実はゾロ目募集じゃないのよ

&color(orangered){赤字};
お名前:
  • 今回は結構頑張ってるだろ、もうじきに歴戦…になれるかな?また失敗しないように気をつけるよ。
    エドノーラちゃんが見ていてくれてるからこんな風に頑張れているのかもって気分になるの、悪い気はしないんだ。もっとしっかりしなくちゃって気分にもなるしね。
    ・・・もう何年になるんだっけ、16年かな…俺はなぜか全然老けなくてちょっと怖いよ。一体どうなってるんだろうって思ったり、みんなと同じ場所にいけないんじゃないかとも思ったりさ。 -- ファルコ 2010-12-24 (金) 22:35:03
  • 今年ようやく名手に返り咲いたよ、これも君を含めてもう会えないみんなが見守ってくれているからかな。
    …俺は変われる、動ける限りはその可能性がある。だからどんなにみっともなくても頑張るよ、自分なりのペースで自分の思う方向に。
    それじゃあ帰って冒険に行ってくるね、また来年に。 -- ファルコ 2010-12-13 (月) 13:12:06
  • 去年来られなかったらもう雑草がこんなに…今年は気合入れて掃除するよ。
    君の反対言葉を思い出すと、忙しい時でも何だかクスリと笑えてくるよ。それが少しづつだけど俺の助けになってる気がする。
    思い出す度に…なんだろ、古き良き思い出みたいになっていくのは少し怖いけれど。それも悪いことじゃないのかもね。 -- ファルコ 2010-11-30 (火) 22:27:58

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今回は結構頑張ってるだろ、もうじきに歴戦…になれるかな?また失敗しないように気をつけるよ。
    エドノーラちゃんが見ていてくれてるからこんな風に頑張れているのかもって気分になるの、悪い気はしないんだ。もっとしっかりしなくちゃって気分にもなるしね。
    ・・・もう何年になるんだっけ、16年かな…俺はなぜか全然老けなくてちょっと怖いよ。一体どうなってるんだろうって思ったり、みんなと同じ場所にいけないんじゃないかとも思ったりさ。 -- ファルコ 2010-12-24 (金) 22:35:03
  • 今年ようやく名手に返り咲いたよ、これも君を含めてもう会えないみんなが見守ってくれているからかな。
    …俺は変われる、動ける限りはその可能性がある。だからどんなにみっともなくても頑張るよ、自分なりのペースで自分の思う方向に。
    それじゃあ帰って冒険に行ってくるね、また来年に。 -- ファルコ 2010-12-13 (月) 13:12:06
  • 去年来られなかったらもう雑草がこんなに…今年は気合入れて掃除するよ。
    君の反対言葉を思い出すと、忙しい時でも何だかクスリと笑えてくるよ。それが少しづつだけど俺の助けになってる気がする。
    思い出す度に…なんだろ、古き良き思い出みたいになっていくのは少し怖いけれど。それも悪いことじゃないのかもね。 -- ファルコ 2010-11-30 (火) 22:27:58
  • 前に出直してから今年はどうにか大事にならずに戦えてるよ、墓石にすると草に埋もれてても見つけやすくていいねー。
    もっと君と話す機会があったらお互いについて知る機会もあったんだろうけれど…今それを言っても仕方ないかな。今は君のことを少しでも忘れないようにこうして…こうして努力してる。 -- ファルコ 2010-11-06 (土) 20:17:46
  • 今年もなんとか来られたけど、はは、また死にかけてさ。今年はここに来るのも危なかったかなあ…。
    最近君の話し方や声を思い出すよ。懐かしいだけじゃなくて、今の俺が君にしてあげられることは何だろうって…。 -- ファルコ 2010-10-25 (月) 21:50:23
  • 去年は立てこんでて来られなかったから、今年で10年になるんだね…。
    お墓を立て直しに来たよ、できるだけ長い期間残るように石にしたんだけど…お、重いねやっぱり。
    あの街で君のことを覚えている人は…俺だけになってしまった。俺は君のことを必ず覚えている、ずっと。 -- ファルコ 2010-10-13 (水) 21:47:43
  • 八年目になると墓石を探すのもちょっと苦労したよ、一度草を刈って墓石置きなおそうかなあ。
    俺は俺の出来ることを精一杯やってるよ、あの釣竿は今もほら、大事な時の勝負に使ってる。
    街に君を覚えてる人がもう殆どいないのが悲しいけど…俺は忘れないよ。 -- ファルコ 2010-09-20 (月) 23:07:10
  • ヤッホー、今年も来させてもらったよ。もう七年になるんだねー…。
    …この前大事な友達がそっちに行ったんだ。少しとっつきにくい所もあるけど、俺の話を馬鹿にせずにしっかり聞いてくれた凄くいい人だった。
    もし会ったら…仲良くして欲しい。勝手かな?勝手だね…。 -- ファルコ 2010-09-08 (水) 00:51:26
  • 今年で六年目だね、アレッシオ君は元気でやってるかな…身の安全は考えなくてもいいだろうけど。
    俺は今年出直しだよ、強さを手放したのは悔しいけど、まだ生きてるからね。
    体が動ける限りは戦うよ、君や他の人のようにもう戦えない人のために。 -- ファルコ 2010-08-27 (金) 12:45:21
  • ヤッホー来させてもらったよ、俺はどうにかオーガなら大体倒せるようになったかな。
    …あれから随分経ったね、君との思い出が少しずつ薄れていくような気がしてちょっと怖いよ。
    この釣り竿を使っていると思いだすだろうから…またここで使わせてもらうね。 -- ファルコ 2010-08-14 (土) 22:18:20
  • 四年目だね、エドノーラさん…今年もここに来させてもらったよ。
    弟さんは学園を無事に卒業して、騎士修道会に入ったんだって。大きな怪我をせずに冒険を終えられたって喜ぶべきなのかな。
    ここに来られる機会は中々ないんだろうから…俺が代わりにもならないけど、お参りぐらいはさせてもらうよ。 -- ファルコ 2010-08-02 (月) 22:57:35
  • 今年で3年か…何だかぜんぜんそんな気がしないよ、エドノーラさん。
    俺は槍の名手になって、もっと強くならなくちゃいけないって実感し始めたところ。
    守りたいものは山ほどあるのに俺の力はそれに全然追いつかなくて、モヤモヤしてる。
    俺頑張ってみるからさ、もう少し待っててほしいんだ。それじゃあ、今年も一泊して近くの川で釣りさせてもらうよ。 -- ファルコ 2010-07-21 (水) 20:56:28
  • さて、約束通りきましたわよノーラ。ちょっと驚いた事がありましたわ
    貴女の弟に恋焦れたり恋を応援したり
    弟と思っていたアレッシオが実は妹で本当はアレッシアだったり…
    まだまだ伝えたい事は一杯あるんですけどもう時間のようですわ
    もうすぐ私も学園を卒業しますわ。留年しないように見守っていてくださいまし
    ではまた来年来ますわね -- マリー 2010-07-10 (土) 00:44:54
  • 今月でニ年、早いもんだね。生きてる俺には割と長かったりあっという間だったりで安定しないんだけどさ。
    今年もここで貰った釣り竿を使わせてもらうね、案外といい釣り場なんだ近くの小川が…見ててくれると嬉しいな。
    アレッシオ君は学園で元気にやってるよ、俺が顔を出せないのが少し寂しいけど…背中を見守っていけたらいいなって思ってる。 -- ファルコ 2010-07-09 (金) 23:40:21
  • (実家のお墓に赴いて)もう1年ですわね…時間が募っても楽しかった思い出は中々色あせませんわ
    最近貴方の弟が学園に生徒として入ってきましたわ。初めはノーラにそっくりで本当に驚きましたわよ
    クラスにも溶け込めていますし貴方の代わりに傍で見守るつもりですので心配しないでくださいまし
    あまり他国の騎士の娘がいるのも悪いですから今日はもう帰りますわね
    また来年もきますわ。おやすみなさいノーラ -- マリー 2010-06-28 (月) 01:10:04
  • 今月で一年…か。ごめんよ、来させてもらった。(洞窟の入り口に立てられた、簡素な墓とも言えないような目印に花を手向ける)
    4日掛かったけどさ、来られてよかった。冒険から帰る途中の寄り道だし、何より釣り場探しに来たかったしさ。
    来年も来られるかどうかはわかんないけど…今日はこの辺りで釣りでもやらせてもらうね。 -- ファルコ 2010-06-28 (月) 00:23:53
  • (静まりかえった館に遺品が届けられた、夏季であったこともあり遺体は現地にて簡単な埋葬が施されたという)
    (使用人は静かに遺品を受け取り、それを辺境伯の元へ届けるべく出立した)
    • ノーラさん…もっとお話したかったのに…… 頂いたブローチ、大切にしますね(献花し、静かに黙祷した) -- テシミー 2010-06-15 (火) 18:40:13
      • (現地で埋葬した同行人)…冒険で先に逃げちゃってごめんね、助かったよ。貴女の分まで長生きするからね(と墓の前でお祈りし、冒険から帰って来たらしい) -- ソーニャ 2010-06-15 (火) 18:55:18
      • 釣り竿を返すつもりだったのに…俺はこれを持ってる限りエドノーラさんの事を忘れないよ。ずっと覚えてる。 -- ファルコ 2010-06-15 (火) 19:02:21
      • やあエドノーラ。約束どおりまた会いに来たよ。そう、君にプレゼントがあるんだ。(白百合の花束を捧げる)
        綺麗だろう?気に入ってくれるかな、君に、とても似合っているよ・・・。ふぅふ、ふ・・・ -- アルヌール 2010-06-15 (火) 19:05:11
      • ……伏して心より願いまつる、我らの望みはペイロアの御手にあり。慈悲もてかの者に安らぎを与えたまえ……(聖印と龍殺しの槍の御守りを堅く握りしめ、聖騎士は長く永く、死者へ弔いの祈祷を捧げた) -- ヤードバーズ? 2010-06-15 (火) 20:12:33
      • ノーラ……ダメだよ、主人が居なくなったりしちゃ…(思いつく限りの正装で、槍を手に)
        ……あたし、頑張るから。 騎士として…ノーラが恥ずかしくないように。 だから…見守っててね、ノーラ…(花を供えると涙目で跪き、剣礼を捧げた) -- エルーカ 2010-06-15 (火) 20:13:26
      • (礼服に身を包み手早く淡々と焼香等を済ます)…もう、会えないんですのね
        もらったブローチは大事につかわさせてもらってますわよ
        お返しにと色々贈り物を考えてたり…どこかへ旅行とか買い物とか…もっと一緒にいたかったですわ
        あまりいると泣いてしまいそうですから今日は帰りますわ。おやすみなさい
        大好きな…大切な…ノーラ(長居が辛いのか周囲との会話をすぐに済ませるとその場を後にした) -- マリー 2010-06-15 (火) 20:42:45
      • 「20000mi」(残された白地図。使い道がわからなかったのであろう、雑貨とともに纏められていたそれを手にとり) -- 数奇卿 2010-06-15 (火) 20:48:47
      • (筆記具を用意する。細くしたためられた線が中心にあった館から伸びて…雲を描く)
        (これよりは天が領地。この地上に降りることは無くとも満たされるように、と 手向けの言葉に代えた) -- アンジー 2010-06-15 (火) 20:51:30
      • (墓前に白い花を添える執事、目には深い隈が出来ており、ここ数日間の疲労を伺わせる)
        (しばしの間黙祷を捧げた後、懐から金の鎖が付いた懐中時計を取り出す)
        (最初の主に仕えた時に貰った大事な懐中時計を墓前に置き)私がそちらに行くその時までお持ちください
        必ず…必ず取りに伺いますので…その時はまた…
        (頭を深く下げて一礼すると私物の入った小さなトランクを引き摺って去っていった) -- ベネット 2010-06-15 (火) 21:33:26
      • (死ぬ時だけは、貴賎は無い、か……)友達って言われたの、初めてだったんだけどな……  おやすみ、ノーラ。 -- アプレシア 2010-06-15 (火) 22:16:45
      • エドノーラよ、キミは奇妙だが良き友人であった。キミから貰ったこの蒼いスカーフは朽ちるまで大事にしよう…
        キミはまだ若かった。この世を去るにはあまりに早い…長く生きると、時折、それが途方もなく寂しく感じる、人の子の生は…本当に…短い…さらばだエドノーラよ、遥か未来のこととなろうが、涅槃にてまた垣間見えようぞ… -- ウェーニー? 2010-06-15 (火) 23:49:36
      • うぅ〜……おうちありがとうございました……。ずっとずっと大事にしますから……。 -- ルート 2010-06-16 (水) 00:56:59
      • (へらず口も出てこないほどの衝撃を受けてヨロヨロと供養していく) -- バートラット? 2010-06-16 (水) 01:00:14


  • (『無事に戻った』という話を知り参じたものの、使用人から事の次第を聞き引き返した。 帰路にて館を振り返る顔には、安堵の小さなため息) -- アプレシア 2010-06-13 (日) 23:53:45
    • (使用人は現在必死で挨拶回りに出ており戻り次第お礼に参りますと答えた) -- エドノーラ 2010-06-14 (月) 00:31:35
  • (館に赴き、使用人から事の次第を聞いたウォーフォージドは、神への感謝と当主の早い快復を仰々しく、しかし熱心に祈り続けたという) -- ヤードバーズ? 2010-06-13 (日) 01:04:16
    • (事の次第を説明した使用人は、回復次第またお礼に参ると思いますので。と答え来訪に感謝の意を示した) -- エドノーラ 2010-06-13 (日) 01:10:32
  • ノーラさん…ご無事だったみたいで良かった……でも御邪魔だろうからまた今度お見舞いに来ようかな…(屋敷の前で安否を確認して安心し、静かに去っていった) -- テシミー 2010-06-13 (日) 00:10:17
    • (窓から姿を認めた使用人が、来客者のリストに静かに書き加えていた) -- エドノーラ 2010-06-13 (日) 00:15:52
  • (消耗した体力を回復するためか、深い眠りについている) -- エドノーラ 2010-06-12 (土) 23:28:47
    • (従者達にお見舞いの新鮮なフルーツの詰め合わせと『おかえりなさい。無事でよかった』と書かれた手紙を渡すと帰っていった) -- マリー 2010-06-12 (土) 23:56:27
      • (健康になり次第、必ず返礼参ると思いますのでと使用人は答えた) -- エドノーラ 2010-06-12 (土) 23:59:25
  • (出て行ったときの勢いとは反対に、静かに到着するバローネ家の馬車) -- 2010-06-12 (土) 21:57:25
    • (普段の快活さは影を潜め、憔悴した表情で馬車を降りてくる) -- エドノーラ 2010-06-12 (土) 22:01:25
      • (別の馬車から降りると急いで主の元に駆け寄る)
        ノーラお嬢様! ご無理はなさらぬよう…ただ今車椅子をお持ち致しますので… -- ベネット 2010-06-12 (土) 22:07:35
      • だ・・大丈夫じゃないわ。心配掛けてごめんなさ・・っ(とはいうものの、躓いてベネットにもたれかかる) -- エドノーラ 2010-06-12 (土) 22:13:23
      • いえ、それも私の務めですから…危ない!(よろめき、倒れそうになる主を支える)
        ふぅ…大丈夫じゃないなら仕方ありませんね。お嬢様、失礼します(片腕をエドノーラの膝裏に回すと、一気にエドノーラを抱え上げる。俗に言う「お姫様抱っこである」) -- ベネット 2010-06-12 (土) 22:21:10
      • えっ?・・・///……(何が起こったか、分からず混乱する。しかし状況に気付くが、力が入らずに赤面したまま運ばれていった。) -- エドノーラ 2010-06-12 (土) 22:24:19

Last-modified: 2010-12-24 Fri 22:35:03 JST (3317d)