名簿/515193

  • ここらへんか……?うーむ、どうにもこの地図では曖昧でわからんな……(以前書いてもらった地図を複製し紙にして持ちながらセラフィーナの家へと向かっていた) -- ハロルド 2014-09-06 (土) 22:30:23
    • (森の中は鬱蒼とはしていないが、それでも森を歩き慣れた人でなければ同じようなものだろう。)
      (ハロルドは同じところを歩いていると錯覚しそうな森の中、歩き疲れて喉も乾き始めたところ、目の前にそれなりの広さの湖が見えてきた。)
      (そこで乾きをいやすことも、休憩することも出来るし、地図を見れば湖畔の近くに家があるので目的地にも近いようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-09-07 (日) 23:14:53
      • まったく、とんでもない所に住む者もいるものだ……世の中というのは大いに広く、愉快でありがたい(ひとりごちながらも顔を上げれば、視界が開けて湖が目の前に広がる)
        これが地図にあった……あったか? まぁともかく、ちょうどいい場所ではあるな。多分ここから遠くもないだろうし少し休ませてもらうか(よいしょ、と座り一息つく)
        案外呼べばここまでくるかもしれないな、ミス・セラフ。わんこ属性持ちだからな、あいつは(笑いながら、水筒に口をつけてぐびぐびと中の冷えたお茶を飲む) -- ハロルド 2014-09-07 (日) 23:48:24
      • (街中とは違い、聞こえるのは虫や鳥の鳴き声。そして風に揺れる木々の音くらいで静かなもの。)
        (水音がしたのも、この湖の魚が跳ねた音…のように思えても不思議がない。)
        (しかし次の瞬間)………?(潜水でもしていたのか、突然水面から顔を出すとハロルドが目の前にいて首を傾げるセラフィーナ。)
        (手には魚が突き刺さった銛、そして揺らめいて詳しくは見えにくいが肌色が良く見える。)
        -- セラフィーナ 2014-09-08 (月) 00:02:36
      • ほう、魚もいるのか。釣りもできそうだな……(そう言って再び水筒に口をつけた瞬間だった)
        ぶふーっ!(水面から現れたセラフィーナに驚き、思わず口に含んでいたお茶を噴きだす)
        何故そこにいるのだミス・セラフ! というか!ちゃん水着着ているのか!? 大丈夫なのか!? -- ハロルド 2014-09-08 (月) 21:47:38
      • ……(しゃぷんと吹きだしたお茶が自分にかかる前に無言で潜り、そしてまた浮上するがその目はジト目。)
        ……汚い……?…私の家、すぐ近く(指さした方角はまだ森しか見えないが、少しいけばあるようだ。)
        ……大丈夫…流石に裸、違う…(フルフルと首を振る、ただし湖の中から上がろうとはしない。)
        -- セラフィーナ 2014-09-10 (水) 00:10:16
      • どこから出て来てるんだお前は! というか、そんな目で見るな! 仕方なかろう、悪かったとは思うがそれ以上にタイミングが悪かったのだ! 
        そうだろうよ、俺様ミス・セラフの家を目指して進んでいたのだから、この地図もなかなか役に立つようだ
        それならばよかったが、しかしだいぶビビるな。一瞬裸かと思った……しかしそれならばこのまま道案内でも頼もうか、大丈夫か? -- ハロルド 2014-09-10 (水) 21:42:22
      • ……漁してただけ、なのに…でも、許してあげる…(いる?とまだ跳ねてる突き刺さったままの魚を見せる。)
        ……当然…(ちょっとすました顔でのどや顔っぽい、馬鹿にされただけにひとしおである。)
        ……(コクリと頷くと、ちゃぷんと潜って気づけば離れた対岸に出てきて森の中へ。)
        (そして戻ってきた時には、ちゃんと服を着替えてきていた。作業服のようなハンティング服、色気はない。)
        -- セラフィーナ 2014-09-11 (木) 01:02:45
      • そうは言っても俺様も流石に予測できなかったからな……天才の俺を欺くとはやるな!
        いや、むしろ解読してここまで来た俺様がすごいだけかもしれんがな……!(と、こちらもしたり顔)
        もう少しこう、普通の服はないのか? いや、普通の服ではあるのだが女の子らしい服というかな? -- ハロルド 2014-09-12 (金) 23:52:25
      • ……よく分からないけど…良かった?(首を傾げつつも、とりあえず道案内を開始する。)
        ……そうさせるだけのを作った…凄い…(論点がずれてるのは気づいていない。)
        ……普通……見たい?(舗装と言う程ではないが、馬車が通れるような道に出た所で振り向いて聞いてみる。)
        -- セラフィーナ 2014-09-13 (土) 00:36:04
      • むむむ、それが本当ならば確かに……俺は手のひらの上で踊らされていただけだというのか……!(無駄にショックを受けた感じを装いながら)
        ここら辺は結構通りやすいのだな。ん? ああ、見てみたいな。好奇心というものでもあるが、制服とそれしか見たことないからな
        制服も女子らしいというものではあるのだが、まぁいつもとは違う服装というのは悪くないだろう(と、いつも通りの格好で話す。自分は棚上げである) -- ハロルド 2014-09-14 (日) 00:07:54
      • ……参った?(まだよく分かってないものの、首を傾げながら言った。)
        ……そう…(見たいと言う言葉にはそっけなくそれだけ、ただ若干尻尾が揺れている。)
        ……あ、ついたよ?(森の中に現れたのはログハウスのような建物、それが大小何軒か散らばって建っている。)
        ……ハロルドは、こっちで待ってて(そして案内したのは、その中でも小さな方のログハウス。中は家具は少ないが、キャンプ関連や狩猟関連などが点在している。)
        -- セラフィーナ 2014-09-15 (月) 00:10:45
      • それが狙い通りだったのならな(言いながら、この会話を楽しみつつ)
        ん? ん? もしかして嬉しいのかミス・セラフよ(揺れる尻尾を見て尋ねながら)
        っとぉ、ここか。ほう、集落なのだろうかこれは様々な建物があるようだが……(興味深そうに眺めて)
        ああ、それじゃあ待っているとしよう。しかしここはもしかして……(部屋のものを見れば、なんとなく持ち主というか家主が誰なのかわかる気がする -- ハロルド 2014-09-17 (水) 22:49:18
      • ………違うよ、全然違う…(フルフルフルと首をいつも以上に振って否定する。)
        ……(フルフル)…家族だけ…ログハウス、増築難しいから…(増築よりは新築した方が楽だったからこうなったようだ。)
        (そして少ししてから)……お待たせ…(何故かガルビーラが着ていたようなメイド服姿のセラフィーナがお茶を持ってきた。)
        -- セラフィーナ 2014-09-17 (水) 23:02:53
      • むむむ、なかなかに手厳しいお言葉……!
        ふむ、これだけの数があるから小さな集落、もしくはキャンプ地かなにかかと思ったぞ
        いいや、ちっともまってな、ってなんでそんな恰好!? 確かに、女の子らしい格好とは言ったけども俺様その変化球はびっくりするな!? -- ハロルド 2014-09-17 (水) 23:33:52
      • ……違うよ?(最後にポツリと言ったのは、何に対してかはハロルドが判断するのは難しそうだ。)
        ……全部、我が家…土地は、あるから…(と言うより土地を買ったのではなく自然のものを使っているだけとも言う。)
        ……見たいと言ったのに……これ、違う?(軽くスカートの端をつまむ、それなりに長いのでふくらはぎくらいまでしか見えないので安心。)
        -- セラフィーナ 2014-09-18 (木) 00:03:31
      • うん?(結局、女心は難しい。というような感じで終わるのだった)
        すさまじいな……大地主だな! しかしこれら全部というのは管理が至極面倒そうではあるが
        可愛くないわけではないが……こ、コスプレっぽいというかな? 普通の女の子らしい私服が見たかったというかな? いや、でもこれはこれで、なのだろうか?(結局いつもとは違う姿に動揺と諸々の感情があるようだ) -- ハロルド 2014-09-18 (木) 00:14:00
      • ……大丈夫、家族…結構いるから……会う?(会いたければまた後で紹介するらしい。)
        ……ハロルドは、なかなか…我儘…(せっかく着たのに、と言いたげにコーヒーを置く。)
        ……でも、スカート…あとは学生服だけ…(そもそも、スカートを履かない方が多いようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-09-18 (木) 00:44:55
      • いずれ会わせてもらおうかな、しかし結構いるとはいったい何人家族なのだ?
        うぅ、確かに言われるとそうだが、まぁ俺様元々そんなもんだしな! だがそれ以上に流石にメイド服で来られるとはこちらも心の準備が足りなかったのだ!!
        ふむ、私服ではズボンなどのファッションが多いということなのか。先程みたいな感じのものが多いという事なのだろうか -- ハロルド 2014-09-19 (金) 00:15:45
      • ……(指折り数えている。)……一杯?(厳密には答えずにそんな風に言った。)
        ……そう…じゃあ…着替えた方がいい?(多少残念そうに、首を傾げながら聞いてみる。)
        ……動きやすい…狩りの時、あまり露出…良くない…(森や山を駆けたりする以上、スカートは不向きだと言う事らしい。)
        ………なら、ハロルド…どんな格好が、いいの?(そしてそれも聞いてみた。)
        -- セラフィーナ 2014-09-19 (金) 00:46:57
      • アバウト!! 数えるのをやめる程とは……!(思わずうなってしまった)
        いや、まぁ折角だからそのままで(驚きはしたものの、別に嫌というわけではないようだ)
        ああ、なるほどな。枝やらなんやらで傷を作るというのもな。そういう意味では普通の女子らしい私服というものも持たないか
        俺様か? まぁ俺様はそいつが似合っている服装であればそれでいいとは思うがな? 今回はミス・セラフのいつもとは違う姿を見たかったというわけであってな! -- ハロルド 2014-09-19 (金) 22:39:26
      • ……二人とも、仲良しだから…(あまり説明するのは、流石のセラフィーナも照れるというもの。)
        ……ハロルドは、よく分からない…(服装に突っ込みを入れたかと思えば、これでいいと言ったりと理解に苦しむようだ。)
        ……なら、私に似あう服装って…何だと思う?(あやふやで曖昧な説明ばかりなので、ずぃっと詰め寄るように聞いてみる。)
        (とはいえセラフィーナの方も、何故ムキになっているように聞いているか、自分の気持ちにはまだ気づいていないらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-09-21 (日) 00:28:35
      • 家族が多いってそういうことなのか!? ううむ、まぁそういうことならツッコミを入れるのは野暮だろうな
        仕方ない、俺様天才だから……(まったく悪びれない)
        やけにムキになるな? しかし、ううん、それを改めて問われると答えに窮するな! なんと言えばいいか……
        俺様としては、ミス・セラフは顔立ちも整っているし、女の子らしい格好も似合うのではないかと思ったし。狩りの時の服装もらしいと言えばらしいし……ううん……! わ、わからん!!(自分の中の曖昧な感情を持て余しながら、結局答えは出ない) -- ハロルド 2014-09-22 (月) 21:17:30
      • ……(天才と言ったから、今度は身を乗り出すように手を伸ばして片方の頬を引っ張りに行く。)
        ……ムキ?……そう、かも(そう言われると、何でこんなに聞きたがっているのか不思議になった。ある意味似たモノな二人でもある。)
        ……よく分からないけど…なんとなく、分かる…かも(具体的ではないにしても、褒められた部分も多く、そして気持ちも少しは伝わったので上機嫌に尻尾が揺れる。)
        ……そういえば、今日は…挨拶だけ、きたの?(用事はそれだけなのだろうかと思ったようだ//な、なんだかすごく長引いていて…馴染みも始まっちゃってますけど、大丈夫なのでしょうか?)
        -- セラフィーナ 2014-09-24 (水) 00:27:56
      • NO! 俺様の天才ディフェンスがうないててててて!?(よけ、られなかった!)
        ああ、ムキになっているとも。ま、それはそれでいいのだけどな
        そう言ってもらえるとありがたい……! なかなか言葉で伝えるというのは難しいものだ……こればっかりは苦手だな、どうも
        まぁそんなところだな! せっかく教えてもらったんだ、遊びに来ないというのも勿体なかろうよ!! いい顔も見れたし満足満足ってやつだな!
        (//長引いている原因はこちらなので……むしろこちらが迷惑ではないかびびっております……!だ、大丈夫でしょうか?) -- ハロルド 2014-09-24 (水) 23:39:59
      • ……天才言うの、ハロルド悪い癖…(それでも軽く引っ張るくらいでやめてあげた。)
        ……能ある鷹は爪隠す…(ビシッと指をさしながら言った、自慢とかしない方がいいと言う事なのだろう。)
        ……うん、来てくれて嬉しい…?…いい顔?(尻尾を振った後、そんな顔しただろうかと自分の顔に触れる。)
        (//あ、いえいえ。こちらは元々文通に慣れているので…あ、ところで着地点もどうしましょうか…この二人の。)
        -- セラフィーナ 2014-09-25 (木) 00:45:25
      • むむむ、だが本当の事だし!!  しかし、能ある鷹とは言うが、それこそ俺のこの姿を見てそうだと信じる者も少ない
        だから、隠せてはいる。俺様を狙う奴は本当にそれをわかっているわけだからな。だがまぁ、それはまた違うな、うむ。ミス・セラフがそういうのなら……………まぁ、控えるとしよう、ちょこっとな!
        割といい笑顔をしているぞ、フッフッフ!(そういって軽く頭を撫でてやる)
        (そんな感じでほのぼのとした時間は過ぎていくのだった)
        (//それならよかった……しかしそうですね、考えてなかった……だらだら続けるの癖になってるな。うーん、告白して付き合えたらだろうか。想いが通じ合えたらっていうのが一番なのかなぁ、とか思う) -- ハロルド 2014-09-25 (木) 23:06:14
      • //いえいえ、こちらものんびり続けてしまいがちで、それでなかなか進まなかったりするので…はいな、それではそういたしましょう!
        ただし、この二人はきっかけがないとなかなか進まないでしょうけど…あ、とりあえずは明日にでもそちらのコメに行きますね!)
        -- 2014-09-27 (土) 02:20:47
  • セラフィーナの気配を感じたから会いに来たけど、あなたは卒業後はどうするのかしら -- アサギ 2014-08-19 (火) 00:46:59
    • ……色々と、忙しかったから…それも、今日まで…(ただ、タイミングはある意味悪く卒業になってしまったようだ。)
      ……まだ、考えてない…多分、実家?(少し考えた後首を振ってから、また首を傾げる。街の近くに実家があるようだ。)
      ……アサギは、どうするの?(もちろん相手の事も気になるので、今度はこちらから聞いてみる。)
      -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 00:58:28
      • そう…。あなたはこの街に残るのね
        私は一度、故郷のミストロザリアに戻ろうと思うの。冒険者になってしたかったことも目処がついたから
        だからあなたとは離れるけど…、私はあなたのことは忘れない
        一緒に戦った戦友として、一緒に学んだ学友として、そして私の友人としてのセラフィーナ…
        (彼女と別れるのは辛いが、これもまた学園の必然。だがセラフィーナのことはこの街にまた来たときに会いに行くと約束する) -- アサギ 2014-08-19 (火) 01:08:23
      • ……(コクリと頷く。) ……アサギは、行っちゃうんだ…(やはりさびしそうに言った。)
        ……(コクコクと頷く。) …私も、忘れない…一緒に頑張った事…遊んだ事も…(4年もいるだけに、無表情に見えて僅かに微笑んでいるのが分かるだろう。)
        ……うん、元気でね…大事な友達の、アサギ…(手を差し出す、別れのものではなく再開を誓い合うためのもの。)
        -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 01:16:48
      • ええ、故郷に戻ると言っても冒険者をやめるわけじゃないもの
        (差し出された掌を握る。お互いの体温…いやぬくもりと呼べる信頼を伝える)
        最後にあなたに挨拶できて良かったもの。あなたは冒険者は続けるのかしら? -- アサギ 2014-08-19 (火) 01:21:04
      • ……そうなんだ…私も、続ける予定…(力強くはない、けれどしっかりと手を握る。)
        ……なら、またどこかで…一緒に戦えるかも…(その日が楽しみだと言いたげでもある。)
        ……だからそれまで、元気でね…(そう、冒険者と言うからにはそれが心配でもある。)
        -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 01:29:58
      • ならお互いにそれぞれの冒険を頑張りましょう
        (明日とも知れない冒険者業だが、それでも続けるのはやはり矜持であったり理由があるのだろう)
        ありがとう、セラフィーナ…。もし英雄になれたら旅先であなたの話を聞かせて貰うわね
        (学園での友人に別れを告げると手を振り、風の吹く向こう側へと消えていく。またいつか出会えるかは風が知るのみ) -- アサギ 2014-08-19 (火) 01:34:35
  • そういえば、結構経ってから聞くのもなんだが何故テントで暮らしているのだ?
    冒険者として生きているのだ、別に金に困ることはないだろう? -- ハロルド 2014-08-07 (木) 21:29:36
    • ……?…不便だけど、慣れてるから…(首を傾げた後、そう言った。)
      ……涼しい場所、暖かい場所…綺麗な所、色々いけるから…(その日の気分で引っ越しできるのもメリットらしい。)
      (手間なのは設営と運搬、寝袋と下に枯れ葉など場所を考えれば下手な布団よりいいらしい。)
      -- セラフィーナ 2014-08-07 (木) 23:53:28
      • なかなかの風来坊だなミス・サイレンス! 
        だが確かにそういう生活も悪くはなさそうだが、俺様真似できそうにはないな!!
        こう、機械的なものが危ない……! 
        しかしまぁ、そういう理由だったのだな。テント暮らしというのもなかなかそういう事をしない人間には不思議なものとしてうつるというものだ、なので不躾な質問を許してほしい!(と、謝ってるのかなんなのかわからない言葉を放つ) -- ハロルド 2014-08-08 (金) 00:19:03
      • ……ハロルドも、森で暮らせば慣れる…(おすすめ、と言いたそうな口ぶりだった。)
        ……そう?…残念…(そしてその言葉は無表情だが、雰囲気などから本当に残念そうでもある。)
        ……大丈夫、気にしてない(首をフルフルと横に振る。) …気になるなら、見てみる?(テントの中の事らしい。)
        -- セラフィーナ 2014-08-08 (金) 00:29:30
      • そういうものなのだろうか……? だがしかし、一度も体験せず否定というのも科学者らしからぬものだな
        残念がられるというのもなんだか不服だしな! 俺様も野宿的なサムシング、してみるか……!
        そうだな、できれば拝見したいものだ! 資料や情報として頭に入っていてもやはり実際に見るのとはまた違うだろうしな! -- ハロルド 2014-08-08 (金) 21:15:16
      • ……するんだ…頑張って(パチパチとその決意に拍手をしつつ応援する。)
        ……大したもの、ないよ?(テントの入口のチャックを開けると、本当に必要最小限のものばかりのようだ。)
        (寝袋、大きな鞄、ランタンや携帯コンロなどのキャンプ用品、そして銃関連のもの。あとは、犬用のブラシなどもある。)
        -- セラフィーナ 2014-08-09 (土) 01:56:39
      • 何を聞いたとしても、体験するのが一番だからな! なに、やってやれないことはなかろうよ!
        ほう……確かに女っ気らしさはないな! ある意味想定通りというか……
        しかし、なんだ? あのブラシは人用ではなさそうだが -- ハロルド 2014-08-09 (土) 21:12:06
      • ……でも、準備は…大事(何もせずに野宿すると悪い面ばかり目立って良くないと心配してるようだ。)
        ……そう、かな…(ちょっと不満そうでもある、ただ二つある鞄の一つは隠すように座る。)
        ……もちろん、犬用…愛用……言ってなかった?(説明してから、首を傾げる。)
        -- セラフィーナ 2014-08-10 (日) 23:58:30
      • 準備か……まぁ本かなにかで調べるとするか、心配ご無用だ! なんならミス・サイレンスが教えてくれたって構わないのだぞ!
        必要最低限といった感じに俺様には見えるのだが、ん? 今何か隠したか?(やたら目ざとい!)
        なんだ? 犬でも飼っているのかミス・サイレンスは。俺様犬やら猫の類は結構好きだぞ! -- ハロルド 2014-08-11 (月) 23:13:16
      • ……私が?…いいよ?(簡単に引き受けるつもりなのか、コクリと頷く。)
        ……そんな事、ない(首をフルフルと横に振る、視線をそらす。)
        ………(少し考えてから首を振る。)……私、獣人…(ヘッドフォンを取れば、ぴょこんと出てくる犬耳。)
        -- セラフィーナ 2014-08-12 (火) 00:10:24
      • それならば必要なものとか色々聞いていくとしよう! (そういって必要最低限のものをメモしていく)
        わかり易いリアクションだな! とはいえ、女子の隠し事を暴こうというのはなかなか! 我ながらどん引き!!
        なん……だと……!? 俺様全然気づかなかった! 犬の耳でいいのかそれは……?、 -- ハロルド 2014-08-13 (水) 01:09:43
      • …まずは、テント…丈夫で軽いの…バネ式、お勧めしない…(良く知った事だけに、いつもより饒舌に説明していく。)
        ……大丈夫…ぬいぐるみは、バレてないから…(問題ない、と言いたげでもある。)
        ……(コクコクと頷く。) ……尻尾も、あるよ?(スカートの中がもぞもぞと動いて、ひょっこりと犬のふわふわ尻尾がスカートの下から見える。)
        //お盆中は忙しくて文通気味になりそうです…ごめんなさい。
        -- セラフィーナ 2014-08-14 (木) 01:49:58
      • 楽そうなのだけどな、だが楽だから大変なのだろうなきっと。しかし、やはり好きな物ともなればお前もよくしゃべる。ミス・サイレンスというあだ名は正しくはないな
        ううん、そうだな。今喋らなければばれなかったのだがな! しかしぬいぐるみとは乙女ちっくなものを。先程の言葉は取り消しておこうではないか
        おお〜、というかそっちはあれだな。見えそうなのでストップだ! とりあえず獣人なのはわかった! わかったぞ!(あわあわ)
        //はい、わかりました! というかこちらこそ文通気味ですいません……! -- ハロルド 2014-08-14 (木) 20:29:33
      • ……複雑だと、壊れやすい…直しにくい…単純は、簡単で丈夫…(構造的な問題で、それゆえにセラフィーナのテントも手間はかかるが単純かつ丈夫なもの。)
        ………そう、かな…(そう指摘されると言葉を止め、若干視線をそらしつつ言った。)
        ……誘導尋問?……馬鹿にしない?(少しだけジト目のようだが、すぐさま気になって聞いてみる。)
        ……見えそう…何が?(スカートがめくりあがる程ではないのだが、それでも健康的な太もも辺りまでは見えたかもしれない。)
        -- セラフィーナ 2014-08-16 (土) 00:50:16
      • そういうことだったか、うむ、ありがたく忠告をいただいておこう!(サンキューだ!と助言をメモりながら)
        そうだぞ? 俺様からはそう見えたという話だ。となれば、どう呼ぶべきか……そうだな、ミス・セラフというのではどうだろうか? 単に名前を縮めただけなのだがな!
        そんな高度なものを使うまでもなかった気がするが……まぁいい! ふふん、俺様自慢じゃないが、他人が気にする部分を笑う程雑な人間性はしていないつもりだ! 安心するといい!
        俺様も一人の青年男子であるからしてそれを口にするのは憚られるな! とりあえず尻尾を振るのをやめろ! ステイ、そうステイだ! -- ハロルド 2014-08-16 (土) 01:12:20
      • ……それは、任せるけど……いいよ?それでも(名前に関してはあまり気にしてないようだ。)
        ……そう、かな…なら、安心(鞄から取り出したのは、茶色い生物のようで、感情を表さない真っ黒い点のような目と、体の中央にギザ歯で大きな口。どーもくんと呼ばれる世界もあるもののぬいぐるみだった。)
        ……青年?(そこに首を傾げる。) ……よく分からないけど(言われたので、女の子すわりで座る。)
        -- セラフィーナ 2014-08-16 (土) 01:22:07
      • うむ、ではミス・セラフと呼ぼうではないか! 改めてよろしく頼もう!
        …なるほど! なかなか面白い趣味なのだな、というかなんだ、この、なんだ!?
        青年ですがなにか?(ふふんと髪をかきわけて)そう、そんなかんじでだな(安堵のため息をついて
        //すいません!今度はこちらが18日まで文通になりそうです! -- ハロルド 2014-08-16 (土) 07:08:38
      • ……?…どーもくん、だって…(可愛いでしょ?と言いたげに自慢げに持ち上げてみせる。)
        ……(座っていたが、ふふんとか言ってるのでデコピンした。そんな卒業はまだもう少し先の話だった。)
        (//遅くなりました!もう卒業ですね!…もう卒業なんです!?えぇっと…卒業後はどうされるか分かりませんけど、色仕掛けしてもいいんです?締められるのならなかった事にしますです。)
        -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 00:44:03
      • どういうマスコットなのかさっぱりわからんが、まぁ可愛くなくはないな! (自慢げな姿をむしろ笑って)
        あいたーっ!? え、え、なんで!?(目を丸くしながらそう叫ぶ。卒業を目前とした二人ではあるが、二人らしい一日だった)
        (//そう、もう卒業……というか帰ってきたら卒業していた……! これはスタンド攻撃だな!
        特に締める予定もないので構わんのです……!) -- ハロルド 2014-08-19 (火) 20:33:12
  • 暑いですねぇ……生きてます? -- クリエ 2014-08-04 (月) 22:24:52
    • ……大丈夫、問題ない…(無表情ながら、どこかうんざりしたように空を見上げる。)
      (猟師ゆえにたとえ暑い真夏でも得物を待ち構える我慢強さは持ち合わせている、されど暑いものはやっぱり暑いようだ。)
      ……クリエは、平気(なので、せめて少しは涼むために河原の日陰の下で足を川につけている。)
      -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 22:49:42
      • この暑さはちょと厳しいです……レジストポーションで軽減できますけど、ずっと使っている訳にもいきませんからねぇ……
        (ブーツを脱ぎ、真似して川に足をいれてちゃぱちゃぱ)わっ、冷たいですっ -- クリエ 2014-08-04 (月) 22:56:49
      • ……森は、涼しかった…(森はそばに水場もあり、体感的な温度で言えば雲泥の差らしい。)
        ……自然を、活かす…(薬や文明に頼らない、と言いたいがきっとクーラーがあれば使うタイプでもある。)
        ……これだけで、違う…(よく見れば自分から上流の位置に夏野菜やスイカなども冷やしてある。)
        -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 23:04:50
      • 樹がいっぱい日陰もいっぱいですからねぇ……ここも去年までは辛い暑さではなかったのですが……今年の夏は格別なのです
        氷魔術が使えれば良いのですけど、私の場合専門外ですからねぇ……あ、スイカですっ!自然の知恵、ですねっ! -- クリエ 2014-08-04 (月) 23:13:25
      • ……でも、雨も多い…(今日は快晴、しかし雨も多いのも猟師としては辛い所らしい。)
        ……私も、さっぱり…(コクコクと頷いて、スイカにキュウリにトマトを見せる。)
        ……どれか、食べたい?(どうやらクリエも食べてもいいようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 23:20:06
      • 最近の雨は降るときは一気にふる感じですからねぇ、それこそ、洪水になっちゃいそうな
        いいんです?……スイカもいいですけど、さっぱりとキュウリもいいですねぇ……一本頂けます? -- クリエ 2014-08-04 (月) 23:24:50
      • ……降ってなくても、注意…(今そこで降ってなくても上流で降っていればそうなる、だけに山を見るべしと教える。)
        ……(コクリと頷いてキュウリを一本渡す、しっかり冷えていて旬の野菜でもある。)
        (こっちは、スイカを取り出すと鉈で見事に真っ二つ。さらに半分をカット、さらにカットして8等分にする。)
        -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 23:46:18
      • あ、似たようなこと孤島合宿で習いましたっ!川は上流に注意ですっ
        (受け取ってしゃぐしゃぐ)冷たくて美味しいですねぇ……あ、私もトマト育てているので今度お裾分けしますねっ!ロシェさんの故郷のもので、あジがぎゅっと詰まっているのですっ
        ……わ、スイカいっちゃいますか……随分切り分けてません? -- クリエ 2014-08-04 (月) 23:50:19
      • ……中州、駄目絶対…(フルフルと首を振る。)
        (真似てこちらも1本取ってキュウリをパキンと折って、シャキ、サクと食べる。)
        …ん…それは楽しみ…うま味一杯…?…半分、食べにくいよ?(食べやすい8等分にしたようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-08-05 (火) 00:14:19
  • こんにちはセラフィーナ、今期の課題はどんな感じ?
    前回は、うんあちこちで掃除してるのを見たからね。こまめにやってるみたいだけど、掃除とか好き? -- フールン 2014-07-27 (日) 21:13:52
    • ……報告、忘れてた…(とことこ歩いて、さっそく書いてくる。書いてきて戻ってきた。)
      ……達成、してた…(無表情ながら小さくVサイン、それなりに満足ではあるらしい。)
      ……そう、かも?(特に気にした事はなかった、元々身の回りはコンパクトにしてるだけに掃除自体があまり習慣にはない。)
      (ただしいた痕跡を消したり、待ち伏せしつつ人のいる気配を消したりする事もあるだけに、掃除と言うより痕跡を消すのは得意かもしれない。)
      -- セラフィーナ 2014-07-28 (月) 00:21:25
      • あら、じゃあわたしと一緒ね、次回へまをしなければめでたくクリアだわ!(あわせてVサインしつつ)
        うーんじゃあ好きっていうより得意なのかな? なんだかこう、板についてるっていうか…
        ともかく来月でペナルティも終わりね、おつかれさま。そういえば寄宿舎で来月何かの集まりがあるみたいなんだけど、セラフィーナは行く? -- フールン 2014-07-28 (月) 00:28:43
      • ……お互い、このままで…(やられてない仲間、と言う意味だろう。)
        ……かも、しれない…(そう言われてみるとそうかもしれないのでコクリと頷く。)
        ……何かの、集まり…?(割と雲のように自由でいて、知らず知らずのうちにいなくなってるタイプのセラフィーナ。)
        (ただし、興味がないと言えば興味はある。ただしいけるとも言い切れないので「いけたら、いきたい」と答える。)
        -- セラフィーナ 2014-07-28 (月) 00:34:23
      • そうね、このままで、とは言えペナルティも良し悪しかな。セラフィーナの意外な一面を見たり出来たしね!
        うん、わたしは多分行くと思うから、じゃあもし時間が合えば向こうでまた会いましょう。今期最後の冒険、気をつけてね。 それじゃあいくわ、またね! -- フールン 2014-07-28 (月) 00:40:30
  • 俺様参上!!(シュババ)
    先日はなにやらチョコとしてはなかなか愉快な形をしたものを頂いたが、美味しかったぞ!!
    お返しが遅れてしまったようだがふふふ、よかったらもらってくれ(サッ、と前に出したのはなにもない紙束。花束の持ち手にもなりそうなそれは、しかし肝心の花がなくて) -- ハロルド 2014-07-23 (水) 01:56:51
    • ……久しぶり…元気?(チョコは渡すだけだったので、元気かどうかまでは確認出来てなかったらしい。)
      ……?…(不思議そうに、しかしお返しらしいので紙束を受け取ろうとする。)
      -- セラフィーナ 2014-07-24 (木) 00:21:14
      • 俺様ったらいつだって超元気だ! そちらこそ息災でなによりだミス・サイレンス!!
        ニヤリ(カチッ、とスイッチを押せば軽快な音共に飛び出すように色とりどりの花がその紙束に収まる) -- ハロルド 2014-07-24 (木) 01:39:00
      • ……なら、良かった…(無表情だが多少安堵したように見える、そして息災と言われてコクリと頷く。)
        ……わ…(リアクションも多少遅いが、それでもセラフィーナにしたらかなりの驚きだったようだ。目を軽く見開く。)
        ……どうやって?(不思議そうに、花が入った紙束を逆さにしたりしている。)
        -- セラフィーナ 2014-07-24 (木) 23:58:37
      • うむ! 喜んでもらえると俺様も嬉しいというものだ!(そうやってニッカリと笑う)
        フフフ、俺様の発明品! どっきり花束くん666号だ!! 紙束の持つところにスイッチがあり、それを押すとゴムでできた花束がでてくるというわけだ。(質感は本物そっくりだがゴム製の花束のようだ。見た目では判断は難しいだろうが触ると確かにゴムの感触である)
        圧縮したそれをスイッチ一つでお手軽復元! それに、一度膨らめば一月はしぼまないのでインテリアとしても優秀だ! 匂いもきちんと花の匂いという親切設計!
        あとはこれだ。花だけというのもなんなのでこの飴も食らうといい!(そういって小さな袋を渡す。中にはカラフルな包み紙で包まれた飴玉が小さな袋にぎゅうぎゅうと入っている) -- ハロルド 2014-07-25 (金) 01:10:57
      • ……666も、作ったんだ…(そこに関心しているセラフィーラであったが、ゴムなどで出来ているなどは触って確かめている。)
        ……そうなんだ、便利…(個人的には生きた花の方が好きであるが、それでもこういうものは面白いしありだとも思う。)
        ……これも?…有難う(飴玉を貰うと、何故かハロルドの頭を撫でる。)
        -- セラフィーナ 2014-07-26 (土) 23:40:39
      • ふふふ、俺様だからな!!(実際は単なる厨二病みたいなネーミングだったが、特にそういうのは言わないでおく)
        びっくりさせることが目的だからな。便利でなくてはいかん、本物では流石に難しくってな
        おう! どういたしましてというやつだ!が、何故撫でる!?(頭の上に!?マークを出す勢いで叫ぶ) -- ハロルド 2014-07-27 (日) 00:13:23
      • ……大丈夫、これはこれで…悪くないから…(さっそくテントのてっぺんに飾ってみる、何かの装飾にも見える。)
        ……?…(何でそんな事を聞くのだろう?と言う表情にも見える首傾げ。)
        ……褒めるために?(そして理由は褒めるために、そういう行動をしたようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-27 (日) 00:25:34
      • 気に入ってもらえたのなら重畳だ! というかすごい目立つなそれ!!
        褒められるのは嬉しい! が、なにやらこれは……そう、俺様もしかして年下かなにかに見られているというか、子供扱いされてる気がするのだが! -- ハロルド 2014-07-27 (日) 18:18:24
      • ……駄目?(ちょっと目を細めて眺めていたが、目立つと言われて小首を傾げて聞く。)
        ……?…そのつもり…(前にも言ったが、それを別に改めた訳ではなさそうだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-28 (月) 00:13:30
      • 俺様は全然かまわんが! まぁミス・サイレンスがいいのであればそれでもよかろう!
        俺様同い年だからな!? 俺様、同い年だからな!!!?(大事なことだから) -- ハロルド 2014-07-28 (月) 22:59:44
      • ……大丈夫…分かってる(コクコクと頷きつつ、撫でるのをやめないセラフィーナだった。) -- セラフィーナ 2014-07-29 (火) 22:51:05
      • いいやわかってない! 全然わかってないな!!(結局叫びながらも撫でられ続けるのだった) -- ハロルド 2014-07-30 (水) 20:24:38
  • セラフィーナー、その後どんな感じですー?(相変わらず台車ドリフトしてる) -- シャル 2014-07-22 (火) 23:02:50
    • ……冒険、順調…(普段通り、いつも変わりなく無表情で落ち着いている。)
      ……課題は、失敗した…(しかしよくよく見れば表情は少しだけ変化する、今の場合だと若干残念そうでもあるようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-07-22 (火) 23:15:57
      • シャルも失敗しました!それも課題達成してたのに最終日アウトで無効です!ちくそう!(耳がよければ微妙に機械的な振動音が聞こえるかもしれない)
        冒険が順調と言うことは弾の方も大丈夫そうですね、よかったです、追加します? -- シャル 2014-07-22 (火) 23:17:49
      • ……そうなんだ…どんまい…(機械音は聞こえているが、なんだろう?と思う程度で機械いじりの何かだと思ったようだ。)
        ……じゃあ、私も…同じの、とかは?(何をしてるか知らないが、一緒にやるのも面白いかもと思ったらしい。)
        ……普通の方、ちょっとだけ…(お金はあるが、無駄使いはしないタイプ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-22 (火) 23:29:20
      • セラフィーナは安易にペナルティ募集とかしないようにしてくださいね!
        あ、シャルはもうペナルティ受けましたから!シャルと同じのをと言うのはやめた方がいいと思います!いろんな意味で!
        了解です、受注生産なので後日届けに来ますね!(通常弾を1ダースと解釈した) -- シャル 2014-07-22 (火) 23:31:25
      • ……分かった、気を付ける…(やけに真剣だったのでコクリと頷く。)
        ……そう、なんだ……分かった(こちらはさらに真剣な様子だったので、少し気圧されるように頷く。)
        ……それじゃあ、ペナルティ…相談してくる(行くのはおおよそクリエの所だろう。)
        -- セラフィーナ 2014-07-22 (火) 23:46:44
      • 安易に募集すると最悪シャルみたいになっちゃいますから!
        あ、クリエに相談するなら安心ですね、無難なのを選んでくださいね!(とりあえず通常弾の製作に帰って行った) -- シャル 2014-07-22 (火) 23:48:28
  • オマエに何をやるかで悩んだガ…確かオマエは猟師でテント暮らしだったナ、ならこれを使うダロウ
    ランタンなどに使う油ダ、他にも使い道はあるガ…マぁ、オマエの好きに使ってイイゾ -- リドバ(オーク風) 2014-07-19 (土) 20:59:59
    • ……油?…確かに、使う…(実用的なものを贈られてコクリと頷く。)
      (実際この油で色々と暮らしやすくなり、大変助かったようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-07-22 (火) 22:55:18
  • 来月は同じ冒険に行くみたいよ、よろしくねセラフィーナ!
    距離も近いし、内容に不安はないけど問題は課題よね… -- フールン 2014-07-17 (木) 21:13:31
    • ……うん、よろしく…フールン(コクコクと頷きながら言った。)
      ……課題…見つけたり、外したり?(ある意味どちらも得意なものだが、問題が担当になるかどうかだった。)
      -- セラフィーナ 2014-07-17 (木) 23:11:26
      • そうね、あとは休憩の提案とか、不意打ちを防いだりとか…わたし自慢じゃないけど一度もそういうのやったことないわ!
        担当はどうなるかわからないけど、難易度的にはセラフィーナなら楽勝だと思うわ。うん…素人の言うことだからあんまり本気にしないでね -- フールン 2014-07-17 (木) 23:17:12
      • ……私も、ないかも?(あまり記憶はなかった、無意識にしていたかもしれない。)
        ……そう、かな…担当なら、頑張る…(もとより、猟犬としての性質もあるだけに、やる気も十分のようだ。)
        ……フールンは、休憩向き?(薬とか医学とか、そういう意味での一言だった。)
        -- セラフィーナ 2014-07-17 (木) 23:33:34
      • 向きというか、かろうじて可能性のあるのがそういう方向性なのよね、うん。ちゃんと薬持って行くからね
        ただ休憩できる場所なんて今まで一回見かけたか見かけなかったか、それぐらい滅多にないわ…これはわたしも覚悟を決めるべきかもね、フフ…(若干青ざめながら)
        とにかく、課題もだけど冒険そのものもがんばらないとね、頼りにしてるわセラフィーナ! それじゃあまた冒険先でね!(手を降って戻っていった) -- フールン 2014-07-17 (木) 23:39:42
      • ……場所、あると思う…(森などは比較的ある、遺跡や洞窟は少ないと感じたようだ。)
        ……まだまだ、分からない…頑張ろう…(とりあえず前向きなのか、励ますように言った。)
        (そしてコクコクと頷いてから、小さく手を振って別れた。)
        -- セラフィーナ 2014-07-17 (木) 23:47:26
  • ひゃぁぁぁぁ!(台車に荷物を載せ更にその上に乗って滑ってくる)どうにかできました!ただ同じ性能とはいきませんでした!(台車から弾薬パックを下ろして) -- シャル 2014-07-17 (木) 21:13:18
    • ……?…(滑ってくる台車に対して受け止める、はずもなく最小限の動きで避けた。)
      ……出来たの?(そして台車から下したバックを見て首を傾げる。)
      -- セラフィーナ 2014-07-17 (木) 23:08:05
      • あくまで量産品程度ですが!(下ろした荷物の蓋を開ける)
        やっぱり素材がワンランク下がるので同じ性能にはなりませんね、効果は約2/3ぐらいです、その分量産はどうにかできますが
        あと改良ですが威力強化と効果範囲及び射程拡大はどうにかなりましたね、両方キャパシタ増設でどうにかしただけですが(オリジナルの弾も差し出す) -- シャル 2014-07-17 (木) 23:56:59
      • …それでも、3分の2…凄いね…(それは素直な評価、そこまで引き出せるとは思ってなかったようだ。)
        ……でも、量産は…(元々切り札的なもの、それに銃を痛めるものでもあるため多用はする気はないようだ。)
        ……こっちは、大丈夫そう?(オリジナルにも実際に触って確かめる、ちょっとした違いは分かるらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-07-18 (金) 00:32:04
      • 発動時間も2/3なので実質的な総威力はかなり下がっちゃってますけどね!
        威力が下がってる分負荷も軽い筈です、テスト用の銃身でも10回以上持ちました!オリジナルのテストだと毎回修理でしたけど
        基本構造は弄ってませんから多分大丈夫です、全体的に10%ぐらいしかアップしてませんけど! -- シャル 2014-07-18 (金) 00:39:23
      • ……じゃあ、5発だけ…(壊れるほど使いたくない、と言うのが分かるだろう。)
        ……それで、十分…(一発だけこめて、すっと遠くの方を狙い止めた直後に発砲する。)
        ……素直な子、いいね…(すると上空から鳥が下りてくる、一瞬で風向きから距離、相手の動きを把握して撃ち抜いたようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-18 (金) 00:53:45
      • 後の代金はどうしましょう?100枚分も使っていませんが
        おー、長距離狙撃が得意なんですねぇ(ぱちぱちと拍手する) -- シャル 2014-07-18 (金) 00:59:18
      • ……とりあえず、渡したまま…(何かあった時にそれで作ったりすればいい、という考えのようだ。)
        ……朝飯前…(コクリと頷いて、それを確保しにいってすぐに帰ってくる。)
        ……いる?(頭を綺麗に吹き飛ばされた鴨を見せながら聞く。)
        -- セラフィーナ 2014-07-18 (金) 01:09:23
      • 保留ですね、了解です!
        お肉貰っていいんですか!?貰います!(血抜きとかは下手なのでそのまま受け取る) -- シャル 2014-07-18 (金) 01:26:58
      • ……鴨は、そばや鍋…(おすすめ料理を紹介しつつ渡す。)
        ……羽とかは、頑張って…(肉にするのが少々手間ではあるが、そこはしてほしいと言われなかったので応援するセラフィーナだった。)
        -- セラフィーナ 2014-07-18 (金) 01:34:05
      • 鍋ぐらいなら作れそうです!むしるのは、頑張ります!
        それじゃそろそろ帰りますが、また何かあったら出来るだけ頑張りますね!(鴨貰って帰った) -- シャル 2014-07-18 (金) 01:43:39
  • ねぇ・・・ ちょっと聞きたいんだけどいいかな? 君のいつも持ってるそれって・・・銃、だよね? -- ゾフィー 2014-07-13 (日) 23:49:44
    • ……?…(首を傾げた後、銃かと聞かれればコクリと頷く。)
      (ただし、冒険中でもめったに撃った事はなく、主に銃剣術だったりもするようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-07-13 (日) 23:55:13
      • なんだかその・・・ すごいよね、それ 私が知っているライフルとはまるで違うように見える(古めかしいリボルバー式の拳銃を取り出して)
        それってやっぱり珍しいものなのかな? -- ゾフィー 2014-07-13 (日) 23:58:11
      • ……確かに、そうかも…(まだ並んで撃つ時代の頃から比べると技術差は大きく違いそうだ。)
        ……どう、だろ…(そのあとで親から貰った事を伝える、なので親がどこから手に入れたかまでは知らないらしい。)
        ……弾、見る?(貴重なので、セラフィーナ自身も少量しかないがもちろん所持しているようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 00:11:43
      • うん、興味あるよ! 見せて見せて!(7.62x54をしげしげと眺め)・・・ふぅん・・・ 意外と弾は普通なんだね・・・ 私の知ってるライフルとあんまり変わらないね
        (7.62x54mmRは一世紀以上使われている銃弾であった) -- ゾフィー 2014-07-14 (月) 00:18:42
      • (ただし、昔と違って今の弾は精度が違う。そしてそれぞれが全く同じもののようでもある。)
        ……母のは、特殊だった…(何が特殊かというと魔弾と呼ばれる魔力が込められた弾だった。そして銃も特別製だった。)
        (セラフィーナの銃は、ある意味ありふれた。ただしゾフィーから見ればまさに未来の銃と言っても差し支えないだろう。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 00:27:05
      • 特殊って・・・? 銀の銃弾とか、そういうかんじの? -- ゾフィー 2014-07-14 (月) 00:40:04
      • ……魔法、つき?(詳しくは母親の話にしか聞いていないようだ。)
        ……お守り、代わり…(今はもう発射するための銃はない、そのためその弾の一つを子供たちに渡したらしい。)
        (実際にセラフィーナが貰った弾を見せる、通常の弾と違い魔法陣のような溝が弾の全体に細かく刻まれている。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 00:54:39
      • 魔法の弾丸・・・!?(猫のように好奇心に瞳を輝かせ、セラフィーナの持つ弾丸に顔を近づける)・・・なにか彫ってある。・・・
        ううぅん・・・私には魔法の知識はないからなぁ(ぽりぽりと頭をかき) なにか意味のある事が彫られてるのかい? -- ゾフィー 2014-07-14 (月) 01:14:16
      • ……私も、分からない…(ちょっと眉を下げて首を振る。)
        ……風の神よ、我に力を…我の前の敵を、倒したまえ…(風神の力を宿す弾丸のようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 01:28:33
  • なんかその、多分何度も聞かれたと思うけどテント暮らしって大丈夫なの? 特にこれから寒くなってくると大変じゃない? -- フールン 2014-07-13 (日) 20:50:30
    • ……?…(不思議そうに首を傾げた後、コクリと頷く。大丈夫らしい。)
      (そしてテントの中からダッフルコートを取り出してきた。これがあるから大丈夫、と言う事のようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-07-13 (日) 23:25:52
      • な、なるほど…備えは万全なのね。そしてここで越冬するという強い意志も感じ取ったわ
        いや、大丈夫ならいいのよ。でもこの前お世話になったから何か足りないものがあったら言ってね、できるだけ都合するわ
        うん、それだけ! 体に気を付けてね! じゃあね!(手を降って戻っていった) -- フールン 2014-07-13 (日) 23:48:03
  • 蟻の討伐ではお疲れ様。あんなに大きい昆虫を相手にするのは初めてだったけど、あなたのほうは大丈夫だった? -- アサギ 2014-07-13 (日) 03:16:03
    • ……お疲れ、さま…(無事に終わったことを喜んでいるかは表情では分からないが、とりあえずの一言。)
      ……(そして質問に関しては、少し考えた後でコクリと頷く。虫は好きと言うほどではないが嫌いではないので問題ないらしい。)
      ……痛みがない敵は苦手…(ただ、もう一言付け足す。痛感がない相手だと、遠距離武器では距離を詰められるからだろう。)
      -- セラフィーナ 2014-07-13 (日) 23:18:39
  • (背の低い草を拍手させながら、さっそうと涼やかな風が駆け抜けていく。燦めく太陽の眩しい、7月の午後である)
    (勇者は、頬に空気を感じながら、そこに佇んでいた。目の前には、シート状の物体で形作られた三角錐が鎮座している)
    …………。なんでテント? ……。人、居るの? ここ。 -- ケニー 2014-07-11 (金) 21:59:50
    • (話声が聞こえたのか、ひょっこりとテントから顔が出てくる。)
      ……?(不思議そうにケニーを見上げる顔は割と整っているが、あまり表情はない。)
      (ただし、何の用?と言いたげなところを見る限りはテントの主かもしれない。)
      -- セラフィーナ 2014-07-13 (日) 01:50:39
      • (寡黙な少女がテントから顔を出す。勇者はそれを、木に括り付けられた巣箱から顔を覗かす小鳥のように見て取った)
        (一応、彼女が目当ての人物。ここでテント暮らしをしていると聞いてほんとに居たので、納得したようなできないような不思議な気分に陥る)
        あー。先月の巨大依頼で同行した勇者なのだ。無事に犠牲もなく乗り切れて良かったな、と思ってその気持ちを噛みしめるために挨拶でもと。
        ……お邪魔だったろうか。(人嫌いなのだろうか。「アレックスも人混みが苦手と聞いたが、その徹底してるバージョンだったり?」) -- ケニー 2014-07-13 (日) 05:57:17
      • ……お疲れさま…(終わった後に言った言葉をもう一度、まるでロボットのような無表情さだが、ちゃんと人間らしい。)
        ……(コクコクと頷いたのはおそらく、無事でよかったという事なのだろう。)
        (そして次に首を振ったのは、邪魔かどうか聞いた後。とりあえず邪魔だったり、人嫌いと言う訳ではなさそうだ。)
        ……何か、飲む?((キャンプから出てくると、小型のガスバーナーコンロとヤカン。とりあえず歓迎もしてくれるらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-07-13 (日) 23:11:45
      • (彼女は、人形じみている。けれど、じみているだけで人間だ。為草や表情はほんの微かにだが感情を含んでいる。「変わった子なのだ」)
        そうか? なら、嬉しいかな。……。おおぅ。意外と設備が充実している。そうだなー、リョクチャがあれば欲しいかなー。
        (雨風を凌げる寄宿舎がすぐそばにあるのに、テント暮らし。「うーん、不思議だ……」セラフィーナの動作を見守る勇者) -- ケニー 2014-07-13 (日) 23:34:16
      • ……分かった…(コクリと頷くと、バックの中からティーバックが多種入った箱を取り出し、その中から緑茶を選ぶ。)
        (そして火力の強いコンロにより湯がすぐに沸き、そこに緑茶のパックを入れた金属のコップ。そして自分用なのかこれもまた無骨な金属のコップにコーヒーを入れて湯を入れていく。)
        (そして出来上がるまで無言で待っている辺り、こういう時間も好きなのかもしれない。)
        -- セラフィーナ 2014-07-13 (日) 23:44:32
      • (コップは二層構造の、放射熱を抑えるタイプのやつだろうか。街で見かけたことがある。ティーバッグも充実しているし、エンジョイ感が伺える)
        (「ひょっとして寄宿舎より環境が良いのでは?」と思えど、やはり勇者には宿が必要だ。テント暮らしは旅の最中でなければ忍耐しかねる)
        (さてさて。抽出が始まっている。セラフィーナのほうは粉末コーヒーだ。インスタントながらに、香ばしい匂いが漂ってくる)
        コーヒー、好きなのか? -- ケニー 2014-07-14 (月) 00:25:10
      • (その通り、お湯が入っていても金属のカップは暑くならない。しかし中身は冷えることなく湯気を立てている。)
        ……?(視線に気づき首を傾げる、エンジョイしてるかはともかく、あまり不便は感じてなさそうではある。)
        ……(コーヒーが好きかと言う問いかけにコクリと頷く、そして何度か息を吹きかけてからやはり無表情で飲む。)
        ……うまし…(ただし、美味しいのは間違いないらしい。若干目つきが柔らかくなった気もする。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 00:38:53
      • (両手でカップを持ち、こちらも緑茶を啜る。うまい。まろやかで、初秋に冷えた臓腑が暖まる)……。
        うまいのか。(「寡黙だな。私を含めて私の周りは騒がしいのばかりだからな。なんだか新鮮な気分だ」勇者もつられて言葉少なである)
        ……ブラックで大丈夫なのか?(無糖無ミルクを勇者は飲めない。カフェオレならば喜んで飲む) -- ケニー 2014-07-14 (月) 00:53:21
      • (そして美味いのか?と言う言葉にコクリと頷いてから、ケニーが飲むところをじっと見ている。)
        (言葉にはしてないが、相手が美味しいと思っているかどうかを知ろうとしているのかもしれない。)
        ……甘いのが、いい?(こちらは全く平気、甘いコーヒーも嫌いじゃないが野外では主にブラックらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 00:59:37
      • (肩の筋肉を弛緩させて、腰を落ち着けて。すっかり寛いでしまっている。どこか座敷に上げられている気分だが、そういえばここは野外である)
        (そういえば“野点”なんて文化が東方にあるらしい。これもそうか? ちょっと違う気がする。抹茶より緑茶のほうがまろみがあって好きだし……)
        (……。見られてる。意志の薄い瞳で、読まれている。おそらくは空気のようなものを。美味しげな雰囲気を出すことにつとめる。実際そうなのだし)
        (「口に出して伝えれば良かったのでは?」まぁいいや)……甘いというか、牛乳が入ってるほうが勇者は好きだなあ。
        真っ黒なコーヒーが、ミルクを注がれるとまるで別物になったみたいに混ざっていく。コーヒーは暗く透き通っているけど、ミルクを入れるとつるりと光が散乱する。
        それがなんだか面白いし、苦味や酸味も抑えられて。素敵だ。それはそれとして緑茶も好きだ。この緑色が……。 -- ケニー 2014-07-14 (月) 01:29:02
      • (セラフィーナには読心術などと言うものは持ち合わせていない、それでもじぃーと見つめている。)
        (そして美味しげな雰囲気が伝わったのかどうかは、ちょっと首を傾げた辺りで微妙だがある程度は納得したのか、視線をコーヒーに戻した。)
        …でも、牛乳も貴重…(コーヒーや茶葉は保存はきく、しかし牛乳に関してはそうはいかない。)
        (特にこの学園は物資も乏しいため、砂糖はともかくミルクなどはここ最近入れた記憶がないらしい。)
        ……気持ちは、分かる…(色々と同意するところがあったのか、コクコクと頷く。)
        -- セラフィーナ 2014-07-14 (月) 01:44:34
      • そうだな。仕入れも少ないし、保存手段にも乏しいものな……。特に夏場は厳しい。(そのあたりよく理解している勇者)
        (修行がてら、街へよく個人的に牛乳を仕入れに行く。腐ってはいけないのでこまめに。身長を伸ばすためには弛まぬ努力が必要なのだ)
        (子供っぽい印象を与えたか、となんだかそわそわしていたが、同意されて一安心)だろう。
        …………。(緑茶啜りつつぼーっとしている。空、そして雑草の細かく群生しているのを、一つ一つ見たりしている)……。
        (「なにしにきたんだっけ」「いいやべつに」「考えるのとかめんどうだ」シームレスに途切れた会話は、そのまま沈黙を産む)
        (勇者はそうしてお茶のおかわりを頼んだりしつつけっこうな間ぼーっとしていたという) -- ケニー 2014-07-14 (月) 01:59:41
  • セラフィーナー、テント生活なんです?(知り合いを見つけたので走ってくるチビ) -- シャル 2014-07-11 (金) 00:47:30
    • ……(コクリと頷く、狩猟で野外生活は慣れているためか、特に不便と感じてないらしい。)
      (お風呂だけは、学校にあるのを使っているが、食事に関しても野外で済ませてしまえるようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-07-11 (金) 00:57:05
      • おー、こう言うのもなんだか楽しそうです(興味深そうにテント調べてる)あ、それなら生活に役立つ道具はどうでしょう!
        (コンテナからフィルター付き水筒や加熱機能付きポットを取り出す)こう言うのがあります!魔力があれば簡単に動きますよ! -- シャル 2014-07-11 (金) 01:00:47
      • (テントの中にはキャンプ道具やサバイバル用品、それと狩猟道具など女の子らしいものはパッと見では見当たらない。)
        ……?…魔力…(首を傾げて興味深そうに見ていたが、魔力と聞いてちょっと残念そうにつぶやく。)
        (母親も起動式程度でほとんど魔力使わなかったように、セラフィーナも魔力はほとんどないようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-11 (金) 01:11:22
      • 魔力が無い場合はカートリッジ式のチャージャーがあります!お値段なんとフルセットで金貨3枚!(商魂逞しいチビ)
        (電池のようなパックを見せて取り付け方とか使い方説明していく)こうすると水が1分ぐらいで沸騰するので、あとは冷ましたり水を混ぜて温度調整すると便利かもです -- シャル 2014-07-11 (金) 01:12:58
      • ……お安い?(あまりその値段が安いかどうかは分からないが、なんとなくそうなのだろうと感じたようだ。)
        ……便利、だね…(それは感じた、薪拾いなどは労力ではないが地味に時間がかかるようだ。)
        ……じゃあ(金貨3枚渡して、買ってみることにした。)
        -- セラフィーナ 2014-07-11 (金) 01:25:36
      • 原価と加工費を考えるとかなり割安だと思います!(加熱用の特殊鉱石や密閉の技術で結構手間だと説明する)
        はい!お買い上げありがとうございます!あ、あとこれ試作品だけど使います?(密閉式の保存パック、中の空気を減圧するので錆びや湿気に強い) -- シャル 2014-07-11 (金) 01:28:47
      • ……(説明を聞いて、少し分からない点もあったが、なんとなくは理解したようでコクリと頷く。)
        ……?(商品を受け取ってから、試作品と言われたものを見て首を傾げる。)
        -- セラフィーナ 2014-07-11 (金) 01:49:09
      • 分からなかったらいつでも聞きにきてくださいね!これはですね、火薬とかを入れておいても長時間保存できる箱です!爆薬とか雨で駄目になるのを防げるんですよ!便利です! -- シャル 2014-07-11 (金) 01:55:11
      • ……(コクリと頷く、それは便利なので大切に使おうと考えているらしい。) -- セラフィーナ 2014-07-11 (金) 02:02:30
      • それでは!なにか必要なものがあったら言ってくださいね!作れそうなら作りますよー!(五月蝿いまま帰っていく小さいの) -- シャル 2014-07-11 (金) 02:09:49
  • セラフちゃーん!!って馴れ馴れしく呼ぶには僕らはお互いのことを知らなさすぎると思った
    ってなわけでこの際だしお友達になろう?これ、お近づきの印ね(ほい、と市販品のマシュマロを手渡す) -- クリフ 2014-07-08 (火) 00:17:13
    • ……?(そもそも誰だろう?と一瞬迷ったりするが、確か見覚えがあったので思い出す。)……ク……クリ、フ?(思い出しても割と迷った辺り、あまり覚えてなかったようだ。)
      ……(そして友達になろうという言葉にはすぐにコクリと頷き、渡されたマシュマロを受け取る。)
      (そして無言のまま、マシュマロとクリフを見る。食べてよいものか迷っているように見える。)
      -- セラフィーナ 2014-07-08 (火) 00:26:48
      • そう!それ!クリフクリフ。クリフォード、ってんだよ。同じ学園のさ、クリフ。覚えてないなら覚えてくれよな
        (ギリギリ覚えてくれてたので嬉しげ。マシュマロを手に迷う姿を見てニッ、と更に笑顔)
        だーいじょうぶ、別に怪しいもんじゃないからさ。市販品だし味はお墨付きだ。セラフちゃんが食べてくれたらなー。俺とーーーーっても嬉しいんだけどなー? -- クリフ 2014-07-08 (火) 00:29:18
      • …(コクリと頷く、同級生を覚えるのは大切だというのは分かっているようだ。)
        …ん…(了解も得たところで食べる、毒や妙なものが入ってないのは鼻で分かっているようだ。)
        (ただし、一つ口に入れてから食べ終わるまでがゆっくり。飲みこみ終ってからすぐ食べている辺り美味しいとは思っていそうだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-08 (火) 00:44:56
      • (ゆっくりとマシュマロを食べるその姿を見つつ)…何か小動物っぽいな。いかん、ずっと見ていたい衝動に駆られる…
        ハムスターとかそういうアレ。ま、気に入って貰えたみたいで何よりだわ
        おいしそうに食べて貰えるのもいいけども、セラフちゃんみてーに味わってゆっくり食って貰えるのもいいもんだなぁ
        (口数の少ないセラフィーナと対照的に、一人でよく喋りながら彼女がマシュマロを食べ終わるまでその光景を眺めていたそうな) -- クリフ 2014-07-08 (火) 00:51:06
      • ……?(どうしたの?と言いたげに、食べる手を止めて首を傾げる。)
        ……美味しい、から…(味わって食べているようで、それを言葉にして伝える。)
        (そして、感謝のありがとうも言葉で伝えながら、全部食べ終わるまで見守られたようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-08 (火) 01:18:52
  • あなたもシューター(射手)なのかしら? 来月に同行するアサギよ、お互いに敵のトドメを奪い合う形になるけど依頼はしっかりこなしていきましょう -- アサギ 2014-07-07 (月) 01:27:37
    • ……(コクリと頷く、狙撃手ではある。ただし今のところ銃で撃ったりはあまりしないようだ。)
      ……(コクコクと再び頷く、課題を達成するためにもお互い頑張りたいところではある。)
      -- セラフィーナ 2014-07-07 (月) 23:03:18
  • 次の依頼、頭数が足りないように見えるのだけど
    ちゃんと補充されるのかしら(依頼状の名前欄を睨む)
    //流れるのでかってに表示件数をふやしたのだわ -- ガルビーラ 2014-07-06 (日) 02:11:39
    • ……(コクリと頷く、本人としては神妙な表情かもしれないが普段から表情が変わらないので分かりにくそうだ。)
      ……傭兵かも……(ようやく喋ったのがその言葉、母親が冒険者だったためその辺りは知っているらしい。)
      (ただ会話中にも気にしてるのがガルビーラの耳や尻尾や羽、それをチラチラ見ているので表情以上に分かりやすい//有難うございます…明日はもっと早く書けると思います…。)
      -- セラフィーナ 2014-07-06 (日) 02:37:43
      • なぁに、言いたい事があるなら言ってご覧なさい(依頼状を畳んでしまいながら) -- ガルビーラ 2014-07-06 (日) 02:48:10
      • ……う…(言いたいことがあるのならと言われて、多少困った顔になる。)
        ……ドラゴン系?(しかし気になったのか、言わなければ分からないだけに種族がドラゴンか聞いてみる。)
        (一瞬トカゲかと思ったが、羽がある以上分類的にはそちらだろうと判断したらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-07-07 (月) 22:51:41
      • 今頃になってそんなことを聞かれるとは思わなかったわ
        そうよ、あなたには話していなかったかしら
        「ズメウ」というのが私達の種族の名、此方では竜人と言えばわかりやすいかしら -- ガルビーラ 2014-07-08 (火) 01:21:54
      • ……(コクリと頷く、今更かもしれないが聞いてなかったし素直に質問するタイプでもないだけに聞きそびれたのかもしれない。)
        ……ゾメウ…(聞きなれない種族、しかし竜人と言われれば理解も出来たようでコクリと頷く。)
        (そしてこちらもイヤホンを取れば犬耳、人だが人ではない種族なのでちょっとした仲間意識があるようだ。)
        (スカートの方も少しめくればパタパタをゆれる尻尾が見えるかもしれない。)
        -- セラフィーナ 2014-07-08 (火) 01:30:06
      • あら…(露にされた耳と尾を見て、ぱちぱちと瞬き)
        少々人間離れした部分があるとは思っていたけれど、そういうことだったのね
        かわいいじゃない?(くすっと小さく微笑む) -- ガルビーラ 2014-07-08 (火) 01:40:29
      • ……母が、犬獣人…(なので、セラフィーナはハーフの獣人と言えるだろう。)
        ……(そして可愛いと言われると、視線をそらしてしまう。頬も若干赤い辺り照れているようだ。)
        ……そっちは、恰好いい…(そして、お返しとばかりにそちらを褒める。格好いいと褒めるのが正しいかは別。)
        -- セラフィーナ 2014-07-08 (火) 01:48:07
      • そう、ありがとう(涼しげに微笑んで髪をかき上げる)
        あなたの力も頼りにしているから、よろしくね(そう言って別れる)
        (その後多少の困難はあったものの、無事に依頼を遂行することができたようだった) -- ガルビーラ 2014-07-08 (火) 02:04:25
  • 今月はお疲れ様、セラフィーナさん。今回はつつがなく…と言っても課題には関係無いのだけれど
    ともかく、上手く行くに越した事は無いものね。装備が見つからなかったのが残念だったわ -- 2014-07-05 (土) 20:49:10
    • ……(コクリと頷く、問題なく終わったのはいい事だと思っているのだろう。)
      ……(コクコクと続いて頷く、装備がほしいと言えばほしい。ドラグノフから変えるつもりはないが強化パーツがあるのなら利用したいようだ。)
      ……何欲しい?(そしてようやく喋ったかと思えば一言だけ、どんな装備がほしい、と聞いているらしい。)
      -- セラフィーナ 2014-07-06 (日) 02:32:14
      • (頷く様子を眺めつつ)…依頼中も思ったけれど、本当に殆ど喋らないわね
        ん…何、って。装備の話かしら?そうね…細剣なんか貰えたら良いかな。今のも悪いものじゃないとは思うものの、体格と合ってるかと言われると… -- 2014-07-06 (日) 21:17:40
      • ……(コクリと頷く、その事は家族からもここに来てからもよく言われてるらしい。)
        ……(自分の銃につけるための銃剣を見せる、やや細剣にも見えるがどちらかというとショートソードに近い。)
        (こちらは弓ではないが、分類上は弓扱いにされているようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-07-07 (月) 22:45:16
  • …何でこんな所にテントがあるンダ?…路上生活者トハ、珍しいナ
    マぁ、おおかたどこかの男子ダロウガ…(まさか女子が生活してるとは夢にも) -- リドバ 2014-07-05 (土) 20:30:36
    • ……?…(テントの外に気配がしたので、テントから顔を出してみればオークらしき人影。)
      ………(それでも表情は変わらない、ただしテント内で狙撃銃に手をかけていつでも撃てる状態にしているようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-07-06 (日) 02:27:23
      • …初対面で動じない子と言うノモ、なかなか珍しいナ…あァ、警戒する気持ちは分かるガ人間ダ
        ただ、テント暮らしがどんな奴カ興味を持っただけダ…邪魔したなら、帰るガ -- リドバ 2014-07-06 (日) 19:48:21
      • ……?(人間?と疑問形の首傾げ、匂い的にはオークとほぼ同じなだけに不思議なようだ。)
        ……問題ないよ…(とりあえず危険はなさそうだと分かったのか、銃から手を離してテントから出てくる。)
        ……一人暮らし?(そして続いてボソリと呟いたのは、何故ここにという返答のつもりらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-07-07 (月) 22:33:36
  • 睡眠姦ックス! -- 2014-07-03 (木) 22:25:51
    • ……(フルフルと首を振った、したことないという意味か、する気がないという意味かは分からないだろう。) -- セラフィーナ 2014-07-03 (木) 23:09:15

Last-modified: 2014-09-27 Sat 02:20:47 JST (2996d)