リンデグレーン家出身 セラフィーナ 515193 Edit

ID:515193実際の髪の色は違います…
名前:セラフィーナ
出身家:リンデグレーン
年齢:16
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画:企画/アドベンチャラー・アカデミー

 セラフィーナの近況 Edit

とりあえずテント生活、なぜかというと部屋決まってないから
本人は割と普通に暮らしてる、お風呂だけはちゃんと借りてる
1期目も2期目も3期目も無事達成、冒険者の素質はあるかもしれない
しかし運に見放されたらしく4期目は失敗、ペナルティとして施設の掃除を5か月間することとなったようだ

風が通る場所 Edit

セラフィーナ>名簿/515193 &color(#965042){ };
お名前:
  • ここらへんか……?うーむ、どうにもこの地図では曖昧でわからんな……(以前書いてもらった地図を複製し紙にして持ちながらセラフィーナの家へと向かっていた) -- ハロルド 2014-09-06 (土) 22:30:23
    • (森の中は鬱蒼とはしていないが、それでも森を歩き慣れた人でなければ同じようなものだろう。)
      (ハロルドは同じところを歩いていると錯覚しそうな森の中、歩き疲れて喉も乾き始めたところ、目の前にそれなりの広さの湖が見えてきた。)
      (そこで乾きをいやすことも、休憩することも出来るし、地図を見れば湖畔の近くに家があるので目的地にも近いようだ。)
      -- セラフィーナ 2014-09-07 (日) 23:14:53
      • まったく、とんでもない所に住む者もいるものだ……世の中というのは大いに広く、愉快でありがたい(ひとりごちながらも顔を上げれば、視界が開けて湖が目の前に広がる)
        これが地図にあった……あったか? まぁともかく、ちょうどいい場所ではあるな。多分ここから遠くもないだろうし少し休ませてもらうか(よいしょ、と座り一息つく)
        案外呼べばここまでくるかもしれないな、ミス・セラフ。わんこ属性持ちだからな、あいつは(笑いながら、水筒に口をつけてぐびぐびと中の冷えたお茶を飲む) -- ハロルド 2014-09-07 (日) 23:48:24
      • (街中とは違い、聞こえるのは虫や鳥の鳴き声。そして風に揺れる木々の音くらいで静かなもの。)
        (水音がしたのも、この湖の魚が跳ねた音…のように思えても不思議がない。)
        (しかし次の瞬間)………?(潜水でもしていたのか、突然水面から顔を出すとハロルドが目の前にいて首を傾げるセラフィーナ。)
        (手には魚が突き刺さった銛、そして揺らめいて詳しくは見えにくいが肌色が良く見える。)
        -- セラフィーナ 2014-09-08 (月) 00:02:36
      • ほう、魚もいるのか。釣りもできそうだな……(そう言って再び水筒に口をつけた瞬間だった)
        ぶふーっ!(水面から現れたセラフィーナに驚き、思わず口に含んでいたお茶を噴きだす)
        何故そこにいるのだミス・セラフ! というか!ちゃん水着着ているのか!? 大丈夫なのか!? -- ハロルド 2014-09-08 (月) 21:47:38
      • ……(しゃぷんと吹きだしたお茶が自分にかかる前に無言で潜り、そしてまた浮上するがその目はジト目。)
        ……汚い……?…私の家、すぐ近く(指さした方角はまだ森しか見えないが、少しいけばあるようだ。)
        ……大丈夫…流石に裸、違う…(フルフルと首を振る、ただし湖の中から上がろうとはしない。)
        -- セラフィーナ 2014-09-10 (水) 00:10:16
      • どこから出て来てるんだお前は! というか、そんな目で見るな! 仕方なかろう、悪かったとは思うがそれ以上にタイミングが悪かったのだ! 
        そうだろうよ、俺様ミス・セラフの家を目指して進んでいたのだから、この地図もなかなか役に立つようだ
        それならばよかったが、しかしだいぶビビるな。一瞬裸かと思った……しかしそれならばこのまま道案内でも頼もうか、大丈夫か? -- ハロルド 2014-09-10 (水) 21:42:22
      • ……漁してただけ、なのに…でも、許してあげる…(いる?とまだ跳ねてる突き刺さったままの魚を見せる。)
        ……当然…(ちょっとすました顔でのどや顔っぽい、馬鹿にされただけにひとしおである。)
        ……(コクリと頷くと、ちゃぷんと潜って気づけば離れた対岸に出てきて森の中へ。)
        (そして戻ってきた時には、ちゃんと服を着替えてきていた。作業服のようなハンティング服、色気はない。)
        -- セラフィーナ 2014-09-11 (木) 01:02:45
      • そうは言っても俺様も流石に予測できなかったからな……天才の俺を欺くとはやるな!
        いや、むしろ解読してここまで来た俺様がすごいだけかもしれんがな……!(と、こちらもしたり顔)
        もう少しこう、普通の服はないのか? いや、普通の服ではあるのだが女の子らしい服というかな? -- ハロルド 2014-09-12 (金) 23:52:25
      • ……よく分からないけど…良かった?(首を傾げつつも、とりあえず道案内を開始する。)
        ……そうさせるだけのを作った…凄い…(論点がずれてるのは気づいていない。)
        ……普通……見たい?(舗装と言う程ではないが、馬車が通れるような道に出た所で振り向いて聞いてみる。)
        -- セラフィーナ 2014-09-13 (土) 00:36:04
      • むむむ、それが本当ならば確かに……俺は手のひらの上で踊らされていただけだというのか……!(無駄にショックを受けた感じを装いながら)
        ここら辺は結構通りやすいのだな。ん? ああ、見てみたいな。好奇心というものでもあるが、制服とそれしか見たことないからな
        制服も女子らしいというものではあるのだが、まぁいつもとは違う服装というのは悪くないだろう(と、いつも通りの格好で話す。自分は棚上げである) -- ハロルド 2014-09-14 (日) 00:07:54
      • ……参った?(まだよく分かってないものの、首を傾げながら言った。)
        ……そう…(見たいと言う言葉にはそっけなくそれだけ、ただ若干尻尾が揺れている。)
        ……あ、ついたよ?(森の中に現れたのはログハウスのような建物、それが大小何軒か散らばって建っている。)
        ……ハロルドは、こっちで待ってて(そして案内したのは、その中でも小さな方のログハウス。中は家具は少ないが、キャンプ関連や狩猟関連などが点在している。)
        -- セラフィーナ 2014-09-15 (月) 00:10:45
      • それが狙い通りだったのならな(言いながら、この会話を楽しみつつ)
        ん? ん? もしかして嬉しいのかミス・セラフよ(揺れる尻尾を見て尋ねながら)
        っとぉ、ここか。ほう、集落なのだろうかこれは様々な建物があるようだが……(興味深そうに眺めて)
        ああ、それじゃあ待っているとしよう。しかしここはもしかして……(部屋のものを見れば、なんとなく持ち主というか家主が誰なのかわかる気がする -- ハロルド 2014-09-17 (水) 22:49:18
      • ………違うよ、全然違う…(フルフルフルと首をいつも以上に振って否定する。)
        ……(フルフル)…家族だけ…ログハウス、増築難しいから…(増築よりは新築した方が楽だったからこうなったようだ。)
        (そして少ししてから)……お待たせ…(何故かガルビーラが着ていたようなメイド服姿のセラフィーナがお茶を持ってきた。)
        -- セラフィーナ 2014-09-17 (水) 23:02:53
      • むむむ、なかなかに手厳しいお言葉……!
        ふむ、これだけの数があるから小さな集落、もしくはキャンプ地かなにかかと思ったぞ
        いいや、ちっともまってな、ってなんでそんな恰好!? 確かに、女の子らしい格好とは言ったけども俺様その変化球はびっくりするな!? -- ハロルド 2014-09-17 (水) 23:33:52
      • ……違うよ?(最後にポツリと言ったのは、何に対してかはハロルドが判断するのは難しそうだ。)
        ……全部、我が家…土地は、あるから…(と言うより土地を買ったのではなく自然のものを使っているだけとも言う。)
        ……見たいと言ったのに……これ、違う?(軽くスカートの端をつまむ、それなりに長いのでふくらはぎくらいまでしか見えないので安心。)
        -- セラフィーナ 2014-09-18 (木) 00:03:31
      • うん?(結局、女心は難しい。というような感じで終わるのだった)
        すさまじいな……大地主だな! しかしこれら全部というのは管理が至極面倒そうではあるが
        可愛くないわけではないが……こ、コスプレっぽいというかな? 普通の女の子らしい私服が見たかったというかな? いや、でもこれはこれで、なのだろうか?(結局いつもとは違う姿に動揺と諸々の感情があるようだ) -- ハロルド 2014-09-18 (木) 00:14:00
      • ……大丈夫、家族…結構いるから……会う?(会いたければまた後で紹介するらしい。)
        ……ハロルドは、なかなか…我儘…(せっかく着たのに、と言いたげにコーヒーを置く。)
        ……でも、スカート…あとは学生服だけ…(そもそも、スカートを履かない方が多いようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-09-18 (木) 00:44:55
      • いずれ会わせてもらおうかな、しかし結構いるとはいったい何人家族なのだ?
        うぅ、確かに言われるとそうだが、まぁ俺様元々そんなもんだしな! だがそれ以上に流石にメイド服で来られるとはこちらも心の準備が足りなかったのだ!!
        ふむ、私服ではズボンなどのファッションが多いということなのか。先程みたいな感じのものが多いという事なのだろうか -- ハロルド 2014-09-19 (金) 00:15:45
      • ……(指折り数えている。)……一杯?(厳密には答えずにそんな風に言った。)
        ……そう…じゃあ…着替えた方がいい?(多少残念そうに、首を傾げながら聞いてみる。)
        ……動きやすい…狩りの時、あまり露出…良くない…(森や山を駆けたりする以上、スカートは不向きだと言う事らしい。)
        ………なら、ハロルド…どんな格好が、いいの?(そしてそれも聞いてみた。)
        -- セラフィーナ 2014-09-19 (金) 00:46:57
      • アバウト!! 数えるのをやめる程とは……!(思わずうなってしまった)
        いや、まぁ折角だからそのままで(驚きはしたものの、別に嫌というわけではないようだ)
        ああ、なるほどな。枝やらなんやらで傷を作るというのもな。そういう意味では普通の女子らしい私服というものも持たないか
        俺様か? まぁ俺様はそいつが似合っている服装であればそれでいいとは思うがな? 今回はミス・セラフのいつもとは違う姿を見たかったというわけであってな! -- ハロルド 2014-09-19 (金) 22:39:26
      • ……二人とも、仲良しだから…(あまり説明するのは、流石のセラフィーナも照れるというもの。)
        ……ハロルドは、よく分からない…(服装に突っ込みを入れたかと思えば、これでいいと言ったりと理解に苦しむようだ。)
        ……なら、私に似あう服装って…何だと思う?(あやふやで曖昧な説明ばかりなので、ずぃっと詰め寄るように聞いてみる。)
        (とはいえセラフィーナの方も、何故ムキになっているように聞いているか、自分の気持ちにはまだ気づいていないらしい。)
        -- セラフィーナ 2014-09-21 (日) 00:28:35
      • 家族が多いってそういうことなのか!? ううむ、まぁそういうことならツッコミを入れるのは野暮だろうな
        仕方ない、俺様天才だから……(まったく悪びれない)
        やけにムキになるな? しかし、ううん、それを改めて問われると答えに窮するな! なんと言えばいいか……
        俺様としては、ミス・セラフは顔立ちも整っているし、女の子らしい格好も似合うのではないかと思ったし。狩りの時の服装もらしいと言えばらしいし……ううん……! わ、わからん!!(自分の中の曖昧な感情を持て余しながら、結局答えは出ない) -- ハロルド 2014-09-22 (月) 21:17:30
      • ……(天才と言ったから、今度は身を乗り出すように手を伸ばして片方の頬を引っ張りに行く。)
        ……ムキ?……そう、かも(そう言われると、何でこんなに聞きたがっているのか不思議になった。ある意味似たモノな二人でもある。)
        ……よく分からないけど…なんとなく、分かる…かも(具体的ではないにしても、褒められた部分も多く、そして気持ちも少しは伝わったので上機嫌に尻尾が揺れる。)
        ……そういえば、今日は…挨拶だけ、きたの?(用事はそれだけなのだろうかと思ったようだ//な、なんだかすごく長引いていて…馴染みも始まっちゃってますけど、大丈夫なのでしょうか?)
        -- セラフィーナ 2014-09-24 (水) 00:27:56
      • NO! 俺様の天才ディフェンスがうないててててて!?(よけ、られなかった!)
        ああ、ムキになっているとも。ま、それはそれでいいのだけどな
        そう言ってもらえるとありがたい……! なかなか言葉で伝えるというのは難しいものだ……こればっかりは苦手だな、どうも
        まぁそんなところだな! せっかく教えてもらったんだ、遊びに来ないというのも勿体なかろうよ!! いい顔も見れたし満足満足ってやつだな!
        (//長引いている原因はこちらなので……むしろこちらが迷惑ではないかびびっております……!だ、大丈夫でしょうか?) -- ハロルド 2014-09-24 (水) 23:39:59
      • ……天才言うの、ハロルド悪い癖…(それでも軽く引っ張るくらいでやめてあげた。)
        ……能ある鷹は爪隠す…(ビシッと指をさしながら言った、自慢とかしない方がいいと言う事なのだろう。)
        ……うん、来てくれて嬉しい…?…いい顔?(尻尾を振った後、そんな顔しただろうかと自分の顔に触れる。)
        (//あ、いえいえ。こちらは元々文通に慣れているので…あ、ところで着地点もどうしましょうか…この二人の。)
        -- セラフィーナ 2014-09-25 (木) 00:45:25
      • むむむ、だが本当の事だし!!  しかし、能ある鷹とは言うが、それこそ俺のこの姿を見てそうだと信じる者も少ない
        だから、隠せてはいる。俺様を狙う奴は本当にそれをわかっているわけだからな。だがまぁ、それはまた違うな、うむ。ミス・セラフがそういうのなら……………まぁ、控えるとしよう、ちょこっとな!
        割といい笑顔をしているぞ、フッフッフ!(そういって軽く頭を撫でてやる)
        (そんな感じでほのぼのとした時間は過ぎていくのだった)
        (//それならよかった……しかしそうですね、考えてなかった……だらだら続けるの癖になってるな。うーん、告白して付き合えたらだろうか。想いが通じ合えたらっていうのが一番なのかなぁ、とか思う) -- ハロルド 2014-09-25 (木) 23:06:14
      • //いえいえ、こちらものんびり続けてしまいがちで、それでなかなか進まなかったりするので…はいな、それではそういたしましょう!
        ただし、この二人はきっかけがないとなかなか進まないでしょうけど…あ、とりあえずは明日にでもそちらのコメに行きますね!)
        -- 2014-09-27 (土) 02:20:47
  • セラフィーナの気配を感じたから会いに来たけど、あなたは卒業後はどうするのかしら -- アサギ 2014-08-19 (火) 00:46:59
    • ……色々と、忙しかったから…それも、今日まで…(ただ、タイミングはある意味悪く卒業になってしまったようだ。)
      ……まだ、考えてない…多分、実家?(少し考えた後首を振ってから、また首を傾げる。街の近くに実家があるようだ。)
      ……アサギは、どうするの?(もちろん相手の事も気になるので、今度はこちらから聞いてみる。)
      -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 00:58:28
      • そう…。あなたはこの街に残るのね
        私は一度、故郷のミストロザリアに戻ろうと思うの。冒険者になってしたかったことも目処がついたから
        だからあなたとは離れるけど…、私はあなたのことは忘れない
        一緒に戦った戦友として、一緒に学んだ学友として、そして私の友人としてのセラフィーナ…
        (彼女と別れるのは辛いが、これもまた学園の必然。だがセラフィーナのことはこの街にまた来たときに会いに行くと約束する) -- アサギ 2014-08-19 (火) 01:08:23
      • ……(コクリと頷く。) ……アサギは、行っちゃうんだ…(やはりさびしそうに言った。)
        ……(コクコクと頷く。) …私も、忘れない…一緒に頑張った事…遊んだ事も…(4年もいるだけに、無表情に見えて僅かに微笑んでいるのが分かるだろう。)
        ……うん、元気でね…大事な友達の、アサギ…(手を差し出す、別れのものではなく再開を誓い合うためのもの。)
        -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 01:16:48
      • ええ、故郷に戻ると言っても冒険者をやめるわけじゃないもの
        (差し出された掌を握る。お互いの体温…いやぬくもりと呼べる信頼を伝える)
        最後にあなたに挨拶できて良かったもの。あなたは冒険者は続けるのかしら? -- アサギ 2014-08-19 (火) 01:21:04
      • ……そうなんだ…私も、続ける予定…(力強くはない、けれどしっかりと手を握る。)
        ……なら、またどこかで…一緒に戦えるかも…(その日が楽しみだと言いたげでもある。)
        ……だからそれまで、元気でね…(そう、冒険者と言うからにはそれが心配でもある。)
        -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 01:29:58
      • ならお互いにそれぞれの冒険を頑張りましょう
        (明日とも知れない冒険者業だが、それでも続けるのはやはり矜持であったり理由があるのだろう)
        ありがとう、セラフィーナ…。もし英雄になれたら旅先であなたの話を聞かせて貰うわね
        (学園での友人に別れを告げると手を振り、風の吹く向こう側へと消えていく。またいつか出会えるかは風が知るのみ) -- アサギ 2014-08-19 (火) 01:34:35
  • そういえば、結構経ってから聞くのもなんだが何故テントで暮らしているのだ?
    冒険者として生きているのだ、別に金に困ることはないだろう? -- ハロルド 2014-08-07 (木) 21:29:36
    • ……?…不便だけど、慣れてるから…(首を傾げた後、そう言った。)
      ……涼しい場所、暖かい場所…綺麗な所、色々いけるから…(その日の気分で引っ越しできるのもメリットらしい。)
      (手間なのは設営と運搬、寝袋と下に枯れ葉など場所を考えれば下手な布団よりいいらしい。)
      -- セラフィーナ 2014-08-07 (木) 23:53:28
      • なかなかの風来坊だなミス・サイレンス! 
        だが確かにそういう生活も悪くはなさそうだが、俺様真似できそうにはないな!!
        こう、機械的なものが危ない……! 
        しかしまぁ、そういう理由だったのだな。テント暮らしというのもなかなかそういう事をしない人間には不思議なものとしてうつるというものだ、なので不躾な質問を許してほしい!(と、謝ってるのかなんなのかわからない言葉を放つ) -- ハロルド 2014-08-08 (金) 00:19:03
      • ……ハロルドも、森で暮らせば慣れる…(おすすめ、と言いたそうな口ぶりだった。)
        ……そう?…残念…(そしてその言葉は無表情だが、雰囲気などから本当に残念そうでもある。)
        ……大丈夫、気にしてない(首をフルフルと横に振る。) …気になるなら、見てみる?(テントの中の事らしい。)
        -- セラフィーナ 2014-08-08 (金) 00:29:30
      • そういうものなのだろうか……? だがしかし、一度も体験せず否定というのも科学者らしからぬものだな
        残念がられるというのもなんだか不服だしな! 俺様も野宿的なサムシング、してみるか……!
        そうだな、できれば拝見したいものだ! 資料や情報として頭に入っていてもやはり実際に見るのとはまた違うだろうしな! -- ハロルド 2014-08-08 (金) 21:15:16
      • ……するんだ…頑張って(パチパチとその決意に拍手をしつつ応援する。)
        ……大したもの、ないよ?(テントの入口のチャックを開けると、本当に必要最小限のものばかりのようだ。)
        (寝袋、大きな鞄、ランタンや携帯コンロなどのキャンプ用品、そして銃関連のもの。あとは、犬用のブラシなどもある。)
        -- セラフィーナ 2014-08-09 (土) 01:56:39
      • 何を聞いたとしても、体験するのが一番だからな! なに、やってやれないことはなかろうよ!
        ほう……確かに女っ気らしさはないな! ある意味想定通りというか……
        しかし、なんだ? あのブラシは人用ではなさそうだが -- ハロルド 2014-08-09 (土) 21:12:06
      • ……でも、準備は…大事(何もせずに野宿すると悪い面ばかり目立って良くないと心配してるようだ。)
        ……そう、かな…(ちょっと不満そうでもある、ただ二つある鞄の一つは隠すように座る。)
        ……もちろん、犬用…愛用……言ってなかった?(説明してから、首を傾げる。)
        -- セラフィーナ 2014-08-10 (日) 23:58:30
      • 準備か……まぁ本かなにかで調べるとするか、心配ご無用だ! なんならミス・サイレンスが教えてくれたって構わないのだぞ!
        必要最低限といった感じに俺様には見えるのだが、ん? 今何か隠したか?(やたら目ざとい!)
        なんだ? 犬でも飼っているのかミス・サイレンスは。俺様犬やら猫の類は結構好きだぞ! -- ハロルド 2014-08-11 (月) 23:13:16
      • ……私が?…いいよ?(簡単に引き受けるつもりなのか、コクリと頷く。)
        ……そんな事、ない(首をフルフルと横に振る、視線をそらす。)
        ………(少し考えてから首を振る。)……私、獣人…(ヘッドフォンを取れば、ぴょこんと出てくる犬耳。)
        -- セラフィーナ 2014-08-12 (火) 00:10:24
      • それならば必要なものとか色々聞いていくとしよう! (そういって必要最低限のものをメモしていく)
        わかり易いリアクションだな! とはいえ、女子の隠し事を暴こうというのはなかなか! 我ながらどん引き!!
        なん……だと……!? 俺様全然気づかなかった! 犬の耳でいいのかそれは……?、 -- ハロルド 2014-08-13 (水) 01:09:43
      • …まずは、テント…丈夫で軽いの…バネ式、お勧めしない…(良く知った事だけに、いつもより饒舌に説明していく。)
        ……大丈夫…ぬいぐるみは、バレてないから…(問題ない、と言いたげでもある。)
        ……(コクコクと頷く。) ……尻尾も、あるよ?(スカートの中がもぞもぞと動いて、ひょっこりと犬のふわふわ尻尾がスカートの下から見える。)
        //お盆中は忙しくて文通気味になりそうです…ごめんなさい。
        -- セラフィーナ 2014-08-14 (木) 01:49:58
      • 楽そうなのだけどな、だが楽だから大変なのだろうなきっと。しかし、やはり好きな物ともなればお前もよくしゃべる。ミス・サイレンスというあだ名は正しくはないな
        ううん、そうだな。今喋らなければばれなかったのだがな! しかしぬいぐるみとは乙女ちっくなものを。先程の言葉は取り消しておこうではないか
        おお〜、というかそっちはあれだな。見えそうなのでストップだ! とりあえず獣人なのはわかった! わかったぞ!(あわあわ)
        //はい、わかりました! というかこちらこそ文通気味ですいません……! -- ハロルド 2014-08-14 (木) 20:29:33
      • ……複雑だと、壊れやすい…直しにくい…単純は、簡単で丈夫…(構造的な問題で、それゆえにセラフィーナのテントも手間はかかるが単純かつ丈夫なもの。)
        ………そう、かな…(そう指摘されると言葉を止め、若干視線をそらしつつ言った。)
        ……誘導尋問?……馬鹿にしない?(少しだけジト目のようだが、すぐさま気になって聞いてみる。)
        ……見えそう…何が?(スカートがめくりあがる程ではないのだが、それでも健康的な太もも辺りまでは見えたかもしれない。)
        -- セラフィーナ 2014-08-16 (土) 00:50:16
      • そういうことだったか、うむ、ありがたく忠告をいただいておこう!(サンキューだ!と助言をメモりながら)
        そうだぞ? 俺様からはそう見えたという話だ。となれば、どう呼ぶべきか……そうだな、ミス・セラフというのではどうだろうか? 単に名前を縮めただけなのだがな!
        そんな高度なものを使うまでもなかった気がするが……まぁいい! ふふん、俺様自慢じゃないが、他人が気にする部分を笑う程雑な人間性はしていないつもりだ! 安心するといい!
        俺様も一人の青年男子であるからしてそれを口にするのは憚られるな! とりあえず尻尾を振るのをやめろ! ステイ、そうステイだ! -- ハロルド 2014-08-16 (土) 01:12:20
      • ……それは、任せるけど……いいよ?それでも(名前に関してはあまり気にしてないようだ。)
        ……そう、かな…なら、安心(鞄から取り出したのは、茶色い生物のようで、感情を表さない真っ黒い点のような目と、体の中央にギザ歯で大きな口。どーもくんと呼ばれる世界もあるもののぬいぐるみだった。)
        ……青年?(そこに首を傾げる。) ……よく分からないけど(言われたので、女の子すわりで座る。)
        -- セラフィーナ 2014-08-16 (土) 01:22:07
      • うむ、ではミス・セラフと呼ぼうではないか! 改めてよろしく頼もう!
        …なるほど! なかなか面白い趣味なのだな、というかなんだ、この、なんだ!?
        青年ですがなにか?(ふふんと髪をかきわけて)そう、そんなかんじでだな(安堵のため息をついて
        //すいません!今度はこちらが18日まで文通になりそうです! -- ハロルド 2014-08-16 (土) 07:08:38
      • ……?…どーもくん、だって…(可愛いでしょ?と言いたげに自慢げに持ち上げてみせる。)
        ……(座っていたが、ふふんとか言ってるのでデコピンした。そんな卒業はまだもう少し先の話だった。)
        (//遅くなりました!もう卒業ですね!…もう卒業なんです!?えぇっと…卒業後はどうされるか分かりませんけど、色仕掛けしてもいいんです?締められるのならなかった事にしますです。)
        -- セラフィーナ 2014-08-19 (火) 00:44:03
      • どういうマスコットなのかさっぱりわからんが、まぁ可愛くなくはないな! (自慢げな姿をむしろ笑って)
        あいたーっ!? え、え、なんで!?(目を丸くしながらそう叫ぶ。卒業を目前とした二人ではあるが、二人らしい一日だった)
        (//そう、もう卒業……というか帰ってきたら卒業していた……! これはスタンド攻撃だな!
        特に締める予定もないので構わんのです……!) -- ハロルド 2014-08-19 (火) 20:33:12
  • 暑いですねぇ……生きてます? -- クリエ 2014-08-04 (月) 22:24:52
    • ……大丈夫、問題ない…(無表情ながら、どこかうんざりしたように空を見上げる。)
      (猟師ゆえにたとえ暑い真夏でも得物を待ち構える我慢強さは持ち合わせている、されど暑いものはやっぱり暑いようだ。)
      ……クリエは、平気(なので、せめて少しは涼むために河原の日陰の下で足を川につけている。)
      -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 22:49:42
      • この暑さはちょと厳しいです……レジストポーションで軽減できますけど、ずっと使っている訳にもいきませんからねぇ……
        (ブーツを脱ぎ、真似して川に足をいれてちゃぱちゃぱ)わっ、冷たいですっ -- クリエ 2014-08-04 (月) 22:56:49
      • ……森は、涼しかった…(森はそばに水場もあり、体感的な温度で言えば雲泥の差らしい。)
        ……自然を、活かす…(薬や文明に頼らない、と言いたいがきっとクーラーがあれば使うタイプでもある。)
        ……これだけで、違う…(よく見れば自分から上流の位置に夏野菜やスイカなども冷やしてある。)
        -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 23:04:50
      • 樹がいっぱい日陰もいっぱいですからねぇ……ここも去年までは辛い暑さではなかったのですが……今年の夏は格別なのです
        氷魔術が使えれば良いのですけど、私の場合専門外ですからねぇ……あ、スイカですっ!自然の知恵、ですねっ! -- クリエ 2014-08-04 (月) 23:13:25
      • ……でも、雨も多い…(今日は快晴、しかし雨も多いのも猟師としては辛い所らしい。)
        ……私も、さっぱり…(コクコクと頷いて、スイカにキュウリにトマトを見せる。)
        ……どれか、食べたい?(どうやらクリエも食べてもいいようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 23:20:06
      • 最近の雨は降るときは一気にふる感じですからねぇ、それこそ、洪水になっちゃいそうな
        いいんです?……スイカもいいですけど、さっぱりとキュウリもいいですねぇ……一本頂けます? -- クリエ 2014-08-04 (月) 23:24:50
      • ……降ってなくても、注意…(今そこで降ってなくても上流で降っていればそうなる、だけに山を見るべしと教える。)
        ……(コクリと頷いてキュウリを一本渡す、しっかり冷えていて旬の野菜でもある。)
        (こっちは、スイカを取り出すと鉈で見事に真っ二つ。さらに半分をカット、さらにカットして8等分にする。)
        -- セラフィーナ 2014-08-04 (月) 23:46:18
      • あ、似たようなこと孤島合宿で習いましたっ!川は上流に注意ですっ
        (受け取ってしゃぐしゃぐ)冷たくて美味しいですねぇ……あ、私もトマト育てているので今度お裾分けしますねっ!ロシェさんの故郷のもので、あジがぎゅっと詰まっているのですっ
        ……わ、スイカいっちゃいますか……随分切り分けてません? -- クリエ 2014-08-04 (月) 23:50:19
      • ……中州、駄目絶対…(フルフルと首を振る。)
        (真似てこちらも1本取ってキュウリをパキンと折って、シャキ、サクと食べる。)
        …ん…それは楽しみ…うま味一杯…?…半分、食べにくいよ?(食べやすい8等分にしたようだ。)
        -- セラフィーナ 2014-08-05 (火) 00:14:19
  • こんにちはセラフィーナ、今期の課題はどんな感じ?
    前回は、うんあちこちで掃除してるのを見たからね。こまめにやってるみたいだけど、掃除とか好き? -- フールン 2014-07-27 (日) 21:13:52
    • ……報告、忘れてた…(とことこ歩いて、さっそく書いてくる。書いてきて戻ってきた。)
      ……達成、してた…(無表情ながら小さくVサイン、それなりに満足ではあるらしい。)
      ……そう、かも?(特に気にした事はなかった、元々身の回りはコンパクトにしてるだけに掃除自体があまり習慣にはない。)
      (ただしいた痕跡を消したり、待ち伏せしつつ人のいる気配を消したりする事もあるだけに、掃除と言うより痕跡を消すのは得意かもしれない。)
      -- セラフィーナ 2014-07-28 (月) 00:21:25
      • あら、じゃあわたしと一緒ね、次回へまをしなければめでたくクリアだわ!(あわせてVサインしつつ)
        うーんじゃあ好きっていうより得意なのかな? なんだかこう、板についてるっていうか…
        ともかく来月でペナルティも終わりね、おつかれさま。そういえば寄宿舎で来月何かの集まりがあるみたいなんだけど、セラフィーナは行く? -- フールン 2014-07-28 (月) 00:28:43
      • ……お互い、このままで…(やられてない仲間、と言う意味だろう。)
        ……かも、しれない…(そう言われてみるとそうかもしれないのでコクリと頷く。)
        ……何かの、集まり…?(割と雲のように自由でいて、知らず知らずのうちにいなくなってるタイプのセラフィーナ。)
        (ただし、興味がないと言えば興味はある。ただしいけるとも言い切れないので「いけたら、いきたい」と答える。)
        -- セラフィーナ 2014-07-28 (月) 00:34:23
      • そうね、このままで、とは言えペナルティも良し悪しかな。セラフィーナの意外な一面を見たり出来たしね!
        うん、わたしは多分行くと思うから、じゃあもし時間が合えば向こうでまた会いましょう。今期最後の冒険、気をつけてね。 それじゃあいくわ、またね! -- フールン 2014-07-28 (月) 00:40:30

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

セラフィーナについて Edit

別世界からやってきた母親ととある街で長くから続く家系の父親を持つ少女
身長は150cm、体重40kg、スリーサイズは78/51/74
表情はとことん無表情、感情がない訳ではなくあまり出さないだけらしい
髪の色は母親と同じ色、獣耳と尻尾もついてるが普段はイヤホンで押さえつけている
尻尾の方もスカートの中で丸めていて分かりにくいが、時々感情の高鳴りによっては飛び出ていたりもする
服装は中学校の制服を着用、体形も変わってない上に学校という事でそのまま着てきている。冬はダッフルコートを上に着る

持っている武器はドラグノフ狙撃銃
ただし銃弾は貴重なのかあまり撃ちたがらない所がある(なので冒険中も銃剣術がメイン)
特別仕様なのか銃剣がついており、母親譲りの銃剣術も使いこなす
ただ、母親の銃とは違い特殊な魔弾は使用出来ない

能力は風を読む程度のもの
狙撃はもちろん、風下に回るのもお手の物
鼻もいいため、離れた位置でも風を読んで位置を察知したりも出来る
普段はいい風が当たる場所を好んでぼぉーとしている事が多い

両親から愛されて育ったものの、無表情かつクールな応対をしている
もちろん親の事は愛してるし、尊敬をしているが未だに感情の出し方が難しいらしい
そのため、両親が住む街の近くの森から離れて学生生活を送る事となった

 覚えた匂い Edit

 風が語りかけます… Edit


Last-modified: 2014-07-20 Sun 08:06:20 JST (2371d)