MF/0005

  • で、ケーネさんはその後、フェルモさんとどうなんです?(そこそこのブランドのバックにポーチと財布を納め、街歩きの途中ケーネを見つけ)
    (しばらく歩いた後に唐突に言い出す少女。よく見れば以前はしていなかった化粧をしている。ケーネに教えたナチュラルメイクよりは…ほんのちょっと派手目な) -- アマレット 2018-12-21 (金) 22:55:23
    • お?アマレットの姉貴じゃねぇっすか?へへっ決まってるじゃねぇっすか?(メイクの具合やバッグをチェックして頷き)
      今日はお出かけっすか?(なんて話をしていたら不意に掛かる質問)!?・・あ・・や・・・へへ・・・ど、どうって・・?(問われれば顔を赤くし、思わずニヤついてしまいながら耳元・・・そこに飾られた赤い石のはめ込まれたイヤーカフに触れる)
      -- 2018-12-21 (金) 23:04:01
      • ですです、出会いを求めて街を散策、なんてところです!(ふんすと気合を入れているが)……まあ目立った成果はケーネさんとの出会いでしたが…(とおいめ)
        ほほー……、これはこれは…流石はフェルモさん、いいセンスしてますねぇ(にやにやしてイヤーカフを見つめる)あー!もういいなー!あっちあっちのラブラブでー!(と呆れたように言う…フリ。その実、表情は笑顔で) -- アマレット 2018-12-21 (金) 23:12:59
      • ・・・気合入ってるっすね?(バッチリ決まりすぎているのではないだろうかとちょっと思う、要するに周りに引かれてやいないだろうかと)
        んっ・・ぁや・・・(しまったつい・・といった様子で手を離すが今更遅い)あ、はは・・・あんまりからかわないで欲しいっすよぉ(恥ずかしがりながら・・ただ照れるだけじゃなく嬉しそうにしている・・流石に付き合いだして何か月か経つと余裕が出てくるのかもしれない)
        姉貴、ちょっと明るくなったっすね・・・いや、今までが暗かったって訳じゃないっすけど、なんとなく・・・きっとすぐにいい人見つかるっすよ?(だから大丈夫だとうんうん)
        -- 2018-12-21 (金) 23:26:07
      • 入ってます!………あれ?もしかして私入りすぎてました?(先程までの少女を思えば随分と意気揚々と歩いていたのは丸わかりだ。知人でも少し声をかけづらいことは容易に想像がつく)
        フェルモさんの瞳みたいで綺麗な色してますしね(にやりと笑って)ふふー、分かりやすいケーネさん好きですよー?……あ、でも…お化粧教えた時より落ち着いてますね。…これが彼氏持ちの余裕…!羨ましい!(額に手を当てオーラに当てられるような顔)
        あー……(と天を仰ぐようにしてそう言われれば、と少し思うようにし、微笑み)悩み事とか、大体全部無くなりましたしね、ケーネさん達のおかげで。…ですか?そうだといいんですけどねぇ(などと苦笑する様からはあてがないのは直分かるだろうが) -- アマレット 2018-12-21 (金) 23:38:28
      • ・・・まぁ、ちょっと入りすぎていた所はあると思うっす・・・こう、オーラ?威圧?みたいのがあったっていうか・・・
        (ぎくぎくっとしつつ)あ、はは・・・その・・お互いを摸そうって思惑があったのは・・・あるっす(つまりフェルモの方にも自分を思わせる飾りをつけているという事だ・・・オーラにあてられるような顔には「勘弁してくださいっすよ」と笑って)
        うん・・・でも、最後にどうしたいか決めたのは姉貴っすから(きっとそれがよかったのだろうと思う)・・・そだ、姉貴たちはハローさんの下に入ったみたいっすけど・・・タウラージさんはその後どうされたんすかね・・・(ほぼとばっちりと言える被害者っぷりには流石に同情してしまう)
        ・・・銀河のお嬢もそういう感じっすねぇ・・・お見合いがあんまりうまく行ってないみたいっす・・合コンとか開けりゃぁいいんすけどねぇ
        -- 2018-12-22 (土) 00:03:05
      • (がーん、と絵に出てきそうなくらいな顔する。前途多難だ)うう……自然にしてても駄目だから頑張ったらそれも駄目……恋の道とは茨の道……(がっくりして)
        おー…すごい恋人同士っぽい発想…!いいなぁ!すごくいいなぁ!(もう羨ましいやら喜ばしいやらでふりふり身を捩りだして)それじゃ二人は離れてる時も一緒、ってことですよね、うーん…ロマンだなぁ(うっとり。そういうのが好きそうな顔だ)
        ふふ、ですね、でも……たぶん、そうやって思い切れたの、ケーネさんのおかげだったとも思うんです。もちろん他の方の声も嬉しかったですが…あの、恋をしてる時のケーネさんが本当に生き生きとしてたから(しみじみと、そう言い)
        タウラージさんは結構元気にしてますよ?計算のやり直しだってむしろ前より(くすりと笑い)…銀河さんもそうみたいですねぇ。…って合コン!あの!男と女が互いを狙い合う戦場ですか!(無縁だったので変なイメージ漏らしつつ) -- アマレット 2018-12-22 (土) 00:16:06
      • 自然にしたらダメ・・・だったんすか?・・・親しみやすくていいと思うんすけど・・・(ちょっと意外そうに首をひねる)
        え、えへへ・・まぁ・・・そんな感じで・・いつも一緒にって・・・(にやにやもじもじてれてれ)
        あはは・・そっか・・・そういう形でもお力になれたのならよかったっすっ(思えば後始末の時は彼女と話してばかりで碌に手伝えてなかったから)
        そうだったんすか・・にひひ、それなりに歳いってそうっしたけど、まだまだ元気って感じでよかったっす
        な、なんすかそのイメージ・・・いや、オレも良くしらないっすけど・・(互いに付き合えるのが一人ずつであればそうもなるのだろうか)やるにはコネとかメンバー集めとかいろいろやらないとっすねぇ・・
        あとはー・・・学校に行ったり?・・色んなお店を巡って店員さんと話したり?・・・どういう形であれ人と出会わないとどうにもならないっすねぇ
        -- 2018-12-22 (土) 00:28:13
      • …今までの自然な私、って要するに何か発展しそうなことを避けてきた私、ですので………(すごいとおいめする)今の私を見つけないとなぁ…まさか自分探しみたいなことしなきゃだとは…(苦笑して)
        ふふふー、そういう意味ではお二人は私の恋の見本ですからね!末永くお幸せにっていつも思ってますよ!(と今度は純粋に嬉しそうに言いつつ)…となるとケーネさんは私の恋の先生、かな?(などとはにかみ言って)
        あはは、これからもご指南宜しくお願いしますね、先生?(その時にも色々な話は聞いたが…まだまだそれでは足りないと、少女の未来に満ちた瞳は言っていて)
        …たぶん、あの人にとってはあれが一番の大きな挫折ですからねぇ。元々裸一貫でのし上がってきた方ですし、もしかしたら逆境が好きなのかもです(その様は、少女にとっても少しうれしいのか微笑み)
        んんんー!そこでそういうコネがあるならまだどうにかなるんですけどねぇ…(頭抱える)ああ、学校はともかくとして…店員さんとお話するのはいいアイディアです!……この後やってみよう(決意を固めつつ) -- アマレット 2018-12-22 (土) 00:41:13
      • あぁ・・・(駄目かぁと頭を抱えたり)こう、強引に来てくれる人がいたらいいんすけどねぇ・・・(ミューザー辺りが思い浮かぶ・・・ダメだわ)
        み。見本!?・・先生・・・!?・・・(銀河には先輩と呼ばれたし・・・そんな言われるほどの物ではないのにと困惑気味)あ、あはは・・・
        挫折は歳くってからすると立ち直れないみたいな話は聞くっすけど・・・やっぱりタフっす(うんうんと・・・)・・・・良い人捜す手助けでもしてもらいやすか・・・
        斡旋所の仕事を通してこう・・無かったんすか?遠ざけようとはしていたにせよいいなーって思う人とか・・そういう人多そうだなーって感じの集まりとか・・・
        (取り敢えず方向性が定められたようでホッとして)ぁ、じゃぁちょっとなんか服でも見に行きやす?出会いがあるかもっすよ?(良い人が見つかったら即座に別行動に入るよと言った感じで)
        -- 2018-12-22 (土) 01:04:29
      • ですねぇ、それはそれで良い方ならいいんですが…ちょっと強引すぎるのもあんまりですし…(あ、こいつ割と面倒なタイプだってこと言う)
        あはは、そのお気持ちも分からなくもないです。でもほら、先達は後進を育てるものですしね?ロベルトさんみたいに(などとちょっと意地悪に言う。引き合いに出してごめんなさい、と内心ロベルトに思いつつ)
        ……その発想は無かったです…!(目を丸くして)確かにタウラージさんならお見合い会社の一つや二つ持っててもおかしくない…!…ふふふほとぼりが冷めた頃にお願いしてみましょう(と悪巧みしてる顔で)
        んんー…、お仕事でですかー…、子供関係のお仕事では私も可愛い子どもが欲しいなぁ、とは思ったことはありますが…何せ今までそういう視点で見てなかったもので…あるのかもですが思いつかず…(と苦笑し)
        あ、街のパトロールの方は大丈夫なんです?(と今まで邪魔しておいてそんなこと言いつつ、有り難いと)それならぜひぜひお願いしたいです!…こう、ついでにもっと可愛くなれるような服とかもご指南頂ければ…
        (などと、以前にヴィッグや化粧でアドバイスをしていた少女が照れながら言う。だがその様はとても楽しそうで…)ではでは、行きましょうか!(ケーネを連れて、また意気揚々と店へと向かったとか) -- アマレット 2018-12-22 (土) 01:18:41
  •   -- 2018-12-14 (金) 22:03:24
  •   -- 2018-12-14 (金) 22:03:20
  •   -- 2018-12-14 (金) 22:03:15
  • (成功のうちに終わった遠征作戦。しばしの休憩の後に皆で軽く祝杯を挙げ…船室に戻ってからも二人で今回の働きぶりについて称え合ったりして)
    (そんな風にして過ごすうち…束の間、お互いにまどろんでいたらしい。ソファーに並んで腰掛けたケーネの肩に頭を預け、ネズミはすぅすぅと寝息を立てていた) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 13:05:19
    • (成功に終わる確信があった・・・それでもやっぱり皆が・・・彼が大きな怪我もなく無事であった事が何より嬉しかった)
      ん・・(気づいたらうとうととしていたらしい・・・やっぱり疲れていたのか・・・此処は確か船室でさっきまでフェルモとーとぼんやりしていると)
      ・・・っ!?・・(直ぐ近く、真横、肩に身を預ける様にしているフェルモの気配を感じる・・あっという間に目が覚めて体が火照り、かちこちに緊張してくる)ぁ・・ぅ・・ふぇ、フェル・・モ?(おずおず、窺うようにその顔を覗き込むようにしてみる)
      -- ケーネ 2018-12-09 (日) 13:27:16
      • ぅ、ん……(ぴくりと動く白く薄い小さな耳。覗き込めば、女装しても違和感の無い、外見の印象相応に実年齢よりも幼げな寝顔が窺える)
        (そんなケーネの内なる大騒ぎなど知る由も無い様子で、ケーネが身じろぎした事でバランスが崩れ、そのままケーネの腿の上に頭を置く形で、こてん…と横になってしまう) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 13:41:31
      • ゎっ・・ゎ・・(彼がバランスを崩せば半ば反射的にその体を支え、逆らわずそっと膝の上に迎え入れる)・・・(そう、迎え入れた・・・自分からこの形に持って行った)
        ・・・(その事をしっかりと自覚しながら顔を赤らめつつ・・その整った・・可愛らしいとすら言っていい寝顔を眺める)
        ・・・(寝ていたらこんなにもあどけない印象を与えてくるのに、起きていたらその言葉で、態度で、こちらの心を堪らなくかき乱してくるのだ)・・ずるい奴だよ・・本当に
        (寝顔に見惚れながら優しく梳くように髪を撫でる・・・ふと思い出すのはアマレットとの会話・・いつか言ってあげるべき事・・・そうすれば二人はもっと幸せになれる・・今はフェルモは寝てるから言っても届かない・・・でもちゃんと面を向って言えるようになっておきたくて・・・練習にはいい機会だ)
        ・・・す・・好きだよ・・フェルモ・・・(一緒にいたいとも傍にいたいとも言ったけれど、ちゃんとそういう気持ちを理解したのは割と最近だったから・・・)
        -- 2018-12-09 (日) 13:57:07
      • んん…ふ……(髪を梳かれれば、事前にしっかりシャワーを浴びたのか男性用シャンプーの爽やかな香りがふわりと広がる。 少し幸せそうに表情を緩ませて…もぞりとケーネの方へ頭を寄せて)
        (好き。ケーネのその言葉に反応するように、髪から覗く小さな耳が小さく動き…やがてゆっくりと赤い相貌が開かれる)
        ふぇ…ケーネ…?(まだ少し覚束ない意識の中、少女の香りに包まれながら…先ほどまで見ていた夢と少しだぶるケーネの姿)
        ぁ…ごめん、寝ちゃってたかな。(頭に感じるケーネの腿。少しはにかみながらケーネを見上げて)……おはよ、ケーネ。 -- フェルモ 2018-12-09 (日) 14:21:13
      • (女性用とは少し違った香りを感じながら寄せてくるその頬を撫で、もっとよく見たいと顔を近づける・・・が)
        ん・・っ!?(ゆっくりと開かれてくるその目を直視すれば頬を赤らめてわたわた身を正し)い・・いや・・・その・・・へへ・・おはよ・・?(くすぐったそうに笑う)
        ・・疲れてたんだろ?・・しょうがねぇよ・・・オレもさっきまで寝ちゃってたし(あははっと笑って・・・そのままそっと頭を撫でる)・・終わったんだよな・・これで
        -- 2018-12-09 (日) 14:31:47
      • (まだ少し、こうしている事に不慣れな様子のケーネの姿。頭にはまだ少しぼんやりした物が残ってはいるが、そんなケーネの様子に愛しさを感じて胸が高鳴る)
        うん、長丁場で流石にちょっと疲れてたけど…ケーネのお陰で随分疲れも取れたよ。 ……えへへ…柔らかくていい匂いだ。(頭を撫でられながら、幸せそうに目を細め)
        …やー、むしろ始まり…かもしれないよ?(重々しげにそう言って、それから少し悪戯っぽい笑みを浮かべ) 何せここ最近は準備で忙しかったしね。二人の時間はまだまだこれからさ。
        (大型船の生み出す僅かな、そしてゆったりとした揺れ。客船ほど大きくはないものの、余裕のある船室の窓からは、内海に沈む夕日が差し込む。そんな風景を眺めながら)……好きだよ、ケーネ。(全くもって出し抜けに、そう告げた) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 14:49:31
      • にひひ・・大したことしてないけどな・・・・・ん・・(いい匂いと言われるとなんだかこそばゆい・・大丈夫かな?とこっそり自分の体を嗅いだり)
        (始まり?ときょとんと小首を傾げて・・・)・・・っ!・・ぁっ・・あぁ・・・・そ、そう・・だな・・?・・・へへ・・ふたりの・・・うん(上ずりそうになる声を抑え、気持ちを受け止めるように息を吐いて頷く)
        (共に夕陽を眺めているようで、その実照らされた彼の表情に夢中になっていて)・・・っ!?・・ぁ・・あぁ・・・う・・うん(不意打ちみたいに言われてどぎまぎしながら頷く・・ちがう、そうじゃないと自分を叱咤しても、息が詰まってしまう)
        (震える手をそっと伸ばし、縋る様にフェルモの服を摘まみながら)フェルモ・・あの・・あの・・な?・・・えと・・お、オレも・・・好き・・だ・・・フェルモの事・・・(恥ずかしくて、まっすぐに彼の方を見れない)
        -- ケーネ 2018-12-09 (日) 15:00:45
      • ううん、ケーネだから…いいんだ。(匂いを気にしたり、これだけ密着していてもまだ少し緊張の残るケーネの様子。見るたびに新鮮な愛しさがこみ上げる)
        …ロベルトさんに、怒られない程度に。(作戦前に睨まれてたし、とくすくすと小さく笑う)
        ん…あ、ぅ。(ケーネの口から聞く、好き。というその一言。それだけで胸がいっぱいになる感覚)……そ…っか、やっぱり、さっきのは夢じゃなかったんだ…(確信を得た今、頬が緩むのを抑えきれない。真っ赤な頬を隠しもせず、夕陽に照らされるケーネの顔を見上げて)
        えへへ…ありがとう、ケーネ。 僕の事…を好いてくれて。 嬉しい…うん、嬉しいな…!(胸の高鳴りで上手く語彙を紡ぐ事が出来なくなる。普段すらすらと出てくる言葉が今は思い浮かばない)
        (その代わりに、と少し身を起こし、まだ視線を外したままのケーネの頬に、そっと唇を当てた) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 15:25:17
      • ・・・う・・うん・・・・(自分だから・・・その一言が堪らなくうれしくて・・・もうそれ以外に何も言えない)
        んもぅ・・・作戦が終わったのなら、兄貴だってなんも言わねぇって(とか言いつつ勤務中もにへにへしてて怒られる奴)
        ・・・っ・・き・・・聞いてた・・・の・・?(はわわわっと慌てて)あ、あははは・・へ、変だよな・・・もう付き合ってるのに・・今更・・・・(なんてぼやきつつ、彼が素直に嬉しいと言ってくれればこちらも胸が高鳴って仕方なくなる)
        (まっすぐに見れなくてどうしたものかと思っているとフェルモの方から近づいてきて・・)・・・ぁ・・(くると、分かった瞬間体が強張って動けなくなる)
        ・・・ん・・(頬に触れる暖かで柔らかい感触に・・信じられない位に鼓動が高鳴る)ぁ・・ぅ・・・ふぇ・・フェルモ・・その・・・いま・・(ドキドキしながら身を寄せ、今しがた触れた唇をまじまじと見てしまう・・・もっと触れたい・・抱きしめたい・・・その唇を、もっと感じたい・・そういう気持ちが湧きあがって来るのに、体が怖気づいて動けない)
        -- 2018-12-09 (日) 15:49:53
      • もう少し慣れれば…きっと勤務中も怒られないと思うんだけどね。(普段のその様子が想像できるようで、微笑ましくもなる)
        夢の中でもケーネに会ってたから…はっきり聞いたわけじゃなかったけどね。 でも、付き合ってるからこそ…こうして口に出す事って、大事なのかも。 だから…うん、好きだよ、愛してる…ケーネ。
        (目論見が成功し、同じく上手く言葉を紡げないながらも身を寄せるケーネ。しかしそこから動けない様子を見れば、自分がリードせねば、と膝枕に少し名残惜しげに身を起こして)
        うん、嫌じゃなかった…かな。 もしよければ、もっと…ケーネに触れたい、感じたい。 急にいっぺんには無理かも…だけど。(ケーネの頬に添えられる指。吐息が触れそうな距離でその顔をまっすぐに見つめて) ……だから、いい…かな? -- フェルモ 2018-12-09 (日) 16:17:21
      • そう・・・かな・・?・・そうだったらいいな(素直に嬉しそうに笑って)
        ゆ、夢っ・・・あ・・ぁぅ・・(いつでも彼の心の中にいるのだ、そういわれているようで、どうしようもなく笑みが浮かんでしまう・・・)あっ・・愛・・(言葉の衝撃に打ち抜かれてふらふら)
        (ぶんぶんと首を振って)い、嫌な・・・もんか・・お、オレだって・・もっと・・・フェルモと・・その・・・フェルモなら・・・・・って・・(具体的な言葉を紡ぐ事が出来ずにしどろもどろになってしまう・・・そんな調子でいると彼の指が頬にかかって・・近すぎる距離に思わずその赤い瞳に魅入ってしまう)・・・・・ぅん・・(うっとりと、瞳を潤ませながら受け入れる様に呟いて、ゆっくりと目を閉じる)
        -- 2018-12-09 (日) 17:44:21
      • 僕の生まれ故郷の男の「愛してる」は挨拶みたいなものだって揶揄されるけど… でもね、そんな僕達でも、誰かを本気に好きになれば、やっぱりその言葉は「愛してる」なんだと…思う。
        (訥々と、こぼす。最初は信じてもらえるか少し自信なさげではあったが…それはケーネの気持ちを疑う事になると思いなおし、力強く頷いて)
        ………ダメだな、女の子にこんなことまで確認して言わせないといけないなんて。 でも…ありがとう、ケーネ。 君のその言葉で…僕は少し勇気と自信が持てたよ。(自嘲気味にそう言って、目を閉じるケーネの頬を撫でる)
        (それを合図に、そっと顔を寄せ…軽く、しかし、しっかりと、そしてゆったりと長く…その唇を重ね合わせた) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 18:52:21
      • しょ・・正直・・・考えらんねぇな・・(ちょっと想像つかなかった・・・でもそういう挨拶みたいな物と、今彼が言ってくれた言葉は明確に違うものであるとはっきり感じ取る事が出来る)
        ・・・んっ・・(瞳を閉じると肌が鋭敏になる気がする・・・頬を撫でる彼の指先、近づいてくる息遣い・・触れてくる体温・・・そして・・)
        (初めてのキスはゆっくりと長く、時間をかけて・・・その柔らかさと温もりを、伝わってくる愛と共に深く深く心に刻み込む)
        (ただ唇を重ね合わせる・・それだけの事なのに、びりびりと心地よい感覚が全身に広がり、背筋を駆け抜け頭を支配する・・・はじめ強張っていた体も、だんだんと蕩けて身を預ける様に・・・いや)ん・・(もっと、深く感じたいと自ら押しつける様になっていく)
        -- 2018-12-09 (日) 19:34:49
      • ん…っ…(ただ、触れ合わせるだけ、押し付けあうだけの、シンプルな口付け。 けっしてこうした経験が無いわけではない。だが…この触れ合うだけの口付けが、今はたまらなく愛しくてたまらない)
        (ケーネの背に腕を回し、抱きしめるように胸を合わせて…鼓動を伝え合う。 ネズミの心臓もまた、ケーネに負けないほど早鐘を打っていた)
        ふ、ぁ……(やがてゆっくりと顔を離せば、その間息を止めていたことに気付く)…あ、はは……どうしよう、心臓がどうにかなっちゃいそうだ。
        (鼻が触れ合う距離で、少し呼吸を乱しながら、真っ赤な顔で苦笑してみせる) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 20:26:09
      • (永遠とも思えるほどの時間・・・拙くも一生懸命な気持ちのこもったキスを交わす)
        (普段は荒々しく振る舞い、作戦中も吸血鬼顔負けのパワーをふるって暴れまわった彼女も・・・こうして抱き寄せればその体は細く頼りなく・・未知の感覚に震えていた)
        (どきどきと激しく心臓の内なる音を感じながらしっかりと抱き合って)
        ぷぁ・・っは・・・はぁ・・(こちらもまた思わず止めていた息を再開し、乱しながらくらくらと彼に寄りそう)うん・・・フェルモ・・どうしよう・・オレも・・・どう・・どうしたらいいのかなって・・・胸が熱くなって・・好きすぎて・・・この気持ちを・・もっと・・伝えたい・・・(ぎゅぅっとしがみつき、額や体を擦り付けて)
        -- 2018-12-09 (日) 20:56:25
      • (腕の中で震える細身の身体。今腕の中に抱きしめているのが、少年のような振る舞いと大人顔負けの実力を持った、しかし年下の乙女なのだと改めて実感すれば、胸の奥の熱が一層強くなる)
        (呼吸を乱し、未知の感覚と昂ぶりを訴えながら擦り寄るケーネの身体をしっかりと、しかし優しく抱きしめながら、「この先」を想像する…) うん、こうしてるだけで…僕もケーネに色々…伝えたいって…
        (しかしどこまで進むべきか、分からなくなって来る。 ケーネを知りたい、自分のものにしてしまいたいと言う欲求と、その一方でケーネを大事にしたいという想いがせめぎあう。だから…)
        だから…順番に、ゆっくり…ね。(おっかなびっくりながら、ゆっくりと一歩を踏み出す。 ケーネの細い頤に指を沿え、再び唇を重ねる。今度は触れ合うだけではなく、深く。 舌を伸ばしてケーネの唇をつつき、そっと割り入らせた) -- フェルモ 2018-12-09 (日) 21:42:47
      • ・・・っ・・(フェルモもまた同じ気持ちであると伝えられれば堪らなくなる)
        (フェルモがこちらに次々と、今まで感じた事のない意識を向けてくるのを感じる・・いや・・今まで感じてきたのに、ケーネ自身が知らなかった意識・・その衝動に委ねてしまいそうになって・・・)
        ゆ・・ゆっくり・・順番・・・(こくこくと、復唱して頷く・・ちょっとだけ、冷静になれた気がした・・・でもやっぱり求める心は留まらない)
        ちゅ・・ん・・・んんっ!(再びのキス・・ドキドキしながらも勝手知ったると押し付けていると、ぬるりと・・舌が入ってくるのを感じ、驚いて顎を震わせる)
        ・・ん・・んんっ!・・(噛んだらいけないと戸惑ううちに侵入を許し、こちらの舌と触れ合う)っは・・ぁ・・んっ・・・(ただ唇を合わせるのとは違う、甘く痺れ、蕩ける様な快感が広がる)ちゅ・・・ぷぁ・・あ・・(興奮のあまり息を喘がせながら、離れたくないと躊躇いがちにこちらからも舌を合わせていって)
        -- 2018-12-10 (月) 02:05:29
      • ふ…ぅ… ちゅ…ぅ…(より深い口付けを交わせば、意識がざわめくのが分かる。 アクセルとブレーキを同時に全力で踏んでいるかのような、葛藤)
        …っ、は…ん、ちゅ…(ケーネが必死に応えようと伸ばす舌と触れ合い、絡ませ、じゃれる。 愛しさ、嬉しさ、そして興奮が溶け合って入り乱れる感覚にしばし溺れて夢中でキスを貪る)
        ……んんっ…ぷ、は……(どれくらいそうしていただろうか。互いの唇に銀の糸を引いて、名残惜しげに顔を離す。 ほんの数秒のようでもあり、たっぷり数分でもあったようにも感じられて)
        え、へへ…また一歩、進んだ…ね。 …で、でもね…っ、ケーネ… ここから先は、ね…ケーネの心の準備とか、その…っ…(赤い目を細めて見せるが、眉尻を下げ、少し切なそうな笑みに見えて)
        (その表情に渦巻くのは…はちきれんばかりのケーネへの愛情と…恐れ。 恐る恐ると言った様子で、服の上からケーネの胸の隆起に手を添えた)…その、あのね…? こういう事に、なるから…
        (語尾が震える。恥ずかしい思い、嫌な思いをさせないだろうか、欲望を見せ付けて不潔だと嫌われたりしないだろうか。 ケーネを想うあまりに、今はそれがブレーキをかけていた) -- フェルモ 2018-12-10 (月) 19:42:51
      • ちゅ・・ん・・ふ・・・(深く絡み合うような口づけ・・・粘膜同士を触れ合わせ、すり合わせ、絡めあう・・ただそれだけの事なのに、信じられない位気持ちいい・・・)
        (拙いながらも懸命に応えようとし続け・・それもやがて終わる)・・ぁ・・・(離れれば名残惜し気な声が漏れる・・つぃと引く意図に先ほどの残滓を感じ、恥ずかしそうに視線を逸らす)
        (そうして少し落ち着くと今更ながらに、彼の葛藤する様な感覚が響いてきて戸惑う・・・強い衝動と、優しさのせめぎあい・・・)
        う・・うん・・・すごかった・・♡・・・こんなの・・あるんだな・・(思わずうっとりと呟く・・・と)・・先・・・・っ!(視線に誘導されてようやく気付く・・というより、無意識に気づかないフリをしていた事・・・同時に彼の葛藤の正体も悟って)
        ・・っは・・んっ・・・(胸に手が添えられる・・ただそれだけなのにびくりと体が震え、か細く切なげな声が漏れる・・・自分もまたひどく興奮しているようだ)
        ・・・フェル・・モ・・(これから起こる先の事・・知識では知っていても経験としては全くの未知の事)あの・・な?・・正直・・正直に言うと・・・怖い・・・自分がもう、今までの自分じゃなくなっちゃうような・・・そんな気がする・・から(そう言いながら、縋りつくように抱きしめる・・手も体も震えているが・・・それでも懸命に)
        でも・・オレ・・・分かるんだ・・・フェルモが、どうしようもなくオレと・・・その・・そういう事・・したがってる・・求めてくれてるって事・・・でも・・精一杯オレの事考えて・・・大事にしようとしてくれているって事も・・・そんな・・そんなフェルモだから・・・(視線を彷徨わせ、声まで震え、たどたどしくなりながら・・・それでも懸命に絞り出して)
        (やがて恐る恐る、しかして確実に・・・視線を絡めさせると・・今度はこちらから)・・ちゅ・・・(唇を触れさせ、そっと舌先で舐める)・・・いいよ・・
        -- 2018-12-10 (月) 20:24:04
      • う、あ…ぁ…(恐怖を告げながらも、懸命にすがり付いてくるケーネ。その必至の決意と、自ら重ねられた唇。 こみ上げるものに、思わず嗚咽のような声が漏れた)
        そ…か…ぁ… あ、はは…(声が使えて出てこなくなるほど、どんな表情をしているのか自分でも分からなくなるほど、嬉しく、愛しい。赤い瞳から、涙が一粒零れ落ちた)
        ありがとう、ケーネ…っ……(ケーネをまっすぐに見つめ、もう一度、触れ合うだけの口付けを交わして)
        最初は、どうしても…その。 でも…出来るだけ、優しくする…っ、から。(ゆっくりとケーネのタイを緩め、慎重にシャツのボタンを外す。 首筋にそっと唇で触れた) -- フェルモ 2018-12-10 (月) 20:54:14
      • (はぁふぅと緊張に息を乱していると)フェルモ・・・(その涙が歓喜から来るものである事は明白で・・思わずこちらまで涙ぐんできて)
        (優しく、確かめ合うようにキスをして)・・・ん・・ぅん・・・だ、大丈夫・・・だから・・・(しゅるりとゆっくりとタイが緩まり、首元がスッとする・・・ゆっくりとボタンが外されていき、肌が外気にさらされていくのが分かる・・・ブラは何色だったか・・たしか水色・・色気のないデザインだと思われないだろうか・・・ついつい色々な事を考えてしまう)
        は・・ぁ・・・・(緊張にどうしても体が硬くなり・・・火照る・・顔どころか胸のあたりまで赤くなってるんじゃないかって気がしていると首筋に彼が近づいてきて・・)ひぁ・・・っあ・・!?(びくっと驚いた様な声を上げて身を跳ねさせる)
        (先ほどまで服で隠れてた所に彼が顔を近づけている・・・さっきから体が暑い、汗をかいてる・・・臭いって思われたらどうしよう・・)ぁ・・あぁ・・あの・・・汗・・とか・・・ぅぅ・・(緩めたシャツの向こう、火照った胸元が息をする度に細かく上下している・・・その上には、あの日フェルモのプレゼントしたイルカのネックレスが輝いていて)
        -- 2018-12-10 (月) 21:25:01
      • ……っ。(唐突にケーネが上げた悲鳴のような嬌声に、こちらも少しびくりとしたが…小さく深呼吸をして安心させるように笑って見せる。自分もそれどころではないのだが…)
        (ブラウスがくつろげられて露わになる胸元。 うっすらと汗をかき、呼吸に合わせて上下する…ケーネらしい水色の下着に覆われた隆起と、そこを飾る夜光貝の輝き。自分が贈ったものがそこにある。そのことがたまらなく嬉しくて) うぅん…綺麗、だ。(思ったのと同時、口を突いて出る言葉)
        (鎖骨に口づけて、徐々に唇を滑らせる。片手はゆっくりと下着の上から胸に触れ…もう片方の手は意味を成さなくなった着衣をそっと剥いで行く) -- フェルモ 2018-12-10 (月) 21:39:44
      • ぁ・・ご・・・ごめ・・(フェルモの驚く気配になんだか悪い事をしてしまった様な気がしたが・・・直ぐに微笑みかけられてほっとする)
        ・・・っ・・(まっすぐな想いと共に綺麗だと告げられる)・・ほんと・・ホント・・に・・・?(か細く、甘える様な声が出る・・・確認なんかしなくてもわかってる・・それでも聞きたい・・何度だって聞きたい・・・彼に綺麗だって、可愛いって・・好きだって・・・愛してるって・・・何度でも言って欲しい・・・・・)
        ぁっ・・はぁ・・ぅ・・(彼の唇が首筋から鎖骨に・・そこからさらにと移っていく・・・その度に小さく声を漏らして震えて・・・)はっぁぁ・・(触れてくる手を、そのなだらかでありながら確かな柔らかさを持った胸で、ドキドキしながら受け止める・・息を乱して震えている内に気づけばもう下着姿で)
        はぁ・・ぁ・・ぅ・・・(きゅっと・・フェルモの服を摘まみ、くいくいと引く)・・・お、オレ・・ばっかり・・・じゃ・・その・・・(恥ずかしいと呟いて)
        -- 2018-12-10 (月) 22:05:15
      • うん…綺麗だよ…っ、ケーネ… それに…その、凄く…色っぽい。 どこもかしこも…キスしたくなるくらいに。(舷窓から差し込む夕日の残光がケーネの肌をうっすらと照らし、汗ばんだ肌を官能的に彩っている。思わずごくりと喉を鳴らした)
        (愛しさと控えめな膨らみ、痛くないように包むように触れる白い手指。そしてその言葉通り、どこか甘さのようなものを感じる汗の芳香に誘われるように、胸元へと唇を滑らせる)
        (そしてその淡い色の下着に指先をかけようとした、その時…) ぁ…っ、ご、ごめん。 それじゃ…僕も脱ぐ、からっ…!(ケーネの言葉に今更ながらハッとして、ジャケットを脱いでタイを緩め、ワイシャツのボタンを外してゆく)
        (生白く透き通るような肌に、少し線の細い体つき。 それでもうっすらとしなやかな筋肉が見て取れる。 そして少し躊躇いがちにスラックスを脱げば、背後に桃色の尻尾が揺れる紺のトランクス…その一部が既に少し盛り上がっている) -- フェルモ 2018-12-10 (月) 22:29:41
      • ・・・っ・・(うれしいという感情が胸から溢れてしまいそうになる・・・)ぁ・・はは・・・分かってる・・筈なのになんだろう・・・よかったって・・・(恥ずかしそうに笑いながら涙をぬぐい)・・好き・・フェルモの事が大好き・・・だから・・・(何があっても受けとめてみせると頷いて)
        ん・・ぁあっ(顔が胸元に近づいて・・触れてくる・・髪の毛先が肌を刺激してこそばゆい・・そんな風に思いながら・・もっとして欲しいと告げる様にその頭をそっと抱いて)
        ・・んっ・・と・・その・・・急がなくて・・いい・・から・・・(慌てたように脱いでいくその服を手にし、そっと置くと、押しとどめる様にその手を取り、ゆっくりと、一緒にワイシャツを脱がしていく・・・)
        (でもやっぱり恥ずかしくて、スラックスを脱ぐ時は手を出さず、顔を逸らして)・・そ・・・その・・・そんな風に・・なっちまうんだ・・な?・・・(気恥ずかしそうに微笑み・・・改めて向き直ると)
        ・・・フェルモ・・っ・・(信じられない程に白く、美しい肌に手指を這わし・・・ひしと抱きしめる・・・生の肌と肌が触れ合う感触にドキドキとする・・・男みたいにわかりやすい象徴はないけれど・・自分だって・・・間違いなく欲情しているようだ)
        (再び先の体勢になる様に引き寄せながら・・不安ながらにも勇気を振り絞って呟く)・・・きて・・
        -- 2018-12-10 (月) 23:00:08
      • (焦りを鎮めるように、ケーネの手を借りてワイシャツを脱ぎ…スラックスを脱げば、恥ずかしげに視線を逸らすケーネ。真っ赤になった頬を掻きながら、頷く)……うん、僕も…ケーネのことが、大好き…だから……
        (遮るものも無くなって直に触れ合う肌と肌。お互いに驚くほど熱を持っているのがわかり、あらためてその想いを感じることが出来る気がした)
        ……うん、愛してるよ、ケーネ…(額に、唇に。そして胸元に唇を降らせ、胸を覆う下着ずらし、滑らかな腹部をなぞり降りる指)
        触る…よ?(小さく囁くように言ってから、下腹部を覆う下着の上から、そっとその形をなぞる…) -- フェルモ 2018-12-10 (月) 23:15:44
      • ・・っ・・ぁ・・・はぁ・・(素肌で触れ合いながら落とされるキスの雨を受けとめる・・唇のふれる感触を心に刻みつけられ、その一つ一つが忘れられない物にさせられていく気がする・・)あぁ・・
        ひゃっ・・ん・・っ!・・(ブラがずらされ、既に痛い程に立った先端が露になる)・・・っ・・(見られている事を強く感じながら、意識はなぞる指先に集中する)
        (どきっとして体が強張る)・・ん・・・(返事のつもりの声は喉が詰まって上手く出せない)・・・っ・・っは・・ぁ・・っ(つつりとなぞられた瞬間自分でもどうしてこんなに感じるのか分からない位身体が震え、息が漏れる・・・自分でしたときだって、こんなに感じる事はなかったのに・・)
        -- 2018-12-10 (月) 23:29:27
      • ん…ケーネ…っ……!(初めての感覚を必死に受け止め、自分を求めてくれることが嬉しくて、もっとこの感覚を伝えたい、教えたいと言う気持ちが巻き起こる)
        (露わになった胸、控えめで可愛らしく…そして美しい、と心から思った。その想いを伝えるかのように唇を押し当て、先端を吸う)
        はぁ…っ……(腕の中で身悶えるケーネが愛しくて、はやる気持ちを押し殺しながら、二度、三度と秘められた部分をなぞり上げ…そしてそっと、指をかける。)
        (壊れ物を扱うように慎重に、薄布の縁を腰骨の曲線に沿ってなぞり落としつつ…口付けの位置も徐々に下へ。胸の下へ、呼吸に沿って大きくうねる腹部へ…) -- フェルモ 2018-12-11 (火) 00:57:45
      • はぁ・・ぁ・・・フェルモぉ・・ん・・はぅっ!!・・んっ(敏感な先端に吸い付かれ、背を逸らす様に跳ねさせて)そ・・そこっ・・あっ・・んっ!・・(強すぎる・・そう訴える声は甘く切なく、むしろせがむ様で)
        んゅ・・っ・・ぅ・・あ!(なぞり上げられる度にぞくりとした快感が駆け抜け、それをどうこなしていいのか分からずに腰や体を左右に捩り・・)ぁっ!
        (下着を下ろし、徐々に腹部へと下がっていく頭に)ぁ・・だ・・だm・・・ぅぅ・・・(反射的にダメと言いかける口を噤ませる・・・恥ずかしそうに足をすり合わせ、唇を戦慄かせながら、それでも受け入れようと懸命に体から力を抜こうとする)
        ・・ぅ・・・あ・・ふぇ・・フェルモ・・・ぁの・・(まだ男を知らない、自分でもそれほど多くは触れていない、されども清潔には保たれた秘唇が薄いヘアに彩られている・・それを恥ずかしそうに手で覆って・・・反対の手で彼の髪に触れ、くりくりと弄る・・震える手付きが不安と緊張を伝えてきて)
        -- 2018-12-11 (火) 06:54:23
      • (耳を擽るケーネの甘い声。その声をもっと聞きたい、もっと自分を感じさせたい…その思いが、愛撫に一層の熱を篭らせる)
        …は、ぁ……(興奮に乱れる呼吸。獣の息遣いを思わせるものの、その手つきや触れる唇はあくまでも柔らかく、優しく…ソファーに横たえたケーネの身体の上をなぞってゆく)
        ん、ご、めん…ケーネ… 恥ずかしい、かもしれないけど… その、ほぐしといたほうが…痛くないって、いうから…… それに、その…知りたい。ケーネを…隅々まで…(淡い体毛に彩られた部分。そこへの視線を遮る手に口付け、手を重ねる)
        (腿との際に唇を触れさせながら、指を絡ませるように握ったその手を、そっと…脇へと。 そうして露わにされた場所へ、唇を触れさせた) -- フェルモ 2018-12-11 (火) 19:31:12
      • ふぁっ・・っは・・あぁっ!(獣の様に興奮した様子の彼に恐ろしさを感じなかったと言えば嘘になる・・・だが触れてくる唇が優しいから・・伝わってくる感情が精いっぱいこちらを労わろうとするものだから・・勇気をもってそれを受け入れられた)
        ん・・ぅぅ・・・ゃぁ・・(それでもやっぱりここは恥ずかしいと駄々をこねるような声を漏らし、重なる手を縋る様に掴んで)
        ふっ・・ぅ・・あっ(腿との際にキスを受けて足や腰から力が抜けてしまいそうになる・・絡める様に握った手が震え・・導きに応じて脇へと逸れていく)
        ん・・くぁっ!?・・っは・・んっ・・ひ・・ぁぁ・・・っ・・そ・・そんな所・・きたな・・っ(こんな所に口で触れる・・その行為に対する動揺と共に甘い快感が駆け抜けふるふると腰が震える)っは・・ぁぁんっ!こんな・・の・・あっ・・・知らな・・あぁっ(快感に腰と共に心も蕩け、次第に髪や手をつかむ指から抵抗する力が失われていく)
        -- 2018-12-11 (火) 20:35:56
      • 大丈夫…っ… 綺麗…だから… ん…っ……(一際甲高く鳴いて身悶える、その表情を見上げながら、そこへの啄ばむような口付けを繰り返す)
        (初めての感覚にふわつくケーネを捕まえて安心させるかのように、握り合わせた手を離さぬよう、しっかりと握りなおして)
        (やがて、奉仕に舌の動きが加わる。裂目の内側をなぞるように、強すぎないよう、しかし丁寧に、未通の部分をほぐしてゆく)
        ……ぷは… ぁ…ご、ごめ…大丈夫?ケーネ…?(耳から思考を蕩かすケーネの声、思わず夢中になってしまいそうな頭に差し込む冷静な思考。顔を離し、おずおずとその表情を窺う) -- フェルモ 2018-12-11 (火) 21:12:37
      • ぁふ・・あぁぁっ・・(啄むような口づけに、始めは驚き、戸惑い、羞恥に震えていたが)
        (しっかりと手を握り、その存在を確かめさせながら 丹念に舌が這い、優しく、しっかりほぐしていくうちに)んぅっ・・っは・・ぁっ・・ふ・・・(次第に快感に呑まれ、魅入られていくように甘い嬌声がこぼれだす)
        (やがて唾液だけでない液体にまみれさせすっかり蕩けさせた入り口を晒しながら)はぁ・・ぁ・・・ん♡・・フェルモぉ・・(顔を上げれば・・・紅潮した頬を緩ませ、潤んだ瞳が悩まし気に男を求めている、雌の表情と目が合う)ぁ・・ん・・・はぁ・・フェルモ・・・?そ・・その・・(やめちゃうの?そう言いたげに、悲し気にその瞳を逸らし、切なげに腰を揺らして)
        -- 2018-12-11 (火) 21:51:07
      • ケーネ…っ……(普段の姿からはもちろん、つい先刻の表情からも想像できないほどに乱れたケーネの表情。艶かしいその姿に魅入られると同時に、それほどまでに感じてくれた事に嬉しさもこみ上げる)
        あ、はは…気に入っちゃった…かな?(こうして奉仕を続けるのもいいが…今は。 少し名残惜しげに、蜜をこぼす秘洞の上に息づく突起を軽く吸い、身体をずり上げる。 視線を逸らす耳元に、「またしてあげるから」と囁いて)
        …もう準備も出来たみたいだから…その。(照れ臭そうな表情でトランクスを脱げば、しっかり一人前な、しかしケーネと違い体毛の無い、そそり立ったモノが露わになる)
        ……やっぱり、少し…怖い?(肌と同じく生白いが、大きく、グロテスクにも見える雄の器官。女顔ではあるが、獣性を感じさせる男の象徴) -- フェルモ 2018-12-11 (火) 22:18:11
      • へ?・・・ぁ・・っ(声を掛けられて漸く自分がどんな表情をしていたのか気づかされてこわばる)も、もぅ・・・やめて・・くれってば・・(照れ隠しの様にぼやく・・それでも奉仕の甲斐あって大分今の状況にも慣れた様で)
        あっあぁっっ・・!?(敏感な突起を刺激されて大きく声を上げてのけ反る、その間に彼が上がってきて)はぁ・・はぁ・・あ・・・・・っ!(耳元で囁かれるとぞくぞくと震え、また表情を蕩かしながら)・・・うん・・♡・・(と呟く)
        ん・・・ぁ・・・(男性器とはそういう物であると理解はしているが、実際に、それもこうなっている物をみるのは初めてで・・思わず言葉を失う)ぇ・・ぁ・・・ぅ・・・
        (怖い・・これほど力強くいきり立った物がこれから自分の中に・・・それでも、それをあまり恐れるのは彼に悪い・・これだって彼の一部・・・そう思えば)・・・っ・・(恐る恐るといった風にそっと手を伸ばして、その形や熱、硬さを感じようとする)
        -- 2018-12-11 (火) 22:55:36
      • (快感もだいぶ素直に受け入れられるようになったケーネの、可愛らしい返事。さらさらと愛しげにその短い髪を梳き撫でて、こちらも少し緊張のほぐれた笑みを見せた)
        うん、やっぱり…最初は、そうだと思う… だから、ケーネが怖いなら…(それでもやはりケーネは大事にしたい。ソレを見て言葉を失うケーネにふにゃっとした情けない笑みを向けるが)
        ……っ!?(伸ばされる手、触れる指先にびくりとする。それに合わせて、小さく跳ねるそれ)
        (努めて意識の外に置いていたが、ケーネに唇を降らせている最中からずっと、既に収まりのつかなくなっていたそこは…既に熱く脈打ち、先端に露を滲ませていた)…あっ、ぅ…ケーネ…だ、大丈夫…? -- フェルモ 2018-12-11 (火) 23:15:52
      • はふ・・・ん・・(髪を梳くように指が通る・・触れ合う激しい快感とは少し違う、こそばゆく思わずうっとりとしてしまう快感・・・)・・ふへへ・・
        ・・っ‥ご、ごめん・・あの・・・(触れるのに反応して小さく跳ね、同時にフェルモも反応する・・・その様を、不謹慎かもしれないが少し可愛いと思った)
        その・・あんまり怖がったら・・・フェルモが可愛そう‥かなって・・・・(彼の反応を見ながらまたそっと触れて、その熱さと硬さを実感する・・手についた露を指先で弄り・・自分にこれほどまでに欲情していたのかと実感する)
        (いきり立つフェルモの野獣の部分・・・グロテスクにすら思えるそれも・・確かに自分の好きな人の一部なのだ・・・それが、分かったから)
        ・・・うん・・大丈夫・・・(そう応えると改めてぎゅっとフェルモに腕を絡める)大丈夫・・だから・・・きて・・(受け入れる様に体から力を抜いていく)
        -- 2018-12-11 (火) 23:35:05
      • うっ…ぁ…… やー、でも…可愛いってもんでもない…し… ぅ、くっ…!(ケーネの手が触れる。手の刺激もそうだが、愛しい人がそこに触れたという事実が背筋を駆け上がるような快感となった)
        あ、あんまり触ると、その、やば…っ……(ケーネの指が這うたび、ぴくぴくと身体ごと反応する。情けない声を出しながらも、暴発してしまわないように堪えながら)
        (ケーネにとっては何もかも初めての経験…それなのに気丈に自分を受け止め、受け入れてくれようとする、そんなケーネに心からの感謝と愛情を覚える)
        …うん、ありがと、ケーネ…(腕を回すケーネの入り口に、そそり立ったものの先端をあてがい、馴染ませるように浅く触れ合わせて)それじゃ…いく、よ…?
        (互いの湿った熱を感じながら、ゆっくり腰を押し出して。思わず突き立ててしまいそうな衝動を堪え、未通の部分をいたわる様に押し広げて行く) -- フェルモ 2018-12-12 (水) 00:12:36
      • ・・・(ふるりと首を振り)で、でも・・・いま・・こうしてる時のフェルモ・・・かわいいって思う・・(自分の手で悶えさせている様が強い達成感を覚えさせる)
        ふぇ・・?・・・あ・・う、うん・・・(それでもやばいと言われれば慌てた様に手を離す)

        (そうして改めて向き合う形で)う・・うぅん・・・オレ・・やっぱりちょっとビビってた・・でも・・・うん(もう大丈夫と頷く・・・先端が入り口に宛がわれる・・ちゅくちゅくと愛液が塗されていき・・)っは・・あ・・・ぅ・・・う・・うん・・・
        (こくりと頷くも・・・)んっぅっ!!・・ぁぁあっっ・・っく・・・!(存分にほぐされ力を抜いてなお、そこは狭く、モノを強く締め付けてくる)
        (身体を内側から割り、裂かれる感覚の中、それでも懸命に彼を受け入れようと息を整え、力を抜こうとしている・・・)っは・・はぁ・・あっ・・・(狭く、熱くうねり、それでいてぬる付いてよく滑る内側を押し進めれば、その純潔を守る最後の抵抗が男の進行を阻もうとする)
        ふぇ・・ふぇる・・・も・・・(求める様に呟き、少しでもその存在を感じたいと抱きしめて)
        -- 2018-12-12 (水) 00:41:04
      • く、ぅ……(想像はしていたが、やはり狭いそこ。小さな動きすら自分の背筋を這い上がる快感となるが、ぐっと堪え)
        (不慣れな部分を広げられるだけでもかなりの苦痛があるだろう、それでも努めて力を抜こうとするケーネが愛しくて、その額に軽く口づけて)
        (健気に抵抗する純血の証に触れれば)……ケーネ…っ…(その名を呼んでしっかりと抱きしめ、その抵抗を突破した) -- フェルモ 2018-12-12 (水) 22:28:11
      • (下腹部から来る強い苦痛に悶え、震えながら懸命に耐えている・・額へのキスやしがみ付く様な抱擁で必死に痛み以外の感覚に縋って)
        ふぇ・・ふぇる・・・んっくぁぁああぁぁっ!(ずんと一際深く押し入り、一気に最奥へ突き当たってくる・・身体が引き裂かれるような痛みに表情を歪ませ、全身を強張らせながら)
        あぁ・・っぐ・・っは・・はぁ・・あっ・・・はぁ・・(結合部から純潔の証を滴らせながら懸命に息をして)ふぇ・・ふぇる・・も・・・・な、なぁ・・いま・・オレ達・・・一つになって・・・?(がくがくと体を震わせながら確かめる様に声をかけて)
        -- 2018-12-12 (水) 22:49:53
      • く、はっ……!(ずるりと入り込む感覚。 深く繋がり合った場所から互いの熱が広がり、その境界すら曖昧になるような…歓喜)
        (本気でした恋と、本気で抱いた愛情。それに応えてくれた相手との逢瀬。 女を知らないわけではないが…これほどに満たされた感覚は初めてだった)
        …うん、ちゃんと…入ってる。 やっぱり痛い…よね、ごめ…いや、ありがとう、ケーネ…(自分の身体の下で痛みに耐えながら喘ぐ恋人を見下ろせば、謝るべきではない、と悟り、代わりに深い感謝を伝えた)
        ありがとう…僕を受け入れてくれて。(汗で張り付く髪を、紅潮したその頬を慈しむように撫でながら、ともすればこのまま出てしまいそうな衝動を堪え、最初の痛みが引くのを待つ…) -- フェルモ 2018-12-12 (水) 23:08:51
      • あぁ・・・っ(囁かれる言葉に、胸が嬉しさでいっぱいになり・・思わず涙がこぼれる)ふへへ・・・いまちょっと謝ったなぁ?(なんてちょっと照れ隠しみたいに笑って)
        (優しく撫でられながら浅く息をし、堪える様に)うん・・痛い・・・痛いんだけどさ・・・それだけじゃないんだ・・(こちらも、彼の頬を愛おし気に撫でながら)
        フェルモと一つになれたって・・・その事が・・信じられない位嬉しくて・・・この感じ・・これが・・・愛・・なのかなって・・・だから・・
        愛してる・・フェルモ・・・(昂りに身を任せ、そっと気持ちを伝える様にキスをして)・・・へへ・・変な味・・・(ほうっと息を吐く)ぁ・・それになんか・・だんだん・・痛く無くなってきたかも・・
        -- 2018-12-12 (水) 23:41:37
      • う、ごめ…(また言いかけて口を噤む) …ダメだな、クセになっちゃってる。(同じく、ケーネに照れ隠しの苦笑を向けて)
        え、へへ… そっか…(痛いけど、嬉しい。 その言葉に笑顔がはにかんだそれに変わる。彼女もまた同じ気持ちで居てくれている事が、とても幸せなことのように思えて)
        うん、僕も…愛してるよ、ケーネ。(口付けを交わし、繋がり合った恋人の瞳を見つめながら、ありきたりではあるが最も想いの篭った言葉を交わす) じゃ、じゃあ…試しに少しだけ、動いてみるから…
        (ケーネの言葉を聴けば、ゆっくりと時間をかけて腰を引く。まだ狭く不慣れな内側を労わりながらも、嵩張りが擦ってゆく…) -- フェルモ 2018-12-13 (木) 00:17:52
      • へへっ‥いいさ・・・ホントなら初めてを渡したのに謝られたらムカッとするのかもだけど・・・不思議とそんな気にはならないし・・・(すりすりと擦りつき)ちゃんと言い直してくれる事も含めて・・ちょっと可愛いって思う
        (愛してると言い合う、とても心がくすぐったい)
        ぁ・・ん・・・動・・く?・・・んぁっ!・・っは・・あ・・(ずるりとゆっくり引き戻していく・・動けばまだ痛みがあるが、それ以上に熱い・・火照り、焼け付くように・・・・内臓を引き出されるような感覚に悶えるも、今感じている嬉しさを支えに耐える)
        ぁっ・・ぐ・・・はぁ・・あ・・(ほぐした成果は確かにあって、愛液と血で熱くぬめったヒダヒダが、蕩けた飴のようにモノに絡みついて絞り上げてくる)フェル・・モ・・んっ・・あぁっ!(ゆっくりとした動きが繋がっている事を強く意識させる・・未だ残る痛みと苦しさと、それをも上回る幸福感・・・そして・・少し・・ほんの少しだけ・・お腹の奥に・・奇妙な、上手く言い表せない感覚がある・・)
        -- 2018-12-13 (木) 01:11:25
      • ぅ…か、可愛いってのは…(今まで散々言われてきた事。時に否定もしてきた言葉だが)…ケーネに言われるなら、悪くない、かも。
        ん…っ、ケーネ…大丈夫?(抵抗感の強さはそのまま摩擦の強さとなり、こちらに伝わるのは幸福感と綯い交ぜになった強い快感。こういうときの男はずるいな、と我ながらに思う)
        ケーネの中…凄い… 凄く…気持ちいいよ…(まだ動くたびに痛みもあるだろう、片手をしっかり握り合わせて、今度はまたゆっくりとケーネの奥までを自分で満たしてゆく。快感に小さく呻くたび、中でびくびくと小さく震える熱いもの)
        (そしてそのゆっくりとした動作を、繰り返してゆく。 呼吸を乱した男の顔は、切なげで、しかし嬉しげで。 やや情けないような表情にも見える) -- フェルモ 2018-12-13 (木) 19:18:21
      • へへ・・・何かごめん・・・でも・・普段・・その、デートの時とか・・・今・・とか・・・リードしてくれて・・凄く頼りになるって・・思ってるのも本当だから・・・
        っは・・ぁ・・・んぅっ・・・・だい・・じょうぶ・・・・痛いのも・・苦しいのも・・全部、フェルモのだって・・思うと・・・すごく嬉しいんだ・・っ・・だから・・・その・・もっと・・・いっぱい、感じさせて欲しい・・・
        (ぎゅぅっと深く、強く掻き抱く)はぁっ・・っは・・・へへっ・・・良かった・・・オレ・・フェルモをちゃんと感じさせてあげられてるんだ・・・(自分が女としての役目をキチンと果たせている事がなにより嬉しい・・・絡めた指をしっかりと握って堪える様に)んぁぁっ・・っあっ・・はぁ・・・(また深く深く迎え入れる・・びくびくと、中で震えているのが分かる気がして・・・それが何だかとても愛おしい)
        フェルモ・・フェルモぉ・・・(ゆっくりと抽送が繰り返される・・・そうする内に段々と痛みにも慣れて)んっ・・あっ・・ぁぅ・・・・っや・・ゃあ・・・っ(段々と、声に艶めかしい色が混じり始める)っは・・ぁぅ・・あっ・・ふぇ・・フェルモ・・・ぁっ・・ゃだ・・な・・なんだか・・・さっきから・・・変な、感じが・・・っ
        -- 2018-12-13 (木) 22:11:51
      • えへへ…うん、僕にリードできる事、教えられること…いっぱい、ケーネに教えてあげたい… だから、さ…ケーネもいろんな事、いろんなケーネを…見せてね…?(こんな風に、と微笑んでみせる)
        うん…ケーネに包まれて、溶けちゃいそうなくらい熱くて…(苦痛よりも喜びを口にするケーネ。その想いに応えるように、ゆっくりと、しかししっかりと…その感覚を刻み付けてゆく)
        (やがて変化し始めるケーネの声に気付けば、その下腹にそっと手を添えて) それが…多分、気持ちいいって…事だと思う。
        (強すぎないようゆっくりと、そのまま最奥をぐっと押してみる)…分かる?ケーネ…? -- フェルモ 2018-12-13 (木) 23:44:43
      • あぁ・・・んっ・・うん・・・へへ・・多分、最初は恥ずかしくて仕方ないと思うけど・・必ず・・・応えるから(微笑む顔にぽぅ・・っと魅了されながら頷く)
        んぅっ・・・っあっ・・はぁ!・・あっ(ゆっくり、じっくり、確実に刻まれ・・女としての性感を確実に開発されていく・・・)
        ふぁぅっ!(お腹に触れられ、その温もりにぞくりと震える)き、気持ちいい?・・これが?・・・っ!(ぐっと深く深く押し込まれる・・・彼がうちに収まっているのをはっきり感じる・・突き当たった所、お腹の奥がきゅぅとして堪らなくなって)はぁぅ・・あっ・・ぁぁっ
        っは・・はぅ・・あっ・・・ん・・うん・・分かる・・・分かるよ・・・・・気持ち・・いい・・・(たどたどしくも取りあえずといった風に声に出す・・・そうすると自分の感じている感覚の正体をはっきりとつかめた様に)
        ぁっ!・・・んっ(甲高く切なげな声を上げて身もだえる・・・躊躇いがちな声が、段々とはっきりした嬌声へと変わっていく・・・火照った体を捩らせる仕草にもどこか男を誘う様な気配を帯び始め)ふぇ、フェルモぉ・・や、やだ・・なんか・・・へん・・変だよぉ(徐々に雌へと覚醒して行く感覚に、不安げな声を漏らす)
        -- 2018-12-14 (金) 00:12:47
      • (ケーネの言葉に頷きながら、こうして繋がり合う充足感を今一度確かめ合う。どこまでも深くなってゆく愛情で眩暈すら覚えそうになる)
        うん…きっと、そうだと思う。 嬉しいな…ケーネも、感じてくれてる…(呼吸と共に上下する下腹を撫で…つながりあった部分のすぐ上、敏感な突起を指の腹で刺激して、よりはっきりと快感を感じられるように補助しながら)
        ケーネ…凄く、可愛い…くて 綺麗だよ…っ…(それを自覚して感じ入り、艶かしく身悶える姿に誘われるように、徐々に動きを大きく、早くしてゆく)
        大丈夫…僕がしっかり捕まえてるから、ケーネは…思うように…感じて…っ…!(息を弾ませながらケーネの身体をしっかりと抱きしめ、腰を使う。堪え続けたのもあって既に限界が近い) -- フェルモ 2018-12-14 (金) 00:39:22
      • んっ・・んぁっ!・・ふぁぁっ!?(体内の感覚を精一杯感じようと意識していた所に、ぴんと張った敏感な所を刺激される)ゃっ・・ぁっ・・ふ・・っくぁぁっ(駆け抜ける性感がないまぜになり、同時にそれが同じ快楽であると気づかされる)
        (逸物と愛撫の両面から責められ、今やはっきりと快感を覚えていて)や・・やぁ・・・い、今・・言ったら・・ぁっ・・・んぁぁっ(囁き声が耳朶を刺激し、思考を蕩かしていく・・・より早くなる刺激に、好きという感情で満たされ、あふれていく)
        んぅっ・・っあ!・・っは・・ぃ・・・・いい・・いい・・・よぉ・・(つい先ほどまで全く男を知らなかった身体が、今は歓喜に震えている・・・身体の急激な変化に戸惑いながら、それでも感じる快楽に、愛に、溺れずにはいられなくて)
        あっぁぁっんっ・・ぅぁぁっ(激しくなるのに合わせ、より彼がしやすいように、より深く求める様に、自然と腰が上がっていく)フェルモ・・好き・・・好きぃっ(自分でも何を言ってるのか分からなくなりながら夢中になって快感を貪る・・・昂っていくのに合わせて結合部はしとどに濡れそぼり、モノに絡みついてせがむように吸い付いてくる)
        -- 2018-12-14 (金) 01:09:13
      • (交じり合う水音、甘く蕩けた声が耳朶を擽る。乱れたケーネの求める顔、求める仕草が鮮烈に焼きつく。そして触れ合う肌、繋がり合う部分から伝わる熱と快感。 それは五感から染み入り、脳髄を蕩かす快楽と言う甘い毒)
        はっ…ぁ… ケーネ…っ…!(名を呼びながら、やがて互いに共有し、貪ることに夢中になってゆく。細かな思考が消えうせ、自分の世界がケーネでいっぱいになってゆくような錯覚)
        愛、してる…っっ…っく…ん…!!(最後にそう囁いて唇を重ね…細い背を力強く抱きすくめて…奥深くを穿つと同時、昂ぶりきった欲望を解き放った)
        (どくん、と一際強い脈動。深く深く繋がりあった部分に満たされてゆく熱いもの…) -- フェルモ 2018-12-14 (金) 01:25:01
      • (切なげな表情、自分の名前を呼ぶ声、体液の交じり合う淫靡な香り、重ねた肌の温もりと感触・・全部が全部、彼から自分への愛に満ちているのが分かる)
        (・・・そして自分の場合、それだけじゃない・・先ほどからずっと、一心不乱に注がれる彼の愛の意思が、全身の流体を刺激してくる・・・彼が想う度に、頭の天辺から足先まで震えあがる様な歓喜が駆け抜けてくる・・・普段は微々たるそれが、一突きごとに、どんどん、どんどん強く、激しいうねりとなって心をかき乱して来るのだ)
        あっぁぁぁっ!(自分を求め、強く発せられるフェルモの想いによって、身体は絶頂へと引き上げられていく)
        フェルモ・・フェルモぉぉっ♡・・・!・・んっんぁぁああぁあぁっっ!!(がつっと一際深く差し入れられると同時、大きな声を上げて全身を震えさせる・・・どくどくと注がれる精を、膣がきゅうきゅうと締め付け、蠕動し、奥へ奥へと飲み込んでいく)っは・・あっ・・・あぁぁ・・・っ(強く抱きすくめられながらびくりびくりと身体を痙攣させている)
        -- 2018-12-14 (金) 01:47:32
      • (この男は自分の想いがケーネに伝わってしまっている事をまだ知らない。だから言葉を尽くし、行為で必死に伝えようとする。 伝わらない事への恐れと共に)
        ぅ…はぁ…っ! く、ぅ…!(自分が達するのと間を置かずして、大きく身を跳ねさせるケーネの背をしっかりと抱きしめる。放すものか──その強い思いと共に)
        (誘い、促すような収縮を見せる胎内に、求めのままに残らず脈打たせ…虚脱感に崩れ落ちそうになる身体を何とか転がして、ケーネを押しつぶさぬよう姿勢を変える。仰向けの胸の上へと抱き上げるように)
        はっ…ぁ…大丈夫?ケーネ……?(ケーネの汗ばんだ額に貼りついた短い髪を指先で掻き上げながら、荒い呼吸の中で問うた) -- フェルモ 2018-12-14 (金) 19:38:28
      • ぁ・・っぅ・・ふぁぁっ!(深く、強く抱きしめられる・・精と共に注ぎ込まれる彼の想いが身体中に染みわたっていく・・)
        ・・ふぁぅ・・(ころりと転がり、彼の上に・・・甘える様に触れてくるその手に擦りついている・・・)フェルモ・・・えへえ・・・大丈夫・・ちゃんと、伝わってる・・・から・・・大好きだって気持ち・・・いっぱい伝わってくるから・・
        (慣れない絶頂感に、どこか夢の中にいる様な心地でぼうっとしながら呟く・・・質問の答えになってない辺りあんまり大丈夫じゃない)
        (初めての性交にへとへとになりながら)・・・はぁ・・ん・・フェルモぉ・・・(うっとりした様子で顔を寄せてキスをねだってくる)
        -- 2018-12-14 (金) 20:16:18
      • あ、ははは…うん、伝わってる…のは凄く嬉しい…んだけど… んんっ…ちゅ…(そのままケーネの頬を、頭を撫でながら、まだ少し降りてこられない様子のケーネと唇を重ねる)
        ケーネも…気持ちよくなれた、かな? 凄くえっちで…綺麗だったよ、ケーネ。(囁きながら、労うように背筋を…そしてお尻を撫でる。つい昨日どころか数時間前までは予想もしていなかった恋人の表情にどきりとすれば、まだ繋がったままの部分が熱く疼く気がして)
        ……初めて、もらっちゃったんだなぁ…(感慨深げにそうこぼす。喜び、愛情、達成感…色々と入り混じっては居るが、幸福という感覚が相応しい) ありがとう…よく頑張ってくれたね、ケーネ。
        少し落ち着いたら…お風呂、入らないとね。(一緒に入ろうか?などと笑って囁きながら、すっかり陽も落ち、夜の海と星空とをその向こうに映す舷窓を見遣る)
        船の上で見る星もさ、綺麗なんだ。 今夜は無理でも…明日見に行こうよ。(少し気を逸らそうとしているのは…疲れているケーネにこのままもう一度、となってしまわないためでもあった) -- フェルモ 2018-12-14 (金) 20:53:31
      • ちゅ・・ん・・♡・・ぷぁ・・・・(唇を重ね、まだまだたどたどしくも甘える様に食み、舌で舐める・・・)・・はぁ・・♡・・(キスと共に段々気持ちも戻ってくる)
        (労わる様に撫でる手に息を吐いて)ん・・・と・・その・・・よくわからないんだけど・・・こう、気持ちいいのが凄く大きくなって・・ふわーってなって・・はじけるみたいになって・・・うまく言えないんだけど・・・あんなになったの初めてで・・・その・・・(思い出す様に呆けながら「よかった」と言いかけて・・・彼の手がおしりの方にくる)ひゃっ!?(びくっと驚いた様に声を上げる)
        そ、そこは・・その・・・(困ったように震えつつ)・・・う、うぅん・・・オレも・・嬉しかったから・・・フェルモに、初めて。あげられて・・(うっとりと見つめ合ってるとまたドキドキとしてきてしまって、またキスをねだったり)
        お風呂・・・っ・・や・・ぁ・・・と・・(「一緒に」と囁かれると真っ赤になって首を振りかけ)・・・一緒に・・入り・・・たい?・・(それ位思い切って見てもいいのかな・・と躊躇うように)
        (彼に夢中になっていて気づかなかった・・・外はもうすっかり夜で・・)ん・・・いいな・・それ・・・一緒にみたい・・へへ・・星の事なんて、さっぱり分からないのがちょっと残念かも(なんて笑って、夜の冷気から逃れる様にきゅぅとしがみ付く)
        -- 2018-12-14 (金) 21:17:01
      • (何もかも初めてだったケーネが、今はここまで積極的に唇を求めてくる…そうしたのが自分だと思うと、妙にこそばゆく、そして嬉しい)
        ……うん、僕も凄く…良かった。(訥々と初めての感覚を正直に伝えてくる、そんな姿がまた可愛らしい。驚いたような高い声に片目を瞑り、もう一度唇を触れ合わせて) これからは…もっともっと、良くしてあげるから。 次は痛くないはずだし…ね。
        ケーネがよければ…一緒に入りたいな。 でも…ただ身体を洗うだけじゃ済まなくなっちゃうかも。(何せ愛する人の裸身を間近にするのだから。堪える自信がないことは素直に告げる)
        ん、ふふ…教えてあげるよ。 僕は夜の住人だ、星座を結んだり、輝く星のエピソードを調べたり…そんな事もしてきたからね。(でも今は、この間近にある温もりを感じていたい。抱きついてくる華奢な身体をしっかり抱きしめて、束の間の余韻に浸るのだった) -- フェルモ 2018-12-14 (金) 21:48:06
      • (求め、甘える様にキスをしてから今更のように自分の変化に驚く・・・)へへ・・・びっくりだ・・キスするの・・気持ちよくて・・好きになっちまった・・・
        (お尻に触れられ、驚き戸惑っていると、キスと共に囁かれる)・・・うん・・♡・・(もうそれだけで頭が蕩けてきて、頷く以外の事が出来なくなる)
        ・・・・・(だからお風呂への誘いにも逆らえない・・逆らいたくない・・・)えへへ・・うん・・・オレも・・多分、その・・・(きっと我慢できなくなってしまうだろう)
        (そして話題が明晩のデートの事になれば)うんっ・・・知りたい・・フェルモに教えて欲しい・・・フェルモと、星が見たい・・(うんと頷くと、暫くの間抱き合って温め合っていた)
        -- 2018-12-14 (金) 22:02:58
  • (男はロベルトを静かなバーへと呼んだ、角席にて既にギムレットを頼んでいた男はこちらに、と席を手で示す)
    (テーブルの上には小さな箱が二つ並べられている) -- コッローディ 2018-12-10 (月) 22:55:11
    • (入店し、導きにしたがって席につく・・・ウィスキーとチェイサーを並べると)
      ・・・それは?(小さな二つの箱について尋ねて)
      -- 2018-12-10 (月) 23:09:29
      • 件の一件でのお礼といった所でしょうか、…お守りの様なものですよ
        (そう言うと男はその小箱を二つ開ける、中には黒色のミサンガの様な物が収められていた)
        (良く見ればそれは人間の毛髪から作られた物だと分かるかも知れない、ただそれが誰なのか、どれだけ年数が経っているかの判別が酷く難しい)
        私の切り札中の切り札でして…ですがもう不要となりましたので良い使い道は無いかと思いこの形に加工しました
        (二つあるのはロベルトとケーネの分という事だろう、そして男が言う切り札とは…以前聖者の鉄釘を秘中の秘と言ったのを思い出すかも知れない) -- コッローディ 2018-12-10 (月) 23:20:29
      • ・・・髪の毛・・?(の様に見える・・自分の物であればこんな長く持ってはいないであろう・・・随分年数が経っている事、こんなものを後生大事に抱えている事・・吸血鬼への切り札ともなれば『デイライト』関連)・・カタリナ司祭の物・・か?
        お前・・・切り札を幾つ持ってるんだ?(少し呆れた様な色が混じっている・・・男が軽口を言うのは珍しい、酒が入るとたまにちょっとだけこんな感じになるのだ)
        -- 2018-12-10 (月) 23:37:12
      • フフフッ流石にそこまで重い物は渡せませんよ…第一眠るべき者は眠るべき場所にと考えています
        (例の抗争が終わってから男も稀にこうしてごく普通に笑うようになった)確かにデイライト摂取者の毛髪は吸血鬼に効果的です
        だがこれはどちらかと言えばあらゆる負へ…不運へ効果を齎すでしょう、それも恐るべき長期間に渡り
        そして期限が来れば自然と貴方の手から離れるでしょうが幸いロベルトさんの寿命でその期限が来る事は無いかと -- コッローディ 2018-12-10 (月) 23:47:56
      • ・・・(だよなと頷く、そんな物だったら突っぱねていた・・・こわい)
        負への不運・・・魔除けか・・(ふむと呟きそれを手にする・・・年代物のようだが)・・・一体何なんだ?・・・・まるで聖人の遺体のようだ
        -- 2018-12-11 (火) 00:00:14
      • その通りですよ、聖人の遺体の一部です…それも我々二人が『デイライト』にそうあれかしと目指した者
        …お受け取り下さい、今回の一件に於いて貴方の行動こそが私の全てを押し上げたと言っても過言ではないのです
        (男の言葉が事実ならば今この場にあるこの二つのミサンガは価値の付けられる物ではないだろう、出処は?実在したのか?人種は?教会にとってあらゆる秘匿が破られる事となる) -- コッローディ 2018-12-11 (火) 00:09:55
      • 言うなれば、『デイライト』の原典か・・・
        ・・・(言うなれば感謝と友情の証・・・そう取ってよいものであるが)・・・一つは頂こう・・(ケーネの今後には必要な物だ、体を張ったのだ、それ位の褒美はあっていい)
        もう一つは、お前が持っておけ・・・これからも続けるんだろう?彼崎さんやラリィと・・・(これを渡してくるという事は別の切り札を有したのかもしれないが、二人は、作られる新たな組織の仲間まで見れば、いつか必要になる筈だ)
        (特別な事など何一つない、彼に何か働きかけた覚えはない)・・・俺は自分の仕事をし、義理を通しただけだ・・・いままでも、これからも・・それで変わったのだというのなら・・・お前の魂がそれを望んでいたんだろう
        -- 2018-12-11 (火) 00:34:16
      • 私が、ですか…(思いもよらぬ言葉に少し悩んだ様子を見せるが頷けば一つは手元に寄せ)
        相変わらず謙虚な方だ……出来ればこれからもロベルトさんと仕事をしたいと思っていますが
        …何時か何処かでそれが叶えば何よりです(一つ微笑めば男はグラスを掲げた)
        (そうして男達の静かな夜は過ぎていったという) -- コッローディ 2018-12-11 (火) 00:46:50
  • ケーネパパっ!チケットを使いに来たわよっ!もう先々で聞いてるかもだからズバリお願いしちゃうわっ
    パパのお休みにわたしもつき合わせてっ!そして必要ならわたしにお世話させて欲しいのっ! -- ピーナッツバター 2018-12-03 (月) 22:15:14
    • おー?来たなぁ遂に?(両手を広げて迎える抱きしめムーブ)
      オレの休日にねぇ・・・それは全然かまわねぇけど、いつも大したことはしてねぇぞ?
      -- 2018-12-03 (月) 22:19:57
      • 特別なことなんて無くてもいーのっ、パパとずーっと一日居られればわたしはそれでいいんだもんっ
        (両腕の中に飛び込んでぎゅーっと少し抱きついてから顔を離して)パパ、このお休みはおでかけする?それともおうちでだらだら?
        (朝なら寝起き前後の出来事を、昼ならおでかけ、夜はお風呂や添い寝といった具合の分岐があります) -- ピーナッツバター 2018-12-03 (月) 22:37:05
      • それもそっか?(からから笑って)
        ふむ・・・お家でだらだらってオレの性質じゃねぇんだよな・・・だから大体は外に行くけど
        (朝をナレーション的に流し、昼のお出かけを重点的に楽しみつつやはりナレーション的に夜添い寝しましたって感じで〆たい・・・)
        ・・なんか欲しい物ないか?・・アクセサリーとか・・確か8月には秋冬物も出始めるし、服を買いに行くのもいいな?
        -- 2018-12-03 (月) 23:06:46
      • そっか、パパとはよく街中で会うものねっ、おでかけが好きなパパも居ればマートパパなんてお布団でお休みを過ごすって言ってたわっ
        (OK! 朝からバターは張り切っていた、ケーネと出かけられるのが嬉しいのも会ったが、やはり朝は優しく起こしたり朝のお茶をいれてあげたりと
        何かとお世話をするチャンスがあったからである、そうしてお世話をして褒めてもらうのを何より楽しんでいる感じであった)
        欲しいもの…新しいお洋服は確かにいいかもっ!、この前買ったモノトーンドレスみたいに、パパ達が安心して見られるお洋服がちょうど欲しくって! -- ピーナッツバター 2018-12-03 (月) 23:19:52
      • はははっマートのお嬢は相変わらずだなぁ・・・まぁ誰かと一緒ならそれも楽しいのかもだけど
        (寝起きはかなりいい方だが起こそうとするのを察知して狸寝入りしたりする、ケーネはそういう事をする)
        安心して見られるか・・・確かにいつも露出結構あるもんな・・おっけーじゃぁ服で決まりだな?
        普通のシャツや短パンなんかもいいけど、お前の場合フリルいっぱいなのも似合うかもなぁ(どういうのがいいだろうと思案したり)
        -- 2018-12-03 (月) 23:33:29
      • パパと一日中お布団にいたら、いっぱいキスをして、ハグもしてーふふっ、それはそれで楽しそうねっ
        ご本を読んでもらったりも、ええっ、わたしはパパ達を肌で感じられるから好きなんだけどね…その、警察がパパを
        今日はパパの付き添いもとい、着せ替え人形にだってなっちゃうわ?だからパパに思いっきり色々着せて欲しいっ(でもフリルは好きだからアリ!と加えて) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 00:11:40
      • (うぅんと自分がそうしている様を想像して)・・・・(なんか変な気を起こしそうだ・・いや、それもあるが)オレの場合はすぐ飽きちまうかもなぁ・・・
        あぁ・・現行犯とかじゃ流石にな・・・誰か連れていかれちまったのか・・・?
        にひひっおーけーおーけー、かわいいのを着せてやるかんなー?覚悟しろよー?(うりうりーっとほっぺ突いて)
        -- 2018-12-04 (火) 03:37:23
      • えーそうなの、パパは確かにじっとしているタイプじゃないとは思うけどねっ!
        ううん、見る目が痛いって言ってたのを何度か聞いちゃったのっ、でもそれもパパと一緒にお洋服を買えば気にしなくてよくなるわね
        肌でパパの感じるのは…お風呂のときにするっ!にゃんやんっ、パパーいっぱい可愛くしてねっわたしも可愛い仕草で可愛さを上げちゃうからっ(ぷにぷにと柔らかなほっぺ、思わず触ったりしたくなるもち肌である) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 21:15:18
      • だろー?起きた状態でずっとごろごろしてるとなんかダメなんだよなぁ
        ・・・そういう事気にするようになったか(よしよしと撫でて)可愛いんだけどな?・・・それで困っちゃうパパがいるのは悲しいもんな
        ふふふっじゃぁ今晩は一緒に風呂入るか?
        ・・じゃぁまぁそれはその時にって事で・・行くぞ?(そういって手を引いて歩き出す、向かうは子供向けのブティックの並ぶ通り、折角だ、奮発していいものを買ってやりたい)
        -- 2018-12-04 (火) 22:11:01
      • わーいっ、今度の約束ねパパっ(喜びに満ちたスキップでケーネとともに歩くバター、鼻歌交じりでこうして歩くだけでも楽しいようで)
        あ、あのワンピース白くて透き通るみたいでかわいい!あっちのフリル袖のも…(早速眼に飛び込んできた夏のコーデに眼を奪われ始めたようだ) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 22:31:33
      • お、いいねぇ?もう夏は終わりだけどなー・・(秋冬用を買いに来たつもりだったが、彼女が興味を示したのなら1着2着はいいだろう)
        ・・ちょっと着てみるか?試着だ試着(店員にお願いしたりして)
        -- 2018-12-04 (火) 22:51:58
      • でもほら、これとか着たら日差しで素肌が透けちゃっていいと思わないっ?パパが見えないようにぎゅーって抱きしめてくれそうでっ
        そうね、でもパパはなんとなくこれからの季節のお洋服を買って欲しそうだから…あ!あれが着てみたいっ
        (そういって指差したのは足首部分にもこもこがついたレギンス、色とりどりでブラウスとスカートとセットで飾られている) -- ピーナッツバター 2018-12-05 (水) 21:56:29
      • おいおい、お前はほんとそういうの好きだな?(からから笑って)・・・じゃぁシースルーのなんかがあってもいいかもな?
        ははは、バレちまったか?ちょっと焦ってたかな・・・(参ったなと笑って)・・・お?いいんじゃね?可愛い感じだ・・・色はどんなのがいいかねぇ・・・黒やピンクの服のイメージあるし・・思い切って白とか青とか?
        -- 2018-12-05 (水) 22:36:44
      • しーするー?透明なすけすけのお洋服ってちょっとミライっぽくていいと思わないパパっ
        んふふ、いいえ時代の最先端を行っているみたいでステキよパパっ、お店ももうこれくらいになると、夏物の処分を始めちゃうものねっ
        わたしとしてはピンクが可愛くて温かそうで良いと思うけれど白いのも可愛いわね…悩んじゃうわっ -- ピーナッツバター 2018-12-05 (水) 22:44:54
      • はははっ確かに・・・透けたとことのコントラストって奴を意識すると面白いかもな
        そうだなー今から夏物買ってもすぐ終わっちまうからな・・・まぁ逆に安くはなるんだけど・・・同時に良い物も滅多にないってね?
        (からから)じゃぁ白をベースにピンクを魅せる感じを意識してとか?折角ならいいとこどりしちまおうぜ?・・・白や黒はどんな色とも合わせやすいからさ?
        -- 2018-12-05 (水) 22:49:02
      • それにー下に他の服を着て上に着ることもできると思うよねっ!おお、意外と着こなしに使えそうかも!
        そっかぁ…今日見かけたのはたまたま運よく残ってたからなのね…シロにピンクの組み合わせいいねっ!
        ピンクピンク〜!(ケーネと今度はピンク色であわせるコーデを探し始める、フリルのついたシャツや重ね履きするために丈が短いスカートなど、何種類かの組み合わせを体に当てて試してみて)
        よしっ、じゃあ試しにこれ着てきてみるから更衣室の前で待っててねパパっ、一緒に入ってきてもわたしはいいけどねっ、ふふっ -- ピーナッツバター 2018-12-06 (木) 00:01:08
      • そうそう、上に着てるのと下に着てるの、両方を上手い事魅せられるって魅力があると思うぜ
        そだなー・・・だから例え残り物でも、自分が良いと思ったのなら買っていいって思うぜ?安くなってるならそらもうお得としか言いようねぇもんな(にひひっと)
        おうおういい感じ良い感じ(あれもいいこれも悪くない・・いやいやそれはちょっと・・と見比べて)寒くなってくると重ね着できるのがいいよなー・・・よしよしわかった!待ってるから着てこい・・・困ったら呼べよ?(と更衣室前で待機して)
        -- 2018-12-06 (木) 00:10:25
      • これまではパパに暖めてもらうだけだったから、これからはわたしがパパを温かくしてあげられるわねっ
        (しばしのお着替えタイムの後カーテンから顔を覗かせて)いーいパパ?いくわよーっえいっ
        (カーテンを開けると冬らしいもこもこがアクセントだけど、少し体のラインを感じさせるコーデのバターがそこに居た) -- ピーナッツバター 2018-12-06 (木) 20:57:06
      • ・・・(非常に語弊のある表現だが話の流れ的にぎゅってするとかそういう話だよな?うんと納得しておく)あぁ、楽しみだ
        (店内はいい具合に冷房が効いているが、まぁそれでもあの服は暑くなるかなと魔法で少し冷やしてみる)・・・む・・まだまだむずいな・・・(唸ってる)
        ん?おういいぞ〜見せてみろ(わくわくした様子で待ち構え・・・)おぉ!?いいんじゃねぇの?可愛い可愛い(ぱちぱち拍手)
        (体のラインを感じさせるのはまぁもうこの子らしい部分だろう、この位でどうこう言われることはない・・と思う、たぶん)
        -- 2018-12-06 (木) 21:11:03
      • えへへっ、かわいい?下はしっかりレギンスを履いてるから超ミニっぽくスカートはいても大丈夫なのっ
        それで上はもこもこのカーディガンっ!早くパパに抱きついてあげたいっ、でもまだお会計してないからガマンです! -- ピーナッツバター 2018-12-06 (木) 21:44:14
      • おうおうっ良い感じだー冬でもミニをはける工夫みたいなもんだよなぁ(目線を合わせてじろじろ・・・レギンスでラインがはっきり現れて余計に怪しい?・・・いや、黒と違って白とか多分ピンクもぼやけるから・・・そうでもないと思う、きっと)
        あぁっ早く冬になってその服を着てるピーナッツバターを見たいな?・・・うれ、着替えな、それ買ってやるよ?・・・もう一着くらいなんか買うか?・・それに合う靴とか帽子とか?
        -- 2018-12-06 (木) 21:54:20
      • どうしたのパパ、そんなにしっかり見てもレギンスの生地はしっかりしてるから、パンツが透けたりはしないわよー?
        ねっ、今はパパが魔法でひんやりさせてくれてるから着られるけれど、まだまだ夏だものね?
        んーとね、だったら手袋とかマフラーが欲しいっ!寒いときにパパと一緒に巻けるくらいのっ!
        (ちょっとまってねっと言ってまたカーテンの奥へ、少しして着替えて出てきて)じゃあこれは買いっと、さあさあパパっ次見に行こうっ -- ピーナッツバター 2018-12-06 (木) 22:22:27
      • にひっひっひ、ほんとかー?パパの可愛いピーナッツバターのパンツが見えちまったりしたら大変だからなー?よく調べておかねぇとー(からから笑ってうん大丈夫だきっとと頷いて)
        (気付かれてたかーと笑って)お?いいねぇ色とか模様とか、合いそうなの探そうぜー?
        (着替えて戻ってくれば「買い」の分をかごにいれ)はははっ元気だなー!(手をつないでウキウキ、次に行って)白やピンクならアクセントカラーは緑系だったか・・赤を合わせてもいいけど・・・どういうのがいいかなー・・
        -- 2018-12-06 (木) 22:29:33
      • だってパパはやさしいもの、わたしのこと大切にしてくれてるんだってわかっちゃうっ(ケーネの隣を歩きながらウィンクして)
        みてみてパパっ白くてながーいマフラー、へびみたーい!(首に巻いて残った部分を蛇のようにくねらせて見せて) -- ピーナッツバター 2018-12-06 (木) 22:50:53
      • (くすっと笑って)もちろんさ・・・ピーナッツバターは可愛いからなーっ(にひーっと笑う、かごをもってなかったら抱きしめていた)
        ほう?いいねぇ長いマフラーっははっ引っ掛からねぇ様に気を付けろよー?それ、気に入ったか?
        -- 2018-12-06 (木) 23:04:43
      • くふふっ、くすぐったいけどあったかーいっ(自分から寄り添うようにして抱きしめてもらって)
        長いから誰かパパが隣に居てくれると巻いてもらってちょうどいい長さになりそうね、冬のパパ達とのおでかけにぴったりかもっ
        うん、とっても気に入っちゃった!(これがあればパパに構ってもらえる口実が増えるかも、とちょっぴり現金なことも考えてる顔) -- ピーナッツバター 2018-12-06 (木) 23:15:44
      • んふふーこの甘えんぼめぇ(ぎゅー)
        あー、長いとそういう事もできるんだな?・・ただいくら長くても身長差があっからなー(よっと抱え上げて)こうした方がやりやすいかもな?・・・流石にこれで歩くのはしんどいか
        ・・・なぁんか企んでるなぁこのー!(甘えんぼなオーラを感じてうりうり撫でる)・・あんまり深く考えなくても、お前が構って欲しいって言えばみんな応えてくれるさ・・・っさ、買うのはこれくらいでいいか?まだ欲しいのあったりするか?
        -- 2018-12-07 (金) 01:32:12
      • やーんっ、パパにはわたしの考えてることはお見通しなのー?(ばれてる!と少し恥ずかしそうに、そして嬉しそうになでられてえへへと笑って)
        あのね、パパっあとおリボンがほしい!真っ赤なやつ!このコーデに栄えると思うのっ -- ピーナッツバター 2018-12-07 (金) 21:11:29
      • ふふーんっパパはピーナッツバターの事よく見てるからなー?(恥ずかしそうにしてる様を可愛いなぁと思いながら)
        リボンか・・赤、いいねぇピンクと同系色だから合うだろうな?・・ちなみに、赤系の補色は緑だから、それを使うと目立たせられるって聞くぜ?
        (まぁでも今回は赤でいいだろうとリボンのコーナーに行って)・・・髪型をいじってもいいのかな?ハーフアップとか?
        -- 2018-12-07 (金) 21:18:50
      • そっか…パパに見てもらえてるんだっ…(頬に手を当て幸せそうにうっとりとその言葉をかみ締めるバター)
        ほしょく?緑…あっ!クリスマスカラーだ!じゃあベルの形をしたアクセのついたヘアゴムも一緒に買うわ
        もちろんっ、もしパパが弄ってくれるならこのあとパパにヘアスタイルをアレンジしてもらっちゃおうかしら? -- ピーナッツバター 2018-12-07 (金) 22:24:32
      • (そういう事っと笑ってまたうりうりと撫でて)
        あーそうだな?クリスマスカラーとか際立たせたい時はそんな感じだ・・・ベルっいいかもなー?揺れる度にチリチリ鳴ってな?(きっと可愛いとうんうん)
        おおぅ・・いきなり責任重大だなぁ?(どういうのが合うかなぁと首をひねりつつリボンを選定して)
        -- 2018-12-07 (金) 22:47:09
      • わたしはまだまだ子供だから、目を放しちゃだめよパパっ、目を放した隙に悪い子になってても知らないわよー?
        (まずない、パパを悲しませることをバターはしたくないからだ、それを分かっていて言うのはやっぱり、愛情を確かめたいからなのだろう)そう、この鈴の音がしたらわたしがいるってことだものっパパにも伝わりやすいわ?
        なんでもいいのよー?髪を下ろしてって言うだけでもヘアアレンジだものっ(そしたらリボンは髪を結って後ろに止めるのに使ってもいいかも、とアドバイスしながら) -- ピーナッツバター 2018-12-09 (日) 22:24:21
      • あはは、それは怖いなーわかったちゃんと見てるよ・・・(しかりと頷き)
        ・・あー・・・可愛いけど、ちょっとペットっぽすぎるかな・・・考えすぎか(まぁいいかとうんうん)
        あぁーそれもいいかもな?おろした髪にでっかくリボンで飾って・・・・・・なんか既視感あるなと思ったらアリスのマートだ)・・・うん、やっぱりただおろすよりハーフアップにしよう(もろ被りするよりちょっとだけアレンジをしたかった)
        -- 2018-12-10 (月) 02:11:58
      • ホントっ?じゃあ帰ったらパパに早速ヘアアレンジしてもらっちゃおうかしらっ!じゃあ今日のお買い物はこれで決まりねっ!
        早く涼しくならないかしらっ!パパにもっとかわいいわたしを見てもらいたいからっ(そんなことを話しつつレジへと引っ張って連れて行く) -- ピーナッツバター 2018-12-10 (月) 20:22:38
      • ちょっと落書きさせてもらったわパパっ!可愛いお洋服を買ってくれてありがとうね! -- ピーナッツバター 2018-12-10 (月) 20:25:37
      • おーう!決まりだ決まり!(いぇーいと笑ってレジへと移動・・・)ははは・・やっぱいい値段するよなぁ・・・(ボヤキはこっそり、これくらいは安いもんだ)
        まぁまぁ、今は残暑を楽しむ時だよ、9月にゃ誕生日もあるんだろ?・・・プレゼント何にすっかなぁ(会計を済ませると)
        さぁって・・・いい時間だな?昼、何食いたいね?因みに晩飯はオレが最近サイカのお嬢に習ったばかりのペスカトーレだ、辛いのは抜きにしてやる(成功率は九割、シミュレーションゲームでもなければまぁまず失敗しないと考えていいだろう)
        -- 2018-12-10 (月) 20:32:14
      • おぉー!いいじゃんいいじゃん!可愛いぜ!(にへへー) -- 2018-12-10 (月) 20:33:10
      • あ、パパ!まだ秘密にしてね?プレゼントは貰うまでわからないのがドキドキなんだからっ
        でも楽しみにしてる、秋が来るのも、誕生日もっ!ふふっお夕飯も楽しみね?えーとどうしようかなー?
        ランチは軽めにサンドイッチなんてどう?パパとわたしで好きな具材のを頼んで交換しよっ! -- ピーナッツバター 2018-12-10 (月) 20:40:00
      • ぁやっそりゃぁそうだ・・・(しっぱいしっぱいとおどけてみせて)
        お?いいねぇ・・・じゃぁあそこが良い!(と、サブウェイばりにバリエーション豊富なサンドイッチ店に向かいました)
        (因みに午後はアクセサリーやら劇などを見て回った後、食材を買い込み・・・)
        (夜はギリ成功したケーネの料理を堪能し、一緒にお風呂に入ったり乾かしながら髪型を弄って遊んでみたりした後、静かに寄り添ってお休みしたとか)
        -- 2018-12-10 (月) 20:52:56
    • (//あれこれひょっとしてもう休日始まってる体でスタートしてるんだろうかとこのまま連れて行っていいか迷う) -- 2018-12-04 (火) 21:28:51
      • //うむ、ちょっと区切りが分かりにくかったねっ!このまま連れ出しちゃってOKよパパっ! -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 21:56:05
      • //区切りよさそうなんでこの辺りで!お誕生日おめでとうだぜピーナッツバター! -- 2018-12-10 (月) 20:54:25
      • 最後までお付き合いしてくれてありがとうねパパっ!うん!ありがとう、とってもとっても嬉しいわ! -- ピーナッツバター 2018-12-10 (月) 21:08:06
  • ロベルト、ハローの奴から遠征の話は聞いているか?
    聞いていないのならお前にはぜひそれに参加してほしいと思っているんだが -- 彼崎 2018-12-02 (日) 20:32:22
    • へいっ(こくりと頷く)俺の参加の有無次第で色々変わるとの事で、最初に声をかけて頂きやした
      (無論と頷き)ケーネと共に、参加させていただく所存です・・・具体的な日時はまだですが、シフト調整の準備も既に
      -- 2018-12-02 (日) 20:35:05
      • お前さんのやれることは非常に多いからな、後方から前線まで
        だからこそハローも真っ先に来たんだろうが…(事実今回の案件で彼の情報収集に一番助けられていると言っても過言ではなく)
        凄いものだよ、本当に…なぜうちの組織にいるのか不思議なくらいだ -- 彼崎 2018-12-02 (日) 20:43:15
      • (ありがとうございますと頭を下げる)なに、ガキの、チンピラの頃合いにデケぇ組織に憧れて入り、そのまま今に至っているだけです・・・
        ・・・漿穢法も、部下の管理能力も、俺の力は全てこの組織から頂いたもの・・・俺はそれを返してるだけです
        (受け取った恩を、後進を育てる事で返す・・・そうしながらまた仲間から色んなものを貰い、また返す・・その繰り返しで今自分はここにいる・・・それ以上でもそれ以下でもない、他の生き方は知らないしできるとも思えずまた興味もなかった)
        つまらねぇ男ですよ・・俺は
        -- 2018-12-02 (日) 21:01:17
      • いや、礼を言うべきはこちらの方さ。組織の為によくやってくれてる(礼を返し)
        それも俺と同じだな…だからこそ返せるときに返す訳だ(言って笑い)
        そうかね?少なくとも俺はそうは思わんが(何かあるのかと顔色を気にする) -- 彼崎 2018-12-02 (日) 21:05:29
      • (同じと言われれば思わずふっと微笑む、すぐにいつもの不愛想)ですな・・・(今回の件もだ、コッローディはロベルトの部下の為に自分の部下を喪った、それには必ず報いる)
        (コッローディ・・そうだそれで思い出した)・・・今回の作戦、敵に方々に飛び地を作らせ戦力を分散させる目的・・でしたが・・・各飛び地に散った吸血鬼について、どう対処するかまだ聞いておりやせんでした
        なに、気の利いたジョークもねぇ笑いもねぇ、これといった劇的な経歴がある訳でもない・・ただそれだけですよ
        -- 2018-12-02 (日) 21:29:59
      • (組んだ腕の中で指をリズミカルに上下させる)…さて…どうだろうな
        いずれにせよ、やるべきことは薬を使って各飛び地の包囲網をしき、逃げられない状態にしたうえ、各個撃破…これが狙いたい所だ。だが…
        今回の件は、うちの組織が関わっていたからやる…それ以上先の事、俺達は構わんが…これ以上組織を関わらせていいものかと、正直悩んではいる
        …『デイライト』の流通に手を貸して後ろから支援してやる。これが正しい状態だと思うが…お前さんはどう思う?(と、珍しく決定では無く疑問を投げかける) -- 彼崎 2018-12-02 (日) 21:44:54
      • (こくりと頷く)俺の動機は、西方で俺の部下が奴に助けられたという一点です・・・西の借りは西で返す、マイケル・ダキーラ打倒が済んだ後は、取りまとめをピーター・トーリオに任せ、互いに不可侵の条約を結べれば・・ベストかと
        飛び地にいる吸血鬼の矛先がこちらに向くのなら迎え撃つ、そうでないのならピーター・トーリオの領分、こちらから手を出す必要はない・・・俺はそう考えています
        (条約を結ぼうと時間は向こうの味方、意味がない・・・それがコッローディの意見だが・・ロベルトはそうは思わない、後進を育て、人や技術や知識を継承してさらに発展する・・・時間が味方するのはこちらも同じなのだから)
        ただ・・・コッローディの奴は、全てを殲滅するつもりかもしれません(「飛び地を作ろうとした幹部は漏れなく灰にする」・・そんな言葉を思い出す・・・いつかの時より幾分穏やかではあったが、懸念は残る)
        -- 2018-12-02 (日) 22:06:02
      • (腕を組みつつ意見を聞く)
        なるほど…正論だな。お前さんそっちの方向も全然いけるな…流石だ
        だろうな、復讐はアイツの行動理念だし、それを止めるべきではないと俺は思っている
        …(組んだ腕の中で指をリズミカルに上下させ、何事かを考える) -- 彼崎 2018-12-02 (日) 22:13:43
      • ・・・俺の仕事は街を守る事なので・・(思考は基本、そこに危険が及ばなくなる事に行く)
        (確かに奴の原動力が復讐である以上そうなるのは必然だ・・・だからこそここでかち合う)
        ・・・仮に条約が結べたとしても、コッローディから手を出せばケチがつく事は必然・・・だが素直に奴を引き渡すなんざすり寄ってる様で気に食わねぇ・・・
        上手い事しねぇと・・いずれは抗争になるでしょうな・・・(懸念はそこだ、マイケル打倒の後、自分とコッローディの意見は対立する事になる)
        ・・・(何か考えている様子の彼崎に、その言葉を待って)
        -- 2018-12-02 (日) 22:26:47
      • …だろうな…(真面目な顔で呟き)
        やはり作るしかないか…別を…(更に呟く)
        ふむ…ロベルト礼を言う。少し考えがまとまったよ
        今日はこれでな、またそのうち頼む(言ってその場を去っていった) -- 彼崎 2018-12-02 (日) 22:42:03
      • ・・別?・・・えぇ・・それでは・・・(頭を下げて見送る)
        (防衛と殲滅、真っ向からぶつかる意見・・「別」・・・筋は通る・・・もし想像のとおりなのだとしたら)・・・面白い事を考えますな・・
        -- 2018-12-02 (日) 22:44:56
  • おわっっっ・・・ったぁぁ!!(もう「にゃん♥」を付けなくていいのだ!!これほど素晴らしい事はない!!!!)
    っはぁあぁ・・・すっげぇ晴れやかな気分だぜ・・(外したウィッグを見る、頭も軽い、すっきりだ)
    ・・・短い付き合いだったな?母さんっぽいオレ・・・ありがとよ(片付ける)
    -- 2018-12-01 (土) 09:10:51
    • にゅふふふ♪お疲れさんじゃよー
      どうじゃったかの、新しい自分は見つかったかのー? -- マート 2018-12-01 (土) 09:35:48
      • あぁ見つかったっすよぉ?・・・もう二度とごめんにゃ・・・だ!(言いすぎて若干残ってる、かぁぁっと赤くなって誤魔化す様にほっぺをもみもみして) -- 2018-12-01 (土) 09:41:25
      • 完全に染み付いてしもうとるのう…ハムレットと会話しあえばロボにゃん♥になったりしたんじゃろうか?
        ほにゅあーっ!(もまれもまれ)うににに…その様子じゃとかーなーり、恥ずかしかったようじゃの! -- マート 2018-12-01 (土) 09:48:12
      • ハムレットの姉貴がうちに来た時はまだロボじゃなかったかんなっ・・・てか自分がそんな状況でロボは真似しねぇよ
        あぁあぁ恥ずかしかったよこの野郎!いくらお嬢でもオレの堪忍袋にも限度があるかんな!(高い高いしてぐるぐる回る)
        -- 2018-12-01 (土) 09:54:23
      • にゃるほどのう、タイミングの都合も…とはいってもあっちにもロボは自室でって言うておいたようなそうでもないような?(自分で言っておきながらうろ覚えだ!)
        わしは野郎じゃないもーん?(ちょっとおすまし)ぬあーっ!やめるんじゃよ、高い、高いんじゃー!(こわい)
        もっと恥ずかしそうな水着は結局買ったんじゃろかの、カランドリエが絶対着せる!みたいな意気込みじゃったが -- マート 2018-12-01 (土) 10:00:38
      • そこは把握しておこうぜぇおい?・・・まぁオレは外はならやらなくて良かったし、同じだったかもなー
        うっせっクソガキうっせぇ!大人しく弄られろい!(むぎゅぅーっと抱きしめてすりすり頬ずり、ふにゃふにゃ笑顔だ)
        (ぴたっと止まって)・・・・・・買った・・・なんかやたらとフリルみたいな可愛い感じのとかセパレートとか攻めた感じのを勧められた・・・(結局買ったのはちょっと攻めた感じのだった・・・ちょっと見渡せばベッドの上に無防備に置かれているのが見えるだろう)
        -- 2018-12-01 (土) 10:21:51
      • 割とその場の勢いじゃったからのう…むしろセクシー水着、語尾、ほっぺチューでどれも楽勝!と言われたからじゃあトリプルじゃぁー!した方が印象深くてのう
        ガキではないのじゃけど!?ふにゅあぁー!やめるんじゃよー(声は静止させようとしつつも抵抗はしていない…が、ほっぺは摩擦で熱い)
        うにゅ?(突然動きを止めたので怪訝そうに)…おお、ガーリッシュなと言うておったが…時代はフリルじゃったか…!
        ガーリッシュと言うのがどういうもんかはようわからんがあのリボンはお揃い…じゃの?まあわしは水着の時はリボンは外していくがのう、貰いもんでちょっとお高いようじゃから潮風にさらさんようにのー -- マート 2018-12-01 (土) 10:30:19
      • 生殺与奪握られてるのにそんな事言うからっすねぇ・・・
        うっせー何歳だろうと見た目がガキならガキなんだよぉ大人しくしやがれぇ・・・大人しいけど(はぁあったかいとむぎゅむぎゅ)
        ・・・は、恥ずかしかったんだからな・・・これからあれ着てみんなの前にでるんだよな・・・オレ(顔を赤くしてむむむっと唸る、乗せられた勢いで買ってしまったが今更ながらに気が重い)
        (ゆりかごみたいにゆらゆら揺れつつ)ガーリッシュっていうのは・・・多分こう、女の子っぽい、かわいいかわいいした感じだよ・・フリルいっぱいのドレスめいた奴じゃねぇかな?今お嬢が着てるみたいな、オレには似合わない奴(嫌悪しつつもほんのちょっぴりだけ寂し気)
        ん・・あぁなんも無しじゃちょっと寂しかったからな?ああすりゃちょっとバランス取れるかなーって・・・(マートの赤いリボンをちょんちょん弄る)お嬢はどんなの着るんだ?
        -- 2018-12-01 (土) 10:51:09
      • それで勘弁して!と言われたらさすがに選び直しはさせるんじゃが、受け入れてしまうのもまた…芸人気質なのやもしれんのー
        うぐう…見た目の事を言われると何も言えんのじゃ…(戦闘能力バスト90台という恐ろしいパワーと言う現実に叩きのめされたりするのだ)
        恥ずかしかったらパーカーでしっかり隠して行けばええんでないかのう、夏の解放感がいずれ解き放つやもしれんのじゃよ(むぎゅられつつ手を伸ばしてよしよし撫でたり)
        わしの恰好みたいなの…つまりはぶりっ子と言う感じなんじゃのう、ケーネに似合わんことは無いと思うんじゃが似合わんと思うならそれは髪形から来る流れじゃと思うの
        ケーネも長ーく伸ばしたりしたらこういうのに合うじゃろうし、わしが短かったら似合わんじゃろ多分 ホワンホワン(どう見ても女の子の服を着せられている男の子ではないだろうか…
        リボンが濡れるからと海から遠ざかり目になる口実にもええのかもしれんのう、濡れるとぐしょぐしょになりそうじゃし…んっ(振動でちょっとくすぐったそうにしつつ)わしは…にゃーんな感じの奴じゃよ -- マート 2018-12-01 (土) 11:03:52
      • まぁそこまで大見得切って引くのは女がすたるかんなぁ
        (頭の上に顎を乗せてがくがく揺らす遊びをしつつ)・・マートのお嬢ってエルフでいいんすよね?実際のとこおいくつで、人間換算だとどんくらいなんすか?
        ん・・・そうっすね・・あんがとっす(撫でられるとちょっと気持ちも落ち着く)
        ぶりっ子は・・・あれじゃねぇっすかね?仕草っていうか・・・服装に使う感じじゃなさそうだけど・・・んまぁでもぶりっ子っちゃぁぶりっ子か・・・えぇ?ぜってぇねぇって
        ・・・髪を長くすると喧嘩で弱くなるし・・この位の方がオレらしいと思うし、いいんすよこのままで(一緒に想像して)・・・うん、お嬢はこのままでいいっすよ〜(にへへーっとまたすりすり)
        あぁ・・それは確かに・・・水着的な素材だし、気にしなくていいんすけどねぇ・・・にゃーん・・?・・・猫っぽい感じっすかーお嬢にはきっと似合うっすよ(そうぞうしてうんかわいいかわいいとわむ)
        -- 2018-12-01 (土) 11:32:55
      • 進む勇気も必要じゃろうけど引く勇気も必要なんじゃよ…みんな蛮勇が過ぎるのう(だがそれがいい)
        ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛(振動震えボイス)いやー、わしはエルフではないんじゃけど…いくつ…100といくつじゃろ?引き籠っておると曜日の感覚が無くなって…やがて年月の感覚もなくなってのう…
        いー(歯をイーッとして見せて)全部乳歯じゃし6,7歳くらいかもしれんの…じゃからこれからナイスボデーに成長する可能性はあるんじゃよ!
        夏の日差しがどんな解放感をケーネにもたらすかわからんしのう、飲酒でもうっかりしてもうてテンションが上がったりやも…じゃ
        仕草じゃったか、こう…衣装的な格好も入る気がしておったが…ロングヘアーケーネ…いやあポニーテールとかもええかもしれんのじゃのう
        ケンカに弱くなるとはどういう事じゃろか?(その辺りはあんまり思い浮かばないようで首を傾げる)…うむ…リボンがなかったとしても髪が短いとの格好には合わんのじゃろうのう…ふににっ、わしゃぬいぐるみじゃろか…?(なぜこんなにすりすりされるのか分からずされるがままに困惑気味で)
        水着素材リボンなんてのもあるんじゃの…そう言えばリボンついておる水着もあるのう(言われてみればそうである)うむぁ、猫っぽいのじゃよー! -- マート 2018-12-01 (土) 11:41:43
      • まぁそれは分かるんすけどねぇ・・・この仕事してるとどうしてもそういう事はしづらい
        ふぇ?(がくがくを止めて)あらら・・すんません、見た目で判断しちまいました(耳をふにふに弄る)じゃぁ何なんすかね?他に耳の長い種ってちょっと思いつかねぇっす・・・妖精?
        100越えかぁ・・でも引きこもってたんじゃぁなんも知らんのと大してかわんねぇっすねぇ(いーってしてる歯をみればほぼ反射的に指で撫でるイタズラ好き)じゃぁ心配ねぇっすね?100越えで6,7歳なら300歳越えくらいの頃にはいい感じになってるんじゃねぇっすか?
        酒・・酒は・・・嫌だなぁ・・ちょっとだけ飲んだ事もあるけど正直いいモンとはおもえねぇっすよ
        ・・・言われてみれば服装もぶりっ子に含まれる気もするっすね・・スタイルっすから服装にも表れるっていうか・・
        ポニテねぇ・・・いやまぁ悪いもんじゃねぇんだけどなぁ・・・(喧嘩が弱くなるには)簡単っすよ、ひらひらしてっと簡単に掴んで引き倒せるんす、そのまま延髄に膝ぶち込めるし、そういうのが好きな奴は一定数いるんすよ・・トーシロの頃の話だし、今くらいの腕なら大丈夫かもしれねぇっすけど・・・もう習慣として染みついてて短い方が気が楽になるんすよ
        ・・・いや、にゃんにゃん言わされた復讐だったけど・・・なんだかこうしてると楽しくなってきちまってつい・・(大分満足したので離してあげる)
        お嬢くらいだと猫もきっとあうと思うっすよぉ(オレにはダメだと思い出してげんなり)
        -- 2018-12-01 (土) 12:01:57
      • なるほどのう…仕事の種類にもよるっちゅうわけか、ずいぶん特異な世界なんじゃのう(カタギ視点)
        まあ見た目でーと言うのはわからんでもないんじゃが、ノクロロもわしもエルフではないが耳は長く…ふにゃあっ!?ちょ、ちょっとやめるんじゃよ、くすぐったいのじゃ!(もぞもぞ)何かって言われたら…何じゃろ?(知らん!)
        ネ、ネットとかはやっとったし…情報とかは調べられたし…(まとめサイトとかで変な知識をつけちゃうタイプかもしれない)
        んいぃー?(なぜ…歯を…?とよくわかっていない、別に歯はくすぐったくもないのでリアクションも薄いようだ)あと200年…長いのう…(げんなり)
        経験はあるんじゃのう、まあわしが海に持って行くのはビールくらいじゃから飲まん人は手を出さんし大丈夫じゃろう…たぶん、ラムネとかも持って行くしのー
        服装×行動=ぶりっこちから!じゃろうか?後はまあ色々要素があったりなかったりじゃの…
        長いと掴まれるのは首がぐきっとなりそうじゃのう、中国武術じゃと長く伸ばした髪をまとめる三つ編みみたいなあみあみした髪の毛でピシーッと目つぶししたりするらしいのう、強くなったら今度は延ばした方がええのかもしれんぞい(漫画知識)
        復讐のつもりが楽しんでしもうたかーっ!まあええんじゃけどのう、その調子でにゃんにゃんも楽しめたらよかったんじゃがそっちはだめじゃったか…何が違うんじゃろう?
        ふむう…猫がダメなら…わんこじゃ!狼だ!と否定するケーネわん…あると思うのじゃ〜(そう言いつつ、お昼を食べに戻って行く…言い逃げだ!) -- マート 2018-12-01 (土) 12:12:19
      • 舐められたら終わりなんすよ・・・如何にビビらすかっす・・・そういうのに乗るのがビビらすことになるかはわからねぇっすけど
        うひひっかわいいっすねぇ・・(もみもみさすり)って知らないんすか!母親は何て言ってたんすか・・・
        ホントにただの引きこもりじゃねぇっすか、部屋の前にご飯と共に「早く出てきて」って母親の手紙置かれる奴じゃねぇっすか
        (ただ単なるお遊びなので変な意味はなかったりする)成長もゆっくりなら生え変わりもゆっくりかもっすねぇ・・・長いけどまぁ気長に行けばいいじゃないっすか(大丈夫大丈夫とうんうん)
        まぁそこそこグレてたんで・・・お?ラムネいいっすねぇ(にひひっと)
        (ぶりっこちからには)そうそうそんな感じかも?
        髪の毛で目つぶし・・・まぁそういう手もあるのか・・?(流体で扱えるだろうかとちょっと考えたり)
        可愛い物をぎゅってするのと自分が可愛い可愛いするのとじゃぁ意味が違うんすよ・・・後者は恥ずかしいだけっす
        (はんっと笑って)次の機会があったら勝つのはオレっすからね、お嬢ににゃんにゃん言わせてやるから覚悟するにゃ・・っすよ!(また言いかけた、じゃなーと手を振って見送る)
        -- 2018-12-01 (土) 12:23:55
  • 罰ゲームの最終ツリー -- 2018-12-01 (土) 09:07:40
  • …………うーん。(罰ゲームが面白そうだから見に来た、とは流石に言えない。そんな紳士の風上にも置けない発言はできない)
    (かといって気になる。気になるのだ! しかしどう上手い理屈をつけたものかと、さっきからケーネのアパートの周囲数ブロックを歩き続けている)
    ……? ケーネ…?(そんな事をしている間にばったり出くわす目当ての人物。ただ…髪の長さが違うせいで、流石のネズミも気付くのに数瞬かかった) -- フェルモ 2018-11-30 (金) 18:41:35
    • (コツコツと背筋を伸ばし、髪を靡かせて颯爽と歩いていたが・・・声を掛けられるとびっくぅ!と固まって)・・・え・・えぇっと・・・(振り返る)
      ふぇ、フェルモの兄貴!?・・その・・・ど、どうもっす・・にゃん♥(かぁっと真っ赤になりつつひきつった笑顔)
      -- 2018-12-01 (土) 01:06:11
      • あ…うん。 やっぱり…ケーネだったか。(振り向きざまにふわっと翻る長い髪。そのインパクトで半分くらい「にゃん♥」の印象が吹き飛んだ)
        あはは…うん、大変だなぁ、ケーネ。(驚いたのも束の間、すぐにいつものような笑みを浮かべて) それにしてもその髪…それも何かの…? 流石に地毛じゃないよね…? -- フェルモ 2018-12-01 (土) 18:58:55
      • え、えぇまぁその・・・はいだにゃん♥(ちくしょう・・・見られたと恥ずかしそうに身を震わせる)
        (髪に触れつつ)こっちは、アマレットの姉貴の奴っすにゃん♥・・・ウィッグなんて初めて付けたっすにゃん♥(もうすっかり板についたにゃん)・・・えっと・・・ど、どう・・っすにゃん♥?・・変じゃ・・・ないか・・にゃん♥?(躊躇いがちに伺うように)
        -- 2018-12-01 (土) 19:18:59
      • ……っ、ふふ…(出来るだけ真剣に聞かねばとは思うが、これだけ繰り返されれば思わず漏れる笑い声。実にいい笑顔)
        …ご、ごめん。 アマレットのも来たのか。(それでも出来るだけ笑うまいと努めながら) でも、そっちは…似合ってるよ。ケーネの新たな魅力に気付かせてくれた感じだ。
        (褒めるべきはしっかり褒めつつ、頷いてみせる) 普段のケーネは元気で快活な感じだけど…そうして髪を伸ばすと、綺麗、って言葉が似合うかもね。 -- フェルモ 2018-12-01 (土) 20:25:56
      • くっ・・わ、笑ったにゃぁん♥!?(うがーと怒っても締まらない語尾)
        うぅ・・・フェルモの兄貴もなんか受けたらいいにゃん♥・・・(長いのは気になるのははらはらと触れて)・・・そう・・っすかにゃん♥?
        ・・・・・・そう・・その・・ありがとう・・ですにゃん♥(正面から丁寧に褒められるとちょっと照れる)
        短い方が好き・・っていうか長くする奴の気持ちは分からなかったんすけど・・・こうしてみるとまぁ、悪くはないかなってなるにゃん♥
        -- 2018-12-01 (土) 20:36:02
      • プロだなケーネ…(ばっちり語尾を統一してくる様子も、ここまで来ると感心してしまう。内心では拍手すら贈りたくなりながら)
        そうだなぁ…僕も何か受けるべきかも知れないけど…ケーネみたくサマになるかどうか。
        短いのとどっちが良い、とかじゃなくどっちも好きだな僕は。甲乙つけがたい。(良い物がみられたと頷きながら)
        それというのも…素地の良さがあるからだと思うんだけどね?(そんな事を言ってにこーっと笑って見せるが嘘をついている目ではない) もっと色々な格好をしてみてもいいと思うんだけどな、ケーネは。 -- フェルモ 2018-12-01 (土) 20:50:13
      • プロのつもりはねぇっすにゃん♥・・・マートのお嬢の教育の賜物っすにゃん♥(悔し気)
        アマレットの姉貴はまだ常識的な感じするんで大丈夫だと思うっすにゃん♥よ(失礼)
        ・・・っ・・そ・・・そんな・・真正面から・・何度も言わないで欲しい・・にゃん♥・・・(赤くなって視線を逸らし)・・・色々な恰好って・・例えば・・?
        -- 2018-12-01 (土) 21:22:07
      • 一体どういう教育をしたんだマートねーさん…(遠い目) 常識的な範囲で済むなら安心かな…女装じゃないことを祈ろう。(想像して苦笑する)
        良いものを良いと褒めるのは僕の流儀でね。 だって…黙ってたら勿体無いだろう?(ニヤリと笑ってウィンクして見せる)
        そうだなぁ…スカート…(そう呟いてケーネの脚線を眺める) ドレスやワンピースみたいなのもいいけど、デニムとか… ああ、キュロットなんかも良いね… -- フェルモ 2018-12-01 (土) 23:56:29
      • そらもう徹底的に・・・にゃん♥(引きつった笑顔を染みつかせながら遠い目)
        ぁ・・ぁぅ・・・にゃん♥(ウィンクにどぎまぎしつつ殆ど反射的にこくりと頷き認めて)
        すっ!?・・スカートにゃん♥・・・か・・・(キカラにドレスを買ってもらった時のことを思い出して思わず足をすり合わせる・・・ただ、デニムならなんとなくまだいける気もしたり)ま、まぁでも・・・仕事はスーツじゃないとなんとなくすっきりしないっすしにゃん♥、買っても着る機会なんてないにゃん♥(ふるふると躊躇うように)
        -- 2018-12-02 (日) 02:11:01
      • 案外やり手だなマートねーさん… まぁ、お陰でこういうケーネも見られたことだし、そこは感謝だなぁ…
        ……ん? ケーネにとって服って仕事でしか着ないものなのかい? 休みの日や部屋では裸?(返って来た言葉を聴けば、ねずみの赤い瞳が少し輝く)……そうじゃないよね?
        着ればいいのさ、次のデートのときにでも…ね? その時は僕も…こういうスーツじゃなくてもっと気楽な私服を着てくるからさ。 -- フェルモ 2018-12-02 (日) 02:27:16
      • ・・・やっぱり見て楽しむき満々だったにゃん♥ね・・・(ぐぬぬって顔)
        (ぎくっ)そ、それはー・・・そんな事はないんっすけどーにゃん♥・・・(もじもじしつつ「はいにゃん♥」と頷き)
        あぅ・・・つ、次・・・(そう、次・・・自分の好きな場所、普段過ごす場所を案内して欲しいという話・・・綺麗な景色とかは知らないから、自分の慣れ親しんだ通りになるだろう、知り合いのいっぱいいる通り、そこをスカートはいて・・)・・・ま、マジっすか・・・にゃん♥?(どうしようとあせる)
        そ、その・・・行くとしたらちょっと別のところにするとか・・は・・・どうっすかにゃん♥?・・・ちょ、ちょうど海にもいくっすし・・にゃん♥・・・(おどおどあせあせ)
        -- 2018-12-02 (日) 02:53:10
      • あ、あはは…確かに気になって会いに来たのは間違いない…けど、笑いものにしたかったわけじゃない事は知っておいてほしい。
        …ん。僕はケーネが納得するところならどこでも平気だよ。 ああ、そっか…折角海に行くんだし、あっちの周辺でぶらぶらといい場所探すって言うのもいいね。(提案されて少し想像してみる。その時々の季節を楽しむのもまたいいかもしれない)
        日焼け止めも買ってあるから、今度はきっと昼間から歩けると思うし…うん、そうしようか! -- フェルモ 2018-12-02 (日) 03:03:25
      • うぅ(ずるいって思う、こんな風に真正面からそんな風に言われたら抗議もしづらく)・・・にゃん♥・・(とただ頬を染めつつ唸るだけになってしまう)
        夕方や・・夜でもいいかもしれねぇっすけどにゃん♥・・・うん・・そうっすね・・じゃぁその・・・そういう事で・・にゃん♥
        (よかったぁとホッとするもそれはつまり旅行にそういう服を持っていく訳で、知り合いどころかファミリーの仲間に見られる可能性が激増したと言えた)
        (となると後は)スカート・・買いにいかねぇとっす・・・にゃん♥・・(赤くなった困り眉でつぶやく・・・誰かとではなく自分の意志でというのは中々躊躇われるが・・・仕方がない)
        -- 2018-12-02 (日) 03:15:07
      • 昼間は目いっぱい海で遊んで…夕方から繰り出す、それもいいね。その辺りはケーネに任せるよ!(ぐっ、とサムズアップ)
        ふふふ…それじゃケーネがどんな服を選ぶか… おっと、それもだし…水着も楽しみにしちゃっていいかな…?(正直に、呟くようにそんな事を)
        僕は真夏のビーチ自体初めてだし…うん、楽しみがいっぱいだ。(わくわくを隠しきれない様子で破願してみせる)
        …さて、随分引き止めちゃったし、僕はそろそろ行くよ。 …やっぱりケーネは可愛い。語尾や髪型のせいだけじゃない…それじゃね!(最後に落ち着いた声でそれだけ告げて…小さく手を振り去っていった) -- フェルモ 2018-12-02 (日) 03:25:26
      • う、うん・・・にゃん♥(夜になってからではお店の類は閉まっているかもしれない・・・ただ夕方から夜にかけての海はきれいかもしれない・・・迷いどころだ)
        ぁ・・ぁぅ・・・あ、あれ・・楽しみに・・されるほどのものじゃ・・・ない・・にゃん♥(はぁぅとうめいて熱くなった両頬を抑える)
        そ、そうだった・・にゃん♥か・・・あ、そ、それじゃ・・また・・・・にゃ・・っ・・(帰り際に言われた一言に、なんて言って返せばいいかわからずに見送る)・・・か、かわいいとか・・よくわかんない・・・にゃん♥・・(自分の気持ちに嘘をつくようにぼそぼそつぶやいた)
        -- 2018-12-02 (日) 03:35:27
  • (ロベルトの事務所まで訪れた男は小さな鞄を机の上に置く)…西方へのピクニックに参加すると聞きましてね
    であれば貴方方に向いた品があるのでどうかと持ってきた次第なのですが…その前に一つ
    危険が伴います、今回町を襲撃した者と同格かそれ以上が最低でも20人以上は居るでしょう…こちらに残るのも手かと -- コッローディ 2018-11-30 (金) 23:43:45
    • 俺達に向いた品?・・・(何だろうかと不思議そう)
      「報いる」その約束を守る・・危険かどうかは重要ではない・・・(どのみち自分が残ると言っても遠征が中止になる訳ではないのだ)
      (寧ろ)20人以上か・・・どのくらい引きつければ動きやすくなる?(//9月と伝え聞いてるのでひょっとしたら霊圧的にイベントに参加できないかも)
      -- 2018-12-01 (土) 01:15:07
      • (鞄を開ければ中には小瓶が二つ、それぞれ少し濁った銀色の粉末と僅かに赤錆が混じった様な黒の粉末が入っている)
        教会で長年使われた銀の十字架を粉末にしたもの、それと聖釘を粉末にした物です
        貴方達の技術と合わせれば吸血鬼に対しては致命的な効果を齎すかと
        …貴方の出来る範囲で、相応の人数で向かいますから(//行間的なサムシング含めそういうあれで問題ありません!) -- コッローディ 2018-12-01 (土) 01:50:21
      • ・・・十字架は、形状にこそ意味があると思っていたのだが・・(こういう形にしてもいいのなら扱いようはある)
        (コッローディが漿穢法についてどの程度調べたのかは分からないが、認識は間違えていない、後はどう扱うかで・・・やや不利な状況から五分以上には持ち込めそうだ)
        分かった・・・・・飛び地を作らせるという名目で、奴らを分散させるが・・・奴らからすれば突然頭を喪う訳だ・・ピーター・トーリオは、それらを纏められると思うか?
        -- 2018-12-01 (土) 02:15:59
      • 経年の浅い銀では確かに、ですが長く教会に在った銀は加工をしても強い力を保ちます
        (無論銀は銀、本質は変わらないが長く聖別されたそれは特別なモノであるという人々の信仰が根付くという)
        (一方で聖釘は…ただそれだけで別格の存在だ、聖なる物でありながら聖人を只人に戻した破戒の存在として吸血鬼のルールを一方的に破棄する)
        …難しいですね、少なくとも暫くの間はピーターとマイケルの派閥で争う事は間違いないでしょう
        ですが仮にピーターが破れたとして以前の様な拡大は難しくなるかと…人間に喉元を食い破られた事実は残ります
        (仮にと加えた所に男から見たピーターの実力が加味されている、少なくとも他の幹部単体で滅ぼせる相手ではないと) -- コッローディ 2018-12-01 (土) 02:28:26
      • 信仰に長く触れた事が大事なわけか・・・(いずれも飛び道具に仕込めば相当な火力を持つことになるだろうと予測される、銀の弾丸もある、武装は十分か)
        『デイライト』は・・・これらと比較するとどの程度の位置づけになる?
        (派閥争いになるという意見にはやはりかと頷く)そうか・・・(ピーターの実力がそれなりに期待できるのであれば、これ以上心配しても栓のないことか・・ただし、「人間に喉元を食い破られた事実が残る」は見過ごせない)
        この件に一先ずのケリがついたら・・・独立したマイケル派が、こちらに矛先を向けた時に向けての対策を練る必要があるな(コッローディが今後どうするにせよ、最低限それまでは付き合えという意味だ)
        -- 2018-12-01 (土) 02:50:12
      • 汎用性に関しては『デイライト』は銀に劣ります、摂取…奴らの体内に入らなければなりませんから
        ですが威力という点では聖釘と差は無いです、むしろ殺傷力では上回るかと
        (ロベルトの言葉に頷く、元よりこの街に災いを運んだのは自分なのだ…ならば果たさねばなるまいと)
        飛び地を作ろうとした幹部は漏れなく灰にしなければ
        (そう呟いた男の声は暗く熱に満ちた物…ただ表情には以前より僅かな穏やかさがあった)
        (ロベルトに鞄を渡し)では私はこれで…ケーネさんにも宜しくお伝え下さい(一礼し去っていった) -- コッローディ 2018-12-01 (土) 03:08:10
      • ふむ・・・摂取か・・(結晶化させた物より、ナイフに塗布する方がいいかもしれない)
        ・・・(「漏れなく」・・・それはつまりその幹部がピーター派であっても例外はないという事だ・・・基本的に防衛に意識が行く自分に対し、コッローディはかなり踏み込んだ事を考える)
        (マイケルを倒すまでは義理を果たす・・だがその後については組織に従うのがロベルトの方針だ・・・コッローディが不用意な事をしでかし、ピーター派と敵対する事になった時・・・組織は彼に乗るのかそれとも斬るのか・・譲るのか、やり合うのか)
        ・・・上手くやれよ・・(忠告だけはしておく)
        -- 2018-12-01 (土) 03:24:48
  • あー、ケーネじゃーん水着。(鞄を片手に街中で歩み寄ってきて)どう、最近は水着。
    大分、ファミリーにも馴染んできたみたいでおねーさんも嬉しい水着〜。(奇妙な語尾を躊躇いなく使う) -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 21:21:23
    • (声を掛けられると振り返るロン毛)あ・・(ぐっと躊躇ったのち)お、お疲れさまっすにゃん♥カランドリエの姉貴にゃん♥(くぅっと悔し気)
      え、えぇ大分にゃん♥・・・っていうかなんすかその妙は語尾はにゃん♥(全く人の事は言えない)
      -- 2018-11-29 (木) 21:24:00
      • ………なにその語尾…(思わず自分の語尾を忘れて聞いてしまう)罰ゲーム?
        でもあれです、私の主張としては。ケーネも水着を買おう。私も買うから。一緒に。今から。 -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 21:31:09
      • うぅ・・ひかないで欲しいっす・・にゃん♥(崩れ落ちる)・・・はい・・この前のレースの時の罰ゲームっす・・にゃん♥(滂沱)
        ・・・水着っすか・・にゃん♥(えぇーと苦々しい顔だが、その奥には不安の色があって)・・一緒に?にゃん♥(そう言われると躊躇いがちながらに頷いて)じゃ、じゃぁその・・・よろしくお願いするっすにゃん♥
        -- 2018-11-29 (木) 21:36:55
      • あーあー……それじゃ仕方ないねえ。にゃんにゃん言うしかないにゃあん。
        よし、キマりだー。私についてこい、悪いようにはしない。(崩れ落ちた彼女に手を差し出して)
        さーて、どんな水着がいい? セクシーなの? キュートなの? どっちが好みよー。 -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 21:44:57
      • うぅぐぐ・・・その通りっす・・にゃん♥(げんなり)
        ん・・・は、はいっす・・にゃん♥(恐る恐るといった風にその手を取ってついていく)
        え・・えっと・・・(今まで考えようとしていなかったのでいざ言われると困る・・最初に浮かんだフレーズは)・・わ・・笑われたり、しないのとか・・にゃん♥
        -- 2018-11-29 (木) 21:55:23
      • それでいいのかァッッ。(覇気のない一喝)無難……防御的…っ
        それは確かに自分を守れるかも知れない……でも、青春の夏を彩るには…攻撃力が足りない……っ -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 22:01:17
      • (覇気がないのに喝されればびくぅっとなる、それ位には弱々しい)だ、だって・・・もしそうなったらオレ・・多分立ち直れない・・・にゃん♥
        こ、攻撃力て・・・な、なんすか?トゲでもつけるんすかにゃん♥?(一体どんな水着だと不安げに)
        -- 2018-11-29 (木) 22:16:33
      • 女の子として、ちょっと背伸びするくらいがちょうどいいのです…(セパレートとかフリルとか持ってくる)
        トゲはつけない。それは物理が極まる。(スクール水着を見てメニアックと呟きながら) -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 22:20:02
      • 背伸び・・・っすかにゃん♥(セパレートを見る)・・こ・・これお腹・・おへそ出ちゃう奴じゃないっすかにゃん♥(あわわ)フリルはその・・・オレにはぜってぇ似合わねぇ奴じゃないっすかにゃん♥(むりむりむりっと首を振ったり)
        (スク水を見て)・・ワンピースタイプ・・がいいんすかねぇにゃん♥(まーたすーぐ守りに入る!)そ、そうだカランドリエの姉貴は、どんなのにするっすかにゃん♥?
        -- 2018-11-29 (木) 22:33:40
      • ええやろ…おへそ出してこうぜ……可愛い系もいいと思うんだけどねぇ。
        ダメダメ、マニアックすぎて逆にマニア受けしてしまう。(自分はと聞かれて)こういうのとか。(黒のビキニ)
        こういうのとか。(白のツーピース水着)攻める。ダイエットもする。 -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 22:37:31
      • うぅ・・・かわいい系っすかぁ?・・・にゃん♥(折角だからと改めて見て)・・・む、むりっす・・・
        ・・?・・とりあえず変な受け方するんすにゃん♥ね・・・ お・・おぉ・・・そ、そうか・・この感覚が攻めるって奴なんすにゃん♥ね・・・(ばばーんとした感じの水着を見てびっくり)ダイエット・・これからして間に合うにゃん♥か?
        -- 2018-11-29 (木) 23:09:12
      • せっかく長めのウイッグつけてるんだしー。綺麗系もいいんじゃなーい?(後ろから次々と水着をケーネの体に合わせて)
        そう、攻めるということ。(ぐぎぎと首を曲げて)間に合うか間に合わないかじゃない、間に合わせるんだ。(どこかの同人作業みたいなことを言い出す始末) -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 23:17:42
      • 綺麗系・・綺麗系かぁ・・・(ちらっとカランドリエの黒ビキニをみる)・・・なるほどっすにゃん♥(色々合わせる度に恥ずかしそうにもじもじしては段々となれていく)お、おぉおへそ出すのも・・悪くはないかもっすねにゃん♥(セパレートを受け入れる)
        (肩にぽんっと手を乗っけて)・・・・・・因みに後どれくらいっすかにゃん♥?
        -- 2018-11-29 (木) 23:41:30
      • そうだー。その意気だー。夏を精一杯生きるんだー。それが女の子の命なんだー。
        (肩に手を置かれて視線を逸らす)……4キロ。(あまりに残酷な現実が圧し掛かってきた)
        (その後もわいわいとガールズトークをしながら水着を買ったとさ) -- カランドリエ 2018-11-29 (木) 23:47:02
      • う・・うぅ・・・命までいくにゃん♥?(ちょっと困ったようにしつつ押されに押され、最終的に自分も黒いのを選んだりした)
        よ・・・え?でももう何週間もない・・が・・がんばるにゃん♥よ!(現実は余りに過酷だったがやるしかないのだろう)
        (何はともあれキャッキャウフフと楽しそうにしてお買い物をしました)
        -- 2018-11-30 (金) 00:24:07
  •   -- 2018-11-28 (水) 19:54:35
  •   -- 2018-11-28 (水) 19:54:31
  •   -- 2018-11-28 (水) 19:54:23
  • キカラちゃん体験隊のあらすじーーー!!ゲブッハァ!キカラちゃんは伝説の期間限定カワイイ猫が現れるという噂を聞き!病院脱走や吐血などグヘッ数々の難関を乗り越えアパートに足を踏み入れたのだった!
    (安アパートには辛い声量で、ビデオ片手にレースクィーンなキカラがやってくる)……さて!噂のかわいいねこはいるんかなー!どこだー!?どこだー!?
    (わざとらしくキョロキョロした後、ケーネを見つけ)…あっ!なんと人を見つけました!そこな人!可愛い猫を知らないかーーい!!へいへーい! -- キカラレースクィーン 2018-11-27 (火) 20:56:52
    • (ぎっくぅっと震えて)こ、この声は・・・にゃん♥(また脱走してきたのか!?それもよりによってこんな時ににゃん♥と驚愕)
      (おろおろと戸惑ううちに見つかって)う、うぅ・・・そんな人・・知らないにゃん♥・・・(顔をそむける、耳まで真っ赤だ)
      -- 2018-11-27 (火) 21:09:10
      • ……んふーーー!(すごく満足そうな笑み、サムズアップ吐血)なんと!可愛い猫をすぐに見つけてしまいました!ベリーショート赤猫?キカラちゃん探検隊!完!まぁまだ回すんだけどな!(カメラでじーー)
        キカラちゃんも×ゲームを言い渡された時にケーネちゃんが「にゃん♥」の罰を受けているってマート姉から聞いてなー!もういてもたってもですわー!(邪悪!すべてはマートの仕組んだことであった!)
        いやー!マート姉ったらナイスな×ゲームをチョイスなさいます事ねー!似合ってるよーケーネちゃん!んひひグヘハッ! -- キカラレースクィーン 2018-11-27 (火) 21:15:20
      • ま、回す・・・?(ちらり)んにゃん♥!?・・そ、それカメラじゃぁないっすかにゃん♥!?や、やめ・・・と、撮るな・・にゃん♥(今更ながらに慌て、真っ赤になってる顔を手で隠そうとしたりして)
        うっ・・・うぅ・・じゃ、じゃぁもしかしてこの撮影も・・・マートのお嬢の罰ゲームにゃん♥?・・・ち、ちくしょうなんてコンボだにゃん♥!あの店叩き潰してやろうかにゃん♥!!(うがー!!)
        う、うぅ・・・み、見ないでくれにゃん♥・・・(迫られていやだいやだと頭を振って追いつめられる)
        -- 2018-11-27 (火) 21:35:06
      • おちつけケーニャン!!マート姉もそんなキカラちゃん使ってまで追い打ちはしないってー!このレースクイーン衣装とカメラはキカラちゃん用の×ゲームさー!
        (自分を指さし高らかに笑う、もしケーネが来ていれば赤面必至であろう衣装も×ゲーム感がみじんもない)
        レースクイーンはともかくこのカメラ、まーおつらい×ゲームなんですわー!気になる?気になるかニャー!かわいい猫ちゃんに免じて特別に話してあげるからこっちへこっちへ…(しーっと顔を近づけるよう手招きし) -- キカラレースクィーン 2018-11-27 (火) 21:40:53
      • けーにゃんとかけーねことかいうなー!にゃん♥!!(ちくしょーっと半泣き)
        ・・・確かに、その衣装あの時着てた奴っすにゃん♥?寒くねぇっすか?体に障らないよう気を付けてくださいっすにゃん♥(真面目に言っても語尾で締まらない)
        お、お辛いんすにゃん♥?・・(気になる気になると頷くと・・)え・・・?・・な、なに・・・言いづらい様な事させられるにゃん♥?(招かれるままに近づいて)
        -- 2018-11-27 (火) 22:10:24
      • もう運命的名前だから受け入れるべきですにゃーー!あぁこっちはまぁちょっちずつあったかくなってきたからねー!これぐらいはグベヘアッ!平気平気ー!
        いやー、口ではにゃんにゃん言うけどキカラちゃんの身を案じるところは忠犬ですなー!よしよしよし…撫でてやろうかー!
        もーねー!マート姉のご趣味を疑っちゃうんですけどねーー!内緒内緒の内緒話よー!………ん……
        (そっと、顔を近づけてくるキカラ、しかし、内緒話のため耳元で止まる様子はなく、もっと顔は近づき…かわしたり、抑えなければ唇が当たってしまうだろう!大変!) -- キカラレースクィーン 2018-11-27 (火) 22:15:10
      • くっ・・・猫服なんて選ぶんじゃなかったにゃん♥(くやしそう、「平気平気ー」にはそれならまあいいかと一先ずの納得)
        う・・・うぅ・・・「わん」はぜってぇいわねえからにゃん♥(まんざらでもない様子で撫でられてる、ごろごろ)
        えぇ・・一体どんな趣味っすかにゃん♥?(こえぇにゃん♥なぁと笑いながら近づけ)・・・?(思いの他近づいてくるので距離感を保つように離れ近づき離れ・・と繰り返す)ちょ・・ちょちょ・・・な、なんか近くねぇっすかにゃん♥?(戸惑う)
        -- 2018-11-27 (火) 22:53:43
      • 似合ってたけどなー!…とはいえまー猫服選ぶ時点でもう選択なかったんだろー?んっひひひ…ラリラリもえぐいことすんねー!
        えー、言わんにゃーんわーん?……うーん盛盛!……んっひひひ…このちょっとつんつんしてるけど甘えてきてくれるところなんかはネコっぽいにゃーケーニャンちゃんはー!まったくもうあざとくしおってからにー!モテちゃうぞ☆
        ……(目をつむり、顔をすすすー……中々、柔らかな感触にふれることなく目をぱちり)……馬鹿な!ケーネちゃんならちょろ…もとい素直だからイケルとおもったのに!?
        (あちゃーと顔を抑えれば、照れ臭そうに頬をかき)…いやさねー!キカラちゃんのもう一つの罰ゲームってのがさー!…女の子のほっぺにちゅー…なわけよー!カメラの証拠つきでっさー!………だめ?(首をかしげてちょっと可愛く聞いてみる) -- キカラレースクィーン 2018-11-27 (火) 23:08:33
      • ・・・スカートは・・嫌だ・・・その上セクシー系なんてもっと無理だ・・にゃん♥(スカート+セクシー系or非スカート+セクシー系で後者を選んだ)
        (盛り盛りだとこくこく)う、うぅうるさいにゃん♥も、モテるとか言わなくていい・・・にゃん♥(恥ずかしそうにぼそぼそもじもじ)
        い、いやだってその・・・・近いにゃん♥・・(性的なパーソナルスペースは広い、一定年齢以上はちゃんと意識してる)
        え”・・・(ぎくりと固まる)か・・カメラで撮る・・・にゃん♥?ほっぺにゃん♥よね?(細かく確認、ちょっとかわいく聞かれるともじもじしながら)
        その・・・オレで・・いいの・・にゃん♥?(自信なさげに問い)それなら・・・うん・・いい・・にゃん♥よ?(この辺り?とカメラを意識しつつ待ち構えて)
        -- 2018-11-27 (火) 23:45:31
      • えー?だって皆思うだろー?こんなカワイイリアクション取られたら男の子はもーくらくらーよー!同性のキカラちゃんですらもーくらくらーっと頭がのぼせーゲブッフ!落ち着いた!
        うん!ほっぺほっぺ!口は流石にマート姉も自重するよなー!大事な何か奪っちゃあかんしなー!(オレでいいの?という問いを受ければきょとんとし)…やだなー!したくなかったら最初っから来ないってば―!
        ……あ、その…いいんだー!……いぇーい!(ケーネから許可をもらうと、少しだけキカラも頬を赤らめて)も、もーーー!だから勢いでこー!行きたかったのになー!…キカラちゃんだって…恥ずかしいものは恥ずかしいんだなー!……ありがと!こー…優しいケーネちゃんのこと、好きだぜ…?(耳元でそう囁くと、ほっぺに軽くキス、いつも吐いてる血が、ケーネの頬にキスマークを付け)…ん、えーと…御馳走様!えと…!ほら―!マート姉に一言とか…どうよ!?(テレを隠すように、ケーネにケタケタと話しかけ) -- キカラレースクィーン 2018-11-27 (火) 23:57:40
      • んがー!こっちは恥ずかしいだけにゃん♥!!そういう意図があってやってる訳じゃねぇにゃん♥!!(もぎゃぁ!)
        (大事な何かといわれれば「べ、別にそんな意識してる訳じゃねぇにゃん♥」とぼそぼそ)・・・そ、それもそうにゃん♥ね・・・なら・・・(こくり)
        だ、だってその・・・わかんなかったし・・にゃん♥(なんとなく妙な雰囲気になりつつ)・・・っ・・!・・すっ好きとかいうにゃ・・んっ・・♥・・・(羞恥に思わず目をつむり、真っ赤になりながらふるふる震えてキスを受けて)
        え・・えっとその・・・(リアクションリアクションとぼそぼそ・・なみだ目でキッとにらんで)お、おぉお覚えているにゃん♥!次こんな機会があればぜってぇオレが勝って恥ずかしい事させて死ぬほど後悔させてやるにゃん♥!!覚悟するにゃんっ♥(はぁはぁと興奮でちょっと変なテンションになりつつびしっと指さす)
        ・・・・・・と、撮れてるにゃん♥?
        -- 2018-11-28 (水) 00:28:59
      • …ンヒヒヒ!いやー!ばっちしばっちし!(取り終わったカメラを向ければ、啖呵を切っているケーネの姿がばっちり)もうマート姉もこの映像見たら思わず震えますわよー……かわいさで!(ぐっと親指を立て満足げ)
        というわけでさつえいしゅーりょー!いやー、キカラちゃんの×ゲームに巻き込んじゃって悪いねー!サンキューサンキュー!こんど何かお礼すっから許してなー?
        まずは軽いお礼に…(と、呟けば、不意打ち気味におでこにちゅ)……撮影抜きでも全然OKって証拠?みたいなな!…んひひひ!ゲホゥ!…ちょっと恥ずかしさで興奮したな!
        んじゃ!もーケーネちゃんも顔冷やさないとオーバーヒートしちゃいそうだしキカラちゃんを退散しますかー!…顔、よく洗っとけよー?キスマーク付きで歩いたらもうケーネちゃん恥ずか死しちゃうかんな…ヒヘヘ!アデュー!(ひゃー!と逃げるように退散するキカラ、こっちもやっぱり顔は赤かった) -- キカラレースクィーン 2018-11-28 (水) 00:39:43
      • ・・・・・・・ま、まって・・やっぱだめっにゃん♥(啖呵切ってる様子を見れば恥ずかしさのあまり目がぐるぐるしてくる)せ、せめてキカラのお嬢もなんか撮るにゃん♥!(余計ビデオレターっぽくなる)
        はぅ・・・キカラのお嬢は・・悪くねぇにゃん♥・・・ん・・(しょんぼりしてると不意打ち気味に貰って)あ、あぅ・・・(おでこをさする)
        そ、そうして・・そろそろ限界にゃん♥・・・ん?・・!!!?(鏡を見れば見事なキスマークにオーバーヒートする)ぁ・・ぁぁう・・
        そ・・その・・・また・・にゃん♥・・・(もうどうしようもないと顔を覆ってしばらく羞恥に震えていた)
        -- 2018-11-28 (水) 00:47:02
  • 『ケーネが可愛さのテーマパークと化したと聞いた銀河は、噂の真相を確かめるべくケーネの元へ向かった!』(語尾と猫のダブルパンチを一目見ようと様子をうかがう) -- 銀河 2018-11-26 (月) 22:52:23
    • ぎ・・・銀河のお嬢!?・・・いやあのこれは・・・にゃん♥(苦々し気、格好までは指定されていなかった) -- 2018-11-26 (月) 22:57:52
      • 『一足遅かった!初動の遅れによりねこ衣装はすでに終了したいたのだ!』(惜しい…とその様子を見る、かわいいのは好きである) -- 銀河 2018-11-26 (月) 23:00:20
      • 猫衣装はあの時ラリィの姉貴に着せられた分だけだったっすにゃん♥・・それももう返却してしまったにゃん♥(恥ずかし気に語尾を付けたしつつもほんのりホッとした様にしてる)
        (だがその時、懐からはらりと写真が落ちる)
        -- 2018-11-26 (月) 23:02:57
      • 『もうダメかと思われたその時、一枚の写真!これはその時の記録であった!』(落ちた写真を拾い上げ…確認するや即座に二度見である。) -- 銀河 2018-11-26 (月) 23:15:55
      • うん?写真・・・(見て)にゃん♥!?・・・(びっくぅっと震えてわたわた)
        ま、待ってくれ銀河のお嬢・・そ、それはその・・・か、返して欲しい・・にゃん♥(あわあわ)
        -- 2018-11-26 (月) 23:21:34
      • 『武士の情け、それ以上に銀河の言葉はなかった…』(見れただけで満足であるが、確かにこれを恥ずかしがるケーネの気持ちもわかったような…となりつつ写真をそっと返す、かわいい…)
        『しかして、新たな可能性を見た瞬間であった!』(いいものを見させてもらいました。と頭を下げてケーネのもとを後にした…) -- 銀河 2018-11-26 (月) 23:30:45
      • ぐぬぬ・・・ありがとうございますだにゃん♥(恥ずかしそうに写真を返してもらう・・・やっぱり焼こう、これ)
        ・・な、なんでか礼を言われた気がするっすにゃん♥!?うぅ・・勘弁して欲しいっすにゃん♥よぉ・・・(赤くなった頬を抑えて見送った)
        -- 2018-11-26 (月) 23:47:55
  • (あらすじ。孤児院の活動報告やら備品の申請書の類を携えて組事務所におつかいに来たおれはデスクにつくケーネパイセンを目撃したのであった!デレデデーン)
    すげえ、パイセンが紙とペン使いこなしてる……!! -- ジェローム 2018-11-26 (月) 21:18:47
    • (あーここがこうなるからぁとぱちぽち計算器たたいて)こうっす!にゃん♥(帳簿を書いてる…計算を間違えてる)
      んぉー?お、おうジェロームにゃん♥(奇妙な語尾、ひきつった笑顔)ぺ、ペン位使えるぞバカにすんな!・・にゃん♥(悔し気)
      -- 2018-11-26 (月) 21:24:19
      • ……脳っすか?精神っすか?(すごい歯噛みしながらかわいい語尾つけてる…なにこれこわい……)
        いやでもペン使えてるから脳ではない……あぁ、ココロのほうが……(ほろり。おれとそう歳も変わらないのに……) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 21:29:50
      • う・・うるせぇ!ドボンの方だよ!にゃん♥(むぎゃぁ!)・・この前レースあったろ?あれの罰ゲームだよ罰ゲーム・・・にゃん♥(恥ずかしそう)
        外に出てない間は当面このままにさせられてんだにゃん♥(脳とか心とか言うなぁぁと掴みかかってガクガク)
        -- 2018-11-26 (月) 21:35:16
      • あはははははにゃんにゃん言ってるパイセンちょープリティっすよソーキュートっすよげひゃひゃひゃひゃひゃ(がっくんがっくん。こりゃおもしれえや!)
        そんでそっちも罰ゲームっすか書きものなんてそんなインテリめいたことやっていひひひひ(がっくがっく。えっ計算?合ってるかなんてわかんないよ、うちきつねやし) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 21:40:10
      • う、うぅぅうるせー!わらうなー!・・にゃん♥(しまらない)
        ちっげぇにゃん♥!仕事だにゃん♥!!ウチのチームの収益を纏めてるんだにゃん♥(うがぁぁと振る力を強める、かなり力が強い、体重差を無視してジェロームを振り回すぞ)
        -- 2018-11-26 (月) 21:54:53
      • はーいケーネせんせー!こんなもん笑うなってほうがむりっすー!ハートまでつけて完全にわからす気じゃ(フワー) うぉぅ!?(ネックハングされたまま…浮いた!?)
        ちょ、ちょまっおわー!?(事務所の天井をぶるんぶるん旋回する!なにこれスーパーなマンみたい!) こー!こーんなパワー持ってて事務仕事とかもったいなくねーっすかねェー!?
        てかギブ!ギバップ!まじやべぇっすくびとれちゃうのおおおおおお!!(脳から酸素がぎゅんぎゅん失せます!) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 22:02:52
      • オレだって最初は着けてなかったにゃん♥!!マートのお嬢がしつけぇんだにゃん♥(むきーっと浮かせたジェロームをぶんぶんバターにする勢い)
        事務仕事「も」するんだにゃん♥!!喧嘩ばっかしてたら一生下っ端なんだにゃん♥!
        (叫んで落ち着いたのかふんっと一息)・・・・・・・・・やりすぎた・・ごめんだにゃん♥(怒りに任せて思わず振り回してしまった・・労わる)
        -- 2018-11-26 (月) 22:11:01
      • おご……かっ、かふ……(ぐいぐいぎゅいんぎゅいーん) さ、さっすがパイセ……ン……(意識高いっすね、と言おうとしてオチた。ぐったりしてなすがままバターになるぞ)
        (気が済むまでぶんぶかぶーんされてようやっと降ろされた) あががが……かわっ、かわいく…にゃ、にゃん♥なんつっても……ごまかされねーっす……誠意とかパンツとか見せれー……(図々しい!) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 22:19:24
      • かわいく言ってるつもりなんかねぇよ!・・にゃん♥(くそぅ・・と悔し気)
        ・・・てめぇにちょっとでも悪いと思ったオレがバカだったわ・・・にゃん♥(ずうずうしい後輩の頬肉を摘まんでむにむにひっぱる)
        -- 2018-11-26 (月) 22:25:01
      • えほ!かふ、かはっ!(イヌっぽい咳払いして) ん゛ん!(ノド復活ッ!)
        あ゛ー…いやかわいいっすよ、パイセンほっといても基本カワイイのににゃんにゃん言ってんすもん。そりゃ笑うっすよかわいいし面白いし
        ほんへー、ほえばうっはひほろひはへはほうはひりはひふふひゃいっふはへー。はんふはー?(そんでー、これがうっかり殺しかけた後輩に対する謝意ですかねェー。パンツはー?)(むにょーん。もふもふの下の皮肉は意外とよく伸びるぞ!) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 22:33:01
      • ・・・・・・・・・からかう気満々じゃぁねぇか!?あぁ!?・・にゃん♥(分かんだぞそういうのとキレて)
        この野郎、人が謝ればつけ上がりやがるにゃん♥・・・生殺与奪を握られるって事の意味を分からせてやろうかぁにゃん♥?(むぎぎーっとひっぱる、なにこれすっごい、たのしい)
        見せる訳ねぇだろそんなもんっにゃん♥・・・大体オレのパンツなんか見て何が楽しいんだにゃん♥
        -- 2018-11-26 (月) 22:50:38
      • ほんひべふー、ふぉんひばはんわひふらひへふぅー。はひはひぱいへんはわひいはわひい(本気ですぅー、本気が3割くらいですゥー。はいはいパイセンカワイイカワイイ)(すっごい伸びるしあんまり痛くもなさそう。これが肉食獣のほほだ!)
        へっへいはふよばふほはほわひ…はひはいほにょびょうひょうぼういへほはれひはふは!あべえっふにぇ!(えっ生殺与奪とかこわい…たしかにこの状況どうにでもされちまうな!やべえっすね!)(やっと状況を理解した!)
        ふいあへんひょうひほっへはひは…へひうはひひはへはおもわひほびぼうびほふへひは…ぱんふはへいひほひへほっひははへへべほうひひふひ…(すんません調子乗ってました…ていうか死にかけたのもわりと自業自得でした…パンツは誠意として欲しただけで正直別に)(むにょむにょされながらあやまる。緊張感も謝意も感じないな!) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 23:02:35
      • う、ぅぅうるせぇ!3割とかリアルな数字いうんじゃねぇにゃん♥!(ちょっと顔紅い)ってか7割からかってんじゃねぇかにゃん♥!(むにむにもちもち楽しんでる)
        ・・・わかればよろしいにゃん♥・・・くそぅ・・(「正直別に」になんだか釈然としない物を感じつつ開放してあげる)
        でぇ?そもそもおまえ何しに来たんだにゃん♥?
        -- 2018-11-26 (月) 23:14:37
      • いやぁ「3割」とか「正直別に」でビミョーにへこむところとか素直にカワイイというかいじりがいがあるっすよハハハ(開放されてハハハ。懲りねえなこいつ)
        あぁそうだった、コレ。孤児院(うち)の活動報告書と(のさっ)収支報告書(とさっ)あと備品とか経費の申請も(もっさぁ…) 事務のひとに渡してくれって(けっこうな量だ!)
        コレ提出してサッと帰ろうと思ってたのにパイセンがかわい面白かったもんでつい……んじゃ、ですくわーく頑張ってくださいねパイセン!今度またメシでも行きましょ!(仕事だけ増やしてそそくさと帰る!) -- ジェローム 2018-11-26 (月) 23:23:38
      • ・・・うるせっやっぱ懲りてねぇな此奴・・にゃん♥(ぐぬぬ)
        ん・・・ん・・・ん・・お・・おぅ・・・にゃん♥(どさどさどさっと仕事が増えてぐんにょり)んがー!お前にはもう奢ってやんねーかんな!にゃん♥!!割り勘だかんにゃん♥!!(とっとといっちまえーと追い出して)
        ・・・あー・・やるか・・・にゃん♥(計算ミスしまくってて先輩に怒られました)
        -- 2018-11-26 (月) 23:45:48
  • レースのときのにゃんこコスプレ写真が投函しておく) -- ラリィ 2018-11-26 (月) 21:18:36
    • ひぇっ・・・な・・こ・・これはぁ・・・にゃん♥(写真を手にめっちゃ恥ずかしそうに震える)
      //わぁい!ありがとうございますにゃん♥
      -- 2018-11-26 (月) 21:21:16
  •   -- 2018-11-26 (月) 20:19:17
  •   -- 2018-11-26 (月) 20:19:14
  •   -- 2018-11-26 (月) 20:19:10
  • ケーネはレースお疲れ様だったねー にゃん♪(わざとらしいフリ) -- ハムレット 2018-11-25 (日) 22:07:03
    • ・・・・!?・・・な、・・なんで知って・・・る・・・にゃん♥(可愛いポーズ)・・・く、くそぅ・・・にゃん♥ -- 2018-11-25 (日) 22:13:08
      • ふーっ…甘い甘い、グレープフルーツぐらい甘いねケーネ。ボクはレースロードでレースクイーンをしていたから事の顛末は観察済みなんだよねぇ!
        その場に居たら周囲を集会しながらかわいい連呼していたんだけどさー…(ナチュラルににゃん♥を付けてる姿を見るに)あれ、もしかして罰ゲーム的に今も続いてるので? -- ハムレット 2018-11-25 (日) 22:18:57
      • ・・・・・・・・・!?・・(なんて事だ・・何たることだ!!!墓穴を掘ったぞピノッティ君!!!11!)
        い・・・いや・・あの・・・これはその・・・続いていると言えば続いているっていうか・・にゃん♥(悔しそう)
        (やがて観念した様に)ま、マートのお嬢の・・「ドボン勢が何でも言うことを聞く券」で・・・語尾がこれにっす・・・にゃん♥(ひきつった笑顔でポーズ)
        -- 2018-11-25 (日) 22:23:52
      • マートさん…!なんたることを!人の心がないんですか…いい仕事するじゃない(この場所に居ないマートに感謝を述べた)
        あー、それじゃあアレかな…レース1位になれなかったけどがんばったで賞も兼ねてカレー食べに連れてこうと思ったんだけどさ―
        …今じゃない方が良いカナ?そとでにゃん♥は厳しかろ―? -- ハムレット 2018-11-25 (日) 22:30:54
      • 褒めてんじゃねぇっすかにゃん♥!(ふしゃーっ!!)
        くっ・・・か、カレー・・食べたい・・・え、えと・・・外でならやらなくていいって言われてるし・・・にゃん♥(駄目かな?駄目だよ♪)
        -- 2018-11-25 (日) 22:45:10
      • だって当日現場でカワイイ出来なかったボクらもケーネの可愛い姿に預かれるってことじゃん?最高にゃん♥(可愛いポーズ)
        それは本当かー本当にお外は対象外かー?嫌な予感がひしひしと…。ううむ…そうだな、ここは第3者に考えを求めるべきだろう。ロベルトくん、キミの意見を聞きたいッ! -- ハムレット 2018-11-25 (日) 22:53:13
      • くぅ・・・にゃん♥(悔し気)ほ、ホントっすよ?マートのお嬢がそういったんす・・にゃん♥
        ・・・俺がやめろと言った時、幹部であるハローさん主催によるものだからといってやめなかったな
        うぐっ
        で、今はやめるのか?
        うぅ・・・・・・・にゃん♥(継続)
        -- 2018-11-25 (日) 22:59:18
      • ははぁ、なるほど…ありがとうロベルトくん、なかなかに参考になったよ(と言うとニヤ…と笑みを浮かべる)
        うーんそうだな、ぶっちゃけボクもキミの屋外にゃん出を眺めてみたいんだよねぇー。でもー…(おもむろに電話機をダイヤルする)
        「あーもしもし、ご主人?うん…この前お願いしてた3人分の予約だけど、これからー」
        「出前で3人分お願い!急に悪いねー!」(と住所を伝えてガチャコン)キミが恥ずかしがる姿も魅力だけど、美味しそうにご飯を食べる姿のほうが捨てがたいなー♪ -- ハムレット 2018-11-25 (日) 23:16:30
      • (筋が通らないのはNG、慈悲はない)
        ぅう・・・ぁ?・・・(ぼうっとしてるうちに電話が終わって)は、ハムレットの姉貴ぃ・・・にゃん♥・・・ありがとうっすにゃん♥〜(なきつく)
        うぅ・・・お気遣い感謝しますにゃん♥・・・
        (応接室を片付けてスペースを作ってる)
        -- 2018-11-25 (日) 23:24:06
      • 筋を通すのがヤ…マフィア。おお泣きつく姿もかわいいにゃん♥(頭をよしよしする)
        …もしかしてこう、カワイイ格好が癖になっちゃったのでは…?(撫でながら一人疑問を呈した)
        あっ、ちなみにすっかり確認取るの忘れてたけど、二人共辛いのは大丈夫だよね?(程なくして届けられる本格インドカレー) -- ハムレット 2018-11-25 (日) 23:37:21
      • うぅー・・・にゃん♥(なでられてごろごろいう猫の気持ちが分かった気がする)
        ・・・・・・・・い、いや・・いやっそれはない・・それはないっす・・にゃん♥・・・今は格好じゃぁないっすしにゃん♥(そこが最後の砦だという風に必死に否定して)
        ・・・あー・・まぁ余程ひどくないなら?いけるっすにゃん♥(甘いも辛いも全然いける)
        ・・・・・・辛いって・・どれくらいだ?(ちょっとつらい)
        -- 2018-11-25 (日) 23:51:13
      • (なでなで)…それはないか…時間の問題だネ…(ああこの子はもうカワイイの誘惑に耐えられまい、可哀想に…という目)
        中辛でございます…まー辛くても美味しいから大丈夫大丈夫!
        それじゃあ、ちょっと遅くなりましたがカレーパーリーと参りましょう!(食事スペースとなった応接間のテーブルを囲み。そして普通なら大丈夫だけどつらい人にはつらい辛さ。果たしてロベルトくんは大丈夫か) -- ハムレット 2018-11-26 (月) 00:03:51
      • んぅー・・・・時間の問題ってなんすかーにゃん♥(ごろごろ甘える)
        中辛・・・(まぁ行けるか?って顔)
        (二人そろって頂きますをして、ナンにカレーを付けてパクリ)
        ・・・・・・・・・・・・(辛い)
        んん〜っ・・・辛いっちゃからいけど・・・それ以上に美味いっすねぇ!にゃん♥(香辛料のおりなす複雑な味わいに舌鼓をうつ)
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(からい・・・)
        ん・・?兄貴どうしたんすかにゃん♥?
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(゜-゜)
        -- 2018-11-26 (月) 00:18:17
      • こんな色々で複雑な香りなのにちゃんと「美味しい」ものが出来上がるんだ。カレー発明した人って凄いよねー(二人の様子をニコニコ似ながら眺め…)
        (眺め…?ロベルトの方を見る)んん…どうしたロベルトくん…もしや、美味しすぎて言葉を失っているのか…?(二人分の水を用意しながらケーネの方を見る、ケーネなら彼に何が起こっているか理解るのでは、と) -- ハムレット 2018-11-26 (月) 00:23:55
      • っすねぇ・・・薬効のある物を色々絡めて作るって考えると、ちょっと薬っぽい感じもするっすねぇにゃん♥(ご機嫌な様子でぱくぱく)
        ・・・・・・
        ・・・・・・(見つめ合う二人、ケーネが水を渡すと受け取ってごくごく・・・暫くして)
        ・・・辛いな・・(それだけ言うと今度は実に事務的にもぐもぐ、自分の分だけ最低限処理するといった感じのペースで食べ始める)

        あ、神経カットした・・もったいないにゃん♥・・・やっぱ辛かったみたいっすねぇにゃん♥(こちらはご機嫌な調子でもぐもぐ食べ続けて)・・あ、ハムレットの姉貴も食べたらどうっすか?
        -- 2018-11-26 (月) 00:32:52
      • でもそう考えると体に良さそうな気もするよねー。体の中からキレイになっちゃう気がしない?
        (二者の言葉の要らないやり取りを見守る)
        (見守る…)
        ……(辛いのダメだったんだね。とは言わない。大の男相手に言わない)…次は甘口カレー頼むね、ごめんごめん♪(手を合わせた)
        おっとそうだった。どうも美味しそうに人が食べる姿が良くってさあ、ついつい見ちゃうんだよねぇ…それじゃあいただきま〜す!
        (このあと3人でしっかりカレーを堪能したそうな。…個々の度合いの違いはあったのは言うまでもなく) -- ハムレット 2018-11-26 (月) 00:45:09
      • するするっすー!にゃん♥(嬉しそうににこにこ)
        (言ってる!ハムレットの姉貴それ言ってるのと同じっすにゃん♥(心の声でもちゃんとつける律儀))
        あぁ・・・頼む(特に恥じる様子もなく頷く)
        にひひっ・・・なんだろ・・・こうしてみんなで食べるってすごく美味しくなる気がするっす・・にゃん♥(えへへっとほんのり暖かな物を感じつつ食事をすすめましたとさ)
        -- 2018-11-26 (月) 00:50:10
  • ……ふふっ(何となく普段より楽しそうな様子で、ケーネの前に現れるのは春らしいパンツを穿いたシスターである)
    ええ、ごきげんようケーネさん。罰ゲーム中とお聞きしましたが…楽しんでらっしゃいますか? -- ティアナ 2018-11-25 (日) 20:53:34
    • (ぎくぅ!となって振り返る)・・・・・・・っ!・・(ティアナを確認すればあからさまにおどおどした様子で後ずさって) -- 2018-11-25 (日) 20:55:52
      • あれ、ケーネさんどうかしましたか?(後ずさる様子に首を傾げ)
        (にじり、にじりと近づき)確か喋ってはいけない系の罰ゲームでは無かったとお聞きしたのですが…という訳で、ごきげんようケーネさん。(と、改めて挨拶をして) -- ティアナ 2018-11-25 (日) 21:00:49
      • (じりじり追いつめられる、いやだいやだ喋りたくない一体誰に聞いたんだちくしょうとぶんぶん)
        (でもいい加減にっちもさっちもいかなくなり、絞り出す様に)てぃ、ティアナさん・・・こんにちはだ・・にゃん♥(真っ赤になった顔を逸らしたままポーズ)
        -- 2018-11-25 (日) 21:12:54
      • (ぶんぶんとしてる様子を意に介さずじわりじわりと近づいて、笑顔をたやさずに)
        (笑顔とは本来以下略、それはそうと)…はい、こんにちは…だにゃん♥そういう事でしたか…そんなケーネさんに、とっておきのおまじないがあるんですよ。あと真似したいですけど、罰ゲームの意味が無くなりそうなので我慢しますね…
        (ちょっと残念そうにしながら、おまじない聞いてみますか?と) -- ティアナ 2018-11-25 (日) 21:17:27
      • (ぐぬぬ・・・って顔)
        べ・・・別に真似したって問題ねぇと思うに・・にゃん♥(ぶつくさ呟き・・悔し気にひきつった笑顔な語尾)
        おまじない・・・な、なんすか?・・・い、一応、聞いておきますにゃん♥(ちくしょう・・っと歯噛み)
        -- 2018-11-25 (日) 21:20:54
      • そんな罰ゲームを嬉々としてやるなんてそんな事…ちょっとやってみたいですね。でもキャラかぶりするのは良くないと思うんですよ…(残念である)
        じゃあまず気合を入れるために両手で握りこぶしを作って下さい。その後握ったまま手のひらを私の方へ向けて…手首をくいっと曲げて見て下さい。 -- ティアナ 2018-11-25 (日) 21:27:58
      • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ジト目、そのポーズは既に散々マートの前でやったばかりである)
        (はぁーっと拳に息を吹きかけ、ティアナの方を向けて)にゃん♥(ねこぱんちミ☆ ゴゥッと音と圧を伴った拳がティアナの横を通過する)
        -- 2018-11-25 (日) 21:31:30
      • むっ!良い殺気ですね…(ゴゥっと音と圧を伴った拳が通り過ぎるのを感じながら)
        これはとんだ子猫ちゃんですねぇ。(と、今放たれた拳を撫で様と) -- ティアナ 2018-11-25 (日) 21:47:45
      • ぅー・・・(ふしゃーっと威嚇気味)
        ・・・にゃん♥(ぺちり)にゃん♥(ぺちりとティアナの手に拳を軽く当てて遊ぶ)まぁ・・・ティアナさんに怒ったってしょうがないっすし・・・いいっすけどにゃん♥(ひきつった笑顔)
        ・・・・・・恥ずかしいのであんまりからかわないで欲しいっすにゃん♥(ぐったり)・・・ティアナさんも出ればよかったのに・・にゃん♥
        -- 2018-11-25 (日) 21:53:29
      • いっそ開き直る…っていうのは難しいですからね、にゃんにゃん♥(手に拳を当てられ、楽しそうにじゃれ合うようにしながら)
        可愛いと思いますけどねぇ…正直出れるなら出たかったですし、突っ走りたいなーって思いもありますけれども。…私にダメージがある罰ゲームとしたらどんなでしょうか?にゃん♥ -- ティアナ 2018-11-25 (日) 22:04:07
      • 話をしてると段々こなれてくるというか開き直ってきちまうんすけどにゃん♥(今自然と口をついて出た調子に悔しそうな顔)くっ・・・じ、時間をおくとだめっすね・・・にゃん♥
        出れなかったのならしょうがないっすね・・また次の機会って事ですにゃん♥(自分でも気づかないうちに手首クイッをしてる)
        ・・・・・・・・スカートを履くとかですかにゃん♥?(ふむと考える)
        -- 2018-11-25 (日) 22:12:14
      • 私は良いと思うにゃん♥喋ってる内にだんだんと周囲に伝染ったりする気がするから、むしろ出歩くの推奨かもしれないにゃん…?(やろうぜ?みたいなのりで)
        …次の機会があればいいんですけれどねぇ、にゃん…♥(それに合わせて手首クイっとしながら少し沈んだ調子)……そんな事したらパンツ見せるのにスカートたくし上げないといけないじゃないですか(手がふさがってしまいますよ、と。まるで常時たくし上げてそうなことをのたまい) -- ティアナ 2018-11-25 (日) 22:27:56
      • や、やめてっ外に誘導しようとしないで欲しいっすにゃん♥(いやだいやだぁと首を振って)
        (沈んだ調子に頭を撫でつつ)たくし上げなきゃいいんだにゃん♥そのまま露出癖を治すといいと思うんすにゃん♥(イタズラっぽく笑う)
        -- 2018-11-25 (日) 22:40:28
      • とはいえずっと家に籠もったままだと生活も満足に出来ないですから…出かける時にどうするんですか?
        (撫でられて少し落ち着きながら)え?別に私露出狂という訳じゃないんですにゃん♥パンツを見せたい→パンツを綺麗に見せるには穿いた状態が一番→スカートを穿かないでパンツを見せよう。って流れでこの格好してるだけにゃん♥(頭おかしい) -- ティアナ 2018-11-25 (日) 22:46:18
      • そ、外ではやらなくていいって言われているにゃん♥(それだけが希望だって笑顔)
        ・・・いいですかにゃん♥?ティアナさん・・・下着を見せたがるのは一般的に露出狂ですにゃん♥(肩をぽんと叩いて神妙な顔)
        -- 2018-11-25 (日) 22:50:32
      • そういう事なら期間中入り浸りになるしかない気がするにゃん♥…やりませんよ?(安心して下さいと)
        こんなにも意識の差があるとは思わなかったにゃん♥…いやいやご冗談を、にゃん♥(と、朗らかに返して)必要な分は見せてそれ以上は見せようとも思っても無いけどにゃん♥不思議ですにゃん♥(と、首を傾げながら) -- ティアにゃん♥ 2018-11-25 (日) 23:02:35
      • ひえっ・・・・・・にゃぁん♥(入り浸りと聞いてビビるも、やらないと言われてホッと一息)
        (ふるふる)必要かどうかは知らないっすにゃん♥そこはもう普通みせない所っすにゃん♥(あぁっ名前まで変わってきてる!?)
        -- 2018-11-25 (日) 23:12:19
      • このケーネさんを独り占めするのは他の人に闇討ちされても仕方ないともいますからにゃん♥(割とひどい理由であった)
        そういうものですか…にゃん♥でもまだ見せたいのが沢山あるし、それに何を持って普通かは文化や風習によって違いますにゃん。見せパンという言葉もあるくらいなので、むしろ全部見せるくらいの勢いで行くのもあるかもしれないにゃん♥
        …それはそうと長居しすぎてちょっとすっかり癖になりそうにゃん♥それじゃあそろそろ…ごきげんようにゃん♥(そうして帰っていったという) -- ティアにゃん♥ 2018-11-25 (日) 23:17:55
      • た・・・たすかった・・・にゃん♥(ほっと一息)
        あぁダメだにゃん♥・・・もう見せる事前提なスタイルになってやがるにゃん♥・・・
        お、おぅ・・それじゃぁまたなっすにゃん♥(無力感と共に安堵を感じながら見送って)
        -- 2018-11-25 (日) 23:28:42
  • ほう。にゃん語尾ですか…照れも加えてこれはいいですね旦那。ケーネの良さが出てますよ。(事務所でロベルトと机を挟んで座り。横のケーネににやにやしながら)ケーネ、こないだのレースはお疲れさんね。参加ありがと。
    …で、だ。今更な話になるんですけど。吸血鬼の討伐隊を組むかもしれないって話は聞いてます?…それの件で来ました。(ぎし、と椅子に体重を預けて) -- ハロー 2018-11-25 (日) 18:49:32
    • (確定するまでしょうしょうおまちください) -- 2018-11-25 (日) 18:57:24
      • (確定しなかったらもう一回ツリーを立て直す構えで待機) -- ハロー 2018-11-25 (日) 18:58:06
      • あ、ありがとうございます・・・にゃん♥
        ・・・・・・ふざけているのか・・?
        ふ、ふざけてないっす・・・にゃん♥(泣きそう)
        時と場合を考えろ、今すぐやめろ
        や、やめられません・・・にゃん♥(くるしい)
        ・・・申し訳ありませんハローさん・・よく言って聞かせて置きますので・・・(吸血鬼討伐の話になれば)いえ・・・ですがやはりそうなりやしたか・・・(こくりと頷いて)
        -- 2018-11-25 (日) 19:09:57
      • 旦那、これは俺の企画したレースの優勝者の命令だからねェ(話はマートから聞いており)むしろこれくらいでいいんスよ。普段通りじゃないですか。(にへっと笑って)
        ファミリーはこんくらい肩の力抜いてたほうがいい、少なくともガッチガチになるよりはねェ。それが例え吸血鬼でも…(かち、と煙草に火をつける)…俺ららしく討伐に行く。
        一先ずはアルバさんと俺でこの町の吸血鬼…バカなほう、そっちを殺してからって感じになりそうですけどねェ。その後の討伐についちゃ今の段階で声かけておこうと思いましてね。
        (ふぅ、と息をついて)……ロベルトの旦那は街に残って万が一の備え。ゲートを使って有効な攻撃手段のあるケーネを討伐隊に。こう考えてますが……どうです?旦那とケーネの意見を聞きたい。 -- ハロー 2018-11-25 (日) 19:13:50
      • ・・・今回だけだぞ・・(じろりとケーネをみる)
        あ、ありがとうございます・・・にゃん♥(血涙)
        (バカな方を殺す・・・二人が前々から準備していたと聞く家の事か・・・その件に関しては任せてよいだろう・・・一度くらいはケーネに掛かっているらしい「祝福」を試しておきたかったが)
        ・・・そうなりやすか・・(ハローの案を聞けば、この男には珍しく迷う様な間があって)
        あ、兄貴・・・フォーメーションできなくなるっすけど・・・オレならいけるっす・・・にゃん♥(締まらない)
        (自己操作や治療用コア、硬質化による高い不死性を持つ自分が前衛を張り、隙を見てケーネの投げナイフを当てるというのが当初考えていたフォーメーションだ)
        ・・・(ケーネが自力で治療用バックアップコアを作れるようになるまでにはまだまだ修練がいる・・・自分が残る事の意味や移動期間を考えると前の時の様な「補助輪」は与えられない・・・自分の様な不死性は持てない事になる・・・何より)
        ・・・コッローディの奴に、可能な限り協力すると約束していやす・・・(苦々し気な声を漏らす)

        (そうして暫く黙って考えた後)・・・奴には、俺の不義理を謝っておきやしょう・・・ケーネを、よろしくお願いいたします・・・(深々と頭を下げる・・最終的には組織の意向に従うのがこの男だ)
        -- 2018-11-25 (日) 19:40:48
      • …これは俺の現時点での判断ですからねェ(ロベルトの葛藤をくみ取る 当然、二人には二人の考えがあるわけで。二人とも同じ技術の使い手、コンビネーション等も考えていると思ってはいた)
        ………(コッローディの名前が出て、わずかに顔を顰めるが…私情だ。それも最高に無駄な部類)…まぁ、なんといいますか。二人の能力について俺は知らないことが多すぎる。
        (雑にと頭をかいて)…最初に声をかけてるんですよ。つまり、この後の調整次第ではお二人が参加するのも全然問題ないようになってます。……旦那とケーネ、二人で行ったほうが討伐の効率が上がるようであれば…
        他のメンバーを町の護衛に回そう。一番ファミリーと町のためになるように考えて、そっちがよさげならそっちにしますよ。…そのためには、出来ればフォーメーションとか、考えてること詳細に教えてくださいねェ(ケーネの漏らした言葉から推理を進め、言葉足らずなロベルトに説明を促す。) -- ハロー 2018-11-25 (日) 19:46:23
      • ・・・わかりやした(ハローの言葉はもっともだ、此処次第で決まる事が多すぎるのだろう・・であればここで説明せねばならない)・・少し長くなりやすが・・
        (手を掲げると手からスライム状の液体が湧きたつ)・・・これは流体といいやす・・・元をたどれば液状魔法生物・・・スライムの体液を抽出、加工したものと聞いておりやす
        ・・・これを体内の水分と置換する・・・いわば体の半分以上を魔物化したのが、俺達漿穢法師です
        漿穢法師はただそれだけでは人間と変わらない・・・地道な訓練によって流体を操り、人外な筋力、硬質化や(流体が固体化する)気化(流体が蒸発し、風となって回る)、論理回路などを植え付けられます(手足や頭、尻尾が生えて猫の様に走り回る)

        うち、大事なのは論理回路で・・・これによって俺達は、自分の代わりに流体を操る事のできる「コア」を作る事ができます・・・
        漿穢法師は術師としては破壊の規模が狭い・・・その代わりの強みとして、コアを用いる事で一度にいくつもの術を重ねて扱う事ができるんですが・・・
        (ケーネが手を掲げる、そこに浮き上がる5つの砂粒上のコア・・・いつぞやにハローに見せた発信機だ)
        こいつのコアはまだそこまでの論理性を持たせられない・・・一番重要な「自分に代わって自分の生命を維持し、治癒する効果」を与えられません・・・修得の見込みは、まだ立っていやせん・・・だから・・

        (机に置いてあったペーパーナイフを手にすると自らの首につきたて、抉り、もぎりとる・・・血は一滴もこぼれず平然としたまま掲げた首で)
        このような不死性を持てない・・・吸血鬼相手に真正面から殴り合えない
        (首を元の位置に戻すとすぐに修復されて)俺が前面に立って相手の攻撃を受け、拘束し、隙を見てケーネが流体のナイフを投げて狙撃、必要なら近距離から銀の弾丸で追撃する・・・これが考えていたフォーメーションです
        -- 2018-11-25 (日) 20:11:40
      • (説明を聞く)…前にケーネに見せてもらったやつだねェ。しょーえのほー。…体内の水分がそれになる、血液と交換するようなイメージではあったけど。…ふむ、筋力、硬質化、気化、論理回路…(脳内に一つ一つ刻む。いずれ使うかもしれない技術だ)
        …コンピューターみたいな思考回路を作るようなモンですかねェ。…重ねてか。(ケーネのそれを見る)あァ。前見た発信機…こういうの便利だよねェ。自由度が効く能力だなァって感じるけど。
        …で、その治癒関係の効果を…(目の前で抉り取る様を見て。…ロベルトが再生能力を有していることは知っているので驚きは見せない。何せ自分の拳で確かめたのだ)
        (こないだもレアンドロに目の前で頭に銃撃ち込むの見せられたし…幹部ってこんなもんか?と苦笑すら零して)…つまり、前衛を旦那が担当してケーネが後方支援、ってことね。……(目を閉じた)
        (脳内で町を守るリスクと討伐隊に組み込むリスクを計算。他のメンバーの能力等も考慮して)……わかった。旦那、やっぱり参加を前提で考えててくれ。ケーネとコンビで前衛で吸血鬼の注意を引いてもらう…無論、無理はしない範囲で、ですけどねェ。 -- ハロー 2018-11-25 (日) 20:19:49
      • 形状や状態の他に、性質を変化させることも出来ます・・・ケーネの発信機は、こいつの性質変化を利用したもので、近くにいる人間の意思とその数を感じ取ります
        その・・・簡単に言うと、オレその人がどこにどういう意識を向けているのかっていうのがなんとなく分かるんす・・・にゃん♥(締まらない)
        流体は人の意思に反応しやす・・・それを特化させたんでしょう・・・生まれついての漿穢法師で半ばスラムで育ったようなこいつには、それが必要だったんでしょう

        (驚かないなーとっておきだったんだけどなぁとか考えつつ)・・・了解しました(頷き、承諾する)
        (とかなんとか考えてるんだろうなぁ・・・グロくて引かれるだけなのにとか考えてる)了解っすにゃん♥(ひきつった笑顔)
        -- 2018-11-25 (日) 20:30:00
      • 性質の変化も?…やっぱり柔軟性がありますねェ(意思に反応する…っていう特性は色々と悪用が聞きそうだなァなどと悪だくみしつつ)…生まれついて、か。
        吸血鬼もだけど…色んな存在がいますよねェ。なんで全員仲良くできないんでしょうねェ(吸血鬼の事をつぶやいて、はぁ、とため息をついた)
        驚かないなーとか思ってるでしょう?(見事に読み取って指摘した)同じような経験が最近多くてねェ。旦那なら心配ないかなって。ケーネだったら慌てますけどね。
        (承諾の言葉に頷いて)それじゃあ、ひとまずは暫定ということで…今後どうなるかはまだ分かりませんので。最終的に固まったらまた相談しますね(お疲れ様です、と事務所を後にした) -- ハロー 2018-11-25 (日) 20:37:25
      • 得ればわかりやすが・・流体は特殊な能力でなく拡張された身体能力と言った方が近い、漿穢法はそれを扱う為の技術です・・・初めは、新たに加えられた身体感覚になれる事から始めるもんですよ(不意に、まるでアドバイスの様にそんな事を言う)
        ・・・?・・なんか企んでません?・・・にゃん♥(そういう事も敏感に察知したりするぞ)
        人同士でも仲良く出来ないんだ、落としどころを見つけるか、とことんやり合うしかありゃしやせんよ・・・(指摘されれば内心(´・ω・`)となる)
        はいっそれではまたその時に(ケーネと共に礼をして見送った)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        やめねっすよ?にゃん♥
        -- 2018-11-25 (日) 20:54:07
  • お主に与えるソイルは決まったのじゃ!(ドボンした人への命令権を掲げつつ) -- マート 2018-11-25 (日) 18:28:45
    • うわもう来た!?(BGM
      な・・・なんすか・・・?(腹を決めて正座)
      -- 2018-11-25 (日) 18:37:54
      • 衣装的なものも考えたんじゃが(指を折る)…わしは医務室でのつぶやきを忘れてはおらん(折った指を伸ばす)
        という事で次の金曜日いっぱいまで、自室では語尾に「にゃん♥」をつけるのじゃあ!
        出先やらでは別に付けんでもええんじゃよ流石にの(イベントなど対策である) -- マート 2018-11-25 (日) 18:41:15
      • 枝の内容が変わって植えてしもうたんじゃけど! -- マート 2018-11-25 (日) 18:42:05
      • はっははあーッ!!!次の金曜日(11/30)いっぱいまで・・・まじかぁ・・・にゃん(取って付けたにゃん)
        じゃ、じゃぁ猫耳とかしっぽも要らない感じっすね?・・・にゃん・・(取って付けたにゃん)
        -- 2018-11-25 (日) 18:46:05
      • (そこは素直にごめんなさいだぜ・・・にゃん) -- 2018-11-25 (日) 18:46:42
      • (首を振る)衣装はわしは勘弁するのじゃ、じゃがバターはどうかのう…?(わるいえがお)
        あと「にゃん」ではないんじゃ、「にゃん♥」じゃ! -- マート 2018-11-25 (日) 18:52:15
      • んぐ・・・っ!・・・ピーナッツバターは・・そういうことしないし・・・(せやろか?)
        ・・・・・っ・・・・に・・にゃん・・・(にがにがしい表情)

        (数回のレクチャーの後)・・・に・・にゃんっ♥(耳まで真っ赤に染めてひきつった笑顔で手をこまねく姿があった)
        -- 2018-11-25 (日) 19:00:12
      • 可愛いから着て欲しいな!みたいに無邪気に言う可能性は十二分にあると思うんじゃがのう
        (しばらくの指導を施すわし、ためらいのないにゃん♥が何度も響く)

        …発音ヨシッ!(現場指導猫)後はその気持ちを忘れんようにのう…(スゥーっと帰って行く) -- マート 2018-11-25 (日) 19:02:48
      • くっ・・くそっくそぅ・・・にゃ・・・にゃん♥(反射的に言えるように何度もいい聞かされました) -- 2018-11-25 (日) 19:04:33
  • (ミューザーの元から逃げかえるや否やベッドに飛び込んでごろごろ、火照った顔を枕に押し付けて)
    あーあーっうー!・・・なんなんだよぅ・・・もー・・・うぅ・・(ばたばた、心臓がどきどきして自分が自分でなくなってしまったようだ・・おかしい、どう考えてもおかしい)
    約束・・・どうしよう・・(でもそういう事をするのならまず結婚するべきではないだろうか?・・いやその前に恋人になってデートとかしないと・・ちゃんとお互いの事をよく知って、気持ちを確認し合ってそれで・・・それで何か月か・・・を育んで・・それで初めて・・・)・・・・っなっ何考えてんだ・・・乙女かちくしょうっ(ばたばた)
    ・・・これ・・もとに戻れっかなぁ・・・(涙声だ、完璧に調子がくるってしまっている)
    -- 2018-11-24 (土) 02:25:05
    • (やや日も落ちかけた頃、ベッドで突っ伏すケーネの耳に届く重厚なエンジン音。 アパートの前で止まったそれは、一度だけ呼ぶように、どるる、と空ぶかしを置いて)
      おーい、ケーネ!(窓越しに呼び声。荷台の代わりにピリオンシートとステップを装着した黒光りするバイクに跨り、ゴーグルつきのヘルメットを振りながら窓を見上げる少年) -- フェルモ 2018-11-24 (土) 19:58:04
      • (名前を呼ぶ声が聞こえればびくっと体が震える)え?・・え?・・・(何事だろうかと困惑気味に窓を開けて外に顔を出す)
        ふぇっ!(素っ頓狂な声が出て慌てて口を押える)フェルモの兄貴・・・?・・え・・ど、どうして・・・?
        -- 2018-11-24 (土) 20:07:03
      • ん? ほら、前に言ったでしょ。「バイクの後ろに乗せてあげる」ってさ! だからお迎えに上がりましたよシニョリーナ。(バイクの上でぺこりと大仰なお辞儀をしてみせる)
        ……あ、急に来ちゃったらまずかったかな? 何か先約があったりしない?(地を這うようなアイドル音を立てるバイクに跨ったまま、小首を傾げて) -- フェルモ 2018-11-24 (土) 20:15:36
      • え・・ぁ・・・(言われてその事を思い出したように)ご、ごめんっ大丈夫だから!ちょ、ちょっと待ってて・・・(と慌てて引っ込む)
        (鏡の前に立つ・・・今、今シニョリーナって言った?・・いやなに考えてるんだよなんのことはないただの呼びかけじゃぁねぇか落ち着け、タメ口になってたぞ)・・・っふー・・
        (息を整える・・・とりあえずこの不安げな目とか赤い顔はやめよう、こんなの自分じゃないと顔を洗い、はたく)
        (髪の毛おかしくなってない?スーツにヨレとか・・・と普段気にならない部分まで気になってしまう・・大丈夫、これはただの身だしなみチェックだ)
        大丈夫・・大丈夫何変に意識してんだ・・・ただ先輩のバイクに乗せてもらうだけ・・デートじゃない、そうだろ?(言い聞かせ冷静を保とうとする)
        (少しして下に降りてくる、気恥ずかしそうに笑って)す、すいやせん、お待たせしやした・・・バイク、かっけぇっすねっ?
        -- 2018-11-24 (土) 20:27:58
      • OK、大丈夫なら待ってるから、ゆっくり準備しておいで。
        (妙にドギマギした反応は流石にネズミにも伝わった。大丈夫かな?とは思ったが、レディがいいと言ったならそれを拒む道理は無い。フェルモとはそういう男だ)
        (革手袋を嵌め直し、ミラーで軽く自分の顔や歯…バジルなんかついて無いかをチェックしながら、ケーネを待つ。 やがて姿を見せたケーネに向かって屈託の無い笑みを向け)
        ううん、レディを待つこともまた楽しみの一つだからね。 自分が思うとびっきりの姿を見せてくれるための間さ。
        南部(メッツォジョールノ)の男の血を引くネズミはそんなセリフすら涼しい顔で言ってのける。無論、ケーネの内心はまだ知る由もなかったが…)
        ふふ、自慢の愛車だからね!(ぽんぽん、と愛しげにタンクを叩き)…さぁ、行こうか! 見せたい物があるんだ。(ケーネにヘルメットを手渡し、スタンドを足で払って乗車姿勢を整える) -- フェルモ 2018-11-24 (土) 20:52:17
      • れ、レディとか・・辞めてくれよ・・・そんなガラじゃねぇし(なんでか妙に意識してしまう・・・恥ずかしそうに髪をいじったりして)
        あっあぁ・・・見せたい物・・?(ヘルメットを受け取り、被るとバイクにまたがって・・・)・・・っ(しがみつかないと危ないのはわかる・・だけどこれは)
        (普段なら全く意識しない事も意識してしまう・・それでもこのままではいられずおずおずとフェルモに腕を回して抱き着くようにして・・・・・躊躇いがちに体を押し付ける)・・・っ
        -- 2018-11-25 (日) 00:16:25
      • ふふ…そうは言っても女の子扱いするなっていうのは…無理だね。それが僕の流儀さ。
        気になるなら、僕を女の子だとでも思えばいいよ。 ……ん。(そうは言えどもしっかりしがみつくケーネと、その身体の感触には少し気を良くせずにはいられない)
        ……よーし、しっかり掴まっててね!(発進はゆっくりと。そして徐々に加速する。 野趣あふれるVツインの鼓動が車体とフェルモの身体から伝わり、夕刻の空気が頬を撫で、景色はどんどん流れ始める)
        (バイクは路地を抜けて大通りへ。交通量も増え、そして人目も増える。目立つバイクに振り向く人も多いが…灯り始めたネオンが深いビル影を彩り、きらびやかに照らしあげている) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 00:49:38
      • フェルモの兄貴を・・・?(背は似たようなものだが・・こうして触れるとやはり男の人なのだと妙に意識してしまう)
        (でもそう言ってくれる事は嬉しくて)・・う、うん・・・・・ぅわっ!?(発進すればなんやかんやドキドキしてもいられない・・徐々に加速するのに合わせてぎゅぅっとしがみ付いて風を感じる)
        ・・す・・すごいな・・・(慣れて来れば周囲を見ながら流れる景色に目を奪われたりして)
        -- 2018-11-25 (日) 01:03:25
      • (しがみつくケーネの柔らかさと体温。やはり女の子なのだと実感し、ニヤけそうにもなるが…それ以上にこの少女に感じさせたいもの、見せたいものがある)
        こうして走りながら見る風景って言うのも…なかなかでしょ?(信号で停車すれば若いカップルに見える二人を冷やかす視線も投げかけられるが、それも走り出せば一瞬で数ブロック後方へ飛んでゆく。間近の光は帯となって流れ、遠景は緩やかにその姿を変えて行く。それは走りながらでしか見られない景色)
        (スピードの生み出す風景、エンジンの鼓動、切り裂いてゆく風の冷たさと触れ合う場所から伝わる互いの熱。ある種暴力的で野性味を宿した高揚感)
        さぁ…少し飛ばすよ!(やがてハイウェイへと入る。バイクはより一層速度を増し、暮れなずむ街を郊外へ向けて疾駆する) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 01:27:47
      • あぁ・・・すげぇよ・・やっぱいいなぁバイク・・・・・っ(そんな風に話していたが冷やかす口笛に一瞬恥ずかしそうに)・・わっ(してたから発進にちょっと驚いた様にぎゅっとする)
        ・・・ははっ・・楽しいな・・(段々周りが気にならなくなってきて夢中になって疾走感に心を躍らせる)
        ・・・んっ・・わっ(更にと加速すればしっかりと掴まって、今この感じているドキドキが男の人と一緒にいるからなのかバイクの疾走感によるものなのか分からなくなっていくが)・・・ははっ(なんだか段々どうでもよくなってくる・・今この時がただただ楽しい)
        どこまで行くんすかー?
        -- 2018-11-25 (日) 01:42:36
      • あははっ、少し緊張もほぐれてきたかな?(徐々にいつもの調子を取り戻すケーネに笑い声もこぼれる。ミラー越しに見えるネズミの口元は、ケーネと同じく実に楽しげに)
        このまま、キミと一緒になら地の果てまでも…なんてね。(少し芝居がかった口調でそう言ってから、おどけてみせる)
        …ほら、見える? あそこの展望台。 あそこからの眺めは最高でねー(指差す先には街を見下ろせる小高い丘陵、その上に築かれた展望公園)
        さ、もう少しだよ。時間はー…うん、間に合うね!(ハイウェイを降りて小道を登ってゆくバイク。中心部より人通りは少なくはあるが、整備された道路は街灯も設置されていて薄暗さは無い) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 02:57:59
      • え・・わかっちゃったっすか・・・?(敵わねぇなぁとちょっと気まずそうに照れ笑いを浮かべて)
        (おどけた様子には「なんすかそれー」と笑ったりしながら)ん・・あそこっすね?・・いい感じの場所じゃねぇっすかー(おぉーと唸って)
        ・・・「間に合う」?(なんだろうと思いつつ、近づいてくる展望台を見て楽しみにする)
        -- 2018-11-25 (日) 07:28:33
      • …まぁね。顔見せたときからちょっといつもの感じじゃなかったし… ……うん、そうやって自然に笑ってるのが一番だねぇ、女の子は。
        (笑い返しながら緩やかな坂を上り、やがて駐車場にたどり着けば、売店のコーヒーを二人分買って手渡し)
        ……そう、見せたかったんだよ、これをさ。(先導して展望台の手すりまで導けば──眼下に広がるのは夕焼けの街)
        (まさに水平線に接しようとしている夕陽、朱に染まる海と空と摩天楼。 昼景と夜景の狭間、始まる夜に備えて煌びやかに灯った街の灯と、終わり行く日を名残惜しむ大自然の共存…) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 11:07:42
      • ・・・っ・・(笑ってるのが一番と言われたばかりなのに、赤くなって恥ずかしそうに口を噤んでしまったり)
        お・・ぉぉ・・・(バイクに乗るというのは存外疲れるもので、後ろで掴まっていただけとは言え慣れない上に緊張もしていたのでは当然ふらつく)あ、ありがとう・・・(でもなんとか持ち直してコーヒーを受け取る)
        (なんだろうかと先導されてくれば)・・わぁ・・・(目の前に広がる光景に一瞬で心を奪われる・・・・街を一望できる景色が夕陽に照らされ、徐々に夜景へと変化していく)
        (そんな景色にぼうっと見惚れてただただ立ち尽くしてる)・・・綺麗だ・・
        -- 2018-11-25 (日) 12:38:36
      • おっ…と。(大丈夫?とふらつくケーネに手を差し伸べたりしながら、共に並んで今この瞬間にすら移ろい行く風景を眺める)
        ほんの少しの間しか見られないからさ。 間に合ってよかったよ。(徐々に水平線に消えてゆく太陽。そして光を強める人工の光。 幾千、幾万の人々の夜が始まる)
        ……この街を、僕たちが守ってるのさ。 そう思うと…凄いことだって、思わない?(コーヒーに口をつけ、徐々にその表情も薄く見えなくなってくる黄昏の中、それでも分かるくらいににっこりと笑みを浮かべて)
        (やがて、薄闇に周囲が包まれれば柔らかな光の街灯が灯る。 周囲にまばらに浮かび上がるのは…同じくこれを目当てに来たらしい数組のカップルたち。思い思いに自分たちの世界を作り上げている)
        折角のデートだし、僕が一番好きな風景を見せたかったんだ。 走りながらしか見られない風景に夕焼け…その瞬間でしか見えない、本当に一瞬の輝き…って奴をさ。
        (周囲の様子もあまり気にした様子はなく、そして周囲もまた二人を気にする様子も無い。そんな事を言って夜景へと移り変わった街を眺める) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 14:02:40
      • (手を取りホッと一息をついて礼を言い・・・なんとなくそのままに)
        (夜の街が光を発し、無数の輝きを放つ・・・あの一つ一つの下に誰かがいる・・・これらを自分たちが築き、守って来た物なのだという事実が胸を高鳴らせとても誇り高い気持ちにさせた)
        あぁ・・(なんでかちょっと涙が出て、恥ずかしそうに軽くぬぐう)すごいっす・・・なんていうか、自分が頑張ってきた成果をみせられた気分っす・・へへ・・・オレだけじゃないからおこがましいっすけど
        (うんと頷きながら景色を眺めて・・・・・・・・・うん?)で・・でぇと・・?え・・?ぁ・・・こ、これ・・・?(今更ながらに気づいたかのように狼狽え、先ほど支えて貰ったっきり握ったままの手がきゅっと固まり汗ばんでくる)
        -- 2018-11-25 (日) 14:35:52
      • うん、だからこの綺麗な景色がずっと残るように…頑張っていかないとね。(人工の光に照らされても、街の影は消えない。むしろ光があるだけ影も増えるのだ。吸血鬼に密造銃器に…目の前にも対処すべき事案は積みあがっている)
        さて、この後はどこかダイナーにでも寄ってごはんでも…って…あれ…?(空になったコーヒーのカップをゴミ箱に捨て、次の予定を口にしかけるが…途端に固まってしまったケーネとその表情、繋いだままの手に目を瞬かせ)
        あ、あはは…もしかしてデートって初めてだった? そんなに身構えなくても平気だよ。 こうしてどこか一緒に出かけたり話したりするだけ。それだってデートの一つだ。
        もっと仲良くなってからするデートはまた特別かもしれないけど… まずお互いの事をしっかり知るのにも必要なことだよ。(握ったままの手を軽く持ち上げ、にっこりと) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 15:05:51
      • (自らの使命であるとしかと胸に刻み付けて頷く)

        (「初めてだった?」と聞かれればびくっと震えて)う・・ぅん・・・お、おかしい・・っすかね?(今までそういう相手に恵まれた事がなかったのだと困ったように)
        こういうのも・・デート・・・(こくこくと頷き)そ・・そっか、こういう感じでも・・・(いいんだと呟きかけるも、手を握り合ったまま微笑みかけられると)
        ・・・っ!・・(ぼふっと顔を真っ赤にして慌てて手を引っ込めてしまう)ぁ・・ゃ・・・び、びっくりしただけ・・・っすから(反射的に取ってしまった行動を謝りつつ)そ、その・・・この後、どこか行くって・・・
        -- 2018-11-25 (日) 17:38:15
      • ん、それは光栄だな…大丈夫、誰にだって初めてはあるものだ。 ケーネの初めてのデート…いい思い出になってくれたら嬉しいんだけど。(声は穏やかに優しく、落ち着かせるように)
        …そう、僕って男はこういう奴なんだー、ってケーネにも知ってもらいたかったからね。 ただ座って話すだけじゃなくて…こういう方法でも自己紹介って出来るんだよ。(デートという言葉の持つ重さを削るように、言葉を継いで)
        あはは、大丈夫大丈夫!(慌てて手を引っ込めたケーネに、明るく笑って見せながら) 僕も初めて女の子とデートした時は…同じくらい緊張してたから。
        うん、そろそろ晩御飯の時間だし…一緒にどうかなって。 …ああ、気取ったお店じゃなくてダイナーだから、安心していいよ。(そういうお店はまたの機会にね?などとウィンクしてみせる) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 18:45:01
      • ・・・っ・・う・・うん・・・(穏やかに優しく語りかけられれば自然とこちらも落ち着いて、生来の素直さが出る)・・・その・・嬉しいっす・・・ただその・・オレなんか誘っちゃっても・・楽しくないかなって・・・そういう心配もあって
        ・・・自分で思っていたよりも、もっと気楽に考えていい・・・のかもっすね(えへへっと笑い)
        ・・フェルモの兄貴も、そうだったんすか?・・・(ちょっと意外そうにしながらも親近感がわき、誘いにはこくりと頷いて)え、えぇ是非にっす・・・っ・・(「そういうお店は性に合わないから」と続けようとした所にまたの機会にと来たもんだ・・・合わないと思っていたはずなのにそう誘われるとなんだかドキリとして楽しみだと思ってしまう)
        え・・・えぇっと・・その・・・いきやしょう・・か?(くすぐったそうに笑って)
        -- 2018-11-25 (日) 18:56:40
      • 楽しくないなんて、そんなこと無いさ。 現に今、こうして初々しい姿を見せてくれること、その自然な反応が僕は凄く嬉しいんだ。(こと女性に関することは素直に口にする。そういう文化の生まれの男は穏やかにそう告げて微笑んでみせる)
        そうそう、少なくとも僕のデートって言うのはそういうものだから。 ……あ、それじゃダイナーではその時の話でもしようか。 僕が初めてデートしたときの話でもさ。
        (再びヘルメットを差し出し、そのまま片手を差し伸べる。 向かうはケーネの部屋からも近い穴場のダイナー。初めて女の子と二人っきりになったとき、舞い上がって一方的に喋りまくってしまった事などが語られるだろう…) -- フェルモ 2018-11-25 (日) 19:10:02
      • (初々しいなんて言われるとどうしていいのか分からない・・・手玉に取られている様な気さえして歯がゆい)うぅ・・
        ・・・ちゃんと恥かいた話聞かせて欲しいっす(拗ねるみたいにそういうとメットを被ると)・・・(少し躊躇いがちに、でも信頼するようにその手をしかととってバイクにまたがるとダイナーへと向かった)
        (その後はちょっとどきどきしつつも楽しいひと時を過ごしましたとさ)
        -- 2018-11-25 (日) 19:22:23
  •   -- 2018-11-24 (土) 02:24:08
  •   -- 2018-11-24 (土) 02:24:05
  • (街の見回り中に、同じく見回り中であろうケーネを発見)お。ハロー、どうも。お疲れさん、調子どう?あれから吸血鬼関係でなんかあった?(いつもの調子で話しかけた) -- ハロー 2018-11-23 (金) 02:09:29
    • (出会えばぱっと笑顔をむけて)お!ハローの兄k・・・ハローさん、こんちわっす(いまいち調子の狂う感じで)
      んと・・・言われた通り武器を仕入れた事と、ロベルトの兄貴が吸血鬼に遭遇したって事くらいっすかね・・・
      -- 2018-11-23 (金) 02:16:15
      • (きょろきょろ)…ロベルトの旦那いないだろ?普段通りでいいよ。旦那がいるときだけ気を付けてくれりゃいい…まったく、旦那も頭固いからなァ(苦笑を零して)
        フェルモの所行ってきたか?それならよし、普通の人間でも対抗できるようにしておかなきゃなァ。…旦那が?(会ったこと自体は初耳だが…今持てる情報から推理して)
        ……どっちだ?理性的なほうと、野蛮なほう。俺の予想では恐らく理性的なほうか?…それならヒザキの旦那の動きも、コッローディの動きもつじつまが合う(自分の情報網で色々と調べているようで、それの答え合わせだ) -- ハロー 2018-11-23 (金) 02:25:57
      • い、いえ・・・そういう訳にはいかねぇっす・・・思えばオレに自覚が足りないのは確かだったし、最初は兄貴に言われてだったけど、今はオレ自身そうしなきゃって思ってるっていうか・・・(教育がしっかり行き過ぎているというか、頭の固さもきっちり受け継がれつつある)
        (見せる様にあの日手に入れた十字のスティレットを手の中でくるくる)・・・オレはそこに立ち会ってはいないんで何とも・・・ただ戦闘どころか話し合いをしたらしいっす・・だから多分(理性的な方だと)
        その後すぐに兄貴はコッローディさんや彼崎さんの所に行ったんで、上の方で何か動いてるんだとおもうっす・・・
        多分・・・その・・(これを彼に行っていいのかと迷う様に)・・手を組む様な話になるのかなって・・・そんな雰囲気がするっす
        -- 2018-11-23 (金) 02:36:21
      • …(所在なさげに頭を掻く。まぁ、悪い兆候じゃない)…なら、一つだけ。相手への敬意を意識しろ。俺に、ってんじゃなくて、相手を自分なりに理解して、その上で尊敬できる相手なら、自然な敬語が零れるもんだ。…俺の経験上な。
        (お、とスティレットを見る)俺も同じようなのフェルモにもらったよ。まぁ吸血鬼騒動の前のころの話だけど。……話しあいか。間違いないねェ(俺があったほうだとまず攻撃してくるもん、と)
        …やっぱりねェ(報告に行った、その一言ですべて繋がった なら)…ああ。大体そうなるだろうなってわかってたから大丈夫(ケーネの遠慮ににへっと笑って)ヒザキの旦那は冷静な人だ。
        …別に、吸血鬼自体が嫌い、ってわけじゃないしな俺は。頭いいほうと手を組んで、んで最終的にファミリーがこれまで通りならそっちのほうが流れる血が少なくていい。ヒザキの旦那なら、少なくともそう考えるだろう。部下にリスクを背負わせることは選ばないはずだ。
        …だから、まぁ。この話で一番はらわた煮えくりかえってるのはコッローディだろうねェ。…俺にとっての麻薬が、あいつにとっての吸血鬼みたいなもんだろうからな(通りであの態度だったってわけか。一人納得した風にうなづいて) -- ハロー 2018-11-23 (金) 02:41:40
      • ・・・言われてみれば・・オレはハローさんの事よく知らねぇっす・・・色んな段取りが上手くて、麻薬が嫌いって事くらいで
        (スティレットをしまいつつ)なんか知ってるんすか?ふむ・・・確かにウチはまだ吸血鬼に殺られた奴はいないっすもんね?探せば構成員にも吸血鬼いるかもしんねぇし・・
        でも、野蛮な方はどうすんだろ・・・理性的な方?に抑えて貰えるんすかねぇ・・・
        ・・ハローさんはほんとコッローディさん嫌いっすよねぇ(とからから笑う、ハローの前で「コッローディの兄貴」と呼ばないのはその辺があったりする)性格もやってる事も合わないでしょうけど、あの人はあの人なりにファミリーの事大事にしてるっすよ?・・・勘っすけど
        -- 2018-11-23 (金) 02:59:36
      • …確かに。言われりゃそうだな…同じ治安維持の部隊っつっても、直属じゃなかったし。……時間あるときに教えてやるよ(幹部になってから、過去を隠すことに執着はしなくなった。いずれ話す機会もあるだろう)
        吸血鬼の何が怖いかって言ったら、眷属化の能力だと俺は見てる。…なんか雰囲気がおかしかったり、目が妙に赤かったりしたら気をつけろ。やられてるかもしれねェ。
        万が一そういうのがいたら監禁しとけ。ロベルトの旦那もそういうだろう。…(紫煙を吐いて)…理性的なほうがつぶせりゃもう潰してるだろうっていうのが俺の推理。野蛮なほうは結局俺らが狩る流れになるだろうねェ。
        嫌い。(言い切った)…それもわかってるんだよ。だけど、だからこそかねェ。あの思わせぶりな口調とか、人を馬鹿にしたような態度がねェ…気に食わん。(まるで上下左右真逆の合わせ鏡を見ているようだ……と零して)
        …ま、いいや。吸血鬼関係の話はこんなところで。どう?ケーネ自体は最近楽しいことあった?大変な時こそ人生楽しまなきゃ損だぞ。 -- ハロー 2018-11-23 (金) 03:18:23
      • (よろしくお願いしますっとしつつ)・・・目が・・フェルモの兄貴みたいに元々赤いとかの場合もあるから難しいっすね(あいっと了解する)
        (嫌いとはっきり言いきればもう笑うしかない、こればかりはもう自分がどうこう言う問題じゃないのだろう)
        ん・・楽しい事っすか?・・・(んーっと考え・・最近服を買った事を思い出し)・・・・っ!(振り払うようにぶんぶん首を振る)え、えっと・・そうっすね・・・レースちょっと興味あるなーってくらいっすかね?・・予定勘違いしてて出れそうではあるんすよ・・・乗り物がねぇっすけど
        -- 2018-11-23 (金) 03:26:22
      • なら様子で察しろ。…フェルモのことは大丈夫だ。俺が責任もって見るからな。長い付き合いだし、あいつの事ならすぐわかる(それは信頼。友情にも近いそれ)…そもそも、そんなヘマはしないやつだけどねェ(にへっと笑って)
        ……お。(そんな様子を見て。ほほぅ。恥ずかしがるようなことがねェ。いいねェ成長してるなー、と呑気に考える)ああ、レース?でられるならぜひともお願いしたいねェ。参加人数が少し不安なところあったから。
        ちなみに乗り物はレンタルとかも全然OKだし…なんなら今から買ってやろうか?若いうちに車を持っとくのもいいもんだぞ?(さらっとこういうこと言う。) -- ハロー 2018-11-23 (金) 03:32:22
      • (ぶんぶんぶんっと首を振って)ない!なーんもないっすからっキカラのお嬢とか関係ねぇから!(ぼろぼろ)
        いいっすか?いまいちルール把握しきれてなかったっすけど・・・まぁそこはちゃんと読んでおくっす
        (うーんと考え)ベスパがいいんすけど・・・それ位はオレ自分で買うっすよ(大丈夫大丈夫とうんうん)
        -- 2018-11-23 (金) 03:52:21
      • …俺は何も言ってないけどねェ(キカラちゃんか。後で絶対聞き出そうって顔する)ま、なんだ。色々試して楽しめる時期なんだから、何でもやってみるのがいいさ。
        レースもだし、他のこともやればやるほど人脈ってのはできるからな。俺も下っ端のころはそうして知り合いを増やしたもんで、それが財産になってる。
        いいねェ、よき趣味。…そう?それじゃお節介だったかな。レースも楽しみにしてるねェ、俺も主催兼参加するかもだから戦うことになったらよろしくな(にへっと笑って)
        (さて、と煙草を消して携帯灰皿に消して)それじゃ仕事に戻るわ。お疲れさんなァー(手を振って去っていった) -- ハロー 2018-11-23 (金) 03:55:37
      • ・・・っ(しまったと口を塞いでも後の祭りである)
        ・・・人脈・・よく覚えておくっす
        あいあい!その時はよろしくっす!手は抜かないんで!(にひひっと笑って返すと)はいっそれではまた、お疲れさまっす!(と見送った)
        -- 2018-11-23 (金) 04:05:23
  • …先日は落ち着きのない所をお見せしてしまい申し訳ありませんでした(会いに来れば早々に男は謝罪をする)
    その感情はあくまでこの手と足を動かす為に用いると決めてはいるのですが場合によってあの様な醜態を
    (男は完全に冷静さを取り戻したのかいつもの調子でそう語る、あの時の様な激情は欠片も感じられないだろう) -- コッローディ 2018-11-21 (水) 23:01:59
    • ・・・?・・(何故謝られるのか分からないといった雰囲気だ)お前は感情を露にしたが・・感情的な意見は言わなかった(少なくとも自分はそう思ったからその意見を彼崎に伝達したのだ)
      (だがそれはそれとして)お前には酷な物を見せたが・・・今は落ち着いているようだな
      -- 2018-11-22 (木) 01:34:04
      • いえ…あの場では何とか取り繕いはしましたがやはり煮立った感情により冷静さを欠いていました
        あの吸血鬼の提案を飲むメリットやデメリット…そしてデメリットを極力減らす方法を考えるべきだったのです
        (この男は復讐者であるとロベルトに語った、だがその在り方は奇妙だ…どこか復讐に対し自罰的とすら言える)
        ええ、確かにあの吸血鬼の言葉は耐え難い怒りを覚えますが…知っておかなければならない事でもありましたから
        どれ程納得出来ずとも答えの出ないまま復讐を成し遂げてはならないと…そう思っています、ですのでロベルトさんには感謝を
        (深々と男は頭を下げる、それは失った者にしか分からない納得の仕方なのだろう) -- コッローディ 2018-11-22 (木) 01:51:27
      • ・・・そうだったか・・(報告した時の彼崎の様子を思い出す・・・この問題に決断を下す事はとても難しい)
        俺にもお前にも、良い手は思いつかなかった・・・だが俺たちには仲間がいる・・・だから考える時間が欲しかった・・(「待て」の約束にはそういう意味もあった)
        ・・俺はお前から意見を聞いただけのつもりだったがな・・(それがコッローディの為になるとは思わなかった・・・まぁ良い事なのだろうが)・・・「答え」とは・・なんだ?(少し気になった・・あの話からこの男は何を見出したのか)
        -- 2018-11-22 (木) 02:17:31
      • 己にとって玉に見えずとも他人から見ればそうでない事もある…よくある話ですよ
        (答えとは何か、そう問われれば男は少し俯いて)結局の所復讐は自己満足に過ぎません
        だからこそ何故?どうして?と失われた事への理由を求めてしまうのです
        その疑問の深さは人それぞれでしょうが私はデイライトが吸血鬼にとって致命的というだけでは納得出来なかった
        何かもっと深い理由が…そう心の片隅で思い続けて今日まで吸血鬼という種を憎んできました
        その答えがあの有様ですがね(男は自嘲するように微笑んだ)
        (結局の所答えとは納得の落とし所だ、その深浅はあれど理由を求めてしまう弱さが男にはあるのだろう)
        (同時に男の表情に灯る後悔は色褪せる事が無い…男はこれからもその道を歩もうとするだろう) -- コッローディ 2018-11-22 (木) 02:43:18
      • ・・・(ロベルトの持ってきた話に、コッローディは玉を見出した・・・だが蓋を開けてみれば、唯の吸血鬼どもの身内の恥に巻き込まれただけという事実)
        おのれの大事な物が、他の者にとっても特別な物であって欲しい・・・そう願うのは不思議な事じゃない・・・
        ・・・だから教えてやればいい・・奴らの殺した者が、どれだけ尊いものであったのか・・・(彼らには分かる事はないのだろうが・・それでもそれこそが、その叫びこそが復讐において最も大事な事であろう)
        (じっと男を見ていると思う事がある・・・コッローディは何故今日ここに来たのだろう・・・ただ謝る為?それはただきっかけに過ぎない・・・この男の様子は何処か懺悔めいている)
        ・・・これはただの勘なんだが・・・お前は・・カタリナ司祭の死に、何か責任でも感じているのか?
        -- 2018-11-22 (木) 03:19:09
      • 責任…責任ですか、そうですね感じていないと言えば嘘になるでしょう
        部下を失った事もそうですが死別と後悔は切っても切り離せない関係にあります
        …ただそれだけではありません、尊い…そう私にとってカタリナの夢はそう感じられるものだった
        (デイライトは人を成長させる為に生み出された物だ、報われない者達に射す陽光)
        甘ったれた貴族の子供が目を覚ます様な夢が奪われて立ち止まる事が出来なかった
        その喉元にこの手を食い込ませて…けれどその夢を消してはいけないと私が私に囁く
        (そして男の中で二つの目的が両立してしまったのだ、男は何とも複雑な笑みを浮かべていた) -- コッローディ 2018-11-22 (木) 03:46:18
      • //遅くてすまぬ…すまぬ…文通スイッチ! -- コッローディ 2018-11-22 (木) 03:46:36
      • ・・・奴らに友人の命を奪った償いをさせる
        友人の尊き夢を引き継ぐ・・・両立できるのなら願ったり叶ったり・・迷う理由はないな
        今回はマイケル・ダキーラの暗殺という点で共闘はするが・・・だからと言ってピーター・トーリオを許すつもりはないのだろう?
        (まぁ実際は不可侵条約を結ぶかもしれないが・・・元々コッローディは外様、手はいくらでもあるではないか)
        -- 2018-11-22 (木) 12:13:57
      • //いいんだ・・・ただ本当にコッローディが何に悩んでいるのか分からない・・・ -- 2018-11-22 (木) 12:14:36
      • (ピーターの名が出れば男の表情はあからさまに苦々しいものとなる、それは肯定と否定が入り混じったもの)
        両立させるといえど結局の所カタリナの望まぬ形でデイライトを運用しているのは事実です、だから私は自戒を込めて自分の憎しみに効率を求めた
        それでもその時が来れば耐えられず破滅的に動くだろうとも思っていました、そして真実を知った瞬間は間違いなくそうでした
        …なのに私はあの時自分を抑え込むのに灰を作り出す量よりもこれから流れる血の量で考えてしまった…特にこの町の
        それは復讐の外にある尺度であり本来なら私を止めるに値しないと考えていたものなのです、そしてそれが私を抑えた
        無論奴を許す事は出来ませんが今後の事を考えた時灰にするのは得策ではないと………考えています
        (男は酷く悔しそうに呟く、復讐の念が別の感情に屈した事実にそうせざるを得ないのだ)
        //この町とファミリーを凄く好きになっている事実にビックリしてロベルトを介して頭の中の整理を付けているだけという -- コッローディ 2018-11-22 (木) 13:59:17
      • ・・・器用に割り切れないか・・(司祭との友情を穢している気にでもなったのか・・・そのせめてもの妥協点が私情を押し殺しての効率化だったわけだ)
        ・・・・・・そうか・・(己の復讐よりそれによってもたらされる悲劇を嫌ったか・・それはまさに身を引き裂く様な思いであったろう)
        お前の選択に敬意を表するよ・・コッローディ(今初めて、この男をファミリーの一員として見れた気がした)
        (そしてそれだけに、やはりその思いは報われるべきだと願わずにはいられない・・ピーター・トーリオを無罪放免とはしたくない・・・)
        ・・良い妥協点が見つかればよいが・・・(世の中思い通りに行く事ばかりではないという事か)
        -- 2018-11-22 (木) 15:03:02
      • (誰かに言語化する事で自分の中で納得が行ったのか一つ大きく息を吐き)
        敬意を評される程のものではありません…どっちつかずの中で出した答えです
        だからこそ皆に顔向け出来るよう結果を出さなければなりませんね
        …私の中の蟠りをひたすら聞かせる真似をしてしまいすみませんでした、どうにも弱音を吐くのが下手なもので
        (苦笑一つ見せると男は頭を下げる、感謝の言葉を述べてから去っていった) -- コッローディ 2018-11-22 (木) 16:22:08
      • ・・・(そういう事にしておこうと頷く)・・・誰しも、たまには吐き出したくなる事があるものだ
        (これからさらに心労が重なりそうだとその心境を慮れば)・・・近々レースがあるらしい・・・気分転換も必要だ(そういって去り行く背を見送った)
        -- 2018-11-22 (木) 18:42:15
  • ケーネねーちゃんっ、こないだの抗争はお疲れ様ーっ!やっと予定が空いたっ
    これでいつでもお仕事に同行できると思うけど、その前に…必要な準備とかってあるのかなー? -- レアンドロ 2018-11-21 (水) 19:54:56
    • おうっおつかれだぜー?忙しかったか?疲れてねぇか?(よしよしと撫でてねぎらう)
      必要な準備なぁ・・・なんだろ?オレ等の仕事の場合、街を守ること、市民に迷惑をかけない事が基本になるし・・・そういう心構えが一番かなぁ・・
      あ、殺しは基本NGだかんな?銃はなしだぞ?
      -- ケーネ 2018-11-21 (水) 21:16:30
      • ここ最近は情報収集と伝言とで駆け回ってたよー!吸血鬼にまで会っちゃったし!(尻尾ぶんぶん振りながら撫でられる)
        えっ……(話を最後まで聞いて、きょとんとした)じゃあ、コレも…(SMGを置く)コレも(手榴弾を置く)ダメってこと…!? -- レアンドロ 2018-11-21 (水) 21:25:46
      • マジかよ・・・大丈夫だったかー?ケガしてねぇか?(撫でくり撫でくりたんこぶとかないか確認してる)
        そういや兄貴もこの前合ったって言ってたな・・そっちはなんか戦いにはなんなかったらしいけど・・面倒ではあるが進展があった事はありがたいとか何とか言ってたな・・
        ・・・戦争でもしに行くのかお前は・・(ちょっとドン引きしつつ視線を合わせて言い聞かせるように)いいかレアンドロ?街で暴れてるチンピラだってな?元を辿りゃぁ市民なんだよ?原則傷つけるのは厳禁なのに手を出すのはやむにやまれぬって奴なんだ・・・
        だから殺すのはまずい・・痛めつけたり怒鳴りつけたりは何度でもできるけど、殺す事は一回しかさせてやれねぇんだ、その見極めは慎重にやらないといけない・・・少なくとも下っ端のオレの仕事じゃぁねぇ・・・
        (そのうえで改めてレアンドロを見て)・・・お前・・格闘とかできる?筋力に自信あったりとか・・・
        -- 2018-11-21 (水) 21:43:59
      • ボクも戦いにはなんなかったー、けどものすごい相手に啖呵きっちゃったみたいで…もっかい会ったら怖い(ぞわわ)
        抗争とかいて「せんそう」と読むんだよっ(どやぁ)…そっかぁ、だとするとー…ボクは無力だー…(一転、今度はがっくりして)
        人狼化したら接近戦バッチリだけど、爪でズタズタにしちゃうか遠くまで殴り飛ばしちゃうかだから…これもダメー(殺さず、というのが一番難しいタイプだった)
        もー、ケーネねーちゃんのお仕事は注文が多いなー(渋々出したのは真鍮製のナックル)この体じゃリーチも短いし、全然パンチも重みないんだよー? -- レアンドロ 2018-11-21 (水) 21:52:13
      • そっか・・・案外同じやつだったのかもな?なんか普通に話をして終わったっぽいし
        無力まで言っちまうのか・・・(うーんと唸って)まぁ考えてみればウチのチームはオレ以外みんな体格いいし、大体魔法持ってるもんな・・それを思えば拳銃くらいなら?あってもいいかもしれねぇな・・・オレもナイフは持ってるし
        へへっわりぃわりぃ・・・そっかぁ・・まぁそういう事なら昼間のパトロールにすっか?それならそんな暴れるような奴はまずいないし、見回って町の人と話して終わりって感じだから全然大丈夫だぜ?(大丈夫大丈夫となでなで)
        -- 2018-11-21 (水) 22:37:19
      • やっぱりアルバさんの居場所を聞こうとしてきた?あんまり、戦いを起こしたいっていう感じのおじさんじゃなかったんだよね
        なんかそこまで嫌いにはなれないんだけど…あ、たーっくさんの虫になるのだけは無理!キモすぎるし!(お子様ゆえの容赦ない言葉だった)
        拳銃かー…それも今度きちっと用意しておかないといけないって思ってたんだ。やっぱ、こういうのって適材適所ってやつだねー
        かみ合わない歯車を無理矢理はめ込もうとしてるよーな感じになっちゃってるし、今…うん、昼間の方でおねがーい!
        (役に立てる事は少なそうだが、新たな視野が開けることを期待しつつ撫でられるの図) -- レアンドロ 2018-11-21 (水) 22:57:15
      • さぁオレは伝え聞いただけだから・・・ただ交渉事・・なのかな?手を組むーみたいな感じだったぜ?・・・その辺り下っ端までは話こねぇけど、コッローディの兄貴や彼崎さん辺りならなんか知ってるかもな?
        あぁ・・・虫なぁ・・オレも見たぜ?オレの時はムカデだった・・・こう、わさわさー!ってめっちゃ沢山いんの!(おどけるように手をわきわきーっとさせて)
        そうだな、どうあっても向かない仕事ってのはあるもんだ、おめーの場合そもそもまだ子供ってのもあるし(自分だってそうだが)
        分かった!じゃぁその方向で話を通しておくぜー?声かけに行くと思うからよろしくなー?
        -- 2018-11-21 (水) 23:21:50
      • 手を、組む…?(流石に怪訝そうな顔だ 何か考えがあるのかもしれないが…信じがたい話で)
        じゃあ、おんなじやつかなー…うわぁ、思い出したら背筋がぞわぞわしてきたじゃんっ!
        オトナになったら、それこそ素手でも十分戦えるよーに、なるのかなぁ…なるといいなー
        ありがとー!こっちこそよろしくねっ、できるだけ足は引っ張らないよーにする!言われたことはきちんと守るっ(ぐっ)それじゃー、また今度ねっ! -- レアンドロ 2018-11-21 (水) 23:43:53
      • さぁてな・・・あくまでそんな雰囲気だったってだけだし・・・詳しく話が下りてきた時にはなんか変わってるかもしれねぇ・・・その内なんか来るだろ
        ふひひーっこうきたか?こうっ(こしょこしょーっと背中を擽ったり)
        なれるさ?(根拠?なんとなく!)獣人ならそらぁ背の高いマッチョマンになるんじゃねぇかな?
        おうっ!そんじゃぁまたなー(ぱたぱた手を振って見送った)
        -- ケーネ 2018-11-22 (木) 01:37:46
  • (チラシが配られている。レース大会の宣伝のようだ)
    レース大会開催!!港区にあるレース場にて参加者自由のレース大会を開催します!是非ご参加ください!!(…スポンサー名が続く。その中にはファミリーの名前もある)
    日時:5月3週目(11月24日土曜日) 20:30〜開場 21:00〜レース開始 23:30〜決勝開始予定
    (時間は前後する可能性がありますが、レース参加者も含み途中参加、途中退場自由となっております。ふるってご参加ください) -- 2018-11-21 (水) 18:05:11
    • 3週目・・・3週目!?・・やべぇ一週間違えて考えてた・・・出れるな・・あーでも見てるのも楽しそうではあるんだよなぁ -- 2018-11-21 (水) 21:19:37
  •  
  •  
  •  
  • (ロベルト達は常々注意をしていた事だろう、不用意に夜の闇の中を歩かないように気を付けていた筈だ)
    (だが長く狩人として在り続けた者は当然その裏を掻こうとする、常に互いにとって想定外の立ち回りとなるよう動き続けるのが狩人達の日常だ)
    (それはロベルトの前…朝の事務所に現れた、その直前にあったのは突然の事務所周囲でのガサガサという強烈な不快な音の群れ)
    (常人であれば耳にする事は難しいがロベルトならば捉える事も可能だろう…その音は猛烈な速度で事務所を駆け巡り扉の前まで来れば…すり抜けた)
    (それは扉の隙間という隙間から漏れ出し悪趣味な映画さながらに寄り集まり人の形を取ろうとする)
    (集まっていくそれはよく見れば一つ一つがムカデである事も分かるだろう、陽を浴び煙を僅かに吹き出しながら出来上がっていくそれに先制攻撃も可能だ) -- 2018-11-18 (日) 20:17:19
    • (10年以上この仕事に携わってきた男だ、警戒はすれど逃げはしない・・・だから夜は常に警戒してきた)
      (だからなるほど、朝から訪れる事は確かに予想しなかったが・・・その不快な音は危機の襲来を予感させるに十分すぎた)
      (机の前に立ち、その群れが来るのを迎え撃つ)吸血鬼とはもう少し紳士的だと思っていたが・・・どうやらノックの文化は無い様だな(徐々に人の形を作っていくそれに、ただ淡々と語りかける・・・先制攻撃の機会は放棄した形だ)
      -- ロベルト 2018-11-18 (日) 20:42:06
      • アアソノ点ハ済マナイ…礼儀ニ関シテハ獣人ノ少年ニモ言ワレタバカリナノダガネ
        (人の形を成していくそれは徐々に緻密な形を成し…そこにはボルサリーノ、マフラー、トレンチコートに手袋と完全なまでに日光対策を取っている男の姿があった)
        (そしてロベルトはケーネやアルバから耳にしている限りでは最悪な情報を眼にする事になるだろう…男の襟元には金糸で刺繍が施されていた)
        (件の組織でも最高クラスの幹部が許された印、金の牙を持つ事を許された怪物が立っていたのだ)
        何せ我々はこの地では最も警戒されている対象の一つだ、先日ヤクザ・クランが潰された事でより注意を必要とする事になった
        (男の声は初老のそれだがそれにしても酷く落ち着いており静かだ、生者のそれとはまるで異なる時を生きる者の熱の薄い声)
        少し話がしたい、君に関してはゆっくりと調査をさせて貰った…君の部下を追わせて貰いこの町に着いてからゆっくりとね
        お蔭で思いがけない事を多く知れたよ…その上で必要な事がありここに訪れたんだ -- 2018-11-18 (日) 20:51:18
      • (男の格好は趣味か、日航対策か・・・であれば身に着けている物ごとムカデになれる事になる・・・ルールに守られた生き物・・・そんなフレーズを思い出す)
        (襟についた金の刺繍を見ながら考える事は「センスいいな」というちょっとずれた考えだった事は置いておく)よくご存じでご老体・・・
        (調べていた事を指摘されればやはりかと頷く)その件については失礼をした・・・が、特にアンタらの縄張りを荒らしたつもりはなかったんだがな・・・立ったままじゃなんだ、まぁ座りませんかい?(そういって落ち着いた様子で応接間の席を勧める・・・自身は窓辺によってブラインドをいじり、日光を遮る気づかいまで見せて)
        -- 2018-11-18 (日) 21:01:50
      • その件に関しては縄張りを荒らした事よりも君の部下達が口にした事が問題だったのだよ
        ああそうさせて貰おうかな、最近は汚れた場所で聞き耳を立てるような恥ずべき日々を送っていた分私の口も軽くなっているからね
        (勧められれば特に警戒する様子も無くその席へと向かう…吸血鬼特有の不用心さ、というだけでなくある種信頼を見せてもいるようだ)
        まず単刀直入に言わせて貰おう…ピノック・オルネットは生きている、そうだね?ああ誤魔化しも返答も要らない
        その上で彼は吸血鬼への復讐を誓っているのかどうかが知りたいんだ、これがただのヤケであるなら私は無駄足を踏んだ事になる -- 2018-11-18 (日) 21:22:06
      • (飲むかどうかは分からないが、形式としてお茶を出し、向かいに腰かける・・・因みに罠も仕掛けもまったくない)その事か・・・
        (誤魔化しどころか返答も要らないのなら応える必要すらなさそうだ、何せこっちは写真を見せて歩いていた)
        さてな・・・昔、カタリナ司祭が死んだ頃はそうだったかもしれん・・・今のアイツが本当にその想いを持ち続けているのか、はたまた感情も含め最早惰性になっているのか・・・本当の所はアイツ自身わかっているのかさだかじゃぁない(結局の所口ではどうとでもいえる、態度も繕える・・・自分には推測し、賭けて信じる事しかできない)
        ただ仮にヤケであっても、アイツはアンタらにとって不都合な存在に思えてならないんだが?
        -- 2018-11-18 (日) 21:39:00
      • (不都合な存在と言われれば初老の吸血鬼は僅かに笑う)
        種族という点であればそうだろうが立場という点で言えば私にとっては不都合とは言い切れない
        どんな組織であっても一枚岩というのは難しいものだ、それが無理な継承によって果たされれば尚更
        この組織はまだ一代目だ…そういった実感は薄いだろうが考えた事はあるだろう?
        (お茶を口にしている、お茶にも浄化作用というのはあるのだが平然と口にしている)
        (そしてこの吸血鬼はファミリーについて口にする辺り本当に調べていた事を暗に語っているのだ)
        先代の頃は良い組織だったよ、病院と提携していてね…血を確保せずに済んだし夜の治安を取り締まるだけだった -- 2018-11-18 (日) 22:09:42
      • (『デイライト』の影響を受け、それを広める男が不都合ではない吸血鬼・・・その真意はなんだろうか?・・・立場?・・先を促す)
        そうだな・・(現に今、多くのボスの子供が大人になり、幹部または幹部になろうとしている・・・各々今は親しくしているが、いずれはどうなるのか)
        (茶の浄化作用については想定外であったが・・・後に思い出したように気づくかもしれない)
        継承で、派閥が生まれでもしましたか・・・(急進派と保守派に分かれた・・・となればこの男は保守派になるのか・・・)
        -- 2018-11-18 (日) 22:23:11
      • 派閥…派閥か、そんな物が出来ていれば今回の一件も起きていなかったのだろうがね
        幹部で彼に付かなかった者達は皆灰にされたよ、私は立ち位置が少し特殊でそれを免れた
        (それはロベルトが今考えている事を肯定しているかのようだ、まるで心でも読んだかの如く)
        今のボスが行っている事は夜の時間を増やしているようなものだ、夜が増えれば増える程育つ物も育たなくなる
        いつかはあらゆる物が干上がるだろう…だがそれすらも笑って済ませるだろうね彼なら
        (自らのボスを彼と呼ぶこの男はそれだけ特殊な立ち位置である事を匂わせている)
        私は陽の上る時間と夜が包む時間はこれまで通りであるべきだと思っている -- 2018-11-18 (日) 22:52:44
      • ・・・ふむ・・(派閥として相応の強さがあるのなら、会談で解決する見込みもあったろうに・・・)中々、辛そうな状況だ
        (「夜の時間を増やすようなもの」・・・物の例えは苦手だが、つまり吸血鬼勢力を優勢とし、人間側を追いつめる姿勢という事だろうか?・・・そうであればなるほど人間はある時を境に急速に数を減らしてしまう事になるだろう)
        (だとすればそしてこの男は二つの勢力の均衡を保つことをよしとしているという事か)・・・アンタは・・本当に変わった立場にいるようだな・・・(ボスへの呼び方を踏まえれば、前のボスの側近や親族、あるいは現ボスの世話役か・・・事を荒立てなければ手を出されない立ち位置)・・もう少し、詳しく聞いてもいいだろうか?
        -- 2018-11-18 (日) 23:11:15
      • (ロベルトが更に聞く姿勢を見せれば僅かに頷いた)
        我々も件の薬物が取り囲むように蔓延していっている事には気付き始めている
        包囲網が完成すれば多少は苦労するだろう…だがそれも飛び地を作りまた広げていけばいい
        そしてイタチごっこが続いた果てに勝利するのはこちらだ、何故なら我々には時間が幾らでもある
        (だがそれをこの吸血鬼が望まない事は既に分かっている、ならばこその提案があるのだ)
        敢えて包囲網が完成したとボスに流し飛び地を作らせる事を提案する、それも複数だ
        その時点で我々の本拠地の防衛力は一時的に低下するだろう
        (それ以上の事を吸血鬼は口にしない、それはファミリーに属するならば絶対に口にしてはならない事だからだ)
        用意はある(言葉少なにそれだけを告げる) -- 2018-11-18 (日) 23:23:31
      • ・・・・・・(早め早めに逃げてしまおうという話・・・ではなかった・・・彼らの飛び地を作らせる・・本拠地の防衛力を下げる・・・本拠地には誰がいる?)
        ・・・たまげたな・・・(いきなり話が大きくなった、精々会談の場を設けて不可侵条約でも結べればと思っていたのだが)
        だからピノックがヤケになってるわけじゃないかが大事なのか・・(だが、いくら手薄といっても奴と後どれだけ残っているかもわからない手勢にやらせるのか?なんでその話を俺に持ってきた?)
        用意ね・・・(それが何かはわからないが)アンタは俺に、ピノックを説得させたいのか・・・それともウチの組織に・・・それをさせたいってのか?・・・アンタが本当の事を言っている保証もないのに?
        -- 2018-11-18 (日) 23:46:11
      • 万全を期すならば君達のファミリーにも手伝いは願いたい、特に君が懇意にしてる幹部の部下には力のある者が多い
        (保証に関して問われれば吸血鬼はボルサリーノを僅かにずらしてロベルトの後ろ…ブラインドの掛かった外を見る)
        (僅かに漏れる光に焼かれながらも酷く懐かしそうな瞳で)
        信じる信じないは君の信じる者達と共に判断すればいい
        我々は祖でもなった者でもない、なってしまった者達だ…だからこそ寄り集まった
        そうでなければ耐えられなかったし家族という形を以てしても光の中に消えるか神の愛を求めて滅びた兄弟は数多く居た
        …その中で生まれた若い彼等がそんな境遇を変えたいと思うのも仕方ないのだろう
        だがそれでも我々は元人間だったんだよロベルト君、空の光を否定しては生きていけない
        (疲れたように呟く…人間には理解しがたい長くありすぎた者特有の倦怠感にも似た声) -- 2018-11-19 (月) 00:13:24
      • ・・・(どんな義理があって俺たちが他所の街まで出張って戦争をおっぱじめなきゃぁならないのか・・・彼等の方針を思えばいずれぶつかる敵である事は確かだが、小競り合いで済んでいる現状、防衛に努める手もある)
        (だがどういう方針をとるにせよ、決定権を持つのは自分ではない)
        (懐かし気に外を見るその男の目を見る、少しの間の後)・・・・・・どちらにせよ・・俺には判断できん話だ・・・上には通す・・ただアンタと連絡を取りたい時はどうすればいい?・・アンタにゃ厄介そうな仲間がいるだろう?(ハローが遭遇したという吸血鬼はこの男と明らかに違う・・・今後彼崎と話を付ける際に邪魔建てされては困る)
        (ほかに聞いておくべき事とすれば)・・・アンタは一体・・何者なんだ?(敵の一人が叛意をもってますがそいつの素性はしれませんじゃ話にならない、信用の有無は置いておくとしてそろそろその「特殊な立ち位置」というものを教えて貰いたい所だ)
        -- 2018-11-19 (月) 02:12:30
      • ならばこれを使うといい(男は懐から金で出来たカナブンを取り出すとロベルトに投げ渡す)
        頭の部分を軽く押し込めば一度限りだが遠隔通信の魔術が働く、使い終われば鋳潰す事だ
        それと私の友人は優秀だが頭に血が上るとそこまでだ、君達ならば用心を重ねれば問題あるまい
        (先程までの疲れ切った瞳とは一転して吸血鬼の赤い瞳はゾッとする程に冷たい、男の意思を否が応でも理解出来るだろう)
        (それを最後の質問と判断したのか老吸血鬼はゆっくりと立ち上がる)
        (ボルサリーノを外したその顔は声の通りに品のある初老の男性だ)
        ピーター・トーリオ…組織の始まりの一人にしてマイクの世話役を務めていた
        私の親友は忙しい男でね…家族を顧みれなかった、そして私も良い父親ではなかった
        ああ全てが最低な話だよ…本当に最低な話だ(吸血鬼は再び帽子にその顔を隠した)
        (そのまま踵を返すとドロリと体は虫へと置き換わっていき去っていった) -- 2018-11-19 (月) 02:40:16
      • (はしりと金のカナブンを受け取る)・・・わかった・・俺以外の奴から連絡がいく事もあるかもしれんが、そこは了承してくれ
        ・・・そうか・・ただ今は色々とその用心が捗り過ぎていてな・・・場合に寄っちゃぁご友人の不幸を伝える事になる・・・(否、その方がむしろ楽になるか)
        (男に合わせてこちらも立ち上がって目を合わせる・・・マイク・・口ぶりからしてそいつが今のトップ・・・その養父にして父の親友がこの男か)・・・古株か・・
        (入ってきた時と同様、去っていく虫の群れを見て)・・・吸血鬼流の出入りってああなのか?(彼らの本拠地は人間が出入りできる大きさの扉があるんだろうかとなんとなく思ったりした)
        た、ただいまーっす・・・兄貴・・いますげぇ量の虫がいたんすけど・・・(ぞわわっ)
        新しい知り合いだ・・・恐らくまた会う
        まじかよ・・・兄貴友達は選ぶべきだぜ?・・・まぁいいや・・銀の弾と、ついでにスティレット貰って来やした!
        そこに置いておけ・・こっちで別ける(だとしたら初めのあの気配がノックのような物で、朝に訪れたのもこちらを不用意に刺激すまいとしたと考えられる・・か?)・・・紳士的な奴らだ・・多分な
        -- 2018-11-19 (月) 03:12:37
  • 邪魔するぞ。ケーネの容体は?その後どうなった -- 彼崎 2018-11-16 (金) 19:44:43
    • 彼崎サン・・・(出迎え、応接間に通したりお茶を出したり)
      ・・・三月に入ったあたりから影響を脱したようです、今は元通り・・・いや、仕事もトレーニングも、以前より身が入っているような気がしやす(おそらく『デイライト』の影響によって気力が満ち溢れているのだろうと推測する)
      -- 2018-11-16 (金) 19:52:42
      • ふむ…麻薬だと思っていた時はどうなる事かとは思っていたが…元に戻ってくれて何よりだよ(安堵の息を吐くのを眼鏡を直す事で隠しつつ)
        それで、今日はその他の事で聞きたい事があってきたんだが(お茶に口を付け) -- 彼崎 2018-11-16 (金) 20:19:07
      • (本当にと頷く、幹部に心配されていたと聞けばアイツも喜ぶだろう)
        その他の事・・・ですかい?(何でしょうと身構える様に続きを促して)
        -- 2018-11-16 (金) 20:21:56
      • コッローディの言っている敵は『吸血鬼』。それは聞いているか?
        お前さんの通り名もそれだ。本物かどうかは知らんがな。それで…仮に本物ならば色々な情報が知れる、そう思ってきたわけだが…
        (そこで言葉を切って相手の反応を窺う) -- 彼崎 2018-11-16 (金) 20:27:22
      • ・・・それの事ですかい(なるほどと頷く)・・・あの通り名は、先代から受け継いだ俺の殺しのやり方からきていやす・・・本当に血を飲む訳じゃぁありやせん
        (「誰に殺されたのかは隠す、罪を着せる」「事故死に見せかける」「死んだという事自体を隠す」「死んだという事にする」等々殺しの仕事は目的によって様々だ・・・その中で一番派手な手法、「どんな存在によって殺されたのかを大々的に知らしめる」・・そのやり方が『吸血鬼』の由来だ・・・思えば最近やる機会がなかった)
        (机に置かれたミカンを手に取ると)少し・・・見苦しいですが・・・(どこから出したのか、右手に透明な結晶流体(スライム状の体液を硬質化させたもの)のナイフを持ち、突き刺す)
        刺した箇所から侵食し・・・(ナイフの突き刺さった部分から根を張る様にミカン全体が変形し・・・)その体液を支配し・・(ナイフの根元から果汁が湧き出す・・・それは下に垂れる事無く周囲に浮き上がり、留まりながら徐々にその量を増やしていく)根こそぎ引きずりだす・・・
        (やがてミイラの様にカラカラに乾ききったミカンを机の上に戻すと・・・)こうして、オレ達に逆らうとどうなるかを教えてやるんです(浮き上がっていた果汁がミイラの上に舞い落り、机に大きなバッテンを描く)最近は始末専門の方も多いんで、そっちに任せる事が多いですな
        -- 2018-11-16 (金) 20:57:53
      • (眼鏡を直し)…なるほど。確かに吸血鬼にやられたように見える訳だ(蜜柑を見据え)
        …しかし凄いものだな、これなら本物にも引けを取らなそうだ(自分には到底できない芸当に感心した様子で) -- 彼崎 2018-11-16 (金) 21:13:09
      • まぁ・・・奴らが本当に食料にしているのなら、こんな派手にデコレーションはしないでしょうが(そういう事ですと頷く)
        だといいですが・・・この技は意識がある輩に効かせるには少しコツがいります・・・殴り合いながらじゃぁ刺して一撃って訳にはいかないのが実情です(それはおそらく向こうがトドメに仕掛けてくるであろう吸血にも言えるだろう)
        街の守りから手は抜けませんので総出という訳にはいきやせんが・・・その時には俺達が出張る所存です
        (あとと付け加える様に)ラリィから聞いた限りじゃ、吸血鬼と一言で言っても色んなモンがあるようで・・・ウチのケーネがコッローディから直接奴らの特徴を聞き出していやす(もう知っているかもしれないが念のため彼女が作った報告書を出して)
        -- 2018-11-16 (金) 21:34:09
      • ああ、それだったら俺もコッローディから直接聞いてるよ(言いつつも確認のため報告書をめくり始める職業病)
        恐らくその手の事に関して現状のアイツは惜しみなく手を貸してくれるはずだ、そこは信じて良い(と、付け加えて)
        荒事に関しては俺はどうにもできんからな、そこら辺は力を持ってるお前さん等に任せるさ。…口惜しいがね(読み終えた報告書を閉じて返す) -- 彼崎 2018-11-16 (金) 21:48:11
      • そうでしたか・・・(報告書を受け取って納めて)
        ・・・ご自分で手を下したかった・・ですかい?(積極的にコッローディと対立していたであろう彼崎の心情を思えば自然な事か・・・ただ報告を聞く限り捕らえて彼の前に引きずり出すのは中々骨が折れそうだ)
        -- 2018-11-16 (金) 21:58:00
      • …いや、自分だけ安全な所に居て矢面に立たないのが嫌なだけさ
        我儘って奴だよ、俺の(自嘲して笑う) -- 彼崎 2018-11-16 (金) 22:08:01
      • ・・・気にする様な事じゃぁないと思いますがね(コッローディを探る間、組織において彼がとても危険な立ち位置にいたであろう事は想像に難くない・・・この男は既にリスクを負ったのだ)
        (それに自分達には自分たちの、彼崎には彼崎の戦い方がある事を・・そしてその想いが向く先が同じである事をロベルトは知っている)
        それぞれが己のできる事をして組織に貢献する・・・それでいいんです・・・(今ここで何か思い浮かぶとすれば)・・・ハローの奴が色々と準備をしているようです・・・ハローだけじゃぁない・・準備をするなら、金も人手も必要になる事でしょう(彼崎はその手の采配ができる立ち位置にいるだろう、それも一つの戦い方だ)
        -- 2018-11-16 (金) 22:47:31
      • ああ…そちらの準備は任せてくれていい(席を立ちあがり)
        引き続き吸血鬼の調査と、並びに動向を探るのを頼む。それではな(眼鏡の位置を直してその場を去った) -- 彼崎 2018-11-16 (金) 22:56:24
      • 了解いたしました(去っていくその背を礼をして見送って)
        彼崎さんとどんな話してたんすかー?・・・ってうわっなにこれ!?
        (机の上の惨状に声を上げるケーネに声をかけて)食っていいぞ
        食わねぇっすよ!?
        -- 2018-11-16 (金) 22:59:45
  • 改めて確認なんだけど、ケーネは何使って戦うんだ?しょーえのほーってやつがメインで銃とかはあんまり使わない?(日中、広場で出会ったケーネに屋台の飯を奢ってからの会話) -- ハロー 2018-11-16 (金) 18:07:41
    • (ケバブもぐもぐ)銃はオレもってないっすねぇ・・・銃持ってるのって兄貴かそれに近い先輩方っす、仕事内容的に痛めつける方が優先だからっすかね?
      オレが持ってるのはチンピラ時代から持ってたナイフ位で、あとはえぇ、しょーえのほーで掴んだり殴ったりっす(ソース拭ってぺろぺろ)
      -- 2018-11-16 (金) 18:16:45
      • 確かに痛めつける側が銃で殺しちゃ何やってんだってなるからな…使いようではあるんだが。ってことは近接戦闘主体…(脳内でメモ)
        しょーえのほーで掴んだり…?なに、遠距離の相手でも掴んだりできるの?ちょっと興味あるねェ。……よし。見たい。裏路地行こうケーネ。俺相手に試してみてくれ。 -- ハロー 2018-11-16 (金) 18:25:50
      • 兄貴は「畏れを広める事」が大事だって言ってたっす・・・あれ?「誰を殺って誰を残すかを判断する」のが大事だったっけな・・・?・・兎に角そういう事下っ端には早いんでしょうっすねー
        (食べ終わって指をぺろぺろしつつ)ん・・・いいっすよ?じゃぁあの辺りでっすね?
        (そういうと適当な裏路地に入っていって)
        -- 2018-11-16 (金) 18:35:35
      • 所謂威厳とかそういうやつかねェ。…まぁその辺はいろんな仕事してりゃ覚えるさ。俺の座右の銘は「99%は信用できない」ってところかなァ(にへっと笑い)
        (そんでもって裏路地。人の目が通らないところで)よし。適当に俺を捕まえて殴ったりしてみたまえケーネ。一回俺が殴られるごとに欲しいもの何でも一つおごってやる権利をくれてやるので。…まァ俺そんなに強くないけどねェ(肩を竦めて) -- ハロー 2018-11-16 (金) 18:43:04
      • えぇーただ見せるだけなつもりだったんすけど・・・まぁいいや、そういう事なら(なんの気なしの軽い調子で地面を蹴る・・ただそれだけでばかっと派手な音とともに砕け、石が舞い上がる・・・その一つをキャッチし)ちょっとマジに・・・
        いっき・・・やす!(捕まえるという話だったのにいきなり投球モーション、即日マウンドに上がれるんじゃという勢いで上から打ち下ろす様に石を投げる)
        (同時、その石を囮に死角を縫うように触手状に細長く伸びた流体(スライム状の物質)がケーネの足元から伸びあがり、追尾し、ぐにぐにと強い弾力をもってその足に絡みつこうとしてくる)
        -- 2018-11-16 (金) 18:52:38
      • (うっわ怖。素でその威力にドン引きしつつ。それでも荒事も担当し…それなりの実績もあるハローは慌てない。投球モーションを目視でどの辺りに飛んでくるか把握して、視線は全体を見渡す)
        ほいっと(上体を逸らして投擲を避けて…視覚を縫うようにやってくる流体に気づいていたようで)…よっとォ(使わなかった足で跳躍。壁に飛び移る)
        (流体が追ってくれば、壁を蹴って反対側の壁に、後ろに、前にと実に身軽に飛び回り回避を続ける)…うーん。距離を離せば逃げられそうな気もするけどねェ、これ。 -- ハロー 2018-11-16 (金) 19:01:37
      • うぉっ!?(流石っすと驚く、投擲で動きを制限し、捕まえるのは一先ずの基本技能、大体の奴はこれで捕まる・・・否、跳躍したって事は効果はあったか)
        このまま続けてもいいけど・・・(折角胸を借りてるのなら色々試してみたい・・・今までハローを追尾していた触手が不意に細く細く、糸の様になって見えづらくなっていく・・・同時)
        ほっ!(駆けだし、こちらも飛び上がる・・・その体格に見合わぬパワーに裏付けられた身軽さもさることながら、立ち回りに特徴がある・・・ハローが今どこに意識を向けているのか分かっているかのように死角を付いた蹴りを放ったかと思えば)
        おらぁ!!(横合いからあえて注意を引き付ける様に大声を出して殴り掛かったりと三次元的に動き回る)
        (そしてそういう状況で、細く、より長く見えづらくなった流体が伸びて路地裏に張り巡り、徐々に逃げ場を奪ってくる・・・触れればそれを足掛かりに再び太く強くなってそのまま捕まえる構えだ)
        -- 2018-11-16 (金) 19:19:24
      • …細くしてんのか…?(それを捉えると同時に、なぜ、という相手の思考を読む。頭を廻すのがこの男の最大の武器である、ゆえに読む。ケーネの思考)
        (ケーネの近接戦闘。恐らくは予想外であろう)…っとォ!いい動き過ぎないかなァ!?(死角からの蹴りには肘で祓い、大声からの殴り掛かりは手首を逆につかんで引っ張り受け流す)
        (肉弾戦で初めて見られるハローの技の冴え。明らかに常人では及ばぬ訓練を積んだ動きだ)…なるほどねェー(そしてある程度戦術も見えた…ワイヤーのように使おうというそれ。夜ならば恐らくは叶うであろう戦術、今ならば脱出の隙はあるが…まぁ付き合おう。どんくらい強いか見たい、と)
        …それっ(こちらからは攻撃しない、という意思表示かのように、ケーネの拳を横向きにはじく。多少お互いの距離が開く…さて) -- ハロー 2018-11-16 (金) 19:24:33
      • んが!?(受け流されてごろんところがるも、流石の負けん気で即座に飛び起きる)
        (ハローの兄貴はやっぱりすげぇと思わず笑みがこぼれる・・・同時、こちらの攻撃は受け、捌くスタイルに手はあった筈と思考する)
        ・・・よし(距離が開いても構わず攻め込む・・が、先ほどより若干攻め気が弱い・・・展開しているワイヤーの内、あまり離れた位置の物を引き戻す事に意識を割いているのだ・・・ハローに攻撃意思がないからこそできる芸当だが、そこは存分に利用させてもらう)
        (そして適度に回収した所で)よっしゃ!(再び攻めに勢いが出る・・・隙を突くようにフェイントを交え、打ち下ろしや足払いといった様子で上下に振るが・・・ハロー程の実力であれば右手首をつかんで受け流す動きを誘っているのが見て取れる事だろう)
        -- 2018-11-16 (金) 19:48:09
      • いやァ、いい転がり方。隙を消すのは大切だからねェ(倒れ込むよりは転がるほうが隙が消える。後で能力リスト大幅に更新しておかないとなァ、とぐちつつ)
        (距離が開いて次の一手、相手の勢いが弱いか。…何かやってる。ならばこの勢いにさっきまでの攻撃を合わせるべきだったよねェ。と思考だけは冷静に回して)
        (しかし打つ手は見てみたい。これまで同様にケーネの攻撃を捌いていたところで)…ん、来るか!(フェイントからの上下の振り。誘ってるねェー。まぁもちろん)…甘いよねェ
        (乗ってやる。女性の誘いは断らないのがハロー君だよ。右手首を掴んで見事受け流す動き…さぁこの後何が待つか。ケーネの練った戦略に期待して) -- ハロー 2018-11-16 (金) 20:20:37
      • ・・いつも投げられてるんで・・・(ちょっぴり苦々し気)
        (ケーネはまだまだ持ち前の勘の良さに頼っている所がある、それでも考える事を学んではいるが、その動きは覚えた芸を見てもらいたいたがっている犬に近い)
        (故に既に見せた技で追い詰めるよりどんどん新しい事をしたくなるのだ)
        (ハローが乗り、ケーネの手首をつかむ・・・見事な捌きで受け流せば再びゴロンと転がって)・・・っだー!・・わかってただろーっ(むきーっと怒る・・・だが)
        ・・・まぁいいや(既に仕掛けは決まった、一本目の触手の一部を回収したのは二本目を出す為の容量を稼ぐため・・・張り巡らせていた一本目を完全に回収し、二本目・・・ケーネの右手からハローの手に結ばれた流体が急速に太く、力強くなり捕まえた形)
        投げんぞ!(がんっと深く腰を落として体を支える・・・触手自体が人の体を持ち上げるのに十分なパワーを持ち、その根元を既に十分見せた、強化されたケーネの身体能力が支えている)
        (捌きも受け流しも、地に足がついていればこそ、単純な馬鹿力でそのままそっくり持ち上げ、叩き落とさんとする)
        -- 2018-11-16 (金) 20:38:57
      • わかってるかもねェー(そうとも、これは殺しあいでもなければ試合でもない。ケーネの力を見るための物。捌ききっちゃあつまらない)
        …おお、成程こういうことか…(総量が決まってんのか、と流体について理解する。腕同士が太く固く結ばれ、これは流石に力業では取れない)…運命の赤い糸ってやつ?照れるー。
        (さて、しかし十分な膂力で投げられれば…流体自体に力がある、出来る程度の反撃は…)っ!(大きく、大きくまるで天を蹴るように、振り回されながらも足を振るった)
        (その反動で体のバランスをわずかでも整え、地面に打ち付けられる前に足から着地することに成功…)……ぐっ…!!(脚の発条をフルに活用し、衝撃を流す。それでも足に痛みが走る。頭からだったら俺死んでるのでは?)
        (なお、その着地したハローの脚。片方の靴がない?どこか?正解はケーネの頭上、あれ?と思った瞬間に頭の上に落ちてきた)……その。もう俺打つ手がないんで降参していい?(実際、ここから巻き返すには武器を使いたくなる…) -- ハロー 2018-11-16 (金) 20:46:24
      • はっはっ余裕あるっすね兄貴ぃ!(調子にのってずがーんと叩きつける・・・大丈夫、一応組に入ってからは殺っちゃったことはなかったと思う、うん)
        ・・・あだっ(落ちてきた靴が直撃しつつ)へへへっ了解っすっ(しゅるりとあっさり開放すると駆け寄って)にひひっオレどうもパワーだけなら兄貴よりあるみたいなんすよ?重量挙げした時に珍しく兄貴動揺してたっすから・・・(大丈夫っすか?と覗き込んで介抱が必要そう診てる、靴はまだ乗っかったままだ)
        -- 2018-11-16 (金) 21:05:15
      • 助かる。もう一回投げられたら裸足になりかねなかったからねェ(手首が解かれれば、身を起こして)…ぶっちゃけると力が強すぎて受け流すのマジで苦労してたからな!
        (ほい、と靴を取り、埃を払い、そのまま撫でてやる)…いや、マジに強かった。鍛錬のたまものか知らんけど、何とか躱したけど俺の想像のはるか先だったよ。ちょっと見くびってたかもねェ、すごい。
        これなら今度の抗争も、その後のヤツらとの戦いも大丈夫そうだねェー。あとは少しずつツメていきゃいい。偉いぞケーネ、何でも奢り券3回分。(にへっと笑った)
        …さて、そんじゃいい運動もしたところで俺仕事に戻るよ。来週だし、色々と仕上げなきゃいけないこと多くてねェー。旦那にもよろしく言っておいてくれ、またねェ(路地裏から去っていった) -- ハロー 2018-11-16 (金) 21:12:13
      • にひひー(撫でられれば嬉しそうににっこにこ)
        まじっすか!?(太鼓判によっしゃとガッツポーズだ)了解っす!お疲れ様っした!(感じる確かな手ごたえに、こりゃぁ兄貴がくれるっていう「お守り」はいらないんじゃないかなって思ったりした)
        -- 2018-11-16 (金) 21:20:40
  • ケーネは居るかな? -- サイカ 2018-11-15 (木) 08:17:24
    • んぉ?(先輩にすみませんと断って書類仕事を中断、サイカの元に行く)
      (たったったと駆け寄って笑顔を向けて)お疲れ様っす、サイカのお嬢、こんなとこまでどうしたんすか?
      -- 2018-11-15 (木) 08:30:01
      • やあ、手間取らせたかな?…いや、キミの状態が安定したと聞いてね
        今更お見舞い…と言うには少し都合が良いか(少しだけ申し訳無さそうにしながら、一礼をして)
        もう大丈夫? -- サイカ 2018-11-15 (木) 08:34:36
      • ありゃ?お嬢知ってたんすか?(こりゃまいったと頭を掻いて)いえ・・嬉しいっす・・・この通りっもうバッチリっすよー(ぐっと力こぶ)
        (これでなんか美味いモンでも食って来いと先輩がお金をくれて)あっはいっす・・・お嬢、こんな所じゃなんですし、カフェにでも行きません?(とお誘い)
        -- 2018-11-15 (木) 08:43:57
      • ボクの所にもある程度情報は入ってくるからね。今回の件は…ボクに責任がなかったともいえないしさ?(ばつが悪そうにしつつも、元気そうな姿を見れば、多少気が抜けるもので)
        …えっいいの?仕事中じゃ…(等と言いながらも、誘われれば付いて行くかまえ) -- サイカ 2018-11-15 (木) 08:52:02
      • え?・・・サイカのお嬢も関わってたんすか?コッローディの兄貴が何を計画してたとか『デイライト』の効果とか・・・(むむむっと考えてる)
        まぁまぁこれだって仕事の内っすから大丈夫っすよー(ノリが軽い、連れ立って外に出れば近くのカフェに行き、自分はカフェラテを注文し)
        あんなとこ住んでるからなんとなく察してたっすけど・・・お嬢って結構上の人だったんすねぇ
        -- 2018-11-15 (木) 09:14:02
      • まあ…ハローだって色々と知っていたでしょ?それと同じ程度(実際はコッローディの手助けをしていた立場だが…それは伏せて。そしてカフェにまで移動すれば)
        貸切にはしなくて良いか…アハハ、いや、ボクはただの下っ端…ケーネ、キミとそう変わらないよ(コーヒーの微糖を頼みつつ、日中のカフェには若干似つかわしくない黒スーツの女がケーネに対面して座る)
        それで、お見舞いの品でって訳じゃないんだけど、キミにプレゼントを買ってきたんだ!(そう言って取り出すのは…なにやらブランド物の財布で) -- サイカ 2018-11-15 (木) 09:27:35
      • そうだったんすかー(ふむふむと頷く、何か隠している感じもするが別にそれについてどうこう言う必要はないだろう)
        そんな事する必要もねぇっすよぅ(大げさだなぁと笑って)まじっすか?そんな事言ってー実は幹部だったりするんじゃないっすかー?(へっへっへと)
        んぉ・・?プレゼントっすか・・・?・・おぉっ・・・これは・・(あの○○の○○○じゃないっすかー!とめっちゃ喜ぶ)え、いいんすか?めちゃ高い奴じゃないっすかこれー
        -- 2018-11-15 (木) 09:56:39
      • アハハ…そうだね、ボクも何時かなって見たいねお偉いさんに。そしたらキミを右腕としてスカウトしよう!(冗談めかして言いながら)
        ふふっ…ケーネもウチにきてからもう半年?位経つんじゃない?ボク達はまず身嗜みから、という所もあるし…お給料貰って、財布がボロのままじゃ格好がつかないよ。だから快気祝いも兼ねてね…ところで下品な話しだけど…どれ位貰ってるの、ケーネは?(下賎な笑み…下っ端っぽい顔だ!) -- サイカ 2018-11-15 (木) 10:11:06
      • えぇマジっすか?にひひ、じゃぁちょっと期待しておくっす・・・てかそんなに買ってくれてるとは思わなかったっすよー(こくこく)
        そっすね?・・・あと3ヵ月もすれば一年かもっす・・・・・・っすね・・えへへ・・じゃぁ遠慮なく・・・ありがたく頂きますっす(へへーっと嬉しそうに早速手に取ってまじまじ眺めたり)
        (きょとんと)にへへ・・・恥ずかしい話っすね・・えと・・・(日本円にして20万程度を示す・・・ホントは18万くらいだけど四捨五入すればあってるもん、見栄張ってない!)
        -- 2018-11-15 (木) 10:22:45
      • 右腕はどれだけ沢山あったって良い物じゃない?右手が沢山あれば漫画を読みながらスマフォだって弄れるよ!
        うんうん。やっぱりスーツに財布、あとは靴とペンは、良い物を使わなきゃ…!ふふ、ともあれキミが元気になってよかったよ(そんなケーネの様子を見れば柔らかな笑みを浮かべ)
        えっ20!?それだけで生活できるの!?(がたっ) -- サイカ 2018-11-15 (木) 10:37:20
      • あはは、そりゃぁ楽しそうっす(届けられたカフェオレを頂く、ごく普通の大衆的なお味)
        スーツや靴は揃えて貰いましたっすけど・・・後はペンかぁ・・確かに、ちゃんとした物が欲しくなるっすねぇ・・・それ位は自分で揃えるっすか(自分で稼いだお金でというのはそれだけで嬉しくなるものだ)・・・みんなに心配されちまいました・・・心配かけた分、しっかり務めさせてもらうっすよ
        (きょとんと、ジト目)そりゃできるっすよーまぁ豪遊って訳にはいかねーけど・・・ウチの奴らは大体それ位みたいっす、兄貴だって独身だし今は基本前線に出ないってんで手当てが付かないしで、下手すると先輩たちより少ないらしいっすよ?・・・因みに、サイカのお嬢はどれくらい貰ってるんすか?
        -- 2018-11-15 (木) 10:59:07
      • (続けて運ばれてきたコーヒーに口をつけ、一息ついて)ふふっ、そうすると良い。アレなら誰かと一緒に買いに行くとかね?
        ああ、これから更に忙しくなるだろうし…キミにはボクも期待してるんだ
        えっ…ん、ん〜?そうだね〜…ほ、ほら。ボクってばお父様の娘だから…お小遣い程度で…あっ、それよりも今度、大きな抗…ゴホンっ。お祭りがあるらしいね?ケーネも出るの?(露骨に話を変えるスーツの女) -- サイカ 2018-11-15 (木) 11:13:23
      • いいっすねぇ・・サイカのお嬢的にはどんな物がお勧めなんでしょう?(財布を見ればお勧めされる物がどういうレベルかは推測できるが、それ位は奮発したい所だ、期待されているのであれば猶更)
        (あからさまに動揺し、話題をそらそうとしているのが流体を介さなくても見て取れる・・・ジトーっと見つめた後ぷふっと笑って)いいっすよ、そういう事はわかってるっすから・・・うん、あるっすね・・兄貴は後方で、前線はオレに任せてくれるみたいっす・・成長を見たいって・・・お嬢は?出るんすか?
        -- 2018-11-15 (木) 11:26:14
      • ボクのお勧めはそうだねぇ…やっぱりアウロの88…クラシックとか?(うーんと唸りながらも…あ、でも、女の子だしもう少し可愛げのある奴の方がいいかな?何て考えつつ)
        う…自分から振っておいて、ボクばかり隠す様な感じで…ご、ごめん…(割とギャップを感じている所で…一つの買い物で20位は平気で使ってしまう自分にやや反省をする)
        なるほど、キミが前線かぁ…(まあ、下の者が体を張って切り込むのは理にかなっている。一番危険な立ち位置ともいえるが…ロベルトの采配だ。今回のまつりごとは若い衆の力を見ると言う目的もある故に、間違いは無いかと信頼し)
        ん〜、ボクは…今回はどうかな。怖いし、後ろで見てるだけになりそうかも。…キミは怖くないの? -- サイカ 2018-11-15 (木) 11:55:40
      • カッコいい奴っすねー?オレ好きっすよ?そういうの(うんうんと頷く)あーでも金とかはもうちょっと控えめの方が好みかも…その辺は実際に店に行って決めるのがいいっすねぇ(今度行ってみようと心に決めて)
        気にしなくていいっていってるっすのにー(ぷにっと謝ってるほっぺを突く)じゃー今日ここの支払いはお嬢が持ってくれるって事で!それでチャラっす、いいっすね?(この話はそれでおしまいとばかりにニっと笑ってきっぱり区切る)
        兄貴もいつまでも前に立ってはいられないっすからね・・・早いとこ心配かけなくてもいいようにならねぇとなって・・・まぁ今回はなんかお守り?持たせてくれるって言ってたっすけど(それが何なのかはまだ分からないが)
        ・・・サイカのお嬢が・・怖い?(はてと小首を傾げつつ)・・・・・まぁ、まったく怖くねぇっつったら嘘になるっすけど・・・(心はとても落ち着いている・・この仕事に長くい過ぎたか、『デイライト』の影響か、マヒしてしまったのだろうかと自問自答しながら語る)
        ・・・・オレが怖いのは多分・・今回の仕事で死んじまっても、なんにも残せないからだと思うっす・・・『ゲート』の時は、たとえ死んでもそれを足掛かりに繋がっていくものがあったから怖くなかった・・・でも今回は違う・・兄貴がオレに期待して、賭けてくれたから、死んだらそれを裏切っちまう事になって怖い・・っていうか辛い・・・・・筈なんすけどねぇ・・(へらへら)不思議とやられる気がしないんすわ・・・こんな所で躓いてたら先になんて絶対いけないし・・・何より仲間がいるって・・(うん、それだなと頷く)
        -- 2018-11-15 (木) 12:26:02
      • ん…わかった。(ケーネのさっぱりとした感覚に、ありがたいなと内心思いながら頷いて)
        えっ…何かおかしいかな?!…だって、命のやり取りになるんだよ?幾らハローやロベルト達が後方に控えてると言って…完全に安全とは限らない。寧ろキミ達が一番危険なポジションじゃあないか。命のやり取りは、何時だって怖い。取るのも、取られるのも…(そしてケーネの思いや考えを聞けば)
        な、仲間…かぁ……キミは強いね…(少しだけ羨ましそうにケーネを見て) -- サイカ 2018-11-15 (木) 12:42:03
      • (サイカだって仲間だと思うも)・・・前から思ってたけど、お嬢は・・なんていうかマトモ・・なんすね(なんとなく抱いていた直感に確信を持つ、この街に生まれ育ち、暴力の世界で生き抜いてきた自分たちに当然の様に備わっている精神性が、彼女にはないのだ)
        (そしてそれだけに気になる事があって)・・・お嬢は・・どうしてこの仕事を続けてるんすか?・・・こう言ったら失礼かもっすけど、今の仕事、多分お嬢には向いてないっすよ?
        -- 2018-11-15 (木) 12:56:31
      • そう、かな…普通じゃないかな?怖い事は嫌だし、痛いのは嫌じゃない?悲しい事は少なくしたいし、辛い事はしたくない。
        アハハ…ボクも向いてないって思う。でも…ボクの居場所は此処にしかない。キミだってそうじゃない?
        そして求められる力があると言う事は、それだけ他の人間より沢山背負わなきゃならないんだ。そうする事でボクの居場所も…皆の居場所も守られる。…それに、今更やめるなんて出来ないよ………(今まで奪って来た全ての命が、自身を逃がしてはくれない。これは罰だ。自身が救われて良い…逃げて良い筈が無いと言う強い罪悪感に、更に罪を重ねる事でしか納得ができないのだ。最初の一人を殺した時から、それが我が身に還ってくるまで続く地獄。明けない夜に居を構える殺人者。誰かの命を奪う事しか生きる道を選べない…災禍)
        (そして、少しだけ流れる重圧な空気を振り払う為に)でも…もし辞める事ができたらさ。ボクも引退して釣り人にでもなろうかな?(なんて、明るく) -- サイカ 2018-11-15 (木) 13:38:31
      • (細分化すれば一つ一つは納得できるが・・・何を怖いと思うか、嫌な事にどう立ち向かうか、悲しく辛い事をどう割り切るか・・微妙に違いがあるのだ)
        ・・・オレの居場所はここにしかない・・でも、お嬢はなんか、心が別の所に向いてるっていうか・・別の所に居場所を作りたがってるように感じるんすよ
        (生まれつき力があったケーネでもロベルトによって鼻っ柱を折られた、まず精神と覚悟が芽生え、その後に技術を身に着けた・・・つまり自分がやらずとも代わりはいる状況で、自ら望みつかみ取った今だ・・・でもサイカは違う様で)
        なんてーか・・・息苦しい生き方してんすね?知ったこっちゃねぇって逃げちまえばいいでしょうに・・・(ちょっと人とは違う力を持っていただけ、殺した連中は彼女の足かせにしかなっていない、そんな物どもに一体どんな義理を立てる必要があるというのか・・呆れたようにカフェオレを飲み下す)
        仮に逃げなくても、彼崎さんみたいな仕事だってありだと思うんすけどね・・・(肩をすくめて笑い)その時は遊びに行きやすよ、オレ釣りなんてやった事ねーけど
        -- 2018-11-15 (木) 14:13:09
      • ………(ケーネの言葉は核心を突く。物事の本質を捉えているのか、どれも簡単でわかりやすく、そうなれたら良いな、そうなったら良いなと思わせられる。だからこそこうして目にかけてると言えば否定はしないが…)
        ボクが彼崎兄みたいな?アハハ、そんなきっかり出来たら、今頃ボクは幹部になってるよ(髪を撫で上げれば、眼鏡を指で上げ…神経質そうな顔を物真似してみせて)
        さて、随分長く話し込んじゃった。ボクもこれからまだ行く所があるし、今日は一旦出直させてもらおうかな。…なんだか今日は色々とありがとね、ケーネ。…今度、ボクの引退後を見越して一緒に釣竿でも買いにいこっか?ふふっ…(おどけたように、リールを巻く仕草をして見せれば席を立ち…二人分の会計を済ませれば、カフェを後にするのでした) -- サイカ 2018-11-15 (木) 14:58:53
      • (髪や眼鏡を似せてみせればぷふっと微笑み)例えっすよ、なりたい自分を目指せばいいんす
        そっすか?・・・了解っす!それでは!(ぱたぱたと手を振って見送ると、サイカお嬢と話すといつもこんな雰囲気になっちゃうなと少し残念がるのだった)
        -- 2018-11-15 (木) 17:55:33
  • (ファミリー全員に一括で通知が届く それは近々行われる抗争にかかるメンバー募集の案内であった)
    3月最終週(11月17日 夜9時開始予定) ヤクザ・クランとの大きな抗争を計画中。参加できるファミリーは準備の上、参加表明を行うこと
    (……計画の内容には、敵対組織の極悪非道の犯罪の数々、また貯め込んだ芳醇な裏金が記載されている)
    (正義感でも、昇進欲でも、金銭欲でもいいだろう…幅広い参加を求めているようだ) -- 2018-11-14 (水) 21:37:16
    • わぁおっ!兄貴どうっすかこれ?
      出ない訳にはいかないが・・・こちらも少し忙しい・・・ケーネ・・お前が行ってこい・・・この仕事でお前の成長をみる
      よっしゃ! -- 2018-11-14 (水) 21:42:31
  • 『ケーネの状態が回復したと聞き、銀河はケーネのもとに向かった!』(自分の見たものが確かならきっとケーネも…それを期待していた) -- 銀河 2018-11-14 (水) 09:37:46
    • (文通スイッチON)
      (まだ経過の観察の為、部屋は事務所にある・・・通された部屋の中央にケーネは立っていた、瞑想でもしているのか静かに息を整えている様はとても落ち着き、穏やかな物で)
      (銀河が来れば一転、そちらに顔を向け、にひっと笑う)お嬢っ!お久しぶりっす・・・その・・この間は心配かけさせちまった様で・・・(すまねぇっすとはにかむ、もうすっかり元通りだ)
      -- 2018-11-14 (水) 10:06:49
      • 『ケーネだ!マリア同様、ケーネの状態も問題ないものと知れば銀河は安堵するのだった!』(偽物のゲートであるとか、ケーネの体質であるとかで『ゲート』の効き目が変わっていたのならあるいは…という心配は杞憂だった、まずは喜ぶ…)
        『…ケーネは、これからもロベルトの部下でいるつもりなのか。銀河はケーネの意思を聞く!』(しかし、ロベルトがケーネにしたこと、ゲートの詳細を黙っていたコッローディに関しても悪い印象が拭えぬようで) -- 銀河 2018-11-14 (水) 10:32:49
      • ま、マリア?(ちょっと困惑しつつも自分と同じく『ディライト』の影響を受けたものかと納得する)
        ん?あぁ、もちろんだぜっ…ていうか、兄貴以外の人の下に付く気は…今のところ無いかな?(そう言って頷く瞳には一切の迷いというものはなかった)
        …お嬢は、あんまり兄貴の事、好きじゃないみたいっすね(何かを察知したの様に呟いて)
        -- 2018-11-14 (水) 11:22:31
      • 『マリアは、『ゲート』を服用していたスラムの少女だった!』(銀河が言うには、一定期間服用したあとぱったりとゲートへの依存がなくなり、今は花屋で働いているという。)
        『そう語るケーネには、強要されたり意思に反した行いをさせられている様子はない!』(ロベルトの事を信頼しているのだ、それは自分が言っても変えられることではないと察する)
        『収支に見合い、必要があれば部下を犠牲にしてもよい、そういった考えは銀河には犠牲の肯定に思えた!』(ましてやそれがロベルトを信頼しているケーネならば、猶更…『ゲート』が人の命を奪う類の薬でなかったのは結果論であってケーネに危険があったのは変わりないことだと) -- 銀河 2018-11-14 (水) 11:54:29
      • 兄貴が?…お嬢、それはちっと要約しすぎか…でなきゃ兄貴恒例の説明不足っすねぇ…兄貴はああ見えて結構柔軟だし仲間は大事にする人っすから(そう言ってへらへら笑って)
        収支に見合うなんて事、そもそもそうそうないんすよ、今回はそれだけ兄貴も追い詰められてたんでしょうねえ(うんうんと)
        …お嬢的には、犠牲は絶対NGっすか?(ケーネはそう思っていない様で)
        -- 2018-11-14 (水) 13:29:15
      • 『犠牲は結果である、だが銀河は、犠牲を前提とした行為は承服できない!』(死地に送り出すにしてもそれを望んで送り出すことと、限界まで手を尽くし生存の可能性を探ることは違うと言いたいらしく)
        (身体に変調を起こす薬物を服用して効果を確かめろというのは明らかに後者ではない、犠牲が必要なら銀河のことも犠牲にすればいいと言えばそれは銀河の値段と釣り合わぬと言われた)
        (つまるところケーネは銀河より安いとして、効果を確かめるための使い捨てにする行為に見えたのだと言う、人の価値の優先順位を決めることは家族の繋がりを根底から揺らがせる…銀河にはそう思えていたようで)
        (やや自意識過剰であるが『自分がケーネの代わりになれなかったことを悔やんでいる』という懺悔でもあるのかもしれない) -- 銀河 2018-11-14 (水) 13:47:36
      • (うーんと唸り)…間違えてないっすねぇ…(困ったようにへらへら笑う、筋は通っている、多分ファミリーの中でもロベルトの考えを忌避する者の方が多いだろう)
        まぁ弁解するなら、お嬢が思う以上に、あの時はもう限界ギリギリだったんすよ…行動するのがあれよりちょっと遅かったら、『ゲート』がワルモンだと分かっても打つ手が無くなるくらいには
        あと、他の人がどう思うかは知らねーけど、やっぱりオレもオレとお嬢の価値は等価じゃないと思う
        これは多分オレ達のチームの異端な所だけど…オレ達はファミリーを、皆ほど家族って考えてない…大事に思ってない訳じゃないんだ、むしろ何よりも尊く守るべきものと思っているけど、その関係性は仲間とか主従であって、家族じゃない…そのギャップが、お嬢を混乱させてるんだ…(その辺は悪かったっすと謝る)
        お嬢…お嬢を見てるとなんだか…自分が何をするべきか何かをしたいのに何も出来ない事を悔しがってる…そんな風に感じるんすけど…(彼女の方こそ大丈夫だろうかと心配するように)
        -- 2018-11-14 (水) 15:08:34
      • 『この考えが銀河の我儘かつ欺瞞であるという指摘はロベルトからも受けた、しかし…』(お題目はお題目であって現実とは異なる。という場合もあることは銀河とて分かっている)
        (それはケーネや、ケーネ以外のロベルトの部下、そしてロベルト自身が一番よく解っている、何が悲しいかと言えばその彼らの働きもあってこそのファミリーであること)
        (その自分の犠牲をも厭わない者たちを部下として纏め上げているロベルト自身が「言い訳をしない憎まれ役」を買って出ているようにも思えて、つらい…)
        (こうして処理しきれない感情をケーネにぶつけて整理しようとしている点から言えば、何もできない事に駄々をこねている子供と言われてもしかたのない事をしているのは銀河自身でもあって…)
        『銀河は、ケーネやロベルトたちの役に立つことを何かしたい、そう訴えた!』(癇癪を起した子供をなだめるようなケーネの包容力で感情が整理できたようだ)
        (ケーネ達のために何かできることがないか。これも銀河のエゴであるが、ケーネにそう聞く) -- 銀河 2018-11-14 (水) 15:33:27
      • ・・・(ぽんぽんと、慰める様に銀河を撫でる)お嬢はやさしいっすね・・・(だからこそ自分たちも覚悟を決める事ができる、捨てられるのではないとわかっているから)
        しかし・・・何か役に立つ事っすか・・・なんすかねぇ(一先ず頭を働かせてみる・・・多分自分たちのチームに銀河を受け入れても、状況は改善しない・・自分たちは彼女を神輿として扱い、大した仕事に携わらせないだろうから・・・)
        こういった時、何か言えるとしたら兄貴か・・・彼崎さんか・・・ハローの兄貴くらいなんすけど・・・(少なくとも自分には今どうさせていいのか分からない)
        あと多分・・・兄貴がお嬢に厳しい事を言ったのは・・そういう事を考えられる人になって欲しいって思ったから・・・でしょうっすね・・・(彼の性格的に・・・問い詰め考えさせるなんて事をする時は相手を教育する時くらいだ・・・だがそもそも銀河には向かない考えだったのかもしれない)
        (むむむっと暫く唸ってから)すまねぇっす・・・オレには今銀河のお嬢がどうするべきかわからねぇ・・・でも・・もしお嬢がオレ達の理想と現実のギャップに不満があるなら・・・この組織がどうあるべきかってビジョンがあってそれを守って欲しいのなら・・・学を付けて人の使い方って奴をしって、いつかオレ達のボスになって欲しいっす・・・組織全体のボスまででなくても、彼崎さんとかそういうオレ達に直接指示を出せる立場に・・・ぶっちゃけ、兄貴は上の人には絶対逆らえねぇし(にひひっと笑い)オレはそういうの性に合わないし、そもそも上がれないかもしれないけど・・・お嬢にならそこまで至れると思うっすから
        -- 2018-11-14 (水) 17:24:30
      • (何かできることはないか?そう聞くこと自体自分で考えることを放棄していると言える、今もかえってケーネを困らせているのかも…)
        (こういう所をロベルトに指摘されたと考えれば、自分で考え、自分で決め、自分で皆の役に立つ…それがファミリーのためになる。ということか)
        (考えることは苦手だがそれもやらない理由にはならない、ロベルトはもちろんハローや彼崎も部下を持ち、それぞれの考えのもとファミリーのために働いているのだから)
        『言いたいことがあれば、実力を付ける…当然の話であった!』(子供のわがままのままでは誰も耳を貸さない、それもまたロベルトの指摘からの受け売りだがケーネの話を聞けばそれは当然だと頷き)
        『力をつけ幹部になることはそのままファミリーのためにもなる、銀河はファミリーの幹部を目指すことを決意した!』(もともと無頼の宇宙ヤクザであり、徒党を組むことはなかった銀河だが、目的を得ることで幹部を目指すスタートラインに立つことができた)
        『こうして目的を得た銀河は、ケーネへのお見舞いを手渡し仕事へと向かうのだった!』(ノクロロにもらったスーパー健康ブランという薬品酒をおすそわけし、その場をあとにした…) -- 銀河 2018-11-14 (水) 17:49:38
      • お力になれたのならよかったっす(にひひっと笑い)
        毎日キチンと仕事をこなし、期待に応えていけば自然に上がるべき地位まで上がる・・・そんな事を兄貴も言ってたっす・・・がんばってくださいっす!(びしっと敬礼して見送った)
        -- 2018-11-14 (水) 17:59:46
  • (溶けたチョコレートと果物とパンが載った机と一緒に歩いてくる)……あ……おひとついかがですか?(それは、チョコフォンデュをすすめている様子) -- ノクロロ 2018-11-14 (水) 01:35:18
    • んぁ・・・チョコフォンデュの配給か?(ぱたぱた駆け寄ってまじまじながめ)
      なぁなぁ?一つじゃねぇとダメなの?ちなみに何がお勧めなんだ?(ちょっとわくわくした様子で訪ねる)
      -- 2018-11-14 (水) 08:55:39
      • バレンタイン行事を続行しておりまして……(3月になっても)いえいえ……一つと言わず、たくさん食べてもらってもいいですよ……あはは
        そうですね……ここまで配ってきての反応を見ますに、バナナとイチゴあたりは安定の美味しさだとか -- ノクロロ 2018-11-14 (水) 22:27:30
      • マジかーいや良いんじゃねっすか?面白いし(うんうんと頷き)
        やった!・・ふむふむ・・・チョコバナナってあるもんな・・やっぱりド定番か・・・いただきまーす(ではではと早速バナナを一口)おぉ・・・んまい・・・(にへー)これまでの反応を〜って事はノクロロの姉貴は食ってねぇんすか?(苺を取ってもぐもぐ)おぉ・・・っ
        -- 2018-11-14 (水) 22:31:02
      • 時期的なものはとりあえず、見ない振りしようかと……
        いえ……何度かお勧めされまして、いただいてきましたが……私の味覚よりも、都会の味に慣れている方々の反応の方が、参考になるかと……
        私の好みで言えば……パン、ですね…… -- ノクロロ 2018-11-14 (水) 23:03:27
      • ふーん・・まぁ確かに無難な判断っすけど・・・(どれどれとパンを取ってつけて食べてみる)うんっやっぱりこれもいけるっすっチョコのパンとかあるからひょっとしたらって思ってたんすよ(もぐもぐにこにこ)
        ノクロロの姉貴もあんまり謙遜しなくても、自信もっていいと思うっすよ?(美味い美味いとこくこく、また一つ取って漬けると「あーん」と差し出してみたり)
        -- 2018-11-14 (水) 23:25:15
      • 特に、冷えてチョコレートがパリッとした時が好きですね……パンはふわっとしたものをおすすめで……えへへ。意外といけますでしょう?(ゆるくて締まりのない笑顔を見せて)
        ……よく言われますが、謙遜……している気はないのですよね……うぅ。あ、ありがとうございます(あーんの文化に疎い彼女は、それに気づかず普通に串を受け取って食べてしまった) -- ノクロロ 2018-11-14 (水) 23:44:02
      • あーわかるかもっす・・・食感がいいと嬉しくなるんすよねぇ(一緒になってにへにへ笑って)
        そうなんすか?てっきりそう思ったんすけどー早とちりならいいんすよ(こくこく、普通に受け取って食べられるときょとんとするけど、まぁそこはただの悪ふざけなので気にせずもぐもぐ)んふふ・・・次は何にするっすかねー?(別の果物でも食べてこれもあり、あれはちょっとかなぁと楽しむ)普通に受け取るのもいいけど、こういうのって楽しいし、ノクロロの姉貴良いアイデアっすねー
        -- 2018-11-15 (木) 00:11:14
      • えへへ……チョコレートを使ったお菓子の製作は荷が重くて、これならチョコを溶かしておくだけで良いので簡単ですから……
        色々浸けたり……試したりする楽しみは、想定外の良い効果です……マシュマロも美味しいそうですよ。いかにもお菓子って風になりますね
        (一通り食べてもらって満足した様子を見ると、自分も仕事をやり切った顔で一礼し、他の場所も回るからと机と共に去っていった) -- ノクロロ 2018-11-15 (木) 01:01:10
      • なるほど・・・作る楽しみってのはあるもんなー・・・お?まじか(もぐもぐうんまー!)
        おぉっとそうだった・・・食いすぎてなくなっちまったら大変っした(にへへっと笑って)お疲れ様っす!!(ぺこりーと見送った)
        -- 2018-11-15 (木) 01:03:11
  • (深く息を吸い・・・吐く・・・なんだか凄くすっきりした気分だ)・・・
    (今までずっと見えていた・・・いや、今もありありと感じる事ができるあの美しい者・・・偉大なるもの・・・それに愛され、認められ、確固たる自己を確立した・・・そう、自分は自立したのだ・・そんな気がする)
    ・・・クソ親父の事はまだ許してねぇけど・・・でも、もし親父が生きてて・・母さんも生きていて・・・二人にちゃんと愛されて独り立ちできたら・・・今みたいな気分なのかな・・・変な気分だよホント
    (感傷に浸るのは今だけ、ぺちりと頬を叩くとニヤっと笑って)よっしゃぁ!

    ケーネが『ゲート』の影響から復帰しました -- 2018-11-14 (水) 00:03:06
  • (のどかな公園の噴水近くのベンチに厚着をして着ぶくれたエルフが一人、群れを成して行き交う鳩を眺めていた)
    (あまりにも穏やかな時の流れと、日なたの陽気に半分うつらうつらとしながらロベルトの到着を待つ 彼は時間通りに現れるだろうか?) -- ハイジア 2018-11-13 (火) 21:20:46
    • (どういう約束を取り付けたにせよ、この男は約束の10分前には姿を表す)
      お待たせしました、ハイジア先生
      -- 2018-11-13 (火) 21:42:04
      • いや、こちらも今来たばかりだ(お約束の台詞で返し、あわただしく飛び立つ鳩たちを目で追う)コッローディからの頼まれごとだ 預かっているものがある -- ハイジア 2018-11-13 (火) 22:04:16
      • ・・・(今来たって事は結構寝つきいいんだなとか思いつつ)コッローディから?・・・なんでしょう(歩み寄って) -- 2018-11-13 (火) 22:12:36
      • お前が必要としていると言っていた(診断書と血液の検査結果を収めた茶封筒を渡す)あいつはただの人間だ 少なくとも、私が診た時点まではな
        その事実を証明する傍証を揃えた 疑問を差し挟む余地はない、と考えているが……お前の抱いた疑義についても聞いておこうか -- ハイジア 2018-11-13 (火) 22:23:37
      • ・・・(診断書を開く、先生の言葉を裏付ける様な診断結果だ)
        ・・・俺は信じるといった筈だったんだがな・・・(ぽつり呟き、この診断書を自分に渡した意味について考える)・・・おそらく奴は、「『ゲート』の影響で人間が人間のままでいられるのか」という事と・・・「コッローディは「奴ら」のスパイではない」事を証明したいのでしょうな
        (後者に関しては操られている可能性もあるので定かではないが『ゲート』もとい『デイライト』を配布している時点でその線は薄い・・・ただ前者が証明されたことで本格的にケーネの心配はなくなった・・・と考えていいのかもしれない)
        -- 2018-11-13 (火) 22:39:55
      • だからこそだろう 信に報いる方法はひとつじゃないさ だが同時に、彼は一線を引いてもいる おのれの務めと考えたことに、どこまで余人が立ち入ることを許すのか……
        私には、まだあの男が腹を決めかねている様にも見える 私たちに助けを求めてもいいものか、とな(散歩する老夫婦を遠く眺めて)ロベルト、お前はどうしたい? -- ハイジア 2018-11-13 (火) 22:50:14
      • なるほど・・・(これがあの男なりのケジメなのだと思えば得心が行く)
        この先奴自身がどうあるか、それは奴が決める事です・・・(公園を、そこで憩う人々を見渡す・・・自分の仕事はこの町を守り、ボスに貢献する事・・・奴がこの先何を選択してもそれは変わらない)
        (コッローディの事を調べ上げ、和解し、信じた上でその選択を尊重する構えだ)
        (だからコッローディについてどうしてやりたいと思う事は特にない・・・敵対し、指令が下れば斬るし協力するのならこの先も仲間だ、去るのであれば追わない、奴には奴の目的がある・・・この構えはコッローディに限らない、誰であってもそうだ・・・ただ、あぁいう義理堅い男は嫌いじゃぁない)思うようにあって欲しい・・そう思いますが・・・
        (と、此処で「あ」っと思い出したように)・・・『ゲート』の偽物・・・あれだけは一区切りつけてからにして欲しい所があるな・・・(西の組織の件は自分が突っついた部分もあるが、あれに関しては間違いなく奴が呼び込んだ厄介だ)
        -- 2018-11-13 (火) 23:44:20
      • (長考に続く独白を黙って聞いた こちらの沈黙にロベルトが視線を向けるのを待ち、歯を見せて笑った)そうか、お前がそこまで考えたなら……私から言うべきことは何もないな
        安心したよ ロベルト、お前は惚れっぽいところがあるからな……しかも決まって男に惚れる(ボール遊びをする子供たちを見つめて)あれはいい男だものな
        ふたつ目の用事も済ませておこうか(フィルムとリボンでラッピングしたチョコマフィンをふたつ渡す)ひとつはケーネ用だ あいつに黙ってこっそり食べるんじゃないぞ
        偽物の件、じきにどこかの阿呆が尻尾を出すだろう 惚れた弱味だ、その時は彼を助けてやるといい 用件は以上だ(またどこかで、とベンチを立って去っていく と同時に公園にいた老若男女あらゆる市民が警護担当者の顔に戻り、ぞろぞろと撤収していった) -- ハイジア 2018-11-14 (水) 00:09:36
      • ・・・(何を言う気だったんだろう?というかこの人はどうしたいんだろうとちょっと気になった)
        えぇ・・・(逆だ、惚れたからこそその意思を尊重する・・・そして言われて気づく、自分はあの男と良き友でありたいと思っているのだ)
        ・・・?・・(ラッピングされたマフィンを受け取って)バレンタイン・・ありがとうございます・・・・・・(駄目?と見返し)そう思うのなら直接渡してやって欲しいですな・・・
        だといいですな・・・(自分たちが規制した事でこの街は麻薬に飢えていた・・・そこに公認のゲートが来れば、こうなる事は必然といえた・・・これはある意味、自分たちの業との闘いになるかもしれない・・・見送りながらそんな事を考えた)・・・・・・寂しくなったな・・・(人の途絶えた公園でぽつりと呟く)
        -- 2018-11-14 (水) 00:24:53
  • ちゃおーおじさま。こないだはどーも。おかげさまで上手くいったよ。お車のチョイスだけはー、ちょっとおもしろかったケド。(くすくすと笑って)
    借りができちゃったねー。そのうち何かで返さなきゃだ。 -- ラリィ 2018-11-12 (月) 21:44:45
    • ・・・?・・別に普通の車だと思ったが(黒塗りのワンボックス、スモーク&ガラの悪いにーちゃん付き)
      俺たちにとって必要な事だった・・・だから人と金を掛けた、それだけだ・・・結局、何かわかった事はあるのか?
      -- 2018-11-13 (火) 00:54:52
      • ここでクエスチョン。アカデミーの研究所ってどーゆーところでしょー? 答えはカタギの住むところ。世間ではねー、それはコワーイくるま!
        目立たない必要があるときはー、今度から気をつけてねー?(にこっと笑って)
        おかげさまで、ゲートの主成分の正体がつかめたよ。答え合わせしたらバッチリ合ってた。製造法も教えてくれたけどー、あれはマネできないね。(かくかくしかじかと手短に報告して)
        だいたいこんな感じかな。副作用だけまだ調査中。おじさんのほうはどーう?何か進展あった? -- ラリィ 2018-11-13 (火) 21:18:41
      • (「ここでクエスチョン」こくり、「どーゆーところでしょー?」・・・?、「カタギの住むところ」こくこく、「それはコワーイくるま!」・・・?)
        そうか・・・難しいな・・(逃走用というからにはそれなりに広くて中が見えず、戦力を納めた方がいいと思っていた)
        答え合わせ・・・(コッローディに聴いたかと察し)・・・そんなに難しいのか・・・?よく開発できたものだ・・・
        ・・・あるにはあった・・・が、約束があってな・・言えない事も多い・・・とりあえずケーネは正気を取り戻しつつある・・・近々復帰する事だろう・・・西から仲間も戻った、彼崎サンにも報告したが・・結論から言うとコッローディとは敵対しなくていい・・・それより西から何かしらの脅威が来る可能性が高い・・・警戒しておけ
        -- 2018-11-13 (火) 21:39:58
      • ケーネちんは上限到達しそうなんだね。よかったよかった。結構かかったねー。
        (敵対しなくていい、との言葉に)オクスリの性質からしてそんな感じかなって思ってたけどやっぱり?
        脅威ってなんだろ?アタシのアタマなみにふわふわだ。ちょっといいすぎ?(くすりと笑って)なんにせよアタシは薬屋だからー、自分の仕事をするだけだけど。荒事チームは大変そうだね? -- ラリィ 2018-11-13 (火) 21:57:20
      • (こくりと頷く・・・色々あったが何とかなった)
        あぁ・・・まだ不明瞭な部分が多いが・・・どうも悪魔とかそういう類のようだ・・・(ラリィが狙われる可能性は今の所低いが・・・なんにせよお互い自分の仕事を果たす事が大事だろう)お前の所まで被害が出ないように努力するが・・・何かあったら言え
        -- 2018-11-13 (火) 22:10:52
      • 玄関に十字架でも提げとこーかな。最近聖水の分析とか趣味でやってみてたりしてー、はからずも備えは……どーかな、ちょっとしたユーレイを昇天させるのが精いっぱいかも。
        でもまあ逃げるのはけっこう得意だし、何かあったら頼りにさせてもらっちゃおーかな。
        ……ああそうだ、忘れるとこだった。これお礼。借り一つぶんには全然足りないけど、日頃の気持ちも込めて、はっぴーバレンタイン。(カラフルなウィスキーボンボンをお渡しする) -- ラリィ 2018-11-13 (火) 22:16:24
      • 接近に気づけさえできれば、逃げる時間稼ぎにはなるだろう(何もせず紛れるという手もあるが・・・どちらが良いかは判断がつかない)
        ・・・?・・(受け取る)バレンタイン・・・(そういえばそんな行事もあったなという風にまじまじ眺め)・・・ありがとう、大事に頂こう(相変わらず冷たい表情のままお礼を言う)
        -- 2018-11-13 (火) 22:28:28
      • うらわかい淑女からバレンタインにチョコもらってるんだよー?もうちょっとうれしそーにしなさいな。
        まーそーゆーところもおじさまらしーけどね。(くすくす笑って)それじゃーご用事も済んだし、アタシはオシゴト。
        またねーおじさま!アクマなんかやっつけちゃって!(ぱたぱた手を振りつつ帰っていきました) -- ラリィ 2018-11-13 (火) 22:43:48
      • ・・・嬉しいのだが・・(難しいなと呟く)
        あぁ、任せておけ(見送るとウィスキーボンボンをパクリと食べる、仕事中にアルコールは摂らない男にしては珍しい行動だった)うん・・
        -- 2018-11-13 (火) 22:59:02
  • ねえねえパパ!わたしから日ごろの感謝をこめてこれ、食べよっ(言い終えると口にポッキーを咥えて先端を差し出す、つまりそういうことらしい) -- ピーナッツバター 2018-11-12 (月) 21:38:17
    • (ベンチに腰掛けぼへーっと虚空を見つめていたが)おっピーナッツバターじゃん?おいおいポッキーゲームかぁ?どこで覚えたぁそんなの?
      (ラリったまま抱え上げると膝の上に乗せてぽりぽりぽりっと遠慮なく食べるぞ、ただ荒いからすぐ折れる)ありゃ?・・・結構むずいなこれ・・・
      -- 2018-11-13 (火) 00:47:09
  • ハーイ はろはろー? ばっちり? 決まってる? (目の前で手をヒラヒラ) -- ガアラ 2018-11-11 (日) 20:55:57
    • んぉ?(ぼへっとしていたがガアラに気づいて)お、おー?決まってる決まってる・・・いや、最近はなんだかちょっと落ち着いて来たかも
      なんかもう・・・こういう綺麗なモンに見守っててもらえるんなら、もっとこう、色々大事にしてかねぇとなぁって思ってきたっていうか(ふへっへっへと笑ってる)
      -- 2018-11-11 (日) 20:59:31
      • オウ綺麗とは キラキラ系? チカチカ系です? それともビカビカ?
        (なんとなくケーネの頭をよしよし しながら逆手をすっと目の前に差し出し)おテー -- ガアラ 2018-11-11 (日) 21:06:06
      • へへへ・・キラキラ・・・かなぁ・・ガアラには見えねぇのか?・・・ほらあの辺だよ・・こう神々しくて暖かっていうかさぁ(指さす方向にはジャングルジムしかない)
        ん・・おー?ありがとなぁ(にへにへ微笑み・・・差し出された手にぽんと手を乗せて嬉しそうにしてる)おてー
        -- 2018-11-11 (日) 21:10:29
      • んー キラキラなら大丈夫な方 です? (お〜よしよしよしと両手で)
        従順度も爆上がりなのデス 可愛いかわイイ ドーです? 可愛ガラれてます? -- ガアラ 2018-11-11 (日) 21:15:50
      • ダメな方とかあんのかー?・・んぉぉ?(両手でわしわし撫でられてびっくり)ふっふふふっなんだよ急に
        どーだろなぁ・・・そうでもないかもなぁ・・・皆つかってみりゃぁこれが良いモンだってわかるんだけどなぁ(ふぇっへっへと肩を揺らして)
        -- 2018-11-11 (日) 21:22:05
      • えー チカチカとかビカビカだとホラ 眼に悪そうデスよ
        (話ながらわしわし続行しつつ)ソレは残念 ねー 可愛いのに ネ
        オー ヒトにオススメしたいほど良イのです? -- ガアラ 2018-11-11 (日) 21:33:19
      • あー・・・それはあるかもだなぁ(けっけっけと笑い)
        んぉー・・・かわいい・・かわいいかなぁ・・・へへへ・・・嬉しいもんだなぁ・・・いいぜぇ・・・コッローディの兄貴に頼めば、ガアラも使えるかもなー(罠だ!アブナイお誘い!)
        -- 2018-11-11 (日) 21:41:09
      • モシや 従順系はお嫌イな方なんデスかね もったいナイ ですネ
        うんうん これは大変 ねズミ算式ネー
        ア ダイジョーブ です 既に叔父キさん本人にもオススメをされたのデス -- ガアラ 2018-11-11 (日) 21:49:36
      • どうだろなぁ・・・そういうのって結構好かれそうなもんだけどなぁーなんでだろうなぁ(にへにへだらだらと怪しげな笑み)
        みーんなこれやれば世界は平和になるって思うんだ、いやいやマジでマジで(うんうんと)お?じゃぁやったの?(つんつんくりくりと手持ち無沙汰げにガラガラのハンドルを弄ったり)
        -- 2018-11-11 (日) 22:01:24
      • エー ワタシ的には世界はダイブ平和な方 ナンダけどねー まだ死んでナイもんなー
        アーッ (がらがらしゅぽーん)ミ
        突然は ヤメてくだサーイ (つ 公園の遊具の一部(どこかの取っ手)) -- ガアラ 2018-11-11 (日) 22:11:06
      • お?そっかぁガアラにはそう感じるかぁ・・・言われてみればそうなのかもなぁ(らりぱっぱなままホンワカだらけて)
        (取っ手を手にしてくるくる回して)ひぇっひぇっひぇ・・・ごめんごめん、回すつもりなかったんだー?・・・回されるってどんな感じなんだー?
        -- 2018-11-11 (日) 22:21:39
      • 世界イズ私 私イズ世界 なのデス つまり死ぬまで平和理論デースね(HAHA)
        そーデスねー 回ってる時はー お仕事超頑張ってるナー感+趣味に没頭してる感もアリ 何かしらも結構ドバドバ なのでは? と思うクライデス ね -- ガアラ 2018-11-11 (日) 22:29:12
      • はっはっはっいいなぁそれ・・・死んだときは平和じゃぁなくなっちまうなぁ(えへへーっと)
        ドバドバなのかー結構楽しそうだな?うらうら、いいだろー?またまわさせてくれよ〜(手をワキワキさせて近づく)
        -- 2018-11-11 (日) 22:43:52
      • ・・・ サーて 一可愛い可愛いと一回しもした事デスし そろソろり?
        お邪魔デーした ガラガラは一人一日一回までー 用法容量厳守厳守(ぴゅー) -- ガアラ 2018-11-11 (日) 22:47:41
      • あっまてっ(ふにゃふにゃなのでベンチの前にずべりと転んで見逃すことになった) -- 2018-11-11 (日) 22:53:02
  • ・・・綺麗だなぁ・・・(公園のベンチに座りながら虚空を見ている・・酷く安心しきった穏やかな表情で見事にラリってる) -- 2018-11-11 (日) 20:11:52
  • (事務所の扉をノックした後一人の男が現れる…そこには売人として名を通している者が居た)
    (会釈をしてから上を見て)失礼ですがケーネさんに少し時間を頂きたいのですが宜しいでしょうか
    出来ればロベルトさんの立会の元で…ああ何か問題を起こすという訳ではありませんからご安心を
    ただ少し…手の内を明かそうかと(秘密主義の男が珍しくそんな事を言うと共に懐から小さな壷を取り出す)
    (…壷からは酷く邪悪な気配だ) -- コッローディ 2018-11-10 (土) 19:08:40
    • ケーネに?(ふむっと上の階を見る)・・・いいだろう(最早効果を見る意味は薄いが、途中でやめる方がリスクが高い・・・薬の投与は続けていた。現状、コッローディに経過を診てもらうのは最も効果的といえた)
      ・・・手の内・・・・・まぁいい・・こっちだ(奇妙な壺に怪訝そうに眉を顰めつつ上階に案内する)ケーネにはもう話してある・・・貧乏くじだと怒るかと思ったが・・・現状、『ゲート』にはかなり好意的だ

      んぁー?・・・きてる・・・だれだー?(ソファに身を預け、ぼへーっとしつつも鋭敏に周囲の状況を感じ取っている・・・その様は傍から見れば幻覚でも見ているんじゃないかと思わせる物があった・・実際見ているのかもしれない)
      あぁーあにきにー・・・コッローディの兄貴もじゃないっすかー・・・ふへへーこれいいっすよー?

      (入室前から掛けられた声に入室しながら答える)トリップ中だったか・・・お前を診てくれるそうだ・・・大人しくしろよ? -- 2018-11-10 (土) 19:24:25
      • 失礼します(ロベルトの後から入室すればケーネの前に立つ)
        これを見て下さいますかケーネさん(そう言うと男は人差し指を立ててケーネの前に出す…高ぶった感覚を、集中力を注がせる為の仕草)
        ロベルトさんからすれば何らかの幻覚が見えているようにお思いでしょう?しかし彼女が見ているモノは実在していますよ
        シャーマンの言葉を借りれば精霊の類…時折大気の魔力が重なり偶然生まれた思考する透明の霧、または別次元からの影…
        そういった物が見えています、害は無いので安心して下さい…あれが見えますか?
        (ケーネにロベルトにとっては何も無い空間を指差す、ケーネには金色の霧の様な荘厳で美しい何かが見えているかも知れない) -- コッローディ 2018-11-10 (土) 19:37:06
      • んぁー?(視覚、聴覚とは別の感覚でコッローディを見ようとしたが・・・彼女自身がまだ未熟なためか薬のせいか、すんなり指示に従って)
        実在・・・?精霊・・・(辺りに目を向ける・・・普通の漿穢法師にはそういう感覚は身についていない)
        ぁー・・ふへへ・・・みえるぜー?・・・やっぱりコッローディの兄貴もわかってたんだなぁ・・・(同類を見つけたと喜ぶように微笑んで)
        -- 2018-11-10 (土) 19:50:37
      • (ケーネの言葉に頷いてみせる…それはつまりこの男もまた『ゲート』、いや『デイライト』を使用した過去があるという事だ)
        あれが見えている辺りケーネさんの許容量はかなり高いですね、常人よりも段階の進みが遅い辺りでもしやとも思いましたが
        ただアレが見えた以上第三段階に入りかけている…そろそろこの状態のまま普段の判断力を取り戻せますよ
        (ロベルトからすればこの幸せ過ぎる状態で大丈夫なのか?という疑問はあるだろうが)
        さてそれでは…すみませんがケーネさんから血を一滴貰っても?
        私が吸血鬼だとかいう訳ではありませんよ…ロベルトさんに少し見せたい物があります -- コッローディ 2018-11-10 (土) 20:01:27
      • ・・・?(第三段階・・?・・・普段からこの状態に?・・・それは正気と呼べるのか?・・・こればかりは体感しないと分からないのだろう)
        まじかー・・・でもこれ好きなんだよなー(えへーっとわらってる)
        あぁ・・・(ケーネは今修行中だし・・・特にこの状態ではまともな流体操作は不可能だろう・・・血は問題なく採取できるはずだ・・・)
        (ケーネのバタフライナイフを手にするとコッローディに渡す、ついでにそのまま横で何が起きるのかよく見ておく事にする)
        -- 2018-11-10 (土) 20:09:28
      • では失礼します…その前にこれの説明を(そう言うと先程持っていた壷を取り出して)
        (封を取り外してロベルトに中身を見せる…脈動し続けるグロテスクな塊、だが少なくとも人体にこの様な臓器は無い)
        これは悪魔の心臓です…比喩抜きで悪魔ですよ
        高度な魔術に必要なエッセンスですので高級な魔術店などで購入出来ますが…
        これは何らかの衝撃か浄化を与えないかぎり半ば不死の如く脈動し続けます
        (そこまで言えば男の目的は半ば察せられるかも知れない…男は壷の上にケーネの手を持ってくる)
        (受け取ったバタフライナイフで指先をほんの少し傷つけてその血を壷の中に落とせば…)
        (壷が一瞬一際大きくブルリと震えた後瘴気も邪悪な気配も完全に消滅していた)
        (そして男は壷をロベルトに再び見せる…もうそこには何も無い) -- コッローディ 2018-11-10 (土) 20:31:48
      • 悪魔の・・・?(珍妙なと怪訝そうな目を向ける)
        (血に触れた心臓が消滅するのを見れば)うわもっろーっ!(けらけら笑う、そんなわけない)
        浄化か・・・(流体にこのような作用は本来ないから)・・・『ゲート』・・『デイライト』の力・・?・・・いや、精霊とやらが見えたから・・・か?
        -- 2018-11-10 (土) 20:41:45
      • (先程ナイフで切ったケーネの指を男が触れればジュッという音と共に傷が消える…治癒魔術の類だ)
        ええ『デイライト』の齎す効果です、こうした存在や吸血鬼などに対して極めて効果的な劇毒となる
        カタリナならばそれを解明する事も可能だったのでしょうが…我々では解明には至っていません
        これは完全に想定外の副作用のようなものです…何かを害する物をカタリナが作り出す筈が無い
        そしてこの副作用が私の望みを叶えるものなのです(パチン、とバタフライナイフを戻せば返して)
        (これは以前秘密にしてくれと頼んだ礼なのだろう、男は自身が持つ最も重要な手札をロベルトにだけ見せたのだ)
        …この事はこの町の誰にも知られるつもりはありませんでした、ボス以外にはね -- コッローディ 2018-11-10 (土) 20:53:25
      • っへっへっへー・・(元に戻るにはまだ少しかかりそうだ)
        なるほど・・・(これならば確かに不都合に思う輩が出てきてもおかしくはない)
        (『デイライト』によって、血液は悪魔にとっての劇薬となる・・・そしてコッローディの目的は金ではなくこの薬の蔓延で、たとえ親友の望まぬ成果であったとしても利用したくなる程の目的であり・・・そして悪魔の如きザンネ ネル ウンブラとくれば)・・・この街以外にも撒いているな?(なるほど確かにこれは復讐になりうる)
        (こんな事を聞かれる事などないと思うが・・・協力すると約束した、知られたくないと望むのであればそれに準じよう)分かった・・俺も黙っていよう(こくりと頷く)
        (しかしそうなるとボスの目的は何だろうか?麻薬常習者の更生・・・と考えていたが・・・なんにせよ必要であれば命令が下るだろう、自分はそれを果たすだけだ)
        ・・・この効果・・・昨今出回っているらしい偽物や混ぜ物には・・・ないだろうな(そちらはまだまったく手を付けていないが、ある方が驚きだ)
        -- 2018-11-10 (土) 21:16:43
      • ええ、たっぷりと…何も知らぬままに口にすれば大量の灰が出来上がる程度には
        初めに居なくなるのはいつの時代も陽の下に居ない貧民達です…そして陽の下に奴等は出てこない
        それに報われない者達こそ陽の暖かさを知り真っ当に生きる道を見せなければ
        (最後に漏らした言葉はかつて何処かの誰かが語った事か…もしくは時折この男が見せる作法から由来するのか)
        ええ、効果を似せただけの別の薬物でしょう。対処はハローさんがしてくれるそうですが…
        私も順次対策はしていくつもりです(そう告げれば立ち上がり軽く頭を下げる)
        では…ケーネさんもあまり希薄な彼等ばかりに目を向けませんよう、世は楽しい事ばかりですよ
        (そう言うと男は去っていった) -- コッローディ 2018-11-10 (土) 21:31:13
      • 陽の光を余さず注ぐ・・・か(コッローディの言葉を聞けば、ボスがこの男と組んだ理由も得心が行く)
        ハローか・・・優秀な男だ・・アイツに任せておけば間違いはない(本人の前では絶対に言わぬであろうセリフだ)
        (であれば自分は自分の仕事に集中する・・・それでも)必要であればいつでも呼んでくれていい・・俺も少し調べてみよう
        へっへー・・でーじょうぶだってー
        (ぱたぱた手を振るケーネと共に男を見送った)・・・
        -- 2018-11-10 (土) 21:48:16
  • (噂は真実なのか、ケーネがヤクを…それも件の『ゲート』をロベルトの命令で使ったというにわかに信じられぬ話)
    (それを確かめるためにケーネを訪ねて事務所に向かう) -- 銀河 2018-11-08 (木) 23:19:43
    • お嬢・・・(銀河を迎えるが、ケーネに会おうとすれば)・・・ケーネには会わせられません(きっぱりと断られる) -- 2018-11-08 (木) 23:35:36
      • 『その言葉は、噂を肯定するという意味に取れた!』(ウソだと言ってくれとロベルトに食って掛かる、信頼できる者だと思っていたロベルトがケーネを犠牲にしているなどと)
        『サンプルが必要なら、銀河にもその用意があった!』(どの道その苦しみを知らなければ中毒患者を救うなどと言うのは自己満足であると感じられた、同じ苦しみを知らぬ者にその資格はないとある少女との一件でそう考えていたのだ) -- 銀河 2018-11-08 (木) 23:48:01
      • サンプルになって・・・どうなさるんで?(挑発・・・がない訳ではないがどちらかというと相手を計るような言い方だ)
        お嬢に流れる血の半分によって、この星の者と違う結果を導きだすかもしれない・・・それが『ゲート』の危険性の検証にどう繋がるんですかい?
        お嬢はどんな仕事についていやすか?・・・検証の間仕事はどうなさるんで?・・・まさか薬をキメたまま客商売をするとは言いますまい?
        ・・・ケーネと・・否、俺らとお嬢じゃ立場も違う・・・なんかあった時に騒ぎ出す規模も違う・・・コッローディが排除される事は変わらんでしょうが、責任を取らされる人間は奴一人じゃぁ済まないでしょうな・・・死んだ後に備えて、それらを諫める為に誰にどう動いてもらうか検討せねばなりやせんが・・・プランはあるんです?
        お嬢・・・どんな行動も、目的に沿っている事が大事なんです・・・貴女にはどんな目的があるんです?
        -- 2018-11-09 (金) 00:29:36
      • 『欺瞞である!問題の本質は違う!本末転倒だと銀河は訴える!』(小賢しい質問攻めに一言『欺瞞』と吐き捨てる、目的のためにヤクを使って部下を潰すことのどこに意義があるのか)
        (意義があると言うのならサンプルは多いほうが良い、自分のことも使えばいいという捨て鉢とも言える…理屈に対して感情でぶつかる構え)
        『それは犠牲の肯定と言えた!理由があれば何をしてもよいとは言えない!』(ヤクどうこう以前に、ファミリーを切り捨てるようなマネをして続けるようなファミリーなら自分が死のうが生きようが遠くない未来に滅びるのだと)
        (ケーネに合わせる気がないのならば用はない、事務所のドアを乱暴に開けて出ていく…オヤジ公認のヤク、その売人、ヤク漬けにされたファミリー…銀河のファミリーへの信頼は揺らぎはじめていた) -- 銀河 2018-11-09 (金) 00:47:42
      • 欺瞞はどっちですかい・・・ご自分を犠牲にする理由を、俺らに求めんで欲しいですな(飽きれた様に息を吐く、この男にしては珍しい苛立った態度だ)
        (誰が好き好んで仲間を犠牲になどするというのか?コッローディの件がなければこんな事をする必要などなかったのだ・・・あとは誰を犠牲にするのが一番被害を少なくするかで、その勘定に銀河は高すぎる・・・サンプルが多い方がいいなど馬鹿げた話だ)
        ・・・(出ていくのを見送る)熱意だけじゃぁ誰も動きませんよ、お嬢・・・
        -- 2018-11-09 (金) 01:20:23
  • (ロベルトの部下が西方で手に入れたという情報の共有のためロベルトがいるビルに足を進める。…貴重な情報だ、それを聞くはずのハローの表情はしかし穏やかではない)
    (ハローも部下に情報収集を任せている。その中で、聞いてはいけないホラ話が耳に入った。在り得ない。手前ェそんな嘘情報掴まされてるんじゃねェですよ。一笑に付したその内容)
    (ロベルトが、部下に『ゲート』を使わせて効能を試している…などと、そんな話は。ありえないはずなんだ。)…旦那ァー。おりますかァー(最近見ないケーネのことは努めて考えず。事務所の扉をノックした) -- ハロー 2018-11-08 (木) 19:11:39
    • ご苦労、報告書を纏める・・・後でまた聞く事もあるだろう、待機しておけ(ハローが事務所に通された時、折よく西方から無事に帰還した三人の部下が退室した所であった)
      ・・・ハローか・・どうかしたか?(書類をファイルに納め、キャビネットにしまう)
      -- 2018-11-08 (木) 20:41:59
      • …お疲れ様ッス。(当然退室する部下の顔にも見覚えがあり、気さくに挨拶を交わす。……なんで、ケーネはいないんだ?やめろ考えるな偶々だ)いいえェ。ちょっと情報交換とでも思いましてねェ。
        …あ。(そうだ。早めに聞かれそうなことには応えておこう)今はもうやってませんよ、「ドブさらい」は。やっても意味がないってわかったし、少し相手に対する疑念も持ち始めたんで、まずはそっちかな、と。上に目ェ付けられてもつまらないッスからねー。
        …で、どうだったんです?西のほうの成果は。(どこまで情報を掴んでいるのか?お互いが、お互いにそう思うだろう。だがこの二人は仲間だ…少なくとも敵ではない) -- ハロー 2018-11-08 (木) 20:46:36
      • ・・・そうなのか?・・・ならいいが・・・あまり熱くなるな(自分が考えていた以上にしっかりとブレーキはかかっているのだろう)
        (西方の成果を聞かれれば)最低限の仕事はしてくれた・・分かった事は多い・・・が、新たな謎に対して調べ切れていない・・・色々と理由を付けていたが・・まぁ要するにビビったんだろうな(まぁいいさと深く息を吐く)
        纏めたら彼崎サンの所にいく・・・必要であればお前の所にも話が行くだろう
        -- 2018-11-08 (木) 20:57:37
      • 先々週くらいまではだいぶ熱くなっちまってましたけどねェ。色んな子たちに冷まされました。良い部下を持ちましたよ俺は。…日々が楽しくないと損ですからねェ。(肩を竦めて)
        新たな謎かァー、実際俺も後で行こうと思ってたんですけどねェー。ヒザキの旦那に伝わるなら、俺も後でそっちから聞きますねェ。…ビビるのはいいことですよ、向こう見ずなやつが一番危ないですからねェー。
        (ならばあとは大した情報のやりとりもない…2,3言情報を交換した後。……聞いて、みるか?)あー、そういやケーネはどこです?お年玉渡してやろうと思ってるんですけどネェ。(…言ってくれ、見回りに行っているとでも。) -- ハロー 2018-11-08 (木) 21:00:53
      • そうか・・・余計な事だったな(うんと頷く)
        ・・・向こう見ずになれという話ではないのだが・・(まぁいいかと話を切って)
        アイツには特別な仕事を与えている・・・今会わせる事は出来な・・・・・?(とそこまで言った所で不意に上を向く、一拍置いてぱりんと、ガラスの割れる音が上の階で響き、窓の外で椅子やら机やらもろもろが落ちていくのがみえる)

        くそ・・・くそっ!・・・何処だよ・・・なぁおい!オレのクスリどこやったんだよ!・・・なぁ!?(そんな声が聞こえてくる)

        ・・・切れたか・・ハロー、今日は帰れ(そういうと席を立って事務所を出ようとする)
        -- 2018-11-08 (木) 21:23:39
      • 特別な仕事…?(どくん。心臓の音が強くなった…いや、この音)…っ(上を向いたロベルトに、合わせて上を向く 窓の外家具が落ちて…)……………(呆然とした顔で、ロベルトに視線を戻した)
        ……旦那………あん、た……(声が震えている。駄目だ、冷静になれ。この男のせいだと決まったわ)あんたがやらせたのか…?(けじゃ…駄目だ。口から零れちまった) -- ハロー 2018-11-08 (木) 21:26:41
      • (呆然とし、感情に囚われている間もすすみ続け、扉に手をかける・・・尋ねる声で漸く足を止めて後ろを見て)そうだ(淡々と、何の感情も籠ってない声でそれだけ答える) -- 2018-11-08 (木) 21:31:41
      • (「そうだ」。その一言に───感情が爆発する、のを超えて。静かになった。それは一滴の水も垂れぬ平行な水面のように)…(能面のような無表情で、見下す様にロベルトを見咎める)
        (そのまま…ロベルトが反応するよりも早く)ッ!!(拳を顔に叩き込んでいた なぜか、ここで急に感情が改めて爆発する…殴ることへの後悔か、後ろめたさか?少なくともそれがハローの感情を人並みに戻して)
        ……あんたはッ!!!自分の部下に、何やってんだァ!!!(室内であることも憚らず叫ぶ。裏切られた……そんな気分だった) -- ハロー 2018-11-08 (木) 21:36:32
      • (凄まじい勢いで殴られる・・・無理にその場に踏みとどまった事で首が変な方向に曲がり、治癒の力によってゆっくり元に戻っていく)
        (そのままハローの方を見もせずに騒ぎ出す部下達を手で諫め)先に行ってろ(と指示をだす)
        熱くなるな・・・といった筈だが?(改めて向き合い)『ゲート』を使わせている・・・どのような効果が出るか確認し、コッローディの目的を暴く
        -- 2018-11-08 (木) 21:46:06
      • …っ(熱くなるな、だと…?そんなことは……「わかってる」。ぎり、と握りしめた手に血が滲む)…(謝りはしないが)…それを、なんでケーネにやらせたんだ…。(必要なことだとは理解していた)
        (というよりも、いずれ自分もやろうとしていたのだ。もちろん自分自身で、中毒症状にはドーニャに見張りをさせて耐えようとしていた…が、この男は)…ケーネは納得してたのか?あんたから…その任を受けることを…っ -- ハロー 2018-11-08 (木) 21:49:51
      • (なんでケーネかと聞かれれば馬鹿馬鹿しい話ではあるが)仲間内でのクジ引きだな・・(結果として薬物の使用経験があるらしいケーネあたった事は・・・言い方は悪いがちょうどよかったと言える)
        あぁ、快諾してくれた・・・(あまり待たせられないなとドタドタ騒がしい上階をちらと伺っている)・・・他に聞きたい事はあるか?
        -- 2018-11-08 (木) 22:04:18
      • くじ引きだとォ…(ぞわ、とまた熱くなりかけるが…少し考えれば、公平さを突き詰めた手段だとも思った。もしそこに操作など…含める、はずがないか………この男が…そうだ、何熱くなってるんだ俺は)……(ふぅ、と小さく息をつく。精神的な回復も覚えたようだ)…わかったよ。
        (それでも殴ったことは謝らなかったが…ケーネだって立派なファミリーだ。それが快諾したならば何も言うことはない)…(いや、最後に一個だけ)……ちゃんと、戻してやれるんでしょうねェ? -- ハロー 2018-11-08 (木) 22:11:00
      • (キチンと自分の感情を抑え込むのを見れば「成長した」と思う・・・それを口に出す事は流石にしないが)
        (戻してやれるかと聞かれても答えようがない、一応『ゲート』には一定使用の後に効果が収まるというデータはあるが・・・そもそもその事を確認するための調査なのだ)・・・ケーネも、覚悟の上だ
        (ボスが許可した薬により構成員が死亡する・・・その様な事になれば組織内に混乱が広がる事は避けられまい・・・だがそうなった時、ボスに取り入り危険な薬物を販売したコッローディに非難を集められれば・・・処分の名目としては十分すぎる)
        (『ゲート』に何の問題も無ければそれでよし、あった時にどうするのか?兵を失うデメリットより、それによって得られるメリットを優先する・・・そういう構えだ)
        -- 2018-11-08 (木) 22:30:34
      • ……今のは俺の言い方も悪かった。大丈夫そうだったら、ちゃんと戻ってこれる様に努力してくださいねェ(効果のわからない薬…未だに本質の分からぬそれに、嘘を付けないこの男に対しての質問を間違えた。それくらいの思考は取り戻して)
        (回り始めた頭で、ロベルトの考え、ゲートを使うことによるメリットデメリット、コッローディへの風評…そこまで深読みし)…万が一があったら。そん時は、おおっぴらにやりましょうねェ。全力で手伝いますよ。
        …じゃあ、旦那。ケーネが落ち着いたら、これ渡しておいてください。お年玉だって(分厚いポチ袋を渡して。それじゃ、と言って…事務所を後にした)
        (最後まで、謝ることだけはしなかった) -- ハロー 2018-11-08 (木) 22:38:21
      • 無論だ(二つの提案に纏めてそう答える・・・問題に組織を上げて対処する・・・揺れ動いた結束を改めるにはふさわしい)
        (こくりと頷きポチ袋を受け取る・・・去り行く背中を見ながら)
        ・・・私情に囚われるな、ハロー・・・(それは冷静さを失わせる)
        だが忘れるな・・・(だが同時にそれは人を結びつける力でもある)
        -- 2018-11-08 (木) 22:53:00
  • (緊張した面持ちでロベルトの事務所の扉の前に立つ 震える手を叩きつけノックとする)
    アニキ、ロベルトのアニキ、いらっしゃいますかね(あまり顔を合わせない相手というだけではない 抱えている案件は穏やかではない) -- アルバ 2018-11-07 (水) 22:02:27
    • (部下の手により扉は開けられ、通される)アルバか・・・どうした?(珍しいなと思いつつ席を勧めて) -- 2018-11-07 (水) 22:32:53
      • ありがとうございます(勧められた席にやはり強張った表情で腰掛ける 抜け毛を極力残したくないので尻尾はおとなしくさせ)
        (どこから切り出したものか、と視線を巡らせるが)……アニキ、コッローディの奴の調査に部下の方を何人か西に送ってるそうですね。……お帰りになられました?(順を追って話を切り出すべきと話を進めだす 余計な誤解を与えたくもない) -- アルバ 2018-11-07 (水) 22:40:08
      • (ふむと考え)彼崎サンの使いか?・・(待たせすぎただろうか・・・期限をもう少し短く設定するべきだったかと考えてる)予定通りならそろそろだ・・・戻ったらまとめ次第直接報告に伺う・・・そう伝えてくれ
        (残念ながらまだ戻ってきていないようだ)
        -- 2018-11-07 (水) 22:45:53
      • ああいや、ヒザキのアニキの件でもあるんですが……そうか戻ってらっしゃらねぇか(自分でもうまくまとまっていない どう伝えるべきか)
        実は先日、コッローディの方に調査のため接触しまして。その時セキュリティ部の仕事がないかって形で会いに行きましたもので
        その時にヤツから妙な依頼を持ちかけられたんです。ロベルトのアニキの部下が戻ってきたらどんな様子だったか 妙な様子であれば報告してほしい、っつって(記憶を辿るたびに胸騒ぎがする 杞憂であれば良いのだが) -- アルバ 2018-11-07 (水) 22:59:00
      • コッローディの奴が・・・?(探っている事を敢えて知らせる事で相手の反応を見るのはロベルトがよく使う手だ・・・その意趣返しだろうか?)
        (それとも余程知られたくない事が西側にあるか・・・あるいは厄介な何かか・・・)その時・・・奴はどんな様子だった?(今夜奴の監視を行っている「猫」が戻ってきたら注意深く観察する必要がありそうだ)
        -- 2018-11-07 (水) 23:05:39
      • ええ、それも口封じの類はいらない、報告だけでいい、と(それはつまり、西側での状況自体は知られても構わないということだろう)
        ファミリーの危機か、それに類する事態が起こると判断したときだけ報告に来てほしい 何もなければ報告しなくても構わない むしろ何も報告がない事を祈ってる……そんな風に言ってましたよ
        アニキ……オレは少なくともコッローディを信用しちゃいない。だけれども、奴は自分がファミリー内に不和の種を撒いていることを後ろめたく感じてるフシがありました
        ……アニキの部下に起きてる、あるいは起きようとしてる事態は、奴ではなく奴に関わりのある何かが引き起こすもんじゃないでしょうか?(ストリート上がりの、チンピラが少し上等になった程度の男がここまで必死に推察する 事態を相当重く捉えている) -- アルバ 2018-11-07 (水) 23:19:33
      • //文通スイッチONで!申し訳ないけど他所での話は先に進めさせてもらいます……ぐふっ -- アルバ 2018-11-08 (木) 01:13:23
      • //間に合わなかったー!うぅ・・すまねぇ・・・せめて行動に移しやすいようにしときやす・・・ -- 2018-11-08 (木) 01:23:54
      • (「報告だけでよい」・・・まるで向こうでの事は何を知られても構わないといったスタンスだ・・・いや、こちらが何処まで把握しているかを知りたがっている事は間違いない)
        (アルバの話を聞きながらただじっと、まるで虫か人形のように冷たい瞳で見つめ続け・・・口を開く)お前は・・・コッローディよりも、奴に絡んだ別の脅威がいるのではと・・・考えているのか
        (だがそれはただの推測に過ぎない・・・奴の口八丁に踊らされ、居もしない架空の敵を作り上げているともとれるが・・・奴とスドウとの会話が引っかかる)・・・そういう勘は大事だ・・・お前の無意識が、お前自身に警告を発しているんだ
        だが・・・(とそこはきっぱりと線を引く)ただの推測に人を動かす力はない・・・動かすには説得力がいる・・・推測が確証に代わる何かがだ・・・(分かるな?と)
        -- 2018-11-08 (木) 01:51:25
      • (ロベルトの解釈に首を縦に振って)もちろん、こんなもんはただのオレの推測です。それっぽい点をなんとなく繋いでみたら浮かんできた疑問、その程度のもので
        それにそう、証拠が必要なのはごもっともです。そして、そのためにファミリーをごっそり動かすわけにも行かないってのも承知の上です
        (しばらくの沈黙があって)だから……だからオレが行きます。行かせてください。奴はその確認に危険が付きまとうかもしれないと言った。だけど今は踏みとどまっちゃいけない そう思うんです(臆病者のアルバがこれほどの気概を見せるのは初めてと言ってもいいかもしれない)
        それにアレです、一人で行けばもし外れても恥をかくのはオレだけで済みますからね。アニキの部下の方々も無事、コッローディの奴も何にせよ一安心、ファミリーも安泰って寸法でさぁ(へへへ、と笑ってみせたのは恐怖への防衛反応か) -- アルバ 2018-11-12 (月) 20:22:38
      • ふん・・・(その指示は俺からでなく彼崎サンからが順当なのだろうが・・・珍しく気概を見せる様子をじっと見て)いいだろう(頷いた)
        そうだ、なんもねぇならそれに越したことはない・・・だがもしなんかあった時・・その為にお前は行くんだ・・・それを忘れんな(見落としましたじゃ許されないのだ)
        覚悟を決めろ・・・この手の探りを入れる時・・・最良は「情報を得て、尚且つ生きて戻ってくる」で・・・次点は「たとえ死んでも情報は届ける」だ・・・お前がキチンと仕事をこなせば、俺達が仇を取ってやる・・・だからこの仕事、テメェに任せるぞ・・アルバ
        -- 2018-11-13 (火) 00:41:39
      • (「万が一のときは仇は取ってやる」「お前に任せる」 上の者にこう言われることがどれほどの喜びか 日常の多くを平熱で生きてきた男にはそうない熱情だ)
        はい……はい!!必ず、必ず務めを果たしてきます!!ファミリーのために!!!(うっすらと涙を浮かべた目を擦り、強い意志を見せる)
        出るのは出来るだけ早いほうがいいでしょう。現地で仕込みがいると思いますし これで失礼させて頂きます。それでは(来たときとは違いビシッと伸びた背筋、ぐっと力のこもった尻尾、そして炎の灯る瞳。ある種の無謀とはいえ、成すべきを得た男の姿だった)
        (そして、アルバの帰還報告がロベルトの耳に届くのはこの一ヶ月後となる……) -- アルバ 2018-11-13 (火) 00:57:21
      • 慌てるなよ(興奮で視野が狭まっていないかと、最後にそういって見送る)
        (ひと月の間割と結構やきもきしてたのはないしょ)
        -- 2018-11-13 (火) 01:33:23
  • おじさまーおじさまー!潜入工作手伝って!!(藪から棒に切り出した!!) -- ラリィ 2018-11-06 (火) 21:30:47
    • ラリィ・・・(向こうから出向いたのかと迎えるも)
      潜入工作・・・?・・・何をしようとしている?(不審げな目つきだ)
      -- 2018-11-06 (火) 21:34:24
      • あーうんそっちの話も聞きたいんだけどね。っていうかそっちの話がらみなんだけど。(怪訝そうな態度に落ち着いて説明するね!とハナシを続けた)
        例のオクスリの分析でー、どうしても使いたい機材があってね。それがこの辺だと厄介なところ、国立大の研究所にしかなくてー。
        ウチの息がさっぱりかかってないから、秘密裏にドラッグの分析よろ!とか依頼できるトコロじゃないんだよね。だからー、身分を偽って、研究員として潜り込んで、ちょっと使ってこようかなって。アタシが。 -- ラリィ 2018-11-06 (火) 21:58:20
      • ・・・そうか・・・わかった(然りと頷く)
        で、どんな奴に話を通せばいい?(教授なり職員なり学長なり院生なり、本人を脅すか家族を人質するかして手引きさせれば早いだろうと思っている)
        -- 2018-11-06 (火) 22:07:46
      • んー。イチバンえらいひと。学長かな?
        アタシはどっかお外の大学から来た優秀な女研究員でー、専攻は創薬化学。新しい抗鬱剤の研究をしてるんだけど、新成分の構造解析のためにどうしても先端機材を一週間だけお借りしたい。とか、そんなカンジのシナリオでどーお?
        それで入り込んだらー、内部の人を騙くらかすのはアタシの仕事。場に溶け込めるだけの知識は、ちゃーんとココに入ってる。(ウィンクしながら頭をつんつん) -- ラリィ 2018-11-06 (火) 22:18:30
      • わかった・・・そこは任せろ(後日学長はびくびくしながらラリィを招待、他の職員に紹介する事だろう・・・大丈夫、市民に害は出ていない、セーフセーフ)
        (自分の手持ちに学のある者たちは居ないが・・キャンパス内に入り込む程度ならばたやすい)入った後はすべて任せていいのか?・・・若いやつらを護衛に置くか?・・・後、ケーネの検査はそこでするのか?
        -- 2018-11-06 (火) 22:55:14
      • 全部まっかせといて。うっかりバレたら逃げるから、車だけ待機させといてほしいかな。多分出番はないけどね。 (実際見事にやり遂げるのだが、それはまた後の話)
        「ウチの下っ端」ってケーネっちだったんだ……。オジさんもワルだねぇ。
        そこでするのはー、オクスリ自体の成分分析。粒子加速器でイオンビームをぶち当てたりとかー、あとイロイロ。
        ケーネっちの検査はー、フツーにその辺の闇医者が持ってる機材で足りちゃうかな。問診したり脈拍取ったり血液調べたり脳波取ったりだから。 -- ラリィ 2018-11-06 (火) 23:04:32
      • そうか・・・分かった、逃走の手順については後で確認しよう・・・(因みに用意した車は明らかにヤバイ人のですってオーラマシマシで学生も警備の人もビビッて近寄らなかったって話だ)
        ・・・言ってなかったな・・・特別扱いはしない・・それだけだ
        そうか・・・(あっと気づいた様に)ケーネは・・・俺と同じ、半分人間ではない・・・(代謝を上げて薬の周りを早くする目的で漿穢法師を対象に選んだのが逆に悪く働いてしまったかもしれないと苦い顔)比較用に俺の血も取って行くといい・・・アイツを今連れていくか?
        -- 2018-11-07 (水) 01:40:45
      • わお。クール。(ひゅーっと口笛)
        そーなの?うーん、まあいけるでしょ。比較対象もあることだしー、基本的な脳みその働きは普通のヒトと変わんないだろーし。
        うん。おじさまも付き合ってよ。お時間あるでしょ?あるってことにした。ってことでー、検査にGOGO!未知の探求!人体とお薬の神秘をときあかせー! -- ラリィ 2018-11-07 (水) 21:50:45
      • (こくりと頷き、待ってろと告げて隣の部屋へ・・・)

        あにきぃ・・・くすり・・・薬がねぇよ・・・どこだよぉ・・・
        ここにある、飲んどけ
        やった!・・・んぁぁ・・?

        (そんなやり取りが聞こえてきたかと思えばケーネを物みたいに担いで出てくる・・・「どこいくんだー?なぁなぁ?」(とぼんやりしている様子のケーネをよそに)いこう
        -- 2018-11-07 (水) 22:29:30
      • あっはー、いい感じにキマってるねえ??でも段階はまだ浅いかなー?(くすくす笑って)どのくらい回数飲んでるのかとかはー、道中聞くから。
        まずは車に運んでよ。(二人が乗り込むのを待ってから、運転手に)じゃー回して。安全運転でー、しくよろー!
        (このあとめちゃくちゃ検査した。そうやって取れたデータで、『ゲート』の謎に僅かながらでも近づけたろうか?) -- ラリィ 2018-11-07 (水) 22:35:04
  • (西方に旅立ったロベルトの部下達が調べられる事は実の所少ない、何故ならばファミリーに向けて明かされている男の過去の殆どが欺瞞だからだ)
    (事実であるのは男の履歴にある土地が間違いなく存在しているという事だけだ)
    (…ヴィスコッティファミリーとは?この地の組織の勢力図は?コッローディとは?)
    (それらを調べるのは何処か陰鬱な空気の漂いカラスの鳴き声が妙に耳に響く港町で行う事となるだろう) -- コッローディ 2018-11-05 (月) 23:38:41
    • (成果がないのもまた一つの成果である・・・少なくともコッローディの経歴が嘘に塗れている事が証明されつつある)
      (ロベルトが定めた期限まではまだ猶予がある・・・取り敢えずの第一報を送った後、三人の漿穢法師達はその不気味な街で調査を継続する)
      (指令は三つ、コッローディ(今となってはこの名前も頼りにならないので写真を用いる)の身辺調査、ヴィスコッティ・ファミリーの詳細、『ゲート』の製造経緯やその工場の探索だ)
      -- 2018-11-06 (火) 02:03:06
      • (この町での調査は難航を極める、外部から来た者に対して奇妙なまでに余所余所しいのだ…)
        (ファミリーならば似たような空気は感じた事があるだろう、ただそこに明らかに恐怖のような物が混じっている)
        (それも外部から来た者そのものではなく内へと向けられた恐怖、不用意な発言を恐れている)
        (更に指令の内『ゲート』に関しては調査は難航を極めるだろう、何故なら『ゲート』がこの町ではまるで出回っていないのだ)
        (確かに根気強く裏通りを回れば麻薬の類は入手出来るだろうが『ゲート』自体は痕跡も無い)
        (そしてファミリーだが…これは長老などの知識層などに求めれば得る事は可能かも知れない)
        (一方で写真による調査は幾度が中々の結果を齎す事となる、この男が出入りしていたとされる教会を知る者が数人居るのだ) -- コッローディ 2018-11-06 (火) 02:20:33
      • (町の住人たちは何かを恐れているようだ・・・それが何かは分からないが寧ろありがたい事である・・・すなわち畏れる様な強大な何かが街を支配している・・・そこを余所者があれこれと嗅ぎまわれば必然、マークされることになる筈だ)
        (向こうから手を出してくるのを期待しつつ調査は継続される)
        (『ゲート』調査班にとって町に『ゲート』が出回っていない事は意外であった・・・推測するとしたら「名前が違う」か「既に普及しきって時代遅れになっている」か「ここで生まれたのではない」か・・・この町に普及しているドラッグについてさらに細かく調べていく)
        (ヴィスコッティ・ファミリー調査班は少し難航した・・・町の浮浪者や酒場やならず者・・・裏社会に近しい者から当たっていった為ヴィスコッティ・ファミリーの名前がまるで出てこない・・・仲間内での会議で「存在しない組織では」という仮説が浮かび、難航する・・・だが嘘にも何かもとになった物がある筈だ)
        (コッローディ調査班は中々順調であったが・・・教会というのは意外だった・・・人からどのような教会か尋ねたり、図書館にてその歴史について調査する・・・その際ヴィスコッティ・ファミリーについてもついでに探すことになった)
        -- 2018-11-06 (火) 02:55:46
      • (『ゲート』に関して更に細かな調査の結果から言えば麻薬としてこの地には存在しなかった事が分かるだろう)
        (ただ途中である情報屋から麻薬ではなく宗教系の薬…そういった物に近い作用がある事を知れたかもしれない)
        (遅々としていた調査は聞き込みから図書館に行った事で大きく進展する事となるだろう)
        (聞き込みでは教会では何らかの研究が地下で行われていた事などが聞けはするが)
        (その研究がどうなったかを知る者は無く研究を行っていた者に関しては皆口を噤むのだ)
        (図書館に行った事で得られた情報は教会は中々に歴史ある物だったが司祭が10年前に殺害され以降継ぐ者が居ない事)
        (殺された司祭の心臓には釘が刺されていたが事件性は無いと警察が発表した事)
        (そして…ヴィスコッティファミリーの情報だが今から数百年前に壊滅している事が極めて古い資料から分かるだろう)
        (だが何者に壊滅させられたかの資料が明らかに意図的に削られている) -- コッローディ 2018-11-06 (火) 03:12:51
      • //文通でお願いします! -- コッローディ 2018-11-06 (火) 03:13:16
      • //あい!明日書こう・・・ -- 2018-11-06 (火) 03:16:26
      • (薬の線もコッローディの線も教会に結びついている・・・ではヴィスコッティ・ファミリーは?ただなんて事の無い昔の組織なのだろうか?三人は話し合う)
        (コッローディが何故これほど昔の組織の名前をわざわざ引き出したのか、奴がただの歴史好きなだけか、あるいは何かしらの関わりがあるのか)
        (此処までを一区切りとして第二報を送る・・・果たしてこの手紙が正常に届いてくれるのか、いつになるのかは見当もつかなかった)
        (隊を改めて分ける、一人は信者として教会に足しげく通う、司祭のいない教会を誰が取り仕切っているのか、その規模や建物の構造を把握する・・・そして可能であれば関係者の一人と接触してコッローディや司祭、薬物について聞きこむ)
        (一人は十年前の事件について探る・・・警察の捜査資料を見られれば良い・・警察関係者の中から協力的な者を探すことも並行して行う)
        (最後の一人は引き続きヴィスコッティ・ファミリーについてだ、当時の情勢や教会との関りも含めて調査する・・・歴史的資料は遺跡、歴史学者ともコンタクトを取る)
        -- 2018-11-06 (火) 14:46:51
      • (再びの教会の調査から分かった事は現在は十字教の本部から仮の司祭が派遣されている事)
        (その司祭に聞き込みをした場合は司祭自身も前任者の事に関して疑問には思っている事)
        (だが司祭なりに聞き込みをしたある日から周囲の者達の態度が厳しくなったり何者かの嫌がらせが続いたため断念している事などだ)
        (コッローディや薬物については司祭は知らないようだがかつて足繁く教会に通っていた老人が居た事を教えて貰えるかも知れない)
        (尚建物には地下が存在しており何らかの研究所があった事は伺えるが資料が無かったり装置の類は概ね破壊されており判断がつかなかったという)
        (警察に赴いた者は多くの者から芳しい結果を得られなかった)
        (大半の者は無視を決め込むか中には酷い態度を示す者も居り…中には危険だと諭してくる者も居たのだ)
        (僅かに得られたのはこの一件は古くから存在するある組織が関わっている為警察が手出し出来ないという事)
        (ヴィスコッティファミリーに関しては教会に関しては特に関係が無い事が分かる)
        (歴史学者から聞けたのは概ね図書館などで得られた情報が大半で細かに補足する程度の物ばかりだ)
        (変わり種としてファミリーが滅びる数年前に東へ渡った者が伝説の冒険者と呼ばれオルネット家という貴族の令嬢と結婚したという役にたたなそうな物などばかり) -- コッローディ 2018-11-06 (火) 22:11:43
      • (現司祭が協力的な事はありがたい・・・が、前司祭の死に関わっている訳ではない事も同時にわかった・・・嫌がらせをしていた何者かが気になる所だ・・・一先ずは聞き出せた老人をあたってみるのが良いだろう)
        (警察の調査をしていた側にも進展はあった・・・前司祭の死にはその妙な組織が関わっている・・・後は無理にでも警察を調べるか、その組織をあたるかだ)
        (ヴィスコッティ・ファミリー側についてはこれ以上調べても本筋からそれそうだ・・・一旦切り上げ他班に合流する)

        (三人で再び話し合い・・・その中で一つの仮説が浮かび上がる)
        (前司祭とコッローディは懇意にしていた、そして何らかの目的の為に薬を作ったが・・・それは「ある組織」にとって不利益な物であり、前司祭は殺された)
        (であるならばコッローディが自分たちの町に来て『ゲート』と称して薬をばらまく理由は何か?前司祭の悲願を果たすためと考えるのが自然であろう)

        (この町に訪れた時から存在が匂わされていた「ある組織」・・・実に気になるが、同時に主目的からはそれている部分だ、警戒はするが積極的には探さない)
        (一人は老人から話を聞くことにする、二人は引き続き町で前司祭及びコッローディについて聞きこむ、ついでにこれまでに有力な情報を得られた人物に改めて接触する・・・「物事がうまくいっている時は操られている事を疑え」ロベルトの教えである)
        -- 2018-11-06 (火) 22:47:49
      • (老人と接触しようとした男は外から来た者だと信じて貰えるまで何故か素っ気ない態度を取られた事だろう)
        (だが納得して貰えた事で老人から幾つかの情報を聞き出せた筈だ)
        (前司祭…カタリナ司祭は常々人々に必要なのは皆が神の存在を感じる事であると語っていた事)
        (そうする事で人は真の安心を得て努力する事の有意義さを自覚出来る筈だと信じていた人物だと語る)
        (そしてその為の研究を行っていた事とそのパトロンである人物…写真を見せたのならばその名を知れる筈だ)
        (『ピノック・オルネット』、オルネット家という貴族の人物で司祭とは親友の間柄であったという)
        (だが老人はその写真を出されて少し驚いたと語る…彼は復讐の果てにもう死んだと思っていたと)
        (司祭はこの町に古くから根付くある組織に殺された、心臓に釘を刺された状態で殺されていたのだ)
        (そしてピノックもまた組織への報復に出て消息を断った…といった情報を得られただろう)
        (それ以上の事は特には聞けないだろう、ただ…老人はこの町から直ぐに出なさいと最後に付け加えた)
        (町での聞き込みに関してはもうめぼしい情報は得られない)
        (ただ聞き込みをしていた者と有力情報を提供した者を探していた二人は「偶然」ある場所で再会する事となる)
        (薬についての情報をただ一人語った情報屋が水死体で発見されたのだ、よく見れば心臓に何かが刺さっていた)
        (他の情報提供者とも会う事は出来なくなっている…異動したり行方不明になった…といった状況だ)
        (留まれば「ソレ」は確実に三人の元に辿り着くだろう、危険の先にある物を取るか、確実を取るかだ) -- コッローディ 2018-11-06 (火) 23:15:13
      • (ついに辿り着いた「ピノック・オルネット」、前司祭カタリナの親友・・・ピノックが「ある組織」の刺客で相当入念に下準備を行ったのでもなければ仮説の通りだろう)
        (カタリナの目的が神の存在の実感であるならば、『ゲート』はそのためのツールである可能性が高い)
        (同時、「ピノック・オルネット」が報復を誓って消息を絶った・・・死んだと思われる程にこの地との縁を断っていたという情報は誤算だった・・・・・・もし「ピノック・オルネット」が「ある組織」の壊滅を諦めていないのだとしたら?組織には組織をぶつけるのが一番ではないか?今こうして自分たちが西方に来て動き回っている事はすなわち・・・・・・・嵌められた)
        (聞き込み組は目立った成果を上げられない・・・コッローディと縁の深そうな者はもうこの町にいないようだった・・・警察署を襲撃し、当時の捜査資料を強奪する案もあったが、そんな事をしても「ある組織」がなぜ司祭を殺害したのか、そもそも「ある組織」の名前すらそこにはないだろうと破棄される)
        (水死体を発見したのはそんな時だった・・・胸に刺さった何かを引き抜き、それが司祭の死体にあった物と同等の物であろうと推察する)

        (三人は合流し、このまま留まればファミリーと「ある組織」との抗争の火種になると判断し、速やかに帰国の途に就く事を選んだ)
        -- 2018-11-07 (水) 01:40:53
      • (某月某日)
        (川に幾人かの水死体が揚がった)
        (その内の若い者達は皆ミイラの様に乾き果てた状態で浮かんでいたという)
        (心臓には釘…こうした死体はこの町ではただの事故として扱われる)
        (水死体の中に3人の漿穢法師が含まれていなかったのは偏に彼らの判断の素早さの賜物だ)
        (しかし真実は既に残り香を嗅ぎつけている…白日ではなく闇夜の中でのみ晒される真実が)
        (いずれ辿り着く事だろう) -- コッローディ 2018-11-07 (水) 01:55:06
  • ん?ああロベルトじゃねぇか。景気は近頃どうよ?(街角を歩いていれば、酒臭い男がふらふらとロベルトに近寄ってくる) -- ダニエル 2018-11-05 (月) 02:07:44
    • (路地では今まさに部下がチンピラを痛めつけている真っ最中だ・・その仕事ぶりを入り口で見張りながら)ダニエル・・・
      景気・・・(今のように他愛のないものもあれば、コッローディの様に面倒な事もある・・・ただ事の繊細さに違いはあれどやる事は変わらないし収益にも大きな差はない・・・つまり)特に変わらん・・・お前は・・?(斡旋屋ともなれば波乱万丈そうだと尋ねてみる)
      -- 2018-11-05 (月) 21:14:15
      • 俺ぁ悪いねぇ。金欠のカラッカラよ、最近デカイ出費があってよー。その仕事終わったら酒奢ってくんね?ツケでもいいや絶対返すマジ返すガチ返す(真剣な目…ではない。酔っ払いのとろんとした目だ)
        (そうして何気なく路地に目を向ければ)…ん?なんか足りねぇような…ああ、あの嬢ちゃん、お前にうろちょろ付いてる男みてーなカッコしたガキどうしたよ。あんなん勢い込んで参加しそうだろうに。 -- ダニエル 2018-11-05 (月) 22:23:21
      • ・・・前もそんな事を言ってなかったか?(責めると言うより「そんな気がするけどどうだったかな?」と記憶を探る様な言い方だ)
        (女、ウロチョロ、男みたい、子供、血の気が多い・・・ケーネかとこくこく)・・・アイツは別の仕事中だ・・・手伝いはできない
        -- 2018-11-05 (月) 22:32:09
      • 言ってねーしぜってー言ってねーし(目が泳ぐ。いや溺れる。酒に)……チッ分かったよ前のツケも合わせて返すからそれでいいだろ?…駄目?んじゃ利子もつけっから!(必死)
        ほー別の仕事ねぇ。ああいう(親指で路地指し)雑な仕事が向いてそーな嬢ちゃんだったが。何やってんのよまさか色気づいて水商売方面にでも?(…ないな、とおっさんは思いました) -- ダニエル 2018-11-05 (月) 22:38:40
      • ・・・?(どうも記憶違いではなかったらしい、ダニエルは自分からボロを出す)・・いらん・・・俺は金貸しじゃない(なので利子はいらないのだ、ただ折角そういうのであれば)今度若いやつにでも奢ってやれ・・・(それだけ告げる、あとはいつもの店で待っていれば必ず顔を出すことだろう)
        3年は早いな(そういう仕事をするなら髪も伸ばさせないとダメだろうなーとか考えてる)・・・何をしているかは言えん(嘘は付けない性質だ、なのでこうして「言えない」事をはっきり言う)
        -- 2018-11-05 (月) 22:49:10
      • 分かった分かりましたよ!…だがそれは奢り自体は了解と見ていいんだな!?(喜色満面とはこのことか、酒の赤っぽいが。こうなれば確実にこの飲んだくれはあの店に現れる。財布無しで)
        はっ!ちげーねぇわ。よく見りゃいい器量してんだから、あのベリショさえどうにかすればなー…(そこで言葉が途切れ、少し声を落とし)…なんだヤバいヤマなのか?それなら尚更お前がついてやらにゃ… -- ダニエル 2018-11-05 (月) 22:55:17
      • (生まれながらに半端に強い少女が不良グループに交じって喧嘩や盗みに明け暮れる生活をしていれば、ああいう髪形を選択するのは必然と言えた)
        あぁ・・・・この後見に行く・・・店に行くのは少し遅くなるぞ(未熟者はケーネだけではない、誰かが見ていてやらないといけないのに優秀な人材は西方の調査に送ってしまった・・・残った人材で回そうと思ったとき、ケーネにつきっきりになる訳にはいかなかった・・・現に今も)
        ・・・(腕が素早く動く・・・結晶流体のナイフが飛翔し、チンピラの腕に突き刺さって隠し持っていた銃を地面に落とす・・・ケーネ以外の部下もまだまだ目が離せないのだ)
        -- 2018-11-05 (月) 23:09:48
      • ならいいけどよ…俺に言われんでも分かってるだろーが、曲がりなりにも上に立ってそいつらのお神輿やってんだ、ちゃんと目ぇ配ってやれよ、お前だけじゃなく…下のモンもお前を見てるぞ。
        (やれやれ、と右手で帽子を押さえる。それと同時に腕を抑えたチンピラが奥へ逃げ出そうとするが)ありゃシャカになんとかだったか(そのぼやきと共に乾いた破裂音、ひとつ)
        (いつの間にか帽子を押さえてた筈の右手が黒のリボルバーを構え、既にその銃口は硝煙をあげている)ま、あの嬢ちゃんはお前を見つめ過ぎてる感もあっからたまにゃほっとくのもいいかもな。
        (何事もなかったかのように話しつつ、生まれたのはチンピラの目前の看板の穴。腰を抜かしたチンピラはその場にへなへなと座り込んだ) -- ダニエル 2018-11-05 (月) 23:22:17
      • いや・・・お前の言うとおりだ・・・すまないな(それは助言に関してであり、手間をかけさせた礼でもある)
        (今まで我関せずと振舞ってた通りにいる人々も、流石に銃声には反応するが)・・・(ロベルトがそちらに視線をやれば畏れ避ける様にいつも通りの光景に戻る)
        ・・・・・・すまん・・少し仕事が増えた・・・(その声は少し機嫌を損ねた物だ・・・隠し持った銃に気づかなかったのはまだいい、だがそれにビビッて敵を取り逃がすのは見過ごせなかった・・・ツカツカと路地に足を踏み入れていく)
        (「てめぇなに逃げてんだぁコラァ」と部下がチンピラをぶん殴り気絶させるのを待てば)・・・・テメェこそ何ビビってんだっあぁ!?(今度はロベルトが部下に対して教育的指導を行う・・・普段寡黙なだけに叫んでいるのは中々レアな光景だったりする)
        -- 2018-11-06 (火) 01:49:56
      • いいさ、俺とお前の仲だ(つまり酒を奢られる者と奢る者だが)おー…こわこわ。やっぱ部下持つとああならざるをえないのかねぇ。やっぱ独り身が気楽さな(色んな意味で。などとのんきに眺め)
        (自らは路地の入り口に立ってその背中で奥を隠すようにし、如何にも「ここから先には何もありませんよ」なんて顔をして黒の中折れ帽を下げて目線を隠しながら懐から酒の小瓶を取り出し煽る)
        (睨みを効かせられるとはいえ彼にしては珍しい恫喝する姿なぞ、街の人間には見せたくないだろうから)……けじめも大事だがよー、あんまやり過ぎんなよー?酒が不味くなっだろ?(などとへらへら笑いながら言う) -- ダニエル 2018-11-06 (火) 02:08:42
      • (声を掛けられても黙ってろとばかりにジロリと睨んだりする・・・元々それほどしつこく責める性質ではなく、部下が素直に「すいやせんした!」と謝ればそれ以上どうこう言わない)
        (因みにロベルトは自身について包み隠したりする事があまりなく、ダニエルが折角こうして隠してくれてるのに「別にどちらでも構わない」と言わんばかりだったりする・・・ひどい)
        (ある店を荒らしたチンピラに十分な恐怖を刻み付けた事を確認すると)まぁいい・・・お前ら、後は任すぞ・・・俺は戻る(隊はいったん解散、部下達はそれぞれの見回りに、自身は事務所に向かう事になる)・・・店には先に行っていろ・・・
        -- 2018-11-06 (火) 02:31:32
      • おー…こわこわ(肩越しに後ろの様子を見ればこちらにも鋭い視線。まったくさっきと同じように怖がる様子を道化めいて見せて)
        (彼は気にした様子など欠片も見せなかったが、その様子を酔っ払いも気にしていない。自分がしたかったからしただけだ、と言うかのように)
        へっへっへ、あんがとなー。絶対あとでツケは返すからなー、絶対だからなー(全く誠意の籠もってない声で気怠げに手を振ると、いつもの店へと姿を消すのだった) -- ダニエル 2018-11-06 (火) 02:37:33
  • (ロベルトの耳に同じような話が幾つか届く、その殆どは身内からの忠告にも似た内容だ)
    (流体を用いてコッローディを探っていた男からすれば既に知っている情報ではあるが…ロベルトの事を嗅ぎ回っていたぞ、と)
    (外様の信用ならない男が嗅ぎ回れば当然情報が渡る事など無い、ならば直接会いに来るのは想定の内だったろう)
    (それを示すかのようにばったりとロベルトと男は出会う、路地裏という偶然にしてはあまりにも出来すぎている場所で)
    ああよかった、ようやく会えました。いやいや…全く本当に運が良い、歩いた甲斐があったというものです(そう笑いながら語る男のそれまでの足取りは迷い探したものではない、この時この場に会う事が分かっているそれだ) -- コッローディ 2018-11-02 (金) 22:34:07
    • (嗅ぎまわる・・・嗅ぎまわったとして、自分についてどれだけ秘密と呼べるものがあるのだろう・・・)
      (コッローディは口が・・・おそらく頭も回る・・・そんな奴を相手に化かし合いをする気などない。男が自分と接触しようとしている事には気づいても、だからと言ってこちらが何かをする理由もない・・・ゆえにこの接触は目論見通りに行く)
      ・・・気を遣わせたな(「偶然」と言われたのに皮肉でもなんでもない事実を告げる様にいう・・・ロベルトの事を少し調べると分かるが煙草はこの男の好感度を示すバロメーターだ、今の様に目の前で堂々と吸ってる時は嫌っている事を隠そうともしていない時だ)
      -- 2018-11-02 (金) 23:03:09
      • いえそんな、私はただ貴方と親睦を深めたいだけですので気を使っている訳ではありませんよ
        (煙草の情報に対して一切のアクションを見せない事からそれが嘘だと分かるだろう、単に情報を引き出したいと暗に言っている)
        いえね私はどうにも好奇心が強いタチでして…となると何故ロベルトさんが吸血鬼と呼ばれているのだろう?など色々と気になる事が
        例えばそう…身内殺しなどの忌まれる仕事を請け負うから、とか想像してしまうのですが如何でしょう -- コッローディ 2018-11-02 (金) 23:12:48
      • そうか・・・(で、何が聞きたいのかと待ち)
        ・・・俺の仕事は規則にのっとり、この街を守る事だ(それすなわち畏敬・・・畏れを軸とした支配体型だ・・・ファミリーに逆らってはならない、ファミリーもまた禁忌に触れてはならない、その恐怖を振りまく為に派手な殺しをする事ももちろん仕事の一つだ)
        (襲われた相手はまるでミイラの様にカラカラに乾き、その周囲はバケツで散らしたように血でデコレーションされる・・・吸血鬼の所以である、無論、ファミリーの外の物はファミリーに吸血鬼が居ても、だれが吸血鬼なのかまではわからない事になる)
        (俺秘密あったなぁとぼんやり考えてる)・・・聞きたい事はそれだけか?(因みにロベルトはさっきの一言で十分説明できたと思っているので圧倒的に言葉が足りてない事に気づいていない)
        -- 2018-11-02 (金) 23:31:20
      • ほう…そうですか、いえ十分です…ありがとう御座いました(男の表情は変化の無い笑みのまま)
        (ただ内心では納得はしていない、当然だこの男からすれば隠すべき事を隠したようにしか映っていないのだから)
        (それが種族なのか、ファミリー内の立場なのか、それともまるで別な事かはこれから更に探らねばなるまいと)
        いえねどうやら皆さん私を誤解していらっしゃるようですし気を回さねばならない事が多いのですよ、後ろから刺されたとあっては紹介して下さったボスに顔向け出来ませんしね? -- コッローディ 2018-11-02 (金) 23:36:48
      • そうか・・・(疑問が解消されたのであればよい事だ)
        ・・・それは、お前次第だな・・・(治安を乱すのであれば・・・あるいはボスからの指令があれば、当然そういう事をしなければならなくなるだろう・・・それは調べればわかる事だ)
        ・・・近いうち・・ウチの若いのが世話になると思う・・・(突然そんな事を言う //『ゲート』つかってみたいなー)
        -- 2018-11-02 (金) 23:45:25
      • そうですねえ、出来ればそういった事にはならない事を深く祈っておきましょう…信心深いものですから
        (ロベルトの言葉に承知しました、と曖昧に返せばでは…と一礼の後踵を返して去っていく)
        //近々ラリィさんちに卸に行くのでその時か私に買いに来て頂ければー! -- コッローディ 2018-11-02 (金) 23:52:56
      • ・・・・・・?(なぜそこで神が関わってくるのだろうと不思議そうだ・・・すべてはコッローディ次第だというのに)
        //承知しましたー
        -- 2018-11-02 (金) 23:58:02
  • (大量のカレンダーを抱えて歩いていく)んん? ちょ、ちょっとそこなガール。
    手伝ってくれたまえ。あとでなんか奢るから。頼むよ。 -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 20:34:17
    • (行こうと思ってたらきた)あっ姉貴!(ぱたぱたぱたーっと寄って)
      了解っす!任せてくださいっす(早速と荷物持ちを請け負って)
      -- 2018-11-02 (金) 20:38:30
      • (よくある)ふぅ、助かるよ。十二月はカレンダー係も大層忙しくてね。
        というにも、カレンダーを仕入れて一月頭に入れ替えるだけなんだが。一人だけだとどうにも…
        そういえば忘年会のお知らせ来た? 参加? 不参加? -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 20:43:12
      • (ひょいっと軽々もって)だから今のうちに揃えるんすね・・・こう、12月中に二重に掲示して後はとるだけーってしないんすか?
        来たっす!いくっす!・・・人の多い所は正直苦手なんすけど・・これも仕事のウチなんで
        -- 2018-11-02 (金) 20:48:09
      • おおー、頼れる頼れるー。不精してもいいけど言い伝えに「カレンダーを重ねて使うは粗忽者」とあるので私はしない。
        私も苦手だなー、人が多いところ。でもお風呂が楽しみだから行きたい。(無表情に喋りながら)
        あ、あっちの倉庫に運ぶ分だから。もうすぐもうすぐー。お礼なにがいい? -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 20:55:53
      • そうなんすか・・・(非効率な気がするけどなぁとぼやきつつ)
        姉貴はお風呂好きなんすかー?オレ人前で裸になるのはちとダメっすねぇ(からから)・・・それにしてもハローの兄貴は病み上がりだってのに大変そうっすねぇ
        んっこれで終わりなんすか?(ちょっと物足りなそうに)んー・・・じゃぁジェラートがいいっす(にひーっと)
        -- 2018-11-02 (金) 21:01:59
      • こだわりを持って仕事をしないと長続きしないのさ……カレンダー係ってのはな。(フッ、と気取った調子で)
        お風呂好き好きー。(荷物を置いて両手の人差し指をくるくる回す)なんだ、せっかく背中を流してやろうと思ったのに。ハロー君は自分を大事にしてくれたらいいね。
        いいだろうー。良い店を知っている、ついてこい。(広場まで歩いて)おねーさん、ジェラートくーださい。カップに二個入れて入れてー。
        私はヨーグルトとブルーベリー。ケーネはどうする? 暖炉の温もりの中でアイスが食える店だー。12月でも繁盛してるぞ。 -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 21:12:53
      • カランドリエの姉貴・・・カッコいいっすっ!(ズレてる)
        にへへ・・・どうにも、服がないと不安になるって言いやすか(すいやせんと困ったような顔)
        やったー!(わーいとついていき)いいっすね?あたたかい・・・(ほんわか)むむむっ・・・ではバニラとストロベリーでいくっす!(暫く悩んでからオーソドックスな線を狙う)
        -- 2018-11-02 (金) 21:35:00
      • フッ………これは私の道なんだからな…(どっやぁぁぁ)
        別にいいさー。食事も美味しいだろうしさー。ただご飯食べておしゃべりするだけでも十分だよ。
        バニラとストロベリーか……いいコンボだ。ベリー系と乳製品、これほど心をくすぐる組み合わせがあろうかー。
        (待ってる間に)ところで今日の記念日聞く?(首をかくんと横に倒して) -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 21:39:53
      • しかし忘年会ってどんな事するんすかね?かくし芸とか求められてもオレできねぇっすよ
        姉貴のもそれ系っすね?やはり手堅いっす・・・むっ聞くっす!きくきく、今日は何の日なんすか?
        -- 2018-11-02 (金) 21:57:09
      • 何って普通だよー? みんなで集まって、顔合わせして、大人はお酒を飲んで子供は遊んで。食べて風呂に入って寝る!
        そう、ヨーグルトの甘みとブルーベリーの酸味が相俟って…ナイスな味わい。(ジェラートを受け取って席につき)今日は双子の日〜。
        双子の感応能力は理論上、最速の伝達手段になるはずだ。そう考えた悪のテレパスメイジたちがある双子を追跡したー。
        その双子はある時は追っ手から逃げ、ある時は機転を利かせて撃退。旅路の果てに自分たちと同じように悪に苦しめられる人々を集めて自治都市を作った。
        それを人は新苦労人都市(シンクロニシティ)と呼んだという……(ジェラートぱくり)あ、やっぱりおいしい。 -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 22:05:15
      • そっすか・・・いやなんか変に緊張しちまうっす
        (自分の分も受け取って席に)双子・・・?・・・(ふむふむと聞き入り)し、新苦労人都市・・・そんな歴史が・・・え?今もその都市ってあるんすか?(わくわくしつつジェラートパクリ)うまいっす!
        -- 2018-11-02 (金) 22:17:44
      • 緊張する気持ちはわかるよ。私も最初に参加した時は緊張して記念日のことしか喋らなかった。
        わからないー。今もどこかで苦労した人が集まる謎のユートピアー。(人差し指を立てて)
        老婆心ながら、ケーネに伝えておこうー。まずは味方を作るといい。組織で立ち回りやすくなる。仕事は安定するし、敵は倒しやすくなる。仲間は最高の武器というやつだー。 -- カランドリエ 2018-11-02 (金) 22:29:10
      • あははっその日が縁起の悪い記念日だったらジョークにもならなかったっすね?
        謎のユートピア・・・新って付くって事は旧いのもあるんすかねぇ・・・ん・・味方っすか・・・了解っす(ただ仲の良いとは違った関係性に自分にそういう人物がどれほどいるだろうかと唸る)姉貴には・・どれくらい仲間がいるんすか?
        -- 2018-11-02 (金) 22:49:04
      • ……私、その時大分テンパって覚えてないぃぃぃ……私のようになるな…
        あるのかも知れない…どうすればたどりつけるのか新苦労人都市………私ですか、最近ハロー君とかハイジアと仲が良いですよう。
        でもカレンダー係にそんなにたくさんの仲間は必要ないってことでー。やばい、私反面教師だ。
        それでは今日はありがとう、私はこれで。また次の記念日に。 -- カランドリエ 2018-11-03 (土) 12:54:44
      • あははっ気を付けるっすよー
        カランドリエの姉貴もあんまり人の事言えないっすねぇ(うむうむと頷くと)はいっす!またお会いしましょうっす!(それではと手を振って見送った)
        -- 2018-11-03 (土) 17:11:19
  • 回 覧           12月吉日
    ファミリー各位        幹事 ハロー=ワールド

    忘年会のご案内

    本年も残り少なくなってきましたが、ファミリーの親睦をはかるとともに、この一年の反省と来年への飛躍の糧としていただくため
    恒例の忘年会を下記のとおり企画しました。年末をひかえご多忙中とは存じますが、各自スケジュールご調整のうえ、是非ご参加ください。



    日時 12月2週目(11/3)午後7時〜
    会費 無料
    場所 ホテル『ファミリア』 

    以 上 -- 2018-11-02 (金) 19:46:46
    • 忘年会・・・
      顔を覚えてもらう事も仕事だ・・・行ってこい
      了解っす!・・・兄貴は
      ・・・先に行け・・・後で顔を出す -- 2018-11-02 (金) 20:23:29
  • 『銀河は、拠点を得るにあたって口利きをした恩人ロベルトを訪ねて郊外の一軒家を訪問していた!』(無事に拠点を得ることができたと報告と感謝を伝えに伺う) -- 銀河 2018-11-01 (木) 20:47:25
    • ・・・・・・お嬢・・・いえ、これも仕事ですので(一礼する、組織の首領の娘が野宿などありえない事態なので手早い対処は当然であった)
      ・・困った事があれば・・・いつでも
      -- 2018-11-01 (木) 20:53:41
      • 『仕事人ロベルト、その仕事は迅速だった!』(ある日案内されたホテルがきょうから自分の部屋だと聞かされて最初は困惑したものの、今は和室の畳部屋でのんびりしている)
        『ついては、感謝の品としてうさぎ農園で手に入れたりんごを贈呈するのだ!』(ケーネたちといっしょに食べてほしいとリンゴ入りの箱を取り出す、抱えるくらいのサイズなので足りないということはないかもしれない) -- 銀河 2018-11-01 (木) 21:04:34
      • ・・・ありがとうございやす(恭しげに箱を受け取る、特に重みを感じている様子もなくしっかり持って)
        ・・・相談しづらい事であれば、ケーネを使ってやって下さい(歳の頃も近そうだし同性であればという気遣いであった)
        -- 2018-11-01 (木) 21:19:10
      • 『重量物を持っても体幹のブレがない、達人の身のこなしだ!』(できる…などと思っているのか頷く。ふだんの所作ひとつで解ることも多いのだ)
        『ケーネはてっぽうだまファンクラブの一員、拠点を得た今は招待することを考えていた!』(勝手にファンクラブと認定しているらしく、招待したいと…いやこれは命令でなく遊びの誘いというか…そういうニュアンスである) -- 銀河 2018-11-01 (木) 21:24:13
      • ・・・いえ、大したものでは・・(特にひけらかす物でもないとばかりに返事は最小限だ)
        アイツも喜ぶでしょう(伝えておきやすと頭を下げる、完全に命令を受領した体だ)
        -- 2018-11-01 (木) 21:39:24
      • 『腕が立つものが多ければオヤジのためにも、ファミリーのためにもなる…心強さを感じる銀河!』(ついこの間、『ある男』にヤクを捌く事を持ちかけられた銀河にとって…『信頼できる使い手』を知ることができたのは精神的な助けとなっていた)
        『ジンジャーエールとファミチキ、野菜をたっぷり収納できる冷蔵庫もある…宴の準備はばっちりだったのだ!』(どうやら命令をした、という認識すらないままその場をあとにする…無宿であったことから『立場』を理解していないことにロベルトはこれからも苦心するかも…しれない) -- 銀河 2018-11-01 (木) 21:53:43
      • これからも励ませていただきやす(礼をして見送る・・・自覚がない事は理解しているがそれを上手く指摘する能力は致命的に欠けている男であった) -- 2018-11-01 (木) 22:17:56
  • こんにちはパパ!今日も格好いいね! -- ピーナッツバター 2018-10-29 (月) 21:57:53
    • パ・・・いやオレ女だし、パパにはなれねーよ?・・・ママにもなる気はねーけど・・・
      まぁ、でもありがとよ?お前は相変わらずすげぇ格好してんのな?・・・寒くねぇか?
      -- 2018-10-29 (月) 22:20:11
      • パパはパパよ、ファミリーにいる年上の人は皆わたしのパパ!そう決めたの!
        だからパパもわたしのことをいーっぱい愛していいのよ!わたしもパパのことは大好きだもの!
        寒いけど…平気よっ(パパ達の気を引こうとわざとこういう格好をしてるらしい、コートを着せてもらったり、抱きしめてもらったり、その方法は人それぞれ
        そんな愛情の違いを感じてバターはささやかな幸せを感じているのだ) -- ピーナッツバター 2018-10-29 (月) 22:38:29
      • あー・・・オレが兄貴姉貴っていうような感じか・・・なんか変だけど(そんな物なのかなぁまぁいいかと一先ず自分を納得させて)
        ・・・・ったく・・(上着を脱ぐと羽織らせてやる)そんな恰好しなくても、みんなお前を可愛がってくれるぞ?(うりうり撫でたり「冷えてないかー?」とほっぺを両手で抑えたり)なんかあったかいもんでも食うか?
        -- 2018-10-29 (月) 22:50:48
      • そういうことよっ、ヘンなんかじゃないと思うわ、だって名前で呼ぶよりももっと身近に感じられるもの
        えへへ、これはだって、パパに抱きついた時に、全身でパパを感じたいんだもの くふふっ
        くすぐったいよぉパパー(背中を預けたりしながらひとしきり甘えて)温かいスープが飲みたいかな -- ピーナッツバター 2018-10-29 (月) 23:28:55
      • そんなもんかぁ?・・・パパ・・パパねぇ(いまいち実感が湧かないような、余計な物が邪魔してるような苦い顔)
        そいつぁ健気なこって・・・でも大体のパパはお前が風邪ひくと悲しむと思うぜ?大事にしろよ
        (うりうりわしわしと撫でて)おーそうかっじゃぁちょっと飯食いにいくかっ!奢ってやるよ(あんまり高いのはなしだぜ?と笑って軽々抱え上げて近所の食事処へGOする)
        -- 2018-10-29 (月) 23:53:46
      • (ホントはパパが構ってくれるから過激な格好をして気を引いているのだったり)
        ええ!わたしパパと同じものを食べたい!それでね一緒に美味しいって言い合うの! -- ピーナッツバター 2018-10-30 (火) 21:19:02
      • (なんとなくそうしたくなって肩車とかしたりうぇーいっと駆けまわったりぐるぐる回ったり)同じ物ねぇ・・・オレって結構がっつり食う方だぜ?大丈夫かー?
        (お店に到着し席に着けばマルゲリータピザにミネストローネ、サラダと頼んだり)オレがからーい物とか苦ーい物頼んだらどうしてた?(なんてちょっと意地悪な事も聞いてみる)
        -- 2018-10-30 (火) 21:39:45
      • わあっ、パパみてみておいしそうな料理でテーブルが埋まっちゃったわ!…えっ?ふふっ、パパは優しいもの
        きっとわたしの好きそうなもの頼んでくれるって思ってたわっ(どれも食べれば体が温まりそうで、肌の露出が多いバターのことをちゃんと考えてくれている、と感じているようだ) -- ピーナッツバター 2018-10-30 (火) 22:24:40
      • いやいやーオレそんな優しい方じゃねぇと思うけどなー?今回は特別だぜ?ホントホント
        単にオレがピザ食いたかっただけなんだが・・・気に入ってくれたんなら嬉しいぜ、ほらしっかり食って温まってこうぜ。最近冷えてきたからなーこれからどんどん寒くなるぞ?あとこれはハムレットの姉貴の受け売りだけど、野菜を食うと綺麗になれるらしいぜ
        -- ケーネ 2018-10-30 (火) 22:50:15
      • わかってるわパパ!ピザを切ってあげるわね!(といいつつピザカッターを使いたいと言うのが本音である)
        野菜を食べると綺麗になるの!?なら明日からパパ達のサラダを大盛りにしてあげないといけないわねっ
        わたしもだけど、パパにも綺麗になって欲しいからっそしたらわたし、パパ達のこともっと好きになると思うの(切り分けたピザを互いのお皿に移しながら) -- ピーナッツバター 2018-10-31 (水) 22:04:35
      • はははっありがとよー・・・ほら気をつけろよ?(前かがみになって垂れたひらひらがピザに掛からないように手で押さえてあげて)
        おうそうしたれそうしたれ、コニーリョの兄貴も喜ぶ・・・おうっありがとよっ(にひひっと笑いつつ分けて貰ったピザにお礼を言う)
        (ナイフとフォークで巻いて食べつつ)ピーナッツバターって・・・面白い名前だよな?誰に着けてもらったんだ?
        -- 2018-10-31 (水) 22:27:51
      • あ、ありがとうパパ!こういう汚れって中々落ちないものね、気をつけなくっちゃ!
        いただきますっ(とろける熱々チーズのピザや、トマトの風味と暖かさが沁みるスープなど、食べ勧めるほどに笑顔があふれて)
        名前はパパのパパ(マフィアのボス)につけてもらったの、おいしそうな名前よねっ -- ピーナッツバター 2018-10-31 (水) 22:57:09
      • オレもついた時は苦労するからな、わかるわかる・・・って洗濯も自分でやってるだな?(感心感心と頷き)
        パパのパ・・・ボスか?・・直々に?すっげぇな(自分なんか顔も見た事のない人だ)だなぁ・・・ピーナッツバターは甘いものが好きなのかー?
        -- 2018-10-31 (水) 23:03:12
      • 今度ねメイドさん(ごっこ)になろうと思っているからお洗濯の練習もしてるの、パパにもご奉仕してあげるね!
        ファミリーに入ったばかりだから小さくてあまり覚えてないんだけどね、とっても優しかったわ ええ!ハニートーストが大好きよパパっ
        蜂蜜とアイスクリームと、ホイップがたっぷり詰まった夢のお菓子よっ(時々苦味の強い野菜にたじろぎつつも、パパとのご飯補正でちゃんと食べている) -- ピーナッツバター 2018-11-01 (木) 06:19:11
      • メイドぉ?なんでまた?(大丈夫かぁ?と笑いつつ)楽しみにしてるよ
        ・・・・・・ふぅん・・・おっかねぇ人だろうって思ってたけどな・・(少し遠くを見つつもぐもぐと)
        にひひっ・・・そらまた美味しそうで(うれっあと一息だーと応援しつつ野菜を食べるのを見守って・・・)
        よしよし、野菜もちゃんと食ったな?ならオレから一つご褒美だ(とデザートにハニートーストを追加注文して)
        -- 2018-11-01 (木) 17:57:49
      • 決まってるじゃない!パパに喜んでもらうためよっ パパは怖い人じゃないと思うの
        だっていろんな人がこのファミリーには居るんだもの、きっとパパの魅力に引かれて集まったのね
        やったっ(ハニトーの追加に思わずガッツポーズ)ハニトーはとっても大きいのよ、一人で食べたこともあるんだけどねっ -- ピーナッツバター 2018-11-01 (木) 22:52:12
      • はははっピーナッツバターは一貫してるな
        おっかなさだって大事な要素だと思うけどなぁ…
        分かる、あれを一人で食切るのは中々・・・え?一人で?マジでか?(すごいなと呟いていると早速出てきて)
        -- 2018-11-01 (木) 23:18:17
      • 女の子のお腹は甘いものは無限に入るように出来ているのよっパパもハニトー一緒に食べようねっ
        (蜂蜜とホイップとアイスの詰まったそれを前に嬉しさに満ちた笑顔でケーネを見つめると、早速食べ始めるのでした) -- ピーナッツバター 2018-11-04 (日) 11:07:50
  •  
  •  
  • はろはろーケーネ。今日もスーツが決まってるじゃん♪(毎回だいたい挨拶はこう言ってくる)
    最近はどう?いい仕事振られるようになったー? -- ハムレット 2018-10-28 (日) 22:57:18
    • ぁ、ハムレットの姉貴っこんちわっす!・・・えへへ・・そっすか?(嬉しそうににやにや)
      いんやまだまだ一人じゃお遣いくらいで・・・・・いつも兄貴にくっついて見回りしたり喧嘩したりって感じっす(いやはやと笑って)・・ハムレットの姉貴はどうなんすか?
      -- 2018-10-28 (日) 23:27:48
      • そうそう、もうだいぶスーツが体に馴染んできてる感じだねぇ(嬉しそうな顔を見ると安心したように言った)
        そっかそっか、まだ大丈夫だね。それにキミにはロベルトくんがいるから大事があることはそうそうないかーボクも安心だヨ。……重いお仕事が回ってきたらくれぐれも気をつけるんだよ、キミは普通のヒトの体なんだから―っと
        ボクは相変わらずいい仕事任されないからねぇ。毎日バイト漬けさぁ。昨日はミートパイの販売にモギリにアイスの販売に薬剤宅配にー(指折り数えて) -- ハムレット 2018-10-28 (日) 23:45:06
      • 最初はちょっと動きづらいかとおもったんすけどね?(慣れるとそうでもなかったと)採寸してぴったりにしてくれるっていいっすね?・・・なんだか自分だけのって気がして(にひひっとくすぐったそうに)
        ・・・あんま考えた事なかったっすけど・・ちょっと過保護なんすかね?(もうちょっと自分で何とかできる様になった方がいいのだろうかと)ん・・ぁー・・・うん・・分かったっす(普通の人間だろうか?いやでも兄貴みたいに異様にタフじゃないしそうかもと頷く)
        色々手広いんすね?(指折り数える様を見つめて)・・・姉貴って・・・ロボって話はほんとなんすか?・・・なんかこうして見てると普通の人っぽいなって
        -- 2018-10-28 (日) 23:58:28
      • それフルオーダーだったの!?ほあー…手配したのは誰か知らないけど粋なことするもんだ。いいねェ、世界に一個だけのスーツ…そいつは手放せないやぁ
        ううん?過保護ってわけでも…わけでも無いんじゃない?(おっと一瞬迷った)ほらチーム組んでるのも珍しくないしぃ♪
        ボクのスペックだとそーでもしないと上納金におっつかないんだよぉ。ケーネにセンパイ面してられんのも、多分今のうち限定さぁ(しょーもな、と言いながら笑い飛ばす)
        ……(一瞬なんとも言えない、僅かな違和感のある間を挟んだ…気がする)普通の人っぽく見えるってホント!?そりゃ願ったり叶ったりだヨ!ニンゲンっぽく振る舞えるマシンてファンタスティックだろう?どうよかっこいいだろー!(胸を張る) -- ハムレット 2018-10-29 (月) 00:14:08
      • ・・・・・・え?スーツってそういう物じゃなかったんすか!?(逆にびっくりした様子だ、その手の事を全く知らない下っ端にわざわざそんな物を買い与える関係者などぶっちゃけ一人しかいない・・と言ってもその本人が「スーツはそういう物だ」という認識しかもっていないであろうが)
        あ、迷った!(むぅとむくれた)・・オレも早いとこ一人前にならねーとな・・・
        そんな事ねぇっすよ?オレにとって姉貴は姉貴っすっ!(変わらないと言い切って)・・・・・・?ぁ、あぁ、そうおもうっす・・・顔とか普通に人間みたいだなって・・・・・・その、触らせてもらってもいいっすか?
        -- 2018-10-29 (月) 00:34:37
      • 構成員とかだとわりと既成…いんや気にしないで。似合ってるから万事オッケー!(ちゃんと気遣いというものが存在した)一人前かぁ。頑張ってね、ボク「も」こっそり応援してるよ♪(と言いながらカートのオレンジを投げてよこす。多分売り物)
        そんなこと言われたらボク感動しちゃうなーこのこのっ(帽子ごとあたまをわしわししようと)…えっ、別にへるもんでもないしいくらでも触っていいけど、顔をー?面白いリクエストだねぇ(だいぶ不思議そう) -- ハムレット 2018-10-29 (月) 00:50:26
      • っとと・・・ありがとうございますっす・・・(投じられたオレンジをキャッチしてむいてもぐもぐ)
        え?えへへ・・・ありがとうっす・・(それほどの事だったかなとちょっと躊躇いながらも嬉しそうに撫でられ)
        いいっすか?、で、では(とお言葉に甘えて触れてみたり)うわっすべすべ・・・本当に機械だなんて思えないっす
        -- 2018-10-29 (月) 01:08:31
      • (彼女のオレンジを頬張る姿、屈託なく嬉しそうに撫でられるケーネを見て過保護になるのも無理のない可愛さ、と思うと同時に果たしていくら平和とはいえ「一人前」の構成員に仕立て上げるのは良いことなのか、「兄貴分」はどう判断するだろうか…と、一抹のゆらぎ、選択ゆえの迷いを覚えていた)
        (そして触り心地はさらさらのすべすべだ!)ふふん、このすべすべを維持するのにはじつは絶え間ない努力が必要なのだよー。まずは毎日キャベツメインの生活にしなきゃいけなかったりね、大変なんだよ―? -- ハムレット 2018-10-29 (月) 01:20:00
      • にひひっ・・・・・えと・・オレの顔・・・なんかついてるっすか?(くすぐったそうにしてたが、なんだか奇妙な雰囲気を感じて)
        すげぇ・・・(ありがとっすと手を離し)えぇ・・・キャベツ別に嫌いじゃねぇけどそんないっぱい食べるもんでもねぇっすよ(真似できねぇなぁと呻き)
        -- 2018-10-29 (月) 22:15:18
      • 表情から微妙な機微や体調を察するのもボクのお仕事なのです(それっぽく誤魔化した)
        満足した?タダだからもっと触ってても良かったんだけど―(といったところで思わず笑い出す)……ふふっ、ごめんごめん!キャベツだけ食べてこうなるのはボクぐらいさ
        あっでも野菜は食べとくと美容健康に良いって言うからね。強きも美人も、どっちも目指したいならきっと外せないぞー -- ハムレット 2018-10-29 (月) 22:49:46
      • そんなもんすか?(なんか違う気がしたが、気がした程度でそんな問い詰める様な話でもないかと思い直し)
        野菜ねぇ・・・うん、まぁ意識はするっす・・・美人になれるかどうかはわかんねぇっすけど、こう、身だしなみとかちゃんとしないといけないのは兄貴の教えっすから(肌の手入れとかもそこに含まれていると理解していて)
        -- 2018-10-29 (月) 23:00:23
      • どっかの誰かさんのおかげで良い野菜も流通してるからねぇ(何かと話題に上がる兎の売人を暗に示しつつ)すごい…さすがだねキミの兄貴分は!そこまで気を配ってくれるのはほんとういいアニキなんてそうそう居ない…超兄貴だ…
        だいじょうーぶだって、女の子はだれでも磨いただけ光る。誰が言ったか記録してないけどそんな言葉を聞いたことが有るんだなー
        女子の笑顔と輝きはそれだけでナイフに勝る武器だよ。…っとごめん、ちょっとした挨拶のつもりがえらく話し込んじゃったぞ…(ふとしまった、と言いたげにスケジュールを確認する)
        お時間ごちそうさま!それじゃまたねケーネ!(てをひらひらさせて仕事へと) -- 2018-10-29 (月) 23:26:36
      • んまぁそれもそうっすね?(手に入りやすい以上利用しない手はない訳で)
        ・・・にひひっそうっすっ兄貴はすげぇんすよ?超兄貴っす(それはそれでなんか違う気がしたが気のせいだろう)えぇ・・・ホントっすかぁ?めっちゃ曖昧じゃないっすか(からから笑いつつも言われた事は実践しようと思っている風で)
        ん、予定あったっすか?それはなんだか悪い事をしたっす、お疲れ様っすハムレットの姉貴!(ぺこりと一礼して見送って)・・・野菜かぁ
        -- 2018-10-29 (月) 23:58:26
    • 文通すいっちおん! -- 2018-10-29 (月) 01:09:49
      • //文通キャッチ!おやすみなさいー -- ハムレット 2018-10-29 (月) 01:31:43
  • この辺りのはずー…なんだけど、どこだろー?(くんくん、匂いを辿ってきょろきょろ見回し)
    ケーネねーちゃーん?(ひょい、曲がり角を覗き込み)どこー?(木箱の裏を覗き)いないのー?(ゴミ箱の蓋を開けて覗き) -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 18:39:45
    • んっよ・・・・(見かけたので声をかけようとして黙る・・・探している場所にちょっと呆れ気味に)・・・どうしてそこにオレがいると思ったんだよ・・・(と改めて声をかけて) -- 2018-10-28 (日) 20:16:46
      • わっ!?いきなり見えないトコから声かけられると驚くー!(自分の行動が原因なのだが、ぶわっと尻尾が膨らみ)
        匂いで近くの場所までは分かっても、あとは直接目で見るしかないからー…隠れてるのかなーって!
        (ぱたんと蓋を閉じてから)ケーネねーちゃん、みーっけ!最近お仕事はどーう?忙しかったりするのかなー -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 20:22:39
      • そいつは悪かったなー(ぶわっと膨らんでる尻尾にさわさわ触れて)
        そういう時はとりあえず常識的な所から見ていくもんだぜ?通りとか店とか(ついさっきまで座ってたカフェの席を指したり)
        大分慣れてきた所かな?・・敬語はめんどくせーけど、周りは皆すげー人だからしょうがないし、盗みはないけど脅して殴って殴られてでやる事はたいして変わってないから助かるぜ
        -- 2018-10-28 (日) 20:34:11
      • ひゃんっ!?(触り心地はいいかもしれないが、触られる側は追加で驚き)じょーしきてきなトコ…買いもしないのにお店入ってへーき…?
        って、あんなとこに居たんだ…お食事中だったらごめんねー? やっぱり、敬語とか使わないと怒られちゃうのかなー…(どこでも大体こんなノリのお子様、少し悩む)
        もし暇してたら、モレッティさんが人手が足りないんで手伝ってくれって(自分の上司の名を出しつつ、ポケットから仕事の概要が書かれた紙切れを差し出す) -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 20:40:28
      • (おっいい感触っと笑って手を離し)へーきへーきっ人捜してるって言っときゃいいんだよ、オレなんてしょっちゅうだぜ?
        わかんね。でもこの人はすげぇって思ったのなら、それなりの態度ってのがしたくなるんだよ、面倒くさくても・・・まぁレアンドロはいいんじゃね?可愛い奴だし(うりうりーと頭をわしわし撫でたり)お前の方こそどうなんだよ?なんか困ってたりしねぇか?
        ん?・・・(差し出された紙を受け取り、開いてみつつ)暇だけどオレに出来る事かなぁ・・場合によっちゃ即答はできねぇぞ?兄貴に話しとおしておかねぇと
        -- 2018-10-28 (日) 20:49:45
      • そっかー、でも誰を捜してるかまでは言っちゃダメなんだよね?(ついさっきまで名前を呼んでいた身が言えたことではないが)
        にーちゃんも偉い人には敬語だったけどー、そういう頭のいい言葉…とっさに出てこないんだよねー うゃ〜…(撫でられるのは好きなようで、抵抗しない)
        家にいると一人ぼっちで寂しくはあるけどー えっとね、そこの住所にある建物の裏口の鍵をこそーっと開けといて欲しいのっ
        だからケーネねーちゃん向きなんだよねっ、ロベルトさんもこういうのできるのかなー(彼は荒事担当というイメージだった) -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 20:56:40
      • ・・・?なんでだ?別に後ろめたい事してる訳じゃねーんだろ?(マフィア)・・・まぁ名前を言っても店員の人にゃ分からねぇ時もあるだろうけど(見た目の特徴くらいなら全然問題ないだろうと頷く)
        オレもそうだし、大丈夫大丈夫、なんだっけな?・・敬意?を忘れないようにしてりゃ大丈夫らしいし・・・・・・寂しい時は、遠慮なく周りに頼ってくれていいんだぜ?水くせえ
        鍵を?それ位ならまぁ・・・(住所を確認しながらどういった所だったっけなぁと思い出したりしつつ)でもなんだってまた・・・オレも兄貴程じゃねぇけど、うん、とっとと押し入ってやる事すましちまう方が楽って思うタチだな
        -- 2018-10-28 (日) 21:06:10
      • どこからどこまでが秘密なのか、わかんなくなっちゃうんで 余計なこと喋っちゃうとこわいし!
        りすぺくと、ってやつだねー だからこうして会いにきたっていうのもあるねー!ありがとっ
        モレッティさんいわく「ウチの連中じゃこれがマスターキーだ!って鍵を撃ち壊すからな」だって あんまり証拠とか残せないからみたい -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 21:14:20
      • んー・・・そんなもんか?(しょうがないかな?と頷き)まぁ、店に入りづらいとかでも外から見るだけでいいんだぜ?
        そうそうリスペクト・・・・・にひひっどういたしましてだ、嬉しいぜ?
        ふぅん?なんにせよ分かった、バレねぇようにこっそりやればいいんだな?久しぶりだけど腕は訛ってねぇぜ(時間はいつごろかとか細かい話を詰めておいて)
        ・・・にしてもいい感触だなぁ・・・(とまた尻尾にふれて)手入れとかやっぱちゃんとしてんのか?
        -- 2018-10-28 (日) 21:33:03
      • そうそうー、誰かに見られたりするのはダメだけど…ケーネねーちゃんならそういう事なさそうだしね(詳細を概ね伝えてから)
        (手の動きが見えていたので今度は流石に驚かず 代わりに小さく身を震わせて)
        んっ、えへへ…お風呂はちゃんと入るよーにしてるよ?身だしなみは大切だ、ってにーちゃんも言ってた!乾かすのに時間かかるけどねー -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 21:42:32
      • (詳細を把握すれば了承し、尻尾に集中)へー・・・セリノそういう所しっかりしてたもんなー・・ちゃんと洗ってトリートメントして櫛通して・・かな?(オレ髪短くてよかったとうんうん)
        (ぱっと手を離すと)ありがとな?嫌じゃなかったらまた触らせてくれよ?・・なんだかほんわか和むんだ
        -- 2018-10-28 (日) 21:53:54
      • (少しくすぐったそうな顔をしながら)歯磨き忘れるなーとか、けっこううるさかったけどねー リンスはぬるぬるしてきもちわるいー!
        それぐらいならいつでもどーぞだよっ!やっぱり、お仕事してると心がいろいろささくれちゃうよねー…
        っと、ボクもまだお仕事あるんだった!それじゃあまったねー(手を振りながら駆け出していき、曲がり角の向こうへと) -- レアンドロ 2018-10-28 (日) 22:02:56
      • はははっ身だしなみについてはオレも良く兄貴に言われるよ(気持ちは分かるとうんうん)
        ・・・?・・あぁまたな、気を付けて帰れよー(と見送る)・・・ささくれてるんかなオレ・・・?あんまり仕事でそういう事考えた事なかったけど(うぅむと唸ってたりしてた)
        -- 2018-10-28 (日) 22:05:35
  •  
  •  
  • お、ケーネみっけ。(日中。探してた人物を見つけて)おーっす、ケーネ。ハロー、どうも。元気にしてるか?ちと今いいか? -- ハロー 2018-10-27 (土) 20:39:48
    • あっハローの兄貴!こんちわっす!(ぱぁっと笑って挨拶、小首を傾げ)・・・?どうかしたんすか? -- 2018-10-27 (土) 22:19:59
      • おう、元気そーでなによりだ。(ニカッと笑顔で返して)…んー、そうだな…昼間だとちと話しづらいんだが…(話題を切り出す)
        出来れば夜がよかったけど。まぁいいか…人前じゃあれだから路地裏行くか…(路地裏へ)…ケーネじゃないと(この仕事の話は)出来ないことでな…
        まぁ、俺も(一人だけで仕事こなすのは)ちと不安だけど…でもきっと(ケーネに言えばロベルトの旦那に)伝わると思ったから。言うな……(という前振りを乗せてから)
        …あー、仕事の話だ。ロベルトの旦那に伝えなきゃなんだが。今旦那がどこにいるか知ってる?(こういうこと真顔で言う) -- ハロー 2018-10-27 (土) 22:23:34
      • んー?仕事の話っすか?(普段兄貴と仕事の話をする時は道のど真ん中でも堂々としてたりするので出来れば夜、人気のない所でという状況に少し慣れない・・・)
        (しかし自分にしかできないと切り出されれば若干興奮気味に)なんすか!デカい仕事っすか!(うひょうと瞳を輝かせつつうんうんと話を聞く)
        ・・・・・・・・・(と思いきや詰まる所ただのメッセンジャーな様で、がっくり肩を落とす)兄貴っすか?今はボスの所にあがりの報告(?)にいってるっす、もうしばらくしたら戻ってくると思うので・・・急ぎでないなら待ってるといいっすよ?
        -- 2018-10-27 (土) 22:44:43
      • (なお特に誤解を招くような発言をしていた自覚はないのでツッコミ不在の空間)んー、まぁデカい仕事と言えばそう。今夜、ちと捕り物があって、強襲メンバー集めてるんだけど人員が微妙でね。
        ああ、そうがっくりすんなって。今回は相手が、あー(所謂強姦魔。万が一があってもなのでメンバーに入れないつもりだ)…女が相手だと10倍の力を発揮する系の能力者でな。男で構成するんだよ。
        夜の仕事だし、ロベルトの旦那がいれば万が一もないくらいの戦力になる。そんじゃ少し待つかー。…なんか食べるか?(手持無沙汰なのもなんなので) -- ハロー 2018-10-27 (土) 22:55:53
      • 捕り物・・・何人か集めてってなると結構大ごとっすね?(そうなれば自分にも出番がと意気込むも)
        女が・・・なんすかそれ・・クズみたいな能力じゃないっすか(若干引き気味にばっさり言ってのけ、10倍・・10倍は流石に無理かぁとボヤいてる)
        あーそう言うの強いっすからねぇ兄貴・・・(いいなぁ行きたいなぁと呟いていたが)んっ!いいんすか!?ゴチになりやす!(と近くのジェラート屋をちらちら見たり)
        -- 2018-10-27 (土) 23:10:08
      • ああ、そこそこな。敵がちと暴力のほうも身につけてる系でなァー、タイマンでも行けるやつは何人もいるだろうけど、万が一を無くすのが俺の仕事だからな。
        そう、クズなやつなの。なんでそういうやつっているんだろうねェ(疲れたようなため息)人の性は悪ってことなのかねー。世知辛い。
        …因みに(呟きを聞いて少し真顔になり)ついてきたら駄目だぞ。そこ、「信頼」してるからな(若干嗜める様に)…ま、そういうヤマに首突っ込みたければ強くあるべし!ってやつだ。なお俺は強くないです。(元の軽い雰囲気に戻って)
        おー。ジェラートか?ジェラートかいいのか?いいねェー乙女だねェー。(一緒にジェラート屋に向かって)おっちゃん、シロクロ桃マシディアボロ半で。(この男常連である) -- ハロー 2018-10-27 (土) 23:21:23
      • 性・・・?なんてオレにはわかんねぇけど・・・その辺は人によるんじゃねぇっすかね?
        ・・・っ・・わかってるよぅ(むすぅと詰まらなそうにむくれる、図星ではなく疑われる事にショックを受けた様子だ)・・ってかハローの兄貴こそ、そんな強くねぇって自分で言っちゃう位なのにそんなのに関わって大丈夫なんすか?
        ちょ・・やめてくださいっすよ、これくらい普通じゃないっすか(こちらは普通にバニラとブルーベリーを頼みつつかなり慣れてる様子のハローに「人の事言えねぇ」とばかりにジト目を向けてたり)
        (待つ間なんとなく手持ち無沙汰で)なぁ・・ハローの兄貴?あの噂ってホントなんすか?・・・その、ボスの息子だってあれ
        -- 2018-10-27 (土) 23:42:05
      • 今ケーネめっちゃいいこと言ったぞ。そうだな、その辺人それぞれだわ。ちょっと俺の視野の狭さ反省したくなった。偉いぞケーネジェラートおごり1回券ゲット!(うんうんと頷く)
        …あ、悪い(言い方が致命的に悪かった。謝罪から紡ぐ言葉は)…心配だったんだ。若いのがやる気あるのはすげーいいことだけど、それで万が一があるのが怖くてな。すまん、その辺はマジに信頼してるから許せな。口下手なのが俺が二枚目になれない原因だな(首を垂れる)
        …んー、その辺中間管理職の大変さと言いますかねェー。経験豊富という4文字を盾に何でも任されるのが俺の辛いところなんだよね。ここ数年休日があった覚えがないです。つれぇー!(かーっ)
        ちゃうねん。俺ほら、治安維持で店の経営管理とかみかじめとかやってるから。品ぞろえも仕事のうちやねん(バニラとチョコと白桃、そしてレモネードのセットが出てきた。プロか)
        (ケーネのアイスも出てきたので並んで食べつつ)…んー?ああ、それガセだぞ。あれだ、サイカっているだろ?構成員0004の。あれに髪の色も目の色も一緒だからお前ら姉弟じゃね?って言われて流れたガセ。
        (どこ吹く風といった風にアイスを食べながら)構成員たるものガセ情報が出回ってはいかんネー。どっから聞いたかしらんけど、次その話聞いたらケーネからも訂正しておいてくれや。ボスとは何の縁もないプーだよ俺は。 -- ハロー 2018-10-27 (土) 23:49:22
      • はぁ・・・?・・え?そ、そうっすか?にひひ・・・やーっすよ兄貴ーそんな褒められてもー(くすぐったそうに笑って権利を受け取り)
        い、いやいいっす(改められて謝られるとちょっと困ったように)うん、ハローの兄貴はオレを心配してくれたわけっすから
        経験豊富って・・・ハローの兄貴って結構若く見えるんすけどいつ頃からこの仕事してるんすか?・・・ってかちゃんと休まないとダメっすよ?倒れたらそれこそ事なんすから
        ・・・それは品ぞろえを把握してる理由にはなるっすけど・・・そのがっつりごきげんカラフルなセットを頼む理由になってないっす、素直に好きって言えばいいじゃないっすかー(うりうりと弄る調子)
        えーっガセなんすか?・・・事務所の先輩がこっそり教えてくれた事だったんすけど・・・(騙されたぁっとため息)わかったっす、ちゃんと本人に確認したって言ってやるっす・・・にしてもこの組ってボスの子供って多いっすよね・・・兄貴に挨拶しておけって言われてるんすよ(えらい人相手は疲れそうだと唸ってる)
        -- 2018-10-28 (日) 00:16:42
      • (次は別のジェラートの組み合わせを試そうと考えている男の姿がそこにはあった)うん、そゆこと。どうもヒネた言い方しかできなくてなー、よくたしなめられます。わかってくれて嬉しいよ。
        いつ頃から…本格的には4〜5年前かな。うん、俺も最近ちょっとそう思うんだけどね、休まなくても大丈夫なくらい仕事に慣れたというか…休もうと思っても仕事がやってくるというか…。仕事がヤなわけじゃないんだぜ?
        わかってないなぁケーネ君。こうして可愛い一面を見せることで女の子のハートをつかむ大人のテクニックってやつだよ。これを口に出すことで台無しになるし実際ジェラートは好きなんだけどねェー!うん。うまあじ。(いじられつつ味わいながら)
        ガセガセ、真に受けるなよ。それにボスの直系だからって別に特別扱いしすぎることはないしな…ファミリーなんだから、俺らは。その辺、ロベルトの旦那はきっちりしてるのはわかるけど。
        いいんだよ、普通に目上にも目下にも、家族として敬意をもって付き合えばいい。そうすりゃそれは挨拶になるんだ。大切なのは奢りすぎない心だ…と、思う。ロベルトの旦那も多分そう思って…
        …ますよね、(ジェラートを食べ終えて、振り向いた先)旦那。(報告を終えたロベルトを迎えて)どうでしょ、俺の考えでケーネに言ってみたけど、よかったッスかね? -- ハロー 2018-10-28 (日) 00:24:11
      • 4〜5年・・・(今の自分と同い年くらいの頃からだろうか?自分も将来その位になれるのだろうかと・・・・・・・・というか兄貴は今ハローとそれほど大きく変わらない地位な気がしてあの人はちゃんと出世できてるのかなとちょっと不安になったり)・・仕事がないよりはいいっすけど、忙しすぎるのも大変っすねぇ・・・こう、仕事任せられる部下とかいないんすか?
        いやいや、男はやっぱりカッコよくなきゃダメっすよ?(まったくもうとジェラートぺろぺろ、そんな風に言いながらも結構親しみを抱いているようで、実際効果はあった)
        それは・・・そうなんすけども・・・・お疲れ様っす兄貴(自分はともかくハローはなんで気づいたんだろうと少し不思議に思いつつロベルトに挨拶し)

        ・・・・・・敬意を忘れるな(途中から聞こえてきた程度の話なのではっきりしないがそれだけは間違いない)
        (歩み寄ると)ピスタチオ(ジェラートを注文し、ハローに目を向ける)・・・何かあったか?
        -- 2018-10-28 (日) 00:42:21
      • え、いるけど?(普通に応える)一応、直属ではないけど仕事の指示ができる部下はいるよ。でもねケーネ、不思議なことなんだけど部下が増えても仕事は減らないの。むしろ増えるの。なんでだろうねェー…仕事の不思議だねぇ。
        (ジェラートうまうましながらも…普通に背後の、しかもプロの歩みをなぜ察したか?謎は明かされず)うん、ロベルトの旦那もこう言っておられる。…大切なのは敬意だぜ!(合わせていくノリ)
        ん。(視線を交わす。真剣な目に戻って)…仕事の依頼です。ファミリーに許可は通ってます。詳細はこちらで(細かい字が書かれたメモを渡す)今夜10時。お願いします。(…そして顔をいつもの飄々とした顔に戻した。周囲に悟られてもよくない。) -- ハロー 2018-10-28 (日) 00:52:00
      • そっか・・・仕事の方が増えちまうんすね・・(それだけ有能な証なので悪い事ではないのだろうが、ままならない)
        (うんうんと頷いてる、受け取ったジェラートを食べつつ片手でメモを開く)強姦魔か・・・わかった(無口な癖にこういう事ははっきり言ってしまう、後ろめたい事など何もないと言わんばかりだ。そしてそれを裏付ける様に「うげっ・・・」と顔を青ざめさせるのはケーネだけ、ジェラート屋の主人に至っては「私は何も聞いていませんよと」ばかりに通常営業だ)
        -- 2018-10-28 (日) 01:25:14
      • いやそれ口に出さないでくださいよォ!?…あー(ケーネに気まずそうに視線を投げて)…そゆこと。心配になる気持ちわかるでしょ。…世知辛ェ。(肩を落とした)
        ま、仕事は仕事…旦那、よろしくお願いします。それじゃまた夜に…ケーネ、今夜は早くに寝とけよな。よく寝て立派に育つのも女子の仕事だぞぉー(手をひらひらさせつつ、その場を去っていった ジェラート代は全部出していった) -- ハロー 2018-10-28 (日) 01:28:59
      • ・・・?(何を気にする事があるのかと怪訝な顔)
        いや・・うん・・・大丈夫ありがとうハローの兄貴、意味は・・解ってるから・・・
        ・・・・悪いな・・(無論デリカシー云々ではなくジェラート代の事である、軽く手を上げてハローを見送る・・・夜通しになるなら自分も早めに寝ておく必要があるだろう)
        あ、ああっまたなーハローの兄貴!・・・って・・オレ多分これより背は伸びないと思うな・・・(なんて呆れたりしつつ見送った)
        -- 2018-10-28 (日) 01:37:18
  • こうか! -- ケーネ 2018-10-27 (土) 02:12:48
    • セヤナー -- 2018-10-27 (土) 02:13:07
      • 「p」付けるのをすっかり忘れてたぜっ -- ケーネ 2018-10-27 (土) 02:14:20
    • よっしゃできたー!! -- ケーネ 2018-10-27 (土) 02:13:09

  • (デスクの上、戻ってきた猫から流体を回収する)
    (まき散らした砂の上に流体を垂らせば、砂たちが独りでに蠢き、像を成し、声を発しだす・・・後はそれらをつぶさに観察する)
    • コッローディ
      本名:不明
      所属:ヴィスコッティ・ファミリー
       ※1ヴィスコッティ・ファミリー:西方の小規模の組織、歴史は長いと思われる。詳細不明
      目的:ドラッグ『ゲート』の販売
       ※2『ゲート』:違法薬物、多幸感及び幻覚作用をもたらす
              初回〜数回までの依存性が高いがそれ以降の効果がないという特徴がある
              成分、副作用不明

      現在まで貧民を中心に多数の人間に販売
      価格は安価でありながら既に多額の上納金を収めている事を彼崎とのやり取りで確認している。
      又、その際かなりの量の顧客情報をボスに流している

      ファミリー内部においても何名かの人物と接触、交渉を持ち掛けている
      内、ラリィとの協力関係を築いたようだ
      • 不明点
        1:ヴィスコッティ・ファミリーの詳細及びコッローディの人となりについて
         西方に調査員を派遣できればよいが・・・詳細が分かった頃には手遅れになっている可能性が高い
        2:『ゲート』の詳細について)稾瑤箸靴特太犬靴新舒
         同じく製造元と思われる西方で調査する必要があるだろう
        3:『ゲート』の詳細について⊂評、副作用
         効果がなくなる事も含めて観察の必要がある
         体に耐性ができる?・・・この現象には既視感がある
      • 疑問点
        1:ゲートの特性と価格の不釣り合い
         ゲートの特性を踏まえると継続的な利益を得る事が難しいと容易に想像できる
         つまり二回目以降の金額の引き上げがあるか、依存性の高い別のドラッグを持ち込まなければ割に合わない
        2:膨大な量の個人情報
         ボスがなぜそれを必要としているのか
      • その他
        ピーナッツバターに対する反応が常とは異なっていた。「パパ」という呼び名に引っ掛かりを覚え、彼女の出身を気にしたようだ
        つまり顔を知らない娘と、それを産む女の存在に心当たりがあるという事だが・・・いずれにしろ西方では手が出ない

      • 考察
        コッローディはボスと共に何かを計画している、ドラッグの販売はその前段階に過ぎない
         目的を遂げれば販売を終え、またその頃には効果がなくなっているのであればつじつまが合う
         ボスが動いている以上、それが組織にとって重要な事柄なのは間違いない
         そしてそれが公表されないのも、そうする必要があるからだ
         であるならば、これ以上踏み込む事無くボスの指令を待つべきだが・・・
        問題はコッローディが裏で何かを企てている可能性がある事だ・・・その為にも身辺及び『ゲート』の調査は必要不可欠である
      • 虎穴に入らずんば虎子を得ず・・・か・・・(ボスが認可した薬物である以上、構成員がそれを興味本位で購入、使用するのはありうる話だ)
        (仮にそれがもとで死亡し、販売者が恨まれるような事になっても)・・・・・・(後は誰を虎のいる穴に放り込むかだ)
  • チームを集め、計画を話す
    密命を帯びるのは4人、うち3人は長期の休暇と称して西方に赴き、コッローディの身辺、ヴィスコッティ・ファミリーの詳細、『ゲート』の調査を行う

    他所様の土地に行って嗅ぎまわるんだ・・・ファミリーの助けはない物と思え

    サポートなしの少人数での活動となる以上、選ばれるのは相応の精鋭だ・・・これはもう決めてあるし、快諾してもらえた
    問題は残りの1人・・・『ゲート』の試験役だ
    急速に広まっている『ゲート』がどのような効果をもたらす物か調べる事は、コッローディの企みを暴く事に繋がる筈だ
    被験者には漿穢法を獲得した者が選ばれる、心肺機能を高める事で薬の周りを早め、巷で自体が表面化するよりも早くその正体を暴く
    サポートが得られる反面、死亡や廃人化のリスクを負う事になる・・・気軽に命令できる事ではない
    何よりコッローディに何の企みもなかった場合、ただ損をするだけの立場である
    そして仮に『ゲート』が完全無害であったとしても、ボスの計画を邪魔したとしてチーム全体が処罰される可能性だって否定できない

    それでも・・・誰かがやらなければならない
    市民に危害を加える事は許されない・・・例え自らクスリに手を出すような輩でも、俺達がそれに手を貸していい理由にはならない
    敵対組織の者であっても、薬漬けにしたと知られればそれがファミリーの不利益に繋がる事は必至だ
    だから・・・俺達でやる・・・・・・時間をやる、手を引きたい奴は引け

    最終的に2人ほどチームから抜ける事になり、別の仕事先を斡旋してやる事になった
    • 3日後
      調査班は既に旅立った、残った者たちの内、流体を持つ者を集める

      一人を決める・・・クジで・・・
      兄貴、ズルはなしですぜ?
      ・・・・・・・・・・・・・・・してない
      ・・・兄貴、嘘へたくそっすね?
      ・・・・・嘘ではない
      そんな顔してもダメです
      ズルはしていない
      兄貴・・・わかってんでしょう?兄貴がイカレちまったら計画そのものがオジャンなんすよ?
      ・・・・・・

      ケーネは時々異様に勘がいい・・・だがクジ運はなかった

      なぁに、経験がない訳でもなし、そんな心配するようなもんじゃねぇっすよ

      そう言ってケーネは笑った
      今更悔やんでも何も始まらない・・・為すべき事を為せ
      調査は独自の物だ、本来の仕事に抜かりがあってはならない・・・編成を見直さなければ
  • ・・・言った筈だ・・・近々若いのが世話になると
    兄貴、それ言っちゃダメな奴じゃないっすか
    ・・・・・・
    ダメじゃないっすか
  • (彼崎の命もあり、監視は継続される)
    • 追記
      • ケーネはああ言ったが宣言することはとても大事だ
        公明正大である事は何より崩しがたい力を持つ
        ケーネはわざわざ俺の手の物である事を隠す気でいたようだが、そんなことをする必要はない
        堂々と俺からの使いであると言っても問題はなかった・・・試験を拒否する方が奴の不利益に繋がるのだから
        『ゲート』はその摂取量に関わらず1週間効果が持続するらしい・・・馬鹿馬鹿しい話だが・・こちらは門外漢、専門家の意見を聞こう
      • 問題点が一つ、猫のままでは地下まで追うのが難しい、スドウ氏の研究室の奥までは追えなかった
        だが蛇やネズミは猫と比べて目も耳も悪く、相応に近づかなければならない・・・なので猫の首に蛇を括り付け、状況により使い分ける様にする
        次はない
      • サイカ嬢との接触を確認、彼女はコッローディの状況について何か知っているのかもしれない
        何かあれば彼女が手を下すことになるのだろう
        奴がお嬢に何を聞いたのか、小声だったのでわかりづらいが、西方の勢力状況を気にしたようだ・・・
        送り込んだのはいずれもマスターやエキスパートクラスの術師・・・戦うより避ける道を探った方がマシなくらいにはしぶといやつらだ・・・大丈夫だろう
      • ハイジア先生との接触時に奴の術を確認、幻覚系
        視覚と気圏、両面での動作確認をするべきだろう
  • ケーネが薬を手に入れて来ればいよいよ開始である
    事務所のワンフロアを丸々改装し、暫くここで生活してもらう事を伝えた・・・安全が確認されるまで外出は禁止だ

    わぁお、オレの部屋より広いじゃないっすか?VIPっすねVIP
    了解っす、まぁ何とかなるっすよ


    のんきな事を言う・・・誤算があるとすれば、『ゲート』が通常の薬物と異なっている事か・・・
    一週間残る異常な持続性を考えると、体の代謝を高めても薬が抜けるのが早まる事はなさそうだ

    椅子に座って向き合うと流体を飲ませる・・・ケーネの意志力によって流体は保たれるが・・・支配力の差により暫くの間元の持ち主の性質が保たれる
    すなわち彼女がどのような幻覚をみたかは記録される

    ・・・始めろ
    あいっす

    躊躇いは一瞬、ケーネは一息に薬を飲んだ
    • 数十分後
      • ふへぇへへ・・・
        ・・・こんな風になるのか

        こうして実際の症状を横で見ているとこうなってはならないとひしひしと感じる・・・
        漿穢法師は体内の水分を流体に置き換え、それを自在に操る術師だ
        故に薬物に対しても常人より多くの対処法を持つが・・・結局それは薬効が脳に届かないようにするとか体外に排出するとかの「対処」でしかなく、効かなくなる訳ではない
        一旦受け入れて脳まで回してしまえば、流体を動かすという意志力その物が鈍ってしまう・・・彼女の父親がアルコールに溺れた様に

        あにきー・・・これさいこうっすー・・あにきもどうっすかー(ふへー)
        ・・・・・・

        これほど胸が痛んだのは何年ぶりだろうか
  • 追記
    • 自分以外にもコッローディの調査を進めているものがちらほらと見受けられる
      恐らくその中心には彼崎サンがいるが・・・関わり方がいささか踏み込みすぎている部分もある気がする
      これまで監視を続けてきた中で現在把握できている範囲でまとめてみよう
      • ロベルト
        コッローディの動向の監視、西方での身辺調査、『ゲート』の西方での実地調査及び試験
        監視の過程で彼の関係者とみられる人物がいれば誘拐し、ハイジア先生に頼って情報を聞き出す(彼崎からの指令)
        現時点においてコッローディはボスと協力関係にある為、その行動を妨害する事はしないし場合によっては協力もするだろう
        今後どうするかは調査の結果次第、問題がなければ受け入れるし裏切っていたのであれば槍玉にあげ、然るべき手順を踏んで始末する
      • ラリィ
        『ゲート』の調査
        初めはただ販売に協力しているのかと思ったが、その実態は薬の分析のようだ
        販売相手として適当な相手をでっちあげているようだが・・・その情報はボスも目を通す・・嘘がバレた時の彼女の処遇が気がかりだ
        コッローディは彼女以外にも販売ルートを確保している・・・彼らだって正しい情報を送るとは限らない以上、些末な事として処理される期待はある
        彼女にはケーネを診てもらう約束を取り付けてある・・・近いうちにまたコンタクトを取ろう
      • ハロー
        コッローディの追跡、『ゲート』販売ルートの把握と取り潰し
        行動に私情を挟みすぎている・・・あれでは彼の能力を十分に発揮できずにコッローディに翻弄されるだけだ
        また、コッローディ自身は気にしていないようだがルートの取り潰しは明確な妨害工作だ、現時点において彼崎サンに次いで危険な立ち位置にいると言える
        関係性を踏まえるとハローのバックにいるのは恐らく彼崎サンだ、彼の行動をセーブする事は彼崎サンの危険も小さくする事に繋がるかもしれない
        ・・・否、それについてアクションを起こす事は俺の仕事の領分を超えている・・・彼崎サンならば上手くやってくれると信じよう
      • 銀河
        コッローディからの接触を突っぱね、以降は自ら積極的に奴に絡んでいるようだ、その行動は義憤にかられた物のように見える
        先日は奴の尾行を行っていたかと思えば途中で客の方を追い始めた・・・患者の調査だったのだろうか?
        何かをしなければならないと感じているが、何をすればよいのかわからない・・・そんな雰囲気を感じる
        このようなイレギュラーは予期せぬゆさぶりとなる事がある、お嬢には申し訳ないが今のまま暫く様子を見たい
      • 斡旋所
        『ゲート』が彼らの仕事に影響を与えないか心配しているのか?前回ダニエルと飲んだ時に聞けばよかったかもしれない
      • ミューザー
        『ゲート』を使用しているようだ、ケーネよりもずっと薬を使い慣れている様子が見られる
        ケーネよりも有望だったかもしれない
    • コッローディの動向追記
      • 珍しく仕事ではない姿が見られた、彼崎サンが後を追っていた
        ファミリーの資料室を使ったようだ、許可を出したのはサイカ嬢、彼女の事も気がかりだ
        奴の目的はファミリーがかつて関わった麻薬関係の事件についてのようだった、ただ彼崎サンが追っているのならばそれについては深く知る必要はないだろう
      • スドウ氏と接触、現在『ゲート』による直接の死者は出ていないらしい
        どうも近隣国には奴の部下がいるらしい・・・西方まで出向くことはなかったかもしれないが・・・手持ちがいない・・・彼崎サンに相談するか?
        『ゲート』使用中に転落死した死体が出たようだ、奴の立場を考えると今後出方が慎重になるかもしれない
        死の報を聞いた時、いつもの張り付いた笑顔が消えたのは見逃さなかった・・・どうにもコッローディには裏社会の人間らしくない面が見られる
        以前の会話、ティアナとの交流、そして今回・・・どうにも宗教関係者の雰囲気を感じる
        又、特定の死体の情報を求めているようだ、口に石、あるいは胸に釘・・・(※この時点ではまだ西方の部下の報告は届いていない)
      • ある少女と接触・・・どこかで見た覚えがあるが・・・他人の空似か?
        その際『ゲート』を販売ではなく配布している・・・奴の目的が金ではない事を示す事例だ
    • ・・・とりあえずこんなところか?
  • 西方調査結果(時系列)
    • 数百年前
      • ヴィスコッティ・ファミリー出身者がオルネット家令嬢に婿入り
      • ヴィスコッティ・ファミリー壊滅
         (→何者によってかは不明)
    • 十年前
      • コッローディ(本名ピノック・オルネット)、西方にてカタリナ司祭のパトロンとなる
      • カタリナ司祭、『ゲート』を開発
        ・『ゲート』は本来麻薬ではなく宗教系の薬として開発される
        ・カタリナ司祭は常々「人々に必要なのは皆が神の存在を感じる事であり、
         そうする事で人は真の安心を得て努力する事の有意義さを自覚出来る筈だ」と語っていたらしい
         (→『ゲート』の効果である多幸感や幻覚は神の存在を感じている?)
      • カタリナ司祭、何者かにより殺害される
        ・心臓に釘が刺さっていたが、警察では事件性なしとされている
        ・当時教会の地下にあった研究所は破壊され、痕跡はなし
        ・古くから西方に根付く「ある組織」により殺害されたらしい
         「ある組織」はかなり根深く西方を支配しているようだが、名称不明
         (→ヴィスコッティ・ファミリーの壊滅に関わっているのでは?)
      • ピノック・オルネット、「ある組織」への報復の為に町を出る、以後消息不明とされていた
    • 現在
      • 「ある組織」について
        ・現在も影響力を持ち続けている
         釘の刺さった死体を部下が確認している
         コッローディが釘の刺さった死体がないかスドウ氏に確認している監視記録もある事から
         その影響力がこちらにまで及んでいないか危うんでいるようだ
      • コッローディと関係の深い者について
        ・西方ではカタリナ司祭のみと考えられる、すでに死亡
        ・部下の記録を確認していると幾度か不自然に有利な情報を得られるよう誘導されている節が見られた
         おそらく奴には部下がいて、それと何らかの方法で連絡を取り合っている
         ただし内一人は死亡を確認、他の者も消されている可能性がある
        ・オルネット家は貴族であり、手を出すのは難しい
      • 不明点
        ・ヴィスコッティ・ファミリーを滅ぼしたのは何者か?
        ・『ゲート』の真の作用とは?
        ・「ある組織」の正体は?
      • 西方調査から推察されるコッローディの目的
        1.西方での調査を通して「ある組織」を刺激し、ファミリーと抗争を起こさせる
         (→考えすぎでは?あまりに回りくどい、我々が行動を起こさなかった時にどうするつもりだったのか)
        2.単純に亡き親友の無念を晴らす
    • (ここまでまとめた所で息を吐く)・・・もう少し留まって組織に接触していれば・・・分かった事もあるかもしれんが・・・
      (推察部分を見る・・・特に1番は監視によって感じ取ったコッローディの人物像とは異なる気もする)・・・俺も、絆されているのか・・・?
  • (部屋の真ん中に立ち、手に流体を乗せてその形を変えている・・・スペード、ダイヤ、ハート、クラブ・・・)
    どうした・・・?急に熱心になったじゃないか
    ぁ・・兄貴?・・・いや・・なんかさ…暇・・・だってのもあるけど、なんだろ・・・こうやって頑張る事は無駄じゃぁないんだろうなって思えてきたっていうか・・・へへ・・変だな?
    (コッローディとの会話・・・カタリナ司祭の持論を思い出す・・・『ゲート』の効果か?)・・・やる気になったのならいい事だ・・・手が空いたら見ていてやる
    やりっ -- 2018-11-10 (土) 18:45:49
    • 基礎修行:体内操作
      • 身体強化
        まずは出力確認だ。バーベルを用意し、これを持ち上げる

        取り敢えず100か・・・
        い、いやいやいや・・・無理だってそんなのっ!?

        無理だった・・・というより

        腕の力で上げようとしているな、呼吸もしている
        (ぜーっぜーっ)他にどうしろってんすか・・・ってか呼吸しなきゃ死ぬっすよ
        体内の流体に意識を集中しろ、流体で体を動かせ
        ・・・?・・

        中々筋がいい・・・というよりやる気に満ちている事が利いている・・・程なくコツを掴み始めた
        ・・・流石に300が行けそうになった時は危機感を覚えたが
      • 治癒
        ナイフを使い、手を切る・・まずは軽く、程度は徐々に深くしていく

        ・・・血が出ているな
        そりゃぁ・・・切ったからな?
        止めてみろ・・・違う手で押さえるな、体内の流体を意識しろ

        (目を閉じさせる、体を流体が流れていく感覚に集中させ、それが滞り、または漏れ出している個所を正常に整えるよう意識させる)

        ・・・治ったな・・・
        え?もう・・・?
        40秒か・・・掛かりすぎだな、その位なら一秒以内に納めろ・・・もう一回だ

        これは少し苦手そうだ・・・漿穢法師としての合格ラインには達しているが、自分の弟子としては及第点をあげられない・・・要練習だ
      • 生命維持
        流体を可能な限り体外に出してみる

        少しずつ出して、直ぐに戻せるようにしておけ・・・最悪死ぬぞ
        わ、わかった・・・

        こぽりこぽりと手の内に流体が湧き出てくる・・・ハンドボール大辺りになってきた所でふらふらとし始める

        取り敢えずそこまでだ・・・そのまま体感覚に集中しろ・・乱れた流体の流れを整えろ
        はぁ・・はぁ・・・あぁ・・・・・

        せめてバスケットボール位までは欲しい・・・体格的にまだ容量に余裕はある筈
        常に体感覚を整える事を意識できれば、まだまだ出せる様になるはずだ
    • 基礎修行:体外操作
      • 物体保持
        物を持てるようにする・・・形の変更はできる事は確認しているが

        お?それ位ならいけるぜ?・・・よっと!(ひゅるりと細長くした流体を伸ばし、マグカップを引き寄せる)
        ま、それ位ならな・・・(ごそごそ)
        え?なにこれ・・・
        鉄棒だ・・・とりあえずぶら下がってみろ

        踏ん張ればなんとかなるってレベルか・・・とりあえず合格点だが・・・発揮した身体強化を思えばまだいける筈だ

        もっと流体同士のつながりを意識しろ・・・体感覚の時と同じだ、外に出した流体もお前自身、もっとこれらを一体の物として捉えろ
        むー・・・・むむむ・・・
      • 感覚共有
        目を閉じ、流体を手の上に出した状態で物に触れ、その形を読み取る・・・これも流体とのつながりを意識すれば自然と伝わってくる

        ・・・なんか・・板だな・・・
        まぁ・・板だな
        ・・・?・・ぁれ?・・・いやでも・・まぁいいや、兎に角板だ
        ・・・木のレリーフだ、花が彫られている
        えぇ・・・そこまで読み取るんすか・・・?
        そこまで読み取るんだ

        といってもこれだけわかれば十分か
    • ・・・後一週間もすればノービスクラスと呼んでもよさそうだな・・・基礎修行のキモは流体の流れを常に意識し、整える事で、今後も重要になる事だ、キチンと続けろ
      了解っす!
  • 発展修行に入る・・・難しいぞ
    わ、わかった
    • 発展修行:ハード面
      • 温度変化
        手の中に出した流体を温める、冷やす

        今までは全体的な流体感覚を身に着けてきたが・・・これはもっと細かい
        ・・・こう・・・グァって感じかな・・・・・うん・・温まってきた・・・
        感覚派か・・・ノラに多いタイプだ・・・小さな粒の集まりと捉えて、それを動かす様にする者もいる
        あー・・・それもいいかも・・・というか、今より高めようとするとそういう方がいい感じがするっす
        どちらでも好きにしろ・・・これに関してはこの次の修行との組み合わせの方が大事になる

        変化させる事自体は問題なさそうだ
      • 結晶化
        手の上に出した流体をどんどん冷やしていく

        ・・・冷てぇんだけど・・・凍傷になんねぇ?
        治癒が十分にできていれば問題ない、それ位は無意識に出来る様になれ・・・・・・そうだ、そのまま・・・程よく冷えてきたな・・今ならできるだろう・・・粘度を高めた時の感覚があるだろう、それをもっと強めてみろ
        えっと・・・たしか・・流体同士の繋がりを意識・・・うぉっ!?
        集中を乱すな、冷えて停滞した事で流体本来の性質として凍り始めたんだ・・・だが訓練次第で温度に関わらず固める事ができる様になる・・・流体同士が結びつこうとしている今の感覚を忘れるなよ?

        一発成功は中々センスがある・・・温度を保ったままの結晶化もできる様になるのもそう遠くないか
        問題は強度だが

        なんか・・・脆くねぇかな?・・・もうぱりぱり言いだしてんすけど・・・
        忘れるなと言った筈だ、流体の粒を整列させ、結束させる意思が弱い

        クッキー程度・・・多分石程度にはすぐになれる筈だ・・・少しずつ固める力を強めていこう
      • 気化
        手の上に出した流体をどんどん温めていく

        ・・・あっつ・・・
        お前は今まで気化を無意識に行ってきていた・・・だが先に行こうと思ったらそのままではダメだ、自分の流体を正しく理解し、意識して使えるようになれ
        ・・・っ・・ここ・・・でっ!!

        結晶化の逆だ、ここで流体同士の繋がりを限界まで薄くし、解き放つ
        薄めが甘いと気化が起こらず、逆に薄めすぎるとそのまま霧散してしまう・・・朧気に拡散しゆく流体感覚を朧げなままに保つ必要がある・・・人によってはかなり難しい技術だ
        そして気圏を広げ、その流体感覚を自覚した事で感覚共有も伝わってくる・・・今ケーネは周囲の物を直接触れているかのように感じ取っている筈だ
        ん・・だ・・・これ・・・?・・・え?オレいつもこんなの使ってたのか?・・・ホントに?
        あぁ・・・雑多な情報は今まで無意識下でカットされていたんだろう・・・タイミングも規模も不定期であれでは使い物にならんからな、これからはそうして積極的に使っていけ
        うぅ・・・いいっすけど・・・なんかすげぇ気持ち悪ぃよこれ・・・
        その状態で温度変化ができる様になる事が当面の目標だ・・・・あと少し範囲が狭いな・・・5mくらいか?・・・20mまで広げられるはずだ
        い、一度にそんなに言わないでくれよ・・・

        気化が安定すればいよいよ漿穢法師らしくなってくる・・・気化の範囲内・・・気圏の中であれば体から流体を切り離しても自由に動かせるようになるはずだ
        数日修行を重ね、20mほどで安定した
      • プラズマ化
        気化した流体をさらに集中的に過熱し、雷を集約させたかの様なエネルギー球を作る、とにかく任意で出せれば大きさは問わない

        普通はこの段階で出来る類の技ではないんだが・・・お前には素質がある・・・時折出していただろう?
        キレてた時とかっすね・・・兄貴にはご迷惑をおかけしたっす・・・ただあれ、自分でもどうやってたか覚えてないんすよ
        良いからやってみろ、出せた時の気持ちを思い出してみるんだ
        ん・・んんーっ・・むむむむ・・・・

        意識しては流石に難しいか
        仕事に向いている技能ではないので優先度は低いが素質があるのでならば伸ばさない手はない、何か覚醒するような状況があれば変わるだろうか
      • 性質変化
        本来流体が持たないまったく別の性質を持たせる
        方向性を定め、そういう機能を持つよう流体を矯正する

        これもこの段階で挑戦する技能ではないが、ノラが長かった影響だろうなもうある程度できている
        え?そうなのか?
        あぁ・・・自分に何ができるのかはちゃんと把握しておけ

        推測ではあるがケーネの性質変化について教えておく

        おそらくお前の本能がこの力を求めたんだ・・周囲を人一倍意識してきた証左だろう・・・その結果今こうして生きていられるともいえる
        そっか・・・あんまり意識してこなかったけどちょっとすっきりした気分だ・・・・・・でも残念だな・・折角なら自分で作ってみたかったぜ
        性質変化は一つとは限らん・・・あまり多くすると能力が混ざってしまったり使わない物を忘れてしまったりもするが・・2,3個程度ならば問題ないだろう・・・『デイライト』の効果も性質変化といえるだろうしな
    • 今日は此処までだ、もう一度見直しておけよ?
      つ、つかれた・・・は、はいっす!
  • 続ける
    押忍!
    • 発展修行:ソフト面
      • 憑依
        流体を水と同化させ、容量を増やす
        桶に水を張り、そこに流体を混ぜ込んで操る

        よっと・・・浸して・・・溶かしこむように・・・拡散させて・・・
        ってぅわ・・・おっもっ

        気化させたときの様に朧げに感じるかもしれないが・・・それは元の流体と新たに作られた流体とで上下関係があり、つながりが遠くなるからだ
        集中すればちゃんと繋がっているとわかる・・・ただしその反面、恐ろしく重く感じる筈だ

        うん・・重い・・・こう、反応も鈍いっす
        操れる量が多いに越した事はないが・・・忘れるな、漿穢法師の奥義は力の拡大ではなく集約にある

        より多くの流体を支配するより、それだけの力を一点に集中させた方が強いというのが基本的な考え方であり
        こうする事でその地力を培う事ができる
        ただそれに拘る事無くできる事を増やすという意味もあるし、水分を含んだ器物に流体を染み込ませて操るといった事にも使える重要な基本技術だ

        慣れてきたらその状態のままハード面の訓練をするぞ
        うゎ・・・マジっすか・・・っぐぬぬ・・・
        自分の体重分・・・通常の倍の量にまで増やすのはまだ時間が必要そうだ
      • 核生成:形態維持
        流体内部に濃淡の差をつけ、その間に思念をとどまらせる
        そうして作り出した核は自身から切り離しても流体を維持する事ができる

        え・・・そんな事出来んの?
        出来る、取りあえずやってみろ

        核の形状は何でもいいが球形が安定しやすい・・・その事は直感的に理解できているようだ

        あれ・・・ひょっとして・・・こう・・こうか?
        ・・・出来ているな・・・(時計を見る、3分を超えてまだ維持している・・・初めてにしては上々だ)
        なんとなく覚えがあるなこれ・・・いや・・・もっと小さく行ける(砂粒ー)
        なそ
        にん


        これまでの修行でケーネ自身の心象に変化があるようだ、今まで無意識に行ってきた事に目を向け、理解が進んでいる

        その状態でどれくらい維持できるかテストしろ
        了解っす!

        約三日ほどの維持力だった
        継承の際、弟子が死なないように核を使って守る必要がある・・・三日はその為の期間であり、その条件は満たせそうだ
      • 核生成:自立行動
        核は切り離しても存在を維持できる事は前述の通り・・だが本当に100%切り離すとコアは制御不能になる、なので実際は1%か2%か・・・核の一部が本体に残り、核と共鳴し続ける事になる
        この共鳴を介し、無意識のうちに核のプログラム実行力に影響を与えてしまうとされている
        その為無監視状態で指定した行動を行えるだけのプログラムを組めるよう訓練する

        プログラムねぇ・・・
        最初は維持だけだったが・・・此処からは行動の指定がはいる・・・とりあえず(2mほどの線を引く)この線をたどって端から端まで動かしてみろ
        濃淡に差をつけて・・・ん・・むむむ・・・?・・・
        ・・・えらくデカくなったな・・・まぁいい、取りあえず走らせてみろ、お前は見るなよ

        維持以外のプログラムを組むと途端に大きくなる・・・今はソフトボールくらいだ
        本来ケーネが作るコアがこのくらいで、今まで維持だけを行ってきた事でそこだけ洗練されているのだとわかる

        よし・・・こっちを見ろ
        ・・・ありゃ?・・・全然違う方に進んでる・・・
        まっすぐに進むことはできていた、進むべき方向をどうやって定めてやるかだ
        えぇ・・・めんどうくせぇ・・・
        まぁがんばれ

        複雑なプログラムを組めるかは昇級の条件に収まっていないのは・・・それだけ核の扱いが難しい事を示している
        よほどのセンスか、地道な努力が求められる部分・・・こればかりは一朝一夕で身に付かないだろう
        だが最低限本体治癒の機能くらいは持たせたい所だ
      • 核生成:統率力
        核を何体まで作り出せるのか
        核の複雑さと、核を作り出せる数は相関性がないとされている

        取り敢えずやってみろ
        んと・・・(一個二個三個・・・)・・・あれ?一個消えた・・・
        特別に何かしない限り旧い物から消えていく・・・5個か・・初めてにしては多いな
        まじか!やった!

        核の個数は増やすのが少々難しい、昇級条件である3つを満たした時点で諦める者もいる
        3個は少ない、5〜7は平均、8〜9だと多い方と考えていい・・・50?なんだその怪物
      • 核生成:遠隔操作
        1%か2%かを本体に残すと前述したが、この割合を増やすことで共鳴が高まり、核が感じている状況を読み取る事ができるようになる
        こちらからも明確に核へ指令を送り、プログラムを書き換える事が可能だ

        こう・・・核を・・・真っ二つに・・・ありゃ?死んじまった・・・
        乱暴に別け過ぎだ、もっと丁寧にだ
        むー・・・いいかー?別けるぞー?死ぬなよー?・・・・・・よし!できた!
        出来たか・・・核の操作の仕方は・・・
        流体感覚で一体の物として捉える・・・すよね?なんとなくわかるぜ?うりー・・・右ー左ー・・・ははっ楽しいなこれ
        ・・・手や声を出さずに動かせるか?
        え?・・・あー・・・・・ん・・むむ?・・・

        イメージを固める為に声かけや手で動かす者は多い・・・遠隔操作はできればいいのでそれ位は構わない
    • 此処までだな・・・応用の方は既に形になっている事は・・・もう気づいているな
      あぁ・・・今まで気にもしてなかったけど・・・これ気づいてよかったのかなぁ
      自分に何ができるのかは、把握しておいて損はない
      • 修行を一通り終えて
        基礎修行
        ・身体強化:〇
        ・治癒:〇
        ・生命維持:〇
        ・物体保持:〇
        ・感覚共有:〇
        発展修行
        ・温度変化:×
        ・結晶化:×
        ・気化:〇
        ・プラズマ化:×
        ・性質変化:〇
        ・憑依:×
        ・形態維持:〇
        ・自立行動:×
        ・統率力:〇
        ・遠隔操作:〇
        ・・・ぎりぎりミドルクラスか・・
  • 技修練
    • 矢じり
      • 一つ、覚えておいて欲しい技がある

        フロア一つ丸々使い、簡易的な射撃場を作る・・・それほど強い威力はまだ望めないだろうし、壁に的を作るだけで十分だろう

        なんすか?・・こう、必殺技的な何かっすか?

        そんな便利な物があれば苦労はしない

        これだ

        手元に矢じりを作る、数は四、それらは部屋を縦横無尽に飛び回り、複雑怪奇な軌道から一気に揃って的の中心に突き刺さった

        はえー・・・
        「矢じり」だ・・・結晶化、気化、コア性能、その他工夫・・・この技の性能をみれば、その漿穢法師の力量を大体見て取れるとされている
        ・・・俺の場合は専用のコアを手元に置き、気圏内で複数の矢じりを飛ばす事にしているが・・・矢じりに直接コアを搭載する者も多い・・・お前も多分、そっちの方がいい

        ・・・?なんでだ?・・・兄貴の使い方の方がコア一個で複数個使えるって事じゃないっすか?
        お前の応用修行との相性がいいんだ・・・慣れて来れば使い分ければいいが、ひと先ずはそっちを覚えろ
        あー・・・当てた相手にトラッカーを付ければ追跡できるのか・・・
        取りあえずはまっすぐ飛ばすだけでいい

        結晶化の力で矢じりを形成し、気化の噴出力で飛ばす・・・

        ・・・コアでっか・・・
        気化噴出機能だけでその大きさか・・・もっと小さく納められるだろう
        ぐぬぬ・・・
        噴出力も弱いな・・・それじゃぁ勢いが出ない、もっと絞れ
        ぐぬぬ・・・
        まっすぐ当てられていないな・・・目標点をちゃんと設定してやれ
        うがー!(投げる、突き刺さる)
        ほう・・・強化した身体能力で投げるか・・・いい工夫だ、それならコアは維持だけでいいしお前の身体強化も活かせる、触手と連動させれば威力も更に上がるだろう・・・それで行こう
        はぁ・・はぁ・・・い、いいのかよこれで・・・

        「矢じり」もとい「投げナイフ」を習得
  • 技修練
    • 触手
      • 流体を細長く伸ばして操る・・・得意な様だな
        そーっすね?便利だし、これだけは昔から練習してたっす

        実際周りの物に被害を出さず、正確に狙った物だけを取って来て見せる・・・精密さ、素早さ、力強さ、いずれも及第点といえた

        マニュアル・・・いや、セミオートか・・・付け根部分がそのまま核になっているな
        そうなのか・・・?気づかなかったっす・・・

        マニュアルはすべての動作を自分が行う、セミオートは対象を指定し、触手に行動させる

        フルオート・・・触手自身に状況判断させ、自立行動させられれば利便性は高まる・・・今は難しいだろうが、そういう物があると覚えておけ
        了解っす・・・でもどうだろ・・全部自動ってなんか不安があんな・・・

        自分の流体をどこまで信用できるか、それがコアに自立行動させる上での一つの障害なのだろう

        当面は・・・以前やった「投げナイフ」をそいつでやってみろ・・コアに動作させているのなら精密さは高い筈だ
        了解っ・・・んよっ!・・・あれ?勝手が・・えと・・・よ!・・・うんうん

        流石にいきなりは難しいが、直ぐに慣れてくれるだろう

        コアは人間より反応速度と動作の精密性に優れている・・・自分のコアをどこまで使いこなせるかが優れた漿穢法師の条件・・・俺はそう考えている

        優秀なコアを有する術師は、体は一つでありながら常に数の利を有している・・・相手はまるで一つの小隊と対峙するかの様な手強さを覚える事だろう
  • コッローディさんから聞き取った吸血鬼について
    • 基本
      • 吸血鬼はルールに守られた存在
         そのルールの一つに「吸血鬼は不浄の者である」がある
         その為、不浄を祓う物をぶつける事で滅する事ができる
    • 分類
      • 祖から世代を重ねる・・・離れる程にルールに添わなくなってくる
         上(ルールに対抗できる程の不浄を持つ)
         ・祖
         ・祖に近い者(一次)
         中(ルールに沿ってダメージを負う)
         ・二次
         ・三次
         下(強靭な生物程度、徹底的な破壊を行う事で滅せられる)
         ・中未満
        内、来襲が予想されるのは「中」であるとの事
        「中」も何らかの方法で穢れを濃くする場合があり、対策しても油断は出来ない
    • 弱点
      • 「上」は太陽光や銀に対抗してくる可能性がある
        「下」は力づくで滅せれる
         効果が非常に高い
         ・聖別された銀
         ・聖人の遺物
         ・神聖呪文
         効果が高い
         ・太陽光
         ・銀
         効果がある
         ・紫外線
         時間はかかる
         ・火(爆発も)
         嫌がる
         ・流水
         その他
         ・大蒜(「効果が高い」〜「嫌がる」のどの辺りに相当するか不明)
         ・十字架(よほど古い者でなければ通用しない事が多い)
         ・石鹸(保証なし、「嫌がる」程度か?)
         ・網の目や豆類(一目で数えられてしまう、相手の余裕がなくなったタイミングで出せば情報的負荷を掛けられる?)
        ※どれがどの程度効果あるのかは推測の要素が大きい為過信は禁物
    • 象徴的器物
      • 三次までは組織を象徴する何かを身に着けている
        ジッポや指輪等、見せようと思わなければ確認しづらいものとして持つのが通例で
        たやすく見て取れる位置(タイピンやスーツに直接等)につける者にはそれだけ組織の名を背負う覚悟と自信があるとみていい
    • ふむ・・・良くまとまっているな
      へっへー♪
      ・・・「中」が予想されるとあるが・・・「下」の存在も油断ならないな・・暗躍されて、手下を増やされたらたまらん
      あ・・・言われてみれば・・
      まぁ、その為の『デイライト』の普及でもあるがな・・・
      -- 2018-11-15 (木) 10:27:10
  • 3月末 夜 ヤクザ抗争直後
    • 港にて
      • 海の中を高速で移動していた影が飛び出し、倒れる

        あー・・・疲れた・・・
        ・・・息が上がらなくなったな・・・泳ぐのも途中から速くなった
        あ、兄貴っ!?・・指揮は・・・
        彼崎サンに任せてある・・・どのみち、お前が海に飛び込んですぐに決着がついた
        そう・・っしたか・・・

        ふぅと息を吐く、ひと先ずは一段落だ

        ・・・兄貴が前・・・訓練中にオレの事「息をしてる」って言っていた事の意味・・・分かりやした・・・いらないんすね、息・・

        正確にはいらない訳じゃない・・・呼吸を流体に任せる事ができるのだ
        泳いでいる時にその事に気づいた・・・気づいてからは泳ぎもずっと最適化された様に感じた

        いい発見をしたな・・・「補助輪」はどうだ?
        ・・・だからその言い方辞めて欲しいんすけど・・・

        今回の抗争の安全策としてロベルトの持つバックアップコアがケーネに譲渡されていた
        これにより致命傷を受けても治療し、復帰する事ができていたのだ

        ・・・シャーマンと戦って撃たれた時、殿を務めた時、トラックで撃たれた時、海に落ちた時・・・それ以外にもいくつかのドスとか色々・・・
        認めるよ・・・悔しいけど、こいつがなきゃぁオレは今日だけで何回死んだか分からない・・・

        そうだな・・・
        ってか兄貴もひでぇよ、オレにそれ解らせるためにワザと危ない立ち回りさせたっすよね?
        ・・・すまん
        ・・・まぁ・・それはもういいっす

        拗ねているのはケーネ自身もわかっている・・ロベルトの部下を名乗る以上、あの位の仕事はこなさなきゃぁいけない・・・だから「補助輪」だ

        それで?・・・組織に入ってから初めての殺しはどうだった
        ・・・・・・それは正直自分でも驚いてるっていうか・・・正直久しぶりだったからもっと手間取ると思ったんすけど・・・

        振り返り、うんと頷く

        寧ろ今までよりずっとスムーズにできた気がするっす、次はもっと上手くできやす

        ショックだとか怖いとか辛いとかもない、ひどく冷静に、ただなんの疑問も抱かず技術的な話をする

        合格だ・・・仕事を増やしてやれるかもしれん・・だがその為には
        「補助輪」を外せ、っすね・・・わかってるっすよ・・・
        ・・・今はまだ完全に治癒出来ていない筈だ・・・3日はそのままだが・・・外れたら訓練に戻れ
        了解っす!

        ばっと跳ね起きる・・・3月の夜の海だ、まだまだ寒いのにその動きは機敏その物で震えている様子一つ見せない・・流体の温度変化で寒さに耐えたのだ
        更に憑依と気化で体についた水分、ついでに塩分も吹っ飛ばして元通りに乾くとロベルトについて歩く

        ・・・そいやぁ途中からハローの兄貴の声が聞こえなくなったんすけど・・・どっかに行ってたんすか?
        さぁな・・・ただアイツが動く以上、必ず何かがある・・・もしかしたら・・・
        ・・・?
        ・・・いや・・おそらくそう遠くないうちに理由はわかるだろう・・・
        司令部に戻るぞ・・・カレーが準備してある

        え!?マジっすか!!?やったぁ!!
  • この街に侵入している吸血鬼について一度まとめる
    • 吸血鬼α
      • ハローと接触した者、おそらくアルバが遭遇した者と同一人物
        アルバに奪われたタイピンを探している
      • 能力
         ・蝙蝠(群れ)、犬(単体)、鼠(群れ)の変身
          又、形態の変化時に液状化する
         ・高い膂力
      • 確認した弱点
         ・銀、十字架に対してダメージを負う
    • 吸血鬼β
      • 吸血鬼αと共に街に潜入
        衣服の襟に組織のマークあり
      • 能力
         ・多量のムカデに変身する
          又、形態の変化時に液状化する
         ・お茶による浄化作用に対して完全に対抗する
         ・陽光により煙を噴いていた
        ──────────────────以下すべて本人談──────────────────
      • 名前
         ・ピーター・トーリオ
      • 経歴
         ・元人間
         ・ザンネ ネル ウンブラ(影の中の牙)の初期メンバー
         ・先代の親友
         ・現ボスの元世話役
         所謂古参
      • ザンネ ネル ウンブラ(影の中の牙)
         ・元人間の吸血鬼同士が集まり結成された組織
         ・先代の頃
          →病院と提携
          →夜の治安を取り締まる
         ・現ボス
          →いわゆる急進派、積極的に人間を狩る姿勢(吸血鬼αの行動と一致)
          →自身の意に反する者はすべて殺害
           ピーター・トーリオは上記経歴の為に免れる
      • 目的
         ・現ボスの殺害
          →1.『デイライト』普及によって作られる包囲網に対し、ザンネ ネル ウンブラ(影の中の牙)本部の移転を提案
          →2.本部移転準備の為、メンバーの大半を包囲網の外へ移動させる
          →3.手薄になった本部を叩く
          ・ピーター・トーリオはその手引きをする
           コッローディの復讐の助力であり、作戦の成功率向上の為ファミリーの協力を期待している

          ・提案に乗るメリット
           →現ボスの方針を踏まえればいずれ全面衝突は避けられない、
            早期に頭を叩き、不可侵条約を結べれば現在起きている散発的な襲撃を止められる
           →衝突場所がこの街ではない(市民への被害を抑えられる)
           →現ボスによってザンネ ネル ウンブラ(影の中の牙)の方針が定まっているのであれば、コッローディの復讐の助けとなる

          ・提案に乗るデメリット
           →西方への遠征となり、組織による安定した支援が見込めない
            複数の吸血鬼と当たる事になる為、人的被害が予想される
           →遠征により手薄になるのはこちらも同じ
            (包囲の内側に本部、外側に移転準備組、逆に包囲される形になる)
           →現ボスの打倒に成功しても、組織の体制が変わる保証がない
           →現状、ピーター・トーリオの信用を裏付ける物がなく、
            罠である可能性を捨てきる事が出来ない
    • ・・・デメリットが多いな・・・ネガティブに考えすぎか?
      • ・・この情報の裏付けを、早急にとる必要があるな・・・ピーター・トーリオ・・・コッローディは此奴を知っているだろうか・・・?
      • ・・・(この提案を受諾すると仮定して、先にコッローディにこの話をした場合、アイツはファミリーの協力を受けるだろうか?・・・否だな・・ただの勘だが確信に近い勘だ)
        (提案については先に彼崎さんに確認する・・ファミリーの方針を定めて、しかる後に伝える・・・(コッローディ→彼崎→コッローディの図を頭の中で組み立てる))
        ・・・あるいは・・先に誓わせるか・・・(一人で決めないと約束した後に伝える・・・うん、この方がスムーズな気がする・・(ダメな思考パターンに陥りだす))
        -- 2018-11-19 (月) 11:51:40
  • アマレットの元から戻ってきての一幕
    • 事務所
      • へへっどっすか?似合ってないっすか?(さららーん)
        ・・・っ!?

        驚いた・・・目元や表情が父親そっくりだったのでそこにばかり意識が向いていたが・・・
        こうして髪を伸ばすとむしろ彼女の方に似ているのだと実感させられる

        ・・・それ・・どうしたんだ?
        んっと・・アマレットの姉貴による罰ゲームっす・・・姉貴もレースで勝ってたんで
        ・・そうか・・・
        えと・・・やっぱりマズいっすか?・・髪長いと邪魔になったり・・

        不安げに、伺う様に見つめてくる仕草・・・
        ・・・・・・嫌な事を思い出させる・・

        いや・・キチンと仕事を果たすのなら・・構わない
        ・・・やっぱりその、似てるっすよね・・?
        ・・・・・仕事に戻れ

        やはり動揺を悟られた・・・ケーネは勘がいい
  • 昔の事(年表)
    • ロベルト 15歳
      • ロベルト、組織に入団、ダナメコの部下に配属される
        ロベルト、ダナメコの女エリザベッタに恋をする
    • ロベルト 16歳(ビギナークラス)
      • ロベルト、漿穢法を受け継ぐ
    • ロベルト 19歳(ミドルクラス)
      • エリザベッタ、ダナメコの子を身籠る
        ロベルト、身の危険を感じたエリザベッタに隠れ家を提供し、彼女の死を装う
    • ロベルト 20歳(エキスパートクラス)
      • エリザベッタ、ロベルトの看護の元、ケーネを出産する
    • ロベルト 23歳(マスタークラス)
      ケーネ 3歳
      • ダナメコ、エリザベッタの死の偽装に気づく
    • ロベルト 24歳
      ケーネ 4歳
      • ロベルト、エリザベッタの願いによりケーネを孤児院に避難させる
        ダナメコがロベルトを尋問し、嘘を見破る
        その際「お前は嘘を吐くべきではない」と警告する
    • ロベルト 25歳
      ケーネ 5歳
      • ダナメコ、エリザベッタの家を探しだし、口論の末殺害する
        ダナメコが粛清対象となり、ロベルトが志願、仕事を果たして吸血鬼を受け継ぐ

        ロベルト、ケーネを影から見守る
        ケーネ、周囲に馴染めず頻繁にトラブルを起こす
    • ロベルト 30歳
      ケーネ 10歳
      • ケーネ、孤児院から距離を置き、犯罪に手を染め始める
        ロベルト、警察に手を回してケーネを補導(保護)させるも止まらず
    • ロベルト 32歳
      ケーネ 12歳
      • ケーネ、持ち前の腕っぷしの強さが評価されて少年犯罪グループに入団する
    • ロベルト 34歳
      ケーネ 14歳
      • ケーネを中心としたグループの行動が目に余り始める
        ロベルト、事態の収拾に乗り出す
        ロベルト、グループを壊滅させケーネと接触する
        その際自分が彼女の父を殺害した事を語り、恐れさせて裏の世界から距離を置かせようとしたが、逆に憧れられる形となる
        ロベルトは己の説得能力の低さを自覚した
    • ロベルト 35歳
      ケーネ 15歳
      • ケーネ、ファミリーに入団する
        ロベルトが気づいた時には既に部下として配属される形になっていた
    • ・・・(過去話を書こうと思ってちまちま進めていたが2週間経っても殆ど進まなかったのであきらめたって話だ) -- 2018-12-03 (月) 11:03:13
  • えへへ・・・ふへへ(旅行から帰ってから、暫く上の空だった)
    • 何を笑っている・・?
      ・・・最近浮かれすぎだぞ、しっかりしろ
      • うぃ!?・・・ぁ・・は、はいっす・・・(頬叩いてしゃっきり・・・ふにゃり)
      • ・・・・(睨んでる)
  • 吸血鬼退治出立の日
    • 出立前
      • (長旅になる・・・残す者たちのシフトは何度も確認した、余程の事がなければ問題はあるまい)
        何かあった時は・・・(誰に頼るべきかの最終確認をする)
      • ナイフよーっし、銀弾よーっし、銀粉よーっし・・・(その他もろもろ)よーっし
        兄貴、準備できたっす!
      • あぁ・・では行ってくる(特に決起会的な事はない、道具的な準備はするが、心の準備はいつでもできている)
        (いつものように出かけ、いつものように仕事をこなす、ただそれだけ、何ら特別な事はない)

Last-modified: 2018-12-22 Sat 01:18:41 JST (403d)