MQ/0010

  • 凸凹してないか? -- 2020-01-18 (土) 18:49:15
    • 冒険者は瞬間瞬間を必死に生きてるですよぉ〜? -- イスナ 2020-01-18 (土) 18:53:59
  • もう令和になってるんじゃないか? -- 2020-01-18 (土) 18:59:49
    • ときの流れははやいですねぇ〜?令和?平成?イスナにはなんのことかわかりませーん♡ -- イスナ 2020-01-18 (土) 19:05:37
  • んん?不躾にすまないが君は南方の出かなお嬢さん
    (そうイスナに声を掛けてくる男が居る、ただそう呼び止めたのがナンパの類などではないのは一目で分かるだろう)
    (何故なら両脇に大型犬程もありそうな巨大な蟻を一匹ずつ抱えているのだ、こんな状態でナンパをしようとするのは相当な猛者の部類だろう)
    (無論この状態で話しかけている時点で少々おかしいが、蟻は既に仕留められておりピクリとも動かない)砂漠の方の、違うかな? -- ヴィオラ 2020-01-18 (土) 23:39:12
    • イスナ自体はこの街の産まれですわぁ、ご先祖様は遠方からこちらに嫁いできたそうですけど
      (振り向きながら、自分の血筋の話をするのは大好きなので、ニッコリ笑顔で振り向いたまま固まる)

      ……
      ………はっ…えぇ、砂の多い国だと伝え聞いておりますわ…ところでそれは…?(蟻を指差して)
      -- 2020-01-19 (日) 00:07:28
      • ほおとなれば君は伝承者といった所かな、君の様な姿をした者を壁画で時折見るからね
        文明文化に流されず継いでいるようで素晴らしい限りだよ、そしてこれはジョニーとマイケル
        内部構造を把握次第肉は私の胃袋に入り殻と毒腺は業者に売られゆく運命の者達だ
        件の遺跡で出てきたのを持ってきたのさ、食べる?(何の疑問も感じていない瞳で右脇の巨大蟻をそっと差し出す) -- ヴィオラ 2020-01-19 (日) 00:16:38
      • そうですわ!(どややぁっとした表情をしながら胸を張って、大きく揺れる)
        伝統ある癒し手の一族の末裔ですからね(ついでなので宣伝とばかりに、お店のチラシを渡しておく、30分金貨30枚とかマッサージコースのチラシだった)
        ですので、食べるには困ってないのでそちらはご遠慮しますわ!(蟻はあんまり食べたくない、それ以前に食べれるのだろうか…と疑問にも思った)
        -- 2020-01-19 (日) 00:24:38
      • (ジョニーとマイケルをその場に重ねてチラシを受け取ればイスナと交互に見る、ナイスバディな美女に向けるにはとても理性的な視線だ)
        豊満な肉体と癒やし、豊穣、地母神…巫女の系譜なのかな?何故君の祖が大きく旅立つ事となったのか実に唆られるね
        その辺りを今度マッサージがてら聞きたい所だ、この仕事直ぐに足腰が痛くなるからね…(チラシをマントの中に仕舞う、置いておいた蟻二匹を再び抱え)
        そうかい?ま、学術的に興味が無ければただの気持ち悪い生き物だからねえ(けらけらと笑う)
        ああそうだ自己紹介もまだだった、いかんね興味優先は。私はヴィオラ、考古学者だ。これを食べるのも仕事の一環でね -- ヴィオラ 2020-01-19 (日) 00:43:05
      • ボクの家系の話がききたいなら遠慮せずですよ!フフフーン!(血筋には誇りあるのでいくらでも話してくれるだろう。ちょろい)
        こう見えても癒し手として民を導く王家の血筋なんですよ!
        巫女として女王としてしっかりとしたね!その末裔のボクは一族の中でも天才と言われるくらいの癒し手なんですから!
        おじさんみたいな人なら肩こり腰痛とか多いでしょうから、一発でスッキリですよ!(どややぁ)
        (なるほどー学者さん、そんな格好してると上から下までみながら)…学者さんって変わったことする人が多いのですわね
        -- 2020-01-19 (日) 20:57:47
      • ほう!王家の血筋!そう言われると君の美しさにも何だかより説得力と重みを感じてくるね!
        古来より美しさというのは完璧さの一つとされてきた!完璧さとは神を表すものであり信仰されるに足るものなのだよ!
        そこに加え天才と来ればいつか神をその技で見る事があるかも知れないねえ!
        (物凄く嬉しそうにニコニコしている、イスナの身の上が考古学者にとっては何ともたまらないものなのだろう)
        こうした虫は世代を素早く重ねる分根付いた遺跡の要素を強く身に帯びるからね、浅い層の個体だから大した事は分からんだろうが何事もコツコツとさ
        それじゃあ私はこれで、今度はメモ帳を持ってしっかり話を聞かせて貰うよ(またねと蟻を抱えたまま笑顔で去っていった) -- ヴィオラ 2020-01-19 (日) 21:12:40
      • 知識階級の方は大変よくわかっていらっしゃいますわね!(どやっどやーっと天狗のように鼻が伸びそうな勢いと、胸を張って)
        お店にきてくだされば50%サービスしますわよヴィオラ氏には!(とても上機嫌だ)
        なるほどですわ、学者様は色々考えているんですわねぇ…
        (でもそれって食べる必要あるのかしら…なんて思いつつ見送るのでした)
        -- 2020-01-19 (日) 22:35:06
  • マッサージか・・ちょっと受けてみるかな?(興味本位で立ち入ってみる猫) -- ダーマオ 2020-01-19 (日) 21:45:09
    • いらっしゃいませー(お店の扉を開けば、明るい声が響き渡り、どこか麝香の甘い香りが漂ってきます)
      (肌の面積が多い衣装の少女がお出迎えしてにっこり笑顔)
      -- 2020-01-19 (日) 22:36:29
      • (すんすんと鼻をならす)大丈夫か?本当に卑猥な店じゃない?オイラそんなには金ねぇぞ・・・(なんて自問自答)
        (一先ず大丈夫そうなので)マッサージ受けにきたぞ?痛くねぇか? -- ダーマオ 2020-01-19 (日) 22:57:28
      • (コース料金が書かれたメニューを渡して…卑猥なお店じゃないけど、それなりに値段はする)
        大丈夫ですよーお客様ーそれ以前に種族が…ね?(ほらお客様は可愛いにゃんこ、私は美しい少女…ね?卑猥なことになりようがないじゃないですかーっと笑顔)
        マッサージする場所にもよりますけど、基本痛くないですよー気持ちよさモットーで、傷口とかあるなら、そこを中心に癒しますよー?
        -- 2020-01-19 (日) 23:00:44
      • そう思っていたら奥から猫族が・・・なんて・・・いや、やめよう、これ以上は不毛って奴だ
        怪我かぁ・・・(今日までの戦闘でまぁまぁそこそこ怪我はしてる、酸によるやけどや軽い打ち身程度だが)
        全身ーとか考えてたけどそっちにしてもらうかなー(と肩や脇腹の軽い火傷痕を見せて) -- ダーマオ 2020-01-19 (日) 23:07:48
      • 獣人の方はマッサージより傷癒やすーみたいなことが多いですわー(なのでそっちがオススメーっと)
        これくらいの打ち身火傷ですと30分コースでほぼ治りますわ?こちらでよろしいかしらーっ
        (施術室にご案内して、ベッドに横たわるように案内する、億から猫の獣人がでてきたりはしない、いたってシンプルな部屋だった)
        -- 2020-01-19 (日) 23:12:12
      • おっけーだぜ(30分コースに同意する)初めてだしな、軽く体験するくらいな気持ちで
        (きょろきょろと施術室を見渡して)こんな風になってんだなー・・・お?よしよし・・(促されるままにベッドに横たわる、仰向けに寝る奇妙な絵面)・・・場所考えると横か・・(ごろん) -- ダーマオ 2020-01-19 (日) 23:23:25
      • (ほぼ猫なので仰向けになった姿はちょっと可愛い…っと思ったあと、横たわったのをみて…縁側で寝てる猫みたい…っと思ったが口には出さず)
        ではまずは…傷口を癒して痛みをとったあとマッサージしますので…
        (火傷のあとに向かって手をかざすようにしたあと、そっと触れる…淡く手が光っていて、何かお風呂とか温かい布団で寝てるときのような、心地よい暖かさが伝わってきて)
        (火傷の場所にふれると、痛みより、心地よさと、火傷の痛みがスゥーっと消えていく感覚)
        それじゃマッサージしますねー(マッサージ自体は、普通のよくある感じだけど、手が妙に暖かくて落ち着く感じかもしれない)
        -- 2020-01-19 (日) 23:43:31
      • おーう、頼むぜぇ(ぱったんぱったん尻尾を振りつつ応える、施術が始まれば「ぬー」と呻きながら目を細めて)こりゃぁいい感じだぁ(ごろごろ喉を鳴らす)
        (マッサージが始まれば初めこそくすぐったげに身を捩るが、段々とリラックスするように力が抜けていく・・・ふにゅふにゅもふもふ柔らかな感触)
        おぉ・・・あったか・・これは・・・・・・・・くぅ・・(いつの間にか( ˘ω˘)スヤァってなってる猫、くぅくぅといびきをかいたり) -- ダーマオ 2020-01-20 (月) 21:34:52
      • …(ごろごろいってる…火傷はこっちだしなー…喉とか撫でたらおこられるかな…いやいやお仕事お仕事…ちゃーんとしなきゃ)
        軽めの火傷ですからこれでほとんど痛みはなくなりますわぁ、もふもふですわねぇ(普段はローションとかマッサージオイルも使ったりするが、毛皮が多いのでベタベタするのはいやだろうなとマッサージだけ)
        (暫くそうやってマッサージしていると…すやぁ…してしまったのをみて)
        …お客様ー…寝ちゃいましたかー…マッサージ終わりましたよー………(起きる様子はないし、たまにこういうお客様もいるので…そっと毛布をかけておく)
        (ついでに…ちょっとだけ…ちょっとだけ…っと喉のあたりを指先でなでなで…)
        -- 2020-01-20 (月) 22:30:38
      • (今だけは好き放題にもふもふできるボーナスタイムだ)
        くぅ・・・くぅ・・・(ごろごろ・・・)・・・ふぬぁ!?(暫くしてからめざめる)
        なんだ?マッサージは?・・・終わったのか?(暫くぼへーっとした様子でのそのそ起き上がって)
        お、おぉこれは・・・すっきりした感じだぜ・・あんがとなぁ(感動した様子でベッドから降りて感謝する) -- ダーマオ 2020-01-20 (月) 22:44:55
      • (さっと手を引いて)お客様、お目覚めですか?心地よい時間を過ごせたようで良かったですわ(慌てるのをごまかすように笑顔で)
        火傷に関してはほぼ治ってると思いますので〜疲労感もスッキリ!軽いお昼寝状態で少しぼーっとするかもなので、頭覚めてから気をつけておかえりくださいませ〜
        次回来店時の割引券ですわぁ〜(どのコースでも利用可能、支払いから10%OFFって書かれたチケットを渡す)
        -- 2020-01-20 (月) 22:50:56
      • あ?・・・あぁ・・・ん?(寝ぼけた様子で体を見渡し・・・)お、おーっ治ってる・・すげー(反対の脇腹を見て感心してる、寝ぼけてる)
        (お言葉に甘えて暫くぼけーっとしたり顔を洗ったり全身舐めたりと、すっきり目覚めてからお支払いを澄ます)
        おう、貰っとくぜっよしよし、また来よう・・・またなー(ご機嫌な様子で尻尾をぴんと立てながら帰っていく猫) -- ダーマオ 2020-01-20 (月) 23:07:25
      • はーいまたいらっしゃいませー♡(笑顔でお見送りしたあと)
        …しゃべるだけで完全に猫でしたわ…可愛いですわ…(先祖の1人の大妖怪が猫又だったらしいので猫が好き)
        …次きたときのためにおやつあたりも用意しておきましょうかしら(猫が夢中でチューチューする奴を思い浮かべながら)
        -- 2020-01-20 (月) 23:29:11
  • ………。(料金表を暫く眺めてから、店内に足を踏み入れ)…いま、待ち時間とか……かかる? -- アズレート 2020-01-21 (火) 20:50:36
    • (あなたが店内に踏み入れると、ちょうど別の客が入れ違いで出ていく所で)
      今ちょうど、他のお客様が終わったばかりだから空いてますわよ?あ、少しだけお掃除(前の客が使ったばかりなので)
      するので10分ほどお待ちはいただくけどよろしいかしら?
      -- 2020-01-21 (火) 21:32:48
      • ……ん、急いではいない…から。(イスナのエキゾチックな服装に物珍しそうな顔をしたが…すぐに目のやり場に困ることが分かって そっと店内を見回す)
        外で……待ったほうがいい…?(どちらにせよ、直立し…まるで置物か何かのように気配を感じさせない妙な待ち方をすることになる)
        (強いて言うなら揺れる尻尾の先が、置物ではなく生き物だと分かるぐらい) -- アズレート 2020-01-21 (火) 21:39:27
      • (招き入れ、待合室へ案内するときも、一歩前を歩いて、露出の多い服…後ろから見ても左右に揺れてるのがわかるほど大きな胸で)
        こちらで座って待っていてくださいまし?すぐ終わらせますから、その間にコースなど選んでくだされば、必要ならあとで説明いたしますわー
        (なんて行ってから一度店内の奥へ…10分ほどで戻ってきて)おまたせしましたわー、はじめてのお客様ですわよね
        -- 2020-01-21 (火) 21:48:08
      • ……。(この街の女性は、目に毒な服装が多い…そんな印象を抱いたのは女性にあまり免疫がないせいもある)
        ……うん、初回。 マッサージの…30分コース、頼める…?(コースの方は先に見ておいたので、即決だった)
        ……この間、変な風に……身体捻ったら、背中…痛むようになって。 -- アズレート 2020-01-21 (火) 21:56:55
      • 了解ですわぁ、お背中ですね?ではこちらの更衣室で、衣服を脱いでくださるかしらーマッサージ用の汚れても大丈夫な、薄い衣装があるのでそちらにお着替えしていただいてー(下着は脱いでも脱がなくてもどちらでもーっと一言付け加えつつ)
        おわりましたら、施術室でうつ伏せで寝てくだされば、あとはこちらがやりますわぁ〜
        -- 2020-01-21 (火) 22:06:38
      • ………そっか、オイルとか使うかも…か(下着に染みると困る気もしたので、衣装の下は何も身につけない状態にした)
        …お待たせ。 ……そしたら、お願いするね…(ぺたん、とうつ伏せになる)…店主さん。
        その……寒かったりとか、しない…?(余計な心配かもしれないが、やはり薄着が気になる様子で) -- アズレート 2020-01-21 (火) 22:13:33
      • ですわぁ〜今日は、初回ですし、オイルは使わずに痛みをとるほうを優先しますけど
        気に入ってくだされば次回は体のリラックスとか、疲労回復方向のオイルマッサージもしますわよ〜(なんて説明しつつ、背中に軽く手をふれる)
        (すると手から、まるでお湯や布団の中での暖かさのようなものがじんわり、伝わる)
        癒し手としての力でこうやって体全体に魔力をまとっているので、私自信も寒くはないのですわ〜
        -- 2020-01-21 (火) 22:27:05
      • …えっと、この辺……(寝そべったまま、痛む部位を指で示し)…なんだろ、暖かい……。
        回復魔法…の、一種…?(説明に、その都度耳を動かしながら)…凄いな……夏場は、涼しくできたりも……?
        (初めて来る店であることと、圧迫されれば痛むのではという緊張感があった筈が、少しずつほぐれるような…安心感) -- アズレート 2020-01-21 (火) 22:34:12
      • ですわ、ですわ回復術の一種ですわ(暖かな手で、背中からしっかりとマッサージ、触れられた場所から痛みがまるで抜けていくかのように、代わりに暖かさが染み込む)で
        打ち身やひねった程度なら、すぐによくなりますからねー(もみもみ、ぐいぐい、体重をかけてーマッサージ自体はわりと普通によくある感じ)
        先にこうやって術で痛みをとるので、結構評判がいいんですわよーうちはー(なんて説明しつつ、肩とかも、もみもみ)
        夏場はそうですわねぇ、ハッカ油を混ぜたオイルなどを使って、暑さではなく涼しさと暖かさの両方みたいなかんじですわぁ
        -- 2020-01-21 (火) 22:46:50
      • ……この感じ…そうだ、湯船に浸かった時……みたいな(じんわり暖まる、血行がよくなるような感覚が似てる…と思った)
        …痛く、ならないのも……不思議。(仮に痛んだとしても、この猫は表情一つ変えなかっただろう そう仕込まれているのだ)…いい、感じ……
        (筋肉自体はそれなりにあるようだが、どことなく猫科を思わすしなやかな体。時折尻尾がゆらゆらと)
        ……ん、そういうのも……面白そう。 …っなんか…眠気が…(リラックスしすぎた、という風に欠伸をして)…話してないと、ダメそうだ…。
        …店主さんは、牛……? 鹿のツノじゃ、ないし…(振り返れる姿勢ではないので、寝そべったまま問いかけ) -- アズレート 2020-01-21 (火) 22:56:14
      • マッサージ中に眠っていしまう方もいらっしゃいますわぁ〜それだけリラックスして頂いてる証拠なので、眠ってしまわれても大丈夫ですの(施術室はカーテンで区切られて、3つくらいまである)
        えぇ、私の角と尻尾は牛ですわ(ぶるんっと胸も揺らして、牛感アピールしつつ)
        私の先祖に牛の獣人の方もいらっしゃったようで、大本は猫系の一族なのですけど
        -- 2020-01-21 (火) 23:09:43
      • ……大丈夫、起きて…られる。(瞼が重たいな、とは感じながらも やはり知らない場所で眠るのは落ち着かないという気持ちもあり)
        (なんだろう、今すごくたぷんって揺れた感じがした…見えないけど心でそう感じた)そっか……だから…(胸が大きいんだ、とは言えなかった)
        ……ねこ…も? じゃあ、遠い……お仲間、だったりするのか…(猫と聞けば、親近感。垂れかけていた耳がぴょこんと) -- アズレート 2020-01-21 (火) 23:15:39
      • 始祖は犬の気を持つ王族で神族、その子孫が猫の大妖と子を無し、さらに子孫の中に牛の気を持つものと交わり…といった感じでわりと複雑な血筋ですわ!
        (なので割と、産まれてくる子供が先祖返りしてたり、普通に人だったり色々あるらしい、ただ褐色の肌率は高いとかなんとか)
        というわけで、30分コース終了ですわー(肩、腰あたりを重点的に…痛みもすっかりとれて可動域も増えていることでしょう)
        -- 2020-01-21 (火) 23:36:44
      • ……高貴な、家系…!(そういった人物とは全く縁がなかっただけに、少し驚きの声)…色んな特徴、出そう……
        …終わった?(起き上がり…すとん、と台から下りる)……あ、身体……軽い…(右に、左に…腰を捻ってみる 痛くない)
        ……いいな、これ。 また、来るかも……(そうして、着替えを終えたあとで…)金貨、30……だったよね(お代を支払い)
        …広場で、サンドイッチ屋……やってるから。 食べにきてくれたら……おまけする。(ちょこっと宣伝も交えて、軽い足取りで帰っていくのだった) -- アズレート 2020-01-21 (火) 23:47:57
      • まぁサンドイッチ屋さんなのですわね?(場所をしっかりきいて、後日訪ねようと思いつつ)
        (代金受け取りしっかりと、お着替えや忘れものないのを確認してもらったあと)
        ではまたおこしくださいませー♡気に入っていただければ幸いですわぁ♡
        -- 2020-01-21 (火) 23:58:46
  • (よかった卑猥なお店ではないって書いてある)
    迷宮での助太刀の礼に来た。世話になったな(巷でちょっと噂の美味しいお菓子屋さんで売ってるクッキーなどの詰め合わせである)
    (しかし目のやり場に困るな……) -- スヴェン 2020-01-22 (水) 22:03:52
    • 同じ冒険者ですもの、助け合いですわ(ちょっと回復術の類を通りすがりにかけていっただけなのでと笑顔で応対して)
      まぁまぁ、わざわざこんな良いですのに(でも甘いものは好きらしく遠慮なく受け取る、何故かクッキーの詰め合わせを胸の上にのせながらニッコリ微笑み)
      ありがたく頂きますわぁ〜よければお茶でも飲んでいくかしら?
      -- 2020-01-22 (水) 23:04:54
      • ああ、せっかくだからご馳走になろうか。
        しかし、本業はマッサージ屋か?マオから噂は聞いていたが……。(内装を見回しつつ) -- スヴェン 2020-01-22 (水) 23:16:55
      • あぁ、マオさんのお知り合いなんですわねぇ(店内を歩いてそのまま店の奥の、休息室に案内して)
        回復術と併用したマッサージ店ですわぁ、冒険者の方は怪我もよくするし、疲労もたまりますからね、紅茶とコーヒーどちらがよろしくて?
        (頂いたクッキーもお皿に並べて、テーブルに、イスナはクッキーにあいそうな紅茶を淹れながら)
        -- 2020-01-22 (水) 23:24:17
      • (案内されるがまま奥へ)気持ちよくなって寝てしまったと言っていた。
        なるほど、需要がありそうだ。俺もそのうち世話になってみようか……紅茶を。今日の菓子にはそちらのほうが合うはずだ。
        (漂ってくる紅茶の香りを感じながら)それにしても、店をやりつつ迷宮にも潜るとは。そちらの腕も覚えがある? -- スヴェン 2020-01-22 (水) 23:30:31
      • あ。それじゃこれチラシですわ(商魂たくましくメニューとかコースと割引10%クーポンついたのを手渡ししつつ、テーブル越しに差し出すので少し前かがみで胸が凄い)
        (一緒に紅茶を頂きクッキーおいしいですわぁーっと年相応に喜んで見せつつも)
        そうですわね、わりと腕に覚えありますわよ?一族きっての天才と言われたイスナですもの!(どやぁっと胸をゆらしながら張る)
        -- 2020-01-22 (水) 23:41:14
      • 商売の機会は逃さないか。だがクーポンは実際助かる(笑いながら受け取り、暴力的な胸からは視線を逸らす)
        よい香りだ。美味いな(紅茶を一口。素直な感想を口にしつつ)
        ……それはすごい。一族、というのは?(暴力的な略。あまり直視すると会話に差し支えそうだった) -- スヴェン 2020-01-22 (水) 23:49:54
      • 遥か昔にこの街にやってきた私の一族ですわ!始祖は砂漠の国の王女でしたけど、この街の冒険者と恋に落ち、この街に根付いたそうですわぁ
        その子孫はゆうに100人以上!その末代であり、一族きっての天才と言われるのがこのイスナですわー!(どややぁっと以下略)
        迷宮にいってるのは、回復術の修行も兼ねてですわね、天才といえども努力せねば秀才に負けるのは世の常ですもの
        -- 2020-01-23 (木) 00:17:15
      • 努力する天才に追いつける者など、さらなる天才しかいるまいな。(自分を顧みれば、天才に追いつけない側だった。苦笑いして)
        それで、迷宮探索の調子はどう?天才らしく順調か、もしくは丁度良い高さの壁というところだろうか? -- スヴェン 2020-01-23 (木) 22:05:27
      • 驕れる人も久しからず、ただ春の世の夢の如しですわ〜(あら、このクッキー美味しいなんて年相応の笑みも浮かべつつ)
        そうですわねぇ、今の所順調そのものですわね!まぁまだ一層ですしね?ここで躓いているようでは天才の名折れですわ!最後まできっちり制覇して、経験を積む予定ですわぁ
        -- 2020-01-23 (木) 23:28:37
      • 東洋の言葉のもじりか。なかなか教養がある。
        それは頼もしいな。また居合わせたら助力をくれるとありがたい。美味い菓子屋の探し甲斐がある(などと笑って)
        (他愛ない世間話や迷宮話などを、茶が尽きるまでのそう長くもない間語らって)
        さて、俺はそろそろ行こう。邪魔をしたな。……今度は客として来よう。(と、その場を後にした) -- スヴェン 2020-01-24 (金) 00:01:45
  • やあ!約束通りマッサージを受けに来たよ!久々の荒事におじさんの身体はバキバキだ!
    この仕事をしていると人間大以外は相手をするな、素材が嫌な感じなら人間大でも相手をするながモットーなのに巨大ムカデと来た
    (マントはここに掛ければいいの?ときょろきょろと探しつつ)
    という訳でマッサージを1時間コースでお願いしたい、君へのインタビューと共に如何なるルーツを持つマッサージかも知りたいんだ -- ヴィオラ 2020-01-23 (木) 22:02:10
    • こちらですわー(施術室の隅っこにある更衣室の横に帽子掛とコート掛けがあるので、コート預かって綺麗にかけておく)
      1時間コースですわねぇ?ではゆっくりとしますのと、汚れるといけないのでこちらにお着替えくださいませー(汚れてもよい薄手のマッサージ用の衣装を手渡し)
      お着替え終わりましたらまずはうつ伏せでこちらに横になってくださればー、腰や肩、背中といったところからマッサージしますわぁ
      学者先生はフィールドワークも多いでしょうからそちらが終わったら、足や腕のほうもですわねー
      それにしても私へのインタビューですの?語ると長くなりますわよー!
      -- 2020-01-23 (木) 23:25:38
      • (素直にマッサージ用の衣装へ着替えると言われた通りにうつ伏せになって待機する)
        (男は職業柄と言うには大分鍛えられている方の体つきをしている、発見済みの遺跡を深く読み解くよりも未発見の遺跡を探す探検家といった体付きだ)
        長くなるかね?実に素晴らしい!どうしても質問をしたかったのだ…まずはその美貌!継代であるならばその美を保つルーツとは何なのか!
        王族であり巫女でも在るその系譜であればまさか神族と交わった一族なのではないかという想像すらしてしまう!
        あっごめんね叫んでると身体硬直してマッサージしづらいか -- ヴィオラ 2020-01-23 (木) 23:34:59
      • はーいリラックスしてくださいねー(なんて興奮する子供をあやすみたいに、お互いの見た目的にだいぶあべこべな感じ)
        (怪我などはないようなので、代謝を活性化させて、疲労物質を流すように軽めの治癒術かけながらぐいぐい、背骨にそってマッサージしていく)
        (なんと鍛えられた上質な肉!みたいな顔をしていると)あぁ私の一族ですわね…ふふふ…そうですわね
        この街に最初に根付いた始祖は、王族であり、神族、ジャッカルの耳をもつ半人半獣の女神だったと聞きますわ
        (こねこねマッサージ続けながら、そんな風に語り始めて)
        -- 2020-01-23 (木) 23:46:53
      • む…むむ…!(男の身体は永い永い疲れが溜まっており打てば響くと感じる程に解せるだろう)
        (それを示すように男からうぅーんという感嘆の声が出る)マッサージそのものは部屋を蒸気に満たしたりオイルを使わないのだね
        この地に適した形に変わったのかそれともこの治癒術こそがそうした蒸気などの代わりとなったのか…
        (ジャッカルの耳を持つと聞けば男がピクリと動く、いかんいかんと身体をリラックスさせるようにして)
        ジャッカルの神性となると冥府神の傾向があるね、となれば古代に於いてこのマッサージは死より解き放つもの…または穏やかな眠りを与えるものだった?
        この治癒術を併せたマッサージは代々継いだもので合っているかい? -- ヴィオラ 2020-01-24 (金) 00:06:16
      • これはかなり凝ってますわね…もう少し力がいるので、少し腰のあたり失礼していいかしら?(確認をとってからやるのが礼儀なのです)
        オイルは使うのですけど、そっちは美肌とかのほうですわねぇ、疲労回復のほうは術を使って直接手がふれたほうがよいのですわぁ
        教会のシスターさんから貰った聖油と聖水とオイルを混ぜた超絶美肌マッサージコースなんて予定しておりますわぁ
        そうですわね…人として居た頃は、死者すら蘇らせる回復術の使い手と言われていたそうですが
        実質は冥府の神の力としての側面が強かったそうですわぁ…
        マッサージ自体は、後世でこの街で暮らしていく上で編み出されたものだとききますわ。始祖に見初められた夫と大妖がこれでメロメロにされたとかなんとか…?
        -- 2020-01-24 (金) 23:21:46
      • 存分にやってくれたまえ、この年齢になってくると気付かぬ疲労程恐ろしい物は無い…ある日突然軽い物を持っただけでグッキリするんだ!
        (考古学者の身体を解せば歪な肉の繋がりなど大きな傷の痕跡なども分かるだろう、コミカルな性分に対し歩んできた道は中々険しかったようだ)
        せ、聖油と聖水…短時間ならいいんだが(そんな事をぼやく、魔族なのでそういった物を揉み込まれるとちょっと辛い)
        しかし蘇生すら可能にする権能をその身に宿しているとは…益々興味深い、それこそ民草がその奇跡を手放したがらなかった筈だ
        となると何かあったのかな?例えば気候の変動とかね、分かりやすい所だと川などが消失すると幾つかの神性は強く影響を受けるという
        (冥府神も川との結び付きがある事が多くーなどと考古学を語りつつメロメロにされたという話にちょっと笑う)
        正に身も心も解されてしまった訳だね?だがマッサージが後世編み出したとなると…(男の視線が癒しの踊りの看板へと向く) -- ヴィオラ 2020-01-24 (金) 23:37:27
      • では失礼しますわ…!(腰のあたりによっと座って、体重を掛けながら、背中腰をぐいぐいマッサージをする、少女の柔らかな体の重さが心地よい)
        伝わる話ですと、そのような力を求めれば民は争うもの…自分が、自分だけが不死を求めて…
        それに嫌気をさして国をでて、故国と成り果てた…と伝わっておりますわね
        私は幸い、始祖の力を強く身に宿しておりますけど、そうじゃない子もいっぱいいますからね(親族親戚だけでもこの街に100人くらいはいますわよ?と)
        だいたいの子はキズぐすり程度のちからがせいぜいですわ?私ですから一族きっての天才と言われておりますのオホホホ(ぐいぐいぐいぐい)
        -- 2020-01-24 (金) 23:59:20
      • ぬううううう!半端に気持ち良ければ眠れるがこれはちょっと至福に過ぎるな!
        (本格的に始まれば考古学者としての思考すら溶かされそうになり成る程これにイスナの父祖は魅了されたかと過去に想いを馳せて)
        絶対性が仇になってしまった方だったか…神は目に、手に届かぬからこその神、触れられれば人はその心に傲慢さを宿してしまう
        だが考古学者としてはその事実に喜んでしまう私が居る事を謝っておこう、何故なら君という真実が神が隠れる神話の証明となっている!
        であれば…うむ、いずれは君の故国の名残を求める事を許して欲しい!(ぐいぐいと来ればああーと呻いて)
        そ…そうなると…うーむちょっと思考が纏まらない、えーとあれだ…
        そう、踊り、踊りだ、君の踊りならば見るだけで癒やされるという事かな?(何とか指を動かして癒しの踊りの看板を指す) -- ヴィオラ 2020-01-25 (土) 00:11:58
      • 学者先生はフィールドワーク中心みたいですから疲れが蓄積していますわねぇ…心臓は強そうなので問題なさそうですけどー
        ときおりほぐして治癒効果を高めるのがいいですわぁ(ぐいぐいと疲労たまってそうな部位をしっかり回復術もかけつつほぐしていく)
        別に故国の名は隠しておりませんわよ?ドゥアド…でしたかしら、砂漠にあった国らしいですわ、話の通り…もう国は無くなってしまったそうですけど
        踊りにかんしては、祝福と魔除け、呪いを払う効果がありますわよー?始祖は踊りながら魔物や悪魔は邪神をちぎってはなげちぎってはなげ…
        猫の大妖怪もそれで屈服させてペットにしたとか…私はどちらかといえばそちらの直径のようですわ
        -- 2020-01-25 (土) 00:25:18
      • そうだなぁ今度マッサージの本でも読んでちょっと…と言いたいが此処まで素晴らしい施術を受けてしまうと逆にね?
        私の知り合いに遺跡を調べに行っているのかその近隣の街でサウナ入りに行っているのか分からん奴が居るが気持ちが分かった…!
        (ドゥアドという名を聞けば少し考えるように顎を上げて)もしかしたら以前その類の碑文を読んだ事があるかも知れないな
        砂漠の国というのは王を神として記す事も多くそうした偉業を神話にする事が多い
        猫か…ドリームランド…いかん君のお陰で他の猫に纏わる事まで混戦し始めてしまったよ
        ええいこうなれば考古学者のプライドは捨て一人のおじさんとして只管にマッサージを受けよう!残る質問はまた今度!
        任せた!(そう言って腕に自分の頭を乗せて完全にマッサージを受けるスタイルに移行)
        (一時間のマッサージが終わるまでしっかり受けていったという) -- ヴィオラ 2020-01-25 (土) 00:39:37
      • 滅んだのもかなり昔の話…数百年単位昔でしょうからねぇ…(始祖がいた時代となると黄金歴の頃だったはずみたいな話もしながら)
        では残りの時間は全力マッサージですわー!!(ぐいぐいめきめき音がなる勢いでしっかりマッサージをして)
        またいらっしゃってくださいませねー学者先生ー!
        -- 2020-01-25 (土) 00:50:10
  • こんにちは、イスナ様。聖水や聖油のほうは役立っていますかー?
    (ちいさなバスケットを片手にお店にやってくる。異国情緒あふれる店内をほほーっと見回す)
    こう、木と水と植物に囲まれるだけで癒され感がありますねぇ。 -- アネモネ 2020-01-24 (金) 21:27:51
    • まぁまぁシスターアネモネ!ようこそいらっしゃいですわー!
      一応はコースも開発して…まだ少しお値段お高めなので受けてくれた方はまだ貴族のマダム1人だけですけど、よいものですわぁ
      (室内はエキゾチックな雰囲気ながらも、落ち着いた空間で、砂の色のようなオレンジを中心に、合間にオアシスのように植物が飾られた空間で)
      あ、なんならシスターもマッサージ受けていきますかしらーお安くしておきますわよー♡
      -- 2020-01-24 (金) 23:26:32
      • なるほどです。裕福な方というのは少ないものですからねー。
        では普段のコースは…(どれどれ?と受付カウンターに置かれたメニューを手に取って眺める)
        パンテオン式…。癒しのお、踊り…?これはアレですか、魔物の使う不思議な踊りの反対的な…?
        でも今日はまだ週末…休息日ではありませんし、今日のところはこのパンテオン式をお願いしようかしら。
        慣れない森歩きであちこち疲れている気もしますし。
        (せっかくなのでとマッサージを注文し、案内を待つ) -- アネモネ 2020-01-24 (金) 23:32:51
      • 邪気を払う踊りですわぁ、祝福的なものや呪いに効果ありですわよー?
        (軽く踊りの説明をしたあと、施術室へご案内)シスターさんのご衣装汚れるといけないので、更衣室でマッサージ用の薄手の衣装に着替えてくださいませー
        怪我等がある場合はそちらをメインに、女性ですと美肌マッサージでオイルとかもありますわよー?
        (どっちをメインにしますかーとおたずねしつつ、テキパキ準備中)
        -- 2020-01-24 (金) 23:54:50
      • ほうほう、やはり魔術的な踊り。まあ古来、踊りが神事であったことを思えばさもありなんですね。
        (更衣室へ案内され)あ、着替えるのですね。オイルなどを使うのなら当然と言えば当然ですね。
        では美肌コースで(ちょっと照れた様に笑み)負傷などは自分で治せますので…。
        (言って、着替えの服を手にとり、むぅ…と唸る。それからその透ける様な薄布の服らしきものを纏って施術室へ)
        ひ、必要なものとはいえ、こういった姿になるのは鳴れません…(恥ずかしそうに狼狽えつつ、周囲を見回す)
        (しかしその両手は下腹あたりを覆う様に密着させ、動かさずに) -- アネモネ 2020-01-25 (土) 00:00:11
      • ですわですわー結構体力を使うので、週末限定なのですわ…毎日踊ってたら…ムキムキになっちゃってちょっと嫌ですわ(年頃の乙女なので)
        おかえりの歳に、オイルでベタベタのまま帰ったりしたらギョっとした目で見られちゃいますものー
        ではまずは手足からマッサージしますわ、仰向けになって力抜いてくださいませねー?
        (お腹をやたら手で抑えてるので、頭に?を浮かべつつも、とりあえず足から)
        今回のオイルは普通にハーブを混ぜたオイルですわ、流石にシスターさんに聖油は使いませんわー(なんて冗談っぽく)
        (足先、指の間もしっかりオイル塗り込み、下から上へ上へと添うように)
        重力でどうしても足先に残る疲労物質やらをこーやって体の中心に戻して代謝を促すのですわぁ
        -- 2020-01-25 (土) 00:19:01
      • そういう意味では職業ダンサーの方はタフですねぇ。毎日何時間も踊れるとなるとすごいスタミナです。
        ですが、イスナ様のようなお肌であれば、筋肉もカッコよく映えそうです。
        (そんな事を言いながら施術台に腰を降ろし、四肢へのマッサージを受ける)
        (オイルを塗られると)…うっく…ん…(と、くすぐったそうに身をよじる。相当に敏感の様だ)
        す、すみません。こういうマッサージって初めてで…。な、なるほど、迷宮探索で長歩きをすると
        足がむくんだ感じがしますもの…っ…ね…。 -- アネモネ 2020-01-25 (土) 00:24:30
      • 最近は特に胸が育って体が重たいので踊るのも大変で…(たゆんたゆん)
        くすぐったかったらごめんなさーい、シスターアネモネは肌が綺麗ですねーオイルがよく染み込む感じですわぁ〜
        (足先からはじまったマッサージは膝のあたりまで来ると、皿の周りの筋肉ほぐすように、普段は折りたたまれていて疲労が蓄積しやすい膝裏などを重点的に)
        太もものほうですので、くすぐったさが大きいかもですけど我慢してくださいねー少し開いてくださいねー(太腿は両手を使ってぐいぐいしっかり疲労物質を流す)
        -- 2020-01-25 (土) 00:27:36
      • もはや頭より大きいですよね、イスナ様のお胸。大きいと足元が見えずよく転んだりするのが困りものですねぇ。
        (自分もまあその類。生来のトロさも手伝って、不整地を歩くのに苦労しているのだった)そんな、私なんて田舎の修道院育ちですし…うひぃ!?
        (皮膚の薄い関節裏などをぬるぬると揉まれると、思わず変な声が出た)あ、す、すみません…つい…。ん…んん…
        (太腿、その内側などはさらにくすぐったかった。いや、くすぐったいを通り越してしまっていた)
        (しかそれも身に受けた呪詛の仕業。屈しまいと、片手を口元に持っていき指を噛んで耐える)
        (すると下腹を隠す手が片方消え、下にある奇妙な紋章の一部が露わに) -- アネモネ 2020-01-25 (土) 00:44:09
      • そうなのですわぁ…頭よりおっきくなっちゃってから下が見づらくて…踊りもポールを使うせいで前がみえないのですわぁし
        (でもシスターもシスターなのにご立派でーなんていいつつ)
        大丈夫ですよーマッサージで声でちゃうなんて普通の事ですからー、疲労回復にきたおじさんとかだと、発情期のトドみたいな声だしたりしますわよ?(なんて笑い話っぽく緊張や羞恥心もほぐそうとしつつ)
        …そういえばさっきからマッサージをしていて気になったのですけど…シスターは迷宮とかでよくないものを受けましたかしら?
        時折回復術を弾くような、曲げて別のものにするような、怪しげな気配を感じるのですけど(太腿の根本までしっかりマッサージすると、ちらりと何か見えて首かしげる)
        -- 2020-01-25 (土) 00:56:17
      • ポール…。踊りに棒を…(脳内に浮かぶウンババウンババな感じの槍持って踊る原始的な舞踏)
        ふ、普通…でしたか(ほっとする)トドの鳴き声はちょっと分かりかねますが…語尾にトドが付くわけでは…ぁっ…。
        (安心した、つまり緊張が解けてしまったせいか、更に触れられるたびに身体をふるふると震わせるほどに感じて)
        そ、それはその…。迷宮でではないのですが、恥ずかしながら…
        以前、悪魔を祓う際に……んく…呪いを、掛けられてしまいまして…。
        (色々な意味での恥、それを口にして上気した顔を俯かせる) -- アネモネ 2020-01-25 (土) 01:03:05
      • よかったら今度みてくださいましねぇー1ドリンクサービスでつきますわよー(見世物みたいな要素も強いのですわーなんて説明しつつ、脳内のイメージつゆ知らず)
        こうなんていうかー…濁点まじりの お゛う゛っ おぉう゛っみたいな感じでしたわね(なんて思い出してクスっと笑う)
        …まぁ…シスターさんはやはりそういうのもあるのですわね…それは疲れる日々でありましょう…
        (あまりその呪いに触れぬように、今度は手のマッサージを始める)シスターでも解けぬ呪いなのでしょうかしら?
        (質問したあと、解けてるなら既に解呪しているだろうと思ってしまってしまったーなんて思いつつ、ごまかすように、少しマッサージが強くなる)
        -- 2020-01-25 (土) 01:12:28
      • え、ええ、勇壮な踊りであれば…そうですね、迷宮に挑む前などに拝見したいものです。
        な、なるほど…。壮年の男性がそんなふうになってしまうマッサージ…(ごくり、と喉が鳴った)あの、お手柔らかに…。
        まったくもっての不覚でした。しかも、私はもちろん司教様の魔術でも解けずに…きゃ…!あ…っ!
        だ、駄目です…優しく…してくださいまし…(くたりと施術台に倒れる上体、涙目で懇願する)
        (とまあそんな感じで、どこをマッサージされても気持ちよくなってしまうびんかんシスターだった) -- アネモネ 2020-01-25 (土) 01:30:37
      • 自分じゃほぐしづらい背中とか腰をマッサージされると…声でちゃうものですわーふふふふー(若干のS気もあるので客が気持ちよさで声だしてるのはわりと好き)
        それはそれは大変ですわ…一応、軽いながらも私の踊りには呪い避け…があるので今度ためしてみてもいいかもですわねぇ…
        解呪は専門ではないので気休め程度になるかもですが…本業はこうやって癒やす事なので…呪いで体が蝕まれて辛い…
        そちらを癒やすのが良いかもですわね…こねこね…こねこね…(いい声でるので楽しくなって更に強くしたり)
        となると…呪いの文様があるお腹のあたりは普段かばうようにしてるので…大変疲れがたまっているのでは?イスナは訝しんだ
        (両手にたっぷりオイルを塗り込みおえると、追加でイスナの手にオイルを塗り込み、お腹にそーっと手を伸ばす)
        -- 2020-01-25 (土) 01:33:52
      • うう、呪い避けと言いましても既に掛かっている上に…流石に異教のおまじないを受けては…あっ…ゆ、ゆるして…。
        (施術台の上で、マッサージと言うよりはもはや快楽に打ち震え、トロンとした顔で成すがままにされる)
        (しかもこちらはMっ気があるのか、はたまたそれすら呪詛の仕業か、責められる事でより敏感になっている節も見られる)
        で、でも、この呪詛が…ん!あ…ぁぁ…!やわらぐ、のなら…(下腹部を覆っていたもう力の入らない手をどけると)
        (イスナの手を伸ばす先には、汗にまみれた上気する肌と、そこに刻まれた微かに発光する淫紋…女性器を印章とした魔術的な文様が浮かび上がっている)
        ああ…見られて…しまいましたぁ…。 -- アネモネ 2020-01-25 (土) 01:43:31
      • 試して見るだけ試してみるのもいいんじゃないかしら…先っちょだけ先っちょだけ…って言葉もありますし?
        (それはおいといて、どんどんなんだかエッチィ雰囲気になるシスターに、同性ながらドキドキしてしまいつつも…マッサージ続ける)
        …これはまた…立派な…呪いですわね(光り輝く上に卑猥な感じの文様で…)
        一応楽になるかためしてみますわねー…?(淫紋に直接触れないように、お腹の周りからマッサージ…オイルぬるぬる塗り込みつつ)
        (びくびくしてるシスターがエッチィので、少し赤面しながら続ける…ちょっと変な扉が開きそうになる13歳)
        -- 2020-01-25 (土) 02:06:14
      • それ絶対、先っちょだけで終わらないフラグですよね…?
        (オイルと汗で濡れ透けた薄布の下の淫紋。魔術的素養の強いイスナには感じられるだろう、それは心身を蝕む闇の魔力を帯びたもので)
        (しかも、周囲の魔力…アネモネ自信のものも含め…を吸い取り、成長していくものだと)
        お、お願いです…。も、もうこれ以上は…。あ…ああ…もう、駄目ですぅ…
        あ、ああ…主よ…。どうか…お許しを…(胸の前で祈るように手を組み、しかし)あ…あぁぁぁ…っ…!
        (淫らな下腹を、恥ずべき箇所を見られながら、年下の少女に刺激され続けアネモネは一度大きく身を痙攣させ)
        (そのままぐったりと施術台に身を横たえたまま動かなくなった。ただ、腿と腿の間に淫猥な蜜の溜まりが出来ていた) -- アネモネ 2020-01-25 (土) 02:17:24
      • 回復術の魔力が吸われているというか…代謝の活性化の方向性を捻じ曲げられているような…かなり強力そうな呪いですわね…!
        (お腹しっかりマッサージしていると…)あっ(しまった、といいたげな声をだして、目の前でビクビク痙攣するシスターアネモネを見てあたふた)
        あっ…あのー…だ、大丈夫ですか…?(くったりしてるのを見て、やりすぎてしまったかもしれない…でも…なんだか凄くドキドキして…楽しかったかもしれない…っと色々な感情がぐーるぐるしつつも)
        (オイルとかで汚れても問題ない施術台なので…股のあいだのを…ちらっとみるけど言葉にださぬようにしながら)
        …シスター…シスターアネモネ…大丈夫ですかー…(つんつんっとくったりしてる頬を指先でつついたり)
        -- 2020-01-25 (土) 02:21:07
      • ああ…ああ…見ないでくださいまし…。私、なんて恥ずかしい事を…
        (両手で顔を覆い、イヤイヤと首を振りながら狼狽する。しかし突かれるとそれはそれでビクン、と反応してしまう)
        こ、これは全部呪いのせいなのですー…。わ、私は決してこんな、気持ちよくなりたくてマッサージを頼んだわけでは…
        (そんな言い訳をするものの、心身には身体を刺激される事の悦びが刻みこまれた)
        (淫紋、呪詛の魔力光が僅かに強まった)あ、あの…今日はもうこれくらいで…。 -- アネモネ 2020-01-25 (土) 02:30:50
      • そ、そうですわね今日はこのへんで…あ、お客様用のシャワー室もあるので…よかったらオイルや体をお清めなさってから、おかえりくだされば…
        えーっと…次するときはもう少し、控えめにマッサージいたしますわね…?呪いのこともわかったので…お腹には触れないようにすれば…
        (ちょっと慰めるように、オイルを拭いたあと、ぎゅーっとして)…シスターさんなのにこういうのは恥ずかしいですわよね…何かお力になれることありましたら…
        私で良ければいくらでもお手伝いしますから…いってくださいましね…?(良いこといってる風ですが興奮はした13歳)
        -- 2020-01-25 (土) 02:34:34
      • は…はい…。使わせていただきますー…
        でも、いつかこの呪いに打ち勝ってみせます。大いなる秘宝の力を借りて…。うぐっ…(シスターなのに、という言葉が胸に刺さった)
        は、はい…すみません。ご迷惑をおかけしました…。ああ、主よ…(よろよろと立ち上がり、まだ興奮サメやらぬ体を清めにシャワーへ)
        (そして身を清めながら神に懺悔し、それからそそくさと逃げる様に帰っていくのだった)
        (自らの心と体の変化を感じながら。そしてまだ幼い少女の心にも僅かな爪痕を残して…) -- アネモネ 2020-01-25 (土) 02:40:43
      • ピコン(電球っぽいSE音)
        (イスナはシスターさん性癖を手に入れた)
        -- 2020-01-25 (土) 02:45:00
  • こんにちはー 迷宮でお世話になったイリスです。 あの時はありがとうございました(深々とお辞儀) あと、みっともない姿を見せてしまってすみませんでした(直前になぞのねばっこい液体で服がでろでろだった)
    今更になってしまいますが、イスナさんのものと思しき落し物を拾っていまして…お届けに参りましたー -- イリス 2020-01-25 (土) 00:41:20
    • どういたしましてーですわー!あーこれ…迷宮で落としたと思って諦めていた腕飾りですわー!
      (金装飾の腕輪を1個落としてしまったみたいで)ありがとうですわイリスさん、本当に助かりましたわー!
      (冒険であったこともちょっと話したりしつつ)あの迷宮変なのが多いですからねぇ…ドロドロは災難でしたわね(お茶とかお出ししつつ)
      -- 2020-01-25 (土) 00:52:39
      • 喜んでもらえてうれしいです。 少しでも助太刀いただいた時のお礼になればいいのですが…(ありがたく出してもらったお茶をいただき)
        前回は果汁を浴びて今回は謎のどろどろでした…イスナさんもくれぐれもお気をつけてください。(万が一被るようなことがあれば大変なことになりそうな服装を見つつ)
        しかも、今回は迷宮の中で迷いに迷って出るのにかなり時間がかかりました。とほほです。今までこんなことなかったので、驚いてしまって余計に方向感覚が狂ったような気がします…… -- イリス 2020-01-25 (土) 01:00:54
      • 私もスライムにベトベトにされたり、大蛇に丸呑みされかけたりでベトベトに…かえってから全力でお風呂で洗いましたわ…(思い出してげんなりしつつも)
        冒険者やってたらそんな風に汚れちゃうことってありますわよねぇ
        少し疲れて先日は冒険休んじゃったくらいですわ・・・明日はちゃんと英気を養って私も出発ですわぁ!
        -- 2020-01-25 (土) 01:14:11
      • べとべと系多いですね…今度から服の替えも多めに持って行った方が良さそうです
        疲れた体で冒険に出て怪我を負ってしまうのはつらいですし、休む時は休むのが正解ですね(こくこく)
        私もかなり疲れました……3日くらい寝たいです………(ぐぐーっと体を伸ばしながら) -- イリス 2020-01-25 (土) 01:23:39
      • (疲れたときいて、さっとマッサージのチラシを笑顔で渡す)そんなときはイスナのマッサージはいかが?
        うちは疲労回復や怪我によくきくマッサージ(回復術も込みなので効果抜群!とかチラシにかかれている)
        冒険者の方にはお値段もお手頃なはずですわぁー!(なかなか商魂たくましいアピールしながら)
        -- 2020-01-25 (土) 01:27:53
      • マッサージ……(真剣にチラシを眺め) 回復魔術……(ごくり)
        よ、妖精でも可能ですか!?(かなり前のめりに尋ねた) -- イリス 2020-01-25 (土) 01:31:00
      • 大丈夫ですわよ!過去に妖精の方にも数度やったことあるので…手全体でなく指先でのマッサージになりますけど…!
        疲労回復、美容効果…まるで体を磨き上げられるような心地よさ!とお客様の声も!
        …ただ今妖精の方用のマッサージ衣装がないので…少しだけ採寸させてもらって、後日となりそうですけどよろしいかしら?
        (メジャーとりだして、体の大まかな大きさを測らせ貰っていいでしょうかしらーっと)
        -- 2020-01-25 (土) 01:35:59
      • わあ…うれしいです!(目を輝かせ) 専用の衣装があるのですか?本格的ですね…… もちろん、お願いします!
        (おとなしく採寸される妖精 全長20cmほどしかなく、子供向け着せ替え人形の衣装がぴったりなサイズだ) -- イリス 2020-01-25 (土) 01:46:48
      • オイルなどを使うこともあるので汚れちゃうんですよねー…(テキパキはかって)
        ゆったりめの衣装なので大まかなサイズ図れれば大丈夫なので、2〜3日もすれば完成すると思いますわぁ〜
        やっぱり妖精さんも、おつかれなのですわねぇ…前にきた妖精さんは「体小さいから余計に色々気を使うこと多くて疲れるんだよー」っていってましたわぁ(はい、採寸終わりですわー!っと)
        -- 2020-01-25 (土) 02:07:58
      • オイルで…艶ピカ…(高まる期待である)
        ヒト族と一緒に暮らしていると妖精界にいるのとは勝手が違っていろいろ疲れることが多くてですね…慣れたと思っていても実体化している体に負担があるみたいなんです(この体に血が流れてはいないのだがエーテルの循環が滞ったりするらしい)
        それでは、衣装ができそうなころにまた伺いますねー!(うきうきしながら帰っていく妖精だった) -- イリス 2020-01-25 (土) 02:11:54
      • 衣装できましたらコチラからご連絡にいきますわぁー!今日は落とし物届けてくださりありがとうですわぁ
        その分お礼にいっぱいサービスしますからねー!!(なんていいつつしっかりお見送りするのでした)
        -- 2020-01-25 (土) 02:17:47
  •  
  •  
  •  
  • (斑の迷宮にてイスナの助太刀によりコボルドとの戦いを乗り越えて3日後…)
    (驚く程の連戦の結果歳を感じさせる遅めの筋肉痛に苦しみ30分コースを頼んでいる男の姿があった) -- ヴィオラ 2020-01-26 (日) 22:06:14
    • おまたせしましたわぁー、少し用意とか仕事が立て込んでおりまして、本当に申し訳ないですわー!
      (その分たっぷりマッサージしますからねー!っとテキパキ準備を始める)
      おきゃくさーん凝ってますわねぇー…学者先生なのに前から思ってましたけどかなりフィールドワーク中心ですわね?(ぐいぐいもみもみ)
      -- 2020-01-30 (木) 16:30:00
      • いやあ忙しいのならば何よりだよ、確かそんな感じの諺が東国にあるしね?亭主元気で留守がいい…は違ったか
        (相変わらず男の身体は鍛えられている、何処と無く戦士の様な気配もある程度は感じるだろう)
        私はどちらかと言えば発見に重きを置いているからねぇ、未踏にこそ好奇心を擽られる質だとこうなるのさ -- ヴィオラ 2020-01-30 (木) 22:43:19
      • なるほどですわぁ…未踏の大地に足を踏みしめ続けた結果が体についてきたというわけですわねぇ
        (こねこねもみもみと、疲労が溜まってそうなところをメインにしっかりと)
        何か最近は新しい発見はあったかしら?迷宮は2層に皆到達したようですけど
        -- 2020-01-30 (木) 22:52:56
      • ぬふふっその分定収の無い哀れな根無し草だよ、その分歩く為の葉っぱと茎は力強くなければだ
        昔は大学に所属したりスポンサーを持ったりもしたのだがどうにもそうした場は緩やかに感じられてしまってさ(あぁ〜と呻きつつ揉まれる)
        ああ数多くの発見があったよ、ただこれは…正直に言えば神性の交じる君には危険な事実かも知れないな
        半神的存在と遭遇する事に成功したがどれも意思疎通が不可能であったり狂っていた、理由は幾つか考えられるがけして明るい内容じゃないね -- ヴィオラ 2020-01-30 (木) 23:08:38
      • 平穏なオアシスより、砂塵吹き荒れる砂漠で生きることを是とするような感じですわねぇ?
        まぁ…それでいうと、私のご先祖様もかなり破天荒だったと伝え聞きますからねぇ…
        意思疎通は可能ではあったそうですけど、夫がいるのに、妖怪をペットにつれてきたりなんて話が…
        あとは人から見れば狂って見えても、それがもともとのそれにとっての普通なのかもしれませんわねぇ…
        -- 2020-01-31 (金) 20:29:06
      • 実際神という存在は我々とは思考のルーチンが違う事は良くあるしある種の自然災害と評する学者も居る程だね
        …が、問題は本来そうしたヒトの理で計れない者達ではなくどちらかと言えばこちら寄りの思考をする筈の者達がそうだったんだ
        ドリアードや上のエルフ…通常彼らは時に苛烈な事はあれど対話が可能な筈なんだがねぇ…(知りたかった事が知れず残念そうなため息)
        だが!それはそれで想像の余地はある!それに二層に至り私の好奇心と疲労はうなぎ登りだよ!私よりも狂ってる奴に殺されかけたしな!!! -- ヴィオラ 2020-01-31 (金) 22:12:33
      • なるほどなるほどですわぁ…さらっと殺されかけたと言うあたり、恐怖心より好奇心のほうが勝ってるんですわねぇ
        (お客様とのトークをしながらのマッサージも仕事の一貫で)でもお得意様なので、気をつけてくださいましね?
        ある日ぱったりこなくなったと思ったら訃報をきくなんて嫌ですわよー?
        (そうならないようにベストコンディション!になってもらうために、ゴキゴキーっと腰とかなるくらいしっかりやる)
        -- 2020-01-31 (金) 23:06:04
      • ああ悲しいかなそれこそが考古学者の業!深く潜る程楽しくなってくる…!
        そしてその言葉はすごーく耳が痛いので覚えておくよ、いやね本当多いの調子こいて潜りすぎて戻ってこない同業者
        (流石に音が出る程となれば歪みから来る痛みなどもある為うごぉー!などと叫ぶもののそれが過ぎれば楽が来る)
        イスナ君も潜る時には気を付けてくれたまえ、子供の人形を操る頭のおかしいいっこく堂が恐ろしく強い…!
        (そう忠告をすればその後はやはり遺跡の色々を語りつつマッサージを受けていったという) -- ヴィオラ 2020-01-31 (金) 23:23:03
      • 私ももちろん気をつけますわぁ、あくまで修行の一貫ですので、死んではもともこもないですからね!
        (なんてお互い笑い合いながら、しっかりマッサージをしてお見送りする)またいらっしゃってくださいましねー!一番のお得意様ですからー!
        -- 2020-01-31 (金) 23:48:16
  • イスナ様、イスナ様、居られますかぁ…?(ちょっと覚束ない足取りでサロン・デ・トワールへ姿を現す)
    ああ、暑いです。この街の夏がこんなに暑いとは…。 -- アネモネ 2020-02-07 (金) 21:49:13
    • あら、シスターいらっしゃいませ。今日も暑いですわねー?
      (サロンに脚を踏み入れた瞬間、汗がひくような快適な冷気がシスターを包む)
      (サロンの天上に組み込まれた空調の魔道具が、快適な気温でサロンを保っている)
      -- 2020-02-07 (金) 23:12:23
      • はい、蒸し暑さにまいっております。とは言え、職務上薄着というわけにはまいりませんし…。
        (涼しい店内に入り、ふぅーっと一息)あら、ここは涼しいですね?冷気がどこからか…?(きょろきょろと店内を見回す)
        ああ、アレですね。聖堂にも欲しいです…。ところでその…
        マッサージのほうは、その…お手は空いてらっしゃいますか…? -- アネモネ 2020-02-07 (金) 23:55:25
      • あーなるほどですわぁ…シスターが私みたいな格好をするのも問題あるでしょうしねぇ…
        (でもこの衣装、上の奴と同じ魔術かかってて、夏涼しくて冬あったかいんですわよーなんてオススメしてみたりもする)
        えぇ、今は予約客などもいないので、しっかりとしたコースからなんでも大丈夫ですわよ!
        今日はどのコースにしますかしらー、あとは、どこを重点的にしてほしいとかありますかしらぁ?
        -- 2020-02-08 (土) 00:05:23
      • 流石にそれは…(そんな自分を想像し、頭ぶんぶん)気恥ずかしいです…。
        そうでしたかぁ、良かった。暑さもあって疲れがたまっている感じがしていましてぇ…。
        (目を逸らしてもじもじとしながら)あの、先日と同じと言いますか…。もっと…。 -- アネモネ 2020-02-08 (土) 00:11:49
      • 先日と同じコースよりもっと…ということは…1時間コースでしょうかしらぁ?
        それとも2時間とか3時間かしら?私の体力では3時間が最高ですわよぉ?
        (ではこちらにーっとテキパキと準備をしつつも…少し様子おかしいかなーっと思いつつもちょっとからかうように)…では、丹念に…前よりもっと頑張ってマッサージさせて頂きますわ♡
        -- 2020-02-08 (土) 19:04:24
      • じ、時間ですか。あ、前は1時間だったのですねぇ…。
        (しかも先日は途中でギブアップしたも同然、それが2倍、3倍の時間続くと思うと…胸が高鳴った)で、ではぁ2時間でお願いします。
        (――と告げるアネモネの様子は誰の目にもおかしい、赤らんだ顔、とろんと潤んだ瞳はまるで熱に浮かされているかの様)
        は、はい…。よろしくお願いしますイスナ様…(丹念にという言葉を聞くと自分を抱く様なポーズでぶるっと身を震わせる) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 20:29:05
      • はーいですわーではこの前と同じようにお着替えをしていただいてー(着替えを渡して、更衣室へご案内したあと)
        重点的にしてほしいところとか、気になる所はありますでしょうかしらー?
        疲労回復、美肌用のオイルマッサージなどなど…リクエストありましたら重点的にしますのでご遠慮無くどうぞですわぁ
        (でも大丈夫かしら、呪いが悪化してるようにも見えてーうーん…っと思いつつもお客様ですし…何よりも…)
        (ちょっと普段とのギャップが素敵ですわぁなんて思いつつ、テキパキと準備を終えて、施術室にシスターがくるのを待っている)
        -- 2020-02-08 (土) 20:51:43
      • (言われた通り、マッサージ用の薄布の服に着替えて施術室へ)や、やはり落ち着きませんねこの姿は…。
        重点的にですか。で、でしたらその…(しばらくもじもじと躊躇った後)あの、お、お腹の方を…。
        (魔術や呪術に精通した者ならば、じっくり感じとれば判るだろう)
        (実際、アネモネの身に纏わりつく呪詛…その力が増大している事に)
        (もっとも普段それは法衣の下に押し込められているのではあるが…) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 20:56:14
      • (どうぞどうぞと仰向けに寝てもらい、リラックスできるようにお香など炊きながら)
        …あら…よろしいのでしょうかしら…お腹のほう…この前は凄いことになっちゃってますたけど…
        …それともそのー…それが気に入ってくださったのかしら?(ちょっとサドっけが出てしまうというかシスターの前だと悪いなーっと思いつつ好奇心が勝るのはまだ13歳の幼さ故)
        ですけど、お客様のリクエストなら…がんばらさせてもらいますわぁ(マッサージ用のオイルをたっぷりと手に塗り込んでからにっこり)
        直接肌にしっかり触れることになりますけど、リラックスしてくださいましねぇ〜
        -- 2020-02-08 (土) 21:12:15
      • (この間は、と言われると顔がカァーッと赤くなる)そ、そういうわけでは…。わけでは…。
        ただあの、最近体の調子がぁ…。いえ、心の方も…。だってあの迷宮、いやらしい事ばかり起きてその度に私…
        (呪詛と迷宮の仕掛けにより何度も何度も欲情させられる、それにずっとどうにか耐えてきたが)
        もう、限界かもしれません…(そう言って寝台に身を横たえ、オイルで濡れ光るイスナの手を熱っぽい視線で眺める) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 21:17:14
      • 何かとハプニングが多い迷宮ですものねぇ…(人肌より少し暖かめ…42度くらいに温められたオイルで、太腿のあたりから手が触れる)
        限界…っと申されますと?(トークをしながら、両手が太腿からお腹に向かって手を這わせて)
        …この前より呪いが強くなってる気配がしますわねぇ…(まだ魔力は流してないが、軽く手で触れただけで、それがわかるほどには…)
        (限界というのはこちらの呪いかしらと…少しでも楽になるようにとマッサージ)
        (イスナのすべすべの肌とオイルが腹部にたっぷり触れながら)
        -- 2020-02-08 (土) 21:21:35
      • はい。いやらしい気分にさせられるガスをあっけられたり、スヴェン様が脱いだり、いやらしいアイテムを見付けたり、お風呂にはいったり、スヴェン様が脱いだり、いったいどういう迷宮なのか…ひゃ!
        (熱い手で触れられると、ぬくもる心地よさと共に痺れる様な感覚を覚える)その、恥ずかしい限りなのですが…
        主に仕える者としてあるまじき事なのですが、私、最近いやらしい事ばかり考えてしまってその度にその…
        (気持ちよくしてほしくなる、とまでは言えずに顔を背ける)ん…んぅ…っ。
        (手が腹部に近付くと、ひくひくと身体をちいさく痙攣させる。その腹部、下腹には以前より大きくなった淫紋が微かに発光している) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 21:33:33
      • 脱ぐんですわね…脱衣トラップというものかしら…シスターが引っかからなくてよかったですわね…(想像してちょっと大変そうなのと…淫紋丸見えだと大変そうだと思いつつも)
        そういえば…私はしってますけど…この…淫紋…他の方は知っていらっしゃるのかしら…?
        (いやらしいことばかり考えると言っているシスターの淫紋を魔力流し込むようにマッサージしながら)
        少しでも楽になればよいのですけど…(掌で子宮を刺激するかのようにぐいぐいと)
        …とてもおつらそうですわ…私で力になれることあれば…なんでも言ってくださいましね?
        -- 2020-02-08 (土) 21:44:11
      • 私自身はぁ…スライムに服だけ溶かされた事があります。この紋様の事はイスナ様しかしらない筈です…。
        ん!…あ、熱い…紋様が…(イスナの魔力を吸い、活性化する淫紋。マッサージに合わせる様にアネモネの感度を高め)
        (下腹を圧し撫でられるたびに堪える様な声をあげ、全身の肌が赤味を帯びていく)わた、…くぅ…私だけこんな風になるの…んぅ!は、恥ずかしいですぅ…
        (下腹からじんじんと響く快感に、震える声でそう告げる) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 21:52:57
    • なるほどですわぁ…私以外は知らないのですわね…あまり相談できる人も、いらっしゃらいでしょうし…
      (濃厚な王族の魔力をたっぷりと、しっかり癒やすために前回よりさらに濃度を高く良質な魔力を肌に塗り込みます)
      …逆に考えてみるのはどうでしょうかしら?恥ずかしがらず…それが当たり前のように普段と変わらず過ごせるようになってみますとか…?
      恥ずかしい恥ずかしいと思うから…余計に恥ずかしくなって…意識してしまうのではないかしら?
      (ぎゅうぎゅうっと淫紋をもみしだくようにしながら)
      -- 2020-02-08 (土) 22:02:32
      • はい…。聖堂の関係者には知られるわけにはいきませんし…。
        かと言って魔術に秀でた知り合いもこの街には居ませんので、少々難儀しております…。
        そ、それより紋様がっ…その、奥が熱く…てぇ…!あっやぁぁ…!
        (背を大きくのけ反らせて全身をびくびくと痙攣させる。ちいさな絶頂の兆し)…ひ、ひぅ…。それは、えーと…(定まらなくなりつつある頭で考える)
        (普段から肌も露わな姿で、平然と淫猥な言葉を口にする自分――)む、無理ですぅ。それこそもう、戻れない気がします…! -- アネモネ 2020-02-08 (土) 22:11:35
      • なるほどですわぁ…所謂…四面楚歌状態ということなのですわね…シスターアネモネは…
        こうやってマッサージなどで発散することで対処療法的に…ということですわね…
        マッサージで体の痛みなどを対処して、少しずつ、調子を整えていくということもありますけど…
        (などと説明していると…ビクっと仰け反ってるアネモネを見て)
        …発散できてますかしら?そのー…気持ち良くなってくださってるかしら…♡
        -- 2020-02-08 (土) 22:24:26
      • 自分で解呪できないのが悔しくてたまりません。できていればこんな恥ずかしいこと…
        (――と言いながらも、その恥ずかしさにある種の快楽を感じてしまってもいる)
        は、はい…。そんな感じで…(対処療法、とまで考えてはいなかった。ただ、先日の気持ちよさが忘れられなかっただけで)
        き、気持ち…(言い淀む。一度でも口にしてしまえば、認めてしまったら)…きもち、いいです…ぅ…♡
        (もうきっと、歯止めが効かなくなる。そうわかっていて、抑えが効かなかった)もっと、もっといっぱいしてください…♡ -- アネモネ 2020-02-08 (土) 22:30:00
      • しっかり発散すれば…きっとだいじょうぶですわぁ…♡これはマッサージですからねー…
        まったく卑猥さは一切ない。いいですわね?(ぎゅうぎゅう)
        なんて冗談を言ってれば少しは気が紛れるといいのですけど…(お腹全体を円を描くように左右の手で)
        …あら…なんだか…淫紋がさらに強くなってるような気がしますわね…
        -- 2020-02-08 (土) 22:39:26
      • あ…、はい…。これは医療行為であって、いやらしくはない…です…。
        でも、でもこんなに気持ちいい…なんて…だめ、だめだめ…だめぇ…
        (快楽に不慣れな体と心はあっと言う間に蕩けさせられていく。全身は汗とオイルに、下着は溢れる蜜にまみれ、濡れた肌に張り付いており)
        (透けた薄布越しに淫紋は完全に見えてしまっている。先日までは子宮を表すハートマークだけだったものが…)
        (今は卵管を表す様に翼の様な文様が増えている。そしてそれは魔力を吸い、更に浸食の度合いを強めていく)ああ…イスナ様、イスナさまぁ…。
        (泣く様な声で喘ぎ、悶え、両手をイスナの方へと伸ばす) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 22:50:07
      • ですわですわ、医療行為ですわぁ…シスターアネモネのための医療行為…
        (わぁー…凄いですわ…ちょっと…羨ましいですわね、この文様…っととても気持ちよさそうなシスターを見ながら)
        …はい…なんでございましょうか…♡シスターアネモネ…♡
        (両手は、イスナの頬にふれ、顔をちかづけるようにしながらニッコリ)
        -- 2020-02-08 (土) 22:59:45
      • うっ…(シスターの言葉に罪悪感が胸をよぎる。自分は罪深い事をしているのでは…)
        (――と思うも、蕩けた頭と体は更なる快楽を求めた。伸ばした腕をイスナの首に搦め、抱き寄せる様に引いて)
        私だけ恥ずかしいの…ずるいです…。イスナ様も、いっしょに…♡
        (潤んだ瞳でとろんとイスナを見詰め、オイルでぬるぬるになった身体を擦り付ける) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 23:06:28
      • まぁまぁ…こちらは…裏メニューの全身マッサージコースですわよぉ…?
        (ちょっとだけクスっと笑いながら、こすり付けてきたアネモネの体を抱き寄せるようにして、胸とか、お腹とか押し付けるように…♡)
        とはいっても、まだこの裏メニューを頼んだかたはいらっしゃらないので…シスターが最初になるでしょうかしら…
        (…そっと耳元で、シスターなのにエッチですわね…裏メニューを求めちゃうなんて…♡っと楽しげに笑う)
        -- 2020-02-08 (土) 23:32:33
      • 裏…そんなメニューが…んっ!こ、こんな事をいっぱい…ひぁ…しているのですかぁ…?
        (言いながら、身をくねらせる。ぬめった肌と肌が滑りあうたび、ちいさな嬌声が口をついて出てしまう)初めて…?わた、私もこんなの初めて…ですぅ…。
        (そして責められればトロンとした笑顔で)…はい、私シスターなのに。年下の、女の子に…あっ…いやらしいお願いをしてしまいましたぁ…。
        ああ…お赦しを…。ゆるしてぇ…♡
        (言いながらも更なる快楽を求め、イスナの脚に脚を絡め、濡れた股間を腿へ擦りつけてしまう) -- アネモネ 2020-02-08 (土) 23:39:36
      • はいっ♡初めてですわぁ…でも始祖は…♡こういうのがとても好きだったようなので…
        私達の一族に脈々と伝わる秘術ですわよぉ…♡(正面からぎゅうっと抱きついて、年上の女性を、聖職者の女性を手玉にとるように)
        赦します…♡私が赦しますので…もっと気持ちよくなっちゃいませんかしらシスター♡
        (股の間に股を押し付けるように、普段ダンスで鍛えているであろう腰使いで、グリグリとシスターを刺激し始める)
        -- 2020-02-08 (土) 23:46:48
      • ああ、そんな、そんなことはお教えにならないでぇ…。
        (恐らくは古い文明民族ゆえの性信仰の類、すなわち淫祠邪教を思わせる言葉にいやいやと首を振る)
        (しかしその淫祠の技に快楽を覚え、責められながら溺れていくという罪悪感に更に感じてしまう)
        ひぁ!あぁぁぁあっ…気持ちいい、そこ、気持ちいいのぉ…ふぁ…あぁっ…!
        (薄布越しにぬめぬめと擦れ合う秘唇と秘唇。一番欲しかったそこへの刺激にあられもない声を上げて涙を流して悶える)
        もっと…もっとそこ、いじめてぇ…♡あっああああああ…♡ -- アネモネ 2020-02-08 (土) 23:56:42
      • んぅ…♡シスター…凄いです…♡聖職者なのにこんなに乱れて…♡
        (特に刺激に敏感な、薄い衣服同士でも擦れ合う突起を特に刺激するように)
        気持ちよく♡もっと♡もっと気持ちよくなってくださいまし♡…気持ちよくなっていただければ…♡
        私も嬉しいですわぁ…♡人が気持ちよくなる顔…見るの大好きなんですのぉ…♡
        (首に手を回して、今にも唇が触れそうな距離でじっと目を見つめて)
        -- 2020-02-09 (日) 00:03:18
      • いけないのに…気持ちよくなっちゃいけないのに…私…♡
        あんっ!でも、我慢…できないのぉ…あっ…♡あっ…♡(敏感な突起が触れ合う度に、身体を痙攣させて甘い声をあげる)
        (下腹から全身を駆け抜ける様な甘い痺れに溺れ、堕ちてゆく。それを望みながら)
        ああ…見ないでくださいまし…♡恥ずかしいの…あっあああああぁぁぁー♡(また軽く絶頂を迎え、痙攣の後に脱力する)
        (そして間近で自分を見詰めるイスナに気付くと、気恥ずかしそうに笑み…そして目を閉じる。イスナの背に力なく両腕を回して) -- アネモネ 2020-02-09 (日) 00:13:06
      • …えへ…っ♡(そのまま、首に手を引き寄せて…唇にちゅー…♡)
        ごめんなさいませシスター…♡…お客様で聖職者なのに…唇まで…これは裏メニューじゃありませんので…♡
        (サービス?それとも自分の意思?なんて思いつつちゅっちゅっちゅーしながら、イスナも腰をビクっと震わせて、幼い体に絶頂感を感じつつ)
        …はぁ…っ♡(ぎゅうっとそのまま抱きついた状態で)…し、シスター可愛いですわ…なんだかその…んふっ…♡
        私…とってもいけない感情に目覚めてしまいそうですわぁ…♡
        -- 2020-02-09 (日) 00:46:01
      • (唇と唇が重なる。くすぐったさを感じるも、これも気持ちいい)あ…は…キスまで…。ん…ぅ…♡
        (幾度もキスを繰り返し、とろんとした顔で脱力したまま横たわる)
        イスナ様もとてもいやらしくて…素敵でした…♡私、もうきっと戻れません…♡
        (じつは女性同士にはあまり抵抗がない。女性だけの閉鎖空間、修道院で育ったせいである) -- アネモネ 2020-02-09 (日) 00:53:23
      • シスターを堕落させてしまって申し訳ありませんわぁ…♡ですが始祖がいっておりましたの…
        尊いものほど乱れたときが美しいので…手元においておけと…(ちゅっちゅっと何度も唇重ねて)
        んふふぅ…このことは…私とシスターだけの秘密ですわぁ…♡秘密なので…♡
        …もう少し…まだ時間ありますし…してもよろしいですわよね…♡
        -- 2020-02-09 (日) 01:03:04
      • 堕落――…(言われてきっとそうなのだろうと気付く。自分は快楽に、欲望に負けたのだ)
        (罪悪感が胸をちくりと刺すが、今はそれすらゾクゾクとしてしまう)
        手元に…。ああ…私、イスナ様のものにされてしまうのですね…♡はい、イスナ様とのないしょの秘め事です…♡
        (応えて、深く口づけを交わす。そして更に求められれば、汗とオイルでぐちゃぐちゃになった薄布をそっと脱いで)
        はい…。いっぱいして、ほしいです…♡(微笑んで答える) -- アネモネ 2020-02-09 (日) 01:09:57
      • …ではパンテオン式の…指向の快楽を…たっぷりシスターアネモネにお教えしてさしあげますわ♡
        (その日は2時間どころか5時間コースだったとも8時間コースだったとも…)
        (たっぷりといけないことを楽しんだそうです…♡)
        //(よる遅くまでありがとうございますー!…テヘ…シスターがあまりにエッチ可愛いので…やりすぎちゃったかもです…♡)
        -- 2020-02-09 (日) 01:21:28
      • (それから数時間、何度も何度も意識を失うまで絶頂を味合わされ…)
        (すっかりレズックスというかレズ調教の虜になってしまったアネモネであった)
        (それは果たして呪詛の仕業か、迷宮の罠か――悪魔の嘲う声が、微かに響くのだった)
        (//こちらこそですよー!こ、これからどうしようってなってますが楽しかったです!) -- アネモネ 2020-02-09 (日) 01:26:58
  •  
  •  
  • うーん、冒険でずっと歩きっぱなしだと胸が重くて肩が痛いし…こういうとこって子供でもはいれるのか気になるんですけど! -- メロリータ 2020-01-30 (木) 21:10:58
    • (お店の前でウロウロしている子を買い物帰りに見つけると)いらしゃいませ?うちのお店にようかしらぁ?
      (あなたと同じくらいに、幼いけど胸の大きな褐色の少女がそんな風にこえかけてくる)
      -- 2020-01-30 (木) 22:03:41
      • あ、ここのお店のヒトだし?ここって子供でも入って大丈夫?(振り向くと似たような露出度の服にたわわな胸、ロリ巨乳の国際交流である)
        わ、でっか…じゃないし!メロもおっぱい大きいせいか冒険に行くと肩が重くなっちゃって
        その、マッサージっていうのがいいって聞いたんですけど!ちょっと大人っぽい雰囲気のお店だったからどうしようかなって -- メロリータ 2020-01-30 (木) 22:32:25
      • あぁ〜…わかりますわぁ…肩凝りますわよね、私自分で自分をマッサージしたいときがあるくらいで…
        子供料金とかはなくて、値段は全部同じ…つまり大人も子供もウェルカムですわぁどうぞどうぞ
        (買い物袋片手に、お店の扉を開いて招き入れながら)
        -- 2020-01-30 (木) 22:53:51
      • よかったー話が分かりそうな人がお店の人でマッサージ屋さんでも肩とか凝るんだし?
        お金なら冒険でしっかり貰ってるから安心してほしいしっ(意気揚々と扉を抜けて) -- メロリータ 2020-01-31 (金) 21:56:08
      • (受付でメニュー表を渡して、聖水使った美肌マッサージとかもありますわよぉなんてオススメしつつ)
        それはそうですわぁむしろ他人にマッサージをするからこそコリコリですわぁー!もう1人私が欲しいくらいですわよ?
        (なので悩みはわかるのでしっかり肩こり解消できますようにやりますわよーっと)
        -- 2020-01-31 (金) 22:07:38
      • お肌はまだ大丈夫だしー!最近遺跡で温泉を見つけてそこで美肌してるから全身スベスベなんですけどー
        うん、メロも初めてだから優しくお願いしますし!(とはいえ凝りを取ってもらいたいのでしっかりコースをお願いするメロだ) -- メロリータ 2020-02-02 (日) 21:17:44
      • はぁーい、しっかりさせてもらいますわー…へぇー遺跡の中に温泉ですの?
        (更衣室に案内して、マッサージ用の着替えを渡す)着替え終わったら、施術室のほうにいらっしゃってくださいませぇ
        -- 2020-02-03 (月) 22:17:46
      • そうそう、イスナちゃんでいいんだっけ?さっきパネルに書いてあったし!んでー、温泉なんだけどねー
        (ひとしきり話しきってから着替えを始めて)イスナちゃんおまたせだしー!こんな格好でマッサージするんだね
        メロ初めてだからどこまで脱いでいいのかちょっと迷ったんですけど! -- メロリータ 2020-02-04 (火) 20:39:13
      • えぇ、イスナ・ウシウト・パンテオン・デトワールと申しますわ、今日はしっかりケアさせてもらいますわねー
        長いのでイスナとお呼びくださいなぁ、一応はオイルマッサージで汚れたり、代謝がよくなって汗ばむことがあるのでお召し物が汚れぬようにですわぁ
        (下着は履いててくださって大丈夫ですのよ?っと耳打ちして)ではえーっとそうですわねぇ…うつ伏せ…は辛いでしょうからこちらの椅子にすわってもらって、肩のマッサージいたしますわぁ
        -- 2020-02-04 (火) 21:07:29
      • 立派なお名前だし!もしかしてイスナちゃんいいところのお嬢様だったりしそうなんですけどっ
        おー、聞いてるだけでも体が楽になってくるし…えっ!全部脱いじゃったんですけどぉ…(もじもじ)
        はーいだし!(気を取り直して椅子に座るメロリータ、イスナに負けず大きな胸が着替えからあふれそうなほどだ) -- メロリータ 2020-02-04 (火) 21:50:52
      • ふふっ私王族の末裔ですのよ?とはいっても異国のですけどね?祖先はこの街に根付いてますので
        (ぜんぶ脱いだときいてクスクス笑いつつ)大丈夫ですわぁ、年の近い女同士ですし(ではマッサージしますわねぇっと)
        (背後から、肩をしっかり揉みほぐして行く、手は軽めの治癒魔法で、血流をよくするように)
        -- 2020-02-04 (火) 22:36:09
      • やっぱり!メロも聖女なんだー珍しい身分の人がいっぱいいてにぎやかでメロここ、結構好きだしっ
        よ、よかったし はーいよろしくなんですけどー!(肩の力を抜いて椅子にもたれて)お、おー?
        王宮にいた時にも時々してもらってたけど、イスナちゃんのは魔法も一緒だから新鮮だしー、きもちいいー -- メロリータ 2020-02-05 (水) 21:53:32
      • まぁ、メロリータちゃんも王宮に?聖女なのですわねぇ(マッサージマッサージ)
        高貴な身分の方は特に疲れもたまりやすいですわぁ、こうやってしっかり癒やされていってくださいませねぇ
        (手のひらから伝わる熱が、代謝をよくする魔術類で血が巡っているのを自分でもわかるくらいに血行がよくなる)
        -- 2020-02-07 (金) 23:16:35
      • そうそう、平均年齢高いから話題も合わないしとっても退屈なんですけどー、イスナちゃんはその辺平気だったし?
        ん、おおーなんだ肩から全身がぽかぽかとあったかくて…いい感じだし…(背もたれに寄りかかって頭を少し上向きに)
        これは魔法の力を感じるしー…スキンケアで触ったりマッサージされたことはあるけどこれは初めてなんですけどー -- メロリータ 2020-02-08 (土) 20:41:55
      • 私のほうは逆に同年代の一族がそれなりにいたので大丈夫でしたわぁ…一族の中でも私は天才でしたので
        癒し手としての技術を競い合ったりして楽しかったものですわぁ…(思い出すように懐かしみながら)
        ふふふ、心地よいでございましょう?リピーターが結構多いのですわよぉ?こうやって体がほぐされるの
        -- 2020-02-08 (土) 23:02:29
      • いいなー、イスナちゃんこっちでの用事が終わったらメロの国に来てほしいんですけど!
        あ、今のは告白じゃないニャ?メロも迷宮を攻略するころには故郷に帰らないとだから、友達とも離れ離れになっちゃうし
        …ふぅ(それまでに婚約者か、示し合わせた友達を連れてうまいこと誤魔化さないとなー、と思いついため息)
        にゃ…今日のメロはマジでお疲れだし…癒しだしー…(肩をもみほぐされるたびに胸もたゆんと弾んで徐々にはだけていく) -- メロリータ 2020-02-08 (土) 23:16:13
      • まぁまぁ告白ですの?今日出会ったばっかりですわよー(なんて楽しげに笑う)ふふふ、言葉のあやなのはわかっておりますわぁ
        あらあら、そうなのですの?何か帰らなきゃいけない理由でもあるのかしらー
        (ちょっと含んだ言い方というかため息まじりのメロを心配するように)
        -- 2020-02-08 (土) 23:34:30
      • んー…(話してもよいものだろうか、と考えたが同じような立場であればそういった政略婚も無縁ではないだろうと思って)
        メロねーこのままだとあと2年のうちに故郷の賢者会のヒトと結婚しないといけないんですけどー、婚約者を見つけたら
        しなくて済むから、誰かいないかなーって、でもでも一年くらいで好きな人見つけて
        結婚とか不可能に近いんですけどー!(足をバタバタ)あ、ごめんね!今はマッサージが優先だし!
        もっともっと気持ちよくなってモヤモヤを忘れちゃいたいんですけど! -- メロリータ 2020-02-08 (土) 23:48:01
      • まぁ…そういうのは確かに大変そうですわね…でも出会って3ヶ月で結婚!なんて話もききますし…
        よっぽど相性いい人がいたら、わりと現実的なラインでは?メロリータちゃん、大変魅力的な容姿もしておりますしー?
        …つまりその容姿をここでさらに磨いて、殿方をメロメロに!(メロメロ・メロリータなんて言葉を思いついたけど口にはださず)
        お肌もすべすべ、可愛いお顔、恵まれた体躯…殿方がほっておきませんわぁ〜
        -- 2020-02-10 (月) 21:03:17
      • 今は0か月婚とかもあるらしいんですけど!イスナちゃんは出会って即好き!ってなったことあるし?
        わたしはまだそういうの無いけど、イスナちゃんがそういうなら即告白とかもありかもだし…?なゃ!?
        じゃ、じゃあもっときれいになるためにも時々マッサージしに来ようかなって思うんですけど!
        (足を放り出してすっかりリラックスモード、体もほぐれていい感じにぽかぽかしてきた) -- メロリータ 2020-02-11 (火) 21:42:11
      • ふふふ、そうですわねぇ…出会って即…というわけではないですけど…いや…ほぼ即かしら…?
        (さらっと恋人がいるみたいなことを匂わせながら)ふふふ、メロリータちゃんに素敵な恋人ができるように
        精一杯マッサージとエステをして綺麗に磨き上げておきますわぁ、割引券もあるので
        何度でもきてくださいませぇそういうことなら多少サービスしてお安くしておきますので〜
        -- 2020-02-12 (水) 22:19:13
      • えーずるいんですけど!メロにもいい人紹介してほしいんですけどー?なんてね
        うん、だいぶ肩が軽くなったし!はい、お代!これからは冒険もきつくなるから通わせてもらおうかなって思うんですけど!
        (服を着替えて)それじゃあ今日はありがとうだし!またよろしくだしー! -- メロリータ 2020-02-13 (木) 20:50:47
  • こんにちはイスナさん。 迷宮で拾ったイスナさんのものらしきものをお届けにきました。
    こちらとこちらなのです。(『イスナに似合いそうなチェーンメイル』と『イスナに似合いそうな利尿剤』を取り出して手渡し)
    渡しておきながら疑問が尽きないのです…… -- イリス 2020-02-10 (月) 22:01:45
    • 前者はともかく、後者は…後者…私に似合いそうですかしら?(首をかしげつつ)
      あ、いらっしゃいませイリス様、少々お時間かかって、衣装ができたとか全然お伺いできず申し訳ないですわぁ…
      (せっかく届けてくれたものなので、2つとも一応受け取りつつ)
      -- イスナ 2020-02-10 (月) 22:08:14
      • 私にもよくわからないのですが、なぜかこれを手に入れた時に強迫概念のようにイスナさんに似合う…!とぴぴぴと感じるのです…
        チェーンメイルも、イスナさんはあまり装備しそうにないですよねえ…? もう少し装飾的なリングをあしらったものとかであれば分からなくもないのですが
        いえいえ、こちらこそ特注サイズを用意していただかねばならない身なので…いつでも構わないですし、無理もなさらないでくださいね -- 2020-02-10 (月) 22:19:31
      • でもこのチェーンメイルを色々いじれば私でも使いやすそうですわぁ…後者は使うことない可能性も高いですけど、メイルはありがたく使わせてもらいますわー!
        ついでにちょうどいい感じにイリス様のサイズにあった衣装が…よければマッサージ受けていかれますかしら?
        遅れたお詫びに…少しお高めのオイルを使わせてその値段分はサービスしますわよぉ
        ピッカピカに磨き上げますわよー!
        -- 2020-02-10 (月) 22:24:43
      • 何等かに使えそうなら何よりなのです
        まあ! いいのですか? ちょうど第2階層の主で緊張して精神的に披露し肉体的にもずたぼろになったところなので是非お願いしたいです
        宝石妖精たるものいつもつやぴかでいたいのです(第2階層の主に盛大な身バレされたのでもう隠すのはやめたようだ) -- イリス 2020-02-10 (月) 22:34:05
      • 2層はかなり大変なようで皆色々酷い目にあってるようですわねぇ…服脱がされたり、ドロドロにされたりみたいな話もちらほら…
        はーいではこちらにお着替えなさって…磨くためにコチラも使わせてもらいますわー!
        (手に、きめ細やかな布製の手袋を装着する、オイルを馴染ませつつ、体をしっかり磨けるようにと)
        お着替えなさったら、こちらの施術台に横たわって、リラックスしてくださいませぇ
        -- 2020-02-10 (月) 22:45:16
      • 私とパーティ組んでいる方が全裸になってましたねえ… あとうさみみ生えたりもしましたよ
        (シュポーンシュポーンと着替え終え)つやつやオイルですね…!(期待の眼差し)
        それでは遠慮なく…(コロンと転がる 翅の都合でうつ伏せだ) -- イリス 2020-02-10 (月) 22:47:52
      • ウサミミ…それはそれは…ちょっと可愛いかもですわね(何故かイリスに生えているのを想像しつつ)
        はーいでははじめさせてもらいますわぁ…このオイル、教会で洗礼された聖油と聖水が混ざってますの
        呪い避けやよくないものも避けれるそうなので、磨きつつダンジョンの安全祈願にもなりますわぁ
        (羽にはふれないように、指先でゆっくりと背中からオイルを塗り込み磨くように円を描いてマッサージしていく)
        -- 2020-02-10 (月) 22:51:29
      • なんとお…一石二鳥ですね…… 私には信仰系スキルは皆無なのでありがたいです
        …はふ……(普段は翅が邪魔で背中のメンテナンスが難しいのではやくも気持ちよさげ)そこ…もっとお願いしますぅ… -- イリス 2020-02-10 (月) 22:58:42
      • 羽のある種族の方は…どうしてもこのあたりが凝るそうですからねぇー(付け根をゆっくり優しくこねこね)
        …ご自分でも手が届いたりはしませんでしょうし、なまじ届いてもまた別のところがつかれちゃいますでしょうからー…お客様おつかれがたまってますねー(テンプレみたいなこといいつつ楽しそうに)
        羽のほうは触れないほうがよろしいでしょうかしら?それとも羽も優しく磨いたほうがよいでしょうかしらー?
        -- 2020-02-10 (月) 23:05:21
      • そうなのです…触ろうとすると翅が邪魔で、避けると何かチガウ感じに……ぴったりしっくりくることがないのです
        はふぅ…極楽なのです……(はやくもうっとりととろけるように)
        あ、私の翅は触っても問題はありません。 ヒトでいうなら髪のようなものなので存分にお願いします -- イリス 2020-02-10 (月) 23:21:50
      • なるほどですわぁ…髪の毛や爪みたいなものなのですわね?
        (確かに透き通っていて綺麗ですわーなんて言いつつ、ゆっくりとオイル塗り込みー…根本から先端まで全体に馴染ませるように)
        こういう場所は本当お手入れ大変ですものねぇ…(人肌くらいに温めたオイルが全身まんべんなく塗り込まれ、じんわりあったかい)
        -- 2020-02-11 (火) 00:06:50
      • 意識していれば感覚もありますけれど、普段は髪のようなものなのです
        翅の先まで自分で…というのはできないのでとてもうれしいですねぇ
        なんだかぽかぽかしてきました…ふにゃふにゃになってしまいます……(ぐってりとリラックスしている) -- イリス 2020-02-12 (水) 20:59:46
      • 気持ちよくてマッサージ中に寝てしまう人も結構いらっしゃるんですよ〜
        (髪のようなものだとしたら、ヘッドスパみたいな感覚なのかしらーっと優しく丁寧に…)
        はいっ!終わりですわぁー全身ピカピカに磨いておきましたのー(オイルも拭き取って、お肌すべすべーに仕上がりました)
        -- 2020-02-12 (水) 22:16:10
      • 私も寝てしまいたいほど気持ち良いです…でも寝てしまったらもったいなくて……
        むふぅ…(うとうとしていた) はっ もう終わりですか!? 幸せなひと時でした…ありがとうございます
        (起き上がって着替えるときに全身を確認してにんまりと嬉しそうに微笑んだ) ふふ、一段輝きがあがったような気がします
        今日は本当にありがとうございました!(代金を払って上機嫌で飛び去って行くのだった) -- イリス 2020-02-12 (水) 22:23:33
  •  
  •  
  • イスナ様、イスナ様、ご機嫌うるわしゅう。お仕事のご調子はいかがですかぁ?
    あ、これは差し入れですよぉ(――と、焼き立てパンプキンパイの包みを入れたバスケットを差し出す)
    ところでイスナ様、か、飼われる身ながら厚かましくもひとつご相談があるのですが…。 -- アネモネ 2020-02-18 (火) 23:23:15
    • まぁ!…とってもいい匂いね(カボチャのホコホコとした甘い香りのたつパイにニッコリ笑顔)
      相談…少し私も気になってたことがあったから、色々とモネに用意してたのよ
      同じこと考えてるなら…きっと役に立てると思うのだけど…(むしろ自分のもの、家族とまでいったのだから色々心配するのは当たり前みたいな思考)
      -- 2020-02-19 (水) 01:36:27
      • ええ、旬のものをたっぷりと使った自信作です。どうぞ召し上がってくださいませぇ。
        (言ってバスケットを手渡し、コホンと咳払いをして)気にかけてくださって嬉しいです。
        同じ事を…かどうは分かりませんが、私…今、信仰対象を信じていないプリーストというおかしな状態なのです…。
        それで迷宮ではパーティメンバーに迷惑を掛けてしまっている上に、パワーファイターみたいになってまして(とほほと笑う)
        ですでの、信仰の対象となる神性をもった柱がほしいのです。イスナ様がそうであれば一番なのですがぁ…。 -- アネモネ 2020-02-19 (水) 02:05:09
      • (ほくほくしながらパイを食べつつ)考えてること、殆ど一緒だったわ(と微笑み)
        ただ、私は神性があるとはいっても、信仰で力を与えれるかどうかはわかりませんわ(だって信仰されたことがありませんものと冗談っぽく笑う)
        でも、私の魔力を流し込んでいるそのお腹の淫紋もあるので…
        私の回復術や、回復術を併用した身体強化などはできるんじゃないかしらと
        …それと、もう一つ…今までは信仰と奇跡で力を行使していたわよね…?
        だから、私のほうだと…魔力が必要なのだけど…(そういって、何か本を数冊もってきて机に並べる)
        (どうやら淫魔やらサキュバスやらそういう種族に関しての本らしい)
        -- 2020-02-19 (水) 14:56:21
      • 口元に食べかすが付いてますよ、イスナ様(美味しく食べてくれている様に微笑み、ナプキンでイスナの口元を拭う)
        そうでしたか。まあ神聖魔術は信仰対象に祈り、すなわち精神力を捧げ、力を授かるという…
        ある種の契約により行使されます。ですので、試してみないとわからない部分ですねぇ…。
        ふふっ、いっそイスナ信仰を立ち上げて、ここを礼拝所にしてしまいましょうか?信者はお客様になるでしょうけど(くすくすと笑む)
        なるほど、このごろ妙に身体の調子がいいのはその影響でしょうか。かけっこで勝ったのなんて初めてです(迷宮で小人とレースした事を話し)
        まあ、信仰で捧げる精神力も魔力もだいたい同じなのでは…これは…?
        (並んだ本の表紙を眺めて首を傾げる) -- アネモネ 2020-02-19 (水) 21:12:04
      • あら恥ずかしいわぁ…ふふ、でもそれだけ美味しくて夢中になっちゃう味ってことね、モネみたいにね(なんて笑う)
        もうそんな冗談をいって…信仰に来た人をマッサージする神様…?(なんなんでしょうねそれって笑いつつ)
        それこそ私の始祖のほうがガチの神様なのでそちらを信仰するほうがまだ…というかまだ生きてますしね始祖
        (なんてことを話しつつパイを食べ終わると本をパラパラとめくって)
        いえ、淫魔とかのことを調べてましてね…だってモネ、その刻印のせいでだいぶ淫魔っぽくなってるからもしかしてと思って…
        (精液から魔力を抽出したり、精力を魔力に変換できたりするみたいなことが生態として本に描かれていた)
        信仰が駄目なら、こっち方面で魔力変換とかも使えるのじゃないかしらって思いましてね?
        -- 2020-02-20 (木) 19:19:55
      • これからも、こうしてイスナ様のために色々と作っていきたいものです。それほど大したものは出来ませんがぁ。
        今、私の所属する一神教はともかく、古式ゆかしい多神教においてはどの様な神がいてもいいと聞きます。
        まあマッサージは置いておいて、癒しの女神イスナ…といったところでしょうか。
        え、ご始祖様も現世におられるのです…?まあ、この街はそういう所だと聞いてはいますが…。
        (こちらもパイをひときれ食べて、ふぅーと一息ついて)
        ええ、おなかの紋様は淫魔に…え、私自身がですかぁ…?
        ま、まあその淫らになってしまっている事は否定できませんがぁ…。
        (開かれたページを横から眺め、ふむぅ…と考える)私自身にはもちろんそんな能力はありませんので…
        おなかの紋様にそういう機能があれば、もしくはそういう機能を与えていただければ、あるいは…? -- アネモネ 2020-02-20 (木) 19:55:26
      • ふふっ楽しみにさせてもらいますわぁ、案外燃費悪い体なので(胸のことではなく、種族的な意味で)結構食事するの好きなのですわぁ
        今は町外れの屋敷で、旦那やペット、ミニオンレイド達と穏やかに暮らしておりますわね…
        神性ということで、相談にいってもよいかもしれませんわねぇ…(ちょっと複雑そうな顔…簡単に言えば、偉くて怖い、親戚のおばあちゃんに会いにいく子供みたいな顔)
        …ちょっと見当違いだったかしらねふふふ…まぁそういうのもあるのかもと色々と考えていたのだけど
        …(流石にここで淫紋にそういうのいじくり回したりはあれだからまた今度ねっと耳元で囁きつつ)
        てっきり、私、モネを淫魔にかえるための呪いの淫紋だと勘違いしていたのですわ
        -- 2020-02-21 (金) 20:09:27
      • ふふふ、いっぱい食べていっぱい精を付けてくださいねぇ…♡(淫靡な笑みを浮かべる)
        それは、いずれご挨拶に伺わねばいけませんね。その時にはお付き添いをお願いしますね…(こちらとしてもちょっと怖い)
        いえ、考えてくださって感謝の至りです。流石に私自身が淫魔の様に…というのは驚きましたけれど。
        でも、そういう事が出来るのならば…魔力のためにもいっぱいいやらしい事しないと…
        たっぷりと注いでいただかないといけませんね…♡(はい、と微笑んで頷く)
        (//実は初期設定はだんだんまぞく化していく感じだったのです) -- アネモネ 2020-02-21 (金) 20:16:07
      • (やはり淫魔化しているのでは?っと淫猥な笑顔を見てイスナは訝しんだ)
        ふふふっ、しっかりとモネが迷宮で戦えるようにどうにかして…っと考えておりましたからね…
        そろそろ迷宮も最深部まで到達できそうという噂ですし…何があるかわかりませんからね…?
        (もしも、モネが大怪我したり、死んでしまったらと考えるとちょっと不安になったのか…ぎゅーっと抱きつく)
        -- 2020-02-21 (金) 20:45:39
      • そ、そんな事は…すくなくとも魔ではないはず…です。たぶん(いまいち言いきれない)
        (そもそも目の前にいるイスナだって一神教的には魔に属する者だ。そのイスナに仕える者になった事を思えば…)
        (はい、と頷き)迷宮探索もおそらくは後わずか。最終層の最奥に辿り着こうとしています…。
        まあ、今となっては大いなる秘宝も欲しいわけではありませんが、生きてここに戻らないといけません。
        (そのためにも、今まで通り、いや今まで以上に戦える力はほしい。しかし――)
        大丈夫です。聖性を失くしたとは言え、迷宮内で得たいろいろなものがありますから…。
        (イスナを抱き止め、背中をゆっくりと撫でる) -- アネモネ 2020-02-21 (金) 20:59:30
      • もし大怪我や、死ぬようなことがあったらそれこそ…私始祖に頼んででも無理やりモネおこしちゃいますからね…
        (死と再生を司る、アヌビス神の化身である始祖の顔を思い浮かべつつ)
        …そういえば、前は秘宝がほしかったのは…やっぱり呪いをとくためでしたのかしら?
        (ぎゅうぎゅう抱きついて、甘えるようにしながら…それだったらもういらないのでしょうねぇとお腹も撫でる)
        -- 2020-02-21 (金) 21:10:15
      • 第1層、第2層ではあまり負傷しなかったのですけど、だからと言って次も大丈夫とは限りませんからねぇ…。
        ですが、これまで私を守ってくれたこの聖法衣。これも迷宮内でパワーアップしてますので。
        (サイクロプスの有する謎技術で鍛造された法衣。そんじょそこらの鎧よりも頑丈だ)
        そうです。万能の力を有するという秘宝。その力でならば呪詛を解けるのでは…と考えていました(こくこく頷く)
        まあ、神話における万能や全能というのは、基本、盛られていると思っていますけれど。
        (すくなくとも全知全能たる唯一神は呪詛からアネモネを救えなかったのだ。目の前の少女はある意味、それが出来たというのに)
        ええ、秘宝はもう。今探索している理由はもう知的好奇心かひゃぁっ…(お腹を撫でられるとぞくりと感じ)
        も、もう、また今度なのでは…(とにかく些細な刺激でも感じてしまう。もじもじと身をよじる) -- アネモネ 2020-02-21 (金) 21:17:45
      • とりあえず…簡易でも、私の回復術を教え込みますわー!他人の治療はできなくても、自己治癒と身体強化に回せるように…
        最悪でも、ここに戻れるほどの余力をそれで出せたら、そのあとの治療は私ができますしね?(特訓ですわー!特訓ですわー!!っと教え込みつつ)
        ふふふ、私のは…こう呪いをといたわけではなく…呪いを重ねたともいいますしね?魔のものですよーふっふっふー
        こーやってシスターであるモネを自分のものにするために堕落させちゃった悪いご主人様ですよー♡(なんてイチャイチャもしつつ)
        迷宮が落ち着いても、こうやってずーっとずーっと…モネと一緒にいますからね…モネがおばあちゃんになって、亡くなるまで、手元においておきますからね?
        -- 2020-02-21 (金) 21:24:53
      • お願いします。あ、出来れば人様に使える術も…。
        (第1層、2層とも守護者戦後は負傷者でいっぱいだった。そして第3層の主義者は悪魔、これまで以上の被害が出るのが予想されるゆえに)
        では、よろしくお願いします。イスナ様…いえイスナ先生。
        (最奥に辿り着くその時まで20日ほど、イスナから治療術の教えを受ける)
        (自分の魔力を操る事には不慣れだが、治癒という行為にはよく慣れているというアンバランスな生徒だ)
        ふふふ、よその魔族の得物を奪い取るなんていけない人ですねぇ。私もいつか、魔に染まっていくのでしょうか…。
        (それはそれでいい気もしていた。この街にきて色々な魔族…)
        (悪魔のみらず、さまざまな異端存在に出逢ったが、その誰もが気のいい連中だった)
        (イスナはもちろん、彼らともこれからもこうして過ごしていけるなら…)
        はい、ずっと一緒です。この命ある限り…。 -- アネモネ 2020-02-21 (金) 21:30:31
      • (なかなか教え概もあり、短期間なので、傷治療応急処置、街に戻って本格的な治療をする前の、命を繋ぐための術を中心にしっかりと教え込み)
        (モネがしっかりと帰ってこれるように祈るイスナであった…イスナのほうはというと、最近迷宮にはあまり顔だしておらず、お店のこととモネのことばっかりである)
        まぁ…最悪でも、モネが産むことになる子は私の一族の血が混ざるのは確定でしょうしねーふふふー♡
        限りある命、ずっと共にですわ…まぁ…お別れのときはまだまだ何十年も先でしょうからこれからずっと一緒ですわー♡
        (嬉しそうに背伸びして、唇にちゅーしたいーっと背伸び…角がぐっさりいかないように避けつつ)
        -- 2020-02-21 (金) 21:38:02
      • なるほど、一時的に生命力をブーストして命を繋ぎ、後でゆっくりと養生させるのですね。この発想はありませんでしたぁ。
        (これまでとは異なる術。異なる思想、異なる力の源、異なる効果――)
        (それはこれまでの異端そのもの。存在を受容していても、その恩恵に預かる気にはならなかったものだ)
        (なのに今は…)ふふふ、面白いものですねぇ。もっとしっかり身につけてこのお店も手伝える様にしないと。
        赤ちゃん、どうなるのでしょう。やはり…(イスナの頭に目線が行く)角とか尻尾とか生えるのでしょうかぁ…?
        髪や肌はイスナ様に似てるといいですねぇ。艶のある黒髪、羨ましいです。
        (イスナの髪をなでなで。身を軽く屈めてキスを貰う)ふふふ、それまでには私も人ならぬものになっているかもしれませんよぉ。 -- アネモネ 2020-02-21 (金) 21:46:43
      • ふふふ、そうね?私も疲れるから、色々マッサージも教えて、私の治療もしてもらおうかしら…お店1人できりもみするのも
        大変だから(前にしてもらった、あの神の奇跡的なマッサージはもうできないだろうけど、それでも自分と同じやり方なら教えれるからと微笑みかける)
        そこはわからないですわ、前もいったけど私の母親父親は牛の要素ないですからねぇ…全然普通に、人っぽく生まれるかもだし、他の血が隔世で遺伝するかもですわぁ
        (なので…いっぱいつくりましょうね?っと耳元で囁く)
        …(もしかしたらいっぱしてたら、モネもさらに…やはり魔族とか淫魔になるのでは?イスナは訝しんだ)
        -- 2020-02-21 (金) 22:12:47
      • はい。私もいつまでも聖堂には居られないでしょうから。以前に話した通り、その時にはここでご厄介になりますねぇ。
        もちろん、イスナ様のお疲れも癒させていただきます。この指に愛をこめて(親指を見せて微笑む)
        そうなのですか…。私てっきり猛牛超人的な方かと…(変な想像をしていた!)
        (囁かれる声には、はい、と気恥ずかしそうに頷く)いっぱい、産みますね…♡
        (そもそも淫魔とてもともとは豊穣の神やその眷属だったものだ。堕ちた聖女がどの様な魔となるのかは…まだ、わからない)
        (ともあれ、今日のところは迷宮における最終決戦と、その後の生活に備え新たな術を学んでいくのであった) -- アネモネ 2020-02-21 (金) 22:19:36

Last-modified: 2020-02-21 Fri 22:19:36 JST (39d)