名簿/392147

  • 昔、昔のこと。
    この世界は、夢にあふれていました。
    ある人は、山奥の遺跡で宝石の山を見たと言いました。
    また、地平線の果てに、巨大な龍を見たと言う人もいました。
    人々は、こぞって夢を追いかけました。
    夢を追い続け、ついぞ帰ってこないものもいました。
    ですが、人々は夢を夢を諦めはしませんでした。
    どきどきする一瞬のために、あっという間の幻のために、皆、走り続けました。 -- 2010-04-20 (火) 23:37:04
    • おじさんも、そうだったの? -- 2010-04-20 (火) 23:37:46
      • (少年が、問い掛けます) -- 2010-04-20 (火) 23:38:12
      • そうさ。でも俺は、平穏な暮らしに戻った。夢を捨てちまったのさ。 -- 2010-04-20 (火) 23:38:43
      • ふうん、情けないんだ。 -- 2010-04-20 (火) 23:38:54
      • (おじさん、と呼ばれた男は、むっとした表情を見せると、少年の頭に、拳骨を一撃、振り下ろします) -- 2010-04-20 (火) 23:42:10
      • いっったああ!何するんだよ!ばか! -- 2010-04-20 (火) 23:42:52
      • 減らず口を聞くからだ。
        俺が生きていないと、こうしてお前に話して聞かせることができないだろ? -- 2010-04-20 (火) 23:50:35
      • うっさいやい!今に見てろ、物語にでてくるような、すんごい英雄になって、おじさんをやっつけてやるからな! -- 2010-04-20 (火) 23:55:54
      • はは、楽しみにしてる。無理はすんなよ。 -- 2010-04-20 (火) 23:58:50
      • (捨て台詞を吐いて去ってゆく少年を笑顔で見送ると、男は、長いすにこしかけました) -- 2010-04-21 (水) 00:04:52
      • 子供の憧れってのは、いつまでも変わんないな。 -- 2010-04-21 (水) 00:05:43
      • ふん、まるで己が子供でないような口ぶりだな。
        (男の背に、長い耳を持つ少女が、金色の髪をそよがせて微笑んでいました) -- ジナ 2010-04-21 (水) 00:20:40
      • 自分を棚にあげて。
        (男は、少女の微笑みに応えるように、ふ、と口の端を緩ませます) -- クルト 2010-04-21 (水) 00:39:27
      • そなたに伝え損ねたことがあってな。
        (白く輝く衣装を纏った少女が男に並び立ち、男の精悍な横顔を見て、また笑いました) -- ジナ 2010-04-21 (水) 00:45:30
      • なんだよ、藪から棒に。 -- クルト 2010-04-21 (水) 00:48:04
      • わらわを好いてくれて、ありがとう。 -- ジナ 2010-04-21 (水) 00:50:43
      • どういたしまして。
        (男は、満面の笑みで応えます)
        なあ、ジナ。(今度は、男から。少女に、語りかけます) -- クルト 2010-04-21 (水) 01:17:19
      • なんだ?クルト。
        (男の微笑みに答えるように少女が笑い返します) -- ジナ 2010-04-21 (水) 01:20:10
      • さっきの。ああいう子供を見ると、願わずにはいられないんだ。 -- クルト 2010-04-21 (水) 01:26:04
      • 誰に。何を? -- ジナ 2010-04-21 (水) 01:34:28
      • 誰に、というわけでもないんだけど。

        この黄金の伝承(ゴールデンロア)が、永久に語り継がれるように、ってね。 -- クルト 2010-04-21 (水) 01:40:57
  • (真夏の陽光の下、白いツーピースの水着に身を纏い、青い海に向かって仁王立ちのジナ)
    支度はよいか、クルト。 -- ジナ 2010-04-16 (金) 20:00:11
    • 暑い。そして重い。(パラソルやビーチチェアがどさっ、と音を立てて砂浜に足跡を残す)
      しかし!待ちに待った海、海だ!
      -- 2010-04-16 (金) 21:53:47
      • そう、海だ。・・・。
         よーいどん!(そう言うが否や、黄金色の髪を靡かせて白い砂浜を波打ち際目掛けて駆け抜けていく) -- ジナ 2010-04-16 (金) 22:00:18
      • なっ。どこで覚えたそんな俗っぽい言葉っ!
        (出遅れて崩れた体制をなんとか立て直し、波打ち際を駆ける少女を追いかけてゆく)
        -- 2010-04-16 (金) 22:06:50
      • ははははー!遅い!遅いぞクル (海水に濡れた重い砂に足を取られ、渚にうつ伏せに倒れこんだ) 「ザッパァァン」
        (倒れこんだそこに波の追い討ち。波が引くと、金色のワカメの塊のようなものが横たわっていた) -- ジナ 2010-04-16 (金) 22:14:13
      • ・・・。(笑いを通り越してただ呆然と横たわるものを眺める)
        (側にしゃがみ込み、突っ伏す少女の脇腹をつつく)大丈夫ですか。高貴な御姫様。いや、今はわかめ様でいいかもしれない。
        -- 2010-04-16 (金) 22:32:32
      • ・・・・。(うつ伏せのまま、その肩がぷるぷると震え始める)
        ・・・ふ・・・ふくく・・・・くはは・・・ あははは!ははは!!
        (砂と海水に濡れた顔を上げ、満面の笑顔で無邪気に笑う) -- ジナ 2010-04-16 (金) 22:38:37
      • (唐突に笑い出すジナに身じろぎする)
        ど、どうした、変なとこでも打ったか。
        -- 2010-04-16 (金) 22:41:32
      • あははは!あは、あは!どうした、だと?(笑いながら上体を起こし、肩を揺らして)
        だって、倒れて、波が、あはは!口も鼻も塩辛い!そら!(渚の海水を一掬い、クルトの顔に浴びせた) -- ジナ 2010-04-16 (金) 22:52:49
      • ぶふっ!(口に飛び込む海水の塩辛さに、思わずむせかえる)
        けほっ!けほっ!海にきてまずやることがそれかよ!?
        海っつーのはな(ジナを抱え上げ)
        水に(振りかぶって)
        入るとこなんだよ!(海面へとジナを放り投げる)
        -- 2010-04-16 (金) 23:10:58
      • くくはは!わらわだけ海水に濡れたとあっては釣り合いが取れぬわ!(濡れたクルトにけらけらと笑っていると、不意に抱え上げられ眼を白黒)
        ? な、何をする!? よせ! やめ!ザッボォン
        (軽い体躯が海へ放り投げられた。きらめく海面に黄金の髪が一瞬揺れたかと思うと、それきり浮かんでこない) -- ジナ 2010-04-16 (金) 23:17:43
      • え。あれ。(目を細めて海面をにらみ見据える) -- 2010-04-16 (金) 23:21:27
      • (ジナは浮かんでこない。ざぁ・・・ざぁ・・・と波の音だけが響く) -- ジナ 2010-04-16 (金) 23:26:49
      • (血の気が引く)
        (まさか。ジナが。俺が。まとまりのつかない言葉が頭の中でぐるぐると回り続ける)
        (どうするべきか。考えるよりも早く、少年は海に飛び込んだ)
        -- 2010-04-16 (金) 23:41:01
      • (飛び込んだクルトに映ったのは、少し沖の海中でクルトを指差しながら笑っているジナだった)
        (長い髪が水中で花のように広がり、ふわふわと揺れている) -- ジナ 2010-04-16 (金) 23:54:59
      • (イラッ。怒りの蹴りが、水圧に押されてふわりとジナの尻に到達する)
        (心配させんな、あほ!ここは水の中。満足に声を聞き取ることはできないが、少年の口はそう言うべく動いているように見えるだろう)
        -- 2010-04-17 (土) 00:07:14
      • (ゆるやかな蹴りがぽいんと小ぶりな尻に当たる)
        「なにをするか!痴れ者めが!」
        (水中でそう口を動かすとにやりと笑い、青い海の中をすい、と滑るように泳いでいく。黄金の髪が尾を引いて、流星のように) -- ジナ 2010-04-17 (土) 00:12:02
      • (水中を舞う金色を追い、勢いよく水を蹴り上げ、先回りして顔をあわせる)
        (真夏の海に、金色と黒の軌跡が、鮮やかに描き出されていた)
        -- 2010-04-17 (土) 01:04:49
  • (ニコニコと上機嫌でクルトを訪ねる) -- ジナ 2010-04-11 (日) 19:24:01
    • ん。どしたの、そんな上機嫌で。 -- 2010-04-11 (日) 19:43:34
      • んふふ。此処に派手な身なりの男が尋ねただろう?(手を後ろに組み、にこにこと顔を覗きこむ)
        何を受け取った? -- ジナ 2010-04-11 (日) 20:01:29
      • (表情がほのかに曇る。いたたまれない・・・その表情はそう告げていた)
        え、あ、ああ、うん!素敵な絵をもらったよ!
        それよりもほら、えーっと、そうだ、鮫の話でもしようぜ!な!
        -- 2010-04-11 (日) 20:17:39
      • ふうん?絵だと?(笑顔のまま、大げさに聞き返す)
        どのような絵画か見てみたい。どこに飾ってある?居間か?寝室か?(とことこと家の中に進み入る) -- ジナ 2010-04-11 (日) 20:34:21
      • うわっ聞いてない・・・ってやりとりも久々な気がするな。
        ってそんなこと言ってる場合じゃない!
        ちょっと待ってくれジナ、今額にいれ・・・じゃない、部屋が散らかってるんだ。少し待ってくれ。
        (部屋に入ろうという寸でのところで立ちはだかる少年。隙をつけば、卓上に裸のまま放られた「絵」の存在を認められるだろう)
        -- 2010-04-11 (日) 20:44:38
      • ・・・。(慌てるクルトにじぃ、と訝しげな視線を送るが、ふん、と一息つくと珍しく身を引いた)
        いいだろう。絵画を鑑賞するにはそれなりの厳かな空間というものが大切だからな。
        手早く済ませよ。(そう言うと窓際に腰を下ろし、はらはらと雪が舞う空を眺めた) -- ジナ 2010-04-11 (日) 20:55:11
      • (絵を無事に額縁に納め、ほっと一息。ジナのいる窓際へと歩み寄る)
        なあ、ジナ、この絵・・・かわいいリス?だな?(確認するかのような口調だった)
        -- 2010-04-11 (日) 21:33:25
      • おお!済んだか!(たたた、と飾ってある絵に駆け寄る)
        ふぅん・・・なんとも味のある、良い絵ではないか?そうだ、これは栗鼠だな
        隣に団栗が描かれているだろう?芸が細かいとは思わないか?
        おや?ここに何か人の文字で書いてあるぞ?(サインを指差してニコニコとクルトを振り向く)
        何と記されてある?クルト、読んでみよ。 -- ジナ 2010-04-11 (日) 21:44:52
      • (ジナの言わんとするところを理解して苦笑い。ぎこちなく文字を読み上げる)
        おー、文字が書いてあるな。なになに。
        ジ・ナ。
        なっ・・・この絵はジナが描いたものだったのか!
        -- 2010-04-11 (日) 21:59:32
      • その通り!(ぱぁーと辺りがジナの後光で照らされた)
        それで、どう思った?クルト。 -- ジナ 2010-04-11 (日) 22:09:54
      • えっ。そんなことより窓の外を見ろよ。雪が降ってるぜ。
        (呆れるほどに態とらしい、単調な話し口だった。当然、視線は明後日の方向だ)
        -- 2010-04-11 (日) 22:22:31
      • クルト♪(むんずと耳を掴んで引き寄せる)
        わらわはどう思うかと問うているのだ。忌憚無く述べてみろ。 -- ジナ 2010-04-11 (日) 22:39:17
      • い、いいのか・・・よし・・・じゃあ、心して聞け。
        ・・・へたくそ。
        -- 2010-04-11 (日) 22:47:47
      • ・・・。(表情は変わらない。ただぎゅっと手を握り、白い肌は羞恥で赤く染まっていく) -- ジナ 2010-04-11 (日) 23:00:39
      • いや、だってお前これ・・・手とか・・・なんか足下にだるま転がってるし・・・! -- 2010-04-11 (日) 23:08:55
      • ・・・栗鼠の手は小さい。(視線を伏せて、ぽつりと漏らす)
        達磨ではない、団栗だ! ・・・笑うか?絵が不得手なエルフなど、と。 -- ジナ 2010-04-11 (日) 23:13:14
      • (しおらしくなるジナの様子を見、慌てふためく)
        いっ、いや。でもほら、個性的で、いいとおもうぜ?綺麗に描けてるところも・・・字とか・・・!
        -- 2010-04-11 (日) 23:22:04
      • よもやそれは褒めているつもりなのか?(じろりと睨めあげる)
        ふん!もうよい!わらわの絵の腕はわらわが一番良く知っている!
        ただ、そなたがわらわの絵をどう思うか、それが知りたかっただけだ。 -- ジナ 2010-04-11 (日) 23:27:30
      • ん・・・。わりぃ。でもよ、へたくそとは言ったけどいいと思ったのは事実だぞ!
        べつにいいじゃん、上手くいかなくったって。好きであることが一番、てね。
        -- 2010-04-11 (日) 23:47:05
      • たわけ!いまさら弁解しても遅い (言葉の割りに笑顔で振り向く)
        ふん、いずれ目にもの言わしてくれよう、わらわの絵画でな!(包みに入ったチョコレートクッキーを差し出した)
        これを事前に渡していたなら、少しは批評が甘くなったのか? -- ジナ 2010-04-11 (日) 23:56:27
      • そうだねえ。甘々に見ていくから、今後ともよろしくお願いしたいところだ。(にっこりと笑い包みを受け取る) -- 2010-04-12 (月) 00:09:58
  • ジナ様作スケッチ -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 18:30:14
    • こんにちわー。 -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 18:30:32
      • え・・・あ、ああ、こんにちは。
        ・・・何コレ?
        -- 2010-04-10 (土) 19:13:08
      • わらしべ企画でジナ様のとこいったときにもらった本人作のスケッチです。 -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 19:19:02
      • あ、ああはい・・・何はかわかるけど何とも言えねえ・・・。
        で、そのわらしべ企画は俺は何をすればいいの?
        -- 2010-04-10 (土) 19:39:26
      • 家宝にせよ!とはご本人の弁ですが、よろしければこちらの絵とそちらの何かを交換して頂きたいのです。ここにいたる経緯はこちらですが、みるだけで20分かかるわ!ともっぱらの噂です。 -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 19:45:31
      • 長い、長いがだいたいわかった。ちょっと待ってろ。 -- 2010-04-10 (土) 19:54:45
      • (チョット) -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 19:57:42
      • んじゃはい、これ。ピンクチラシ。
        正直これを用意するのはだいぶ苦痛だった・・・大事にしてくれ。
        で、次の人紹介するんだっけ?・・・悪いけど、紹介できる知り合いが全然いねぇ。かぶっててもいい?
        -- 2010-04-10 (土) 20:31:49
      • 物が物ですから洒落の通じるお方がいいですねー。かぶりはおっけーです。 -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 20:33:53
      • 選ぶまでもなくコルトくらいしか知り合いいねーんだけどな。俺も年取ったもんだ。 -- 2010-04-10 (土) 20:35:38
      • なに、友は数より質ですよ。 -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 20:38:21
      • フォローあんがと。精々大切にさせてもらうつもりさ。
        じゃ、頑張ってな
        -- 2010-04-10 (土) 20:46:53
      • ええ、それでは、これにて。(きっと、リスの絵を額縁にいれておかないとジナ様おかんむりになるだろーなーという独り言的な念を各方面に飛ばしつつ退室。) -- サヴァリック 2010-04-10 (土) 20:50:25
  • うー。動けないとなると、暇、だな・・・。 -- 2010-04-06 (火) 23:42:59
    • ワン公フィラリアの注射の時間だぞー (ガッチャリンコ) お、マジで生きてら。気分は? -- COLT 2010-04-06 (火) 23:50:15
      • フィラリアって何。ちょっと素で知らなかった。
        気分は・・・そうだな。暇。
        -- 2010-04-06 (火) 23:53:44
      • 犬の寄生虫。相手は死ぬ
        これ見舞いね (柿を数個取り出しベッド横に置いた。勝手に皿を物色) 具合は? つーか治んの? -- COLT 2010-04-06 (火) 23:58:15
      • ん。サンキュ。
        治るっていうか、治った。ジナがゆってた。
        -- 2010-04-07 (水) 00:02:05
      • 治してもらったんだ (皿を取ってきてバタフライナイフで柿を剥きだす) なら大丈夫だな
        んじゃ寝てんのは無職になったから? -- COLT 2010-04-07 (水) 00:07:10
      • ん。そう。
        無職とかなー。言うなよー。ああこの先どうすればいいんだろう俺・・・。
        -- 2010-04-07 (水) 00:15:09
      • (適当に切って、自分で食う) どうすればって何か迷う事でもあんの。冒険は 復帰とか、すんの? -- COLT 2010-04-07 (水) 00:20:36
      • なっ。お前が食うのかよ!くれよ!俺にも!
        復帰は、ない、ね。ていうか無理じゃないかな。自分でこんな言い方をするのも何だけど、クルトくんの冒険はここでオシマイってわけさ。
        -- 2010-04-07 (水) 00:28:26
      • そりゃーあ良かった万々歳だ。ジナも リヒャルトも安心するだろうよ
        (口開けとけよ?と言うとナイフの先に柿を刺して軽く構える。投果の方向で) -- COLT 2010-04-07 (水) 00:31:18
      • はは。二人ともどっちかというと、さぼってる俺の尻を蹴り上げるタイプの気もするけど。(と、苦笑い。)
        おわっ!ストップ!魔法使いの器用さなんて信用できるか!弓使いもってこいよ!
        -- 2010-04-07 (水) 00:44:50
      • お前オレの器用さ舐めんなよマジ。宝箱全勝中だぞオラ (ナイフを振るとスポッと飛んだ柿が荒っぽくクルトの口にin)
        う…もう一個剥いたらナイフ使っていいから (さりさりと皮を剥きながら、ポツリと) ジナは見てらんないくらいお前を心配してたんだ
        (だから…とまで言って言葉が詰まる。だから、だからなんだ?) …尻くらいイイじゃん。ほれ剥けた -- COLT 2010-04-07 (水) 00:51:29
      • ゲホッ!エハッ・・・お前もうちょっと優しさや慈しみをだな!
        そっか。ジナには改めてお礼を言いに行かないと、だな。
        ん。だから、どしたん?ちゃーんと感謝はしてるぜ。あ、サンキュ。(剥かれた柿を受け取るべく皿を差し出す)
        -- 2010-04-07 (水) 01:07:21
      • 別にどうもしない (皿と柿とナイフを差し出して窓際に立つ。窓を開けると煙草に火をつけた。窓枠に肘付いてぼんやり)
        …そろそろ銀杏だなァ -- COLT 2010-04-07 (水) 01:11:13
      • どうもしないならいいけど。なに黄昏れてんの。
        あ、俺銀杏苦手。機会があったら俺の分も食べていいよ。
        -- 2010-04-07 (水) 01:18:57
      • (手の中で吸殻を完全に灰にすると風に流す) やっぱ匂いで? オレも臭いとは思うけど味や食感は好きだな
        元気そうで安心した、また来るわ。あ、オカエリ -- COLT 2010-04-07 (水) 01:27:29
      • そ。臭い。臭い知ってると調理されててもダメ。
        ん。タダイマ。またいつか。相手してくれてサンキューな。(ひらひらと手をふって見送る)
        -- 2010-04-07 (水) 01:31:34
  • (寝ている少年の手をそっと握るエルフの少女)
    クルト・・・。クルト、聞こえるか? -- ジナ 2010-04-05 (月) 22:31:56
    • (少女の声にぴくりと耳を動かす。)
      ん・・・。・・・誰・・・?(掠れた声で問い掛ける。まだ微睡みから抜けきらぬといった様子だ。)
      -- 2010-04-05 (月) 22:49:22
      • わらわだ、ジナだ。(耳にそう囁くと額にそっと手を添える)
        眠れ、穏やかな夢を見るがいい。(添えられた手から、淡い緑の輝きが、くクルトの肢体に行き渡っていく) -- ジナ 2010-04-05 (月) 23:00:19
      • ジ・・・ナ・・・?
        ジナ!?
        (少女の名に驚き、飛び上がろうとする・・・が。)
        ッ・・・!
        (全身に電撃のような痛みが走り、起き上がることは叶わず、苦悶の表情を浮かべる。)
        -- 2010-04-05 (月) 23:23:10
      • (起き上がろうとする少年をそっと制し、ベッドに横たえる)
        動くな。癒す先から傷が広がる。わらはは此処に居る。安心するがいい。
        (広がる翠光が輝きを増す。暖かな輝きのそれはクルトの四肢から痛みを溶かしていく) -- ジナ 2010-04-05 (月) 23:32:25
      • (輝きを増す光に目を細める。言われるがまま、四肢の力を抜く。)
        ここに・・・うん・・・。でも、なんで・・・?
        (状況がつかめない、といった様子で、ただ漠然とした質問を投げかける。)
        -- 2010-04-05 (月) 23:47:42
      • リヒャルトがな、よい友だ。(色々経緯があったが、重症のクルトに多くは語らなかった)
        わらわが来たからには、もう何も案ずることは無い、そなたは助かる。 -- ジナ 2010-04-06 (火) 00:00:15
      • そっか。・・・ありがと。
        (ジナの手を握るべく、指を這わす。)
        -- 2010-04-06 (火) 00:11:23
      • (柔く手を握り、耳元で囁く)
        エルフの子守唄だ。
        (低く、緩やかに奏で始められた唄は、優しいそよ風のようにクルトを包み込み、夢に誘う)
        眠るがいい、深く、ゆっくりと。目が覚めた時、また語らおう? クルト -- ジナ 2010-04-06 (火) 00:19:53
      • ・・・ん。わかった。おやすみ。
        あ。でも、その前に、これだけ。
        (ジナの側に顔を傾け、にっこりと笑って。)
        ただいま。
        -- 2010-04-06 (火) 00:32:26
      • おかえりなさい。
        (微笑みと共にそう応えるとクルトの瞼をそっと下ろした)
        (目が覚めれば傷は完全にふさがっているだろう。しかし、失った体力を取り戻すには、暫く療養が必要だ) -- }ジナ 2010-04-06 (火) 00:44:02
  • (帰る気配の無いジナを離れた場所から見守っていた。少年は少女とは対照的に門に背を向ける形で壁に寄りかかっている)
    (あの時クルトが言い淀んだ名は、今自分の想像するところなのだろうか。奴は本当に死んでしまったのだろうか)
    (もし帰ってきたら、ジナはどんな怒りと安心を露にするのだろうか。およそ考えていても楽しくは無い事ばかりが、ぐるぐると閉じられた頭蓋骨の中を回る)
    (不毛な思考に嫌気が差して身を起こす。ジナに声はかけず、せめて今日一日、いや彼女が立ち続けている限り雨が降らなければいいと思いながら門を離れて行った)
    (憂鬱な顔で日の伸び始めた空を見上げ、自分が友人としてクルトの帰還を真に望んでいるはずだと、自分の心を信じたかった) -- COLT 2010-04-03 (土) 22:09:49
  • ・・・・・。(街の門。冒険者が帰ってくるその門の前に、エルフの少女が立っている)
    クルト・・・。(未帰還と聞かされた。死んだとも聞かされた)
    クルト・・・。(声が掠れる。奥歯をかみ締め、前を見続ける。帰ってきた時に、笑顔で出迎える為。) -- ジナ 2010-04-03 (土) 00:45:54
  • (霧のような雨の中訪れる) -- ジナ 2010-04-01 (木) 19:58:03
    • (訪れたジナを見、ばつの悪そうな表情を浮かべ、目をそらす。)
      ・・・立ち話もなんだ。あがってけよ。
      (言うや否や、体を翻し部屋の中へと入っていき、ソファに仰向けになる。)
      (クッションを自らの顔に押しつけ、決してジナの顔を見ようとはせず。)
      ・・・どしたの。なんかあった。
      -- 2010-04-01 (木) 20:06:44
      • 先日は悪かった、そなたの前から逃げてしまった。
        (小さく謝辞を述べると、ソファのクルトに向き合うように椅子に腰を下ろす)
        そなたの言葉をずっと考えていたのだが・・・。
        わらわが欲しいとは、わらわを、恋人としたい、という意でいいのか? -- ジナ 2010-04-01 (木) 20:22:26
      • ・・・そうだよ。 -- 2010-04-01 (木) 20:33:49
      • (小さく微笑むと、霧雨が降る窓の外を見やる)
        わらわも・・・そなたが好きだ。
        けれどそれが・・・「恋」なのかと問われると、明言に戸惑う。
        いや、そもそもわらわは、「恋」という感覚がよく解らないのだ。子供なのだと、思い知った。 -- ジナ 2010-04-01 (木) 20:45:52
      • (クッションを腹に抱え、のそりと起き上がる。)
        (その顔を覗いたのならば、ほのかに赤く腫らした目元が伺えるだろう。)
        俺だってわかんねーよ、「恋」がなんなのかなんて。ただ・・・他のひとのものになったジナを、想像すると恐くて。見たくなくて。
        「恋」がなんののかねえ。考えたこともなかった。ジナは大人だな。
        -- 2010-04-01 (木) 21:03:42
      • (起き上がったクルトに歩み寄り、そっと頭を撫でる)
        今はまだ、わらわは何も言えない。だがこの街で過ごす日々がわらわに成長を齎し、わらわが・・・自分の気持ちに気付けた時に・・・
        まだそなたがわらわを想ってくれているのなら、答えを言おう。 
        だからそれまでは、どうかわらわと友達で居てくれないか?そなたと話せなくなるのは・・・とても寂しい。 -- ジナ 2010-04-01 (木) 21:28:05
      • (少年の口の端がゆるみ、すっと立ち上がり。)おう。わかった。
        月日が過ぎて、いつか、互いに大人になれた時まで、この気持ちはとっておく。(そして、意地の悪い笑みを浮かべ。)でも、でっかい利子がつくからな〜。そんときゃ、覚悟しとけよ〜。
        ・・・
        んと、それとさ。こんな話の流れで言うのもなんだけど。・・・あの、抱きしめてもいい?ひとまずの、ケジメとでも思って・・・。ダメ?
        -- 2010-04-01 (木) 21:47:30
      • ふぅん。(顎に手を添えて考える仕草をすると、にこりと一笑する)
        いいだろう、ただし、思い違いはするな?言うまでもないが、わらわは気紛れでその上ひどい我侭だ。
        誰に恋するかなんて、わらわにも予想がつかぬ。(ふふん、と笑うと、両手を広げた) -- ジナ 2010-04-01 (木) 22:16:08
      • そんときゃ全力で振り向かせるまでさ。(ふっ、と笑うと腕を拡げ、エルフの少女を優しく抱きしめる。)
        (少年に笑顔が戻った。)
        (晴れ晴れとしたその笑顔には、もう、後悔の色は残っていなかった。)
        -- 2010-04-01 (木) 22:29:33
  • 元気出せよ……`*:;,.★ 〜☆・:.,;*の事は忘れてな、一杯奢るぜ -- 褐返? 2010-04-01 (木) 19:10:44
    • 危ないところだった -- 2010-04-01 (木) 19:57:13
      • 消えてんじゃねーか!? まぁ良いや……頑張れよ、俺は応援してるぜ! (逃げるように帰っていく) -- 褐返? 2010-04-01 (木) 20:00:55
  • 。。。何時だ今。 -- 2010-03-30 (火) 02:41:01
    • 寝過ぎた、頭いってえ -- 2010-03-30 (火) 02:41:15
      • (後ろから襟を引きシャツの下にチョコレートを滑らせる) -- ジナ 2010-03-30 (火) 02:51:12
      • ほあっ。(冷たい感触にびくっ、と体が跳ねる。)
        な、なにかと思ったらジナか・・・。背中のこれは?(寝ぼけ眼。よく状況がつかめないといった表情で、シャツの上からそのなにかを押さえ、問い掛ける。)
        -- 2010-03-30 (火) 03:03:47
      • 惰眠ご苦労。犬なら少しは鼻を利かせたらどうだ?(腕を組んでふふんと一笑) -- ジナ 2010-03-30 (火) 03:13:07
      • (仄かな甘い香り。少年はそれが何なのかを理解した。)
        チョコレートか。いつもありがとうございます。(拝むような動きをとる。寝起き故か、ぎこちない動作。)
        (しばし黙考の後。)
        なあ、ジナ。どうしても欲しいもんができたとき、お前ならどうする?
        -- 2010-03-30 (火) 03:26:04
      • 欲しいもの?ふん、物にもよるが、わらわなら尽力をもって手に入れるとするだろう。
        一人では叶わぬなら強請る。精一杯の愛嬌をもってな?くく。 -- ジナ 2010-03-30 (火) 03:33:59
      • ふぅん。(ふと立ち上がると、)
        (ジナの後ろにまわり、)
        (おぶさるように抱きつく。)
        尽力、つくしてみていい?
        -- 2010-03-30 (火) 03:46:12
      • クルト・・・  ・・・・?(後ろから抱かれ、ぽかぁんと瞳を開く)
        ・・・今なら赦そう。早く寝惚けた頭を覚ませ。
        (クルトの行動が理解できずに眉を顰めて後ろの顔に振り向く) -- ジナ 2010-03-30 (火) 03:57:41
      • (顔を近づけ、額と額とをあわせる。)
        冗談で言ってるわけじゃねーよ。
        -- 2010-03-30 (火) 04:04:09
      • 一体何を言っている!欲しいものがあるなら尽力をもてとは言ったが、何故そこでわらわを
        ・・・わらわか?わらわから欲しいものがあるのだな?(額を合わせたまま、土耳古石の瞳を見つめる翠玉の双眸) -- ジナ 2010-03-30 (火) 04:12:28
      • ストレートに言わないと伝わんないなら言うよ。お前がほしい。 -- 2010-03-30 (火) 04:21:04
      • わらわ・・・を・・・?(困惑の色が翡翠の瞳に浮かぶ。す、と一歩、身を引いた)
        わらわは・・・ここに・・・それを、渡しに来ただけだ!
        (困惑に乱れた心のまま叫ぶと、逃げた。見た目のまま、未知に怯えた少女が逃げた。)-- ジナ 2010-03-30 (火) 04:31:36
      • (身を引くジナを見、)
        (これが、後悔、あるいは罪悪感の味か。何も含まぬその口から、仄かに苦みを感じる気がした。)
        (ソファに身を投げると、わざとらしく明るい声で。だが、決してジナの方を見ようとはせず。)
        いや、悪かった。忘れていいよ。チョコはありがたくいただいておく。帰り道は気ぃつけてな。
        -- 2010-03-30 (火) 04:44:38
  • 雪国では犬ぞりという移動方法が盛んだということを知っているか? (そりを抱えて雪が積もる大通りに立つジナ) -- ジナ 2010-03-28 (日) 00:56:01
    • で、その犬は?(眉をひくつかせ) -- 2010-03-28 (日) 01:05:04
      • (木製のそりを置き、小ぶりの尻を下ろすと、手綱を差し出す)
        クールート♪(ニコッ) -- ジナ 2010-03-28 (日) 01:09:07
      • (手綱をぎゅっと握りしめると、そのまま勢いよく引っ張り上げる) -- 2010-03-28 (日) 01:26:27
      • ひわっ!? (そりから落ちて雪の上に尻餅をつく)
        ・・・何をする無礼者。(雪を掬い上げて顔に放る) -- ジナ 2010-03-28 (日) 01:37:42
      • へぶっ!?(投げつけられた雪を為す術もなく顔面で受け止める。赤くなる鼻の頭。)
        ってー、そっちこそ何すんだよ!だいたいこんな雪の中走り回れるか!凍えて死ぬ!
        -- 2010-03-28 (日) 01:50:17
      • 情けない奴だ。それでも男の子か? 子供は元気に外で遊ぶものだ (雪を払い再びそりに腰を下ろす)
        あの夜怖がるそなたを街まで送っていったのは誰だ?わらわの恩義に報いるべきではないのか?ん?(にぃー) -- ジナ 2010-03-28 (日) 01:55:59
      • そ、それとこれとは話が別!(ほのかに赤く染めた頬を背ける。)
        ったくもう、わーったよ。引いてやるから。もうちょっと人通りの少なそうなとこにするぞ。ほら。(立ち上がらせるべく手を差し出す。)
        -- 2010-03-28 (日) 02:08:55
      • よろしい。(手を取って立ち上がると、人通りの少ない小通りに出る。年末の夜の賑やかさも、ここではまばらだ)
        さあ準備はいいぞ!(そりに座り準備万全) -- ジナ 2010-03-28 (日) 02:16:46
      • ・・・な、なあ、やっぱりやめにしねえ?すげえ恥ずい・・・。 -- 2010-03-28 (日) 02:28:31
      • クルト (蒼の眼をじっと見つめる碧の瞳) -- ジナ 2010-03-28 (日) 02:31:34
      • くっそー、しまいにゃ襲うぞ。(と、言いつつも、渋々ながらにそりの手綱を握る。)
        まさか四つん這いになって引けとは言わねーよな。
        -- 2010-03-28 (日) 02:41:22
      • 速い方で引け!(興奮が高まってきたのか、そりをしっかり握る)そら!(ぽん、とクルトの尻に手鞭を打った) -- ジナ 2010-03-28 (日) 02:48:56
      • ITEッ!

        そして、小一時間の後・・・

        (雪に大の字に寝転がり、肩で大きく息をしながら。)
        はーっ、はーっ、おい、もう限界だ、いいだろ、そろそろ。
        -- 2010-03-28 (日) 02:59:39
      • くくく・・・あははは! あはははは!(そりの上で足をぱたぱたと振り思いっきり満面の笑顔)
        楽しかった!(立ち上がり、倒れているクルトに歩み寄り手を差し伸べる)
        そなたもそうだろう?なかなかいい顔で、笑っていたぞ! -- ジナ 2010-03-28 (日) 03:05:47
      • それはど・う・も・・・っ
        (差し出された手を思い切り引っ張り、ジナの身を自らも寝そべる真っ白な雪面に向けて引き寄せる。)
        おりゃっ、ささやかな仕返しだっ!
        -- 2010-03-28 (日) 03:25:08
      • (軽い悲鳴と共にクルトの傍らに倒れこむ) ・・・謀ったなクルト
        (仰向けになり広がる星空。つい、と流れ星が尾を引き消える)・・・美しいな
        クルト、何を願う?(口元を吐息で曇らせて振り向く) -- ジナ 2010-03-28 (日) 03:36:54
      • そうだなぁ。悲しいくらいにありきたりだけど、こういう時間がずっと続くといいのに、って思うことはよくあるよ。
        冒険者とかいつ死んじまうもんだかわかんねえし、な。
        ま、そんなこと言ってないでやりたいこと全部後悔のないようにやっとくべきなのかもしんないけど。
        ジナは?
        -- 2010-03-28 (日) 03:49:34
      • ・・・・。(寂しい言葉を静かに聞くと、星空に瞳を戻す)
        わらわは・・・。そうだな・・・わらわは・・・・。
        クルトがいつまでも生きるように、全ての者達が無事明日を生きられるように・・・。
        そう・・・祈った。(微笑) -- ジナ 2010-03-28 (日) 03:57:42
      • はは。光栄なことで。(照れくさそうに笑う。)
        よっ。(軽く反動をつけて上半身を起こす。)
        (ジナの額に手を当て、その顔を見つめると、ふっと笑う。)
        -- 2010-03-28 (日) 04:11:17
      • (微笑みに合わせるように微笑むと、額に当てられた手の温もりに瞳を細めた)
        (二人の頭上に広がる星空に流星がまた一つ、大きく煌いた) -- ジナ 2010-03-28 (日) 04:26:44
  • 犬が毛皮剥ぐな! (同行挨拶) -- COLT 2010-03-26 (金) 08:53:05
    • ドンピシャの入れ違いとか初めての経験だよ。こっちは省略だ省略! -- 2010-03-26 (金) 09:03:27
      • 来月はバケツ?も加えた豪華メンバー。すっぱそう…お前ら二人で壁よろしく -- COLT 2010-03-27 (土) 09:35:00
      • 見ろよこの耐久値。寧ろ俺たちが壁される方じゃね? -- 2010-03-27 (土) 09:45:19
      • オレ壁にしても大概の男は首から上か頭皮がぞりって行くと思うけど。つか護衛マジ情熱下がんよ、もう探検帰るわ -- COLT 2010-03-27 (土) 09:51:22
      • でもよー探検ってばさー称号あんまかっこよくないじゃん?マニアだぜマニア
        護衛メインでいって情熱がなくなってきたら討伐で稼いでくるのがデキル冒険者スタイルってやつよ
        -- 2010-03-27 (土) 10:03:08
  • アイネネと良い、若者は良いな…しばらく見ないうちに見違える様じゃないかクルト君
    と、言う訳で去年に続き今年もチョコを持って来たよ、はい(チョコの包みを渡す -- フィーネ 2010-03-17 (水) 23:10:01
    • あらお久しぶり!ふっふー、大きくなったもんでしょ。そのアイネネって子は知らないけど。可愛い子?
      (チョコの包みを見。)
      や。毎年ありがとうございます!去年は何もできなかったけど、今年はお返しできるように用意しますから!
      -- 2010-03-17 (水) 23:30:02
      • ん?うん、可愛いと思うよ……世の風潮では女性が女性に対する可愛いは信用ならないと言われているが…ま、実際に見てみたら良いのではないかな
        前も言ったけれど、そう言うのを求めてしている訳じゃないので気にしなくて良いよ(苦笑しつつ
        さて、それでは僕はこれで。またね、クルト君(笑顔で手を振って帰る -- フィーネ 2010-03-17 (水) 23:36:51
      • はーい。またいつかー! -- 2010-03-18 (木) 00:19:24
  • (包んだ手のひらを差し出す) お手。 -- ジナ 2010-03-17 (水) 19:41:26
    • わん!
      ・・・じゃねえよ。なになに?なんかあるの?
      (突然のことに困惑し、二の足、ならぬ二の手を踏む。ジナとの間で手のひらがぎこちなく彷徨う。)
      -- 2010-03-17 (水) 21:37:43
      • クルト、決断力というものは人生の指針を決めるにおいてとても重要なものだ。
        (ふん、と呆れたように息を一つついて尊大に見下すジナ)
        惜しいことをしたな。素直に応じていればすばらしい褒美が手に入ったというのに。
        (包んだ手を開いてみせると、薄紙に包まれたチョコレートがあらわれた) -- ジナ 2010-03-17 (水) 21:56:33
      • (顎に手を当て目を細め、暫し黙考。)
        ・・・バレンタイン?
        -- 2010-03-17 (水) 22:15:09
      • そういう慣わしのようだな。(手を閉じてチョコを袖にしまう)
        まあそなたには関係の無い行事となってしまった訳だが。哀れ、哀れよなクルト。(「おまえにやるチョコはねえ!」といわんばかりに腕を組んで背を向ける) -- ジナ 2010-03-17 (水) 22:19:37
      • ああっ!(袖にしまわれるチョコを見、悲嘆の声。)
        (後ろから両手で肩を掴み、かるく揺さぶる。)
        いやほら、悪かったってー。機嫌なおせよー、な。
        -- 2010-03-17 (水) 22:33:06
      • ・・・・。
        (たっぷり後悔と悔恨を味わわせるようにそっぽを向き続けるジナ。クルトの訴えに一層悲壮感が増した頃合にくるりと振り返る)
        お手。 -- ジナ 2010-03-17 (水) 22:47:48
      • ・・・はい。
        (手を差し出す。今度は、素直に、一直線に。)
        -- 2010-03-17 (水) 22:57:54
      • それでいい。学んだかクルト?わらわの命にはこうして素直に従うのがもっとも正しい選択だということを。
        (満面の笑みで差し出した手にチョコレートを置いた) -- ジナ 2010-03-17 (水) 23:07:47
      • はい、どうもありがとうございました。(棒読み。)
        まったく。普通にしてりゃ可愛いのに。ジナを嫁にもらう人は苦労しそうだな。
        -- 2010-03-17 (水) 23:17:53
      • ふん、よくも言う。そなたを婿に貰う女の嘆きが目に浮かぶぞ?優柔不断で頼りないとな、あはは!
        (その日一番の笑顔を振舞うと、上機嫌の足取りのままクルトを後にした) -- ジナ 2010-03-17 (水) 23:28:18
      • 大人しくしてりゃ最後の最後までてめーッ!いつか見返してやんからな! -- 2010-03-18 (木) 00:18:27
  • (つかつかと歩み寄るとクルトの鼻先を指で弾いた) -- ジナ 2010-03-15 (月) 19:13:41
    • ん、ジナじゃ・・・あだッ!(鼻の頭を押さえ。)
      な、何の用だよ。
      -- 2010-03-15 (月) 19:21:02
      • ふん。自分の胸に聞いてみるといい。(腕を組んでじとりと睨みつける)
        わらわのが知らぬことをいいことに、不埒な言葉を教えた罰だ。
        (ふん、とそっぽを向くジナ。恐らくは「自慰」やもろもろの言葉の意味を理解したのだろう) -- ジナ 2010-03-15 (月) 19:29:01
      • なっ。人聞きの悪い!そもそもの話題をふったのはジナじゃねーかっ!
        でもまあ、あれだな。これで衆目を前にして(規制音)って大声で言っちゃうようなことがなくなったと思うと、儲けもんだろ?(くすくすと笑う。)
        -- 2010-03-15 (月) 19:37:07
      • ・・・ッ。(頬を微かに染めてキッとクルトを睨む)
        下品な犬めが!・・・確かにその事はわらわが不徳とすること。
        だが!これから先わらわをその一件で侮辱することは許さぬぞ、よいな?(ずいと間合いを詰め、碧緑の双眸で覗き込んだ) -- ジナ 2010-03-15 (月) 19:47:19
      • あー大丈夫大丈夫!そんなに念押さないでも蒸し返したりしないって!(両の掌を体の前に出し、落ち着け、のジェスチャー。) -- 2010-03-15 (月) 20:20:29
      • その言葉、真だろうな・・・そなたの神に誓えるか?いや、それでは足りぬ、わらわに誓いをたてよ。
        (右手をクルトの前にずいと差し出した) -- ジナ 2010-03-15 (月) 20:31:05
      • わかったわかった・・・ん。(右手を差し出そうとするが、ぴた、と手が止まる)
        うんと。指切り、であってる?
        -- 2010-03-15 (月) 20:37:03
      • 誓いを立てる作法も知らぬのか?(ふふん、と嘲笑めいた口ぶりで)
        わらわの手を取り跪き、誓いの言葉を述べるのだ。(急かすようにくいくいと指を動かす) -- ジナ 2010-03-15 (月) 20:42:38
      • (おおう。約束の作法も高飛車。と心の声。)
        しゃーないなー。・・・今後一切あなたを侮辱しないことを誓います・・・(片膝をつき、手を取り・・・手の甲に軽く口づけをする。)
        っと。これでよかったかな?お姫サマ。
        -- 2010-03-15 (月) 20:55:49
      • ・・・・なぜ唇を甲に付けたのだ?(手の甲へのキスの文化はない様で、訝しげに眉を顰めたジナ)
        まあいい。犬にしては及第だ。それで一つそなたに頼みたいことがあるのだが、よいか? -- ジナ 2010-03-15 (月) 21:07:05
      • なぜってご機嫌取り・・・だったけど効果ないみたいね。(苦笑い。)
        頼みって、どんな?
        -- 2010-03-15 (月) 21:15:00
      • そなたを一目見たときから思っていたことだ・・・。はしたない事だと口に出すのを躊躇っていた。
        (照れたように微かに頬を染めて目線をはずして呟く)
        そなたの・・・そなたの尻尾を触りたいとな!(両手を掴みかかるように掲げてにじり寄る) -- ジナ 2010-03-15 (月) 21:22:41
      • (手を罰点に交差し勘弁してくれ、の意を示す。)
        (身構えじりじりと後退していく。)
        -- 2010-03-15 (月) 21:32:57
      • (無言でつかつかと歩み寄るジナ。その瞳は捕食者の輝きを爛々と湛え、顔貌は満面の笑顔)
        (その後、クルトがどうなったのかは神のみぞ知るところとなる) -- ジナ 2010-03-15 (月) 21:39:33
  • あら? クルトくん背が伸びた? それにカッコよくなったみたい! (微笑ましそうに)ふふっ、男の子って本当に成長が早いのね。 -- アルセナ 2010-03-10 (水) 02:12:04
    • へっへっへ。大きくなったでしょ!
      (アルセナの瞳をのぞき込み。)
      どーお、そろそろアルセナさんのお眼鏡にも適う頃合い?(悪戯っぽく笑う。)
      -- 2010-03-10 (水) 06:24:58
      • もちろん。もともと私が見る限り、クルトくんは十分素敵よ?(くすくすと笑い) 今も昔も、とっても可愛いもの
        それじゃね、私、お買い物の途中だから。またね(小さく手を振りいつもの笑顔を送ると、雑踏の中に消えていった) -- アルセナ 2010-03-10 (水) 08:14:39
      • かーっ相変わらずガードかったいなーっ。いってらっしゃーい気をつけてー。 -- 2010-03-10 (水) 15:02:09
  • クルト君、クルト君。クリスマスには素敵なプレゼントを貰ったのでね…その意趣返しにバレンタインのチョコを持って来たよ
    作り方なんて全然分からなかったから普通に売り物なのだけれど。良かったら食べてくれると嬉しい -- フィーネ 2010-03-06 (土) 03:38:19
    • や。僕もプレゼント貰ったのにそんなそんな。
      もしかして、来月3倍返しな!とかそういう・・・!?
      -- 2010-03-06 (土) 17:05:11
      • //レス遅くて大変申し訳ございません(土下座
        それはこれ、これはこれさ。クリスマスは君から振ってきたのだからバレンタイン位はね。何やら女性から送るのが一般的なようだし
        だから、別にお返しなんていらないさ……本当だよ? -- フィーネ 2010-03-07 (日) 02:25:54
      • んー。それじゃ。ありがたく頂いておきます!(深く例をし、その姿勢のまま両の手でチョコレートを受け取る。)
        //亀レスなのはこっちじゃないかッ・・むしろごめんよ!
        -- 2010-03-07 (日) 03:13:56
  • そこの犬、ここへ来い。(冬の大通りの片隅。紙袋を片手に抱えた少女がクルトを指差す) -- ジナ 2010-03-04 (木) 21:44:43
    • おおっ。美人のおねーさんからお声がっ。
      なんでしょなんでしょ。(尻尾をぱたつかせ駆け寄る。)
      -- 2010-03-04 (木) 22:09:15
      • まったくこの街の人間は、わらわを見ればよそ者扱いだ。名物だの特産だの頼みもしない物を献上する。
        (そう呪詛を吐くと、紙袋から新聞紙に包まれたフィッシュアンドチップスをクルトに差し出す)
        これもその一つだ。わらわの口には合わぬゆえ、そなたにくれてやる。 -- ジナ 2010-03-04 (木) 22:33:04
      • は、はあ。ええっと、いいんでしょうか。
        (突然の申し出に困惑の表情を浮かべ、恐る恐る包みを受け取る。)
        えーっと、献上ってことは・・・お偉いさんだったりする?
        -- 2010-03-04 (木) 22:49:36
      • ふふん。わらわを見て解らぬか?(胸元に手を添え、まったく揺るがない自信に満ちた声と眼差しを向ける)
        まあ解らないところでそなたは犬だ。そう気に病む必要は無いぞ。 -- ジナ 2010-03-04 (木) 23:03:47
      • (むかっ。音鳴らざる音のはずであるが、少年は確かにその音が聞こえた。)
        偉い人の割には口の利き方もしらないんですね。お里が知れるってものですよ。
        (大げさに肩をすくめ、身体全体で呆れた、という言葉を表して見せる。)
        -- 2010-03-04 (木) 23:23:41
      • ところで此処はどこだ?(クルトの言葉を遮るように辺りを見渡す)
        ヒトの街は雑多で道がわからぬ。噴水のある公園まで行きたいのだ、知っているか?
        (他意の無い瞳でクルトを見据える。その瞳の輝きが、この少女の言動に悪意は微塵もなく、ただあるがままだと言うことを示していた) -- ジナ 2010-03-04 (木) 23:38:20
      • あ。聞いてねえ。
        (仕方がない、という表情。頭を掻き、ぽつりと。)調子狂うなあ。
        噴水のある公園ってゆーと。あの水の涸れた噴水?
        -- 2010-03-04 (木) 23:53:37
      • 忌々しいことだ。人間が冬だと地下の管が凍るとぬかして塞き止めてしまった。
        (クルトに自分が持っていた荷物をひょいと渡す。)
        そういうわけだ、道案内を頼むぞ。(にっこりとすばらしい笑顔で) -- ジナ 2010-03-05 (金) 00:02:06
      • あーっ。もう、しゃあねえなあ。(荷物を担ぎ。)
        そういや、ねーちゃん、名前は?
        -- 2010-03-05 (金) 00:13:37
      • ナダの娘、ジナだ。そなたには名前はあるのか?(瞳を覗き込んで) -- ジナ 2010-03-05 (金) 00:18:54
      • クルトだよ。覚えときな。
        ほら、行くぞ。(進むべく方向に身をむけ、手を差し出す。)
        -- 2010-03-05 (金) 00:24:48
      • クルト? クッ  くく・・・あははは!
        (脳裏に似た名前の目つきの悪い少年を思い浮かべるジナ。そういえばなんとなく雰囲気も似てることもあいまって、吹き出す)
        (手を引かれて公園に着くまでの間、ずっと非常な上機嫌だったという) -- ジナ 2010-03-05 (金) 00:27:38
  • お目汚しおゆるしください! -- 2010-03-04 (木) 09:47:39
    • おおーう。さんきゅーさんきゅー!あとで飾っとこう。 -- 2010-03-04 (木) 22:08:13
  • 猫パーンチ!(ぺちーん) -- ミケ? 2010-02-28 (日) 23:54:16
    • (大げさに机や椅子をぶちまけて吹き飛ぶ) -- 2010-02-28 (日) 23:57:12
      • (ぴくりとも動かなくなる) -- 2010-02-28 (日) 23:59:58
      • (自分の発言への引用でageたワンコに猫パンチをするのがせめてもの…)猫パンチ!猫パンチ!猫パンチ!(追い討ち、打ち上げ、空中エリアル)猫パーンチ!(SA発動猫パンチ連打) -- ミケ? 2010-03-01 (月) 00:00:03
      • 死んでいる…(24:00死亡確認するブロッケンエルフ) -- ブカマル 2010-03-01 (月) 00:01:30
      • (死人の顔面を這い回る) -- ゴキ 2010-03-01 (月) 00:08:19
      • んなにこの阿鼻叫喚・・・!(必死に死んだふり) -- 2010-03-01 (月) 00:14:08
  • この前はすみませんでした…(来るなりいきなり土下座するエルフ -- フィーネ 2010-02-26 (金) 00:22:47
    • へ!?どしたんですいきなり!? -- 2010-02-26 (金) 02:39:00
      • いや…せっかく居酒屋に連れて行って貰ったのに…気付いたら家で寝ていた
        これはお詫びの品です…(ケーキの入った小箱をすすす、と押しながら -- フィーネ 2010-02-26 (金) 02:43:31
      • いやあお詫びとかいいよいいよ!
        それよりも、お姉様。お酒弱いならあんま無茶しないほうがいいぜぇ。
        男は狼なのよ気をつけなさい〜ってね。
        -- 2010-02-26 (金) 02:47:53
      • でも僕の気が済まないのだ…!う、ん…気をつけるよ。でも君は違ってたろう?
        ライカンスロープだというのにね。だからこうしてケーキも持って来たのだ(にっこり微笑む三十路過ぎ。この女警戒心0である
        …えと、確認するけど、何もしてない…よね?(でもちょっと不安になる乙女心を忘れない三十路だ -- フィーネ 2010-02-26 (金) 02:56:06
      • 何かしてたら・・・どうします?(にやり、と笑う) -- 2010-02-26 (金) 03:00:48
      • ……まずは衛兵に突き出して、それから考えるかなっ!(少し考えてから爽やかな笑顔で -- フィーネ 2010-02-26 (金) 03:03:53
      • なっ!じょっ、冗談ですよぉ!
        (わたわたと両の手を振って無実をアピール)
        ほら、いっしょにケーキ食べて忘れましょう、ねっ!
        -- 2010-02-26 (金) 03:12:16
      • ああ…良かった。知り合いが檻の中では…クルト君は狼だし似合いかもな(意地悪げににやりと笑って)うん、冗談だけどね
        ああ、そうしよう。あ、苺のタルトは僕用に買って来たものだから君はそれ以外ね(お詫びの品に自分用を混ぜるという暴挙を平然と行う三十路 -- フィーネ 2010-02-26 (金) 03:20:39
      • (話しながらに食器を用意し)
        えー。やです。僕が貰ったもんですしー。
        でーも。僕の手からなら分けてあげないこともないですが。はいあーんして。
        (いじわるな笑いを浮かべフォークを持つ手を伸ばす)
        -- 2010-02-26 (金) 03:31:08
      • …ふ、ぅぐっ!?(変な声で硬直するエルフ)…くっ、卑怯な…!(悔しそうな恥ずかしそうな複雑な表情になって
        あ…あーん…(結局食欲に負けて口を空ける。でも目は瞑ってる -- フィーネ 2010-02-26 (金) 03:35:33
      • (フォークの先端を翻し、自らの口に運ぶ)
        ん、おいし♥
        -- 2010-02-26 (金) 03:42:32
      • (カッと目を見開き)さっ、最悪だな君!君最悪だな!このいじめっ子め…!(間抜け面晒していた恥ずかしさと悔しさで顔を耳の先端まで真っ赤にして
        〜〜〜〜っ!帰る!帰りにドカッと買ってドカッと食ってやるー!(半泣きで走り去る -- フィーネ 2010-02-26 (金) 03:45:21
      • あっ、ちょっとまっ、冗談っ・・・
        (追いかけようとして椅子から転げ落ちる)
        あ〜・・・しまったなあ、いじめすぎちゃったかあ・・・。
        -- 2010-02-26 (金) 03:49:23
  • 名前似てんだよ!(クロス耳引っ張り) -- COLT 2010-02-24 (水) 18:22:56
    • あんまり見ない名前補正でGOE加点2点、よって俺の勝ちだッ! -- 2010-02-24 (水) 22:00:28
      • (ビンタ)開錠失敗したうえ罠までかかりやがってテメーの負けだボケェ!!(本日矢が刺さった人)
        あっ、お前来月朝花と夕芽とだな。もう会った? -- COLT 2010-02-24 (水) 23:50:02
      • いいんだよいろいろやったほうが身体鍛わるし!許して!
        んっあー・・・同行者とか久しく気にもしてなかった。(気まずそうに頭をかく)
        -- 2010-02-25 (木) 00:47:59
      • 面白いかわいい二人なのにもったいない… -- COLT 2010-02-25 (木) 20:20:10
      • ほほうkawaii!とな。よしよし後で遊びに行っちゃおう!有力な情報をサンキューブラザー! -- 2010-02-25 (木) 20:37:52
  • へいそこの犬耳のキュートなお兄さんー(街中バスケットを抱えた少女が追いかけてくる)
    薬草はいりませんかー頻尿頭痛急な吐き気立ち眩み素人童貞…そこはかとなく解決しますようー…
    ちなみにこれはオオイヌノフグリですね、はいセクハラではございませんお近づきの印のプレゼントでございます -- アルラカン? 2010-02-20 (土) 03:17:49
    • えっなにこの人テンション高い恐い・・・!(自分よりハイな人にはチワワになるクルトくんだ) -- 2010-02-20 (土) 03:42:39
      • こわくなーいこわくなーいほら怖くない!怖くないですよー可愛い薬草売りですよー
        何も言わずに買えば良いのです、おススメはこのキチガイナスビですね…何もかもがどうでも良くなります…
        あと…犬が良く散歩中に食べる草です…いかがでしょう! -- アルラカン? 2010-02-20 (土) 03:57:08
      • オーケオーケー。アイアムウルフ。アイムノットドッグ。ドゥーユーアンダスタン?(あやしいセールスのペースに流されないように必死に言葉を紡ぐ) -- 2010-02-20 (土) 04:08:15
      • …パードゥン?(大げさに肩を竦めて首を振りながら)
        何がウルフだ何か買えよオラァー!!と昔から申しますね、ええわかっておりますつまりこういうことですね…
        はいこちら犬の口臭消しにもなるハーブでございます、これに骨っ子もおつけしてですね…これでお買い上げいただける…と! -- アルラカン? 2010-02-20 (土) 04:22:21
      • うーんうーん。俺としてはどーせお買い上げするなら、こちらの美しいお嬢さんをお買い上げしたいんだけどなあ。ダメ? -- 2010-02-20 (土) 04:29:06
      • つまり花より春を売って欲しいなとそういう…(いやんいやん)
        チッ!冷やかしですか!時は金なりタイムイズマニー!!返して下さい私の時間!ひどすぎる…!
        クッソァ!!お前の母ちゃんデベソーー!!(バスケットを抱えてあんまりな捨て台詞を吐いて逃げて行く少女だった) -- アルラカン? 2010-02-20 (土) 04:39:55
      • え、ええー。(ガビーン)
        いやぁ都会ってコワイ・・・。(都会育ちだけど)
        -- 2010-02-20 (土) 04:51:05
  • (ビンタ) -- 2010-02-19 (金) 22:22:50
    • もっとこう・・・バリエーションとか・・・! -- 2010-02-19 (金) 22:40:09
  • 早くりっくんとイチャイチャするんだ! -- 2010-02-19 (金) 19:20:15
    • まかせたまえ! -- 2010-02-19 (金) 21:35:34
    • 駄目じゃったか -- 2010-02-20 (土) 00:24:36
      • 駄目じゃったよ・・・。(ぐったり) -- 2010-02-20 (土) 01:16:30
      • ところでいつの間に俺の二つ名はこんなことに。 -- 2010-02-20 (土) 01:19:04
  • えっと…いらっしゃいますか…?(弁当箱を手におろおろと) -- ヨウム 2010-02-19 (金) 11:29:52
    • え、あはいおはよう・・・(寝ぼけ眼) -- 2010-02-19 (金) 14:27:01
      • あ、すみません、寝起きでしたか…おはようございます
        それで、えっと…この前のお詫びに、お弁当持ってきたんですけど…おにぎりとかは大丈夫ですか? -- ヨウム 2010-02-19 (金) 14:46:22
      • あぁ、この間の子か!お詫びなんてそんな気ー使わなくてもいいのにー。
        でもせっかくだし貰えるもんは貰っちゃうぜー。食べ物ならなんでもいつでも大歓迎だよ!
        -- 2010-02-19 (金) 15:08:50
      • はい…あ、名乗って無かったですね。ヨウムと申します(ペコリと頭を下げて)
        良かったです…これ、おにぎりと玉子焼きです。おにぎりの具はシャケとカツオです
        お口に合えば良いのですが…(木籠の弁当箱を差し出して) -- ヨウム 2010-02-19 (金) 15:18:10
      • そーいや俺も名乗ってなかったね。クルト・ビュンテ。気軽に名前の方で呼んでいいよ。
        ん、それじゃ早速、いただきます。(ぱん、と手を合わせる)
        ん、うまい!
        -- 2010-02-19 (金) 15:37:45
      • クルトさんですね、よろしくです。  ……ほ、良かったです。東方料理なので口に合わない方も時々居ますから -- ヨウム 2010-02-19 (金) 15:45:01
      • んー(むしゃむしゃ)といっても(んぐ)そんなに癖のある味でも(ばくばく)無いんじゃないかな?
        (水を飲んで一息)
        ほらさ、乾燥地帯の方みたいに香辛料どさーっと入れてるわけでもないし?それともヨウムちゃんの料理がうまいのかな?
        -- 2010-02-19 (金) 16:20:45
      • そうですね、納豆とかクサヤとかだと東方でも全くダメという方多いですし…今回のは食べやすい方かと
        え、あ、ありがとうございます…私、おにぎり作りのアルバイトしてるので慣れてるんですよ。きっと、そのおかげですね -- ヨウム 2010-02-19 (金) 16:27:37
      • ほほーん。バイトに冒険にと、お金こまっへんの?(新たに手に取ったおにぎりを頬張り) -- 2010-02-19 (金) 16:51:59
      • ああいえ、冒険者としては練達と呼ばれる程度で毎月金貨2000ほど稼いでます
        アルバイトは友人のお手伝い、という感じですね。お店では結構評判みたいで…なんだか意外ですけど
        クルトさんもエプロン姿ですが、何か副業を? -- ヨウム 2010-02-19 (金) 16:57:44
      • おーお手伝いかー。えらいえらい。(頭をなでる)
        んーと俺はねー。話すと長くなりそうだ・・・かくかくしかじかで街の工房で徒弟やってたんだけどねー。今は家出中さ。
        -- 2010-02-19 (金) 17:14:02
      • (撫でられると顔を赤くして俯き)あ、ありがとうございます……
        …なるほど、かくかくしかじかで。大変だったんですね。では今は冒険者一本ですか?
        冒険者は討伐とかなら結構安定して稼げますし、冒険者だけでも生活出来ますけどね -- ヨウム 2010-02-19 (金) 17:20:59
      • ぎゃーちょっと席外さなきゃだ!返信遅くてごめんねー! -- 2010-02-19 (金) 17:56:21
      • こちらこそ、長話しちゃってごめんなさい…いってらっしゃいませー! -- ヨウム 2010-02-19 (金) 18:17:08
      • ん。うまかったです。ごちそーさまでしたっ!(手をぱん、と合わせ)
        そーだね、冒険者一本だなー。一応、だけど。
        -- 2010-02-20 (土) 01:24:08
      • はい、お粗末様でした(小さく頭を下げて) 一応、ですか?何かご予定があるのでしょうか? -- ヨウム 2010-02-20 (土) 22:47:35
  • はあ…犬の獣人かそのハーフ、かな?(眼鏡の奥の瞳を細め、呟く -- フィーネ 2010-02-18 (木) 22:54:55
    • ライカンスロープ、あるいはリカントロープ。俗に言う狼男だねぃ。
      僕になにか用事かな?美しいお姉様。
      -- 2010-02-19 (金) 06:56:42
      • …犬じゃなかったんだ…(酷く残念そうな表情と声音で
        用事?特にないかな。獣人がちょっと珍しかったから。あはは、口の上手いお子さんだね。お姉さんそう言うの嫌いじゃないよ(お世辞と分かっていてもにこにこする三十路 -- フィーネ 2010-02-19 (金) 09:03:11
      • え?狼ダメ?もしかして不戦敗ですか?
        -- 2010-02-19 (金) 10:18:22
      • ん、別に駄目と言う事は無いけど…不戦敗って、君はいったい何と戦うつもりだったの(くすくす笑いながら -- フィーネ 2010-02-19 (金) 14:34:54
      • えーそりゃあ・・・女体の神秘・・・かな・・・! -- 2010-02-19 (金) 14:43:51
      • (笑顔のまま腹パン) -- フィーネ 2010-02-19 (金) 14:46:19
      • ナ、ナイス角度・・・!(崩れ落ちる) -- 2010-02-19 (金) 14:58:59
      • ふぁっ!?ごめんつい殴っちゃった…ごめんね、大丈夫…?(しゃがんで心配そうに覗き込む -- フィーネ 2010-02-19 (金) 15:02:52
      • いやぁなんのこれしき、殴られ慣れてるので!(心配されていると見るや否やけろりとした顔でスッと立ち上がる)
        どうですお姉様、お詫びにお食事でも!
        -- 2010-02-19 (金) 15:28:31
      • 殴られ慣れてる理由は聞かない方が良いのかな…?(ああ狼ってそういうみたいな表情になる
        お詫びをするならむしろ僕の方だね。不意に殴ってしまったし。そうそう…僕はフィーネリアと言うんだ、お姉さまはちょっと恥ずかしいからやめて -- フィーネ 2010-02-19 (金) 15:45:04
      • 理由は言わば愛、ですかね・・・。
        恥じらう姿ももっと見ていたい。よってフィーネリアお姉様と呼ぶことにしましょう。そうしましょう。
        -- 2010-02-19 (金) 16:17:42
      • 愛…君はマゾヒストなのか?(形容できない表情になりながら
        な、何恥ずかしい事言ってんだ君は!(顔は赤くなり声は上擦るウブな三十路
        き、今日は帰る!お詫びはまた今度、今度ね…!(赤くなった頬を隠すように両手で覆って慌ただしく走り去る -- フィーネ 2010-02-19 (金) 16:29:10
      • あ、はーいまた今度♪(手をひらひら) -- 2010-02-19 (金) 21:37:22
  • うーん…何となく親近感を感じちゃったり…(耳を見ながら) -- アキ 2010-02-18 (木) 17:14:04
    • おおっ?同族発見!しかも美人のおねーさんだ!(尻尾をぱたぱたと振りながら近寄る) -- 2010-02-18 (木) 21:32:21
      • こんにちは美しいお姉様。ご趣味は?恋人はいらっしゃいます? -- 2010-02-18 (木) 21:39:05
      • (い、犬っぽい!) はい、こんにちは。…え?何、恋人?
        んっふっふ…そりゃあこう見えてもいい年だからねーいますよー? 嫁さんが、ねっ -- アキ 2010-02-19 (金) 05:52:56
      • ちぇーっ。なんだよこぶつきかよー。(同性愛には寛大なクルトくんだ) -- 2010-02-19 (金) 06:39:40
      • イエース、アイアムこぶつき! そしてオレは何をしに来たのかもわからないまま帰るのであったー またねー -- アキ 2010-02-19 (金) 17:50:27
      • お、おう!?さようならあ・・・? -- 2010-02-19 (金) 21:39:50
  • セックス!! -- 2010-02-18 (木) 13:45:12
    • おいおいおーい、二着とからしくないんじゃないのぉ? -- 2010-02-18 (木) 14:32:48
  • (凄く尻尾をモフりたいという視線) -- ヨウム 2010-02-18 (木) 13:40:09
    • これはこれは。可愛らしいお嬢さんだ。
      なんだい、俺の尻に何か用事かい?(照れ笑い)
      -- 2010-02-18 (木) 14:32:18
      • あ、いえ、立派な尻尾だなーと思いまして…すみません。って、別に私はそんなに可愛くとかないですよ!?普通です…! -- ヨウム 2010-02-18 (木) 14:37:35
      • (やー、照れちゃってるとこもかーわいぃ♪)
        ああ、尻尾?ふっふー、いいだろう。自慢の一品さ。どう、良かったらさわってみる?
        -- 2010-02-18 (木) 14:55:03
      • ええ、ふさふさで…え、良いんですか!?触っちゃいますよ? -- ヨウム 2010-02-18 (木) 15:17:42
      • おう!ばっちこいだ!
        (触れあう肌と肌!縮まるココロの距離!おお、神はなんとすばらしい機会を私に与えたもうたのか・・・!)
        -- 2010-02-18 (木) 15:31:20
      • ええっと、それでは失礼しまして…(毛並みに沿って尻尾を両手でサッと撫でて)
        ……う〜ん、ふわふわながらも少し硬さがあって、良い感じですね〜……(ふわふわもふもふ) -- ヨウム 2010-02-18 (木) 15:50:17
      • おおっ、これは・・・どうしてなかなか・・・
        ・・・あ、あれ・・・?
        -- 2010-02-18 (木) 16:01:13
      • (壁に寄りかかりながらゆっくりとその場にへたり込む) -- 2010-02-18 (木) 16:01:37
      • あ、あの、すいません
        ・・・
        ・・・・・・なんか腰抜けた・・・から、ちょっと起こして・・・。
        -- 2010-02-18 (木) 16:03:06
      • (しばらくほわほわと幸せそうな顔をしていたがハッと気づいて)え、あ、す、すみません!やりすぎましたか!?
        (わたわたと手を差し出し) -- ヨウム 2010-02-18 (木) 16:08:39
      • (差し出された手を取り)
        い、いやあ・・・ハッハッハ・・・まさかこんなになるとは・・・。(引きつった笑顔)
        -- 2010-02-18 (木) 16:15:23
      • うう、ごめんなさい…つい気持ち良かったもので…(申し訳無さそうに背後の霊魂と一緒に俯き) -- ヨウム 2010-02-18 (木) 16:18:46
      • お気になさらず・・・。(寂しげな笑顔) -- 2010-02-18 (木) 17:10:57
      • うう…(その表情に余計申し訳ない気分になり)え、えっと、尻尾を触らせてもらったお礼に今度お返し持ってきますね!
        (まだちょっとおろおろしながら) -- ヨウム 2010-02-18 (木) 17:18:32

Last-modified: 2010-04-21 Wed 01:40:57 JST (4456d)