レオスタン・ナジャ政変 Edit

設定/レオスタン/ナジャ政変


あらすじ Edit

 オルクス博士などトライア一族よりいただいた ナジャ政変渦中の3名。左からカウェントミロクアラジン

オルクス博士より

遠い砂漠の国の大きな街で、
太守(王)の愛妾の子が跡取になりました
正妻には子がいなかったためです
正妻「絶対に許さないよ」
黒幕「へっへっへ奥方様
   やるならお手伝いしますぜ
   その代わり・・・」
正妻「分かっておる」

やがて太守は病床に臥し
なぜか愛妾の一族に不幸が続きました

正妻「・・・やったか」
やれてません
生き残った跡取はミロクと名を変え、
暗殺者として生きることになります
いつか母と姉の仇を討ち、
故郷を元に戻すために

10数年後、ついに時は来ました

彼は仲間と共に刺客を打ち倒しながら
故郷では 散り散りになった
旧臣たちを集結させて、
黒幕を追い詰めていきます

・・・はたして その結末は?



もう少しくわしく Edit

  ミロクは、レオスタンの地方都市「ナジャ」を治める太守(国王や州知事のような存在)の妾腹の子で、
  次期太守になると有力視されていた
  それを妬んだ第1夫人(彼女には子が無かった)が、ナジャを介しレオスタンに影響力を及ぼそうとする勢力と結託
  (近隣の1州、2つの都市、3つの軍閥や財閥、4つの外国、
  特に北西の魔導王国ベルチア特務機関セクション13が関与した疑いがある)
  165年初頭に、太守に毒を盛って寝たきりにさせ、ミロクの母と姉を亡き者に

  ミロク自身は、蜥蜴人の忠臣(ラプ・ターの一族の者)の手で辛うじて脱出
  この政変後、第1夫人側は、ミロク死亡と誤認。彼に瓜二つの者を傀儡としてナジャの実権を掌握
  徐々に国力を削ぎ、利益を横流しする

  その後、2つの暗殺団(「紅い月」「暗殺教団」)を渡り歩き、冒険者となって国外へ脱出したミロクは、力を蓄え、人脈を構築

  178年。彼の生存を知った第1夫人らの命により、酒場の街にまで迫る刺客・・・
  準備は整ったと、ようやく反攻に転じるミロク

構図 Edit

レオスタン連邦ナジャ州酒場の街
ナジャ太守第1夫人とその側近(政変後の執政府)
ミロク影武者
 ↑ 秘密裏に支援
連邦内の1州、2都市、3軍閥・財閥
  北西の魔導王国ベルチアなどの外国4ヶ国
   (レオスタン介入・弱体化を狙う勢力=黒幕)
第1夫人とその側近、黒幕が放った刺客

 シトリン、梟熊(アウルベア)、ミノタウロス2人組
 ハーフリザードの暗殺者と鏡の魔導師
 真祖に準ずる力を持つヴァンパイア・ニッキ
 蜥蜴人の多いナジャ暗殺団、酒場の街で雇われた傭兵
味方ナジャ旧臣勢力、暗殺団「紅い月」

(ナジャの民衆は政変について薄々感づいている)
第2夫人の子ミロク、カウェントアラジンゲハイムニス
 ↑ 支援
暗殺団「紅い月」、暗殺教団(基本は中立)
中立カーマローカ辺境伯領キリクネモエトナムメルーフェオルクスレナータなど
  • マイペース個人企画(イベント)
  • 基本は行間という名の水面下で進行、時々 駆け引き戦闘RP発生



補間 Edit

ミロク Edit

   黄金歴157年
   大統一の混沌もとうに収まり、新たな興りの時代
   レオスタン連邦ナジャ州。その太守と愛妾の間に生を受けた少年がいた

   成長していく少年は母や姉に似て容姿麗しく、
   本妻や他の愛妾たちの政争に興味を示さなかった母の庇護の下、自由に育つ
   しかし、少年に次期太守の座が巡って来た矢先・・・

   「あれは誰?」
   自分に瓜二つの者が、宮殿に居る。そして誰もそれが贋者であるとは気づかない
   母はいつからか、誰の仕業か。正気を失ってしまっており、姉も行方知れず
   迫り来る死の気配は、少年の身にも降りかかる
   危機一髪だった
   長年、忠を尽くしてくれていた蜥蜴人(リザードマン)の付き人だけが異変に気付き
   傷を負いながらも彼を宮殿から逃がす

   数ヵ月後。古くからこの地に在る暗殺団『紅い月』の一員となり、生きる術(すべ)を学び、復讐の刃を研ぐ少年
   高き鐘楼堂にて、母の葬儀を見下ろす双眸は哀しく、鋭かった
   その少年の名をミロクと言う
   かつて母に貰った本当の名は、もう長い間、口にしていない

血戦(加筆途中) Edit

   黄金暦183年夏
   ミロクは、酒場より遠く離れたナジャの地にいた
   王宮を視界に捉える高い鐘楼堂
   かつてここから母の葬儀を、隠れて見ることしかできなかった少年
   10数年経った今、その双眸が王宮を捉えている
   「若、手筈は整っています」
   蜥蜴人の忠臣が彼の指示を待つ
   「・・・・・・今日で終止符を打つ。生きてまた逢おう」
   側に控えていた仲間たちが力強く頷き
   何度目かの鐘が鳴り響いたときには、彼らの姿は無くなっていた
       ・
       ・
       ・
   全てが終わった後
   幾つかの軍閥、財閥が叛逆の咎で取り潰しとなり
   没収された莫大な財産*1は、赤い狩人への報酬となった、とまことしやかに囁かれたが
   真偽の程は定かでない

そして歴史の陰へ(加筆途中) Edit

       ・
       ・
       ・
   かくして、ナジャ奪還の裏で起きた戦いも ミロクと、彼に力添えした冒険者たちの存在も
   光差さぬ歴史の陰に埋もれることとなった

   太守の座は、後年生まれた第4夫人の子が継ぎ、ナジャは再び隆盛を極めたという

年表 Edit

  • 150.XX 大統一
         レオスタン砂漠に散在する諸王国、都市国家群が集結し連邦化
         ナジャもここでレオスタン連邦に組み込まれ、王がそのまま太守に着任
  • 157.XX 太守とその愛妾の間に男子誕生(後のミロク)
  • 165.XX ナジャ政変。ミロクの母(太守の愛妾)、姉、家臣の多くが亡くなり、毒を盛られた太守も病床に臥せる
         首謀者は太守の第1夫人(正妻) レオスタン連邦に利害を持つ諸国がそれを後押し
         太守の息子は敵に気付かれないよう王宮を脱出。暗殺団「紅い月」へ身を寄せる。ここでミロクの名を授かる
  • 165.XX 剣匠・アルミに師事
  • 16X.XX アルミが亡くなる。ミロクの染色体異常が発覚
  • 169.03 ミロク冒険者登録、遠く「酒場の街」まで移動し暗殺教団に移籍
              
              
              

  • 178.09 敵が自分の生存に気付き刺客を送り込んだことを確認
         夢幻館から去り、反攻開始
  • 178.10 メルーフェを通じエトナムから呪殺を逸らすための土人形(寄り代)と、呪いを逆探知する掌サイズの青銅の犬を入手
         レナータから魔法防御用途にブラッドインク、ロック鳥の羽根などを購入
  • 178.11 呪師含む敵の一団がミロクに対し、竜言語による遠隔呪殺を試みるが
         事前に寄り代などを用意していたため、被害なし
         正確な位置を割り出し、暗殺教団のアサシンと共に乗り込んで殲滅(酒場の街より10里行ったところにある村)
         敵側の呪いが酒場の街周辺の怪物勢力分布図を改変し、世界の均衡に綻びを生じさせる可能性がある
         禁忌術であったために教団が動いた(本来教団は中立の立場である)
  • 178.12 カウェントの協力を得る
  • 179.01 スラムの空き地にて、カウェントが砂人(人間サイズのサンドゴーレム)4体を撃破。砂人を操っていた魔導師3名は泳がせる
         同月、街外れの森アラジンの家に現れた蜥蜴人の刺客をアラジンと、ミロクが討ち、アラジンの協力を得る
  • 179.02 アラジン、敗走時に正体不明の一団(北西の魔導王国「ベルチア」の特務機関か?)から襲撃を受ける
         このとき見たキングワイバーンの足に付いていた紋章は、ベルチアの名家「レイトローズ家」が
         裏の業をなす場合に使用するもので、多くの外法組織はこの紋章を怖れる
  • 179.XX キリクネモシトリンと接触
  • 179.06 酒場の街スラム水道管破裂事件。カウェントシトリンの襲撃を退け、打ち倒す(9月頃との説もある)
  • 179.07 ミロク、黒幕に排斥されたナジャ旧臣の残存勢力を結集させ、ナジャの地での反攻を開始
  • 179.08 太守に盛られた毒を特定
  • 179.09 黒幕に取り込まれた暗殺団「紅い月」の一部勢力を壊滅させる
  • 179.10 酒場の街におけるミロク暗殺攻勢が激しさを増す
  • 179.11 黒幕が牛耳る現執政府の重臣数名が辞職。国外逃亡を図る者、行方知れずとなる者、様々
  • 179.12 政変後のナジャ財政逼迫の原因が、第1夫人と外国勢力との内通にあり、と連邦中央に露呈しつつある
         謀叛と外患誘致、内乱罪に関して内偵開始


  • 180.01 太守の症状を回復させる解毒剤調合法が発見される。しかし材料の入手は困難とも判明
         魔の眷属の毛髪、異世界製の生物のからだの一部を多数。マンティコアの肝・・・等々
  • 180.06 酒場の街に潜入した敵の75%以上を排除
  • 180.07 ナジャにおいて、ミロクに味方する旧臣数名が敵に暗殺され、劣勢に
  • 180.08 ミロク、旧臣勢力への援軍を送る
  • 180.09 酒場の街に潜入した敵の90%以上を排除
  • 180.10 敵勢力がフリーエージェントや傭兵を用いる。酒場の街における戦力増強・回復
  • 180.11 ナジャにおいて、旧臣側の勢力が再び優勢に。太守の身柄を確保
  • 180.12 ミロク、プレマ調合の女性化薬を用い、敵協力者が居る場所への潜入、暗殺を行い、敵補給ラインを2つ寸断


  • 181.02 カウェント、敵が潜む倉庫を強襲。梟熊(アウルベア)を倒し、敵補給ラインのひとつを断つ
  • 181.03 敵勢力のうち1外国、1都市、1財閥が手を引く。ベルチアは依然として工作を続行
  • 181.07 ミロク、敵アサシンの刃で毒(ドラゴンゾンビの暗黒ガスを基にした神経毒)を受け、
         オルクスに応急処置を施される(数日後、レナータによって完治)
         同月、カウェントが敵暗殺団の隠れ家1つを壊滅させ、
         帰還途中に路地裏にてミノタウロス2体(敵に雇われたフリーエージェント)に襲撃されたが、返り討ちに
  • 181.12 ミロク、冒険者を引退


  • 182.06 酒場の街、およびナジャ 敵残存勢力40%以下に
  • 182.07 酒場の街における協力者のチーム複数が圧縮空間に潜んでいた敵刺客の不意打ちを受け、壊滅。被害甚大
  • 182.08 ミロク、アーシュラから空間操作系呪文を感知するカードを入手
         圧縮空間に潜む伏兵による被害を大幅に減らすことに成功
  • 182.秋 アラジン、旧市街の酒場にてナジャの暗殺者2名と、相手の姿そっくりに化ける「鏡の魔導師」と交戦し、これを退ける
  • 182.秋 カウェント、スラム街にてニッキと交戦
         剣を折られ、多臓器破裂などの損傷を受け、「暗黒風」の術法にてスラムに被害を及ぼしつつも、これと引き分ける
  • 182.暮 酒場の街における敵勢力ほぼ全てを排除完了
  • 183.05 ミロク、半陰陽遺伝子起因型体組織崩壊症候群(ユニ・カスケード)発症。吐血を伴う発作、数年で肉体が維持できなくなる可能性ありと判明
  • 183.夏 ナジャにてミロク率いる旧臣勢が王宮を制圧、奪還
         第1夫人は蟄居閉門、その近臣に死者多数。黒幕も痛手を負い、全撤退
         ミロクは表舞台に出ず、旧臣らが太守を補佐する形で回復した政権を担う
  • 187.暮 ユニ・カスケード完治

※敵サイド情報の大半は情報屋ゲハイムニスから得ていたという

用語解説 Edit

汎人類社会 Edit

   主に人間や亜人種などの人型生物と、それらに比較的友好的な種族で構成された社会
   大抵はゴールデンロアの世界を指している

明王拳 Edit

   拳を連続して複数の急所に叩き込む、素手の格闘技能。カウェントと対峙したミノタウロスが使用

暗黒風 Edit

   破壊作用のある暗黒物質(ダークマター)を生成・抽出して噴き付けるといわれる未解明の術。一応「闇魔術」に分類
   別名:エリアブラスト、エナジーストーム
   かざした手が一瞬暗い光に輝くと、前方数10m〜数100mにわたって
   建造物の多くが崩壊。生物は(原型を留めるものの)内部組織に深刻なダメージを受ける
   182年秋にニッキカウェントに使用し、スラムの一角、雑居ビル群を破砕。瓦礫の山を築くという甚大な被害を及ぼした
   184年春に再戦した際にもニッキが使用。舞台となった廃屋敷を半壊させた
   207年夏の最後の戦いでは、術の発動寸前にかざされた手の前方、エナジーの渦巻く位置を攻撃することで
   破壊力を暴走、逆流させて術者ニッキに深刻なダメージを与えた。それを起点に
   連続攻撃を加えたカウェントがついに彼女を討ち滅ぼす

鏡の魔導師 Edit

   182年秋にアラジンを追い詰めた、標的の姿そっくりに化ける術を使う魔導師
   レオスタンの裏社会では名の通った男。蛇人の血を引く種族で、年齢は100歳前後
   毛髪が一切なく、のっぺりとした風貌
   ヴォルデモードのイメージであってる

ナジャのステルス兵 Edit

   182年秋にアラジンを襲った、姿が見えない透明の刺客
   連邦お得意の、魔法と機械の融合した技術によるもの。透明化装置はかなり小型化されているが非常にコストが高い
   アラジンは煙幕を焚くことで姿を浮かび上がらせ、これを撃破した

3つの暗殺団 Edit

   すべて別個独立の組織である

紅い月レオスタン連邦全土に遍在。連邦が正式に擁する暗殺・諜報工作機関
北西の魔導王国ベルチアの諜報機関「セクション13」と張り合ってる
ナジャ暗殺団レオスタン連邦ナジャ州にのみ存在。政変期ナジャ執政府(ミロクの敵方)の執行部隊となっていた
終結後に再編
暗殺教団酒場の街に支部があるが本部は不明。特定の集団を利するのではなく、世界の均衡を保つことを目的にしているらしい
「紅い月」と交換研修を行う(ミロクがここに居た理由がコレ)など変わった試みも行っている

ナジャ民衆の認識 Edit

   「第1夫人が第2夫人(ミロクの母)とその一族を陥れたのだろう」という認識はある
   もっとも、外国への利敵行為がバレるまでは、政変後の執政府もそれなりに支持されていた
   183年初夏のナジャにおける最終戦は、民衆に死傷者はなかったが、王宮や軍施設での戦闘は苛烈を極めたという
   旧臣勢が政権を奪還し、太守の病状が回復に向かうと、民衆には好意的に迎え入れられた
   (旧臣勢を率いていたミロクは、彼自身の意思により、その存在を隠蔽される)

   第1夫人勢の大半は死亡、黒幕もナジャ州、ひいてはレオスタン連邦に弱みを握られることとなった

友誼の証 Edit

   政変を収めるのに命懸けで協力してくれた戦友アラジンに対し
   ミロクから贈られた『太陽の短剣』(宝剣サンブレードのうち1つ)のこと
   後年、アラジンの愛人であったエンディアルレーゼの真の姿、ローゼドラゴンの逆鱗を砕いた際に、失われた

ミロクの本名 Edit

   カムシン・アル・ナジャ
    (カムシーン、またはハムシンとも発音する)

   「カムシン」は、北アフリカやアラビア半島で吹く、砂塵嵐を伴った乾燥した高温風のこと
   レオスタン砂漠にも似たような風が吹く模様
   どこかで聞いたなって思ったらハリードの剣と名前一緒だこれ

   「アル・ナジャ」は、部族名
   しかし、ミロク自身はこの名を用いない。曰く「僕の名はフィズ家のミロク。カムシンではない」

   ナジャの旧臣たちには「若様」と呼ばれていた

フゲンとグンダリ Edit

   ミロクと共にナジャ王宮奪還作戦に参加し、行動を共にした7人のアサシンたちのうち2人
   (ネーミングの元ネタ:普賢菩薩、軍荼利明王)
   フゲンは女性。蜥蜴人との混血、肌が所々ウロコ状に角質化しており、舌が青い
   グンダリは男性。彼もまた蜥蜴人との混血。スキンヘッドの大男で青く長い舌を持つ

   『手練れの暗殺者』クラスであるミロクに匹敵する腕の持ち主らしい(『下っ端暗殺者』クラス?)
   政変終結後も、ミロクと行動を共にしていたが、188年ごろには帰国している

ナジャ太守 Edit

   ミロクの父
   ナジャ政変の折、毒を盛られ、ミロクが政変を鎮め、薬を完成させるまで起き上がれない状態が続いた
   回復した太守は、息子を讃えた。が、しかし、その手腕と、旧臣の間での人望に危機感を持ち
   また、前黄金暦時代に魔属(族)とよく交わり、彼らを従えたという
   「ナジャに災厄をもたらした女貌の王」の再来をイメージさせる息子に虞(おそれ)を抱く

   やがて父は子を疎み、子が太守を継ごうとしなかった原因がここにある


*1 一説には公式の金貨数千万といわれるが、世界観的にちょっと多すぎるのでそれはないと思う。伝説の大富豪で250万だし

Last-modified: 2011-07-24 Sun 08:23:37 JST (3279d)