引退/392934

  •   -- 2010-10-03 (日) 13:52:24
  •   -- 2010-10-03 (日) 13:52:20
  •   -- 2010-10-03 (日) 13:52:15

Edit

  • うーん?果たしてここで良いんだろーか……来月依頼で一緒するマオウって言うんだけど、いわゆる同行挨拶ってやつに来たぞー? -- マオウ 2010-08-06 (金) 07:09:39
    • ん?同行?おぉ……我はイオマンテじゃ、良しなに頼む。久しくそういう機会はなかったが(黄の外套を纏った亜人の女) -- イオ? 2010-08-06 (金) 10:12:29
  •   -- 2010-07-28 (水) 10:05:39
  •   -- 2010-07-28 (水) 10:05:30
  •   -- 2010-07-28 (水) 10:05:22
  • あと四月程度か…… -- イオ? 2010-07-23 (金) 19:57:04
  •   -- 2010-07-23 (金) 19:56:41
  •   -- 2010-07-23 (金) 19:56:27
  • 探せば意外といるのねダークエルフ(耳をピンと立てながら) -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 20:39:26
    • ん?同族の幼子か……その飾りは…引退した者の装飾だったか?(兎耳を見て首を傾げる) -- イオ? 2010-07-15 (木) 20:43:27
      • そうらしいけれどこれは本物の耳よ(軽く引っ張ってくっついている事を見せて)
        幼子…まぁ否定ができなくて悔しいところね -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 20:49:15
      • んんっ?四つ耳とは……初めて見るな(軽く先端を摘むと付け根を上から覗き込み) -- イオ? 2010-07-15 (木) 21:11:10
      • 厳密にはもうダークエルフじゃあないのかもしれないわね、私(摘まれると耳がぴぴっとひくつく)
        よく聞こえるわよー -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 21:18:34
      • 月には兎人が住むとは聞くが……この地はやはり興味深い場所じゃな。我はイオマンテ、幼子よ汝は何と言う?(手を離して) -- イオ? 2010-07-15 (木) 21:35:48
      • ウサギって話も聞くけれどもね、そういう意味では興味深いものねお月様も
        アンゴランよイオマンテさんダークエルフだから幼いけど私も一応冒険者こなしてるからそれなりに力はあるわよー?ふふふっ、よろしくねイオマンテさん -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 21:41:05
      • 技量を分かっていても、それでも年長者は幼子達を心配するものさ……イオで構わぬ。故郷の言葉は此方の者達には呼びにくいようじゃからな -- イオ? 2010-07-15 (木) 21:50:18
      • そっか、じゃあこれからよろしくねイオさん…よければ私も適当に呼んでね?
        縮めにくくてそのまま呼ばれることが多いのよ -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 22:03:05
      • で、あんごらよ…何故同族を探して居るのだ? -- イオ? 2010-07-15 (木) 22:21:57
      • 探しているというほどでもないけれどね、この街で同属をよく見かけるものだから知り合ってみたくて、そんな感じよ -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 22:33:09
      • なるほどな。我も一時期調べていたのだがな……少々情報は古いが使うといい(資料を手渡す…精度はいまいちだ) -- イオ? 2010-07-15 (木) 22:36:04
      • あら…それでもかなりの数がいたのね、何もないよりはかなりいい資料になると思うわ、ちょっと参考にさせてもらうわね -- アンゴラン 2010-07-15 (木) 22:40:24
      • 資料外の連中を見かけたら知らせてもらえると有り難い…こう、本来はこの街で同盟でも作ってしまえばよいのだろうが -- イオ? 2010-07-15 (木) 22:54:27
  • あなたが道を歩いていると前方を歩く人物が何かを落としたようだ -- 2010-07-14 (水) 15:13:24
    • ……ん。(拾い上げると追いかけた?) -- イオ? 2010-07-15 (木) 19:38:29
  • ……近しく、しかし違う匂いを感じる……ダークエルフ……でも、微かに感じる違和感は何?(独り言である)
    ……まあ、いいか。御機嫌よう!回覧板を届けに来たわよ。読んだら次に回して頂戴
    また回覧板の季節がやってきた、今回の内容はプール開きや熱中症の他、商店の宣伝などが書かれている
    次の回し先はここのようだ。回すのも回さないのも自由のようだ
    -- フェデリカ 2010-07-11 (日) 23:53:13
    • ん。何じゃ、これは……回覧板?ふむ、確かに受け取った。回せばよい訳か。次は……? -- イオ? 2010-07-15 (木) 19:45:37
  • イオマンテ?熊でも狩ろうと言うのか、妙な風習だな…まぁいい、そんな事は冒険には関わりあるまい
    大体どんな相手かは分かった、来月の後方支援は頼むぞ -- 瑞姫 2010-07-11 (日) 17:30:25
    • ん、客とは珍しい……我に任せておけ、病み上がりではあるがな -- イオ? 2010-07-11 (日) 18:45:11
      • 子持ちかと思ったら病み上がりまで追加か…後ろから撃っておればいい、なるべく怪我をせずに帰ってくれ 以上だ -- 瑞姫 2010-07-11 (日) 19:17:24
      • その分追加の兵装があるからな……まあ、心配はいらん(風もないのに黄衣が靡いていた) -- イオ? 2010-07-11 (日) 19:20:24
  •   -- 2010-06-24 (木) 20:10:44
  •   -- 2010-06-24 (木) 20:10:40
  •   -- 2010-06-24 (木) 20:10:35
  • あなたは汗を流すため服を脱いで浴室のドアを開けた、するとそこは浴室ではなく別の場所に繋がっていた…
    (これは現実の出来事かもしれない、夢だったのかもしれない) -- 2010-05-24 (月) 16:53:31
    • (子供達を連れて水浴びに出ようとした瞬間妙な場所に出た……) -- イオ? 2010-05-24 (月) 18:24:07
  • お邪魔するわ。来月一緒するエメロードよ、宜しく。
    子供さんのためにも、頑張りましょ。 -- エメロード 2010-05-07 (金) 17:59:01
    • 汝も同道か。我はイオマンテ、そうじゃな……うむ、気遣い感謝する。何事もなく終わらせてみせよう! -- イオ? 2010-05-07 (金) 22:45:23
  • 久しぶりに同行者チェックしたらこんなに酒場の人がいたとは……つーかたびたび組んでたのに挨拶し忘れてごめん!
    来月も一緒らしいんでよろしくイオマンテさん -- イラリオン? 2010-05-07 (金) 02:27:29
    • ん?ああ、イラリオンといったか。此方こそすまぬな……聞き覚えのある名だとは思っておったが、此処の辺りの者であったか。また次も同道故良しなに頼む(周囲では子供が二人走り回っている) -- イオ? 2010-05-07 (金) 16:19:00
  •   -- 2010-04-10 (土) 22:28:15
  •   -- 2010-04-10 (土) 22:28:08
  •   -- 2010-04-10 (土) 22:28:02
  • 黄金暦154年1月 -- 2010-04-09 (金) 16:17:11
    •   -- 2010-04-09 (金) 21:34:37
      •   -- 2010-04-09 (金) 21:34:50
      •   -- 2010-04-09 (金) 21:35:07
      •   -- 2010-04-09 (金) 21:35:22
      • (年が開けて宿を訪れた少年。部屋の戸をノックして中を伺ってみる) イオ…? -- COLT 2010-04-09 (金) 21:57:35
      • (扉の前に立った時点でどたばたと中から音がする、戸を開け様子を伺えば其処は…戦場だった) -- 2010-04-09 (金) 22:04:00
      • (助産婦や宿の女将の張り上げた声が、聞き覚えのある声の息みが、ひっきりなしに鳴っている空間に立ち尽くす)
        どっどっどっ 生ぅまれんの!? (答えの代わりにマスクと消毒された衣服を押し付けられたので、焦りながら来て消毒を済ませた)
        イオ! おい! -- COLT 2010-04-09 (金) 22:10:41
      • (女に聞き覚えのある声へと応える余力はなく…慌しい空気の中、ただ息みと励ます声が響き)
        もうそろそろだろうね…突っ立ってないで手握って声掛けてやりな(威勢のいいご婦人が場所を開け、コルトに声を掛けた) -- 2010-04-09 (金) 22:41:40
      • オッ、レは…! (旦那じゃねえぞ!と言いかけたるも、ひときわ大きな息みを上げるひどく切羽詰ったイオの顔に、思わず手を握った)
        (騒然とした場の空気と握り返してくる強さに呑まれながらも、ここにいるぞと呼びかける) イオ! イーオーマーンーテ! しっかりしろよオラぁ! -- COLT 2010-04-09 (金) 22:47:17
      • (初産ではないとはいえ、女にとっては大仕事だ…)
        (握られる手、しっかりしろと己を呼ぶ声が聞こえてくる…頷くように顎を引き、一層歯を食いしばる)
        (息み、呼吸し、休み……繰り返される中、どれほど時間が過ぎたか)
        (産道を通って子が取り出されたが…まだ腹は大きいまま) -- 2010-04-09 (金) 23:05:51
      • 生まれたっ? 生まれたっ! 生まれ !? (息を呑む助産婦の気配。その手の中の赤子に自分も目を見開いた)
        (頭から突き出したのは長い耳だけではなく、角。背には濡れてしおれているが、翼。けたたましい産声に全員が我に返る。赤子はすぐに湯で洗われだした)
        えまだ? もう一人? イオ! もう一発だ! 生まれたのは元気だぞ! (握った手に被せた手をごしごしと擦る) -- 2010-04-09 (金) 23:18:24
      • (続く苦しみに周囲の様子を気にする余裕はなく、依然として気が抜けない状況)
        (強く握った緊張から冷たくなった掌、擦る手の感触が再度奮い立たせる)
        (やがて二人目が顔を見せ、産声をあげる…) -- 2010-04-09 (金) 23:56:52
      • 最後? 最後? やったぜイオ! 聞こえるか二人分! うるっせーぞ超元気なっ どっち? 付いてる? 付いてる? あ、付いてる …男だ二人とも!
        (初めて…いや忘れているが二度目なのだが。生命誕生の瞬間に立ち会った少年は、興奮してせわしなく話しかける。荒く息を吐くイオの手を相変わらず擦りながら)
        (産湯と放心状態のイオの顔をそわそわと目が行ったり来たり。やがて枕元にタオルにくるまれた赤子が二人、抱かれてやってきた) -- COLT 2010-04-10 (土) 00:07:16
      • ……子は、無事…か?(一大仕事を終えて精魂尽き果てた様子だったが、傍にいる青年に問い掛け満足げに頷く)
        (双子が連れてこられれば感極まったか潤んだ瞳で) -- イオ? 2010-04-10 (土) 16:35:40
      • おおふ… (一人はイオの腕の中に、もう一人を抱かせてもらい。力いっぱい誕生の名乗りを上げて、ぽかぽかと暖かい小さな命をおっかなびっくり抱えている) へ、へへ
        イオ、おめでとう! ちくしょうなんか泣けてきた (安堵で涙目になったところで女将に赤子が渡る)
        もうお袋さんだな、お疲れさま。すこし、休めな? -- COLT 2010-04-10 (土) 21:21:21
      • ありがとう。名を、考えてやらねばならぬな……(ようやくはにかんだ様に笑みを見せる)
        ああ、うむ……流石に、疲れた(ゆっくりと瞳を閉じた) -- イオ? 2010-04-10 (土) 21:36:45
      • ああ、おやすみ… 名前かァ〜…
        (その後女将と助産婦に「だからオレは旦那じゃねえ!」と10分ほど説得する羽目になった) -- COLT 2010-04-10 (土) 21:40:51
  • 黄金暦153年8月 -- 2010-04-04 (日) 19:36:12
    • (腹を撫でてる) -- イオ? 2010-04-04 (日) 19:36:52
      • (それを眺めて) 何ヶ月目? -- COLT 2010-04-06 (火) 00:02:12
      • コルトか……凡そ六月といったところだな(今月で九月だったか?と淡々とした口調で) -- イオ? 2010-04-06 (火) 00:21:28
      • マジで。父親は誰? -- COLT 2010-04-06 (火) 00:22:37
      • 嘘を言っても仕方あるまい、腹がへこむでもあるまいし…(腹を軽く撫でつつ)
        さて、な……魔物かもしれんな(時期も把握しているのだ、無論相手にも心当たりはあるのだが) -- イオ? 2010-04-06 (火) 00:36:38
      • いやいやいや。てゆーかマジでどーしたんだよ!? やっとビックリがちゃんと来たわ!
        おい大丈夫なんか、イオがまさかとは思うけど…そーゆー、ええ、つまりな。望まないはずの 子なのか? -- COLT 2010-04-06 (火) 00:42:20
      • まあ、暫らく会わん内に色々あったのだ…(遠くを見るような目で呟き)
        子には罪はないさ…(生まれる予定ではなかったのは確かだがと言葉を続け) -- イオ? 2010-04-06 (火) 00:59:52
      • でも… (産む意思が伝わってくると、確かに子に罪は無いと思い黙るしかなかった)
        身重でテント生活なんて駄目だろ、宿取れよ。手配がアレだったらオレがしてくるからさ -- COLT 2010-04-06 (火) 01:11:00
      • 確かにそうだな……まだ日があるからと思っておったが、じきに冬か -- イオ? 2010-04-06 (火) 11:19:21
      • その分だと出産は年末になりそうだな。てゆーか冒険も行ってる? おいー無茶すんなよ… -- COLT 2010-04-06 (火) 17:13:32
      • ああ、年の瀬か…年を明けてか……その位であろうな(以前を思うと幾分草臥れた様子で)
        会わぬうちに随分と大人びたな…若木にとっては育つに十分な長い年月、か……
        (休ませてくれんのだから仕方あるまいと小さく笑う) -- イオ? 2010-04-06 (火) 17:31:39
      • そっちこそ老け込むのが早いぜとっつぁん。とにかくそんな冷える時期にこんなとこで産めねぇだろ
        …宿手配してくるけど、いいよな? それから、そうだな、当分家政婦でも雇えよ イオ? (軽く肩を揺すってこちらを向かせた) -- COLT 2010-04-06 (火) 21:40:28
      • ん、ああ。そうだな……よきに計らえ。(熱心な様子に若干面食らったような顔をしていたが)
        ……冗談だ、気遣いに感謝しよう。コルトよ、宜しく頼む(頭を下げて) -- イオ? 2010-04-06 (火) 21:57:38
      • いいよ、もう一人の体じゃねぇんだしさ。よし行ってくら。戻ってきたら荷物持つから少し片付けとけよ
        (そう言ってテントを後にする少年。二時間ほどして階段を上らない部屋を取ってきて、引越しも手伝ったのだった) -- COLT 2010-04-06 (火) 22:14:33
  • 黄金暦153年3月 -- 2010-03-30 (火) 21:50:22
    • ごろんごろん -- イオ? 2010-03-30 (火) 21:50:49
  •   -- 2010-03-30 (火) 21:49:42
  •   -- 2010-03-30 (火) 21:49:37
  • おっぱいぱいがボインボインになる薬が振り撒かれた -- 2010-03-23 (火) 17:23:33
    • …っ!?何なんだ一体…!(もともとが結構あるのではた目にはあまり変わった印象はなかったらしい) -- イオ? 2010-03-24 (水) 00:20:24
  • なんだ、どんな同行者かと思えば『鬼』ですか(人外の類を鬼と呼ぶ人)
    まあ良いですけど、次の冒険ではそれなりによろしくお願いしますね。背中狙われても嫌ですし(人間以外の種族には警戒心を抱いている) -- 守谷もれ子 2010-03-09 (火) 20:31:08
    • 鬼、か……久しくそう呼ばれなかったが、この地でその呼び方を聞くとは…な
      弓で獲物以外を射るほど間抜けではない、精々……足を引っ張るなよ、人間よ
      (獰猛な笑み、本調子ではないが弱みを見せぬように虚勢を張る) -- イオ? 2010-03-09 (火) 20:53:55
  • あっ、今度こそダークエルフ(?)仲間発見です。・・・ダークエルフ、ですよね? -- ニナ 2010-03-09 (火) 18:14:58
    • ……ん、ああ。汝も森の民か(調子が悪いのか幾分気配の察知が遅れて) -- イオ? 2010-03-09 (火) 18:27:51
      • ええ、私も・・・そういえば森の民なんて呼ばれていた頃もありましたっけ・・・。
        あの、どうかしました?顔色がすぐれないような。 -- ニナ 2010-03-09 (火) 18:30:24
      • はぁ……うむ、我が身の恥ながら…
        (頬を染め、時折吐息を洩らしながら言葉をそのまま紡ごうと…して、ふと口を噤む)
        (こんな間抜けをそのまま話せば同属の誇りにも罅が入る)
        …昼間から熱っぽくてな、風邪という代物であろう…(適当にそれっぽい事を言った) -- イオ? 2010-03-09 (火) 18:46:15
      • (彼女は明らかに何かを言いかけて、やめた)
        (しかし、知られたくないのだ。詮索も野暮だろうと思い直し)・・・・・・本当に。いえ、風邪ですかー・・・今年の風邪はしつこいとききます。
        栄養をしっかり摂って早めに休んでくださいね? -- ニナ 2010-03-09 (火) 20:02:09
      • …うむ、そうだな……こういうものは体力が、肝心と訊く…
        (不自然に思われているようだが気を使ってくれたのだろう、特に問わずにいてくれる事を感謝しつつ)
        我の名は…イオマンテ・レラカムイ……名を伺っても構わぬ、だろうか? -- イオ? 2010-03-09 (火) 20:16:12
      • もちろん、私はメークイン家のニナと申します。イオさん、と略しても構いません・・・よね?よろしくですよ。 -- ニナ 2010-03-09 (火) 20:27:58
      • 良しなに頼む……ああ、ならば我もニナと呼ばせて貰おう -- イオ? 2010-03-09 (火) 20:35:38
  • (冒険の前の腹ごしらえにと黒衣を纏った小さな影が街を徘徊している) -- ??? 2010-03-09 (火) 12:17:06
    • (変な水を飲んだ所為で調子悪げにしている長耳がすれ違う) -- イオ? 2010-03-09 (火) 12:26:22
      • (ぴりりと不自然な長耳の姿を察知して振り向き、後を追う)
        お腹痛くして食べきれないところに出てけば…ぐえへへへデス -- ??? 2010-03-09 (火) 12:32:08
      • (長い耳が一瞬ピクリと動いた……そのまま町外れへと歩いていく) -- イオ? 2010-03-09 (火) 12:38:27
      • (どこへ行くのだろうと首を傾げつつものん気に後ろをつけていく) -- ??? 2010-03-09 (火) 12:40:23
      • (途中道端の草っぽいものをしんどそうに幾つか採取する)
        (川の傍の野営所に戻ると火をおこし、鍋に野草を投入、憂鬱そうに調理を始めた) -- イオ? 2010-03-09 (火) 12:48:02
      • むぅ…アウトドア生活…デス(予想よりも具合が悪そうなので少し心配そうに様子見) -- デスロック 2010-03-09 (火) 12:54:49
      • (汁物っぽいものに何やら煎餅状のものと干し肉っぽいもの、調味料?っぽいものを入れて出来上がるのを待っている)
        ……用があるなら、出てくるがいい。(火を見つめたまま、ふと呟いた) -- イオ? 2010-03-09 (火) 13:02:43
      • 用は無いが食欲はあるデス(木陰からこっそりと姿を表す黒衣、よくみると膝丈までの部分が湿っている)
        (そーっと串刺しにした川魚を2匹ほど火にかける)はんぶんこするデス?(彼女なりに気を使っているようだ) -- ??? 2010-03-09 (火) 13:10:23
      • ほう……(現れた小柄な人影に目を瞬かせつつ、ちらりと水の滴る足元を見る)
        ふむ、差し入れとは気が利く…丁度飯時でな、療養食ではあるが空腹なら一緒にどうだ? -- イオ? 2010-03-09 (火) 13:42:30
      • へへへどうしてもというなら一緒に食べるデス、ついてけばおこぼれ…ゲフン
        体調が悪そうだから少し心配してみただけデス(言いながら焼き魚を差し出すのだった) -- デスロック 2010-03-09 (火) 18:51:46
      • そうか、それはわざわざすまなかったな……遠慮なく頂こう、そちらも遠慮せずにな(苦笑しつつ)
        (串を受け取ると代わりに味噌風味の野草の汁物を入れた器を小刻みに震える手で手渡す) -- イオ? 2010-03-09 (火) 19:29:39
  • ラベルに美味しい水と書かれた瓶入りの液体薬が送り主不明で届いた
    ただし中に入っているのは媚薬であるらしいが届いた時点のあなたには知る由も無い
    -- 2010-03-09 (火) 10:46:14
    • ん、何じゃこれは……美味しい水?ふむ…腐ってはいないようじゃが(そのまま一口)
      これは……青酸カリ!!! -- イオ? 2010-03-09 (火) 11:18:40
  • 海送りとは違うの? -- 2010-03-05 (金) 15:35:39
    • 気付くのが遅れてすまぬな。ふむ?海送りとやらを詳しく知らんのだが……(何処からか資料が届く)
      とある村に古来から伝わる民俗行事。旧暦の大晦日に、黒装束に身を包み川に身を沈め、一年の罪やけがれを祓い清める。この後に行われる儀式は海還りと呼ばれている… -- イオ? 2010-03-05 (金) 23:19:42
      • 字面と特定地域の風習である点と時期的には近いが…やる事は違うしな、何より…
        海送りとやらは厄を祓う目的のようじゃな…熊送りは豊穣を祝う祭事、目的が違う -- イオ? 2010-03-05 (金) 23:24:33
  • 熊 -- 2010-03-05 (金) 15:32:21
  • 送 -- 2010-03-05 (金) 15:32:14
  • り -- 2010-03-05 (金) 15:32:02
  • …野宿してんの? イーオー -- COLT 2010-03-04 (木) 18:22:16
    • ん、コルトか…うむ、あまり酷い時は荒れ寺という所で軒先を借りて雨露を凌いだりもしているが(テントを建てつつ) -- イオ? 2010-03-04 (木) 18:28:22
      • エルフってあんま人間の宿で寝ないのな (手伝おうとうろうろしてる) んでさーァ、この前言ってたやつ教えてよ -- COLT 2010-03-04 (木) 18:36:26
      • 自然に近い環境が望ましいと言うのはあるが、単純にこの地における塒が見つかっていないだけだ(右往左往しているのを見て苦笑しつつ)
        この間の…というと風除けだったか?(すっとぼけた顔で) -- イオ? 2010-03-04 (木) 18:46:05
      • そんなもん避けてどーする。年に何回風に悩まされるんだよ、雨、あーめー (結局やること無かったのでテントの中覗いてる) -- COLT 2010-03-04 (木) 18:56:51
      • ふれふれー…うむ、冗談だ。最小限の荷物しか持ち歩いてないぞ?
        さて、水除けだったな……まず手っ取り早く言うと色々やり方はある
        四大においても、五行においても水の属性は存在する訳だが… -- イオ? 2010-03-04 (木) 19:27:10
      • 例えばだが、水と対立する力を身に纏えばどうなるか?
        水は流れやすい方へ、抵抗の少ない方へ自ら流れていく…避水の完成だ、そんな方法もある -- イオ? 2010-03-04 (木) 19:51:59
      • それ以外にも…そうだな、木々は水を糧に生育するだろう?
        木気の力を纏えば雨の力を変換して結果的に濡れないと言う方法も取れる -- イオ? 2010-03-04 (木) 19:59:38
      • コルトの場合は光でどうするか、だが… -- イオ? 2010-03-04 (木) 20:02:08
      • 無難なところだと見えない傘を作ると言ったトコか…まあ、力が有り余ってるようなら自分の周囲だけ晴れにする位の勢いでいくのもいいかもしれん -- イオ? 2010-03-04 (木) 20:16:57
      • (ぽけーっと聞いてる) …おお、なんだ意外とわかりやすいなイオの説明。なるほどなー 見えない傘。コレ?
        (両手をイオにかざしてフォースシールドを張った。顔や胸に板状の力が掛かる) いつもは盾にしてんだけど
        でもコレかなり意識集中して気を張ってなきゃならんのよ、気軽なまじないくらいでできない? -- COLT 2010-03-04 (木) 20:35:40
      • うむ、そうこんな感じだ…しっかりとした力場の盾、だな。雨除けとしてはしっかりし過ぎだが(かつかつと叩きつつ)
        相性のいい方法と言うのが各人あるが…創意工夫、発想次第でもっと楽な方法もあるだろう
        基本的に、制約制限を増やして術として単純化して力の配分、容量を減らす他ない
        この場合助言できるとすれば…日常の利用が目的だ、石の雨など防ぐ必要はないのだから強度はもっと抑え気味でいいだろうし
        形状を単純にすればもっと楽になるだろう
        意外と疲れるといっただろう?結局は術の開発は試行錯誤というものさ -- イオ? 2010-03-04 (木) 20:54:59
      • あー 確かにコレ割と厚みがあんだよな。てゆーか薄くなんて意識した事無いし (薄く弱くしようとしたが上手くいかず消えたり出たりするだけ)
        もっと薄く、布みたいなやわさで (両の掌を広げ、眉根を寄せてぶつぶつやってる) …すぐには出来ない。方向性はわかったわ
        でも光以外の属性の方がなーんか楽そうだなァ。イオのは? -- COLT 2010-03-04 (木) 21:11:29
      • 確かに、目に見えて形のないものだと想像しにくいというのはあるかもしれん
        私か?私のは木行の派生の応用だな…といっても分かりにくいか
        手っ取り早く言えば…風を纏って弾いているようなものだな -- イオ? 2010-03-04 (木) 21:44:46
      • 今日は…風が騒がしいな…(遠い目で)
        風かー それ雹もいける? -- COLT 2010-03-04 (木) 21:48:08
      • でも少し…この風…泣いている……
        相生の理と水車の原理で出力を補っているからな、制御は面倒だが霰くらいなら避けていくぞ -- イオ? 2010-03-04 (木) 21:57:58
      • 水車の原理…? (あの水車?と光の軌跡を引く指をぐるぐる回してみせる) -- COLT 2010-03-04 (木) 22:02:00
      • うむ、その水車だ…落下してくる水の力を旋回に変換して弾く訳だ、結果的に周りに居る者にはかなり迷惑を掛けるがな! -- イオ? 2010-03-04 (木) 22:07:58
      • つまり濡れた犬のブルブルーみたいな 何してんだお前!? そこへ行くと俺はタダの壁と同じだから…やはり天才 (全然薄くないシールド)
        そいやさーこの前さー、アールヴの魔法見たんだけど、レベルが違いすぎてまるで参考にならなかったわ
        髪の毛一本に落ち葉と小枝で俺よりでかい騎士が生まれたんだぜ? -- COLT 2010-03-04 (木) 22:16:07
      • ほう、それは何時ぞやの貴種か……ふむ(情景を想像する)
        なるほどな…それ相応の対価、危険を犯しているともいえそうだが -- イオ? 2010-03-04 (木) 22:29:05
      • どうだろ。見た感じ髪の毛一本提供してただけだったけど
        そういえばそいつに傷治してもらった事があったけど、そん時も一瞬で小さいとはいえ欠けた肉まで戻ったなァ
        アールヴってほんとにズバ抜けてんのな。じゃあー帰って練習するわ。サンキュー
        (立ち上がって去り際に) 野宿しててなんか足りないもんねえ? あったら今度持って来るけど -- COLT 2010-03-04 (木) 22:35:51
      • 髪の毛、己の一部と言うのは存外大きなものさ…特に霊的存在に近い彼等にとっては
        ん?そうだな…少々意図と違うかも知れないが、この街の噂を聞ければありがたいな -- イオ? 2010-03-04 (木) 22:44:06
      • 噂? …なんの? 男女関係のもつれ? -- COLT 2010-03-04 (木) 23:16:16
      • そうだな、コルト周りの男女関係は確かに面白そうではあるが…(からかい気味に)
        主に街の事件などだな、同族でないからか中々情報収集が出来なくてな
        或いはこんな冒険者がいたと言うような話でも構わんさ -- イオ? 2010-03-04 (木) 23:28:57
      • おもしれえぞ、野宿の野良エルフとの風使いごっことか (鼻を鳴らしてポケットに手を突っ込み) なるほどねー おっけえ。じゃーまたなァ -- COLT 2010-03-04 (木) 23:45:19
  • か -- 2010-02-28 (日) 10:34:51

    • か -- 2010-03-01 (月) 06:24:36
  • む -- 2010-02-28 (日) 10:34:45
    • り -- 2010-03-01 (月) 06:25:33
  • い -- 2010-02-28 (日) 10:34:38
    • えーい -- 2010-03-01 (月) 06:26:22
      • おぃ!
        全く、カムイを改変するとは…… -- イオ? 2010-03-01 (月) 09:25:49
      • かむってるのとかすきですよ -- 筆おろし 2010-03-03 (水) 17:54:33
      • かむってる??……然様か。で、汝は一体…? -- イオ? 2010-03-03 (水) 18:05:03
  • なんかチェックされてる気がします…視線を感じます… -- アルネス 2010-02-27 (土) 19:16:38
    • このエルフバナー嘘ですよね? -- 2010-02-27 (土) 19:19:59
      • 何故に嘘を吐かねばならぬ?
        確かに汝のその格好は…視線を釘付け、だろうなぁ……(アルネスの前垂れをぺろりとめくろうとしつつ) -- イオ? 2010-02-27 (土) 19:26:00
      • (とくに抵抗もなく前垂れはめくれる それなりのものがついていてそれなりのものを垂れ流している)
        (気にする素振りもみせず)んー…貴女もエルフさんなんですかー? この街にはどれくらいのエルフがいるんでしょうねー -- アルネス 2010-02-27 (土) 19:32:19
      • やっぱり穿いてない、というか…うん?漏れっ放し!?(屈んだまま顔を見上げる)
        ああ、森の民さ……イオマンテ・レラカムイ、だ(真面目な表情でしげしげと観察して)
        そうだな、今もこの町にいると思われる連中だけでも30は下らん筈だ… -- イオ? 2010-02-27 (土) 19:43:33
      • 僕はアルネスです…って改めて紹介はいらないかな? イオマンテさんですねー、よろしくです
        (ぺこりと頭を下げると反動でソレが揺れ、水が跳ねる 甘い香りを放つ奔流は落下途中で水の球に変わり、アルネスの周囲を漂い始める)
        …ふむー、30人もいるんですか 僕の故郷の人口より多いですねー -- アルネス 2010-02-27 (土) 19:57:04
      • アルネスか、上古の血筋(ハイエルフ)の者だったな…名前と顔が一致してないのでな、名乗ってもらえて助かるよ
        確かに上古の連中は只でさえ数が少ないからな、そういう事もあるだろう
        …(ふむ、体外に排出した水分を直接操っている訳か…等と分析しつつ) -- イオ? 2010-02-27 (土) 20:10:40
      • じょうこのちすじ…? よくわかりません…。僕自身もエルフとかハイエルフとかの区別つきませんもの
        僕はあまり自分のルーツとか考えたことないですし、その点ではこの街でいろんなエルフさんに会うのはルーツ探しにもつながるかもしれませんねー -- アルネス 2010-02-27 (土) 20:24:05
      • 上位種・古代種…統べるもの、単純に能力の優れた別種、古き時代の血統…始祖に近しいもの。色々呼び方はあるな
        区別か、確かに曖昧だが…そうだな、人と我らも変わらぬと思うか?
        (肌の色で対応を変えぬ辺りそれもありうるか…若さ故か、経験の不足か) -- イオ? 2010-02-27 (土) 20:47:30
      • あう…難しい言葉が一気に並ぶとくらくらしちゃいますー…でも少なくともハイエルフが「優れてる」とは思いませんねー
        そりゃ、人間やほかのエルフより寿命が長かったり、魔法が上手かったりするかもしれませんが…それで優位にあるとか考えたことは僕はないですよ
        人間だってエルフだって個人差がありますし、その点で区別というなら「みんな違う」というのが僕の意見ですね -- アルネス 2010-02-27 (土) 20:56:17
      • 詳細は省こう、区分の仕方…基準が色々ある、とだけ考えればいい
        そうだな、「個体差」という考え方は確かにある…(否定せず、頷き)
        だが…次の世代にも連綿と引き続くとなればそれは明らかに「別の種族」と呼べるものだ -- イオ? 2010-02-27 (土) 21:13:02
      • 確かに種族による違いってのはあります…が、それは「違い」であって「差」ではないと思うんです! みんなちがって、みんないい、ですよ!
        人間と僕たちはたしかに種族的には違うかもしれませんが、違うことはむしろ良いことだと思います 素晴らしいことだと思います!(力説)
        (イオさんの頬に手を添えつつ)イオマンテさんの褐色の肌も好きですよー、すべすべー -- アルネス 2010-02-27 (土) 21:21:14
      • 自慢の肌だ、褒められて悪い気はせぬな。(添えられた手に触れて)
        汝は興味深いな、アルネスよ……(微笑む) -- イオ? 2010-02-27 (土) 21:38:42
      • えへへ〜(照れ) お肌、大事にしてくださいね 僕もこの真っ白い肌は大事に手入れしてますよ、ハチミツ塗ったりとかね
        それでは、またきますねー 怪我したりしたらぜひ僕に癒させてくださいね! -- アルネス 2010-02-27 (土) 21:43:41
      • 分かった分かった、気をつけて帰るがいい……いずれまた見えよう -- イオ? 2010-02-27 (土) 21:46:57
  • え -- 2010-02-27 (土) 17:59:16
  • る -- 2010-02-27 (土) 17:59:05
  • ふ -- 2010-02-27 (土) 17:58:57
  • (こんこんとドアがノックされる) -- セリーヌ 2010-02-26 (金) 23:32:15
    • ……ん。なんだ?(ぬっとテントから顔を出す) -- イオ? 2010-02-27 (土) 09:42:19
      • (出てくるイオを見て、おお、スタイルがいい……じゃなくて。おお、長い耳という目)どうも、こんにちは。(軽く頭を下げる)
        いえね、このあたりの挨拶周りでもしようかなー、と思いまして。それでやってきた次第であります。あ、私セリーヌです。はじめまして。(再度頭を下げる。最初に名乗るのもいいけど、それだとビジネスライクな気がして勿体ない気がする) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 09:53:01
      • うむ、おはよう。よき一日が始まりそうな気がする朝だ(軽く手を上げる)
        それはまたご丁寧な話だな……イオマンテだ(鮮やかな髪色だなと思いながら視線を真っ直ぐに向ける)
        ところでセリーヌよ、汝は朝餉を済ませたか?(名前を知らぬまま行き来して会話を続けると言うのもいいぞ!) -- イオ? 2010-02-27 (土) 10:13:23
      • (なんだかさわやかだなあ、いいなあと思いながら)朝ごはん、ですか。そういえばまだだったような。軽くお腹になにか入れた気はするけど、後でどこかをぶらつきながら朝ごはんを食べようと思っていたから。(知らない店も多いし、その店で売っている料理もまた知らないものが多い。折角なので、食事はいつも同じものではなくて違うものを、という発想) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 11:35:00
      • そういうこともできるのか……人の世は便利だな
        ふむ、ならばこれから支度をするところだ…大したものは出せぬが良ければ食っていくといい -- イオ? 2010-02-27 (土) 11:50:46
      • (そういえば、なんでテントに住んでるんだろう。やっぱりエルフだからなんだろうか)あ、それじゃあお言葉に甘えさせていただきます。(少し悪いなあという気がしないでもないけれど、興味が幾分というか、かなり勝ってしまったため二つ返事) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 11:57:43
      • それは押しかけ先を見つける為だったのだよと言う裏話
        うむ、遠慮は要らぬ…そういえばセリーヌよ、汝も冒険者なのか?(話しかけながら火をおこし、湯を沸かし始める) -- イオ? 2010-02-27 (土) 12:11:44
      • そうですよ、冒険者です。いやはや、この街は冒険者が集まるところだからと聞いていましたけど、まさか石を適当に投げれば当たるぐらい住んでいるとは思いませんでした。(本当に投げたりしませんけどね。当たり前のことを付け加える)
        私もということはやはりイオさんも冒険者ですか。 -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 12:15:26
      • ハハッ、確かに人の多さに酔いそうなくらいであるな(冗談めかした言葉に笑いつつ)
        ああ、我もこの地での生業は冒険者……探索を主とした、な(何だか野草?っぽいものとテントから取り出した肉?っぽいものを炒め始める) -- イオ? 2010-02-27 (土) 12:23:20
      • 探索ですか……私は討伐です。冒険者になった理由はなにかって聞くから、「なんとなくです!」って答えたら何故か「そうか……」と気の毒そうに目を逸らされたんですよ。そうしたら何故か討伐しか選べなくなっていて。(探索、いいなぁ。血生臭いのは好きじゃないから、見つけるために冒険するというのは憧れるなぁ、と思いに耽る。料理の様子を見つめるともうなにができるのかまったくわからない。何肉? という疑問が頭に過ぎった) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 12:29:46
      • 何と無く、か……思いの他危うい仕事と聞くが気にならなかったのか?
        我はこの地へと逃れた者を探しに東の果てからやってきたからな……丁度いい理由じゃ
        フフフ、気になるか?客人用にと取って置きを出したからな…精がつくぞ(何やら更にテントから黒っぽい液体を取り出して炒め物にびしゃ!芳ばしい香りが漂ってくる) -- イオ? 2010-02-27 (土) 12:43:48
      • そうですね、あまり気になりませんでしたよ。ただ、こういう生活もいいなと思いまして。(実際よかった、という感じに明るく言う。ただやはり大変なこともないではなかった、ような、気が。口の中で呟く)
        逃れた者ですか。この街にはなにやら事情のありそうな人も多く集まりますものね。(しかしやはり多く集まりすぎていて、その中から見つけるのは骨が折れるだろうなと思いつつ)
        そ、そう、です、か?(精がつく? そしてその調味料らしきものは一体?)……あ、おいしそう。(しかし、匂いを嗅いだら余計なことは気にならなくなりました) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 12:53:14
      • 幸い寿命は長いからな……気長に探すとするさ
        まあ、この位じゃな……ほれ、食べるとしよう(薬草茶に煎餅状の謎の物体、大きな葉を皿にして熊肉の香草炒め醤油風味が振舞われる) -- イオ? 2010-02-27 (土) 13:22:56
      • あはは、そういえばそうですもんね。(そういえば若く見えるけど何歳なんだろう。読めない)
        おお……(薬草茶はなんとなく解るが、こちらはどんな料理なのだろうか。何より焼けた香ばしい匂いにそそられる)それじゃあ、いただきます。(手を合わせて。まず薬草茶を一口飲んで口を潤す。そしてよくわからない肉らしきなにかを半分おそるおそる一口食べてみる) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 13:32:18
      • (しっかりとした歯応えに濃厚な肉の味、醤油の芳ばしい風味が、香草の爽やかな香りが口の中に広がり…云々)
        本当は味噌の方がいいのだがな…うむ(煎餅っぽいものの上に載せて一緒に齧っている) -- イオ? 2010-02-27 (土) 14:33:22
      • (何肉だろう、歯ごたえが確かでしっかりしてる。獣肉っぽいけど、香草がうまくそれを打ち消してその上に醤油の香りが乗る形になるな、端的にいうと)おいしい。
        本当は、というと、ジャパニーオMISOを使うとまた違った味わいになるということですか。聞いたことあるんですけど、食べたことないんですよね、味噌味のものは。(真似をして煎餅状のなにやらに乗せて肉を齧ってみる。パンみたいなものかな、私の感覚で言うと) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 15:11:39
      • そうかそうか、それは何よりだ(満足げに頷く)
        うむ、味噌はいいぞ…東方では味噌醤油味の素といって基本的な味付けはこの二つだ
        本当は煮込んだり鍋などにするといいのだがな(今度味わってみるといいと言いつつ)
        (煎餅状の物体は澱粉を固めて保存用に作ったもののようだ、食感に変化が生まれる) -- イオ? 2010-02-27 (土) 15:31:33
      • ああ、そうだ。(食べながら、なにかを思い出した顔。すこーし、引っかかっていたが今つかえがとれた)あの黒い調味料、あれ、醤油ですよね。今言われて思い出しました。(喉まで出掛かっていたものが出てきて気持ちいい。そうなるとこの肉も味わいが違ってくるというもの、煎餅の食感と混じって深い食感になったそれを味わってみる)
        (つまり、基本的な味わいの一つはここで経験したというわけかな)機会があったら、そういうのも食べてみたいものです。
        そういえば、イオさんは東方の生まれなのですか? なんだか詳しい気がしますけど。 -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 15:42:54
      • 何故だかこの辺りでも取り扱っていると聴いた覚えがある、試すのも良かろう
        ん。ああ、私の故郷は東の果ての方だな……セリーヌはこの辺りの生まれなのか?
        (何故だか虚空を見るような遠い目をしながら) -- イオ? 2010-02-27 (土) 16:24:04
      • (とても遠い目をしながら)いいえ、心配ありませんわ。(死んだ魚の目でとりあえずそれだけ言う)
        (ぱっと顔が明るくなる)この町は沢山の人が住んでいますものね、東方出身らしき人も良く見かけますし、そういう人が経営しているんでしょうね。(それだったら、MISO料理を食べるのも案外遠くないことかも。こうやって一つの国の文化とってもここは面白い)
        いいえ、私は西方諸国の少し南寄りにある国ですね。アゥロールといいます。確か東方にある国と同じで、夏に湿気るんですよ。水にはあまり困らなくていいんですけど。(食べる手を休めずに話しつつ、味わいつつ。そういえばそろそろ夏だなと他愛もないことに思考を向ける) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 16:35:30
      • 然様か……強く生きねばな(遠い目で頷く)
        ほう、西方の……この辺りも割りと夏はカラッとしないと聞いているが
        となるとお互い東と西か、この地でなければ出会うこともなかったかも知れんな……(ふむふむと頷き) -- イオ? 2010-02-27 (土) 17:14:05
      • きっと北からの人や、南から来た人も居るんでしょうね。なんだかここが中心、っていう感じがします。(まだ来て日も浅いんですけど、それでも。やっぱりこの街は楽しいなと再認識。だから出オチなどでめげてはいけない)
        いや、本当にここで出会えてよかったですよ。ご飯もご馳走になれましたし……(控えめにはにかみつつ、薬草茶を飲んでいる)
        いやはや、ごちそうさまでした。突然来たというのにこんなお持て成しを。(ありがとうございます、と頭を下げる)
        それじゃあまた会いましょう。では、イオさん!(ばさりと翼を広げる。心なしかぴんと張って元気が篭っていそうなその翼を地面に打って、空へと羽ばたいていった) -- セリーヌ 2010-02-27 (土) 17:29:56
      • 何れまた会おう!(あれ、羽!?と驚いた目をして見送る) -- イオ? 2010-02-27 (土) 17:34:17
  • >ドンドン追加されるエルフリストに吹く
    >ちょっとがんばりすぎてて引く
    ……くッ!!(奥歯を噛み締め) -- イオ? 2010-02-26 (金) 12:14:29
    • まあいい。古い文献やら情報のお陰でかなりの情報が収集出来たが…
      さて、どう分類したものか -- イオ? 2010-02-26 (金) 14:49:44
      • ようした、次は毎月の生存確認だ -- 2010-02-26 (金) 14:56:43
      • 無茶を言ってくれるなぁ!?
        種族で分けるかと思っていたが…一先ず引退と死亡を仕分けねばならなそうだな -- イオ? 2010-02-26 (金) 15:03:59
      • 木下さんもイケメン過ぎて自分が実はイケメンエルフとかじゃないのか?って気がしてきたゼ -- 木下 2010-02-26 (金) 15:33:33
      • 引退・死亡の区分は公式じゃなくて名簿表記なのね、古くて止まってる名簿も多いから仕方ないか -- 2010-02-26 (金) 15:46:56
      • 本気でそう思っているのなら酒場で叫んでくるがいい。えるふ?の区分に加えてやらんでもないぞ
        ん。いや、単純に冒険中で確認できなかったから表記を信じ込んでいたのだが… -- イオ? 2010-02-26 (金) 16:19:10
      • エルフらしい行動ってコレかよ!とズラリと並ぶリストを見上げ思うオレであった -- COLT 2010-02-26 (金) 16:42:04
      • 違う!全然違う!この一覧から森の民らしさを抽出するつもりなのだよ!! -- イオ? 2010-02-26 (金) 16:44:37
  • テーマソングが届けられた -- 2010-02-25 (木) 18:55:36
    • これは……直球だな!中々にいい声でもある…… -- イオ? 2010-02-25 (木) 19:15:00
  • ヒソヒソ(新人に全身甲冑エルフとショタエルフがいましたぜ旦那。) -- チュルパン 2010-02-25 (木) 18:15:05
    • お、もう見つけてる・・・。 -- チュルパン 2010-02-25 (木) 18:15:37
      • ……うむ。早速来たか!(メモを取りつつ)
        さすが冒険者の町、情報が早いな……助力に感謝しよう、恩に着る
        私はイオマンテという……汝の名を伺えるか? -- イオ? 2010-02-25 (木) 18:23:16
      • チュルパン=ヨシュカル=デルソル(27・女)っす。
        在住エルフ情報はアーディン先生のとこに聞きに行ったらはやいかも。 -- チュルパン 2010-02-25 (木) 18:39:26
      • デルソルに連なりしヨシュカルの子、チュルパン…か。しかと覚えておこう。
        アーディン、という者が情報に聡いのか… -- イオ? 2010-02-25 (木) 18:49:06
    • ヒソヒソ(何を隠そうオレの師匠がエルフだし。あとスゲー耳が長い王族のエルフがいるぞ) -- COLT 2010-02-25 (木) 18:26:23
      • ほう、今もこの地にいるのか?……貴重な情報だな。しかも、王族…古代種の末裔、か -- イオ? 2010-02-25 (木) 18:46:20
      • 居るも何も一緒に住んでら。でもずっと人間の世界で暮らしてたから全然エルフっぽくねーぞ -- COLT 2010-02-25 (木) 19:59:47
      • 左様か。ふむ。正直な話、どういうのが森の民らしいのであろうな…… -- イオ? 2010-02-25 (木) 20:04:09
      • なんだアンタもはぐれエルフの口か? エルフらしいエルフっつったらジナだろなァ。ほらその王族のエルフ。特徴:偉そう -- COLT 2010-02-25 (木) 20:30:55
      • いや、逆じゃな……私は普通の森の民過ぎて汝らの言うエルフらしさが分かりかねるのだ
        古代種の貴種ともなれば典型ではあろうな、不変の代名詞だ -- イオ? 2010-02-25 (木) 20:35:59
      • 黒いじゃんアンタ。オレエルフって白いもんだと思ってた。そーさなァエルフらしいエルフらしい…(指折り数えだす)
        薄着で 耳が長くて 長生きで 下品じゃなくて ブスやデブがいなくて…肉はあんま食べ無そう -- COLT 2010-02-25 (木) 20:45:03
      • 森の民にも幾つかの血統があるのだ、我らは場合によっては妖魔や単に森の妖と呼ばれるがな…
        軽装(うむ)、耳長(うむ)、長寿(うむ)、上品?(首傾げ)、外見(ばん!ぎゅ!どん!)、肉は貴重!……なんだ、ほぼ問題ないではないか -- イオ? 2010-02-25 (木) 20:55:09
      • そりゃアンタどう見てもエルフだよ。エルフらしさなんて耳が尖ってれば充分なんじゃね。見たままそのまま
        てか今思い出した、エルフ100%を自負するようなエルフに聞きたかったんだけど。エルフって金気嫌う? 特にその古代?のとか -- COLT 2010-02-25 (木) 21:02:47
      • うむ?色々情報も貰ったし、答えられることなら任せるがいい…
        ほう、汝は五行に詳しいのか…その血統にもよるが確かに多くの場合我らは木を祖霊と崇める故に通常断ち伐る金物を嫌うのは事実だ
        特に古老や古い思想の者は不浄とすら言う場合があるな。
        我らは人に比べて精霊に近しい種でもある、とりわけ古代種ともなればその傾向は強い…苦手とする事も間々あろう
        精霊銀…この辺りだとミスリルやらハルモニウムといったか…贈るならああいう物の方が良かろうな
        金気に属するとはいえ霊的な物質、気が乗せやすい物質 -- イオ? 2010-02-25 (木) 21:24:11
      • …じゃからな(息が途切れたが長々と語り、それっぽい事を述べた) -- イオ? 2010-02-25 (木) 21:25:47
      • (ゴギョーは知らないけどなんとか説明には着いて行ってた)…おお、すげえ。アンタまごう事無きエルフだよ!(思わずぎゅっと両手を握って)
        そうかァまずったなァ…寄りつかねぇなんて冗談じゃない。ミスリル、ハルモニウム(メモった)
        えーとさそれは、思想上で嫌ってんの? それとも生理的に、体調とかに不快感を及ばせるものなんかな? -- COLT 2010-02-25 (木) 22:07:17
      • う、うむ?!(突然の行動に若干驚きつつ)
        そうじゃな…大概の森の民は思想によるといって差し支えなかろう、我の血族など使えるものは使うと鏃等で鋼も使うしな。
        古代種に関しては…個体差が激しい、じゃがそれ程気に病む必要もなかろう。 -- イオ? 2010-02-25 (木) 22:22:23
      • その王族のエルフにさァ、この前すっげえ嫌な顔されてすぐ帰られたんだ…オレん家、てかオレの家じゃねーけど
        義肢の工房でもあんだよね はあ… 師匠が嬉々としてンな事やってんのもエルフの思想が無いからか。合点がいった
        ミスリルとかハルモニウムって高い? あ、あとエルフって動物の毛皮はどうだ? -- COLT 2010-02-25 (木) 22:27:32
      • 真銀も精霊銀もそれなりに値は張ろうが、この街でも手には入るとは思うぞ…
        何処だかの魔導王国ではそれなりに流通しておるようだしな。案外その同居人も取り扱ってるのではないか?
        獣皮は扱いは難しいと思うぞ、仮に氏族の聖獣などだったりしたら…怒りを買うこともあり得る
        何れにせよ基本的に我らは獣を狩るときは最小限にしか狩らぬ、無闇矢鱈に狩るという行為に嫌悪を示すものも多い…そして狩れば余す事無く敬意を持って使うのだ -- イオ? 2010-02-25 (木) 23:14:11
      • そんなに注意して見てなかった…聞いてみるわ
        聖獣ねー…(はぐれと言ってたので大丈夫だと思うが、一応心に留めておいた)ちゃんと使えばいいのね? オッケーオッケー
        普通のエルフの知り合いって初めてだから助かるわ、オレが知ってんの王族だのはぐれだのばっかでさァ。あ、オレ コルト -- COLT 2010-02-25 (木) 23:40:22
      • と言っても私は東の果ての生まれ育ち、地域によって流儀はやはり違ってくるからな…
        うむ、本人に聞くのが一番だろう。森で採りにくいもの、例えば菓子など喜ばれる事もあるしな。
        コルトか、私はイオマンテだ…主流派でないから普通と言い切っていいのか判らないが(そういって苦笑した) -- イオ? 2010-02-25 (木) 23:58:09
      • (菓子なんて作った事ないな…買ってもつまんないし、うーむ)いや、どうやら決まったぞ。サンキューイオ! またなー -- COLT 2010-02-26 (金) 00:07:25
      • ああ。参考になったのなら何よりだ。いずれまた、な…… -- イオ? 2010-02-26 (金) 21:24:34
  • 偽者扱いは心外だが……どうすれば認識を改めさせれるか… -- イオ? 2010-02-25 (木) 17:28:13
    • (差し出されるしまむらの服) -- 2010-02-25 (木) 18:13:50
      • エルフらしいエルフを見習うのが一番早……ん?
        これは……むむむ(手渡されて困り果てた顔で見る) -- イオ? 2010-02-25 (木) 18:18:45
      • なにかエルフらしい事をしてやって見せてはどうでしょう。生魚を食べるとか -- 2010-02-25 (木) 19:17:14
      • それは何だか誤解な気がするのだが……らしい事をするというのは確かに必要かも知れんな -- イオ? 2010-02-25 (木) 19:35:08
  • なめとこやまックス! -- 2010-02-23 (火) 12:02:46
    • なめとこ山の熊、か…何だか無性にせつなくなるな…… -- イオ? 2010-02-23 (火) 12:14:18
  • バスケチームックス! -- 2010-02-21 (日) 14:31:14
    • ばすけちーむ?知らなんだが……
      レラカムイは汝等の言葉で……「風神」と言った所だな -- イオ? 2010-02-21 (日) 14:41:27
  • そもそも熊送りって何ックス!!? -- 2010-02-21 (日) 14:19:12
    • 知らぬのも無理は無い、部族の儀礼の一つでな。
      熊に宿ったカムイ、魂というと分かりやすいか…を神々の世界に送り帰す豊穣を祈る祭りだ -- イオ? 2010-02-21 (日) 14:29:21
  • 熊送りックス! -- 2010-02-21 (日) 14:02:20
    • 熊送りも子作りも大事な儀礼、だが…一緒くたにするのはいただけんな -- イオ? 2010-02-21 (日) 14:07:29

Edit


Last-modified: 2010-10-03 Sun 13:52:50 JST (4255d)