名簿/384142

  • と、いうわけで。直接記憶をいただきたいんだけどねえ。
    な、何言ってんだよォ〜ッ、あんた意味わかんねェ〜ってさあ〜。
    だから、さっき説明したじゃないかい。君の魂の波長が……ああもう、要するにだね。
    君はいいトレーニング相手になりそうだから、君のデータを取らせてくれってだけだ。君に支障はないからとっとと言うことを聞きたまえ。
    ほ、本当かなぁ〜っ、オレってさぁ〜っ、こういう詐欺に直ぐ引っかかったり……
    ごちゃごちゃうるさいねえ、君。(手を、ベイガーの胸に当てて)じっとしていたまえよ。
    お、オイオイ〜っ……わ、わかった……(そう言って、おとなしく動かない)
    ……大地に眠る英雄の記録、大地が記憶せし英雄の意志、今我が手に伝えるべし。
    泥まみれの秘めた牙―――ベイガー・エリオルネッド

    (泥のような、黒い何かがベイガーの体から這い出て、ザンマの腕を伝って消えた)……これでよし。
    ……な、何が良しなのか、わかんねェ〜なぁ〜っ……
    君は気にしないでくれて問題ない。……ああそうそう。最近なんだか祭りがやってるね。
    君もあの街を離れてそこそこ経つようだが、たまには帰郷してもいいんじゃないかい?(そう言うと、その場を離れていった)

    ……祭り?……帰郷、かぁ〜っ……つらい思い出から、逃げてきちまったってのになぁ〜っ……戻る資格が、あるのかなぁ〜っ……
    -- ザンマ 2010-05-17 (月) 20:18:57
  •  
  •  
  • ええと確かここに……ベイガー兄さん? いるかな? -- アルテュール? 2010-02-09 (火) 02:00:48
    • ん……?(聞きなれない声に首をかしげる この家に戻ってきて結構経つが、それでもほとんど面識のない者はいる)
      (ドアを開けて、顔を確認する――やはり、見たことはあるような、喋った事はないような、といった感想)ああっと……
      ベイガーはオレだけどさぁ〜っ……アンタは、ええと……誰だっけかなぁ〜っ。た、多分話したことねえよなぁ〜っ?
      -- 2010-02-09 (火) 22:17:53
      • ごめんなさい兄さん、突然お邪魔しちゃって。(いかにも上級階級、といった身なりの少年がぺこり、と頭を下げる)
        弟のアルテュール・エリオルネッドです。会話は今まで、したことはなかった……と思う。
        兄さんにちょっとした質問とお願いがあって来たんだけど、いいかな。 -- アルテュール? 2010-02-09 (火) 23:01:52
      • (初対面だとわかってホッとする これで自分が忘れていたとかであれば、気まずくてしょうがない)
        アルテュール、かぁ〜っ。いや、何だ。今更だけどさあ〜っ……初めまして、かなぁ〜っ。
        (どう接したものかと模索する アルテュールとは対照的にどうも身なりはあまりよろしくない 初めて屋敷に来たときに比べれば別人のようではあるのだが)
        質問と、お願い……オレに?ん〜っ……いや、いいけど……何だろなぁ〜……。
        -- 2010-02-09 (火) 23:06:46
      • 大したことじゃないけどさ、この屋敷……お年玉のシステムってどうなってるのか知りたくなってね。
        まさか年上の兄さんや姉さんから、年少組に与えられたり……してないよね?(声色は大人しく、できる限り下手に) -- アルテュール? 2010-02-09 (火) 23:24:16
      • お、お年玉?……(予想外過ぎる質問に首をかしげる)……いや、オレがもらってたのはずいぶん前のことだからなぁ〜っ……
        ……少なくとも、オレはあげてねぇけどなぁ〜っ。他の兄弟は……どうなんだろう……て、ゆーか、なんでそんなこと……?
        -- 2010-02-09 (火) 23:34:02
      • ほ、ほら、(コメントした時は)一月だし、兄さんや姉さんは勝手に依頼の報酬が膨れた金額になってるイメージだって思い込んだから……。
        (あまりにも以来の報酬が雀の涙のため口走ってしまったが、段々と恥ずかしい質問をしたという気分になって)
        ごめんなさい兄さん! おかしなこと聞いちゃって!
        でも、ここで弟や妹にお年玉を渡してくれたら、兄さんポイントは急上昇すると思うよ!(何度も頭を下げながら流星のように駆け抜けていった)  -- アルテュール? 2010-02-09 (火) 23:41:29
      • えっ、あっ、オイーッ!?(あわてて追いかけようとするがあっというまに去っていってしまって)……あ、ああ。そーかぁ〜っ……
        オレがお年玉をあげるべきだったかぁ〜っ……ほしかったんだろうなぁ、あれは……けど……
        (がっくりと肩を落として)オレの報酬のほうが多分、アルテュールより低いんだよなあ〜っ、多分さぁ〜っ……はぁぁ……どうすっかなぁ〜っ……
        -- 2010-02-09 (火) 23:49:11
  • さぁて、これからどうしようかなぁ〜っ…… -- 2010-02-02 (火) 21:57:28
    • (その呟きに応えるように後ろから声をかける)時間はたっぷりあるんだし…考える時間もあるわよベイガー。
      引退…お疲れ様。 -- エウロパ 2010-02-03 (水) 02:28:17
      • !(声に反応して振り返ればああ、と声を出して)姉さん。……いや、まあ、ありがと。
        ハハッ……なんかさぁ〜っ、姉さんに言われたから余計に冒険やる気なくしちまったふうに見えるかなあ〜っ。
        いやさ、強くなる事に関してはまだ続けるつもりだけどさぁ〜っ。その……それと冒険は、あんまり関係ないかなぁ〜、ってさぁ〜っ。
        (照れくさそうに頭を掻いた)もしかして、ウチの家で初めて引退したってことにナンのかなぁ〜っ……やっぱり、根性なしって思うかい……?
        -- 2010-02-03 (水) 18:53:11
      • (頭を横に振る)いいえ、だってはじめはといえばお父様が言い出したことだもの、
        あなたはあなたのやりたいこと、やるべきだと思うことをすればいいの。
        ……今はどうすればいいのか、ゆっくり考えるといいわ。
        (そう言って立ち去ろうとする間際)……顔付き、前よりよくなったと思うわよ、ベイガー。 -- エウロパ 2010-02-03 (水) 19:02:27
      • ん……そーだなぁ〜っ……ゆっくり考えるとするよ。とりあえず今は、働き口かなぁ〜っ……
        あ、もう行くのかい姉さん……ん?(そう言われて、ちょっと顔を赤くした)
        ……あ、ありがとなぁ〜っ……(恥ずかしげにさらに頭を掻いた)
        -- 2010-02-03 (水) 19:07:42
  • ベイガーおじちゃん! -- 2010-01-30 (土) 23:08:14
    • ワァオ!!!(いきなり届けられた肖像画にびっくりする)お、オレかよぉ〜っコレぇ〜っ!?
      すげぇ〜けど……何だろ、コレ本当にオレかぁ〜っ?かっこよすぎねぇ〜かなぁ〜っ……
      い、いや………兄貴たるもの、オレもこのぐらいかっこよくあらねばなぁ〜っ。あ、ありがとよ!大事に飾っとくぜぇ〜っ。
      -- 2010-01-31 (日) 01:47:57
  • (部屋の床に1メートル程の四角い穴が開いたかと思うとそこから埃で黒いまだら模様がついたあざらしがあらわれた)
    きゅー!きゅっきゅ(部屋内をきょろきょろ) -- アクア 2010-01-24 (日) 00:11:10
    • うわっ!(足元に突然現れたアザラシに足を取られて、スッ転ぶ)痛ッ!ってぇえ〜っ……ううう〜っ。
      な、何なんだよぉ〜ッ。びっくりするじゃあーねぇーかぁ〜っ……うん?(つまづいた原因を見れば、何度か屋敷で見かけた姿)
      あ、え、ええ〜っとぉ〜っ……確か、えーっと……アクア、だっけぇ〜?
      -- 2010-01-24 (日) 18:43:16
      • きゅぃ!(名前を呼ばれて元気に答える)……きゅうゅぃ?(ベイガーを前足で撫でようとしながら) -- アクア 2010-01-24 (日) 23:24:33
      • ………(甘んじて頭を撫でられ)なんっつーぅーかさぁーっ……お前も妹なんだよなぁ〜っ……妹だよな?
        自己紹介だ、オレはベイガー。べ・い・が・あ。分かるかぁ〜っ?(こちらも頭を撫でつつ)
        -- 2010-01-24 (日) 23:59:00
      • きゅぃ、きゅぃきゅぃ(こくこく頷きながら撫で、最後に頭を払うようにして)
        ゅぃぅ(撫でられながら)きゅ、ぃ、きゅ、ゅぁ -- アクア 2010-01-25 (月) 00:06:13
      • ……うーん。さっぱりわかんねぇ〜っ……通じてる、とみていいのかなぁ〜っ。そもそも、こいつどのくらい頭いいんだろう……
        て、いうかよぉ〜っ。……お前何でこんなトコに来たんだぁ〜っ?
        -- 2010-01-25 (月) 00:11:28
      • きゅ〜(首をかしげにこにこ顔)
        きゅう、きゅぃきゅぃ?きゅー!(懐から折りたたまれた紙を出し広げると「やしきの かくしつうろ」と書いてあった) -- アクア 2010-01-25 (月) 00:16:34
      • な、なんだこりゃ。(懐から出された……懐? とりあえず紙を見て)……もしかして、文字書けるのかぁ〜っ?
        ためしに……(物の山から、鉛筆を取り出してアクアの前足に持たせる)どこからつながってた?
        -- 2010-01-25 (月) 00:18:32
      • (胸元の体毛に紙を挟んでおいた形跡が見える…かもしれないし、他にも何か挟まってるかもしれない)
        きゅっき!(両前足をあげてやる気まんまんのポーズ)………(黙々と描くあざらし 辛うじて屋敷だと認識できる建物、ベイガーの部屋の辺りに○、そこから線が延びていき二階テラスで止まった) -- アクア 2010-01-25 (月) 00:39:32
      • ……分かり辛ぇ〜なぁ〜っ……(目を凝らして図を良く見る しばらく悩んだあげく、やっとそれが二階テラスとここがつながってることを理解した)
        うんうん……とりあえず、封鎖していい?この穴。(苦笑して)
        -- 2010-01-25 (月) 00:45:26
      • (露骨に嫌な顔をする) -- アクア 2010-01-25 (月) 00:47:44
      • だ、だってよぉ〜っ……テラスはみんなの憩いの場じゃあねーかぁ〜っ……そんなとこと個人の一室がつながってたら迷惑だろぉ〜っ?
        (よいしょ、とアザラシの体を持ち上げて)それにな、部屋に入る前にはノックしないといけないんだぞ。この小さいフタじゃやりづらいだろ?
        -- 2010-01-25 (月) 00:50:48
      • (左右に首を傾げ、頭から「?」を出しつつ話を聞き)
        きゅー………ゅぃゅぃ!(ベイガーの顔をぺちぺちたたく) -- アクア 2010-01-25 (月) 01:00:09
      • いてっ!いててて!て、手癖の悪ぃアザラシだなぁ〜っ、おしおきすんぞぉ〜っ?
        ほれ、ほれほれ。(抱き上げたまま脇(?)をこちょこちょとくすぐってみる)
        -- 2010-01-25 (月) 01:01:55
      • きゅひ!きゅひひぃぃぃ(脇の付け根をくすぐられると甲高い声を出し)きゅひきゅひ、きゅぅゅぅー!(釣りたての魚のようにびちびち暴れる) -- アクア 2010-01-25 (月) 01:09:39
      • ……効くんだ、くすぐり。ははは……面白いなぁ〜っ、お前〜っ。(くすぐるのをやめて、おろしてやる)
        まったく……それじゃあ、ここはもうしばらく開けといてやるからさぁ〜っ、どうもかなり嫌がってるみたいだしよぉ〜っ。
        けど、オレとぉ〜っ、アクアだけの秘密だぞぉ〜っ?なぁ〜っ?(言いながら頭を撫でた)
        -- 2010-01-25 (月) 01:17:27
      • きゅひきゅひぃ…ふぅ、きゅい。(脇の付け根をこすってくすぐられた違和感を取除こうとしてる)
        (撫でられると笑顔になって)ゆい!(元気に同意の鳴き声をあげた)
        きゅ!……ゅゅ(屋敷を描いた紙に「じゃすてす つうろ しってる」と書いた後逃げるように穴へ入って行った) -- アクア 2010-01-25 (月) 01:21:51
      • 嘘ォ!
        (最後の置き土産伝言爆弾におもいきり絶叫した)
        -- 2010-01-25 (月) 01:24:12
  • (最近ベイガー元気なさそうだけど大丈夫かしら… コンコンとドアをノック) -- エウロパ 2010-01-22 (金) 02:26:14
    • (音は帰ってこない 不在なのか寝ているのか………と、判断したあたりで)
      ね、姉さん?ど、どーかしたの?(背後から声 ちょうど戻ってきたようだ)
      -- 2010-01-23 (土) 00:17:46
      • ああおかえりなさいベイガー、最近依頼の方が芳しくないって聞いたから調子はどうなのかなって…
        ここしばらく色々あったし……うん、ちょっと気になって。 -- エウロパ 2010-01-24 (日) 09:51:18
      • ああ、そっか………心配かけちゃったなぁ〜っ。でも、もう大丈夫……フーゴが亡くなって、辛かったけど……
        うん、フーゴの気持ちは、オレなりにだけど、受け取ったからさぁ〜っ。(腰に、見慣れない剣をぶら下げたまま、部屋に入ると)
        (ユズがくれた鉢植え用に少しだけ開いていた雨戸を、全て開けて、他の雨戸も開ける 瞬く間に部屋に光が差し込んだ)
        (よく見れば、丸めがちな背筋が、ずいぶんと伸びている)なあ、エウロパ姉さん。一つ、聞いていいかな……
        -- 2010-01-24 (日) 18:41:11
      • …心地いい風ね(窓から吹く風に前髪が揺れる)
        んん…? なにかしらベイガー。 -- エウロパ 2010-01-25 (月) 01:57:03
      • オレ……「いい兄ちゃん」を、目指そうとおもうんだけどさぁ〜っ……
        オレに、出来ると思うかい?姉さん。……フーゴの墓前に誓ったんだ。フーゴに胸を張れるよーな、兄ちゃんになるってさぁ〜っ……
        -- 2010-01-25 (月) 04:47:40
      • ええ、きっとなれるわ。
        だってあなたは私の弟で、みんなのお兄さんなんだから。
        それをしばらく、ほんのしばらく忘れていただけ…だから大丈夫、私が保証してあげる、ね? -- エウロパ 2010-01-25 (月) 04:57:50
      • ……ありがとう、姉さん。(笑った ずいぶん自然に)オレ、それなりにさぁ〜っ……やってみるよ。
        もう……弱気にならないから。頑張ってみるからさぁ〜っ……けど、やっぱ、すぐには無理だろうからさぁ〜ッ。
        姉ちゃんには……た、たまにさぁ〜っ。弱音とか吐いたりしてもいいかなぁ〜っ……(照れくさそうに頭を掻いた)オレも……強くは、ねえからさぁ〜っ……
        -- 2010-01-26 (火) 03:18:23
      • ふふっ、お兄さんになるんでしょう? なら焦らないで、ゆっくりでいいわ。ゆっくり、ゆっくり……。
        弱音を吐きたいのなら聞くし、手をとって欲しいのならとってあげる。
        それで少しでも、ゆっくりとでも前に進めるのなら私は喜んでそうするわ。
        ……それが家族というものでしょ、ベイガー。 -- エウロパ 2010-01-26 (火) 04:00:11
      • ……ありがと、姉さん。(ぺこ、と頭を下げた)少しずつでも、なんとか進んでみるよ。
        で……その代わりと言っちゃなんだけどさぁ〜っ……オレが、姉さんを守るよ。
        あ、いや、姉さんだけじゃなくてさ、家族を。……フーゴは、そうしようとしてたから。オレは、それを引き受けようと思ってさぁ〜っ……
        だ、だから、その。たまには、頼ってくれても、いーからさぁ〜っ、頼りねえけどさぁ〜っ。は、はは……
        -- 2010-01-26 (火) 04:34:11
      • ベイガーったら……ふふ、でもその言葉はあなたが今よりもっと立派な「いいお兄さん」になるまで取っておいて。
        弱気にならない、家族を守る、みんなのお兄さんになる……今全部を背負い込もうとしてもきっとあなたは潰れてしまうわ。
        言ったでしょ? ゆっくり、ゆっくりでいいって。だからあなたが「いいお兄さん」になった時、もう一度言って欲しいの。
        私はその時が来るのを楽しみにしてるから、ね?
        (部屋に差し込む陽の光がその優しい微笑みを照らす、そんな秋の終わりのベイカーとエウロパの一齣であった) -- エウロパ 2010-01-26 (火) 09:29:19
  • (ドンドンドン!と荒っぽくドアが叩かれる)兄貴ッ!!おい、ベイガーの兄貴ッ!!
    いンのかよ!!いたら、頼む、どーしても聞きてーことがあンだよ!!(かなり切羽詰った顔で扉を叩く) -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 01:20:57
    • (ガチャ、とすんなりドアを開けて)おいおいおい……怖ぇじゃあーねぇーか……ど、どーしたんだよ。
      とりあえず、いるぜ……オレになんか用かよぉ〜っ。(戸惑いながら、ぽり、と頬を掻いた)
      -- 2010-01-24 (日) 18:44:49
      • (ドアが開き、見た目では何も変化がないように見えるベイガーに、苛立ちを隠せない様子で)フーゴの兄貴が、帰ってきてねえんだ。
        兄貴なら……何か、知ってンじゃねーかって……。なあ、ベイガーの兄貴……、フーゴは、フーゴの兄貴は、どうなったんだっ!? -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 19:30:55
      • ……そか。知ったか。(ひとつだけ息を吐き)落ち着いて聞いてくれよ。
        フーゴは……正式に、酒場から死亡報告が届けられた。……もう、帰ってこない……
        (淡々と。あのおどおど、気弱な彼にしてはずいぶんと珍しく―――冷静に、言った)
        -- 2010-01-24 (日) 19:37:14
      • (明確な、死亡、という言葉に呆然と立ち尽くす)………待てよ、何の、冗談だよ……フーゴの、兄貴だぞ、そう、簡単に、死んでたまるかよ。
        ……嘘だ、嘘だろ、おい、落ち着けって、なんで、そんな落ち着いていられんだよ!! あのフーゴの兄貴だぞッ!!(両手を広げ、訴えかけるように叫ぶ) -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 19:44:19
      • アワテりゃぁ〜よぉ〜っ。……帰ってくんのかよ、フーゴが?俺だって、知ったときは自分の耳を疑ったし、落ち着いてなんかいられなかったけどよぉ〜っ……
        いつまでも泣いてらんねぇーんだ。オレは……お前よりずっと早くそれを聞いていたから、今はもう、うろたえたりはしねぇ。
        (冷静で、強い口調 流石に―――前回に見たときとは、明らかに様子が違うのは気づくだろう)
        -- 2010-01-24 (日) 20:08:08
      • (正論に、表情を苦いものにする)そんな、こと、わかって、っけど……く、っそ……ち、くしょう……!! ……くっそぁあッ!!(強かった兄の死に耐え切れないように、拳を握り叫び声を床に落とす)
        (ベイガーの口調に苦い顔のままベイガーの方を向き)……フーゴの兄貴も、バイルの兄貴も……何故か、あんたを、ベイガーの兄貴を慕ってた。認めてた。敬ってた。
        (言いたいことが纏まらないのか、悔しげに唇を噛み)……これから、どーすんだよ、ベイガーの兄貴。バイルの兄貴が屋敷をからいなくなって、フーゴの兄貴が帰ってこねー今、これから、オレは、どーすりゃいいんだよッ!! -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 20:16:43
      • 何で、慕ってた……か。(少し遠い目をして、幼いフーゴの姿を思い)兄貴、だからだよ。オレが……オレが、実の兄貴じゃあよぉ〜っ。
        弟にとっては、どんな兄貴でも……慕うべき、兄貴なんだよ。オレは、そう慕われるべき兄貴じゃ無かったってだけでなぁ〜っ。
        どうすればいいかは……誰かに聞け。オレだろーと、他の兄貴や姉貴でも弟でも妹でもいい。好きに聞きゃあいいじゃあーねぇーか。
        でも……最終的に決めんのは、自分だけどよぉ〜っ……決めるまでは、どれだけでも悩んでいいと、オレは思うぜ。
        オレがそうだったからなぁ〜っ……自分からも逃げ続けて、最後に戻ってきたこの場所で……誰も彼もに頼って、怯えて、やっと……自分がどうすべきか決めれたよーになぁ〜っ。
        (目に、熱い光が宿っている その目でバッカーノをまっすぐ見た)それとも、やり場の無い気持ちをオレにぶつけるのか?
        -- 2010-01-24 (日) 20:31:11
      • (最後まで、ベイガーの言葉を直立したまま聞く)……わかん、ねーよ。
        オレだって……兄貴の言うように、悩んで、聞いて、決めて進んでいきてーけど……!! オレが、迷ってる間に、悩んでる間にッ……一個、また一個って、オレの指の間から零れていっちまう……ッ!!
        守ろうとしてた相手も、たどり着きたかった目標も、大切な人たちもッ……全部ッ!!(叫ぶと、小さく俯く)
        (俯いたまま、ぼたり、ぼたりと涙が落ちる)なあ、兄貴、オレは、よえーんだ……とンでもなく、よえーんだよ!! 兄貴たち、みてーにっ、なりてーのに、なれねーくれー、よえーんだッ……。
        (ぐい、と袖で涙を拭い)頼む……兄貴。一個だけ、頼みがあるんだ……。やり場のねー気持ちじゃねー、兄貴にしかぶつけらんねー言葉を、ぶつけさせてくれ。 -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 20:43:08
      • 弱い……か。(バッカーノの嗚咽を聞き、ただ一言だけそう漏らす)
        言ってみろ。オレが聞けることならよぉ〜っ……聞くぜ。
        -- 2010-01-24 (日) 20:47:40
      • (赤くなった瞳で、ベイガーの顔を見る)フーゴの兄貴が――慕った、認めた、敬った、誇った兄貴で……あってくれ。
        これは、オレの、自分勝手な、希望で、頼みで、願いだよっ……(溢れる涙を拭って)
        あの兄貴が、安心して、逝けるような……そんな兄で、あってくれ……(ギッ、と拳を握る)
        オレも、いつか、強くなって、誰かに誇りに思ってもらえるくらい、フーゴの兄貴みたいな人が、安心して屋敷を任せられるって言ってもらえるくれーに、強くなって見せるからっ……!!
        だから今は、オレの代わりに……よえーオレの……代わりに……ッ!(悔しげに壁を拳で横殴りし、溢れる涙を抑えきれずに俯く) -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 20:53:25
      • ……奇遇だなぁ〜っ……(ぽり、と頭を掻くと 背を向けて、部屋の窓に立てかけている一振りの剣を手に取り)
        オレも、同じことをさぁ〜っ……誓ったばかりなんだよ。この、フーゴの剣によぉ〜っ……
        オレは……フーゴの、兄貴でいなくちゃあなんねぇからよぉ〜っ……(少し、俯き)気が弱いのは相変わらず。
        風呂だって入るクセがなかなかつかねえ、部屋の片付けも下手糞だけどよぉ〜っ……それでも……
        フーゴは、言ったんだ。オレに、「立て」ってよぉ〜っ。……だから、オレは……兄貴でいる。兄貴らしく……強くなる。
        だから、お前は……今は。(振り返り)フーゴの墓を参ってこい。泣きながらでいいからよぉ〜っ……
        -- 2010-01-24 (日) 21:00:26
      • (兄の誓いを聞き、泣きながら笑う。ああ、フーゴの兄貴は、バイルの兄貴は、きっと、兄貴のこんな姿を知ってたから、あんなに慕っていたんだ、と納得できたから)
        (ぐっ、と何度も何度も袖で涙を拭う)くそっ、ったれ、甘くみんじゃねーよ、オレだってな、エリオルネッドの子、バッカーノ・エリオルネッドだ!!
        (涙と鼻水でぐずぐずになった顔で自分の胸を親指で指し)笑って分かれてきてやんぜ、そんくらいは……オレでも、できっと、思うから、さ。
        (部屋を去り際に振り返る)……ありがとな。……兄貴(心からの感謝を残し、全力で廊下を駆け出していった) -- バッカーノ 2010-01-24 (日) 21:07:57
      • ああ、そう願ってるぜぇーっ……バッカーノ。(走り去っていくバッカーノを見送ると、剣を握り、顔を上げた)
        フーゴ。ちいたあ、兄貴っぽくできたかなぁ〜っ……もっと、もっと……
        しっかりしねぇ〜となぁ〜っ。兄貴、だもんなぁ〜っ……オレはさぁ〜っ……(語りかけるように、呟いた)
        -- 2010-01-24 (日) 21:12:10
  • ベイガー、いるかしら? -- ホリィ 2010-01-16 (土) 23:37:56
    • ……ん?(ノックの音で起きて、ふとドアを開ければ居ない様子)うわ……しまったなぁ〜っ、オイ〜ッ……
      えーっとぉ(寝ぼけ眼で聞いた声を思い出してみる あの声は……)ほ、ホリィ姉さんかなぁ〜っ、多分……
      (申し訳なさげに本人の部屋に行った)
      -- 2010-01-19 (火) 00:17:11
  • こちらに挨拶に伺っちゃって大丈夫だったでしょうか。
    今月の冒険お疲れ様でした。また機会ありましたらよろしくお願いしますね。 -- リュステル? 2010-01-16 (土) 18:15:11
    • ん……?あ、ああ。冒険で一緒にいた人かぁ〜っ……お、おつかれさまーっした……(ぺこと頭を下げ)
      あ、いやぁ〜っ……オレは足引っ張っちゃうからさあ〜っ……ううう〜っ……あ、あんまり組まないことを祈っといてくれ……
      -- 2010-01-16 (土) 20:55:07
  • んー、と、ここ、だったかな?ベイガーお兄ちゃん、いる?(ドアをノック) -- ユズ 2010-01-15 (金) 23:40:15
    • ………………………(反応が無い、ドアの鍵は開いている) -- 2010-01-15 (金) 23:43:24
      • あれ、開いてる。寝てるのかな。……ベイガーお兄ちゃん?(扉を開けて中へ進んでみる) -- ユズ 2010-01-15 (金) 23:44:25
      • (暗い。その上、物が一杯で足元を良く見ないと転びそうだ……さっそく、何かに足が当たった)
        ……くー、くー……(何か、というのは、部屋の主の頭だった ばっちり頭を踏むような形で)
        -- 2010-01-15 (金) 23:51:48
      • うわっ、わあ!(尻持ちをつく) ご、ごめんなさい、踏んじゃった!
        ……ね、寝てるのかなあ? -- ユズ 2010-01-15 (金) 23:56:24
      • んが。……(目を覚まし、顔を寝ぼけ眼で上げる ……尻餅をついたユズの)……
        パンツ?(目を開けて入った物体に首を傾げざるを得なかった)
        -- 2010-01-16 (土) 00:01:35
      • え、や、ひゃぁああ。(慌てて座りなおしてスカートを直す) -- ユズ 2010-01-16 (土) 00:04:16
      • うーん……(目をごしごしとこすって)は。(顔をさらに上げれば、ユズの顔)
        うぉわ!!(ぴょん、と飛びのき、棚に頭をぶつけた)っつ!っちぃぃ〜〜〜……(頭を抑えて)え、えっと……ユ、ユズ?
        -- 2010-01-16 (土) 00:11:25
      • だ、大丈夫?頭ごちーんって。う、うん、えっと、遅くなっちゃったけど、お見舞いにきたの。
        勝手に入っちゃってごめんなさい。鍵開いてたから、つい。 -- ユズ 2010-01-16 (土) 00:17:28
      • ああ、そーか……じゃさっきのパンツはユズか……(ぽり、と頭を掻いて)お見舞い……って、ケガのことかぁ〜っ?
        流石に、ほぼ治っちゃってるからなぁ〜っ……看病とかはいらないなぁ〜っ……そ、それよりもさぁ。
        なんか……その。ヒドい部屋で、ゴメンなぁ〜っ……(はぁ、とため息をついた)
        -- 2010-01-16 (土) 00:23:59
      • 忘れて!恥ずかしいから忘れるの!……もー。
        うん、でもまた怪我しないようにこれをもってきました。じゃじゃん。(後ろ側においていた鉢植えを取り出す)
        毎日お水を上げるために帰ってきてねー、ってうーん、でもまずはお部屋片付けないと鉢植え飾れないかなあ。 -- ユズ 2010-01-16 (土) 00:28:48
      • あー、うんうん……忘れとくから、お、怒んなよぉ〜っ……(ちょっとおののきつつ)
        ……鉢植え?(それを手にとって)いやまあ、モノの上にどっか置けば、置けるだろうけどさぁ〜っ……
        まず……ここ、日が入らないしなぁ〜っ……あ、いや、気持ちは、そのー……すっげぇ〜嬉しいぜぇ〜?なっ、なっ。
        -- 2010-01-16 (土) 00:36:01
      • ものの上とかだーめ!窓、あるよね?じゃあ片付けて、窓際にかざろ!
        ヴィオレッタお姉ちゃんが、煤は体によくなくて、寿命縮むって行ってたから、きっと埃もあんまりよくないよ!
        お掃除手伝うから、ね。ね? -- ユズ 2010-01-16 (土) 00:38:52
      • ま、待った、掃除はいい、え、遠慮しとくよぉ〜っ。ホ、ホラ。勝手に動かすと怒られるしさぁ〜っ。
        わ、わかった、窓に飾るから、窓に。(幸い窓際には大して荷物は置かれていないので、すぐ置けた)
        ……(少しため息をついてから、窓を開け、その先の雨戸を開いた 月夜が広がっている)こ……コレでいいかぁ〜っ?
        -- 2010-01-16 (土) 00:46:04
      • もう、ここ、ベイガーお兄ちゃんの部屋なのに。
        うん、じゃあ、それでいい。ちゃんと毎日お水上げて、お日様浴びさせてあげてね。
        お兄ちゃん元気なの分かったし、今日はもう帰るね。おやすみなさーい。(笑って、手を振って退出する) -- ユズ 2010-01-16 (土) 00:52:04
      • ん、わ、わかった……あ、っちょ……ま……(呼び止めようとするが、既に行った後)
        ……言いそびれたなあ……見舞いに鉢植えって、すげぇー縁起悪いってこと……教えたほうがいいよなぁ〜ッ……
        (はぁ、とため息をついて、月光に照らされた鉢植えを見た)……オレでも、芽が出るのかなぁ……
        -- 2010-01-16 (土) 00:55:55
  • ……っと、待てよ、なんだここ、人が住めるような部屋じゃねー気が、すんだが。
    (扉を叩き)ベイガーの兄貴、マジでここにいんのかよ。怪我したって聞いたが大丈夫かー? -- バッカーノ 2010-01-14 (木) 18:13:41
    • ギク。(またも聞きなれない声)……(出るのが怖い が、出なくてはどうしようもないし)う、うう〜っ……
      (扉はまだ開けず)だ、だ、誰だい……?け、怪我なら……もう、ほとんど治ってるけどさぁ〜っ……ま、まだちょっと痛いけどよォ〜ッ。
      -- 2010-01-15 (金) 19:57:27
      • (部屋の中から聞こえてきた情けない声に眉根を寄せる)……あ? やっぱちげーのか? オレが聞いてたベイガーの兄貴ってこう、なんつーか(扉の前で頭を掻く)
        ああ、バッカーノだ。ベイガーの兄貴からしてみりゃ弟になんのかな。……バイルの兄貴の紹介で聞いてきた、っつーか、なんだこの状況。とりあえず扉開けてくれよ兄貴(トントントン!と扉を叩く) -- バッカーノ 2010-01-15 (金) 22:03:36
      • (扉は開けず、聞き捨てならない発言にドアに耳を当てた)ちょ、ちょっと待て、待ってくんねぇかなぁ〜っ……
        バ、バイルの紹介?バイルから、お、オレがどんなヤツだって聞いたってぇ〜〜〜っ!?
        -- ベイガー 2010-01-15 (金) 22:14:19
      • ああ、こういう意味か、バイル兄貴の言ってた、「ベイガー兄さんがしっかりしてくれたら」って……。いや、どれだけでも待つがよ……(慣れない状況に頭を掻く)
        あ? 別にどんなヤツもなにも、ベイガーの兄貴がしっかりしてくれたら家督の候補になるんじゃねーか、ってバイルの兄貴に言われたんで、会いに来ただけだよ(開かない扉に向かってぶっきらぼうに言う) -- バッカーノ 2010-01-15 (金) 22:20:50
      • あ、ああ、そう言われたのかぁ〜っ……(ずるずると扉にもたれかかり)う、うう。
        ……(がちゃ、とドアが開いて 出てきたのは……どう見ても乞食 部屋は完全に物置で電気もついていない)
        -- ベイガー 2010-01-15 (金) 22:32:05
      • (絶句)……ちょ、ちょっと、待てよ、予想と、違うなんてもんじゃねーよ……え、どうなってんだ? マジでベイガーの兄貴?
        ……だ、大丈夫かよ。なんだ、この部屋……どーなってんだ、これ……(あんまりな事態に困惑する弟) -- バッカーノ 2010-01-15 (金) 22:34:44
      • ……正真正銘、エリオルネッド直系の……ベイガー・エリオルネッドだよ……
        ……バイルは、何でか知らないけどオレのこと慕ってるしさぁ〜っ……多分、ヘンなフィルターかかってんだと思うぜぇ〜っ……ハァ……
        -- 2010-01-15 (金) 22:38:32
      • そっか。……いやあ、なんつーか……びっくりしたわ。つーか部屋くれーちゃんとしたのもらえなかったのかよ兄貴。ひっでえ、これ、物置じゃねえか。
        バイルの兄貴が? ……よくわっかんねーな、正直。……あー、まあいいや、直系ってつけるってこた、家督にも少なからず興味あるってことでいーか、兄貴(適当に言葉を投げる) -- バッカーノ 2010-01-15 (金) 22:45:28
      • ……ここ、元々からオレの部屋なんだよぉ〜っ……その、オレが家おん出されてる間に、物置になっちまったけどさぁ〜っ……
        家督……ははは、冗談だろぉ〜っ……オレが継いだら、この家は絶対破滅だろ……無理に決まってるじゃねぇかぁ〜っ……ううう〜っ
        -- 2010-01-15 (金) 22:55:14
      • 家を……追い出された……? なんだか、よくわかんねーけど、それでも、こりゃ……(何か言いたいが言葉が出てこず)
        そ、か。まあ、兄貴がそう言うなら、そうなんだろ。……わりぃ、邪魔したな。……(何か納得のいかない顔できびすを返し、部屋を後にする) -- バッカーノ 2010-01-15 (金) 22:58:05
      • ……(見送ってから、はぁ、とため息)……これでいい、これで…… -- 2010-01-15 (金) 23:06:30
  • 金貨が延々と続いている、誰かの落し物かもしれない -- 2010-01-14 (木) 15:49:19
    • ん……はっ!?(金貨を見るに、慌てて這いつくばりそれを拾う)や、やったァ〜〜〜ッ!これでメシに……
      ……(しばし考え)……んなことしなくても、メシは食えるんだっけなぁ〜っ、今は……スラムでのクセは抜けねえなぁ〜っ……(と、前を見れば)
      アレ……ずっと続いてるじゃあねえーか……誰か、落としたのかなぁ〜っ……(コインを拾いながら、その先へ?
      -- 2010-01-15 (金) 19:52:21
  • あの…おじさん……怪我はもう大丈夫?何か食べるもの持ってきたからよかったら食べて(サンドイッチと水筒の入った籠を渡して) -- フローレンス 2010-01-13 (水) 20:46:49
    • ……ぅ……?(部屋に現れた少年のプレゼントに、少し戸惑い)あ、あ、ありがと……
      (そーっと、その籠を手に取る)い、い、要らない心配、かけちまったなぁ〜っ……オレ、一応兄ちゃんなのになぁ〜……
      ご、ご……ごめんな。この部屋……臭いだろ?わざわざ来てもらったのに……(部屋には、埃臭さとベイガーの体臭が混ざり、確かに寂れたスラムのような臭い)
      -- 2010-01-13 (水) 21:24:40
      • ……うん、確かにちょっと臭うね………だから洗濯したり、お風呂入った方が…、流すだけでもいいし…… -- フローレンス 2010-01-13 (水) 21:45:39
      • そ、その……き、綺麗な服だと、どうしても気持ち悪くな、なっちゃってさぁ〜っ……10年間、ずっとコレだったからさぁ〜っ……
        ふ、風呂は、入ってもいいんだけど、その、あの。(浴場は公共だから行きづらいし、物置と化したこの部屋に水は通っていないしで、自分は風呂に入る習慣がないわで)
        ……そ、そ……そのうち、な……(申し訳なさげに頭を下げると、ぱく、とサンドイッチをかじる)
        -- 2010-01-13 (水) 21:56:44
      • ……じゃあ、約束だよ。…それ、おいしい?(サンドイッチに口をつけたのを見て) -- フローレンス 2010-01-13 (水) 22:03:44
      • あ、ああ……うん。約束だ……(もしゃ、とサンドイッチをさらにかじる どうにかしなくちゃなあ、と心の中で思った)
        うん、美味い……凄く美味いよ。(これは、心底本音なのだろう 珍しく笑って答えた)
        -- 2010-01-13 (水) 22:12:55
      • よかった…(おいしいと言ってもらえたので口元がほころんだ)
        あ、水筒には紅茶はいってるから早めに飲んでね。食べ終わったら籠に入れてこの部屋の前に置いてくれればいいから -- フローレンス 2010-01-13 (水) 22:23:33
      • うん……うん。(がふがふと食べながら嬉しそうに返事をする)ありがほ……がふがふ。
        (例によって、やはり空腹だったらしく、休みもせずにあっという間に平らげた)………ぷはっ。(紅茶も、ぐび、ぐびと熱さを意に介さないように飲み干した)
        はーっ……あ、あはは。お、置いておく必要、なくなっちゃったなぁ〜っ……(すっかり空になった籠と水筒を、直接フローレンスに手渡した)
        ……ありがとう、フローレンス。
        -- 2010-01-13 (水) 22:44:25
      • (いい食べっぷりを最後までじっと見て待ってた)…お粗末様でした。
        すごいお腹空いてたみたい…また今度持ってきてあげるからね。それじゃまた…ちゃんとお風呂入るんだよ?(手渡された籠を持って帰っていった) -- フローレンス 2010-01-13 (水) 22:49:04
      • ああ、本当にありがと……め、め、迷惑じゃなかったら、また……頼むよ。(手を振って見送って)
        ……はぁ〜っ……風呂、かぁ〜っ……ううう、仕方ない……頼んでみるかなあ〜っ……
        -- 2010-01-13 (水) 23:23:19
  • よかった…大丈夫そうね…(眠っているベイガーを起こさないよう、お花と色とりどりのフルーツが入ったバスケットを置き静かに立ち去っていく) -- エウロパ 2010-01-13 (水) 03:29:17
    • ん……(体の痛みもだいぶマシにはなってきたが、それでも寝返りを打てば痛む その痛みで目を覚まして、体を起こした)
      うう〜っ……痛ぇよぉ〜っ……(傷口を押さえて酷い寝覚めを享受すると、ふと手元に何かあるのに気づく)あ……?
      (暗い部屋でもすっかり夜目が利く、それが何なのかすぐわかった)……これ……うう、誰かの差し入れかなあ〜っ……(俯き、リンゴを手にとって)
      こんなオレでも……心配、してくれる人……いるんだなあ〜っ……ううう〜っ……(じわ、と涙目になりながら、そのリンゴを静かにかじった)
      -- 2010-01-13 (水) 21:20:45
  • んー…ここ、だな(部屋の場所を確認し)
    えーと…(コンコン、と2回軽くノックして)もしもーし?回覧板持って来たんだけどー…居るー? -- メテオール? 2010-01-11 (月) 17:39:44
    • ……か、回覧板。……うううう〜っ、きっと嫌なことばかり書いてあるんだろうなあ〜っ……あんまり見たくねえよなぁ〜っ……
      つーか、そもそもこの声誰だよぉ〜っ、まだ話したこと無い家族かなぁ〜っ……おっかねえなあ〜っ、ううう〜っ……
      (……中々ドアが開かない しかしブツブツ独り言らしきものが聞こえてくる)
      -- 2010-01-12 (火) 06:31:29
      • (//文通状態ですいません…!)
        ん…居るん…だ、よな…?(喋っている内容までは分からないが、声がしたので出てくるのを待っている が、中々ドアが開かないので悩みはじめ)
        えーと…怪しいもんじゃなくてだな…あ、俺、メテオールっつって…(居るんであれば警戒して開けないのだろうと思い、とりあえず自己紹介をしようとするが性別も年齢も分からない。言葉に詰まる黄色だ) -- メテオール? 2010-01-13 (水) 20:02:56
      • メテオール……?(誰だろう、やはり覚えが無い……だが、様子から察するに兄弟の一人ではあると思い)
        ……あ。あ。あける……よ。(がちゃ……と、ドアが開く)……ひぃっ!?(と、ヤンキー風の風体に思わず飛びのいて尻餅をつく)
        (それもそのはず、スラム街でもっとも彼を虐げ、暴力の限りをしてきたのはこういう見た目の奴らだからだ)ひ、ひっひ、ヒィーーーっ!!!
        (怯えて頭を抱えて縮こまる その姿はどう見ても乞食だし、部屋は完全に物置で電気は通っていないし、すさまじく怯えられてるし)
        -- 2010-01-13 (水) 21:17:07
      • あ、開いた こ…(これ、と言い掛けるが怯えたその声に遮られる)
        (次に目に映るは、怯え縮こまる男の姿 会った覚えも怯えられる覚えも無いが)
        …わ、悪ぃ…その、大丈夫か?(ここまで怯えられた事は無いが、きっと自分の見た目のせいだろう、とドアの向こうへ隠れながら) -- メテオール? 2010-01-13 (水) 21:45:28
      • ……あ。(条件反射で思い切り怯えてしまった よくよく考えれば、回覧板を届けにきた家族のはず)
        す……すまねぇ〜っ!(慌てて土下座した)ち、ち、違うんだ、そ、その……オ、オレの苦手なヤツに、ちょ、ちょっと、いや、本当にほんのちょっとさぁ〜っ!
        に、似てたんで、びびび、ビックリしちまっただけなんだよォ〜ッ!う、ううう〜っ……
        -- 2010-01-13 (水) 21:54:06
      • あ、いや、気にしないでくれ!(まさか土下座されるとは思わず思わずドアの向こうから顔を出すが、慌てて引っ込み)
        …もう慣れてっからさ、それに嫌いなヤツに似てたらビビるわな、すまん
        えーと…兄貴、に当たるのかな 顔合わせたくないなら、置いておこうか?(ドアの端から回覧板をひらひらさせ) -- メテオール? 2010-01-13 (水) 22:42:48
      • う、ううう〜っ……(見た目とは違い、喋り方は優しい青年そのものだ 見た目で完全に判断してしまって、申し訳なさで死にたくなる)
        そ、そ、その……か、顔には、慣れる様にする……い、今はそうしててくれ。あ、あの……オレ。オレは……
        ベイガー・エリオルネッド……一応、正妻の息子……直系のエリオルネッドだよ……
        け、けど……直系ってだけで、心底落ちこぼれなんだけど、さぁ〜っ……
        -- 2010-01-13 (水) 23:18:27
      • 了解 …でも無理だったら、気にせず言ってくれていいから
        ベイガー兄な、よろしく頼むぜー…って直系の人か!こりゃ驚いた…初めて遭遇したもんだからさ
        もうちょっと自分に自信持ってもさー…って、会って早々、ちと馴れ馴れしいかな、はは -- メテオール? 2010-01-13 (水) 23:37:21
      • オ、オレは……その。……い、色々やらかしてさあ。勘当された子供なんだよ……
        だ、だからさぁ〜っ、ずっとスラムで過ごしてて、毎日チンピラから逃げ回って……そういうわけで、本当に自信なんて持てないからさぁ〜っ……
        い、いや、いいよ。し……心配してくれて、ありがとな……(ドア越しに礼を述べた)
        -- 2010-01-13 (水) 23:45:47
      • …そか …俺は正直そういう経験無いからなんて言って良いか分かんねぇけど、さ。これからだと思うんだよ、ベイガー兄は
        だから、これから自信持つようになって、これから皆で仲良く暮らしていければ、って思う …家督の話で呼び出されておいて、仲良くも何も無いかも知れないけど、さ
        …ああ、どういたしまして、兄貴(ドア越しからも伝わるかも知れない、そんな嬉しそうな声で礼を言い)
        それじゃ、そろそろ行くよ …これ、宜しく頼むよ、兄貴(ドアの隙間に回覧板を差し込んだ後、手を振り静かに部屋に戻っていった) -- メテオール? 2010-01-13 (水) 23:54:44
  • ベイガー…?今月冒険で大怪我したってきいたけど…大丈夫だったかしら?(心配そうに部屋を訪れ) -- セシリー? 2010-01-12 (火) 23:16:07
    • ……(部屋から声がしない、……ドアの鍵は開いているようだが) -- 2010-01-12 (火) 23:28:52
      • (扉に手をかけて、覗き込んでみる)ベイガー…?いないかしら…? -- セシリー? 2010-01-12 (火) 23:44:39
      • (部屋は暗い 物置になっているその部屋はほとんどいらないものを放り込まれ、ごちゃごちゃになっている)
        (その物と物の間に横たわるようにして、ベイガーが倒れている)……
        -- 2010-01-12 (火) 23:48:07
      • べ、ベイガー!?(物の隙間に倒れているのを発見して駆け寄る)
        だだだだ、だいじょうぶ!?…あぁ…ベイガー…あぁぁああ…(今にも泣き出しそうな顔で) -- セシリー? 2010-01-13 (水) 00:00:12
      • ……う……(声に反応して目を開ける 体中包帯だらけで、顔は青い)
        あ……(目を開ければ、姉の顔)……だい、じょうぶ……もう、心配は……ないからさ……(ぐ、ぐと体を起こして)
        -- 2010-01-13 (水) 00:08:22
      • ど、どうみても大丈夫そうじゃないわ!?…せ、せめて布団で眠りましょう?ベイガー…
        もう秋で少し冷え込むし…ちょ、ちょっとまってなさいね!(慌てて部屋をでていき暫くすると)
        (使用人に手伝ってもらい、布団一式が部屋に運び込まれる…少し荷物をどかして、布団だけしけば)…ほ、ほらこの上で・・・ね? -- セシリー? 2010-01-13 (水) 00:20:27
      • ……(ここまで運んでもらって「医務室のベッドが綺麗過ぎて落ち着かずこっそり逃げてきた」などとも言えず)
        あ……ありが、と。そ、それに……このくらいの寒さなら、慣れっこだよ……
        (それでもこれ以上心配はかけまいと、おずおずと布団の上に倒れこむ)うう……心配、かけ、たね……
        -- 2010-01-13 (水) 00:30:46
  • ……なんかこの辺り変な匂いがするな。むぅ。ごめんくださーい。
    この度近所に越してきたものなんですが、引越しの挨拶に伺いました。
    あ、これ、つまらないものですが。(タオルと石鹸のセット差し出しつつ) -- ユウヒ 2010-01-12 (火) 21:20:26
    • ……(困惑した顔でタオルと石鹸のセットを受け取り)あ、あ、あ、あのさぁ〜……な、何で……
      何でこのバカ広い屋敷のピンポイントでこの部屋に届けに着たんだぁ〜っ?さっぱりわかんねぇ〜っ……
      -- 2010-01-12 (火) 22:07:24
      • いや、ごめん、広すぎて玄関分からなかったから彷徨ってたら、この部屋だけ明かりついてたから……(窓越し) -- ユウヒ 2010-01-12 (火) 22:12:44
      • あ、ああ、そう……とりあえずさぁ〜っ……こ、ここは……物置、だからさぁ〜っ。
        べ……別の部屋、回ったほーがいいんじゃねえかなぁ〜っ。ほら、あっち……(ひょい、と玄関を指差して)あそこから入ればいいから……
        この家はほとんどアパートとかマンション状態だからさぁ〜っ、一応家族だけど……
        -- 2010-01-12 (火) 22:26:47
      • え…あれ、休憩所とかじゃなくて玄関なんだ。都会ってすげーなー……(はー、と口開けて指差した先眺め)
        大家族か!いや、都会にもいるんだなぁ、大家族……うちの田舎にも25人兄弟とかいたけど。
        あぁ、いや、うん。タオルセット切れたから、とりあえず君に渡して今日は帰るわ……どうぞご家族にも宜しく -- ユウヒ 2010-01-12 (火) 22:54:38
      • ……いるもんだなあ、似たような父親も……(妾や愛人抜きで25人だとしたら恐ろしいな、と思いつつ)
        え、そ、そんな、悪ぃよ……オ、オレだけなんてさぁ〜っ、お、おい〜っ……(返そうと思ったがもう行ってしまった)
        ……ううう〜っ……フロに入るのはいやなのになあ〜っ……
        -- 2010-01-12 (火) 23:33:35
  • ん?そういえばこの部屋は……(部屋の前を通りかかると人の気配に気付いて) -- レオナルト 2010-01-10 (日) 22:30:44
    • ……ううう〜っ……新しく出来た家族も、元の家族もみんな優しくしてくれるなぁ〜っ……けど、オレは相変わらず自分が変えれないなんてなぁ〜っ……
      ううう、情けねェ〜よォ〜ッ……ちくしょう、ぐう〜っ……(かつて勘当された弟の居た部屋からぼそぼそと声がする 物置になっていたはずだが)
      -- 2010-01-12 (火) 06:21:05
      • (間違いない。この部屋はベイガーの部屋。そしてそこから声がするということは、もしや)
        (ノックして)……もしかして、ベイガーかい? -- レオナルト 2010-01-12 (火) 22:43:29
      • ッ!(がた、と中の物が動いた音)……れ、レオナルト……兄さん……!? -- 2010-01-12 (火) 23:31:13
      • ああ!やっぱりベイガーだ!(ドア越しに喜びの声をあげるレオナルト兄さん)
        入っていいかい?久しぶりの再会だ、兄さん弟の顔を見たいんだけどね -- レオナルト 2010-01-12 (火) 23:36:30
      • ……………(しばし沈黙、その後)……あ、ああ……(かきん、と部屋の鍵が外れる音) -- 2010-01-12 (火) 23:41:41
      • 入るよ……(がちゃり。弟の姿を認めると感激の声を上げる)ああ!ベイガー!こんなに大きくなって……!
        帰ってきてくれて良かった!ボクはずっと反対だったんだよ、本当は優しいお前を勘当するなんて!ああ、ベイガー!(再会に心から感激して、ほとんど泣きそうなレオナルト兄さん) -- レオナルト 2010-01-12 (火) 23:46:44
      • ……(部屋の中でうずくまっている 暗い目つきでレオナルトを見て)ひ、ひ……久しぶり、兄さん……
        い、い、いいんだ……あれは……オレが、わ、悪かったんだしさぁ〜……し、仕方、なかったんだよ……
        (実は、ベイガーは当時からこの兄が苦手だった 今ほどではないにしろ当時からスネたところのあったベイガーにとっては、道徳的過ぎるこの兄はまぶしすぎるのだ)
        -- 2010-01-12 (火) 23:51:33
      • ベイガー……ああ、本当に良かった(今頃どこでどうしているだろうか、ひもじい思いはしていないか、よもや万一のことも……。レオナルトは不出来な弟のことを心から心配していたのだ。安堵して、ベイガーの前に膝を折る)
        悪かったのはこちらの方だよ、ベイガー。そんなことはもう気に病まなくていい。済んだことだ。(相手が苦手に思っていることなど、この兄は気に留めない。弟の手をそっと握る)
        今こうして帰ってきて、また家族の一員としてここにいる。それでいいじゃないか、ベイガー -- レオナルト 2010-01-13 (水) 00:03:01
      • ……あ。(手を握られ、俯く 本当にいい兄だ、優しくて、偽善的でなく本気で人を心配している ……だからこそ、苦手なのだが)
        た……確かに、さ……オ、オレを、皆認めてくれたよ……この家に帰ってきて、みんな……
        けど、オ、オレが……オレが、認めれないんだよぉ〜っ……オレは、オレのことが大嫌いになっちまった……こうして、いじけた部屋でいじけた毎日を送ってさぁ〜っ……
        け、けど……皆が、オレを家族の一員と認めてくれたことだけは……う、う、……嬉しいよ……
        -- 2010-01-13 (水) 00:14:03
      • (ああ、やはり、中身は優しい弟のままだ。微笑んで)ゆっくりでいいよ、ベイガー。
        すぐに元通りにはならないだろう。時間も経ちすぎてしまっているから。
        でも、これだけは覚えておいで。僕たちは今の君を認めて、受け入れている。だから、ベイガーもきっと自分を許して、好きになれる日が来るはずだよ。僕が保証する。
        ……それじゃあ、そろそろ遅い。僕はもう行くよ。帰ってきてくれてありがとう。おやすみ、ベイガー -- レオナルト 2010-01-13 (水) 00:22:15
      • ……(こく、とうなずいた 自分を好きになれる日など、来るわけがないとすら思ってはいるが、兄をガッカリはさせたくない)
        い、いつか……そ、そうなれると、いいなぁ……きょ、今日は、ありがとう、兄さん……本当に……
        おやすみ……(見送ると、ドアを閉める 差し込んでいた光が遮断され、暗闇に戻り)……(こちらのほうが落ち着く、そう思ったとき)
        無理だよぉ〜ッ……兄さん……それだけは、さぁ〜っ……
        -- 2010-01-13 (水) 00:34:11
  • \ベイガーにーさーん、レオ兄さんからチョコ貰ってきたから食おうぜー!/
    (チョコ食いながら歩いてくる馬鹿) -- バイル 2010-01-09 (土) 19:47:42
    • ……んんー? んんー……(やってきた青年の顔をマジマジと見ている) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:55:55
      • あれ?部屋間違えた?(立ち止まってキョロキョロ) -- バイル 2010-01-09 (土) 20:00:40
      • う、ううん、いいんだ……オ、オレこそ、無理を言ってごめんよ……(忘れて欲しい、忘れて欲しくない、両方の気持ちで答えが出せない)
        (それゆえ、姉の言葉が嬉しくもあり、辛くもある)……と、ともかく……ありがと……うん?
        バイル? -- ベイガー 2010-01-09 (土) 20:02:57
      • あ、ちゃんと居たベイガー兄さん!レオ兄さんも帰ってきてたぞ!そんでチョコ貰ったからベイガー兄さんも食うよなー?バナナも食う?うめぇよ(チョコを一枚手渡してからもぞもぞバナナも取り出し渡した) -- バイル 2010-01-09 (土) 20:05:48
      • バイル、やっぱりバイルね。随分とまぁ……随分と……(胴着姿にコメントする言葉が思いつかない) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 20:06:57
      • ああ……ああ!エウロパ姉さんかい!?すっかり……いやあ!変わりないね姉さん!(まじまじと女性を見つめ手をポムと鳴らす)
        どうだい?このすっかり逞しくなった俺の体 凄いだろう?姉さんにもチョコとバナナあげるよ(昔からは想像できないマッシヴな体になった弟がチョコとバナナを手渡した) -- バイル 2010-01-09 (土) 20:10:20
      • い、いや……オレは、いいよ。バイルが一杯食べるといいと……思うなァ。……え、レオ兄さん……って……
        レオナルト兄さんのことか?……本当に、全員集合してんだなぁ〜っ……ううう〜、気まずいなぁ〜っ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 20:10:23
      • ビキィ ……そういえば今日ハンマーを拾ったのだけれど、どれくらい逞しくなったのか試してみようかしらね?(目が据わっている) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 20:11:54
      • ひぃっ!?(すごい殺気に尻餅) -- ベイガー 2010-01-09 (土) 20:15:00
      • レオ兄さんも美味いモンは家族で食った方がもっと美味いって言ってたから食べようよ兄さん(もそもそ押し付ける)
        ところで姉さんなんでそんな青筋浮かべてるんだい?ハッハッハ!ハンマーなんて姉さんが持っちゃ危ないよ!(背筋に寒い物を感じながら宥めようとする) -- バイル 2010-01-09 (土) 20:15:29
      • ふふっ冗談よ(ゴトリ、とエウロパの後ろで何か重い音がしたような気がしなくもない)。
        レオナルト兄さんもいるのね……私より年上って少ないから覚えているわ。
        本当に大変なことになってきたかも、この家督相続騒ぎ……。 -- エウロパ 2010-01-09 (土) 20:21:07
      • バイルは背丈や体格はかわっても、一言多いところはあいかわらずのようね。
        一応言っておくと、これでもまだ27歳だから……っと、それじゃそろそろ私いかなきゃ。ベイガー、バイル、またね。 -- エウロパ 2010-01-09 (土) 20:25:03
      • (ベイガーは見た、エウロパの背後の鈍器を)ひ……ひぃい……(さっき意見申し立てをしたことを心底後悔する)
        う、うう……実際、どうなるんだろうなぁ〜っ……こんなに一杯いて、家督なんか決まるのかなぁ〜っ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 20:25:32
      • まあ、出来ればまっとうな人についで欲しいところだけど(そう言って部屋を出て行った) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 20:26:58
      • ハッハッハッハ!姉さん!気にする事無いさ!世の中にはババァ燃えっていう男も以外と多いらしいしさ!またね、姉さん!(手をぶんぶん振って見送る)
        もういっそベイガー兄さんがズビシィーンッ!と俺が継いでやるぜェッ!付いて来いお前達!ってやっちまえばいいんじゃないかい?それじゃ渡したし俺もぶらぶらするよ またねーベイガーにーさーん -- バイル 2010-01-09 (土) 20:30:01
      • ……(二人を見送って)バイルは、思慮が浅すぎて無理だろうなあ……成長しだいかなあ〜っ……
        エウロパ姉さんは……指導者としての力もありそうだし、皆を纏めてくれそうだけど……本人にその気がなさそうに見えるなぁ〜っ……
        (で、俯いて)……オレに?冗談にもならないよ、バイル……オレが継いだら、この家はいよいよ終わりだよ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 20:36:49
  • (ガチャリ)……うわぁ。
    (物置の様子を見てまず驚く) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:12:41
    • んー……しょうがない(勝手に片付けをはじめる) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:16:43
      • ……これでよしっと。
        (満足そうな顔で部屋を出て行く) -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:19:34
      • うう〜っ、やっぱりオレにはこの部屋しか居場所が……(部屋に戻ってくれば、姉の姿)うお!?
        ねね、姉さん……な、何してんだよォ〜?か、勝手に動かしたら、おこ、怒られるしさァ〜ッ……!! -- ベイガー 2010-01-09 (土) 19:20:11
      • っとっとっと、あらベイガー。 -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:21:28
      • 居場所って……(片付け前の部屋の様子を思い出してとても人の住む場所じゃないと結論付ける)
        ……居場所? -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:24:32
      • あ、あらじゃないよォ〜っ!!へ、部屋が片付いちまって……物置なのにさぁ〜っ……
        ど、どこに片付けたのさ?お、お、オレ、元に戻しておくからさぁ〜っ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 19:25:08
      • なにを言ってるの、元はといえばあなたの部屋なのだから怒られるなんてことはないでしょ? -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:26:53
      • た、確かに、元はオレの部屋だったけどぉ〜っ……い、今は物置なんだからさぁ〜っ、迷惑になっちまうし……
        て、い、いうか……何で急に片付けになんか……? -- ベイガー 2010-01-09 (土) 19:28:11
      • 急にもなにも、折角あなたが家に帰ってきたというのにあれではあんまりよ。 -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:31:06
      • い、いや、でも……うう〜っ……(俯き、とつとつと語りだす)……お、オレ……ずっと、スラムで生きてきた、から……
        毎日、強い奴から逃げて、それでも殴られて、逃げて、誰もいないゴミ溜めでしゃがみこんで……で、でも……それが、一番、安心できる場所だったんだ……
        汚くて、臭くて、誰も彼もに忘れ去られてて……でも、だから、オレには、一番、落ち着ける場所だったんだ……だ、だから……ゴ、ゴミなんて、言わねぇけどさぁ〜っ……!
        (泣きながら、エウロパを見て)ここだけは……皆誰も見ないような、忘れられたような物置は、オレの、オレの唯一の居場所なんだよォォォ〜〜〜ッ……
        新しい生活に馴染むべきだって分かってるけどさぁ〜っ、今は、もう少しだけは……物置にいさせてくれよォ〜ッ……ううう〜っ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 19:41:06
      • (うーんと首をひねるが泣き出すベイガーを前にさすがにため息ひとつ)
        ……わかった、そこまで言うのなら私はなにも言わないわ。
        でも、ただひとつ覚えていてベイカー。例え忘れ去られた場所が一番落ち着いて、そこがあなたの居場所だったとしても
        私やみんなはあなたを忘れ去ることなんてないの。だからあまり自分を卑下しないで。
        それと……勝手に片付けてごめんなさいね。 -- エウロパ 2010-01-09 (土) 19:48:00
  • (汚物を見るような目で通り過ぎるメイドや執事) -- 2010-01-09 (土) 18:53:59
    • う、ううう〜っ……(視線に気づくと、慌てて早足で物陰に隠れる)やっぱりさぁあ〜っ、歓迎されてないんだよ、オレはさぁ〜っ……
      ホリィ姉さんはああ言ったけど、オレには堂々と振舞うなんて無理だよォ〜ッ……ううう〜っ……ちきしょォ〜ッ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 19:05:09
  • ベイガー、ホリィよ
    両手が塞がってしまっているの。扉を開けてくれる? -- ホリィ 2010-01-08 (金) 23:25:34
    • ……ほ、ホリィ……?この声は……あ。(気づく、さっきシチューを作ってた張本人だ で、思い切りシチューをぶちこぼしてしまったのを思い出し)
      うううう〜っ……顔をあわせ辛ぇなあぁ〜っ、やっぱ怒ってるのかなぁ〜っ……ううう〜、ちくしょう、嫌だなぁ〜っ……
      (恐る恐る、ドアを開ける――と同時に、土下座)ごめんなさぁぁいぃぃぃ〜〜〜っ!!!
      オレ、オレは決してあんたのシチューがまずくってとかそう言うつもりは無かったんだ、ううう〜っ!! -- ベイガー 2010-01-08 (金) 23:35:05
      • ふふっ。そんなにおびえなくてもいいわ。怒ってなんかないもの、安心して
        さっきあまり食べられなかったみたいだから…少し分けて持ってきたの。這いつくばるのはやめて、部屋に入れてくれる? -- ホリィ 2010-01-08 (金) 23:42:23
      • うぇ!?(その言葉に驚き、顔を上げる)お、お、オレなんか……残飯をあとでこっそり食べる、それぐらいでいいのに……わざわざ?
        う、ううう〜っ。(涙がぼろぼろこぼれる)うう、ううう、もったいねえ、オレには勿体ねえよォ〜ッ。グスッ、ううっ。
        (その場で泣き崩れてしまっている ……部屋の中は電気も通っていないし、ホコリまみれで物がひしめいていて、どう見ても物置だ) -- ベイガー 2010-01-08 (金) 23:54:46
      • 何言ってるの。何処の世界に家族に残飯食べさせるような家があるのよ…もう(手近な台なりテーブルなりの埃をハンカチで拭き取って、そこにシチューとサラダとパンをいくばくかずつ乗せた盆を置く)
        燭台も持ってくるべきだったかしら。さ、食べて? -- ホリィ 2010-01-08 (金) 23:58:06
      • うう、すまねぇ、申し訳ねえェよ〜ッ……グスッ。(恐る恐る、スプーンでシチューをすくい、口に含む)……う、美味い……
        が、がふっがふっ(美味いとみるや、我を忘れてがふがふとシチューをあおる)う、げ、げほっ、げへっ!!!
        (慌てて食べたせいか胃が暖かい食べ物に慣れてないか、思い切りむせて咳き込んでうずくまる)ゲフッ、ゲホッ! -- ベイガー 2010-01-09 (土) 00:04:12
      • あらあら……(淀みなく水差しからグラスに水をついでベイガーの前に差し出す)
        はい、お水。美味しく思ってくれるのは嬉しいけれど、そんなに慌てて食べたら体に悪いわ -- ホリィ 2010-01-09 (土) 00:05:52
      • ご、ごほっ……(水を飲み、何とか落ち着かせるとぜえはあと息を吐き)うう、だ、だって、あったかい食べ物、食べたの、もう何年ぶりか……
        ううっ、うめぇ、うめぇよぉ〜ッ……(先ほどよりは落ち着いて食べ始める……が、泣きっぱなしだ)うう、ううう〜っ。
        オレ、ずっとゴミ箱でメシをあさってる毎日だったから、ううう〜っ。嬉しくてさあ〜っ……グスッ…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 00:16:06
      • …ごめんなさい、私にはそんな辛い経験はないわ。だから、ベイガーの境遇についても何も言えないの
        でも、こうしてあなたも招集された以上、エリオルネッドの家族に戻ったのよ。過去を忘れろなんて言えないし、しみついたクセはなかなか消えないから今すぐ変われとも言わない
        でも、少しずつでいいからもっと堂々としていけたらいいんじゃないかしら
        少なくとも今屋敷にいる兄弟の大多数は、あなたを差別したりなんてしないわ。ラファエラ、スティ、バイ、それにヴィオレッタ…みんなベイガーを自分たちのところへ招こうとしてくれていたでしょう? -- ホリィ 2010-01-09 (土) 00:21:59
      • ううっ、ううう〜っ……(ホリィの話を聞きながら、食べる手を止めず、泣きながら間食する)ご、ごちそうさま……
        ……(うつむき、暗い顔で)確かにさあ〜っ……オレのこと、結構……みんな、優しくしてくれるんだよなあ〜っ……こんな薄汚いのがいても、いやな顔ひとつしないでさぁ〜っ……
        けど、皆に認められても、オレが認められないんだよ……オレは自分がダメな奴としか思えないし、この状況から逃げることができないんだよ、ううう〜っ……
        自分のいじけた性格も嫌いなんだけどさぁ〜っ……治したくて治せたら、苦労しないよなぁ〜……綺麗な服を着れば吐いちまう、堂々と歩けない……
        何とかしなきゃって思うけど……ううう〜っ……(どうも、根を張った最下層意識は予想以上に深いようだ)が、がんばりたいけど、さぁ〜…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 00:32:57
      • そのときは外側から何とかしてあげるわ。型に填まってしまえば人間以外と順応しちゃうものよ
        その気があれば、時間がかかっても何とかなるわ。あきらめないで、ベイガー -- ホリィ 2010-01-09 (土) 00:35:40
      • ううっ……ごめんなぁ〜っ……迷惑かけちゃってさぁ、本当マジでダメな奴だと思うよ、ううう〜っ……
        (ぐじぐじと顔を拭くと、あ、と思い出したように)え、えっと……(おずおずと、お盆を差し出した)
        ご……ごちそうさま…… -- ベイガー 2010-01-09 (土) 00:49:47
      • 迷惑だなんていわないの。退屈しなくていいわ
        お粗末さま。できたらこれからはちゃんとテーブルについて食事してちょうだい -- ホリィ 2010-01-09 (土) 00:50:37
      • う、うう、それは……しゅ、集団、怖ぇしよぉ〜っ……(目がうろうろ)う、あ、いや……
        が、が、が、がんばる………(かくーんと肩を落とした 様子から見るに、しばらくは無理そうだ……) -- ベイガー 2010-01-09 (土) 01:03:51
      • 焦らなくてもいいわ。すぐに結果が出なくても頑張ってくれたらいい
        その代わり、頑張ってちょうだいね。姉さんとの約束よ -- ホリィ 2010-01-09 (土) 01:06:54
      • う、うう……うん。(申し訳なさでまた涙がにじんでくる)あ、ありがと……ねえ、さん。(ぺこり、と深くお辞儀をした) -- ベイガー 2010-01-09 (土) 01:09:58
  • (床にまんべんなく足跡をつけて回るぬこ) -- 黒ぬこ 2010-01-08 (金) 19:46:15
    • ……ぅお?(物置でくすぶっていると、入り込んでくる猫)……あれ、お前、今日の冒険で一緒に居なかったか?
      ううう〜っ……気兼ねなく話せるのは人間じゃない奴ばっかりだなあ〜っ、オレってさぁ〜……(ため息をつきながらぬこの頭をなでた) -- ベイガー 2010-01-08 (金) 21:29:09
      • はっ!ばれたんぬ!(なでられながら)
        まぁでもにんげんじゃないのばっかりなんぬこのさかば -- 黒ぬこ 2010-01-08 (金) 23:04:16
      • うわぁあぁあ!しゃべった!!(思わずおののく)……まあ、この町の有名さに一役かってるからなあ〜っ……それ……(なでなで) -- ベイガー 2010-01-08 (金) 23:31:54
  • ヴェイッガーッ!おまえ久しぶりにあったと思ったら骨董趣味に目覚めてたのか!すごいなこれどこの時代のツボよ(物置と知らず適当なつぼを持ち上げて) -- ジャスティス 2010-01-08 (金) 18:35:44
    • (ビク、と物置の奥の影が動いた よく見れば薄汚れた服を着ている)ひ……あ?ジ、ジャスティ兄さん……かい……?
      ち……違うよォ〜……これは、勝手に置いてあった物だし……お、オレの持ち物は何にもない…… -- ベイガー 2010-01-08 (金) 18:50:17
      • おうよ!そのまさかの俺よ!(ベイガーの姿を見るなり)どうしたベイガー!賊か!賊が現れて襲われたか!違うのか!
        なぁにぃ...そんじゃなんだってこんなに荷物があるんだ?なぁるほど物置代わりに使ってたんだな屋敷のやつぁ。かーっみずくせぇぞ兄弟!こいつら片付けたいなら言ってくれりゃいいのによ!そーれハッスルハッスル!ぬぅん!(窓を開けるや否や外に放り投げ始める) -- ジャスティス 2010-01-08 (金) 21:32:38
      • わ、わぁーっ!!!ま、待ってくれよォ〜ッ!(慌てて止めると、窓から外へ出て物を拾い集める)ううう〜っ、いいんだ、オレにはこんな部屋でも十分過ぎるんだよ……
        もともと勘当された身なんだ、その上こんな乞食に身をやつして帰ってきたんだし……ううう〜っ……(拾ったものを物置に置きなおして)
        それより、物が壊れてこれ以上オレの立場が悪くなったら、オレ、オレぇ〜っ……グスッ、ひぐゥ〜〜〜ッ……(片づけをしながらぼろぼろ涙をこぼし始めた) -- ベイガー 2010-01-08 (金) 21:36:36
      • そ、そうかそりゃすまなかった...じゃねぇ!立場なんて関係ねぇじゃねぇか。兄弟だってのになにを恥じることがあるってんだよ
        勘当とか!乞食とか関係ねぇ!俺なんざ戦争屋だ。金と名誉ほしさに人殺しよ...ということだ。んなことみててもしかたねぇだろ?(いや悪かったって兄弟の部屋に要らないものとしておかれてたから大したもんじゃねぇと思ったし...と謝りつつ)
        まぁなんだ。困ったこととかあったら遠慮なく言ってくれよ。おれはぁ兄弟が辛い目にあってるってのに戦争だなんだでなにもできなかった。今度は一緒に住んでるんだ、兄弟のためならなんだってやってやるぜ!御法に触れることもちょっとはいいと思うぞ
        さしあったってだが腹減らないか。食堂いってメシ食おうぜメシメシ!(カモン!片付け後でいいし!手伝うし!と手招きマッスル) -- ジャスティス 2010-01-08 (金) 21:50:54
      • ううう〜っ、すまねぇなぁ〜っ……兄さんには帰ってきて早々に迷惑かけちまってさぁ〜っ、ううう〜っ。
        それでも、誰かのために戦ってるんだ、オレなんかよりずっと立派だよぉ〜っ……
        (ぐすぐすと泣きっぱなしで)うう、気持ちは嬉しいけどさぁ〜っ……オレなんかのためにそんな無理しなくていいよォ〜ッ。……オレ、自分でなんとかするから……
        え、メシ?……あー、えっと……(目をうろうろさせて)さ、先に言っててくれよォ〜……後で、行くから……
        (……で、玄関でのやり取りに続くわけである) -- ベイガー 2010-01-08 (金) 22:00:18
      • //まさかのつなぎに感動せざる終えないジャスティスであった。強引でごめんなさい(へこへこ) -- ジャスティス 2010-01-08 (金) 22:09:28
  • くそっ、ちくしょう……オレの部屋、使わないからって物置になんかしやがって……ちくしょう。だけど……まあ、いいや。
    オレにはキレイな部屋なんて無いほうがいいんだ……どーせ、跡継ぎが決まったらまた追い出される。そしたらまた辛くなる……ちくしょォ〜。 -- ベイガー 2010-01-07 (木) 02:18:43
  • ……ちくしょォ〜、今更なんだってんだよ……オレなんか……あの家に今更行ったって……
    ちくしょう、ちくしょう……(暗い足取りでエリオルネッド邸へと) -- ベイガー 2010-01-06 (水) 21:44:17

Last-modified: 2010-05-17 Mon 20:18:58 JST (4426d)