ファウゼン家出身 テシミー 408282 Edit

ID:408282
名前:テシミー
出身家:ファウゼン
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴


少女は目と耳を失い
魔物の目と耳を手に入れ


状態
edit/refer

修正どうぞ  ログ1

お名前:
  • (二人が完全に立ち去ったあと、供えられた花が風もないのにゆらゆらと揺れる まるで応えたように) -- 2010-08-06 (金) 21:44:53
  • 約束、守れているのでしょうかね……やっぱり、寂しいですよ。
    今でも、一緒にお話したり遊んだ事が忘れられなくて……会えないかな、なんて思うのですけれどそれが叶わないのも解ってて……って、何言ってるんでしょうね、私。
    (既に供えられている花を見つけると、その脇に小さな花束を三つ並べ)それでも……また、いつか会えたら良いな……(家に向けて軽く頭を下げ、帰っていった) -- 谷地子 2010-08-05 (木) 19:32:13
  • ……もう一年か、早いものだな。
    (主の去った家屋の前で、かつての記憶を回想する。どこにでもある小さな出会いは、自分の中で無二の存在にまで膨れ上がった)
    そのうちに俺も行く。随分先の話になりそうだが、気長に待ってくれ。
    (放射状に花弁のついた赤い花を家の前に添えると、隣の近代化された建物へと戻って行った) -- 2010-08-05 (木) 19:00:07

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

テシミー Edit

CV:高橋美佳子
親に虐待されていた為に、栄養失調気味故に少しガリ体型。
それを気にしているので普段から厚地の服で全身を覆っている。
眼球を取られ空洞が出来ているのでそれを見られたくなく、常に俯いている。
性格は消極的だがあまり人を疑うこともない。よく言えば純粋、悪く言えば単純。
学力レベルは自分の名前と簡単な読み書きができる程度。難しい言葉はあまり理解できない。

+  姿の訳


目の魔物(通称メノさん) Edit

CV:小杉十郎太
魔物は本来群れず、個の概念がないので名前は存在しない。
それでも区別をつけて呼ぶ時があるが、魔物言語は人が発声することは出来ない為、
便宜上『メノさん』と呼ぶことにしている。

三つの目で上左右同時に把握できる索敵系。
大きさは5、4m〜10cmと自由に変化させることができるが、普段はテシミーと同化しているので最小サイズになっている。
性格は真面目で慎重派 テシミーと出逢う前からも人間の暮らしを観察していたので、
テシミーより人間社会の常識を持っている。
見える範囲は最大で三千里 しかし人の脳では認識不可能なのでそこまで見ることはない
寒さと乾燥が苦手

耳の魔物(通称ミーノさん) Edit

CV:うえだゆうじ
常にボクらと複数で自分たちを表すが、二つで一つの魔物。
元から耳の形をしている訳ではなく、さまざまな形に繰り返し変化し、臨機応変に対応できる。
だが好奇心旺盛な性格から、絶えず様々な情報を収集するのを好み、やがて耳の形に定着した。
一番目の長い耳は、エルフ、妖精、精霊など言語を聞き分ける。
二番目の獣の耳は、魔物、動物などの言語を聞き分ける。
三番目の人の耳は、人間、亜人などの言語を聞き分ける。
よく聞き分ければ、声の微妙な変化から真偽を見分けることができるというが、あまりしたことはないらしい。
性格は楽観的で言動が少々軽いが、逆にそれがテシミーの励ましになっていることもある。
聞こえる範囲はメノと似たような距離だが、聞こえすぎるのも厄介なので普段は押さえてる
魔物に性別はないが、可愛い女の子や綺麗な女性を見ると喜ぶ 他意はない

出会った人たちメモ Edit

+  お世話になりました

頂き物(食べ物系は残さず美味しく頂きました) Edit

肖像・その他

  •  酒場の人に描いてもらいました 私こんな風に見えているんですね
  •  酒場の人に判定して頂きました 声が決まって嬉しいです
  •  酒場の人に格ゲー判定してもらいました 色々と凄いですが最後の技は聞かないでおきます

個人からの頂き物

徒然なるままに落書き  Edit

川に行ってきました  寝起き  ハロウィンコス  ステ1  ステ2  遺影  わらしべで貰った物

スイッチ・判定等  Edit

+  スイッチ
+  判定

//裏コメという名の中の人のつぶやき Edit


Last-modified: 2010-07-25 Sun 22:36:31 JST (3405d)