リシュリュー家出身 アルヌール 408857 Edit

ID:408857
名前:アルヌール
出身家:リシュリュー
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
CV:高山みなみ
爵位:子爵
状態:
edit/refer
所属:企画/貴人饗宴

      

帝国警察の手により冒険依頼の最中に拘束されたアルヌールは、公判において全ての容疑を認め
殺人を含んだ数多の罪状によりその月のうちに断頭台による斬首刑が確定した




逃げることも、誤魔化すことも出来たのに
何故僕はこうして処刑台への階段を上がっているのだろう
なんてことはないさ。ただ僕は、逃げる事や嘘に飽きてしまっただけだ
自然と笑顔が浮かんでくる。聴衆に知った顔をいくらか見た。気が触れているとでも思っているのだろうか
まあいい




「悪魔の落とし子」と方々に語りたてられた殺人鬼は実に明瞭な表情で処刑台へと上がった
銀髪をそよ風にふくらませ、青空を移した深紫の双眸と微笑を湛えた美貌は、ながむる群集の目に神々しささえ感じ取らせた




首と手が拘束された。あまり自由が利かないのは予想外だ
好奇心を湛えた人達の顔ばかりが見える。今日は素晴らしい青空なのに
執行人に明日の天気を聞いた。マスクの奥の瞳が驚いたように僕を見る。そんなに可笑しな質問だっただろうか
まあいい




結局僕が何をしたかったのか。何度も反芻してもよくわからない
ただ僕はいつでも誰かを憎んでいた。それが他者から自分へ移っただけなのかもしれない
死ぬのは怖くない。むしろ今までになく心が穏やかだ
こんな気持ちは生まれて初めてかもしれない




それにしても気持ちのいい日だ。こんな日は皆で一緒にピクニックでも行きたいな
暖かい芝生の上でご馳走を広げて…皆のイニシャルのビスケットを食べるんだ
スィーニとセレイアのS…    タウザーのT…   ギルデ君のG…
ファルコのF…   クノンのKに…   僕の…


僕の……




なんだ 空が見えるじゃないか
とてもきれいだ




真紅の水溜りに浮かんだアルヌールは、柔らかな微笑のまま青空を見上げていた


アルヌール・リシュリュー
──黄金暦164年 6月、死亡──

Edit

アルヌール>名簿/408857 COLOR(#3366cc){} SIZE(){} &ruby(){};

編集

お名前:
  • 今月でもう一度名手になれたよ、同期の冒険者からするとかなり遅いみたいだけど…これが俺らしいってことなのかな、アルヌール。
    そっちでは元気にやってるかい。ギルデのオヤジさんと一緒の場所にいればいいんだけど…どうかな、俺には君がどこに行ったのか分からないや。天国で笑ってそうにも思えるし、地獄で悪魔をこき使ってるような気もする。
    どれでも君らしいと思うけどね、はは…ねえアルヌール、君は人生で何かに満足したことって、あったのかな・・・。 -- ファルコ 2010-12-10 (金) 21:47:05
  • 一年ぶりに来たけど、ここはあんまり変わらないねアルヌール。この時期は過ごしやすい気候で…こうやって一緒にいるにはちょうどいいよね。
    (墓石に白ワインのボトルを供えて十字を切る)今回は結構いい感じなんだ、オーガも倒したし…そう言ってると足元掬われるのが俺なんだけどさ。
    はは、それでも何とかやっていけてるのは君のおかげなのかもね。少なくとも俺はそう思えると心強いよ。 -- ファルコ 2010-11-28 (日) 21:05:48
  • 去年のまま…か。やっぱりあれは間違いだったのかな。(梅雨も明けかけた頃に一人やってくると例年のとおりに掃除をしていく)
    (雑草を抜き去り、綺麗に片付けて一息入れるためにジュースの入ったガラス瓶を唇に当てた)…君ならワインを飲む所かな、アルヌール。
    でもこっちの方が俺らしいよね、正確に言うと…君にからかわれていた時の俺らしいっていうかさ。
    君に恥じない生き方をしたい、そう思って戦ってる。どこまで続けられるかは分からないけどさ…。 -- ファルコ 2010-11-17 (水) 23:18:01
  • …位置が変わってるし踏み跡が…誰か来たのかな?まさかね…確かめるのも無粋だし。(今年もまた一年間に溜まった汚れを掃除してできるだけ元の状態に近づける)
    この前クノンさんに会ったら、本当に綺麗な女性になっていてさ、思わず本当に彼女なのか尋ねちゃって呆れられちゃったよ…はは、君の目は確かだったってことになるかな。
    …俺は君に何ができるんだろう。今君が俺に望んでいることは何だろう…それを考えてる。そう考え続ける限り、俺の中で君はまだ亡くなっていないと思うんだ。 -- ファルコ 2010-11-05 (金) 03:26:24
  • ………さて、久しぶりね。アルヌール…あの時以来かしら…どう、私が昔言った通り…それなりに成長したでしょう?(墓の前で回って見せる、もう立派な大人の姿だった。)
    …今貴方が生きていたらどう言うのかしら、あの時のように甘い言葉で私を褒めてくれるのかしらね…(以前より丸くなった微笑みだが、寂しげでもある。)
    ……そして、貴方が死んでからしばらくしてから…告白されたのよ、男の人に…この事を知ったら、貴方はどう思うのでしょうね…。
    怒るのか、喜ぶのか、悲しむのか、楽しむのか……今となっては…いいえ、あの当時でもきっと分からなかったわね…。
    …もっと、貴方と一緒にいれば…分かるようになれたのかしら………でも、それはもう叶わないものね。
    私は生者…生きているのだから、ずっと立ち止まる訳にはいかないわ……だから、先に進むわ。ごめんなさい…でも、貴方の事…愛していたわよ(墓に決別の言葉と、そして最後の口づけをする。)
    ……さようなら、私が最初に愛したヒト……(そういうと花束を置いて帰っていった、もう振り返る事はなかった。) -- クノン 2010-11-04 (木) 21:50:36

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

アルヌール
従者から一転貴族となった少年。養父となったミシェル子爵の死とその顛末については多々噂されているが詳細は不明。
妖しい美貌を誇る中性的な声色と容姿。長い髪を後ろに束ね、160cmと小柄なその姿は性別の判断を惑わせる
天才と称されるに足る類まれな才気の持ち主で、瞬く間に社交界に馴染み入る。
内情を読ませないからかう様な笑顔の奥には、飽くなき功名心と、権力への渇望が燃えている。
列車事件にて頭部に傷を負い、普段は見えないが、額にひび割れのような傷跡が残った

五年の冒険着任による爵位の格上げという政策に乗り、この地に赴く
現在邸は建築中で、本人は街の高級宿に身を窶している
志半ばにて倒れた盟友シグネ卿の財産を管理することになった 愛馬の名前はテラ(白馬)
妖しく煌く軍刀を腰に下げている
リシュリュー家
大河であるイヴィーナ=ガラ沿い、広大な領土を誇る名家だったが
度重なる戦争により、その一族の殆どが戦死するという悲運の家柄でもあった
そして第七代当主、ミシェルを最後に、その血脈は途絶えるはずだったが
絶望と倦怠に沈み、己の代でリシュリュー家を終わらせると公言していたミシェル子爵が突然の事故死
死後発見された遺書により、従者のアルヌールがミシェルの養子に、八代目当主となった

+  判定

来訪者 Edit

シグネ友達になれると思っていたのにな さようならクノン年の割に大人びている。人のことは言えないけれど
ミス・フランシスカ金貸し。怖い人だナターシャ相応に可愛らしい少女。握った手に暖かさを感じなかった
フェデリカエルフの伯爵。従者君をからかうのが楽しいフリージア金色のサムライさん。可憐な剣捌き、容姿のように
イーリス落っこちてきたお嬢さん。獣人の血脈なのかなエクリプス地味目の少年。でもバーサーカーって家名はどうだろ
ファルコ友達。彼と話していると心が休まるソーニャ青い髪のお嬢さん。赤い髪飾りが良く似合う
ギルデ豪放な男。無教養だが気持ちのいい人物セレイア君はいい友人だった さようなら
ガスト何処かへ失せた さようならグランバルド御父上の旧友らしい さようなら
タウザー?小さな侯爵殿。無口な割に昂ぶり易い、面白い子だスーミハイロフ家の跡取り。この世界において純粋と呼べるもの

密談 Edit


Last-modified: 2010-08-13 Fri 10:38:45 JST (3407d)