したので自慢しに…えーと、しんどいですか?ぎゅーっとしておきますね、ごめんなさい、カニ置いていきますね -- ライリュー? 2008-02-15 (金) 01:42:41
    • おおおおう!?なんじゃこの可愛くてちんまくて花札屋っぽい生き物は!
      わ!喋ったの!ひゃ!抱きついてきたぞ!ふぁー!!撫でちゃろう撫でちゃろう!

      …っとと、よく見てみたら結構大きなお嬢ちゃんだったんじゃの。すまんすまん。
      わざわざこんな卓まで来てくれて嬉しいぞ。おまけにカニ付きで倍、嬉しいぞ。
      わしならもう平気だからの。お嬢ちゃんも困ったことがあったらいつでも来とくれ。歓迎するぞ。
      つ[むきたてカニ肉]
  • 辛いことがあったようだの……冒険者であれば仕方が無いこととはいえ、辛いのう。あまり考えすぎるでないぞ。ほれ、抱擁してやるから……。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-15 (金) 00:27:58
    • んー………(目を閉じて、静かに抱かれている)


      ……ぷは。
      うむっ、神さま分補給完了じゃ!わしはもうバッチリじゃよ。
      さんきゅー神さま、だの!
  • じーっ……(天からあなたに祝福と加護を) -- ???? 2008-02-14 (木) 22:13:49
    • (酒場から少し離れたところにある宿。冒険者になったときから、その一室にペリルは泊まっていた)

      (ペリルは夢を見ていた。悲しくて、つらい夢だ。ここ十数日間、いつもこの夢を見ては、深夜、自分の叫び声で飛び起きる)

      (決まってその後は眠れない。ひざを抱え、ただ後悔しながら日の出を待つしかできないのだ)

      (だが今夜は違った。次第にペリルの寝顔が笑顔に変わってゆく)

      (夢ではあれ、無念を晴らせたのか、あるいはまた、別の何か楽しい夢か――――)


      (そしてペリルは、日の出と共に、目を覚ました。)
  • 何て言ったらいいのか、言葉が見つからないです……とにかく、これ飲んで少しでもぺリルさんに元気が戻れば幸いですー つ[黄金芋酒] -- フルール? 2008-02-14 (木) 21:34:28
    • お嬢ちゃんも来てくれたのか。ありがたいのう、本当にありがたいのう…
      それに、こんなものまで持ってきてくれて。この酒、高かったじゃろうに。
      後でおいしく飲ませていただくからの。

      大丈夫じゃよお嬢ちゃん。わしはちゃんと、元気になるぞ。
  • 誰が、いつ、亡くなってもおかしくないのが冒険者。辛い事とはいえ割切るしかないのでしょう……
    …そう、お土産を持って来ましたので、これでも食べて元気を出してください。蟹という物は見た事が無いので、特徴が似ている物を。 つ[さそり] -- バシネッタ 2008-02-14 (木) 20:25:01
    • 今はあまり食欲はないんだがの…せっかく持ってきてもらったんじゃ。ありがたく頂くぞ。
      さて、何にして食…
      You feel a bit nauseous...

      ブスブスブスー
      An Nox
      うわっ
      秘薬ない

……

…はぁ……はぁ……!
ば、バシネッ太…!今度から…はぁ……さ、さそりだけは二度と持ってきてはいかんぞ………うう…

  • ぺリルさん・・・依頼は残念ですが・・・生きてて良かった。初の体験で不謹慎かもしれませんが・・・ -- ゼロキュー? 2008-02-14 (木) 17:13:26
    • ん…ゼロ坊か。心配させてしまったかの。すまんな。
      冒険者であるからには、死ぬような目に遭うこともたびたびじゃし、本当に死ぬこともある。
      けれど、今回は完全にわしが足を引っ張った形じゃからな…………浮かばれぬよな。あれでは。
      ……………………辛いの。本当に………

      …来てくれてありがとうな、ゼロ坊。少し、楽になった。
  • や、こんばんわ・・・こんばんわ?態々来てくれてすまなかった・・それとあの蟹は美味しく頂きました(ぺこり)・・もう少ししたら、本格鍋シーズンだな・・お互い、その時はぱーっとやろうな! -- ヴォルフガング 2008-02-14 (木) 05:32:18
    • ぱーっとか!いいのういいのう。一人鍋ほど寂しいものはなかなかないからのう。
      ふふふ、とれとれぴちぴちのカニのな、身のとこの殻を外して…そんでもって煮立っただし汁にささっとくぐらせる!
      そこにポン酢をちょいとつけて頬張れば、噛めば噛むほどカニの味が出てきてテーレッテテー!!なんじゃよ!キャー!

      …っとと、年甲斐もなく我を忘れてしもうたな。ま、それくらい楽しみにしとるということで勘弁じゃ。
  • 和製のお菓子大好きですよ。時期が来たら蟹鍋でもつつきましょう -- アルフィ 2008-02-14 (木) 00:20:18
    • ふふ、菓子は気に入ってもらえたようだの。
      うむ、そろそろ寒くなってくる頃じゃからの。鍋もおいしくなろうというもんじゃ。
      そうそう、できれば酒場にもカニを使った料理が欲しいのう。
      お嬢ちゃんからもマスターに言っといてくれんか?
  • 遊びに来たのじゃよ。カニは美味しいのう。はまりそうじゃ。ところで、下に出てているせっくすとはどういう意味かのう。妾は大宇宙の神じゃが、妾の宇宙には無い言語でのう。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-13 (水) 22:53:42
    • や、神さま。いつも来てくれて嬉しいんじゃよー。
      せっくすとはの、男女の営み、まぐわいの事を指すんじゃ。
      …こういうふうに同姓で話してるときは別段意識しないんだがの、
      ああやって心の準備無しに叫ばれると、その……結構恥ずかしいもんじゃな。なははは。
    • ほう! なるほどなのじゃ! それなら妾は嫌いではないのう。
      この国の言葉は面妖だの。ああ、妾はお主が気に入ってのう。食べてしまいたいくらいじゃ。 -- アメノミナカヌシ
  • 蟹ありがとう、珍しい魚介類が食べたい時には言ってくれ 妙な語尾の宇宙魚介類をこう、キュッとして持ってくるから -- ティガ? 2008-02-13 (水) 22:46:57
    • ふふ。ティガ山に喜んでもらえたようで何よりじゃ。

      …ほほー、こう、キュッとしてか?それは楽しみだのう。
      お主とは冒険者番号も近いしな、またいつか共にパーティーを組むことがあるやもしれぬ。
      そのときもよろしく頼むぞ。
  • 蟹の良さが分かる人がこの酒場にも居たんですね…カニ肉は譲るんでカニミソ下さい! -- トッシーニ? 2008-02-13 (水) 21:30:35
    • うむ!よく来てくれたのう坊ちゃん。カニ好きは大歓迎じゃぞ!
      うふふ、カニは良いよの。自然の生み出した美食の極みじゃて。
      要望通りカニミソは坊ちゃんが食べてよいぞ。
      なんならわしが何か作ってやろうか?カニミソパスタとかなら時間はかからんしの。
  • 節足セックス! -- 2008-02-13 (水) 09:00:07
    • ぶーーーーーーーっ!!(飲んでいたエールを噴出して)
      えっ…えほっ……!けほっ!
      こ、これっ!いきなり卓へ来て何を言っ…って、もうおらんのか!

      むぅ…誰か知らんが、今度来たときは説教一時間じゃ。まったくもう。
  • ・・変ったひとだな?キノコのサンプルが過剰で・・うぅ(ぐさっ)
    ・・・研究員だったのか?興味深いな、俺も昔は学徒だったから、何か耳寄りな情報があればご教授願いたい、宜しくな(ぺこり -- ヴォルフガング 2008-02-13 (水) 07:59:02
    • うむ。わしの方こそ宜しくな、青年。
      …それにしてもなかなかの男前じゃの。んふふ、正直もてるじゃろー?
      キノコに関しては気に病む事なんてないんじゃよ。お主はお主の仕事をしとるだけだしの。

      ともかく勉強熱心なのは関心じゃな!わしでよければ、いつでも講義してやるぞ。
      つ[カニ肉]
  • 好物は蟹かー、お鍋の時期は過ぎたしな。お菓子とか好きなものあ・・年上だーゴメンナサイゴメンナサイ -- アルフィ 2008-02-13 (水) 02:20:39
    • んふふ。全然気にすることないんじゃよー。
      自分の見た目くらい十分わかっておるしの。
      言うまでもなくわしはカニ大好き蟲人じゃが、お菓子とて好物には変わりないんじゃよ。
      そうだのう…こういうお菓子はお嬢ちゃんのお口に合うかの?
      つ[カニせんべい&ボンタンアメ]
  • 供え物ありがとうなんじゃ。ところで、チンって何かの。妾の国では聞かん言葉じゃ。ん、チン。ああ、チンってそういう……別の意味で食べるのは嫌いではないが、やはりそのままの意味で食べるというのはちょっと……。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-12 (火) 22:33:54
    • チンとはカンジで「朕」と書き、ニホンのエンペラー的存在の事を指すんじゃ。
      ニホンの国歌「キミガヨ」でいうところのキミ、「君」と同一視されることもあるの。
      つまり「チンして」というのは「エンペラーのように高貴な立ち振る舞いをして」という意味になるんじゃ。
      神さまたるもの、やはり威厳が大事じゃからの。
      と、あまりボケるとわしもホントにボケそうなので正解を言うと、様は「暖めて」の隠語じゃな。
      ああ…隠語ってそういう…バカ!淫語じゃねえよ!
      お後がよろしいようで、とっぴんぱらりのぷ。
  • 教授ー 教授はその、やっぱり風呂に入るときは逆立ちして入るんですか? -- 2008-02-12 (火) 22:20:50
    • なぬ!?お主は風呂に入るときに逆立ちせんのか!?

      …なーんての、わしだって逆立ちして風呂になぞ入らんわ。
      お主はわしをいったいなんじゃと思っておるんじゃ。
      ま、やってやれないことはないがの。んふふ。
  • 先日はカニ脚ありがとーございましたー。うまカッコよかったお礼に、巷で噂のおでんどんー!カニカマだばぁして食べましょーぅ -- フルール? 2008-02-12 (火) 21:44:30
    • これがおでんどん……聞きしに勝るとりあえず乗っけてみました感じゃな…!
      どれ…まずは手を加えずにいただくとするかの……
      …ぱく
      …もむ…もむ……んくん…

      (‘ワ‘)……ふつー…じゃな…
    • では私もいただきまぁーす。……うん!これは(‘ワ‘)ふつー…ぅ -- フルール?
  • カニ肉ありがとうなんじゃよ。美味しかったんじゃ。個人的には、お主も食べたいんじゃが(性的な意味で)どうじゃろう。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-12 (火) 00:08:57
    • ニホンの神さまは好き者が多いと聞くが、うむ、確かにそのようじゃの。
      ごるろあは全年齢なのでおおっぴらには了承できんのが残念じゃな。
      というわけで、まずは湯にでも一緒に浸かって親睦を深め合うのはいかがかの?
    • いいのういいのう。妾は風呂が好きじゃ。一緒に入ろうぞ。 -- アメノミナカヌシ
  • はじめまして!蟹かまぼこを持ってきたので良かったら食べてください!(ほっぺぷにぷにしながら) -- キャノ 2008-02-12 (火) 00:05:15
    • うむ!はじめまして!なんとも元気の良い娘じゃな。うむうむ、可愛いのう。
      カニカマも好物なんでな、後でキュウリとわかめと一緒に酢で和えて食べることにしよう。
      うふふ、わしのほっぺた気に入ってくれたかの?
      つ[カニ肉]
  • …………(キノコ狩りは楽しいよ 情熱が面白いくらいの勢いで損なわれる な、泣いてなんかないぞ!) -- カイム? 2008-02-11 (月) 23:21:04
    • ……いろいろ苦労してきたんじゃのう…わしに大したことはしてやれんが、
      それでよければ、いつだってゆっくりしていってくれて構わんからの。
      ほれ、まずはあったかいものでも飲むといいぞ
      つ[カニ汁]
  • なんだか身の危険を感じる・・・ -- カラッパ? 2008-02-11 (月) 22:46:21
    • …おおうっ!?
      ……
      ……
      ……の、のうお主…せっかく来てくれたんじゃ。熱くてぐつぐつした風呂に入ってはいかんかの…?
      今、わしは猛烈にお主の背中を流したい衝動に駆られとるんじゅるり…!
  • どうでもいいけどお兄さん君の服の下がどうなってるのか非性的な意味で気になるよ -- マッド 2008-02-11 (月) 22:01:50
    • その疑問はマー坊が蟲人の女子とすてでぃな関係になるときまで取っておくんじゃ。
      やはり楽しみは後にしておいた方がいいじゃろ?
  • おおっ、もしかしたら日本の者か……と思ったら違うのかの? 妾は神でのう。とにかくよろしく頼むのじゃよ。 -- アメノミナカヌシ 2008-02-11 (月) 02:58:52
    • あなたが神か!わしの一族には神に相当するものがいないから新鮮なのじゃよー。
      こちらこそよろしくお願いしたいところじゃ。ところでオソナエモノはカニでもいいのかの?
      つ[カニ肉]
  • どもーぅ、カニ肉がもらえると聞いてやってきましたー。ほんとにツルッツルだぁーキャッキャウフフ -- フルール? 2008-02-10 (日) 19:39:53
    • んふふ。元気なお嬢ちゃんじゃな。こんな脚で良ければいつでも見に来てくれて構わんぞ。
      はらぺこのお嬢ちゃんには特別にハサミの部分をやろう。どうじゃ、カッコいいじゃろ?
      つ[カニ脚]
  • はじめまして・・・ちょっとすいませんが握手していいですか -- ゼロキュー? 2008-02-10 (日) 16:37:03
    • 握手とな?いきなり妙な事を言うのう。…ま、それくらいならお安い御用じゃ。
      ……ほれ、好きなだけにぎにぎしてよいぞ。ただし優しく…な?
      • んじゃ、遠慮なく・・・(サワサワニギニギ)すごいですね。ツルツルですよ・・・ここまで手入れする人久しぶりに見ましたよ -- ゼロキュー?
  • 新人かい?武器や防具は持っているだけじゃだめだぜ、依頼の危険性は信頼度と報酬額、自分の運勢で判断しな、後キノコ狩りは特定の理由で冒険者になった奴にしか来ないから安心しな -- マッド 2008-02-10 (日) 03:24:23
    • ふふ、なんともキザな坊ちゃんだの。節介焼きもほどほどにせんと女に嫌われるぞ?
      ……ま、ワシは別段そうでもないが……っと……ん、これは礼じゃ。酒の肴にでもするといい。
      つ[カニ肉]

Last-modified: 2008-03-23 Sun 09:46:39 JST (4397d)