E-R所属 『アスラ』 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp030008.jpg名前:アスラ
出身:ベツセカイ
年齢:15
種族:人間
性別:
現職:勇者
所属:E-R
歌:(pass:asura)
三行
 ・前向きまっしぐらな 
 ・格闘少女(拳中心)が 
 ・人探し!
編集:(物理) ギルド・セピアに間借りしている個室とか、街中とか、キャンプ場とか、どこでも
お名前:
  • …何で水着姿なんだ、お前さんは…(近くの川べりに来て見れば、水着姿の少女を見つけ) -- リッキー 2015-08-18 (火) 21:43:05
  • (川で力強く泳いでいる) -- アスラ 2015-08-15 (土) 17:31:39
    • 野生の水精(ウンディーネ)かと思ったらアスラだった。気持ち良さそうだねえ -- ミロク 2015-08-15 (土) 21:43:48
      • ミロク!(川から上がってきた。息が上がって、紅潮している。全力で泳いでいたらしい)
        ふー……暑い時には泳ぐのが一番だわ。
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 21:54:01
      • む。水浴び、水遊びというより本気の水泳? イルカか、シャチみたいな水着だ
        うん。可愛いというか・・・・・・格好良い
        (もちろんミロクも男性であるので、少女の若々しさ溢れる魅力的な曲線に惹かれない訳では無い)
        (視線はさりげなく先端や谷間、付け根に向く。・・・それだけに留まらない。元アサシンは筋肉の付き方や骨格、内臓の健康具合といったところまで興味がいってしまう)
        (健康な上腕二頭筋だとか、体色が良いのは内臓が健康な証拠だとか。悪い癖である) -- ミロク 2015-08-15 (土) 22:09:38
      • ミロクっ、ミロクも泳がない?(嬉しそうに見上げて問いかける)
        (本気で泳いで身体が興奮しているせいか、先端が立っている。もちろん、本人はまったく気にしていないが。双丘は盛り上がっているが、谷間ができるほどではないようだ。)
        シャチみたいっ? やだーカッコイイだなんて照れちゃう(健康的な上腕から、照れ隠しのパンチが唸る)
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 22:21:48
      • (少女には判らぬよう苦笑い。女性に対する耐性の低いシシトあたりなら、彼女のそんな変化を見れば慌てふためき、挙動不審になること間違いなし)
        (しかし妻子どころか曾孫までいるこの年齢不詳男はさほど揺るがない。発育途上の部分含め、可愛いな、とは思ったが)
        そうだねぇ・・・・・泳ぐか!(シュパッ、と飛んでくるパンチを紙一重でよけつつ、上着を脱ぎ、褐色の肌を晒す。細身ながら筋肉質で、体毛はあまり無く、やや中性的な雰囲気があった)
        ちなみにこの辺りで一番深い場所は・・・どのあたり?(軽く屈伸しながら訊ね) -- ミロク 2015-08-15 (土) 22:34:21
      • やったー! へ〜〜、ちょっと着太りするタイプ?
        そうね、あのあたりかしら(川の中ほどを指して。確かに水の色が緑がかり、深さがあるようだ)
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 22:43:09
      • ハハ、「軽業師」だったからね。なるほど、あそこか(軽く助走を付けてタン、と跳ぶ。尋常じゃない跳躍力があり、川中の最深と思われるところへ、あまり水音を立てずに飛び込んだ!) -- ミロク 2015-08-15 (土) 22:49:57
      • えっ……(口に手を当てて驚いて)
        ……すごい! ミロクのほうがシルフかウンディーネみたいだわ! ねぇねぇ、どうやるの? コツとかある?
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 22:55:14
      • (ちゃぷ、と胸から上を水面より出し)良い感じだ
        ん?コツかあ。そうだね、無駄な「力み」を無くして、全身を引き絞るようにして大地を蹴って、水に逆らわずに落ちる・・・・・・そんな感じ?(言ってて伝えるの難しいなあと思案顔) -- ミロク 2015-08-15 (土) 23:04:43
      • ふんふん。あんまり力まずにやればいいのかしら。(見様見真似で軽く助走をつけて、軽く跳んだが、それでは距離が全く足りない。)
        あっ…(空中で、まずったと悟った。下は足のつく浅瀬だ。)
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 23:10:00
      • あ・・・(このままでは川底に激突するとみて、潜水)
        (あまり見慣れない魚の如き泳法でアスラの落下点まで瞬時に移動。立ち上がって彼女を受け止める体勢へと移行する。流れるような動きであった) -- ミロク 2015-08-15 (土) 23:16:40
      • (大きく拳を振りかぶる。自慢の拳をぶつけてダメージを相殺するつもりだ。だが)うぇっ!
        (ミロクは殴れない! 我流の受け身を取って、ダメージをミロクに分散させるわけにもいかない。空中でわたわたしたまま、ミロクの腕の中に落下した。)!!
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 23:25:53
      • おお・・・!(拳士であれば当然受け身も習得しているか、いや少々出過ぎた真似をしてしまったか、と思いつつも柔らかく抱き留めた)
        ・・・・・・やぁ悪い。余計なお世話をしてしまったかな。「力み」と「緩み」の切り替えと感覚を掴めばもっと簡単に遠くへ跳んだり、打撃の威力を増したりできると思う
        見たところアスラは良い筋してたよ。ちょっと惜しかったね! -- ミロク 2015-08-15 (土) 23:33:37
      • (衝撃がほとんどない。よほどうまく抱きとめられたんだろう。先ほどの水中での機敏な動きといい…)ミロクって、何者……?
        (腕の中で、ミロクの肩に手をかけて身を乗り出して。胸が胸に押し付けられる)ホント! もっと強くなれるの!
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 23:38:58
      • (涼やかな笑顔を崩さぬまま)ギルドの秘書。・・・・・・まぁ、これは昔取った杵柄というか、そういうのかな
        (胸が当たっている。崩れないプリンとでもいおうか、そんな柔らかさの中にちょっとした芯を感じて、困り笑い)
        もちろん。君には無限の可能性を感じる。ただ若いから、ってだけではない、何かをね
        きっと僕より遥かに強くなれると思う
        ・・・・・・ところで。抱きしめたくなる欲求に抗えなくなりそうだから、もう放してもいいかな? -- ミロク 2015-08-15 (土) 23:47:10
      • 無限の可能性……ミロクよりも、強くなれるの? ……そうね。あたしはミロクよりも強くならなきゃ、いけないんだもの。(強い、真っ直ぐな眼差し)
        (だがこてりと小首をかしげて)? 抱きしめたらダメなの?
        -- アスラ 2015-08-15 (土) 23:54:44
      • (己は既に目的を達し、後は一族や仲間のために陰から支援するものと心得えている)
        (しかし腕の中の少女は今まさに、目的を達し、高みに達しようとする者である。その真摯な瞳を見て、男もかつての、駆られるような気持ちを思い出す)
        そうか。うん。アスラならどこまでも行ける。・・・ん? ダメではないよ
        (まあいいか、と少女の濡れた体を優しく包み込むのだった) -- ミロク 2015-08-16 (日) 00:05:28
      • (今後――まだ誰にも予想できなかったことだ。世界の破壊者だけではなく、神にまでその拳で挑むことになるとは。)
        (しかし腕のなかの少女は、年相応の幼い笑みを見せる)えへへ。(ぎゅっと抱きしめ返した。ミロクの腕の中は、とても安心できた。兄がいない、この中でも。)
        (それから、元気に腕の中から降りると、仲良く水遊びをしましたとさ)//遊んでくれてありがとちゃーん。おやすみなさぁい。
        -- アスラ 2015-08-16 (日) 00:13:41
      • //そうだいなストーリーの1ぺーじだったのか!おやすみん -- ミロク 2015-08-16 (日) 00:17:22
  •   -- 2015-08-15 (土) 17:30:22

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


                                                         人柄  |
 ・15才の少女にしてはちょっと学が無い。ちゃんとした学校教育は受けていない。
 ・ポジティブで社交的だが突っ走りがち。
 ・かわいいものより強そうなものが好き。
 ・あまり人の気持ちに敏感ではなく、悪気なく毒舌になることも。
exp029977.png



                                                         方針  |
 ・お盆の間くらいいるよ。でも夜は早い。こやすイイ子。
 ・RP中心だけどメタでもこやすでも来ていい、いいんだ。
 ・ぶっちゃけどこに遊びに行っていいかよくわからない。



                                                         住処  |
 ・ギルド「セピア」の一室を使わせてもらえることになった。



                                                         過去  |
 神託で勇者になるとか言われて兄と友達の精霊と一緒に旅に出させられる
 ↓
 いろいろあった
 ↓
 勇者になるための試練とかいう洞窟を探索させられる
 ↓
 試練に失敗
 ↓
 経験を積んで来いと言われて気付いたらゴルロアの街でした(いまここ)



                                                         格闘  |
 ・パンチ中心の我流体術
  我流で荒削りではあるが、それをカバーするだけの怪力
 (本人の属性は闇>炎>土>風>氷>光)



こめんたぁう! Edit


Last-modified: 2015-08-15 Sat 17:29:27 JST (1698d)