名簿/408919

  • ……気付けばこの店にも誰も居なくなっちまったんだな
    ……地獄にゃ来てない。来るはずがないんだ。あの子は天国で幸せにならなくちゃいけないんだ…
    だが…ちょいと早すぎやしないか?………やり切れないね、どうも
    どこかで生きてるっつーんなら…生きてて欲しいんだがね… -- ギルデ 2010-08-26 (木) 23:27:53
  • ごめんください、来月ご同行ということで挨拶に参りました阿院と申します
    ……やはりご自身も関係してくるようなことについては占えなかったりするんでしょうか -- 阿院 2010-07-19 (月) 00:33:06
  • ここが炊事班班長の家か……! -- マオウ 2010-07-13 (火) 08:28:20
  • 営業中か?(窓からのぞき込みながら) -- ゴットフリート 2010-07-11 (日) 23:01:59
  •  
  • 心機一転、です。 今日の冒険が終わったらがんばりましょう。
  • …今、やってるかい?ちょいと占ってもらいたいことがあるんだがね(ある日の夕暮れ。ローブを目深に被った男が店を訪ねてきた) -- ???? 2010-07-16 (金) 23:56:04
    • (冬の夕暮れ、もうすぐ日は完全に落ち込む頃に )……こんばんは。 今日はそろそろ看板を下げようかと思っていたのですが……
      これもまた、あるいは思し召し。 ようこそ、占いの店「ログロジック」へ、本日最後のお客様。(この地に店を構えてそれなりの時が経つ。そんな使い込まれた色が少し出てきた客椅子へ、どうぞと促した) -- アプレシア 2010-07-17 (土) 00:04:21
      • …いい店だね。占い屋ってのはこうじゃなきゃな(男は感慨深げに店内を見回している。初めて訪れた筈の店に、どこか懐かしげな声色を漂わせて)
        …ここの占いは当たる、って聞いてね。是非とも、占って欲しいのさ。俺の人生の成果をね(椅子に腰掛け、男はため息混じりに言った。男の心中は深い闇と僅かな光が混ざり合い、読み取ることは難しいだろう) -- ???? 2010-07-17 (土) 00:08:35
      • お陰様で……(まぁ、努力もしてきたし、今の評判にはそこそこの自負もある。 しかし、彼女の元に人を寄せた原動力は他にもあった)
        成果。 (少しきょとんとした顔で、顔の見えぬ男を見つめて)………失礼、驚きました。店仕舞の前には、どこか数奇なお客様が現れる事が多いのですが……未来ではなく、今ある結実にこそ目を向けるお客様は極々稀でして。
        きっと良い…、いえ、良いか悪いかは存じませんが……何らかの節目を迎えられたのだと見受けします。
        (……まるで靄の掛かったような……言葉に、できない……、こんなにも苛まれた心があるなんて……) 承知しました、では……、あなたの事を簡単に教えていただけますか? -- アプレシア 2010-07-17 (土) 00:20:32
      • はは、ま…境遇がちょいと特殊でね。…節目。まぁ確かにそうだね。今まで我武者羅に生きてきて…やっと休暇を取れたのさ
        今までやってきた事の成果…誰も教えてくれないもんでね。どうなってんのか教えて欲しいと思ったわけだ(一言一言に、何か思う所があるのか。噛み締めるようにゆっくりと男は語る)
        自分のことか…。そうだね、今度は正直に話そうか(そう言って、男は目深にかぶっていたフードを脱いだ。そこにあるのは嘗てこの街に居た男の顔だ)
        …久しぶりだね、アプレシアちゃん(以前と変わらぬ声色で、少しだけ気まずそうに。男は笑顔を作った) -- ギルデ 2010-07-17 (土) 00:27:44
      • ……!(その顔を見て口元を手でおさえ目を見開く。 それでも、叫び掛けたい言葉を彼女はぐっと噛み殺した)
        ……お待ちしておりました。 (その力故、彼女は希望的な観測というものをあまり持たない。 彼が今ここにいるのは、たぶん、そういうことなのだと。ならば……)
        ふふ……、足元すらおぼつかず後ろを振り返らば闇。 いい加減にしてきたツケですよ?……なんて。
        お聞きしましょう、ただ、その前にギルデさん。   ――私は、あなたをどのように呼べばよろしいですか? -- アプレシア 2010-07-17 (土) 00:43:46
      • はは、まさにその通りだね。フラフラと歩いてきた結果がこのザマだ(自虐的に笑い、肩をすくめてみせる)
        …そうさね。今度は正直に話す、って言ったしね。……グレディ。グレディ・フェルセッド…。それが俺の名前だ(男は今までの過去を、咎を。全てを背負い、名を告げる…しかし)
        ただ…この街では。アプレシアちゃんの前では…俺はギルデでありたい。だから…いつも通り、ギルデでいい(男は、この街での全ての思い出を噛み締めるように、そう言った) -- ギルデ 2010-07-17 (土) 01:10:15
      • 承知、致しました……ギルデさん。(前髪をかき上げて眼帯を外す。眼窩の奥で脈動する赤い燐光)
        (どうせ死に逝く男だから、というわけではなく。そういう形で誠意とした)始めてください。 -- アプレシア 2010-07-17 (土) 01:25:39
      • …俺の償いは、終わったのか。俺はこの街に何を残せたのか…それが知りたいんだ。本来の占いの目的とは違うかもしれない…
        それでも、俺は占いという形で答えが欲しい(そこまで言って、顔を上げる。男はアプレシアの瞳を覗き込むように。今までにない真剣な口調で語り始める)
        俺は…二つの大罪を償いたかった。一つは…任務と称して。それが正しいことなのだと自分を騙して…幾千の人を見殺しにしてきた
        (男の心に今までの暗い過去が蘇る。自分を偽り潜入した街を、任務と称して…自国が攻めこむ理由を作り、街を消してきた過去)
        もう一つは…自分に救いを求めて手を伸ばしていた女を助けてやれなかったこと。自分の弱さ故に、だ
        (続いて心に浮かぶのは。嘗て自分を好いてくれていた少女のこと。無邪気な好意の裏側に悲痛な叫びを隠していた少女を…見殺しにした過去) -- ギルデ 2010-07-17 (土) 01:30:27
      • (日が落ち切ったのも大分前……長い長い時間、男の懺悔を聴き続けるその眼は真剣そのもので)
        (断片的には知っていた。彼の心にはいつもどこか陰りがあった。四六時中おどける彼の姿は時折、どこか痛々しくて)
        (そっと手を伸ばし、頬に触れる)……私には、その罪を赦す力も、権利もありません。 それが出来るのはギルデさんただ一人で……償えていない、そう思うのであればそうなのでしょう。
        なればこそ、もう一つだけお聞きします。 ……この3年間、如何でしたか。 -- アプレシア 2010-07-17 (土) 02:06:12
      • あぁ、そうだな。償いは終わっちゃいない。俺は…何一つ償えちゃいないんだ(頭を抱え、全てを吐き出しきった男は、小さくため息をついた)
        ………この3年間。楽しかったよ。本当に…夢のような時間だった。任務ということを忘れてまで笑っていた時すらあった
        楽しくなきゃ…任務を捨てて、この街を守ろうなんて思うわけがない。皆、みんなイイヤツばかりだ。こんな男に…いつだって笑顔を向けてくれていた
        それが嬉しくて、楽しくて…本当はもっともっとこの街で、笑っていたかった…死にたくなんか無かった…!
        俺は、俺は……っ!!(核心を突く問いに、男は感情を抑えきれなかった。溢れ出る涙に気づかぬほどに男は心をぶつけ、叫ぶ)
        本当に、楽しかったんだ…こんな男が、許される幸せじゃないと分かっていても…俺は、この街に居たかったんだ… -- ギルデ 2010-07-17 (土) 02:16:49
      • (泣き崩れ激昂する男の顔を、そっと抱き締め)……今までのお返しに、はっきりいいますね。 償いなんて知りませんよ、そんなの私にはどうしようもありません。うそばっかり言われる身にもなってください。
        …………でも、良かった。 あなたの笑顔は、嘘じゃなかった。 楽しい心は、本当だった……、この街を心から愛してくれていた……
        で、あるならば。 振り返った先は今はもう闇ではないはず……この街で出会った人、過ごした時間全て、余りに悲痛な道程の……まるで街灯のように照らして。
        (闇は晴れる事なく、ただ一筋だけが光る。その心は今も変わらないし彼女に変える事は出来ない。 しかして……その光は十分に縋るべき標であると、そう確信して)
        きっと、沢山の人が悲しみます。ある者は花を手向け、ある者は夜空にあなたを弔い、ある者は一人の男を救えなかった過去として苛まれるかもしれません。 それをあなたは、ともすれば辛いと思うかもしれません。 ですが、背負ってください。正直に、誠実に。
        それが……ギルデさんの成果です。 多くの人に、悼まれ、尊まれ……、こんなにも多くの物を残して…… -- アプレシア 2010-07-17 (土) 02:44:29
      • あぁ、そうだ…皆、俺の家に…来てくれて。あれが、俺のこの街での…生きた証しなんだな
        この証は…無下になんて出来ない。出来る、わけが無い…。背負って、みせるさ。この街で出会った全ての人のために…俺は…
        (抱きとめられ、振りかかる暖かな言葉に、男はもう一度涙を流した。見えざる何かを離すまいとするかのように拳を握り締めて)
        ……狂ったこれまでの人生も。この街での時間も。全て…俺の背中に背負ってやる
        (抱きしめられた顔をゆっくりと上げて。泣きはらした瞳で少女を、己を見つめて、男は言った)
        ありがとう、アプレシアちゃん。今なら胸を張って言える…過去も、この街での時間も。全て引っ括めて…俺の人生だったんだな
        償い、だなんて逃げてても何も変わりゃしない…罪は罪だ。それでも、俺はこの街で幸せに生きたんだ。何も悪いことなんか無い…それが、俺の人生だったんだな
        (全てを吐き出し、過去を受け入れた男の顔に迷いは無い。あるのはただ、闇の中で光明を掴み取った…希望に満ちた顔) -- ギルデ 2010-07-17 (土) 03:02:39
      • (男の顔を見て、してあげられる事は出来たと胸を撫で下ろして、でもそれは……きっと残りの時間が少ない事も示していて)
        ギルデさんの罪。グレディ・フェルセッド。 その名前、その過去。 私が覚えていてあげます。 だから……
        (思い残しが沢山ある事は知ってる。 でもそれはどうにもしてあげられない。 心の中で何度もごめんなさい、ごめんなさいと呟きながらそれでも)
        (せめて……幸せも、罪さえも、全部ここに残るから。 だから安心してくれと……)ご満足、頂けましたでしょうか……、 宜しければ、御代の方を…… -- アプレシア 2010-07-17 (土) 03:29:45
      • …あぁ、頼むよ。こんな男がいたことを。満足して、希望に満ちて死んだことを…覚えておいてくれ(静かに、そう言って。男はいつものように頬を緩ませて。子供のような笑顔を作った)
        あぁ、大満足だよ。やっぱり…アプレシアちゃんの占いは頼りになる。…お代、か。生憎と今持ち合わせが無くてね
        お代の代わりになるかは分かんないが…これで勘弁してくれるかい?
        (男が見せる何時もの仕草。困ったように頭を掻いて。少女の手を取り、その暖かな肌に軽く口づけた)
        ありがとう、アプレシアちゃん。この街に来て最初にしてもらった占いは…大当たりだよ。「正直に、誠実に生きればいいことがある」。その通りだ
        最後の最後に正直になったら、こんなに幸せな気分になれたんだ。…ホントに、感謝してる
        (男はそう言って、先程少女がしてくれたように優しく肩を抱き寄せた。そして言葉を紡ぐ。透けた身体で、最後の言葉を)
        ………最後にキミにあえて本当によかった。…愛してるぜ、アプレシアちゃん
        (いつものようにおどけた口調で、いつもと同じセリフを紡いで。男は蜃気楼のように揺らめいて、泡沫の夢と消えた) -- ギルデ 2010-07-17 (土) 03:42:17
      • (手の甲に走る唇の感触は、絶望的なまでに冷たくて)
        (だめだ、堪えろ)ふふ……ダメに決まっているじゃないですか。(泣くな、笑ってやりすごせ、送り出してみせろ)
        これ、ツケにしておきますからね……(それでも、その声は少し震えて)死ぬまでにはカップルで来るっていう約束も破られちゃいましたし……
        お褒めに預かり光栄ですよ。 全く、調子のいいことばかり……そうだ、ねえ、ギルデさ……(男の姿は、もうそこにはなくて)
        …………ふぅ。 (溜息と共に背をもたれ眼帯を戻す。店の中を包む静寂、時計の音、ランプの火の揺れる音、脊を預け、軋む椅子の音、じっと天井を見る彼女に他の音は何も聞こえない)
        ………っ、……っっ、う、ぁ……(暫くの間を置いて、彼女は泣いた。 泣き続けた。 時が来れば否応なく次の朝は来るけれど、今はただ。) -- アプレシア 2010-07-17 (土) 04:04:34
  • 皆にオッサンタが今年も愛を届けにやってきたぞ!有無をいわさず押し付けるので受け取ってくれ!
    今年のプレゼントはコレだっ!(スイーツを象ったストラップの詰め合わせが届けられた) -- ギルデ 2010-07-13 (火) 18:08:37
  • そう言えば存在は知っとったが……知っとるだけやったなあ。この辺りが、あった、ログロジック……。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 20:44:03
    • 今日は客入りが良くないな……、雨降りそうだからかしら。 んー……(ぐっと背伸びをしていると、扉の外で人の気配)
      おっと、お客様かな…… -- アプレシア 2010-07-09 (金) 21:05:54
      • (とんとん、と扉を叩く音。それから、小さく開いて)お邪魔しまーす……今、やっとるかな?(奥に人の姿を見かければ、軽く首をかしげた) -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 21:08:27
      • (薄暗い店内に、ぽっとランプの明かりが灯る)……ようこそ、ここは占いの店ログロジック……
        (あら、見たことのある顔……、商会の方だってユーリィさんから聞いたっけ) -- アプレシア 2010-07-09 (金) 21:21:34
      • (こちらもなんとなく、というよりは、商店リストでも知っているだけあってか、知った感じはあるらしい)
        (迎えられれば、店の扉を占めた。明かりのついた店の中を、アプレシアの近くまで)えーっと、こんにちは。はじめまして、やったかな? どうやったか。違ったら、すまへんけど……。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 21:27:45
      • (人差し指を顎にあてて少し考え)ふむ……これはこれは、お互いにどうやら袖の触れ合った位の縁がありそうですね。
        初めまして。アプレシア・リバーベッドと申します、ヘイリェンさん。 お話は何度か伺わせて戴きましたわ、商会を率いている方なのだとか。 -- アプレシア 2010-07-09 (金) 21:39:03
      • なるほど、それくらいか……少なくともそっちがうちをご存知なくらいには、ってことみたいやね。
        はじめましてアプレシアはん。超 黒蓮です。知っとる通り、今は商会復興の発起人っちゅうことで……やっぱりそういう立場になるんかなあ……
        今日は、やっぱりその商会の話でこさせてもろたんやけどね。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 21:42:44
      • ええ、一応お店を構えてますから。 色々とツテもありまして……宜しくお願いしますね。 
        ふふ、何かにつけ先頭に立つ方は尊敬します。 ふむ、お客様で無いのは残念ですが……丁度暇を持て余しておりました。 お話、伺わせて戴きましょうか。 -- アプレシア 2010-07-09 (金) 21:55:00
      • んふふ、折角やからお客さんになってみるのも悪くないかもな……ほんじゃ、おはなしといこか。
        御存知の通り、うちは商会の発起人として引っ張っとるような立場にあるわけやけど……商店リストにのっとるところを勧誘して回っても居るんよな。
        ちゅうわけで、今日は勧誘や。どやろ、商会員になってみるき、あらへん?・ -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 22:00:09
      • ええ、宜しければ後ほど。  商会……、なるほど。 興味が無いといえばそれは嘘です。
        組に属する事でお互いを助く……、素敵だと思いますし当方としましても思い当たる利点がいくつか、がしかし…………
        逆に、私が貢献出来る事は何かなと、そう思うと首を捻ってしまいまして。 小心なものですから。 -- アプレシア 2010-07-09 (金) 22:10:38
      • 商会に加盟することで、アプレシアはんが貢献できること、か。んーむ、基本的には寄り合いやからなあ……
        占いのー、なんてのも、占いのノウハウをうちが知らんから迂闊にいうわけにも行かへんけど……なにはともあれまずは属してみるんも悪く無いやろ。
        商会員でおるっちゅうだけで、それなりに恩恵を与え合う体勢はできとるしね。他の店を宣伝してみたり、とか。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 22:21:02
      • ふむ、なるほど。(ぽんと手を合わせ)そういう考えは悪くないですね。きっと、属して初めて見える事もあるでしょう。
        今日明日、というわけにはいきませんが……、前向きに答えを出そうと思いますわ。 -- アプレシア 2010-07-09 (金) 22:36:48
      • そらありがたいこっちゃね。時々は、商売のことで占って欲しくなったりもするやろうし、相談役としてもええと思う。
        んふふ、色よい返事をいただけること、期待しとるわ。
        ほな、それじゃあうちのことを、ちっと占ってもらってもええやろか。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 22:39:29
      • ええ、是非に。 占いとは古来より……未来の指針を決める為の先達の歩みの集積、という側面を持ちます。
        お力になれる事があるかもしれませんね。    ふふふ、その言葉をお待ちしておりました。 そうですね、何を占いましょう、やはり商売繁盛で? -- アプレシア 2010-07-09 (金) 22:59:10
      • うふふ、お願いするわ。そやなあ、なっぱり、その辺りになるやろな。今のところ、一番重視しとるのはそれやからねえ。
        ちゅうわけで、商売について占ってもらおかな。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 23:01:24
      • 承知に……、初対面の方ですと些か漠然とした物になると思いますが…、ご容赦くださいね。(水晶球に手を翳すと、ぼうと淡く光り)
        では……ヘイリェンさん。 あなたの事を簡単に教えてくださいな。 -- アプレシア 2010-07-09 (金) 23:03:42
      • ほいな、了解した。まあ何度かやってもらったほうが精度はええわけか……
        ええと、うちのことやね……うちは超 黒蓮。この街生まれのこの町育ち! 中華料理屋 兼 発明工房「水蓮の谷間」経営者にして冒険者、ゴルロア学園M科生徒にしてゴルロア商会復興発起人や。
        歳は18。性別女。黒髪メガネ……んー、このくらいやろか。 -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 23:06:31
      • ええ、知る事が増えれば増える程。 占いはオカルトではなくサイエンスと言われる事もありますから。
        (さて、どうしたものかな……(じっと顔を伺い、心の表層に耳を傾ける) (商売人としては裏表があんまり無いな、口にしたことをそのまま参考にすれば……しかし、なんでもやってるんだなぁ)
        …………なる、ほど。(慣れた手つきでタロットを捌いていき、中央に3枚を示す。 裏側のそれを1枚ずつ開く)
        (そろそろ、とりあえずの結果が出そうだ) -- アプレシア 2010-07-09 (金) 23:24:12
      • ほお、サイエンス。それならうちともだいぶ近しいものがあるなあ……(じい、と、捌く手に注視を。それも止まれば、めくったカードに注目する。
        年頃の頃に幸いったものに興味を持たなかっただけに、妙にワクワクした顔をしている)
        おおっ……! でたんか? -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 23:27:32
      • (普通の女の子、だな……行動力には感嘆だけれど。  ふむ、意義も感じてるし意欲も高いけど経営や管理、………よりかは、発明が本意、なのかな)
        (出たカードは……)
        (機頬盻兒奸\軌銘
        (将供膨澆襪気譴臣法ゝ娑銘
        (将此謀襦ゝ娑銘
        と、こうなったようです。 では、簡単に解説させて戴きますね。(タロットを捲るまでの神妙な顔付きが柔らかくして) -- アプレシア 2010-07-09 (金) 23:38:13
      • (両腕をおいて体を預け、身を乗り出しカードを眺めた。フムフムと頷き混じりに、興味も津津)
        うん! お願いするわ。やはは、こういうのはあまり触れる機会なかったからなあ……。
        (心中にあるのは、基本興奮。それに興味。実に少女らしいものだといえよう) -- 黒蓮 2010-07-09 (金) 23:41:54
      • 1枚目……、これはあなたの極めてパーソナルな部分を表します。 魔術師の持つ意味は、物事の起こり得る、あるいは起こし得る様子、力。 創造と言い換えてもいいのかもしれません。
        先程、発明も手がけていると仰いましたが……その流れを汲むのでしょうか。 私はあなたをまだ「商会の立て役者」としてしか接しておりませんが。
        あるい発明…こちらがあなたの本質、最も興味を持ちやりたい事なのかもしれませんね。
        次に吊るされた男の逆位置。 吊るされる事は試練であり修行です、そしてそれに立ち向かう忍耐を表しますが……その逆。徒労に終わる様や、やせ我慢の苦痛を表します。
        責任のある立場の方にはこのカードは出安いのですが……概ね字面通りに受け取って戴いて構いません。 自らもまた必要な事は人に頼り、正に互助たる信頼関係を築く事。
        責務に感け、自身の本当の欲求に目を瞑る、といった事をしない事で脱却が望めます。 商会の中でも同好の士などを見つけてみるといいかもしれませんね。
        吊るされた男は試練であると同時に通過儀礼、次に進む為のステップです。 努力を無にするかもしれないような明確な壁に立ち会ったら、一呼吸置いて乗り越える手筈を整える事になるでしょう。
        そして最後に……搭。 バベルの塔の逸話は、恐らく耳にした事があるでしょう。 そう、この搭が表すのは災いであり、破壊です。 しかし搭の破壊は神の慈悲である、という説もまたあります。
        神はただ天にいると思い込み、搭を造るという手段に固執した哀れな人間を解放した、との見方も。 つまり……その逆。 先の見えぬ固定観念、継続しない突発のアクシデント、自らの、あるいは他者からの誤解による閉塞感。 そういった者を表します。
        発明家という物は私にはよくわかってはいませんが、何だかこれは致命的な感は受けますね。 商売の先行きにも、もちろん通じる物はあります。しかして……概ね、普遍的に訪れ得る厄であるとも、そう思います。
        タロットのカードの絵面は一人の愚者が世界とは何ぞや?の解に至る叙事詩です。 22枚のそれにはすべからく、事実と経験に基づいたエピソードが篭められてます。まぁ、つまり教訓ですね。

        簡単に言っちゃえば、あなたにはこんな良いところがあって、こんな悪いところがあるかもしれなくて、今後こういう事に気をつけたほうがいい。 そういう事をカードの結果は表す分けですね。
        あまり深くは考えず留意して戴くぐらいで丁度良いでしょう。
        とまぁ、初回ですから商売繁盛の秘訣…とまではいきませんが。 行動の指針程度には……いかがでしょうか。 -- アプレシア 2010-07-10 (土) 00:07:28
      • おおー……! なるほどなあ。自分で言うんも何やけども……1枚目のはその通りって感じやね。
        うちはやっぱり、発明に重きをおいとるところはある。っちゅうか置いとるからね。色々なもんを作りたいし、ひとまずの目標も立っとる。しかしなるほど、試練と、アクシデント、な……なるほど。通過儀礼、固定観念……突破するべき崩壊の存在か……?
        (様々なものが降りかかっても、膝は時におろうとも決して折れたままで入るまい。そうしたつもりではある。そうは思っても、いざ言われれば息を飲むもの。顔を上げて)
        行動指針なあ……そうやね、そうさせてもらうこととしよか。あまりこればっかりにこだわるんも、きっとよくないことやろうし。 -- 黒蓮 2010-07-10 (土) 00:15:02
      • ふふ、それがいいですね。 もし何か悩みが出来たら、次はもう少し具体的な事を示せるかもしれませんね。
        ヘイリェンさんは……、恐らく今何かが降りかかっても、止まった歩みをどうあっても再び漕ぎ出そうとする。
        そういった心根をお持ちの方に思えます。 今一度同じ占いをすれば、また少し違う、そしてもう少し真理に添った結果になるのかもしれません……が、それはまたいずれ。
        知れば知るほど…というのはまぁつまりそういう事なのです。 ともあれ、どうやら腑に落ちる結果が出せたようで幸いですわ。 -- アプレシア 2010-07-10 (土) 00:34:05
      • あはは、お見通しやなあ……ちょうどそんなこと考えとったし。でも、悩みがあったら聞かせてもらいにこよかな。
        うちだけでどうこうよりかはそのほうがええんやから、いろいろな人から手を借りてみんと。
        うん、それはまた何れ……何や落ち着けた気分に慣れたところもあるし。今回はありがとな。やってよかったって思う。 -- 黒蓮 2010-07-10 (土) 00:44:00
      • 職業柄、人を見る目は自負しておりますので。  ふふ、光栄ですわ。
        とはいえ……色々な人の手を借りて、それはそのまま私にも言えるのかもしれません。 商会への参加、やはり前向きに検討させてもらいますね。
        ぜひ、今後ともごひいきに。 -- アプレシア 2010-07-10 (土) 00:51:19
      • 占いやっとるくらいやもんなぁ。せやけどそか……誰でも言えることでもあるわけか。ふふふ、楽しみにしとる。
        ほな、今日はこれくらいで。今日はお世話なりました。(立ち上がり、扉に手をかけて)また会いましょ!(去っていった) -- 黒蓮 2010-07-10 (土) 00:53:16
      • またのお越しを……      あ。  ふふ、御代はツケですよ。 -- アプレシア 2010-07-10 (土) 01:04:57
  • アプレシアちゃーん!来月暇なら行かなーい?
    20時から知り合い何人かと行く約束してんのよ!知り合い増やすチャンスになると思うけど…どうだい? -- ギルデ 2010-07-09 (金) 00:22:09
    • はぁ…………(カレンダーをざっと見て…丁度、休業予定日)
      断った時の反応を見てみたいのも山々ですが…、ふふ、構いませんよ。  あー……、ただ20時に帰ってこれたらの話ではありますけど。 -- アプレシア 2010-07-09 (金) 00:31:43
      • おっ!マジで?よーしよしよし、可愛い女の子の約束げーっと!(ガッツポーズするオッサン)
        あ、その辺は問題ないぞ!オッサンも途中参加になると思うしー。そんでもオッサンに誘われた、って言えば皆歓迎してくれるさ!
        いやー、来月が楽しみだなー。マダオも女の子誘うっつってたし、賑やかになりそうだ! -- ギルデ 2010-07-09 (金) 00:36:03
      • ……まったく。 あんなこといっておいて…… -- アプレシア 2010-07-09 (金) 19:58:04
  • うーん、開いてるような開いてないよな?おーい、シアちゃん!いますかー? -- カルカノ 2010-07-08 (木) 00:01:27
    • し、シアちゃん……? 私の事かな……(店の扉をあけてきょろきょろと) -- アプレシア 2010-07-08 (木) 00:26:30
      • お、いたいた!久しぶりー、暫く閉店してたからびっくりだよ!元気だった? -- カルカノ 2010-07-08 (木) 00:29:14
      • あ…(そういえば、再開したばっかりでOPENの札を掛ける習慣を忘れてた……)
        もちろん、この通りですよ。 ええまぁ、ちょっと色々ありまして……(恥ずかしそうに頬を掻きながら、失敗した冒険の顛末を話して) -- アプレシア 2010-07-08 (木) 00:36:39
      • あらま、そうだったんだ……まったく、二人でグリフォンからも生き延びたって言うのに情けないぞー?
        あっはは、そんな事言ってあたしもやられてたんだけどね!(生きたままミイラにされかけた顛末を事細かな描写を加えつつ臨場感豊かに話す) -- カルカノ 2010-07-08 (木) 00:39:36
      • ふふ、お互い災難だったようで。 でもまぁこうして生きているわけですし。
        (一見に勝る百聞に顔を青ざめて)す、ストップ!ストーップ! ひぃ…………私がいうのもなんですがよくもまぁ生きて帰ってこれましたね…… -- アプレシア 2010-07-08 (木) 01:07:29
      • ほんとね、いやもう死ぬかと思った!って言うか死んだ!貰い物がなきゃ今頃ミイラのお仲間だよ!
        シアちゃんも生きててくれてよかったよー、どうやって助かったの?なんやかやした? -- カルカノ 2010-07-08 (木) 01:12:27
      • 備えあれば、憂いなし。 いわゆる一つのラッキーアイテム、という奴ですね。
        ええ、私もどうにかこうにか。 切り札はとっておくものですから、ね。(右サイドの三つ編みがばっさりと落とされ、以前とは大きく変わった髪形。今まで目にした時には常につけていた髪飾りが無くなっている)
        (どうにも決まらないという感じでさきほどから無意識に毛先を指でいじっている) -- アプレシア 2010-07-08 (木) 01:36:15
      • まぁそんなトコ、貰っておいて良かったって感じ!次はどうするかなぁ……ってトコではあるけど
        なるほど、切り札ねぇ……そんでそれはその代償ってヤツ?うーん、そのままだとちょっと不均等な感じだよねぇ……いっそ思い切ってばっさり行くとかどう? -- カルカノ 2010-07-08 (木) 01:40:27
      • 後が無い……、概ね人はそういう場面で力を発揮するものです。 今の方が緊張感があっていいかもしれませんね?
        それはまぁ、冗談ですけど。 保険はあるに越した事はありませんわ。 
        そんな所なんですよね……切るのは、ううん……(髪型の収まりが悪いのは思いの他ストレスらしく頭を抱え)
        とはいえ、ちょっと抵抗もあるんですよね……(触ればしっとりと丁寧な手入れの入った髪質が分かる。元々髪の毛には気を使う性質なのだろう) -- アプレシア 2010-07-08 (木) 01:52:16
      • 元々そのつもりだったんだけどなぁ……あはっ、まぁそうなのかも!保険は欲しいけど、無くても大丈夫な力も欲しい!……難しいなぁ
        切るのもダメ?やってみるとすっとすると思うんだけど……まぁそう言うなら仕方ないね、何とか他に考えないと
        くくっちゃう?パーマとかかけるのもアリ?気は長いけどまた伸びるのを待つとか、三つ編みは左に作って何か新しいのを髪に飾る!と言うのも……
        まぁやりようはありそうだ!何か考えてみようよ、それが気になって占いの精度が落ちてもあれだしね あたしもその辺は何か考えとくよ、そんじゃ帰る!またね! -- カルカノ 2010-07-08 (木) 02:00:00
      • まずは地に足をつけて生きること、力はおのずとついてくるものです。
        (ふむ……、いずれにせよ髪飾りは造らねばならないのですし、うーん……) ふふ、二人でも文殊の知恵になるのでしょうか。
        楽しみにしておきますね。 -- アプレシア 2010-07-08 (木) 02:32:34
  • ここが占い屋ログロジックさんかぁ……あれ? なんか営業してない気配かも。うーん -- レナータ 2010-07-06 (火) 01:58:43
    • (新しい髪飾り、新しい髪形。 その後おおむね完治した傷。 準備は万端だ)さて、営業再開といきますか。
      (新しくなったOPENの札をひっかけに外に出ると)…………おや。 -- アプレシア 2010-07-06 (火) 23:01:18
      • あ、こんにちは〜♪(こなれた営業用の笑顔で挨拶する) ここ、占いのお店って聞いたんですけど、合ってますよね? -- レナータ 2010-07-06 (火) 23:21:43
      • はい!ここは占いのお店ログロジック……とはいえ、しばらく休業していたのですけれどね。 何か御用ですか? -- アプレシア 2010-07-06 (火) 23:39:42
      • 休業していた……ということは今は営業中なんですね? よし……(何か紙にメモしている)
        あ、いえ。実は商店リストなるものがありましてね? 営業しているかどうか良く分からなかったので聞きにきたんですよー -- レナータ 2010-07-06 (火) 23:43:17
      • (あ、お客さんじゃないのか、と一瞬項垂れてからすぐに営業スマイル)なるほど。 そういえば以前商会のお誘いを受けた事がありましたけど……
        それとはまた別のお話なのですよね? -- アプレシア 2010-07-06 (火) 23:48:25
      • ええ、商会とも協力してますけどこのリストは純粋に利用客向けのガイドマップみたいなものですね!
        あのー、どんな感じに占うのか実際にやってみてもらっていいですか? 私も魔女の端くれなんでちょっと興味があってですね(ワクワク -- レナータ 2010-07-06 (火) 23:52:15
      • (なるほど……、それは宣伝が見込めそう、かな……)わかりました。 前向きに検討させてくださいな、後で詳しいお話を聞かせてくださいな。
        ふむ……、はい是非に。(嬉しそうに手を合わせ) よろしければ中にお入りくださいな。
        (ランプの明かりだけが灯り、中々に雰囲気のある店内。 中央の占いの為の机の椅子を引き、座るように促す) -- アプレシア 2010-07-06 (火) 23:59:41
      • へ? あ、はい!勿論〜♪(す、既にリストに並べてるなんて言えない……店の説明はまだ書かれてないけど)
        はぁい、お邪魔しまーす! わぁ……やっぱりこういう薄暗い雰囲気ですよねっ(ドキドキしながら座る魔女。営業のことは頭からすっぽ抜けている) -- レナータ 2010-07-07 (水) 00:08:47
      • (既に……!? い、いやまぁ、いいの……だけれども  ……看板ぐらい作ろうかしら)
        誤魔化す、というわけではありませんが、演出に拠るところもありますからね。 さて……、どういったご要望を承りましょう。(天井から下がるメニューには、タロットだの、星占いだのの手法が連なっている。 占う対象は客の自由なのだろう)
        (さて……、なるほど。 本当に魔女なのね……これはボロを出さないようにしなきゃ) -- アプレシア 2010-07-07 (水) 00:30:34
      • 分かります。占いってそういうの大事ですよ、うん……(私は雰囲気ぶち壊す明るさのせいで占いに向いてないのよねー。羨ましい〜)
        わーお!沢山占いの種類が!? うむぅ……星占いはよくやるから、タロットか……あ、東洋式あったらそれでお願いします!あんまり見る機会少ないので〜 -- レナータ 2010-07-07 (水) 00:40:50
      • 実は私も東洋式の類は明るくなく……(風水……、はまだ勉強中だし、後は手相に易、ぐらいか……) こちらの手は未だ拙いのですが……
        (占筮、易経の型でじゃらじゃらする竹串を取り出し)……よろしければ。 -- アプレシア 2010-07-07 (水) 00:57:55
      • おお〜……(話には聞いたことがあるが、実際に見るのは初めてな東洋式占いグッズに目を丸くする)
        も、勿論オッケーですよ! 深いことを占ってもらおうとかは今日は無いので〜……って、占ってもらうこと決めてなかった
        えーっと……あ、そうだ。私学園の教師もやってるので、学業とか占って貰っていいですか? -- レナータ 2010-07-07 (水) 01:02:20
      • 教師の方の成就、ですか…… ふふ、そういうのは初めてですね。  では……(机の脇に置かれた水晶に灯りを点し)
        ……では。 えっと、レナータさん……でしたよね。 あなたの事を簡単に教えていただいてもいいですか? -- アプレシア 2010-07-07 (水) 01:16:59
      • (人に占ってもらうのは久し振りで、緊張からかゴクリと唾を飲む)あ、はい。レナータ・カサリーニと言います。ええ勿論、何でも聞いてくださいな〜 -- レナータ 2010-07-07 (水) 01:21:53
      • そうですね……、易とは。 占術の形態を取りますが……その実。 多くの生き様の上に成り立つ、人生の哲学としての側面を持ちます。
        故に……学業においてのレナータさんのこれまでと、これから何を成そうとするのか。 簡単にで構いませんので。 -- アプレシア 2010-07-07 (水) 01:26:54
      • (東洋魔術は物事を陰と陽に分ける陰陽の考えが根底にあって、それをさらに発展させたのが四象、八卦……易もその体系の一つの形式だったかな?)
        えーっと、私には師匠がいて子供の頃は色々教えて貰ってたんです。でも正直、師匠の下ではあまり真面目じゃなかったんですよねー……
        だけどそのお陰でまぁそれなりの魔女になれて。だからかな? 今になって魔術の勉強をやり直したいとか、その素晴らしさを学生に伝えたいとか思うようになったんです
        幸い、目標である師匠はすっごい高みの人なので私は生涯それを追い続けることが出来る……その中で学生達も導けたらと思っていますね -- レナータ 2010-07-07 (水) 01:40:10
      • 委細、承知致しました。 では……(50本の占筮を手でかき混ぜると、内1本を取り出す。 残る束を両手に分け、内1本を右手の指に挟む。 このような操作を「営」といい、世界を成す太極・天地・四季・閏、四つの事象を模る営を繰り返し、占筮をより分けていく)
        (最終的に残る5本、ここまでの操作を変、と呼び、この操作を三回繰り返す。 )本来であれば……この変、18回繰り返して八卦を割り出す、という事をするのですが……今回は六変までの略式でいきますね。
        さて。 この中央で分割された線が上、まっすぐな1本線が下の記号を小陰といいます。 -- アプレシア 2010-07-07 (水) 02:14:18
      • ふむふむ……(占いの結果よりも、占いそのものに興味津々な魔女であった) 本式は18回ですかぁ、ほへー……
        小陰? 陽の中の陰 ……でしたっけ。聞いたことあります -- レナータ 2010-07-07 (水) 02:24:56
      • はい。この線の記号一つを爻と呼び、三つの変で一本。十八の変で八卦を象るのですが……その話はまたいずれ。
        でさて、この少陰。 成長している女性を象った物、とされる事があります……
        (なるほど……類稀な師を持ち、故に……)
        習坎は孚有り、維心亭る行きて尚ばるる有り。 己に素直に、誠実であること。 さすれば困難においても道通じ、やがては尊敬される。そんな意味です。
        師の影を踏みつつも、己が道を見出し歩む……やがて尊敬されるあなたが居るでしょう、といった所でしょうか。この場合尊敬される、とは教壇の前の相手に良い影響を与えるとそういった意味で捉えてもいいと思います。
        余程尊敬されている師なのですね……、とはいえ。 もし仮にあなたが同じ高みに立つ事があるのだとしたら……見える物は同じ風景ではないのかもしれません。
        萃は亭る。王有廟に仮る。大人を見るに利ろし亭る貞しきに利ろし、大牲を用いて吉なり。往く攸有るに利ろし。 人集まれば多くの災いもまた在り得り、多くの迷いに気を削ぐ事になる。しかしながら先人への感謝を忘れなければ上手くいく、という意味です。
        目指す高み、伝える教え……その両道において正しく教職とはレナータさんの天職なのかもしれませんね……  まずは、こんな所でしょうか。 -- アプレシア 2010-07-07 (水) 02:46:58
      • あ、はい(いけない、あんまりジロジロ見たら失礼だよね……) 己に素直、誠実であれと……師の影を踏みつつ己の道かぁ
        えっ!?いや、尊敬……しまくりですね、ハイ……(見える風景の違い? 何だろう……) えーと、ありがとうございました!
        天職だなんてそんな照れますよ〜♪ 本とか読むの苦手で毎日苦労してますー……あっはははは -- レナータ 2010-07-07 (水) 02:54:48
      • すみません、易はまだ不慣れなもので。 実をいうと、人前で実施するのはこれが始めてで……お時間をとらせてしまって申し訳ないですわ。
        (ボロは出さずに済んだけど……占いそのものに集中されて余り引き出せなかったな……、師匠、か……、次があるならそこの辺りがポイントかしら、ね)
        私も勉学はどちらかといえば苦手で……でも知識ばかりが教えに必要な事ではありませんから。 きっとレナータさんの立つ教壇はとても楽しいものだと想像します。 学生さんが羨ましいですね、ふふ。
        聊か漠然が過ぎる結果になりましたが……もし今後、お時間を取って戴けるならもっと詳しく占いますよ。 よろしければ、ご贔屓に。 -- アプレシア 2010-07-07 (水) 03:03:48
      • いえいえ!こちらこそ突然お邪魔しちゃってごめんなさいでしたー 占い面白かったです。それにとても参考になりましたっ♪
        それじゃあ、今日はこれで……えーっと(店の情報を思い起こして)アプレシアさんでしたっけ?
        私も魔術道具のお店をやっているので水晶玉とか割れたらどうぞいらしてください! ではでは〜 -- レナータ 2010-07-07 (水) 03:11:44
  • …帰ってきたって聞いたけど…店は、開いてないか
    おーい、アプレシアちゃーん。大丈夫かーい?(ドアを少し開け、顔を覗かせるオッサン) -- ギルデ 2010-07-04 (日) 19:06:42
    • うーん……、髪型きまらないな……、どうしよう。(ばっさり根元から落とした三つ編みの代わりにどう髪をまとめたものか、手鏡と格闘している)
      ふぁ? すいません、今日は休業でー………って、なんだ、ギルデさんでしたか。 -- アプレシア 2010-07-05 (月) 00:40:56
      • うぉぉぉぉ!普通に元気だーーーー!?(仰け反ってビビるオッサン)
        ちょ、ちょっとちょっと!大丈夫なの!?いやなんか普通に反応されてオッサンびっくりしてるんだけど! -- ギルデ 2010-07-05 (月) 00:42:24
      • ふふ、おかげさまで。 いえーまぁ、全治にはもう暫くかかると思うんですけどね。(見れば手足にはまだ包帯が露出している)
        あ、心配してくれてるんですよね。 ふふふ、不謹慎ですけど……なかなか悪くないですよね、これ。 悪くないです。 -- アプレシア 2010-07-05 (月) 00:56:41
      • よ、良かった…生きててくれた…はぁぁぁぁぁぁぁ……(緊張の糸が切れたのか、ふにゃふにゃとその場に座り込むオッサン)
        もー…ほんっとに心配したんだかんねー?またオッサンより若い子が先にいなくなるかと思って焦っちゃったわよーもー -- ギルデ 2010-07-05 (月) 01:00:43
      • らしくないですよギルデさん。 とはいえ常在、冒険者たるに付き纏うこの運命。 今後も慣れる事はないでしょうね……
        まぁそんな顔しないでくださいよ。 生きて返ってきたのが申し訳なくなっちゃうじゃないですか。 ふふふ。 -- アプレシア 2010-07-05 (月) 01:27:52
      • ら、らしくないって…オッサンだって心配ぐらいするわよー!
        あぁ、でもホントに帰ってきてくれて良かった…あ、そだ!今月ホワイトデーでしょ?はい、プレゼント! -- ギルデ 2010-07-05 (月) 01:38:38
      • ! (そういえば、ここんとこずっとこういうの……って) って、ぇ、え、でも私、何もあげてませんよ……? いいんです、か? -- アプレシア 2010-07-05 (月) 01:58:51
      • いいのいいの!可愛い子にはホワイトデーのプレゼントあげるのなんて当然でしょうよ!
        どうしても気になるならアプレシアちゃんの快気祝い、ってことにしといてよ! -- ギルデ 2010-07-05 (月) 02:05:13
      • し、しかし……(両手でケーキの箱をじっとみて……少し、微笑んで)
        ……わかりました。 これ、ありがたく頂戴しますね。 -- アプレシア 2010-07-05 (月) 03:41:39
  • ……あらた、どうやら無事なようね?…とはいえ、何もかもが無事と言うわけではなかったようだけれど…。
    それでも、命さえあれば、失ったものを…そのまま、あるいはそれと同じくらいに取り返す事も出来るでしょうね…。
    何にせよ…お帰りなさい、という所かしら?(報告を耳にしたのか、様子を見に来てアプレシアを見つけたクノンがそんな事を言った。) -- クノン 2010-07-03 (土) 20:39:38
    • となればただいま……そういう所でしょうかね。 
      ふふ、酷いですよね。 被害程度:死亡などと、もっともこの課業はそういうものなのかもしれませんけど。
      命あっての物種、であると。 死んでしまってはどうしようもない、という意味で擬えた諺ですが……読みの通りに生きている事は種であると。
      再び実を結べるよう精進しなくては。  ふふ、ご心配おかけしましたね。ありがとうございます。 -- アプレシア 2010-07-03 (土) 23:42:56
  • ともあれ。 今彼女は生きてここにいる。 -- 2010-07-03 (土) 17:51:00
    • …………まずい、部屋から出れない。 -- アプレシア 2010-07-03 (土) 17:54:14
      • (悩み一つ、抱えて来てみれば店は何の札も無く、しかし鍵が開いている)
        アプレシア?居るのか?(と、声をかけ) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 17:55:31
      • (う……、この声は……)
        (どうやってここに辿り着いたかもよく覚えていない。 ただ、鍵ぐらいはかけておけばよかったと少し後悔する)
        (枷は全て外れ、膨大な読心の力を抑えておけるのは唯一この部屋の内壁だけだ。 今は店頭に立つ事もままならない、新たな枷を用意しなくては)
        (なにより)…………あんまり、みられたくないな、これ。(息を潜め、毛布をぎゅっと抱く。 それでも、いつまでもこうしているわけにもいかない) -- アプレシア 2010-07-03 (土) 18:10:39
      • (扉は開かず、ドア越しに心配そうな声で)大丈夫か?もしかして、声が出せない状態なのか?(大怪我、強盗……様々な不吉な可能性が脳裏をよぎる) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 18:16:41
      • ユーリィ……、さん……? 参ったな、よりにもよって……
        (一番おひとよしそうなのがきた、と。 大丈夫だから帰れといえばそうしてくれるのかもしれないが……)
        そんなこといってもなぁ……(ので、結局息を潜めている) -- アプレシア 2010-07-03 (土) 18:28:51
      • (アプレシアの呟きは聞こえず)返事は、無いか……何でも無かったら謝る、入るぞーッ!(と声を掛けて扉を開く) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 18:31:24
      • っちょ、えっ、あの、待……っ(もたもたしている内に結局入ってこられれしまう、奥の部屋にいる事はすぐわかってしまうだろう)
        な、なにか…、なにかな、ぁ……(せめて眼帯の代わりになるもの……は、手元にないが時間切れ。 咄嗟に手で左目を押さえたまま出迎えることになる)
        ぁ、あ、えっと…… あ、あは、お久しぶりです、ユーリィ、さん……(ベッドの上、苦笑しながら空いた手を振って) -- アプレシア 2010-07-03 (土) 18:47:41
      • 店の方には居ないって事は奥か……(不安と心配が一時的に悩みを覆い隠す)
        (店の奥、アプレシアの部屋の扉を開けばベッドに横たわっているものの危険や、命に別状は無さそうなので少しホッとして)
        ああ、久しぶり……あっと、もしかして病気とかで休んでたのか?だったらその、済まん(少しバツが悪そうに) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 18:51:43
      • (見上げる顔のばつが悪そうなのはこちらも同じで)え、えぇ…… その、病気というか、冒険でヘマをしてしまいまして。
        (見れば替えたばかりの血の付いた包帯や、ボロボロになった服なども部屋に散乱している。恐らく応急処置程度の事しかしていないのだろう)
        あ、い、いいえっ、だって心配してくれたんでしょう? どうにかこうにか、この通りに無事ですから。 ……ありがとうございます。
        その、今しばらくは外には出れませんけど…… -- アプレシア 2010-07-03 (土) 19:12:00
      • あー、そうだったのか……いや知らなかったとは言え、済まん
        まあ、な(部屋の様子を見て) その、動けないなら医者とか呼ぼうか?ちゃんと治療しねーと、後から悪くなるかもしれねえしよ -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 19:16:37
      • 医者、は……その……(確かにちゃんとした治療は受けたい所ではあるし、冒険で知り合った医者もいる しかし)
        (これを、どうにかしない事には……)(ぐっと左目を抑える。部屋から出なければどうということでもないが、心理的に余り見られたく無いらしい)
        (とはいえ、いずれにせよ動けないのは同じ、か…… だったら……) -- アプレシア 2010-07-03 (土) 19:46:02
      • ワケアリで、マズい……とかか?(怪我は心配だが、医者を呼ぶことでトラブルが予測されるならやめておくか……)
        (しかし、俺も応急手当以上の治療が出来る訳じゃない。医者を呼ばない場合出来るのは、このまま休ませて飯を運ぶくらい、か……) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 19:51:39
      • あ、い、いえ、そういうわけじゃ……(訳は、あるけど……ただ……)
        (あれ、そういえば確か、ユーリィさんが前に来たときって……)…………商会、あ、そ、そうだっ、ユーリィさん、鍛治屋さんとか、魔法具の取扱の良い店とかってわかりませんかっ! -- アプレシア 2010-07-03 (土) 20:39:26
      • 鍛冶屋……じゃあないが魔法具を扱ってそうなのなら心当たりがあるな……まずは学園のセンセもやってる魔女の万屋「maga tuttofare」のレナータセンセ
        後は専門ってワケじゃないが行商の青紫陽花って店のソーニャって子なら多分……行商だが学園の寮に住んでるから、確実に捕まえられるぜ(ユーリィの心の中にその人物……ソーニャへの信頼が感じられるだろう)
        後は魔法具を扱ってるかは分からないがエクチュアっていう菓子屋をやってるラゼンシアは相当の魔法の使い手らしい。 -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 21:01:27
      • (となる、と……彫金は自分で探すしかない、か……でも、材料だけならなんとかなりそうだ……)
        あの、あのね…… えっと……(きょろきょろと何かを探す。 ) あ……った……(床に転がってる小さな蒼い石を見つけ、ベッドから手を伸ばそうとして……届かない)
        ……痛……った………… -- アプレシア 2010-07-03 (土) 23:30:12
      • っと、おい、無理するなよ!(と、慌てて支え、アプレシアの視線の先、蒼い石を見る) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 23:33:31
      • (手で目を押さえてるせいで余計にバランスが悪くユーリィによりかかる)あ、っす、すみません…… そ、それ、とってもらえませんか…… -- アプレシア 2010-07-03 (土) 23:44:08
      • 気にすんな……それより、今は安静にしてるんだ(と、ベッドに戻し) ああ、この蒼い石か?(と、石を拾いあげる) -- ユーリィ 2010-07-03 (土) 23:48:26
      • (空の色に輝くこの石は砕けてしまっているものの、元は精巧にカットされた物の欠片である事が見て取れる)
        ありがとう、ございます……、あの、これと同じ物を探して来て欲しいんです……、お願いできますか?こんなに小さいと使い物にならなくって……
        (魔法の伝播を抑える為に使う魔法石らしい。決してレアリティの強いものではなく品揃えのいい店なら手に入りそうだ)
        (しっかり加工したものが望ましいが、ある程度の大きさがあればそこそこの効果は期待できると思われる) -- アプレシア 2010-07-03 (土) 23:57:05
      • 魔法石……か? 魔法は疎いんで詳しい事は分からねーけど、これがあればアプレシアの傷の治療に役立つ……って事だよな?
        それじゃあ探してくるぜ、少し待っててくれよッ!(と、走って出て行った) -- ユーリィ 2010-07-04 (日) 00:03:39
      • はぁはぁはぁ……魔法石……はぁはぁ……持って……はぁ……来たぜ……はひゅ
        (全速力で駆けてきたのか、荒い息をつきながら右手に持った魔法石を見せる。きちんと加工され、かなりの大きさの品だ) -- ユーリィ 2010-07-04 (日) 00:25:47
      • ふぅ……行きました、か……(ユーリィがいなくなるのを見て、抑えていた手を外すとぼう…と赤い燐光が漏れ出す) 見せただけでどうという事ではないのだろうけど……こればかりはね。
        ともあれ結果はオーライ、か…… 治療の役に? ふふ、そうね、これがあればとりあえず医者にだっていけるかもね……  あー、魔法の布も頼んでおけばよかった……
        にしても……(ずっと左目を押さえていても、一瞬たりともそこは気にかけられなかったのを思い出す)ふふふ、鈍感で助かっちゃった。 リッツちゃんが苦労するわけだ…………まったく。 


        (それからしばらく、もう戻ってきたユーリィを目を丸くしてみる事になる)は……、はやいね!? びっくりした…… よほど品揃えの良い友人をお持ちなんですね…… -- アプレシア 2010-07-04 (日) 01:28:34
      • (実際、友達が大怪我をしているという事実が頭を占めて、他の事には意識が向いていなかった。)
        (手で抑えているのも痛いからだろうくらいにしか考えておらず、それを不自然と気付く余裕すら無かった)
        (呼吸を整え)ああ、さっき言ったソーニャっての、俺もさすがにここまでのもんがあるとは思わなかったが
        何でも扱ってるって触れ込みはダテじゃなかったって事だ(ぺたん、と床に座り込む。) -- ユーリィ 2010-07-04 (日) 01:35:37
      • //済みません、そろそろ寝落ちしそうなので続きは明日で良いですか? -- 2010-07-04 (日) 01:36:46
      • (ソーニャ・トーン……、さっき言ってたな。 質も確か。 なるほど……今度紹介してもらおう。)
        (しかし……、ふぅ、根は優しいのだけど……やっぱり危なっかしくて見てらんないな)
        (そこまで心配されてたのを嬉しくも気恥ずかしく思う反面、つい苦笑して)
        うん、これだけあれば十分……、ちょっと重いけど……出歩くぐらいは……後は……(眼帯の代わり、か、包帯じゃ光が透けちゃうしずっと手で押さえてるわけにもな……)
        //と、というかさっきまでちょっと寝落ちててごめんなさい……はいい〜了解しました〜 -- アプレシア 2010-07-04 (日) 01:46:02
      • よ、っよ(気合を入れて立ち上がり) 他に必要なもんがあったら遠慮無く言ってくれよ
        出歩く……って、大丈夫なのか? -- ユーリィ 2010-07-04 (日) 12:41:25
      • もちろんです。 ちゃんと治療しないと、そういったのはユーリィさんでしょう?
        (くすくすと笑いながら立ち上がって)ありがとうございます、ちょっと着替えるので、その…出てもらってていいですか? -- アプレシア 2010-07-05 (月) 00:34:47
      • 歩けるんならいいんだが……往診やってる医者を呼んで来てもいいんだぜ?
        と、済まん、気がきかねえで(と、慌てて部屋を出る) -- ユーリィ 2010-07-05 (月) 00:58:55
      • 凄いな、これ…… ちょっとほつれたけど目立って破れてもないし……(上着を着込むと数奇卿から賜った冒険用の外套を羽織り)
        ……んー。 ちょっと不恰好だけど、しかたないか。 ……あれはあれで特別製だしね。(医療用の眼帯の上に、幾重も包帯を巻く。 さながら重傷者だが今は代わりが無い)
        しかしまぁ、来てもらえるのならそのほうがいいの、かな。 お医者さんのお知り合いもいたりするんです?(扉越しに話かけ) -- アプレシア 2010-07-05 (月) 01:09:23
      • んー……この街だと、そうだな普通の医者なら何人か。往診はしてくれるし、口も軽くはないぜ(と、扉越しに応える)
        (//冒険者としての知り合いではなくモブNPC医者です) -- ユーリィ 2010-07-05 (月) 01:13:01
      • よし、こんなものかな…… 彫金出来る人も探さないといけないし、欲しい材料もいっぱいあるけど、何もかも任せるわけにはね……
        (来てもらうにせよ、行くにせよ、とりあえず身嗜みは整えた。 後は……)
        // -- アプレシア 2010-07-05 (月) 01:36:39
      • 任せきりが気になるってんなら、治ってからウチの売上に貢献してくれりゃあ良いさ。(と、扉の向こうから聞こえた声に応え)
        立ち上がれるくらいには回復してるみたいだし、どうするかは任せる。でも、何か出来る事があるなら遠慮無く言ってくれよ -- ユーリィ 2010-07-05 (月) 01:45:03
      • そうですね…、では、お言葉に甘えましょうか。  ならば私のツテに付き合ってくださいな。
        ずっと部屋に篭ってたのでちょっと鬱屈しちゃいまして。 ふふ。 -- アプレシア 2010-07-05 (月) 01:54:20
      • そんだけ元気なら行くのは大丈夫そうだな……ああ、どこへなりとも付き合うぜ、途中で倒れないようにな(と軽口を叩いた)// -- ユーリィ 2010-07-05 (月) 01:56:42
      • ふふ、よろしくお願いしますね。
        さてもさても。 どちらにいこうかな、と……(医療に富む知り合いを帳面をめくって探して……)
        ポプリちゃん……、と、エルデ先生ぐらいかしらね。 ……むむ、学校がお忙しくないのであればお邪魔しようかな。 -- アプレシア 2010-07-06 (火) 23:13:39
      • おう、そんじゃあ早速行くか
        っと、ポプリってーとちっちゃい子か?冒険で同行した事あるぜ。(医術の心得があったのか、と思いつつ) -- ユーリィ 2010-07-06 (火) 23:19:01
      • そうなんです!凄いんですよ、ちょっとした骨折ぐらいなら治しちゃうんです。 ちっちゃいのにすごいですよねー。
        この間もカルカノちゃんと一緒にグリフォンに殺されかかったときにー…………、って、なんだ。 お知り合いだったんですね。 だった話ははやそうです。 -- アプレシア 2010-07-06 (火) 23:27:20
      • よっし、んじゃあ行くか //レス遅れてすいませんー -- ユーリィ 2010-07-07 (水) 00:02:46
      • //もうポプリさんのコメ欄に行って良いのかな? -- 2010-07-07 (水) 00:03:50
      • //大丈夫です!私もいつも遅いので!すみません……あ、じゃあこれからいきまーす。 -- アプレシア 2010-07-07 (水) 00:18:39
  • ――――遡る事4日と10時間前 -- 2010-07-03 (土) 17:34:35
    • 這う々々の体でログロジックの店主は漸くその住処へと辿り着いていた。 -- 2010-07-03 (土) 17:36:30
    • 何が起こったのか -- 2010-07-03 (土) 17:37:45
      • 天命を待つ前に、人事を尽くした。 -- 2010-07-03 (土) 17:38:16
    • 犠牲は -- 2010-07-03 (土) 17:41:45
      • バラバラになってしまってわからない。 少なくとも2人、最期の心が聞こえた。 -- 2010-07-03 (土) 17:42:59
    • 失ったのものは -- 2010-07-03 (土) 17:48:13
      • 三編みは根元とから切り落とされた ティアラも眼帯もおいてきたままだ
        それから大事なものを一つ -- 2010-07-03 (土) 17:49:26
  • うーん……開いてない、かぁ……また来よう、そうしよう まだ帰って来てないだけ、だよね? -- カルカノ 2010-07-02 (金) 23:46:24
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • アプレシアちゃーん!メリークリスマース!お仕事ガンバッテー!
    というわけでクリスマスプレゼントの配給だぁ!(サンタの格好したオッサンがおしゃれな石鹸セットを届けに来た) -- ギルデ 2010-07-01 (木) 20:49:07
  • アプレシア、ちょいといーかな? -- ユーリィ 2010-06-30 (水) 21:40:19
    • あら、いらっしゃいませ。 何かな? -- アプレシア 2010-07-01 (木) 00:00:46
      • 最近さ、商売人の互助組織……ゴルロア商会ってのが出来たからアプレシアもどうかと思ってよ
        なんでも大昔にあったトコらしいんだが、それをリッツの友達のチャオってコがが復興してな -- ユーリィ 2010-07-01 (木) 00:03:18
      • ふむふむ……、私も実はお話は伝え聞いてはいたのですが……
        どうなのでしょうね。 私はそのほら、売り物が無形といいますか……、物流で助けが要る事もないですし、宣伝もいわゆる口コミが主手ですからね……
        (とはいえ、商店のネットワークがあれば情報も得る手段としては上等なもの、か……)あまり深く考えるものでもないとは思うのですけど。 興味は、無いといえばうそになりますね…… -- アプレシア 2010-07-01 (木) 00:10:53
      • まあ、確かに所属してもメリットは少ない、か
        興味があるなら所属するしないは別にして顔だけ出してみれば良いんじゃねえかな?
        すぐに決める事でもねえし、よ(まあ、俺としちゃあ知り合いが居ると良いなあって程度の話、だったりもするが) -- ユーリィ 2010-07-01 (木) 00:24:33
      • ああいえ、まぁメリットはさておいて、なんですけどね。
        ほら、ユーリィさんの言う通りに商会といえば互助の組織であるわけじゃないですか。 私は私でまぁ得はいくつか思いつくのですけど……
        逆に貢献出来る事ってなんだろうなぁ、と……   そうですね。 一度見に行ってみるのもいいですか。
        まぁ、今日は少し早くお店を閉じようと思っているんですよ。 せっかくなのでじっくり考えてみようかな。 -- アプレシア 2010-07-01 (木) 00:31:02
      • んー、少なくとも俺は嬉しい……って、それだけじゃあさすがに駄目か
        ああ、まあゆっくり考えてくれよ。 ……もしかして少し体調が悪い、か?(ふと気がついて) -- ユーリィ 2010-07-01 (木) 00:40:32
      • あ、あは……顔……でちゃってますかね……
        今日はどうにも体の調子が優れなくって…… -- アプレシア 2010-07-01 (木) 00:47:11
      • 少し、な……じゃあ長居しちゃ悪いな、次来る時は何かお見舞い持ってくるぜ。お大事にな -- ユーリィ 2010-07-01 (木) 00:49:21
      • やだ、大袈裟ですよ。ふふ……
        一晩寝てれば良くなってますって。 でも……うん、また来てくださいね。 -- アプレシア 2010-07-01 (木) 01:19:03
  • や、アプレシアさんお久しぶりで お元気でしたでしょうか?
    来月の依頼でまた同行する事になったみたいでして…また、宜しくお願いしますね -- 枡次郎 2010-06-30 (水) 20:44:53
    • これはこれは、何かしらご縁がある様子。  互いに健勝なようで何よりですわ。
      吉と出るか、凶と出るか、まぁなるように。 ……前回は命からがらでしたけど、ふふ、きっと上手くいくでしょう。 -- アプレシア 2010-07-01 (木) 00:03:47
  • (こくこく)来月ご一緒しますでし、よろしくでし!(ぺこぺこ) -- ポプリ 2010-06-28 (月) 22:16:42
    • また一緒だねポプリちゃん。あなたの治癒は夏バテにはきくかしら…… -- アプレシア 2010-06-29 (火) 00:32:56
  • んー…確か肝練りの時に見た顔だね、来月は同行のようだ、よろしく頼むよ -- エルデ 2010-06-28 (月) 02:23:52
    • その節はどうも。ふふ、お医者さんが一緒なら無茶の一つも効きそうでいいですね!
      よろしくお願いしますね。 -- アプレシア 2010-06-28 (月) 08:15:37
  • 20歳になってしまったなぁ…… -- アプレシア 2010-06-27 (日) 20:11:58
    • 20歳おめでとー、何かこう大人になったって気がするよね!あたしはまだだけど どう?20になってなんか変わった感じする? -- カルカノ 2010-06-28 (月) 01:27:35
      • ふふ、ありがとうございます。 実を言えばこれといって変わった感じはしないんですよね。
        最も、二十歳で成人を祝うと言う風習も結構最近まで知らなかったのですが。なんなんでしょうかね、大人って言うのは。 -- アプレシア 2010-06-28 (月) 08:09:59
  • うん、縦に短くなると気分が良いですね。 -- アプレシア 2010-06-26 (土) 21:24:08
    • アプレシアちゃーん、お暇かーい?(突如現れるオッサン) -- ギルデ 2010-06-26 (土) 22:23:30
      • 今日は閑古鳥ですねえ……、聞けば学園の方では文化祭があるとか。 客足がそちらに向いてるのでしょうか…… -- アプレシア 2010-06-26 (土) 22:56:59
      • おろ、学園祭のことは知ってんだね!そんじゃどうだい、ひとつオッサンと学園祭見物とか! -- ギルデ 2010-06-26 (土) 23:11:09
      • 学生のお客さんも多いですからね、そのぐらいは。 うーん……確かに今日は他に予定があるわけでもないんですけど……
        私でよろしいんですか? -- アプレシア 2010-06-26 (土) 23:13:10
      • ならイイじゃない!オッサンからしてみれば可愛い子と学園祭見物出来るなんて願ったり叶ったりよー?
        そんじゃま、いきましょーや!レッツ学園祭デートだー!今ホールで劇やってるんだわ。ほれ、こっちこっちー -- ギルデ 2010-06-26 (土) 23:14:40
      • 悪い気はしませんけど、でしたら学園の知り合いの方などは……、あ、っちょ、ちょ!
        わかりました!わかりましたからひっぱらないでください! -- アプレシア 2010-06-26 (土) 23:19:15
    • おきていられるかな……? -- アプレシア 2010-06-26 (日) 2:39:15
      • 1時間ぐらいは頑張れるかな…… -- アプレシア 2010-06-27 (日) 02:39:51
      • いまのうちコーヒーのんできましょう。 -- アプレシア 2010-06-27 (日) 02:48:10
  • たまにはお掃除しておきますか……、具体的には2行ほど。 -- アプレシア 2010-06-26 (土) 21:23:46
  • ちわーっす、来月の依頼で一緒になるアディックっつーもんだが……(のれんをくぐり、現れる眼帯)
    ・・・ん?(店内にいる少女を見、少女も眼帯をしている事に目を丸くする) -- アディック 2010-06-24 (木) 22:50:12
    • いらっしゃいませ。 ここは占いの店ログロジック。 ようこそ……って、お客さんじゃあ、なかったですか。
      なるほど、あなたはアディックさんね。(自分とは逆の眼に眼帯を被せた少年を見て、笑顔で返した) ふむ? 私の顔に何かついてるかしら。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:20:52
      • そそ。んで、そちらさんがアプレシア…さんね。……そりゃあ、言うまでもなく可愛らしいお顔が。
        (口の端を上げ、ニヤリと笑って肩を竦める)…はは、こっち来て眼帯してる子を見たのは初めてでつい驚いちまったさ
        (言いながら、「眼帯のせいで妙な気分だなあ…まあいいや。輝きを拝まさせて貰いましょか」と思ってアプレシアへと歩み寄る) -- アディック 2010-06-24 (木) 23:31:22
      • ええ。 アプレシア・リバーベッド。 宜しくお願いしますね。 あら、嬉しいですね。
        一般的……とは言いがたいですものね、あんまり可愛いと思っていないのでどうにかならないかと思う事もあるのですが……
        (彼女が座っている机は占いの為の物だ、脚までしっかりと厚いクロスで覆われており正面からのガードは固そうだ!) -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:39:24
      • んー…それなら外せばいいじゃね?って言っても、火傷跡とか傷跡隠しているんじゃあそういうわけにもいかないかな?女の子だし。
        (じつと占い用の机を見、思案し…)そうだ、アプレシアさん。ちょっと机から立ってみてくれないか?その状態だとパンツを覗けないんだ(それまでの会話から一切表情を変える事なく、気軽に言う) -- アディック 2010-06-24 (木) 23:52:56
      • まぁそんな所です。 つけているほうがマシですものね。 …あ、はい、こうですか……って立つわけないじゃないですか。
        言うに事欠いていきなりなんですか! -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:56:33
      • まー、俺もそんな所かね。見ちゃいけないっつーか目を開くなって言うか…はあ、めんどくさい
        チッ…引っ掛からないか。いやなに、アプレシアさんの秘めたる輝きを何とか拝みたいんだけど、かと言ってスカートを捲って見せられたら俺の喜びが大幅に下がるし
        かと言って現状維持のままだったらまず見る事が出来ないからさ。少しだけ見易くなればなあ…と、俺は思うんですよ -- アディック 2010-06-25 (金) 00:05:18
      • (……なるほど、似たようなものなのかしら)え、ぇえー……こんなにダイレクトに変な欲求を口にしてくるの初めて見…、いや2人目か……
        いえ、まぁ、とやかくは言いませんけれど…… そこで私の手を借りるのはポリシーに反したりはしないんですか…… -- アプレシア 2010-06-25 (金) 00:12:53
      • ほおう…そりゃあ、そっちも大分苦労しているんだなあ…いや同情するよ(二重の意味で気遣い、しみじみと)
        確かに苦肉の策と言えなくもないが、机から離れて立つ行為それ自体はそんなんでもないかなーって…ああ、そうか。机から離れて立って下さいと言えば良かったんだな!はははこりゃうっかり -- アディック 2010-06-25 (金) 00:15:22
      • 程ほどに、お陰様で変なの慣れはしてきているつもりなんですけどね。
        まぁ立ちませんけど。 立たないですけど。 2回言いましたよ?  -- アプレシア 2010-06-26 (土) 15:53:51
  • へぇ、今月の仕事ではお疲れ様でございました
    来月も同じ仕事だって話なので宜しくお願いしますよ -- 枡次郎 2010-06-24 (木) 20:22:39
    • ええ、中々面倒な依頼だったけどね。 それにしても貴族って皆堅苦しいと思ってたけど、あなたはどうやら違うみたいね。
      もちろん、またよろしくね。 ちょっと胡散臭いけど……、ま、なんとかなるでしょ。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:08:54
      • へえ、確かに私は貴族の中では変り種ですなぁ 初対面で私を見て貴族だと思う人はなかなかいません
        はい、また頼りにさせて頂きます あやふやな依頼は割と日常茶飯事ですし、多分どうにかなるでしょう -- 枡次郎 2010-06-24 (木) 23:15:10
      • あはは、そうでしょうね……って、ああ、失礼。 悪い意味のつもりはないんです。
        ああっ、そうだ。 見てのとおりに、ここは占いの店なわけなんですけどね。 星にカードに…とまぁ色々と取り揃えておりまして。
        枡次郎さんは東洋にルーツのある方とお見受けしますが…… どうでしょう、何かあちらの呪術的な事はご存知かしら。 その、オリエンタルな雰囲気のニーズもあるものでして。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:35:24
      • 占いですか そうですなぁ…私の国の占いというと易か手相・人相…姓名判断なんてのもございますな
        都の方に行けば陰陽師なんて人も居るらしいですが私の実家の近くでは見かけませんでしたね
        (ここまで言った所で「玉門占い」という単語が若旦那の脳裏をよぎる) -- 枡次郎 2010-06-24 (木) 23:46:57
      • なるほど、体の形や名前……、占われる本人の特徴を元にするのが主流なんでしょうかね……
        (そんなもんか、手相や姓名ぐらいだったら出来るし、陰陽……か、もっとそういう話を期待したのだけれど)
        (若旦那の口にした東洋の占いは彼女の期待程ではなかったようで……) 
        (玉、玉門……? なにかしらなにかしら……) -- アプレシア 2010-06-25 (金) 00:04:08
      • そんな感じですかね あとは方位とか暦でしょうか
        私の故郷の街の配置は風水とやらに基づいて作られているのだとか
        まあ、詳しい事はあまり分かりませんけどね -- 枡次郎 2010-06-25 (金) 00:27:16
      • (方位に暦……、占星術とベースは似てるのかしらね……、知識はともかく、調べるヒントぐらいには、それより)
        (な、なんで口にしないんだろう、門外不出の秘術、とか……、なんとか自然に聞きだせるかしら)
        いいええ、十分にヒントになりました、ありがとうございます。  まずは次の冒険、お互いに生き延びましょうね。
        もしよろしければ、次はお客様になって戴けると嬉しいですわ。 -- アプレシア 2010-06-26 (土) 15:32:33
  • ひゃっほーい!アプレシアさん、あそびにきったよー!!(極普通にやってきた幼女だ)
    //ところでどこかにルビを含んだ文章をレギオンしてる場所ないですか?ちょっと重くて…… -- アトリア 2010-06-23 (水) 23:49:42
    • あ、よかった、普通に入ってきた……、久しぶりだねアトリアちゃん。 こないだ冒険で一緒になって以来?
      //はりゃ、あるにはありますけど、重くなるものなんだ…… -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:12:13
      • アトだってふつうにくることぐらいあるさ。うんー、そうだねー。それからげんき?
        //多分火狐ユーザーは重いんじゃないかなあ。もし良かったら、ちょこっと記述変えてくれると嬉しいです。無理なら良いんですが、如何せん他のも重くなって……申し訳ないです -- アトリア 2010-06-24 (木) 01:19:56
      • 出来れば毎回普通に来ていただけると、接客側としても非常に……、あ、元気ですよ。 今回はちょっと死に掛けました。
        あれですね、走馬灯って結構凄いです。 スペクタクルでしたよ。 //これでどう? -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:35:03
      • うーん、それは……ムリかな……(残念そうな顔) げんきじゃねーじゃねえか!だいじょうぶ!?
        こわいことさらっというなー!!まだみるにははやすぎるで!!//OKです!お手数お掛けしました、有難うございますー -- アトリア 2010-06-24 (木) 01:37:51
      • それでは最悪の場合竜避けシールを貼らなくてはならなくなってしまいそうで……
        ですから元気ですって。ほらこの通……ったたた。(両腕でちからこぶのポーズをしようとして痛い) いえでも、生きて見られるのなら出来ればもう二、三度……とか…… -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:59:51
      • そんな……ひどい……てゆーかそんなにこのあいだのエンカウントってすごかったっけ。(覚えてない)
        やっぱりげんきじゃないじゃん!(コートの袖に手を突っ込んで、湿布を取り出す)ほら、これはっとき。 こらー!いきてみれるかどうかあやしいもんをみたがるんじゃないよ! -- アトリア 2010-06-24 (木) 02:07:52
      • 一般的な観点では十分に不可解なものではあったかなぁ……と。
        い、いえあの筋肉痛というわけではっ、いただきますけど……  あぁ、ほら。 私は自分の事を占う事が出来ませんので。
        なんだかこう、自分の生きてきた事を客観的に追うという体験が中々に面白くて……(グリフォン戦で大分はっきりと走馬灯ってきたらしい) 気が付いたら化け物を倒せてました。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 14:38:35
      • いっぱんとかふるいふるい!アトはつねにさいしんをあるいているのだ!!
        ただのシップじゃないんだな、これが。いろいろなくすりをブレンドしたスーパーシップです! えっ、そうなんだ。
        そういうことならじぶんのいきかたをノートにかきだすとかでまんぞくしてくださいよ……きづいたらたおせてるのもすごいけど。 -- アトリア 2010-06-24 (木) 22:47:40
      • では、私は一歩遅れてついていきますわ。 なるほど……、例えばこれを骨折した腕に貼るとすーっと繋がって、ありがたい事になるのかな?
        日記は、そうですね……、帳簿ならつけてるんですけども…… -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:11:05
      • やだ、おんなのこころえ……!くっ、アプレシアさんがまぶしい!!
        いやー、それはさすがにいいすぎ?こうのうはあるだろうけど、すぐにつながるわけではないよー。
        ちょうぼとにっきはちがうぜ!?さいきんは、じぶんのみたゆめをにっきにかくひともふえてるみたいね。 -- アトリア 2010-06-24 (木) 23:19:23
      • それは困りましたね……、いえまぁ実は殆ど治ってるんですけども。 便利でかわいいですよねポプリさん。
        夢日記、ですか……一時期ちょっと筆を取った事もあったのですが、どうも似たような夢ばかりで…… あまり思い出せない性質なのかもしれませんけどね。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:31:40
      • んならきくとおもうよー。さいごのシメには、このシップはさいてきだとおもう。 ……?ポプリさんって、だれ?
        あー……そういやゆめって、すこしするとすぐわすれちゃうよねえ。あれってなんでなんだろ。 -- アトリア 2010-06-24 (木) 23:38:28
      • なるほど……、それなら試させてもらおうかな? まだまだたまに痛くって……
        えっと、ちっちゃい子ですよ。 こないだ一緒に冒険したんです。 アトさんと同じぐらいかより小さいか……
        でも大きな怪我も治してくれて凄いんですよ。  夢が元で占いを希望する方も多いので勉強した事はあるのですけどね、内容はともかく学術的な事はわからないですねえ…… -- アプレシア 2010-06-25 (金) 00:06:56
      • うんうん、そういうのにはききめバツグン!
        ふぅん……ヒーラーなのかな?かいふくまほーせんもんしょくの。
        うーん、そっかあ……まあ、ユメってかなりあいまいなもんだもんねえ。つぎのしゅんかんにはばめんかわってたりすることがよくあるし -- アトリア 2010-06-25 (金) 00:16:17
  • アプレシア、居るかー?(買物途中という感じで占いの店に寄る) -- ユーリィ 2010-06-22 (火) 18:45:41
    • (ユーリィが扉に手を掛けると勝手に開き、十代前半くらいの女の子が出てきて中の方に手を振って去っていった。 丁度一仕事終わった所なのだろう)
      っっんー……、そろそろ休憩するかなー、っと。  あら。 こんにちは、ユーリィさん。 -- アプレシア 2010-06-23 (水) 00:39:58
      • よ、繁盛してるみてーだな。(と、言って買い物袋に手を突っ込みなにやらガサゴソと……)
        お、あったあった。 ほい、ホワイトデーのお返し。甘いもんは控えてるって聞いたからコレにしてみたんだが(取り出したのは網のような装飾品……ドリームキャッチャーと呼ばれるお守りだ) -- ユーリィ 2010-06-23 (水) 08:35:22
      • あはは、うれしいなぁ。 えーと、甘いものは、えっと、うん。 別に、うん。 
        あら……、ドリームキャッチャーじゃない…… (指をあやとりのように通して広げ、頭上に掲げるようにじっと眺めて)   
        へぇ……、こんなの良く見つけてきたね。 良い夢が見られるように、って? ふふ、私は私の事が占えないものね。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:08:02
      • ま、そんなとこさ、露店で見かけてな。
        自分の未来は占えない……占い師のルールって奴か -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 01:18:26
      • ルール、なのかな…… うん、多分そうなのかも。
        ふぅん、そっか。 そっかそっか……(なにやらおかしそうにくすくす笑って)
        これはね。 西洋の伝承で、悪い夢を見て眠れない子供の為に創られたものなんです。 私も妹扱いって事かしら? -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:30:42
      • え?俺何かおかしな事言ったかな?
        へえ、そういう謂れのある物なのか……って、あー、そう、なるのか?(アプレシアが、妹か……)
        なら、兄としては妹が安心して頼れるようにもーちっとしっかりしねーとな。(と、笑う)
        (それも、良いな……そう思いながら) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 01:42:38
      • (まったくもう、何を考えているのだか……と、顔を少し赤くしたのを隠すようにフードを深く)ふふ、冗談ですよ。
        頼るどころか、危なっかしくて。 妹は兄の背を見て育つものです、リッツちゃんがしっかり者なのもうなずけますね?
        そうそう、これを飾るってベッドの上って決まってるんです。 良かったら手伝ってくれません? -- アプレシア 2010-06-24 (木) 14:23:19
      • うーん、自分では頑張ってるつもりなんだけどなあ ははは
        (確かに、頼りない……力不足な所はあるよなあ。もっと頑張らねーと)
        ああ、もちろん良いぜ。そんじゃあ早速飾ろうか -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 14:48:48
      • その意気ですよ。(奥へ入るように促して)
        さて……… 届きます?(ベッドの上、思いのほか高い天井。 確かに本人が手を入れるのはちょっと難しそうだ) -- アプレシア 2010-06-24 (木) 18:25:55
      • そういやここに入るのは二度目だな
        (んー、これなら背伸びすれば普通に届くかな……でも、さっきの冗談の仕返しにちょっとふざけてみようか、と悪戯心が)
        そうだな、俺でもちょっと届かないかもしれないな、この高さなら俺がアプレシアをだっこするとちょうど良いかも?
        (ふふふ 驚いた所でなーんちゃって、って言ってやろう) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 18:38:11
      • (入るのは2度目の部屋を見回すと、ぬいぐるみだの思いの他子供っぽい趣味がいくつか見て取れる。 悪くないお返しだったかもしれない)
        む……(仕返しの目論見は当然筒抜けで、変な方向に対抗心が湧いてくる)
        そう、でしょうかね……(人差し指を顎にあてて、少し考える振りをして) 分かりました、それでいきましょう。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 18:55:26
      • (な、なにぃッ!? 予想外の答えに驚き、でもここで慌てるのも癪なので)
        (平静を装い)おっけ、それじゃあさっさと取り付けようか。(アプレシアをひょいと抱き上げる)
        (少し、意地になっていたかもしれない) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 19:10:22
      • (ふふふ、焦ってる焦ってる……、後は椅子でも用意して)……ひゃ……、っちょ……ちょっと!
        う、うー……う、うん、わかった……(癪なのでこちらも平静を装い、上を向いてて見えない顔は赤く) -- アプレシア 2010-06-24 (木) 19:26:32
      • (やっぱ女の子は軽いなあ、それに何だかいい匂いが……いやいや、余計な事は考えるな、俺……)
        (心頭滅却心頭滅却)あー、っと、この辺りでいいか?(高さと位置を調節し) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 19:31:37
      • (な、なななん、なんでこんなことに、大丈夫かな?重くないかな? ち、ちがうそうじゃなくて)
        あ、う、うん!? うん、大丈夫……(震える手でフックを天井にはめ込んでいく) -- アプレシア 2010-06-24 (木) 19:44:46
      • (必死で余計なことを考えないように考えていて、緊張してる事が伝わってしまう)
        よし、これで完了、かな?(アプレシアがフックを付けたのを確認する) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 19:56:39
      • (向こうも緊張してるのが変に伝わって自分の緊張に伝播する)う、うん……よし、っと……(ドリームキャッチャーを無事天井にひっかけて)
        っも、もう降ろしても あ……(もう降ろしてもいいよ、そう伝えるのを焦って振り向いたせいか体のバランスがぐっと横にそれた) -- アプレシア 2010-06-24 (木) 20:08:50
      • え? うわわわわっ!?(不意にバランスが崩れ、咄嗟にアプレシアを庇うように倒れる) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 21:01:21
      • (ユーリィを下敷きにする形で倒れ)あつつ……、あ、あれ……
        (少しの間何が起こったのかわからず、辺りを見回して、やっとユーリィを下敷きにした事に気づく)あ、うわっ、ご、ごめっ、ごめんなさいっ!? -- アプレシア 2010-06-24 (木) 22:38:41
      • ててて……や、俺はいーけど、アプレシアは大丈夫か?
        (驚いたが……俺は動かない場所も、酷く痛むって程の痛みも無い。咄嗟だったがちゃんと守れたなら良いんだが……) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 22:41:55
      • (慌てて離れて)う、うん。 別にいたいところもないし…… そ、その、ユーリィさんこそ……
        ごめ…あ、いや、ありがとう…… -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:17:15
      • (大丈夫か、良かった。)
        あー、俺は大丈夫、鍛えてっからな。(トン、と起き上がり) ま、このくらいはお安い御用さ。 -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 23:28:59
      • むぅ……(床にぺたんと座りこんだまま見上げ) 
        (まったく……、お人よしなのだから) って、あ……(店の扉をノックする音、次のお客さんが来てしまったようだ) -- アプレシア 2010-06-24 (木) 23:51:55
      • っと、お客さんだ! 早く行かねえとな(と、アプレシアに手を差し伸べ) -- ユーリィ 2010-06-24 (木) 23:53:16
      • (しまった、ちょっと長々と休憩しすぎたか……)
        (差し伸べられた手を取り立ち上がると、乱れたローブの裾を直して)あ、ご、ごめんね。ユーリィさんだってお店があるのに、付き合ってもらっちゃって。 -- アプレシア 2010-06-25 (金) 00:08:40
      • いいって事、さ。でもまあ、そろそろ帰るとするわ。んじゃ、そっちも商売繁盛祈ってるぜ(そう言って帰っていった) -- ユーリィ 2010-06-25 (金) 00:10:48
      • やれやれ……、いい夢、見れるかしらね。   っと、はぁい!今いきます! -- アプレシア 2010-06-26 (土) 15:26:26
  • アプレシアちゃーん!オッサンがお返しにきたぞーい!
    ほい、どぞー!ダイエット戦士のアプレシアちゃんにはヘルシーなクッキーだ!
    豆乳とか大豆でできてるからカロリー超控えめ!安心して一杯食べてちょーだいっ! -- ギルデ 2010-06-22 (火) 18:58:06
  • ほぁっ!?(丁度休憩しておやつ食べてる所に入ってこられた)
    ……っ! …………っっ!!(喉に詰まったので紅茶で流し込んだり胸を叩いてたりしている)
    っぜぇ、ふぅ、はぁ……、あ、こ、こんにちはギルデさん。 すいませんあんまり聞いてなかったです、何の用ですか?(個人的にちょっと恥ずかしい場面を見られて取り繕いつつ……今日のおやつはあろうことかヘルシークッキーだ!被ってる!) -- アプレシア 2010-06-23 (水) 00:53:50
    • はっはっは!んな慌てなくても大丈夫だって、オッサンはただホワイトデーのプレゼントに(そこまで行ってアプレシアが先程まで食べていたであろうクッキーに気づいた)
      そ、そう、ホワイトデーのプレゼントに来たのよ!うんうん…(やっべ、被っちまった!?どうするか…と、とりあえずこの場は取り繕うしかないっ!)こ、今年のプレゼントはオッサンからの愛!…とか、駄目?
      (クッキーの包を後ろ手に隠して苦笑いするオッサン) -- ギルデ 2010-06-23 (水) 11:16:01
    • あ……、その為に、わざわざ? 別にお返しなんて……(といいつつも、内心少しだけどきわくして)
      (お返しを期待したわけじゃないけど……、言うに事欠いて)ドン引きです。 -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:11:18
    • あ、あははは!や、やっぱそうだよねー?オッサンも我ながらこれは無いと思ったよ!
      ご、ごめんねー?変なことでおやつタイムの邪魔しちまって!ま、また今度遊びに来るからさ!またねー!(逃げ帰るように去っていった)
      (オッサンが去っていった後に玄関に少し大きめの箱が落ちているのに気がつくかもしれない) -- ギルデ 2010-06-24 (木) 01:24:24
    • あ、あのっ!? ちょっ、え、ごめんなさいっ!そこまでショックを受けるなんて……、あ、ああ……
      うちに来る男の人はなんで皆去る時だけせっかちで……、あら、これは…… -- アプレシア 2010-06-24 (木) 01:33:04
    • (箱の中身は先程アプレシアが食べていたのとはまた別のヘルシークッキーだった。色々な味が一杯詰まったお得セットだ!) -- 2010-06-24 (木) 02:01:55
    • ぁ…………、これって。   悪い事しちゃったかなぁ……
      どうしたものかな。 お返しのお返しっていうのもアレだけど。   (とりあえず、三日もしないうちに箱の中はカラになった)

      やばい、これ美味しい……、お店覚えてとこ。  でもやばい…… -- アプレシア 2010-06-24 (木) 14:29:52
  • はい、来月も一緒だ!この間は名乗り損ねたね、あたしはカルカノ・カスール!改めてよろしくね!まぁ前みたいにぱぱっと終わらせようよ! -- カルカノ 2010-06-22 (火) 23:02:44
    • いぇーい。(なんとなくハイタッチしながら) じゃ、私もあらためて。 アプレシア、アプレシア・リバーベッドよ。 よろしくね、カルカノさん。
      ま、なるようになるでしょ。 でも共通の知り合いっぽかったアナちゃんを護る事が出来なかったよ…… -- アプレシア 2010-06-23 (水) 00:45:41
      • なにっ、アナムマが!?そっか……でも、一人でも無事でまだ良かったよ!でもちょっとあっちの様子も見て来なきゃな、とにかく来月頑張ろう!そんじゃまた冒険で! -- カルカノ 2010-06-23 (水) 01:24:49
      • あ、うん。 すごい元気そうだったけどお見舞いにいってあげて…… うん、また。今度は私が遊びにいくね。 -- アプレシア 2010-06-23 (水) 01:26:27
  • せっかくなので1行だけお掃除しましょっと。 -- アプレシア 2010-06-23 (水) 00:57:51
    • ようし、今夜はお客様リストをがんばろう。 -- アプレシア 2010-06-23 (水) 00:58:34
      • ふう……、続きは明日にしよう。 もっとお客さん増えるといいな、私もであるかないと。 -- アプレシア 2010-06-23 (水) 01:55:45
  • おつかれさまでしー(ぺこぺこ)とってもとっても危なかったけど、元気に帰れてよかったでし(こくこく) -- ポプリ 2010-06-21 (月) 20:38:36
    • あら、きてくれたのね。 えぇっと、ポプリさん、だったよね。
      あははは、久々にどうなるかと思ったけどねぇ。あなたがいて助かったわ。  -- アプレシア 2010-06-22 (火) 07:43:46
  • はぁいアプレシアちゃん。明けましておめでとう!オッサンが新年の挨拶に来たよー(礼服を着込んで新年の挨拶に来るオッサンだ) -- ギルデ 2010-06-20 (日) 22:36:32
    • あ、はぁーいー、あけましておめで……  この街のニューイヤーは仮装をして祝う風習でもあるんですか。 -- アプレシア 2010-06-20 (日) 22:48:32
      • …あら?反応鈍くね?おっかしいなー…ダラけたオッサンがビシッとした姿で挨拶に来れば好感度大幅アップだと思ったんだけどなー…
        (心が読める少女には最初から下心ダダ漏れなことには気付かないオッサン) -- ギルデ 2010-06-20 (日) 22:54:41
      • あぁいえ……、状況が把握出来なくて……、下心がある事だけはわかりましたけど……
        式典でもあるまいし、この街中でそんな格好をされてもあの、その、ああいえっ、何かしら理由はあるのかもしれませんがっ
        奇異の目でしか…… -- アプレシア 2010-06-20 (日) 23:05:51
      • …別に特に何も無いけどね!折角アプレシアちゃんに挨拶に行くんだし良いカッコ見せたいじゃない?
        そんだけよー。奇異の目…っつーか寧ろ憧れの眼差しみたいな?オッサン黙ってればカッコイイらしいからね!
        大通りをスマートに歩く礼服姿のオッサンはそりゃもうカッコよかったと思う。多分 -- ギルデ 2010-06-20 (日) 23:17:29
      • えぇー…………、確かに、まぁ、うーん。
        (ほんとに、まぁ、かっこいいんだけど……  かっこいいな。 顔も元々整ってるし、ヒゲは余計だけども。 これでマントを翻しながら歩いてたらきっとー……)って。 やっぱダメです。 何を考えているのでしょう私は。
        ラッキーアイテムはヒゲそりとおくちにチャックです。(ダメだー、っていう顔でひどく投げやりに占いの結果を提示して) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 23:27:30
      • ヒゲ剃って喋るなってー?んー…それもはやオッサンじゃなくね?何か完全に別人じゃない?
        どーせならアプレシアちゃんには今のオッサンを愛して欲しいもんだわぁー…みんなに言われるけどそんなにヒゲってあれかしら? -- ギルデ 2010-06-21 (月) 00:49:42
      • (愛して欲しいのあたりは完全にスルーしながら)うーん……、お髭のあるなしはともかくですよ。 無精髭は整えてほしいなぁとは、思うのです。  その、せっかくその、素敵な格好してるのに。 -- アプレシア 2010-06-21 (月) 01:00:59
      • むぅ、生やすならもっと整えろってことか…しかし整えると普段の格好が本格的に山賊チックになりそうでねぇ
        おぉっ!マジで!?素敵?そりゃーねー!貴族から頂いた良い服だかんね!そりゃーね!(上機嫌で服のシワを正すオッサン) -- ギルデ 2010-06-21 (月) 01:06:34
      • じゃあずっとその格好でいるとか…… 表に出なければ変な目で見られないですし。
        ぁ……(テンション上がるのを見て口を滑らせたな、と口に手を当て) 貴族の……あ、そういえばいつだかの列車で一等車でお会いしましたよね。 お知り合いでもいるんですか? -- アプレシア 2010-06-21 (月) 01:26:21
      • …しかしずっとこの格好だとどーにも窮屈でねぇ。肩がこっちゃってオッサンにはちぃとしんどいのよねー…
        あ、そうなのよー。あそこで貴族のお嬢さんに護衛を頼まれてね!そこで大活躍したお礼として服を貰った、ってわけさね! -- ギルデ 2010-06-21 (月) 01:29:03
      • なる、ほど…… へぇ…… (となる、と……相応に腕も立つのか。元々悪い人でもないし……)
        (改めて靴から顔へと見て)……惜しいなぁ。ああいえこちらの話です。
        (にしても……貴族のお客様を紹介して下さい……っはちょっと露骨か……)ふふ、私も肩肘張るのは苦手ですけどね。でも然るべき所は決める人、私は好きですよ。 -- アプレシア 2010-06-21 (月) 12:54:27
      • …ん?どしたの、ジロジロ見て。…ははーん、やっぱり改めてオッサンのカッコ良さに気づいたのかい?
        おぉぉぉっ!マママママジで!?それはつまりオッサンのことも好きってことなのかい!?
        ヒャッハー!オッサンテンション上がってきたー!!!(勝手に勘違いして大喜びで帰っていく変なおっさん) -- ギルデ 2010-06-21 (月) 13:12:54
      • あっ、ああああのっ?!? っちょ…… はぁ、……まったく、もう。
        …………嫌いにはなれないんですけどね。
        …………あ!つまり今は然るべき所じゃなかったってことですか? むすー…… -- アプレシア 2010-06-21 (月) 13:35:48
  • 雨の日だとこんなもんかしらねー……(今日、最後に客が来たのがおおよそ3時間半程前、すっかり腕枕に突っ伏して) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 22:31:58
    • よーす、アプレシア、居るか……って、居眠りしてるのか(寝ているのに気づいて声を小さくする) -- ユーリィ 2010-06-20 (日) 22:36:23
      • (静かな静かな店の中。 聞こえてくるのは雨音、ランプの炎の揺れる音、ついついにと居眠りをする店主の小さな息遣いだけ)
        (諦めて帰るのもいいし、しばらく留まってみるのもいいかもしれない) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 22:46:42
      • (ふっと、ちょっとした悪戯を思いつき、眠っているアプレシアに近づいて耳元に)
        アプレシア、お兄ちゃんだよ……(小さく囁いてみる) -- ユーリィ 2010-06-20 (日) 22:49:19
      • ぉ…兄……?(耳に噴きかかった吐息に体をもぞりと反応させながら、小さく呟く)
        (どんな夢を見ているのかは本人のみぞ知るところ、だが、話かければ何かあるかもしれない) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 23:03:05
      • (その反応に何だかちょっと可愛いなあ、と思い)
        ああ、頑張っているアプレシアの事、見に来たんだ。(と、寒くないかな?と思いアプレシアにコート……は雨で濡れてしまっているから上着を掛けて。) -- ユーリィ 2010-06-20 (日) 23:10:49
      • ほん…と……? わたし  ……がんばってる……   ?
        (冬の只中の冷たい空気。 もう一枚の羽織物は、心地良さそうに) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 23:22:01
      • もちろん。とってもよく頑張っているさ……お兄ちゃんが保証する。
        (最初はちょっとした悪戯のつもりだったが、今は優しい気持ちで) -- ユーリィ 2010-06-20 (日) 23:23:48
      • (その言葉に満足したかのように頬を擦ると前髪がはらりと落ちる)
        (いつの間にかユーリィの服の裾を掴んでいるが、離れようとするまでは気づかないだろう) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 23:41:41
      • (そっと前髪を払ってやり、後はそれから黙って傍に居る)
        (どうしようかと思いながら、不思議と離れようとは思わなかった) -- ユーリィ 2010-06-20 (日) 23:50:43
      • (30分?1時間?それからどれぐらいそうしていたのか)  ふぁ……
        (……あ、れ、また、寝てた、かな……) (顔を上げれば、なんかいる。) -- アプレシア 2010-06-20 (日) 23:56:24
      • よ、おはよう、アプレシア。気持ちよさそーに寝てたんで起こさなかったんだが -- ユーリィ 2010-06-21 (月) 00:00:47
      • …………(目が合うと、口をぽかんとあけたま硬直して、少しして顔が赤くなってきた)は、はひ!? お。おはようございます!?
        っじゃ、じゃないあああごごごめんなさい。
        (わたわたと髪を手櫛で整え、深呼吸をして)あ、あのう、い、いつからこちらに……?  -- アプレシア 2010-06-21 (月) 00:15:37
      • 落ち着け落ち着け。ついさっき、さ。
        (心の声:んー、一時間ちょっと前かな?でも、気を使わせちゃ悪いしな) -- ユーリィ 2010-06-21 (月) 00:18:31
      • (そんな心の声を聞いて)……優しいですよね、ユーリィさんは。
        (羽織ってる上着に気づく、すっかり自分の体温になっているそれは恐らく彼の物だろう。  例え、心の声に拠らずとも)でも、ウソが下手です。 リッツちゃんに心配かけてるんじゃないですか? -- アプレシア 2010-06-21 (月) 00:28:42
      • はは、そうでもねーさ。俺の優しさは量が少なくてな……すーぐ品切れになっちまう。今日はたまたま、だ
        (ちょっと困ったような顔をして)と、むう、バレたか……ちょっと買出しって言って出てきたからなあ。(怒ってるだろうなあ、帰りに何かお菓子でも買っていくか) -- ユーリィ 2010-06-21 (月) 00:38:26
      • あら、ふふふ。 それなのにここに立ち寄ってくれたの? でも残念だけどここはグロサリーじゃ……  ちょっと待っててね。(何かぴんと思い立ったのか、店の奥へと消えて)
        よかったらこれ、もらってってくれる?(ユーリィに手渡したのは、焼き菓子の詰まった菓子箱だ) お客さんから貰ったんだけど、私ほら、その、あー…今ちょっと甘いの控えてて。 -- アプレシア 2010-06-21 (月) 00:54:09
      • 近くに来たから雨宿りついでに、な。(心の声:まあ、久しぶりに会おうかと思ってな)
        おっ!良いのか?そんなら遠慮なく貰うけど(甘いもん控えてるのか、店でケーキやパフェも出すようになったんだが、それなら勧めるのはやめとくか) -- ユーリィ 2010-06-21 (月) 01:00:56
      • (まったく、もう。 と苦笑するように頬杖をついて)ええ、目に毒ですから。 お願いしますね。
        ……っ!!(がたん)(甘いものをはじめた、って、いった……?) -- アプレシア 2010-06-21 (月) 01:10:07
      • ああ、ホント、ありがとな……っと、ど、どうしたんだ? 急に立ち上がって(不意を突かれたのかぱちくりと瞬きする) -- ユーリィ 2010-06-21 (月) 01:13:20
      • あ、あは、あははは、いえ、なんでも。 ほ、ほら、あれです、あのあれ、えぇっと。 眠い時になんかこ、びくってなる、あは、あはは。
        あ、まっ、またきてくださいね! -- アプレシア 2010-06-21 (月) 01:15:35
      • あー……まあ、それなら良いんだけどな。
        おう、アプレシアもな!菓子の礼にまた奢るからよ、んじゃなー(そう言って雨の中に歩き去っていった。上着を一着、忘れたままで) -- ユーリィ 2010-06-21 (月) 01:19:46
      • あ、ちょ……っ、行っちゃった…… どうしよ、洗濯して持ってってやるか……
        (上着を両手で広げてじっと見て)…………おっきいな。 -- アプレシア 2010-06-21 (月) 12:19:22
  • ……ここが、来月同行するアプレシアという女性の所ね…何かのお店のようだけれど、まだ開いてないみたいね。
    少しだけ待たせて貰おうかしら…(適当な場所に水の塊を作り出すと、その上に座った。)
    (どうやらただの水ではないらしく、潰れる事も服が濡れることもないようだ。) -- クノン 2010-06-19 (土) 19:22:27
    • っんー……っ、いい天気。 さぁって、今日も開業といきますか……(天気が良ければ人通りも増え、それだけ客も多い。ぱたぱたとローブを着込んで開店準備)
      (店舗の入り口の鍵をあけ、外のCLOSEDの札を外そうとして)……あら。 これはこれは……、開店前からお客さんとは私も評判が広まってきたのかな。
      こんにちは、ここは占いの店「ログロジック」 どんな御用かしら? -- アプレシア 2010-06-19 (土) 23:56:27
      • ……あら、ようやく開店するのかしら?…いえ、何の店かは知らなかったわよ?(お世辞を言う気はなく、正直に言った。)
        貴方がアプレシアね?…私はクノン・マルクール・ナラク…来月の同行者よ(スカートの両端をつまみ、お辞儀をする。)
        あぁ、年齢はその年齢が実年齢ではない事は、先に言っておくわ…よく誤解されるもの。 -- クノン 2010-06-19 (土) 23:59:43
      • え、ぁ、っですよね。(少しばかり調子にのったことを気恥ずかしく思い、ぎこちなく)
        なるほど、あなたがクノンさんでしたか。 私はアプレシア・ アプレシア・リバーベッド。 よろしくお願いしますね。
        大人の女性の方と思っていたのですが……、そういう事でしたか。 ふふ、しかしながら年齢の感覚がすっかり麻痺してしまって。 見た目にそぐわない方にばっかり出会うんですもの。
        人間の常識。 少し考え直さねばなりませんね。 ふふ。 -- アプレシア 2010-06-20 (日) 00:28:28
      • まぁ、店の前にいたのだから、そう誤解してしまうのも無理はないわね…(特に気にしてはいないようだ。)
        あら、そんなに多いかしら…でも、確かに総じて若い見た目の人が多いのも事実ね…。
        貴方は…そういう意味では、年相応かしら?(気配や雰囲気から人間だと認識したらしい。); -- クノン 2010-06-20 (日) 00:35:50
      • 一応、人間ですからね。それに占い師ですから。
        先ほどは人ならざる、といった意味で年齢の話をしましたが、それとは別に偽る方も多くいらっしゃいますから。
        自分で言うのもなんですけど胡散臭い商売ですからね、素性ぐらいは公正でなくては。 -- アプレシア 2010-06-20 (日) 00:45:48
      • そう、占い師……どんなものを、どんな風に占いのかしら?少し興味があるわ…。
        …フフッ、この街で胡散臭くない人を探す方が至難よ?でも、その心構えは素敵ね…(僅かに微笑みながら言った。)
        あぁ、でも占いはまた今度でいいわ…出来れば冒険は何も知らずに挑みたいものだもの…それでは、また依頼が終わってしばらくしたら占いをしに貰いに来るわ(失敗するなど思っていないようで、次回来る約束をしてから帰っていった。) -- クノン 2010-06-20 (日) 00:54:32
      • 経験則ゆえ。 誠実さは人を助く、ですね。
        ふふ、私も命の掛かる事より明日の予定や恋や仕事なんかについて占う方が楽しいですから。 では、是非に……

        自信があるのか、失敗を想像していないだけなのか……、同行する上では好ましい事だけどね。
        ふふ、つまりお客さんになってもらうには私も失敗出来ないな。 がんばろ。 -- アプレシア 2010-06-20 (日) 01:07:36
  • あら、今度は占いの店……お店に縁があるな、今月は
    姉ちゃんがアプレシアって人?来月同行するから挨拶に来たんだけど! -- カルカノ 2010-06-19 (土) 19:21:10
    • いらっしゃいませ……、ここは占いの店「ログロジック」……
      何か御用かしら? お嬢さん……って、あら。 じゃあ貴女がカルカノさん?それともクノンさん?  -- アプレシア 2010-06-19 (土) 23:51:58
  • チンチンチャイナメが ウェルウェルロー ノメサケブロックブラック シャチマッチシャン アッハハー アハハー -- グノーミー 2010-06-17 (木) 21:37:15
    • うん…………、うん? 目が覚めたら目の前にまたよくわからないのが居てチャイナメ節を歌ってる……
      ほっぺたいたい。 夢じゃなかった。 コミュニケーション取れるかしら…… -- アプレシア 2010-06-19 (土) 23:47:47
      • きたわよ。 -- グノーミー 2010-06-19 (土) 23:52:33
      • う、うん。 こんにちは。 何しに? -- アプレシア 2010-06-19 (土) 23:57:23
      • (以心電信) -- グノーミー 2010-06-19 (土) 23:59:29
      • わぁ、鼻のでかいお医者さんのテーマに沿って考えてる事が伝わって…… って、私にまわしたのリッツちゃんじゃなくてユーリィさんじゃないですか。
        あぁ、まぁいいです。 交換の品と次の行き先を渡せばよろしいのですね? -- アプレシア 2010-06-20 (日) 00:13:04
      • 物は猪木コーヒーになりますダー。 -- グノーミー 2010-06-20 (日) 00:21:03
      • はぁ、コーヒー……、いの、いのき? よくわかりませんけど、どっかで見たことあるな、これ……ってユーリィさんのじゃないですか。それもそうか。
        さて、では……、うーん。 こういうものがいい、とかってあったりするんですか? -- アプレシア 2010-06-20 (日) 00:40:24
      • 実物大ガンダムとかはこまるかもしんまい。 -- グノーミー 2010-06-20 (日) 00:43:54
      • そ、そこまでおおきなものはないので安心してください…… んー、そうだなぁ……
        じゃあタロットカードを一式、とはいっても大アルカナしか無い簡易版ですが……丁度買い換えたのでこれを。
        お友達はブリアルさんを紹介しますね。あと、出来たらお友達になってあげてください。 -- アプレシア 2010-06-20 (日) 00:51:44
      • わかったー。(わかってない) -- グノーミー 2010-06-20 (日) 01:04:11
      • あ、わかってないですね!多分そうなんですね! わかってくださいよ!そこはわかっててくださいよ! -- アプレシア 2010-06-20 (日) 01:28:16
  • ……ここかなぁ……えっと…アプレシアさーん…?(消え入りそうな声で家主?の名を呼ぶ淫獣) -- マイナー 2010-06-13 (日) 18:07:59
    • はーい、はいはい……、どちらさまで…、あら?(足元のそれに気づいてないのかきょろきょろと見回す) -- アプレシア 2010-06-13 (日) 23:43:08
      • こ…こここここです…(手を振ってアピールする淫獣)
        えっと…えっと…えっと…このまえの…れっしゃの…?えっと…あの…お礼で……(目を合わせられないまま用件を伝えようとするのでどもっている) -- マイナー 2010-06-16 (水) 22:52:15
      • (右見て、左見て、下見て)あっ、びっくりした。 (とりあえず拾い上げてみた)
        (すごいなぁ、なんなのかしらこれ、いきもの……?)あ、あぁ、ごめん、えっと、おれい? う、うん?  ……あっ、この間の列車の時の? -- アプレシア 2010-06-16 (水) 23:01:25
      • 「5.87kdb」(車椅子。貴方が列車で隣あった少年だ…その思考は数字の羅列) -- 数奇卿 2010-06-16 (水) 23:05:47
      • 数奇卿は「如何にも。従者ともども世話になったね、お嬢さん」と申しております
        (それを押すメイド。思考は発言内容と寸分違わず…気持ち悪いほどに裏表がない) -- アンジー 2010-06-16 (水) 23:07:25
      • ごごごご…ごめんなささささs…(慣れない人に抱え上げられるとますますびびる淫獣)
        あぅ…ごしゅじーん…(ぐったりしながらごしゅじんのほうにとびつく) -- マイナー 2010-06-16 (水) 23:11:21
      • えっ、え……っ! (この店を貴族が訪ねるなどと思いもよっていなかったのだろう。手から飛び出した淫獣に構わず数秒硬直して……、深呼吸)
        再びお目通り出来て光栄です。(……にしても、何これ……、……?)
        (思考まで特異な喋り方に困惑しつつも、さしあたり)ご無事で何よりでした、私はアプレシア。アプレシア・リバーベッドと申します。 -- アプレシア 2010-06-16 (水) 23:25:42
      • 「6.387454Hz」(マイナーを膝に載せ、貴方の方へ向き直り) -- 数奇卿 2010-06-16 (水) 23:28:48
      • 数奇卿は「グラーフ=フォン=グラーフだ。数奇卿と呼ばれる方が好みだが、ね。」と申しております
        (店の雰囲気に気圧されたか、震えるばかりのマイナーをちらと見下して)
        「君のおかげで助かったんだ。であれば、僕を救った君に占って頂ければ…まあ凶事には遭うまいとね?」とも -- アンジー 2010-06-16 (水) 23:32:35
      • 数奇卿……お噂を耳にした事はありましたが、まさか貴方の事だったと……
        いえ、あの時は本当に咄嗟に…… 畏まりました、どうぞ奥へ……
        (とはいえ、どう占ったものかしら、ね…………、こちらの方は翻訳してくれてる、のよね?) -- アプレシア 2010-06-16 (水) 23:45:15
      • 「16pg」(車椅子は押される。一人では移動出来ない程に虚弱、死人のような肌。) -- 数奇卿 2010-06-16 (水) 23:50:43
      • 数奇卿は「咄嗟に、人を助ける事が出来る。つまり性悪しからず。誇りたまえよ」と申しております
        (主人を押し奥へ。これまでのやり取りから、貴方より卿への言葉は問題なく通じているらしい…?メイドと会話するような形に終始しているが) -- アンジー 2010-06-16 (水) 23:54:24
      • ふふ、そう思って戴けたなら、甲斐はあったということですね。(その割に、意思を汲み取ってる過程が……、私が気にする事ではないのかな)
        (相手は車椅子だ。本来の客椅子をのけ自らは向かいにつき)では……、如何しましょう。 -- アプレシア 2010-06-17 (木) 00:05:07
      • 「1000.3ms」(天幕の中。雑多な品物、占いに使うとも、使わないともしれないが…日用品では無さそうな品物の数々は伯爵を魅了した) -- 数奇卿 2010-06-17 (木) 00:14:11
      • 数奇卿は「そうだね。時間を取らせても悪い、明日の冒険―このマイナーのだ。その成否を占ってもらおうか」と申しております -- アンジー 2010-06-17 (木) 00:15:39
      • (あら、本人を占うわけではないのか……、まぁそれはそれで無理難題だけれど……、っていうか冒険者なんだ、これ)
        畏まりましたわ。では……(いつものように水晶玉に光を灯し)マイナーさん、ですね……、ええと。
        最初に、貴方の事を簡単に教えてもらえるかしら? -- アプレシア 2010-06-17 (木) 00:27:25
      • // -- 2010-06-17 (木) 00:33:20
      • ぼぼぼ…ぼくですか!?…あう…ま…マイナーといいます…(不安げな目でごしゅじんを見た後で答え始める)
        えっと…その…妖精とか…そんな感じ?で…きょうだいがさんにんで…そ…そうだ!いちにんまえになりました!…それと…えっと…(思いつく限りのことを話す、実際数を計算する妖怪のようなものだ) -- マイナー 2010-06-17 (木) 20:20:54
      • うん、うん……、ありがとう。 よくわかった。 (うん……、うーん、まぁ、なんとかなる、か)
        (水晶球が光を増し、占いの結果が伝えられていく)
        冒険の成否……この街にいれば占う事は多いのですが、自身の身の振り方より同行する方々に重きが置かれる事が多いと感じる事があります。
        己の人事は尽くし、かつ任せるべき事には信頼を置き。 理想ではありますが……、つまり、そういう同行者に恵まれるのでは、という前置きです。
        (依頼の中に……、ええと、うん、まぁどういう仲かは知らないけど悪いってこともないでしょ……)例えば、そう、まるで兄弟のような……
        (他には……、リルテュール・ボーグナイン……、ユーリィさんから名前は聞いたな…、腕の立つシャーマンって事だとか……よくわからないけど仲良くやれんじゃないかな……、っともかく)依頼の内容は存じ上げませんが、洞の中を奥深く……手を取り合いながら進む、そんな姿が見えます。
        どうやらいい出会い巡り合えているのでしょう。 明日の冒険の地を踏破出来るかどうかは詳しくは視る事が出来ません……
        しかしながら、その為に充分な力が備わっているのは解ります。 概ね、心配する事は無いのかもしれませんね。 最低でも生き延びる事にはなるでしょう、と。
        ……如何、でしょうか。 -- アプレシア 2010-06-19 (土) 23:42:34
      • 「53.3658745987℃」(その占い。どうやら従者の身に危険はないようだ、と判断してか) -- 数奇卿 2010-06-19 (土) 23:51:45
      • 数奇卿は「結構。轡並べる友多きことに展望アリ、と見たね…そう、このマイナーは腕の良い同行者に恵まれるのさ」と申しております
        (そう言うと、大きめの包みを雑多な物品の傍に置く…持ち合わせが無い,お代にしてくれと付け加え)
        「僕のために召し物をひとつダメにしたろう?ついでになれば幸いだ」とも -- アンジー 2010-06-19 (土) 23:56:41
      • ……しかしてその通りですね。 僭越ですが私からも無事を祈らせて戴きますね。
        ところで御代なのですが……、ってあ、っちょ……、え、えぇ!!?(高そうですけど?とぽかんとした顔で)
        (気を取り直して、畏まる。 金銭の価値云々ということではないのだろう、これは。胸に手を当て、頭を下げる)光栄ですわ。 有難く頂戴致します………… -- アプレシア 2010-06-20 (日) 00:21:02
      • 「5.68mmp」(その中身は臙脂色に、裏の隠し縫いも鮮やかなローブ…旅用の外套にも似た佇まい。) -- 数奇卿 2010-06-20 (日) 00:39:42
      • 数奇卿は「僕の見立てとて良いモノだ、と驕らせてもらおう…では失礼」と申しております
        (下賜の様子にまるで当然、といった趣。しかし贈り物としての髄を凝らすあまり華美に過ぎる…といったこともない布だ)
        (一見して高価なものと眼を付けられ野盗の類に狙われぬように、また日々の実用を考えて、との心遣いが見えるのは偶然であろうか?)
        (ともかく、それを礼として伯爵一行は帰っていった…) -- アンジー 2010-06-20 (日) 00:46:46
      • 碌な御持て成しも出来ず……、もし市井に降りる際にはついでにでもお越し戴ければと思います。
        数秘の類も揃えております故、数理的興味の一助にでもなれば幸いです。(扉の前、一礼で見送り)
        しかし。 しかし。 なんだろうあれ、裏も表もない、なさすぎる。 意思を汲み取る意思すらないなんて、良く出来たメイドってそういうものなのかしら。  ……私が勘繰る事でもない、か。
        ま、それはそれとして……まずい。 これは素敵だわ………… 高級って冠の付く装備ってこういうのかしら。 -- アプレシア 2010-06-20 (日) 01:01:55
  • 占い…?(キョロキョロと落ち着きなく店内をみる。迷い込んできたようだ) -- スズ 2010-06-16 (水) 23:39:46
    • おや。(ふと店内に現れた少女を見やり ……どうも用事があってきたわけではなさそうだけど…… ともかく)
      どうしました?お嬢さん。 何か探しもの? -- アプレシア 2010-06-17 (木) 00:10:39
      • いえ、じぶ…私はその、なにかのお店だと思いまして -- スズ 2010-06-17 (木) 00:42:12
      • なるほど。 (おいでおいで、手招きをして)
        見ての通りね、ここは占いの店ログロジック。 これも縁だと思うのだけれど、どう?こういの興味はある方かしら? -- アプレシア 2010-06-17 (木) 00:54:04
      • (呼ばれて恐る恐る近づく)
        占いであ…すか。その…私はあまりそう言うのは信じないものでありまして(珍しい装飾が気になって迷い込んだらしい) -- スズ 2010-06-17 (木) 01:00:45
      • (どうぞ、と椅子に座るのを勧めて)それは残念、が、また一興かと。 
        占いとは何かと問われれば、それは未来と見通す予言ではなく、どう生きればいいのかの指針であると私は思うのですよ。
        例えばこのタロット(机の上に、ひとそろえを並べ)神秘的な絵物語でもあるのですが、1枚1枚に込められているものは教義。先人達の知恵なわけです。
        このように道具や装飾にもそれぞれ意味が……とまぁ、前置きはここまで。 何が言いたいかと言えば、どう?この可愛いお守りなんか。1こ金貨1まい。貴女の助けになるかも? -- アプレシア 2010-06-17 (木) 01:13:36
      • (眼帯姿の女に多少警戒しつつ、席に着く)
        (流れるような説明に、気の抜けた相槌)
        (すすめられたお守りを見れば、確かに可愛らしい物で心引かれたが、先月は収入もなく今月の収入もわずか。お財布を見て小さなため息)今は持ち合わせが無いので… -- スズ 2010-06-17 (木) 01:21:47
      • そ……っか……、んー。 貴女、冒険者よね。 それ、あげる。
        ふふ……生き残れたら、またおいで。 その時には次を生きるのにどうしたらいいのか、良い占いが出せると思うわ。 -- アプレシア 2010-06-17 (木) 01:31:26
      • え?良いのでありますか!?感謝するものであります(笑顔で敬礼、貰ったお守りをポケットにしまう)
        では、効果があったらお礼を言いにくるのであります -- スズ 2010-06-17 (木) 01:43:41
      • ええ、是非にね。 無事を祈っているわ。 たとえ失敗があっても命さえ残っていれば、次があるのだから。 …またね。

        ………ふぅ、なんだか複雑な感じの子だったな。 前にもあんな感じの心の声の人いたな…… -- アプレシア 2010-06-17 (木) 02:06:02
  • 流念の紅玉帯(DF+10、MDF+10、装備している間敵の次のターゲットが分かる) -- 2010-06-16 (水) 01:54:48
    • ふぅ、ん……、取り外し不可(のろいのそうび)ってやつ、か……
      (自室。 ベッドに仰向けになりながら、いもげやで貰った手鏡で眼帯を外した自分の顔をじっとみて)
      なるほど、おあつらえ向きね。   ……これからもよろしくね。 -- アプレシア 2010-06-16 (水) 01:57:49
  • Wooon!(店の扉をぶち破って入ってくる白い塊) -- ? 2010-06-14 (月) 01:08:31
    • ぎゃあああああ!!(敵か!?反射的に攻撃魔法をチャージする) -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:13:43
      • ウォフ!(四足で威風堂々部屋に立つ白い毛に覆われた狼、頭に乗った赤い帽子がやけに人間臭い。)
        (「あん?何だ、楽しませてくれんのかい嬢ちゃん」狼の思考が流れ込んでくる。心の声に色があるのならば低く何処か挑発的な声質なのが分かる) -- ? 2010-06-14 (月) 01:17:42
      • なななな、扉を壊しておいて随分と不遜な口ぶりですね……、って、あ、あれ……
        喋った?  喋っては、ない…… (原理はよくわからないが人語を解するのであろう狼の思考は彼女の能力の範疇のようだ) -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:22:36
      • ウォフ!(「インパクト勝負が俺のスタイルだ!…って、あら?何で話が通じて…」首を傾げる白い狼) -- 2010-06-14 (月) 01:26:54
      • この街に来てもう滅多な事では驚かないつもりだったけれど……
        わんちゃん、私の言葉わかる? -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:29:36
      • ウォン!ウォン!(頭を下げて吠える「犬じゃねーよ、狼だ。不本意だが今のところはな」) -- ? 2010-06-14 (月) 01:32:15
      • ああっ、それはごめんなさい。 今の所、とは……  帽子に剣、冒険者のようなかっこをしてるのは飼い主の趣味、というわけではないのですよね。 -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:36:21
      • 何だこりゃ、マジで話が通じてやがる・・・こいつは驚きだ。質問もいいんだけどよ・・・悪いんだけどお嬢ちゃん(そこまで言うと白い腹から発せられる異音)
        甘いものとかねーか?腹へってしょうがねーんだ・・・ -- ? 2010-06-14 (月) 01:40:01
      • (思考だけこうなんだ……、どういうことだろ……、傍から見たら私きっと脳を疑われるわね……)甘いもの? 甘いもの……
        チョコレートならあるんですけど、犬科には毒と聞いたことが……、大丈夫ですか? -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:44:46
      • ならアンタの血液でもいいんだが・・・差し出すか?(口から垂れる涎。相当に飢えてるらしい) -- ? 2010-06-14 (月) 01:48:13
      • (血って……、まぁ奥にいけば何かしらお菓子ぐらいありそうなものだけど……)……沢山いります?私に悪影響あったりしません?
        で、ないのであれば……(ナイフを1本取り出して、手にあてて)  噛み付かれるのはご容赦願いたいですけど…… -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:54:04
      • あー冗談だ冗談。今血を見たらアンタの安全の保障ができねぇ・・・頼むから切ってくれるなよ -- ? 2010-06-14 (月) 01:58:23
      • 危うく真に受ける所でしたよ…… じゃあ、えっと……少し待っててくださいね。(店の奥に消えて、数分)
        二軒隣のお店で買ったおまんじゅうですけども。(きちんとお盆に乗せて差し出す)
        //す、すみません、今夜はここまでで…… -- アプレシア 2010-06-14 (月) 02:13:15
      • サンキュー(置かれた饅頭に飛びついて貪る)・・・ふー取り敢えず気が紛れた・・・ありがとうな恩に着るぜ嬢ちゃん -- ? 2010-06-14 (月) 02:16:12
      • (おぉ、良い食べっぷり……、よっぽどおなかがすいてたのかしら)いいええ、このぐらいは。
        まぁ出来たらそれ、直してくれたらもっと嬉しいですけど……(先ほど破られた扉を指差しながら)
        まぁ、期待はしてませんが……(狼の手足を見ながら) -- アプレシア 2010-06-15 (火) 21:17:00
      • すまん、流石に無理。元の姿に戻ったら特別サービスしてやるぜ(ウィンクする。狼の姿のままだと間が抜けている) -- ? 2010-06-16 (水) 03:10:56
      • あ、ですよね。(これは明日は大工仕事だな、溜息を一つ吐き)
        元の……、事情は分かりませんが、難儀に見舞われているのだとお見受けします。恩を被せついで、何か出来ることはあります? -- アプレシア 2010-06-16 (水) 22:38:17
      • いや、良い。自分の問題だ、自分で解決する。ただ・・・来た時は甘いものを頼むわ
        本当、それだけはどうもならねーからな。頼んだぜ嬢ちゃん(含み笑いらしきものをすると外へ駆け出していった) -- ? 2010-06-17 (木) 01:43:11
      • 行ってしまった……  人が、いや人かどうかはわからないけど狼にされるなんて、ぞっとしない話ね……
        ……もう少し触っておけばよかったな。しっぽとか。 (自分で食べるつもりがなくても、彼女の家にちょっとした菓子の類が常備されるようになったのはそれからしばらく後の事だ) -- アプレシア 2010-06-17 (木) 08:07:53
  • (入り口の占いの文字を見て足を止める)・・・ん?ここは店になるのか?まいいか。
    邪魔するぜ。(店内をきょろきょろと珍しそうに見ている) -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 21:26:03
    • はーい、はいっ、はいっ!何の御用時でしょうかっっ! -- アプレシア 2010-06-15 (火) 21:36:52
      • ここ占いの館なんだよな?実はうちの下宿の親父がやってるデザイン工房の宣伝で店をうろうろと回ってるんだ。
        (冒険後のせいか、虚脱感しか伝わってこない。何か裏があるようでもなさそうだ) -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 21:43:36
      • なるほど、看板屋さん……(そういえば、看板らしい看板もつけてなかったなっと思い出して)
        なるほど、話だけでも聞かせてもらおうかしら。 ちなみにおいくら? -- アプレシア 2010-06-15 (火) 21:57:00
      • ああ、値段か。趣味でやってるし・・・(上から下までじろりと見て。伝わるのは悪意無くなんとなくっぽい)
        お嬢ちゃんなら、適当に媚び売っておけばタダでやるんじゃなねえかな。男は多分金取るぜ、あのおっさんなら。 -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 22:01:22
      • (うん……、まぁ嘘つくタイプじゃないね…、まぁそれはいいんだけど……)
        うん、看板はね。 いずれ用意をしなくては、とは思ってましたから是非頼みたいところなんですけど……
        ほら、私も商売やってますから、逆にロハって苦手なんです。(少し困ったように、手でコインのマークを作りながら) そうですね……お金じゃなくても、例えばうちにお客にきてくれたりとか……
        ああっ、もちろんご本人ではなく紹介とかでも。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 22:30:17
      • 客になるとだな俺があのおっさんに代金払わなくちゃなんねえんだよ…(ちょっと困っている)
        それとこれとは別に、客に来るのは良いんだけどな。若い嬢ちゃんと知り合いになるのは良いもんだし(下心が見える様子でもない)
        そうだな、知り合いにはそれとなく宣伝しておくわ。 -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 22:35:59
      • それはまたよくわからない商業形態ですね……、わ、わかりました。 そういうことなのであれば。
        ええ、もちろんあなたがお客様でも構いませんよ。 どうです? 男の方はあまり占いには興味が無いかもしれませんが…… -- アプレシア 2010-06-15 (火) 22:49:16
      • そうだな、見てもらうとしよう。んー・・・(何を占ってもらうか考えている)
        そうだ、俺のこの先どうなると思う?英雄に届くか?それとも、来月引退かな? -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 22:56:32
      • なるほど……、承りました……  教えて戴きたい事が2つあります。
        一つは、あなたのことを簡単に。 まだお名前も聞かせていただいて無いですしね、そしてもう一つ、あなたにとって英雄とは何か。漠然とでも構いません。
        どうでしょう? -- アプレシア 2010-06-15 (火) 23:01:05
      • おっと、俺の名はゴットフリート。ゴットフリート・クラファスだぜ。
        英雄か。そうだな、いろんな冒険者の模範・憧れとなるべき人物かな。 -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 23:07:36
      • なるほど…… 冒険者になられた理由は立身出世の為に……でしょうかね。
        数多の冒険者が集うこの街……、模範の姿も其々にあります。 ひょっとしたらゴットフリートさんにはかつて自らが模範にしようと決めた冒険者がいるのかもしれませんね……
        (むむ……、明日どうなるか?は私にわかるわけじゃないからな……、それなら……)数多くの冒険を成功に導いた、幾千もの怪物を屠り去った、深遠の迷宮を制覇した……、数多くの英雄譚がこの街で生まれました。
        しかしそれは、決して結果のみに付随した名声ではなかったはずです…… ゴットフリートさんが目指す物は何なのか、それを今一度見据える事。
        恐らくはそれが、今の冒険へ感じている迷いを払い情熱を燃やす鍵となるやもしれません……、その為にはあるいは、一度冒険から身を引いてみるのも、手のうちではあります……
        その答えが見つかるかどうかは、ゴットフリートさんの来月の無事な姿を見てから、また占ってみましょうか……   と。  こんなところでしょうかね。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 23:21:44
      • ほうほう、なるほど。英雄になりたいってほどでもねぇが、後進の指導やらが出来るぐらいの箔は欲しいんでな。
        まあ来月は大丈夫だろう、死にさえしなければな。じゃあまた来月以降に来させてもらうとするわ。
        (壁に貼ってある代金表を見て)お代は・・ほい。ありがとさん。次の機会にもっと良いことを占ってもらうとするわ。じゃあな。(そう言うと帰っていった) -- ゴットフリート 2010-06-15 (火) 23:34:12
      • その通りです。 生きてさえ居れば、きっと望む時間は巡り来る。 これは占いじゃあありませんけどね。
        名誉。そして見合う力。見合う人格。 なるほど、それは明瞭な指針にして、恐らくは険しい道。 何か迷いがあるのなら、その先行きに火を灯すのが私たちのお仕事です。
        はい!ぜひに! またいらしてくださいね。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 23:49:44
  • よっす(ふらりと店に訪れる。) 扉どうしたんだ? まさか強盗にでも入られたか? -- ユーリィ 2010-06-14 (月) 08:32:50
    • あ、あはは……、これは恥ずかしいところを見られてしまいましたね……(丁度奥から木板と釘を持って出てきた所でユーリィと目が合った) -- アプレシア 2010-06-15 (火) 21:17:53
      • あー……まあ、無事で何より。(まずは心に浮かぶのは安堵)
        災難だったな。こないだも大変なのに巻き込まれちまったしよ(列車の時の事だ)
        (そして、それを言葉にした瞬間、罪悪感と無力感が心の表面に浮かび上がる)
        えと、手伝おうか? -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 21:27:43
      • あは、流石に列車が爆発するような事態に遭遇するのは初めてだったね。
        もう少しお話したかったんですが、まぁ無事だったのでよしとしましょうか。
        ああいえ、大した事ではありませんしこのぐらいは…………あー……(今は、手を貸させてあげたほうが楽になってもらえるかな……?)  はい、ではお願いできますか。 一人ではちょっと面倒で。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 21:40:21
      • まあ、あそこまでの事態は一生に二度は無いだろうな。
        ああ、本当、無事でよかったぜ(心の声:俺は……妹の為とは言え、他の乗客を見捨てて……逃げた)
        ああ、おっけ!力仕事なら任せときな!(と、少し嬉しそうに扉を直し始める) -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 21:48:52
      • (…なるほど、そんなことが。 悪くないっていっても慰めにはならないか……)
        ありがと。 じゃあ、ここ抑えてるから釘打ってくれる?(金槌を手渡して) 本当は扉ごと変えたいところなんだけど、なかなかねー。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 22:00:42
      • (受け取った金槌でトントン、と釘を打ちながら)先立つ物が……か。まあ、冒険やって生き延びてりゃ余裕は出てくるだろ。
        何せ十年立たずに富豪になれたりする仕事だしよ。だからまあ、お互い死なないようにしねーとな -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 22:06:32
      • 命あっての物種だからね。(……と、いうか。 あなたが一番無茶しそうなんだけど……、んー……)
        引き際は見誤らないようにしたいところですね。 あぁ、ところで。 街中で狼って見たことないですか。 
        こう、白くて大きな。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 22:25:01
      • はは、気ー付けるぜ。リッツを残してくたばるワケにはいかねーしな
        白くてデカい狼……?あ。犬かと思ってたがアレは狼か!ああ、前に店を覗いてたぜ
        エサをやろうとしたんだが、ふいっと居なくなっちまった -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 22:31:12
      • (むむ…、それは随分大人しいな……、ひょっとしたら私の時とは違うのかも……)
        ですかぁ……、最近色んな所でお話を聞くものですから……、というか、まぁ、これ、そうなんですけどね……(半分ほどふさがれた扉の穴を指さして) -- アプレシア 2010-06-15 (火) 22:47:50
      • そりゃまた……災難だな。こんな状態じゃあ鍵も掛からねえし
        続くようならそのうち討伐依頼が回ってくるかもしれねえな -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 23:02:05
      • 悪い人…、じゃない狼っても気もしなかったんですけどね。 どこか人間くさくって……
        まぁそんな話もあって気をつけて戴ければな、と……   あー……まぁ女の一人暮らしですし、多少は心細くはありますね。
        鍵がなくては余計にね。 リッツさんが少し羨ましいです。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 23:05:11
      • ああ、気ーつけるぜ。教えてくれてサンキュな!
        ふーん、なら、見つけて注意してやらないとな。そんな事で命落としちゃつまらんだろうし
        へへ、まあな!リッツは何があったって俺が守って見せるぜ。(そう、リッツだけは、どんな事をしてでも守って見せる)
        まあ、あれだ。今回みたいな事がもしまたあったら金と貴重品だけ持って宿を取った方が良いかもな。アプレシア、美人だしよ -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 23:15:02
      • (うん……、良かった。 そう、それでいい、そう私は思う…… いつかまた、彼が天秤に迷わなければいいけれど……)
        ですかねえ、安全といえば安全なんですけど……、あら。 あらあら。 ふふふ、口説いても何もでませんよ? -- アプレシア 2010-06-15 (火) 23:28:35
      • ととと、そういうつもりじゃあ無かったんだがな。気ーつけなきゃなんねえって事でよ(と、笑う)
        ほい、完成 っと(そうこうする内に扉の修理が終わる) -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 23:41:45
      • ふふ、素直に褒めてもらったという事にしておくね。
        わぁ、ありがとう。 やっぱり男手があると助かっちゃう。 何かお礼をしたいところだけど…… -- アプレシア 2010-06-15 (火) 23:46:46
      • はは、別にこのくらいかまやしねーって。 でも、そうだな……もし良かったら今度リッツを占ってやってくれないか?
        アイツもこーゆーの好きそうだしよ -- ユーリィ 2010-06-15 (火) 23:48:46
      • そんな事言われたら気安く頼ってしまいますよ?ふふふ。
        あ、ぜひぜひ! やっぱり占いを楽しんでくれるのは女の子ですからね、最近男の方の客続きで……
        あっ、もちろんそれが嫌っていうわけじゃないですよ?どんな事でもお役に立てたら幸いですし。 -- アプレシア 2010-06-16 (水) 00:05:36
      • 大歓迎さ、気安く頼ってくれて良いぜ。本当に無理なことは無理って言うしよ
        はは、まあなあ。男はどうもこういうのの結果を真面目に取りすぎるきらいがあるからな。そのくせ妙に疑ぐり深いしよ
        もちっと気軽にきゃいきゃい楽しんでくれる女の子のがやっぱ良いだろ -- ユーリィ 2010-06-16 (水) 00:10:10
      • ま、こんなお仕事だからね。疑われるのは慣れてるわ。
        うん、楽しみにしてる。 あー……、ユーリィさんはどうしますか? 何か悩み事とかないですか?
        まぁその、もし、お時間よろしければですけど…… -- アプレシア 2010-06-16 (水) 00:26:07
      • あー……無い事もねえけど、今日はもう遅いし。
        それに……この悩みを誰かに相談するのはもう少し、自分で悩んでからにしようと思う -- ユーリィ 2010-06-16 (水) 00:42:46
      • ん、疑う……? ああ、違う違う。単に俺の力不足の可能性もあるって事さ -- ユーリィ 2010-06-16 (水) 00:45:07
      • そういえば……(思いのほか作業に時間がかかっていたのか、既に陽は低く……)
        (ん……、まぁ、蒸し返す事もないですか……、元気になってくれたみたいだし、良しとしよう……)
        大丈夫、ユーリィさんなら大丈夫です。 がんばってくださいね、何がとはいいませんけど。
        何かあったら、また来てくださいね。 -- アプレシア 2010-06-16 (水) 01:09:27
      • ああ、それじゃあまたな! ……それと、ありがとな(そう言って、帰っていった) -- ユーリィ 2010-06-16 (水) 01:10:40
      • まったく……、ふふ。 お兄ちゃんはたいへんだ。  何か、出来ることはあるかしらね…… -- アプレシア 2010-06-16 (水) 01:25:33
  • やっほーアプレシアちゃーん。こないだの列車ではお疲れ様よー -- ギルデ 2010-06-13 (日) 23:53:37
    • ああっ、すみませんギルデさん。 たった今閉店になりました。(笑顔で) -- アプレシア 2010-06-13 (日) 23:54:42
      • そんなつれないこと言わないでよー。オッサン迷惑かけたと思ってイイモノ持ってきたのよー?
        アプレシアちゃん喜ぶだろうなーと思うんだけどなー(チラッチラッ -- ギルデ 2010-06-14 (月) 00:01:06
      • な、なんですか。 お菓子とかで喜ぶと思ったら大間違いですよ……(もったいつけた先を気にしながら) -- アプレシア 2010-06-14 (月) 00:19:56
      • いやー御菓子では無いんだな、残念ながら。それはまた今度持って来るから許してねー?
        今回はほれ、これなのよ。列車の事故のときにオッサンにローブ貸してくれたじゃない?
        さすがに洗って返しても嫌だろうと思ってね!新しい別なの買って来た、ってわけさ! -- ギルデ 2010-06-14 (月) 00:26:37
      • ああ、あの時の、    ……  ……ええぇえ!?い、いやいやあの、だって困ります!
        あの時だってその、引き裂けたローブを捨てていくのもなんだって思っただけですし!有効活用したかっただけですし!(ホワイトデーとは違ってまさか本当に何か返ってくるとは思ってもみなかったので大分動揺しているようだ) -- アプレシア 2010-06-14 (月) 00:37:00
      • まぁまぁ良いじゃないの!アプレシアちゃんのローブのおかげでオッサン捕まらずにすんだわけだしね!
        オッサンからの感謝の気持ちとして受け取っといてよー。日ごろお世話になってる感謝の印、ってことでもいいのよ? -- ギルデ 2010-06-14 (月) 00:39:44
      • し、しかし! しかし、うー………… で、でもこれを着てお店に立つのはちょっと、かわいいんですけど
        ああいえっ、これでは嫌だというわけではなくって!普段着ならいいかな、とか、むしろおでかけにいいかも、とか!
        あー、うー。  (途中から何を言いたいのだかわからなくなってきた)  わかりました、ありがとうございます…… -- アプレシア 2010-06-14 (月) 00:59:23
      • あっはっは!そうそう、男からのプレゼントは素直に受け取っとくのがいいのよ?
        愛を込めたプレゼントが受け取ってもらえないほど悲しいことはないからねぇ。…そういやさ、アプレシアちゃんって学園には入らないのかい? -- ギルデ 2010-06-14 (月) 01:05:26
      • (なんとなーく反応に困ったりしつつも、きっと閉店後に試着とかしてみたりするのだろう)
        っと……、学園、ですか……? 今のところ考えてはいませんけど……
        興味が無いといえばウソにはなりますね。 その、学校とか通ったことがないもので…… -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:12:47
      • そうなの?いやね、オッサンの知り合いの子にも入学した子がいてさー
        アプレシアちゃんも入学してオッサンに友達の女の子紹介してくれればいいのになー、とか思ってたりするわけなのよ
        お!興味あるの?ならいいじゃん!入学しちゃいなよー。学生生活って友達一杯出来るらしいしー -- ギルデ 2010-06-14 (月) 01:16:21
      • (そういえばリッツちゃんも通ってるんだっけ……、でもあれはお兄さんがいるしなぁ)うぅ、ん……、魅力的な提案ではあるのですが……
        私はこの通り、1人住まいですから。 お店を開けるわけにもいきませんし……  考えては、みますけど。  紹介はしませんけどね。 -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:24:23
      • あ、そっかー。そういやお店のこともあるのよね。そんじゃー無理言うわけにはいかないかー…残念
        アプレシアちゃんの制服姿、見てみたかったのになー。可愛いんだろうなー…(チラッチラッ
        あら、紹介はしてくれないのね。いけずー。っと、長居しちゃったかね!渡すモンは渡したしおっさんは帰るとするよ。まったねー -- ギルデ 2010-06-14 (月) 01:29:38
      • はい、それではまた……             ……学園、かぁ。 読み書きには困ってはいないけれども。 -- アプレシア 2010-06-14 (月) 01:37:32
  • -- 2010-06-13 (日) 05:35:00
    • やったぁ!ありがとうございます!ありがとうございます! どこに飾ろうかしら。 -- アプレシア 2010-06-13 (日) 12:27:37
      • さて、新しいローブはどうしよう…… 金縁フードのってなかなか見当たらないなぁ…… -- アプレシア 2010-06-13 (日) 23:46:28
  • (店の鍵を閉めたのを2度3度と確認すると、臨時休業の札をかけ、トランクを引く)
    たまには遠出して、情報の鮮度を保っておかないとね。 女の一人旅ってのもなんだかなだけど。
    さて、いきますか。 -- アプレシア 2010-06-12 (土) 22:16:20
  • たまの休日ぐらい
  • 店内の掃除をしておかないとね。
  • 埃積もるなあ……
  • うおぉ、窓のたてつけ悪いい
  • (しずしずと入ってきた女。目が合うとニッコリ) 干物みたいな婆さんかと思ったら 可愛い占い師さんね
    『(お腹が大分減ったわ…とてもとてもお腹が減ったわ)』 営業中よね? -- ドミナ 2010-06-10 (木) 21:55:08
    • あら……いらっしゃ―――……っ(妙に存在感のある女と目が合い、ドキリと目を丸くして)
      あ、は、はぃっ! ……あの、お食事に来たわけでは……、ないのですよ、ね。(心の声にあてられてなんだか頓珍漢な事を聞き返した) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 22:13:41
      • (一瞬きょとんとして、手の甲を口元に当てて綺麗に笑う) やあねぇ、誰かのお腹の音でも聞こえたの? でも少し当たってるわぁ あなた本物なのね
        さあ 何を占ってくれるの。なんでもいい? 『(生は嫌いなのよ生は。後始末が面倒だしね。さて、と…)』 -- ドミナ 2010-06-10 (木) 22:22:11
      • ……!(ごくりと唾を飲み込み、自分は何を言っているのだと自戒して)恐れ入ります。
        あ、はい……、お金から仕事に恋に、ご要望あらば、なんでも……(凄い美人、だけど……なんなの、これ)
        -- アプレシア 2010-06-10 (木) 22:33:44
      • ふぅん… (頬杖を付いてじっとアプレシアを眺める。真っ赤な唇から少し舌先が覗き、右から左へと滑った)
        『(褐色褐色…最近食べてないな。なにかしら、人種なのかしらねやっぱり? 歯ごたえが違うのよね 筋肉の歯ごたえが)』
        おいしい食事が取れる処、なんてどう? 私が食べたいものが分かるかしら ふ、ふ、ふ…
        『(墓地。墓石。土。棺。その中身。思い出される今のところの最後の食事)』 -- ドミナ 2010-06-10 (木) 22:39:00
      • (舌を小さくなめずる動きにびくりと怖気づきながら)お、お食事所をお探しですね……
        (なんで?それを占いの店で?人の流動の激しいこの街は人見知りをしない。そういう情報を得るにはどこにいたって事欠かないはずだ)
        (つまり……、私が思う所の、普通の食事じゃあ……うぷ……)(自分の左目を通して叩き付けられるイメージに顔を青くしながらも水晶球に光を灯し)
        …わかり、ました……、では、貴女の事を簡単に教えていただけますか? -- アプレシア 2010-06-10 (木) 22:47:09
      • (今見せた薄ら寒いイメージのせいで白々しいニッコリ) ドミナ・アルフォンスス。28歳独身。此処からとても遠いところで生まれたわ。職はー… 冒険者♪
        『(そんな気は無いけど占いを待つあいだ勝手に妄想してる。目の前の少女が死ぬところを。そして偶然(●●)そこに居合わせる自分)』
        『(かわいそうにと顔にかかった髪を払い抱き上げて、額に口付けを。そして首筋には 歯を立てて。そんな妄想してたらいつの間にか真顔になってた)』
        『(結構大きな街だから、管理の緩い墓地なんかないのかな…)』 -- ドミナ 2010-06-10 (木) 22:55:29
      • ドミナ…、さんですね……、わかりました。 では…うく…………(震える手をかざし、水晶球の光が強くなる)
        お見受けするに、この街に流れてきたばかりと察しあげます……、冒険の途、それは幸運にも貴女の願いを叶える出会い(むしろ、別れ、か……)を多く、ぁ…っぐ……
        (椅子をがたりと引き、思わず首筋の辺りを押さえて女の顔を見上げる)ぅ、あ……、失礼、しました……、続けます……
        (脂汗を滲ませ、ひゅう、ひゅうと過呼吸気味の息を交えて占いの結果を述べていく)
        (おち、つけ……、殺意は、感じない………、ひとを、死体を、喰らうのか、このひとは……)(心臓の辺りをぐっと押さえる。自分の体が噛み千切られていないのを確かめるように)
        多くの弔いに、身を寄せてみてください……、かつて居た剣の持ち主に思いを馳せてみてください……
        (あ…れ……、私、何占ってるんだっけ……)(既にそれは食事所などとは掛け離れていて)街の東門でて、しばらくの所に身寄り無き冒険者の無縁塚が、あります……、彼らが、この世に居た証しを知ることが、貴女の幸運に、繋がるのではないか、と…………(そこで黙りこんでしまう。もう、言葉が続かない) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 23:28:22
      • (黙って占いの結果を聞いていた。余所行きの愛想でも薄汚い妄想にふけった上の空の顔でも無い、アプレシアに抱いた疑惑を見極めるようとする顔で)
        変ねぇ、私は食事処を聞いたのだけれど。葬式の席でタダ飯にありついてこいと言うの? それともあなたは 私が誰だか知っているのね?
        (俯くアプレシアの目の前に白い手が差し出される。真っ赤な爪の指が開かれると そこには 眼球     …を模した小物だった。雰囲気たっぷりの文鎮だ)
        くっ クックックック…あぁっはっはっはっはっはっはっ…『(ぶふーーーーっ びびりすぎ! うけるー)』 -- ドミナ 2010-06-10 (木) 23:46:26
      • い、いえ、ただ……私は……ひ……っ?! (作り物の眼球を見て、上ずる悲鳴)
        (なんなんだ、これ……私は、からかわれているのか……)(動悸の流行る胸を掴んで見上げる顔に浴びる笑い声はなんとも屈辱的で) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 23:56:42
      • (遠慮なく笑い通してから髪をかき上げて) ああおかしかった…占い師として本物なのはわかったわ。為になる事も聞けたし、御代払うわよ いくら?
        『(東門、か…気づかなかったな。夜を待つか。褐色がいいなぁ、今の気分はすっかり褐色よ)』 -- ドミナ 2010-06-11 (金) 00:11:33
      • はぁ、は……、はぁ…………、え、あ?  こ、これだけ……(真上に料金表があるにも関わらず、両手で金貨の枚数を示して)
        (今夜、早速その「食事」をするのだろう。しかもそれに自分は手を貸しているのだ、なんということだろう) -- アプレシア 2010-06-11 (金) 00:32:05
      • はい♪ (手を取って金貨を握らせる。金貨は花の香水の香りがついていた。目玉の文鎮はテーブルに置きっぱなし)
        それもあげるわ。表の露店で売ってたの、悪趣味よねぇ けど雰囲気は出るんじゃない? それじゃあね、占い師さん
        『(あのびびり様なら触れ回る事も無いだろうけど…ま、その時はその時で。本当、その時はその時で。はは)』
        (わずかばかり思案してから女の足は東門へと向かったのだった) -- ドミナ 2010-06-11 (金) 00:44:32
      • (女が出ていくまで縮こまったように一言も発しない。なるほど、アプレシアが女の正体をどうこうする事は今後もないだろう)
        …………はぁ、ぁ……(1人になるとがくりとへたりこみ、そして)あっぷ、う、ぇ、うえええ、ぇ…………(しばらく前に食べたパスタを全て吐き出すまで嘔吐してしまった)
        (この日は店の看板が下りるのがいつもより早かったという) -- アプレシア 2010-06-11 (金) 00:49:22
  • はぁーいアプレシアちゃーん。先月は色々悪かったね!お詫びとお礼をかねてプレゼントの配達だわよー
    ほいっ、これ!先月貰った店のチョコベーグルのお得セットだわよー
    あれ、自分のために並んで買ったんでしょ?ホントごめんよー。そんでもって、ありがとね! -- ギルデ 2010-06-10 (木) 19:56:23
    • (ギルデが黄色い声を上げて(CVイメージ三宅健太)店に入って来るとビックリするほど反応が無い)
      ………………すー(よくみるとしばらく客足がなかったのか、店主が机で居眠りをしてるのを見つけた) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 20:31:17
      • …おろ?寝てんの?……いかんっ!!この、この可愛らしい寝顔…っ!殺人的だ…!!
        よし…この、天使の寝顔を網膜に焼き付けるぞ…っ!(凝視するオッサン) -- ギルデ 2010-06-10 (木) 20:47:51
      • (すんすんと鼻が動いた、チョコの匂いに反応しているらしい)は……、はぅ…………
        だ、だめ…………これいじょうは……ふとる、からぁ…………(なんか魘されはじめた) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 21:04:41
      • …いつの時代も女の子は糖分と戦っているのね。頑張れダイエット戦士。しかし今日ぐらいは休息してもよかろうて…
        アプレシアちゃんは太ってなーい…全然太ってナーイ…だから食べても大丈夫…全部食べても全然太らなーい(耳元で暗示をかけるオッサン) -- ギルデ 2010-06-10 (木) 21:29:23
      • う、うぅう…う、うーん、うーん…………、た、だまれ3○歳……(夢の中で何があったのか知らないが偶然にもオッサンの実年齢と同じ誰かを退けているらしい)
        私は騙され………、ん、ぁ……?(うっすらと目を開いた) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 21:46:32
      • うぐっ!?なな、何故にオッサンの秘密を…っ!?!?誰にも言ってない筈なのに…!!(狼狽えるオッサン)
        …あら、お目覚めかい?グッモーニンアプレシアちゃん。寝起きにダンディなオッサンと出会えた気分はどうかね -- ギルデ 2010-06-10 (木) 21:48:28
      • は……、あれ? え? あれ!? おはようございます? (頭に?が量に浮かぶ寝起きテンション) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 22:09:35
      • はい、おはようさん。キミの寝顔はとても可愛かったよ。眼福眼福ー
        ってなわけで改めてプレゼントじゃよ。受け取りたまえ!そんでもって食べたまえ!寝起きだし腹も空いたろう! -- ギルデ 2010-06-10 (木) 22:12:12
      • え?へ?(だんだん頭がはっきりして状況が把握できてくる。また寝てしまっていたこと、あまつさえこいつに見られていたという事)
        〜〜〜っっ!!(もういっそ魔法で吹き飛ばしてしまおうかと思った眼前に見たことのある紙袋、いつも売り切れていたあの店の)ぇ、え……?
        なんですか、これ…… -- アプレシア 2010-06-10 (木) 22:23:03
      • 何ってそりゃ決まってんでしょー?ホワイトデーのお返しよ。先月のあれ、並んで買ったんだって?
        そんなら並ばなくても良いようにオッサンからまとめてプレゼントってわけだ!ホント、悪かったね -- ギルデ 2010-06-10 (木) 22:27:11
      • あ……(すぐ傍にあった星図表を見る、今日は14日)これを?わざわざ……?
        (ギルデは軽く言っているが、少なくとも彼女はこれを手に入れるのにそれなりの苦労を払うものだと思っている) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 22:39:47
      • うむ!愛するアプレシアちゃんのためならこのぐらい屁でも無いさね!火の中水の中よー
        ま、ちょっち並んだけどね!いやー、流石に朝の5時から並ぶのは辛かったけどね!
        そんでもこれでアプレシアちゃんが喜んでくれるならオールオッケーってことでー…嬉しくない? -- ギルデ 2010-06-10 (木) 22:49:11
      • (正直な所結構嬉しい。あの迂闊にも差し出してしまった日を売り切れの看板を見るたびに何度思い返したか)
        ……ば、ばかじゃないですか!?ばかですよ!大体ですね!女の子にお菓子をあげたら喜ぶと思ったら大間違いですから!
        予定外のスイーツは敵です!敵なんです!そんなことも解らずにですね!(言いながら顔を赤くしつつ紙袋をひったくっている) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 23:31:32
      • ふーむ、ちょっと多すぎたかい?これで喜んでもらえないんならー…どうしましょ
        予定外が敵ならさ、日にちを指定してくれればその時に届けに行こうじゃないの!
        オッサンそのぐらいはしてみせるよ?アプレシアちゃんが喜んでくれるなら安いもんさね。他には何かお望みかな、お嬢さん? -- ギルデ 2010-06-11 (金) 00:12:11
      • う、うー……(邪険にするような事でもないので逆に反応に困っている)
        とっ、ともかく!今は営業中ですからっ!!占いを行わないのであればお引取り願いますっ!
        同伴者もいないようですし? -- アプレシア 2010-06-11 (金) 00:42:12
      • おっと、確かに長居しちゃ営業妨害になっちゃうわね。そんじゃ、邪魔者はそろそろお暇しましょうかね
        またね、アプレシアちゃん。ベーグル、ちゃんと食べてね?(楽しそうに笑いながら帰るオッサンだったとさ) -- ギルデ 2010-06-11 (金) 00:50:17
      • ……たくもう、本当になんなんだか……(まだ焼きたての熱の残るベーグルの袋を見て)
        (しかもタイミング悪く今日は3時におやつも食べてしまっていた少女の心境は複雑で)

        (その日の夜、袋は空っぽになっていたとさ) -- アプレシア 2010-06-11 (金) 00:55:01
  • 「臨時休業」占いの店ログロジックの店先には月に一度こんな札がかかる。
    この日は良く出歩く店主を外で見掛ける事も無い。 -- 2010-06-09 (水) 21:03:21
    • うぇ…………、うぐ…………
      店の奥のの店主の自室からは小さな呻き声が時折響く。
      この一日をずっと其処で過ごすのが彼女の月一の習慣となっている。 -- アプレシア 2010-06-09 (水) 21:09:46
      • ん、今日は休みなのか(特に用はないが、近くに来たので挨拶でもしようかとふらりと訪れれば店には「臨時休業」の札) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 21:13:59
      • あの日が月二回くるようなもんよね……、毎度の事ながら慣れないな……
        月に一度。アプレシアに埋め込まれた宝玉が取得した心のログの整理を行う。
        宿主の脳の負担を和らげる為の措置とされているが、詳しい事は良く解っていない。
        解っているのは整理とやらが左目の奥と下腹部に重い鈍痛をもたらす事だけだ。

        うぁ……(微かに聞こえた知ってる声、出来れば歩きたくも無いが)無視するわけにもね……(扉の薄さを呪いながら、のそのそと動き出し)
        あら、ユーリィさんでしたか……(酷く青ざめた顔を出した) -- アプレシア 2010-06-09 (水) 21:25:31
      • (帰ろうとした所で出てきた知り合いの姿に驚き)
        と、おいおい大丈夫……なわきゃないか。酷い顔色してるぜ(慌てて支えようとする)
        (心の声:この季節だし風邪か?こっから一番近い医者はどこだったか……いや、まずは休ませねーと) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 21:33:48
      • (うぅ……、嬉しいけど……、医者は困るぅ……)
        あ、ありがと……、でも、ご、ご心配には及びません……、一日横になってれば治りますから……
        ほら……熱もないですし、ね?(手を取って、自分の額にあてて) -- アプレシア 2010-06-09 (水) 21:46:53
      • ん、そうなのか……? でも(と、言いかけた所で手をアプレシアの額に導かれ)
        確かに熱は無い、か。体調の悪い時に歩かせちまったみてえで……すまねえ
        (心の声:持病か何かか?なら、正直俺に出来る事は殆ど無いが……)
        部屋まで、肩を貸そうか? -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 21:54:45
      • い、いえ、わざわざ尋ねてくれたのでしょう?
        (ま、ぁ、持病、かな……、月のモノなんて男の人に言えるわけが……)
        い、いえ、大丈夫です、1人で(言いかけて、貧血にも似た眩暈を覚えて)すみません、お願いできますか…… -- アプレシア 2010-06-09 (水) 22:03:21
      • ま、近くに来たから軽く挨拶程度に、な
        ああ、いいって事さ。辛い時にゃあ無理はすんなよ……(体格差から肩を貸す、と言うより寄りかからせるようにして、奥へ) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 22:14:19
      • う゛ー……、すみません……(体重を預け、半ば引き摺られるように奥へ行く)
        (店内の雰囲気と違って、歳相応に女の子らしい部屋だ。 すぐそこにベッドが見える) -- アプレシア 2010-06-09 (水) 22:30:19
      • 困った時はお互い様、ってな。他になんかあったら遠慮なく言ってくれよ?
        (心の声:リッツの部屋もそうだけど、女の子の部屋ってな可愛い感じにまとまってるなあ。散らかってる俺の部屋とは大違いだ)
        ちょっと失礼すんぜ……よ、っと(ひょい、とアプレシアを抱き上げてベッドに寝かせる) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 22:37:39
      • (う、うぁー、部屋見られるの変な気分だ……) う、ん……、ごめんね、ありがと…………
        (なんだか謝ってばかりだな思いつつも、ベッドにぐったりと体重を預けて)
        (ベッドの横のサイドテーブルを見ると空の瓶―水分補給に用意したもの―が目に入る) あ、あー、えっと……、そこの、水の……
        (最後に瓶に水を汲み直しておいて欲しいのだが、意識が朦朧として言うことがわやわやだ) -- アプレシア 2010-06-09 (水) 23:04:56
      • どういたしまして、ってな。ま、気にすんなって
        そこの……おう、これか?(瓶を持って) ん、すまん、もう一度頼む(上手く聞き取れず、耳を口元に近づけ) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 23:08:32
      • (うぉ、う…、あたまいたい、からだおもい、かおちかい…、かおちかい……!)ぁー…ぅー……、み、みず……、みず、いれて、きて…… -- アプレシア 2010-06-09 (水) 23:23:01
      • 水、だな。おっけ、すぐ入れてくるから少し待ってな(瓶に水を入れに行き) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 23:26:49
      • (ぼやけた視界でユーリィの背中を見ながら)ぁー……、いいなぁ、ああいうのがおにいちゃん、かぁ…………
        わたしも、いたらよかったなぁ………… -- アプレシア 2010-06-09 (水) 23:34:33
      • (そうして、言葉通りすぐ戻ってきて水を入れた瓶をサイドテーブルに置く)
        それじゃあ、ここに置いとくぜ。眠れるなら、少し寝ちまえよ……少しは楽になるはずだ(指先でそっと前髪を払ってやり) -- ユーリィ 2010-06-09 (水) 23:43:25
      • (眠い……、というか、意識が落ちそうだ…………)う、ん……、そうさせて、もらうね……
        ありがと……、おにい、ちゃ…………(無意識に出た妙に幼い雰囲気の言葉を最後に、眠りに落ちた) -- アプレシア 2010-06-10 (木) 00:06:35
      • (クスっと小さく笑って)ああ、おやすみ、アプレシア(どこか懐かしく、優しい気持ちで) -- ユーリィ 2010-06-10 (木) 00:11:09
  • おーす、今月はお疲れー それと手袋おめでとさん(ちょと羨ましいなーとか思いながら)
    ずいぶんとアスレチックなトコだったけど、みんな無事生還で何よりだったなー -- ロタ 2010-06-08 (火) 23:52:56
    • いらっしゃいませ、ようこそ占いの……っと、ロタさんでしたか。 先日はほんとにお疲れ様でした。
      よもやあれほど足場が悪いとは……、あ、ありがとう。 私が貰っちゃって良かったのかな…… -- アプレシア 2010-06-08 (火) 23:56:13
  • (店内の天井に変な穴が開いたかと思うと、上から銀色の肌の修道女がズドン!と重げな音と共に落ちてきた)……ここは…店…?(…音恥ずかしい、体重重いから…と考えつつ)
    (何故こんな所に落ちたのでしょうか?あの穴は…?と思いながら、店主らしき女性を見つけて)…失礼、ここはどの辺りでしょうか? -- モル? 2010-06-08 (火) 16:38:38
    • っ?!(奥の自室で勉強をしていると、突然店の方で大きな音)
      店はもう締めたはずだけど……、まさか強盗?!(ローブを羽織り武器を手にし、恐る恐る店内を覗き込む、と尻餅を付いた銀の肌の女性が一人)
      あの(一先ず問いかける前に問いかけられた)へ?あ、あぁ……、ここは街のちょっと外れ辺りだけど……(あっちのほうに酒場があって、あっちに広場が〜と指さしながら) -- アプレシア 2010-06-08 (火) 20:32:46
      • …いえ、急に失礼いたしました。何やら妙な穴に落ちたと思ったら、いきなり現れて…。不躾な御来訪をお詫びします(ぺこ、と申し訳なさから頭を下げる)
        (落ちた場所からそう離れてないわね、と思いつつ)ご丁寧に有難うございます。迷わず帰れそうです(と、ここで初めて店内の内装に気付き)…ここは、何かの店でしょうか? -- モル? 2010-06-09 (水) 01:16:50
      • 強盗……、じゃないのは確かみたいね。(ほっと胸を撫で下ろし) あ、ううん、気にしないで! 多分…だけど、私も同じ目にあったから……
        そう?良かった。そしてようこそ、ここは占いの店ログロジック。 といっても今日は店を閉めた後なんですけど…… -- アプレシア 2010-06-09 (水) 01:23:03
      • 多元的に起きてるようですね、あの穴は。危険極まりない…。おや、占いですか(そういえばセンチャも占いできたな、とか思いつつ)
        閉店後に来訪するのは失礼ですね。騒ぎを起こしてしまいましたので、後日、何かお詫びの品を持って現れるとしましょう。
        では夜分遅くに失礼しました。御機嫌よう(と一礼し、床はへこんでないかと心配してちらっと見ながら去っていった) -- モル? 2010-06-09 (水) 01:28:39
      • (そういえば落ちた先の……、ノーラさんもこの事態が多発してるって言ってたっけ)なるほど、まさかここにも繋がるとは……
        いいええっ、お詫びなんて……そうですね。ではまたいらしてください、その時は占術のご披露をさせて戴きますね。
        ん……、床を、見た……?(モルの見た先にあったのは、少し丸く凹んだ木の板) あっちゃ……(後日、店の装飾に厚めの絨毯が増えたそうな) -- アプレシア 2010-06-09 (水) 01:44:15
  • ID:408000以降の新人であるあなたが歩いていると突然落とし穴式のワープゾーンが開いた、すぐに閉じてしまうため落とし穴があると認識したときにはただの地面になっているだろう、不意に落下する以外に通る方法は無い -- 2010-06-08 (火) 15:53:35
    • ふぅ、今夜はそろそろ店じまいかな、っと……  っんーーーーーっ(両手を広げてぐーっと背伸び)
      うぁわっ!? (背もたれに体重を掛け過ぎて後ろに倒れる、彼女は床にぶつかった瞬間の痛みを想像したが……)
      (店内には転がった椅子だけが残され、彼女は消えていた。) -- アプレシア 2010-06-08 (火) 21:31:37
  • (“占い屋、か。当たるも八卦当たらざるも八卦…しかし、ここらじゃ案外『当てる奴』のほうが多かろう…よし” …のそりと店内に入り)
    頼もう、占っていただきたいのだが… (“…料金書きはどこだろう” と、さりげなく店内を伺い) -- ケルムト 2010-06-06 (日) 21:15:06
    • すぴー…………(占いの机の上に突っ伏して居眠りしている店主が居る。少し上に目を向ければ占いの種類によった料金表が見えるだろう)
      (概ね、どれも金貨数枚。星、タロット、手相、姓名、何を占って欲しいかに関わらずやる事を増やす毎に加算されていく方式のようだ) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 22:28:57
      • (“…何でもありだな、占いっていうのは…どれ、それなら” チャリと金貨を取り出し) タロット占いを…って寝てるじゃんッ! -- ケルムト 2010-06-06 (日) 22:37:29
      • んぁ……(声に反応して寝ぼけ眼で上を見て、客と目が合う)
        …………………………寝てませんよ!?    って、あ、あっ!!いらっ、いらっしゃいませ!!(わたわたと崩れたローブを直して、姿勢を正した) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 22:42:10
      • (“……” チャリ、チャリと金貨を置いて) …星占いを頼む。星の巡りというのも結構バカにならないものだからな -- ケルムト 2010-06-06 (日) 23:05:54
      • (あ、よかった、怒られて無い……)はい……、準備をしますので、少しだけ待ってくださいね。(自分の向かいの椅子をどうぞと勧めながら)
        (プラニスフィア、ホロスコープ、水晶玉と机に上に並べていき)それでは…、まず、何を占いましょうか?仕事でも、お金でも、恋に出会いに……(よく占われるような項目を指折り数える) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 23:13:25
      • そうだな…(“明日の命も大事だが…さて” と顎に指を当て) 出会い…で、頼む -- ケルムト 2010-06-06 (日) 23:16:05
      • かしこまりました…………(水晶玉に手を翳すと、淡く光が灯る)
        では……、貴方の事を簡単に教えていただけますか? それと、差し支えなければ生年月日を。 -- アプレシア 2010-06-06 (日) 23:18:16
      • ケルムト・トライア。冒険者をやっている…昔は船乗りだったんだけどな、仕事場をイカだかタコだかに沈められてしまってね
        …生年月日は…エエト、125年の2月14日だ -- ケルムト 2010-06-06 (日) 23:48:13
      • ケルムトさん…、ですね……  わかりました。 始めます……(カリカリと歯車の音。手も触れずに(もちろんただの遠隔操作なのだが)星座を表す道具のそれぞれが勝手に生年月日と今日の日付に合わされる)
        水瓶座……、お見受けするに、貴方は冒険者として既に多くの出会いを重ねて来ているのですね……(このような話方で、冒険者としての過去を相手に想起させるのだろう)
        一つ、貴方にとても近い関係を持った星がかつてあった事が見えます。 肉親……、でしょうかね。 今は既に流れてしまい詳しくは分かりませんが、良い弔われ方をしたようです。
        もしかしたら貴方の冒険の上での出来事だったのかもしれませんが……、貴方に生きていてほしい、星のそういう導きを感じます。
        剣を置き、腰を落ち着けるにはいい時期なのかもしれません。 あ、少し俗な言い方しますね。 婚姻に適した出会いがこの街であるかもしれません、という事です。
        (結婚をしろって言われてるみたいだし、ね、ここは急かしてあげましょう)この街に久しく大きな賑わいが訪れています。そして水瓶座は幸運を表す星々で出来ています……、惚れた腫れたの話に拘らず、大きな流れを瓶で掬うように。様々な所に出歩くと最良の出会いがあるかもしれませんね…… -- アプレシア 2010-06-07 (月) 00:29:00
      • (“占い師に良くある『言葉のマジック』…ってワケでもないな。…どうやら、当たりらしい”と、感心した素振りを見せ)
        なるほど…参考になる。というか、思った以上だった。…そうか、待ち人来たらずと言われたらどうしようかと思ったが…
        (うんうん、と頷いて)…ありがとう -- ケルムト 2010-06-07 (月) 00:35:35
      • (ん……、納得して貰えたかな……、うん、ごめんね、話術ってわけでもないけど……)
        お褒めに預かり光栄です、悪い結果でなくて良かったです。もしよかったら、また来てくださいね。
        あ、ひょっとしたらその時は待ち人とご一緒かもしれませんね。 カップルで来られるお客様も結構いるんですよ。 -- アプレシア 2010-06-07 (月) 00:51:52
      • そいつはいい。今度来るときは、君に相性占いをお願いする…ってわけだ
        (一瞬の思案、少し可笑しげに) …そんな歳でもないかな? -- ケルムト 2010-06-07 (月) 00:56:12
      • ええ、是非に。  そうですね、かつて……占いは人の人生の多くを占めていました。
        今のように先を知る術が余り無い頃、占いは自らの進む道を切り開く支えだったんです。
        今でこそお客様は若い人ばかりですけど、その本質はきっと変わってませんから……、丁度こないだおじいちゃんが一人来ましたしね。
        ああいえ、あのだから年齢なんて関係ないと思いますっ、もし先行きに迷う事があれば微力ですがお力になりますよ。 -- アプレシア 2010-06-07 (月) 01:08:24
      • (はにかんだ表情を伏せがちにして)そう言ってくれると、なんだかありがたいな
        そうだな、いいひとが見つかったら…もしくは何かに躓いた時は、遠慮無く訪問させてもらうよ。…重ね重ねでありがとう、だな -- ケルムト 2010-06-07 (月) 01:12:41
      • はい!ぜひご贔屓に。 またのお越しをお待ちしております!! -- アプレシア 2010-06-07 (月) 01:27:21
  • ふむふむ、看板屋? 看板屋さんがいるのね。  どこにいるのかな……(地図を引っ張り出してきた) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 18:21:30
  • (倒立した幼女が近寄ってくる。コートがずり落ちてパンツ丸見え。因みにポケモンのアニメプリント柄) -- アトリア 2010-06-06 (日) 03:37:08
    • また……、なんか変なのがいるぅ……、お家賃ケチるんじゃなかったかなぁ、でも礼金も0だったし……(机に突っ伏して考え込んだ)
      (顔を上げて、もう一度見て)う、うん。 なんだかさっきのよりは話が通じそうな感じだわ……、人に見えるし…… -- アプレシア 2010-06-06 (日) 03:42:37
      • (のっそのっそと近づくパンツ丸出し幼女。足がぷらぷら揺れてて危なっかしい) -- アトリア 2010-06-06 (日) 03:44:29
      • (あ、あれ…、よくわかんないけどひょっとして無理してるのかな……)
        あ、あのう、もし宗教上の理由とかそういうのでなかったら、店内では普通に歩くことを推奨しますけど……(危なっかしくてそわそわしながら) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 03:47:07
      • む。(ばたーんと倒れて、のそりと立ち上がる)とうりつごっこはたいりょくつかうなー(へへへと照れ隠しに笑いつつ)
        あり、ここどこ?(きょろきょろ、知らずの内にここまで来ていたようだ。相当集中していたのだろう) -- アトリア 2010-06-06 (日) 03:49:54
      • あ……!(反射的に机の上から手を伸ばした、もちろん届きはしない)だ、大丈夫……?
        よかった、とりあえず人の言葉を喋るのね……(怪我がどうとかじゃなくてそっちにまず安心した) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 03:52:49
      • んむ、へいきへいき。それよりここどこ?アトまいごになったの?
        んむ、アトはひとじゃないけど、ひとのことばをはなします。べんりだしね。
        //眠い中来てごめん…文通で良いのよ! -- アトリア 2010-06-06 (日) 03:55:06
      • へ……あ、うん、人ではないのね……、まぁそこはだいぶ慣れたけどさ。
        ここはね、私のお店。 ようこそ占いの店ログロジックへ。 ええとアトちゃん?かな?
        なんか占ってく?帰る場所だったら占いじゃなくてそこに地図があるけどね。
        //はいぃー、お気遣いありがとうございます。 ちょっと寝てきます…… -- アプレシア 2010-06-06 (日) 04:03:52
      • ドラゴンなのだ、えっへん。(偉そう
        うらないやさん?おもしろそう!うらなってうらなってー!!(因みに今のアト山の精神世界を覗くとこんなん
        //はいー、おやすみなさいー -- アトリア 2010-06-06 (日) 04:34:21
      • ああ、なんだドラゴン……、ドラゴン? う、うん、まぁいいんだけど……(あ、これアクセだと思ったら直に生えてる……、角?)
        ん、ま、それはそれとして。 うん、いいよ。 じゃあまず何を…うっぷ……
        (う、うぇ、な、なにこ…………(サイケデリックな心象風景に顔色が悪くなる) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 18:13:27
      • うん。アトはドラゴンだよ、マジで。しゃしんあるけどみる?
        んー?どったの?ぽんぽんいたい?(急に気分悪そうにするアプレシアを心配そうに覗き込む -- アトリア 2010-06-06 (日) 18:29:08
      • あ、だ、大丈夫です。 すぐ慣れますからうぷ……、すー、はー。(目を閉じて呼吸を整えて)
        なるほど、せっかくなので見せていただきましょうかね。 占いというのはお客様の事を知れば知るほど当り易くなるというものです。 -- アプレシア 2010-06-06 (日) 18:34:32
      • ふうん……なにになれるの?ていうか、なににきもちわるくなったの?(首を傾げて)
        うん、じゃあ、はいー(と、一枚のポラロイドを渡す)えへへ、かっこいーでしょー!! -- アトリア 2010-06-06 (日) 18:41:09
      • そこらへんは、えっと、っき、企業秘密です……(空元気営業スマイルで)
        おぉ、これが……、え、えぇ!!?(写真とアトちゃんを何度も交互に見て)(うん……、うん、良く聞き取れないけど嘘はついてない……よね)
        そうかぁ……、ドラゴン種族なんて書物でしか見たことなかったけど……  この街は本当になんでもいるのねえ。 -- アプレシア 2010-06-06 (日) 18:58:26
      • えー?ケチー、けちんぼー、ががんぼー!!(ぶーぶー
        んにへへ、なんならいまここでへんしんしてあげよーか?(他意はない)
        うん、ちなみにドラゴンはかなりいっぱいるよ。なんれいが6ケタのドラゴンもいるー、ちなみにアトは2000ぐらいかな -- アトリア 2010-06-06 (日) 19:09:52
      • ふふ、気前の良さが美徳と限らないこともあるので、ががんぼ……?
        それは店外でお願いいたします。うん、うん……、なるほど……、なるほどね……、6ケ…きっとそれが貴方達の常識なのね。
        (勉強する事が増えてくな…、今夜は本屋さん何時までやってるかしら……)よし、じゃあアトちゃん。 何占おうか。 -- アプレシア 2010-06-06 (日) 19:21:35
      • むぅー……べつにいいじゃない、へるもんじゃなしぃー……
        ですよねー じょーしきっつーかさ、まあ、それぐらいならがんばれるじゃん?みたいな。
        んー、そーだなー じゃあ、アトはいつになったらおっぱいおおきくなるかうらなって! -- アトリア 2010-06-06 (日) 19:27:01
      • 減るのでダメです。おっぱ……、あ、うん。 えっとそれはその姿の時の話よね、きっと。
        ううん……(一応、形式的に水晶玉に明かりを灯し) (とはいえ……、ドラゴンの生態なんて全然詳しくないしなぁ……)
        アトちゃんは2000歳なんだっけ…、いつごろ位からそんな姿なの? -- アプレシア 2010-06-06 (日) 19:33:20
      • むぅー……もういいや(根負けした) え?ああ、うん、まあそういう?(よく分かってない)
        んー、このすがたになったのはだいぶまえからだけど、すがたはじゆうにかえれるよ。ただ、おっぱいだけはどうしてもおおきくできないの。しんちょうとかがいけんねんれいをあげたりとかはできるんだけどね
        //もうごはんだわ、離籍しますー、ごめんなさい! -- アトリア 2010-06-06 (日) 19:43:04
      • うん……、そうだなぁ、うーん…………(つまりどんな姿にでもなれるのに胸の大きさだけ変えられないと……、となると……、魔術的にはそういう概念であるとしか、でも常識通じないしなぁ……、ともかく)
        ……いつか必ず大きくなるわ、その時私の目が黒いかどうかはごめん、わからない……
        けど、信じれば必ず望みはかなう。 あなたには莫大な時間という強力な武器が齎されているのだから……(ああ……、なんだこれ、月並みな事しか言えてないにも程がある……) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 20:17:46
      • ……ふーん……(なんとなく、言わんとしていることが飲み込めていない。)ようするに、まてばかいろのひよりあり……そういうこと?
        なるほど……!つまり、きぼうはあるんですね!! -- アトリア 2010-06-06 (日) 23:21:04
      • (ふ、ふ……、流石にこれは責任はもてないけど……)ええ、希望は確かにあります。
        待てば海路の日和、正しくその通りでしょうね。 10年、100年、アトちゃんには決して長い時間ではないのかもしれませんが……
        その時はきます。     多分。 -- アプレシア 2010-06-07 (月) 00:31:19
      • やった!よかったー、しりあいに「アンタは絶望的よ」みたいなこといわれてー、やっべー!!とおもってたところなんですよー!
        100ねんかー……うし、じゃあしんじてまってみるかな!(すっかり信じ込んでしまっている!)
        そーいえば、うらないしさんのおなまえはー? -- アトリア 2010-06-07 (月) 00:35:39
      • (う……、よくわかんないけどドラゴンの知り合いとかにそう言われたんならそうなのかも……やっばー)
        え、あ、ああ……、そうね、そうだったね。うん、私はアプレシア。 アプレシア・リバーベッドだよ。
        アトちゃんは、えーっと、アト、でいいのかな? -- アプレシア 2010-06-07 (月) 00:49:03
      • うゆ?かおいろわるいよーどったの?またきもちわるくなった?(心配そうに見つめる)
        アプレシアさんかー、かっこいいなまえだね!うん、アトはアトリア!よろしくねー? -- アトリア 2010-06-07 (月) 00:55:26
      • う、うん!?なんでもない、なんでもないよー? そっか、アトリア。いい名前だね。
        よかったらまた来てくれる? -- アプレシア 2010-06-07 (月) 01:18:40
      • にひ、そう?おほしさまのなまえなの。みなみさんかっけーのいちばんあかるいほしだったっけなー
        うん、こんどはもっとべつのことうらなってもらいにくる!んじゃ、アトそろそろかえるね!ばいちゃー!(体を霧に変えて、やがて四散し消えた -- アトリア 2010-06-07 (月) 01:20:13
      • うわっ、びっくりした……、あれが……ドラゴン種族……
        Alpha Trianguli Australus、か……、星の導きも捨てたもんじゃないのかもね。 -- アプレシア 2010-06-07 (月) 01:22:46
  • エフッエフッエフッ(いつの間にか店内に湧いていて、本に挟まれたりして遊んでいる) -- クセルクセス 2010-06-05 (土) 19:57:09
    • さぁてと、今日はそろそろ店じまいかなーっと……(夜…10人近いお客を相手にして流石に外の人通りも途絶える時間、ペンを耳に挟んで帳簿を眺めている)
      ……うん、段々軌道にのってきたかな。 今度は出店に出張してみても……ってんひぃ!?(全く気付かない間に店内にいた謎の毛むくじゃらの物体に全力でビビる)
      で、出たわね、もけもけ人……(テオドールは特に何もしなければ無害といっていた、がしかし、全力で警戒しながら様子を伺っている) -- アプレシア 2010-06-05 (土) 23:24:54
      • ‥‥‥‥(悲鳴でアプレシアの存在に気づき、本の下敷きになりながらも見つめ返す)
        ‥‥‥たみー?(この共和国の住人か?と問いたいらしい) -- クセルクセス 2010-06-05 (土) 23:34:59
      • あ、すごい、なんか言ってることがわかる……、他のは何にも聞こえないのに……
        はっ、か、感心してる場合じゃない……、じ、住人って何よ。ここは私の家だってば……
        随分やすい家賃の割りには色々整ってて生活に必要なお店も近くにあったし…… -- アプレシア 2010-06-05 (土) 23:40:42
      • (人語を理解する分人間の思考をするからか、心が読めるのかも知れない)
        いえー?ひといえー、くにー‥‥(此処も人間と住む国か、と納得する。)
        よろー、よろろ、しくー(これからも仲間を訪ねに此処を訪れるからよろしくと、挨拶のつもりらしい) -- クセルクセス 2010-06-05 (土) 23:54:34
      • だ、だから、国とかじゃなくって……! あぁ、私なんで普通に会話して……
        (う、ん、まぁ……、テオドールさんの言っていたとおり、何もしなけりゃ害は無さそうだけど……)え、あ、うん、よろし……ダメだよ!?ここそういう所じゃないからね!?
        まぁお客さんとしてならともかく…、こいつらお金もってんのかな……、そもそも未来とか気にしてるのかもよく…… -- アプレシア 2010-06-06 (日) 00:11:01
      • だめー?‥‥めー(国じゃない?よくわからないといった顔。じっと見つめる)
        かね‥‥くえー、これ(現金は出せない。代わりに友好の印か引っ越し祝いか、素手で握られた生蕎麦を差し出す。)
        -- クセルクセス 2010-06-06 (日) 00:19:30
      • コミュニケーションが取れると、悪い奴じゃないのかもしれないけど、うぅ……
        ひっ、なにこ、なにこれ。 食べ物……?(どうやら彼女は蕎麦をまだ食べた事はおろか見たこともないようだ) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 00:31:31
      • ‥‥‥‥‥もけけっ(考え込むアプレシアをじっと見つめている)
        くえー、なー?‥‥じゃー(握ってたためか少し縮れた生蕎麦を床に置くと、ふらっと帰ってしまった) -- クセルクセス 2010-06-06 (日) 00:38:19
      • あ、出て行った……、なんだったんだろう、本当に害はなかったけど……
        なんだろ、パスタみたいな感じだけど……、食べなきゃダメかなぁ……(床に置かれたそれをつまみあげて匂いをかいで見る)
        うん、特に怪しい感じはないかな。  ……って、床に落ちたものを食べれるわけないじゃない!!(逆にそれがなんなのか気になってしまった彼女は夜遅くまで蕎麦について調べてしまうことになった) -- アプレシア 2010-06-06 (日) 00:49:13
  • うーす、来月同行のユーリィだ、よろしく。あと、一応この街でサ店やってる(一見気怠げな青年が訪れる)
    (心の声:次の依頼の同行者……占い師って事は魔法使いか?年は見たとこ俺とそう変わらないくらい……眼帯に切り札仕込んでる可能性があるな) -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 16:34:52
    • は、はぁーいーっ!何を占……、あぁっ、貴方がユーリィさんですね!(来月の依頼が書かれた紙と見比べ、手を叩く)
      よろしくお願いしますね、私はアプレシア。 私もこの街で…ん、まぁ、見ての通りですね。占いをさせて戴いてます。
      (値踏みされてる感じ、好きじゃない、けど……まぁ一緒に冒険に出るんだから当然、か……)
      お時間よろしければ、あの、どうですか? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 16:49:24
      • おう、よろしくな、アプレシア(笑ってみせ)
        そいじゃ、せっかくだし一つ頼んでいいか?(椅子に座って)
        (心の声:占いか。そういやちゃんとした占いってやってもらうの初めてだっけか?水晶玉とかカードとか使うのかな?ワクワクすんなあ) -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 16:56:07
      • (あ……、やっぱ悪い奴じゃなさそ……、うん、……あ、これ人を値踏みしてんの私のほうだ)
        あ…、は、はい! では……、何を占いましょうね。(些細な自己嫌悪から気を取り直すと机の真ん中に水晶玉を置き、手を翳すと淡く光り始める)
        恋にお金にお仕事に…、お悩み相談なんかも出来ますよ。 -- アプレシア 2010-06-05 (土) 17:10:09
      • おお……!(水晶玉の光を驚いたように見つめる。驚き、好奇心などで心が満たされている)
        んー、それじゃあ商売運を頼めるか? 妹と一緒に店を始めたのは良いが、上手くやってけるか、やっぱちっと不安はあってよ(言葉にはならないが妹への愛情が伝わるだろう) -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 17:14:50
      • なるほど、商売運……(お店、えぇと喫茶店だったっけ…)
        お二人で、切り盛りをされているのですね……、もしよろしければ妹さんについても簡単に教えていただけますか? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 17:34:08
      • ああ、うちの妹……リッツって言うんだけどな
        薄紫色の髪で……あ、写真見せた方が早いな!(パスケースの裏に入れた写真を取り出して見せ)
        年は15、シッカリ者でいつも俺の方が助けられてるんだ(話しているだけで特濃の幸せオーラが)
        ちょいと人見知りする所があるけど、そこがまた可愛くて。あ、もちろん店での接客はちゃんとするぜ -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 17:41:05
      • (すご……、別に心を聞いてなくても大好きなのが伝わって……、あ、けっこうかわいい……)
        わかりました……(ぼぅ…と水晶玉が少し強く輝く)
        (まぁ、この街で飲食を商えば客には困らない、よね……)冒険者で溢れるこの街での商売…、人は流動を続け、どのようにしてもまずまずの繁盛を収めます、しかし……
        それゆえに、多くの艱難辛苦もまた導かれてくるでしょう……、それは貴方にも、時には妹さんにも……
        ……深い愛情を感じます。であれば、必要なのは苦難を共にすること、誠実であること。ただそれだけです。 お店の賑わいは図らずともやがて大きくなっていくでしょう……
        如何ですか? まぁ、漠然とはこんな所でしょうか…… -- アプレシア 2010-06-05 (土) 18:03:49
      • へへ、そりゃあたった一人の大切な妹だからな(照れと嬉しさがないまぜになった感情が)
        まとめると店は繁盛するが、その分苦労する。誠実に、リッツを大切に……ってトコか?
        サンキュ、参考になったぜ! えっと、お代は? -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 18:08:55
      • えぇ…、ついでに困った事があったら私をご贔屓にして戴けると、もっと良いかもしれませんね。
        御代はあちら、なんですけども……(天井から下がっている料金表―どれも金貨数枚程度の―を指差して)
        どうでしょう。 代わりにこんど、ランチを1食奢って戴いても? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 18:16:03
      • ははっ、アプレシアも商売上手だな。(嫌味はなく、素直に感心して)
        おっけ、そいじゃあなるべくリッツの居る時に来ると良いぜ。なんてーか、俺はコーヒーにゃ自信があるが、料理は妹のがずっと上手くてよ -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 18:26:22
      • 自分で言うのもなんなんですけど…、胡散臭い家業ですからね。リピーターは大事にしますよ?
        あは、両方味わえたらきっと素敵ですね、承知しました。 近いうちに伺わせてもらいますね。 -- アプレシア 2010-06-05 (土) 18:35:23
      • カハハ、違いない。つっても俺ら冒険者自体が普通の連中から見たら胡散臭いかもしんねーけどよ
        おう、そんときゃ腕によりをかけるぜ!んじゃ、またな -- ユーリィ 2010-06-05 (土) 18:39:33
      • ふふ、楽しみにしてますね。  はい!またお越しくださいませ……
        ……そっかー、お兄さんかー、いいなぁ…… -- アプレシア 2010-06-05 (土) 18:44:38
  • きょうは名簿をこしらえるのをがんばってみますよこやすさん。 -- アプレシア 2010-06-05 (土) 16:33:48
    • 頭に載せるのは3行なんですね!覚えましたよこやすさん! -- アプレシア 2010-06-05 (土) 16:39:44
      • 細かい設定の前に交遊録はつくっとけですねこやすさんおぼえましたよふふふ……
        さて、買出しにいかなくちゃ……、日の高いうちにいくつもりだったのに。 -- 2010-06-05 (土) 19:57:44
  • 占い屋……か、友達作るのにどうしたらいいのかアドバイスを貰うのはありなんじゃないかな……うん、それもありだね!
    すみませーん……。(友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……) -- ブリアル 2010-06-05 (土) 00:25:32
    • はぁーいー、いらっしゃいまひぃっ!?(強くどんよりした思念にびっくりした)
      あ、あ、ああっ、いらっしゃいませ。 どのような占いを………、金運に恋愛にお仕事、それに、えっと。
      と、友達との出会い方、とか……? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 00:33:03
      • そうなんですよ……生まれてずっとほとんど友達が居なくて……仕事も陰気な墓守で……。
        でもそんな人生は嫌だ! 友達が欲しいんです! ぜひ友達の出会い方を占ってくれませんか!
        友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……) -- ブリアル 2010-06-05 (土) 00:36:28
      • う゛……、は、はい、とりあえずおかけください……(なにこれなんなの、考えてる事が1個しかなくってわかりやすいけど逆にやりづらいなんて……!)
        では……(フードを目深に引き、水晶球を灯して)……まずは、あなたの事を簡単に教えていただけますか? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 00:48:31
      • それでは失礼して……。(対面に座り、水晶を凝視)
        え、えっと名前はブ、ブリアル……職業は……墓守と……ぼ、冒険者を兼業してます!
        毎日毎日墓を荒らす獣を追い払うお仕事……そんな陰気な生活に嫌気がさして冒険者になりました……!(しどろもどろしながらも語り)
        友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……友達欲しいなぁ……この子も友達になってくれないかなぁ……友達になってくれないかなぁ……友達欲しいなぁ……) -- ブリアル 2010-06-05 (土) 00:53:01
      • な、なるほど……、ううん……(心から情報を引き出すのを諦めた)
        厳しい事を申し上げるようですが、確かにそのような生活はあなたを陰気な性格にしてしまっているようです。それは、なかなか矯正の利くものではありません。
        しかし、冒険者になる。 その勇気ある一歩は幸運への一歩に違いないでしょう……、危険を共にする、という事は間違いなく友情を育むでしょう……
        しかし尚、求めるのであればやはり自らを変える努力も必要です……、まずは簡単な一歩、そう、たとえば………、笑顔から初めてみる、とか。(水晶玉を凝視する青年をおそるおそろう見ながら、必死にアドバイスを搾り出した) -- アプレシア 2010-06-05 (土) 01:12:54
      • やっぱり墓守って陰気な感じになっちゃうんだ……うぅ……でも冒険者になったのは間違いじゃなかったんだね……!(少し明るくなり)
        笑顔……はい、笑顔は得意です……! そうこんなかんじで……。(アプレシアに向けてそれはとてもとても素敵な笑顔を作ってみせるのであった) -- ブリアル 2010-06-05 (土) 01:16:43
      • いヒぃいっっ!!?(自分の椅子を倒す程引いて)
        あ、あー……、か、っこほん!!なるほ、ど……、確かに素敵な笑顔? 笑顔、でした……(悪い人じゃないってことはわかるけど、っこ、これは……)
        そうですね……、やはり笑顔は少し控えて墓守ならではの寡黙な雰囲気のほうが人の興味を引く事もあるかもしれません、よ……?
        誠実でさえいれば、物静かでも気持ちは伝わると思いますし……ね? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 01:25:06
      • うひひゃぁ!?(叫び声にびっくりして)
        え、えっと……ですが無愛想では何かと根暗な人間に見られてしまうのでやっぱり笑顔は必要だと思うのですが……。
        う、うーん……ぼ、僕はどうしたら……!? -- ブリアル 2010-06-05 (土) 01:30:04
      • 確かに笑顔にはそういう側面もあります、が!!人には人にあった魅力の出し方だってあると思うんですよ。
        (うぅ、しかし自信を持って戴かなければ他の人にも被害が、っじゃなくて友達が出来そうになりですし……そうだ)
        あ、あの……、じゃあせっかくですし……、あー、私をお友達にしてみるのは如何でしょう……? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 01:51:31
      • え……本当ですか? お友達になってくれるんですかやったー!(テンション上って例の笑顔)
        え……本当ですか? お友達になってくれるんですかやったー!) -- ブリアル 2010-06-05 (土) 01:57:07
      • ぎゃあ!?(あ…こしぬけてるかも、立てない……)
        (でも、本当にびっくりするぐらい裏表ないなぁ……、まぁ、これは、これで……)は、はい、私で宜しければ、ですけど。
        でもその、私はえーっと……、笑顔でなくても素敵だなぁって思うので、参考にーしてみてくださいね。 うん。  はい。 -- アプレシア 2010-06-05 (土) 02:06:22
      • わわっ!? だ、大丈夫ですか?(慌てて手を差し出して)
        はい、アドバイスありがとうございます……! うわぁうれしいなぁ……! また友達が一人増えた! ここに来て本当に良かった! -- ブリアル 2010-06-05 (土) 02:10:00
      • す、すみません取り乱してしまいました、ありがとうございます……
        はい…、商売ですし占いの結果には自負はありますが……、最後に道を開くのは自分ですから。 諦めなければ、きっとお友達がたくさんできますよ、これからも。
        (飛び上がるほどに嬉しそうな心を聞いて、意外と悪い気はせず)御代はこちらの通りです。他にも何か占われますか? -- アプレシア 2010-06-05 (土) 02:30:06
      • はいっ……! 頑張ります、ありがとうございました……!
        占いはこれくらいで、えっとお代お代……(金貨で支払いながら) それでは今度は友達として遊びに来るね、それじゃあバイバーイ!(最後に例の笑顔で帰っていった) -- ブリアル 2010-06-05 (土) 02:34:31
      • あっ、ではまたお越しをお待ちしておりますっ!! …〜〜〜っっ!!
        う、うううぅう、3度目の正直でも恐いぃ…………、が、がんばってくれるといいのだけれど。 -- アプレシア 2010-06-05 (土) 02:40:16
  • もけもけきょうわこく・・・此処は国なのか!?
    ・・・国には必ずしも広い土地は必要ないとは思うが、これはいささか・・・(感心して眺めているおっさん) -- ウォルター 2010-06-04 (金) 20:12:10
    • (占いのテーブルでうとうとしていたら何時の間にか店の中で声をあげている客?に驚いて)はひぇっ、あ、こんにちは……
      国、なんでしょうかね、正直よくわかっていないんですんですけど……、しかしとある宗教では建物一つを宗主国家として崇めているのだとか……
      あ、あのっ、ところで何の御用でしょうか、見ての通りに占いをさせて戴いておりますが…… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 20:21:06
      • (ニッと笑い)こんにちはお嬢さん・・・判らない?・・・フム、もけもけと言うものについて調べると何か判るかも知れないな
        ・・・占いか(・・・昔はよく売り込みに来る者がいたな・・・この者はまた随分と若いが・・・まぁ当るも八卦、当らぬも八卦。踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら・・・)面白い(踊らにゃ損々)
        (向かいに座り)では、そうだな・・・私の今後について、占ってもらえるかね? -- ウォルター 2010-06-04 (金) 20:42:08
      • もけ、もけ……、なんとなく調べるのが怖いです。 が…、避けられない事柄のような気も……
        あ、はい。 すぐに準備いたします。(……あんまり、結果は気にしてないのかな……?気は、楽だけど……)(何時ものように、水晶玉に淡い光を灯し)
        はじめます……、ではまず、貴方の事を教えていただけますか……? -- アプレシア 2010-06-04 (金) 20:50:31
      • ハハハ、私の方でも調べておこう、判ったら報告するよ・・・存外、アチラから接触してくるかもしれんぞ?
        (淡く光る水晶を見ている)・・・(・・・光・・・只の演出かいや、魔法の類かもしれん・・・何にせよ色々探るのも無粋か)
        私の事、か・・・名前はウォルター。ウォルター・・・(そのままは拙いか)トワイライト、職業は(・・・そうだな、名産を売り込んでおくか)・・・ミットランドという田舎で織物の商売をしていた、中々良い生地だぞ?見かけたら是非頼む
        家族は妻に息子が三人、娘は二人。子供が一人立ちして、妻を看取ったらやる事がなくなってね?暇を持て余すのもなんなので町に出て冒険者として第二の人生、という奴だ・・・これでも腕には自信があるぞ?(ふふん?と笑う)
        私としてはこのまま野垂れても良いのだが(自称護衛として追いかけてきた二人の獣人を思い出し)・・・まぁ実家の方でなんやかんやと言ってきているのでね、あまり悪い方向には進みたくないという気持ちもある -- ウォルター 2010-06-04 (金) 21:10:38
      • ウォルターさん、ですね。 わかりました……(嘘もほんともごちゃまぜ……、なんだろう、身分だけ語りたくない……のかな)
        ええ、と……、(商人…、じゃない、もっと位の……、だとしたら)今後の貴方に待ち受けているのは一言でいえば、自由、です。これまでの人生は、恐らく多くのしがらみ、責務に囚われた物であったのではないでしょうか……
        しかしながら、この自由は……、ご存知であるとは思いますが命という新たな責務を課してくる事でしょう。
        剣の腕は確かな物とお見受けします、しかしながら……剣の腕前だけではない何か…、戦う為の何かが必要な境地に、立たされる事になるかと思います……(死なれても良い気分はしないし……、少し脅しておこう……)
        2つの人影が、あなたの背後に見えます……、それは時として人を疑い続ける必要のある人生の中で貴重な信頼を任せられる人物に思えます……
        命を脅かされる事に疲れたならば、彼らを頼るのがいいかもしれません………… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 21:43:11
      • (聞き終えすぅっと目を鋭く細め、口元だけ笑う)・・・少し、気を使わせてしまったかな?(見透かされたか・・・並みの読心術とは思えん・・・)
        (しがらみ、責務。貴族とはそれすなわち広告塔、自分の品位は領の品位・・・日々の雑務、婚約に社交界、着るもの食べるもの、朝起きてからベッドに入るまで・・・)
        (自分の生活は領民の為にあったと思っている・・・只幼い頃からそう躾けられたからか、それを苦痛に思った事は無く、使命にさえ感じていた・・・それを失った今)自由・・・か
        命を対価に得る自由か・・・(虚無感は確かにある、最初冒険者になった時も自分は自棄になっているのだろうと思っていた・・・だがそれだけではない)面白い
        戦う為の何か、か・・・それが戦士にあって今の私に無いものなのだろうな・・・(自分は新たな使命を求めている、今までの地位を捨て、只のウォルターとなった自分がそれを見つけられるのか、それを知る為に生き、新たな使命とするのも)・・・悪くない
        (金貨を机の上に置く・・・(感謝の印・・・と言うのもなんだな、相場がわからないという事にしておこうか)結構な数がある)中々、為になる占いだった。その2つの影とやら、探してみよう・・・存外、近くにいるかもしれないがな
        (扉の外で『クンクン、この辺りだ・・』『ホントだろうね?また別のおっさんだったら・・・』という声が聞こえてくる)・・・もう来おったか・・・(窓から身を乗り出し)それではな、お嬢さん。また厄介になるかもしれん、そしたらまた、このジジイの相談に乗ってくれるとありがたい(飛び出していった) -- ウォルター 2010-06-04 (金) 22:29:50
      • (……そう、か。この方も貴族………、昔見たそれは、もっとふざけた、人を見下したようなのだったけど……)
        (身分、というのはそのまま責務の重さなのね………勉強になった……)如何、でしょうか……(自分でも気付かないうちに緊張していたのか、額を伝っていた汗を拭い、水晶玉の火を落とす)
        それであの、御代なんですけど……って、へ?え? あ、あああのあのっ!? こ、困りますっ、こんなに戴けな……、って、そ、そちらは出口ではありませんが!?
        あ、あああのっ!っちょ、まっ、待っ、またのお越しをお待ちしておりますーーーー!!(最初の雰囲気からは想像できないほど老獪なおっさんを、窓から身を乗り出して見送った)
        はぁ、……つっつかれた……、今日はもうお客さんこないよね?(扉の外の気配に気付くまであと数秒) -- アプレシア 2010-06-04 (金) 23:10:20
  • この辺に占い師が居ると聞いて飛んできたオッサンだ!
    てなわけで良ければ占いをお願いしたいんだけど今お時間だいじょーぶ? -- ギルデ 2010-06-04 (金) 17:17:56
    • はぁいー。(ローブを被りながら奥からぱたぱた走ってくる)
      待たせてしまってごめんなさいね。何を占いましょうか。(それっぽい装飾の施された机の前の椅子へどうぞと促して) -- アプレシア 2010-06-04 (金) 19:02:16
      • おほっ!こりゃまた美人のお嬢さんだこと!
        んー…そーね。そんじゃとりあえず…キミと俺様との恋愛運とかどうかな?(胡散臭いスマイルで口説きにかかるダメなオッサン) -- ギルデ 2010-06-04 (金) 19:04:13
      • (う……、なんなのこのテンション……)
        ご冗談を、ぁ…いえ………、なんでも占うのがモットーですので、本当にそれでよろしければ……
        (水晶玉、ただ光るだけの小道具だが、を真ん中に起き) -- アプレシア 2010-06-04 (金) 19:16:37
      • ママママジで!?マジでそんなことまで占ってもらえたりすんの!?そんなら是非とm…
        いや待て、恋とは先が分からないから楽しいもの…占いで先を知るなんて無粋だな…(カッコよく決めたつもりのただの気持ち悪いオッサン)
        っつーわけで、今後俺様に良い出会いがあるかどーかを占ってよ。おっけー? -- ギルデ 2010-06-04 (金) 19:18:45
      • (望みは……、まぁ、薄いかな、たぶんだけど……裏表なさげなのはいいんだけど……)
        っこほん。承知しました……(水晶玉に淡く光が灯る)
        ええと……、ではまず、貴方の事を教えてもらえませんか。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 19:30:42
      • お、本格的だねぇ・・・オッサンのこと?何でもしゃべっちゃうよー?
        名前はギルデ。歳は27。ぶらぶら女の子を求めて旅してるイカスオッサンだよー
        (笑って答えるオッサン。その答えの全てが嘘に塗れているのは秘密だ) -- ギルデ 2010-06-04 (金) 19:33:49
      • (…………全部うそ、まぁ私は審問官ではないですし……)
        ギルデさん、ですね…………(玉に手を翳すと光が強まる)
        …………出会い……、人の坩堝たるこの街で多くの縁が貴方を待ち受けています……、良い出会いばかりではありませんが……
        時に……、高貴な星々が集まってくる予感を覚えます…………
        正直に、誠実にさえあれば、日々謀略に塗れた彼らの手を引くこともあるかもしれません…………(おおよそこの街で起こっている事を頼りに占いを並び立てる。正直に、に少しだけ刺のあるニュアンスを加えて) -- アプレシア 2010-06-04 (金) 19:54:28
      • ………正直に、ね(含みのある笑みを浮かべ、一瞬だけ何かを考え込むような仕草を見せる)
        はっはー!何々、それってもしかしてオッサンが高貴な方々との逆玉もありえるってことかい!?そりゃ何よりだ!
        (が、すぐに元のふざけた笑顔に戻り、けらけらと笑いながら)
        ありがとね、お嬢ちゃん!占い、ってのは良い結果が出ると気分が良いもんだねー! -- ギルデ 2010-06-04 (金) 20:01:16
      • (……む、……いえ、おそらく私には関係のない事でしょう。相手はお客、それだけです)(少しだけ、様子を違えた男の心に何か見えた。それでも、彼女にとって生業の外の事)
        ええ……、種族すらも超えた多くの逸話をこの街では良く耳にします。身分は、きっと大きな壁ではないのかもしれませんね……
        如何でしたか?他に占い事がなければ御代を戴くのですけど。(天井に貼られた料金表―どれも金貨数枚程度だ―を営業スマイルで指さしながら) -- アプレシア 2010-06-04 (金) 20:16:36
      • よっしゃ、ありがとねー!お代お代、っと…ほい、これでオッケーかな?(テーブルの上に金貨数枚を置いて)
        そんじゃ、今日はこの辺で失礼しようかね!…あ、そだ。最後に名前、聞いていいかい? -- ギルデ 2010-06-04 (金) 20:18:49
      • はい、ありがとうございます!私の……、名前ですか。(嘘の名前の男に名乗るのもどうかと思いつ、別に自分が嘘つく事もないな、とそう少し考えて)
        アプレシア。 アプレシア・リバーベッドです。 よろしければ、またお越しくださいね。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 20:28:15
      • アプレシアちゃんね、おっけー!また寄らせて貰うよ。まったねー -- ギルデ 2010-06-04 (金) 20:32:51
  • もけりおん -- 宮子 2010-06-04 (金) 12:30:16
    • もけりおん、それはもけとりおんを組み合わせたまったく新しい…、…あたらしいなんでしょう、こんにちは。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:37:37
      • 全く新しいお菓子とかだったらいーなー… あ、うん はじめましてこんにちはー♪(いきなり抱きしめつつ) 勢いでお邪魔しただけだけどね -- 宮子 2010-06-04 (金) 12:45:17
      • スキンシップ旺盛ですね?! まぁ嫌いではないですが……(驚きながらちゃんと抱きしめ返して)
        新しいおかし……、それはデスクワークで生計を立てる少女には危険な誘惑を感じる響きです…… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:55:18
      • もう随分昔からの癖みたいなもんだよー…抱きつくの好きなだけだけどね
        太らないからそういうの怖くないんだよねー…あ、もう出発だね いってらっしゃい -- 宮子 2010-06-04 (金) 12:59:58
      • なんという……、ゆ、油断していると気付いた時には遅いのですよ!
        あら、このままでは遅刻してしまいますね。初めての冒険、少しドキドキです。いってきますね。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 13:10:42
      • 大丈夫だよー 私こう見えて90年くらい生きてるからね…一度も太ったことないもの -- 宮子 2010-06-04 (金) 16:40:46
      • (嘘はついてない……、私と歳はあんまりかわらなさそうだけど……)
        う、羨ましい限りです……何か運動でも? -- アプレシア 2010-06-04 (金) 19:06:27
      • なにもしてないよー ふふふ…いーでしょー(つんつんぷにぷに(ほっぺつつきつつ -- 宮子 2010-06-04 (金) 19:10:55
      • そ、そんなばかなっ、あ、あうう…
        ほぁ、あ、あのところでっ、私一応占いを営んでるんですがっ、宜しければどうですか。有料ですけど。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 19:22:22
      • あらあらうふふー ついつい ごめんね
        んー うらないかー そだねー 私もお金に余裕がない訳じゃないしね…一つ占って貰おうかな
        元人間の雪女なんて滅多に占うことないだろうし…いろいろ変な物見えるかもよ… なんてね -- 宮子 2010-06-04 (金) 19:28:31
      • ゆきおん……? ま、まぁいいでしょう。 はい、それでは……
        そういえば、まだお名前を聞いていませんでした。 私はアプレシア、前述のとおり占い師です。
        よろしければ貴方の事を教えてください。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 20:08:02
      • あぁごめんごめん えーっと…私はみやこ、みやこ・ななしっていうの
        職業は元冒険家…といっても60年くらい前までだけど…あと冒険家になる前からずっと釣り漁師だね
        歳は〜…90手前くらいのはずだけど…途中から数えてないんだよね まぁ途中で雪女…つまり妖怪化しちゃってずっと歳は取ってないような物だけど…
        他に何か言った方が良いことはあるかな? -- 宮子 2010-06-04 (金) 21:14:35
      • ゆきお、雪女……、あ、聞き間違いでなくて本当にそうなんですね……
        ああいえっ、より詳しく話していただければより詳しく占えるんですけど、ひとまずそれで十分ですっ。 
        えっと、それでは。  何を占いましょうか? -- アプレシア 2010-06-04 (金) 21:45:06
      • そうねぇ…特に何かというわけじゃなくて…漠然と未来のこととか…
        あと強いて言うなら…お友達とかそういう人との出会いも気になるかな -- 宮子 2010-06-04 (金) 21:50:20
      • はい、漠然と……(う……、まずいなぁ、あんまりテーマがないのはちょっと苦手、でも…)
        あっ、出会い、出会いね!そうそう、そういうのなら。 うん……、ええっと……(水晶玉に手をかざし、光を灯して)
        (うーん……、現役さん、ではないのか。でも物怖じしなさそうだしな……)この街が、久しく活気に溢れる様子が見えます……
        自らの足で歩く事、ただそれだけで多くの良い出会いが待ち受けている、そう感じます……
        釣りを趣味か、生業とする方がその中にいるかどうかはわかりませんが……、宮子さんの釣りあげたものは、きっと多くの方の目を引く事になるでしょうね。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 22:09:16
      • ふむふむ…なるほどねー… ま、確かに珍しい魚だから酒場では目を引くんだけどね…
        …あ、ところであなたはどうなのかな? -- 宮子 2010-06-04 (金) 22:23:24
      • ふぇっ!? (質問しかえされた事などめったにないので驚いて)
        え、えええっと、私がとは……?(元より他者の読心頼みの占い家業、自分の未来を占う力など当然あるはずもなく無意味に焦りを感じている) -- アプレシア 2010-06-04 (金) 22:26:22
      • あらあら…困ってる困ってる… 自分のが見えないなら…私とお友達になれるかどうかも分かんないね
        よかったら…お名前教えて貰えるかな? -- 宮子 2010-06-04 (金) 22:32:26
      • う、す、すみません……、でもきっとほら、自分の未来が見えてもきっと面白くはないですし……
        あ、ああっ、これは申し訳ありません。 ここは占いの店「ログロジック」。私はアプレシア。アプレシア・リバーベッドです。
        あ、あの、多分、きっと!お友達になれると思いますから…っ、その、ご贔屓に…… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 23:15:16
      • ん ふふふ…こちらこそよろしくね… 何ならうちでもお魚とか売ってるから贔屓にしてくれてもいーんだよー?
        あ、そういう用事抜きにして遊びに来てくれてもいいけどねー 大歓迎 -- 宮子 2010-06-05 (土) 00:21:30
      • あ、は、はいっ! あのじゃあ、次は、私から……! -- アプレシア 2010-06-05 (土) 00:30:07
  • もけっくす -- 2010-06-04 (金) 12:23:25
    • え、ええと、はい、もけっくす。   挨拶かしら。 -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:24:49
  • もけもけって何かしら… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:23:03
    • まっさらな部屋…、もうこのままでいてしまいたい…、いじり方がよくわからない… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:24:14
      • もけもけ人研究をしている人が居るらしい -- 2010-06-04 (金) 12:34:17
      • よくわからないけどこの部屋が何者かに占領されようとしているのね……、相談にいこうかしら -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:35:51
      • あ…………、リンクを間違えてたのは別に気にしてませんから…… -- アプレシア 2010-06-04 (金) 12:57:01

Last-modified: 2010-08-26 Thu 23:27:54 JST (3394d)