街人/田舎娘あとロボ

アリー ソニアの部屋(白金庵) 160831 Edit

  •  
  • (少し汗ばむくらい暖かかった日中の空気が、目に見えないままその辺に塊で浮かんでいるような夜だった。
    涼しい風が塊の間を縫って来て、カーテンを揺らす) -- 2016-08-31 (水) 22:23:44
    • 順調に育ってるって。
      (自室のベッドに腰掛けて、そう言った)
      もうそろそろ動き出してもおかしくないって♡
      (そう言って、薄いワンピースの上から膨らんだお腹を撫でる) -- ソニア 2016-08-31 (水) 22:29:45
    • 良かった…(ホッとしながらおねえちゃんの隣に腰掛けて)
      …ここまで来るのにあっという間でしたね。(こちらからも手を伸ばして、お腹に触れてみて)
      それと、私の方からもおねえちゃんにご報告が。
      ……2ヶ月目、です♡(そう言いながら自らの身体を見下ろし、お腹に手を触れて。よくよく見ればスカートとブラウス、普段のコルセットは身に付けてない) -- アリー 2016-08-31 (水) 22:39:53
    • そっかそっかぁ…えへへーへへー…♡
      (すっごい嬉しそうなちょっとだらしない笑顔になって、アリーのお腹をなでなで、とする)
      最初に私の赤ちゃんうまれてぇ、それからアリーでぇ。たのしみだねぇ♡ -- ソニア 2016-08-31 (水) 22:50:50
    • おねえちゃんがママでパパに…ふふ、もう二人共ママでいいですよね?
      すごく楽しみで…ああ早く時間が経てば…とも思いつつ、このままじっくり大きくなるのも感じたいとも思いつつで…ちょっと悩ましいです♡
      (幸せな悩みにこちらも表情を緩めながら、お腹を撫でられて嬉しそうに) -- アリー 2016-08-31 (水) 23:12:48
    • 私はちょっと、早く出てこいってなってるけどね。だって重いんだもん。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 03:10:59
    • でもこれからもっと重くなるんですよね。……まだ5ヶ月位ですよね。私の方が大きくなったら動けるでしょうか…?
      …一人分、入ってたらそういう風に感じるんですね…(そう言いながら自分のお腹を撫でて) -- アリー 2016-09-01 (木) 03:20:02
    • 大丈夫っアリーがお腹おっきくなって辛くなったらジープ貸したげるから!24時間歩かなくて済むよ♡
      私も最近、階段の登り降りとかちょっと面倒で、よく窓から出入りしてるし (ジープで)
      でもそれだけ重いってことは、元気でおっきな赤ちゃんになってるってことだよねぇ。
      (そう言って、ソニアはアリーのお腹を優しく撫でる) -- ソニア 2016-09-01 (木) 03:27:14
    • で、出来るだけ歩いたりしますけれども…もしもの時はお願いします、ね?…って、おねえちゃんぐらいの大きさになってたら、おねえちゃんまだ大きくしたままじゃないですか…
      (窓から出入りしていると聞いて少し考えこみながら)
      …私とおねえちゃんの赤ちゃんがそんな大きく、ですか。今から生まれてくるのが楽しみですね…♡
      (そうしてお腹を撫でられながら、考えてた事を切り出す)……一緒に、住みませんか? -- アリー 2016-09-01 (木) 03:31:29
    • 一緒にー?…いいねっ!すっごい素敵だとおもうよ!!
      (撫でていた手で、きゅっとアリーの手を取って握り目を輝かせる)
      どうして今まで気づかなかったんだろうっ!へへへー。姉妹だし、もう赤ちゃんまで一緒に作る仲だし。ひとつ屋根の下に住まなきゃねぇ♡
      (それを同列にしていいのかは今更問うまい。しかし、これから生まれてくる赤ん坊の世話等の事も考えると。広い館に一人暮らしなアリーのためにも同居は望ましい)
      あっちなみにアリーって、赤ちゃんの世話とかは得意? -- ソニア 2016-09-01 (木) 03:46:47
    • (手を握られ目が輝いてる様子に、こんなに喜ばれるのならもう少し早く申し出れば良かったかなとも思いつつ)
      えへへ…おねえちゃんと毎日一緒だなんて、素敵過ぎますよ♡これから生まれる子達の事もありますからねっ
      (幸いにも住むのに適してる館もあるため、場所には困らないのは間違いない。色々と身重になっていくことを考えるとそれぞれ一人暮らしというのも色々と問題が有りそうで)
      え?言われてみれば…そういえば赤ちゃんのお世話ってしたことないですね…。……ど、どうしましょう?誰かに聞いたり本で調べたり…? -- アリー 2016-09-01 (木) 04:03:47
    • ないの?
      (慌てるアリーに、不思議そうに首をかしげて。それから頷き)
      ああそっか、吸血鬼の人って噛んだら増えるから、あんまり子作りするってイメージじゃないもんね。
      大丈夫、私村に居た頃はたくさんしてたから♡ 赤ちゃんのお世話慣れてるよ!自分の子供は初めてだけど。
      (そう言ってなでなで、として) -- ソニア 2016-09-01 (木) 04:10:08
    • おば様のお家に引き取られて、そこからこっちに来るまで…勉強とかそういうのはしてましたけれど。同世代や未満の方は居なかったです、ね
      …厳密には噛んで増やすという訳でも無いのですが、まあ…大体そんな感じですね。…思い返すと、育児の本積んで読んでたり、使用人の方に話を聞いてたりしてましたね。
      …おねえちゃんが慣れてるのなら安心ですねっ 私にもお世話の仕方教えてもらえますか…?(撫でられ目を細めながら、そうお願いをして)// -- アリー 2016-09-01 (木) 04:19:15
    • もっちろんっ、おねーちゃんにまかせて!
      (頼られてうれしいので、撫でていた手でそのままぎゅっと抱き寄せる)
      でもアリーもちゃんと赤ちゃんのこと、勉強はしてたんだねぇ。アリーってばそういうとこ偉いよねぇ。身体鍛えるのに弟子入りしてみたり、精液集めるのにオナホ作り習得してたり。
      えっちなことも覚えるの早いし♡ -- ソニア 2016-09-01 (木) 04:27:44
    • ありがとう、おねえちゃんっ!
      (抱き寄せられて、感触をじっと確かめるようにこちらからも腕を回して)
      勉強してても、実践出来るかどうかは分かりませんから。その分経験のあるおねえちゃんに頼ってしまいそうですけれども…っ
      ……えっちなことは、喜んでくれるのもですけれど…気持ちよくって…っ♡…二人共身重だと大変ですから、もしもの時手伝ってくれる方も探してお願いしないと…? -- アリー 2016-09-01 (木) 04:39:03
    • えっちになってくアリーがだーい好き♡
      (むぎゅーっと抱き合って、そのままベッドに倒れこんでしまう。互いに向き合って横向きに寝転がりながら)
      でもそうねー、このままだとふたりとも出産近いし、生まれてすぐの赤ちゃんが二人だし…。ジープも子守はかなり上手
      だけどー…。んんっ…実家帰ればよゆうだけど、田舎帰っちゃうとお仕事できないしなー。
      (ソニアは、若さが強みな娼婦稼業なのだ。花の命は短く、熟した色気を身につけるには時間が足りない。だから
      なるべく仕事に間を空けない方が都合がよい。なら何故こうも簡単に子をこさえてしまったのか。妹に子供をせがまれ
      て孕まない姉は居ないし、子種を強請られてあげない姉も居ないのだ。なにもおかしいことはない) -- ソニア 2016-09-01 (木) 05:25:06
    • んー…っ♡私もおねえちゃんの事、大好きです…っ♡
      (二人でベッドに横に横たわり、抱き合った状態で楽しげに寝転がって)
      ジープさんだけでも手一杯になりそうな…前もって手伝って頂けそうな方に声をかけたりとか、必要な物を前もって準備しておかないと。
      …ジープさんで片道3日でしたっけ、おねえちゃんの故郷って。お仕事のことを考えるとだいぶ大変…体のこともありますしね
      (お仕事の事を考えてみれば、時期尚早だったのでは…そう考えながらも、日に日に大きくなっていくお腹を見ていると成長を実感して)
      (新しく生まれてくる子供、その後の生活を考えると…自然と笑みが溢れてきて)
      あ、えっと…前から考えてたのですが、おねえちゃんのお仕事私にももっと手伝わせてもらえないかな、と。
      (微力でもおねえちゃんの力になれれば、そう言った思いから言い出して) -- アリー 2016-09-01 (木) 14:33:53
    • んー。アリーも娼婦にー?
      (そう言ってアリーの前髪を指先でなでつけると、笑顔になって)
      うんっ今のアリーならきっと上手くできるよっ!私、元々だれとでもえっちするのは平気だったけど。仕事でする
      のはやっぱり大変だったから…。でもアリーも昔よりずっと強くなってるし…私よりもえっちな子だもんねぇ♡
      (にまっと笑って手のひらでアリーの頭を柔く撫でる) -- ソニア 2016-09-01 (木) 23:51:35
    • は、はい!まだまだ未熟ですけれどおねえちゃんのお役に立てればと…っ
      (そうして前髪を指で撫でつけられて、少し緊張した面持ちでいると)
      …本当ですかっ?私自身まだまだ…おねえちゃんにえっちにしてもらったからこそ、こうしていられるんです
      前から考えていたのですが…時間帯は夜ですし、以前と比べて身体も丈夫になりました。ちょっと身重なのはおねえちゃんと一緒ですが…私、頑張りますっ
      (と、決意を新たに応えながら嬉しそうに撫でられて)色々と今後入用になりそうですし、ね…? -- アリー 2016-09-02 (金) 03:22:18
    • がんばろうねぇ二人で…♡ 赤ちゃんには服もベッドもひつようだねぇ。ベビーカーはジープがしてくれるけど。
      私ちっさい頃は服とかおもちゃとかもあんまり持ってなかったから、アリーの赤ちゃんにはいろいろ買ってあげちゃいたいなぁ
      (生まれてきた赤ちゃんと4人で戯れるのを想像してか、目を細めてますます緩い笑みになり。ふと気づいたように目を開いて)
      あ…っ一番大事なもの忘れてた。名前どうしようねぇ? -- ソニア 2016-09-02 (金) 03:42:43
    • これから4人になりますから、頑張らないとです♡…うん、少なくとも4人ですよね?ちょっと良さそうなお店があれば、後でおねえちゃんも一緒に買いに行くというのも良いかもしれませんし
      私の頃はどうでしたっけ……ちょっとすぐには思い出せませんけれど、いろいろと買うのもですけれど出来るだけ一緒に居たいですね。
      (そう言いながらおねえちゃんのお腹に触れつつ自分のお腹を撫でていて…ふと目を開けて気づいた様子に首を傾げ)
      …まだ早くないですか?男の子か女の子かまだわからない…何となく女の子な気はしますけれど。ん、んーどうしましょうか…?すぐには浮かびそうには無いですねぇ…(と、頭を悩ませ始めて) -- アリー 2016-09-02 (金) 03:50:47
    • 買い物は絶対一緒に行こうねっあと名前もねー、素敵なの考えてあげたいし。
      (ふにふに、とアリーの頬を指にはさんで弄び)
      女の子ならレイラやアイナもよく付ける名前かなぁうちのほうだと。私のソニアもわりと同じ名前の子いる。うん。 -- ソニア 2016-09-02 (金) 03:59:12
    • お店自体は探してるのですが、今のところこれといって…色々と揃う品揃えのいい所があれば良いんですけれど。名前…なまふぇー…
      (ぶつぶつと呟いてるところ、頬を指で挟まれちょっと間の抜けた感じの声が出て)
      な、なにふるんれふか…もう。(そんな弄ばれるのも悪い気はしなくて)…私とお姉ちゃんの名前、少しずつ取って付けるのも良いかもしれませんね?ん…でも、なまえ…こういう時悩むんですよね、すごく… -- アリー 2016-09-02 (金) 04:07:14
    • 生まれてくる子にあげる大事なものだからね。あとさっき4人って言ったけどもし双子とかだったら倍だね…!
      (マシュマロの感触な頬を挟んでいた指を2本立ててみせる。にょきにょきと曲げ伸ばし)
      …うん、まだ時間あるからゆっくり考えよう。
      (そう言って、腕を伸ばしてアリーを抱きせようと) -- ソニア 2016-09-02 (金) 04:13:41
    • 双子+双子だったら更に倍になります。……さ、流石にそれはないですよね?私達の腕が余分にもう2本ずつ無いとちょっと足りなく…いえ、4本ずつ欲しいです
      (割りと突拍子もない事を言い出しながら、しかしすぐにその理由を抱き寄せられてから口にする)
      赤ちゃんをそれぞれとおねえちゃんと抱き合うにはそれくらい欲しいなって…なんて。ん…焦らずゆっくりと、です(頷きながら軽く唇をこちらから重ねようと) -- アリー 2016-09-02 (金) 04:20:42
    • 仙人修行で腕増やしちゃうとか…。
      (冗談を言って口を閉じて、ちゅっと触れ合わせる。お互いの柔らかさが口を通してかんじられる気がして)
      ん…。アリーなら羽で包んであげるのもいいんじゃない?
      (今度は頬や肩に、じゃれるみたいにちゅっちゅぅと唇を当てながら、アリーの瞳を覗いて微笑み) -- ソニア 2016-09-02 (金) 04:28:52
    • ……一歩間違えて千本位になりそうなのでやっぱり止めておきましょう
      (そうしてお互いの唇の柔らかさを堪能する様に重ね合わせ、少し表情が蕩けていき)
      …ふわっふわの羽根なら考えなくもなかったんですがね。ちょっと赤ちゃんの肌には痛そうな…?ん、ぁ…っ♡
      (じゃれあいながら、唇が少しずつ下がってきて…蕩けてきた瞳を覗きこまれながら、少し緩めに口元に笑みを浮かべて…ブラウスのボタンを外してもっと吸いやすくしていって) -- アリー 2016-09-02 (金) 04:37:40
  • 私はアリーの羽、すべすべしてて好きよー?ハンモックにしてあげるのにちょうどいいかも…ふふっ。
    (肌の顕になった所へキスをして、肩から乳房になるあたりの柔らかい肉に唇で食む。すべすべとしてあったかな感触
    がとても心地良くてうっとりする)
    んっ…ふにふに、すべすべ…♡
    (スカートの方にも手を伸ばして腰を撫でながらホックを外す) -- ソニア 2016-09-02 (金) 04:44:04
    • 流石に私の羽そこまで支えきれる気がしない…ですね。(せめて自力で飛べる様になってから…?と呟きながら)
      (肌を顕にし、キスが次第に降りていくのを身体を震わせ…その感覚を甘美に感じながら、時折小さく声を漏らしたりして)
      は、ぅ…♡えへへ…んん、おねえちゃん…♡
      (手が下半身、スカートに伸びてきて…少しやらしい手付きでホックを外され、少し腰を上げて脱がせやすい体勢になりながら)…もっと、たくさん…触って下さい…♡(言いながら身重なおねえちゃんの身体、腰辺りを負担にならない様にと撫でていって) -- アリー 2016-09-02 (金) 05:02:47
    • はぁーい♡ 
      (甘えた声で返事をしながら、自分のワンピースのスカートもたくしあげて、アリーの手に地肌と下着を触れさせる)
      アリーのおねえちゃんって甘える声とっても可愛いなぁ。なんでも言うこと聞くしかなくなっちゃうねっ。
      (身を寄せると、元より大きな胸と、大きくなったお腹がアリーにくっついて柔らかさと体温が二人の間で行き
      来してる感じがした。ブラウスと下着だけになったアリーの身体を、優しく愛撫する。お尻から太ももを撫でて、峰の
      ようになってる腰を越えると、まだそんなに膨らんでいないお腹に手を当てて。ゆるく円を描くように下腹部を撫でて…) -- ソニア 2016-09-02 (金) 05:17:28
    • あ…♡(手の中に触れる感触、さわさわと触れて…少しずつ手を下着と柔らかな肌の間に差し込んで)
      …何でもとか言われるとすごく悩んでしまいますね。本当はこうして一緒に入られるだけで十分過ぎると思ってたのですが…もっとおねえちゃんを感じたり感じられたりしたい、って思ってしまいます♡
      (一方でまだまだ大きくなってない胸とお腹、凹凸が控えめに言って大きくない身体を触れ合わせながら…柔らかいのは確かで、触れあいながら吐息のかかる距離に顔を近づけて)
      あ…♡(優しく撫で回されながら、自らブラウスを開けさせて胸もお腹も顕にして…撫でられていく感覚、ゾクリと身体を震わせて) -- アリー 2016-09-02 (金) 05:31:58
    • おねーちゃんは女の子の一番大事なとこまで、アリーでいっぱいにしちゃったんだから、遠慮なんてしなくていいんだよ♡
      抱き締めて手をつないでキスもしてぇ、それから…お腹の中でずぅっとアリーを感じてるし…。
      (下着の中に入り込んでくるアリーの手を上からさすると、近づいた唇を吸いながら、自分もワンピースを
      胸元までたくし上げて、直に胸同士を触れ合わせ。手だけじゃなくて身体全体でする愛撫に、赤ん坊が寝ている場所より
      もう少し下の辺りが、じんわり痺れるように気持ちよくなってくる) -- ソニア 2016-09-02 (金) 05:44:30
    • その逆も…ですから、ね♡おねえちゃんの女の子の一番大事な所も、一番弱い所も…一晩中感じさせてもらったり
      …こういう風に話していると、はじめておねえちゃんがおにいちゃんで入ってきた時のことも思い出してしまいますね…♡
      (手をさすられながら、柔らかい感触を確かめるように揉みつつ…少し大きくなったような胸、そして確実に宿してるのが分かるお腹とを触れ合わせて)
      (下腹部の疼く感覚、既に新たな生命を宿しているのに気持ち良くなっているのは…多分単純に欲しているからだろう。お尻を揉みながら少し指を窄まりに掠らせ様として) -- アリー 2016-09-02 (金) 14:37:28
    • 赤ちゃん無事生まれたらまた男の子なったげよっか、えへへ…ひゃっ!あんっもうお尻はぞわってなっちゃうってば♡
      (こっちはお返しに、顎の付け根辺りに口を寄せて、長いべろで首筋から耳裏までてろんっと舐めあげて。手はお尻を
      抱えるようにして、お尻の方から足の間を指先でくすぐる) -- ソニア 2016-09-02 (金) 21:22:54
    • …お願いできますか?あ、あと…私も、弟になってみても良いでしょうか?何だかんだでなったこと無かったですからっ あぁ、すみません…つい♡
      (悪びれているどころか分かってしている様子、そうしている間に口が寄せられて…長い舌が、舐め上げられていくとビク…と身体を震わせて)
      あ、にゃ…ぁぁ…♡(軽い身体はお尻から抱えられ、指先でくすぐられる秘所の側。思わず声を漏らしながら…お尻を揉む指先に力が入って) -- アリー 2016-09-03 (土) 04:18:21
    • んっ…ふぅ…っん…♡
      (柔いお尻に細い指が埋まると、ソニアも少しくすぐったそうな吐息を漏らす。前にたくさんお尻でされてから感度が
      上がってしまっているような気がして、少し心配になってしまう)
      寝転がったままだと、さわりあいっこするぐらいしか出来ないけど。お腹くっついててきもちいいからこれはこれでいいかなぁ。
      アリー、どっちをいじって欲しい?前の方、それともお尻かなぁ?
      (身体の下側になってる方の腕を、アリーの頭の下に差し入れて、腕枕すると優しい、ちょっといたずらな笑みを浮かべ) -- ソニア 2016-09-03 (土) 04:39:23
    • …ふふ♡
      (指を埋めてふにふにと揉みながら、窄まりに一本だけ触れさせてクニクニと弄ったりしてその反応を楽しむように)
      …こうしてると、おねえちゃんが感じてる顔を沢山見られますから…♡私、ですか?
      んと、私はま………お、お尻で…
      (腕枕をされて重くないですか?と言いつつも、恥ずかしそうにそう口にして) -- アリー 2016-09-03 (土) 04:51:11
    • 大丈夫、私腕も実は結構しっかりしてるので。
      (そう言って、腕枕してない方の手の指をぺろりを唾液で濡らすとアリーのおしり割れ目の方へ手を差し込み。
      小さなお尻を手のひらで撫でまわりながら、お尻の穴をつつく) -- ソニア 2016-09-03 (土) 04:58:06
    • 言われてみれば…私おねえちゃんには軽々と持ち上げられてるイメージが…
      あ…ん、ぅ…ひゃぁぅ…っ♡(目の前で指を舐めて、おしりの方へと手が差し込まれて…小ぶりなお尻が手のひらに吸い付く様に。)
      (そうしてお尻の窄まりへと突かれ思わず身動ぎをして、蕩けるような震える声を漏らして) -- アリー 2016-09-03 (土) 05:06:02
    • んん〜…♡ 可愛い声ぇ…私も、ちょっと苦手ってくらいお尻弱いけど。アリーも結構こっち敏感だよねぇ…。
      (ソニアが性器を触れて愛撫するとき、濡れた紙を破かない程の繊細な手つきをする。だけど、大きな尻の筋肉と
      括約筋で固いお尻の穴をいじるときは、指先に力を込めてほぐして…突き入れるように体内へと指先を潜りこませる) -- ソニア 2016-09-03 (土) 05:24:03
    • …お尻のはじめて、ってすごく激しかったですから。でも私、おねえちゃんがお尻で気持ちよくなってる様子の方が…すごく好きです、ね
      (指を二本、舐めて指先を濡らして…おねえちゃんのお尻をその二本の指先でお尻の谷をなぞりながら)
      にゃ、ぁ…っ!(お尻の穴もゆるいわけではないが力負けはしがちで…潜り込んでくると、一瞬強張ってから表情が緩んで)…ぁ、ふ…♡…んっ(そのお返しにと指先を埋めていこうと) -- アリー
    • 私はアリーがとろっとろに蕩けた気持ちよさそうな顔してるのが好きだよぉ。ほれほれぇ〜…っんゃっひゃぁ!
      (調子よくお尻を攻めていたら、アリーに反撃されて案の定変な喘ぎ声が出てしまった。押し付けて二人の間で潰れてる
      乳房の先端もいじってないのに勝手に硬くなるくらいだから。アリーに負けず劣らず、相変わらずの敏感さで)
      んんっ…!アリーの、指ぃ…中でぐにぃって…はぁっ…ん♡ -- ソニア
    • それ、じゃあ…二人共、とろとろに蕩けていくのが…一番良いんですよ、ね…?あ、はぁ…♡
      (声を上げる様子を見つめながら、互いの胸の先端…そこの存在を主張するような硬さに、軽く身を捩って擦れ合わせていきつつ)
      (一方で指は埋めたまま、その動きを一旦止めて。)…そんな顔と声出されたら…一日中、おねえちゃんのお尻いじり続けてしまいたい、ですね…♡
      (そういう言葉とは裏腹に止めた指をそのまま引き抜いて、強請るようにおねえちゃんの指が突き入れられているお尻を少し締め付けて) -- アリー
  • あっん…くふぅ…だめぇ♡ そんなの絶対おかしくなっちゃうからぁ。
    (アリーの耳元で甘えた声で言い返しながら。身体の密着度をもう少し上げる。腕枕にした腕で頭を抱きかかえて
    足の間に自分の腿を挟み込ませる。すると背に回している手がもう少し動きやすくなり、お尻への愛撫を強くして)
    でもぉ、二人で気持よくなっちゃうのはいいかなって。お腹の赤ちゃんにもママ達いっぱい気持ちよくなってるよーって
    教えてあげるとえっちな良い子に育ってくれるよ。
    (そう言いながら、お尻に差し入れる指を2本にして、穴の形をなぞるように指を回して。徐々に激しくまぜはじめる) -- ソニア
    • …私は、おねえちゃんとならいくらでもおかしくなっても構わないって、思ってますよ…?
      (耳元の甘い声に身体を震わせながら、腕枕されている頭が抱えられて)
      (足の間に腿が入り込んできて、足で挟む状態…文字通り包み込まれる状態で愛撫をしやすい体勢を整えられていく)
      ふふ…そういう事なら二人で沢山気持ち良いことしていきましょう、ね…?
      …何だか普段と全く違わない気がしますけれど、もぉ…っ…!?ゆ、び…二本はぁ…っ♥
      (指が穴の形をなぞるようにかき混ぜられていく、自然と腰を揺らして太ももに秘所を押し付けるようにしながら…すがるようにお尻に回している手、その指が一本埋まったまま揉んでしまいお尻を拡げようとして) -- ちびありー
    • うん、じゃあこのまま二人で…いっぱい気持ちよくなっちゃえばいいってことだねぇ…あ、これからは4人かぁ。
      (言葉は軽く続けながらも指の動きだけは強めていく。指だけじゃなくソニアは、全身をすり寄せるように動かした。
      太ももで局部を撫でて。胸同士を合わせて擦れさせる。間にわざとブラウスを挟んで乳首にざらざらとした感触を感じ
      させるようにして…)
      いっーっぱい気持よくなろうねぇ…♡
      (そして、耳の穴に舌先を差し入れてくすぐりながら囁く) -- ソニア
    • // -- ソニア
    • とっても賑やかになりますね?…楽しみ、です…っ …ぁ、くふ…ぅ…っ
      (やはり経験の差があるのだろう、指の動きだけでなく擦りつけられていく身体の感触。太ももでやらしい水音を立てられながら)
      (薄い胸に押し付けられる豊かな乳房、その際に着衣を挟まれて胸同士で触れ合うだけでない感触の変化に挙げる声も少し驚きが混じり)
      (しかし決して嫌な訳ではない、すぐに感じている気持ちよさそうな声へと変化して)
      ひゃ、ぃ…♡にゃああぁ…!?み、みぃ…っ(直接耳に舌先を差し入れられながら、くちゅくちゅという音が頭の中に響きながら感じ過ぎた身体はビクビクと弾ませて)
      あ、ぁあ…っ♡♡(くたりと身体から余計な力が抜けて達してしまった様で、熱っぽい吐息を耳元で漏らして) -- アリー
    • イッちゃったねぇ…。かわいいッ♡
      (耳にかかる熱い息を心地よく感じながら、指を引き抜いて優しく小さなお尻を撫でる。じんわりと身体に暑さを覚えた。
      絶頂したアリーの身体か、それともその姿に興奮した自分が熱いのか。どちら共分からない程密着して二人の体温が
      混ざり合った状態…。うっとりしながらキスをしようとして、ふと二人の間に何か別のものを感じる)
      …んっ。あ…今動いたっ。 -- ソニア
    • あ、ぅ…ふ、ぁぁ…っ…ん…♡
      (まだまだ絶頂の最中、と言った具合だろうか。自然とこちらの指も引き抜いて、撫でられながらじんわりと広がる熱、触れ合っているからこそ感じる物でもある様で)
      (不思議と心地よさを感じながら、達したばかりの身体を横たえていると)
      …どうしまし、た…?(間近に迫った唇、唐突にそれが止まりかける声)&br:;…動いた?あ、もしかして…っ(思わず身を起こそうとして、すぐにへたり込んでしまいながら。それでもお腹に手を触れさせようとして) -- アリー
    • んへへっ。ほらっ…。
      (アリーの手を取って、ソニアはお腹のちょうど感触のあった辺りに触れさせた。仰向けになってもぽっこりとしたお腹。
      直に触れてもまだ外から動きが分かる程じゃないけれど)
      今も、少し動いたよ♡
      (アリーの方を見ながら、頬をほんのり赤くして) -- ソニア
    • (手のひらを導かれ触れさせてみる、柔らかく温かい…確かに存在している事を感じさせている膨らんだお腹)
      (達したばかりで敏感な身体で、出来る限り集中しながら触れていると)
      あ…っ♡
      (動いた瞬間、僅かではあるが内側から動いたのを感じられて…緩んだ笑みを浮かべて)
      …ママと、ママが…待ってますからね…?えへへ(と、こちらも赤くなりながらお腹を撫でて) -- アリー
    • 早く生まれてこないかなぁ。それにしても…動き出すのがえっちしてる最中って…さすが私達の子だねぇ♡
      (にひひっと笑いってアリーと一緒にお腹をなでなで。なんだか楽しくなってくる)
      これはすごくえっちな子が生まれてきそうで…早く生まれてこないかなぁ♡ -- ソニア
    • あ、あはは…でもそうなのかもしれない、ですね。…実は早く出てきてエッチな事がしたいんでしょうか?なんて
      (笑い合いながら、なでていきつつ)
      …あ、でも私焦らされるのも嫌いではないので…生まれてくるのを楽しみに待ってます、から…♡ -- アリー
    • 私も楽しみなのでっ♡ 待ってるのもこれはこれで、なんだかねっ。もっとおっきくなったら、えっちしてる最中に
      お腹けったりするのかなぁ。アリーのお腹の子も育ったら赤ちゃん二人とも…えへへっへへぇ♡
      (笑ってちゅっとキスをする)
      これからはアリーと一緒に赤ちゃんの分もかわいいってしてあげないとねぇ、おねーちゃん忙しくなりそうです。…あー、ママかぁ。 -- ソニア
    • 私も早くお腹の中で動いてるのを実感してみたいですね。…そういう意味で本当待ち遠しいですっ♡
      えへへ…♡はやく、そうなるように沢山栄養を取らないとですねっ!(チュッとキスをされて、決意も新たに)
      私もおねえちゃんと一緒に頑張ります!……んと、おねえちゃん?(つぶやいている様子にどうしたのでしょうかと首を傾げ) -- アリー
    • 生まれてくるのは娘なんだけど、きっとアリーに似てて可愛いんだろうなーっておもったら…。その子も妹に
      しちゃいたくなるかも…とかちょっとね!
      (アリーが妹でありパパでもありそしてママで、実は年上というだけでややこしいのに、生まれてきた子まで
      娘でそして妹となったら家系図は猫に弄ばれた毛糸玉の如くこんがらがる)
      …大丈夫っちゃんとママになるからねっ!がんばるからっ!
      (ぐっと拳を握って頷いた) -- ソニア
    • …多分無いですけれど男の子が生まれてきてもおねえちゃんなら妹にしかねない様な。
      ………いっそ四姉妹(ポツリと何となく思い浮かんだ言葉を呟いて)
      …ふふ、きっとどういう関係になっても私はおねえちゃんの事が大好きで、この子達も生まれる前から大好きで…それだけ絶対なら大丈夫ですよ、きっと
      (ぐっと拳に力を込める様に握り頷くおねえちゃんにつられうなずき)
      …ふふっ♡(微笑んでから少し身震い)…もう5月(開始時点)とは言え、夜はちょっと冷えますしお風呂とか入って服着ましょうか…? -- アリー
    • あっそっか…お腹冷やしちゃだめだもんね。
      (気だるさはまだ少し残っているけど。アリーを抱き寄せながら、布団に手をついて抱き起こす。ついでに脱ぎ広げて
      あったパーカーを拾ってアリーの背に抱きしめるようにかけた)
      お風呂でしたくなってもちょっと我慢とかしなきゃぁ…ねっ♡
      (悪戯っぽく笑ってまた頬をくすぐるように唇をあてる) -- ソニア
    • (抱き寄せられながら、こちらもおねえちゃんの身体を支えようとする。本当に微力ではあるが)
      …おねえちゃんの方がお腹大きいんですから、もっと冷やさないようにしないと…(と、パーカーをかけられて嬉しく思いながらも、その一方で心配そうに口にして)
      …そうです、ね。今日は…気持ち良くなり過ぎた気がしますから…
      (頬を擽られる様に口付けを受けて、ポツリと呟くのは)……おねえちゃんがもっと乱れるところ見たかったですけれど、ね♡(そんな事を言いながらお風呂へ向かう。…そうして二人、少々長湯になったとかならなかったとか) -- アリー

氷雨 160901 Edit

  • -- 2016-08-31 (水) 21:43:28
  • -- 2016-08-31 (水) 21:43:36
    • 焼 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:04:38
      • き -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:04:46
      • …戦争が始まる…… -- 氷雨 2016-09-01 (木) 22:09:07
      • どの辺が回転要素なのかよくわからないんだけどねぇ、あれ。あっそうそうところで氷雨ちゃん。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:25:20
      • 焼く時に型をくるんっとひっくり返すから…?
        はいはい、なんでしょうか…?
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 22:29:00
      • うん、実は私引っ越そうかとおもっててね。赤ちゃん生まれるので。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:41:13
      • 引っ越しですか…遅かったくらいですよね…って…?
        赤ちゃん…?べいびー…?誰の…?ソニアさんの…?
        (引っ越しに関してはあまり驚かないが、赤ちゃんに盛大に反応した。)
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 22:43:25
      • うん、わたしの。普段ワンピばっかきてるけど、それでももうそろそろ分かるくらいお腹も大分…。
        (たくしあげると、淫紋みたいなのがついてるみごとなボテ腹) -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:50:02
      • はぁ…これは見事なお腹なのです……
        相手はやはりアリーさんですよねー…?(同性妊娠を当然の様に言う。)
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 22:54:03
      • うん!アリーだよ! (当然のように頷く)
        ちなみにアリーも今妊娠してるけど、そっちは私が孕ませたので。二人でママでそしてパパですっ! -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:55:35
      • ですよね…そうでなかったらどう言う顔すれば良いかわかりませんし……
        さらにアリーさんも妊娠…?ダブル妊娠ですか…それはおめでたいですね……
        (おーっと驚きつつ小さく拍手する。)
        こう言う時って何か送るのでしたっけ…?ご祝儀…?
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 23:03:20
      • 赤ちゃんを元気育てーって、なでなでしてくれるといいとおもいます。へへへ♡
        あっそうそう、だからね。アリーももうすぐお腹おっきくなるし、二人の赤ちゃんのお世話あるし。アリーの家に引っ越そうってね。
        (生まれてくる子が日光に弱い可能性もあるので。吸血鬼の館だとその点でも安心というわけで) -- ソニア 2016-09-01 (木) 23:11:41
      • では…お?(この中に赤ちゃんがいるんだと驚きつつ)元気に育ってくださいね…?
        空と風の加護のあらん事を……(撫でながら小さく祝福の言葉を呟いた。)
        そうですか……、でもさっきも言ったけれど…もっと早くにここ(白金庵)を出て行くと思っていたので……
        あまり驚きはないですね……
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 23:17:55
      • (自分もお腹を撫でて、うれしそうに)
        住み心地が抜群だったので (あと仕事もしてたし)
        でも引っ越してもそんなに遠く行くわけじゃないから、氷雨ちゃんもまた気軽に遊びに来てね! -- ソニア 2016-09-01 (木) 23:32:17
      • 住み心地いいですよね…ここ……(同意する様に頷いて。)
        Ja. 同じ街の中ですからね…行こうと思えばいつでも行けます……
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 23:44:02
      • うんっ!
        (なんかうれしくなって氷雨の頭をなでなで)
        それじゃあ私はそろそろもどるね、それじゃっ! -- ソニア 2016-09-01 (木) 23:48:29
      • ふふっ……(撫でられればなんだかくすぐったくて。)
        Ja. ごきげんよう…健康には注意してくださいね…?(小さく手を振りつつ見送りました。)
        -- 氷雨 2016-09-01 (木) 23:50:58

ハミル 160901 Edit

    • うまのちんちん -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:03:47
      • ♥ -- 植木鉢 2016-09-01 (木) 22:04:49
      • (だぶぴー) -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:05:13
      • ♥ -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:05:14
      • って植木鉢さんが言ってた -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:06:11
      • 馬チンチンでアヘ顔ダブルピースさせられてるハミルん…とみせかけた植木ちゃん -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:06:31
      • あっ、花咲いてる!でも大人になったからと言ってうまちんちんは程ほどにするのよ…? -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:07:53
      • おしべが…はみでて…大きい、あんなに大きいなんて…! -- 植木鉢 2016-09-01 (木) 22:07:59
      • 大人になった植木鉢さんがうまおしべにドハマりしてる… -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:10:29
      • はみちゃん様なんでそんなものはみだしてるの。 -- 植木鉢 2016-09-01 (木) 22:13:48
      • なんかわたしハミハミに合う度にちんちんの話ばっかしてるきがするっ。っていうかうまので受粉…?するんだ…実っちゃうんだ…。
        馬と植木鉢の間の子…馬木鉢。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:14:08
      • あたしが!?あたしははみ出してないし!美少女はそんなものはみ出ないし! -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:14:56
      • 例のマスクみたいなのが生えてくるんでしょうか。 -- 植木鉢 2016-09-01 (木) 22:15:04
      • だってソニアがはみ出るって言うから!(植木鉢さんにうまマスクかぶせながら) -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:16:34
      • もごぉ…(よろよろどっかいった) -- 植木鉢 2016-09-01 (木) 22:19:17
      • な、なんか変な生き物が誕生しちゃった…(見送る) -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:20:02
      • 例の馬マスクがもごもご動いてて、なんか触手系の生き物が馬の皮かぶってるみたいでおっかないね…。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:24:11
      • まぁ慣れちゃったけど顔の生えてる植木鉢も十分奇妙な生き物だけどね…! -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:30:33
      • …っていうかソニア…また油断した…?(お腹見ながら) -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:33:17
      • 贅肉じゃないよ!赤ちゃんだよっ!?
        (妊娠5ヶ月目で、小柄な身体でお腹は結構張ってるもんだからちょっと土偶っぽい) -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:35:31
      • へぇ…なんだ赤ちゃんか…赤ちゃん!?
        えっ、父親は…?うま…? -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:38:09
      • 馬じゃないよ!?馬とはしたことないよ!もー、この赤ちゃんはアリーの赤ちゃんなのでー。
        (おなかなでなで) -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:40:11
      • えっ、うまとはって事は…いぬ…?…アリーの赤ちゃん!?
        アリーの赤ちゃんって…えっ…?あ、でも薬もあるんだし出来ない事はないのか…
        二人がそんな孕ませたりする関係だったなんて…(ぽっ) -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:42:47
      • しかもアリーは私の大事な妹なのです。妹でパパにもしちゃって、ママでもあるね。アリーは私が孕ませたから♡
        (そしてアリーは血がつながってなくて、1個年上でほんとうはお姉さんである。もうなにがなんだか)
        ハミハミもお腹なでて赤ちゃん元気に育ってねーってやってあげて、ほらはみるん悪魔だし。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:47:42
      • アリーも孕ませたの!?び、びっくりなんだけど、悪魔びっくりなんだけど!
        ソニアがおかーさんかぁ…元気に育ってねー、男の子だったら二人に色々されちゃうかも分からないけど元気に育ってね…!(おなかなでる) -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:50:46
      • 私はせっかくだからアリーそっくりな女の子が良いなって思うけど。男の子もいいよねぇ…♡
        (お腹ナデナデされて嬉しそうに笑って)
        ありがとー。しっかり元気な子産むからね。おー、そろそろ名前も考えないとね。 -- ソニア 2016-09-01 (木) 22:54:34
      • 食べちゃうの?息子食べちゃうの…?息子の息子食べちゃうの…?
        うんー、ソニアもしっかり頑張って、身体大事にするのよー
        名前かー…二人の名前を組み合わせてー…アリアとかー…リーアとかー… -- ハミル 2016-09-01 (木) 22:58:22
      • アリーは吸血鬼で年取らないから、男の子だったら思春期くらいにきっとそうなるんだろうなぁおもってる。(きっと)
        二人の名前を組み合わせならー…アリーとソニアでー…SONY -- ソニア 2016-09-01 (木) 23:01:50
      • アリーの方が食べちゃうの!?…ふと思ったんだけど息子も吸血鬼の体質受け継ぐかもしれないのよね…
        それでもし血が苦手っていうのも似ちゃったらどうするのかしら…息子もアレを飲む事に…?
        アリニー…ニーソ…ソニアの赤ちゃんとアリーの赤ちゃんで二人分ねぇ、双子だったりっていう可能性もあるけども -- ハミル 2016-09-01 (木) 23:17:28
      • せいえきなら幾らでも集められるから大丈夫だけどー。…はっ!双子!もし私もアリーも双子だったら…
        一気に大家族だよ!ふふふ、それもいいねぇアリーの子だからきっとみんなかわいいし、えっちなことはたくさん人いると楽しいので♡
        あ、そろそろおなかすいたのでかえるね。またねー! -- ソニア 2016-09-01 (木) 23:28:54
      • その内新鮮なのが飲みたくなって息子自らその辺のお兄さんに頼んじゃうんだ…
        家族全員で!?そ、そんな親子と兄弟姉妹入り混じってなんて…やぁん…(顔を両手で覆う)
        あいあいー、またねー、気をつけて帰るのよ!(ふりふり) -- ハミル 2016-09-01 (木) 23:34:13

タタラ 160903 Edit

  • ふう 結構大きいなって安定して来たやろか?(おなかなでなで)
    もう何人かちゃんと報告しときたいとこなんやけど 諸々タイミングがつかめへんなぁ
    ごろごろも飽きてきたしどないしよかな
    -- タタラ 2016-09-03 (土) 21:45:30
    • 私もタイミングとかタスクが進まないとかで…タイミングとかむずかしいよねぇ。赤ちゃんは順調にそだってるけど。
      タタラ姉5ヶ月くらいだっけー? -- ソニア 2016-09-03 (土) 22:01:43
      • そやねぇ その辺りやね ううむ
        (指折り)セラにアニー、カレリア姉とサザンカ虎彦くん辺りには一言言っておきたいようなー 意外と話題にしにくいやろか
        ササキニンジャは既に知ってそやろかなぁ あとは魔王様にぃ ママ友になれそうな辺りも回りたいけど
        ダメやなぁ 意外と出不精なとこが出てきとるわぁー(ごろごろ)
        -- タタラ 2016-09-03 (土) 22:08:37
      • 私は6ヶ月目ー。お知らせならまずカード出してみるとか?
        (おなかなでなでする) -- ソニア 2016-09-03 (土) 22:11:31
      • ほほほ もう折り返し辺りやねぇ
        どうやろか カードなら正直出産後でええ気もするしなぁ
        サザンカ達はまぁまだまだお先やろうしねぇ レイチェルの方はどうなっとるかな? あとはそうだドロッセル君の方も気になるなぁ(ママ友候補陣)
        -- タタラ 2016-09-03 (土) 22:21:15
      • 私は冒険出てないからあまり付き合いない人もいるけど…そうかぁ赤ちゃん作りそうな人結構いるんだねぇ♡
        あ、そうそう、アリーも妊娠しましたので。ベビーブーム来てるよ! -- ソニア 2016-09-03 (土) 22:25:46
      • おおそれはめでたいなぁ ママ友三人は確定やな(わいわい)
        付き合いというか前者は同時期結婚組やね ドロッセル君は今後に期待組やけど まぁ噂は噂やしなぁ
        そういえばソニアとアリーは結婚はしとらんの? そういうの聞いとらんけど
        -- タタラ 2016-09-03 (土) 22:43:35
      • 結婚ー?…あっ (わっすれてたーって笑顔)
        srtm君からブーケ貰った後、アリーといい具合になれて、その後ずーっとえっちで頭いっぱいだったよ。
        二人でお腹おっきくして結婚式とかも素敵かもね!
        (あと特にくぎりでもないけどひっこむねー) -- ソニア 2016-09-03 (土) 22:53:02
      • ほほ もしかしたら何か信条か束縛でもあるのかと思っとったけど? うっかりさんやなぁ(うりんうりん)
        まぁ実際ただの区切りやけど 実現するならちゃんとお祝いさせてなぁ(あーいおやすむ)
        -- 2016-09-03 (土) 22:59:25

ガレージ建設依頼 160904 Edit

  • ガレージ建設の手伝い

    今度引っ越すんだけど、引越し先にジープを止めるガレージが無いんだよね。
    なので作っちゃいます!というわけでお手伝募集!報酬は、そこそこの日当と落成式でBBQやるよ。
    私かアリーが身体で払ってもいいけどね♡
    ※なおこの依頼は判定が3回あるので注意※
    判定全部失敗でひどいことになる…。

    期間1日(9/4)
    最大人数:制限無し(掛け持ち可)
    難易度:(判定によって変化) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-03 (土) 21:21:07
    • 参加者 -- 2016-09-03 (土) 21:21:24
      • 画像は参加表明する場所思クソ間違えてることに気付いた時の俺の顔 -- カサネ 2016-09-03 (土) 21:56:20
      • 同じく間違えた! -- セレン 2016-09-03 (土) 21:56:56
      • いいんだよ、センキュー。カタパルトはさすがに予算オーバーだしジープ飛ばないけど。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-03 (土) 21:58:12
      • ……うん、ここでいいんだな。(しばらく静観していた白翼) -- アシェル 2016-09-03 (土) 21:58:20
      • はい、ここです! -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-03 (土) 22:08:48
      • ほほうBBQ…えっ、イノシシのBBQ!?そんなの初めて聞いたでござるなあ、どんな味なんでござろう -- ササキ 2016-09-04 (日) 02:39:51
      • 焼いた肉に興味はないけど手伝うよ -- フィルメリオ 2016-09-04 (日) 05:47:30
      • 参加者5人、と -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 20:17:23
    • 判定1(ガレージ建てる準備をするよ!)
      土台やら建材の加工やら。足場組やら後の工程に影響する大事なところだからしっかり。
      難易度:★★★★☆ -- 2016-09-03 (土) 21:21:45
      • 木材加工はいいんでござるが金属加工はどうでござろうなあ(建材の加工に挑む) -- ササキ 2016-09-04 (日) 16:19:18
      • 2D6=【1】+【5】=6
        …うーむ、まあ…だいたいオッケーでござるかな!(土台や足場は任せて建材の準備OK!と意気込む、量が足りるかは…?) -- ササキ 2016-09-04 (日) 16:21:49
      • イグルー建てたことがある程度だなあ -- フィルメリオ 2016-09-04 (日) 16:32:03
      • 2D6=【2】+【5】=7 
        よし、骨組みくらいならなんとかなりそう -- フィルメリオ 2016-09-04 (日) 16:33:33
      • お兄さんこんな見た目だし土木関係の仕事ではあるけど掘るのが専門だから建築系は足場組むくらいしかやったことないのだ
        ……聞き覚えがある?気のせいだろ -- カサネ 2016-09-04 (日) 16:59:52
      • 2D6=【3】+【3】 んんー、コンクリだって砕くのが仕事だよ、練るのとかやったことねえよ……(すごく危なっかしいわたわたした手つき) -- カサネ 2016-09-04 (日) 17:01:56
      • ふんふふ〜ん♪こう言う質素な細工をするのも久しぶりだなー
        (背から伸ばしたマジックハンドからレーザーカッターやチェーンソーやらを出し紙細工の様に建材を加工していく白狐。) -- セレン 2016-09-04 (日) 20:55:25
      • 2D6=【4】+【6】=10 ん〜…この辺り耐震に難があるねー?(加工の合間に図面を覗きこんで。)
        せっかくだから僕が直してあげちゃう♪(サラリサラサラと修正と追加を書き加える。) -- セレン 2016-09-04 (日) 20:59:27
      • 少し遅れたか。 その分しっかり働かさせてもらおう。(ブレードの手足を使って木材加工を始める) -- アシェル 2016-09-04 (日) 21:03:46
      • 2D6=【5】+【3】=8 よっ、ほっ…と。 これを削って、これに打ち付けて…(案外器用に手足を使ってパーツを組んでゆく)
        ん、んー…このくらいか?(木材を使って跳ね上げ式一枚板のガレージ扉を完成させた) -- アシェル 2016-09-04 (日) 21:09:18
      • パーフェクトな仕事っぷりです!
        (判定成功です。あといい忘れてたけど。下二つの判定も、他の人の結果またずにどんどん進めちゃっていいからね!) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 21:20:01
    • 判定2(組み立てそして棟上げ!)
      本格的に建てるよ!ジープが中で人型になっても大丈夫なくらい屋根が高いところがちょっと難易度高い!
      前の工程の出来次第で仕事が増えたり減ったりするよ。
      難易度:★★★★☆(判定1が成功している場合)
      難易度:★★★☆☆(判定1が失敗してる場合) -- 2016-09-03 (土) 21:21:54
      • どんどん組み立てるよー♪(準備段階より何かパーツが増えていますよ?) -- セレン 2016-09-04 (日) 21:22:55
      • ふむう。図面の見方くらいはわかるが… -- カサネ 2016-09-04 (日) 21:26:35
      • 2D6=【1】+【4】=5 いいねいいね、ふっふっふ、なんだか創作意欲が……
        (自分で設計図を修正したのに、新たなパーツをその場で作りくっつける白狐。)
        (防犯用のハンマーアームとかドリルアームとか……) -- セレン 2016-09-04 (日) 21:27:32
      • 2D6=【2】+【3】 ……ごめんウソついた。なんだこれ(建築と発掘で図面の引き方も違うんじゃない?) -- カサネ 2016-09-04 (日) 21:29:31
      • 結構屋根の高い…納屋のような構造なんだな。 まぁきちんと組めば大丈夫だろう。(かなり大きいサイズの跳ね上げゲートを取り付けにかかる) -- アシェル 2016-09-04 (日) 21:37:38
      • 2D6=【4】+【4】=8 ゲートはこれでよし、っと…(案外すんなりと取り付けられる頑丈そうな木板ゲート)
        機械構造をこのリモコンとやらに連動させればクルマに乗った状態でも開閉できるぞ。 -- アシェル 2016-09-04 (日) 21:41:17
      • 大きなイグルーだと思えば…… -- フィルメリオ 2016-09-04 (日) 22:23:12
      • 2D6=【3】+【4】=7 
        よし、吹雪に耐えられる様入念に皮を張っておこう -- 冒険者/100400 2016-09-04 (日) 22:25:49
      • えっ、これ屋根部分拙者が担当するんでござる!? -- ササキ 2016-09-04 (日) 23:24:39
      • 2D6=【4】+【1】=5
        グワーッ!(どっすーん!と屋根部分から落下する)高所はマジヤバイでござるなあ… -- ササキ 2016-09-04 (日) 23:26:12
      • 大丈夫まだリカバリーは効くっ。(判定失敗) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 23:56:54
    • 判定3(仕上げそして落成)
      内装したり色ぬったり。仕上げをするよ!終わったらBBQだよ、イノシシ焼くよ!
      難易度:★★★★★(判定1と2が成功している場合)
      難易度:★★★☆☆(判定1と2どっちか失敗してる場合)
      難易度:★★☆☆☆(判定1と2どっちも失敗してる場合) -- 2016-09-03 (土) 21:22:04
      • いいんだよ俺はこっちやるために来てんだ!おら肉よこせちくそう! -- かさね 2016-09-04 (日) 21:32:36
      • 2D6=【6】+【5】 ボタン肉は煮込んだほうが脂のうまあじが活きるんだけど、まぁ焼いたってうまいのは間違いねー。
        すりおろした玉ねぎにんにくショーガに漬け込んで臭みを消してやわらかくしてー、酒ー、しょうゆー、はちみつちょっぴりー。そして味噌!(楽しそうに料理してる。建築?みんながんばれ!)かさね -- 2016-09-04 (日) 21:37:38
      • うーん、何か物足りない気がするんだけどー?(なんだろうと首を傾げ) -- セレン 2016-09-04 (日) 21:45:32
      • 2D6=【5】+【6】=11 そうそうこれだよね?発進する時のけれん味は大事!
        (シャッターと連動しライトアップされる様にする。それと[準備]や[発進]に切り替わる表示板とか) -- セレン 2016-09-04 (日) 21:48:57
      • 内装は木の温かみがあった方が良いか、それとも無骨な鉄筋構造のままが良いか… とりあえず軽く扉でも塗ってみるか…?(チャッ、とペンキと刷毛を手に取る) -- アシェル 2016-09-04 (日) 21:55:02
      • 2D6=【2】+【1】=3 …………これは…(数十分後、そこには塗り終わった扉を前に立ち尽くす白翼の姿が)
        (この白翼、絵画センスについてはかなり独特すぎた。そこにはヒッピー的なサイケな色彩のサイケな図案の絵が! 正直目が痛い芸術の爆発であった)……す、すまない… -- アシェル 2016-09-04 (日) 21:59:29
      • 肉は生でお願いしたい! -- フィルメリオ 2016-09-04 (日) 22:26:38
      • 2D6=【4】+【1】=5 
        よーし、各種厄除けと精霊の加護を得るまじないもしておこう(銀世界とか雪中花という漢字によく似たシンボルマークを色んな箇所に描き込んで仕上げた) -- フィルメリオ 2016-09-04 (日) 22:29:06
      • つまるところ最後の総仕上げ…ビフォアーアフターしろと言う事でござるな…?(今までの工程は何だったのか?匠の手による仕上げが今始まる…) -- ササキ 2016-09-04 (日) 23:29:20
      • 2D6=【4】+【4】=8
        (なんという事でしょう、匠の手によりガレージはロフト付きに生まれ変わりました)
        …よし! -- ササキ 2016-09-04 (日) 23:30:38
      • みんなおつかれーわりと上手く行ったね!(判定成功。総合判定…成功!) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-05 (月) 00:01:27
    • 雑談・質問 -- 2016-09-03 (土) 21:22:25
      • ごめんね、さっき日付間違えて書いてごめんね。依頼は明日、明日なんです…。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-03 (土) 21:55:21
      • (わーいぼくもやるー!的な書き込みだったのは秘密だ!) -- カサネ 2016-09-03 (土) 21:56:56
      • よしじゃあこの話は内緒にしておこう。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-03 (土) 21:58:36
      • 飛びたくなったら僕に言ってね♪(ウイングセイバー的なロボをしまいながら) -- セレン 2016-09-03 (土) 22:05:23
      • 判定の成功云々は判定ごとに全員分揃ったら成否出して次の難易度変化でいいんでござるかな? -- ササキ 2016-09-04 (日) 16:22:59
      • ただいまー、とりあえず来た人からどんどんやっちゃってくれていいとおもうよー。それぞれの判定で過半数成功したらどっちみち成功判定でるし・ -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 20:14:10
      • ダメだされたイノシシの肉は確保してあるからがんばってー! -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 21:37:00
      • ぷぎー!(断末魔) -- かさね 2016-09-04 (日) 21:39:17
      • 今まさにダメだされたてのジビエです。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 21:43:04
      • まさか★5の場合ですら失敗圏を引くとは思わなかった…(大体こういう系統の絵を仕上げながらうなだれる画伯) -- アシェル 2016-09-04 (日) 22:15:14
      • エキセントリックな感じになってきた! -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 22:20:32
      • 閑静な古びた洋館の庭に突然こんな絵柄の扉のガレージが…! -- アシェル 2016-09-04 (日) 22:26:54
      • おもしろそうなのでこれはそのままつかわせてもらう -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 22:29:59
      • ガレージがどんどんカラフルになってく!そして最後どうなるかはお団子屋次第になったね。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 22:32:32
    • qst087497.jpg どっちにしろひどいことにはならずに済みそうなのでイノシシ焼いとくねー。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-04 (日) 22:39:15
      • まるごと!?(横にもうひとつオーブンだして漬け込んだ肉やら野菜やら焼きながら) -- かさね 2016-09-04 (日) 22:45:12
      • イノシシってこうやって焼くもんなんでござる…?(中まで火が通るのかな…とか思いつつ) -- ササキ 2016-09-05 (月) 00:05:30
      • 私もイノシシの開きは初めてだよ。やけるまでかさねにーさんが作ってくれたやつたべよう。
        それにしてもみんなおつかれさまー。おかげでちゃんといいのができたよ!
        (リモコンゲート付きで、トラディショナルなシンボルとカラフルな扉絵のリモコンゲートで彩られた、防犯用のハンマーアームとかドリルアームとかしこまれてるガレージを見上げながら) -- ソニア 2016-09-05 (月) 00:36:05

きゆう 白金庵 160904 Edit

  • 子育てのために引っ越そうと思うので。
    それで…すごい今更気になったけど。入居するときすごい改装してたけど。それって大丈夫なのかな。…費用とか。
    (そういえば敷金の話とかなかったなーって思い出しながら) -- ソニア 2016-09-04 (日) 23:10:58
    • 話は聞いてるわ、そうね…じゃあ金貨一万枚で!(にっこり。) -- きゆう 2016-09-04 (日) 23:18:22
      • マヂカ…(ゴクリ)
        …ローンききます? -- ソニア 2016-09-04 (日) 23:22:23
      • なんて冗談よ?(本気にした?可愛い♪と笑い)
        部屋の改装はうちの従業員達でやったし、ほぼタダみたいなものよ? -- きゆう 2016-09-04 (日) 23:24:30
      • まじかーよかったー。 (ほっとしてへにゃっとした)
        私もちょいちょいお手伝いしてたけど、従業員の人すごくてよかった。お金も今までよりちゃんとためなきゃだし。うん。 -- ソニア 2016-09-04 (日) 23:39:47
      • ふふっ、私は皆が日々良く過ごす姿を見るのが好きだから……
        どちらにしても、ソニアちゃんが子を産んで育て家族を養って行くのならば
        そのくらいかかる覚悟はしないといけないわね?世の中何が起こるかわからないのだし。
        (「それに私が加護を与える事はもう出来なくなるしな?」…これは心の中で。) -- きゆう 2016-09-04 (日) 23:50:41
      • おー、じゃあ元気な赤ちゃん産んでしっかり育てないとね。引っ越すけど同じ街にいるし。
        (そう言って屈託なく笑って)
        あと、ありがとうなので。ここに居たおかげでジープ直すのも捗ったし。 -- ソニア 2016-09-05 (月) 00:20:33
      • これからは母としてもしっかり生きてね?ええ、同じ街の中……(それをソニアが望むのならば。)
        ええ、こちらこそありがとう、白金庵に滞在してくれて。 -- きゆう 2016-09-05 (月) 00:31:45
      • がんばるよー、しっかり直ったジープも一緒だからっ。明日急に何があってきっと今の私達なら大丈夫だから…。うん、お世話になりましたっ!
        (そう言ってぺこりっと頭をさげた)
        まぁ、またちょこちょこ見かける事にはなるとは思うんだけどね。…それじゃあ。 -- ソニア 2016-09-05 (月) 00:43:57
      • うん、いい顔してるわ。(今のソニアならば大丈夫と微笑んで頭を撫でて。)
        またね、ごきげんよう……(そう言って撫でていた手を離した。) -- きゆう 2016-09-05 (月) 00:46:36

リカルド 160906 Edit

  • うん…うん?…お腹大きくなってねぇか?…レズップルで妊娠だと!?
    こっちはゴタゴタがなんとか解決して、ようやく気軽に出歩けるようになったって所なんだがなぁ… -- リカルド 2016-09-06 (火) 20:50:03
    • 気苦労や疲れであたま真っ白になってたおっちゃんがようやく一息なんな。 お腹の子はねーさすがに6ヶ月目ともなると服の上からでもよくわかるよねー♡ この街で性別変えるお薬が普通に
      出回ってるのは知ってたけど。実際ホントに赤ちゃんまで作れちゃうお薬だったのは今でもちょっとびっくりだよ。 -- ソニア 2016-09-06 (火) 21:27:55
      • 気苦労や疲れだけでああなったら本当どこか壊れてんだろうな…俺のはちと違うんだが …ま、そりゃあな。知人の奥さんに何人も生んでるのがいるだけに見慣れてるしな
        …そうか、それでか…まぁ、でも妊娠もしたかったんだろ?タイミングは予想外であっても -- リカルド 2016-09-06 (火) 22:17:17
      • んー、最初はそうでもなかったかなー。赤ちゃんできたらお仕事とかどうしようとかあったし。
        でもおねだりされたら仕方なかったね!だっておねえちゃんだもん!
        (ドヤ顔で拳をにぎりつつ) -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:02:05
      • ふむ、そうなのか?…あー、仕事上な。それがあったか…(顎を撫でさすり)
        お姉ちゃんが妹の子を産むのか…まぁ、幸せそうだからいいか…
        と言うかタタラといい、今空前のベビーラッシュだな…まさに、平穏な日々って感じで何よりだ -- リカルド 2016-09-06 (火) 23:19:14
      • ね。モンスターがめっちゃ街の近所にわらわらいるし。危ない人が出る噂がよく立ったり消えたりするけど。
        私も依頼で怪獣みたいなトカゲ退治に参加したこともあったような街だけど、なんだかんだで平和だよねぇ〜。
        (お腹なでつつほっとしたように言って)
        私の最愛の妹ことアリーも赤ちゃん出来たので平和が一番なのです。
        -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:28:44
      • まぁ、アブねぇのは大抵追い出されちまうからなここは…なにせ、元英雄さまがごろごろいるしな?
        そうだな、あんなデカブツがきたのはあれっきりだな…人の活気も、そこそこ減っちまったが
        …なるほど、そりゃ確かに!俺としても、後はのんびりと暮らしてぇからなぁ… -- リカルド 2016-09-06 (火) 23:37:18
      • 見た目が白くなったらなんだか急に年寄りっぽくなっちゃってもー。
        うん、でも私ものんびりしてるほうがいいかな。もともと田舎出身なので、生活のタイミングものんびり屋なので…ふぅー…。
        (のんびりする構え)
        …あっいけない、あんまりのんびりしてる場合じゃなかった!仕事行かなきゃ! -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:52:10
      • うっせぇ、俺はまだ35だぞ?爺に成り下がる気はねぇんだが?
        あー…なるほどな。まぁ、俺としちゃ最初の活気も恋しいが…これくらいが落ち着けて丁度いいとも言えるかもな
        おぉ、そうか。そんじゃ…いや待て、その体で仕事してるのか? -- リカルド 2016-09-07 (水) 00:00:25
      • えっ?してるよ?だってじゃないとお金なくなっちゃうじゃない。
        (身重で娼婦とか、どんな涙なくして語れない話なのかとおもいきや、実にあっさりとしている)
        妊娠中でもふつーにえっちできるし。むしろボテ腹でプレミアってお客もいるからね! -- ソニア 2016-09-07 (水) 00:18:25
      • …いや、そりゃそうだろうが…ほら、相手のアリーだったか?そっちが普通に働いて稼ぐって手もあるんじゃねぇのか?
        …まぁ、お腹の中の子に問題がねぇのならいいんだが…あぁ、それは知ってる。そういうのがいいってのがいるのはな
        あぁ、ちゃんと医者には見て貰えよ?自然分娩ってのか?あれもなかなかリスキーだって聞くしな -- リカルド 2016-09-07 (水) 00:29:59
      • アリーも今3ヶ月目だし。それにアリーもパピガに入ったから。もうふたりでダブル合法ロリ妊婦娼婦だよっ(力強く頭の悪い響き)
        ふふ、心配しないでもうちのお店その辺もしっかりしてるからね。定期検診してるとこ産婦人科もあって面倒みてくれるし。
        店長さんが、お腹の赤ちゃんに防御魔法かけてくれるし。かけると防御力あがったり状態異常ふせぐやつあるじゃない?あれのお腹の赤ちゃんにかけるやつだってさ。 -- ソニア 2016-09-07 (水) 00:37:19
      • …相手も妊娠してるのかよ!?…もうちょっと家族計画をだな…あーなんておっさんくせぇ説教してんだ俺は… その売り込みでビビッときやがるのもいるんだろうなぁ…
        俺としてはダブルロリ娼婦ってのは実に心躍るんだが、妊婦ってなると流石になぁ… お、そいつぁいいな。まぁ、妊娠しちまう事もあるんだろうからそりゃそうか
        …そういうのまでしてるのか…ま、それならいい…のか…(割と常人な思考なので頭を抱え) -- リカルド 2016-09-07 (水) 00:42:24
      • はっはっは、まぁ実際やってみると、おかしいって思ってたことも割りとイけたりするもんだよー。
        (ぽむぽむと肩を叩いて笑ってそう言う)
        それじゃあそろそろいってくるので、またね! -- ソニア 2016-09-07 (水) 00:48:00
      • あんまり変な扉を開けたくはねぇんだよな…変にハマっちまったら事だ(肩を竦め)
        あぁ、そんじゃ邪魔したな…しかし、ダブル合法ロリか…(ビビッときたおっさんだっとか) -- リカルド 2016-09-07 (水) 00:50:19

セレイン 160906 Edit

  • ちわー、こないだはお手伝いありがとうねー。おかげで快適にジープのメンテができてるよー。 -- ソニア 2016-09-06 (火) 21:13:23
    • うんうん、それはなによりだよ♪本当はもっと色々つけたかったのだけどねー -- セレン 2016-09-06 (火) 22:35:22
      • うん、なんか予算内で色々つけてもらっちゃってお得感あるんだけど。大丈夫なのあのハンマー?とかドリル…。
        (あ、これおみやげですってクッキーあげる) -- ソニア 2016-09-06 (火) 22:49:23
      • 全然大丈夫だよ?設計図を書き直した時に資材の余剰分が出たからそれを加工して作ったし
        足りない分はジャンクパーツを適当に見つくろったからさ♪(キラっ☆)
        (資材の余剰と言っても耐久耐震には全く問題無し、むしろ32.5%向上してると告げて)
        わーい大量に出てきそうなクッキーだ♪(早速ギザッ歯でガリガリ食べる白狐)
        -- セレン 2016-09-06 (火) 22:56:52
      • ああ、大丈夫って…うん、まぁいいか、ありがとね!
        (うっかり作動して食らった人の心配なんだけど、楽しそうに説明してるのでまぁいいやってなって)
        ん、そういえば黒いきつねさん…セレインさんとなんだか似てるんだけど。姉妹なん? -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:04:55
      • うん、大丈夫♪(ありがとうににっこり笑う白狐)
        (基本的に安全性は言われてから考える子であった。なので直せと言われたら直す)
        姉様の知り合いなんだ?想像の通り僕とセレイン姉様は双子の姉妹だよ
        (クッキーバリバリしながら頷く)
        -- セレン 2016-09-06 (火) 23:12:00
      • あっやっぱりそうなんだ!おねーさんにはいつもお世話になってるので。色々と♡
        (こっちも釣られるようににへっと笑顔になる)
        あっそういえばさっきあの防犯?装置作ったっていってたけど。あれ、セレインさんのところで売ってる商品とは違うの? -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:19:07
      • 姉様こっちでがんばってるんだねー(にこにこと笑顔を交わしあって)
        僕が開発したのがベースになっている商品もあるけれど、ガレージに付けたのはその場で作った!
        (こんな風にね?と背中からマジックハンドを数本伸ばすと廃材を適当に加工し始める)
        (ネジやら何かのパーツがどんどん製造され、さらにそれを適当に組みわせると……)
        (ガトリング砲が出来ました!)
        -- セレン 2016-09-06 (火) 23:28:02
      • おおー…おおぅ!?
        (工作機械の加工する様を3倍再生したような動きが目の前で繰り広げられ、驚いた。口に開いた指をあてて)
        なにこれすっげぃ…。べんりそうだねぇその手、ちょっと触手っぽくてえろぃのもいいとおもいます。 -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:33:36
      • これもガレージに付ける?(弾薬コストが気になるならレーザーガトリングに直すよ?とさらり言い)
        ふふん♪僕の身体の一部となる様に日々バージョンアップしてるから。触手?あーそっち方面の触手を想像したんだね?
        でもこれはそれ以上のものだからさ
        -- セレン 2016-09-06 (火) 23:44:09
      • (ガトリングの方を見てふむふむと頷いて興味を示しつつ)
        あっ、うねうねしてるもの見るとつい、ねー?手がいっぱいあるみたいでほんと使い勝手良さそう。私もジープのメンテとかで色々部品いじってる時手があと2〜3本あったらここ抑えながらネジとめられるのになーとかよく思うので。 -- ソニア 2016-09-06 (火) 23:56:30
      • 僕ももう手が2〜3本あったらいいなで開発したからね、わかるよその気持ち(うんうん)
        これは扱いが難しいけど、商品化バージョンで良ければ姉様に相談してみると…あ、しばらく留守なんだっけ
        ま、店の方には母様がいるから問題無いか
        -- セレン 2016-09-07 (水) 00:02:53
      • 欲しいけど、赤ちゃんのために今は節約しないとだからねー。ガレージはどうしても必要だったけど。
        それじゃあ私そろそろ行くねー、またねセレンちゃん! -- ソニア 2016-09-07 (水) 00:21:19
      • そうかそれは仕方が無いね、うん!またねソニアさん、今度あのジープを改造させてねー -- セレン 2016-09-07 (水) 00:24:29
      • \それは勘弁してほしいので/ -- ソニア 2016-09-07 (水) 00:33:32
      • それは残念!増設パーツに留めておくねー? -- セレン 2016-09-07 (水) 00:38:08

アシェル お団子屋 160906 Edit

  • こないだはお手伝いありがとうねー。その御礼ってわけでもないんだけど。クッキーあげる
    qst087499.pngつつくと無限に増えそうな見た目だが、普通のチョコチップクッキーが袋にたっぷり入っている)
    クッキーつくるのは得意なんだけど、あのお屋敷(ガレージつくったアリーの家)キッチンも広くって。つい作りすぎて……。甘いの嫌いじゃない? -- ソニア 2016-09-06 (火) 21:20:41
    • いや…あのくらいならばお安い御用だ。 しかしなんだ、あの屋敷には似つかわしくない派手な扉絵になってしまったが…
      んっ…(一応つついて増えないかどうか確かめ、一つ手にとって)
      あれだけ大きな屋敷のキッチン…もはや厨房と呼ぶべき大きさだろう。私も料理はするから気持ちは分かる… ん、実はな、チョコは好物なんだ。ありがたくいただこう。
      (頷き、手に取ったクッキーを一口齧ってみせる)
      -- アシェル 2016-09-07 (水) 22:50:14
      • そっかぁチョコ好きかぁよかった♡
        (そう言って笑う、というか始終にこにこしてる感じなやつだ)
        あの扉絵もねー、見慣れてくるとなかなかいいワンポイントって感じで、結構しっくりきてるよ!
        (森の中に立つ古びた洋館に突如現れる、壁画サイズの極彩色の現代アートである。インパクトは抜群だがなかなか気に入ったようすで) -- ソニア 2016-09-07 (水) 23:13:19
      • それはもう、菓子といえばチョコといった具合に。 ん、美味い…いくらでもいけるな。
        (対してこちらは一見無表情な印象を与えるが、口にした甘味に少し目を細めてサクサクと上機嫌に食べ進める) 私も菓子作りは得意なんだ、今度引っ越し祝いでも持っていこうか。
        なんというかあれは…前衛芸術の神か何かが降りてきていたに違いない。気に入ってもらえたのならば…まぁ、良しとしよう。
        しかしあの大きな屋敷…口ぶりからすると誰かと一緒に住む様子だったが…?(折角なのでお互いの分のコーヒーなど淹れながら)
        -- アシェル 2016-09-08 (木) 00:18:40
      • ああ〜、そっか作業してたのはお昼だからぁ。あそこはアリーのおうちなの。今度二人で住むことになったからそれで!
        (すぐ戻るつもりだったけど、わりとコーヒー派なのでせっかくだから頂いていくことにしつつ)
        あのお屋敷のキッチン、一人や二人で使うにはおっきすぎるし、今度よかったら一緒にお菓子作りでもする?ふふっ♡ -- ソニア 2016-09-08 (木) 00:30:31
      • アリー…ああ、以前見かけた吸血鬼の…直接じっくり話した事はないが。 同棲というかルームシェアというか…そんな感じか。
        (ミルクと砂糖も添えて出す。自分の分には結構な量のミルクと砂糖を入れた。甘党である)
        ……ふむ、悪くなさそうだな。大きなオーブンなどがあれば大き目のケーキやパイも焼けるし…菓子だけではなく食事を作るのも良いかもしれないな。
        -- アシェル 2016-09-08 (木) 23:05:08
      • うんっお料理も特訓中だよー前に習ったりはしたから出来ないわけじゃないんだけど…おかーさんになるから
        やっぱりちゃんと美味しいご飯作りたいからね!
        (砂糖とミルクを少々いれたコーヒーをいただいて、持ってきたクッキーを自分も一つ味見)
        ところでー…ねぇ、聞いてもいいかな!頭のそれ、アホ毛なの?それとも飾り羽的な…
        (ソニア自身いくらなでつけても立ち上がってくるものすごい強いアホ毛持ちなので、自分のより長くしかも
        2本も生えてるアシェルの頭のソレにものすごく興味引かれたようで) -- ソニア 2016-09-08 (木) 23:23:10
      • ならば今度、何か簡単な料理でも教えにいこうか……ん? お母さん…という事は妊娠しているのか?
        そういう事ならばしっかりと栄養のあるメニューも考えておこう。(ふむ…とソニアのお腹辺りを眺めつつ)
        ん、ああ…これはアホ毛といえばアホ毛なのだが…動くぞ。(ぴこっ、と立つアホ毛。しかも左右別々に動く)
        詳しくは自分でもよく分からないのだが…もし私が鳥から進化した種族なのだとしたら、冠羽の名残のようなものかもしれないな。
        (その言葉の通り、髪とは色の違うそのアホ毛は髪質も若干違う。しかも一本だけではなく、何本かがまとまって一本を形作る構造で、細かく羽毛のような毛羽立ちまである)
        -- アシェル 2016-09-09 (金) 23:35:47
      • おおっ動く…。
        (触覚みたいだ…とか思ったり)
        あ、お腹ねー?んふふっもうちょっとしたら服着てても分かるくらいお腹おっきくなるねぇ。
        (今は5ヶ月目くらいで、所謂ボテ腹になりつつある大きさだ。お腹を撫でながら楽しげに笑っている)
        なんか色々ありがとうねぇお菓子作り得意ならお料理も上手そうだし、お願いしちゃおうかなぁ。
        日のあるうちでも、アリーは眠ってるけど私はお洗濯とかして結構起きてるから。 -- ソニア 2016-09-10 (土) 00:32:05
  • アホ毛は普通動かないからな… アホ毛のようでアホ毛ではない、よく分からないものだこれは。 しかも抜けても生えて来るしな…(ぴこぴこ)
    もうそんな時期だったのか。 ……ん? すると父親は…? ん…? アリーはあれで…?
    (生命の神秘に左右に首を傾げながら、お腹をなでる様子を眺める白翼)
    ああ、乗りかかった船というやつだな。 誰かのために料理を作るのは結構好きなんだ。
    ではまた後日、こっちからも伺わせて貰うとしよう。(隻眼を細め、頷きながら)
    -- アシェル 2016-09-10 (土) 01:43:23
  • 美味しいお料理アリーにもつくってあげたいしー。それにお料理上手いと固定客つかみやすかったりするっていうし!(娼婦的に)
    んふふっ楽しみにしてるからねぇ♡ それじゃあ、またね! -- ソニア 2016-09-10 (土) 01:47:58

アリー アリーの家 160908 Edit

  • .
  • アリーってごはん精液だよね?料理って普段するの?
    (部屋の脇に、荷物を置いてソニアが言った。骨董屋の棚を飾ってそうな皮の旅行かばんを一つとダンボール箱が2つ
    これで家財道具は全て。時刻は、6月の長い日も沈んだ頃で。館を囲う森と夕空のコントラストが、窓を上下に色分けしていた) -- ソニア
    • 料理ですか…普段はあまり。これまで館で普通の食事が必要なのって魚のオリーくらいでしたから
      …ただ、味は分かりますし凝った物じゃ無ければちゃんと作れます。
      (思っていた以上に荷物が少なくて少し驚きながら、こうして改めて一緒に暮らすということを意識して)
      …そういうおねえちゃんは、って前に行ったデートで手際とても良かったでしたっけ。逆に普段って何食べてましたか? -- アリー
      • ラーメンとか肉まんとかピザとかサンドイッチとか色々だけど、屋台だねぇ。
        (つまり外食。娼婦稼業だから、いつ入るか分からない仕事の合間に食べるので。時間を問わず開いている
        街の屋台群に頼りがちなのだ。あとソニア自身、村にはなかった屋台の飲食店がお気に入りでもあり)
        でも、やっぱり赤ちゃんのために忙しくても、しっかりしたご飯食べなきゃって! -- ソニア
      • …ちょっと栄養偏ってしまいますね。うん…偏食どころじゃない私が言うのもなんですけれど
        …確かに、色んな屋台が並んでいてすごく魅力的ですけれども。聞いてる限り何か野菜的なのが足りない…?
        (そんな風に首を傾げて。少し考えながら…)
        そ、そうですね!しっかりしたご飯を…しっかりしたご飯ってどういうのなのでしょうか?(食生活が少々特殊な為か、いまいちピンと来ない様子で) -- アリー
      • まっかせて!私、料理の勉強とかはちゃんとしてるから!新生活を期に頑張るのもいいよね!
        (むんっと可愛くガッツポーツしてウィンクまでしてる、相当な自信だ)
        それに、アリーも普通のご飯も食べられるなら一緒に食べるのも楽しいかなぁって。甘いの好きなのは知ってたから。
        おやつは一緒によく食べてたけど。せっかく住むところも一緒になったんだから食卓も二人で囲むのって…家族って
        感じでいいなぁって♡
        (ね?って首をかしげて笑いながらアリーの手を握る) -- ソニア
      • おねえちゃんの料理…♡えへへ…それだけで何だかほっぺた落ちてしまいそうです♡
        (そんな自信満々の様子を見ていると)…わ、私も作っても良いですか?良いですよね!おねえちゃんの料理を食べられるのも考えるだけで嬉しいですけれど、その逆…食べて貰うのもちょっと憧れますし
        …甘いのは好きで、あ、あとは辛いのはあまり食べた事は無いので苦手…ですね&br:それが後々可愛い私達の子も加わって団欒…っていうのでしょうか。
        ……家族で食卓を囲む、ちょっと憧れだったんです
        (手を握られながら、感慨深そうに呟いて。) -- アリー
      • ね!ふたりともママだから、代わりばんこしたり一緒につくったり…。私は辛いの平気だけどアリーと一緒に甘口でも
        いいからねぇ!ごはんも甘々だよー!!
        (思わず抱きついて頬ずり。すごく楽しそうに。それから優しく髪を撫でて寄り添うように抱き合って)
        好きな人と一緒に毎日ごはん食べられるっていいよね、私も街にきてからいつも一人だったから。
        (アリーの両親が早くに亡くなってるのと、それから彼女がごく普通とはちょっと違った暮らしをしてきたことも、自分の
        事のように覚えているから。やさしくそう言って) -- ソニア
      • それじゃあ改めて料理のお勉強をして練習しないと、ですね…楽しみです。辛いのは食べず嫌いだなでかもしれないので後々慣れてく様に…甘々でも良いかも…っ
        (頬ずりされながら、どちらからともなく抱き合い触れて)
        …私なんて街に来る前から一人、でしたから。…だから、これからの生活、食事とか…そんな些細な生活がとても楽しみで…あ、あれ…?
        (優しくされていると、ふと頬を伝う感触…何故か涙が流れて、思っていた以上に感極まってた様で) -- アリー
      • (泣くほど嬉しかったの!?とソニアは驚き気味になり。それでも、その涙の意味はなんとなく分かる気がして。
        抱いていた腕をアリーの頭と背にまわし)
        よーしよし、大丈夫。楽しいことはこれからいっぱいだから。笑ってもいいし泣いてもいいよ、私が一緒にいるからね。
        (小さく身体を揺らして、髪の上を滑らせるように撫でながらあやす) -- ソニア
      • おかしいですね…ん、わわ…っ!?
        (涙を拭っていると腕が回されて撫でられながらあやされ、少し溢れた涙も収まって)
        …はいっ!私、これからもっと頑張って…一緒に居て沢山楽しい…嬉しい事が沢山あるって、実感したり、されたり…してきたい、です…っ!
        (そう言いながらギュッとこちらからも腕を回して) -- アリー
      • それなら、引っ越して最初のご飯だから気合いれなきゃねっ!
        (アリーの感触が心地よくて、ぎゅーっと抱きしめ返して)
        ほっ、そういえば前にケーキつくったりしたけど。アリーんちのキッチンってどうなってるんだろ。一応器具とかはそろってるのかな。
        (普通の食事はしなくてもよさそうなアリーだけど、まったく料理しないというわけでもなさそうなのでそう聞いて) -- ソニア
      • (抱きしめられる感覚が嬉しくて目を閉じて堪能していると)
        …ん、キッチンですか?普段はお茶を淹れるのにお湯を沸かしたりするばかりですが、点検だけは欠かして無いですね
        (そうして案内するキッチン、館の広さに見合っただけのことはある設備は揃っているし器具も十分。…ただし食器の数は乏しく、数人分しか無い) -- アリー
      • 来るときいつも思うけど、改めて住むってなるとほんと広いよねーアリーんちって。
        (前に来た時は見なかった戸棚の中やオーブンなんかも開けて確認していく)
        こんなに本格的なとこで料理していいってなかなかテンションがあがるー!あっそだねぇねぇアリーアリー、
        お揃いのカップとか買わない? -- ソニア
      • あんまり使ってない部屋も多いのですが…大小問わずで、20部屋以上はありますからね。クローゼットとか込みだともっと…?
        (設えてあるオーブン等は型が古いものの、見る限りでは使用等に問題はなさそうで)
        建てたのはかなり昔ですけれど、私が越してくる前に点検して使える様にはしてある…とかで。(私も時々使えるか確認しかしてないですけれどねと付け加え)
        …お揃いのカップ、食器とかもですよね?良いですね、買いましょう!おねえちゃんとお揃い…柄の色合いだけが違うのとか…あ、おねえちゃんはどんなカップが良いですか?
        (と、見るからにノリノリと言った様子で) -- アリー
      • (ソニアは微笑んで、アリーの頭をやんわりと撫でる。さっき涙を見せた時はちょっと驚いたけど、やっぱり楽しんでくれて
        居るのがうれしいのだ。それから、頷いて)
        私が今使ってるのはキャンプ用のマグだからー。せっかくなのでかわいいのがいいよね!私コーヒーよく飲むけど
        おうちがお屋敷になるとこう…優雅な感じにしてみたい!お嬢様とかっぽく?
        (今度は、いたずらな仔犬のよう笑う) -- ソニア
      • (こうしてソニアさんに撫でられるのがたまらなく嬉しくて、幸せを噛みしめる様に感じていると)
        …あの金属製のですよね?おねえちゃんとお揃いならあのマグと同じものも…とか思ったりしますけれど。
        そうですね…普段精液以外で私が飲んでるのはお茶、紅茶とかそう言った物が主ですけれど。…おねえちゃんがお嬢様で、私がメイドになってお茶を淹れたりとか。
        (と、着飾ったソニアさんとその側に仕える様に立つ自分の姿を想像して) -- アリー
      • メイドさんアリー…ああっ前に着てたよね!あれっ一着だけなの?まだあるならむしろ私も着たいんだけどっ!
        (想像の中でふたりともメイドさん姿になって、クルッと回ってスカートふわっとさせたりして、手を繋いできゃっきゃうふふ) -- ソニア
      • いえ、何着かある筈ですけれど……(そう言いながら胸元に手を当てて)今、サイズがあったかどうか……胸回りとか。胸回りとか。
        うーん、でも将来的には師匠ぐらいの大きさを目指してるので…(と、つぶやきつつも首を横に振ってそれはともかくと)
        試しに見て確認してみます? -- アリー
      • うんっ!キッチンは使えるのわかったからちょっと見て見たいなぁ。
        (さっきから、やりたいことが次から次に出てきて取り留めがない。新しい生活を前にはしゃぎ気味なのだ)
        あとね、あとでおっぱいおっきくするマッサージとかお客さんに聞いたからやったげるから。
        (胸回りへ対するお悩みもしっかり聞いていた) -- ソニア
      • 改めて確認してもらって、何かあったら便利な物…そういうのが分かるかもしれませんしね
        (そうして目の前でワクワクとしているソニアさんの姿を見てるだけでこちらも愉しくなってきて)
        …あ、ありがとうございます。(少し顔を赤くしながら、ちなみにどれ位の大きさがおねえちゃんは好きですか?と念の為に聞いてみたり)
        (台所を後にして、クローゼットルームまで案内して)あんまり多いと虫干しも大変なのでそんなには無いのですが…(と、大体10着分位はあって) -- アリー
      • (アリーのバストサイズについてバランスかなー私胸だけおっきいの実はちょっと気になってるしとか応えがてら。
        廊下を移動して。何度も泊まったことはあるけど、改めて館の広さに感心したりして入ったクローゼットルームもちょっと
        驚きな広さだった)
        うはっ、お店の衣装部屋よりおっきい!
        (服がトランク一個に収まるソニアには驚きの広さであった。っていうかクローゼットルームとか初めてみる)
        ああー、アリーは昼間お外とか出辛いもんねぇ、そうしたらお洗たくは私の担当になるのかな。あっこれこれ〜♪んふふ
        (メイド服の一着を手にとって身体の前に当ててみたり袖をのばしてみたり) -- ソニア
    • (そうなんですか?イェチン師匠くらい大きい方が良いかなと思ってたんですが…バランスですかと少し考えこんで)
      (そうして案内しながら、広さは十分だけれど収められている服はそこまで量は多くない)
      普段着てる私の服と、メイド服…一応礼服の類もありますけれども。
      (広さの割に少ないのは今まで住んでたのがアリーだけだったためで、これから服を買い揃えたりしていけばまた室内の様子も変わってくるだろうか)
      今まで基本は室内干し、とかでしたし…基本日当たりは悪いので、例えばお外に干すのも日が上がる前、日が暮れた頃に回収ってしてました。
      …途中で雨なんか降った時は大変でしたけれどね(と、少し肩を竦めながら…目の前で服を合わせてる様子を見て、自然と笑みが溢れ) -- アリー
      • じゃあやっぱりお洗濯はまっかせて!お庭広いし日当たり悪くっても風通しいいところに物干し台作ればいい具合に
        乾くよー。お日様の匂いするシーツとかは気持ち良いものだし!ふふっなんだかほんとにメイドさんになれそうな気分だよぉ。
        ん、メイドさんかぁ、そういえばママも時々家で着てたなぁ…。
        (メイド服を抱きしめたまま、何か昔を思い出したのか、そうそうぽつりと呟いて) -- ソニア
      • それじゃあ…おねえちゃんにお願いしますねっ 室内干しとかそういう風に干す事のが多いので…
        おねえちゃんがメイドになるのなら私もメイドに…なんて。
        (そんな光景を思い浮かべながら、つぶやいている様子に)
        …おねえちゃんのお母さんの事が、着てたのですか?(そんなつぶやきに首を傾げて尋ねて) -- アリー
      • (アリーと同様にソニアも両親を亡くしている。赤ん坊ができて、自分がもうすぐ母になるというこの時期
        色々と思うこともあるのだろうか…)
        …うん、夜に…寝室で。ミニスカートのほぼ裸エプロンのお尻とか透けて見える…。
        (懐かしそうに語るのはご両親の夫婦の性活の一端でした。感傷とは程遠い) -- ソニア
      • ……(何となくそんな風な話題だろうなと思ってたらその通りで、どう答えようかなと少しだけ考えこむと)
        …そういったデザインのメイド服は無いですけれど、その…は、裸エプロンなら直ぐにできます、から…?
        (だから何だという話ではあるが。…それはそうともう少し詳しく聞いても良いでしょうか?と少し気になって) -- アリー
      • 裸エプロンもいいねぇえへへっ♡ なんかこう新妻感?それにちょうどこれから夏だし涼しくってよさそう♡
        (何か聞きたそうなアリーに、なーに?って笑って首をかしげながら) -- ソニア
      • …私が裸エプロンになるか、おねえちゃんが裸エプロンになるか。…二人共?
        あ、その時…おねえちゃんのお母さんがどんな事をしたりされたりしてたのかなぁとか…
        …それを見ておねえちゃんが何かしたのかなとか…‥どう思ったのかなとか。 -- アリー
      • 二人でかわいいのおそろい、いいよねぇ〜…。ん、ああ。そりゃ当然二人で愛し合ってるとこだよね平たく言うとえっち。
        (エロメイドコスでご主人様とメイドさんプレイ等)
        子供の時だから、夜は寝ちゃうけどー。たまに起きちゃったときとかねー混ざってた。
        (つまり親子で3P) -- ソニア
      • ですよね。(何となく予想はしてた、しかしここまでサラッと言われると…半ば納得に近い感じで頷いて)
        (夜の営みじゃあ仕方ないですよねと思っていたのは続く言葉を聞くまでで)
        そうですか、混ざ………混ざって!?それって、もちろん触ったり舐めたり吸ったり挿れられたり…まで? -- アリー
      • やー、ちっちゃいときだったから。挿れたりはしないよー。触り方とかキスの仕方を教えてもらったりね。
        大体どこのうちもそんな感じだと思うよ♡
        (そんなん、ソニアの故郷だけだと思われるが。アリーの頬へ手を伸ばしてうにうにとくすぐって)
        だから生まれてくる子にも二人でいーっぱい気持ちいいこと教えてあげようねぇ〜♡ -- ソニア
      • そうでしたか…なら大丈夫ですね(果たして何が大丈夫なのだろうか。)
        …改めて聞くとおねえちゃんの故郷、とても奔放ですよね。(少なくともこの辺りでは聞いた事が無いし自分のところでも、多分無かったと思いながら)
        (そうして頬へと手が伸びて擽られる感覚、触れられて表情も緩みながら)
        そう、ですね♡(と、口にしてからふと何か気づいた様子で)……あ、それでちょっと思った事が
        おねえちゃんの所だとそんな風な風習みたいで、他の子とするのが普通でしたけれど。…ここだとちゃんと性教育とかしないといけないような…?
        (仲が良い人同士、えっちなことをするのが当然…というのがこの周辺ではあまり通じない事を懸念して) -- アリー
      • ハッ!?そういえばそうだった!
        (ソニア自身、田舎から出てきた当初、そのギャップには苦労したこともあるわけで)
        んーでもーやっぱり子供できたら一緒にしたいし…きっとアリーそっくりの可愛い子生まれてくるだろうし…♡
        …うんっきっとだいじょうぶ!だって、私がこんな風にするのは、当たり前だから…でもあるけど。
        好きだから仲良くしたいから。…触れ合うあったかさが気持ちいいのは、悪いことじゃないから…♡
        (アリーを柔く抱きしめてそう微笑みながら囁いて)
        んふふっ、でも、こんな風に抱きしめるのはアリーだからだよ。だから色んな人がいて抱き締め方や触れ方が違うのを
        ちゃんとわかってればいいと思うの。// -- ソニア
      • …そうですねっ♡じゃあ特別って伝えながら抱きしめたり…そういう風にしていけば大丈夫でしょうし
        (正直なところおねえちゃんそっくりな子が生まれてきて。甘やかすどころか…望まれれば何でもしてしまいそう、と言った所はおねえちゃんとこうしている間に変わっていった所で)
        (そして…こうして抱きしめられるのがやっぱり大好きだから、コクリと頷いて)
        じゃあ…私からも。えへへ…ほら、ママたちが沢山抱きしめてますから
        (そうしてこちらからもソニアさんを抱きしめて、二人の間に宿っている赤ちゃんも挟む様に抱きしめる状態。…人懐っこい元気な子になってほしいと思いながら微笑み合って)
        …こうして抱きしめられるのが嬉しいから、おねえちゃんと…この子達にも沢山抱きしめていきましょうね…っ♡ -- アリー
      • うんっ!いっぱい抱きしめて…いっぱい大好きってして。4人でいーっぱい幸せに気持よくなろう…♡
        (前髪同士をこすり合わせるように頷いて、お互いの身体を引き寄せ合うように抱きしめ合うと。二人の子を
        宿して大きくなったお腹同士が温かくなる)
        はやく元気に生まれてきてねぇ、楽しみにまってるから…♡
        (ソニアがそう言うと、まるでお腹の子が催促するようにくぅーっと腹が鳴った)
        あら、あははっ。育つのにご飯が要るって♡ 戻ってごはんつくろっか? -- ソニア
      • (こうして前髪が触れ合いながら、抱き寄せ合う身体を心地よさげに目を閉じて感じながら)
        (確かな生命の鼓動をそれぞれ感じていき…そうしてお腹の音が鳴るのを間近だったため聞いて、つられてくぅ…とこちらも鳴り)
        …です、ね?え、えへへ…沢山食べて大きくなって、早く会えればなって…そう思います。
        (何を作りましょうか?と、台所に戻りながら献立の話を振って) -- アリー
      • はい!実は実家の方に頼んで食材とか送って貰ったので!ちゃんと栄養あるものたべなきゃってなったので。
        おじさんにジャムとか干物とかねぇ。なので、ポテトサラダ作ってあげる!アカンソーデスの干物入の奴はうちの名物なの♡
        (作るのは久々だけどねーっと笑いながら、実に楽しそうで)
        あと、引っ越す前に食材も色々買ってあるしー。
        (ソニアの引越し荷物は随分少なかったが、そのうえさらに半分くらいは買い込んだ食材だったりしたようだ。
        ほんとに身軽な奴である) -- ソニア
      • …優しい方たちですね、生まれて落ち着いたら改めてご挨拶に向かいたいです。(数日掛けてですから、育ってからですけれどもとお腹を撫でて)
        ポテトサラダっ!…干物って言ってますけれど何ですかそれ、お魚?
        (あまり聞いた事のない名前に首を傾げつつ)
        あ、お野菜なら庭で幾つか育ててるので…何でもとは言いませんけれど、ある程度は揃ってると思いますよ。
        (まさか半分が食材だとは思わなかった様で、とりあえず今後は食材も買い揃えて置かないととか思いながら) -- アリー
      • うん、家庭菜園あるから買ってきたのはお肉とか缶詰とかそういうの。
        (新居ではあるが、今まであしげく通っていたから不慣れなことはないようで)
        アカンソーデスってねー、湖で取れるお魚でね、よく食べてたん。名物なんだよ。干物が多いけど採れたての
        フライとかも美味しくってー…。実家に行ったら食べさせてあげる!アリーもお腹が安定期入ったらいけるよ。 -- ソニア
      • (勝手知ったると言った具合に、だいぶ知られているのはやっぱり嬉しく思いながら)
        名物…何だか愉快な名前ですけれど…ふふ、今から楽しみです。
        って、あれ?…私が安定期だとおねえちゃんの方が臨月なのでは…?(エプロンを用意して着用、おねえちゃんの分も用意しながら) -- アリー
      • アリーは来月4ヶ月目でー私の予定日は今年の秋だからー。夏の間なら大丈夫そうかなぁ?
        (エプロンを受け取ってかけると、丸いお腹にかかって、いかにも妊婦のようである)
        厳しいのは途中の砂漠くらいかな、それでも今のジープなら来た時よりずっと早いと思う。夏は気持ちがいいよー。
        (そしてキッチンにダンボールを運びこんで中から、燻製肉や缶詰、芋や玉ねぎそしてアカンソーデスの千羽鶴
        みたいな干物の束を取り出してならべて) -- ソニア
    • 夏は夏で…ちょっと日差し強いのは厳しいと思いますけれど、でもどこかで挨拶には行きたいですね
      砂漠…うん、でも生まれてから行くよりかはまだ先に行った方が…ですね。
      (コクコクと頷きながら、安定期とはいえだいぶ大きくなってるおねえちゃんの身体に負担掛けたくないという思いもあったりして)
      (それはそれとして料理の準備)調味料はこっちに…凝ったスパイスとかは無いですけれど基本?の物は揃ってるはずですよ
      (そう言いながら戸棚を開けて砂糖や塩コショウ、酢…と言った基本の物をこちらも並べ) -- アリー
      • そうなんだよねー、冬なら夜が長いんだけど。砂漠の夜は死ぬほど寒かったり…私街に来るときそれで
        ちょっと死ぬかとおもったり…。ジープがエンストして…。
        (ちょっと遠い目になって半笑い) -- ソニア
      • ……あの時って冬でしたよね。その、到着出来て本当に良かったですけれど…
        (何だか聞いているだけで少し血の気が引くような感覚を覚えながら)
        …ジープさんの調子も良さそうですからエンストは無いとして、乗ってる私達が耐えられないともとも子も無いですからね。準備はきっちりと…(と、心に誓うように呟いて) -- アリー
      • あの時は、焚き火してる側の砂に埋まるっていうサバイバル知識で助かりましたん…。
        アリーの場合は、日差しよけとかあとどうせなら快適に旅したいからその準備もねぇ♡
        (そう言いながらもテキパキと食材や器具を用意して)
        んっよし!準備はおっけーぬかりなーし!それじゃあっ腕によりをかけてごちそう作っちゃうから!アリーも手伝ってね! -- ソニア
      • 砂に埋まる…というのは始めて聞きました。…本当無事にこっちに着いて良かったですよ…
        着替えとかそういうのも必要ですね…ううん、車での旅って始めてなので何が必要なのか…
        (こちらはこちらで設備等を改めて確認して問題無いですとうなずき)
        はい!私も精一杯頑張っていきますっ(ぐっと気合十分と言った様子で二人で調理を開始して) -- アリー
      • えー、まずお肉にスパイスをねりこんで、そのスパイスは基本のセットにそれからカラミテスの種は荒く砕いた物とミルで引いた細かい
        の2種類を用意して…あれ、アカンソーデスの皮むくのは蒸したあとだっけかな…。
        (材料も器具も十二分だったのは幸いだったが。料理わりとできるけどそんなに毎日してるわけじゃない。初級以上中級未満な
        人が凝った料理を作ろうとするとどうなるか。キッチンを右往左往としたかと思えば待ち時間で手持ち無沙汰になって
        抱き合ったりちゅっちゅしたり。うっかりしすぎて蒸しすぎたり焼き過ぎたり…。初めてのディナー作りは混迷を極めた。
        結局用意ができたのは月も中天をすぎた真夜中で。けれど、元より夜の活動が長い二人だったから。ジープも手伝って
        屋敷の倉庫に眠っていた大きな食卓や、燭台なんかを庭に引っ張り出してちょっとしたパーティー気分になったりしたのであった。
        月の綺麗な夜だった) -- ソニア

レクトール 160909 Edit

  • 酒場にて、少し変わった依頼が貼り出された。「旅行者募集!」……依頼主から提供された資金で遠くの国に行くというものらしい
    興味があればもっと詳しく読むとよいだろう……(※この依頼は鳥と交友が深く、且つ霊圧がありそうな方に送られています) -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-09 (金) 22:57:38
    • さっき噂(60件)で聞いて。身重なのと、霊圧が時間帯が特殊なアリーも一緒に行くとしたらどうしたらいいかなって。 -- ソニア 2016-09-09 (金) 23:05:11

ハミル 160909 Edit

  • でっかくなったねぇー(お腹見ながら) -- ハミル 2016-09-09 (金) 22:49:37
    • でっかくなったよー (お腹撫でながら)
      はやいもんでこの夏超えたら生まれてくるねー。あと3ヶ月かぁ -- ソニア 2016-09-09 (金) 22:55:09
      • やーソニアがお母さんとはねー、はみるんは美少女…はみるんは美少女…(お腹に言い聞かせながら)
        そいえばさー、おかーさんになったらソニアはお仕事はどうするの?アリーは冒険者だっけ…? -- ハミル 2016-09-09 (金) 23:01:04
      • (尻尾が弱点なのよ〜って補足したりしながら)
        アリーはー…オナホ職人?ってことになるのかなぁ?私はお仕事は続けるよー。今もお仕事してるし、うちのお店、産休育休もしっかり保証してくれるって店長さんが。 -- ソニア 2016-09-09 (金) 23:09:56
      • そ、それは言わなくていいから!
        アリーそんなの作ってたの!?あ、あぁそういえばご飯貰う為にって聞いた事あるような…えっ、今もしてたの、その身体で…!? -- ハミル 2016-09-09 (金) 23:15:22
      • ボテ腹プレイは一部に根強い人気があるので!あとほら、赤ちゃんようのバフ魔法♡
        (服をめくり上げて、膨らんだお腹に淫紋みたいな奴がついてるのを見せる)-- ソニア 2016-09-09 (金) 23:28:37
      • はぇー…ソニアはなんでもありね…!そういえばソニアが恥ずかしがってる所って見た事無い気がするー…
        あ、なんかついてる、これでお腹の子も大丈夫なのね、おっぱい出るようになったらお客さんに喜ばれそうねー -- ハミル 2016-09-09 (金) 23:38:02
      • んふひひっ、妊娠中もえっちは出来るもんねー♡ おっぱいは赤ちゃん生まれるとでるっぽいけど。
        なんか揉んでたら生まれる前に出そうな気がする 。
        (ソニアさんはエロ漫画世界の生き物だからね。おっぱいもみもみしながらでてこーいとかやってる)
        出たら飲むー? -- ソニア 2016-09-09 (金) 23:48:46
      • なんかソニアはホントに出そうな気がする!
        じゃあソニアにはこんな事もあろうかと用意しておいたこの牛柄ビキニをあげるわね…(牛柄ビキニあげる)
        えっ、あたし?なんかこっぱずいわね…!ちょっとどんな味なのかは気になるけどー -- ハミル 2016-09-10 (土) 00:00:32
      • 牛柄ビキニ!ありがとー♡ 母乳はねーほんのり甘くて牛乳より濃くて…そう、山羊のミルクがちょっと近い。
        (ボテ腹牛ビキニかぁ、アリだね…!とか体に当ててみたりしながら)
        あ、これ下ホットパンツでもよさそう、カウガールの衣装あったからそれと合わせてみようかな? -- ソニア 2016-09-10 (土) 00:09:11
      • へぇー…あ、そういえば母乳もアリーのご飯になるのかしらね…
        搾られちゃうんだ…その格好でお客さんに搾られちゃうんだ…
        それもいいかもー、そしたらホットパンツ仲間いぇーい、ふとももがえっちぃ!(うふーん、と後ろ向いてふともも強調せくしーぽーず) -- ハミル 2016-09-10 (土) 00:17:58
      • うんっ母乳もアリーの食事にできるから授乳してあげるのも楽しみなんだぁ♡
        (両腕を上にあげてーボテッたお腹をおっぱいを強調するポーズ)
        んふふっそろそろお腹もおっきくなっていよいよ妊婦って感じだし、せっかくだから生まれる前にいっぱいボテボディの魅力も振りまいていきたいねっ! -- ソニア 2016-09-10 (土) 00:24:44
      • こりゃぽってり(お腹撫でる)
        その格好をした時はちゃんともぉー、もぉーって言うのよ!返事はもぉー、よ!
        そいじゃあたしはそろそろお暇するわぁ、まったねー(ふよよよ、と帰っていく悪魔) -- ハミル 2016-09-10 (土) 00:38:12
      • もぉ〜おっぱい絞られたくてたまんないえっちな乳牛ちゃんでーす。ふふふっ
        はーい、じゃあまたねハミハミー。 -- ソニア 2016-09-10 (土) 00:42:25

アリー アリーの家 160909 Edit

  • (草木も眠る丑三つアワー、館の古びた扉が音を立てて開かれた)
    ただいまー
    (ソニアさんでした。夜シフトの日は5時頃でかけてこのぐらいの時間に帰ってくるのが普通なのだ) -- ソニア 2016-09-09 (金) 03:16:57
    • おかえりなさい、おねえちゃんっ♡
      (とてて、と傍らにハヴェリーを伴って出迎える。今日は館の掃除等を行っていた様で、ジープさんの戻ってくる音が聞こえた為かこうして迎え入れる)
      …なんだか、誰かを出迎えるのって…良いですねっ♡(照れた様子ではにかみながら)
      -- アリー/メイド服 2016-09-09 (金) 03:26:41
      • えっへへー!ただいまー!
        (もっかいただいまを言ってメイド服姿のアリを抱きしめる。)
        うんっいいよねぇ。今まで私がお仕事終わる頃ってほとんど起きてる人も居ないぐらいだったから。なんだか新鮮だよぉ♡ -- ソニア 2016-09-09 (金) 03:35:16
      • 一人で暮らしていると、言う機会ないですからね。(抱きしめられて照れ照れとして)
        …本当に良いですね、こうしておかえりなさいって言えるのって…ふふ、言えるだけで嬉しいです。今まで言ったりしたこと無かったですから♡
        …白金庵だと、共用スペースがあってもこの時間は自室で寝てる事のほうが多そうですからね?
        -- アリー 2016-09-09 (金) 03:44:27
      • うんー、だからアリーも夜型でよかったなーって!一緒に居れる時間が長くなるからー…ふぁ…っあふ…。
        (そう言いながらソニアはあくびした、娼婦は体を使う仕事だし、日に日に重くなるお腹も抱えいるとなれば。疲れも
        でるというもので。それにあと2〜3時間もすれば夜明けなのだ)
        でも、今日はちょっと疲れちゃったかも…もっと一緒に居たいのにぃ
        (うにうにと頭を擦るようにしてアリーに甘える動き、疲れると甘えたくなるよね) -- ソニア 2016-09-09 (金) 03:56:21
      • そういう意味では、私吸血鬼で良かったなってそう思います。…ん
        (抱きしめられながら、あくびをする様子。仕事を終えて帰ってきて、きっと疲れているというのは感じ取れて…抱きしめる為に背中に回した手を頭へ持って行き撫でようとする。甘えられれば甘やかしたくなってくるのは道理で)
        私もぉ…おねえちゃんと一緒に居たいですし、でも大丈夫‥・好きなだけ抱きしめてください。今日の私はおねえちゃんの抱きまくらですっ♡ -- アリー 2016-09-09 (金) 04:04:35
      • やったーこれはもう安眠間違いないねっ!じゃあ早速寝るよぅー…お風呂とかは…おきたらで…
        (よっぽど疲れてるのだろうか、はしゃぐのもそこそこに。寝室の方へとアリーの手を引いていって。
        パーカーやニーソを脱いで適当にベッドの脇に置いとくと、ベッドに腰をおろしてそのままノーモーションでゴロンと
        転がってしまう) -- ソニア 2016-09-09 (金) 04:11:44
      • あっ…もう、ふふ‥・しょうが無いですねぇ…♡
        (寝室に手を引かれながらどこか嬉しそうに、歩きながらハヴェリーに今日はもう休んで良いですよと伝えて)
        (ちゃんと着替えるのも億劫なのか、それとも普段からこんな様子だったのか…楽な格好になって、そのままベッドに寝転がるのを見れば)
        (こちらもヘッドドレスとエプロンだけ外して添い寝する様に横になって)
        …おねえちゃんっ(抱きしめやすい様に少し身体を浮かして)
        -- アリー 2016-09-09 (金) 04:19:32
      • んあーいー…。
        (まだかろうじて起きていて、眠たい声で返事をすると。腕と絡ませた足にアリーの感触を感じて満足気に笑みを浮かべる)
        ここ涼しくて寝やすいから、夏でも添い寝気持ち良い…ねぇ…。
        (そう言いながら、くっつきあったアリーと自分のお腹を自然と手で撫でていて、その手の動きも徐々に緩慢になっていき…) -- ソニア 2016-09-09 (金) 04:39:49
      • (抱きしめられ、足が絡ませられて…その感触が嬉しく。血の気の薄い肌がおねえちゃんには心地よさを感じさせたり、こちらも触れ合う事で嬉しさがこみ上げてきたりして)
        ゆっくり、休んで下さいね…?(撫でられながら、眠りに落ちるまで抱きしめたまま…その様子を眺めて、囁く様に「おやすみなさい…♡」と、甘めな声を耳に残して)
        -- アリー 2016-09-09 (金) 04:47:08
      • (…それから何時間かして、ソニアは目を覚ました。多分もう日は高いだろうけど、窓は雨戸を隙間なく締めて
        糸ほどの光も漏れてこない。手を伸ばして灯りをつけると、豆電球程の明るさに室内が照らされる。
        街の喧騒も聞こえてこず、なんだかまだ夜のような気がした)
        んんっ…!ふぅ。
        (小さく体を伸ばす) -- ソニア 2016-09-09 (金) 04:57:26
      • (ソニアさんが目を覚まし、少し身体を伸ばすと抱きしめながら心地よさそうな寝息を立てている小さな身体)
        ん…すぅ……くぅ…
        (寝息を立てながら、寝るに当たって少しだけ着衣を楽にしている様で服の間から肌を覗かせているのが目を凝らせば見えて)
        (静寂に包まれる館の一室、無防備とも言える姿なのはそれほど安心出来るのだろう。)
        -- アリー 2016-09-09 (金) 05:01:55
      • ん…♡
        (こうしてアリーを側に感じながら眠り、目を覚ましてまだ眠る彼女のあどけない寝顔を見るのも何度目だろうか。
        胸を広げるように息を吸い込むとほんのりと自分の匂いが移ったアリーの香りがした)
        ふあ……っ。
        (まだ頭がぽやぽやとして、眠たい感じがする。けれど2度寝する程の眠気でもないから、ぼんやりとアリーの顔を
        見つめて居たりして) -- ソニア 2016-09-09 (金) 05:11:18
      • (匂いを嗅がれる様に息を吸い込まれ、その感触にほんの少し身じろぎをしながら)
        ぁ…♡ん、ぅぅ…おねえ、ちゃ…
        (甘えるような、甘ったるい様な声を上げて…少し表情が上気している風に見えて、ほんの少しの息遣いにも熱が籠っている様に感じられる)
        (…起きる様子は無いからか、寝言だと思われるが…妙に耳に掛かるような声に感じられて) -- アリー 2016-09-09 (金) 05:19:29
      • (少し寝ぼけた笑みを浮かべると、そっとアリーの頬を撫でる。なかなか起きる気配がないのはやっぱり吸血鬼だから
        なのだろうかと思ったりもして)
        んふぅ…♡
        (メイド服の肌蹴た胸元に、頬ずりするようなキスをする。絶対エッチな夢みてるよねぇ♡ って心の内で囁くと、何度か
        体に篭った香りを吸い込むように深呼吸して…)
        …はぁーい、おねーちゃん側にいるからねぇ?アリーにたくさんキスしてるよぉ…頬にも耳たぶの裏にも首筋にもー…
        鎖骨からお腹の赤ちゃんにも…んふふっ。
        (くすぐるような柔い声で、催眠術でもかけるように耳元に唇を寄せながら) -- ソニア
      • (そっと触れられた頬はやわらかな感触を手に感じさせ、しかしそれだけで起きる様子は無い様で)
        (胸元に頬ずりをされる、肌蹴ている所から匂いを感じさせつつ…触れられながら吐息が胸にかかり、ほのかに喘ぐ様に声を漏らしていく)
        ん、ぅ…ふぅ…♡は、ぁ…ん…すぅ……くぅ…
        (蕩けた声の交じる吐息を漏らしながら、眠りに入っていても身体はしっかりと反応をしていく)
        (体中、囁かれる事で耳からそのまま頭の中まで擽られるような…そんな快感を享受している様で)
        (そして敏感になっていくと、段々と眠りの中に合ったはずの意識が引き起こされて行く様子で…どこか微睡みながらわずかに瞳を開いて) -- アリー
      • おはよう…♡ …まだ起きるには早いかなぁ?
        (瞳を閉じているのも可愛いけれど、アリーの澄んだ赤い瞳は見えている方がずっと素敵で。
        まだ眠たげな目をするアリーの額にキスをする) -- ソニア
      • ん、ぅ…?(未だ微睡みの中、夢心地と言った様子のまま)
        (普段よりもちょっと早い時間の目覚めなのだろうか、普段以上にどこか緩慢に身を揺らして)
        ぁ…ぅ…?ん…っ♡あ、っと…おはよう…です…?(口付けをされながら、小さく声を漏らした後にカクンと首を傾げて) -- アリー
    • うんー…。
      (ソニアも気だるげに返事をすると、横になったまま腕を伸ばしてアリーを抱きよせた) 昨日は疲れてたから、すぐ寝ちゃったよー…まだちょっと眠いけど…はぁー寝起きのアリー暖かいなー
      (背に回した手をゆっくりと動かして、撫でながら…さり気なくメイド服の留め具を外して脱がせにかかる) -- ソニア
      • (まだはっきりと目覚めて無い、どこか夢の中の様な感覚を身に帯びながら)
        (抱き寄せられて、身体をすり合わせる様に身を預けて)…ん、おねぇちゃん…あったかぁ…えへへ…っ
        …あ、れ…なんでわたし、服を着て…ぁ、ん…おねえちゃん、が脱がせてくれるんですか…?(と、どうやら夢の中では既に脱いでいた様な事を呟きながら…抵抗無く脱がされていく。…少しだけお腹が張っているのも脱がす事で感じられて) -- アリー
      • あはっやっぱりエッチな夢みてたんだぁ♡
        (顕になった肌に手の平を重ねて形をなぞるように撫でる。なめらかな背中や腰、それからぽっこりと膨らんできたお腹
        の上で優しく往復させて)
        んっ…んんー!ふぅ…よっしょっ…と。
        (ソニアも寝転んだままワンピースから靴下を脱ぐように抜けだして。ブラと下着以外身にまとうものがない
        状態になってでまた寝そべると、大きさの違う膨らんだお腹同士がくっつく)
        暑いから、抜いじゃったー…うにうに…んー…。 -- ソニア
      • ゆ、め…?ううん…あれ、おねえちゃんも服を着てる…?あ、ぅ…
        (胸も以前に比べて少し張ってきて、少し身体に丸みを帯びてきて…背中、腰、触れられていく。夢の中と現実とがすり合わせが行われていくかの様に、身体は火照っていくのを実感しながら)
        ‥あ。おねえちゃん、がまた裸に…えへへ、暑いのならしょうがないですねぇ…♡
        (お腹同士が触れ合い、産まれる前から仲の良い様子を感じさせつつ)
        ね、ね…おねーちゃん…おっぱい…っ♡(と、まだしっかり覚醒仕切ってない状態で蕩けた声で求める様に声を上げ。そのままブラの下から手を差し込んで顕にしていこうと) -- アリー
      • んーどうしたのぉーなんだか甘えん坊さんだよアリー。
        (ソニアもまたまだ目の覚めきれない声で答えながら、ほとんど無意識にアリーの頭を抱くような位置に布団の上を
        ずり上がって。触れるにまかせて甘えるままにさせる。
        まどろみの中で触れ合うのが心地よくて、目を覚ますのはもうちょっと後と、寝ぼけながら先送り。仔猫のように
        抱き合って)
        んんー…アリーの匂いー…んふふ。
        (髪に鼻先を付けながら、むき出しになってる背中に手を這わせて撫で回す) -- ソニア
      • だって、ぇ…おねーちゃんの、おっぱい…気持ちいいんだもん…
        (頭を抱かれて胸に顔を埋める様な状態、触れてふにふにと手を動かして揉んでいく)
        (触れながら顔を埋め、すーはーと深呼吸をして匂いを嗅いでいく。求めるままに触れ合う感触を求めていって)
        (背中に触れられ撫でら小さく声を漏らしつつ)…おっぱ、ぃ…ん…っ♡(柔らかな乳房の先端に唇を寄せてそのまま吸い付いて) -- アリー
      • はーい、一杯吸っていいからねぇ〜…んっ…あんっ♡
        (頭を抱きかかえるような状態だから、ちょうど赤ん坊に授乳するような格好になって。吸い付かれた
        先端の部分からじんわりと温度の高くなるのを夢見心地で感じる)
        はぁ…あっん…。
        (覚醒しきらない体は未だに寝床から離れる気にはならないようだけど、体の方は睡眠とは別の快楽に
        めざとく反応を始める。ソニアの手も半分眠ったままアリーの素肌を愛撫する手つきになって) -- ソニア
      • ん、ふぅぁ…あふ…ちゅ…♡
        (先んじて赤ちゃんの様な感じに吸い付いていく。唇をむにむにと動かしながら吸い付いて)
        (まだまだこちらも夢心地、積極的にこちらから吸って求めながら)
        ん、ふぅぁ…あ、ふ…♡
        (ちゅっちゅと吸ってから、一度口を離し…そのまま顔を胸へと埋めて)
        ふ、ぁ…っ♡(無防備な柔肌は、こちら求める様な手つきに声を漏らして)…もっとぉ…♡ -- アリー
      • んっ…ふぅ…ぁ…。
        (ソニアは、胸の中にアリーの頭を抱きかかえた。耳にかかる長い黒髪を、手首を曲げてかき上げると。
        お風呂にも入らずに寝てしまったのにまったくべたつかず、髪はさらさらと指先からこぼれ落ちていく)
        …んっ…ちゅっ♡ もっと…こっちぃ?
        (少し身じろぎしながら自分の頭を持ち上げると、耳に舌を這わせながら手は脇腹から腰へと這う) -- ソニア
    • (抱きかかえられながら、髪を指でかき上げられて…梳かれていく様な感覚。髪の一本一本が絡む様に感じながらゾクリと身体を震わせ)
      (そして頭を抱きかかえられる事で、密着が増して匂いを強く感じられていく…)
      んぅ…はぁ…♡そっちも、そこも…♡…ぜんぶぅ…♡
      (舌が耳に這わされ、その音が頭の中まで響くような感覚。そして腰周りへと這わされる手に…こくこくと頷いてから、足を絡みつかせ…埋めたまま胸の谷間や乳房に口付けを落としていく) -- アリー
      • はぁーい…♡
        (アリーの唇が柔い乳房の硬くなった部分に触れる度に、まどろみ混じりに枕に沈み込んだような艶っぽい吐息を
        細く漏らして。いつもより甘えん坊なおねだりに誘われるまま、指を下着に差し入れてゆっくりと割れ目に指を這わせた)
        んーふふぅーアリーのここーあったかくてふにふにぃ…♡
        (激しく体を動かすのが億劫なのか、指先の動きまでひどく緩慢で。だけど止めずにずっと感触を手遊びで楽しむように) -- ソニア
      • (身体が欲するままに、そして意識も蕩けていきそうな程甘い声で…ちゅうちゅうと吸ったり、感触を楽しもうと胸に頬ずりをしたりして)
        (そうしていると這わされていた指、手が下腹部へと伸びてきて…そのまま下着の内側へ。確かな熱を帯びているのを指先に感じさせる)
        ぁ…おねえちゃんの、指で……♡
        (触れられて、ふにふにと指が僅かに動く指にゾクゾクと身体を震わせ漏れる吐息も熱っぽくて)
        ぅぁ…んんん…っ!(ビクビクと身体を弾ませる様に震わせて、多幸感に満たされそのまま身体は昂ぶって上り詰めて…じっと見つめて、ゆるく微笑み)おねえちゃんに…触られてる、だけで…♡ -- アリー
      • 私も触っててきもちいいよぉ…♡
        (二人の顔が近づいて、唇が触れ合うと眠りから覚めたばかりで少し乾いている気がした。ソニアは、舌先で唇を
        濡らすとアリーの唇も濡らすように舌を触れさせて。手は抱き心地のよい枕の感触を楽しむかのように、すべす
        べした背中からお尻まで撫でづつけてずらした下着の上も指先でなぞる)
        んー…もっと触って欲しいー? -- ソニア
      • (唇を触れ合わせ、感触を確かめるようにしている…舌がお互いの唇に潤わせ、再び重ね合わせ…)
        (こちらは胸からすっかり大きくなってきたお腹に触れてたっぷりと撫でてから、こちらもお尻を揉む様に手を動かし始めて)
        (同時に触れられながらこくこくと頷いて)…触って欲しい、ですし…もっとおねえちゃんをさわりたい、です…っ♡(と、両手を下着の内側に潜り込ませ…直接お尻を揉み初めて) -- アリー
      • うん、いいよぉ♡ んふふっアリーの手もいっぱい触って来てくれてるぅ…。
        (お尻に触れるアリーの手の感触に目を細めながら、下着に指をかけて自ら下ろしていく。
        寝そべって足を絡ませあった状態で腰を前に突き出すと、膨らんだお腹の下側が柔らかくふれあって。さらにアリーの
        太ももを抱え込むようにして互いの秘部を触れ合わせようと)
        んふふぃー…。お尻しっかり持っててねぇ…?
        -- ソニア
      • あ、はぁ…♡おねえちゃんの、おっぱい…も、お尻、もぉ…っ
        (下着を脱いでいくのを見ながら、腰が突き出され…お腹も触れ合ってるのを感じつつ、下腹部の秘部を触れ合わせられ…熱が伝播していく様に感じながら)
        (一度片手を離して、人差し指と中指に舌を這わしてから再びお尻をしっかりと持ち)…ちゃんと、持ちます、ね…?
        (と、少しだけ妖しい微笑みを浮かべながらも、期待に喉を鳴らして頷き) -- アリー
      • うんっ…♡
        (アリーの指が白いお尻に埋まる感触にまた甘く吐息が漏れる。もう目はほとんど覚めていた。だけど
        ベッドから起き上がる気にならなくて冬の日の布団のようにアリーを抱きしめると互いの割れ目同士を擦り合せる
        ように腰を動かして…)
        んっあっん…んっ♡ んー…ちゅっ、はぁ…♡
        (そのままごろごろとなる喉を指先でくすぐって、頬に両手を添えるとキス) -- ソニア
      • (ふにふにとお尻を揉みながら、抱きしめられて擦りつけられる秘部…腰が動けば卑猥な水音が聞こえ始めて)
        おね、ぇ…ちゃん…♡ んん…っ♡ふ、ぅ…♡あ、は…
        (指が喉をなでてから頬を両手に添えられ、そのまま口付けをされる。)
        (そして、こちらもしっかりとお尻を持つ為に指を食い込ませて。…先ほど濡らしていた指を這わして、おしりの割れ目に沿わしていく) -- アリー
      • んっちゅ…、ふぅっ…んふふっアリーの匂いがいつもより濃くって…好きっ♡ あっん…。
        (アリーが手を動かしやすいように、緩やかに腰を動かして。それでも水音はちゅっくちゅっ…と止まるどころか
        大きくなっていってしまう。それに合せて口内へ舌を差し込むと、舌どうしも絡ませあっていく…)
        はぁっ…あっ…どんどん気持ちよくなってきちゃう…ん…♡ -- ソニア
      • おねえちゃんもぉ…いつもより、感じられてる気がします…っ♡わたし、も…好き、大好き…っ♡
        (腰の動きが少し緩まりこちらが攻めやすくなりながら、それでも触れ合っている事に対して興奮が収まる様子は無く)
        (求め合うように舌を動かして口内を舐め回す様に、秘部も擦り付けあいながら…そして指はそのまま窄まりへと滑らせて、くすぐる様に刺激をして)
        良い、ですよ…おねえちゃん、と…沢山気持ちよくなりたい、ですから…っきっと、気持ちいいの…この子たちにも伝わってます、から…♡(はにかむように、お腹を示して) -- アリー
      • あっは…ママ達朝からベッドでいちゃついて、いっぱい気持ちよくなっちゃうくらい愛し合ってるよーって。いっぱい
        伝わっちゃうねぇ♡
        (そうして全身でキスするように、お腹同士を軽くこすりあわせて。太ももを抱えていた手をお尻へやると、アリーの
        腰を引き寄せるようにソニアもお尻の割れ目へと手を伸ばす)
        はぁっ…あっ…アリーの、指ぃわた私の弱いとこいっぱいこすこすってぇ…。
        (ただ敏感な所を、軽く撫でるだけの柔い刺激だけど。一晩中抱き合う様にして眠り、起きてからも肌をすりあわせて
        甘えあっていたから。あとは体中に溜まった快感の元にほんの少し強い火花があれば十分で)
        はぁ…あっ…んアリィー…あっ…。 -- ソニア
    • …伝わりすぎて、私とおねえちゃんみたいな感じになったらきっと素敵だと思うんです♡
      (そんな事を口にしながら、お腹を触れ合わせることで将来を意識して。そうしているとお尻に伸びてきた手。そのまま引き寄せられる様に密着しながら、お尻の割れ目に伸びてきて)
      …寝てる間中感じてた事がありました、よね…今でもたまに夢に出てきたりするんです…っ♡
      だから…止まらなくなっちゃって…
      (そう言いながら肌をすり合わせて、唇を啄む様な軽めの口付け。…指を少し曲げ、くにくにと先だけ埋めようとして)
      …おねえちゃんが、されて気持ちいいことを…弱いところ…私の身体にも、教えて…? -- アリー
      • あれ、きもちよかったねぇずっと繋がったまま…で。あんっ…教えちゃう、からぁ私の好きぃなとこも…弱いとこも…
        あっ…。はぁっ…ぁっ!うん…そこぉ、お尻はよわくってぞくぅってなっちゃって…。ほらぁココ…♡ (アリーの唇が触れる度に、ぞくっぞくっと体を跳ねさせて。段々息も荒くなっていく。そうしてアリーのお尻の穴にも
        自分の指を少し潜り込ませて。触れ合わせた割れ目同士はほぐれて、硬くなったクリトリスがお互いの柔い肉の中に
        少し食い込む。その瞬間に軽く体の奥で溜まっていた快感がぱちぱちと弾けるような気がして…ソニアは達してしまう)
        はっ…あっイッく…んんっ!…はぁ…はっ…。んっ… -- ソニア
      • …思い出すだけで、今までにない何かに目覚めそうな…そんな気がするんです…♡
        …また、おねえちゃんが可愛い声出してて…ふひゃぅ…っ!あ、ぁ…♡
        (弄っている為気が緩んでいた為か、潜り込んでくると思わず声を上げてしまい。まだまだ手先の器用さでは先を行かれているためすぐに蕩けていってしまう)
        い、ま…すごく、ゾクってきてぇ…んん…おねえちゃ、ん…ぁ…っ!(お尻への感触、そして秘部の敏感な部を食い込みあわせる事で一気に上り詰めていく。それはソニアさんも一緒の様で)
        は、ぁぁぁ…♡おねえ、ちゃんのイってる顔…可愛い、です…っ♡(そう言いながら腰を震わせて、自身も達している為かすがる様に指が動いてお尻を軽くいじり回す様になっていく) -- アリー
      • ひゃぁっ…あっん!もぉー…弱いとこ、攻められちゃうっのちょっと恥ずかしい、のに…。あっは…♡アリーも、体が
        気持ちいいって…いってるよぉ。あっ…!
        (同じ体勢でだきあっているからか、釣られるように同じ動きになってしまう。抱き合ったままもっと、と気持ちよさを
        求めるように段々指の動きは激しくなって…。そうなると、まどろむよりも気持ちよさを求める気持ちのが強くなる。
        体の下側になって、あまり動かしてなかった腕まで動かすとアリーの体の下側からも腕を回してお尻の肉を強く掴んだ
        ちょうど、正面から抱き合ってお尻を揉むような格好になって…)
        んんっ…んっ!
        (そして腕の中に柔らかいアリーの体の感触を抱え込むと、また小さく体を震わせる) -- ソニア
      • 分かってます、分かってますけれど…おねえちゃんが感じてるのを見るのが好きなんです♡…おしりで感じてる所は特に…♡
        …わかっちゃい、ます…?
        (抱き合ったまま、僅かな反応も触れ合っていることから感じ取る事が出来るのだろうか。そうしているとお尻を揉まれ始め。少し疼く様な感覚を覚えていく)
        (正面から身体を包み込まれながら、お尻を揉まれ…こちらもほぐすように動かしていく。きっと互いの緩慢な求め合いはすぐには終わりそうになくて) -- アリー
      • はぁー…はぁ…♡ うん…わかっちゃうよぉ?何度もしてるし、いつもしてるから…。アリーの体温も、匂いも…
        可愛い瞳からでもぉ…わかっちゃうの…♡
        (そういうソニア自身の体も熱く火照って。汗ばんだ肌の下にずっと快感がくすぶり続けてるのは筒抜けで)
        目、覚めちゃったねぇ…でも、もうちょっとこのまま…しよ?ねぇ…♡
        (触れてもないのに太ももをつっと愛液が伝って…。ソニアは甘えるように愛撫を続けながら頬を舐めあげて) -- ソニア
      • 全部、見られて…分かられてるって…思うだけ、で…気持ち良く、なってきちゃってます…♡…んぅ…っ!
        わたし、も…おねえちゃんの気持ち良いの…たくさん、分かるようになりました…♡
        (太ももに伝う愛液、それはこちらも同じで…甘えられながら頬を舐められ、コクリと頷き)
        …おねえちゃんの、お尻…つぷつぷ…って、もっと弄ってても良いんです、ね…?…………じょ、冗談ですよ半分くらい
        (そう言いながらもう片方の手は秘部の周囲を擦るように這わしていって) -- アリー
      • …冗談ならだめぇ……なんてねっえへへっ良いよ♡ アリーにならいっぱいおかしくされちゃってもイイ…から。
        (敏感な場所に触れてくる指の感触に目を細めて、興奮を撫でるような吐息を漏らした)
        夜になるまで、ずぅ〜っと、ベッドで遊んじゃおう…♡ -- ソニア
      • それじゃあ‥沢山いじっちゃいます、ね?……いじってる内にちょっと我慢できなくなってしまいそうです…♡
        (漏れる吐息に喉を鳴らし、ひしっと密着しながら)
        はぁ、い…っ♡じゃ、じゃあ早速入れて良いです…?(おずおずと薬をどこからか持ちだして) -- アリー
      • あっやる気まんまんなん!?朝からもー!(多分もうお昼すぎだけど)
        …しょうがないにゃぁ…いいよ♡
        (口元に手を当てて上目遣いに、頷く) -- ソニア
      • …やる気なら、一日中ありますよ…?おねえちゃんとエッチしたいっていっつも思ってます…っ♡
        ……‥おねえちゃん、大好きっ!(頷かれて、嬉しそうに身を寄せながら薬を口に含んで) -- アリー
      • うんっ、私もだよっ。だってぇアリーにいつも大好きってしたいから♡
        (そう言うと、ソニアは、横に寝そべりながらゆっくりとソニアの腕や腰を撫でて。下腹の辺りに手を伸ばして
        生えてくるものを待ち受けるように手をうごかした)
        んふひひっアリーが動く?それとも私がしよっか? -- ソニア
      • えっちなこと以外でもふれあいたいですけれど、エッチなことではもっとふれあいたい…だから、ですね…♡
        (そうして飲み干して、少し待つと…撫でられて手を伸ばされた辺りから、成人男性のそれよりも少し小さなのが生えてくる。とは言えアリーの身体と比べると少し大きく見えなくもなくて)
        …おねえちゃんがしてくれる所を見たいので…お願いできますか…?ん…っ(手を動かされて敏感な部分がビクっと弾んで) -- アリー
      • はーい♡ いっぱい触れ合っちゃおうねぇ。お互いの体で触れたところの無い場所がないくらい…。
        (よいしょって体を起こすと、アリーを仰向けにさせてその上にまたがる。騎乗の姿勢だ。前戯はもうたっぷりしてたから
        今すぐにでも交われそうで。それは前でも後ろでも同じ。どっちもとろとろにほぐれてる) -- ソニア
    • …実際触った事のない所ってどこになるんでしょうか?
      (そんな疑問を感じつつ、程よい重さを身体に感じながら…生えたてのおちんちんをピクピクと震わせ、少し腰を揺らして押し付けるように動かす)
      (このままお尻に…と擦りつけてから、少し引いて前の方へと宛てがって)…ん…っ この、まま…来て…ください…♡ -- アリー
      • んー喩え話だよぉ?んふっこっちぃ…だねぇ♡んっ…はぁ…っ
        (自ら秘部を指で広げて、小ぶりでも硬く立っているアリーに生えたおちんちんを自分の体内への入り口にあてがうと
        ゆっくりと腰を落としてぬるぬるとした柔肉で包み込んでいく)
        んっ…おくまでとどいちゃって…あはぁっ赤ちゃんにもおちんちんでこんこんって♡
        (ゆるゆると腰を振ってしめつけて) -- ソニア
      • おねえちゃんの…エッチなところ、に…私のが触れて…あ、拡げて私のおちんちんが入ってくのが…♡
        ん、ぁぁあ…!あ、前より…暖かくって、でも柔かくって…♡狭くなってる気がするの、に…んひゃぅ…っ♡
        (ゾクリと腰を震わせながら、言葉に表せないほどの快感に酔いしれていって)
        …赤ちゃんに、挨拶、しないと…ママがちょっと早く、会いに来ましたよ…って♡(先端を擦りつける為に少し揺らしてみながら、すっかり蕩けきった表情を見せて) -- アリー
      • アリーもすっかりおちんちんの気持ちよさ、癖になっちゃってるよねぇ♡ うんっ私も…だから…。
        はぁ…んっく…赤ちゃん、できてからねぇ?えっちするの、ますます気持ちよくなっちゃって…不思議ぃよねぇ?
        (子宮を小突かれる度、ほんのわずか、膣内に入ったおちんちんの先っぽが触れる度にソニアはお腹を揺らしながら
        声を跳ね上げて)
        あっ…んっふぅ…♡ こんこんってされてる、赤ちゃんの分まで感じてる、から、かなぁ…♡
        (そう言いながらも腰使いは孕むまえと遜色なく、あまり激しく動いていないのに手で掴んでおちんちんを扱くような
        締め付けをあたえていく) -- ソニア
      • んぅ…好き、ぃ…おちんちん、でするのも…される、のも…っ♡
        なんで、ですかね…?ん、良く分からないですけれど、気持ちいいのなら…良いの、かなって…?
        ぁ、んぅ…♡…‥多分、気持ちいいのが分かって…もっと、もっとってねだってるのでしょう、ね?だって、私と、おねえちゃんの赤ちゃん…ですか、りゃぁ…♡ひぁぅ…中で、急に…んんっ!
        (思わず嬌声をあげながら、膣内でしごかれる様な締め付けにおちんちんはビクビクと膣内で弾むように動き、まもなく達しそうな様子を感じ取れて) -- アリー
      • あっあっ…っ!はぁっ…はぁっ…あっ…♡
        (アリーの中に渦巻く快感が高まると、繋がったところからそれが伝わったようにソニアも口から喘ぎを漏らすだけになって。
        んっ…はぁぁっ!私も、いっぱい気持ちよく…んんっ!
        (少し前かがみになると、アリーの手ぎゅっと握る。ほとんど同じタイミングでまた、イってしまって。手を同じように
        繋がった部分もぎゅうっと強く抱きしめて) -- ソニア
      • 良い、です…っおちんちん、いい…っ♡あ…あぁ…っ♡
        (包み込まれながら、耳に掛かる喘ぎ声が気分を快感を、盛り上げていく用に感じていく)
        出ちゃ、ぅ…ふ、ぁ…にゃああ…っ!
        (手をギュッと握られながら、強く締め付けられると…質量が増して、暖かな膣内にびゅくびゅくと白濁の奔流を放っていく。もちろん擦りつけられる様に動かされていたため幾ばくかを赤ちゃんの小部屋に注いでいきながら。達している快感にこちらからも腰を押し付けるように突いていって)) -- アリー
      • ふぁっああっあ…っ!!あ!!
        (びくっびくっと体を震わせて。自分と赤ん坊とそして、精を放つアリーの分まで快感を受け止める)
        にゃっ…!はぁっぅ…ん!くっ…はぁ…はっ…はぁぁ…
        (繋がったまま、仰向けのアリーに覆いかぶさるように両手をついた。荒く息をして弱点のお尻を攻められた時の
        ような声もだしちゃって)
        はぁぁ……っ♡
        (キスをした) -- ソニア
      • (快感を解き放つ様な感覚、射精の感覚は身体からも力が抜けて僅かに気だるさを感じつつもそれ以上の快感に惚けてしまいそうで)
        ぁ…ふぁ…♡んん…は、ぁ…はぁ…♡
        (覆いかぶさられ、間近に顔を感じ…口付けを受け入れていく。柔らかな感触、そしてその最中も射精は僅かに続いており…お尻に手を伸ばしてしっかりと持つように)
        (この状態で、そのまま伸ばした手をおしりの割れ目に持って行き…再び窄まりを指先でくすぐり) -- アリー
      • んんっ!ん!…ッ! (絶頂の最中に、指で弱い所を触れられれば。ソニアは口づけをしたままの姿勢で身悶えて。
        アリーの指が搖れて弄ぶままに、大きなおなかと胸を揺らし絶頂かんに身を震わせて) -- ソニア
      • ふ、はぁ…っ!おねえちゃんが…っ ん、くぅ…♡
        (未だ入ったままであるので身悶えられれば刺激されて、2度3度と放つのを止められずにいて)
        (快感にすがるように指を動かし…やがて、ビクビクと身体を震わせ強い絶頂を迎えて。くたりと脱力し) -- アリー
      • あっ…はぁぁー…っはぁー…!
        (脱力するアリーに被さるようにして布団に手をつく。お腹の中で、まだ射精がびゅっびゅっ…と続いていて。
        その度に背中を伝ってくる快感に意識が飛びそうになってしまう。それが今まで時間をかけた分だけ漣のように
        引いたと思えばすぐに寄せてきて。気持ちよさがいつまでも引かない…)
        はぁっ…あっ…んっ♡ すごい、気持ちいい、のずっとぞわぞわぁって…ふふっアリーのミルク…いーっぱい
        赤ちゃんにあげちゃったあ…♡ あっ…ひゃぁっ…ああ!
        (最後にぶるぶるっと体を震わせてただただ荒い息をしながら、アリーの手を握った。
        なんとかアリーの上に倒れこんでお腹に体重をかけるのは防いだけど。二人のお腹がぴったりくっつき合って…
        呼吸に合わせてゆるく波打つのがわかった) -- ソニア
    • (射精を続けて言い知れぬ快感に酔いしれながら、じんわりと体内に熱を広げていく…お腹を触れ合わせてる状態で伝わるのを実感しながら)
      あ、ぁ…全部、出ちゃってぇ…んん、おねえちゃんと、赤ちゃんに…飲まれちゃってるぅ…っ♡
      にゃぁ…っ は、ぅ…♡(手を握られて、触れ合う感触を実感しながら。お腹を少し圧迫されるけれども、脱力した身体でどうにか支えて)
      えへへ…っ。私の方のお腹の赤ちゃんも…気持ちいいのが伝わってるって、そんな気がします…♡(そのまま身体を抱きしめて、支えるように横向きに向かい合おうとして) -- アリー
      • んふふっ、じゃあ次は私がアリーにいっぱい出してあげなきゃぁねぇ…。
        (抱き合ったまままたベッドに横たわると、少し乱れたアリーの髪を指先ですくって撫でた)
        ん…そろそろ、起きてもいいかもだけど…もうちょっとこうしてよっか…。
        (3度目のもうちょっと。薄暗い部屋のベッドの上で抱き合って寄り添っているとそこから起きてごこかへ
        行こうっていう気がなんだか布団に吸い込まれてしまうようで) -- ソニア

ハミル 169012 Edit

  • ハーミールーン、ドルファヘキセンダー食べる? -- ソニア 2016-09-11 (日) 23:36:43
    • なんて…!?な、なにそれおいしいの…? -- ハミル 2016-09-12 (月) 21:28:30
      • (取り出されるなんかナスとなまこを融合した感じのつるつるしたなにか) -- ソニア 2016-09-12 (月) 21:34:35
      • なにそれこわい
        えっ、な、なにこれ…なにかひわいなもの…? -- ハミル 2016-09-12 (月) 21:36:25
      • 犬はよく食べるんだけど私はなんか怖くて食べてないんだ。
        (野良犬に投げる。めっちゃ食べる犬)
        赤ちゃんの栄養とか考えて色々たべるようにしようとおもってねー。そしたら、普段色々食べてるようでそうでもないってわかったので。 -- ソニア 2016-09-12 (月) 21:43:55
      • め、めっちゃ食べてる…あたしもなんか怖いんだけど!
        油断してたものね…ソニア油断してたものね…お肉とか甘いものとかばっかり食べてたんでしょー -- ハミル 2016-09-12 (月) 21:52:57
      • そーなんだよねーお仕事柄つい外食が多くてー。お野菜不足では?とかアリーにも言われたんでー。やっぱり健康大事よねって。
        なのでこんなものも買ってみました。(取り出される、腓骨) -- ソニア 2016-09-12 (月) 21:59:05
      • 赤ちゃん出来てからは運動も不足してるだろうしねー、体型を戻すのが大変ね
        なにそれこわい、ふ、普通に野菜食べる所から始めたら…!? -- ハミル 2016-09-12 (月) 22:09:26
      • (おもむろに腓骨を咥えてかじり出す。セロリの折れるみたいな音が…セロリだこれ)
        骨折シーンの音ってセロリ折って出すらしいですって?骨みたいな音がでるセロリがあるなら骨の見た目のセロリがあっても良い…。っていうことらしいよ?
        (そしてもう1本取り出して、差し出しつつ)
        ハミルンも食べるー? -- ソニア 2016-09-12 (月) 22:17:26
      • ふ、普通に食べた!えっ、セロリ…?え、絵面がなんか怖いんだけど…!
        えっ、ま、まぁソニアも食べてるし大丈夫そうだからじゃあ貰う…
        これを笑いながら食べたら悪魔感出るかしら…?悪魔っぽいかしら…?(くくく…と笑いながら齧る) -- ハミル 2016-09-12 (月) 22:26:36
      • わーっなんか犬っぽい!ハミるんお手っ! -- ソニア 2016-09-12 (月) 22:29:12
      • わふん(お手する)
        …い、犬じゃないし!あたしどっちかというと猫だし!油断するとひっかくし! -- ハミル 2016-09-12 (月) 22:31:26
      • サービス精神旺盛なとこ犬っぽいよー?よーしよしよし〜♡
        (抱きかかえるようにして耳の後ろとか顎の下をわしゃわしゃ) -- ソニア 2016-09-12 (月) 22:35:32
      • そ、そうかしら…飼われちゃうんだ…はみるん飼われちゃうんだ…四つん這いでお散歩させられちゃうんだ…
        わ、わふんわふん…あちょっ、み、みみ…(耳の後ろこしょられてぞわわっ、とした顔) -- ハミル 2016-09-12 (月) 22:43:11
      • わんちゃんコスプレで種付けされまくってトップブリーダープレイとかもあるよ♡
        んふんふ、相変わらず感度いいねぇ。よーしよしじゃあ尻尾もこしゅこしゅしてあげる〜。
        (指先に尻尾をつまむようにさする。乳首やクリトリスなど敏感な部分を最大限刺激する指付き) -- ソニア 2016-09-12 (月) 22:47:21
      • わんちゃんコスプレでほらイケメン達がよりどりみどりだぞって野犬の群れに放り込まれちゃうんだ…
        しょ、しょうがないじゃない耳弱いんだものっ、し、尻尾もだめぇー!?
        んぃっ…!(尻尾つままれてぎゅっと目を閉じて我慢する悪魔)
        あっ…あっ…!?(ソニアの手付きに、びくっと逆に目を見開き、開いた目をぱちくりさせながらへなっと力抜ける悪魔) -- ハミル 2016-09-12 (月) 23:03:16
      • お〜獣姦もありかぁ♡
        (くたぁってなっちゃったハミルんを抱きしめて満足気に頭を優しくなでなで)
        ンフフ満足満足、じゃあまたねハミハミ〜。
        (しっぽにちゅー) -- ソニア 2016-09-12 (月) 23:05:52
      • (瞳の中にハートマーク浮かべながらだぶるぴーすして撫でられる悪魔)
        …はっ(我に帰る)て、てく、てくにしゃん…も、もーっ、尻尾と耳は弱点なんだってばー!
        う、うんー、それじゃまたー、はぅあ…!(尻尾にちゅーされぞくっとした顔)く、くそぅ!(頬を染め、尻尾を股の下から前へと出して抱くようにして守りながら見送る悪魔) -- ハミル 2016-09-12 (月) 23:13:05

アリー アリーの家 160919

  • 【21】 -- 2016-09-19 (月) 01:42:06
    • また勝手に植え替えて、20日の夜は私多分居ないって先に伝えとくよー。21日が恐ろしく早いので…。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 01:42:46
      • はーい。20日…火曜の夜が居ないんですね -- ちびありー 2016-09-19 (月) 03:35:57
      • うん、そうなる。というわけでアリー分はしっかり補給(むにむに -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 03:44:44
      • んーちょっと残念ですが仕方ないですね(20日はちょっと早めに帰ってこられる為) -- ちびありー 2016-09-19 (月) 03:51:43
      • ひゃぅ…(少し張ってきた胸とかどこかをむにむにとされて思わず声を上げながら) -- ちびありー 2016-09-19 (月) 03:52:45
      • タイミングが合わないことはままあるっていう…ぬぬーんあんっ。アリーってばいい声でちゃってるぅ♡
        下の方このまま続けちゃうー?(やさしく胸さすさすっとして) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 04:01:14
      • 下の方はちょっと〆で…今日は〆で。
        だって…触られてると声出ちゃいますから…♡(気持ちよさそうな声と先端に湿りが滲みながら) -- ちびありー 2016-09-19 (月) 04:09:02
      • はぁーい、じゃあその方向で続けるね(胸の先端にちゅって吸い付く) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 04:15:38
      • ふ、ぁ…♡お願いします、ね…?(吸い付かれて甘えた声を漏らして、口の中に液体を溢していく) -- ちびありー 2016-09-19 (月) 04:22:50
      • んっ…んく…あはぁっほんとにおっぱい出てきたぁ…。
        (乳房の先端を口に含んだまま、軽く握った手で優しく押すようにマッサージしはじめる。犬や猫の仔がおっぱいをもっと飲もうと前足で母の腹を揉むような動きで)
        んっ…アリーのおっぱい…♡ -- ソニア 2016-09-19 (月) 04:34:08
      • おねえちゃんが…出るようにしてくれたんですよ♡ぁ…ぅ、ふ…っ
        (マッサージをする様に手のひらで揉まれ、以前に比べて僅かに育ってきてるのを実感させながら)
        ぁ…ふ…っ♡(おねえちゃんの肩に手を置いて身悶えするように) -- アリー 2016-09-19 (月) 04:51:06
      • いーっぱいお腹にミルク出されて、おっぱい出るようになっちゃったぁ♡ アリーはえっちな子だなぁ…。
        (暖かく触れると指先の沈み込む、ささやかだけど確かにある可愛らしい胸に舌を這わせながら、膨らんだお腹の
        おへそから下も指先でいやらしく撫で回す)
        それだけじゃなくって、私にも一杯中出しして赤ちゃん作っちゃうし…♡ 私の、アリーも飲む? -- ソニア 2016-09-19 (月) 04:55:48
      • いっぱい出してくれたのはおねえちゃんですから。…そう考えると、私のおっぱいっておねえちゃんのミルクで出来てるんですよね?
        (ちゅぅちゅぅと吸われ、舌が這わされ…先端がピンと立っていて。指先が撫で回すと自然と腰を浮かして見せて)
        飲みます…飲みますっ!私が、たくさん中に出して赤ちゃん出来て…出るようになったおっぱい…たくさん飲ませて下さい…っ♡(こくこくと頷きながら、目にハートマークが浮かぶ様な状態で) -- アリー 2016-09-19 (月) 05:12:36
      • じゃあ私のミルクはアリーの?ふふっ。そう考えたらなんだかどきどきしてきたぁって♡
        (アリーのテンションあがるとこっちもつられて嬉しくなって、服をまくり上げてお腹から胸までさらけ出す。
        ソニアのおっぱいも育っている。ただ元々大きかったので最近はほんとにずっしりといった感じにすらなっていて)
        はい、どーぞ♡ -- ソニア 2016-09-19 (月) 05:16:04
      • たくさん飲んで…また沢山出していきますから…っ♡
        (そうして服をまくられ、お腹もすっかりと膨らんだのを実感しながら。それ以上に胸も育ってる事を感じてそのまま吸い付く)
        ん…んー♡ちゅ…っ♡(吸い付き、咥えたまま舌を動かして刺激しながら母乳を啜ろうとして…目を閉じてうっとりとしながら) -- アリー 2016-09-19 (月) 05:28:28
      • んっ…♡
        (アリーに吸い付かれると、満足げな吐息を漏らして、髪を撫でる。大きさは違っても母乳の出はあまり変わらない。
        牛乳よりも濃くて、ほのかに甘みのする母乳がアリーの口内にあふれていく)
        あっ・・・んっふふっおっぱいあげてるだけなおに、気持ちよくなっちゃう…。精液飲む時と一緒だねぇ…見てるだけで
        なんだかドキドキしてきちゃって…っあ、それに、今ちゅっちゅってされてるの私のおっぱいだから…余計に♡ -- ソニア 2016-09-19 (月) 05:38:32
      • ちゅ…ちゅぅ…っ(吸いながら、口の中に広がる風味…撫でられながら吸っていると少し懐かしい様子を感じながら)
        …ん、はぁ…美味しい、です…♡美味しすぎて全部飲み干したくなってしまいそう、で…(一旦口を離し、見上げながら伝えて再び口に含んで)
        ん…おねえちゃんのドキドキが唇を通して伝わってきます…♡ -- アリー 2016-09-19 (月) 06:10:58
      • だって、前からずっとこうしてアリーにおっぱいあげたかったから…。
        (体に触れられる興奮と、心の満たされる安らぎの二つの気持ちよさが合わさった不思議な感覚に。胸が高鳴る)
        いっぱい飲んで、気持ちよくさせてねっ♡ -- ソニア 2016-09-19 (月) 06:15:12
      • ふぁ…ぁ…おっぱい、飲むの…好き…♡おねえちゃんの、おっぱいは…もっと、好きぃ…♡
        (高鳴る鼓動を感じながら、時折顔を埋める様になりながら)
        は、ぃ…♡おねえちゃんの、いっぱいで…いっぱいに気持ち良く…(舌を動かして舐る様に舐めてちゅぅちゅぅと吸ったりして) -- アリー 2016-09-19 (月) 06:37:26
      • んんっ…あっ!
        (ソニアの声が高くなる、同時に溢れる母乳の勢いも増して。吹き出した乳がアリーの舌シャワーのようにかかる)
        あぅっ…♡ んふふっ吸われるのって…すごい、気持ちいい…。
        (音立てて乳を吸うアリーの頭を、優しく包むようにだいて身悶えて) -- ソニア 2016-09-19 (月) 06:44:09
      • (声と共に溢れる勢いが激しくなるのを感じ、舌にかかる母乳…それを口に貯めてから喉を鳴らして飲んでいき)
        んぁ…口に浴びせかけられる様な感じ…身体に染み込んでくる様な…♡は、ぁ…っ♡
        (頭を抱かれながら、蕩けた表情…片手は豊かな乳房を揉むように軽く絞りながら、もう片方は気づけば自身の下腹部へと伸びて) -- アリー 2016-09-19 (月) 21:32:43
      • アリー、もうちょっとこっち来て…。
        (もっと体を寄せるようにと手招き、口はおっぱいに付けさせたまま頭を抱えるように抱いたまま) -- ソニア 2016-09-19 (月) 22:59:48
      • ん、ふぁ…ぃ…♡
        (コクリと頷きながら、身を寄せていく。吸い付きながら身体を寄せてもじもじと足をすり合わせながら身体を密着させるように) -- ちびありー 2016-09-19 (月) 23:06:25
      • よしよーし♡…こっちも気持ちよくしてあげる。
        (片腕でアリーの頭を支えながらもう片腕はアリーの胸から、お腹の丘を撫でて。物欲しげにすり合わせる太ももの間へ
        手を差し入れて…。焦らすことなくタイツと下着の中に指を潜り込ませて割れ目へ愛撫しはじめて) -- ソニア 2016-09-19 (月) 23:27:16
      • あ…♡ん、ふぁぁ…っ!
        (身重でありながら軽い身体、支えられながら胸に当てられた手…お腹を撫でられ、赤ちゃんが喜んでるのかお腹の中で動いているのを実感しながら)
        (そのまま太ももに潜り込まされて、手が差し込まれる。タイツと下着の内側に潜り込んだ指が、くちゅりと水音を立てる…秘部の方はすっかりと蕩けている様で、動かされる度に声を漏らしながら)は、ぁ…っおねえちゃんの指…赤ちゃん、もぉ…悦んで…る…♡ -- ちびありー? 2016-09-19 (月) 23:39:47
      • んへへっ私の赤ちゃんもだよぉ。
        (膨らんだお腹をアリーに密着させるように、抱く腕に力をこめてより抱き締めあって)
        ほら、おっぱい飲みながらもっと気持ちよくなっちゃってぇ♡
        (興奮が高まってくると乳房から溢れる量も増していくようで。つられてアリーの体内で動く指先も動きが強まっていく)
        もうすぐ赤ちゃんが通ってでてくるとこだけどー。ふふっ指をおちんちんみたく加えこんでふわふわで、エッチな動きしてるぅ♡ -- ソニア 2016-09-19 (月) 23:58:06
      • (吸い付いた状態で抱きしめ合い…身悶えする様子を覗かせながら、吸い付いてこくこくと飲んでいくのは止められずにいて)
        こんな風にしてたら…おねえちゃんのおっぱいを吸う度に、私が気持ち良くなってしまいます…♡
        (舌を舐るように動かしながら、指を動かされ快感が広がる度に頭が真っ白になりそうになりながら自らも腰を動かして)
        …おねえちゃぁん…♡赤ちゃんが出てくるところ…たっくさん指とかで気持ち良くして柔らかくして…ください♡そしたら…赤ちゃんも出て気やすくなるかもしれない、ですし……気持ちいいの、で…っ♡(自らスカートを捲りながら欲するように) -- アリー 2016-09-20 (火) 00:11:52
      • はぁーい♡
        (気持ちいところは全部覚えてるから、迷わずにアリーのお腹の裏側を指でこすった。柔い肉に指を当てると
        水を含んだスポンジを押すようにじわっと愛液が染みでるように湧いてくるのがわかって)
        かわいい…♡
        (愛撫の途中で中から指を引き抜ぬいて。素肌を晒す膨らんだお腹に生暖かい粘液を塗りつけるように撫でる。
        それから、またくちゅりと音を立てて指が潜り込み…さっきよりも激しく水音をたてはじめる) -- ソニア 2016-09-20 (火) 00:35:56
      • ふにぃ…っ!ぁ…ふぁぁ…っ♡
        (蕩けるような声を上げながら、お腹の裏側を指でこすられて…身体が出産に向かって調子を整えて膣穴も例外無くその具合を変えて)
        (指で触れるだけでも柔らかさ、包み込む感覚と…快楽に反応して愛液を溢れさせて)
        ん…こっち、もぉ…(そう言いながら同時に二つとも頂点を口に含んで吸っていく)
        (引き抜かれた指がお腹を撫でて…身体が悦ぶ度に、お腹の中の赤ちゃんが喜んでいる様にも感じられ)
        あ、ぁぁぁ…♡おねえ、ちゃん‥おねえちゃぁん…♡(下着の中で指が激しく動かされ、しがみつく様な状態で快感を一身に受けて。いつの間にか吸う事も出来ない状態…乳首をキュッと指で摘みながら乱れていき) -- アリー 2016-09-20 (火) 00:48:35
      • んっ…あっはぁ!いっぱい吸われて…きもちいいっ♡
        (アリーの口から外れても母乳の出るのは止まらずに、顔や顎を伝って胸までこぼれ落ちて白く濡らす)
        はっ…んんっ…っ!
        (膣内の一番奥まで指を潜り込ませた状態で、口を強く結んでソニアは体を震わせた) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-20 (火) 00:58:16
      • おねえちゃん…おっぱい吸われて気持ちよさそう…私のも大きくなってきて、ますし…(見つめながら、顔を身体を白く染められていき)
        あ…♡おねえ、ちゃん…っ♡奥、まで…っ!
        (指が深くまで潜り込んで、下着もタイツもぐちゅぐちゅに濡れていく。物欲しそうに膣襞が指に絡めて…) -- アリー 2016-09-20 (火) 01:35:13
      • はぁぁ…っちょっとイッちゃった…♡もっとして欲しいん?いいよぉ…いっぱいきもちよくなっちゃって…♡
        (そう言いながら止まっていた手を再び動かし始めて。指の当たる角度を変えて、腹で割れ目の間に埋もれる
        クリも刺激していく) -- ソニア 2016-09-20 (火) 01:38:24
      • じゃ、あ…気持ちよくしてもらった分…もっと、たくさん吸います、ね…♡
        ひにゃ…っ♡あ、ぅ…ふぁ…んんんっ!(指を埋められながら、敏感なクリを弄られて一際大きく声を上げて…胸に手を当てて、指の間で乳首を挟む状態になりながら手のひらで乳首を転がす様に動かし) -- アリー 2016-09-20 (火) 01:50:02
      • あっ…はぁっ…ぁっ!
        (ビクンッと背を震わせて、ソニアの手がまた止まる。精液をアリーに吸われたときも当然気持ちよかったけど母乳を
        吸われるのも同じくらい気持ちがいいのだ。それに胸を愛撫する動きもまじわると、閉じていた足の間も甘く切ない
        痺れにうずいて) -- ソニア 2016-09-20 (火) 02:05:26
      • …おねえちゃんの、も…指でして、良いですか…?(ちゅぅちゅぅと吸い付きながら、上目遣いで見つめて)
        (指が止まり少し落ち着きが出てきた所で…それでも快感の渦にまだ身を置いている状態、目の前のおねえちゃんを求めるのは当然の様子で手のひらをお腹から這わして触れようと伸ばして) -- アリー 2016-09-20 (火) 02:22:56
      • うん…してぇ…。
        (アリーを抱きかかえて座ったまま、おもむろに太ももを開いて見せた。服はまくり上げたままだから濡れて染みを作る
        下着が見えて。濡れたところに指が触れるとまた甘い声漏らして。母乳が零れる)
        あはっ…赤ちゃんにもおっぱい上げる時こんなにされちゃったらどうしよう…♡ -- ソニア 2016-09-20 (火) 02:25:57
      • (開かれた太もも、足の付根に手を伸ばしてまずは下着の上から指を擦るように這わせて)
        (その間に胸から母乳も溢れてるのを実感して、吸い付きながら下着の隙間から指を差し入れる。軽く拡げながら、もう片方の手も持っていき下着をズラしてクリトリスを探し当てようとする。)
        じゃあ何をされても大丈夫な様に…もっとやらしいことをしておきますね…♡(と、吸い付いたまま上目遣いで) -- アリー 2016-09-21 (水) 22:16:24
      • (そう言われるとソニアは、顔を赤くしながら胸元にアリーに頷いて見せる。唇から溢れる声以上に、指に触れる
        体内の温度の熱さや絡みつくようなぬめりが、感じていることを如実に伝えている)
        すごいえっちな事になっちゃった…♡
        (自分から再び指を動かしてアリーの足の間を愛撫しはじめて) -- ソニア 2016-09-21 (水) 22:39:39
      • (指を形に添う様に擦ってから、2本そのまま埋めてくちゅくちゅとかき混ぜる音を立てていき)
        おねえちゃんの…すごくやらしい音がしてます…♡あ、私も、でしたね…♡
        (指をかき混ぜられて聞こえる音が混ざり合いながらお腹に語りかける言葉は)ママ達が気持ちいい音…ちゃんと伝わってますか?えへへ…‥♡
        (と、いじりやすい様に足を広げて少し腰を浮かせ気味に) -- アリー 2016-09-21 (水) 22:49:57
      • ふふっ…あっん…♡ ちゃんとわかってるって…ほら、お腹の中で動いてるの分かるよ…。
        (お互いの体の内側、赤ん坊の居る部屋の近くまで指を差し入れて。快感をともなう甘いじゃれ合いを楽しんでいると。
        赤ん坊も一緒になってしているようで…。穏やかな気持ちと高ぶる感覚がないまぜになる)
        んっ…あっあっ…っくぅ…♡ きっと、イッちゃうのも全部…わかっちゃ…う、ね…気持ちいい…よアリー。赤ちゃんも気持ちいいって…♡ -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:17:42
      • 私の方も、少しずつ動いてるのが感じられて…ひゃぅ…深いですよ…♡
        (かなり奥まで指が入り込んで…元々奥まで深くは無いから頑張って伸ばせば触れられるかもしれない)
        (まだこちらの赤ちゃんはそこまで感じられてるかは分からないが、快感を感じているということだけは伝わっていく)
        んん…私、もぉ…♡あ、は…私も、気持ちよくってもう…ね、一緒に…イって…?おねえ、ちゃん…♡(息遣いを荒く、縋る様に身を寄せながら陰核をキュッと摘み激しく指をかき混ぜて) -- アリー 2016-09-21 (水) 23:30:33
      • うん…っ…はぁ…もう…ずっとイッちゃいそうだったよぉ…♡ だから、いい…んだね私も、イッく…んんっ!!
        (一瞬閉じかけた口を開いて、悲鳴にも少し似た艶めいた呼気を喉から漏らした。同時に、アリーの顔に乳房を
        押し付けるように腕に力をこめて。指で腹でアリーの堅い柔芽をすりつぶしながら子宮口に届いてしまうほど深く
        指先を挿入してしまう)
        んっくぅ…はぁっあっ!んっぁああ! -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:46:12
      • 良い、ですよ…おねえちゃん‥っ♡私、も…ぉ…っ!
        (漏れる艶っぽい声、その音が耳から頭まで染め上げる様に感じられながら)
        (顔は胸を押し付けられて、溢れる母乳で白くなりながら…指が奥深くまで押し込まれ、クリトリスと同時に刺激されると)
        あ、ふぁぁぁ…っ!(ガクガクと腰を震わせて、思わず潮を吹く程に強い快感と共に絶頂を迎えながら。指先が快感にふるえて小刻みにこちらからも陰核を刺激して)
        ふ、ぁぁぁ…っ! -- アリー 2016-09-22 (木) 00:00:13
      • はぁぁー…はぁー…♡ イッちゃったぁ…♡
        (最後の強い刺激に前かがみいなりながら背を仰け反らせて増えて。吹き出した潮と母乳で二人共ベタベタ
        に汚れてしまう。ソニアは満足げな熱い息をする)
        すごい…気持ちよかった…よ…んっ…。
        (そのまま、顔を寄せてアリーにキスをする) -- ソニア 2016-09-22 (木) 00:18:13
      • わ、ら…ひも…ぉ…♡あ、ぅ…んんっ
        (未だ余韻を感じながら身悶えをしつつ、掛かる吐息を心地よく感じて…色んな液体でベタベタになっているがそれも何だか嬉しくって)
        …私も、です♡ んん…っ…ところで、お風呂入りましょうか?
        (口付けをしながら、流石にこの状態はと思いそう提案して) -- アリー 2016-09-22 (木) 00:35:34
      • はぁ…んっふふ…。うんっ…お風呂入ろうねこのままだと冷えちゃうし♡
        (優しくアリーを撫でながら、抱き起こす。そうしながらお互いのお腹の子も撫でるように手をうごかして)
        …長湯になっちゃわないように気をつけてねぇ…♡赤ちゃんのためにも…ちゅっ。 -- ソニア 2016-09-22 (木) 00:51:12
      • (抱き起こされつつも、こちらもお姉ちゃんの身体を支え様として)
        だ、大丈夫ですよおねえちゃん…おねえちゃんのお腹にもエレイン…エリーが居ますから、ね?
        あ…ん、ぅ…ちゅっ(口付けを受けながら身を支え合う様に寄せて)…はいっ!それじゃあ…お風呂入って、休みましょうか(そうして二人で寄り添いながらお風呂場へ) -- アリー 2016-09-22 (木) 01:00:18
      • よいしょっと…うんっ♡ ふふっ私もアリーも大分お腹おっきくなったし…。エリーもソフィアももうすぐ会えるから…♡
        そうなったらお風呂も4人になるのかぁ…ふふっお風呂おっきくてよかったねぇ。
        (そうして、結局お風呂でまたちょっと長湯になってしまったとか) -- ソニア 2016-09-22 (木) 01:16:15
      • …これから本当に楽しみです、ちょっと大変かもしれませんが…これからもよろしくお願いします、ね?
        (そう微笑んで。尚お風呂の方は色々と白く汚れた為か掃除がちょっと大変だったらしい) -- アリー 2016-09-22 (木) 01:31:32
    • 下の方はあんな感じでおっけー? -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 04:57:21
      • ありがとうございますー。…近々出産も控えてるので一本化とかさせた方が良いかなと…? -- ちびありー 2016-09-19 (月) 05:16:42
      • はーい。一本化ーってコメ欄一つだけにするん? -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 05:20:27
      • あ、主語が抜けてましたね。いよいよ出産が控えるので、出産時は産前か産後か…集中してた方が良いかなと思いまして? -- ちびありー 2016-09-19 (月) 05:23:45
      • ああー(納得) 生まれた後の方がやりやすそうかなー?せっかくだからあかちゃんめっちゃ抱っこしよう。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 05:31:52
      • 本気で出産周りやるのかなと気を張ってたりしました。…流石に出産プレイは、しない方でも良いかなとか思ってたりしつつ
        どんな子が産まれてくるんでしょうか?髪質とか髪色とか…そういうのも -- ちびありー 2016-09-19 (月) 05:39:53
      • そこはそれ、パピガで定期検診うけてる病院があるので。そこつたいで産婦人科の手配も完璧なのですという。私結構抜かり無い性格してるからね。
        私の子はアリーの形質濃い子がいいなー。黒髪と金髪どっちがいい?あとどの程度吸血鬼なのかなーとかも。
        吸血鬼ハーフか、人間かのどっちかじゃないかなって思うけどなんかアリーの設定的に。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 05:44:45
      • あとそろそろねないとねぇ… -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 06:10:51
      • そのあたりも本当抜かりない…
        じゃあこうしましょう、髪が黒いと吸血鬼の性質が、金髪だと人間の性質が近い感じで。おねえちゃんの髪色なら間違い無く人間の性質で…
        …個人的には、金髪の方が良いかなぁとか思ってたりしますね。気づけば6時過ぎてましたし…ね? -- ちびありー 2016-09-19 (月) 06:16:22
      • アリーは黒髪なのに、なんで金髪…ってなって。人間だった頃のアリーも金髪だったので話はいったりね。
        はいじゃあその方向で行こう!そしてゆっくり寝ようねー(むぎゅー -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 06:20:41
      • そう言えば両親の話をしてませんでしたねぇ。それじゃあ…返信して休みますね(こっくりこっくり) -- ちびありー 2016-09-19 (月) 06:24:28
      • はーい(なでなで -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-19 (月) 06:24:49
      • 仮眠から復帰…! -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 21:30:35
      • (ぎゅぅ…っ) -- ちびありー 2016-09-21 (水) 22:18:59
      • (ぎゅむぎゅむ) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 22:24:51
      • エリーが産まれてから、おねえちゃん呼びを別のにした方が良いんじゃとか思いはじめてる私です。 -- ちびありー 2016-09-21 (水) 22:34:29
      • ぬぇぇえっっっ!?とか変な悲鳴出しそうな私だっ。まぁたしかにせめてママじゃないと子供が軽く混乱しそうだからね。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 22:41:20
      • あっそういえば赤ちゃん金髪だけど、目の色も碧になるん? -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 22:48:11
      • 二人っきりの時はおねえちゃんはおねえちゃんですけれどね?
        となると無難に名前+ママ呼びとか…どうですか、ソニアママ…?
        …オッドアイという選択肢もありますよ? -- ちびありー 2016-09-21 (水) 22:52:10
      • 名前で呼ぶよりもう一段階上がった感じでいいね…ッ!赤ちゃんが本編登場した時点でそのネタとかやろうやろう!
        それであとー、オッドアイ!いっちゃう?吸血鬼ハーフでは母方には淫魔の血が流れててオッドアイ…盛っちゃう!?なんか闇のエリート属性な感じになるっ!
        ちなみにエリーに関してはアリーのチョイスにおまかせなので。 -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:10:05
      • ……その呼び方して赤ちゃんたちそっちのけでママプレイしたりとかしないように気を付けないと。気をつける時点で何を言ってるって話ですが&br;盛って何か問題があるかと言えば無いわけですから…いきましょうっ もう淫魔に最初に目覚めてもおかしく無いですけれども!
        ん…おねえちゃんの髪色と瞳の色で、髪質はストレートな感じに…? -- ちびありー 2016-09-21 (水) 23:20:21
      • ちょっと育った頃に、授乳手マンとかしてるところみたれてママもおっぱい飲むのとかいわれたりする未来…ふふふっ。
        おっけーじゃあエリーは銀髪でアイタイプは深緑でストレート髪で体型もアリー寄り。ってところかな!体型に関しては赤ん坊のうちは単に小柄ってくらいしか差でないけど。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 23:29:03
      • あれ・・・?・・・改めて気づいたんですけれど逆ですよね?エリーがおねえちゃんが産んだばかりの子で、ソフィアが今私のお腹の中にいる…? -- ちびありー 2016-09-21 (水) 23:32:59
      • え?うん、そうだよ。エリーは人間寄りってこないだ決めたので。目の色も人間だったときのアリーに合せるのかなって思って。それで、瞳の色も碧なの?って聞いてみたしだい。
        …二人共ママだからちょっと混乱しちゃうね! -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 23:37:06
      • 私が勘違いしてました…(おねえちゃんの産んだ)エリーは金髪オッドアイで、(私がこれから産む)ソフィアはおねえちゃんよりの銀髪深緑の目…で。 -- ちびありー 2016-09-21 (水) 23:45:20
      • はーい♡(なでなで) あとで設定まとめておこうねっ。アリーと同じ赤と私の深緑色のオッドアイでおっけー?あ、赤いの右と左どっちかな。エリー自身の左右でだね -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-21 (水) 23:48:06
      • じゃあ右目を赤、左目を緑で。右目が赤は何となく様式美な感じです(なでられ身を預けて) -- ちびありー 2016-09-22 (木) 00:01:50
      • はぁーい。りょうかいでーす(なでなで) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-22 (木) 00:18:46
      • …早く3ヶ月と言う名の一週間ちょっとが過ぎないでしょうか…(撫でられながらそわそわ) -- ちびありー 2016-09-22 (木) 00:44:18
      • ぼんやりしてるとわりとすぐにっ!ソフィアが生まれる頃にはエリーはお外とか行けるくらいしっかりしてて、成長はえー!ってなったりしたり。赤ちゃんの大変な時期が2倍長くてちょっとたいへんだったり。でも二人でなんとかしたりと。色々だねぇうふへへっ -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-22 (木) 00:53:21
      • 大変さは二倍ですけれど、その分嬉しさは倍以上な気はします!(と、横と言うか上で色々とやってる) -- ちびありー 2016-09-22 (木) 01:05:17
      • めっちゃ見てるっ!そしてによによしてるふふふっ…。あときっとお風呂でも続きし始めて長湯になっちゃったりしたよね。
        気がつくとえっちなことになってるアリーはやっぱりかわいい(なでなで) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-22 (木) 01:11:15
      • 上のツリーのはこんな感じで〆にしてみたよー -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-22 (木) 01:16:46
      • エッチなこと以外をしてる光景が思い浮かばなくなってきたこの頃…お風呂だからお湯のお陰で身体も支えやすくて色々としちゃうんですよね
        ボディタッチ(される側)から徐々に触れていく様な感じで…? -- ちびありー 2016-09-22 (木) 01:17:22
      • ヒートアップしてくるとだんだん積極的になってくるのがありーだからね!おねだりもどんどんかわいくなってたまらないですっ。
        (むにむになでなで) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-22 (木) 01:27:01
      • おふろばぬるぬる -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-09-22 (木) 01:35:21
      • おねだりするときも、実はこれでもやりすぎない様にしてたりします。…あんまり直接的なのはちょっと恥ずかしい、みたいな感じで(ムニムニされつつ顔を赤くしながらそろそろ一旦植え替えますね) -- ちびありー 2016-09-22 (木) 01:35:41

アリー アリーの家 160919 Edit

  •    
    • じゃあさっき言った最初の手順からね。シートベルトして、ギアがパーキングなのを確認して。右下のENGINEボタンを1回。
      そうすると、コンソールと警告灯関係が点灯して、異常のある箇所は点滅するから。そういうときはドアポケの診断機を
      コンソール下に接続するとエラーコードが出て来るからそれを確認。なにもないようならブレーキを踏みながらもう1回
      ENGINEボタンを押すとエンジンが起動するからー…。
      (夜、煌々と月の出る館の広い庭でジープの助手席に乗ったソニアは暗がりの中で早口になっていた。運転席にはアリーが座る) -- ソニア
      • は、ひゃいっ!…シートベルトを付けて、ギアをパーキング…このPのままでいいんですよね…えっと
        (指差し確認をしながら確かめるように1つずつ手順を追っていく)
        ………エンジンを押して、診断機…は何も無いですね。あー…
        ……ん、んー…?えっと、シートベルト…(改めて締めるのを確認すると首をかしげて、ブレーキを踏みながら押して起動するとビクッと身体を弾ませて)
        ……あ、だだだ…大丈夫ですか…っ!?(あわわと慌てふためきながら手をパタパタと動かして) -- アリー
      • だいじょーぶだよー。 (慌てふためいてるフェレットみたいでカワイイ♡)
        まーほんとに危なくなったらジープが止めてくれるからー。はい、ハンドル握ってねー。
        (お腹にかからないように、ソニアもシートベルトをした。シートベルト未装着の警告などは元々軍用車のジープには
        無いがしていた方が安全だということは経験からわかっているのだ。ベルトの金具が鳴って、航空機とディーゼル
        を混ぜたようなジープの独特のエンジン音が車内に響いた。ルームミラーの下でソニアのつけたアクセサリーが揺れる)
        まー壊れなきゃジープって動かすのは結構かんたんだから、すぐアリーも運転できるようになるよ♡
        じゃあまずは発進させてみよ。 -- ソニア
      • 本当に大丈夫ですか!?ジープさんも私が変なことしてるって思ったら遠慮せず言ってくださいよ…っ!?
        (そして促されるままハンドルをしっかりと握り、ややしがみつく様な状態…にはシートベルトがあるためなれないでいて)
        (そわそわと落ち着かない状態のまま、エンジンの駆動で震える車体。その車内にて深呼吸をしようとして)
        そ、そうでしょうか?な、何にせよ、やってみます…!アリー、ジープさんで発進しますっ!
        ………?(首を傾げて前進も後退もしないジープさんに不思議そうにして。未だブレーキを踏んだ状態でちらりとおねえちゃんの方を見る)発進しません、ね? -- アリー
      • うん、アクセル踏まないとね。ブレーキペダルの右のやつ。
        (アリーの足元を覗き込みながらソニアは冷静に言った。ちなみにジープは左ハンドル、オートマ車であるが。
        この世界にはそもそも車自体ほとんどない。操作に不慣れだとしてなんの不思議もないので) -- ソニア
      • 左にあるのがブレーキ、その右にあるのがアクセル…うん、うん…(頷き、確認する様に呟きながら)
        (踏み込みすぎない様に気を付けながらアクセルペダルを踏んでいく。となりで冷静にしているソニアさんがいるから、少し落ち着きを取り戻した様で)
        (そうしてゆっくりと動き出すのを実感しながら)…わ、ぁ…えっと、ハンドルを回して…方向を変えていくっと…(10mか20mか…操作を確かめる様に動かして) -- アリー
      • うんっ上手だよっアリー。色々操作するところはあるけど、基本的にはアクセルとハンドルで動かしてブレーキで止めればいいの。
        ジープは頭いいからギアチェンジとかは自分でやってくれるし♡
        (実際、運転席に座ってみてると、フロントパネルやピラー部分にまでスイッチがついてるし、フロント中央のコンソールは
        タッチパネルになって様々な情報を矢継ぎ早に表示し、操作を要求してそうな雰囲気だったが。基本は車なので動かすの自体は、さほど
        難しくない)
        よーしっ!じゃあスピードを上げてみようかー! -- ソニア
      • アクセルとハンドルで動かす、ブレーキで止める。…エンジンかけるまでは大変ですけれど、動かすのはそう大変ではないかも…?
        (とはいえ操作ばかりに気を取られて周囲を見落としては意味が無いですと、周囲にも気を配る余裕が出てきて)
        (…それにしてもいろんな情報がありますけれど、基本は速度だけ気にしておけば良さそうかなと思っていると)
        スピードを…こうですか?(少しアクセルを踏みこんで、速度を上げてみる。ハンドルの回し具合でどの程度曲がるのかも少し理解できてきて) -- アリー
      • (アリーの飲み込みは早いようで。大体自転車を習うのと同じくらいの速度で、運転に習熟していく。夜目も効くので
        夜間の走行にもなんの不安もない。小柄な彼女達には不釣り合いな大きなシートやハンドルも、トランスフォーム
        機能をもつジープが調整してくれるので、動かしづらいこともなく)
        はいっそこで一気にアクセル!ギアダウンしつつサイドブレーキ!
        (急に助手席のソニアからドリフト指示!) -- ソニア
      • (思っていた以上に運転がうまくいっているのは普段からソニアさんの姿を横で見ていたから。)
        (そしてジープさんの調整もある為か、次第に慣れてきた様子。それでも普段より引き締まった表情で運転を続けて)
        えっ?は、はいぃ…っ!?(唐突な指示出しに流れるような動きでアクセルを踏み込みながらギアを下げ、ぐぐっとサイドブレーキを引く。ハンドルを回して進行方向を180度ひっくり返して再度前進…した所でブレーキを軽く掛けて徐々に停車)
        …って何ですか今のはっ!?(と、ぐるっと顔を向けて) -- アリー
      • おおーっ本とにできた。すごいすごーい!
        (ソニアは横でパチパチと拍手していた。本とにできるとは思わなかった的な顔をしていた)
        結構大事なテクだよ、でっかい敵から逃げるときとか!あとは全力疾走しながらジープが変形して座席から
        腕に抱えられるっていうのもあるよ♡
        (最上位のコンボになると、疾走>変形>反撃>そしてまた変形してダッシュで走る、になるって楽しそうに言う。
        いったいそんなドライブテクニックが必要になる道というのはどんなところだというのか) -- ソニア
      • 出来ましたけど、出来ましたけれど…な、何をさせるんですか…っ!?
        (改めて自分のやったことを実感して肝が冷えた様な驚きすぎてドキドキが止まらなかったりしながら)
        …一体おねえちゃんとジープさんは何と戦ってきたと言うんですか…。覚えた方が良いというのなら覚えますけれども
        (ジープさんも大丈夫ですか?と、今のドリフトを行って気遣う様に声をかけたりして)
        …今のやったらもうなんでもできそうな気がしますよ。(身体に負担がかかってたりしないですかとも心配しつつギアをPに入れて一息) -- アリー
      • YES SIRと電子合成音がアリーに返事をして、エンジン音が低く小さくなる)
        ふふっごめんごめん、でも初めてでこんなに走れるなら、あとは街中流して走り慣れちゃえば十分そうだねぇ。
        でもアリー、ほんとにしばらく一人で平気ー?私ならまだ動けるし、そんなにいっぱい休んでなくても大丈夫かなって思うんだけど。
        それにアリーも妊娠中だし?
        (お腹を撫でながらソニアは言った、アリーが運転を習ってるのは。もうすぐソニアが臨月で産休に入るからだ。
        今までジープはソニアが運転していたので。仕事等の送り迎えが難しくなる。そして、大丈夫そうとは言ったものの
        なんだかやけにアリーの事が心配そうで) -- ソニア
      • (ありがとうございます、とジープさんのハンドルを撫でて後で洗車しましょうと思いながら)
        普段からおねえちゃんの運転見てましたから…っ
        うん…少し思ったのですが、この子の為に栄養は付けておきたいですから(そう言いながらお腹を撫でて、仕事だけでなく食事の意も含んでる為か…そういった意味でもすぐには休めないらしい。もっともそうでなくとも休むつもりはない様子で)
        (そうすると自分の足だけで…となると色々と範囲が狭まってしまうのも考え物であり、相談の結果こうして習う事になった様で)
        …まあ、私自身出勤の頻度はそんなに多くないので大丈夫ですよ。きっと(と、安心させる様に微笑んで) -- アリー
      • おねーちゃん心配だよぉ!あとお留守番寂しいです!最近ずーっと一緒に居る時間増えたから余計に!
        (助手席から身を乗り出してアリーに横から抱きつきながら、ちょっと泣き真似入った甘え声を出す) -- ソニア
    • なので終わり次第すぐ飛んで帰ってきますっ 同じ状況だったらきっと寂しいと思いますし…っ
      (抱きつかれながらよしよしと背中を撫でて。…お腹も撫でながら)もうすぐ産まれてくる事も考えたら余計に飛んで帰ってきますよ?(と、安心させるように声をかけて) -- アリー
      • うんっ…♡
        (あやされると、満足げに小さく頷いて)
        あっ、そういえばアリーって羽の方は育ったりしたのー?
        (そう言いながらアリーの背中をなでなでとして) -- ソニア
      • (頷く様子にどこか嬉しそうに微笑みながら、こちらも背中を撫でられながら)
        私の羽ですか?ん…育つ気配は今のところ…うん、育ちそうな雰囲気はあったんですけれどね?何か大事な条件が抜けてる…っぽいです
        (出し入れは今でも自在ですけれどね?と付け加えながら) -- アリー
      • そっかぁ、条件ってー栄養?足らないとかー?精液は前よりいっぱい食べるようになってるよね?
        パピガのお仕事もあるしー…。
        (抱きついてほっぺたくっつけて頬ずりしながら。会話もスキンシップしながら) -- ソニア
      • とにかく力の強い方の精液か母乳か…具体的には1000年前から存在している方が理想です(実際羽が生えたのは1000年を生きる方の母乳を頂いてからですからと口にして)
        足りない力を経口摂取とかで取り込んでる…みたいな感じになりますね、食事とは別腹みたいな…?
        (まあそうそう見つからないですし、見つかっても断られてますけれど…とほっぺを頬ずりしあい、時折口付けを落としていったり) -- アリー
      • ああーそういえば、前にもそんなお話聞いたねぇ。そうかぁ質の問題かぁ。飛行可能の実績解除は難しいので。
        (頬にキスされれば、頬と耳元にもキスのお返しをして。互いの顔を舐め合う仔猫のようにじゃれて居て
        完全に車の中でいちゃつくカップルのようである。ホラーや怪獣映画なら真っ先に餌食されるやつ)
        じゃあ、赤ちゃん産まれて、落ち着いたら羽をはやせそうな人さがしてみよっ。お姫様だっこされて空飛ぶとか
        ちょっと憧れるので! -- ソニア
      • 出来ればいつか自分の力だけで飛んでみたい…それもちょっと憧れでした
        (そうして頬と耳元に口付けを受けてから、じゃれ合う様に抱きしめて)
        (スリスリと頬ずりをしてから、こちらから唇を重ねて)…でも今はそこまででもないですよ?
        おねえちゃんと居られるのなら地上でも空でも…って思ってますから。
        ……飛べる様になる前に身体もっと鍛えないとですね(そう言いながら細い腕でお腹を撫で続けて) -- アリー
      • アリー…。
        (きゅんっ♡としてきらきらした瞳でアリーを見つめて。さらに身をのりだして抱きついた)
        私も!アリーと一緒ならどこだっていいからねー!なんなら飛ぶのはジープを改造してジェットとか羽とか合体すれば
        いいし!
        (今ジープをフロント部分から見ていたら、マジカって表情をしたのが分かったかもしれない)
        んーっ運転の練習は今日はこれぐらいでいいから体鍛えにいこうか…ベッドで♡ -- ソニア
      • おねえちゃん…(うっとりとした瞳で見つめ合いながら、でもそれはジープさん的にどうなのでしょうかとも一瞬思ったりしつつ)
        (……まあ、私も頑張るしおねえちゃんも頑張るし、ジープさんも頑張ってくれるって信じることにして抱き合いながら)
        …おねえちゃんは、あんまり激しい運動し過ぎない様に私が沢山動きます、ね…♡(と、お腹を撫でてた手を胸に持っていって揉むように動かして) -- アリー
      • はぁーい♡ じゃあ一杯優しくしてねぇ…♡ んっそんな揉んだらおっぱい漏れちゃうよぉ。
        (ソニアは完全に運転席のアリーの方を向いて座る、普通の乗用車と違ってジープの前の座席の間にはシフトレバーや
        仕切りが無いのだ。代わりに収納できる台があって。上に立って天井の穴から身を乗り出したりできる)
        んーっでもおっぱいマッサージされるのは嫌いじゃないので。
        (アリーの頭撫でながら微笑んで) -- ソニア
      • 大丈夫ですっ♡私が全部飲みほしますから…っ!
        (とはいえジープさんの車内でそんなにしてたらというのも何だか気が引けたりする様子で)
        (その割に手は止まって無かったりする。頭を撫でられこちらは胸を揉みながら…)と、とりあえずお部屋に戻りましょう?その方が色々体勢も落ち着きますし… -- アリー
      • はぁーい。ホントは生まれてから出るものらしいんだけど、なんか早く出てきちゃってるからぁ。飲まないともったいないし♡
        (優しい手つきで撫でるアリーの手に自分の手を重ねて微笑むと。頬にキスして頷いた)
        ジープ、ありがとうね。
        (ジープはクラクションを短く鳴らして返事した。二人が車外へ降りるとガレージの方へ一人でに移動していく) -- ソニア
      • 場合によっては早めに出始める方も居るらしいですよ?二人目以降だと特に出やすくなるとか…勿論初産でもあるらしいですし。
        体の方が育てる様に出来てきてる…ですね?(口付けを頬に受けながらはにかんで)
        出勤の際には改めてお願いしますね?(降りた後にそう声を掛けて見送りながら)
        ……おっぱいマッサージ、もうちょっとしっかりとやってみませんか?(と、そんな話を振ってみて) -- アリー
      • じゃあ私はもうアリーの赤ちゃんはやくお世話したくてたまんない体なんだねぇ。うんっしっかりとマッサージして
        早く二人で赤ちゃんにいーっぱい、おっぱい飲ませてあげられるようになろうねっ!
        (そう言ってアリーと腕を汲んで、月あかりに青く浮かび上がる菜園を横切って館の方へ) -- ソニア
      • …実際私ももう出る様になってたり(最初は驚きましたけれどねと少し肩をすくめながら)
        …はいっ!(と、力強く答えてみせながら腕組み並んで館へ。その途中で)
        …飲んだり、飲まれたり…おねえちゃんともしてみたいなって、思ってたりしてますし…(と、呟いて) -- アリー
      • んんー…アリーはえっちだなー!(嬉しそうに頬ずりながらちょっと乱暴にわしゃわしゃ)
        (それから、がまんできなくなったおかちょっと早足になって、館の中へとはいっていった) -- ソニア

ハミル アリーの家 160921 Edit

  • 産まれたと聞いてー(ガラッ) -- ハミル 2016-09-21 (水) 22:50:29
    • うぉっどっから入ってきてん!?…窓かっ! -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:05:45
      • ふっふっふ、はみるんはしんしちゅ(噛んだ)神出鬼没なのよ!
        んでんでどうさー!かわいい?どっち似?どっち似?女の子だってアリーに聞いたけど! -- ハミル 2016-09-21 (水) 23:08:44
      • 女の子だよー。すごいよく寝る子でたすかってるので。(あ、噛んだな今)
        お外に出せるようになるのはもうちょっとあとだけど、どうやら太陽も平気そうなの。
        (座っている椅子のすぐ側にあるベビーベッドを片手で撫でる) -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:13:25
      • ほぅー、人間の血の方が濃いのかしら、食べ物はどうなのかしらねぇ
        今も寝てるならあんまり騒がない方がいいわね…名前はー? -- ハミル 2016-09-21 (水) 23:17:39
      • エレイン、エレイン・フローライトでエリーだよ。今はおっぱいしか飲んでないから、アリーと同じだけど…
        んー、離乳食はやっぱり精液も試した方がいいのかなぁ?
        (そう言いながら今度はこっちゃおいでと手招き) -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:22:50
      • エリーかー、って試すの!?赤ちゃんに!?試すならまず血飲ませてみたらどうかしら…!?
        こう…ナイフで指を軽く切ってみたりして…? -- ハミル 2016-09-21 (水) 23:31:17
      • いやぁ〜…。エリーが吸血鬼で生まれてくるならそれもそれでって思ってたけど。
        アリーは血がダメじゃない?だからご飯の度にアリーがグエーッてなったら大変なので。エリーも精液でいいならそっちがいいかなぁって。 -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:40:21
      • う、うんまぁ手間は掛からないかもしれないけど…!
        赤ちゃんの頃からずっと飲んでたらなんだかすごい吸血鬼というか淫魔な子に育ちそうね…!?
        その辺のおにーさんにちょーだいって言っちゃうんだ… -- ハミル 2016-09-21 (水) 23:51:13
      • むしろ育てる気マンマンですっ!エリーにもいーっぱいエッチ大好きな子に育ってほしいので♡
        (英才教育を施す意思も環境も、整いすぎていた)
        ハミハミもその時はよろしくっ!(ぐっとサムズアップ)
        近所のえっちなおねーさん枠という栄誉だよっ。 -- ソニア 2016-09-21 (水) 23:56:55
      • そ、育てる気満々!まぁあたしの故郷にもいたけどさそういう子も…!
        やだ…あたしがえっちなおねーさん枠…?なんだか心惹かれる響き…(きゅん)
        でもエリーは女の子だからあたしのこのカッコにドキドキしたりーとかからかったりは出来なそうねー -- ハミル 2016-09-22 (木) 00:06:31
      • ハミルン、私とちょいちょいえっちぃことしてるじゃん?ふっへっへっへっ…♡それにー、ママふたりが仲良しなのみてたら
        きっと女の子大好きな子になるとおもうしー…あっ、そうしたら男の子もいいんだよーって教えてあげないとかぁ。
        (ふーむ、腕を組んで楽しげに空想を膨らませてる) -- ソニア 2016-09-22 (木) 00:22:45
      • あたしは知らないおにーさんにおねだりなんて!おねだりなんて…(想像してみる)…きゃー!(やんやん)
        そうそう…男の人に壁ドンされたりとか…顎くいされたりとか…きゃー!(やんやん)
        まぁまだ赤ちゃんだしねー、そういう教育はまだまだ先になりそうだけど、っと、それじゃあたしはそろそろお暇するわー、そいじゃねー -- ハミル 2016-09-22 (木) 00:41:29
      • はぁーい。エリーがお外いけるようになったらいっぱい遊んであげてねぇ♡
        …ふむっ生まれる前からエッチなのはいっぱい教えてたけど胎教ってどこぐらいまで効くのかなぁ?
        (ハミルを見送って、眠るエリーの頭を優しく撫でながらつぶやいた) -- ソニア 2016-09-22 (木) 00:45:33

_ 

  •  
  • …気づいたらもう生まれてた、だと…時間がたつのは早いもんだな…(驚きの後苦笑を)
    それで、どんな子が生まれたんだ?(相手が人とは違う上に変則的は同性カップルだけに心配しており) -- リカルド 2016-09-20 (火) 20:45:53
    • ちょうかわいい!!!11!!!!! (クワッ)
      まだお外出すのは早い言われたんで、お家で寝てるけど。 -- ソニア 2016-09-21 (水) 22:47:11
      • ははは、そう言い切れるのはいいことだな。まぁ、どちらに似てもそうなるのは分かっちゃいたが
        そりゃそうだわな、まだ生まれたばかりだと外の空気ってのはあまりいいもんでもねぇし
        俺みたいにタバコ吸ってる奴だけでなく、菌やウイルスってのもいるしな…ところで母乳はやっぱり出てるのか? -- リカルド 2016-09-23 (金) 18:53:49
      • 後一応大丈夫っぽいけど、太陽に弱かったりしたらこまるからねぃ。おっぱい?めっちゃでてるよ!
        っていうか出過ぎて困るくらいなのでちょいちょいしぼってとってあったりするぐらい
        (元から小学生みたいな体格に不釣合いな程でかかった胸が、さらにデカクなってる感じすらある) -- ソニア 2016-09-26 (月) 00:32:41

アリー 月蝕館 160922 Edit


  • んふふっいい飲みっぷりで…やっぱり夜の方が少し元気がいいかなぁ?
    (赤ん坊に乳を吸わせながら、ソニアが言った。片方の肩と一緒に晒される自分の頭より大きな乳房に
    小さな赤ん坊は懸命に吸い付いていた。揺れる灯りの元で時折、赤ん坊が乳房を手でこねる影が壁に映って揺れる。
    エリーが生まれて10日あまりで退院して、館で過ごすようになって3日、少し気持ちも落ち着いてきて。小さな身体が日に日
    に体重を増していくのを実感し始めている) -- ソニア 2016-09-22 (木)
    • ですねぇ…流石私達の赤ちゃんと言いますか。
      (生まれたばかりに比べると少しずつ顔と髪がしっかりとしてきて、面立ちが分かるようになってくるエリー。)
      (乳房に吸い付いて懸命になりながら飲んでいる様子を見つめながら、自分もお腹を撫でて私も早く同じ事を…そんな風に感じながら)
      元気さ、活発さはお姉ちゃんに近いでしょうか?…ふふ、可愛いです(と、柔らかく微笑んで) -- アリー
      • 目鼻が美人っぽくなりそうなとこはアリーそっくりだよぉ♡
        (おっぱいあげながらニッコリとアリーに笑い返す)
        あとおっぱい大好きなとことか。ふふっ、エリーがいっぱい飲んでもアリーの分もばっちり出せるよ。もー私ちょっと牛になった気分。
        (じっさいお医者に そんなに って驚かれるぐらいお乳の出は抜群なソニアさんだ) -- ソニア
      • それじゃあ今私のお腹にいるのはきっとおねえちゃん似の可愛らしい子が産まれてくるんですねぇ
        (ちょっと大人し目かも、と思いながらお腹をさすりつつ)
        …それじゃあ、私もエリーと一緒に飲んでもいいですか?
        (そう言いながら少し身を屈めて…顔を寄せていく。少しお腹を鳴らしながら) -- アリー
      • もちろん、アリーも赤ちゃんのために一杯食べなきゃねぇ。
        (もう片方の肩もはだけると、両方の乳房を出して、ソニアはベッドに腰掛けた。溢れる母乳が服に染みないよう挟んでいた
        パットを剥がすと、ふんわりと乳の匂いがする)
        はいっどーぞ♡ -- ソニア
      • (ふんわりと漂う香り…思わず喉を鳴らして、パットを剥がされて顕になる乳房を見つめてから)
        ふー…ふー…っ…んっ(すんすんと堪能をするように匂いを嗅いでから、少し垂れてる分を舌を這わしてから吸い付いていく)
        ん…♡(ちゅう、ちゅうと音を立てて吸って母乳を口の中に含んで喉を鳴らして飲んでいき) -- アリー
      • あんっ…♡
        (アリーに吸われると、つい甘い声が漏れてしまう。両腕は赤ん坊を抱いているから。胸に吸い付くアリーの
        髪の分かれ目辺りに頬ずりする) -- ソニア
      • ん…ふぁ…むぅ…♡ んん…ちゅ…
        (時折吐息を漏らしながら、頭へと頬ずりをされてくすぐったそうにしつつ)
        は、ふぁ……美味しい、です…っ♡(口を放して吐息を漏らしながら) -- アリー
      • よかったぁ…♡
        (身をかがめると、アリーの唇を吸った。腕の中のエリーがもぞもぞと動いたのでよしよしとあやす) -- ソニア
      • …おねえちゃんのおっぱいなら、いくらでも飲めるかも…♡
        (ちゅっと唇を吸われ、柔らかな感触に蕩けながら…あやされてるエリーの様子を微笑ましく見つめて。お腹をさすさすと撫でながら) -- アリー
      • うん、うれしい…あとねぇ。エリー、飲み方がそっくりだよ唇の使い方とかぁ…あっそだっ!アリーもおっぱいあげる練習とかしてみる?
        (腕の中のエリーは、おっぱいを近づけるとちゅうちゅうと吸い付く。小柄だけど食欲は旺盛なようだ)
        ソフィアが生まれるのも、もうすぐだし…。
        (そう言うと、アリーと一緒にお腹を撫でて) -- ソニア
      • おっぱいをあげる練習…ですか?(唇の使い方飲み方がそっくりと言われ恥ずかしそうに唇を抑えながら)
        (吸い付いてるエリーの様子を眺めつつ) -- アリー
      • (そしてコクリと頷いてから)そう、ですね…少し膨らんで来てますし、今から慣れておいた方が…とも思いますし(そう言いながら頷き) -- アリー
      • 私、おっぱい出るの早かったから、アリーも吸ったりマッサージすると早くでるかなぁって♡
        (お腹を撫でていた手を、ブラウスのボタンにかけて1個ずつゆっくりと外していく) -- ソニア
      • もう既に滲み始めてたりは…おねえちゃんほど早く出始めたわけでも無いですし、ようやく膨らんできたくらいですから
        (お腹を撫でていた手が胸に持ってこられて、そのままゆっくりとブラウスを肌蹴させられる。以前と比べて張った乳房が僅かに膨らんできているのが確認できて) -- アリー
      • (僅かに膨らんできた胸を指先で擦るような揉むような、絶妙な指先の力で撫でる)
        うんっ前よりおっきくなってるよ16ミリってところだよぉ。このマッサージも効いてるかなぁ。
        (そう言いながら、エリーをそっと預けるように差し出して) -- ソニア
      • ミリ単位で分かるものなのですか…っ!?ひゃぅ…っ んん…あ、エリーはこっちに来ましょうね?
        (指先で弄られながら、差し出されたエリーの小さな体を抱きかかえて…小さいのに確かに存在を実感しながら自然と表情が緩んで) -- アリー
      • わかるよーだってアリーの身体のことならなんでもわかっちゃうよふっへっへっへっ。
        (身長、体重、匂い、あと味もきっちり覚えてるし爪の伸びる速さももしかしたらチェックしてるかもしれない。
        変態ではない、お姉ちゃんだから当然だね)
        あっえとね、こうやって近くに持っていってあげるだけでいいよあとは自分からちゃんと咥えにくるから。
        (そっと、アリーの肌蹴た胸元にエリーの顔をちかづけさせて) -- ソニア
      • な、なんでも…?…じゃあその、おちんちん生やして…一人でして飲んだり、一人でお尻を弄ってたりすることまで…?
        (一体普段から何をしてるのだろうか)
        そうですか?…じゃあ、こうして…(腕でしっかりと支えながら、胸元にエリーの顔を近づけてみて。すぐに吸い付かれて)
        ん…っ(ピクンと少しだけ肩を揺らしながら、咥えられればミルクが吸い出されるのを実感して…言い知れぬ喜びを感じている様子で) -- アリー
      • アリーの精液の匂いがやけにしてるなーって時は一人でしてたのかなぁ。言ってくれれば私がオカズにもなったげるのに。
        (懸命におっぱいを吸う愛娘の横でそんな話しながら、だけどソニアの顔も幸福に満ちた優しい表情で)
        あっもしかしてアリーのもおっぱいでてる?エリーがすごいちゅうちゅうしてる。 -- ソニア
      • …たまに、自分ので型を取ったのを試しに使ってた、り…(顔を真っ赤にしながらうつむき気味に)
        …自分でするのって、その…おちんちんの方は色々と変な感じになっちゃって…(と、言い訳をしながらも授乳の初体験は嬉しい物で)
        …たくさん飲ませてもらってましたから、その分出やすくなってるかも…あと師匠に教わってる胸の大きくなる方法試してたりしたから…?(と、首を傾げ気味に) -- アリー
      • それに、やっぱりママだから、だよ。
        (首を傾げたアリーの額と自分の額をくっつけるようにして、頬をくっつけておっぱいを飲むエリーを見つめた)
        エリーもおっぱい飲めてうれしそうだし。アリーも嬉しそう。ふふーん、人は誰だって誰かの身体のあったかさが好きだし。
        気持ちよくなったら赤ちゃんつくりたくなるし、赤ちゃんが生まれたらいっぱい愛して育ててあげたくなるもんだから。
        全部素敵なことだもん。心だけじゃなくて、身体も急いじゃうよねぇ♡
        (ブラウスをもっとはだけさせて、もう片方の乳房に軽い口づけをして、ちゅっと吸い付いて乳首を吸う) -- ソニア
    • あぁ…(何となく、その一言で心で理解できた様な感じで)
      (二人でエリーを見つめながら、自然と表情を緩ませながら)
      ぬくもりが欲しくなる、と言うのは何となくよくわかります。おねえちゃんとだから…というのも特にありますけれども♡
      …おねえちゃんがエリーにおっぱいをあげているの見てたら、身体の方がすごく急いじゃって…って感じかもしれないですね。
      lん…何だか赤ちゃんが3人になった気がしますねぇ…♡(おねえちゃんにも乳首を吸われ、嬉しさに身を震わせながら吸われて母乳を溢れさせて) -- アリー
      • んっ…んく…はぁ…。うんっアリーのおっぱいも美味しいよっ♡
        (喉をならして飲み込み、顔をあげて、口の端についたミルクをぺろりっとなめとった)
        アリーがいっぱい美味しそうに飲むから、私も真似したくなっちゃって…。エリーは、もうおなかいっぱいかなぁ? -- ソニア
      • だっておねえちゃんのおっぱい美味しいから…♡
        (目の前でぺろりとなめとる様子を見つめて、そうしている間にエリーも飲み終えたのか口を放して)
        ん、二人分飲んだら…その分お腹いっぱいになっちゃったっぽいですね?(そう言いながらゲップを吐かせてみせて。よしよしと背中を撫でて)
        …おねえちゃんのミルク、どっちも美味しいですからね…なんて(そう呟いたのを聞いてから、エリーがおねえちゃんの方をじっと見つめている様に感じさせて) -- アリー
      • そういえばーあっちのミルクは妊娠してたから最近あんまりだったねぇ。おっぱいはたくさん出てるけど。
        (エリーの、指先2本分の幅の頬を優しくくすぐると、アリーと抱っこを変わる。生まれたては小柄な赤子だったけど。
        1日ごとにずっしりとしてくるのが分かるくらいスクスク育っているのだ)
        アリーはおっぱいだけだと、やっぱり精液の方も欲しくなったりするのかなぁ? -- ソニア
      • (抱くのを変わってもらい、少しうつらうつらと眠そうにしているエリーをみつめながら)
        おねえちゃんのおっぱいは美味しいですし、うれしいです。………けど、ここ3年近くずっと精液ばっかり飲んでたものなので
        …少し飲まないでいるとすごく落ち着かないと言いますか、それで我慢できなくなって自分でシて飲んだり…(それでも最近はお腹も大きくなってきて一人でするのもままならない…と、赤裸々に答えて) -- アリー
      • んー私が産休とってるから、精液とってくる量も減ってたからねぇ。
        (二人とも娼婦の仕事をしてる。だからアリーの食料にする精液の確保にはあまり困らないのだが。エリーの出産にともなって
        ソニアは産休中のためどうしても精液の確保量は少なくなる)
        ん、じゃあ…エリーはお腹いっぱいになったし。久々に私の…食べるぅ?ふふっさっき言ってたアリーの型取りしたっていう…
        オナホ…ちょっときになっちゃった…♡ -- ソニア
      • 私の方も産休取る様になりましたから…
        (小柄な体躯からそのお腹はだいぶ目立った様で、多少体力は付いてた物の身重の身体ではそろそろ動くのも満足に行かなくなってた様子。その分更に確保が乏しくなってて)
        …良いんですかっ!?わ、おねえちゃんのおちんちん…久しぶり過ぎて…っ♡
        (うっとりとした表情を浮かべながら、じゃあすぐに用意しますね?とごそごそとあさりはじめて) -- アリー
      • 私も久々だから…えっへへぇ一杯気持ちよくしてねぇ…?
        (エリーを抱いて優しくゆすりながら、準備をするアリーに頬をほころばせる)
        お腹いっぱいになったからエリーもきっとすぐ寝ちゃうし。 -- ソニア
      • (そうして取り出したのはパッと見では何の変哲もないオナホ、ただしいつも以上に顔を赤くして)
        …その、出来は良いみたいらしいです。エリーが寝たら…しましょう、ね?
        (と、ドキドキシながら寝付くのを待ちつつ…ローションを垂らして指でくちゅくちゅとオナホの準備を整えていき) -- アリー
      • 抱いたまんまだとちょっとし辛いもんねぇ。…わぁっすごいエッチな音してる…
        (舌先をちろっと見せて、ちょとtいやらしい笑みを浮かべる。ソニアも、出産からこっち少しエッチは控え気味だったのも
        あって期待で下腹が疼くのだ。でも、生まれたてのエリーから目を離す気もないので)
        …このまま抱いてたら、たぶんすぐ寝るので…アリーが私の扱いてくれるっていうのはどうかな…!
        (子供が生まれても、夜の性活は旺盛ってカップルはそう珍しくないけど、赤ん坊のすぐ側どころか抱きながらでも
        一向にきにならないのは、多分ソニアだからだと思う) -- ソニア
      • 流石にその状態では動こうにも動けませんからね。…私も激しくは動けませんし
        (そう言いながらも表情は期待を隠しきれないといった様子。抱き合っていちゃいちゃとかはしているものの少々ご無沙汰な為か身体が欲しているのはこちらも一緒)
        勿論良いですよ?…久しぶりにおねえちゃんのおちんちん、気持ち良くしたいですから♡
        (そしてこちらも、ソニアさんの影響を少なからず受けているため。また、普通の家庭というのも知らない為特に疑問を感じないで)
        …おねえちゃんの気持ちよくなる音を感じながら眠りましょうねー♡
        (と、エリーに語りかけている辺り割りと大概なところもある様で。もぞもぞとスカートを捲り下着を下ろそうと) -- アリー
      • きっとエリーもその方が喜んでくれるよねぇー♡
        (アリーのするがままに任せつつ。二人で顔を寄せて、ソニアの胸を枕にするエリーに微笑みかけると、欠伸で
        返事をした)
        あっ、そだそだ、お薬飲まなきゃ。生える方のでいいのかなぁ? -- ソニア
      • 突然ママがパパになっちゃうと、流石にエリーも驚いちゃいますから…?
        (それを考えたら生えるお薬のほうがとも思い、まだ生えてない状態の足の付根の間、そこをじっと見つめながら)
        …あ、私のことは気にせずお薬飲んでみて下さい(と、スカートの中に頭を突っ込んだ状態で声をかけて) -- アリー
      • はぁーい……って、もぉアリーじっと見られてたら息くすぐったいしなんか照れるよぉ。
        (下着も脱がされて、お尻にシーツを感じていると。生暖かい吐息がふとももをくすぐって思わず身をよじる。
        軽くふとももでアリーを挟んだりしながら、薬瓶を開けて飲み干す。エリーを落とさないようにしっかりと抱いて構えると
        久々に味わう、熱くこみ上げてくるものを感じた)
        はぁっ…んんっくふぅ…んっ…♡ ふふ、これも久々だぁねぇ…。
        (身体の中を抜けていく熱さに、吐息を漏らして。その熱がもうすでにへその下辺りで一箇所に凝って形を成して
        居るのを感じる。…久々だからだろうか、足の間に生えたおちんぽは、なんだか以前よりも一回りくらい太くパンパン
        に張っているようで) -- ソニア
    • そう言えば生えるところちゃんと見た事が無かったから…折角、ですし。
      (太ももで挟まれながら、少し喉を鳴らして待ちわびている様子。久しぶりにこうして感じられて匂いもすんすんと嗅いで息遣いもくすぐる様子で)
      あ…出て来ました…♡
      (嬉しそうな声色でじっと見つめて形成されていく、身体の機能が新たに形作られていく様子は興味深くて)
      (そうして顕れたおちんちん、独特の雌と雄の匂いが混ざりあった香りに喉をならして…パンパンに張っている物を、うっとりと見つめながらそのまま唇を触れさせようと) -- アリー
      • ううっ…生えるところじっくり見られるっていうのはちょっと恥ずかしい……ひゃぁっ!
        (思わずビクッと背を反らせた。慌ててエリーをよしよしとあやす。薄いワンピースのスカートの生地1枚越しに
        アリーがおちんちんにキスをしているのが、感触ではっきりと分かった。男性器特有の、気持ちいいところに向かって
        腰を突き出したい衝動にかられる快楽が、指先で撫でるように腰から上半身へとぞわぞわ上がってくる)
        アリー…焦らさないでぱくぅってしてぇ…♡ -- ソニア
      • すっごいえっちなおちんちん…大好きなおねえちゃんのおちんちん…♡
        (唇を寄せてちゅっちゅと触れさせていき、先端や雁首の辺りを重点的に触れさせながら)
        …えー?お口でするんじゃなくって、今日は私のオナホで気持ち良くなってもらいたいですから…もうちょっとだけ我慢して下さい、ね?
        (そう言いながらもくわえ込みたい衝動を必死に抑えながら、指でいじってほんの少し人肌に暖まってるオナホをくちゅくちゅと宛てがいつつ…こしゅこしゅと小さな手で握って扱きはじめて) -- アリー
      • はぅっ…そうだった…すっかり忘れるくらい久々で気持ちよくってぇ…んっぁっあ!?
        (さっきよりも大きな声が口を出してしまった。パンパンに膨れ上がった先っちょから柔らかくぬめるものにおちんちんが
        飲み込まれていく感触に、腰が抜けそうになって。ぎゅっと腕に力をこめてエリーを胸に抱きしめた)
        あっあっ…これぇすごっ…んんっ。入り口、入ってすぐのとこ…コリって堅くって狭いの、恥骨があたってるみたいで
        そっくり…はぁぁっ…。
        (座ったまま、身動きとれないで。アリーの手でしごかれるままに息を荒げて) -- ソニア
      • こんなおちんちん見たら私も危うく忘れるとこでしたよ…♡…おねえちゃん、まだ全然入って無いですよ…?
        (あまり激しくし過ぎると感じすぎて大変なことになるのではという思いと共に、少し焦らすと張り詰めているおちんちんが更に立派に見えている為焦らしていって)
        …まだ全然入って無いですよ?でも、私のお腹…すごく小さくて奥までも短いですから、これじゃあすぐいっぱいまで入っちゃいます、ね…っ!
        (言いきると同時にぐっと奥まで達する様にオナホへ挿入させて。同時にしごいていた手は根本をキュッと締めて暴発しないように気をつけて) -- アリー
      • えっ…そうなの…?はっひゃぁっ…あっ!んっくぅ!!
        (そもそも胸が邪魔で下が見づらいソニアが、エリーも抱いてるので。足の間のことはほとんど、性器の触覚を頼りに
        感じていたところに。不意打ちみたいに根本までオナホを挿入されて軽い射精感を味わってしまった)
        んぐっ…んんっ…くぅふぅ…!はぁはぁ…っ♡
        (足の指を丸めて下半身に力を入れて。アリーの指で栓をされ、暴発はなんとか防ぐ。先っちょからにじみ出た精液が
        じんわりと、オナホの一番奥に少しだけ染み出した)
        はぁぁ…なんだか、アリーに射精管理されてるみたいで…ちょっと…くせになっちゃう、かも…おねーちゃんなのにぃ♡♡ -- ソニア
      • わ、わ…奥まで入った途端すっごくビクビクって跳ね回ってます…♡
        どうですかおねえちゃん、私の作った特製オナホ…本物と比べると少し違うらしいですけれど…♡
        (そう言いながらオナホ越しにおちんちんを握って。)
        …たまには、こんな風にしてもいいですよね♡おねえちゃんのおちんちん、射精を管理するのは妹の役目ですっ♡
        なんて…すごく大それたこと言っちゃってますね。本当はオナホみたいに好きな時に好きなタイミングで好きなだけおねえちゃんには私で気持ちよくなって貰いたい…
        ですが、それが出来ないなら…こんな風にしちゃうのもしょうがないですよね♡
        (ほら、エリー…おねえちゃんの気持ちよさそうな顔ですよ。と、おねえちゃんの腕の中のエリーに語りかける様にしながら、握った手で扱いていき)
        …私のおまんこオナホ、おねえちゃんのおちんちんでまた妊娠させて下さいね…?(一旦スカートから頭を引いて、顔を伺う様にしながらにっこりと微笑んで見せて) -- アリー
      • 今っお腹にいっぱいだしちゃうと…アリーの赤ちゃん、びっくりしちゃう…からひゃっ、ふやぁぁっ♡
        んっく、本物のぉ、アリーのオマンコ…もっとふわっってやわっこいからぁ…でも、アリーのおまんこのっあっ!オナホ…
        も、しゅっごい気持ち…イイ…♡
        (微笑むアリーに、すっかり蕩けた顔で、口元もだらしなく緩ませた気持ちよさそうな表情を見せてしまう。
        それでもエリーはしっかり離さないのはちゃんとママらしい。しかし、快感が高まる度に身体が反応して
        おっぱいから吹き出るよう母乳が溢れてしまう)
        -- ソニア
      • だいじょうぶですっ♡わたしとおねえちゃんの赤ちゃんだから…♡もう、そんな風に言ってたら本当に欲しくなってきちゃいますよ…きょ、きょうは我慢、です…っ!
        だから、ぁ…今日は、私のおまんこのオナホでぇ…たくさんだし、て…あ、飲ませて…っ♡
        …それに、しても…これ、オナホで感じてもらいながら…おねえちゃんの女の子のところに私のおちんちん入れたらどうなっちゃうんでしょうか…っ♡
        (そんな、欲望をそのまま口にしながら遠慮することなく気持ちよくなれる様な手の動きを続けていく)
        おねえ、ちゃん…おねえちゃん…っ!(母乳を溢れさせる程、快感を一身に受けているのを見つめながら今度は止めること無く射精に導こうと) -- アリー
      • あっ…はぁっ!んっそれ、…はぁっふぁ…ああっ!!
        (それじゃあ、私が出した分飲んでもアリーがお腹へっちゃうって。ツッコミ入れようとしたところで。
        男の子と女の子、両方の一番感じるところを両方使ってセックスされる姿が、脳裏に浮かんでしまった。アリーなら
        おまんこの中の気持ちいいところを全部擦りながら、今手でしているように目のくらむような快感をそのカワイイ手で
        与えてくれるのは確実なわけで…。アリーのおちんちんを気持ちよくさせながら、自分のも扱かれてあえぐイメージが、
        引き金となって。気づいた時にはもうオナホの中に射精していた)
        あっー…!あっんっ!…はぁっ!あっっ!はぁっ!!んっ…♡
        (アリーの性器を象ったおもちゃの中に、びゅくびゅくと精を吐き出すたびに。ゆるくなったオマンコの口からも愛液を垂らして
        太ももの裏をぬるくさせた。ただよう精臭に混じって、甘いミルクの匂いも漂って。零れた母乳がスカートをまくりあげられた
        白い太ももの上に垂れる) -- ソニア
      • きっとすっごく気持ちいいですよ?…おねえちゃんの形でオナホを作りたいなというのも思ってて、同じ風に出来たらきっともっと気持ち良くなれますし…♡
        (そんな風に想像を膨らませていると、パンパンに膨らんでいた部分から勢い良く放たれていくのを手の中のオナホで感じて)
        あ、ぁ…おねえちゃん、イッちゃってます…♡残りの一滴まで、全部射精し切っちゃいましょう、ね…♡
        (射精の感触と、その匂いにとっくに発情していた身体はゾクゾクと震わせて)
        おねえちゃん…すっごくやらしくて、素敵な香りに包まれてます…♡(精液、愛液、母乳と溢れている様子に今すぐにでも押し倒したい衝動を…抑える代わりに、扱く手を止めずにもう片方の手で愛液を溢れさせる指を這わして二本埋めてかき混ぜようと) -- アリー
      • んっ…あっんっ、んんぅ…ッ!はぅ、だ、めぇ…そっちも、ぃ、イってる、の…あぅっ♡
        (荒くしていた息を噛み殺して。ソニアは、呻くように喘いだ。アリーの指が身体の中に入ってて膣肉の襞を撫でる度。
        オナホの中にさらにビュクビュクッと精液を吐き出してしてまう。くちゅくちゅ…びゅくびゅく…。何度もえっちな水音がする)
        ひゃぁっ…あっらめっ…意識飛んじゃう…んっ!!
        (そのまま仰向けに倒れてしまった。抱いたエリーはおっぱいのクッションの上でちょっとぽよんと跳ねて。
        オナホをつけたままのおちんちんが、射精しながらまだ反り返ったままで。ブルンっとアリーの手を離れてお腹の上に
        垂直に立って 中で精子が漏れるのに合わせてゆるくうごめく) -- ソニア
      • きゃっ…!?あ、お、おねえちゃん…?
        (オナホ越しにびゅくびゅくぐちゅぐちゅ…射精を受け止めながら扱いて卑猥な音を立てさせつつ。)
        (卑猥な水音を立てているのは膣孔もで、そうしていると耐えられなくなったのか仰向けに倒れる様子に驚きながら…エリーは無事というのを先に確認してホッとして)
        (手から離れたオナホは垂直に、その中で肉棒がはずんでるのをじっと見つめて…そのまま手を伸ばしてまずはオナホをゆっくりと引き抜こうと。その際に精液が溢れない様に気をつけて) -- アリー
    • んにゃっはぁっ…あっ!
      (射精直後の肉棒が、オナホから引きずり出されると、そのこそばゆさにソニアは身じろぐ。オナホの擬似的な膣口
      から亀頭の先端が引き抜かれると、最後におまけみたいな汁が、ぴゅっとアリーの手に飛んだ)
      はぅ…もぉ…すごいしぼりとられちゃった…♡
      (ふにゃふにゃとした声をだしながら、精液のたっぷり詰まったオナホを持つアリーと、胸の上のエリーへ目をやると。
      エリーは、二人の情事をよそにすやすやと眠っている) -- ソニア
      • (オナホから引き抜いた途端、手に飛んでくる白濁の飛沫…と言うには少し量が多い残滓で)
        ん…っ♡(手に付いた白濁に唇を寄せて)ふ、はぁ…美味しい、ですっ♡
        (そしてエリーは無事眠りについてる状況を確認すると、オナホから引き抜いたばかりの白濁塗れのおちんちんを見つめて…そのまま唇を寄せて先端に吸い付いて…そのまま喉奥まで一気にくわえ込もうと) -- アリー
      • はふぁわぁ…やっぱりアリーが精液飲んでるところえっちぃ…って、そっち!?ああっだめぇ全部精液でちゃったって…はぅっ!
        (オナホを引き抜かれた時よりも、さらに激しく腰を痙攣させて悶える。両手はエリーを抱いてるから止めることもできないで。
        精液に塗れた肉棒が根本まで、アリーの口内に飲み込まれてしまった。アリーがお腹に唇をつけてキスをしているようにも
        見えて。口の中で歯が少しあたって、舌は狭そうに竿に擦り付けられながらうごめく。彼女の口の中の容積をどれだけ
        おちんぽで専有してるのか丸わかりで…。興奮してさらに血が送り込まれて膨らませてしまう) -- ソニア
      • ん…じゅ…ずず…っ(腰を痙攣させて、声もあげている状態のおねえちゃん。その足の間に顔を埋めて根本までくわえ込み)
        (唾液をたっぷりまぶす様にしながら、唇を窄めて精液を口の中に溜め込んでいきつつ頭を引いて)
        (そうして引き抜いてから再び咥え込む、一体どれだけのおちんちんが口内を満たしているのか…それを更に実感させる様な動きを見せて)
        (そのまま喉奥に届くほど広がるので少々むせて)ん…く…ぅ♡(そしてたっぷり膨らんだ所できれいになった様で、そのまま口を放して白濁の代わりに唾液塗れの肉棒を顕にさせ) -- アリー
      • んくふぅぅ…っ!!はやぁっ…すごっイッちゃってる…みたいっ!
        (口内から開放された肉棒は勃起を保ったまま。ヒクつきながら濡れて光る)
        もぅどうしよう…こんなにされたら、また痛い位パンパンになっちゃった…♡
        (身体を起こしてアリーの頭を撫でる。その柔い頬のすぐ側に硬直した竿があって。見ているとなんだか
        また腰の奥がもぞもぞとしてくる…)
        ねぇーえアリー…やっぱり飲んじゃわない?お腹で…♡ -- ソニア
      • ふ、はぁ…きれいに、しようと頑張ったら…なんだか、大変なこと、に…♡
        (ビクビクと弾むおちんちんを見つめながらゴクリと喉を鳴らして、頭を撫でられながら思わず頬ずりするくらい顔を近づけていると)
        ………そんな風に言われてイヤって言えないの分かってますよね、おねえちゃん…♡もう…でもこのお腹だと…?(と、満足に身動きの出来ない身重の身体のためどういった体勢が良いのだろうと首を傾げ) -- アリー
      • 大丈夫っきっとすぐイっちゃうから…。ほらアリー、こっち♡
        (足を大きく開いて、手招きした。堅い肉棒の下でピンク色の割れ目が口を開いて愛液に濡れるのが見える。
        対面座位の格好ですれば大丈夫と、アリーの腋を撫でるようにして、ベッドの上にのっからせようと) -- ソニア
      • そう、ですか?…た、たしかにすぐになら…少し、だけなら…お腹でも飲みたい、ですし。
        (手招きをされながら、秘部も開いて卑猥な光景を目の当たりに。…そのまま誘蛾灯に誘われる様な感覚で)
        (ベッドの上に身体を乗せて…大きなお腹の下、下腹部辺りから雌の香りを漂わせているのが実感できて)…もう、止まれませんから…っ♡(と、必死に抑えてた我慢も限界とばかりに下着越しに押し付け様と) -- アリー
      • それは私も…♡ あ、片手はエリー支えてねぇ?
        (お互い足を開いたまま絡ませたような体勢で向かい合うと。ソニアの胸を枕に抱かれたまま眠るエリーを二人で挟むような
        格好になった)
        ふふっ全然起きない…やっぱりすごくえっちな子になりそうな予感する…♡
        (そう言って笑いながらアリーの割れ目に堅いおちんぽの先っちょを、パンツの上から挿入するように押し付けて。
        ねちゃねちゃと音をさせながら、軽くこすり付ける) -- ソニア
      • はぁい♡……それにしてもこんなにしてて全然起きないなんて
        (と、挟んだままこちらからも腕で支えて見つめながら)
        …お腹に居たときからおちんちんは慣れっこだったのなら、何となく納得な気がしますね♡あ、ん…♡
        もう、下着ごとするつもりなんですか…?それも、良いかなって思いますけれど…(言いながら、開いてる手で下着をずらして)
        …おねえちゃんのおちんちん、私のお腹に飲ませて…赤ちゃんに飲ませられるくらい、出して下さい…♡ -- アリー
      • ぬひひっなんかえっちくってつい…はぁーい、じゃあ入れちゃうねぇ、私のおちんちんでアリーのお腹をいっぱい
        じゅぷじゅぷぅって…はぁっあっんん!
        (片腕でエリーを抱いたまま、腰を前にせり出すと。肉棒が先端からぬるぬるとして温かいものに包み込まれていく
        感触を三度味わう。思わずため息がでた。オナホとも口とも違う感触。ふにゃふにゃと形がないのに、時々きゅっと
        締まる蕩けた性器の肉の感触…)
        はぁぁ…きもちいい…♡ んふふっおちんちんはやっぱり女の子の中に入れるのが最高なんだぁねぇ…あんっ♡ -- ソニア
      • そういえば…ん、下着穿いたままする、というのはあんまり経験が…ぁぅ…んん…っ!入って、きました…おねえちゃんの、おちんちん…♡
        (エリーを抱き合った状態、腰が動かされそのまま侵入してくるおちんちんに漏れる声は蕩けていて)
        (ちゅぷ…と埋められ、張り詰めたおちんちんで膣内を押し広げられるのは待ちわびた感触。目の前で自身を模したオナホにたくさん中出ししていたおねえちゃんのおちんちんであればその待望感もひとしおと言った様子で)
        はぁ…は、ぁぁ…入って、来てる…♡おちんちんと、おまんこと…こうしてする為に、あるんだって…おちんちんを気持ちよくし、て…おちんちんで、気持ちよくなって♡
        ん、ぅぁ…あ、もう奥まで…付いちゃいました、ね…♡(お腹に宿した状態、内側からお腹がふくらんでいるためか先端が膣の最奥に到達するのは根本まで押し込まれる前で)
        …は、ぁ…♡もう、なんだかこのまま3人目…作れちゃいそう、です…♡(そう漏らしながら、流石にそれは無理だとしながらも快感を一身に受けて口にする言葉はそれを望んでいる様で) -- アリー
      • もーまだ二人目産んで無いのにアリーってばせっかちなんだからぁ♡ んっでも…はぁっあっん♡
        アリーの中、気持ちよくって…久々だし…。それに、赤ちゃん作るって全部中にだした時は…すっごい気持ちよかったなぁって…♡
        (思い出しながら腰を降ると、数ヶ月前にアリーに受精させるために中出しを繰り返した時の事が、脳裏で鮮明になる)
        孕んでるって分かるまで、何回も何日もしちゃったよねぇ。あっだめぇっ思い出してたらどんどん気持ちよくなっちゃう…。
        (今は、お腹の中に子供がいるからあまり奥までは突き入れない。かわりに、腫れ上がって堅い亀頭のエラで、アリーの
        一番よく反応する好きなところを掻くように擦る。何度も何往復も、おちんぽの臭いを染みつけるように…) -- ソニア
    • だってぇ…久しぶりに、おねえちゃんのおちんちん…ですから♡ふっ…は、ぁ♡
      あの時は…お休みの日は一日中やってたり、寝る時は繋がったまま…で、おはようの挨拶の代わりに中出し、で…♡
      (思い返していく度に、爛れた性生活とも言える内容を反芻する様に口にして)
      いいん、ですよ…おねえちゃんの、おちんちんを気持ち良くするのも…妹の、役目…ですか、らぁ…♡
      あ、おちんちんされる度に…お腹の中で、赤ちゃん…気持ちいいって、動いて…♡
      (そんな風に感じながら、久しぶりの感触を膣内に擦りつけられてその匂い染み込ませる様な動きに腰をこちらからも揺らしはじめて)
      …赤ちゃんが、感じられるくらい…おちんちんも、精液も…たっくさん感じさせて…っ♡ -- アリー
      • あっんっ…あっあっ…♡ ふふっ…アリー…だーいすきっ♡
        (なんのエロゲのテキストかってくらい卑猥で、聞いているだけで興奮に掛けられるような言葉が、愛の囁きのように
        甘く胸の内をさざなみ立たせる。体勢的にもあまり大きな動きができないけど声で身体の内を愛撫されるようで)
        じゃあっ…あっ、私は…妹と、赤ちゃんをいっぱい感じさせて…あっん、あげるねぇ、おねーちゃんだもんっ♡
        私も、すっごくきもちいいよ…だから一緒に、気持ちよく…なろうねぇ…?
        (くすぐるような声で、囁きながら。手を伸ばしてアリーの腰を掴むとピストンをつよめて。キシッキシッと寝具の揺れる音が
        大きくなる、素足が布を擦る乾いたおとに混じって湿った水音が二人の結合部から高く響く…。つながり方が深くなってしまうと
        お腹の中で、子宮の壁1枚隔てた向こう側にいる赤ん坊の直ぐ側に、今にも射精しそうなおちんぽが近づいて気持ちよく
        なろうと、のたうって) -- ソニア
      • (きっと思い返して顔をまっかにするであろう言葉が自然と口から溢れ出して、それも本人は飾るつもりの無い本心からの言葉だからこそ胸の奥まで届かせていき)
        は、ぃ…♡おねえちゃんと、つながりあって…気持ちよくって、嬉しくって…この時間がずっとずぅっと続けばいいのに…って、ん、ぁ…♡
        (しっかりとエリーを抱きかかえながら、掴まれた腰と共にその動きは早く強く…奥深くまで届くのを実感しながら)
        (子宮を押し上げる様に腰が動かされ、今にも達してしまいそうな程快楽の中にいる状況。)
        (ふと思いついたのか、少しこちらから腰を浮かし気味に…先端が子宮口に押し当てられる様な位置を調整しながら耳元で囁く言葉)
        ここで、出して…♡あ、お腹の赤ちゃんにも…おねえちゃんを感じさせて…? -- アリー
      • (そのおねだりが呼び水になって、一番奥に突き入れた瞬間)
        イッく…んっ!ああっあっー…っ!
        (思いっきりアリーの膣内に精液が放たれた。子宮の口にぴったり押し付けたまま2度めとは思えない量でピッタリと
        肉棒にまとわりついた膣肉に、尿道を通って精液が管の中を通っていく震えまで伝えながら。びゅくっびゅくっと精液が
        とめどなく溢れる。アリーの腰を抱く腕に自然と力が篭って、射精しながらぐっと抱き寄せて…。
        長々と続く射精に、苦しくなって荒く呼吸をする胸が、上下に揺れる度に抱かれたエリーも波に揺られるように揺れた) -- ソニア
      • あ、くぅ…っ おねえ、ちゃん…っ ふあぁぁ…っ!
        (突き入れられた途端、放たれる白濁が膣内を、子宮にも流れ込んできて。暖かな感触がお腹の中に広がっていくのを実感する)
        (もちろんそれは続けざまに溢れでてきて、抱き寄せられながら射精が繰り返される。多分1回目よりも濃さも量も増している様に感じながら)
        (抱き寄せられたまま、身体が揺れて。抱きかかえているエリーも揺れて、揺り籠の中で心地良さそうに眠り続けて)
        おね、えちゃんの…あっつぅい…精液、お腹で…ごくごく飲んで…♡ ふ、ぁ…♡(蕩けた表情で達したのか、きゅっきゅと締め付けて一滴残らず受け止めようとして) -- アリー
      • はぁー…はぁ…でちゃっ…たぁ…♡ しめられて、もっと出ちゃう、あっんんっ…♡
        (耳の奥を震わせるような甘ったるい鼻にかかった声をだして。アリーの膣内でおちんぽの脈動が止まるまで繋がったまま
        でいて…)
        はぁはぁ…っもう、腰の力入んないくらい、でちゃった…♡ アリー…おなか、いっぱいになったぁ?
        (さすがに限界なのか、挿入したまま、すこし肉棒の張り詰め方がゆるくなって。結合部に隙間が出来ると、音を立てて
        薄暗い中でもはっきり分かるくらい濃い乳白色の精液が糊のように溢れ出す) -- ソニア
      • お腹の、中に…赤ちゃんが居るのに、中出しされて…また、イッちゃった…♡
        (びゅくびゅくと精液が漏れ続ける間中膣内で脈動を続けるおちんちん。その勢いも段々と落ち着いてきて…漏れる吐息も落ち着きを取り戻しながら)
        は、ぃ…お腹いっぱい・です…♡あ、でも…まだ残ってました、ね。
        (傍らに置いていた先ほど使用したオナホ、手にとって舌を差し込んで最初の精液を目の前で味わいはじめて)
        (膣内のおちんちんが少ししぼんでくると溢れる白濁、その分を口から補充しようとしているのだろうか。吸い付く様に自分の秘部で型取りしたオナホを舌でピストン運動を行って)
        …お腹もお口も、おねえちゃんの匂いでいっぱいで…♡は、ぁ…っ(実感した途端に再び軽く達して)
        …と、とりあえずエリーをベッドに寝かせましょうか…? -- アリー
      • くふぅ…♡ アリーが精液飲むのやっぱりえっちでかわいいなぁ!…あっと、そうだった…。
        (精液を飲んで小さく身体を震わせるアリーを撫でながら、腕の中のエリーを撫でる)
        …これでもまだ起きないって、なんかスゴイね…大物っぽさがある。
        (スカートをとりあえず正して、肩紐を引っ張り上げるとおっぱいがつられてもちあがって。ぺたぺたと音をさせて
        ひんやりした床に素足をつけた。エリーの揺り籠は二人のベッドのすぐよこだ) -- ソニア
      • …ふぅ…んん…っ♡あ、つ、つい夢中になって飲んでました…♡
        (撫でられて照れながら、エリーの様子を見つめて)
        …案外エッチな事をしている声とか音とか聴かせると、子守唄代わりになったり…?なんて流石にそれは無いですよね
        (そんな風に冗談めかしているものの、何となく否定しきれないと内心で思ったり)
        (そうしてこちらも身重の身体を起こして揺り籠を覗く。足は出された白濁を垂らしながら)……色んな意味で将来楽しみです(と、苦笑気味に) -- アリー
      • ああー…子守唄は…どうかわからないけど、私は子供のときからふつーに聞いてたから。えっちな声って特別気に
        なったりはしなかったり…。むしろ成長してえっちするようになってから反応するようになったねっ。
        …おっと、アリー、零れてるよ。
        (そう言いながらしゃがむと、零れてきた白濁を舌で掬いあげるようになめとる)
        んっ…ふぅ、すっごく濃い…♡ -- ソニア
      • 私は…そういうの聞き始めたのっておねえちゃんと会ってからで、最初は恥ずかしかったですけれど今はドキドキしてくる感じに…♡
        …日常の出来事だからこそ、エリーは落ち着くのでしょうか?
        ん、ひゃぅ…♡あ、ぅ…もう、そんな風に舐められたら、また気持ちよくなってきちゃいます…
        (ぞくぞくと身体を震わせて舐め取られる感覚に酔いしれながら)
        はふ…♡ん…(ピクンと身体をはずませ、そのままベッドへと腰掛けて) -- アリー
      • それにぃ、アリーと私の子だからだよぉ♡ みんなでいーっぱい気持ちよく幸せになろうねぇ…。
        (膨らんだアリーのお腹にキスをして、それから唇にもキスをする)
        まだ、夜明けまで時間あるけど、そろそろ寝ようっか。アリーは今ちゃんといっぱい寝て置いたほうがいいし。
        いっぱいミルク飲んでいっぱい眠って、エリーと一緒だね…♡
        (前髪を擦りあわせるように甘えて、エリーが起きたら私がやっておくからって言って。そのままベッドに横になろうと) -- ソニア
      • …エリーも、この子も大きくなったら…おねえちゃんと私みたいにたくさんエッチなことして、気持ちよくなって…考えるだけで何だか楽しいですっ♡
        (お腹や唇に口付けをされて嬉しそうにしながら)
        それじゃあ…一緒に、ん、言われてみれば確かに。今度はおねえちゃんも同じ様にミルク飲んだりします?
        …お腹の子が産まれて、エリーとお腹の子と一緒にミルクをたくさん飲んで…お腹でたくさん飲んで…なんて♡
        ふふ、はぁーい…(そうしておねえちゃんに倣って横になり)…おやすみなさい、おねえちゃん…♡(と、目を閉じて) -- アリー
      • うんー……ん?そのミルク私がアリーとエリーとお腹の子の分一人で頑張るのかな…?
        …まぁ、いっかぁ♡ んふへへっじゃあ、おやすみなさーい。
        (その前髪に優しくキスをしてソニアも目を閉じた) -- ソニア

ハミル 160927 Edit

  • はみはみミュージシャン活動はじめたん? -- ソニア 2016-09-27 (火) 00:10:14
    • 植木鉢さんにギターを貰ったのよ!
      まぁ弾けないからじゃかじゃかしてるだけだけど!(じゃかじゃかとかき鳴らす悪魔) -- ハミル 2016-09-27 (火) 21:47:26
      • なんだー弾けないのかー。よしじゃあ練習しよう、そしてメタルだよ、デスメタルだよっ!悪魔だし! -- ソニア 2016-09-28 (水) 00:40:00
      • ヴォー(デスボイスでじゃかじゃかギターかき鳴らす)
        もっと可愛い曲がいいんだけど!ソニアは何か楽器弾けたりしないのかしらー
        えっ、そんなテクニシャンな指使いではみるんという楽器を奏でるなんてダメよもうソニアのすけべ!(やんやん) -- ハミル 2016-09-29 (木) 21:52:59
      • だめかぁ(やろうと指をちょうわきわきさせてた)
        私はハーモニカとかちょっと吹けるよ、ちょいちょい練習してたくらいだけど。
        (せっかくなのでテクニシャンな指使いでハミルンをなでまわしてみたり) -- ソニア 2016-09-30 (金) 03:20:54
      • ハーモニカかー、あたしもタンバリンくらいなら…!いぇーい(リズムに乗って踊りながらしゃんしゃかぱんぱんタンバリン鳴らす)
        あっ(ド)ひぁっ(ファ)だ、だめぇ…はみるん奏でちゃだめぇ…
        あ、そういえば結構前にソニアに貰った性別変換薬友達に飲んで貰ったんだけどさ、楽しかった(やんやん) -- ハミル 2016-10-01 (土) 23:26:38
      • ハミルンでドレミができちゃうなにこれたのしい。(タンバリンに合わせて鳴くハミルン)
        おおっやってみたんだ!性別をどっちに変えたのかなー? -- ソニア 2016-10-01 (土) 23:46:46
      • ひっ(レ)んっ(ソ)あ、遊ぶなぁー!?(とろ顔タンバリン)
        女の子にー、男の子になってもらったのよ、はみるん美少女だから男の子になったらおそらく美少年になるとは思うけどやっぱりあたしはなるより見る方がいいわね…!
        またソニアくんになってもらって壁ドンして貰ったりっていうのも悪くないかもしれないわねー -- ハミル 2016-10-01 (土) 23:57:51
      • 私男の子なっても線とか細い方だし壁ドン似合うかなー?男の子になってるとき胸がどこにいってるのか謎い…。筋肉とかになるのかとおもったら体格はそんな変わらないのねーって。
        しばらく赤ちゃん居たから性別ごと変わる方は、使ってなかったけど。またやってみようかしら! -- ソニア 2016-10-02 (日) 00:09:19
      • 小生意気的な表情をすれば似合うんじゃないかしらね…!胸はそれは…薬の力でなんやかんやあって下の方に行ってるんじゃないかしらね…?
        でもあれね、おっぱいあげなきゃだからなってもすぐに戻らないとねー
        なったらあたしの事はちゃんとお姉ちゃんと呼ぶよーに! -- ハミル 2016-10-02 (日) 00:12:26
      • お姉ちゃんの座は渡さないよ!…あれ、でも男の子の時は私がお兄ちゃん??(悩ましい)
        あっおっぱいで思い出した。そろそろエリーにおっぱいあげなきゃ!じゃあまた後でねハミルン!おなか空くとめちゃめちゃうるさいんだー。 -- ソニア 2016-10-02 (日) 00:23:41
      • えーでもソニアくんかわいい系だしー!お兄ちゃんより弟って感じするしー!
        あいあいー、子育ても大変ね、そんじゃまたねー -- ハミル 2016-10-02 (日) 00:26:03
  •  
  •  
  • ふむ、ふむー。風の噂で、ハーモニカが、得意だと。伺ったのですが。よかったら、聞かせて、もらえませんか!!(あけましておめでとうございます) -- 植木鉢 2016-10-01 (土) 19:41:43
    • 得意ってほどでもないけどやってみたらわりとかんたんだったので何曲か吹けるくらい!(あけましておめでとうございます) -- ソニア 2016-10-01 (土) 22:36:13
      • 十分すごいと、思うんですけど!えっ、だって、ハーモニカって、吹いたら、音いっぱい、出ちゃうじゃないですか。難しい! -- 植木鉢 2016-10-01 (土) 22:41:33
      • 吸っても出るよー、でもほらわりとそれっぽい音けっこうかんたんに出せるので
        (傍らのジープにエリーを任せるとバッグからハーモニカを出して咥えると。ドレミの音階を鳴らしてみせたり)
        お、久々だけどちゃんとできた。
        (ついでに定番の練習曲を短く吹いてみたり) -- ソニア 2016-10-01 (土) 22:46:25
      • おー……(聞く姿勢はフラワーロック) わー!すごい!めっちゃ上手!ひゅーひゅー!(葉っぱで拍手する植木鉢)
        ……あっ!そうだった!ハーモニカに、夢中になりすぎてた!いつのまにか、子供!いるじゃないですか!!いつのまに!! -- 植木鉢 2016-10-01 (土) 23:00:08
      • いやーてれるー。んふへへへっ。おーそういえば出産去年暮れあたりから産休とってたからあんま街出てなかったんな。
        娘のエリーですっめっちゃよく寝る子でたすかってるよー
        (抱きかかえようと下ろそうとマイペースにぐっすりしてる赤ん坊である生後3ヶ月くらいだ) -- ソニア 2016-10-01 (土) 23:07:13
      • おおー……ハーモニカの、演奏にも、動じることなく……へぇー…小さい…けど、へぇー……将来、大物に、なりそうですね…
        はー。産むのも、育てるのも、大変でしょう。えっと、したら……旦那様は、どちらに…?(きょろきょろする植木鉢) -- 植木鉢 2016-10-01 (土) 23:18:20
      • お腹空くとすごいうるさいけどね。(よしよし)
        あーこの子のパパー?アリーだよ!そしてアリーももうすぐママになりそうなので私もパパになっちゃうんだねぇ♡ -- ソニア 2016-10-01 (土) 23:29:21
      • アリー!さん!確か、師匠の道場で、何度か、お会いした、ような。へー。 ふむん?アリーさんて、女の子、ですよね?
        なるほど……女の子同士、だと、両方子供が、できちゃうのか……またひとつ、賢くなってしまいました。それでは子育て、頑張ってください!(誤解したまま帰る植木鉢) -- 植木鉢 2016-10-01 (土) 23:38:36
      • おうよー!アリーも臨月で引きこもりぎみでひましてるからよかったらあそんであげてねー!またねっ -- ソニア 2016-10-02 (日) 00:03:36

しらたま 161021 Edit

  • 長らくだらだらしすぎてほうぼうに顔を出しづらいので一番きがるなところにきますきましたしらたまです -- しらたま 2016-10-21 (金) 17:57:52
    • 間があくと声をかけづらいよね、私も最近はすっかりエリーとソフィアのお世話で家と職場を往復する生き物ですソニアです。
      まぁアリーと愛娘達と四六時中一緒でハッピーしかないんだけどねっ!ハッハッハ! -- ソニア 2016-10-21 (金) 20:48:23
      • //あと風呂いったり片付けしたりちょっとまだしてるね。 -- ソニア 2016-10-21 (金) 20:49:00
      • いやまったくどこからてをつけたらよいものやら
        あ、はい これおみやげのミドリノゾキミグサ
        じめんにさすと2分半くらいまわりがのぞき見できます -- しらたま 2016-10-21 (金) 22:19:03
      • ほんとにねーお土産ありがとう(お茶お入れしつつ)
        2分半くらいってまたなんか短くない?主に何に使えばいいのやら・・・差してその場を離れるぐらいの間に時間切れしちゃわない? -- ソニア 2016-10-21 (金) 22:28:27
      • あー…ツテでもらってるシゴト先で使ってるどうぐでねー。(ごくごく)
        主に、てきがきそうなばしょにさしてつかうの。きしゅうたいさく。(こくこく)
        まー、せなかに目が生えるようなものですょ。
        それでソニ子さんは。お子さん元気ですか。しらたまのところは、たぶんげんきかと…(泳ぐ目) -- しらたま 2016-10-21 (金) 22:47:53
      • なるほどー死角をカバー…あっ耳掃除にもよさそうっ!そいからエリーとソフィア二人とも超健康でっす!
        エリーが8ヶ月ソフィアが6ヶ月だねぇ。二人共ちょうはいはいしよる。いまお昼寝てるけど -- ソニア 2016-10-21 (金) 23:02:54
      • このしらたま、ほとんどタタラ姉にまかせきりで、ぶらぶらでかせぎという体たらくですゆえ。
        きちんと親をやってなさるソニ子さんたちがまぶしくてまぶしくて…
        …あれ どっちがちちおや? -- しらたま 2016-10-21 (金) 23:24:41
      • 両親が仲良くしてるの見て育ったほうが子供も嬉しいっていうし。えーとね、エリーがアリーが私に産ませてーソフィアが私がアリーに産ませたの♡
        エリーの方がなんだかアリーに似てるねぇ。黒髪だし、ソフィアはなんか私そっくりに育ちそうな気する。でもなんか性格は逆っぽい?エリーの方がなんか気強い感じすんねん。 -- ソニア 2016-10-21 (金) 23:38:05
      • そっかー…もじどおりふたりのこどもかー…。 すごいとしかいいようがない。(すごい)
        うちのとこのはなー。まだ一人目だしなー…。
        なにしろ、しらたまがいるとわるいえいきょうもありそうだし。ていしゅげんきでるすがよい…のせいしん…。
        多分、ふつうの子に育つと…思う…けど? ソニ子さんとアリーさんの子って。どうなるのか、実際きょうみがわくますねー…。 -- しらたま 2016-10-22 (土) 03:32:18
      • んー…反面教師的にすごく真面目で働き者な子になるかも…。うちの子はえっちな子に育つねって
        アリーと私両方の見解の一致が見られてます。実際そうなるとおもいますっ!エリーとソフィアにおっぱいあげながらアリーにもあげたりー。抱っこしてねんねさせながらエッチしてたりーしてるからねー。
        英才教育ってーやつですよ!(エロの) -- ソニア 2016-10-22 (土) 03:41:00
      • あー。はんこうきししゅんきのけあ?がだいじなやつですなあー。
        うっかりすると反動でそういうことだいきらいな子になってしまうという。
        しらたまとて、はたらきものにそだつようにされて、はたらきたくなくなったからわかります。(こくこく)
        そうかー…ソニ子さんもかんがえてるのだなー…。じゃあ、しらたまも…かえるかー…。 -- しらたま 2016-10-22 (土) 22:34:53
      • うちの田舎だとえっちぃことしてるのがふつーだったからー。私も好きだしアリーも好きだから
        じゃあえっちな子に育ってくれたらいいなぁって。はーい、またねー -- ソニア 2016-10-22 (土) 23:10:20

アリー メタコメ Edit

  • 【コメントアウト相談用】
    qst087237.jpg
  • ふっかつっ! -- ちびありー 2016-10-24 (月) 13:17:22
    • おめでとうっ!! -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-24 (月) 15:57:45
    • 一時的に繋がったり途切れたりというのは接続の信号が送られ続けてるんですけれど、反応が空回りしてブツブツ途切れたらしいです。とりあえずつながって良かった! -- ちびありー 2016-10-25 (火) 00:15:53
    • よかったーいえー!(ジャンプ気味に飛びつき) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 00:31:34
    • にゃぁー!(ぎゅぅぅと抱き返す) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 00:32:51
    • んにゃー!(むぎゅむぎゅ) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 00:34:33
    • にゃーにゃー。…ふにゃぁ…♡(ビクビク) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 00:37:50
    • 猫アリーはかわいいなぁぁっ!どこかなどこがきもちいいのかなここかな(お腹なでなで) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 00:42:11
    • ん…ふ、ぁ…えっとぉ…おねえちゃんに触られるだけで…どこも気持ちよく…なっちゃってます♡(そう言いながら撫でられてるお腹を自ら晒して、するりとスカートも緩めて下着を少しズラして見せて) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 00:45:35
    • わーいアリーがえっちだなぁ♡
      (アリーを後ろから抱いて、肩越しに柔らかいお腹や可愛い下着を覗いて指でなぞって) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 01:03:32
    • エッチになったのはおねえちゃんのおかげですよ?ん…っ
      (後ろから抱かれると柔らかな感触に身を包まれながら、指でなぞられる下腹部の感触にゾクリと身体を震わせて) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 01:13:51
    • 私は出会った時からえっちな子だと見抜いてたよっ!んふへへへ…。おっぱいもおっきくえっちに育ってかわいいっ♡
      (おっぱいに指を埋めて持ち上げながら、興奮気味な指使いで下着の中も愛撫する) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 01:22:00
    • あの時からですか!?でも、そういう風に見抜いて貰えて…実際にエッチな事してもらって嬉しいですね、なんて…えへへ♡
      (おっぱいを持ち上げられ、十分なボリュームを手に感じさせながら…下着の内側に潜り込んでくる指に喉をならし…そして触れられて声を溢して。次第に湿り気を帯びていくのを指先に感じさせ) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 01:36:31
    • 私もアリーとエッチいっぱいできて嬉しいよぉ。んふふ、急成長おっぱいの重量がすごいねっ。これは毎日どんだけ絞ってもいっぱい出るわけだぁ♡
      下もぬるぬるしてきて…このままおっぱいとあそこで気持ちよくなっちゃえ♡ -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 01:43:02
    • それじゃあもっとたくさんエッチな事、しましょうね…?私も凄いかもですけれど、おねえちゃんのおっぱいの方がもっと凄いですよ?こっちこそどれだけ一日で出るんでしょうか…私、ちょっと気になっちゃいます♡
      んはぁ…♡は、う…私も、ぅ…久しぶりで…っ♡(そう口にしながら腰の震えは達する直前と言った様子で) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 01:48:01
    • 3人分あげてもまだ余ってるくらいだねぇ。
      (撫でるような優しい声音と裏腹に、手の方は激しく動いて。乳房の下の縁や濡れた秘裂に、指先をこすらせて)
      いっぱい、イっちゃっていいよぉ♡
      (耳たぶを濡れた唇で挟んで囁く) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 01:53:55
    • この大きさじゃあ浴びたりできるくらい…です、から…ね…♡
      (弱いところを攻め立てられて、絶頂へと上り詰めていく身体はそのまま突き抜けていくのを実感して)
      あ…ふ、ぁあああ…っ!(耳朶を食まれながら囁かれる言葉、その言葉に導かれる様に達してしまう。)
      (秘裂からプシュ…っと潮を、服に包まれたままの胸も母乳を滲ませて声をあげながら達して…くったりと背中をおねえちゃんに預けて)) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 02:02:21
    • ふぁ…かわいい声…っ♡ なんど聞いてもやっぱりアリーの気持ちよさそうなふわふわして気持ちよくなっちゃう…。
      なんだかおねだりされてるみたいで。
      (アリーの体重を胸をクッションにしてうけとめながら。両手で、母乳と愛液をお腹をまぁるくなでるように塗りつける) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 02:15:34
    • …は、ぅ…♡(達してまだ降りきれてない状態、浮かされたままの瞳で見つめて)
      …もっとおねだりしちゃっても、良いですか…?(ぬるぬると母乳と愛液の混ざりあったのを塗り込まれながらいつもの生えるお薬をごそごそと取り出して) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 02:24:30
    • うんっ♡ いいよぉ私もうずうずしてきちゃってぇ♡
      (首筋で、ちゅちゅっと音をさせて、甘えた声で)
      私がする?それともアリーが? -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 02:33:30
    • …それを言われるとすごく迷うんですよね。(どっちもしたいしして欲しいし、といった様子で悩ましげに)
      …二人共飲んで、お互い入れ合うとかでも良いですか…? -- ちびありー 2016-10-25 (火) 02:37:58
    • うんうん、二人で一緒にー…えっ二人とも?同時に??おちんちんねじねじにならないかな…。うーん、わかった!やってみよう!(好奇心)
      ふふふっどうなっちゃうんだろうオマンコもおちんちんも同時に気持ちよくなっちゃったら…。(とういうわけで自分もお薬をごくり) -- ソニア 2016-10-25 (火) 02:50:54
    • …実は前々から、おちんちん挿れられたり挿れたりしながら…跳ね回ってるおちんちんを弄ったり弄られたりしたいなって、思ってて…♡(そう言いながらこちらもお薬を口に含んで飲み込む。すっかりと濡れてしまったショーツを押し上げる様におちんちんが程なく生えてきて…以前よりも大きさが増している様にも見えて) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 03:02:43
    • あーそれは私も好きだよっいっぱい 両方でいっぱい気持ちよくなっちゃって身体ビクンビクンッてしちゃうの♡
      わぁ…アリーこっちの方も成長してる…!前はもっと可愛い感じだったのに…ごくり…。
      (アリーの身体の前に回ると、足を開かせると自分のスカートをめくり上げる)
      おちんちんはアリーに負けちゃうかも…♡
      (そういってぼっきしたおちんちんの裏筋同士をくっつけて、伝わってくる体温の熱さにビクンッと脈打つ) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 03:14:56
    • あ…久しぶりに飲んだんですが、こんなに…?(自らの変化に驚く様子で、小さな体から比べるとおちんちんは一層大きく見えて)
      …おねえちゃん、すごく欲しそうな顔してますよ?あ…っ♡
      (前に回られ、おちんちんを擦りつけあいながら…先端から溢れさせる先走りがくちゅくちゅと卑猥な音と糸を引いて)
      その分おねえちゃんのおちんちんには私負けちゃうんで…♡おあいこ、ですね…♡(淫らに微笑みながら、顔を近づけ唇を奪い) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 03:26:02
    • んっ…ちゅっ、ふぅっん…♡
      (アリーに口を塞がれると、口を開い舌を誘い込みながら。二人のおちんちんを指先でなぞるように撫でて手をつなぐ)
      ちゅっ…んふぅ…んっアリーがきもちよーくなっちゃえるように、おねーちゃんがんばるからねっ。
      (キスをしながら腰を引いてくちゅくちゅとアリーの入り口を探って) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 03:35:34
    • ふ、ぃ…んん…ちゅ…ふぁ…んんふぃ…っ!?
      (唇を重ね舌が口の中に吸い込まれ、そのまま絡めはじめて…おちんちんを指先でなぞられた途端に思わず声を上げ漏らしながら)
      あ…おねえちゃんが、頑張ってくれる分…私が気持ち良くしてもらう分…私の身体で、気持ち良く…なって…ぇ…♡
      あ…んん…ちゅ、ふ…ふぁ…(先端で探られると、膣穴に触れた柔らかな感触…そこが招き入れたいと言わんばかりにこちらからも腰を浮かせて、期待に跳ね回るおちんちんがおねえちゃんのおっぱいに擦れる様に触れる程そそり立ってしまいながら) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 03:44:11
    • んっはぁぁ…♡ アリーの中に入ってくの…腰溶けちゃうみたい…♡んっ…しょっ…!あっん♡
      (座位の格好でお互いに腰を押し付け合うように挿入を果たして濡れたため息をつく。奥を突き上げながら、ぬるぬるした感触を
      もっと味わおうとソニアは前かがみになりながら腰をうねらせる。その動きに合わせてアリーの胸からお腹にかけて大きすぎるおっぱいが
      支えるように押し付けられて、その隙間に、まっすぐ上を向いたアリーのおちんちんを挟み込んで) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 03:56:17
    • あ…はぁぁ…♡お腹の中…に、おねえちゃんが…♡気持ち良くて、嬉しくって…んぅ…っ♡
      (座位の体勢、こちらが座り込む形で膣奥を突き上げられて。一度出産を経験した為か…身体の小ささからキツさは保ちながらも、絡みつく感触を味わわせることになり)
      (おねえちゃんの方から腰をうねらされ、思わずのけぞりながらも押し付けられる乳房の間。谷間におちんちんを挟まれる感触はこちらからも腰を動かして)
      ん、ぃ…っ♡おねえちゃんのおちんちん挿れてもらいながら…おっぱいに入って…ぁ…全部、おちんちん全部包まれてる…っ♡(乳房に手を載せ、逸る気持ちを抑えられないのか腰を動かしおちんちんをおっぱいに出し入れしようとする。もちろんその分今膣内に入ってるおねえちゃんのおちんちんが刺激されるのは当然で) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 04:09:31
    • あっんっ!あはぁっ…いいっね…これぇ…好きぃ♡ アリーが気持ちよくなろうと…あっん♡ …すると、私の、おちんちんも
      おまんこの中で…はっあっ…んんっ!
      (アリーのお尻を抱えるようにして密着を増すと、二の腕の間に挟まれたおっぱいの乳圧が増してアリーのおちんちんを圧迫する。
      そうして、今度は自分から大きく腰を振り始める、身体ごと前後に揺すって全身をパイズリするような動き。そのうち二人の間で
      じわっと生暖かいものが漏れてくる。母乳が溢れて二人の身体の間でローションのようにくちゅくちゅと卑猥な音をたてて) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 04:22:41
    • すご、ぃ…!は、ぁ…♡おちんちんが、気持ちよくって…おちんちんで、気持ちよくって…っ!すごすぎて変になっちゃい、ます…っ♡
      ふぁ…っ抱え込まれて、おちんちんがおっぱいの柔らかさで強く扱かれちゃいながら…おねえちゃんのおちんちんも…奥まで届いて、激しく…ぅ…♡
      (お互いを気持ちよくしようと、お互いが気持ちよくなろうとする度に快感が加速度的に高まるのを実感しながら。縋るように大きさの増したおねえちゃんのおっぱい、その先端を摘んで)
      おっぱいあったかくって…もっと、もっとぉ…♡は、ぅ…も、私ぃ…っ(胸の谷間で先走りを溢れさせ、お互いのミルクで身体が白く染まっていくのを実感しながらビクビク弾ませるおちんちんが限界が近いと知らせる。おっぱいを押し上げ、谷間からぴょこんとおちんちんの先端を覗かせなお口の中で出したいと訴えかけている様にも感じられる。)
      (もちろん、自分も口にも出して欲しいと…子宮口が降りてきて、亀頭をうずめられる位に柔らかく口を開き始めて) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 04:38:44
    • あっ!はぁ…!!ああっ…んっぅ!!ふぁっ…!アリーのおまんこっおちんちんぱくっってしてきて…はぅっっ!
      (精液を吐き出そうとおまんこの中で暴れるおちんちんから、逆に精液をおねだりして吸い出そうとするような動きに、ソニアも
      背を反らせて切なげに喘ぐ)
      んっ…ふぁっあー…はむっんっ!…ふぅ…っ!
      (そして、ぬるぬるとして乳の匂いを濃くさせるおっぱいの間からおちんちんがはみ出るのを見れば。身体を丸めて
      開いた口にその先端を咥えこむ。少し苦しい姿勢だけど、さきっぽを唇で吸い舌で裏筋を扱き上げる) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 04:52:11
    • あはぁ…♡ん、赤ちゃんのお部屋に…おねえちゃんの感触が欲しくって仕方なくなっちゃってるんです…♡ふぁ…っ!
      (そうしてこちらからぐっと押し込んでもらおうと腰を深く降ろしながら、どうにかして受け入れようとしつつ)
      んぃぃ…♡おねえちゃんのお口で、私のおちんちん…ビクビクが止まんにゃぃ…っ♡
      (先程よりも一回り大きくなった様に感じるおちんちん、すっかり張り詰めた先端が咥えられ舌でしごかれ…苦しい体勢であるにもかかわらずに、おねえちゃんの頭を抱え込む様に腕を回し)
      ん、ぁぁぁ……出ちゃう…このまま全部、出しちゃうぅぅ…っ♡(母乳を溢れさせる乳房を頭に押し付けながら喉奥に向かってびゅくびゅくと精液と共に嬌声を吐き出しながら腰を痙攣させて達して。それに呼応する様に膣内がキツく締め付けて射精を促そうと) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 05:01:40
    • んぶぅっ!んんーッ! んっ…ッ!
      (ソニアはぎゅうっとアリーの腰に回した腕に力込めて、身を震わせた。口に出された精液を零さないように受け止めようとして。
      身体を曲げた姿勢のままだから、大きすぎる胸が邪魔で息苦しさが余計に増していく。そんな状態でアリーの膣内で精液を
      搾り取られると、強い快感と酸素不足で意識まで飛びかけて…)
      ぷはぁっ!!はぁっ…あっ…はぁっあっ…あー…っ♡
      (自分の胸元から、真っ赤になった顔をあげた。飲みきれなかった精液が数射分、前髪と顔に降りかかり。顔射されながら
      アリーの子宮に10回以上もビュクッビュクッと射精のしゃくりあげを繰り返す…。最後の一滴をぴゅっと吐き出すころには
      ただ荒く息をするだけでいっぱいになってしまう) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 05:18:07
    • ふ、ぁ…ぁぁ…♡
      (恍惚とした表情で射精の感覚を味わいながら、同時に膣内…それも最奥の子宮へと注がれていくのを実感する、じんわりと広がるのを目を細めて味わう様に)
      (そうして味わわされて、腕のちからも緩み…真っ赤な顔を上げたおねえちゃんへ顔射をしてしまう。)
      (そうして放ちながらも、お腹の中に射精を毛止め続けて…お互い精魂尽き果てたという様子でぐったりと脱力する。)
      ふ、ぇ…えへ……♡は、ぁ…♡(お互い、母乳やら精液に塗れた状態…それでも構わず抱きしめて、唇を奪い)…ちょ、っと…やりすぎちゃいました、ね…(と、思わず頭を抱え込んだ事を少し反省しながら) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 05:38:17
    • んっ…ぷはぁっ…んーん、平気だよぉ♡ すっごく気持ちよかったからぁ…。
      (こっちからも抱き返してちゅっちゅっと頬にキスをして)
      久々にぃ、アリーのおまんこに腰が抜けるくらい精液しぼられちゃってぇ…んふへへっ…ほんとは私絞る方なのに…。 -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 05:45:32
    • わらし、も…気持ちよすぎて…んぃ……♡
      (お互い抱きしめあって、唇を貪りあいながら…自分の出した味を味わう様に)
      ふふ…たまには絞られるのも良いですよ、ね…?(頬ずりをしながら余韻に身を委ね) -- ちびありー 2016-10-25 (火) 06:16:13
    • はぷっ…っ…ふふ、だーいすき♡
      (舌を絡ませるように唾液と精液の混ざりモノを二人でわけあって味わう)
      もうすこし、このままちゅっちゅってしてようねぇ…♡
      //時間もおそくなっちゃったのでこのままおやすみなさいねぇ -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 06:38:44
    • ふぁ、ぃ…♡んん…っ!
      (そうしてお互いを貪りあう様に味わいながら、肌を重ね合って…)//はーい、ちょっと最後遅くなりましたが、おやすみなさいですー -- ちびありー 2016-10-25 (火) 06:43:43
    • むぎゅー♡ (//はーい、おやすみなさいねぇ -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-10-25 (火) 06:47:07
  •   -- 2016-10-24 (月) 03:08:01
  •   -- 2016-10-24 (月) 03:08:06

Last-modified: 2016-10-24 Mon 03:08:06 JST (1587d)