黒い祈りを孕んで

  • (平坂会の拠点にて。快復した真榊がやってきて、包みを差し出した)色々と世話を掛けたな、高坂
    アイツを追い払った分を差し引いても借り一回分……いや、周りの目がなきゃ不要だったんだから二回分か?とても足りんが受け取ってくれ
    (包みの中身はとても可愛らしいクッキーアソートの箱 不良が選ぶとは思えない!) -- 真榊 2021-10-15 (金) 22:31:34
    • 櫻岡くん……(クッキーの箱を見ると、微笑んで)選んでくれたの?
      私のドッペルゲンガーの時も、姦姦蛇螺の時も……色んな場面で助けられてた。だから。
      お礼はいいよと言っておきながらこうだー!(箱を受け取って)甘いものは良いもの、良いものは滅びない。
      (匂いでわかる、とても美味しいやーつです)お互い、内面バレちゃったし。仲良くしよ。
      -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 22:33:44
      • 「私」が選んだ。(つまり、シャイニィになって買い物に行ったということだ!)
        「俺」が選ぶと萩の月ばかり買ってくると八雲から苦情が入ってな……女子の気持ちになってみようと思ったら自然と、な(案外まんざらでもなさそうだこの男!)
        そう言えばそうだった。ま、感謝の気持ちはいくら示してもいい。甘い物も最近は好きになってきた。「私」の影響でな(肩を竦める それも受け入れていく、と)
        ああ。お互い晒したくないぐらい地を晒しちまったな。ドッペルのアレは大分歪められてはいたが……(それでも、一端の真実を示していた) -- 真榊 2021-10-15 (金) 22:40:30
      • か……完璧にドッペルゲンガーを受け入れている…!(驚愕、私はまだです)
        そっか。櫻岡くん、変わったね。(みんなで食べよう、開けていい? と聞いて)良い方に変わった。
        私は自分の歪みに気づいたからいいと思う。それはそれとして……ドッペルゲンガーを作った黒の王にはオトシマエをつけてもらう。
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 22:42:12
      • 完璧に、というと怪しいがな。前に一度、八雲が無理やり「私」を引きずってモールでショッピングさせてきたんだ。その時は嫌悪感もあったが、楽しかったのも事実でな(馴染む素養は実はあったらしい)
        怪異退治には天照大神の力が必要だからな。長い付き合いになる そう邪険にしたもんじゃない(どうぞ、と勧め、茶の用意も始める ウォーターサーバーでお湯は出ただろうか)
        (微笑んで)誰だって醜聞は怖いだろ。それに立ち向かう勇気を持てたんだ それだけでも儲けものだ
        (そして、黒の王に付いて触れられれば)裏世界を作ってる王とやらか。なら尚の事俺達も力を振るわんとな。そのために越してきたんだ(わざわざ櫻岡兄妹が仙台からこちらに来たのは怪異退治が理由だったのだ) -- 真榊 2021-10-15 (金) 23:00:08
      • ……天照大神。(今更構造を理解する)めちゃくちゃ偉い神様だった……
        (ウォーターサーバーから出たお湯で沸かしたお茶、それが入った湯呑を奥ゆかしく三回ほど回して)
        ……え、そうなの? 知らなかった……っていうか部長なのに部員の事情ほとんど知らない…
        それで引っ越してきたんだねー。(クッキーを食べる)うわ、美味しい。バターの香りすご…
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 23:09:31
      • 伊達に日本神話最高神じゃない。伊勢神宮の分霊を祀った櫻岡大神宮、その更に分霊でもあの力、と言う訳だ
        あまり他人の事情に踏み込むもんでも無いとは思うが。まぁ俺達、というか俺の場合はバレたくないから言わなかった。今まで知らないのも当然だろう
        高坂はどうなんだ?水白生まれなのか? ん、店頭で試食してよかった。……少し摘み過ぎた気はしたが(こちらもお茶を淹れクッキーを齧る 水白のモールでも良い物は売られている) -- 真榊 2021-10-15 (金) 23:21:05
      • さすがに凄いね太陽の神様……(思えばシャイニィドッペルゲンガーに思い切り攻撃した気がする)
        ……そう? ってか、割とフォロー手厚いよね櫻岡くん。会話でも、戦闘でも。
        九州の片田舎生まれだよ。高坂忍者村を経営してる両親、その自慢の一人娘でーす。(チョコのほうも試す、ダイエットは明日から大作戦)
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 23:30:50
      • まあ不敬だどうだって話は気にしなくてもいいだろう。「私」は結局巫女として神を演じてるに過ぎない。神の分霊ありきでもな ドッペルならなおさらだ 遠慮はいらん
        ……そうかな(あまり人付き合いがうまい方ではない不良 そういう褒められ方は慣れていない!困惑したような表情)
        忍者村。(忍者村)伊賀とか甲賀とかがやってるアレか。ああいうのガチ忍者が運営してるのか……(衝撃の事実!)
        それにしても九州から宮城までとは。色々事情がありそうだが……(それは突っ込んでいいやつか?と目線で問う クッキーを咥え) -- 真榊 2021-10-15 (金) 23:38:17
      • そ、そっかぁー………(額の汗を拭うジェスチャー)それなら、まぁ。
        そうだよ? そういうのに助けられてる人、大勢いると思う。
        八割は経営者ガチ忍者だよ? そしてインストラクター不足から忍者は引き抜き合戦が裏で行われているのです。
        ん。(サク、とクッキーを味わって)合格圏内で都会だったらどこでもよかった。今は反省している。
        -- 高坂綾 2021-10-16 (土) 00:03:19
      • そうか……そうか、ならいいんだが(自分でも意外に思い、頷く 他人を救う事は使命のようにやるくせに、他人に気をかけるのは余り意識してなかったらしい)
        なん……だと…… まさか令和の世になっても忍者界では暗闘が繰り広げられているとは(真榊の知らない世界!)
        それで異能を使って怪異と戦う部活に乗り込んで、あまつさえ部長の座にまで上り詰めるとはな。生まれもそうだが才能有るじゃないか(感心した様子でもう一つクッキーを齧る) -- 真榊 2021-10-16 (土) 00:18:23
      • ……櫻岡くん…………(自分の顎に指を当てて)ひょっとして自分のことを考えたの、割と最近?
        そしてインストラクターとして召し抱えられた忍者が一番業績が良くなると流派皆伝となるのです。(すらすらと嘘を吐く)
        ……去年卒業した、先代部長だけどね。多分、私の中の虚無を見抜いてたんだよ。
        だから、部長として人と関わることで変わるように仕向けた。なんとなくそんな気がしてる。
        -- 高坂綾 2021-10-16 (土) 00:28:37
      • かもしれん。大体のことは遮二無二やってきたからかもな。他人の目を気にしたのは「私」になるかどうか、ぐらいのものか それだけは男らしさに反する、と思ってたからな
        (正義感や鍛えた強さがそういうマッチョな価値観を形成したが故、と)
        ほぉ、先代部長か。そりゃ随分偉大な先輩だな。心の闇を見抜いていたとは
        実際高坂が部長やってくれてるお陰で、俺達は上手いこと立ち回れてる。いずれにせよ、先代部長の目に狂いはなかったって訳だ(そんな訳で、いろいろな話をしながら開けたクッキーを楽しんでいたとか) -- 真榊 2021-10-16 (土) 00:55:11
      • でも、違うんだよね。男らしさとか、女っぽいとか。そういうのは自分の中だけで完結するものなんだよ、多分。
        色々あるけど、いい人だったよ。卒業して県外に行ったらしいけど元気にしてるかなぁ。
        ははは、もっと成長したいと思ってます。頑張る!(がんばるぞいのポーズで笑って)
        (クッキーは美味しかったし、色々な話はできて楽しかったし。多分、借りとか関係なく、良いもの)
        -- 高坂綾 2021-10-16 (土) 21:06:56
  • 夏…夏が終わっちゃう…夏が終わっちゃうよぉ!綾くん!(夏休みの最終週に遊びに来て)
    綾くんは青春的なイベントあった?夏祭りもずっと綾くんと一緒だったしなぁ!
    そのあと、心ときめくイベントあったぁ〜?(だらだらしながらゴロゴロと平阪会の拠点で纏わりつく) -- ナエカ 2021-10-14 (木) 21:04:51
    • ない。(カッと目を見開き)……ない!
      いやもう本当びっくりするほど戦いに明け暮れてた夏休みだったなー。
      心がときめいてくるようなイベントもなく。実に裏世界占有率高し。(纏わりつかれるとエアコンの温度を下げた、暑い)
      -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 21:10:42
      • やっぱり?(カっと連携するように同じように目を見開くカットインで合わせる)
        やだ…私達の青春…血生臭さと硝煙の匂いに満ちてる…?(エアコン涼しいしながら)
        大丈夫?そのうち血の暖かさに生きてる実感を得るようなメンタルにならない? -- ナエカ 2021-10-14 (木) 21:14:29
      • 裏奈多区帰還兵……ちょっと洒落にならないなぁ………
        でも、今年中に黒の王を討伐したいって目標に偽りはないんだよね。
        だから、今はじわじわと勢力圏を拡大って感じ。……それはそれとして青春はしたい。
        -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 21:19:54
      • まぁ青春に期限なんてない探究心に年は関係ないって言うしねーしっかり黒の王?ぶっ飛ばして裏奈多を壊しちゃおう!(壊そう、ってところに凄く楽しそうに言葉を籠めて)
        平阪会は…戦力とっても整ってきたもんねぇ、あれだけいればなんでも倒せちゃいそう
        綾くんは…黒の王を倒したら、どうしたいの?どうするの?やりたいこととかってある? -- ナエカ 2021-10-14 (木) 21:22:38
      • それを若いうちから言うことになるとは思わなかった………壊そう、裏奈多区壊すべし。
        黒の王を倒したら………か。(頭を抱えて)それが何も考えてない。
        平坂会に入ったのも。部長になったのも。黒の王を倒したいと思ったのも。
        人に良く思われたい、感謝されたいって思ってたのかも。ちょっと戦う理由としては弱いかな…
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 21:42:33
      • 裏奈多区壊すべし…そっかぁ…なるほどなぁ…(理由として弱いと言って少し不安そうにも見える綾くんを見つつ)
        でもま、すっごい怪異ほっといたら色々な子迷い込んで危ないから、よく見られたいでもなんでも、ぶっ倒しておくにこしたことはないし…
        立派な大義や目的意識なんてなくても、それで人の役にたったり被害者減るなら、十分すぎるんじゃーないかにゃーん。犬だけどにゃーん? -- ナエカ 2021-10-15 (金) 22:19:59
      • にゃんにゃーん。(猫の手)ふふ、ありがとうナエカちゃん。
        そうだね、一時期追い立てられるように裏にソロで潜ってたけど。
        それで助けられた人がいるなら、動機が不純でも良いのかも知れないね。(指先で親友の頬をつついて)
        良いこと言うじゃーん。
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 22:24:25
      • そーそー…ドッペルを倒してからなんか前より思い悩まずシンプルにスッキリしてるね綾くんもぉ(ふにふにされながらニヘーっと笑って)
        倒すの手伝うから、頑張って倒そうー!おー!そーいえば、私も倒したいのがいるから…
        私を助けると思って、もし見かけたりしたらその時は手伝ってねぇ(なんて軽めに言いながら)
        あ、そういえばさ、聞きたかったんだけど…裏奈多って…その黒の王ってのぶち倒したらなくなっちゃう? -- ナエカ 2021-10-15 (金) 22:41:57
      • 間違いなくドッペルは悪しき私だったけど。見つめ直せたのはいいこと。
        うん? 何のことかわからないけど、ナエカちゃんのためなら一肌脱ぎますよ。
        裏奈多区は残ると思う。何らかの大きな力がないと、世界そのものは残っちゃうから……アリシアならあの世界、破壊できるのかな。空間いじれるし。
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 22:54:38
      • そっかぁ昔からあるっぽいもんねぇ…わりとそこ、気になってたからさ?教えてくれてありがと綾くぅーん!(うりうりーっと嬉しそうにじゃれついて)
        …アリシアってそういえばこの前もいたけどあれ誰?(コンジュラーのことまだ良く知らないので…誰あれ…ってなってたらしいナエカさん)
        最近自分のことで手一杯で裏奈多にも顔だせてなかったからなー…こんなことでは綾くんの右腕的ポジションが危うくなってしまうー!(なんて冗談いいながら) -- ナエカ 2021-10-15 (金) 23:00:34
      • ふふふぅ。(じゃれ合いながらまたエアコンの温度を1℃下げた。暑い)
        コンジュラーの中の人だって。知らないうちにローブ脱いでた。知らないうちに馴染んでるし。なんか水白に転入してる。
        いいんだよ、ナエカちゃんがバフをかけて私が殴る。その構造に変わりはないんだから。
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 23:07:30
      • え、マジで…あれコンジュラーだったんだ…渋めのイケおじじゃなかったなんて…残念(女性なのはしってたけどあんなのだったのかーっと驚きつつ)
        これからは私も殴ってくことあるかもしれないしししし〜だいたい、皆がどれくらいやれるのか…ってわかってきたしね…!
        っと…皆きたみたい(拠点でゴロゴロしてじゃれあってたが他の人がくれば遠慮するくらいの配慮はナエカにもあった!)
        そんじゃま、今日もがんばっていきましょ〜(なんていいつつその日も裏奈多に潜ったりしてから解散したそうです) -- ナエカ 2021-10-15 (金) 23:31:04
      • 渋めのイケおじだったらそれはそれで人気が出たと思う。あざといし。
        うん、戦力の増強もだけど。みんなで連携が取れてきたのが一番心強いよね。
        ん、そうだね。(大きく伸びをしてエアコンの温度を自動に切り替えて)
        それじゃ今日も頑張っていこう。
        -- 高坂綾 2021-10-16 (土) 00:05:33
  • (綾が平坂会の拠点に居る時に話しかける)
    部長〜高坂先輩〜(あだ名を思いつかなかった)…忍者様〜この前の戦闘の時指示が一部宛になってましたね!
    全員に指示だししてると絶対大変だからすごく良かったと思います。
    所で、先輩の刀?手裏剣箱?とかモブ子の刀って裏奈多区で落ちたものなんですよね? 剣とかも落ちてたりしません? -- 勇樹 2021-10-14 (木) 20:52:12
    • 忍者様!? あ、うん。私なりに色々考えたけど。
      全員に指示を出すのって絶対混乱するし押し付けがましいから。
      剣も落ちてるよ。(最近拠点の空間がアリシアに拡張されて部屋の奥に送られた武器庫を指す)
      最近だと蒔絵くんがブルトガングを部費で買ってたね。BチームやCチームのみんなもぼちぼち(行間で)拾ってるよ。
      -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 21:02:05
      • 忍者様〜! 非常にいいと思います。どうしても全員への指示出しが必要ならオペのコン…アン…ダーソンさんにやってもらった方がいいし
        武器庫そんなところに移動を。へー…ブルトガング…よしよし。えらいぞBチームCチーム…ありがたい…何かいいのがあったら買っていっていいんですよね?
        あ、なんかおすすめあります? 新鮮な剣とか -- 勇樹 2021-10-14 (木) 21:12:40
      • 忍者様はやめよ? そうだね。その場で最適な指示ができるよう、部長として成長中です。
        うん、もちろん。大体が文での支払いになるけど……(鞘に収まった剣をいくつか持ってきて)
        レーヴァテイン。炎を巻き上げる。割と最近ドロップしたやつ。夏だから使うのがしんどくて誰も買い取らなかったよ。
        ストームブリンガー。魔剣。本物だったら拾った時点で呪われた運命に巻き取られてたんじゃないかな…一応、風属性。
        ブラッディブレイド。なんと喋る。おしゃべりなので話してて飽きない。でも割とうるさいので封印された。スキルとか補助してくれるよ。
        -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 21:18:37
      • はい。頼れる部長でありがたいです。なんか、この夏休みは戦闘多いですからねえ…表も裏も
        おっと、ありがとうございます。持ってこさせてしまってすいません(説明を聞きとり…)
        炎属性は夏にはきつかったか…ストームブリンガーて…本物じゃないにしても不吉…あ、喋るんだ…喋るのはいらないなうるさそうだし…(ひどい!)
        でもまあ偽物ならストームブリンガーにしておこうかな。二刀流には大きいけどそこは加工かな…おいくら文でしょうか(買えないかも!と思ったらしい) -- 勇樹 2021-10-14 (木) 21:26:46
      • 戦闘多いねー。今のまま、戦ってて黒の王にたどり着けるものだろうかー。
        はーい、ストームブリンガーお買い上げ。(タップ&スワイプ)55文。うわ、結構するね?
        加工すれば二刀流用に作り直せるんだろうけど……どうする?(画面を見せて)
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 21:40:44
      • 戦闘しまくりも何もしないよりはいいんでしょうけど…黒の王とはなんぞや的な調査もしたいですねえ
        ヒェッ。お高い…さすが伝説の魔剣(偽)。でも買います!(躊躇なかった。たぶん、今まで貯めた分はほぼ消える。)
        加工しちゃいますよー、一刀流でいいなら今の剣だけでいいんですし -- 勇樹 2021-10-15 (金) 22:03:12
      • そうだね、噂から当たってみるかなぁ。あれも怪異ならそれなりに噂に影響されるだろうし。
        買うんだ!? 豪気………(端末を操作すると市川の電子マネーは正常に支払われた)
        これで新しい戦闘スタイルの市川くんが見られるかもしれないわけだね。楽しみ。
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 22:05:33
      • 噂か…噂話ってあんま注意して聞かないんですよね。今後は気を払ってみます
        アイイエエエ…オカネガナイヨオオオオ(ほぼ無一文。文だけに) ま、金で自分と仲間の生存率が上がるなら安いですよね
        はい、手数は増していく新スタイルをお見せしますよ! 次回「実は一刀流の方が得意なんだ…」楽しみにしてくれよな!(予告風に宣言して)
        (鍛錬してきまーす。と地下スペースに移動していった) -- 勇樹 2021-10-15 (金) 22:13:32
      • 私も噂話、注意して聞いてみる。あとは、ネットで調べてみようかな?
        ムム、そんな殊勝なことを言われると装備にあんまりお金をかけずに文をほとんど化粧品に変えている心が痛む。
        じゃあ練習しないと! 私もやってみようかな、忍刀二刀流。(八の字に構えるんだよ、と言って)
        (去っていく彼を見て)…向上心。そうか、私にも必要なはず。
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 22:22:59
  • (いない読み文通ロケーションころころ!学校系だったらなんか適当に考えるがはてさて!) -- くくり 2021-10-12 (火) 12:31:04
    • (夏休み、ゲームセンターの空調が涼しい季節ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか、蜘蛛はといえば)
      はぁーーっ!ちょわっ、ちょわわっ…!(ワニワニパニックに向かってハンマーと足複数を振りおろしスコア稼ぎ。汚いハイスコアを更新すればふと見知った顔をみつけ)
      …ありゃ、ぶちょーだ!奇遇奇遇の奇遇なんですけどー!何してるんですけどー?プライズ系ー?オンライン対戦系ー?(他人のゲーセン事情を興味深そうにぐいぐい来る) -- くくり 2021-10-12 (火) 12:38:00
      • あ、滝淵さん。(笑顔で手を振って)ガンシューティングを練習しているよ。
        今まで二人の師に恵まれたものの、未だ芽が出ず………(コンティニュー画面)
        手裏剣でやるガンシューティングとかあればなぁ。(カチカチとトリガーを引いてゲームオーバー)
        -- 高坂綾 2021-10-12 (火) 20:35:55
      • ガンシュー……!男の子がやるイメージだったけどへー!そんなんやるんだねぇ…(ワニ叩き棒を放り捨てればズケズケと画面をのぞき込み)…ぞんび!
        ……あ、部長がゾンビに食べられちゃったぁ…(タイミングも悪くコンティニューが開かれた場所を見れば)
        やっぱ手裏剣と銃だと遠距離武器でも勝手が違うんだねぇ……?ねぇねぇ私も参加していーいー?(と、2Pの銃と100円を持てばウキウキと)
        部長の師匠きっと……社長と…相談役…?も部下の育成の中でコツとかを学んだと思うん…ですけどー!(教えて!オーラを出しつつ勝手に100円IN!) -- くくり 2021-10-12 (火) 22:33:50
      • え、ワニ叩いてたの?(そっちの得点を見ると本日の記録:100てんになっていた)
        ゾンビ嫌い。噛むから嫌い。(噛まないゾンビは好きになれる要素があるのだろうか)
        え、一緒に? うん、もちろんいいよ。(自分も100円を入れて)ペダルを踏んだら隠れながらリロード。あとは…
        ゾンビを撃ちまくれー!(明らかによくない教え方だった、ゾンビの胴体を撃ちまくる)
        //すいません、今日は文通でお願いします!!
        -- 高坂綾 2021-10-12 (火) 22:49:52
      • ワニはもうね…完全に下したから次はゾンビを狩る時代なんですけどぉ……(ハン、と自身に溢れた態度で存在しない長髪をかき上げる ふぁさぁ)
        ……噛むしなんか変な汁が一杯出てるもんねぇ……清潔で噛まないゾンビだったらきっともうちょっと好きになれると思う……
        フンフン!完全な理解をしたんですけど!(ペダルをガショガショと踏んでまだ何も襲ってこない時に隠れたりしつつ)
        シンプルイズベストーー!!(師匠の言葉を受け同じくゾンビの胴体を打ちまくっているが)………?(一杯の眼がゾンビを見つめて気づき始める、これ何か弱点とかあるのでは?と)
        ……(パンパンパン!とゾンビをヘッショすれば、次第にゾンビを倒す量が部長よりも増え始め…)
        //ブン・ツーはみんなの友達だからね…こっちも中々時間が合わずに申し訳なーい!話せるだけでもありがたーい!フンス! -- くくり 2021-10-12 (火) 23:00:27
      • 時代なら仕方ないね………(なんかスゴ味を感じる)
        清潔で悪臭がしないゾンビ………いるのかな。(いたら割と好きになれるかも)
        えっなんかすごい、頭狙ってる……(自分は胴体を一体のゾンビを三回撃ってる間に滝淵さんはゾンビを二体は倒している)
        すごいね、得意なの?(おっかなびっくりペダルを踏んで)
        -- 高坂綾 2021-10-13 (水) 20:44:05
      • キレイで噛まない清潔ゾンビ〜…心臓止まってるぐらい?(はて、と首をひねり)実は気づいていないだけで私たちと一緒に生活しているのかもしれない…んですけどー!
        ふふーん!目が一杯あるからよくモノを見れーる! 奴ら頭…急所を打つとよく死ぬみたいなんですけど!…全ては相手をよく見ること! 自分の観察眼が怖い?んですけどぉ?…フフン
        (師匠(師事期間およそ5分)より優位に立った瞬間調子にのれば、玩具の銃口にふぅと息を吹きかけかっこつけ、何やらユニークなのが出ても冷静に頭を…)
        アバババ!ヘルメット付けてるでっかいの来た! どこ弱点?!弾が!弾が切れてんですけど!
        ぶちょー!…助け…(横で助けを求めて手を伸ばすも、戦う先はゲーム世界、当然助ける手立てなく)ウビョアー!
        (人はパニくるとこうもみっともないのか、という見本となりて後輩は散ってゆく) -- くくり 2021-10-13 (水) 23:12:51
      • //再び文通スイッチ! sumanai…… -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 00:33:05
      • そうだね……実はあのアイドルグループがゾンビだった説とかあるし………
        観察眼……どうかご教授ください、ししょー!(3人目だが)
        えっヘルメット……こう…………なにか…あるじゃん?(何が?)
        た、滝淵さーん!! く、今仇を取ウボァー(師匠に続いて殴られまくって)
        なに! なに! どれ! それ!?(うるさい)
        -- 高坂綾 2021-10-14 (木) 20:41:25
      • //こちらの活動時間が死んでいるのが悪いからいいんだ…むしろ気にかけさせてしまって申し訳ない…
        ……え!?どこのアイドルグループ!?宮城でも有名クラス!?(噂が気になってしまうサガなのか、ちょいとぐいぐい聞いてみたものの、知らないグループだったりしたり)
        師匠の……師匠になったんですけど!?フフーン、まずは2つの目で倒すべき相手を見据える!!(くわっ)
        次に視点が狭まらないように〜……残った6つの目で全体をぼーんやり見て、動くものを察知する感じ!なんですけど(レッツトライ!と師匠風)
        うわぁん、ししょーぶちょー!!頑張って私の仇をー!あー!変わり身の術!変わり身の術を使うんですけど!(ない)あるいは脇の爆発しそうなヤバいマークの缶とか!(ある)
        (その後もギャースカとゲーセンの一角を賑わせつつ、大して上手くない二人が意地でボスを倒そうと、連コによってゾンビアタックを繰り返したのはまた別の話…)師匠というか…戦友(ザコ)の間柄ぁ…!! -- くくり 2021-10-14 (木) 22:27:49
      • いやー、この県じゃないんだけどね……(そんなことを喋っている間にゾンビがリベンジ対象に!!)
        ごめん、目が二つしかない………(八人に分身するべきだろうか、とか悩む)
        (実際にやればお店側の迷惑である、ゲームの占有はやめましょう)
        くっ……こんなはずでは………!!(やられる側のセリフを呟いて)
        (なんだかんだで楽しい時間でしたとさ)
        -- 高坂綾 2021-10-15 (金) 21:38:07
  •  
  • ……櫻岡くん。私に何ができるだろう。
  •  
  • (たまたま気晴らしにと足を運んだゲーセンにて、見知った姿を見つけ)…こないだの映画、どうだった?
    (両替機に千円札を入れ、百円玉を手の中に2枚だけ残し…残りをじゃらりとポケットに突っ込む) -- フェル 2021-10-11 (月) 18:53:26
    • (ガンシューティングを見ながら)……なんかこう。
      「明日のために頑張ろう」みたいな……?(記憶に残らないタイプのじわぁーっとした焦点の映画だったらしい)
      -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:12:28
      • …え、何それ… そこまでふわっとした感想ってどういう事さ(少しは楽しかったのかと思っていただけに、意外そうで)
        (高坂の視線の先にあった筐体に、コインを2枚入れ…当たり前のように二丁拳銃プレイ。 ペダルを踏んで隠れてリロードするタイプのゲームだ)
        これ、いい訓練になるんだよね…やった事ある?(しかし画面も別個。プレイヤーごとに異なるルートを進行するゆえに、2画面分の情報を処理し、操作しなければならない) -- フェル 2021-10-11 (月) 20:20:55
      • なんか……みんな落ち込んで…決起して…何とかなった…(ぼんやりした感想)
        う。以前、ナエカちゃんに助けられながらやった………一人でやったら1ステージクリアするのがやっ二挺拳銃だこれ。
        え……できるのそういうの。無理でしょ。(フムムと唸って)これで練習して拳銃使いたかったけど…
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:24:44
      • テキトーすぎる…どんな映画でも大抵ある大まかな流れじゃないかなそれ?(アクション!の掛け声と同時に、危険度の高い敵だけを優先的に排除)
        普段ボク達がやっているのが、実際こんな感じさァ…この体の目と…(1プレイヤー側で赤い敵を倒す)ティランの目と…(2プレイヤー側でマシンガン持ちの敵を倒す)
        2つのモニターから来る情報を並列処理して、最善の行動を選択する。 一見無理に聞こえるけど、日本のエースパイロット、サブロー・サカイも言っていた…
        複数の行動を同時に処理することは人間に不可能だが、コンマ数秒ずらせばそれは訓練次第で可能になる。ってね… -- フェル 2021-10-11 (月) 20:31:30
      • いや、でもこう……(伝わるはずもない身振り手振り)貧民街の人が…頑張った………
        サブロー・サカイ。(訓練次第、なるほど。そういう風にフェルは戦ってきたんだ)
        コツとかある? もちろん、ティランの目とかそういうのは私には難しいけど…
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:40:50
      • そりゃ、まァ…大富豪が金の力に物を言わせて解決した!よりかは話として盛り上がるけどさァ…(魅力がちっとも伝わってこない…!)
        …そ、物凄い視力の良さと、観察力の高さで生き残った男さ(目の前に命中率の低い敵がいきなり出るが、やや遅れて奥から出てくる狙撃手を先に始末する)
        常に周りに気を配る…行動の優先順位を決めながら、次の次まで想定して動く(ボス戦ともなれば非常に忙しいが、取り巻きの雑魚を最低限に捌いて 両プレイヤー側とも的確にボスの体力を削る)
        生憎、ボク達はこのせいで自分のことで手一杯になる…けどリーダーの君は違うだろ? 拳銃は一つだって、戦いながら…仲間の戦況を把握し、合間に援護だってできる。 -- フェル 2021-10-11 (月) 20:49:16
      • いや、でも、可愛かったよ………主演の女の子!(大抵の映画がそうです)
        視力と観察力か……(どっちか、ならともかく。両方備えているからエースだったのだろう)
        ………そっか。(自分にできることは、拳銃の弾幕で敵を牽制したり、的確な射撃で敵を討つことじゃない)
        次の次まで想定する、なら……私にもできるかもね。(ニンジャですから、と理由になってない理由を言って)
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:56:21
      • わかった、もういい… いいんだ……(全てを許すような言い方で)無理をさせたと思ってる…
        敵の中で、1機だけ離れて行動している奴を見つけて そいつが指揮官機だと分かった…とかね、敵の観察は大事だろう?(ボスを撃破しながら)
        簡単な質問…リーダーの仕事って何? 率先して行動しなきゃ誰もついてこないのは確かだけど…周りを見ずにがむしゃらに戦う事じゃないだろ?
        (次ステージまでのムービーの間、2プレイヤー側の銃を差し出し)練習するってんなら撃ち方は教える。 …もちろんコイツじゃなく、本物の方。(ともあれ、今は一緒に遊ぶか?という意味で) -- フェル 2021-10-11 (月) 21:05:37
      • そ、そんな……(自分の感想文作成能力に深く失望して)
        なるほど。(敵の観察、それは今までもしてきたけど、漫然と行っていたもののように思う)
        (銃を受け取って)リーダーの仕事は、周りを見ることです。仲間がデバフを受けたら解除する。突っ走ってたら諌める。
        ありがとう!(拳銃をウィーバースタンスで構えて)あ。(ペダルを何回か踏んで確認)
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 21:11:05
      • 大勢の中で、違った動きをしているヤツに注意する。これは君にも当てはまる事だ、敵にリーダーが誰かバレるな。
        (司令塔を潰されることほど危ういものはない、結束が瓦解するのだから)…まァ、あっちじゃ先生が時々勝手に指示出してるけどさァ。あんなとこでまで教師面すんなっての…
        …え、デバフ解除できたの?(仲間の事をロクに知らない輩その1)ペダルを踏んでる間は撃てるけど、被弾もする。離せばリロード、危ない攻撃が来た時の回避にも使える…
        ひとまずは一人に2〜3発使ってもいいから倒してみなよ…(ステージ2が始まれば、1挺だけになった筈が凄まじい連射速度。その分敵の処理はちょっと遅めになる) -- フェル 2021-10-11 (月) 21:21:21
      • なるほど……わかりました!(ビシッと敬礼)となると、リーダーであることを悟られずに。
        仲間を上手くカバーし、司令塔の役割も果たす。かな……できなくはなさそう。難しそう。(クスクス笑って)
        千透先生はみんなが心配なんだよ。(頷いて)よし!(撃つ、頭を狙うとかでなく、胴体を狙った連射)
        (自分にはどう足掻いても狙撃はできない、けど。手裏剣と同じく胴体を狙って連射なら)
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 21:46:56
      • 仮にボク達のドッペルなら…真っ先に司令塔を潰そうとするだろうしなァ。言う前に向こうにバレてるから無意味だけど…
        難しい方が…(投擲された手榴弾を紙一重で回避し)やりがいがあるだろ?って話…(攻撃オブジェクトのドラム缶を撃って、まとめて蹴散らす)
        大きなお世話さ、ボク達はリーダーの指示しか受けない。 それが無いから勝手にやってただけだしね…(本当にそうだったかは怪しい部分もあるが)
        そうそう、一撃で倒す必要なんて無いよ…数を減らすなり、足止めだけでも意味はある やられなきゃ勝ちだし(残りライフを示し)
        まァ…タイムアップって要素もあるんだけどね、このゲーム(とはいえ、けっこういい感じに進み…エンディングには届かなかったが、3面のボスには対面できたという…) -- フェル 2021-10-11 (月) 22:02:06
      • あ、そっか……前回は私のドッペルゲンガーだから、私を狙うのは当然だったけど…
        確かに。(爆発する寸前にペダルを踏んで周囲を見る)今まで通り、みんなに頼りっぱなしは良くない。
        ……そう? じゃあ、フェルくんもちゃんと話したら言うこと聞いてくれるんだ。
        (3面ボスを倒して)あー、疲れた………(ぐったり)でも、ちょっとわかった。
        (わかったことは何だったのか、それはそうとして爽やかな笑顔を浮かべていた)
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 22:07:02
      • まァ、そろそろ…らしく振る舞って欲しいってのはあるね。的確な指示であるなら、従う…ダメだったら従わない。
        (コンティニュー画面のカウントダウンを、カチカチとトリガー連打ですぐゼロにして)
        ボク達のことを仲間だと言ったのは君だ。なら、そうボク達に認めさせてみろ…ってね(すとん、と筐体のホルダーに銃を戻し)
        ボク達はあっちで音ゲーでもやってくるよ…またあとでね(そう言って、別の筐体の方へと向かっていった) -- フェル 2021-10-11 (月) 22:16:01
      • ……ん。(指示、私にできるだろうか。でも、やりたい)
        (私の力でみんなを守りたい)
        ありがとう、またね。(そう言って他の人がガンシューティングゲームをやるのを眺めていた)
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 22:46:57
  • (「いない」なので文通スイッチを入れつつ)
    (平坂会にて)高坂先輩・・・その、相談したい事があるんですけど・・ -- 大地 2021-10-10 (日) 22:36:32
    • ……相談?(ファッション雑誌を置いて)聞きます。どうぞ。(座り直して) -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:11:34
      • (はいと頷き、向かいに座る)・・・(少し迷う様に黙っていたが、やがて口を開く)
        氷室先輩に調べて貰って・・・僕の、怪異を引き寄せる原因が分かりました
        ・・僕の魂に、月の石・・月の一部がくっついているらしいんです
        その引力は寄ってきた怪異を殺しても止まらなくて、僕の中には今まで殺した怪異達の残滓・・負のエネルギーが溜め込まれているみたいなんです
        ・・・このままだと将来爆発するか、負のエネルギーにやられて死んじゃうから・・・近いうちに取り出す事になりました
        (今は氷室先輩がその準備をしてくれているという・・・そこまでは悪いがまぁまぁいいニュース・・・本題はそこからだという様に言いよどんでいる) -- 大地 2021-10-11 (月) 20:17:06
      • ……そう、なの? 月の石………神秘の欠片、それが埋め込まれている…?
        負のエネルギー……氷室くんが何とかしてくれるならいいけど…
        取り出せるんだよね? 本当に治るんだよね…?(と、聞いてから、言い淀む彼に)
        大丈夫。頼りないかもだけど、先輩で部長です。話してくれれば、一緒に困れるよ。
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:19:34
      • 全身真っ白な、女の子の姿をした吸血鬼です・・・記憶がはっきりしないんですけど、三月に遭遇した際に埋め込まれたみたいです(自分の前には現れないが、今日までに町のいろんな場所に現れているらしいと話す)
        はい・・・(正直これに関しては氷室先輩に頼りきりになってしまっていて、感謝と申し訳なさで頭が上がらない)
        (話してくれと促されれば)・・・僕の、怪異を操る術・・・あれも、月の石が要になっているみたいなんです・・・(つまり)
        月の石を取れば・・・僕は今の力を失ってしまいます(それは戦う力を無くすという意味・・・すなわち)・・・今のままだと、皆と一緒に戦えない
        (意を決するように顔を上げる)だから・・・武器が欲しいんです、裏世界から得た物の中に、使えそうな物はありませんか?
        (これが本題、平坂会を辞めるなんて絶対に言わない、言いたくない、此処にいたいという強い意思がその言葉には合った) -- 大地 2021-10-11 (月) 20:29:25
      • え、それ私会ったことがある。裏の世界を知ってて、私のドッペルゲンガーについて知っていたような…
        なるほど……そういうこと。(そこで出た発言は、男らしい言葉だったように思えた)
        ……わかった、部費あるよ部費。(それは戦闘を始めたばかりの人に支給する武器費用)
        コンジュラー呼ぶ?
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 20:38:18
      • ・・・っ!?・・先輩も・・・な、何かされませんでした!?(えぇ・・・とちょっと引いて)裏世界にも出入りしてるのか・・・
        部費・・・?(説明を受けて)なるほど(こくこく)コンジュラーさん・・・はいっ運営側ですし、そういう武器関連に詳しいですよね(お願いしますとこくこく) -- 大地 2021-10-11 (月) 20:56:55
      • 何もされなかったけど、何も通用しそうになかったし図書館の中だったから何もできなかった…かな。
        それじゃーコンジュラーちょっと来てー。
        -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 21:03:15
      • なんだ、高坂綾。私は忙しいと言っているだろう。何? 武器が入用か?
        じゃあルァハ・バラルはどうだ。風の精霊の力を宿した短刀だ。近ければ近いだけ、手数が多ければ多いだけ有利だ。 -- アリシア 2021-10-11 (月) 21:04:11
      • えっ誰……コンジュラー? -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 21:04:27
      • ・・・そう・・ですか・・・兎に角、なにもなくてよかったです(ほっと胸をなでおろして)
        こんにちはアンダーソンさん(ぺこりと挨拶)
        ルァハ・・・手数・・ですか・・・(少し考えて)今までライケン・・・ロングソードっていうのかな・・・あの位の大きさの武器を使っていたので、もうちょっと大きい方が嬉しいです
        (戸惑う高坂に対し、こちらは普通に話している) -- 大地 2021-10-11 (月) 21:56:37
      • ミュルグレス。斬った相手を稀に石化させる。
        ブルトガング。守りに優れた長剣で、精神攻撃・デバフに耐性がある。
        どれも本物じゃあない。だが、裏世界産のまぁまぁのものだ。(写真を見せる) -- アリシア 2021-10-11 (月) 22:03:22
      • アンダーソンさん!? え、何……急になんなの… -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 22:03:45
      • (ふむふむと頷きながら話を聞く)守りに・・(うんと頷く)これがいいです・・・僕の場合、攻撃よりまず身を守れないと
        あとその・・飛び道具というか・・射撃タイプのもありませんか?
        あれ・・・(ひょっとして初めて?とアリシアさんに高坂先輩の方を示したり) -- 大地 2021-10-11 (月) 22:18:30
      • アリシア・アンダーソンだ。以後はそう呼べ、高坂綾。
        射撃か。(玩具の銃のような写真を見せて)ネブカドネザル。
        古王の名を持つ銃で、精神力次第で拳銃から突撃銃、スナイパーライフルと姿を変える。
        問題は弾も精神力次第だ、サブウェポンにするには良いが常用すると消費が激しい。
        こっちはどうだ? ウルスラグナ。ただの拳銃に見えるだろう? だが威力が高い。
        その分、銃弾が特殊でな……どう頑張っても1回の出撃で三発分しか用意できん。お前の膂力を考えればどちらかが使える。 -- アリシア 2021-10-11 (月) 22:43:18
      • 私が知らない間に何かが起こっていた……? -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 22:43:46
      • ・・・(少し考える・・・防御中心のスタイル、攻め手にかけるから射撃武器が欲しいが・・・3発は心許ない、剣技にもっと自信があればそれでもいいが)
        ・・ネブカドネザル・・・こっちで行きます(攻撃力より対応力・・自分はどうしてもそういう方向を目指したくなるようだ)
        えっと・・・その・・・あとで、ちゃんと説明しますけど・・兎に角顔を隠さない事にしたそうで・・・それ以外はいつも通りです(うんうんと) -- 大地 2021-10-11 (月) 22:57:41
      • いいだろう、だがあまり巨大な銃をイメージするなよ。弾丸に精神力が追いつかなくなる。
        今からブルトガングとネブカドネザルを持ってきてやる。待っていろ。
        (説明に、高坂綾に笑って)だ、そうだ。深く考えるな。(と言って去っていった) -- アリシア 2021-10-11 (月) 23:05:32
      • …………めっちゃ可愛い。読モになればいいのに。(言うに事欠いて) -- 高坂綾 2021-10-11 (月) 23:06:04
      • は、はいっ・・気をつけます(精神力、自分にどれだけ撃てるのだろうか・・・それは実際に使ってみるまで分からなかった)
        (よろしくお願いしますと見送って)
        ・・・確かに(可愛いと頷いてる)何でも伊上から来たそうで・・・(あまりプライベートな事を言うのもアレなので顔出しの件は「何か個人的に心境の変化が合ったようだ」くらいに済ませる感じで説明しておいたとか) -- 大地 2021-10-12 (火) 00:24:36
      • ……伊上? ってあの、春頃に大変なことがあった……? -- 高坂綾 2021-10-12 (火) 00:25:22
      • 持ってきたぞ。(鞘に収まった長剣と、玩具のようなサイズの銃を渡して)
        ああ、伊上は私のホームだ。あれと同じ災害が起きないよう私はここにいる。 -- アリシア 2021-10-12 (火) 00:26:03
      • ふーん……?(武器を取る彼を見て)…やっぱり背、伸びてる。
        (男の子はいつまでもそのままじゃないんだな、とか思って笑っていた)
        -- 高坂綾 2021-10-12 (火) 00:43:23
  •  
  • よし、ナエカちゃんとの待ち合わせに急がなくちゃ。
  •  
  • (とても丁寧な文字で……そして、盛り上がった線で書かれている手紙が届いた)
    前略 こんにちは、綾ちゃん。早速のお手紙ありがとうございました。届いて、読んで、とても嬉しかった。
    綾ちゃんらしい気遣いと遠慮に笑ってしまいました。親友なのだから、形式なんて拘らなくていいのよ?ふふ、でもそういう私も書き出しに10分悩んだのは秘密です。実は下書きしてから書いてます。
    夏休みの魔力については、とてもよくわかるところで……お休みってだけで、妙に朝早く起きるのが楽しみになります。
    立華家は兄とパックが5時に起きて散歩に行って。私は6時過ぎくらいまで寝ていることが多いのだけれど、同じくらいの時間に起きてしまって、手持無沙汰な朝を迎えることが多いです。
    ぜひ、どこかへ遊びに行きましょう。メールを送ってくれれば、パックに呼んでもらうから、誘ってね。私からも誘います。お暇なときに、ぜひ。

    さて。初めての文通の、初めての返事でお返しする内容かはわかりませんが。一つ、報告があります。
    綾ちゃんが兄から聞いている話。私たち、立華家の「復讐」について。
    あれは、決着がつきました。

    もしかしたら噂を耳にしているかもだけれど、夏休み最初のほうで、吉峰区で大きな爆発事件があったのをご存じでしょう。
    あれは、私と兄と、パックが仇の怪異を倒した余波です。
    詳細はこの紙でお伝えしきれませんが、結構危ない所ではありました。怪異と戦うということ自体初めてでしたが、相手は神様でしたから。
    それでも、やった。私たちは、復讐を為した。
    ……友人に送る手紙の内容ではないのかもしれません。けれど、報告したかった。
    私の人生は、そう、奪われたものは帰ってはこなかったけれど。スタートラインには、戻ることができた。
    後悔はありません。肩の荷が下りた…ような、感じです。気が楽になったといってもいいかも。
    とても危険な相手だからこそ、綾ちゃんにも頼りたかったけれど…危険すぎて、その相談はできませんでした。兄と私、という組み合わせでないと、おそらく倒せなかったのだと思います。
    だから、ごめんなさいとは書きません。できれば気にしないでいただけると助かります。
    ひとまずは報告までに。なお、この報告の内容を次のお手紙の返事で書いてきたらおこです。伝えた、読んだ。それでこの話はおしまいにしてくれると嬉しいです。

    報告もあり、初めてのお手紙と言うこともあり、筆が載ってこんな長文になってしまってごめんなさいね。
    これからも返事を心待ちにしています。もちろん、すぐにお返しとかはしなくていいからね。書きたいときに、書いてくれれば。
    それではまた。夏の暑い時期だから、体調に気を付けて。アイスの食べ過ぎでお腹油断しないように。
               綾ちゃんへ あなたの親友、立華颯より -- 颯からの手紙 2021-10-10 (日) 14:36:34
    • (穏やかな表情で手紙を読んでいた)
      (復讐を成すことの意味を私は知らないままだけど)
      (親友がスタートラインに…ゼロに戻れたなら)
      (それはきっと良いことなんだと思える。そう思いながらずっと彼女の手紙を読んでいた)
      -- 高坂綾 2021-10-10 (日) 19:01:50
  •  
  • ……よし。行こう!
  •  
  •  
  • ん………夏の空気。
    • すんすん…スンスン…うん、夏の香り(綾くんの香りを嗅ぎながら)
      そういえば今日綾くんが夢にでてきたよぉ割とクラスメイトが夢にでてくるの久々に見て楽しかったけど、夢らしく支離滅裂だったから内容は秘密だよ♡ -- ナエカ 2021-10-08 (金) 21:38:57
      • こら、頭を嗅がない。(良いシャンプーは使ってはいるけど)
        そう? 私もナエカちゃんの夢見たいなー。出演料おいくら?
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 21:41:48
      • う〜ん…フローラル…!ナエカさんはモモの香りの奴を使ってるよースイートな香りでしょ?(うりゃーっとじゃれつきながら)
        ナエカさんの出演料は高いよぉ?だいたい購買で買う昼食代くらいかな!
        友達でる夢だったからもーすこし見てたかったんだけど、目覚ましに起こされて半端な所でおきちゃったなぁ…パイロンになった綾くんすごかった…(?) -- ナエカ 2021-10-08 (金) 22:01:45
      • あ、本当だ。(指先で髪をいじって)サラサラだねー。甘い香りだねー。
        うーん、何とかならないこともない。(オホホとエア扇子で金持ちおばさんロール・プレイ)
        パイロン。(パイロン。)ヴァンパイア・シリーズの。(パイロン。)
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 22:06:07
      • さっすが綾くん!話がわかるぅ!そこに痺れる憧れるぅ!(ハンバーグかからあげの定食がいいなーっとおねだり)
        …そうそう道路の…って引っかからない…だと…綾くんは知らないかと思ってドヤ顔で説明しようと思ったのに…!
        そうなんだよねーなんかさ、綾くんの正体が実はパイロンで、すっごいムチムチで女性の形のパイロンになってうわっすっごぉ…って夢みたの
        なんか起きてからなんだこれ?って思ったけどわりと面白かったよぉ! -- ナエカ 2021-10-08 (金) 22:13:15
      • 唐揚げ定食………肉! 食べよう。食べに行こう。(不思議とナエカと一緒なら肉!な食事も平気)
        いやゲーセンで古い格闘ゲーム見てるからスコシ・ワカル………(ナンデ?という表情)
        へー。夢、見たい。正直にいうと楽しい夢を見たい。(夢見が悪い系)
        枕かなー……枕が良くないんだろうかー…
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 22:20:29
      • うちのお兄がセガサターンのもっててさー?子供の頃に結構やったから強い奴=パイロンみたいな印象が私の中にあるのかも…???
        あ、枕はほんとー大事かもー?友達に安いわりに結構いいよーってamazonで3000円くらいの枕をタイムセールスで2500円くらいで買ったんだよねー?
        そしたらナエカさん!びっくりするくらい寝付きとか眠り深くなって快適になったなー!
        …綾くんも色々肩とか凝ったりしそうだし(肩をぐりぐりもみもみ)本当枕かえてみるといいんじゃないー? -- ナエカ 2021-10-08 (金) 22:28:25
      • なるほどね?(ニンジャは………強い!!)
        ふーん? じゃあ枕買おうかなー……(肩を揉まれながらアアーと声を上げて)
        とはいっても自分に合った枕という概念を調べるところからかな。考えすぎかな。
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 22:39:55
      • お客さん凝ってますね〜…好み的には固めの枕が好きだったんだけどーなんかそれが肩こるとか、寝返りうちづらい原因だったみたい?
        (肩をもみもみマッサージ、そこから頭部と首の付け根マッサージ…そのまま頭皮の横側マッサージ…)
        買った奴結構柔らかくて最初はうーん?って思ったんだけど、めちゃくちゃ熟睡できたし…私には柔らかくて包み込む奴があってたみたい?
        (側頭部はとくに普段マッサージしないので凝るんだよねーってしっかりマッサージ)
        自分にあったものって、自分で調べるの大変だよね… -- ナエカ 2021-10-08 (金) 22:43:18
      • あ、私の枕硬いかも。(何かと納得がいく会話であった)
        あー……これは唐揚げ定食ですね…………おごるしかありませんね…(年寄りくさい)
        そもそも自分とは。(涅槃)宇宙とは。(開闢)
        とにかく、枕は変えてみたほうがよさそう。ありがとう、肩が軽くなったー。
        そういえば水着、かなり冒険しちゃった。てへ。
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 23:08:57
      • やったね!明日もお肉だぁ!(からあげ定食をまたGETして嬉しそう)
        そして水着の話に突然スイッチ…これは…冒険した水着を私に見せたいってことかにゃぁ…(ワクワク)
        もうすぐ夏休みだし、なんだかテンションあがって普段きないようなの手をだしちゃったりするよねー?
        どんなの買ったの?私もわりと派手なのかっちゃった! -- ナエカ 2021-10-08 (金) 23:13:23
      • 夏の空気…という話から繋がっているんだ。世界は一つなんだ。
        黒でフリルで胸元ざっくり!(ぐ、と拳を握って)高校最後の夏だし。気合。
        ナエカちゃんもかー……これは夏の視線を集めてしまいますね。(冗談っぽく言って)
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 23:21:59
      • わぁ!フリルある奴かぁ…似合いそうだなぁ!みたいなぁ!他の子も水着で悩んだり買いにいこうーって話してたりで皆、浮かれた空気だよねぇ!
        ふふふ…ナエカさんは夏のビーチの視線を独り占め予定だよ、海に遊びに行く予定は今の所ないよ
        あ、そういえば夏休みで思い出したんだけど、颯くんの文通の話はきいた? -- ナエカ 2021-10-08 (金) 23:31:58
      • 夏だし。楽しまないと。(青春という言葉に固執する暗い学園生活送りがち17歳)
        私も今のところないかな。(あっこれはひょっとして)平坂会で海に行くとか……コンジュラーが怒りそうだけど。
        聞いたよ、私もペンをもらった。どんなお手紙を送るべきか非常に悩んでいるけど、楽しみで仕方ないかな。
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 23:40:09
      • そうだね、お互い高校最後の夏休み…いっぱい楽しい思い出作らないとね!!夏祭りもあるし、一緒にいこうねぇ(さらっと約束する)
        あーそれもいいけど…それ100%なんか海坊主とか怪異が大量にでてくるパターンのフラグだよね????(絶対ひどいことなるやつだよねって思いつつも)
        うんうん、私も文通とかするの中学生ぶりだからマジで楽しみーうちの伝書鳩つかえばなんなら1日何往復だってできるはず!
        とりあえず、その日あったこととかさ、他愛のない日常とか、そんなのでいいんじゃないかな?今は他愛なく感じても…数年後…10年後…私や綾くんがおばさんやお婆ちゃんになったときさ
        …きっとその何気ない日常が、輝く宝物になるんだよ(…とまでいって臭かったかな?なんて照れ笑いする) -- ナエカ 2021-10-08 (金) 23:53:42
      • よし、じゃあ夏祭り一緒に行こっか。(そういうことになった)
        そういうフラグにしか見えない………怪異と戦う集団すぎてそれ以外思い浮かばない…………(悲しみ)
        伝書鳩!? いるの……? 故郷にはいたけどこっちではなかなか見ない…!
        そっか。(影のない笑顔で)そうだよね、きっと忘れられない思い出になる。
        ねぇ、ナエカちゃん。(窓から外を見て)今日も空、蒼いよ。
        -- 高坂綾 2021-10-09 (土) 00:14:10
      • ふふっ楽しみだね、夏祭り(指切りして約束して、嬉しそうに微笑んだ)
        (一緒に空を見上げながら)かなしみを〜けすまほうを〜ぼくはしらないから〜 ただそばにいるよ〜 きみのそばにいるよ〜
        (子供の頃に母親に歌って貰った歌を思い出して、小さな声で口ずさむ)
        …いっぱい、思い出、これからも作ろうね?綾くん。忘れられない   思い出を。沢山。
        (ニカっと少し大きめの犬歯を見せるようにして、笑うとクルリ踵を返す)
        それじゃまた、明日。また明日ね。(そういって帰るナエカの尾は、普段と違い、揺れていなかった…) -- ナエカ 2021-10-09 (土) 00:26:57
      • ………ナエカ、ちゃん?(ふと、気になって彼女を呼んだ)
        (けど、彼女はもう振り返ることはしなかった)
        -- 高坂綾 2021-10-09 (土) 00:32:53
  •  
  • (ロケーションだッ) -- 八雲 2021-10-07 (木) 21:03:35
    • (図書室で勉強している高坂を見つけ、近寄ってくるギャル)わ、コーサカパイセン?(こちらは色々な本を抱えている 参考書やら小説やら図鑑やら)
      どもどもー、兄がお世話なってまーす 櫻岡真榊の妹、八雲だよー 同卓しても?(キラキラした目で見てくるギャル! きっと読モとしてのファンなのだろう)
      (実際には裏の顔、即ちヒーローとして既に顔見知りなのだが、ここではそう公言出来ない 故に初対面を装った) -- 八雲 2021-10-07 (木) 21:09:08
      • ………!(輝いた瞳で見てくるギャル、これは)キラキラしてる……!!
        コホン。失礼、櫻岡くんの妹さんかー。高坂綾です、よろしくね。(前の席を指して)どうぞどうぞ。
        へー……櫻岡くん…………(ぐ、と息を呑んで)めっっっちゃ羨ましい………可愛い妹さん…
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 21:29:50
      • じゃ失礼して(トストスと本を置いて広げていく)いやいや実はあーしあーやパイセンの大ファンで 兄ピッピうらやましーなーと思ってたとこで(いつもは騒がしいギャルだが図書館故80%ぐらいに落とす程度に常識はある)
        パイセンは受験ベンキョーかな?あーしはほら、赤ギリだったんで兄ピッピが復習しろってうるさくて(と、広げた参考書から問題を解き始める のはいいのだが、時折横の小説や図鑑も見てる!)
        いやいやあーやパイセンには及びませんて。キラキラで、光り輝いていて、皆の憧れで……(尊敬の眼差しで見つめるギャル 読者モデルとは言えモデルという存在はギャルの憧れなのだろう)
        (しかし、彼女が口走ったセリフ、どこかの誰かが……) -- 八雲 2021-10-07 (木) 21:53:00
      • 私の? ファン?(あまりの言葉にちょっと涙が出てきた)ごめん、化粧が落ちそう。(涙もろい属はじめてのおつかいで泣ける亜科)
        あー……勉強。受験、あるし。定期考査も完璧じゃなかったしね。(乱読家だなぁと微笑んで)
        ………そっか。(脳裏に浮かんだ存在は、え、なんで)ありがとう、櫻岡さん。じゃあ、櫻岡くんと一緒か…
        八雲さん。で、いいかな?(すぐに脳裏に浮かんだ強そうなシルエットは消えた)
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 21:56:25
      • なかないでーあーやパイセーン(アイドルを励ますファンの心地!)ちなみにおなクラのヒメちゃんもファンと申しておりました。どうぞよろしく(ぐっとサムズアップ)
        あららそりゃぴえん。勉強でも完璧とは行かないのかー ん、あーしはこれが一番捗るので(一つに掛けられる集中力が弱いらしい つまり飽きっぽい)
        ん、八雲でいいよー どぞよろよろ。 あーしとしてはこのイチゴケーキ(※訳注 一期一会のことか)の出会いにコスメとか色々キレイの秘訣を聞きたかったけど流石に図書館では。ぴえん -- 八雲 2021-10-07 (木) 22:03:36
      • ヒメちゃんって誰。(真顔)細かく聞いてもいいかな。(ガチ目なトーン)
        私は不完全だよ。だから努力してる。(捗るスタイルを見れば、隣の席に差し掛かるくらい本が広がっている)なるほど…
        私、呼び捨てにしてる子いないから緊張する。(陰キャインパルス)それじゃ。(この前、OA技術の授業で作った名刺を差し出して)
        メアドとか、LINEのIDとか。これで。(うんうんと頷いて)英語はわからなくても今年の流行色はわかる。
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 22:12:20
      • わーおあーやパイセン顔がマジ。(勢いにさしものギャルも圧される!)一年B組の倉花姫乃ちゃん。錬金術士やってんの。で、ゲーミングネイル作ってもらった!(スマホで光り輝くネイルを塗った写真を見せて)
        そっかぁ……やっぱ輝いてる人って努力してんだ。マジリスペクトだわ(努力が苦手なギャルである 心底尊敬の眼差しで)
        じゃーお好きに! おはっ、高校だとこんなの作んだ。ヤバ それでは失礼して(中学の課程ではやらなかったのでウキウキで受け取り、可愛らしい手帳にしまう)
        IDは後で登録しちゃお。なるほど流行色を押さえる。基本のキが大事なのね……(勉強しながら小説を読み、水棲図鑑を眺めながら手帳にメモ!ほぼ大道芸) -- 八雲 2021-10-07 (木) 22:23:26
      • またしても私の前に立ちはだかるか、倉花さん!(背景に目線が入ったノストラダムス)いや、ごめん。最近よく話を聞く子で。
        友達の友達ポジションかー、気になるなー。うわ、すごい。キラッキラのネイルだ。
        でも、そろそろ輝くのやめよっかなとも思うよ。私らしくあるなら、どっちでもいいしね。
        や……八雲、(たどたどしい呼び捨て)マルチタスクだね? あと今年のモードは『盛れる』から『抜け感』に変わりつつあるから。
        あとは、流行スポット。SNSで映えるやつ。(小声で話しながら、楽しく勉強)
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 22:35:13
      • 行動範囲が広いのか色んなとこに顔だしてんね、ヒメちゃん。ダチとしても誇り高し。
        そーそー。バズらせて通販したらヒメちゃんの懐も潤うかなって思ったモンでね(Tiktokに投稿した動画も見せる)
        む、やっぱり構えすぎるとしんどいのかなぁ。あーしにはまだどっちがいいかわかりませんぜ(先日のドッペルの一件を思い起こし、いい顔をした高坂を見て微笑む)
        『抜け感』。トレンド押さえるのもむじーね。勉強になりやす うむー、このスポットもいいよねー(なんて、ギャル会話をしながらも勉強をしていたのだとか) -- 八雲 2021-10-07 (木) 22:46:00
      • ふーん、そういう子なんだ。(行動力があり、可愛く、小さい、そして可愛い)なんたる至宝。
        錬金術師って色んなことできるんだねー。(動画を見て感心する)
        そりゃもう、夏休みも未来を選べるのも学生の特権というやつでして。八雲らしさ、追求してこ?
        そうそう、それから……(小声で話しながら、楽しい時間を過ごした)
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 21:10:17
  • お疲れ様、だったみたいね。(放課後。おおよそ生徒がはけてきたころに。かつ、と白杖を鳴らして声をかけてくる)兄から聞いた……わけではないけれど(くすり)
    何かがあって、何かを選んで、何かを得て。(もしかしたら、何かを失って)……そのくらいのことは、わかるわ。お疲れ様、綾ちゃん。…期末テストの話じゃないわよ? -- 2021-10-07 (木) 20:20:48
    • うん。(穏やかに笑った、例え彼女に伝わらなくても)色々あって、スッキリした……かな。
      これからは高坂綾Ver1.01のリリースです。期待してね?(自分のために、笑うんだ)
      -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 20:25:39
      • (雰囲気で…彼女が笑ったことを察したのだろう。より颯の微笑みも増して)そう、よかったわ。前よりも綾ちゃん、イケてるわよ、雰囲気(色気が出たんじゃない?と茶化しつつ)
        …そうね、それで…(ほかの生徒もいなくなったところで)…兄から、私たちの家の話を聞いているのだとは思うけれど。…復讐を求めている、って話。両親と、兄の耳と、私の眼を奪った怪異への。
        ……手伝ってね、って。言えればよかったのだけれど。ごめんなさいね、家庭の問題だから……多分、綾ちゃんにお願いはできないわ。危険だからという意味ではなく、いつ来るかわからないという意味で。そこだけ、変に気兼ねされてもって思って、あらかじめ言っておこうと思って。親友だしね。 -- 2021-10-07 (木) 20:32:03
      • えー、色気はいいよぉ。(ダルそうに机に伸びて)色の術使わないニンジャだし。
        うん。(上体を起こして、颯ちゃんをまっすぐ見る)私ね、一時期颯ちゃんのことをいつも気にかけてた。
        何か困ってないかなって。(それは散発的に語られる真意)でもそれは本当に助けることになってない。フェアじゃないんだよ。
        家庭の問題なら、颯ちゃんには頼れるお兄さんがいるしね? でも、助けて欲しかったら即言ってね。即、だよ?
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 20:39:26
      • くノ一じゃなかったのね……その胸で……(急な圧)……その胸で。(二度も言った!)その胸。(颯ちゃん眼は開いてないけどこわっ)
        はい。(話は真面目に)……うん、そうね。特に1年の頃は…先輩からも、先生からも、同級生からも…気にかけてもらってた。それは優しさだけど、私にとっては、そうじゃないこともあった。
        けどね、うん。2年以上ここで過ごしてると…みんな、わかってくれるから。わかってくれる人がいるから、すごくうれしい。辛いことがあっても、私は幸せだなって思える。理解のある友人に恵まれて、私は嬉しいわ。
        (兄がいる、と言われれば頷いて)うん。そして、兄さんには私がいる。パックもいる。…必ず無事で帰るから、ね。でも、助けてほしい時には、遠慮しないからね。約束。(小指を差し出して)
        (そうして綾の指を取り、指切りしたのちに)……というわけで。早速綾ちゃんにお願いがあります。(と切り出した)今日の本題でもあります。 -- 2021-10-07 (木) 20:49:22
      • いやクノイチだけどその言い方若干……えっ。(圧がすごい)ちょっと待って颯ちゃん。もしかして気にしてらして?
        無事で帰るいただきました。(指切りをして)約束。絶対忘れないから。
        お願い? なに、水臭いなぁ。親友に言ってみなさいな。掃除以外なら大体手伝えるし。
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 20:51:46
      • 3-Bと3-Aの平均値ってほぼ同じなのよね。(急に語り始める)同じにしてる理由が私とパックよね。綾ちゃん…分さん…ナエカちゃん……控えめに言ってもげろって思ってるわ(本性表したね)
        (絶対に忘れない。その言葉だけで、前を向ける。何も見えなくても、信頼が聞こえるから)ありがとう。必ず、ね。
        うん。知っての通り私はスマホを持てない身で。ラインなんてできず。でも友達との文通に興味があり。とはいえじゃあレトロな手段でやろうとしても点字を友達に打ってもらうわけにもいかず(大体みんな知っていることを述べて、そして)
        …でも革命が起きたのよ!(ババァーン!!と取り出す、可愛らしい見た目のボールペン)ふふ。綾ちゃんにこれを贈呈します。……ちょっと普通に文字を書いてみて?
        (そのボールペンは、千透の依頼で錬金術師の1年の倉花が制作したもの。書いた文字が、1〜2mm浮かび上がり、指で読めるようになる、という……視覚障害者にとっては、垂涎の代物だ) -- 2021-10-07 (木) 21:05:41
      • 邪悪なる存在よ、私の親友から離れよ。(急急如律令!と特に使えもしない九字を切る)
        えっ………こ、これは…(書く、すると文字がちょっぴり浮いていた)なんと……超技術…サヘラントロプスから人類はここまで進化を…
        (手にとって)え、じゃあこれで颯ちゃんにお手紙書いていいの? 大丈夫? 何かしらの法に抵触しない?(幸せすぎ規制法とか、と言って)
        …わかる?(ありがとう、とノートに書いて彼女の手をそこに持っていく)
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 21:13:48
      • 巨乳死すべし慈悲はないわ。(こうかはなかった)夏が楽しみね……修学旅行も……みんなの水着が本当にね……(もう死んでるけど目が死んでる雰囲気出してる。ブラックジョーク。)
        ふふ、すごいでしょ。姫乃ちゃんに兄さんが依頼して作ってもらった錬金術の賜物だって。おかげで兄さん、張り切って私の教材作りすぎて夏休みの宿題増えたわ(苦笑して)
        (差し出されたノートの地面に、指をしゅっと滑らせて)幸せすぎ規制法?ダメよ、憲法違反よ、幸せを規制してはだめ…なんてね。(クスリと笑って)これなら文通できるかなって。
        だから、夏休みの間だけでいいから、文通しない?なんでもいいの、家の話でも、勉強の話でも、遊んだ話でも。私のレトロな暇つぶしに、付き合ってくれたらうれしいわ。 -- 2021-10-07 (木) 21:28:40
      • 私は死ねない。私が死んだら私が死んでしまう。(世界一無駄なトークを授けた)………わ、私………(目が泳ぐ)水着、冒険しちゃった…黒……
        姫乃。錬金術。(目を丸くして)またしても話題が出てきた…倉花さん………
        もちろん。手紙、書くね。颯ちゃんもお返事、何卒……(武士?)ふふふぅ。
        ……ねぇ、颯ちゃん。(梅雨の晴れ間、どうして空は蒼いのか)私、楽しいよ。(色々心配させたけど大丈夫、ということを違う形で伝えて)
        -- 高坂綾 2021-10-07 (木) 21:35:36
      • (有無を言わさず胸に手を伸ばしてもみ。確定ロール)そっかぁ…黒かぁ…(もみもみ)
        ……冒険したのねぇ…この胸で…(もみもみ)楽しみねぇ……海……(堪能して手を離した)目が見えないから。触らないと形分からないからしょうがないわね(普段のお清楚どこいった?)
        姫乃ちゃん、とっても精力的に錬金術のお仕事していてすごいわよね。兄さんもベタ褒めしていたわ。ふふ、今度デートの約束してるのよ、姫乃ちゃんと(夏休みにね、と。活動的な様子も見せて)
        もちろん。お手紙来たらしっかり読んで、お返事お返しいたします。丁重なお気遣い感謝いたします…なんてね?(くすくす。とても楽しそうに笑い、そして)
        (同じように、晴れ晴れと笑う友人に)うん、私も。(とてもシンプルな答えを返して。そんな女子の時間が、放課後の教室に流れていた) -- 2021-10-07 (木) 21:40:13
      • ちょっと待ってください颯さんッ パイポジずれるッ(生徒がはけててよかったね)
        いつか颯ちゃんの内なる悪魔を祓ってみせるからね。(ぎゃーてーぎゃーてーとネンブツ・チャント)
        へー、そうなんだ。私たちも負けないようにデートしないとね。
        (爽やかな風が吹き込んできた)
        (今あるこの瞬間を、私は永遠に忘れることはないだろう)
        -- 高坂綾 2021-10-08 (金) 21:07:12
  •  
  • 戦おう。その先にある答えのために。
  •  
  • コーサカよ、この白玉ぜんざいというのは美味じゃぞ(ファミレスで勉強会をはじめて一時間半が経過した頃、メニューを開いて誘惑を始める) -- 2021-10-05 (火) 22:18:54
    • 待って……!! 今? 今じゃないとダメ? 今、スイーツ脳に切り替わったら単語が5、60個飛ぶ。 -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 22:21:03
      • 脳の働きを活性化させるのじゃ メイプルブラウニーパフェスーパーデラックスもよいぞ 期間限定じゃ(ウェイターさんを呼んで両方頼んだ)
        (席を立ってドリンクバーに向かうついでにノートを覗き込む)so ... that構文のあいだに名詞は入らぬ そこに入るのは形容詞だけじゃ -- 2021-10-05 (火) 22:39:29
      • メイプル大好きだから待ってほしい……絶対メイプルスイーツしか記憶に残らないやつ…
        え……ああ、そっか。じゃあI got up so early that I had a good time drinking coffee.だ。
        うーん………うーん…(悩みながら英語に取り組む、勉強はいつだって苦しい)
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 22:42:22
      • (レモンスカッシュとメロンソーダとグレープジュースとコーラを混ぜて増水した時の水白川みたいになった飲み物を持ち帰ってくる)
        最近のニンジャは英語もできねばならぬのか 忍の道に果てはないのじゃな……(白玉ぜんざいとメイプルブラウニーパフェスーパーデラックスが運ばれてきた)
        (参考書を何冊か座席に移してスペースを開け)メイプルニンジャコーサカよ、小休止じゃ 否と申すならば、どちらも我が喰ろうてやっても構わぬがの -- 2021-10-05 (火) 23:00:11
      • 色。(えげつない…)混ぜすぎでしょ。
        海外に顧客がいるから。(嘘)「いいえ、ニンジャがいます」で株価も爆上がり。(大嘘)
        メイプルついちゃった……それじゃ、二人でシェアしようか。(容赦なくメイプルブラウニーパフェスーパーデラックスを自分の前に置いて)
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 23:11:06
      • 目をつむって口にすればさながらに、甘露のごとき甘味が広がるのじゃ 何の味か判らぬようになるともいうがの
        其方ら、海外で何をやっておるのじゃ……産業スパイか? 色仕掛けで誑しこんでオウイェーアハーンなのか? わからぬ、我にはニンジャがわからぬ……
        程々のところでとりかえっこするのじゃ 皆まで喰ろうてはならぬぞメイプルよ(冷たいつぶあんのおぜんざいを口にする スッキリとして繊細な味わいが水白川の暴力的な甘みで行方不明になった) -- 2021-10-05 (火) 23:21:43
      • レロンプコーラくらいの割合でコーラの主張が激しくなると思うな。
        ごめんね、さっきのくだりまるごと冗談なんだ。(オウイェーアハーンだと色仕掛けというよりBUMP OF CHICKENだ)
        いやもうメイプルしか残ってないし。私の名前はどこへ?(パフェを食べると脳に糖分が!!)
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 23:25:00
      • //今だ押すんだ文通スイッチおーん -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 23:34:33
      • なん……じゃと…? まさかとは思うが、ニンジャもおらぬのではないか? 其方はニンジャの恰好をしておるだけの変質者で……(サンタさんはいないと言われた子供みたいな表情)
        うむうむ、口ではどうのと申しても身体は正直なのじゃ 佳い喰いっぷりじゃのう 皆まで喰ろうてしまってもよいが、喰ろうた分は励むのじゃぞ
        励んだ分だけ、其方の願いにも近づけよう 励まねば我と同じになるだけよ それはそれで楽しみじゃのう(小休止を挟んでみっちり三時間、秘密の勉強会に勤しんでいったそうな) -- 2021-10-06 (水) 00:04:05
      • そこまで嘘とは言ってないから。(ツッコミ)言ってないでござるよ。(迎合した)にんにん。(さらに迎合)
        大丈夫……あと少し…………あと少しだけだから…ダイエットは明日から頑張るから……
        願い、か。(雨竜さんの言葉は気になる。我と同じ? でも)おあー……(すぐに勉強に心は埋没していった)
        -- 高坂綾 2021-10-06 (水) 19:43:00
  • (『平坂会』の拠点にて、怪異討伐の活動時間外に偶然二人の時間が出来た洋助はふと気になった事を口にする)
    ・・・なー高坂さん。俺こないだの活動の時に行けなかったけどよ。そん時なんかあった?
    (と、唐突にしかも単刀直入に聞くのは、近頃の彼女の様子がどこかおかしい。そう感じたゆえの質問である) -- 2021-10-05 (火) 20:11:04
    • (読んでいたファッション雑誌をぱたん、と畳む。私はその日、その音が妙に空虚に響いたのを覚えている)
      ……私のドッペルゲンガーが出た、かな。(単刀直入には、シンプルなレスポンス)
      Bチームが全滅しちゃって……誰も、大事には至らなかったんだけど………(歯切れも悪く)
      -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 20:48:47
      • …ドッペルゲンガーってあれか?二重存在、自分の分身、みたいなやつ?
        (この場合裏奈多区に現れた者は自分の片割れともいえる存在。はたまた別の存在なのか、詳しくはない彼には想像は付かなかったが)
        (自分と同じ姿形をした者が仲間を傷つけた。恐らく彼女はそれに関して責任を感じているのだろうと察する)
        ドッペルってのが詳しくどういうもんかは分からねーけど…別に高坂さんのせいじゃねえと思うけど…
        …って、多分その様子だと、こう言っても納得しねえんだよな?(と、彼女の反応はある程度予想はついてはいたが、一応言うだけは言っておいた)
        ついでに前から聞きたかったんだけど高坂さんが『平坂会』に居る理由ってそれ?
        (『それ』とはドッペルゲンガーを倒すのが目的でやっているのか。という事だが) -- 2021-10-05 (火) 21:05:10
      • そうだね、でも見ても死ぬようなことはないよ。
        (本をできるだけ音を立てないように机に置いて)自分の心の醜い部分…みたいな。
        わかってる。アレはただ、「仲間を傷つけた怪異」だよ。んー…(上手く言葉が出て来ずに)オトシマエ、つけさせる。
        (オトシマエ。自分で言っておきながら、不思議な響きだ。もう一度口に出して言ってみた。オトシマエ)
        ……ううん。違う。(その後の沈黙に耐えきれなくて)今日は結構……踏み込んでくるね…? どうしたの?
        (少し上擦った声になったのが恥ずかしい)
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 21:09:22
      • (やはり彼の知っている知識の中のドッペルゲンガーとは違う存在らしく、答えを聞くと『ふーん』と納得し)
        なるほど。オトシマエ。OKそっちの方は良く分かったわ(と、聞き慣れたワードを耳にしてニヤリと笑う)
        って、何?チゲーの?別にそれでいいと思うけどよ(と、言いながら踏み込む事に言及されると)
        ん〜…なんつーのかな。俺達二カ月とはいえ命賭けて一緒に活動してるわけだろ?
        背中預けてる相手の事情知らねーって、単純におかしく思わねーか?って話なんだけど
        高坂さん俺がここにくる以前から居るしさ、どうしてここに居るんかなと…
        あ〜…聞くの不味かった?プライバシー的にNGってんならやめとっけど(『不味ったかな』と頬を掻いて気まずそうにする) -- 2021-10-05 (火) 21:34:06
      • そう、因縁つけてオトシマエつけさせて、ケリつけるの。(冗談っぽく言って)
        ……そうだね、色んな敵と戦ったかな。(思えば二ヶ月、危険をみんなで力を合わせて切り抜けてきた)
        転移した先がきさらぎ駅だった時のこと、覚えてる? 怪異が群れて襲ってきてさ……
        美容室の立て看板が『巨頭オ』になってて、頭の大きな異形と戦う羽目になった時も。あれ大変だったな……
        (そうだ、誰も彼も他人じゃない。一緒に危機を乗り切ってきた、仲間じゃないか)
        ………褒めて欲しいから。(短く、本音を語った。肩を丸くする。そのまま小さく小さくなって、消えてしまえばいいのに)
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 21:42:49
      • (年頃の女子の身でありながら、時には傷つき、肌を切裂かれ、血にまみれ、あるいは死にかけ)
        (得られる報酬は僅か。そんな割に合うとは思えない活動を昔からやって来た。その理由を答えるのは肩を丸めた一人の少女だ)
        ・・・誰に?(漠然とした答えに新たな質問。続く答えは恐らく…) -- 2021-10-05 (火) 21:54:26
      • ……名前も知らない誰かに。(瞬間、外に土砂降りの雨が降ってきた)
        (ゲリラ豪雨の雨音は、罪を語る私の跳ねる鼓動を隠してくれる気がした)
        いい子だねって。頑張ってるねって。思われたい。
        (祇の目を真っ直ぐ見る)引いたでしょ? 私、そんな子なんだよ。
        街を守りたいとか、人命第一とか言って。人に良く思われたいからやってる。
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 21:59:51
      • (予想通りの答えを耳にしたが、答えずにいると窓の外から雨音が聞こえ始める)
        (合わせられた目を外し、窓に近づき雨に濡れて色が変わっていくアスファルトを見つめて呟く)
        …嫌な季節だな(バイク乗りの彼にとって梅雨の時期はどうにも心が淀むと独り言ちる。暫くの間)
        走りに行くか?(と、これだけ聞いた。勿論外は土砂降りである) -- 2021-10-05 (火) 22:16:59
      • ……そうだね。(虹は多分出ない、そんなことを予感させる雨で)
        雨、降ってるけど?(口の端を持ち上げて)
        漫画だと不良は余人をタンデムシートに載せたがらない。
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 22:20:24
      • (落ち込んだ女子、しかも自分より遥かに苛烈な生活を送っていたであろう女子が絞り出すように言った独白)
        (それに対して無暗に慰めの声をかけれるほど人生経験を積んでいるわけでもない男。その男がようやく出した答えがこれだった)
        降ってるなぁ。土砂降りだわ。ついでに言うと、メットもこれ一個だしな… 漫画は漫画…信用してる相手は別、って事で…ま、無理にとは言わねーよ
        (なお強さを増す窓の外の雨はまるでシャワーを思わせる。それによってせめての間、暗い気持ちを洗い流す事が出来るならばと。柄にもなく誘うのだった) -- 2021-10-05 (火) 22:51:57
      • 行こう。(立ち上がって)部活もサボって。
        雨の降る中。(出口まで歩いて)なんの目的もなく。
        ……バイクで、行こう。(そう言って振り返って笑った)
        -- 高坂綾 2021-10-05 (火) 23:08:59
      • …悪くねー顔だ(高坂の笑顔を認めると笑い返し)
        (持っているメットを彼女へ放り投げ土砂降りの外へと出て行った) -- 2021-10-05 (火) 23:18:17
  •  
  • 信じてくれる人が、いるから。
  •  
  • 高坂先輩!(平坂会に向かう道すがら、見知った顔に声をかけて駆け寄る)こんにちは、これからですか? -- 大地 2021-10-04 (月) 20:29:51
    • 蒔絵くん。うん、これから。(隣を歩幅を合わせて歩きだして)アレの対策、しないとだしね。 -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 20:34:02
      • はい・・・(肩を落とす・・・Bチームの事は大変だったが・・それでも最悪の事態にはならなくてよかったと思う)
        ドッペルゲンガー・・・寄りにもよって先輩の姿をとるなんて許せませんね(ふんすと鼻息荒く) -- 大地 2021-10-04 (月) 20:39:49
      • ………そうだね。(私は、なんとなく)
        (自分の心根が一番醜いから、ドッペルゲンガーが出たという妄想にかられていた)
        蒔絵くんならどう戦う? 私のドッペルゲンガー。
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 20:48:31
      • そうですね・・・先輩と同じ技を使ってくるんですよね・・・(先輩の技、ちゃんと全部聞いておいた方がいいなと呟いて)
        僕の強みは、手数の多さだと思っています・・・兎に角技を出して、対応に追わせる・・・(少し考えて)
        フエルバブルの物量、キリバナの幻惑、ギアタマの重圧、ライケンやスタンコールの稲光・・・この辺りを主軸としたコンボを組み立てる必要があると思います
        ・・・・・先輩?(心配そうにのぞき込んで)その・・・大丈夫ですか?なんだか元気が無いように見えます -- 大地 2021-10-04 (月) 21:10:52
      • ……私以上かもね。私が使えない技、使ってきたし。
        なるほど……(人差し指を立てて)雷はいい線いくと思う。風より速ければ相手も避けようがないし。
        ん………大丈夫。(安心させるように笑って)さすがに自分の写し身が桃田さんたちに迷惑かけたの、堪えるけど。
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 21:19:06
      • 使えない技・・・ですか?・・思いもよらない技・・ではないんですね?(技量で劣ってはいても、発想ではまだ負けた訳ではないと)
        (早速一つ有効そうな技が見つかって嬉しそうだ、でも他のもちょっと自信があっただけにむーんと唸って)
        ・・・多分・・それがあの怪異の目的です・・・怪異は、人の負の感情から生まれるから・・ああする事で先輩が皆に感じる負い目が、アイツには心地いいのかもしれません(だからこそ許せないと歯噛みして)
        (ちゃんと向き直り、真っすぐに見る)先輩、先輩はあの怪異とは違います。見た目や力がそっくりなだけ・・僕たちにとって大事な事は、見た目や能力とは関係ない所にあるって・・僕は思います・・だから・・っ(元気を出して欲しいと訴える) -- 大地 2021-10-04 (月) 21:33:23
      • そうだね、相手の技の対処法はわかるよ。できるかはまた別の話になるけど。
        ………そうかもね。(でも、あいつは白いドレスを着ていた。だから、あいつは。私なんだ)
        蒔絵くん……(しばらく、立ち止まっていたけど、くしゃりと表情を歪めて)ありがとう。
        (普段通りの口調で、それでも万感の思いを込めて言った)
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 21:41:46
      • それでも、有効な対処法があるのならプレッシャーになりますからっ
        ・・・(まだ何か引っかかる物がある様な・・それでも告げられる言葉をしっかりと受け止めて)はいっ
        (丁度菊理ビルも見えてきて)よしっじゃぁ今日もよろしくお願いしますっ(意気揚々と入って行った) -- 大地 2021-10-04 (月) 22:02:20
      • うん、もちろん。できないからって諦める理由にはならない。
        今日もよろしくね、蒔絵くん。(一緒にビルに入っていって)
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 22:08:58
  • (放課後の校内で綾の姿を見た。ちょうど良かったと近づいていく。)
    高坂先輩こんにちは、ちょっと言いたい事とミミタコだろうけどお聞きしたい事がありまして。
    時間大丈夫です? -- 勇樹 2021-10-04 (月) 20:24:21
    • (パックのカフェオレを飲んでいたけど、ストローから唇を離して)もちろん。
      (飲み終わったパックを後手に放る)校内で私に近づくとは。なかなか剛毅。(パックは寸分違わずゴミ箱に入った)
      場所は?
      -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 20:25:55
      • 剛毅…あー(視線を感じなくもない。がさほど気にせず)
        (ナイスシュート、と褒めてから)
        下校しながらにしましょうか、部活の話なんで -- 勇樹 2021-10-04 (月) 20:29:33
      • そう?(下駄箱を通って、二人で歩き出す)言いたいこと。
        聞きたいこと。(鞄を持ったまま相手の顔を見て聞き返す)どっちも気になる。
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 20:32:24
      • 言いたい事の方は単純なんですよ(下駄箱で靴を履き替え、綾と歩調を合わせて歩む。)
        重力場に囚われてた時に助けてくれたでしょう? ありがとうございました。(目を合わせて、頭を下げた。色々とありすぎて礼も言ってなかった)
        聞きたい事はまあ、ドッペルゲンガーについてです。みんなきっと心配して先輩に色々聞いてそうなんで迷ったんですが…何点かいいですかね? -- 勇樹 2021-10-04 (月) 20:39:14
      • ……ん。(手をひらひらと振って)気にしないで。私もみんなには助けられてるし。
        ドッペルゲンガー………うん。どうぞ。(私に答えられることなら、と一言添えて視線を落とした)
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 20:46:46
      • 大事ですよ、助けられたことへの感謝。ちゃんと受け取ってくださいね? 俺も受け取りましたので(妙な念押しをしつつ)
        では最重要点。ドッペルゲンガーは殺害・討伐していいのかが気になります。それを弑する事で高坂先輩に悪い影響が出るなら捕獲とか封印?になりますよね
        2つ目。十中八九NG出ると思うんでダメ元ですが、負ければ感情を失う危険があるなら先輩以外のメンバー総出で探して討伐・捕縛した方が安全ではないかと感じました
        3つ目は…ぶっちゃけていいますけどアレ…高坂先輩より強くないですか?(消え去る前の技を見た時の印象論)
        (ひとまず3つほど聞いて回答を待つ) -- 勇樹 2021-10-04 (月) 20:54:34
      • うん……わかった。(相手の言葉に頷いて見せて)
        ドッペルゲンガーは討伐できるなら正直、誰でもいい。その場にいないいじめっ子のドッペルゲンガーを倒したらいじめが止まったことがある。
        2つ目は……ドッペルゲンガーは私への影響力がとても強いから。逆に言えば私からドッペルゲンガーに攻撃すれば強い影響を与えられる。
        3つ目は………うん、そう。(自嘲気味に言って)私、まだ術に術をぶつけて打ち消すなんてできない。
        相手は多分、高坂流操影術セカンドステージだよ。
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 21:04:09
      • (よかった。と一つ息を吐き)
        …へぇ。そんな事があったんですね。手加減しないで済むなら僥倖だけど現実への影響力をかなり持ってるんですね…不思議というかなんというか
        ………(黙って2つ目の回答をする綾を見守り)………決め手は高坂先輩になる可能性が高いと。なら一緒に行動すべきかな…一人で行かないでくださいよ?
        やっぱりですか。それにしても忍術のセカンドステージ…? 異能ステージ説って異能だけの話だと思ってたけど技術にもあるんですね
        俺も自分の影と戦うなんて経験はさすがにないんですよね…なんというかぞっとしませんか、自分の影と戦うって。俺だったら嫌だなあ… -- 勇樹 2021-10-04 (月) 21:16:09
      • だから私は裏世界なんて無いほうが良いと思う。戦わざるを得ないなら、戦うけど。誰かの人格を知らないところで歪めるのは変だよ。
        うん、わかってる。相手は私以上なんだから。私が単騎駆けしても勝てる算段はない。
        私が勝手に言ってるだけだよ? セカンドステージに達したら、これくらいできるだろう、ってね。
        嫌だよね。(空を見上げて)嫌だなぁ…………(それは、心からの言葉で)
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 21:23:00
      • …確かに。人格に干渉できるっていうのは…洗脳ですよね。俺達がいる間に解決したい所ですが…(裏世界の存在は根が深そうだな、と気を引き締める)
        はい。(単騎駆けの抑止も…確実ではないができただろう。と頷き)
        つまり、いずれ答え合わせはできるって事ですね。楽しみにしておきましょう…
        (初めて本音が聞けた気がする。と思った。それくらい実感のこもった声)
        やらなきゃいけない事ですよね。事ですけど…嫌なもんは嫌ですよね…自分が何を言い出すのかわからんし
        (経験したことがないモノに、安易に大丈夫ですよとは言えなかった。なんといえば相手を楽にできるのかもわからないので)
        無事に終わった後の事でも企画しますか、なんか自分へのご褒美的な?先輩へのご褒美か(気休めしか出ない) -- 勇樹 2021-10-04 (月) 21:42:13
      • 例え悪い人の悪い部分でも勝手に直していいはずがない。だから私も私のドッペルゲンガーと向き合いたい。
        ……そうだね。セカンドステージに上がったら、私も浄玻璃の鏡使っちゃうよ。(ビーム!ってふざけた動きをして)
        うん。やらなきゃいけないこと。やりたいことはあるけど、それはあいつを倒してから。
        自分ご褒美? えー、じゃあお寿司食べたい。みんなで。回転寿司も可。
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 21:49:40
      • (それは暗に、自分には自覚している悪い所があるといっているようなものだが…)…向き合うなら会話を出来る時間を稼がないといけませんね。やりますとも
        (戦闘に関する事なら請け合えた、助けに慣れる部分があってよかった、と思いながら)
        楽しみにしてます。俺も新技欲しいな…アテはないですけどね(ふざけた動きも見せてくれたので笑いつつ)
        寿司。じゃあ『ポセイドン』だ。皆でいくもよし、先輩にカンパして一人で満喫してもらうもよし。
        …うん。詰まるところ、皆で頑張りましょう。所で…(そう言って、あとは帰り道で別れるまではあえて話題を逸らして他愛ない話に仕向けた) -- 勇樹 2021-10-04 (月) 22:06:35
      • うん……ありがとう、市川くん。
        新技かー、こう……すごい切り上げとか。すごい切り落としとか。ジャンプしてこう、ジャンプ。
        みんなで行きたいな。どうせ、ドッペルゲンガーを倒したら報奨金出るし。みんなと食べたほうが美味しいよ、お寿司。
        そうだね、みんなで。(それから、いろんな話をして)え、それ本当?(意外と面白い話も転がった)
        -- 高坂綾 2021-10-04 (月) 22:18:50
  • (人があまり居ない時間帯を狙って、平坂会の事務所を訪れる。理由は一つだ、先日の戦闘の後から明らかに様子のおかしい高坂。)
    (しかし彼女が居合わせる保証はどこにもない、それでもこのタイミングで足を運ぶのは 目当ての人物が別だからだ)
    …コンジュラー、君に話がある。(事務所にて手短に用件から切り出した) -- フェル 2021-10-04 (月) 18:06:57
    • (書類を書いていたが)なんだ、私は忙しいと………(フェルの顔を見れば、ペンを置いて)聞こう。
      (フェルの性格を表面上知っている。冗談を言いに来たわけではない)
      (そう察して居住まいを正した) -- コンジュラー 2021-10-04 (月) 20:21:11
      • それも承知の上で、敢えてだよ。アイテムや文の交換以外で呼ぶなと最初言っていたのは覚えてる…
        だからこれは取引だ。君がボク達について知りたい筈の情報を提供する。代わりにボク達の質問に答える、そういう内容のね
        …ドッペルゲンガーは、裏奈多区に入った者であれば…全員鉢合わせする可能性があるのかい?そして、どこまで再現しきれる?(聞きたい2つをまず提示した) -- フェル 2021-10-04 (月) 20:26:07
      • 取引か。(ローブの下で赤い唇が動いた)いいだろう。私に答えられる範囲でな。
        (掌を見せる、その上には高坂綾と書かれた赤い人形がある)
        ああ。事実、モブ子たちがストライダーのドッペルゲンガーに遭遇した。
        再現かどうかはわからんが、ドッペルゲンガーは真似る相手の心の醜い部分を表出させる。
        (人形が動き出す、あの時と同じように掌の上で一礼した)アレも高坂流忍法を使っただろう? そういうことだ。 -- コンジュラー 2021-10-04 (月) 20:30:37
      • 必ずしも、本人の前に姿を現すワケではないって事だ。 で、普段なら表に出したくないような押し隠した面を惜しみなく出してくる…いい性格してるよ。
        (人形が動き出し、一礼する様子を見て)確かアイツは、服装も違うし目の色も違った 完全には似せられず、見分ける術があるんじゃァないかと思ったワケさ。
        それに、今後ストライダー以外のドッペルが出る可能性があるとして…いや、そう考えなきゃいけない。するとだ…ボク達は、平坂会の全員を殺す方法を考えなきゃいけないワケだ。
        (ドッペルゲンガーを倒すには、オリジナルの攻略法が必要だと言いたいのだろうが あまりにも配慮の足りない言い方で) -- フェル 2021-10-04 (月) 20:37:04
      • それだけならまだいい。(空いている手の人差し指を立てると、人形は六本腕の怪物の姿を取る)
        アレは……怪物になる。以前、戦った記録からも明らかだ。自分の心の醜い部分を見せられ、それが怪物になればメンタルはボロボロだ。
        あいつらはわざと姿を変えているんだよ。全部、金色の瞳かどうかはわからんが…アレが高坂綾の精神を一番乱せる姿というわけだ。
        そうか。(掌の怪物を握りつぶすと、赤い砂が指の間からこぼれ落ちて)次は私の質問だ。
        お前……怪異混じりだな?(ローブの下の紺碧の眼が爛々と輝く)何が目的だ。
        あの時………私は言ったよなァ……………(それは出会った時の言葉)うちは『怪異を殺す』ための組織だ。 -- コンジュラー 2021-10-04 (月) 20:45:29
      • ナルシストでもなければ、誰しも鏡を見せられるのは嫌。しかも鏡よりも酷い姿を見せられるとなれば…か。
        嫌がらせに特化した怪異、ね…(ふーん、と鼻を鳴らして変化する人形を見るが 内心穏やかではない。自分も遭遇する可能性があるのだから)
        あぁ、そういう約束だからね…答えられるものには何でも答えよう。(そうして質問を最後まで聞くと、小さく笑みを浮かべ)良かった、全部答えてあげられる。
        その通り、ボク達は半分が怪異でできている(某頭痛薬みたいな答え方)目的は2つ。 裏奈多区に出てくる怪異を食らい、ボク達の空腹を満たす事。
        食欲ってさァ、生きていくのに最も不可欠な欲望なんだよ? だから「怪異を殺す」の理念には沿っていると思うんだ。
        そしてもう一つ、強力な異能を持った怪異狩りを見つけ出すこと。 これはボク達の協力者になって貰いたいからさァ…どう、君の疑問は解決したかな? -- フェル 2021-10-04 (月) 20:53:14
      • やはり怪異混じりか……(三本足の椅子に深く腰掛けて話を聞く)
        フン、確かに。今までも背を撃つ機会はいくらでもあった。それをしなかったのは、怪異を食うため。
        怪異狩りね。(足元に落ちた砂が逆再生のように手元に戻り)お前の事情は知らん。
        だが、裏切るような気配はない。だから私からの質問は以上だ。(椅子に座る姿は尊大で)
        デリバラー。(登録名で呼んで)お前の戦闘能力は凄まじい。期待している。 -- コンジュラー 2021-10-04 (月) 21:01:20
      • どうしようもないほどに混じり合って、もうどちらでもないのかもしれないね…ふふ(余裕、というよりは自嘲のような言葉だった)
        とはいえ、あっちでボク達と誰かひとりを孤立させない方がいいだろうさ 見張りは常に複数いないと、君としても不安だろ?
        利害関係が一致していれば、余計な詮索はしない。いいね、いいさ、いいだろうとも。 …それが長生きするコツだからね。
        まァ、ご期待には沿えるようにするよ…常に怪異に「死」をお届けする配達人としてね。 有意義な時間をありがとう(用は済んだとばかりに、背を向け帰っていった) -- フェル 2021-10-04 (月) 21:07:00
      • お前…………(そうか、自我が混ざっているからこの一人称)
        うちの部員に手を出してみろ。私直々に地の果てまで追い詰めて抹殺してやる。
        フン。(去っていく背を見ていたが、掌を開くとそこに赤い砂はなく)
        長生きなんてするものじゃあない。(そう吐き捨てた言葉は、行き場もなくその場に反響した) -- コンジュラー 2021-10-04 (月) 21:16:46
  •  
  • どうにか……どうにかしないと…………
  •  
  • (おロケーション表。自販機)
    先輩。(運動後の水分の補給に自販機でスポドリを買おうとしたところ明らかに不審な様子の高坂を発見した)
    (一体何を?って視線) -- 2021-10-03 (日) 21:50:05
    • ……あ。氷室くん。(自販機の間から声をかけて)忍法、自販機遁の術です。
      私に気にせずジュース購入どうぞ。にんにん。(そんなことを言って)
      -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 21:55:52
      • 遁できてませんが。とにかくジュースは買いますよ(スポドリ買った。飲んだ)
        失礼ながら、ストレスでおかしくなったのではないかという疑惑を向けざるを得ないんですが。とりあえず出てきましょう? -- 2021-10-03 (日) 22:01:50
      • ええ……ひどくない…………(出てきた)私にもあるんだよ。
        学校の生徒からの好奇の目を逃れたい時が。(冗談っぽく言って、自分もスポーツドリンクを買った)
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 22:09:14
      • まあ、わからないでもないですが。それで選ぶのが自販機の間というのは、ちょっと面白がすぎるのでは?
        ……ドッペルゲンガーの件で心配していたので、どうしても。
        (もう一口、スポドリで喉を潤し)動揺はしていませんか。 -- 2021-10-03 (日) 22:16:56
      • ダメだよ。どこに行っても。背が高いから好奇の目から逃れられない。
        ………そっか。(心配させている、そのことが申し訳なくて)してる、動揺。
        隠しても仕方ない。私の写し身が桃田さんたちに怪我をさせたしね。
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 22:20:07
      • そうした目線が実際にあるかどうかより。先輩の場合は、感じ方のように思えますね。
        (堂々とした紅の瞳が、真っすぐに高坂を見据えている)
        先輩と同じ姿をした怪異が、桃田さんに怪我をさせた事実は変わらない。ですが、大事には至らなかった。それは済んだことです。
        そこは切り替えるべきだ。やるべきことは、同じことが起こらないように、ドッペルゲンガーを確実に始末すること。シンプルに、それだけ。
        (……そこまでは、理屈で誰にでもわかることだ。それでも割り切れないのであれば、ドッペルゲンガーには自分が知らず高坂が知る何かがある)他に何か、気になることが? -- 2021-10-03 (日) 22:36:15
      • ………そう、かな。(感じ方、自分は彼のように堂々と誰かの目を見れるだろうか)
        わかってる。(けど、相手は多分セカンドステージに達した時の私だ、勝てるだろうか)
        あのね、氷室くん。(少し言い淀んで、両手でスポドリを包み込んだ)ある、人なんだけど。たとえ話、なんだけど。
        ……誰にでもいい顔して、誰からも嫌われたくなくて、必死になってる人。どう思う?
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 22:50:21
      • (顎に手を当てて、少しだけ考えた)
        過程としては認めます。嫌われるのが怖いというのは、とても人間らしい感情ですから。
        ですが、いつかは止めなければならない。成長しなければならない。
        その人が自分の知己であるならば、一人の人間として世界と向き合ってほしい。そのための勇気を持ってほしいと、俺は思います。 -- 2021-10-03 (日) 23:12:59
      • ………そう、か。そうだよね。(視線を下げたまま、笑って)
        うん、そうしたほうがいいよ。(苦々しくも笑って)私もそう思う。
        (世界のどこかで、私のドッペルゲンガーが嘲笑った気がした)
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 23:19:08
      • ……先輩が男なら、一発殴って喝を入れているところです。
        代わりに今から、心を殴ります。 この軟弱者ッ!!(それは心の底を揺るがすような、迫力ある大声だった)
        仮にも部長で、人の上に立っているのでしょう。人を助ける組織の長なのでしょう。人を助けたいという気持ちを持っているのでしょう。
        それなら、強くあってください。そんな誤魔化しの、弱弱しい、つくり笑顔なんて浮かべずに。 -- 2021-10-03 (日) 23:42:02
      • (大声は響き、作り笑いは崩れ、代わりに)
        (睨みつけるような、嫌悪の表情を浮かべて)
        ………かんないよ。(涙が滲んで)強い人には私の気持ちはわかんないよ!!
        (ぐ、と手の甲で涙を拭うと、化粧が崩れて)ごめん。(一方的な言葉を押し付けて、駆け出した)
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 23:48:52
      • (嫌悪の感情を、その表情を、真っすぐに受けてなお動じない。動じる姿は、見せない)
        (心の奥から吐き出された言葉。そうして駆けていく背中を、敢えて追うことはしなかった)
        (彼女の仮面を壊さなければ、少なくとも。もう一人の自分に打ち勝てる姿を、想像することは出来なかったから)
        (氷室静は、敢えて嫌悪されることを厭わなかった)

        (けれど)
        (――胸の奥は、想像よりも痛かった) -- 2021-10-04 (月) 00:02:06
  • (放課後の生徒指導室への呼び出し。その通知は校内放送など周知されるような手段ではなく、平坂会用のLINEで送られた)
    『あんまり時間はとらないから放課後生徒指導室に来てくれ』(シンプルな一文での通知だった) -- 千透 2021-10-03 (日) 18:15:22
    • (LINEを見て、放課後に生活指導室へ行く)失礼します。
      (そう言って入る、普段通りの表情で)どうも。(と、手短に挨拶をした)
      -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 19:43:01
      • (生徒指導室の中で待っていた千透は、入ってきた高坂に目を向けて)おう。悪いな、呼び出して。…一先ず座って(向かいの席に座らせて)
        …さて。呼び出した理由はいたってシンプルで。……最近無理してねーかな、と心配になったってところだ。…こないだの平坂会から、だいぶ落ち込んでるみたいだったからな。大丈夫か? -- 千透 2021-10-03 (日) 19:53:12
      • はい、失礼します。(席に座って、話を聞くと)………無理は、してるかも知れませんが。
        退屈な時間があるの苦手で………とにかく、スケジュールが埋まってるほうが安心します。
        ドッペルゲンガーの件なら。(僅かに言い淀んで)必ず倒します。(と断言して)
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 19:55:26
      • (無理をしてる、って話から。そこで少し目を閉じて)……無理をすんな。って言うだけなら簡単には言えるけど、高坂は無理しないの苦手だろうからな…
        …退屈な時間、ね(確かに、平坂会もそうだが…この生徒は、とにかく何かしら活動をしている。去年の演劇部もそうだし、読モもそうだ。以前は前向きでいいことだと思っていたが…)……逃避になってないか?何かすることが。
        ああ、ドッペルゲンガーの件はもちろんだ。高坂にも頑張ってもらうし俺らも当然頑張る。…ただ、高坂の調子が正しく前向きじゃないときに会うのは危険でもある。高坂だけじゃなくて、全員がな。(少し厳しい言葉を投げかけて)
        ……せっかくの指導室だから、深く聞くぞ。…高坂がそこまで退屈を嫌う理由はなんだ?……何を疎んで、何を恐れてる?お前は女子高生だ…それなりに遊んで、それなりに休んだっていい。普通はそうする。なんでそんなに……無理をするんだ? -- 千透 2021-10-03 (日) 20:01:37
      • (先生は)
        (私のことを心配してるから、踏み込んでくる)
        (それに沈黙で返すのは、決して誠実な答えじゃない)
        ……先生。私の噂、知ってますか? 昔、九州で怪異に幼馴染が森に連れ去られて。
        さっちゃんは……森に入った子供の私が助けたんですけど………私、返り血を浴びてて……
        その子、私を見て化け物だって怖がった。あの噂、事実なんです。
        ……事実なんですよ。(膝の上で手を組んで、それは自己の温もりで自分の感情を守る防衛反応)
        何もしていないと考えてしまう。悪い噂されてることも、消したい過去も。だから……
        (だから、何だろう。だから誰かに心配されるまでオーバーワークを?)
        -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 20:10:42
  • …いろいろと耳にはな(それは生徒間である噂…悪い噂が多い。無粋な生徒には時折注意などもしていたが、その中でも重い内容の一つがこぼされた)
    ……(静かに、高坂の話を視る。視て、教師として…何が言えるか。どう言えばいい?どういえば……この頑なになった高坂の心を開いてやれる?)
    ……その話、たぶん高坂も今はわかってるんだろうけど。…冷静に考えれば、たとえ幼馴染の友達でも、血まみれの友達を視て、狂乱して、化け物だって叫んじまうのは…しょうがないことだ。
    それはあくまで緊急時に返り血を浴びたお前を見たからであって、お前のやったこと自体に対して叫んだものじゃない。……なんて考えは、高坂もわかってはいるんだろうけどな(トラウマになっているのだ、幼いころのその記憶が。そこまではわかった。さて……)

    …高坂が辛い話を、俺に話してくれた。その代わりじゃないが……俺も一つ、昔の話をしていいか?颯の友達であるお前だからこそ、聞いてもらいたい。 -- 千透 2021-10-03 (日) 20:19:33
  • しょうがない。(指先に視線を落とす、学校にいる間は何も塗ってない爪が見えた)はい。しょうがないんです。
    (しょうがないことはわかっている。そして、本当に怖いもの、それは)

    (あのドッペルゲンガーが私の本性を暴いてしまうんじゃないかという一点のみ)

    ……昔の話を?(そう鸚鵡返しに聞き返して)はい。(姿勢を正して)
    (思えば、颯ちゃんと千透先生とは付き合いが長いけど、あまり踏み込んだ話をしたことはなかった)
    -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 20:28:08
  • ん。(話を聞いてくれる姿勢を作った高坂を見て、語り始める。立華家の過去を)
    …俺と颯は、10年前は普通の家庭で過ごしてた。両親がいて、颯も目が見えてて、……俺も耳が聞こえてた(これは、誰にも言ってない事実)どこにでもある普通の家庭だった。
    けど、その夜に急に怪異に家が襲われた。襲われたのは立華家だけで、両親は惨殺されて、俺と颯は重傷を負った。俺は聴覚を失って、颯は視覚を失った。…多分俺も颯も、誰にも言ってない。事件自体はニュースになったけど…10年前だしな。
    それ以来、俺には魔眼が目覚めた。…今こうして高坂と話をしてるのも、音の振動を視て読み取ってるからだ。実は耳が聞こえてなくて、眼を閉じると闇しか返ってこないんだよ。ま、それはどうでもいいとして……

    …何が言いたかったか、っていうとな。当然、俺も颯も、その事件がトラウマになってる。人生が一気に狂ったわけだからな。…けど、普通にこうして生活してるし、無理はしてない。
    もちろん、いずれあの怪異を見つけて、復讐は果たす。両親の復讐を……平坂会に入った理由に、怪異を探すため、っていう事情もあったのも事実だな。
    ただ、俺と颯は早い段階で気づいた。無理に復讐に固執して、過去にこだわって、辛い思いを抱え込み続けてると壊れてしまう、ってな。…だからまぁ、復讐は機械があればするとして。日常も大切にしてる。楽しく生活できるように、少しでも幸せを取り戻せるように、過ごしてるんだ。
    …高坂の責任感や、過去の事件のことを聞いてな。俺には颯がいたし、颯には俺やパックがいたけれど、お前には……零せる人もいなかったんじゃないかって思ってな。んで、まず俺らの話をさせてもらった。
    ……いろいろあったとは思うんだ。辛いことも。…だから無理してでも前向きになろうっていう気持ちはわからなくもないけど(と、自分で受け取った高坂の印象をこぼしてから、心から心配する声色で)
    ……もうちっとだけ、肩の力抜かないか?過去のことや、噂とか、辛いこともあるだろうけど……お前の周りには、それだけじゃないだろ?信頼して、支えてくれる人がいるだろ?違うか? -- 千透 2021-10-03 (日) 20:41:07
  • …………はい。(話を聞けば、聞くほど痛感する)
    (可哀想なのは自分だけじゃなくて、共感してくれる人だって支えてくれる人だってたくさんいる)
    (なのに、どうして、私は─────こんなにも)
    ありがとうございます、先生。(真面目な表情で顔を上げて)誰にも今の話は言いません。それに…
    今度、聞いてもらえませんか。(泣きそうな笑顔で)辛かったら、辛いって。ちゃんと言いますから。
    -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 20:49:04
  • ん。そうしてくれると助かる(高坂の口から洩れるようなことはないだろう。信頼している。それだけのことを、これまで高坂は頑張ってきたから)
    ……ああ。もちろんだ。友達に零すのが辛けりゃ大人に頼れ。親にも言いづらい内容だったら…俺に頼れ。2年以上の付き合いだろ、俺らも(その距離感を、一歩歩み寄れた。そんな答えが返ってきたことに、安堵して)
    俺はお前を信頼してる。生徒としてもだし…一人の人間として、だ。なんで、辛いと思ったら相談に来てくれな。今がその時じゃないって判断なら、それを信じるよ(頷いて、笑顔を見せた 一人で思い悩みすぎることは、なくなったと思いたい)
    ……よし、そんじゃ真面目な話は終わり。実はこないだ拠点で話が出たんだけどな、たまには息抜きでカラオケ行こうぜって話になったんだわ。カラオケ代俺が持つから行くぞ。予定すり合わせるんで聞かせてもらっていいか?(と、さっきまでの重苦しい雰囲気を散らすかのように、砕けた調子でカラオケの予定を立て始めた) -- 千透 2021-10-03 (日) 20:56:20
  • はい、最初の頃は軽い先生かなって思っててごめんなさい。(冗談を言って笑って)
    (自分の醜悪な心根を知っても、この人は)
    (私を信頼してくれるだろうか─────)
    カラオケですか、私、結構練習してますよ。楽しみにしてますね。
    (そう言いながら話を終えて)

    (結論から言おう)
    (ドッペルゲンガーはすべてを知っていた)
    -- 高坂綾 2021-10-03 (日) 21:03:38
  •  
  • どうか優しい自分でいられるように。
  •  
  • (ロケーションころころロケころろろー -- ナエカ 2021-09-29 (水) 20:42:04
    • ふーんふふーふふーん〜♪(鼻歌まじりに放課後ショッピング中…ゲームセンターに入っていくあの後ろ姿は!)
      おんやぁ〜?綾くんってゲームセンターとか行くタイプなんだねぇ…どんなのやってるのかなぁ?(そーっと草食獣を狙う獣のように、気配を消して…そっとあとをついていく) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 20:43:36
      • (黒キャミワンピース×ミントインナー×黒ブーツの今年の最新流行着痩せ黒コーデでゲームセンターへ)
        (ガンシューティング『ザ・ホームセンター・オブ・ザ・デッド4』にコインを投入、そして眼光鋭くゲーム開始)
        (必死にプレイするも1ステージ目半ばであっさりゲームオーバーになった)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 20:46:46
      • おやおや懐かしいタイプのガンシュー…!ナエカさんも子供の頃やったなぁ…!(じーっと見てたら案外あっさりゲームオーバーなって可愛いと)
        ホッホッホ…綾くん、こういうのは2コイン投入して2丁拳銃するか、お友達とやるものだよぉ
        それに可愛らしいヒラヒラな格好だと動きづらくないかぁい?(にゅっと首元から顔をだして耳元にふーっと吐息かけながらささやく) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 20:52:18
      • ひわー!(変な声を上げて)え、ナエカちゃん?(友達のイタズラだった)
        で、でも二挺拳銃はちょっと……拳銃の練習にはならないかなって………(物騒な動機があった)
        ナエカちゃん、一緒にやりながらコツ教えてくれない?
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:09:22
      • ほう?(拳銃の練習ときいて不思議そうに)…あっちで銃とかも使う気なのかにゃぁ?(戦闘スタイルがニンジャっぽかったのに銃とはこれいかに?っとちょっと不思議そう)
        いいよいいよぉ?こういうのはねー…上下に動かすんじゃーなくて…だいたいの頭の高さにあわせて、左右の動きでレティクルをあわせるんだよぉ〜
        人間ってさぁ?狩猟の名残で上下の視線の動きより左右の視線の動きの反応のほうがいいらしいよぉ?
        (陰陽術も射出機の差があれど射撃技術に近い、故に幼少より訓練されて親に言われたことを綾にも教える) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 21:12:56
      • ………じ、実は…………(少し言いよどんで)拳銃にめっちゃ憧れがあります。フィクションで派手だし…
        左右の動き。(言われるがままに銃口を動かす)へー、そうなんだ。
        それじゃースタート。(硬貨を二枚入れてゲーム開始)あー。(最初の迫るゾンビに大慌て)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:23:02
      • …綾くん普段から怪異の相手してるのにもしかしてゾンビは苦手なタイプかぁい?(あたふたしてるの見てあっはっはと笑いつつ、最小限の動きでヘッショしていく)
        銃は憧れるよねぇ?陰陽師の中には銃型の機械を使って悪魔や妖怪を使役する人もいるみたいだよ?
        ほらほら、こうやって頭の中心を捉えてトリガー…頭の中心を捉えてトリガー…だよゾンビといっても元は人…血がでるなら殺せるの精神だよぉ? -- ナエカ 2021-09-29 (水) 21:28:53
      • いや、ゲームが苦手なだけであってリアルゾンビとか遠距離から一方的に手裏剣でバーンだよ。(バーンて)
        へー、高度に近代化された陰陽テクノロジー………(そういうのはかっこいいと思う高坂綾だった)
        トリガー。(頭の中心を捉えて、プル・ザ・トリガー)あっ、当たった! 当たったよナエカちゃん。(嬉しそうに振り返って)
        (その瞬間、物陰から飛び出してきたゾンビに噛まれてライフが減った)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:37:12
      • 手裏剣でバーンはすごいねぇ?逆に今度私がシュリケンとカラテを教えて欲しいデス コウサカ=アヤ サン
        上手上手っとあはっ♡油断しちゃダメだよぉ(噛み付いてきてるのをフォローするようにパンパパンっと刺さっと処分して)
        おっとそろそろボスだねぇ?油断せずしっかり動きをみて…弱点狙って怯ませるんだよぉ?
        そーいえば、昔の家だと銃ゲーできたのに、最近のは家ではあんまり出来ない理由はしってるかぁい? -- ナエカ 2021-09-29 (水) 21:42:41
      • それは問題ないけど。(銃口の先を必死に目で追って)私は教え上手からは程遠い気がする。カラテ不足だ!
        うう。(ライフ残り2というギリギリで撃ちまくる)
        弱点。(わかる、あの口の部分に赤いマーカーついてるし)うー。うー。(唸りながら連射、連射)
        え? それはちょっとわからないかな。(二人の協力プレイでボスが攻撃モーションをキャンセルする)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:47:35
      • カラテ不足!を感じるのでオーガニック寿司を食べてタンパク質補充してしっかり体鍛えてる最中だよ!
        (わかりやすく赤いコアを的確に撃っては怯ませ、撃っては怯ませ)
        昔のテレビとか画面はブラウン管だったでしょ?ブラウン管だと赤外線を反射してそれでヒットの判定をしてたのだけど
        ほら最近のモニターは液晶や有機ELでしょぉ?だから…このゲーム機も画面以外に別にセンサーが必要で大型化するから家庭で気軽に銃コンだけ購入してプレイ…って言うわけにはいかなくなったのさー?
        結構ナエカさんガンシュー好きだからねぇ…そういう理由で若干低迷してるのが寂しいのさー(パンパパーンしたらボスが沈んだ)やったね綾くん! -- ナエカ 2021-09-29 (水) 21:51:04
      • スシを食べている……つまり手傷を負っている………!(分析完了、と言ってふざけて)
        あ、そういう事情があるんだ。(喋りながらボスを撃ちまくる、少し要領がつかめてきた)
        またひとつナエカちゃんのことを知れた気がする。(ボスが沈むと、ハイタッチ…というには少し低めの位置で手を合わせて)
        (それから、しばらくして)休憩!(結構進んでゲームオーバーになり)初めてあんなステージまでいったよ。
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:57:17
      • いやー楽しかったねぇ!綾くんにこういう趣味があったのをしれてナエカさんも嬉しいよー
        最近はそうでもなかったけど、中学生の頃とかゲーセン通いしてたんだよぉ?最近はその…お小遣いがね…足りなくてね…(ニコッ
        どうにも食費が増えちゃってさーどんどん犬神様と体が馴染んじゃって、カロリー消費量が高いのだ!
        というわけで、なんか食べない?飲み物くらいでもさ(タピオカってブーム終わって、もうなんか定番なったよねーってタピる) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 22:02:15
      • いつかは使ってみたい、部室の武器庫のあれこれ。(法儀礼済み銃弾を受けよ、とかセリフは考えてある)
        そっかー。(ニコッ)……今月の末にみんなで部活やるから……(稼ごうね、とはさすがに言えなかった)
        ああ、そういうこと。じゃあタピろう。大丈夫、まだ映えるよ。(そこ?)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:09:41
      • 部活楽しみだねぇ?土曜だっけ?(タピりつつ、一緒に写真とかとる、お互いの胸の谷間に挟んだらめっちゃバズりそうじゃない?とかいって困らせる)
        土曜は用事もないし私も参加できるだろうからしっかり稼ぎたいねぇ…親父様から食費貰ってるけど最低限だからねーこうやってタピったりするとお小遣いを圧迫しちゃう!美味しい!(ズゾゾゾゾ)
        あ、そういえばさ、あれで稼いだので装備的なのとかって扱ってたりする?(ふと思い出したように尋ねつつ) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 22:13:19
      • 楽しみかな……私はちょっと緊張する。(いやそういうのでバズりたくないから、とツッコミ)
        ふーん。私はほどほどにお小遣いもらってて、その上で怪異退治までやってる欲張りニンジャです。
        そうだね、ドロップした装備は誰かが取らないと、コンジュラーが買い取って文にする。
        そしてコンジュラーはそういった装備を欲しい人に文で売ってくれるって仕組み。(タピるタピればタピるとき)よくできでるよね。
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:22:58
      • あー分パイセンも同じようなこといってたなー、分パイセンのアカウントはにゃんことか動物の写真がいっぱいだけど、たまに映り込むあのおみ足や胸がうつってるとバズってたりするんだってさ
        つまり綾くんは欲張り…しかし欲は大事だよぉ、過ぎれば毒になるけど欲は人の生きる活力だからねぇ…
        だからこそ怪異は欲を狙い、欲を喰われた人は廃人のようになってしまうという説もあるほどだよぉ?(タピピピピピオ)
        あーそういうシステムなんだねぇそれじゃしっかり貯めてコンジュラーくんにいいの見繕って貰わないとね…
        あとは物理的な子が多いから今度サポートデッキ(ベルトのデッキケースをトントン叩く)を作ろうと思うから相談にのってくれるかい?綾くん -- ナエカ 2021-09-29 (水) 22:27:36
      • 私はどちらかというとキレイな服を着てキレイに盛れたキレイな写真でバズりたい。(嗚呼、欲望)
        ……ドッペルゲンガーって知ってる? 裏世界に出る、自分のそっくりさん。
        それに負けたら、自分のいちばん大切な感情を奪われるんだけど……欲を奪われた先輩が昔いたらしくて。
        (怪談みたいになってしまった、と顔をほんの少し強張らせて)うん、サポートの話ならもちろん。
        前回も大活躍だったしね、ナエカちゃん。(一瞬にして絶望に染まる顔)10粒以上タピオカの粒が残ったまま飲み終わった…(漫然と飲むからこうなる)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:31:38
      • 自分と同じ顔したもう1人の自分…って奴だよねぇ、私はあったことないけどそっかぁ…そういうのもいるよねぇ…あそこは
        (そういう先輩がいた。という話ならそれは事実だろうし、気をつけないとなーっと少し気を引き締めて)
        綾くんとか物理系の人の意見とか色々ききたくてさー、今度うちきたときにでもいろいろ見せるから相談のってね〜♪
        あっはっは、やるやるそういうのやっちゃうよねー、大丈夫?食べれそう?お腹いっぱい?食べたげようか(じっと見る) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 22:36:05
      • ちょっと怖いな。自分の負の側面なんて、見たくないし。
        うん、それじゃ次はそれで決まりだね。(目を輝かせて)陰陽師のバフの秘密、わかっちゃう?
        え、これってチェックメイトじゃないの?(カップを渡して)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:44:32
      • 綾くんの負の側面とか私は興味あるけど…あ、でも自分の見られるのは確かにやだなぁ!あっはっは!(なんて笑いつつも)
        割と近代的なのと、古典的なの混ざってるから今度ゆっくり見せてあげるよーわりとうちのは王道だしね(だから隠すようなものでもないらしい)
        えっもったいないよ?ほらこうやってカップをあけてー…底をポンっと叩けば(口をあーんっとあけて残ったタピオカ全部ナエカの口に流れ込む)
        ね?(女子っぽさとか映えとか一切ない、躊躇ない行動だった)…はっ…(もっちゃもっちゃもぐもぐ)これもしかして…
        関節キスなのでは?(なんて笑いつつも全部食べちゃう) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 22:51:05
      • あはは。(こんな話を振っても、笑い飛ばしてくれる)そうだね。(友達)
        大スクープだー。忍者だから秘匿するけど。(忍者は秘密を守ることも大切な忍務なのだ)
        オオウ……(ワイルド!)女の子同士で間接キスはノーカウントでしょー。(そう言って笑って)
        でももったいないおばけに出られなくてよかった。(沈思黙考)もったいないおばけって全国区だよね?
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:57:41
      • ねー食べ物を粗末にするともったいなおばけにでられるぞーって昔、母さんに言われたなぁ…(なんて、何かを思い出したのか少し寂しそうな顔をして)
        …っとついつい遊びすぎちゃったやほらもう結構暗くなってきた…!(夕暮れ時からさらに日が沈みはじめてるのに気づいて)
        さっさと帰らないと兄や親父様にドヤされるからそろそろ帰るね〜今日は楽しかったよぉ綾くん!それじゃまた明日!学校でねぇ!
        (そういうと慌ただしい同級生は尻尾をブンブンふりながら帰っていくのでした) -- ナエカ 2021-09-29 (水) 23:04:06
      • ………ナエカちゃん?(私はまだ、彼女の事情を知らないままで)
        あ、うん。私も楽しかった。一人でゲーセンよりも、友達といったほうが楽しい。
        砂糖は甘いとか雨が降ると水たまりができるみたいな当たり前のことを言ってしまったような…またね。
        (そして、誰も待っていないアパートへ帰っていった)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 23:15:50
  • (選んでいいなら選ばざるを得ないは裏奈多区!)
    ふふんふふんふ、ふふふふーん♪(GWのとある日、滅茶苦茶いい天気に誘われて朝から風神山古墳の遊歩道をジョギング中であった)
    ふふんふふんふふーふーふーふーん、あれ?(鼻歌歌いつつ気分良く駆けていたもの流石に気づく)なんか景色がサイケデリック!?え、え、あれー?迷った?まさか?とりあえず戻れば……(っと回れ右する) -- 芙美 2021-09-29 (水) 20:17:46
    • (行けども果てなき裏世界、淀んだ空気が黴と錆の臭いを運んでくる)
      (そこに)キヒヒヒヒヒヒヒッ!(遠くから走ってくる影がある)
      (空気の壁を突っ切って何者かが寄ってくる!!) -- ??? 2021-09-29 (水) 20:20:39
      • (来た道を戻れども戻れども知ってる景色にはならず)いやーまいっちゃうなこれ、いい加減私も泣いちゃいそうなんですけどー……って、声?(ぴくんと馬耳を動かして遠くに目を凝らす)
        な、なんか来てる……?いや、いやいやあれ怪異じゃん……?ええっと、こういう場合は……兄ぃの教えその一!逃げる!私の足で、振り切ーる!!(一目散にダッシュ) -- 芙美 2021-09-29 (水) 20:27:26
      • キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒッ!!!(けたたましい笑い声と共に、老婆はあなたへ追いすがる!!)
        (しかし)
        (なかなか距離が縮まらない!! スピード系怪異の速度には個体差があるとはいえ、これは) -- ターボババァ 2021-09-29 (水) 20:32:04
      • ちょっ、速くない!?んぐぐうぐぐー!(追いつかれないものの引き離せもしない、もしかして遊ばれてる?って嫌な予感を感じつつもとにかく逃げる)
        誰か、誰かいませんかー?(と声を上げつつ、とにかく振り切ろうと障害物の間を抜けたり、隠れられそうな場所を探して走る)
        ん、あ!あそこ良さそう!(そして、明け放たれたドアっぽい所を見つけ滑り込むと、全体重をかけてそれを押さえる、とにかく諦めさせてやり過ごそうと言う魂胆である) -- 芙美 2021-09-29 (水) 20:45:09
      • (ドアを閉じられると、向こう側にドン!!と一際大きな衝突音が一拍遅れて聞こえてくる)
        (そのまま老婆と思われる存在がドアを何度も叩く音、そして包丁が芙美の頭上少し上を何度か貫通)
        (そして、老婆の断末魔が響いた) -- ターボババァ 2021-09-29 (水) 20:50:20
      • 闇に滅せよ。(ターボババァを一撃で仕留めて、口布を外す)
        中にいる人。出てきていいよ。ひとまず安心だから。
        あとついでに言うと……私はあなたを保護する準備があるよ。(信用してくれるよう、できるだけ穏便な語り口で)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 20:50:30
      • だっ、誰かいたぁー!!(嵐のような時間の終わりを告げられ腰砕けになりつつドアを開ける)はーよかったー……って、ニンジャ?ナンデ?くのいちニンジャ?
        あっゴメンナサイ、助けてくれた人に失礼だよね……ありがとうございます、マジで助かりました(きょろきょろ、まだ色彩がおかしい世界)それで、ここどこなんですか?
        保護と言うと、危ない場所?なんですよね?(傍らのターボババアだったものをチラ見しつつ、言葉が通じるし悪い人じゃないでしょう、と即信じる、ちょろい) -- 芙美 2021-09-29 (水) 21:01:30
      • ドーモ。(掌に拳を合わせてアイサツ)水白高校3年B組の高坂綾です。怪異殺すべし。
        ううん、気にしないで。(足元で足掻いていた瀕死のターボババァに忍刀を投擲、刺さった怪異は黒い靄になって消える)そういう役目だから。
        ここは裏奈多区。裏世界だよ、危険だから帰ろう。(スマホを取り出してスワイプ)準備は良い?(忍刀とドロップアイテムを回収)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:12:18
      • ん?え、ええぇぇぇぇ!先輩!?ナンデ同じ学校の先輩!?って、そう言えばお花見で見かけたような気がする……!あ、水白高校1年A組の午里芙美です(ぺこぺこ)
        裏世界?異世界、みたいなものかな……あ、はい!準備は大丈夫です!色々聞きたいような気もしますけどー
        あ、ちなみになんですけど、高坂先輩が助けに来てくれなっかったら、どうなってたんでしょうかね……? -- 芙美 2021-09-29 (水) 21:21:01
      • 同じ学校だった。(ごめんね、一方的に知っててもらっててとひらひら手を振って)
        異世界とはまた区別されるような、そうでないような。(あいまい)それは。(タップする)
        考えないほうがいい。(その言葉は、どこまでも冷たくて。周囲の景色が滲んで平坂会の拠点に転移していた)
        (モブ部員が慌ただしく行き交う中で)はい、安全な場所。(と言って笑って)お疲れ様、午里さん。
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:35:05
      • (考えない方がいいと言われれば)……ですよね(と返すのが精いっぱいで、それでも人がたくさんいる場所へと転移すればほーっと息を吐く)
        はい、お疲れ様です高坂先輩。ただいい天気だから走ってただけのはずなのに何日も経ったみたいな感じですよぅ(おもいっきり深呼吸して頬をぺちんする)
        それはそうと……ここ、どこですか?(走ってた風神山古墳の公園じゃねー!ってまたびっくり)あと、このまま帰っても?何か要求されたり、ピカっと光のを見せられたりとかは? -- 芙美 2021-09-29 (水) 21:50:12
      • 災難だったね。すぐ帰れるから。まだ怖いとかあったら私が送るし。
        オフィス街の端っこのほうにある菊理ビルの六階だよ。要求はされないけど、ピカって記憶消して欲しいなら一応できる。
        怖いこと、覚えていたくない人もいるから。
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:54:27
      • ホントそれですよ、怪異に遭遇することはあっても、裏世界でしたっけ?そっちに入り込むなんて思ってもなかったですしー……(ピカッ出来ると聞いてちょっと考えるもブンブン首を振る)なし、それはなして、怖い事は怖いですけど……忘れちゃってからもう一回同じ目に遭った時のほうが怖いですから
        あ、別に怖くないですけど、駅前まで送ってもらえると嬉しいかも?こわくないですけど -- 芙美 2021-09-29 (水) 22:13:36
      • 裏は怪異の数も段違いだから。危険度も比べ物にならないよ。
        …そっか。そうだよね。(影を引っ張って隠れると早着替えを終えて制服姿に)高坂綾、上がります。戸締まりお願い。
        行こう?(駅前のほうまで歩きだして)足、早いんだね。ターボババァから距離をとってた。
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:19:15
      • (てくてくと何の変哲もない奈多区の街並みを歩いて、安心を噛みしめつつ)
        ですよね、でもそんな世界で戦ってる?んですよね高坂先輩、あれですか怪異を狩るお仕事みたいな?
        一応私の兄ぃもそう言うの目指してたので……あ、その兄ぃから言われてたんです、お前には足があるんだから出会っても逃げればまず大丈夫って
        いやーまさか逃げ切れないような怪異に出会うとか思ってもいませんでした、一応それでだめなら蹴とばせとも言われてたので、先輩が来なければ一か八かでやってましたよそれ
        (そしていつも通り人でにぎわう水白駅に着く)ここで大丈夫です、送ってもらってありがとうございました!このお礼はいつかしますのでー、では先輩もお気をつけて(ぺこりと一礼、そして人込みのなかへと駆け出していくのでした) -- 芙美 2021-09-29 (水) 22:44:05
      • 仕事でもあるし、部活でもあるかな。非合法の。だから色々、秘密ね?
        そっか、お兄さんも。(ひょっとしたら、千透先生が前に言ってたのは)
        …蹴り飛ばせるなら、いいんだけどね。あの老婆は結構、素早いから。(当たれば倒せるのは、間違いなさそうで)
        うん、またね午里さん。(そう言って笑う私は)

        (理想の自分に近づけているのかなぁ)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 22:52:42
  • コーサカよ、このあいだの話なのじゃが(真後ろの席に両肘をついて話しかける いちおう声のトーンを抑えてはいる)
    (他の生徒たちがそうであるように、彼女のことも一年生の頃から知った仲だ もうひとつの顔についても、また同じく) -- 2021-09-28 (火) 22:39:01
    • うん、この間の話。(同じく声のトーンを抑えて返答)
      やっぱり変だって思った?(そう聞いてみる、付き合いの長い同じクラスの大先輩)
      -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 22:53:32
      • ああ、どう考えてもおかしいのじゃ 黒猫がヒロインではなかったのか……?
        (借りていたラノベを返す 書物に敬意を払う性格らしく、綺麗に借りた時のままだ)どうなっておるのじゃコーサカ…… -- 2021-09-28 (火) 22:56:54
      • あ。うん。考えてほうじゃなかったね。(ライトノベルを受け取る)
        いやぁ、黒猫と途中で付き合ってから一旦別れて実妹ルートとか狐につねられた気持ちでいっぱいだよ。
        そして黒猫のほうが明らかに可愛いと私は思っている。そんなあなたにFF14フリートライアルというものと黒猫ルートの続刊というものが存在する。
        (黒猫ifルートを影から引きずり出して)読む?(笑顔で差し出した)
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 23:00:19
      • 女の戦いというのもよくある話じゃが、現代でも続いておるのじゃな……どちらも娶ってしまえばよかろうなのじゃ
        (ifルートと聞いて眉が上がる)ほう、それは……ファンメイドでなく、公式の話か…? 読む、読むぞ!!(借りた)
        我は最近こういうのを読んでおってな(100人のヒロインが出てくるという触れ込みのラブコメ漫画を引っ張りだす)
        スマホで読んでおったのじゃが、気に入って紙の本を買ってしまったのじゃ 其方にも向いておるやもしれぬ(貸すつもりで持参したらしい) -- 2021-09-28 (火) 23:12:32
      • いや現代じゃ難しいよそれ………(そしてハーレムルートを拒んだ主人公…)
        公式ifルートというものが存在する。(本を渡して)黒猫が幸せになる展開というものが存在する。(しつこい)
        あー、それ気になってたやつ。誰も負けないラブコメって凄まじい発想だよね。
        借りてもいい?(手を出して)私もちょっとだけスマホで読んだけど主人公が割と好感持ててねー。
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 23:16:35
      • 縁がなかったと思って諦めよ、とは決して申さぬ 只人の身でありながら、何があろうと仁義に背かぬ すべてを呑み込む大器の物語よ
        人の歴史には時々こういう者が現れるのじゃ 我も幾人か知っておるぞ かような者には天命が味方をするのじゃ
        時代を動かし、世の形さえ変えてしまう 後の世の者たちはこう申すのじゃな……ああ、あの者は天命を受けておったのじゃと
        紙の本で堪能するがよい(既刊分まとめて貸した)して、コーサカよ 危うく死人が出ておったやもしれぬ、という話かの -- 2021-09-28 (火) 23:39:31
      • うん………天命。時代を動かし、か……それに死人がってやっぱりそっちの話だったんだ…
        (机に突っ伏して)……ちょっと怖い。今まで死人が出たとは聞いたことないけど。
        重傷を負って記憶を消されて日常に戻っていった人、結構いるし。そういう人、なんとなく疎遠になってしまうから。
        ……私、ちゃんと部長できてるかな。
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 23:42:10
      • ふふふ、怖いか 怖かろうな(つむじを人差し指でつつく)戦とは、血を流してまで意を通すということじゃ
        決心が鈍っておるなら止めてしまうがよかろうよ 其方がひとり去ったとて、責める者はおらぬじゃろう
        天命が其方に味方する保証はない 天命に弓引けば、たちまち滅びるがさだめよ それでも戦うのは愚かなことじゃ
        我もその愚か者よ さだめを見誤ったが、悔いてはおらぬ 己の意を枉げず、貫いたのでな あの者らも同じであろう?
        人は強いぞ、コーサカよ 好きにさせるがよかろうなのじゃ あの男も、案外と……其方のような顔をしておったのやもしれぬな -- 2021-09-29 (水) 00:10:02
      • //ここで文通スイッチおーん! -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 00:10:55
      • あー百会………(自律神経の乱れに効くツボでした)
        ………人が本当に強いのなら。(起き上がって伸びをして)私が弱いままでいる理由にはならないか。
        自分の意思を曲げずに戦うことのなんと難しきことかー。(時代劇のような口調)
        ……あの男? 誰のことだろ。(好奇心のままに聞いてみる)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 19:56:22
      • 神々の計画を書き換え、天命を偸(ぬす)んだ男じゃ(声のトーンが落ちて、真紅の瞳がすっと細まる)我を殺し、神々の御代を滅ぼした
        あの男は人の世を築かんとして戦い、勝利した……まことの英雄と思うたかの? あやつは人以外のすべてを滅したのじゃ
        元より我も”あちら側”よ まださほどに落ちぶれておらぬだけのことじゃ 其方らに与しておるのは……
        友の子らを見守らんがため、とでも申しておこうかの(頬杖をつき、横向きに放り出していた長い脚を組み替える)
        コーサカよ、まことの知恵者はさだめを己が武器とするのじゃ すべてを滅してでも、宿願を果たすためにな 其方にも願いがあろう? -- 2021-09-29 (水) 20:28:05
      • (それは彼女の過去であると同時に、神話だ)
        (彼女が御伽噺を生きた存在であることを、どこか遠くにいる自分が俯瞰して見ていた)
        願い…………(その言葉に表情が暗くなる)……戦う理由も、願いも………
        (そこまで話して、会話は途切り)……知恵者だったら。テストも苦労しないのかな。
        (冗談で誤魔化すことしかできなかった)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 20:35:49
      • 語らずともよい(おもむろに手を伸ばしてコーサカの鼻をつまもうとする)
        天命は不可思議にして深遠なるもの、常人には伺い知れぬものじゃ 今は気にせずともよかろうなのじゃ
        恐怖は其方らを危険から遠ざける 正しく怖れ、おっかなびっくり進んでゆくことじゃな(話を終え、前を向きかけて)
        ちなみにじゃが……其方、勉強が遅れておるなら見てやってもよいぞ バイト代は貰い受けるがの(歯を見せて笑うのだった) -- 2021-09-29 (水) 20:56:10
      • (話さなくてもいい、その選択肢をくれるだけで)
        (鼻をつまむ手の温かさを、信じようという気持ちになった)
        え、見てくれるの? さっすが大先輩。英語なんだけど……(そんなこんなで休み時間はすぎていった)
        -- 高坂綾 2021-09-29 (水) 21:14:19
  •  
  • 『世界は夢の狭間で黒い祈りを孕んで』
  •  
  • (校内。放課後。人気のない校舎裏。そんな場所で、綾に聞き覚えのある声がかかる)…や、高坂パイセン…それともストライダーさんって言った方がいいッスか?
    ちっと平坂会について、ちょっくら聞きたいことがあるんスが(なんとも軽い調子で問いかける。そこには敵意のようなものは全く無いが…) -- 彼方 2021-09-28 (火) 20:26:19
    • ここでストライダー呼びはちょっとね。(校舎裏で、風に靡く髪を押さえる)
      どうぞ。巻き込まれた以上、あなたには聞く権利がある。(リラックスした様子で話して)
      -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 20:30:15
      • 了解、そんじゃ綾先輩、ってとこで。……その当たりの権利を問われると、ちぃと胸が痛いッスね。巻き込まれにいったとこもあるッスから(と、苦笑を浮かべつつも)
        聞きたいことは二つッス。まず一つ。あの裏世界で手に入れられる物品…ドロップアイテムッスか。あれ、コンジュラーって人が軒並み買い取ってたッスが…買い取られずに、出回る物はあるッスか?
        有り体に言っちまえば…買取を拒否し持ち出そうとしたが最後、綾パイセンが鬼の形相で手裏剣投げてくる、なんてことがあるか、って話ッス(などと、探るような視線を向けて言う) -- 彼方 2021-09-28 (火) 20:45:23
      • ……どういうこと?(思わず聞いてしまう)巻き込まれにいったって……(裏世界に繋がるドアやエレベーターが街にはあるらしい)
        ある。(忍刀を出して)これはドロップ品。無銘だけど、刃こぼれもなく使えてるよ。
        ってか……なんで私が追手役……しかも鬼の形相て…(不満げ)
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 20:53:30
      • どうにも外からじゃ実態が掴めなかったッスから…直接乗り込んで偵察を、って感じッス。ただまあ…予想以上に迷ったもんで、合流できたのはマジで助かったッスが。
        これでもそこそこやってきた怪異狩りでもあるんで、裏のその裏を抑えてから…と思いもしたんスが、いやはや、考えすぎでしたッスねー(などと苦笑を浮かべ言う)
        (忍刀を確認して、ほう、と息を吐く)……なるほど。となれば…場合によりコンジュラーを通さずにそれを売っぱらってもお咎めなし、と考えてもいいッスかね?
        (つまり、この男は独自のツテを辿って売買を行おうと目論んでいる)…いや…そこは…綾パイセン、なんかあそこで馬車馬のよーに使われてそうな雰囲気があったんで…(めそらし。あと抜け忍への追い忍のイメージがあったことは秘密) -- 彼方 2021-09-28 (火) 21:06:50
      • ……平坂会に最初から興味が?(困った表情で言う、危険だってあるのに)
        裏のその裏は表でしょ……(そういう言葉遊びではない)うちはクリーンな非合法部活だから。
        それは問題ないけど。売れるものとなると……なんだろう。エラーコインは表に出せない偽硬貨だし、実際に効果のある装備品…とかになるのかな。
        いやいや、本当クリーンなんで。安心。安全。ホワイト。(言い過ぎです)部長として忙しくはあるけど強制はされてないよ。
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 21:10:46
      • そゆことッス。異界自体は他でも聞かなくない場所ッスが、裏奈多区ぐらいに安定して存在し、かつ行き来の仕組みが整ってる場所は珍しい。綾パイセンたちの努力のかいもあってッスが。
        そういう所の物は…金になる。異界のものってだけで金を出す好事家もいなくはないッスし、パイセンが言うように装備とかの実用品なら尚の事。
        噂で聞いた範囲じゃ…通常空間の沈没船のワインなんてものもあるそうで?それだけでもトレジャハンター向けに、ちっと頭の外れたワインコレクター向けに、なんてのも充分行けそうッス(などとつらつらと述べる)
        ……いやまあ、優しい悪徳警官、みたいな言い方する部長さんの言葉でちょっと大丈夫かなこのブラック部活?とか少し思い始めてはきましたッスが(と苦笑して)
        ではもう一つを失礼して聞くッス。……これに関しては詳しい情報が得られなかったッスが…どうも、あそこの怪異、モノによっちゃ懸賞金がかけられてるとか? -- 彼方 2021-09-28 (火) 21:23:34
      • はー………(額に手を当てて大げさに溜息)最近の若いモンは向こう見ずじゃのう。(ふざけて口調を作ってはいるものの、呆れている)
        なるほど………(人差し指を立てて)そういうことなら、いいんじゃない? って答えるよ。
        コンジュラーは別にアイテムを持ち帰っても何も言わない。それが呪われていない限りは。
        ブラック部活だったら退部代行サービス頼んでるよ。(そんなものはないけど)
        ん? ネームドの怪異には大抵ついてるんじゃないかな。その分、厄介な相手ばかりだけど。
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 21:35:29
      • 二歳くらいしか変わんねじゃねッスか(笑いつつ立てられた人差し指を見て、頷く)
        …呪いの物品なんてのはおっかない話ッスが。まあそれも当然ッスね。それはそれで販路が無くは…ッスが、火中の栗が美味しいとも限らずッスから、無理はしねッスよ。
        ……綾パイセンなんか弱みでも握られてるんス?(そして苦笑して言う。物怖じせず、腕も立ち、部を率いるリーダーシップもある、代行など全く必要なくも思えるが、と)
        おおっと…たいてい、ッスか。そりゃまたなかなか…想像以上にあの場所のことを平坂会は把握してるんスね…(少々の驚き。何もかも未知不明、ではまず有り得ないシステムだ、心の中で上方修正を加えて)
        つまり、懸賞金を得られる機会も充分にある、と(そうして腕を組み、顎に手を当ててしばし思考し…)うん、良いッスね(ぽつり、と一つ呟き)
        それじゃ…入会させてもらってもいいッスか?合言葉とかは…この際すっとばせるんスかね(なんて、気楽に笑って言う) -- 彼方 2021-09-28 (火) 21:55:27
      • それじゃストレートに言うけど。無茶しすぎ。
        殺人ピエロが落とす武器は呪われてて持ってるだけで不運がついてまわるかな。他にも植えたら表でも裏でも関係なく豆の木が天を目指して生える呪物とか。
        ……お金目当て? 稼げるけど。自己責任だよ。(それだけは言い含めて)それでもいいなら。
        (手を差し出して)合言葉はこの際だし、『よろしく』にまけとくから。(この手を取れば、契約成立)
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 22:01:01
      • 無茶をしないで叶えられる望みなら、良かったんスけどね(肩をすくめる。どうにもこの後輩はその点に関しては聞く耳をも持たず)
        ……ピエロの武器はともかく豆の木には割と儲け話の匂いを感じるんスけど!!くっ、しかしリターン不明のうちからリスクを取る訳には…!(ぬぐぐ)
        ま、稼ぐには大体の場合において何かを交換しなきゃいけない、ってのは身に沁みてるから問題ねッス。それが責任だったり…命だったりするのも。
        (その時だけは、気楽な様子を少しだけ引っ込めて、真剣な顔を一瞬見せ…手を伸ばす。偉大なる先人達を代表して継ぐ、その手へと)
        『こちらこそ』ッスよ(手を握る。契約は無事、結ばれた)それじゃアプリとかは後でてきとーに入れとくとするッス。じゃまた部活で、ッスよ、部長!(そうして踵を返し手を降って男は去っていった) -- 彼方 2021-09-28 (火) 22:11:56
      • ……そう。(譲れないもの、それは誰にだってある)
        一度試したけど上のほうが異界に繋がって手がつけられなかった。コンジュラーが封印してるはず。
        うん、またね。(手を振って別れて)
        ……彼にも、あるんだよ。戦う理由が。(私の戦う理由、それは────)
        -- 高坂綾 2021-09-28 (火) 22:18:20
  • -菊理ビル- -- 2021-09-28 (火) 19:14:22
    • (奈多区のオフィス街の一角に立った寂れたこの場所で、日々活動を続ける『平坂会』)
      (その場所の管理人ともいえる人物コンジュラーに自身の事情を問い詰められ)
      (後日説明をすると言い残してその場を去った洋助)
      (今日がその後日になった訳だが、部屋に入室した彼の表情は浮かばず)
      コンジュラー。約束通り話しに来た
      (その声にも何時もの様な覇気はない) -- 2021-09-28 (火) 19:14:32
      • (三本足の椅子の上で体を入れ替え、祇のほうへ向き直る)
        フン。(黒いローブの奥から見定めるような視線を感じるかもしれない)
        それじゃ遠慮なく聞かせてもらおうか。アレはなんだ?(そう短く言った)
        (四凶。饕餮。喰らう者。それは、わかっている。問題は──────どこで、どういう経緯で宿したか、だ) -- コンジュラー 2021-09-28 (火) 19:17:09
      • (問い詰められるような口調に若干ムッとしながらも、口を開く)
        四凶の『饕餮』ってのは…もう知ってるか。どこでって言われてもなぁ…
        俺は、今年の3月終わりに高速道路上で二体の化け物に出くわして事故起こしてよ
        …その時の片割れが死にかけた俺を助ける代わりに自分を手伝え。って言ってきたんだよ
        そんで目が覚めた時は今の状況になってた…(細かく事情を言わずに、端的に説明をする) -- 2021-09-28 (火) 19:37:18
      • ………そうか。(ほんの少しだが、悲痛な色が見える言葉)
        契約ならまだいい。(椅子から立ち上がり)寄生なら死んでいたな。
        四神、五竜、四霊、四罪、そして四凶。どれも人間の器に収まるものじゃない。
        神だからだ。(どこからか掌に収まるサイズのグラスを取り出してテーブルに置く)
        ここに500mlペットボトルの水は入るか? 入らないよな。
        仮に鳳凰や麒麟の力を得たとして「ラッキー」と思えるか? 溢れて最悪壊れるのが目に見えている。
        (指先でピン、とグラスを弾くと透き通った音がした)同じだよ。悪神の分だけよりタチが悪い。
        命を拾ったのはいい。死んだら何にもならない。だが……ここからは最善手を考えねばならない。
        ……手伝え、と言われたなら。今は従うべきだ。私も協力しよう。恐らく平坂会にもそこに異議を挟む者はいない。
        いいか、しつこいようだが。最善手を指すんだ。
        (予定調和の結末。それは簡単なものではない)

        (ハッピーエンドまで間違えられないからだ) -- コンジュラー 2021-09-28 (火) 19:47:27
      • 寧ろ死にかけてたからこうなってんだよ…
        アイツ等のせいで死にかけて、なのに勝手にこうやって動かされてる。何もかんも納得いかねぇよ(やるせないのか下げた掌を握りしめ)
        (とはいえ、このまま自分の中に『怪異』が居続ける事になるのは堪ったものでは無い。だからこうして動いているのだが)
        器が壊れる…(コンジュラーの指摘に心が泡立つのを感じる。いずれ自分もそうなるのだろうかと)
        だとしたら急がねぇとだな…サンキュー、そう言ってくれっと助かるわ、実の所一人でやるのも限界があってよ
        (何せ自分は素人だ、やれる事は限られる。こういった事に詳しい人物と、目的に対して必要な力もある)
        目標の相手を『探し出して』・『倒す』だ。コイツがそう言ってた(と、自分、いや彼の内に住む怪異『饕餮』の目的を告げる) -- 2021-09-28 (火) 19:59:26
      • それもそうだったな。(いきなり死にかけて、行動に指向性を持たされる)
        (それが若者の心にとってどれほどの影響があるのか、推し量ることもできない)
        饕餮と死合う相手となると限られる。それくらい大きな反応の怪異を探そう。
        礼はいい………無辜の民を助けるは私の……………(沈思黙考)…趣味だ。
        平坂会のメンバーに詳細を省いて言伝をしておこう。祇も自分の中で違和感を覚えたら教えてくれ。
        (しばらく静かな空気が流れて)喋りすぎたな。(老婆の声をした人物は似合わないことをした、とでも言いたげで) -- コンジュラー 2021-09-28 (火) 20:20:11
      • 頼むわ…活動続けてりゃ何れ鉢合うとは思うからよ(と、付け加え)
        …趣味ね…(「なんだそりゃ」と、思いつつも黙っておく)
        そっちも頼む。メンバーの連中に付き合わせるのも悪いと思ってっけど…まあ、その辺の借りは事が終わった後にでも返してくよ
        (そこまで言ってふと。彼等の事情に興味を持つ。自分自身は仕方が無くこの状態になってはいるが、他のメンバーはどうなのだろと)
        (特に、初めてここに来た時からいた『平坂会』部長。高坂綾。彼女がどういった事情で此処に居るのかと興味が沸き)
        所でコンジュラー。部長…高坂さんの事だけどよ(と、彼女の事を聞こうとしたが。「喋り過ぎた」の台詞を聞き)
        …いや、やっぱなんでもねぇ(すぐに止めた。聞きたいのなら周りに聞くよりも本人に聞くべきだと気づいて自嘲し)
        (静かにその場を後にした) -- 2021-09-28 (火) 20:38:42
      • いいだろう。街にそんな怪異がいること自体、危険なのだからな。
        (ぐぬぬ)くっ……ツッコミを入れられないのが逆に失敗した感が出る………
        ああ。(本人の問題は、本人に聞くべきだ)それならいい。(誰かが“噂”するのを本人は好まないだろうから)
        (去っていくと同時に、グラスはくしゃりと崩れて細かなガラス粒に変わる)
        ……覚悟が必要だ。誰にとっても。試練は訪れるのだから。(そう一人で呟いたのだった) -- コンジュラー 2021-09-28 (火) 20:49:34
  •  
  • いくらなんでも迷い子と怪異が多すぎる。今年はやはり変だよ。
  •  
  • (キチガイ3連チョイス2の型!!)
    嫌な感じだな。(平坂会と裏奈多区の噂は耳にしていた。そして唐突に目の前に広がった光景は、その噂通りと言ってよかった)
    (したがって、ここが『何処か』については推測がつく。こうしていきなり迷い込むことになるとは思わなかったが)
    (感覚を研ぎ澄ませ、周囲を警戒しながら。悪夢の中のような世界を歩き始める) -- 2021-09-27 (月) 21:22:37
    • (色彩の狂った世界に、突然荒れ果てたようにアスファルトから草が生えている)
      (区画を隔てて、まるで荒廃した近未来SFのような場所を漫ろ行く静に)
      ポ、ポポポポポ………(という奇妙な声が聞こえてくるだろう)
      (気配を感じ取れるなら、声の主は邪気の塊だ) -- ??? 2021-09-27 (月) 21:34:55
      • この独特の声は……まさか八尺様、か?
        (退魔師としての知識にあった。危険な現代怪異だ。身体能力が高く、強力な呪いを持つという。なるほど、気配の邪悪さは図抜けている)
        さて、相手には気付かれているな(倒すか、逃げるか。いずれにせよ交戦は避けられまい) -- 2021-09-27 (月) 21:51:07
      • ポポポポポポポ………(その声が近づいてくる。あなたを感知してはいない)
        (それでも、異常な背丈の白いワンピースを着た女の姿は)
        (人の心に恐怖を齎す) -- 八尺様 2021-09-27 (月) 22:00:15
      • (静の口元に手を当てて)し。(静かに、と合図するのは、忍装束の少女)
        (そのままボロボロになったビルの影に彼を引きずり込んで)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:01:32
      • ……感知能力はそうでもないのか。(心の底に、強制されたように湧き出す恐怖心)
        (引き込まれるのに、特段抵抗はしなかった。敵意や害意が無かったからだ)
        (忍び装束を纏った姿に一瞬誰か分からなかったが、何秒かかかって思い出した。屋上で男子生徒に絡まれていた先輩だ) -- 2021-09-27 (月) 22:06:24
      • (そのまま背の高い草を追い越すように)
        (どこかへと歩き去っていった) -- 八尺様 2021-09-27 (月) 22:17:53
      • はぁ。(口布を外して)怖かった。終わってしまうかと思った。
        こんなところでA級怪異はないわー……(と、嘆息して)あ、失礼。(彼から離れて)
        ……前に助けてもらったね。この前はありがとう。ところで……帰ろうか。元の世界。
        (こんなところで長話をしていたいわけがない)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:18:06
      • (こちらは特段嘆息する様子もない。感情が表に出にくいのか、強力な怪異にもある程度慣れているのか)
        いえ。……帰れるなら喜んで。(渡りに船である。乗らない手は無かった) -- 2021-09-27 (月) 22:22:56
      • それじゃ早速。(スマホを取り出して操作、タップすると世界は輪郭を失う)
        (すぐに平坂会の拠点に転移が終わって)よかった。(探索の成果の取得品が入った袋を影から取り出してテーブルの上へ)
        借りが返せて。(そう言って振り返って笑った)平坂会のこと、知ってる?
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:25:41
      • (転移はどういう原理なのだろうか、などととりとめもなく考えてから、やや遅れて現実に思考を戻した)
        ありがとうございます(肩を竦める)
        噂は聞いてます。そのうち戸を叩こうかどうしようか、ってとこだったから、手間が省けました。 -- 2021-09-27 (月) 22:29:35
      • ……え? 入部希望なの?(気の抜けた声を出して)
        それは、いいんだけど。度胸あるし。強そうだし。その………(噂で知っている、彼は戦えるのだ)
        危険だよ? 一応、聞くけど。この前とか三桁の数の怪異に追われたよ。
        ……それでもいい?(影をめくって隠れて、あっという間に早着替えの術。制服姿になって)
        一応……部長です。平坂会の。
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:41:34
      • 個人的な事情なんですけどね。探し物に行き詰ってて、もしかしたら『裏側』に何か無いかな、と思って。
        普段から危険なことしてるんで、それは別に。三桁は厳しいですが。
        (いい。と、頷く。八尺様に遭遇した直後というのに、まるで躊躇いが無い)
        奇縁というか。話が早いですね。助かります。 -- 2021-09-27 (月) 22:50:39
      • (探し物。協力できるなら、したい)
        (それはそれとして、恩人を危険に巻き込むことに負い目を感じていた)
        ……ん! わかった。今日から氷室くんは平坂会のメンバー。
        これから教えるルールを覚えてね。あとは自己責任。(自己責任────この言葉の重みを)
        (私はまだ理解していなかったんだ)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 23:00:31
      • 問題ないです。(ルールを聞いて理解して、自己責任という言葉も飲み込んだ)
        (何かが起こった時、誰しもがそう割り切れるものとは限らない。仮初の身軽さを与えるような、そんな言葉を)
        それじゃあ、よろしくお願いします。(そういって、改めて頭を下げた) -- 2021-09-27 (月) 23:09:18
      • アプリ、インストールさせるから。スマホ貸して。
        (それから何か、跡切れ跡切れに会話をした覚えはあるけど)
        (私は手を汚したような感覚に苛まれて、よく覚えてはいなかった)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 23:15:30
  • (これまでのあらすじ。ロールオアチョイスで選択2をチョイスした私は……なんか魔女が出てきそうな影が長く伸びてうにょうにょで紫色の空をした世界に迷い込んだのでした!裏ナタ区ってこんなのですか?)
    ……うん!迷いましたね!!道や建物に見覚えも人の気配もなにもないです!なんですかねこれ!?(清々しい顔で途方に暮れた) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 20:40:02
    • (紫の空からはビビッドカラーの雲が厚く垂れている)
      キヒヒッ………キヒヒヒヒヒ…………
      (遠くから老婆の笑い声が聞こえてくる。そして、同時に遠くから凄まじく速い誰かが“走って”くることも) -- ??? 2021-09-27 (月) 20:48:53
      • うーん…せめてマックでも開いていれば腹ごしらえしていくところなんですが、中に誰もいませんね……(などと悠長に探索していたら)
        \キヒヒッ………キヒヒヒヒヒ…………/……むっ、第一村人の声!と足音!なんかすっごい早いですが素足でアスファルトを蹴る音なのは間違いないですね!
        おーい!少々お時間よろしいですかー!?(怪異にこちらへ来るよう呼びかける……無知のみに許された無法!) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 20:54:40
      • キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!(走ってくる人影は、高速で走る老婆)
        (手に持った包丁で腕や足を切ろうと振り回しながら突っ込んでくる)
        (甚振り殺す、それ以外のことなど頭になさそうな。そんな狂気を秘めた怪異だ) -- ターボババァ 2021-09-27 (月) 21:00:26
      • あ、笑い声がこっちに近づいてきた。気づいてくれたようで……足はやっ!?しかも殺意がスゴイです!?(完全に話が通じないやつだ!)
        しょうがないですね……ごめんおばあさん!正気に戻ってくれたらあやまります!(右腕の袖をまくりあげ、力こぶを作るように折り曲げ、腰だめに構える)
        (ババアはしゃにむに突っ込んでくる。速度はヤバイが動きは直線。まっすぐに突っ込んでくる。突っ込んでくる―――そう、突っ込んでくる)
        恒河沙ボンバー!!(そこをガツンだ!!) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 21:08:38
      • (加速したまま、恒河沙ボンバーを受けて)
        ぐえっ。(そう短く呻いて怪異は倒れ込み)
        (エラーコインを一枚落として黒い靄になって消えた) -- ターボババァ 2021-09-27 (月) 21:16:20
      • (遠くの建物から、恒河沙の近くに着地する忍者)……倒したの? ターボババァを。
        (そう聞いてからインカムに何かを話して)
        まず、この世界から脱出しよう。準備はいい? ええと…(彼女をなんて呼んだらいいか)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 21:16:34
      • ボンバーぁぁーー…………(腕を振り抜き、確かな手応えに身を震わせる。この瞬間がたまらねぇ……!!)
        ……はっ!?おばあさん!?(やばいキレイに入りすぎた!と慌てて向き直ると)……消えた……?(はて)……怪異かぁーッ!!(やっと気づいた!)
        なるほどかいいとはこうしたものでしたか……おっ?(なんか人影が降ってきて)ニンジャ!?ニンジャナンデ!?(すごくニンジャだよこの人!)
        倒したと言うか私的にはお話をしたかったのですが技がいい感じに決まりすぎまして……アッハイ、したいです脱出できてます準備!あの空見てると気持ち悪くなります!
        私は恒河沙!札幌市豊平区から参りました多々良恒河沙ですどうぞよろしく!(ニンジャさんにここはおまかせしよう) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 21:27:38
      • ドーモ、多々良恒河沙=サン。(掌に拳を当ててアイサツ)3年B組の高坂綾です。
        なんてね。(スマホを取り出してスワイプ)ここは危険だから。(タップすると、景色が滲んでマンションの一室へと移り変わっていく)
        はい、帰還。(そのままエラーコインを真上に放り投げて)これ、換金できるよ。どうする? 1000円くらいになるけど。
        (そのまま空中で握って、恒河沙に差し出した)平坂会の者です。知ってる?
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 21:58:45
      • おぉ……これが本場のニンジャのアイサツ……!!ザ・ニンジャ以外のニンジャはじめて見ました私!
        (ニンジャ・リアリティショックに感動して打ち震えていると) んぉ?(現世への帰還がすごく……あっさりです……)……なんか感慨がないですねぇ。異世界からの帰還なのにあっさりです!(ふまんげ)
        へ?アッハイ、それじゃ換金で。なんかごはんとか食べます!(差し出されたコインに手を添えてずいと押し返す。現金で!)
        ……??高坂さんなのに平坂さんなんです?(あっ知らない顔!) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 22:09:20
      • 本場とはとても言い難いマイナー忍者だけど。(自分で言ってて悲しくなってきた)
        今日の相場は……1文が1089円。(財布を開いて)1円持ってない?(とか聞きながらお金を渡して)
        平坂会の噂を知らないか〜。(どこから説明したものか)平坂会は、さっきの裏世界を探索して人を救助したり怪異を退治したりする組織。
        だから、あなたを助けたのは部活動のうち。……非合法部活だけどね。
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:14:29
      • 伊賀甲賀以外はマイナーってイメージですよね!まあなんでもそうしたものです、人気のセ実力のパとか!
        えーと…(スカートから財布出してごそごそ)……あ、ありますあります(1円渡し、英世さんと10円5円1円玉を受け取る。もうけたぜーッ)
        なにしろ私は高校デビュー宮城県民なので!地域密着活動の方を存じ上げないのも仕方ないと笑って許してください!(あははーと笑って説明を聞いてたが)
        ……ふむ。合法非合法は相手が非常識的存在なのでひとまず脇に置きましょう!平たく言うと高坂先輩は……'''正義の味方ですねッ!?'(人差し指をビシィー)
        いいですね闇に隠れて市民を守る正義のニンジャ組織!私の正義超人魂にびんびん来ます!!部員募集してませんか私どうですか自分で言うのもなんですが強いですよ私!?超人ですし!!(ぐいぐい来る!!) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 22:27:28
      • 人気と実力に差があるの? セントラルリーグとパントラルリーグって。(あっ野球知らないひと)
        毎度。(別に商売人じゃないんだけどつい言ってしまう一言と共に取引完了)
        ふむ。(グイグイ来る恒河沙に、思索)確かに腕前はすごい。だけど危険も伴うよ?
        それでもいいなら……平坂会へようこそ。黒の王という大怪異を討伐して、あの世界を壊すのが最大の目的だよ。
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:31:48
      • なんか昔はびっくりするほど人気なかったらしいですよパントラル!ハムキチのお父さんがそんなこと言ってました!(平成も遠くなりにけり…今を生きるJKがパリーグ暗黒時代なんて知る由もないな!)
        ハハハ超人レスラーはみんな試合に臨むときは文字通り死ぬ覚悟をしてますよ!当然この私も!です!まぁあくまで覚悟の話であって死ぬ気はさらさらありませんが!
        その黒の王とやらが世界のルールを壊すルール破りの悪の超人なら……私が出張る価値がある!そういうことです!(ドヤァ)
        おーけーおーらい!コンゴトモヨロシク!です!あっ連絡先どうぞ!いつでも呼んでください!マリカのメンツ足りないときとか!(電話番号とLINEIDをノートの切れ端に書いて手渡してー)
        それでは!助けていただきありがとうございましたっ!!(ビッシィーと敬礼キメてマンションを飛び出し──)

        ──すいませんここどこですかね!?(すぐ戻ってきた。マンション出たら知らないところだった!!) -- 恒河沙 2021-09-27 (月) 22:48:18
      • 大変なんだね、パントラルリーグ。(そして恒河沙のお父さんはハムが大好物なんだなぁ)
        おおー。(一応、危険性とかルールとか説明はした。した。したったらした)
        あ、うん。マリカするかはともかくこっちの連絡先もどうぞ。(交換して)

        ……一緒に帰ろうか。(忍法・早着替えの術!! 今日は戸締まりをして帰りました)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:53:27
  • (ロケチョイス2の型!迷子から混ぜての呼吸!)
    (学校帰りの黄昏時、ラーメン『とんちき』にでも寄ろうか、お金がもったいないからやめようかと考えながらうろうろしてると……)
    ………あれぇ?迷った?(変な色合いの道に迷い込み、引き返せども。元の道には戻れずに)……うわー、高校生で迷子!…人ー、人に道を聞かないと…! -- くくり 2021-09-27 (月) 20:37:15
    • やあ、くくり。(背後からいきなり声をかけるピエロ)
      迷子かい? 君みたいな子が帰らないと両親が悲しむだろう。(ピエロは風船を持っている)
      (血のように赤い風船、脂肪のような生々しさを見せる黄色い風船、人間が血を抜かれたらこうなるかなと想起させる不吉に褪せた青い風船) -- ??? 2021-09-27 (月) 20:43:20
      • はーあーい!良かった知り合い助かったー……ぁ……?
        (ぴょんと嬉しそうに飛び跳ねながら後ろを振り返れば…町の中には不釣り合いなピエロが一人)
        ……うわ、街中にこんな突然……出るんだぁー(怪異だ、と察せぬほどおバカでは無かったようで、一歩ぴょんと後ろに下がり、距離を取りつつ応対する)
        うん……そーなんだー……お父さんお母さんまだまだ心配みたいだから早く帰ろうと思ってねー……
        サーカスとかは、楽しそうだけど寄らずに帰るからぁ……帰り道だけ、教えて欲しいなあー……なんてぇ(意味ありげな風船に目を向けつつも、足に力を込める。不穏な動きを見せたらスタートだ) -- くくり 2021-09-27 (月) 20:49:10
      • 知り合い、多いのかい? いや、聞かなくてもわかる。くくり、友達が多いだろう? 賭けてもいい。
        (下がれば一歩踏み込む)いい子だ。両親は今どこ?(風船を差し出して)お土産に持っていってあげるといい。
        どうした……要らないのかい………(口を開けば、先程まで普通だったはずの歯列は鋭い牙になっていて)
        持っていけよ!! 風船を!!(そのまま襲いかかる) -- 殺人ピエロ 2021-09-27 (月) 20:57:16
      • えー?そう見えるー?わかっちゃうかなぁー♪……わっ!(褒められればつい嬉しくなるのか油断をし嬉しそうに笑い、足音でハッとしてまた一歩下がり)
        お父さんは会社でお母さんはご飯作ってるかなぁ……いいよー別に、子供っぽいって笑われるし…
        ………うーわー!!やっぱ怪異だーー!(雑怪など脅威の低い物なら相手にしたことあれど、人語を理解し攻撃的な怪異とは出会うのも初めてで、驚きついでに大きく飛び跳ね…)
        ……しゅたぁっ!(そのまま建物の壁に張り付き、蜘蛛の四つ足が対面の建物へと力強く飛び跳ね、ぴょんぴょんと上下左右に飛び跳ねながら逃げ回る!)
        おーにー…もといピーエロさーんこーちらー!糸のあるほーうへー!……来ないならそれはそれで嬉しいですけどー!?(後頭部からは細い糸のようなものが見え、逃げれば逃げるほど糸がつたう範囲は増していき) -- くくり 2021-09-27 (月) 21:07:30
      • 待て、くくり!!(建物の壁から壁にピエロは這って移動する)
        (殺人ピエロの正体は、大昔から生きている蜘蛛だ)
        (そういう情報がキュレーションサイトで流れてから、長い時間が経っていた)

        (その噂が怪異を変質させるほどに)

        (壁を這って獰猛にくくりを追う殺人ピエロ)
        (子供の腕くらい一息に噛みちぎりそうな牙からはダラダラとヨダレが垂れている) -- 殺人ピエロ 2021-09-27 (月) 21:10:59
      • 待ったら絶対酷いことするんですけどーーー!!?
        (そうそう追っては来れまいと高をくくっていたが、まるでお仲間のようにピエロは追ってくる、蜘蛛がピエロになるの反対!と噂を知った後に語るが今は知る由もなく)
        くくりは美味しくないんですけどー!ほんと!もっと美味しいラーメンとか!(ぴょん!と高所によじ登り、果たして使用している住人がいるのか分からない室外機に糸を張り)
        こういうのとか……(そのまま、6つの足と2つの手で建物の屋上へとよじ登る勢いで、無理やり引きはがされた室外機を持ち上げれば、追ってくるピエロに照準を合わせ…)食べててぇーっ!(糸は蜘蛛少女の意志によりぷつりと切れ、落下の速度も加わった室外機がピエロに向かって降り注ぐ) -- くくり 2021-09-27 (月) 21:27:59
      • (牙を剥いて上を見た瞬間)
        (落ちてくる室外機が顔に直撃し、落下)
        (地面に落ちると同時に黒い靄になって消えた、後に残されているのは一枚のエラーコインのみ) -- 殺人ピエロ 2021-09-27 (月) 21:45:13
      • ……声が聞こえるから来たけど。なんか殺人ピエロが倒されてる。
        (くくりに駆け寄って)大丈夫? 怪我してない? よく無事だったね。
        話は後。(落ちてるエラーコインを拾って)この世界から脱出しよう。準備はいい?
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 21:45:32
      • (追ってくるどころか気配がなくなったピエロを、しばし警戒していたが襲ってくる様子も無さそうで)
        …はぁー……!よかった……けど、これこっからどうすればー……ってひぃ!次はおっぱいお化け忍者!(新たな登場人物に悲鳴をあげて)
        …………あれ?怪異じゃない?えーと…………忍者?ピエロがライバルの?……観光マスコット対決?
        …(思考の整理は出来ていないようだがったが…)っ、うん!戻る!戻りたい、戻らせてー!おなかすいたー!!(と、じたばたとその場でべそをかき) -- くくり 2021-09-27 (月) 21:51:23
      • いや誰がおっぱいオバケ忍者だ。(ツッコミ)
        忍者はマスコットじゃないから。(嘆息ツッコミ)観光ガイドはしてる。(高坂忍者村で)
        あああ、わかった。わかったから。(慌ててスマホを操作すると、世界はその輪郭を溶かしていく)
        (マンションの一室に転移して)現実へおかえりなさい。(エラーコインを見て)
        これ、うちだと1000円で買い取るけど。(紛れもなく、彼女が殺人ピエロを倒した証)
        ……平坂会の拠点へようこそ。(安心させるように、笑ってみせた)
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:05:19
      • あうちあうち(ツッコマれ)……あ、ガイドはしてるんだ……(ちょっと観光したいな…という顔)
        だって何かラーメン食べようとしたらピエロが〜!風船でー!室外機ー!うひゃお!(じったばたとしていれば、周囲の光景が変わっていくのに驚いて)
        ……わぁ……た、只今…?え…うわぁ…知らないお部屋だ…!(マンションの窓を開ければ体を乗り出して、きょろきょろしていたが…)
        1000円!?(ぎゅんと首を向けて近寄って!)するするー!うわー!ラーメンただになった!自給1000円だーー!(と、さっきの泣き言もどこへやら)……平坂会?…うん、なんか…来ましたー♪(と、こちらも同じく笑って見せて) -- くくり 2021-09-27 (月) 22:13:32
      • 九州に来たらおいでませ高坂忍者村。(宣伝)
        正確に言うと今日の相場は1文が1089円ね。(お札と一緒に小銭もじゃらじゃら渡した)
        ええと……平坂会って聞いたことある? さっきの裏世界は? 私、三年の高坂綾だけど知ってる? 今、何問目?
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:21:35
      • 南の端…なんですけどー!?(遠いなー、とは思いつつも覚えておこう、と心に誓い)
        おー…購買でパンが買えるぐらいのおまけ!(わーい、と増えたお金に顔をほころばせ)1文なんて日本史でしか聞いたことないけど…使われてんだー、九州だと…!
        高坂………あぁ!!3年生にそういう名前の…ど蜘蛛が居るって聞いたことあるんですけど!…ふふーん、私はかしこ淵の蜘蛛…の末裔の1年生!滝淵くくりっていうんですけどー…蜘蛛仲間だねっ!(万歳!)……え?難しい質問は…困るんですけど…(しょんぼり) -- くくり 2021-09-27 (月) 22:27:56
      • さらに言うと九州でも片田舎だから一日に数本しか通ってないバスで来てね…(無茶だッ)
        いや九州でも文は古いから。(ツッコミ)ここで扱ってる文は電子マネーだから。
        読モの発音。(どう聞いても蜘蛛にイントネーションが)
        滝淵さん。(優しく語りかけて)簡単に説明させてもらうね。
        私たちの仲間になってさっきの裏世界で怪異と戦う部活に入るか、全部忘れて日常に戻るか選べる!!
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:35:29
      • ……おー、都会っ子(仙台出身)の私には中々の試練…やっぱり忍者は隠れ里なんだねぇ…
        隠れ里なのに電子マネー使ってる…!(ビックリ!と、その後もボケとツッコミを適度に繰り返し…)
        ………怪異と戦う……部活?……高坂先輩…もそうなんだー?ふぅん……
        うーん…そうだなー……(すん…と悩んでいたが、しばらくうんうん悩んだのちに)……全部忘れてまたピエロにあっても怖いしなー!
        それだったら先輩とか…他の部活の人?と一緒の方が……心強いし、お金ももらえそうだし!
        …ふふーん、それにピエロ…私一人で…やっつけられちゃった、んですけどー!(しゅしゅっと蜘蛛足シャドーボクシング!)……どうどう!合格合格!? -- くくり 2021-09-27 (月) 22:49:07
      • うちがおったところやけど正直交通がざまんこったい。どげんすっかな。
        (※古代九州言語で『わたくしがいた郷里ですが、正直に申しますと交通の便があまり良くないのですわ。どうしたものでしょうオホホ』と言っている)
        いいですか。(危険性を説明した)いいですか。(ルールを説明した)いいですか。(お金は入るけど危険に関しては自己責任だと説明した)
        ……それでもいいなら。(手を差し出して)平坂会へようこそ。私、部長だからなんでも聞いてね。
        -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 22:56:51
      • ざまんこ?どげんす?……あれね!うん、あるよね……分かる……!そうそう……!それな!(頭に大量に浮かぶ?マークを浮かべつつ、先輩の猛攻を乗り切った(つもり))
        そーですかー(危険性を聞いた)CN?じゃあスパイダーで!……はー!?私を差し置いてスパイダーがすでに居るって訳わかんないんですけどー!?(ルールを聞いた)
        ……ちょ、ちょっとこわいけどー……(差し出された手をぎゅうと両手で握り)よろしく…おねがいしまーす!
        えーと、それじゃあぶちょー!……お腹空いたからさっきの報酬でラーメン屋さんいこー!近くて安いところ…!希望なんですけどー!(と、握った手を離さぬまま、ぐいぐいと引っ張って街へと繰り出すので合った…蜘蛛2が仲間に加わった!) -- くくり 2021-09-27 (月) 23:14:05
      • 聞きたいところそこ!? 美味しいラーメン屋!?(でも、ラーメンは食べに行きました) -- 高坂綾 2021-09-27 (月) 23:16:57
  •  
  • ……いいのかな。今のままで。
  •  
  • 菊理ビル…他に同名の建物もなさそうだし、間違いない…かァ。(6階を示す表示を横目に、ドアのインターホンを押す)
    コイツが怪異側の用意した罠だとしたら、なかなかに面白いシステムだと思うけど…果たして(ポケットに手を突っ込みながら、応答を待つのだ) -- フェル 2021-09-26 (日) 15:27:02
    • (鉄の扉を隔てて)……お前…(ドアの向こうの嗄れた声が何かを言いそうになって)
      ………いや。六文銭の用意は?(言葉を切ってそれを紡いだ)
      (この問いに滞りなく、と答えれば───) -- コンジュラー 2021-09-26 (日) 15:30:01
      • 何だい、どっかからの紹介が必要だったかな?(片目を瞑ってそう答え)…滞りなく。
        確か日本の貨幣単位で文というのは、銭よりも昔に廃止されたって聞いたんだけどね…まだこういう場では使われてるのかい? -- フェル 2021-09-26 (日) 15:33:47
      • (何故か言葉を選んで)うちは『怪異を殺す』ための組織だ。いや……いい。
        六文というのは。(ドアから白い少女の手が伸びて)あの世への橋渡しの値段だよ。
        (そう言って鍵を渡して手はすぐに引っ込んだ)私の名前はコンジュラーだ。
        あっちの世界の道具の買取は私がする。それ以外の用事で呼ぶなよ。(そう言って気配は消えた) -- コンジュラー 2021-09-26 (日) 15:37:37
      • あァ、さっきの独り言が聞こえてたのか…そういう巧妙な罠もあるかな、って愉快な妄想さ。噂通りで安心した。
        そうか、「あの世行きの心の準備はOK?」ってな意味か…勉強になるね(声の主とは別人に思えそうな手が見えて、一瞬目を丸くした)
        オーケー、その時は宜しく頼むよ…コンジュラー。(鍵を摘まんで、しげしげと眺め)…この鍵で開く場所、番号がヒントか…?
        (少し同じフロアを見て回り、それらしきドアを見つけ…鍵を開けてドアノブを回す)………。 -- フェル 2021-09-26 (日) 15:45:53
      • (ドアの向こうで、忍刀に打ち粉をしている制服姿の少女)
        あ。(目が合う)ええと……A組の交換留学生の………?(名前はパッと浮かばなかったけど、とにかく作業の手を止めて)
        (銃、刀、握れば砂鉄が拳を保護するタイプのグローブ。そんなものが並んだ部屋で)
        平坂会へようこそ。私は部長の高坂綾。(視線を逸して)ってか、B組の。同学年の。
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 15:52:11
      • あー…と、ノックが必要だったかなァ(遅ればせながら、と開いた扉をコンコンして)…フェル・シュング。見た目だけでも覚えててもらえて光栄だよ
        まさか同学年の子が部長をしている組織とは意外だったなァ…よろしくね、高坂君。 まだA組の顔と名前すら一致してない有様でね…
        (後ろ手にドアを閉め、室内を見回す)…いい刀だね、反りがなくて刀身が長くない 頑丈さを重視してる…ニンジャとかが使うやつだろう?それ -- フェル 2021-09-26 (日) 15:58:03
      • ノックする人はほとんどいないかな。(これってよく考えたらひどい気がする)よろしくね、フェルくん。(刀を拭って鞘に収めると立ち上がって)
        まだみんな進級したてだし顔と名前は一致……してるか。うち、1学年2クラスしかないし。
        うん。私、実はニンジャだから。(脇に置いていた手裏剣ホルダーから手裏剣を取り出して)腕前は百発98中くらい。
        さて……ここに来たってことは入部希望だよね………どこから話したらいいかな…
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 16:02:18
      • ボク達みたく、3年になって突然編入って事でもなきゃ…前年と顔ぶれは一緒だろうからね …ニンジャがいまだ実在した、驚きっぱなしだなァ。
        百中、と言わないところに自分の腕へのしっかりとした理解を感じるね …まず聞きたいのは、噂がどこまで本当なのか。
        裏奈多区、というのは怪異が作り出した結界…あるいは餌場なのかな。そこに潜む怪異の退治方法に制約があったりするかが聞きたいな… -- フェル 2021-09-26 (日) 16:10:44
      • ボク達?(他に交換留学生がいただろうか)そ、高坂流のシノビ。高坂忍者村って知ってる? 九州の。あそこの出。
        噂は大体本当。奈多区には裏世界があり、そこの怪異を倒すための非合法部活がある。その名は平坂会……
        裏奈多区は黒の王という大怪異が創り出したこことは違う世界。多分、噂の力や人の肉を漁るための餌場なんだろうね。
        怪異の退治方法に制約はないかな。爆破しようが、汚染しようが次に入る頃には元通りになってるし。
        手に入るアイテムは大体、コンジュラーに1文以上で買い取ってもらえる。1文は時価で大体1000円。今日は1014円だけどね。
        あとは……(手を差し出して握手を求め)何があっても自己責任。(この手を取れば、自己責任という言葉を飲み込むこととなる)
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 16:17:18
      • …そう、ボク達さ。(答えになっていないが、にこりと笑って)ごめん、伊賀とか甲賀なら聞いたことがあるんだけどなァ…歴史ある一族なのか。
        正直、区一つ分なんて規模の結界を持つ怪異なんて、それこそ災害級の代物じゃないか それを制御するのが平坂会の存在意義、ってところ?
        黒の王…(聞き覚えの無いその名に、どんな怪異か想像を巡らせ)退治方法に制約はなし、了解。あとは、やっちゃいけない事かな…禁則事項。
        文の価値は変動するのか、じゃあ高い日に交換するのがお得…と。自己責任…いいさ、いいとも、いいじゃないか!(すっと右手を出して握手し)
        そう言うからには約束して欲しい、ボク達にもし何かあっても…無理に助けようなんてしないで欲しい。高坂君はそういう事をしそうに見えるしね、自己責任と突き放しておいても… -- フェル 2021-09-26 (日) 16:25:40
      • …そう。(誰かの事情に踏み込むことが怖くて深く聞くことはしなかった)いやかなりのマイナー忍者かな…
        伊賀忍者とか甲賀忍者って言ったらエリート忍者でこう……スパイとかに引っ張りだこの…(忍者事情)
        制御じゃない。破壊。(片目を瞑って言い切る)これは世界を壊すための戦い。
        禁則事項は(五つの不文律について説明した後に)……この中で最も疎まれるのは利敵行為。それだけ。
        先々月が1400円台だったなぁ……その前の日に交換したばっかりだったのに…
        (握手をして)…わかった。部員の言うことは尊重する。無理に助けることはしない。
        (手を離した後、その言葉と自分の掌の冷たさにゾッとした)
        (高坂綾。お前はまた、地獄のような世界に同じ学校の生徒を誘ったぞ)
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 16:34:35
      • マイナーでも、歴史自体はあるんじゃないかな 単にニンジャについて…いや、日本にあまり詳しくないだけだしね
        へェ……破壊。大きく出たね…あぁ大丈夫、別にビビったワケじゃないからさ。 ブチ壊して、噛み砕いて、飲み干してやろうじゃないかァ…怪異の世界をね。
        (少し嬉しそうに口元を歪めて、それからポケットからチョコバーを出して齧り始める)…高坂君も1つどう?なんか小腹が空くんだ。
        まぁ、大体のことは世間一般での「やっちゃいけない事」と同じなワケだ…最後のだけが引っかかるね、偽物が出るのか。
        ありがとう、もっともボク達もあっさりやられたりするつもりは無いけどさ……どうしたの?顔色が良くない。(目を細めて首を傾げた) -- フェル 2021-09-26 (日) 16:45:27
      • 歴史だけはある。ある………(あるんだけどやっぱりマイナーだった)
        ………そうだね。(同意しながらも、私はフェルくんに。底知れない何かを感じていた)
        ううん、ダイエットしてるから遠慮しておく。(ダイエットは本当だった)
        そう、その人の心の醜い部分を抽出した偽物が出る。
        昔、先輩のドッペルゲンガーが出たけど……その人の顔で醜悪な言葉を喋るし、とにかく強かったよ。
        ううん、何でもない。(顔を左右に振って)その鍵は合鍵として持っていて。戸締まりは最後に出る人がやること。
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 16:51:38
      • それに、黒の王を討伐できたとなれば…その歴史が一躍脚光を浴びる機会も来るかもしれない、そうだろう?
        カロリー気にしてるんだね、燃費が悪いと大変さ…高坂君が羨ましい。(と、2本目のチョコバーはポケットに戻して)
        怪異なだけあって、負の部分を強く反映してくるのか…オリジナルにはない理性の箍が外れてる分、躊躇もないって事だろうね
        もし出会ってしまったなら、心してかかろう… ここを開けっ放しにしていくリスクは、ボク達にも理解できる(秘密を暴露するだけでは足りない危険だ、と)
        じゃあ、概ね理解できたしボク達は一旦戻ろうかな…ほかに必要な手続きとか、ないよね? -- フェル 2021-09-26 (日) 17:04:54
      • 個人的にはメジャー忍者より闇から闇にその存在を知られる忍者のほうがかっこいいとは思う。(謎)
        一応、読モとかやってるから体型維持に気を使ってる感じかな。
        ドッペルゲンガー…私の写し身に会ったことはないけど。正直、ちょっと怖い。
        あ、そうだった。(肩を落として)コードネームだけ急ぎ決めてもらっていいですか……
        (大事なことを伝え忘れていた、という表情で)
        (そんなこんなでまたメンバーが増えた、けど)

        (たくさんのメンバーで、たくさんの怪異を倒して、たった一人の王と世界を破壊する)
        (そのことがどうしてもリアルに想像できずにいた)
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 17:09:51
      • 個人的な好みの問題、かァ…知る人ぞ知る、ぐらいの塩梅がいいって事かな? 顔が売れ過ぎたニンジャってのも確かにアレだね…矛盾している。
        …そこは嘘でも、ニンジャとしての体調管理的な云々って言って欲しかったなァ 表の顔はけっこう売れてるわけだね
        そうかな?貴重な経験だと思うけど…だってさ、倒すとしたら自分の死に顔が見れるんだよ?普通に生きてたらまず体験できない(そんなネジの外れた発想を語り)
        (来た時のようにドアノブに手をかけ…)…デリバラー。そう呼んでくれればいいよ(いったい何を配達するというのか。説明もなく、希望のコードネームだけを伝えてドアは閉じた) -- フェル 2021-09-26 (日) 17:16:15
      • 服部半蔵とかあの辺が忍者の代名詞になっているのは矛盾に思える……いや、かっこいいんだけど!
        忍者って太ってたらやっぱりまずいかな………(一気に目から火が消える、体重重め)
        ……フェルくん、その発想はちょっと引くよ。私だったら耐えられそうにない。
        デリバラー。(そのコードネームを反射的に繰り返して)わかった、それじゃまたね。
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 17:55:09
  • (僕の名は初対面でも気にせずロケーション表選択2を選ぶマン!)
    (学校が終わって、いつも通りの帰り道。買い物のリストを見ながら歩いていると)・・・あれ・・・?こんな所あったっけ・・?(奇妙な色彩の街並みに思わず目を擦って) -- 大地 2021-09-26 (日) 10:44:19
    • (色彩が狂った街、本来なら人が多いはずの街並み)
      (そこにいるのは、今は君だけだ)

      (遠くから何かが駆けてくる)
      (いや、明らかにおかしい。アーケードの奥から駆けてくるその影は)
      (明らかに人間離れした速度だ、時速にして140km) -- ??? 2021-09-26 (日) 12:25:18
      • え?・・・あれ?(おかしい、この時間、人通りがこんなにないなんて事があるだろうか?)
        (戸惑っていると背筋がぞくりと粟立つ)・・・っ(何かが来る、それも凄まじいスピードで・・・)車・・じゃない?(兎にも角にも、慌てて手近な建物に入ってやり過ごそうとする) -- 大地 2021-09-26 (日) 12:30:12
      • (君がデニムショップ『ゲシュタルトグラインド』に入ると、その影───老婆は構わず店内にガラスを破って突っ込んでくる)
        ヒヒヒヒヒヒヒッ!!(床を、壁を、天井を! 無尽に駆けながら君に包丁を振り回す!!)

        (怪異、ターボババァだ。店内に入ったことで怪異の行動範囲は狭まっているものの、対処が遅れれば切り裂かれるだろう) -- ターボババァ 2021-09-26 (日) 12:35:25
      • うわ!?(店に入った直後、背後からガラス毎突き破って突っ込まれた)
        (倒れたところを縦横無尽に駆け回る老婆の包丁が見え・・・)・・・っ!!(思わず顔を守る仕草、その直後)
        ──ザッケンナオラァアァァァ!!!──
        (老婆と大地の間に雷が落ち、突き立った剣が大地を守る) -- 大地 2021-09-26 (日) 12:48:04
      • キヒッ!?(獣じみた直感で咄嗟に後方に跳ぶ)
        (少年と怪異の間にある、剣)
        (その特異性に攻めあぐねる)キヒヒヒヒ………(ジリジリと剣と少年の周囲を回る、隙を見せれば高速移動からの一撃を仕掛けんと) -- ターボババァ 2021-09-26 (日) 12:51:23
      • はぁ‥はぁ・・・はぁ‥(肩で息をしながら身を起こす、ガラスの破片か、刃が触れたか、身体のあちこちがぬるりとする)
        動きが・・止まった・・・?(いや、隙を見せればまた襲ってくる・・・剣の方が多分早いけど‥それで逃げ切れるとは思えなかった)
        (怒声と電光を放ちながら浮かぶ剣の影に隠れつつ手を握りしめる)
        まだ・・・自分で出したことはないけど・・・(それでもやってみるしかない)
        (手を横に突き出して)・・えと・・・ウタ、クラゲ(名を呼べば、広げれば2mほどにもなりそうな大きな膜を持つクラゲ型怪異が現れて・・・)
        ──イッショニ・・・ネヨォォ・・・──
        (聞く者を眠りへと誘う魔性の歌を奏で始める) -- 大地 2021-09-26 (日) 13:04:53
      • !!(中空に、クラゲが現れた)
        (それは明らかに異質、この世界でまだ見たことのない怪異)
        キヒ………!(強制睡眠を招く魔歌が響く、その場に膝をつき、倒れ込んで寝息を立て始めて) -- ターボババァ 2021-09-26 (日) 13:07:23
      • (それらは所謂雑怪と呼ばれる、人々の営みの中で日々当たり前に現れては消えていく名もなき怪異たち・・・)
        (だが今ここに顕現した彼らはただの雑怪に留まらない力を有していた)利いた!(後は剣で刺せば終わり・・・だと思うが・・・)
        (もし差し切れなかったら?・・・その不安がどうしてもぬぐい切れない・・・次も効果があるかわからない以上、刺激せずにこの場を去った方がいいのでは?・・・)
        (弱気な心に都合のいい理由を付け、慎重にその場を去ろうとする) -- 大地 2021-09-26 (日) 13:15:47
      • (忍装束の少女はいきなり現れ、少年の肩に触れる)
        (そして、人差し指を立てて────静かに、と合図して足音を立てずに破壊されたデニムショップを出る)
        とりあえず元の世界に戻るから。(口布を外して素顔を見せて)準備はいい?
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 13:20:10
      • (剣が消え、クラゲは眠り・・・起こして消す・・・ほっと息を吐いたところで)
        ・・・っ!!?(不意に現れる忍者に跳ね上がるほどに驚く、びっくりして声が出ない、忍者!?忍者なんで!?)
        (混乱したままこくこくと頷き、店をでる・・・相変わらずこくこく頷いてる) -- 大地 2021-09-26 (日) 13:26:24
      • (スマホをスワイプして緊急脱出ボタンを押す、すると周囲が滲んで空間が歪む)
        (気がつけば二人は平坂会の拠点にいて)
        ……怪我、してない? 変わった異能を持っているね。(ドロップアイテムが入った小袋をテーブルに置いて)
        怪我、うちに体組織を錬成で埋める能力者がいるから表面上は治せるよ。痛みはそのままだけど、後は自己治癒力。
        (結んでいた髪を、リボンを解いて)なにか聞きたいことは?
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 13:30:30
      • (忍者・・・忍者がスマホを使っている・・・)!!?(不意に空間が歪み、驚く間もなく建物の中へ)
        え・・あ、あれ?・・・えぇ!?(目を丸くして口をぱくぱくさせている間にてきぱきと話が進んで)
        け、怪我は・・(体を見る、あちこちに切り傷、幸いそこまで深い怪我ではないが世話になった方がいいかもしれない)
        ・・・え、えっと・・・貴女は・・誰なんですか?・・・それにあの場所は一体・・・? -- 大地 2021-09-26 (日) 13:37:25
      • うん、待ってて。(電話をかける)コンジュラー、来て。一般人を保護したけど怪我をしてる。
        うん、うん……ガラスで切ってるみたい、ドッペルゲンガーや黒の王に負わされた怪我じゃないみたいだから治せるよね。
        私はあの世界を探索している平坂会の部長、3年B組の高坂綾。
        あ、来た。(ドアの方向を見る)
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 13:45:30
      • (黒いローブを被った、老婆のような嗄れた声の小柄な人物が入ってくる)
        来たぞ。今すぐ治す。(入ってくるなり指先を怪我に向けて)
        (向けた先で体組織が埋まり、怪我がなくなっていく)
        これはオマケだ。(手のひらをスキャナーのように上から下に動かすと、破れた制服が元に戻った)
        後は任せたぞストライダー。(その辺の椅子に座って) -- コンジュラー 2021-09-26 (日) 13:45:51
      • 高坂・・・先輩・・?平坂会って・・・(噂は効いた事がある・・・)じゃぁあれが・・・裏世界・・・?(スマホ忍者先輩に促されてドアの方を見れば誰かが入ってきて)
        わ・・・え・・あ・・・ありがとうございますっ・・(治療を受け、見かけ上はすっかり元通りになってお礼を言う。ぺこり)
        ・・・その(聞きたい事がありすぎてよくわからないといった風に頭を抱え)裏世界って・・なんなんですか?・・どうして僕はあんな所に迷い込んで・・・ -- 大地 2021-09-26 (日) 13:59:34
      • そういうこと、あれが裏世界。裏奈多区って噂、聞いたことあるんだね。
        裏世界は黒の王っていう大怪異が創り出したこことは違う世界。怪異が蔓延っていて、人が迷い込んだり。
        ……あるいは、人がさらわれたりする。君は多分、迷い込んだパターン。
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 14:03:41
      • 気にするな。人助けは……趣味だ。(椅子に座ったまま礼に答える) -- コンジュラー 2021-09-26 (日) 14:04:29
      • 裏・・名多区・・・・黒の王・・怪異が・・世界を創った・・?(ポカンとする)
        ・・・じゃぁ、またああいう事があるかもしれない・・・そういう事、ですか?(不安げに呟いて) -- 大地 2021-09-26 (日) 14:12:01
      • もう起きてる。(自分の影をめくって持ち上げ、自分を覆い隠すとすぐに制服姿になって)
        君だけじゃない、今年は特に多い。(襟を気にして)他の人も、君も。また同じことが起きないとは限らない。
        そのために。(真っ直ぐに少年の目を見て)私は平坂会にいるんだよ。あの世界を壊すためにね。
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 14:16:42
      • ・・・先輩・・(高坂とコンジュラーを見る、不安と戸惑いが混じった心配そうな目だ)
        ・・・ぼ・・僕にも何か・・お手伝いできることはありませんか・・・?(気づけばそんな言葉が口をついて出ていて) -- 大地 2021-09-26 (日) 14:30:13
      • いいだろう。戦えるのだろう? 気配でわかる。ストライダー、手続きを頼む。 -- コンジュラー 2021-09-26 (日) 14:33:25
      • コンジュラー……!(咎めるような言葉をかけて、溜息)……何があっても自己責任。
        ルールは5つ、それ以外にもアプリの使い方とか部則が細々と。(手を差し出して)
        歓迎する。よろしく、ええと………名前。なんだっけ。
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 14:34:44
      • (ぱっと表情が明るんで)は、はいっ!
        (こくこくと話を聞くと、差し出された手を緊張気味に取って)大地・・・1年A組、蒔絵 大地です。よろしくお願いしますっ -- 大地 2021-09-26 (日) 14:38:57
      • 決まりだ。ストライダー、アプリのインストールをさせておいてくれ。
        そろそろやるぞ………今年の段階的集団探索だ。最近入ったヤツにも連絡を取ってくれ。
        (ローブの下で何者かが笑う)目標は年内の黒の王の討伐だ。 -- コンジュラー 2021-09-26 (日) 14:41:59
      • 蒔絵くん。携帯デバイス持ってるかな……スマホとかに専用アプリをインストールするから。それから裏世界に出入りできる。
        ……くれぐれも、無理はしないでね。(なんで私はそんなことを言ったのだろう)

        (彼が、去年まで中学生であったことを生々しく実感できるあどけなさを残しているからだろうか)
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 14:44:50
      • あ、は、はいっ(あせあせとスマホを取り出すと手続きに入る)
        (そうしてる不意に彼女の心配そうな言葉が聞こえる)・・・え・・・・・(先ほどの出来事を思い返し、少し体が震える・・・それでも)・・はいっ(心を強く持って応える) -- 大地 2021-09-26 (日) 14:49:40
      • (彼は勇気を見せた)
        (だったら、彼の覚悟を守るのは)
        (部長の私の役目だ)

        (その日は彼のスマホに専用のアプリをインストールしてから細々としたルールを話し、解散した)
        (異能もある、頭も悪くなさそうで、勇気を持ち合わせた彼を巻き込むことに)
        (ううん、今年の現行メンバー全員を巻き込んでいることに)
        (私は負い目を感じていた)
        -- 高坂綾 2021-09-26 (日) 14:52:48
  •  
  • なんか、規模が大きくなってきたな平坂会。今年…いけるかな。黒の王討伐。
  •  
  • こっこかにゃ〜?(犬耳をピクピク鼻をヒクヒク)怪しい香りがぷんぷんだにゃ〜?(犬なのか猫なのかわかりづらいボケを1人でしながら、ビルのインターフォンを意味深にツートントンっと3連打する)
    これでいけるはずだけど、さーて蛇が出るか鬼が出るか(ワクワクと好奇心を抑えられない顔で反応を待つ) -- ナエカ 2021-09-25 (土) 19:32:54
    • (インターフォンの向こう側から嗄れた声が響く)
      六文銭の用意は?(これに対して『滞りなく』と答えれば参加できるようになっている)
      (インターフォンの向こうの存在は相手の反応を待っている) -- コンジュラー 2021-09-25 (土) 19:36:42
      • 六文銭〜三途の川の渡し賃だね〜えーっと「滞りなく」だったかな〜?(明るい声で合言葉を答えて)
        うう〜ん、いい枯れ具合のダンディな声ですな〜!ふっふーどんな人が待ち構えてるやら〜 -- ナエカ 2021-09-25 (土) 19:46:08
      • 今度は面白半分って感じだな。(ドアが少しだけ空いて、少女の手が伸びる)
        手を出せ、せいぜい大怪我をするなよ。(そう言って鍵を落とす)
        私の名前はコンジュラーだ。裏世界の道具の買取をしている。多忙だ、用もなく呼ぶなよ。
        (そう一方的に言ってバタンとドアは閉じた)
        (同じフロアの部屋番号が書いてある鍵だけを残して、再び静かになった) -- コンジュラー 2021-09-25 (土) 19:48:39
      • ありゃ〜?要件だけ伝えるタイプ?もう少しお話したいなぁおじさま?(とかいってたら鍵だけ渡されてバンと閉じたドアの前でにゃははーっと笑い)
        …それじゃ番号の部屋にいってみますか(すっと雰囲気がかわり、あたりを警戒するようにして、部屋の前へ)
        …ここ明けたら問答無用でどこか飛ばされる…なんてことはないといいのだけど
        (鍵穴へ差し込み…扉を開く…何があっても大丈夫なように、ベルトのデッキケースには手をかけたまま) -- ナエカ 2021-09-25 (土) 20:02:42
      • (扉は開かれて、部屋を見れば)
        (コンビニのお弁当を食べているクラスメイトが)
        ………むぐ。(白身魚のフライを食べ終えて)ど、どうも? ってかナエカちゃん?
        ……平坂会へようこそ。依頼…じゃないよね。ここの部屋を知ってるんだから。(とりあえず弁当にプラ容器のカバーを被せる)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:05:46
      • …おや?おやおやおやおやぁ?(一瞬幻覚…の類かと警戒したけど、こんな風にお弁当食べてるリアルな幻覚もそうそうないだろうと犬の耳と鼻で判断しつつ)
        綾くんこんなところで何してるのかにゃ〜?いやびっくり、もしかして綾くんもえーっと…平…黄泉比良坂会…じゃなくて平坂会のメンバーとかいうやつなのかな〜?
        私は今さっきメンバーってのになったばっかりだよぉ(そしてようこそと言われればそうなのかーっと笑って)
        まさかクラスメイトがいるなんてねぇびっくりびっくり!綾くんはここ、長いのかい?(犬のようにすり寄ってからお弁当のプラをツンっとつついて笑う)
        あぁ食べながらでいいよ?頂戴なんて言わないからさ(なんて朗らかに笑う) -- ナエカ 2021-09-25 (土) 20:17:53
      • ……ん。一応、一年の頃から参加してて、今の部長だから………(どうしたものかなぁという表情)
        そう?(弁当の蓋を開いて食べ始める)失礼して。
        (磯辺揚げを食べながら)……どうしてここを? どんなとこか知ってる? 一応……危ない部活、なんだけど。
        ナエカちゃんが……ああ。(お茶を飲んで)参加希望だもんね。野暮なことはなしか。
        ……何から聞きたい?(白いご飯に手を付ける)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:22:09
      • 部長!綾くん部長なんだ!まるで部活みたいだねぇ(きゃっきゃと楽しそうにしながら、隣に座って)
        大雑把には把握してるつもりだけど…あー別にいっか、どうせすぐわかるだろーし
        うちさ、あ、うちの家ね?所謂陰陽師って奴でさー親父様がいうのよ「力を付けよ、そのために平坂会について調べて見せよ」ってね
        たーったそれだけ言われてあとは黙り込み…なーんとかアプリDLしてビルで合言葉言えば会員?部員?なれるってところまでわかってやーってきたわけ
        (こっちのことは軽く説明すると)…だから、まだなんにも知らないといっても過言ではないんだよね…でも力をつけるにはバッチシのとこっしょ?
        (お弁当食べる綾にそう尋ねると真剣な眼差しでじっと見つめる)…(そのまま視線をすっと胸元に滑らせると)
        それじゃ聞いていい?綾くん…3サイズと恋人とかいるの? -- ナエカ 2021-09-25 (土) 20:37:31
      • 非合法部活、だからね。平坂会。(お弁当を食べ終えて)ごちそうさまでした。
        陰陽師……なるほど。それで調べ上げるのは結構大変だね………
        (うん、と首肯して)異能とか、魔術とか、戦闘技術を試したいって部員もいる。いいんじゃない。
        (胸元に手を滑られるとギョッとして)いやなんの話!?(シュバッと飛び退いて)
        う・ら・せ・か・い。裏奈多区で聞きたいことはないかって話!(背後にうっすら見える警戒する猫のオーラ)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:41:46
      • …92…62…87…くらいかにゃ?(答えてくれないので勝手に目測で測ろうとした)
        なんでも質問に答えてくれるラッキータイムと思ったけどそーうまいことはないかー!(なんて笑いつつ)
        …あーそれじゃ猿、またはそれに近い妖や、怪異はいるかい?(大きな耳をピンっと建ててそんなことを尋ねる)
        あとは部長として、新入部員が知っておくべきってことを一通り教えてくれると嬉しいな〜? -- ナエカ 2021-09-25 (土) 20:48:25
      • いや目測やめてね!(両手をブンブンと振って)
        そういうのは良くない。良くないから、良くないのです。(コホンと咳払い)
        狒々とか? 人を食ったり、女をさらったりする怪異。力がとても強くて厄介な怪異だね。
        そう? それじゃ。一つ、平坂会のことを口外しないこと。
        二つ。平坂会のことを絶対に口外しないこと。この二つは守っても守らなくてもペナルティなし。
        三つ。裏世界に長居すればお前の正気は保証できない。瘴気みたいなのが満ちてるからね。
        四つ。同行者を裏切ることなかれ。
        五つ……己の似姿を取る怪異に注意せよ。負ければお前の一番大切な感情を失う。
        以上が平坂会のルール。守れるなら、みんな助けてくれるよ。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:53:42
      • ダメの三段活用ー!そこまで言われちゃ次からは気をつけるよー(なんて笑う)
        猩々とかの小物から、もっと違うものまで、もし猿系の見かけたり討伐いくときは私にも声かけて?
        犬神様がさ、猿滅すべし慈悲はないって騒ぐんだよ(そういって大きな耳としっぽを揺らして)
        1と2は大事なことなので2回なんだねぇ、綾くんが一年からやってて私が知らないくらいだし、皆きっちり守ってるんだにゃ〜だから調べるのほーんっと…苦労したんだから(2年の夏くらいから調べてやっとたどり着いたらしい)
        他のも了解、まぁどこも似たような仕来りがあるってことだねぇ、当たり前だけど命預ける場所で裏切るようなものはだーれも信用しないだろうしね!
        (了解了解と5つのことをしっかりと頭の中にいれて)それじゃ綾くん、それとも綾部長?部長っていっちゃうと外でうっかり言っちゃいそうだからいつもどおりくんでいいか…
        これからよろしくね?(そういって右手を差し出す) -- ナエカ 2021-09-25 (土) 21:06:20
      • 本当はこんなに背が高くないほうがよかったんだけどね。目立つし。
        あー……犬神様の加護つきかー。わかった。そういうのが出たら言うよ。
        ……そんなに…かといって誰かに相談するわけにもいかないし、本当苦労するんだよね最初は。
        ん。(握手を交わして)綾でいいよ。よろしくね、ナエカちゃん。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 21:15:25
      • 調べるところまで込で、きっと修行ってことなんだろうねぇ…まったくいつも無茶言うよ親父様は(ここのことを知ってるのやらどうやらみたいな苦笑いしながら)
        そんな…綾だなんて呼び捨てしたら私もナエカって呼び捨てにしてもらわないと…そんなのもう夫婦じゃない?
        まだ私達には早くないかにゃ〜綾くん(なんてからかいながらしっかりと握手をして)
        (そのあとも暫くからかったりしながら、平坂会についてしっかり尋ね、その日はビルをあとにするのであった) -- ナエカ 2021-09-25 (土) 21:18:44
      • ……ナエカちゃんのお父さん、ここのOBなのかな………(まさかね、と笑って)
        綾くんでお願いします。(はい!と片手を上げてふざけた様子で言う)夫婦って……どっちが夫なの…(そういう問題ではない)
        (ビルを後にした後、ふと考えた)
        (同じ部活だから、じゃなくて。友達だから彼女を守りたい───と)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 21:22:24
  • (チョイス→迷い子)

    (切欠が分からない。いつから迷ったのかもよくわからないが。いつの間にか普段と違う場所にいる気がした。)
    …あれ?
    (奈多区にいたはずなのに薄暗くて周囲に人の気配がしない?) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 19:20:01
    • (水音、飛沫、何かが這う音。湿った何かを引きずる音)
      (いつもなら賑わっているはずの、今は誰もいないラーメン屋の角を曲がって何者かが来る) -- ??? 2021-09-25 (土) 19:24:26
      • えっと…これは…
        (水音がする。やけに音が大きく響く気がする。思わず携帯している剣を鞘に納めたまま手に持った。冷や汗をかいているのがわかる。)
        またか? またなのかこれ?
        !!(何者かが迫る気配を感じて剣を持ったままそちらに向き直った。) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 19:28:19
      • ニンゲンだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!
        (下半身が千切れた、女生徒。その形相は凶相、人間を殺すことへの渇望に満ちた声)
        (溢れた内蔵を地面に擦りながら、曲がり角を曲がって勇樹に直進してくる!!)
        (この怪異は武器は持っていないが、捕まれば末路は想像に易い) -- テケテケ 2021-09-25 (土) 19:32:19
      • ギャー!!(やばい怪異だ!!の言葉は飲み込んだ。)
        (鞘を払えば銀の刀身が覗く。払った白い鞘は地面に落ちると消え…片手でロングソードを持った。)
        落ち着いて…落ち着いて…(上半身だけで近づくテケテケを見据える。この世界に戻ってからは久しぶりの戦闘だ。無意識に手が震えている。) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 19:39:13
      • ニンゲン!! ニンゲン!! ニンゲン!! ニンゲンッ殺してやるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!
        (ロングソードを持った勇樹に平手を振り上げて、振り下ろす)
        (ただそれだけだ、それだけで人間に危害を加える膂力がある。低い姿勢からの攻撃、対応に迫られる技術は特殊だろう) -- テケテケ 2021-09-25 (土) 19:41:23
      • (経験知は囁く。似ている。這いずる死体。ゾンビ…の中でも親元の吸血鬼に直接操作された素早いタイプ。)
        (震える手を握りこんで剣の感触を確かめた。)
        (テケテケの腕が通過するであろう空間に、ロングソードを振るいながらのバックステップ。)
        っ!!
        (剣が通じるのか。固いのか。この反撃に反応できるのか。集中して見据える。) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 19:51:24
      • ギャアアアアアアアアアァァァ!!!(耳を劈く絶叫と共に切り飛ばされる怪異・テケテケの腕)
        許せないッ!! ニンゲン!! 絶対にィィィィィィィィィィ!!!!
        (今度は左腕だけで跳ねて飛びかかる、その瞬間) -- テケテケ 2021-09-25 (土) 19:53:12
      • 汝の名はテケテケ。噂が生んだ怪異なり。(その上をさらに跳躍する、紫のシルエットのシノビ)
        (すれ違い様に忍刀で一閃、落ちるテケテケを影で作り出した拳で打ち上げた)
        闇に滅せよ。(忍刀を鞘に収める)……大丈夫? 結構、戦えてたみたいだけど。一応。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 19:55:19
      • (切れた。懐かしい感触だ。数週間ぶりの戦闘の手応え)
        はっ…はっ…(緊張しすぎている。無駄な息を吐いているのを分かっていても止められない。)
        (息を吐きすぎた。次の攻撃は避けて息を整える。と算段をつけた次の瞬間)
        !?(紫のシルエットが怪異を一閃した。こちらも剣を振り上げ…るのを止め。剣を降ろし、深呼吸してから答える)
        大丈夫です……ありがとうございます! ……どちら様?(なんか学校で見た気がするんだけど…と思い出し切れない顔) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 20:03:00
      • ……うちの学校の生徒?(見覚えがあるような、そうでないような)
        (あちこちから騒がしい気配が近づいてきていて)とりあえず、一時撤退。
        (スマホを取り出して)戻るよ。(スワイプして緊急離脱ボタンを押した)

        (二人がいるのは、平坂会の拠点)……ええと。どうする? 記憶消して日常に戻れるけど。
        と……その前に。私、3年B組の高坂綾。(忍装束のまま小さな袋をテーブルの上に置いて)強いね?
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:09:15
      • (息が落ち着けば、頭も落ち着いてきた。うちの、という事はやはり同じ学校の生徒だ。)
        (迫る気配が増える。多数に囲まれそうな感覚。そうだ、この状況の方が「いつもの」だ。剣を構え直し…)
        えっ? 戻る? えっ?

        (知らない部屋にいた。剣を構えたままきょろきょろしている。とりあえず空回りして構えた剣を降ろして)
        …召喚じゃなくてよかった! 日常に戻る? ……(名前を聞いて)
        高坂……3年のモデルらしいっていう美人先輩じゃん!! あ、すいません2-Bの市川勇樹です…なんかすいません…ニンジャナンデ…(戦闘モードから復帰すると目のやりどころに困る美人が居た時の反応)
        (強いと言われると首を振り)久しぶりで鈍ってました。マジすいません…ひとまず今起きてた事について教えて欲しいんですけど… -- 勇樹 2021-09-25 (土) 20:19:05
      • 召喚ってなに……?(一応聞いてから袋を開く、エラーコインや奈落ラベンダーのポプリなど小物アイテムが多数入っている)
        いやどんな噂聞いてるの。(ちょっと照れくさそうに笑って)あ、ごめん。
        (影をめくって自分の姿を覆うと、制服姿に着替えていて)これでよし。
        あれは裏世界……裏奈多区とも呼ばれてるかな。時々、人が迷い込んだりさらわれたりする、怪異の世界。
        ここは平坂会の拠点。裏を探索して、あの世界を作った黒の王って怪異を討伐しようとしているの。
        ……私は部長。今年のね。(冷蔵庫からペットボトルを取り出して、冷えたスポドリを渡す)
        あなたが望むなら、さっきの世界の記憶を消してあげられる。普通にしてたら、多分あんまり迷い込まないと思うしね。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:29:37
      • 人間生きてると異世界に召喚される事があるんですよ、ハハハ(グリーンワースカレッジの教師にも信用されてなかったしここでもされんだろとポロリ)
        うわすげえ早着替え…忍者すごいですね…いや今の影何?(凝視してた事をばらす台詞)
        裏世界? 裏奈多区? うそぉ…16年水白市で生きてたけど初遭遇ですが…? いや体験したから疑いはしないですけど
        (話を最後まで聞いて、スポドリを受け取る。遠慮なく一口貰った。のど越しと共に頭もすっきりして、聞く事が決まる)
        記憶消されるのは嫌だなあ…というよりも一般人でも迷い込んでるような場所かあ……よくないな。それはよくない。その平坂会って剣士募集してませんか? -- 勇樹 2021-09-25 (土) 20:39:45
      • …………ええと。(裏世界があるなら、異世界もあるのかな。あるんじゃないかな。ある、多分)信じる。
        私の異能、シャドウグラフ。影を操ることができるファーストステージの異能。
        ほとんどの人に関係のない世界だから。でも、確実に被害はある。それを食い止めるための組織…かな。
        (キョトンとしていたが)……入る? 平坂会。前衛はいつだって大歓迎。
        私ね、私の代で黒の王を討伐したい。こんな厄介事を後輩に押し付けるなんて嫌。だから、協力してくれる?
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:45:19
      • えっ!? ………あ、ありがとうございます。でもまあ言いふらすことでもないんで(目を丸くして頭を下げた。)
        へー…影を操る。(ファーストステージってなんだっけ…異能なんとか説だっけ…思い出せない…)
        なるほど。ならやっぱり入ります。前衛歓迎ならなおさらいいですね、働き甲斐があるし
        (黒の王…王…まさか魔王じゃあるまいな…?)…協力します、ルールとか異界の入り方とか色々教えて下さい。早めに片づけたほうがみんなにいいでしょ、こういうのは -- 勇樹 2021-09-25 (土) 20:55:40
      • なんで言った側が驚いてるの………? うん、わかった。内緒ね。
        影の中は結構広くて、ドロップアイテムを入れたりしてる。あとは着替えとか、手裏剣とか。
        それじゃーよろしくね。コードネームとか考えないとね。
        それじゃ。(部屋の隅のパソコンからケーブルを差し出して)スマホ、持ってる?
        入り方は簡単、アプリで裏世界に入る用のアイテムを買ってボタンを押すだけ。周りの人も一緒に入れるから、しばらくは単独行動は避けて。
        出る時もアイテム買って緊急脱出ボタン。アプリ一つでできるから、できるだけ充電は欠かさないで。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 20:59:17
      • 誰も信用してくれないもんでつい。はい。
        便利だわ…俺も便利な異能が欲し…一応あったわ…
        コードネーム???
        (コードネームナンデ? と思いつつ言われた通りスマホを取り出して差し出されたケーブルを接続する)
        アイテムを買う…アプリで…ナンデ…? 単独行動を控えるのは了解です。アプリで出入りできる異界かあ…マジかあ…
        (疑いの声ではなく、それでさっきあんなにあっさり脱出できたのか…という納得の声を出しながら説明を聞いている) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 21:05:03
      • ……苦労しているのね。(異世界に召喚された上に誰も信じてくれなかったら多分泣く)
        あるの? 仲間には軽く説明しておいたほうがいいと思うよ、異能。
        呪詛を使う怪異もいるから、本名は呼んだり呼ばなかったり。(フルネームは特に危険で)はい、インストールしておいたよ。
        (人差し指を立てる)一つ、平坂会のことを口外しないこと。
        二つ。(指を二本立てる)平坂会のことを絶対に口外しないこと。この二つは守っても守らなくても別に?
        三つ。裏世界に長居すればお前の正気は保証できない。瘴気みたいなのが満ちてるからね。
        四つ。同行者を裏切ることなかれ。
        五つ……己の似姿を取る怪異に注意せよ。負ければお前の一番大切な感情を失う。
        (手のひらを見せたまま笑って)…メモ、取る? 紙とペンあるよ。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 21:10:24
      • (ハハハと遠い目になった。両親くらい信じてくれてもいいじゃない。ダメでした)
        んー。翻訳系の異能で意思疎通がし易いって奴なんですけど。じゃあ集まりとかあればまた説明します!
        へぇ…呪詛。じゃあなんか考えておきますねコードネーム。どうもー
        (そして説明を聞く。2の説明の後に明らかな疑問顔。ドユコト?)
        (3.4については特に疑わずに頷いた。5でうわー会いたくなーいという分かりやすい顔に)
        や、大丈夫です。復唱できるくらい覚えましたよ! あと聞いておくのは残りのメンバーとかですかね…あと連絡ってこのアプリで取れるんです? チャットとか -- 勇樹 2021-09-25 (土) 21:20:29
      • へえ、翻訳。意思疎通の異能は大事かもね。(怪異にも友好的な存在もいる、と説明して)
        多分だけどね。言いふらすな、くらいの軽いノリで決まってるんじゃないかなって。
        秘密を守れ、絶対に。と決めておけば……人の口に戸は立てられないことを鑑みても、噂程度で済むでしょ?
        多分。(あいまい)
        うん、アプリで連絡取れるけど。チャットは使いづらいから、普通に連絡先を聞いて繋がったほうがいいかもね……
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 21:29:12
      • なるほど。何か交渉の必要があれば任せて下さい…知性があれば通じるはず、です(確証はないですけどーと言いつつ)
        そういう事ですか。噂になってたりするのか…後で調べてみようかなあ
        オッケーでーす。じゃあ次回集合時とかに連絡先交換という感じかな、じゃあちょっと鍛え直しておきますー。それじゃ
        (鈍ってたなあ。という反省と共に今日は帰る事にした) -- 勇樹 2021-09-25 (土) 21:34:01
      • 裏世界で絶対はないから。絶対勝てとか、絶対意思疎通しろとかは言われないかな。
        入ってから調べると面白いよ。色々と噂になってるからね。
        ん。それじゃ、またね。(そう言って別れた後、戸締まりをして帰った)
        (今年の一年生も、面白い子が揃っている。そんなことを考えながら)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 21:44:32
  •  
  • さ、今年も一年頑張ろう。私にならそれができる。
  •  
  • (ロケーション表ころころ) -- 2021-09-25 (土) 09:01:32
    • (かつ、かつ、かつ。廊下の壁に白杖を当てながら歩いている颯は、前から歩いてくる生徒の気配を察した)……あら、綾ちゃん。(視えていないけど察した 2年を共にした学友の気配が分からないはずもなく)
      どうしたの、放課後に?また演劇部のお手伝い?それとも……部長のお仕事?(平坂会、の事を言っているのだろう)色々やってて忙しそうね、いつも。 -- 2021-09-25 (土) 09:04:22
      • ん、颯ちゃん。(慣れた様子で声をかけて)後者かな……最近、新入部員が入ってね。また深くまで潜れそうだから、準備。
        忙しいっていうのは、良いことだよ。少なくとも私にとってはね……(余計なことを考えずに済むから)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 11:28:33
      • (ふむ、と頷いて)新入生の時期でもあるものね…その…上手くは言えないけれど、いい子が入ってくるといいわね。性格的にも、強さという意味でも…?(兄も所属する平坂会、やっていることは聞いている 危険と隣り合わせであることも)
        …そう、そうかもしれないわね…やれることがないことが、一番辛いもの。それは、少なくとも私にとって(ハンデのある身、としての感想を零す。やれることを増やすために、こうして健常者と共に学校にも通っているのだ)
        …でも、根の詰め過ぎはよくないわ。たまには息抜きするのもいいんじゃないかしら…今度時間が空いてたら、駅前のスイーツでも食べに行かない?新しい店が出来たみたいなの。誰かと一緒に行こうと思ってて、どう? -- 2021-09-25 (土) 11:34:02
      • うん。その上で、先輩として導いてあげられたらって思う。…本当は私の代で終わらせたかったけど、色々難しいから。
        ……はは。お互い辛気臭くなっちゃったね。(謝らない、そのことがどれだけお互いを傷つけるか知っているから)
        いいね! それじゃ、今度一緒に行こっか。どんなのだろ、インスタデュラムにアップできるようなスイーツかなー。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 11:37:41
      • 必要な事…だとは思うけれど(深入りできない、しかしかかわりのある立場としては)…無理はしないでね。兄さんも、生徒に無茶だけはさせたくない、って言ってたし…(友人への心配、そこに尽きる 噂話ではあるが、帰ってこない生徒もいるというのだから…)
        いいのよ、私は私で綾ちゃんは綾ちゃんだもの。心配もしてるけれど、応援もしているのだから(適切な距離感を保ってくれている、その気遣いに感謝しつつ)
        ええ、パックもつれてね(食べ物の話になりテンションが上がっているパックの頭を撫でつつ)聞いた話だと焼き菓子系らしいわ。店の前を通る時に香ばしい匂いがしたもの…内装は…(パックに顔を向ける) -- 2021-09-25 (土) 11:47:35
      • はい!内装もお洒落で綺麗な所でしたぞ!映えること間違いないですぞ!!(一緒に行きますぞ!としっぽふりふりしながら) -- パック 2021-09-25 (土) 11:48:06
      • ……うん。絶対はない部分だけど、できるだけみんな無事に帰す。そのための部長デスカラナー。(おどけた調子で心配ないと)
        ……それと、パックと颯ちゃん。私と一緒にいるとヘンな噂されちゃうぞ? それでもいいならついてきなさい。(冗談っぽく言って笑って)
        焼き菓子……これは、映える!(ぐ、と拳を握って)それじゃ今度三人で一緒に行こうね。
        (友達がいてくれる、颯ちゃんは誠実に私と向き合ってくれる。でも、みんながみんなそうじゃない)
        (私はどうして、この街を守りたいと思ったんだっけ────)あ、ごめんちょっとぼーっとしてた。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 11:54:03
      • (一緒に行く約束が出来てわーっと喜ぶパックと、ふ、と微笑む颯)噂なんて、それこそ気にしないわ。気にしてたら身がもたないもの、特に私は(くすっと笑みをこぼす)
        (視覚障害者が共に学び舎で過ごす。それには悪意はなくとも好奇心や興味による噂話は絶えずあり…そう言ったものを受け止めるのもまた、颯の人生である。今更噂の一つや二つ痛くもない)
        逆に、ファッションの事とか聞きたいくらいね…黒系でいいコーデないかしら、そういうの詳しいでしょう?よければスイーツと一緒にモールも回りましょう?迷惑はかけないようにするから(パックもいるしね、と話を続けて…反応が薄い?)
        …綾ちゃん?(と声を掛けたところで戻ってきた)…あら、珍しい。春だからね、ぼーっとすることもあるとは思うけれど…やっぱり、無意識に疲れがたまってるのかも。本当に、無理はしないでね?
        それじゃ、呼び止めて悪かったわね…『部活』、頑張ってね(日程の約束はまたクラスでね、と言葉にして、かつ、かつ、と白杖をついて去っていった) -- 2021-09-25 (土) 11:59:06
      • 楽しみですぞー。それではまたですぞ高坂どの。無茶は禁物ですぞ(むん!と元気づけてから颯を先導する様に共に去っていった) -- パック 2021-09-25 (土) 12:00:07
      • ……そっか。(おそろいの笑顔を見せて、それでも)
        あ………うん。春の黒系ならラベンダー色と合わせると甘くなりすぎない感じで可愛さが盛れるよ。
        パンツやスニーカーと合わせて抜け感を演出するのが今年の春のモードでね…(誤魔化すように慌てて喋り倒す)
        えっと………うん。(無理はしないで、と言われれば頷いて)大丈夫! またね、颯ちゃん。パック。
        (気合を入れ直して歩き出す)

        (私、無理してるのかな。でも───立ち止まるのが怖い)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 12:08:32
  • -オフィス街の菊理ビル6階- -- 2021-09-24 (金) 23:59:59
    • (深夜12時を回ったこの時間、外の景色と比例する様に暗くなったフロアの廊下を歩く一つの影。)
      (部屋の扉を塞ぐほど見事な体躯に服を着ていても分かる筋肉質な体。それには余り似合わないそれなりに整った顔の持ち主、)
      (祇 洋助という名前の男は、その上に乗った紫色に染め上げた髪。人目を引くそいつを軽く撫でつけてから周囲を見渡した。)
      (諸事情により、怪異を狩らざるを得なくなった彼は、それを狩るにあたりネットで情報収集をしていた所。)
      (実しやかに囁かれる噂『平坂会』その存在を知り、この場所に来たのだが。)
      本当にあるもんなのかね…
      (冗談みたいな話を半ば以上に信じられずにいつつも、情報と同じようにインターホンを鳴らした。) -- 2021-09-25 (土) 00:00:10
      • (インターホンの向こうからは老婆のような嗄れた声が聞こえてくるだろう)
        六文銭の用意は?(そう、聞いてくる)
        (これに対して『滞りなく』と答えることで平坂会はその門戸を開く)

        (信じようと、信じまいと) -- ??? 2021-09-25 (土) 00:05:49
      • (インターホンから帰って来た、非日常的な台詞。こいつは当たりか?と未だ疑いつつも心を決め)
        十二文まで用意してある
        (「片道のつもりはない」と暗に含ませた答えを発し、反応を見る) -- 2021-09-25 (土) 00:10:36
      • (ハハハ、と笑い声が響いて)
        わざとか。迷い込んだわけでも、面白半分というわけでもなさそうだ。
        (ドアが開くと、少女のような白い手が差し出される)
        手を開け。(相手が反応する前に鍵を落として)私の名前はコンジュラーだ。
        持ち帰った品の買取は私がやる。それ以外の用事で呼ぶなよ。
        (老婆の声と少女の手を持つその人物は、すぐに手を引っ込めてドアを閉めた)

        (コンジュラーから渡されたものは、同じフロアの部屋番号が書いてある鍵のようだ) -- コンジュラー 2021-09-25 (土) 00:15:33
      • (不本意ながら来ざるを得なかった男の身としては。声の主の返答は面白くないのか、表情をゆがませていたが)
        (それでも、開いた扉から延ばされた白い繊手に乗った小さい鍵、そいつが床に落ちる前に宙でキャッチをする)
        (非日常に飛び込む。それ位の覚悟と心構えは持っていた)
        OK(買い取り云々の話はよくは分かってはいなかったが、取り敢えずの返答だけはしておいて)
        (渡された鍵を確かめ、そこに書かれた部屋番号を見ると、その部屋へ歩き出し、滞りなく扉を開け、その中へ入ってゆく) -- 2021-09-25 (土) 00:29:08
      • (どう見ても、異常な日常。武器や、緊急キットや、戦術の本が雑然と置かれた部屋で)
        (制服姿の少女が、クナイを研いでいた)……あ。A組の……祇くん。
        いらっしゃいませ。(コホン、と咳払いをして)平坂会へようこそ。
        ……依頼じゃないよね? 私、勘違いしてるかな?(クナイを置いて立ち上がる)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 00:35:35
      • ・・・何だこりゃ?
        (壁を飾る、武器や置かれた救急キット。整理されたとは言えないおかれ方をした何らかの本)
        (部屋に足を踏み入れた途端目にした非日常的な光景に見舞われ、覚悟してたとはいえ思わず素っ頓狂な声を出す)
        (その次に目をした普段から見慣れた服装に逆におかしさを感じる)
        (自身の通う学校の女子の制服だ。それを着ている少女に、見覚えは…)
        ・・・?
        (別のクラスだからか、顔は知っているが名前を憶えていないらしく、暫く言葉を出さずにいた)
        (本人的には名前を思い出そうとしているが、マジマジと見ているせいでガンを飛ばしているようにしか見えない) -- 2021-09-25 (土) 00:47:24
      • あ、いや。怖い怖い。そんな目で見ないで……変な噂はされてるけど。
        (手をぽんと叩いて)そうか、名前。私は高坂綾。平坂会の今年の部長だよ。
        武器、興味あるの? こっちは拳銃、グロックだっけな。法儀礼済みの銃弾を装填するの。
        こっちはスリングショット。パチンコだね。原始的だけど強力、退魔弾を撃つことが多いかな。
        ……全部、敵対的怪異を倒すために。(相手の目をしばらく見て)そういうの、でしょ。祇くんの目的。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 00:56:03
      • ああ、そうだわ。高坂さん(名前を告げられ得心のいった様子で、マジマジと見るのを止め、記憶をたどる)
        (男子生徒と同伴してウリをやっているだの、女ともやってるだの)
        (過去には暴力事件を起こしただの、夜の街を遊び歩く女王だの)
        (同級の噂好きの女子達が自分達より目立つ女を悪く言うよくある光景を)
        (「つまんねー事してんな」と目の端に追いやって、窓の外を見ていた記憶だ。その噂の彼女が今この非日常の光景の中で立っている)
        (ふと、話は武器の事、そこから更に先の話題、怪異の事に触れられ)
        ・・・ああ、そうなんだけど。なんで高坂さんが此処に居るんだよ?
        (と、それ以上に。今の状況に頭が追い付かないのかその頭に乗っかった紫色の髪を掻きつつ疑問を口にする) -- 2021-09-25 (土) 01:10:21
      • なんでって。(んん、としばらく考え込んで)1年の頃からずっと平坂会に所属して怪異と戦ってたけど?
        ってか、私……忍者だし。異能も戦闘向けだし。怪異と戦うノウハウあるし。
        ……コンジュラーにヘンなこと言われなかった? “彼女”にはスタイルがあるの。大目に見てね。
        ……入部希望だったら、コードネームが要るね。なんにする?
        (ハンバーガー・ショップでポテトのサイズを何にする?くらいのノリで聞いて)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 01:14:49
      • ハァ?一年の頃から?そんで忍者ぁ!?(「コイツマジで言ってんのか?」と信じられない様子で改めて彼女を見やる)
        (体躯は女子の平均身長よりは高いが、自分よりははるかに小柄だ)
        (顔。なるほど、クラスメイトの女子達が嫉妬するのも分かる整った顔。化粧もしているのかあか抜けている、という表現が適切だ)
        (手足。驚くほど細く、足は長い。モデルでもやってる方が似合ってるだろう)
        (腰。細い。触れたら折れるだろうこれ。と心配し、続けて尻、胸に視線を飛ばし)
        ・・・
        ≪…美味そうだな…≫
        オイ!!
        (不意に脳内に響いた、欲求を抑えきれないといった様子の声に思わず大声をあげる) -- 2021-09-25 (土) 01:33:36
      • まぁ、信じないだろうね。私だって同じこと言われたら信じないだろうし。
        (自分の影をめくるように持ち上げて、一瞬黒の中に隠れると忍装束になって)
        忍法、早着替えの術。(なんて、と言って笑いながら口布を巻いて)それっぽく見えない?

        (その直後、響く大声)………? え、何?(キョトンとした表情で聞く)
        (なんで今、怒鳴り声を……?)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 01:38:49
      • (自分のした事にすぐに気づいて)
        あ、ごめんごめん、急に怒鳴って。べつに案内人に文句がある訳じゃねぇよ?マジで
        (と、慌てて取り繕うのだった。「お前後で覚えてろよな」と自分の中に居る怪異を脳内で罵ってはいたが)
        (そんなやり取りをしている間に影に溶け、改めて現れた姿、瞬時に忍び装束へと変化した高坂綾の格好を見て)
        ・・・映画みてぇ(と、なんとも間の抜けた返事を返す。事実映画の中に居るような気分であり)
        どうも、マジモンっぽいな…居るんだなぁ、忍者(と、改めて感心した様子を見せつつも。ここは先人である目の前の人物に対し)
        で…コードネーム?登録する必要あんの?良く分からねぇから高坂さんに任すわ
        (要領の分からない自分が考えるより良いと判断して、任せる事にした) -- 2021-09-25 (土) 01:50:20
      • あ……そう?(なにかよくわからないけど、彼にも事情があるのだろう)
        (その場にいない誰かに咄嗟に牽制をしなければならない、事情が)
        コードネームは大事なような、そうでないような?(あやふや)私のコードネームはストライダーだけどそう呼ばれることもあるし。
        仕事中でも本名で呼ばれることもあるしなー。(あいまい)祇くんって漢字こう書くよね?
        ……アンセスターか、コンパイラーか、起源者とか………ええと…(テンパる忍者)
        ……祇くんの能力は? 異能とか、得意な攻撃技術とか、そういうの。
        ……ところでもう一度着替えていいかな………(忍装束が少々いかがわしい見た目である自覚はあるようで)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 02:02:30
      • そうそう(自分に宿った怪異について話すと気味悪がられそうだ。と適当に話題を流し)
        ストライダー…飛竜?(と、忍者が主人公のゲーム名をすぐに思い出し)
        なるほど、ピッタリだわ(笑った。普段学校ではあまりこういった表情は出さない。一般の生徒からは距離を取られているせいだ)
        あ〜、めんどくさい文字だからな…(自分でもよく間違える苗字をそう表現して)
        能力…能力ねぇ(それを参考にするのかと察するが。自分の力、いや、自分に宿った者の力を知らない事に気づき)
        (「オイ『饕餮』。力だ。お前の能力を教えろ」と、脳内でやり取りする。すぐに返事が来たのか)
        え〜と…身体能力向上と自己治癒能力。あと、炎が出せて。…え?食う事?なんじゃそりゃ?…ができる…今の所は?
        (自分でもよく理解できていないのか、歯切れの悪い返事をしつつも、着替えて良いかという言葉を告げる目の前の女子に目をやり)
        あ…わるい…気づかなくって。勿論大丈夫
        (確かに刺激的な格好ではある。が、それを口に出す程、彼はそういった事に慣れているわけではないらしい)
        (バツが悪そうに眼を逸らした) -- 2021-09-25 (土) 02:22:35
      • そう、ストライダー飛竜のイメージ。私が考えたんじゃなくて、当時の先輩に決めてもらったんだけどね。
        ………!!(口元を手で覆って)ごめん、すごく失礼なこと言うけど祇くんって笑うんだね。
        ふーん?(どこか他人事みたいに語るその能力、覚醒してあまり時間が経っていないのだろうか?)それじゃフレイマーで。
        (炎から安直にイメージしたコードネームを出して)そ、それじゃ失礼。(再び影をめくって忍法、早着替え)
        ええと……それじゃ軽く説明するね? この街には、裏の顔がある。
        裏世界だとか、裏奈多区って呼ばれるところ。そこは怪異が山ほどいて、時々人間を連れ込んで食べたりする。
        そういうのを許さないために、私達はいる。第一目標は、人命救助。第二目標は、怪異の討伐。第三目標は……ドロップアイテムの取得かな?
        コンジュラーに鑑定してもらったらお金に替えてもらえるよ。それと……最終目標。(神妙な顔つきになって)
        裏世界を創り出したという、大怪異。黒の王の討伐。(ふ、と表情を緩めて)まずは実地から慣れてこ?
        浅い層を他のメンバーと探索。独特の空気に慣れてもらう。それと……何があっても自己責任。ってだけ。
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 02:31:21
      • (彼女の先輩の話を聞くと)
        なるほどね。やっぱ分かってる人につけてもらった方が良さそうだ
        (当時の彼女は今の自分と同じ状況だったのだろうか?と、ふと考えつつ、彼女を見やると)
        (戸惑った様子で「笑う」のかと言われ、思わず苦笑する)
        あん・・・?そりゃそうだよ。これでも一応人間だかんよ(実の所今はどうだろうという疑問は心の隅に追いやりつつも、そう答えて)
        (付けられたコードネームを聞くと)フレイマー?OKじゃあそれで。名前被りそうだったら俺の方は変えちまってもいいから「ヒツジスケ」辺りでいいや
        (と、実の所自分が考えていた方のコードネームを告げ、改めて制服に戻った彼女と対面。説明を受ける)
        …OK最終的には自己責任ね…なんつーかゾッとしねぇ話だが。ま、よろしく頼みます部長(一応礼儀として頭を下げておいて)
        それで、他のメンバーとかって誰?(と、他のメンバーの名前を聞き、驚きつつも一通りの説明を受け、帰って行ったのだった) -- 2021-09-25 (土) 02:47:05
      • 私はコードネームなんてまるでピンと来なかったから。
        本当にもう………流されるままにつけてもらって、愛着湧いてそのまま。
        だよね。ごめんね!? なんかこう……(身振り手振りで何かを伝えようとし、断念。大きく肩を落とす大仰な溜息)
        (笑わないわけがない。そうなんだけど、イメージというのはある。あるったらある)
        うん、わかった。それじゃーそういうことで。……ヒツジスケ?
        いえ。(こちらも頭を下げて)よろしく、祇くん。部長としてできるだけ同行するから。
        それはね……(色々と話して、帰り際に戸締まりのことも説明して)

        (春が来る。高校最後の一年間が始まる)

        (これは私が“拒絶する”までの物語だ)
        -- 高坂綾 2021-09-25 (土) 02:53:35

Last-modified: 2021-10-16 Sat 21:06:56 JST (10d)