振り返れば 揺れるあの日

  • 花の色香の変わらぬさまよ……(満開の桜花を仰ぎ見ながらカシュッと缶を開けて) -- 2021-09-25 (土) 01:17:18
    • (白い泡が吹きこぼれてしまう前に口をつける) -- 2021-09-25 (土) 01:17:40
      • (呷る)ゴッゴッゴッ グビッグビッ -- 2021-09-25 (土) 01:24:23
      • …くまりさん。くまりさん。何を飲んでるのかな?
        (花の風情に酔うひと時に、煩わしく寄り付くものもある…小柄な学校職員だ)
        (ひと昔前…十年ほど前にはブレザー姿で周囲を騒がしくしていた少女が、今は缶の発泡酒を手に覗き込んでいた) -- やおい 2021-09-25 (土) 16:57:49
      • プハァー(手の甲で口元を拭って声の主に向き直る)フ○ンタグレープよ! 世にも稀なる甘露なのじゃ しゅわしゅわとして喉に痛いが、痛いばかりでなく痛甘い! -- 2021-09-25 (土) 17:32:22
      • ハハッ、いい飲みっぷり、そっかー炭酸か。くまりさんよいこだー(学生の横で管巻いてる悪い職員)
        …教頭先生が今年こそは、って会議で息巻いてたなー
        ま、ほどほどにね。新しい子たちの歓迎会も控えてるんだし…飲みすぎで喉を痛めて自己紹介失敗じゃ、格好付かないでしょ最上級生? -- やおい 2021-09-25 (土) 18:21:40
      • 酒を好まぬ竜などおらぬが……少なくとも、この敷地におる間はな さもなくば、校則とやらに触れて学び舎におられぬようになってしまおう
        其方らの思惑など知らぬ 我ひとり、おってもおらずともさしたる違いはあるまい 今年も好きなようにさせて貰うのじゃ(缶の中身が少し残っていたのを呷る)
        歓迎会……お、おぉ? 忘れておったわけではないぞ! おつるよ、今年の新入生の顔触れも存じておろう 何ぞ面白げな者はおったかのう
        -- 2021-09-25 (土) 19:06:12
      • これまで通り、願いよりも好きこそ臨むがままに…あー、やおいさんが入るよりも随分の前に停学食らったって話。アレ飲酒なのか
        ……ええ、まあ存じておりますとも。とはいえ、くまりさんの食指を動かす相手って結構わっかんないからなー…
        近場の神宮から渡って来た子に、錬金術師の卵、餌付けしたくなるような腹ペコさん。
        クモにまつわる子がまとまって入ってきたり?後は、直に逢って是非見定めくださいな -- やおい 2021-09-25 (土) 19:52:48
      • 停学……いつの話をしておる…?(停学を喰らったことがあったかどうかではなく、どの停学だったか思い出そうとしている表情)
        流れ者?に腹ペコか 我に似たようなものもおるのじゃな そして蜘蛛とな? 蜘蛛に限らず、虫は苦手じゃ あやつら遠慮というものを知らぬのでな
        ともあれ、楽しみにしておるのじゃ 其方も刻限までには酒気を抜いておくがよい
        -- 2021-09-25 (土) 20:33:59
      • 暴れてひどいことになったってじい様から聞いたから…40年より前じゃないかなー?(大雑把)
        ほいほい了解。くまりさん時間間違えないようにねー(風に当たると屋上の方へ…その後、言った当人が遅参したという) -- やおい 2021-09-25 (土) 21:49:50
  • やぁやぁ分パイセン!私もやっとパイセンと同学年だよ〜それに今年も新入生がいっぱい増えたね〜(気軽にクラスメイトの偉大なパイセンに話しかけながら) -- ナエカ 2021-09-26 (日) 19:37:40
    • 誰かと思えば其方か この教室も賑やかになるのう(やはり見知った顔が多く、クラスメイトの顔触れを眺めて)男子はいずこにおるのじゃ……? -- 2021-09-26 (日) 21:04:58
      • 男子はパイセンの色香によって爆裂四散、全滅しちゃったんだよ〜(オヨヨヨヨヨっと悲しげに泣く素振りをしながら)代わりに一年には男子が多いらしいよ〜? -- ナエカ 2021-09-26 (日) 21:07:07
      • なんじゃと……我ながら罪作りなことをしてしもうたのじゃ(愕然とした表情)ま、これはこれで居心地はよかろうがの 其方の席はいずこにある? -- 2021-09-26 (日) 21:14:45
      • はい!パイセンの右斜後ろです!いつでもパイセンの憂いた横顔を授業中でも見れるベストポジっすよ〜!
        A組のほうに男子が多いのもたぶんパイセンの魅力で男子が勉強に集中できないからじゃないっすかね?先生の配慮…校長先生がそんなこといってたそうっすよ? -- ナエカ 2021-09-26 (日) 21:29:35
      • 程々にするのじゃぞ 黒板をしかと見ておらねば落第待ったなしなのじゃ 其方の学業までは面倒みきれんのじゃ
        わはは、あの校長がかような気を回すはずがなかろうよ! 何ぞ別の理由があるのじゃろう あやつは一人一人の生徒をよく見ておるゆえな
        -- 2021-09-26 (日) 21:44:44
      • はーいっす!私も留年はしたくないっすからねぇ…パイセンと過ごせる1年を一生の思い出に巣立っていきます!(まだ新学年の2周目です)
        今年は本当色々にぎやかになりそうですねパイセン!パイセンの今年の目標とかあるんっすか! -- ナエカ 2021-09-26 (日) 21:48:46
      • 気に入ったなら、この学び舎にいつまでおっても構わぬのじゃぞ つまるところ、其方の人生なのでな 好きに生きるがよかろうなのじゃ
        目標とな?……それは、何ぞ具体的な数字を掲げた方がよかろうかの? であれば、ふむ……フォロワー3万人じゃな! あと6000人くらいで届くのじゃ
        -- 2021-09-26 (日) 21:58:15
      • 人間の一生は短いっすからね〜命短し恋せよ乙女〜ずっといたらその間におばあちゃんになっちゃうっすよ〜(なんてケラケラ笑いつつ)
        教師になって戻ってくるーって道もあると思うっすけど私の予定は幸か不幸か決まっちゃってるっすからね〜(なんていいながら)
        フォロワー3万っすか!デカい野望っすね!ナエカさんはセクシーショットをたまにあげてるからかフォロワーは5万人はいるっすよ!(ドヤヤァ)パイセンもセクシーな写真あげれば3万くらいは余裕じゃないっすかね?(悪い知恵を教え込もうとする) -- ナエカ 2021-09-26 (日) 22:03:06
      • 教師にならずとも、この水白に生きる者は数多とおるのじゃ 卒業の後にも人の縁は続いてゆくのじゃぞ ナエカの予定……なんじゃろうな? 見当もつかんのじゃ
        ええい邪悪よ去れ! 猫の写真を見に来たものに、我の写真なぞ見せて何とするのじゃ まあ、手元が映り込んでしまったミスショットが不思議と伸びたりもしておるが……
        -- 2021-09-26 (日) 22:14:07
      • ふふふーそれは乙女の秘密っすよパイセン!好感度ランクが80以上になると解放される極秘情報っすよ〜(なんて笑う)
        あ、すごいっすね…この胸の谷間で幸せそうになる猫ちゃんとかRTが2000こえてるじゃないっすか!!(今でてる情報からパイセンのアカウントを検索しつつ) -- ナエカ 2021-09-26 (日) 22:23:29
      • む? 猫TLに流れてくるフォロワー24000人くらいのアカウント……で特定しおったか ナエカよ、其方の情報リテラシーどうなっておるのじゃ?
        現代っ子じゃのう(呟きつつナエカのスマホを覗いて、横からついったーのホームボタンを押そうとする)其方のアカウントも見せてみよ
        こちらの身元ばかり一方的に知られておるなぞ、現代のネット社会では生殺与奪の権を握られたも同然なのじゃ さすがに看過できぬぞ
        -- 2021-09-26 (日) 22:48:53
      • あらあら、それじゃー相互でフォローするっすよー(わりとJKらしいことをつぶやいて、顔隠して自撮りとかあげたりする系のアカウントだった)
        顔は隠れてるからセーフっすよね?(リテラシー抜群っとドヤりつつ…よく見れば胸とか尻とかだけで、耳や尻尾、背景など個人が特定されそうな情報はまったくないアカウントだった)
        私だってのは内緒っすよ〜?パイセンのアカウントのことも内緒にしとくっすから〜(ついでに年上とか先輩にはっす口調、普段は違います。謙ってるアピールであった!) -- ナエカ 2021-09-26 (日) 22:53:45
      • これは……いわゆる裏垢ではないか?(のほほんとした猫垢がフォローしてよいものかと逡巡しているうちにフォローされて、相互になった)
        おお、ナエカの尻が丸出しなのじゃ あの手この手で顔を隠して、器用なものじゃ……其方、見かけ以上に肉付きがよいのう
        む? 胸の下に小さなほくろがあるのか……? ここまでして凍結されぬとは……この上なく役に立たぬことを知ってしまったのじゃ
        -- 2021-09-26 (日) 23:09:12
      • 自分でとってみるまでこんなところにホクロあるの自分でも知らなかったんっすよー(なんてケラケラ笑いつつ)
        性器とか法律に触れるものは露出してないから大丈夫っす!ほらよくみると下着の写真でも透けないように前張りはったり(不必要な知識ばっかり教えつつ、教室でそんな話をしてたのであとで先生に怒られたナエカさんだった) -- ナエカ 2021-09-26 (日) 23:26:49
  • (HRを終え放課後。授業が終われば学校に用事が無いといった様相の男は、普段なら足早に帰路につくのだが)
    (この日ばかりは用事があったせいで遅くなり、その用事も済んだのか手ぶらのまま、今度こそと帰路へつく)
    (きれいに掃除された廊下の先をふと見ると、以前見かけた、女子にしては高い背丈。そしてブレザーの中で浮いたセーラー服の出で立ちの女子)
    (雨竜 分という名前の同輩を見つけ)ヨーッス、この前はどうも(と、軽く声をかける)
    (彼女の周りに居る学友達がサッとその場を避ける様に離れるのは、話しかけた洋助のせいだ) -- 2021-09-27 (月) 00:51:57
    • //書くだけ書いて、離席したり -- 2021-09-27 (月) 00:52:27
    • なんじゃ、其方か 授業には真面目に出ておるのじゃな(夕方から出てきたのでなければ、何か用事があってこの時間前で居残っていたということだ)
      (サッと離れた生徒たちも、いつまでも遠巻きに見守ることはなくめいめい思い出したように下校していく それくらいによい時間ではあった)
      この前……おお、となれば河岸を変えるかのう(もう人通りもなかろうが、周りの教室にだれかいないとも限らない 屋上へと誘った)
      何に使った?(藪から棒に問うてみる あの晩降ってわいたようなあぶく銭、臨時収入のことを言っている)
      -- 2021-09-27 (月) 01:41:08
      • 流石に高校位は卒業したいんで・・・(真面目に授業に出ているのかという問いに対しては、そう答えつつ後についていく)
        (実の所掃除当番を帰るのが遅れいていたわけだが、それがおかげか顔合わせる事になった訳であり)
        (人気のない屋上。緩やかな風を感じながら、彼にとって気になっていたことを聞く事になった)
        雨竜さん。初めて対面した時から気になってたんだけどさ…アンタ何者だよ
        (この事である。彼女の気配を感じる度に自分の中に眠る怪異『饕餮』が騒ぐことを不思議に思っていた)
        (そして、初めて裏奈多区に行った夜。帰り間際に行っていた意味深な台詞)
        (コンジュラーに問い詰められ報酬も受け取らずにその場を離れ、聞きそびれていた疑問だ) -- 2021-09-27 (月) 18:16:39
      • 何者とな? そのものずばり問われるのもひっさびさじゃのう(大抵の人間はといえば、第三者の評を耳にしている)
        (面と向かって問われることはかえって少なかったが)其方ならば何と答える? 己はこういう者である、としかと答えられるかの
        我はJKよ 其方とさほども変わらぬはぐれ者の、ただのJKなのじゃ(屋上を吹き抜けてゆく春風に弄ばれて、麗らかな黒髪がゆらゆらと波打つ)
        よし答えたぞ 同じ問いをそのまま返してもよかろうな?(洋助は饕餮がどうのと言っていた 漢土に縁のあるものかと興味深そうな目を向ける)
        ……というか其方、よもやあのまま帰ったのではあるまいな いくばくか駄賃が出るのじゃぞ 金子に変えればちょっとした額になるのじゃ
        -- 2021-09-27 (月) 22:15:51
      • 確かに。質問の仕方が悪かったよ(「己が何者か」なんて哲学的な質問。我ながら間抜けな聞き方だったと笑って返す)
        (そして、自分はどうかと問われれば。自分なりに考え反芻し、答えを出す)
        …さあね、俺は俺自身であるつもりだけどな(確かにある、自分を感じるように我が胸を掴み)
        それとは別にこの体の中に別の者が居る。この前叫んだのはそいつが名乗ったそいつの名前だよ
        …駄賃の話は完全に忘れてたけどな…(と、指摘されてようやく気付いたといった様子) -- 2021-09-27 (月) 22:37:05
      • まるで己を見失うことを怖れておるような物言いじゃな 何ぞおかしなものに魅入られておるのか 難儀じゃのう……
        饕餮の話であれば、これよ(胸元を指さす スカーフ留めには少々大きすぎ、玉石のような金属のような不思議な質感をした品がそこにある)
        恐ろしげな目つきをしたものをぶら下げておけば、邪なるもののまなざしを避ける役に立つ 古より連綿と受け継がれし智慧じゃな
        よもやああまで気合の入った怪異に見えようとは思わなんだが……饕餮を名乗る? 名乗っておるだけの豆柴の可能性もあるわけかの
        忘れぬうちに受け取っておくがよい 使い道がなくば溜めておくのもよかろうよ
        -- 2021-09-27 (月) 22:46:11
      • (恐れているかと問われればその通りだ、自分が自分で無くなる感覚は言いようもない恐怖である)
        饕餮文…?(内なる怪異が『饕餮』を名乗った時に、調べて出てきた事。魔を払う修飾だと書いてあった)
        (饕餮と饕餮文。不思議な関連性を感じつつも、それに触れようとする気は何故か起きなかった)
        ああ、最初には違う名前を言ってたよ。そいつはダセエから却下したら、次に名乗った名前がそれだったってだけだ
        たしかエンなんたらがどうとか言ってたけど…まあ、何か痛々しくて嫌だったからよ(と、笑うと内なる怪異が抗議する様に気配を発する)
        豆柴…んな可愛い奴だったらもうちょっと躾けんのも楽なんだろうけどなぁ(脳内で「やかましい」と一括しつつ)
        まあ、機会があるなら貰っとくわ。つーて余計な事に使う気にもならんけど… -- 2021-09-27 (月) 23:05:56
      • そもそもじゃな、其方ら準備不足も甚だしいのじゃ! いかなる縁があってあの場に居合わせたものか、我の知るところではないが……
        人の世の理から外れた者どもを討たんとせし者が、邪視除けのひとつもないなど巫山戯ておるのか? まったく話にならんのじゃ
        我がおらねば一人や二人……いやさ幾人も死人を出しておったところよ 異界に呑まれれば最期、満足に葬式もあげられぬのじゃぞ
        猛省するがよい どうにも勝手がわからぬとあらば、護符のひとつも見繕ってやろうゆえ恥を忍んで正直に申すのじゃな
        ……して、そこにおるのか?(背伸びして、洋助の頭へと手を伸ばす わしっと掴んで脳天を覗きこもうとしているらしい)
        -- 2021-09-27 (月) 23:28:45
      • うぇ…急に何よ…?(矢継ぎ早に聞かされる説教に耳が痛しと目を細めて対応する)
        ・・・(教諭以下全員が連帯責任な気がするが、それを言った所で収まる気配もなさそうだ。嵐よ過ぎ去れと黙って聞く洋助)
        (お小言が止まった。そう感じてふと、目を開けようとする前に彼は頭を掴まれていた)
        ちょっ…何すんっ!(素早く手を振って掴まれた手を払おうとしたが、その前に洋助の視界はホワイトアウトしていた)
        ≪せろ…≫
        ≪ そ の 女 を 食 わ せ ろ ! ! ≫
        (『饕餮』から流れ出る飢餓と絶叫を脳内に叩きつけられられる)
        (一瞬の視界の消失。その後すぐに正気には戻った…が。彼は自分がしている事に気づいた)
        (彼の頭を掴んでいた雨竜 分の手首を両手で拘束し壁に抑えて付けてる)
        …な…んだよこれ…(呆けた声で戸惑いの声を上げ)
        (今の彼は顔は恐らく牙を剥き酷い顔をしているのだろう…抑えつけた相手の顔は…見れる訳もない)
        (静かに、掴んだ手を放す洋助。両手は凍えたように小刻みに揺れていた)
        …すまねぇ(ようやく、それだけ言って相手も見ずにその場を離れて行った) -- 2021-09-28 (火) 00:12:24
      • 難しいことなど何も申しておらんぞ たったひとつの命を大切にせよと(気づいた時には背中を打ち付けられていた)
        (洋助は何やらただならぬ様子に見受けられた 首から上と下に分かれて、ちぐはぐな動きをしているような印象さえ受ける)
        は……貴様の虫は臆病者よな 我の一瞥にすら耐えられぬとは、堪え性のないことじゃ(膂力、握力の強さは見事に人間離れしている)
        (か細い手首を骨ごと握り潰されても不思議はない程だ こちらが只人の身であれば、の話ではあるが)………洋助……
        つむじのそばに白髪が生えておったぞ 太いのがな(洋助はひどく動揺している 彼の友人が世話を焼くだろうと踏んで、後を追うことはしなかった)
        -- 2021-09-28 (火) 00:42:54
  • そういえば分さんは(また氷室邸にて朝食をご馳走する機会があった。その後、なんとなく並んで学校へ歩いていた)
    (道中、思いついた話を振る)そもそもどうして学校に通おうと思ったんです? -- 2021-09-28 (火) 20:14:37
    • (順調に餌付けされている気がしないでもないが、今朝も食卓を囲んで一汁三菜を胃の腑に収めた 実に満足感のある朝餉であった)
      さて、どうであったかのう……我の答えを知りたくば教えてやってもよいが、そうではあるまい 其方は話のきっかけがほしいのよ
      ゆえに静よ、当ててみるがよい いくつも申してみれば、ひとつは当たっておるやもしれぬぞ(今日はゆっくりと歩いてゆくくらいの余裕があった)
      -- 2021-09-28 (火) 21:36:27
      • そうですね。実際謎ではあったんですが、そういう面も確かにあります。
        (頭を捻る)いくつか思いつきますが。それらしいものからいってみましょうか。ヒトが好きだから。どうです? -- 2021-09-28 (火) 21:49:32
      • ふむ、事の発端から想像を巡らせてみたのじゃな 其方らしく手堅いやり方なのじゃ まあ、今となってはそれも答えのひとつじゃな
        我はもともと其方らの敵よ 天敵という程ではないが、人間が地上に満ちてあふれることに異を唱えたこともある
        昔の話じゃがな! いちおう申しておくが其方らに絆されたわけではないぞ ちょろいやつめと思われては困るのじゃ
        -- 2021-09-28 (火) 22:01:49
      • 龍族の昔の話は本当に昔ですよね。(想像の埒外に近い。世界にヒトが満ちることに異を唱える、など神話の世界の話だ)
        絆されたわけではないのですか。それにしては、随分溶け込んでいるように見えますが……。
        いえ、決してちょろいとかではなく。何十年も学生をしていればさもありなん、といいますか。 -- 2021-09-28 (火) 22:13:30
      • 其方らは知る由もなかろうが、人の世を始めるために旧き世に挑んだ者がおったのじゃ 我らは皆、陋習に囚われし古物の側よ
        我が方が勝っておれば、人の数は今ほど増えてはおらぬじゃろうが……その辺の猫や雀が人語を喋っておったじゃろうな
        其方らは、人以外の知性を否定した それは可能性を奪うということじゃ ともかく天命は下り、人の世は盤石となった
        なれば、受け入れるより他にあるまい? 思うところあって俗世を去った者も大勢おるがの 他には、どうじゃ?
        -- 2021-09-28 (火) 22:52:48
      • 俺にはちょっと想像できませんね。話が壮大すぎます。ですが、分さんは人の世を受け入れた。それは分かりました。
        ……他ですか。うーん。学生になって、卒業は目指してる、んですよね。進級しているのだから。
        となると、学生という身分が欲しかったわけでは無い……。 勉強、ですかね。人間のことを学ぶには、学生になるのが一番いい。 -- 2021-09-28 (火) 23:10:07
      • 天命とはそういうものじゃ 誰の目にも明らかなさだめよ 従えば栄え、逆らえば滅びる 個人の意志を超えた話じゃ
        抗ってはならぬ、とまでは申さぬがの 我もそのことを悔やんではおらぬ(雀たちの長閑な声を聞きながら並んで歩く)
        結果的には、巡り巡って其方らにも逢うたのでな これもまた天命よ して、学業か……学者になっておらぬ理由もあるのじゃろうな?
        -- 2021-09-28 (火) 23:23:29
      • 学者というのは、学問研究をする人のこと、自ら学び究める人のことです。それになるためにはやはり下地が必要でしょう。
        しかし義務教育からというのは流石に憚られた。なので高校から始めてみることにした。
        ……義務教育を経ないでいきなり高校に入学して、学校の勉強を理解するのはやはり難しかった。で、結局何度も留年をしている、と。
        ……この説で疑問なのは、留年の回数でしょうか。いくらなんでも50回します? -- 2021-09-28 (火) 23:36:29
      • つまりこうかの 我が底抜けの阿呆かもしれぬが、いくら何でもそこまで阿呆ではなかろうと疑っておると……
        たわけ!!(古めかしい鞄で静の尻を叩く)大きなお世話なのじゃ やはり難しかった。ではないわ 真顔で申すな真顔で
        学び舎の仕組みについては当たらずも遠からず……我が阿呆かもしれぬという話ではないぞ 着眼点がよいと申しておる
        -- 2021-09-28 (火) 23:54:55
      • 痛い!! ダメでしたか。(どこまで本気だったやら)学校の仕組みについてはいい線をいっている。と。
        分さんが真面目に勉強すれば普通に進級できると思うんですよね。であれば、わざと留年してる説。
        戯れ、というのはどうでしょう。高校生楽しそう。入学した。楽しい。部活動も楽しい。全部1回は入った。
        1年生は満喫したので次は2年生、3年生。というように。本当はいつでも進級出来るのだけど、まだ高校生をやっていたい。満喫しきれていないから。
        ……言ってみてなんですが、あれです。俺の推理力の限界を感じる。 -- 2021-09-29 (水) 00:16:25
      • わざと? まあ、それはそうじゃな でなければ、我が底抜けの阿呆ということになろうゆえ……
        というか、家庭教師のバイトをしておったこともあるのじゃぞ 学校に通えぬ者や、勉強の遅れておるものに教えにいっておったのじゃ
        今の答えはそれでよい 静よ、物事にはいくつもの面があろう? すべて正しい、すべて誤っている……ということはそうそうないのじゃ
        (やがて学校近くの桜並木が見えてくる すでに時期は去り、最後に残った花も吹き散ってゆく)おお、時間切れじゃのう
        -- 2021-09-29 (水) 00:35:36
      • 家庭教師? それは知らなかったです。すごく立派なことを……であればますます謎ですね。分さんがどうして高校生をしていて、どうして留年を続けるのか。
        ……それは真理、なのでしょうが。(けむに巻かれたようにも感じる。老獪さの前に敗北した、ということだろうか)
        時間切れですね。……続きは宿題ということで、またいつか。
        (結局答えは分からなかったが、そもそも答えを当てることというより、問答自体が目的であった。学校への道中を愉しむ、という意味で)
        楽しかったです。ありがとうございました。(それは成功していたので、思ったよりもすっきりとした気持ちであった。やがて学校へ着き)
        それでは、今日も勉強を頑張りましょう(そうして、それぞれの教室へと向かっていった) -- 2021-09-29 (水) 00:51:03
  • (四月も末の頃)
    (分パイセンのおわすお机の傍にいつの間にか 小さな捧げ物スポットが設営されていて)
    (何者かが1日1,2度程度の頻度で貢物を置いていっている様子) -- 2021-09-28 (火) 20:40:29
    • 【まぁ 私だけれど】
      (※【】内のことはたぶん英語で話しています) -- ナンシー 2021-09-28 (火) 20:42:45
      • (以下置いていった貢物例(ドラゴンの好みそうな物品)等)
        【ドラゴンといえばまずはお肉?】               つ(ケン〇ッちー(骨付きチキン))
        【ツバメ肉 も例によってはも好むらしいけど 無理だったので】 つ(燕のぬいぐるみ)
        【お酒 も無理だったので】                  つ(葡萄のジュース(英国産))
        【黄金 も無理ー】                      つ(金塊チョコ)
        【宝石 無理だっ】                      つ(河原で見つけたキラキラした石)
        【宝珠 無】                         つ(手製のピカピカカラフル泥団子)
        【書物 この辺は物というより知識欲なのかなぁ?】       つ(割と有名どころであろう英詩の詩集)
        【魔素 的な物は存在的に好むと思う】             つ(マナポのような効果があると思われる栄養ドリンク)
        (※【】内のことはたぶん英語で話しています) -- ナンシー 2021-09-28 (火) 20:43:19
      • 【こんなものかなぁ】
        【うんうん】
        シシャ ゴ ニュウ!
        (おそらく一週間ぐらい貢いではとても満足気)
        (※【】内のことはたぶん英語で話しています) -- ナンシー 2021-09-28 (火) 20:44:15
      • 誰ぞうっかりさんの忘れ物、にしては多すぎるのじゃ(机の中にコレクションされていく品々を引っ張り出して眺めている)
        (燕のぬいぐるみの腹を揉む)こやつは……ヤクルトのマスコットじゃな! コアラでなく燕か、ふむ……?
        -- 2021-09-28 (火) 21:43:38
  • 🐲 -- 2021-09-29 (水) 20:35:10
  • 🐲 -- 2021-09-29 (水) 20:35:14
  • 🐲 -- 2021-09-29 (水) 20:35:17
  • (千透はこの学校のOBである。7年前に留年せずに卒業し、教師として帰ってきた 学生時代はいろいろやんちゃしたり女子泣かせたり)
    (という若気の至りの過去を知っている生徒がいる。それがこの分だ)……分さん、これGWの宿題ね。(GW前。それなりの量の宿題がお出しされる)クラスはなじんでるかい? -- 千透 2021-09-29 (水) 20:44:09
    • (ジロコーには時々、卒業後に学び舎へと帰ってくる者がいる 千透はその一人だった 巣立った小鳥が立派に育って帰ってきたような心持ちだ)
      いつも通りじゃな 以前から我を見知っておる者ばかりじゃ 今年の3-Bは女子が多いのう(宿題を両手で受け取る)これは……三人分かの?
      -- 2021-09-29 (水) 21:04:13
      • まぁそりゃ、この学校通ってる2〜3年で分さんを知らない人はいないだろうさ。いろんな意味で有名人だからな…(外見もダブルインパクトも)
        そーだな、特に意識して振り分けてるわけじゃないんだが…まぁそもそもここ、女子比率高いし。(そこそこ宿題)…いや一人分だけど?
        これからGWですもん、こんくらいは出しますよ。……全部やってませんでした、とかはもうだめだぜ。俺今は教師なんだから。 -- 千透 2021-09-29 (水) 21:07:19
      • 其方らの母親が通っておった頃は、皆この格好をしておってのう 憧れの制服だったのじゃぞ 女子校と見まごうばかりに人気を集めたのじゃ
        いや、おかしいじゃろこの量(目に見えてげんなりした表情)近頃の学習指導要領はどうなっておる……ほれ、アレよ ゆとり教育じゃ!
        これからはゆとりを大切せねばならぬとお上も申しておろう(情報が古かった)つまり……そういうことじゃな、うむ
        -- 2021-09-29 (水) 21:16:04
      • そうなんだ…まぁ分さんきれいだし、その制服間違いなく似合ってるよ。…まさかとは思うけどずっと昔からの一張羅じゃねーよなそれ。(まさかね)
        ゆとり教育は俺が学生だった頃に終わったんでーす。今はいろいろバランス考えてやることになってんの。PC関連知識の授業だってあるんだぜ?(時代は前に進んでるんスよと)
        すでに未来を予言すんのやめよう?少しだけでも…いやよくねぇけど。1科目だけとかでもいいからさ。頑張ってほしいわけですよセンコーとしては。得意科目とか分さんなかったっけ?数学は? -- 千透 2021-09-29 (水) 21:22:16
      • おお、そのまさかよ! 男子は面白味のない詰襟だったのじゃ 其方は昭和の不良になっておったやもしれぬのう(ホワンホワンホワンと想像している)
        は……は??? 終わったのか? ゆとり教育??? いつじゃ、いつの間に……何ぞ宿題が増えたと思うておったが、気のせいではなかったのじゃな…
        ちなみに我はパソコンチョットデキルのじゃ ふぉろわー24,000人のあるふぁついったらーなのじゃぞ ネットリテラシーにも通じておる……
        まあ、宿題は…してやらぬでもないのじゃ 其方の顔に免じてな……いずれにせよ避けては通れぬものなれば、是非もあるまい
        -- 2021-09-29 (水) 21:31:14
      • 買い替えろ。(即答)いや…めちゃくちゃ物持ちいいなとは思うけど新しいの買って。大丈夫?どっかほつれたりしてない?体育の着替えで破れたりしない?
        終わったが。2011年度から文部科学省の声明で明確に終了が宣言されたが。…まあそん時ここに俺入学してたわけだけど。そういうわけで頑張ってほしいところなんすわ。
        普通にすげーわそれ(マジかよって顔)インフルエンサーじゃん。後で探してフォローしとくわ(後日キタローという名前のアカウントにフォローされます)…あ、分さん優しい。ぜひそうしてもらえると助かります(敬語が漏れる生徒は分さんだけである。妙に頭が上がらない)
        あとは、まぁ、そっすね。同じクラスのうちの妹も重ねてよろしくってところで。あんま心配はしてないけど(ぽんぽん、と胸のあたり…煙草を確認して。吸いに行くやつだ)んじゃ、俺はこれで。GW明けにまた(次の授業の準備で教室を去った) -- 千透 2021-09-29 (水) 21:36:54
      • だが断る(例の表情で即答した)手塩にかけて修繕すれば、いつまででも着られるのじゃぞ 骨董品扱いするでないわ
        我のついったーはこれよ(水白の野良猫専門の写真垢を見せた)時々ばずっておるのじゃぞ 目指せふぉろわー30,000人なのじゃ
        其方の妹……颯とわんこのことじゃな 3-Bはわんこが二人おるが、どちらも愛いやつなのじゃ 大船に乗ったつもりでおるがよいぞ さらばじゃ千透よ
        -- 2021-09-30 (木) 00:23:52
  • おばあちゃんが言っていた(右手で天を差し示すポーズ)なんか、くまりん先輩ってずーっとこの学校にいるんだって?
    (ゴールデンウィークにはいる直前の放課後、校内でばったり出会うやいなや、いきなりそんな事をたずねる) -- 睦月 2021-09-29 (水) 20:53:17
    • (ジロコーのOBOGの中には地元に留まる者が少なくない この地に根を下ろして半世紀、水白市民の少なからぬ者たちが元クラスメイトや同級生だ)
      (中には彼女のように、三世代におよぶ交流を持つ者もいて)うむ、いかにも 其方の祖母が申しておったか 名は何というのじゃ?
      -- 2021-09-29 (水) 21:08:28
      • 本当なんだ!?じゃあ今は高校…何年生?(おおう、と感嘆しつつ実際何年いるのかが気になった)
        そそ、おばあちゃんも昔ここに通ってたみたい。名前は村田環、たまきおばあちゃん!
        あっでも、そのころは苗字違ったかもしれない!(結婚前なので)
        若い頃はボクに似てたっていってるー。もしかして会った事あるかな? -- 睦月 2021-09-29 (水) 21:14:23
      • おお、この間勘定したときには……(ひぃふぅみぃのと指折り数えて)50と幾年生じゃったわ! そろそろ干支が一巡する計算じゃな
        むらた、たまき………たまき…?(記憶の扉が開きかけたのを無理矢理こじ開けた)其方、おたまの孫か!!
        ころころとよう笑って、愛らしい娘であったわ 猫っぽいところはそっくりじゃな! というか、今も年賀状を出しておるぞ
        今年の返事に孫がどうのと書いてあったやもしれぬ……其方のことを申しておったのじゃな
        -- 2021-09-29 (水) 21:23:49
      • あんま覚えてないのね。にしても、それってだいたいの先生より年上って事だよね。すげー…!
        って、おたま!?ああでも、昔はお○○ってよぶのが普通なんだっけ(時代劇的な感覚でものを言った)
        (当時の祖母の名は鬼神楽環、思い出してもいいし思い出さなくてもいい)
        おー、おばあちゃんもくまりんもマメだねー。ふでまめ!あでも知ってる?最近はメールとかLINEで年賀メールを送るんだよ。それが今風!
        うん、1月に急にこっち来るのが決まったかねー(こくこくと頷く) -- 睦月 2021-09-29 (水) 21:30:20
      • 花子はお花、玉子はお玉じゃな そこまで昔ではないが、まだ白黒テレビばかりであったことは覚えておる……
        皆こぞってカラーテレビのある家に見にいっておったのじゃぞ そしておたまは、とにかく猫っぽい女子ゆえしっくりきておったのじゃ
        なんと、おたまもLINEやっておるのか!? 最近はパソコン教室に通う者も多いそうじゃな 市民アリーナでも時々カルチャースクールの催しをしておる
        パソコンやスマホを使わぬ者たちには、文をしたためて出しておるのじゃ 紙はいつまでも手元に残るゆえな 余白に絵も描けるのじゃぞ
        -- 2021-09-29 (水) 21:41:17
      • じゃあ、くまりん先輩はおくまだね!し、白黒…テレビ。ウワサでは聞いた事あるけど見た事ないやつ…。
        おー、なんか漫画だか映画だかで見たことある昭和の風景だ。そっか、50年前ってそうなるのか…。
        (なんならブラウン管テレビですら馴染みがない、そんな世代である)
        田舎のババアは暇なんだって言って、いろいろやってるよー。パソコンどころかネトゲとかも。
        なるほど、なんでも今風ってわけにはいかないんだね。それに消えちゃわないのもいいかも! -- 睦月 2021-09-29 (水) 21:54:25
      • 熊ではないが(熊ではないが)駅前のロータリーの辺りも舗装されておらぬでのう 雨が降ればドロドロにぬかるんでおったのじゃ
        この街にも歴史があっての、今のかたちになるまで其方の祖母らが力をあわせて築いて参ったのじゃ ゆえにこの地は其方の故郷でもある……
        むっ、おたまネトゲをやっておるのか!? よもやFF14などやっておらぬじゃろうな? コーサカにすすめられておるのじゃが
        消えぬといえば最近はぐーぐるどらいぶに写真をため込んでおるのじゃ あれは便利じゃぞ どこにおっても開けるのでな!
        -- 2021-09-29 (水) 22:15:56
      • 今の駅前からじゃ想像もできないねえ…(地方都市とは言え、今の駅前は開発されまくりで都市感がある)
        うーん、街をつくるってよくわかんないけど、沢山の人がものすごい手間と時間をかけてきたわけだ…。
        って、なんか歴史の授業みたいじゃん!ま、まあおかあさんの故郷ではあるけど!
        なんか色々やっては乗り換えてるみたいだよー。でも長く続けてるゲームもあるっぽいから、それかもね(詳しくはわからなかった)
        おお…なんだかデジタル化されてる…。か、紙に印刷しないんだ…?
        あでも、あんだけあったら印刷してらんないか(先日の猫写真の量を思い出した) -- 睦月 2021-09-29 (水) 22:22:56
      • 水白川も大雨が降ればたちまち溢れて、駅の辺りが水浸しになっておったのう……我も顰蹙を買ったことがあるゆえ、はっきりとおぼえておるのじゃ
        今は治水が進み、並木道まで整ってシャレオツなインスタ映えスポットになっておるがの! なんと信じられんことにスタバもあるのじゃ
        おたまの連絡先はわかるかの? あやつに問うてみるのが早そうなのじゃ 我もゲームは好きじゃぞ あれもある種の幻術よな
        紙にか? 最初は写真屋に出して刷っておったが、アルバムもかさばってしまってのう 別に文明の利器を嫌っておるわけではないのじゃ
        -- 2021-09-29 (水) 22:42:46
      • あー…東京、というか関東平野も大昔は沼だったって聞いた事ある!
        今は水白川も土手で溢れないようになってるもんねえ…って、なんでくまりん先輩がひんしゅく買うの?(どこかで並木道を作ることになりました)
        スタバはボクでも敷居が高い…そしてお値段も高い…!(先を越されたようでぐぬぬと唸る)
        おばあちゃんの…あ、電話番号でいい?(スマホを取り出し、祖母の電話番号を表示してみせる)昼間はだいたい畑にいるから、出ないかもだよー。
        げんじゅつ…幻?なるほど。そういう考えもあるかー。でも、そこで体験したって事はまぎれもない現実だよ(したり顔で知った様な事いった)
        そっか、まああの量だしねぇ。それに実物写真は色が抜けてきちゃうんだっけ。 -- 睦月 2021-09-29 (水) 22:49:19
      • 時々雨乞いを頼まれておるのじゃ 以前はもっと頻繁にやっておったのじゃが、雨が降ると都合の悪い人間もおってのう
        しまいには雨を寄越せだの、降らせるなだの言う者同士で争いだしたのじゃ 今は段取りがきちんと決まっておるゆえ争いはないぞ、うむ
        其方もあと60年もすれば畑でナスやキュウリを育てておるやもしれぬな 漬物にして孫に食わせたりし始めるのじゃ(連絡先に登録した)
        ふふふ、睦月もゲームは好きそうじゃな いつかぶいあーるというのもやってみたいのう(手を出すタイミングを逃したパターンであった)
        記録を残すというのは大変なことなのじゃ ふろっぴーもいつの間にか読めなくなるしの 紙は千年持つというが、今更戻るのも難しかろうよ
        -- 2021-09-29 (水) 23:34:20
      • 雨ごい…雨降らせれる儀式的なアレだよね?それって本当に…(くまりん苗字に思い当たる)…あー!(なるほどーと納得した)
        昔はあんま雨降らなくて水不足になったりもしたんだっけ。なんだかお天気も難しいねえ…。
        (最近、令和からこっちは水害のニュースをよく見るが、当時はそうでもなかったのかとふむふむ)
        あはは、歳とったらそういうのもいいかもね!でも流石にまだそんな先の事は考えらんないよー。
        ゲームは、まあ人並みくらいかな。外で美味しいもの食べるほうが好き!
        なんで言ってたらおなかすいてきちゃった!(ぐぅーとなるおなか)満腹も千年続けばいいんだけどね…。
        てわけで、ボクはおやつ食べいくね!んじゃまったねー!おばあちゃんにくまりん先輩のこと言っていくね!
        (手を振って郊外…駅の方向へと小走りに向かっていった) -- 睦月 2021-09-29 (水) 23:52:56
  • こんにちはー、分先輩って「雨竜」ですしドラゴンですよね…?(セーラー服の分に学校の廊下で見つけ、話かけて第一声)
    ……本体はやはりトカゲ系ではなく長い東洋の龍な感じで? その場合…肉と甘い物どっちがお好きです? なお今は甘い物を進呈する用意しかないです
    (どこでやら買ってきた羊羹入りの箱を見せる) -- 勇樹 2021-09-30 (木) 21:29:25
    • おおかた其方が考えておる通りじゃな 水分神社の祭神、天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)に縁あるものとされておる
      さておき、まことの竜をはじめて目にしたわけでもあるまい? いや、実物に逢うたのははじめてかの?
      2-Aにもうひとりおるのじゃぞ エレーナといって、あやつはまた異境の竜よ……我の好物は酒じゃ 酒を好まぬ竜などおらぬ
      甘い菓子も好んでおるが……土産とな? ほうほう、殊勝な心掛けじゃのう!(中身が気になる様子)
      -- 2021-09-30 (木) 22:21:46
      • 天之水分大神。(水分神社は知っていても祭られている神の正式名称は把握していなかった。勉強不足)
        火を吐くでっかいトカゲといえるものは見ましたけどあれを竜というのは分先輩に失礼かなと思うので初という事で
        ああー…遠目には見た事あるな。角が凄い綺麗で目立つ子。酒! 酒かぁー! すいません購入には年齢が足りません、親父に買ってもらうか
        お、甘い物でもいいならいけそうだ。はい、どうぞ。傷を治してもらった恩は念入りに返そうと思って…ありがとうございました。(箱を差し出した。包装を剥けば羊羹だと分かる) -- 勇樹 2021-09-30 (木) 23:09:28
      • 火を吐くトカゲとな……勇樹よ、それは棒切れを器用に使うサルを見たと申しておるようなものじゃぞ(ぷんすか怒りだしたような様子はなく)
        竜には気位の高い者も多くおる、というより人を見下しておる者ばかりじゃ 平たく申すと面倒な連中よ 無用の舌禍を招かぬように心するがよいぞ
        ふふふ、其方もあの美しさがわかるか! エレーナの角は金色でピカピカなのじゃな 酒を貢げとは申しておらぬ 持ち物検査で一発アウトじゃろうが
        菓子も嬉しいぞ 十分すぎるほどじゃ 痛そうにしておったゆえ、気まぐれに見てやったまでじゃが……律儀じゃのう 今時珍しいのじゃ(有難くいただきました)
        -- 2021-10-01 (金) 00:05:04
  • 雨竜さんってさ。(放課後の勉強、その一時の休みに)
    どうして黒のセーラー服を着ているの? 似合ってるけど。理由を聞いても? -- 高坂綾 2021-10-01 (金) 23:24:52
    • (小休止の合間に発見した野良猫の写真をTLに放流していた)ふむ? どうしても何も、これはジロコーの制服じゃぞコーサカよ
      今はぶれざーに変わっておるが、其方らの母親よりも前の世代は皆これを着ておったのじゃ 其方にも似合いそうじゃのう
      -- 2021-10-01 (金) 23:47:16
      • そうなんだ。(今は違う制服で、私もそれが当たり前だと思い込んでいたけど)
        歴史って変わるんだなー。(そんなことを感慨深く言って)似合うかな。今度、制服交換する? -- 高坂綾 2021-10-01 (金) 23:49:31
      • モールに入っておる服屋で今でも仕立てをやっておるぞ 昔の型紙が残っておってのう これも幾たびか修繕に出しておるのじゃ
        制服交換……じゃと…?(ホワンホワンホワンと想像してシャーペンを取り落とす)おお、面白そうなのじゃ 我もニンジャになれるかのう!
        -- 2021-10-02 (土) 00:51:33
      • なるほど……大事に着ているんだね。(自分が着たらどうなるだろうとか妄想して)
        いや、ニンジャは訓練してなるものだから。(中空を切るツッコミ)あー…ここがわかんないですぅ…(問題を指して) -- 高坂綾 2021-10-02 (土) 00:54:06
      • 今でこそ特別な制服ではなくなったが、我がはじめて袖を通した頃には憧れの的だったのじゃぞ この制服に惹かれて通う者もたくさんおったのじゃ
        ならばその訓練をしてみたいのじゃ バイト代(ファミレスのパンケーキ)もなしでよいぞ! さぞかし厳しい訓練なのであろうな……
        万にひとつも極道に後れを取ってはならぬがゆえ(ものの本で読んだニンジャ真実の一端を開示する)む、そこは前後の文脈から判断できるのじゃ(シャーペンを拾って解説する)
        -- 2021-10-02 (土) 01:37:37
      • へー。じゃあ思い出の制服だ。(服に歴史あり、学校にもまた)
        ええ……私、物心ついた時から訓練しててまだ人に教えられるレベルになってない…
        極道と戦うことは多分ないから。(ツッコミ)あ、そっか。ここだけ読んでもわからないやーつ。 -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 00:15:43
      • なん……じゃと…? 極道と戦わぬなら何と戦っておるのじゃ……極道の怪異か…?(ホワンホワンホワンと極道がくねくねしているさまを思い浮かべる)
        我もさほどに詳しくはないが、水白にニンジャがおったという話は聞かぬのじゃ 其方はいずこか他所の生まれじゃな ニンジャの里というのは実在するのかのう?
        以前は暗記でゴリ押しできたものが、この頃は読解力も求められておる気がするのじゃ 其方らには、生きた言葉として使ってほしいのじゃろうな
        -- 2021-10-03 (日) 01:20:42
      • 極道も怪異も怖いのに極道の怪異とか泣いちゃうなー。(棒読み)
        うん、九州の高坂忍者村出身かな。かなりのド田舎だけど観光する分には割と楽しいよ。(考え込んで)…忍者の里はないです。(なかった)
        ……問題もレベルアップしてるんだね。しなくていいのに。(ぶちぶち言いながらその日もしっかり勉強し、その後二人でファミレスに行ったとさ) -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 01:33:45
  • 見つけたー。ウワサのドラパイセン発見ですよドララー。でもパイセンすっごい留年してるらしいし、ドラパイパイセンって感じかもドララー。
    ってワケでこんにちゃー(四本腕の1年生が四本腕をぶんぶん振ってアピール) -- めぐ 2021-10-02 (土) 10:12:35
    • ほう? 我の方から近づいたならいざ知らず、探して見つけ出すとは大したものじゃのう であれば、其方は仙縁を得ておるのよ
      それは万人が生まれながらに有するものではない 大切にするのじゃぞ(両手をふり返してぴーすぴーす)新入生じゃな 我は雨竜 分という
      -- 2021-10-02 (土) 21:02:08
      • マジで?ドラドラパイパイセンセンってそんなレアキャラだったんだ…。引き当てちゃったかー
        わたしのKP(神パワー)でSSR当てちゃったかー。(なおこのKPが実在するか否かは専門家の間でも諸説あるとかないとか)
        はーい。1年A組ー、蓬徒夜 巡(よもぎとよ・めぐ)ちゃんでーっす。よろしくお願いしマスくまりりんパイセン!
        あ、それでねそれでね。パイセンが水白川に詳しい水白川のプロだって聞いてきたんですけどー(四つの手で順番にぴーす作って答えながら) -- めぐ 2021-10-02 (土) 21:09:57
      • 普通は捜しても見つからぬものじゃ 一生探し求めても巡り会えぬのが当たり前……幾世代かかけてようやく、ということも珍しくはないのじゃ
        まあ、我はそこまでではないがの 確実におるであろう場所を訪ねて回れば、当然にそこにおるのじゃ 授業中の教室とかのう
        よもぎとよ、めぐ……メグ・ライアンと同じじゃな 最近銀幕からは遠のいておるようじゃが……よもぎとよ、というのは耳慣れぬのう
        水白のせせらぎのことで訪ねてくるものは珍しいのう 水の生物を学ぶものか、あるいは野生のダムマニアじゃろうか……?
        -- 2021-10-02 (土) 21:31:52
      • う〜ん?つまり激レアだけど、クエストクリアで必ず1枚はもらえるSSRパイセン…ってコトかー(現代的JKな納得の仕方?)
        そそ。英語の国でもちゃんと名前呼んでもらえるようにー、って。そんなキモチもあってつけた名前なんだって。
        よもぎとよ のほうは…あはは、実はわたしもよくわかんない! 母が外の人らしいんでー、水白じゃ他にいない苗字だと思うー
        (と、お互いにひととおり自己紹介っぽいことを済ませた後)
        あ、ダム、はすこーしだけ関係あるかも。 特に聞きたいのは…水白川の人柱のコト。
        ナニに人柱を捧げてたのかなーとか、効果あったのかなーとか、あとは…なんで今は詳しいことを知ってる人がほとんどいないんだろー、とかとか。
        くまりりんパイセンは知ってる?そのへん?(ちょっと体を横に揺らして、いわゆる小首を傾げるしぐさしながら尋ねます) -- めぐ 2021-10-02 (土) 21:52:26
      • 大雨が降れば沢に水が満ち、流れ下って市内に溢れる そして其方らの暮らす場所を水浸しにする……大昔から繰り返されておったことじゃな
        人柱の風習について調べておるのか? 我もさほどに昔からこの地におった訳ではないゆえ、宮司から聞いておる話しか知らぬのじゃが……
        氾濫を鎮めるのに犠牲を捧げる、というのはよくある話じゃ 古い時代の地誌を根気よく調べてみれば、何ぞわかるやもしれぬのう
        水白ダムができるまでは、駅のあたりまで水に浸かっておったそうじゃ 水分神社でも水に関わる神性を祀っておるが……
        我がこの地へ参ったとき、神と呼ばれるものはすでにこの地を去っておった 大きな声では言えぬが、空っぽじゃったわ!!(大きな声で言ってる)
        -- 2021-10-02 (土) 22:28:54
      • まーねー。大雨が山の豊かな土を流して平地まで運んで、古きを洗い流した後に新たな生命が芽吹くってのは、自然の理ってヤツだもんねー
        だからこそ、自然の理と人の理で折り合いつけるため治水するんだろーけど………あら、人柱自体はパイセンが来るより前の話なんだ
        (「そりゃそっか。くまりりんパイセンが来た後も続いてたら、パイセンが…犯人です!だもんねー」と、ちょっと安堵の表情で納得しつつ)
        ほほうほう。逆にかんがえるとー、ダムができたあたりが分かれ目なのかな?文字どおり分水点ってヤツ?(右上下の二手をあごに当てて考え込む)
        …って、いなかったの!?水の神とか川の神とかそういうの!! まーさーにー無責任じゃん!クソじゃん!!
        あ…でもそれって………くっくっく…わたしが水白川の新たなる神の座を狙うことも可能…そういうコトに…なるね!
        (アシュラマンが悪魔将軍の座に興味を示したときの顔で言います。細かすぎて伝わらないモノマネ) -- めぐ 2021-10-02 (土) 22:56:11
      • 水が溢るるのは自然の道理よ 雨が降れば山が潤い、それも過ぎれば濁流となる 流れたあとには沃土が残り、新たな草木が生えて栄える……
        すべては天然自然の理のうちに営まれておるものを、人の意志でせき止めておるのじゃ ひとつひとつは小さな天命じゃが……
        人の都合で、命ひとつで捻じ曲げられると思うておるのか? 生贄の儀式など其方らの自己満足よ 何もせぬ訳には参らぬがゆえ、しておったのじゃろ
        ダムは科学の勝利じゃな 水分神社の主が去ったか死んだか、はたまた元よりおらぬのか我の知るところではない 大切なのは、すでにおらぬということじゃ
        ゆえに今は、我が祭神の代わりをやっておる(社殿に住み着いているらしい)元々似たような仕事をしておったのでな
        -- 2021-10-02 (土) 23:31:51
      • (人の命ひとつで自然の理を曲げられると思うのか、と問われれば)
        いや、ぜんぜんー(あっけらかんと、少しだけ眉をハの字にして、哀しみかそれに似た感情をちょっとだけ乗せて答えた)
        …やっぱ無意味だよねぇ人柱なんて。無念だよねえ人柱にされた人も…残された人も(そうしてふうっと溜息を吐いて)
        とにかくっ。くまりりんパイセンのお陰で、ちょっとずつ糸がつながってきたよ。
        水白川の護り手の不在。無意味な多数の人柱。水辺の幽霊………うん。澱んでる、ね。(後半はほとんど独り言)
        (そして少し遅れて、「今は我が祭神の代わり」との言葉の意味を理解して)…ええっ。じゃあじゃあ…
        わたしが水白川ゴッデスになるためには、パイセンと勝負して勝たなきゃいけない、って…コト!? -- めぐ 2021-10-02 (土) 23:53:39
      • 祈りが天に通じ、捧げ者には見返りがあると……信じておったのじゃろうな 後の世のものが嗤うのは容易いことじゃ
        じゃが、その時代その場に居合わせておったならば……止めだてのできる者はおらぬじゃろう 我らは無意味と知っておるが、所詮は後知恵よ
        なんぞ聞き捨てならぬことを申したのう? 陰気の澱みのごときものがあると申しておるのか? 水源地の周りはさほどに汚れておらぬがの
        …………ん? 其方、何を目指しておるのじゃ……旨味もなく、張り合いのない仕事じゃぞ 民の崇敬は薄れ、封地も食禄も給金もない
        何より東方の竜といえば、河川の妖精さんみたいなものじゃ 代わりの者を連れてくるというならまだしも、少々厳しくはなかろうかの……?
        -- 2021-10-03 (日) 00:11:30
      • そーそー。後の世の人が、無為だ愚かだと嗤うのは簡単なことだし、簡単だからこそそういう思いが溜まってく…
        …あ、陰とか陽とか、邪とか聖とかじゃないです!たぶん!(顔の前で四つの手をわちゃわちゃ振って)
        パイセンの言うとおり、神も魔もいないむしろ空っぽの状態でー。空っぽだから、おっきな器でむしろマズいかも、って。
        (そして四つの腕をそれぞれいい感じにキめ、カッコイイポーズ!)
        崇拝も土地もいりませーん!ご飯とお金は貰えるなら貰いたい!でも贅沢は言わない!
        流れるべきものがあるべき姿で流れられるよう、いい感じにしたいだけでーす!
        だってほら…そうだ!わたし、「賢淵の絡新婦の末裔」ですから!淵とか水とかのプロですから!だからだいじょーぶ!
        (後半はちょっと…いや、かなり「今、設定を思いだした!」ってノリの喋りでした)
        ってワケでー。いつの日か、わたしがくまりりんパイセンの前に立ちはだかる日がくるかもしれない…こないかもしんない
        とにかく今日はいろいろ話してくれてアリガトございまーす!………ううっ、頭使いすぎた…KPが足りないっ…!!
        (四つの手をひらひら振ってあいさつした後、すこーしふらふらした足取りで帰っていきました) -- めぐ 2021-10-03 (日) 00:39:39
  • (昼休み中に屋上で昼食を取ろうと上がるとすでに馴染みになっている黒いセーラー服の女子を見つけ)
    なあ、雨竜さん。ちょい聞いていいか?アンタ高坂さんとこの活動って前からやってんのか?
    (何年も前からこの高校に居るという相手に色々と疑問を投げかける事にした) -- 2021-10-03 (日) 20:10:08
    • (高いところに登りたがる性分なのか、屋上の出入口のさらに上に登って風に吹かれていた 声がかかれば身を起こして、ぐっと伸びをする)洋助か
      平坂会のことじゃな(くぁ、と欠伸を嚙み殺す 実に長閑な時間が流れていた)はじまりの頃からその名で呼ばれておった訳ではないがの
      なんじゃ、会誌でも作ろうとしておるのか? 表紙の絵には何がよいかのう……
      -- 2021-10-03 (日) 21:01:58
      • いや、単純に気になるだけ…(言いながら声が遠いので)
        登っていいか?流石に声が遠いわ(一応一言許可を入れてから給水塔がある場所へあがる)
        過去にどういった経緯があってあそこが出来たか、アンタはなんで入ったのか、とかだな
        (言いながら下を見下ろす)相変わらず見晴らし良いな。基本ココは取り合いだわ
        (自分も良く利用しているからこその感想を呟く) -- 2021-10-03 (日) 21:25:30
      • ふむ……(屋上を吹き抜ける風を遮るものはなく、艶々とした黒髪が風にあおられてそよいでいる)
        はじまりのいきさつについてはコーサカに訪ねるがよい 我も最初からおった訳ではない……というより、別々に動いておったのじゃ
        洋助よ、あまり居座るでないぞ 其方の後輩が寄りつけぬであろう(懐を探って梅昆布の赤い紙箱を引っ張りだして)
        (一枚舌の上に乗せて、隣の洋助にもすすめる)ん……
        -- 2021-10-03 (日) 21:43:39
      • 高坂さんにね…(やはり色々聞く必要があるのかと、改めて得心が行き)
        あ゛〜?…やだね。ここは俺の特等席だよ、卒業するまで誰にも譲らねーわ(雨竜の忠告には笑って否定をして)
        随分渋い趣味だな…?(勧められるままに一枚手に取り口に入れる)
        (口に広がる酸っぱさに顔を顰めつつ)別々に…?というか聞いていいかい?何が目的だよ?
        (不思議と彼女に関しては自分。というより自分の中に居る者に近しいものを感じたため、気になって聞いた) -- 2021-10-03 (日) 22:12:06
      • なんじゃとぅ……こればかり喰ろうておるわけではないぞ よっちゃんとかBIGカツとかあるじゃろ そういうのも嗜んでおる
        目的にもいろいろあるが、何の目的の話をしておる? 我が夜な夜な其方らに付き合うておる目的か?
        そもそもこのジロコーにおる目的か? いや水白の神社で管を巻いておる目的か? あるいは、まだ俗世を去っておらぬ目的か?
        まあ、何にせよじゃ 答えは問うて得られるものではない それは横着というものじゃ 頭を働かせ、当ててみるのじゃな
        (ロングスカートの下で脚をゆらゆらさせている)間違っておってもよい 其方は何を問おうとした 其方がそれらしく思う目的を挙げてみよ その理由もな
        -- 2021-10-03 (日) 23:49:08
      • 基本的に駄菓子なのな…(安上がりだなと笑いつつ)
        (後の問答とも言える返答に対しては、暫く…いや、かなりの時間を有して考えこみ)
        …いや、まったく全然分かんねぇ(こうなった。それはそうだ。元々はただの人間だった男に何百年と生きている者の思考が分かる訳もない)
        (ただ、ひとつだけ彼女の性格をかんがみて出た答えはひとつだけ)
        …面白いから?(これだけだった。およそ彼は他人の心を考察するのに向いている人間とは言えなかった) -- 2021-10-03 (日) 23:55:51
      • ブブー! 大外れなのじゃ(腕を交差させて大きな×印を作る)我ほど判りやすいものはおらぬじゃろうに、判らぬとは何ごとじゃ
        判らぬなりに考えて、出した答えがそれとはのう……洋助よ、物事にはいくつもの側面がある ひとつの問いに、答えもひとつとは限らぬのじゃな
        目的のひとつは、活きのよい神秘を喰ろうてやるためじゃ 異界を彷徨う怪異どもと、我のあいだに本質的な違いはない
        いかなる存在であれ、衰微は避けられぬさだめよ 古の事跡に胡坐をかいておった者らは衰え、皆落ちぶれていった 事程左様に神秘の薄い時代じゃ
        たまにはああして、喰ろうておかねばならのじゃな(くねくねの踊り食いをしていた姿が記憶に新しいかもしれない)他には、何か思いつくかの?
        -- 2021-10-04 (月) 00:12:17
      • (答えを聞いて納得…)いや、分かる訳ねーだろ(できる訳が無かった)
        つーか、かなり考えても普通の人間は出てこねーからな!その答え!
        …どうも浮世離れしすぎてんなアンタ(頭を掻きつつ)
        でもまぁ、喰っていかなきゃ弱るっていうのは分かった。…で、それは多分アンタだけじゃなくって
        (自分の胸に手を当て)コイツも同じって事だな?だから必死こいて色々なものを食おうとするわけだ
        …なるほど、なんで得物を探し回ってるのかって理由にもちょっと納得が行ったわ
        (と、雨竜の言葉を聞き、逆に自分の中に巣くう存在への理解が深まるのを感じる) -- 2021-10-04 (月) 00:24:11
      • 喰わねば飢えるは人も同じよ 怪異を形づくるものは神々のなれの果てじゃ 信仰の残滓ともいえるかの
        そこに「我が喰ろうてやった」という概念を書き足してやればどうなる? その者はたちどころに消え、我が力を増すというわけじゃ
        まあ、明日をも知れぬ命……というほど切羽詰まっておるわけではないがの 他にはないのか? 判らぬなり考えるがよいぞ
        其方の虫のことは知らぬ 其方に巣食ったということは、単体では永らえぬこともかなわぬほどに弱っておったのじゃろ
        あるいは、其方という人間に何らかの利用価値を見出したかじゃな(ふと、隣に腰かける少年の横顔を見る)そうじゃ、洋助よ
        -- 2021-10-04 (月) 00:58:23
      • 喰わなければ飢える…確かにそりゃそうだわな…(納得しながら、後の説明を受け)
        いや、アンタ俺に…いや、オレの中に居る『コイツ』に近しい感じがしたから色々気になってな
        コイツ基本的に聞いても自分の事はあんま喋んねーから…サンキュー参考になったわ
        …なるほどね(自分を助ける為に内に入ったと言っていたが、実の所向こう側にも都合があったのかもしれないと思い足り得心する)
        (「オイ、どうなんだよ。」と内心で『饕餮』へ喋りかけても返事はなく。代わりに隣で声がして現実に戻され)
        ・・・あん?何ヨ?(その戻した相手へと視線を向けた) -- 2021-10-04 (月) 01:10:53
      • 其方、洋助か?(ざわ、と風が騒いで一瞬の沈黙に包まれる)

        我を探し、話しかけ……判らぬなりに知恵を絞り、今は殊勝に頷いておった(じっと目を見る)其方は洋助か?
        そう思い込んでおるだけの虫ではないのか? 其方の虫は……其方の身体は元より、自意識さえも容易く奪えよう(その実例を身をもって知っている)
        我にはどちらとも判断がつかぬ 千里の彼方をも見通すがごとき目を持たぬのでな ゆえに問わねばならぬ 其方は洋助か?
        -- 2021-10-04 (月) 01:20:17
      • (風に吹かれてオールバックに撫でつけた洋助の紫色の髪の毛が一筋ほどけ、額へかかった)
        …急に哲学的な話になったな…(しかし確かに彼女の言っている事は全くその通りだろう)
        (普段はこうして内なる『怪異』を抑え、言う事を聞かせてはいる)
        (しかし、ひとたび飢えたそいつが牙を剥けば、自我どころか体の自由さえ容易く奪われる)
        (それは現に目の前にいる彼女が何よりの証拠であった。あるいは彼女が言うとおりに)
        (すでに洋助という存在は消えており、今いる自分はただの別の何かという事もあるのだろう)
        (その事実に気づかされ、冷えた心に不安と恐怖の風が吹く。しかしそれでも)
        どうだろうな…分かんねぇわ。分かんねぇけど…(短く息を吐き、雨竜の緋色の瞳を見据え)
        そう聞かれるのなら、俺は俺だって言い続けるさ。事が終わる最後までな
        (足搔く。答えは分からないが、自分は自分だと最後まで抗ってやる。そう決意を覗かせる返答をした) -- 2021-10-04 (月) 01:40:36
      • うむ、悪くはない答えじゃ(本当のところはどちらとも知れない 真相はどうあれ、判らないならば自ら思い定めてしまえばよいまでのこと)
        それ以外に答えようがないともいうがの(問われて頭を抱えだしたり、あまつさえ虫に乗っ取られるわけでもなかった)
        (自分なりの答えを落ち着いて考え、口にできるだけの強さがあるということだ)おのれのありようはおのれにしか定められぬ
        其方が申すからには、そうなのじゃろう 虫は其方に利があると見ておる しかと手綱を握っておれよ(二枚目の梅昆布を口にして、洋助にも勧めた)
        -- 2021-10-04 (月) 02:05:58
      • ・・・そうか?(我ながら哲学的な事とは無縁だなと自嘲しつつ立ち上がる)
        そういう事…まーまた迷惑かけっかもだけどな。そん時はひっぱたいて起こしてくれ
        (言いながら、出された梅昆布をみて)…いや、やめとく。あんま食べると気持ち悪くなりそうだ(謝辞を示し)
        …雨竜さん。サンキューな(短く礼を述べるとその場を離れるのだった) -- 2021-10-04 (月) 02:14:50
  • (夏も近付き青い葉が増えてくればそれだけゴミ掃除も増えてくる、サッサと溜まる前に掃除をしていると目につく竜女)
    (見る度に奇っ怪な感情が湧いてくる…なんで神代の代物が自身の事を特に隠しもせずに学生をしているのかと)
    (なので本来高位の存在への過干渉は望まれない立場なのだがつい掃除をしながら声を掛けた)あの…すみません、一つお尋ねしたい事が
    ああその前に自己紹介を、私は異なる世界から訪れた魔族であるマルベリーと申します。神の身に見えぬモノは無いとは思いますが言わぬのも非礼と思い名乗らせて頂きました
    それで…その、質問宜しいでしょうか? -- 桑野 2021-10-03 (日) 23:07:23
    • (視線を感じて気配をたどれば、何か言いたげな彼女と目が合った お掃除中の用務員さんだ)我か? 我に問いたき儀があると……?
      まれびとのマルちゃんじゃな(近づいてみれば頭ひとついやふたつ分近くの身長差があって、ほどほどの距離感で足を止めた)我の名は雨竜 分という
      雨の竜に、水分の分と書いて「くまり」と読むのじゃ 不思議な響きをしておるじゃろう 其方のことは見知っておるが、直に話すのは初めてかもしれぬな
      ちなみに我は犬派じゃ カレーは少しずつ崩して喰らい、卵はよく火が通っておる方が嬉しいタイプじゃな 例の菓子は回転焼きと呼んでおる
      -- 2021-10-04 (月) 00:01:44
      • こちらの世界では桑野実と名乗っています、魔族の名というのはあまり名乗りすぎると縁となりますので
        (一旦手を止めて胸に手を当てて、神を喰らうと口にする魔界の出だが敬意を払うべき相手には払うようだ)
        ええ、あまり魔と神が交わるのも良しとは思いませんでしたので…くまり、みくまりのかみですか。水を分配する神、つまりは山の神性にして豊穣の神となりますね
        貴重な個人情報有難うございます、可愛い犬の写真が撮れたら送りますので。それはそれとして…相当に高位の仙道の神と見ましたが何故、学生に?(その表情には強い困惑の顔) -- 桑野 2021-10-04 (月) 00:20:30
      • 其方は己を卑下して申しておる様じゃが、我もどちらかといえば其方らの側よ 何せこの身は、一度は人の世のはじまりを阻まんとしたのでな
        それも叶わず、今は故国を遠く離れて水分の神の代わりをしておるだけじゃ さよう、この地には信仰を集めておったはずの神がおらぬでのう
        忘れ去られたか、隠れておるのか……はたまた誰ぞ不遜なるものに弑されたか、まことのことは我にもわからぬ 代役にすぎぬのでな
        写真といえば、まあ猫も好きじゃぞ(スマホをつついてついったーのクライアントを立ち上げ、水白の野良猫専門の写真垢を見せる)
        野犬がおれば写真に撮るのじゃがな、不思議とさっぱり見かけぬのじゃ して、ジロコーにおる理由をたずねておったかの? 其方はどう思う?
        -- 2021-10-04 (月) 01:10:19
      • いえいえどちらかと言えば必要な区分です。我等の王は神と名乗るのならば全てを地の糧とすると、まあ、随分な事を仰っていますので
        ただ地に根差してヒトと共に在る神はどうもその…(類ではないようだと口にしようとして喉を抑える、声が出せないようだ…何か尋常ならざる何かとこの娘は紐付けられている)
        (少ししてあーあーと喋りだして)申し訳ありません少し語りすぎました、ですがそうですか…やはり渡来の神、となると…開発か何かで神地を破壊されましたか
        この地に神が今は居ない理由は私も分かりませんが代役あらば安定するでしょうし良い事かと(写真垢を見るとほぉーと気の抜けた声、動物には疎いらしい)
        野犬はこのご時世駆逐されたそうです、危ないので…(どう思う?と問われれば首を傾げる)青春がお好みですか?…冗談です、若かりし才を見るのが好きなのでしょうか
        (今一つ神の求めるモノというのが理解出来ていないのか首を傾げながら、50年ダブっているという情報も混乱に一役買っている) -- 桑野 2021-10-04 (月) 01:30:56
      • この世ならざる世界の出と申しておったが、さように気合の入ったのがまだおるのじゃな とうの昔に皆滅びたかと思うておったわ
        神、神というが、とどのつまりは地仙の類じゃ 蓬莱とはすなわち一島ことごく仙境たる幽玄の国じゃ 力ある地仙が神と呼ばれておったのじゃな
        ……ん、駆逐されたじゃと? 人に害為す病を持つものも多かったゆえ、致し方ないとはいえ……どうりで最近見ない訳なのじゃ
        我は後の世を見ておるのよ 人の世のはじまりを挫くことは叶わなんだが、かの敗戦がまことの天命であったのかどうか……
        我らが誤っておったのか、後の世をこの目で見れば確かめられよう? 其方の推量も幾分か当たっておるのじゃ 人間は若いのに限るゆえな
        -- 2021-10-04 (月) 02:15:17
      • ああでは貴女は…この世界では3000年前の生き残り、と言うのもおかしな話ですか。不滅を封じる封神台をヒトが壊したのですね、…呂尚の苦労も水の泡ですね。
        (この世界の知識を女は書物からある程度知っている、それが単なる神話でないのならばヒトの世を齎した大英傑の苦労も重機で崩されたのかと苦笑する)
        生物として強すぎたのもあるようです、群れればヒトを幾らか食い殺すも可能ですからね彼らは。…あまり世相は気になさらないようで
        そういう事ですか、貴女の正体共々と兼ねて合点が行きました。その結果は恐らくもっとずっと待たねば分からない事だとは思いますが…
        私から見て少なくともまだ滅ぼすには早いとは思いますね(そんな事を真面目な顔で口にすれば一礼、知りたい事は知れた)
        ご協力感謝致します、卑賤の身ではありますが此度の分のお礼は如何ようにも(ペコリと一礼、チャイムが慣れば掃除へと戻っていった) -- 桑野 2021-10-04 (月) 02:45:21
  • 🐉 -- 2021-10-04 (月) 21:17:38
  • 🐲 -- 2021-10-04 (月) 21:17:44
  • 🐉 -- 2021-10-04 (月) 21:17:49
  • (時折水分神社にも時折参拝に来る信心深い神社の子 参拝の礼節もきっちりしている 不良と呼ばれるのが妙なほど)
    (そして参拝に来れば、偉大なる先輩に挨拶にも来る)ちわっす。雨竜先輩(この男が先輩として敬語を使うのは雨竜位のもの 無論教師勢より更に年上だからというのもある)
    つまらんもんですが、どうぞ(仙台銘菓「萩の月」を差し出す こちらは先輩にというより神使に対する捧げ物的な意味合いか) -- 真榊 2021-10-05 (火) 21:22:52
    • (持ち運びのできる最新ゲーム機でモンスターをハントするゲームをしていた)む、む? その声は神社のせがれの…何じゃ……待て、待っておれよ…!
      ぬああぁ……(アクションゲームを遊んでいるときは身体が動くタイプらしい)っしゃあ!!! やってやったのじゃ(倒した竜から素材をはぎ取って小休止を入れて)
      よう参ったのう(社殿の奥から顔を出した 菓子に気づけば眉毛が持ち上がって)ほう、それは仙台の菓子じゃな 其方、生まれは向こうであったか
      -- 2021-10-05 (火) 22:05:07
      • ……モンハンやってんスね。失礼しました(それが分かる程度にはゲームにも嗜みのある男 大人しくクエスト終了まで待つ)
        (ファンファーレと剥ぎ取り音が止み、雨竜が顔を出したところで改めて一礼)ええ、櫻岡大神宮っす(天照大神を祀る神明神社 歴史は伊達政宗の頃にまで遡る神社だ)
        割と仙台も近くですから、食べ飽きてたら申し訳ないッス。お土産がなかなか思いつかず(コミュニケーションの点では疎い男である) -- 真榊 2021-10-05 (火) 22:29:26
      • 顔も名前も知らぬ者らと遊んでおるのじゃ 佳い時代になったモノじゃのう 何より竜がリアルでよいのじゃ さながら生けるがごときありさまよ
        ポケモンもやっておるぞ はじめは赤と緑に分かれておったのじゃ 存じておったかの?(社殿の片隅に持ち込まれた給湯ポットを使って茶を淹れる)
        (日本茶に似た色味をして青々と薫るそれは安渓の観音王だ)謙遜は程々にしておくがよい 其方は子供よ 大人の真似などせずともよいのじゃ
        -- 2021-10-05 (火) 22:54:31
      • ネット協力プレイスか。俺ソロプレイ派なんで……(ゲームでも孤独!) 確かに俺が子供の時のやつよりリアル感増してますけど。もっと前から見てると感動するんすかね?
        俺の頃は黒いのと白いのでしたかね……(DS世代だ!)赤と緑、リメイク出てたんでしたっけ(それすら彼の生まれた前後である)
        まぁ……それは分かるんですが(自分を子供扱いしてくれる人はあまり多くなかった 櫻岡大神宮の跡取りであり、早くから神社の手伝いをしていた身であり、さらに……)
        ま、あまりお気になさらず。身に染み付いちまってるんスよ 神社絡みのこと抜きにしても大先輩なんスから(正座もビシッと背筋まで決まっている) -- 真榊 2021-10-05 (火) 23:12:07
      • 昔は通信ケーブルというのを使っておったのじゃ 互いのゲーム機に挿して繋ぐのよ……うむ、新しいゲームが出るたび実写と見まごうリアルさよと驚いておるのじゃ
        そのうち、山河を震わすがごとき大音声だの、獲物を喰ろうたばかりの竜の……吐息の荒ぶるさままで再現されるのやもしれぬのう
        よほど厳しく躾けられておったのじゃな 神秘を正しく畏れることは、其方の身を守ることにも繋がろう いかな存在であれ、折り目正しくしておるものには無体を働けぬが道理じゃ
        (真榊にも茶をすすめて)それはそれとして、あと半月でテストじゃぞ 勉強は進んでおるのじゃろうな? かような場所で油を売っておって、落第しても知らぬのじゃ
        -- 2021-10-05 (火) 23:39:13
      • 有線通信……メンドそうっすねそれ 良くそれで流行ったもんだな、ポケモン(DS世代は既に無線通信だ!)
        PS5とかとんでもなかったんだけどな。あれですら古臭く感じる日が来るんスかね?(持ってはいない 店頭デモで見ていただけだ!)
        でしょうね。神道のみならず仏さんやら基督の神さんやらも畏れ敬うようにと。日本は八百万の神の国ですから(茶を勧められゆっくり飲む 熱い茶も割合平気)
        不安があったら図書室に籠もってるッスよ。普段からちゃんとやってるならこんな風に息抜きの時間も作れるんス。普段サボってて必要なときだけ才能でゴリ押しするような奴とは違います
        (明らかに特定の誰か(妹)をディスるような物言い! しかし実際真榊には余裕がある 不良なのに真面目!) -- 真榊 2021-10-05 (火) 23:59:20
      • この方向で突き詰めてゆくと、終いには幻術と変わらぬ有様になるのじゃろうな 其方らはやがて壺中の天に囚われ、醒めぬ夢を見続けるようになる……
        かもしれぬが、そうでないかもしれぬ 夢と現の境さえわからぬまでに分別を失くし、溺れ果てるほど愚かでもあるまい(お土産をお茶うけにいただく)うむ、美味である
        神とは言うが、八百万の地仙のごとき者らとでも申したものかの 旧き神秘は力を失くし、今では己がかたちさえ満足に保ち得ぬ 気付けば俗世を去りゆくものばかりじゃ
        この社におった者もその一柱じゃ(濃いめに出た二杯目の味を楽しむ)なんじゃ、高を括りおって……真榊よ、足元を掬われぬように心するのじゃぞ
        -- 2021-10-06 (水) 00:14:33
      • ホログラムとかサラウンド音声?とか発展したらマジで現実とゲームの境目わかんなくなりそうスね。それはそれで恐ろしいな
        まぁ、ゲームと現実の区別なんざ、ちゃんとついてりゃ問題ないんスよ。大人は触りもしないから理解もしない(そういう所は子供っぽい)
        消えた神秘、か。拝まれなくなった神サンは忘れ去られて、消えていくんスかね だったらちゃんと覚えて拝むのは、信徒とか檀家の義務なんスかねぇ(しみじみとそう語る)
        流石に赤点取るような真似はしないスよ。帰ったら復習もしますから さて、茶ぁ、ご馳走様っした。それでは(飲み干した湯呑を置き、立ち上がって再度深々と頭を下げて去っていった) -- 真榊 2021-10-06 (水) 00:32:34
  • 失礼します。こちらに雨竜分先輩はいらっしゃいますか?(3年B組の教室を覗き込む。) -- ラミア 2021-10-08 (金) 21:06:47
    • (交流のある猫垢のよさげな写真をぽちぽちと何枚かりついーとしていた 名を呼ばれれば顔をあげて)我はここじゃ 何用かの? -- 2021-10-08 (金) 22:38:00
      • フーム…(リアクションが薄いな…ヨシ!と思い立ったか知らないが。)
        失礼します。こちらに『水白高校最強のラスボス雨竜分先輩』はいらっしゃいますか?(テイク2!)
        ああよかった…実はこのたびラスボスに相応しい方に会ってみようという思い付きで伺った次第で…(これ、手土産の「まるごとバナナをはさんだケーキ」です…と甘味の差し入れ。10本ほど。) -- ラミア 2021-10-08 (金) 22:46:44
      • む……なんじゃその…何とも言えぬ表情は……?(テイクツーの最強だのラスボス呼びだのに頭上で豆電球が点灯する)
        (にわかに外に暗雲が立ち込め、窓に大粒の雨がぶつかりはじめる 運動部の面々が雨宿りをはじめた頃、どこか近場に雷が落ちた)
        (教室の明かりが点滅して消え、間もなく暗闇が落ちる その表情は窓辺にあって完全なる逆光に隠れ、横顔の輪郭が紫電の輝きに浮かぶ)
        (爛々と光る真紅の瞳だけが動いて来客へと向けられ、朱をさすがごとく濡れた口舌が重々しく響きだした)我が名を呼んだか……(エコー)
        -- 2021-10-08 (金) 23:00:34
      • oh…!(気候が変わる、稲光に照らされて、サラウンドもかくやという存在感のある声…)
        エクセレント!(惜しみない拍手!)実に素晴らしい…ボクの意図を汲んで下さるとは光栄の至り…(跪いて手に口づけ…までいくとわざとらしいが、そんなポーズ)
        プロフィールによると学生生活半世紀を数える名実ともに水白高校の主とのことですが…今年の抱負は?(やはりみなさんの最大の関心事である、『卒業』についてのインタビューだろうか。) -- ラミア 2021-10-08 (金) 23:08:24
      • (暗雲が去って驟雨も止み、あれよあれよという間に嘘のように晴れ渡った)手土産など無用じゃ……おすそ分けするかのう(居合わせたクラスメイトたちに分けた)
        我のことを調べて訪ねてきたのじゃな 我はただの上級生にすぎぬ……落第生が学び舎の顔になるなど世も末なのじゃ(隣の椅子をすすめて)
        其方、新聞部か何かかのう? そういう顔をしておるのじゃ 今年の目標……教えてやってもよいが、当ててみよ 我にも目標はあるが、何を目指しておると思う?
        -- 2021-10-08 (金) 23:19:17
      • 庶民的と見るか、それとも王の食事と見るか…(ともあれ、お菓子のシェアは好ましいこと…自分もお相伴に…ずうずうしい?ですね。と身を引き。)
        ご謙遜を、皆に長年親しまれているということでしょう?(卒業が気になる。というのはここを離れてしまわないかどうか皆が気にしているということ…と。勧められるままにイスに着席。)
        オカルト研究部です。身近な不思議、都市伝説そのものの先輩にお話を伺うのも活動のうちですよ。(名物であると同時に謎のベールに包まれている部分も多い先輩にあれこれ聞くのにふさわしい部活…のはず。)
        フーム…難問ですね。(腕を組み顎に手をやり思案のポーズ、しばし唸って…)
        ずばり、お嫁さん。(情熱的アプローチに過去何度か応じている…というデータに基づけば…ふさわしい相手がいれば応じる用意があるという…コイバナだな!という迷探偵ぶりを見せる。) -- ラミア 2021-10-08 (金) 23:40:14
      • 其方、お千の手の者か……我も入っておるぞ 近頃また賑わっておると聞いてのう(周りの食べ方を観察してから真似してみる)これは……中までぎっしりなのじゃ
        嫁……(斜め上の回答に目を向いた 一体どういう風に見えているのだろう?と小首をかしげて)今はまったく考えておらぬな ブブー!! 大間違いなのじゃ
        正解はこれじゃ(ついったーのクライアントアプリを開き、水白の野良猫専門の写真垢を見せる)あと5,500人と少しでふぉろわー30,000人なのじゃ 今年中に届くかのう?
        -- 2021-10-08 (金) 23:57:54
      • なんと。これで部もかつての隆盛を取り戻し…部費が!(10名以上達成で部費がどんどん上がる…かも?という期待が高まる…)
        頭から尻尾まで勢いが衰えない…その様子はまさに。(竜を現す!などとドヤっているが『竜を食う』という風に受け取られないか?このケーキ…)
        残念…不正解か…『女媧は人間界のどの人間より美しい、この女媧が私のものであったらいいのに。』とはいかないようで。
        (遠い昔、とんでもないドンパチのきっかけになったというどこぞの王のハタ迷惑な口説き文句?を引用して残念がるそぶり…)
        おお…これはかわいらしい…(猫派!であるのかその画面に食い入るように覗き込み…)
        ボクも近寄ってみるのですが、これがなかなか…(野良はもちろん、お店の看板猫くんたちにも嫌われる有様…と触れないことに寂しさを感じるようでため息。)
        ではボクは届く方に賭けましょう。(さっそくフォローしよう。と端末を操作し…)それではまた、どこかで…(猫に嫌われるのは同族嫌悪的なこと?高所を移動する猫を彷彿とさせるスマートな足取りで教室を後にする。) -- ラミア 2021-10-09 (土) 00:18:37
      • その台詞はデンジャーじゃぞ 神話級のサークラ女狐を送り込まれるのじゃ 舌禍とはまさにこのこと……碌な死に方ができぬようになるのじゃ
        我はどちらかといえば犬派じゃが、野犬がおらぬゆえ猫の写真を撮っておるのじゃ 近づくにもコツがあっての、心を無にすることじゃ 天然自然の造化と一体になるのじゃ
        まあ、其方に限って申すならば……胡散臭がられておるのじゃろうなぁ(予鈴が鳴って、次の授業の支度を始めるのだった)
        -- 2021-10-09 (土) 18:57:37
  • (夏休みの宿題を分と一緒に喫茶店でやっているけど、心ここにあらずという様子で窓から空を見ている)
    (どこまでも広がる、憂鬱な青空を) -- 高坂綾 2021-10-12 (火) 20:58:43
    • …………よ……サカ…これ、コーサカよ(窓の外を見つめるニンジャの頬に人差し指を突きつけて名前を呼ぶ) -- 2021-10-12 (火) 22:51:10
      • んべ。(あまりにも可愛くない声)あ、ごめん。(謝って向き直る) -- 高坂綾 2021-10-13 (水) 22:35:13
      • む……謝られるパターンは初めてなのじゃ 呆けておってはいつまでも終わらぬのじゃ では、其方が我に返るまでミステリーの傑作をネタバレしてやるのじゃ
        『アッパーフィールド邸の殺人』、下手人の名はユーリ・カウフマン 殺しの動機はただひとつ、読み書きができぬがためじゃ うむ、次へゆくぞ
        -- 2021-10-13 (水) 23:07:18
      • 待って……それだけは許して…………!(アワアワ)読むかどうかもわからないけど
        世界から楽しさが一つずつ失われている音が聞こえる。わかった、ちゃんと宿題する。するから…!
        (ちゃんと向き合って)ねぇ、雨竜さん。(真面目な声音で)雨竜さんの呼び方って雨竜さんでいいの? -- 高坂綾 2021-10-13 (水) 23:27:13
      • 本を開いて一行目に書いてあるのじゃ(そういう構造のミステリーなのだと説明を入れておく ネタばらしの更にネタばらしであった)
        ならぬ、と答えた場合にはどうなる……? 何ぞ斬新な呼び名を捻りだすことに期待して、ならぬと申してみようかの(アイスの溶けこんだメロンソーダを味わう)
        其方はまだ若かろうゆえ、物思いに耽るもよかろうなのじゃ 昨日を顧み、明日を想うことは無駄ではない……宿題が終わったあとの話じゃがの!
        -- 2021-10-13 (水) 23:37:38
      • えっ………(なんていうこと、一行目に犯人と殺しの動機が書いてあるミステリー!?)
        ええー………(こっちもコーラフロートを飲みながら)くまりん。ないか。
        (宿題という現実に直面しながら)それはそうだけど。というか今はそれしかないか。うん。 -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 20:44:35
      • 睦月にもその名で呼ばれておるのう 其方で100人目くらいじゃろうか? まあ、元より「雨竜分」というのもあだ名のごときものじゃ
        この地に根を下ろして間もない頃に、水分神社の宮司が捻り出した名よ かつての名を知る者は少なく、ゆえに旧き名は役目を終えたとも申せようかの
        して、何を憂えておったのじゃ? 意味もなくたそがれる其方ではあるまい……(頬杖をついて窓の外を眺めている 初老の通行人がこちらに気づき会釈して、小さく手を振り返した)
        -- 2021-10-14 (木) 21:11:13
      • あ、被ってた。え、そうなの。じゃあ真の名前があるというやつ……?
        (こちらも初老の方に窓越しに小さく頭を下げて)最近、事件が立て込んでるなって。
        混迷を極めてる。ただ、それは私たちの周りだけで。何とかしないと、黒の王にたどり着けないと思ってる。 -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 21:25:34
      • 名乗ることが無くなり、呼ぶ者のなくなった名は……その者の名とは申せぬじゃろう ゆえに其方は知らずともよい 好きに呼べばよかろうなのじゃ
        人の世が揺らぐなど、今に始まったことではあるまい じゃが、其方の目には荒れておるように映るのじゃな そう思える程には今までが平穏であったのよ
        其方にも不倶戴天の敵がおる以上、無数の糸口があることは望外の僥倖であろう 今さらの話かもしれぬが、なにゆえその者を狙っておる?
        -- 2021-10-14 (木) 21:48:10
      • ……そっか。存在とは忘れられた時に本当に滅ぶっていうし、名前もそうなのかな。
        確かに、今までは裏もそんなに強力な怪異が出てこなかったし。本当部活感覚で続けてた。
        ……笑わないでね。褒められたいから。(真顔でコーラフロートのアイスを黒い液面に落として)
        えらいって。がんばったって。誰かに思われたいから。 -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 23:19:03
      • 其方は忘れておるやもしれぬが、我も怪異の側じゃぞ 神代の果てにひとたび死せるものなれば、我とて昔日の我にはあらず……
        (カラン、と氷がグラスに当たる音がした あまりにも飾り気のない告白を聞かされて、真紅の瞳をゆっくりと瞬いた)ふふ、そうか……いやすまぬ、笑ったのではない
        コーサカよ、其方は佳う働いておる 見返り以上の危険に身を晒しておろうに、其方の胸中には虚しさが巣食っておるのじゃな 底なしの沼に呑まれて、足掻くがごとき虚しさがの
        其方の秘密を知り得た以上、我もひとつ秘密を明かさねばなるまい(声のトーンを落とし、内緒話をするように)水分の神は我が喰ろうた 胃の腑に収め、我が糧とした
        -- 2021-10-15 (金) 23:40:05
      • あ、そうだった。(すっかり忘れていた、目の前のキレイなヒトは…人じゃないんだ)
        虚しい。(虚無。それはドッペルゲンガーと和解した後も自分の胸に巣食っている)
        そう、なのかもね。(続く話は)…えっ。(思わずペンを落としそうになる、神を?) -- 高坂綾 2021-10-16 (土) 00:00:56
      • (頷いて、窓の外を眺める)太公望めの仕掛けが崩れたまではよいが、なにぶん時が経ちすぎておっての……玄天剋陽真君、などという名を知る者はおらぬようになっておった
        我ら神秘に連なる者は、”知られる”ことで力を得る仕組みになっておっての そのままに放っておいては、我もまた名もなき怪異に落ちぶれかねぬ有様であった
        そんな折に、この地に流れてあやつと出会ったのじゃ 水分の神は水をもたらす神性じゃが、信仰が薄れ大いに力を落としておった 旱に苦しむ民も救えぬほどにのう
        そこで我らは盟約を結んだ 水分の神は己が全てを捧げ、我は水白の民を慈しむ……そうしてこの地に根を下ろし、水白の川と水源地を預かるようになったのじゃ
        雨竜分という竜は、昔日の我にはあらず この話は宮司も存じておる 先代があの場に立ち会うておったのでな(語り終えて、メロンソーダで喉を湿らす)
        うむ、年寄りの長話を大人しく聞いておったな 偉いぞコーサカよ(ニコニコ顔でさっそく褒めて、飴ちゃんをひとつ握らせようとする)
        -- 2021-10-16 (土) 00:28:29
      • 太公望……に、げんてんこくようしんくん。(神秘というか伝説っぽい)
        (話を聞き終えて、飴を握らされる。あ、いちごミルクキャンディーだ、好きなやつ)
        盟約、そして信仰。ちょっと理解が及ばない部分はあるけど………
        でも。(ふふふ、と笑って)水白を守ってくれてたんだ。
        影でパクっと怪異を食べちゃうし、巨大な龍の部位で質量攻撃するし。すごい人だった。
        (話を終えてから)人じゃなかった。(何度も間違える)
        (それから、宿題のラストスパートを頑張った。夏が終わる、そして) -- 高坂綾 2021-10-16 (土) 21:22:49
  • 🐉 -- 2021-10-25 (月) 02:05:49 New
  • 🐲 -- 2021-10-25 (月) 02:05:54 New
  • 🐉 -- 2021-10-25 (月) 02:06:00 New

Last-modified: 2021-10-25 Mon 02:06:00 JST (2d)