レイキャヴィーク家出身 ヘイル・レイキャヴィーク 116131 Edit

ID:116131
名前:ヘイル・レイキャヴィーク
出身家:レイキャヴィーク
年齢:38
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
誕生月:5月
在席時間:平日:21:00〜1:00
休日:18:00〜5:00
イメージCV:楠大典
BGM:Hail to The Geek
設定画:全身図 
アイコン:http://1st.momo.net/uploader/img/adv010133.jpg
所属:hero22507.jpg

私の理解の範囲内でお答えしよう Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst010499.jpg

冷気の漂う研究室 Edit

ヘイル>名簿/116131
&color(SlateBlue){};

編集 / 差分

お名前:
  • 今年のバレンタインは凄いわよ〜、じゃ〜ん!大地の精の特製チョコロール!・・・名前負けとか言っちゃダメよぉ。
    ヘイルさんの引退で、酒場最強討伐学者がお姉ちゃんになったらしいのよね〜。なんていうか・・・実感無いわねぇ。
    なんだかヘイルさんの気持ちが分かった気がするわ〜。 -- アーシュラ
  • (軽くノックをして部屋に入る)失礼します。…初めまして。新しく魔術師協会に加入させていただいたビエタと申します。
    よろしくお願いします。(前髪を押さえお辞儀する) -- ビエタ
    • えぇ、こちらこそよろしくお願いします。 私はヘイルです。 どうぞよろしくお願いします。
  • キーッ!!キキッ!ホッ! -- 槌の達人・ニホンザル?
    • えー、まぁ・・・。 お疲れ様です・・・。
  • どもも〜♪ 今年のバレンタインはちょっと時間無くて買いチョコなの、ゴメンね〜。でも美味しいはずよぉ♪
    う〜ん、やっぱり討伐最強学者の魔力は凄いわねぇ。お姉ちゃん引退までに追いつけるかしらぁ・・・ -- アーシュラ
    • いえいえ、いただけるだけでもありがたいというものです。
      最強・・・ですか。 そんな実感はないのですがね・・・。
  • ルーンか……文化に根ざした価値観が表れていて、なかなか興味深いよね。
    と、失礼。僕はシュミテル、新しく魔術師協会に入ってね、今挨拶回りをしているのさ。よろしく頼むよ。 -- シュミテル?
    • 協会の新人さんですか、わざわざ挨拶お疲れ様です。
      うーん・・・、私の場合はルーンではなく純粋な魔導器を介した魔法って感じなんですがね・・・。

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • 大陸出身者。
  • 大陸では大学の教授を務めていた。
  • 科学と魔法の関係を研究している学者。
  • 見聞を広めるためと、研究を進めるために様々な国を渡り歩いていた。
  • 大陸の事情についてはやや詳しい。
  • 冷めたコーヒーをよく飲んでいる。

外見 Edit

  • 白衣は基本。
  • 氷魔術を使うため常にマフラーと手袋を装備。(夏でも同じ格好であるが魔術のおかげで涼しい)
  • 青い髪に青い目。 髪は後ろで縛っている。
  • メガネをかけていて、外すと何も見えなくなる。
  • 杖は折り畳み式。 通常時は腰に携帯していて簡易のものであれば魔術を行使可能。

机の上 Edit

http://1st.momo.net/uploader/img/adv005787.gif <地味ーに酒場最強だと・・・!?
誇れるほどのものではないでしょう > http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst001567.jpg
http://1st.momo.net/uploader/img/adv010945.png http://1st.momo.net/uploader/img/adv010781.gif
人形が置かれている
いただきました
ビコウさんから

覚え書きメモ Edit

訪問者 Edit

今日1人 昨日0人 累計2627人

難しい本の並ぶ棚// Edit

書き掛けの研究論文 Edit

机の上には走り書きのメモ書きが散らばっている。

  • 魔法の種類には精霊魔法、召喚術、紋章術などいろいろあるが、一般的に普及しているのは基礎魔法である。
  • 基礎魔法とは
    • 自然現象を人工的に発生させる魔法のこと。
    • 現在確認されている属性は炎、氷、雷、光、闇の五つ。
  • 魔導器を用いれば誰でも魔法は使用可能。
    • 生まれつきの才能で魔法を使える者もいる。
  • 魔法で最も大事なことはイメージすること。
    • それぞれの属性の現象を科学的に解明すれば、より効率の良い魔法の行使が行える。
      • 効率が良くなるだけではなく応用も幅広くなると考えられる。

ある程度まとめられた研究ノート Edit

属性魔法の個人的解釈。

  • その前に定義として、『魔法とは自然現象を魔力により人工発生させる技術』とする。
  • なおこの解釈はほかのキャラでも使用していく予定。

Edit

  • 一般的には炎を生み出す魔法。
  • 自然現象の炎は『気体が燃焼し、光と熱を発生する現象』
    • 気体を燃焼させるにあたって、重要なのが酸素であり。 酸素が存在しない場所では炎の魔法は使用することができない。(ただし酸素を魔法で供給できるのであれば可能とする)
    • 前述したとおり、酸素が多く供給できるほど炎の燃焼効率は良くなる。 通常は空気中に存在する酸素を消費するため、酸素供給が追い付かず炎の色は赤となる。
      ただし何らかの方法で炎に酸素を供給し燃焼効率を上げた場合、炎の色は青となる。
  • 炎を理解している魔術師は、より効率よく炎の燃焼をおこなうことが出来、炎が青色の蒼炎となる。

Edit

  • 一般的には氷を生み出す魔法。
  • 自然現象の氷は『低分子物質が固体となる現象』
    • 氷とは一般的に水の固体状態であるが、酸素や二酸化炭素の個体も氷と呼ぶことになる。
    • 通常、液体は常温で分子がバラバラな状態で常に動いている(常に振動している)状態である。 この分子の振動が停止することにより液体の温度は急激に低下する。
      そしてこの分子同士が結合し凝縮することで固体の状態。 言わば氷となるのである。
      ※通常液体が固体となるとき体積は減少するが水の場合、体積が増加する。
  • 氷を理解している魔術師は、氷を生み出すのではなく物質の分子の振動を停止させ対象を凍結させることができる。
    (なおヘイルの魔法はこの種類に該当する)

Edit

  • 一般的には雷を生み出す魔法。
  • 自然現象の雷は『空と地の間に閃光が走り、轟音が鳴り響く現象』
    • 実際には雷は電流であり、荷電粒子の移動である。(おそらく術者は理解していなくても無意識に使用していると思われる)
    • 荷電粒子はこの世のあらゆる物質に存在しているため、場合によっては自らの魔力を大量に消費しなくともかなりの電流を操作できると思われる。
  • 雷を理解している魔術師は、電流に係るありとあらゆる現象を操作できることができる。

Edit

  • 一般的には光を生み出す魔法。
  • 自然現象の光は『電磁波の一種で可視光線のこと』
    • 光は波動と粒子の二重性を持ち、光源や観測者の速度にかかわらず相対速度が変化しない。
      (つまり術者が走りながら光魔法を放ったとしても光魔法の速度は、停止した状態で放った時と同じ速度になる)
    • 光は通常直進するが、条件によって反射、屈折、回折する。 これは利点でもあるが弱点でもある。

Edit

  • 一般的には闇を生み出す魔法。
  • 自然現象の闇は『光の届かない周囲全体が、黒またはそれに近い色に包まれた状態のこと』
    • 闇は破壊的なイメージを持ち扱いが難しく、一般的には定まったイメージが無いので非常に不安定。
      ただし闇と言える状態に最も近い現象が存在する。 それはブラックホールである。
    • ブラックホールは自己重力の極限の縮小である。 ブラックホールの周囲は非常に強い重力場が発生し、一定の範囲では脱出速度が光速を超えるため光が外に出ることが出来なくなる。
      この状態は闇に等しい。
  • 闇を操る魔術師はいわばブラックホールを操っていることと同じになる。

Last-modified: 2008-08-24 Sun 16:08:49 JST (4123d)