ルルイナ家出身 リィエ・ルルイナ 171840 Edit

ID:171840
名前:リィエ・ルルイナ
出身家:ルルイナ
年齢:22
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
在宅:19:00〜25:00ぐらい

(……私は…)

酷く重たい瞼を開けると、どろりと瞳に流れ込む赤い液体。
拭おうとするが、腕が動かない。在らぬ方向に曲がっているから。

 ゴポッ…

何かを言おうとしたが、溢れたのは血だった。

隙を突かれ、オーガの一撃を食らったことを思い出す。

(…マオウ…様……)

澱んでいく意識の中、主人の名を呟いた…。




…何も見えない、…何も聞こえない。

それでも私は何もない空間を見ている。
もう何も見えていないけれど、そこに居るのが判る。


私は、微笑んだ。




リィエ・ルルイナ
黄金暦105年7月 人型の怪物討伐依頼にて死亡──




qst008241.gif


出迎える人は居ない Edit

編集  差分

お名前:
  • リィエ、久し振り……あれから色々あったんだってね
    でも、向こうでご主人と一緒にいられるのもいいのかもね。さよなら、あたしの友達。向こうで幸せにね -- 2008-09-15 (月) 12:55:54
  • 久しぶりの挨拶が別れの挨拶になっちまうとはな……お休み、リィエ…… -- リュンクス? 2008-09-03 (水) 06:39:48
  • …マオウさまが甦ってリィエさんがいなくなって…それじゃあ何も意味がないよ
    ううん、もしかしたら、リィエさんには意味があることだったのかな…いつか向こうで、また会おうね…(黙祷を捧げ名残惜しげに歩み去る) -- ゆきり 2008-09-02 (火) 07:14:01
  • そう、二人で歩き出したんだね、君の望みは叶ったんだね、おめでとう。
    でも今だからこそ、もっといい結果もあったんじゃないかってね、そう思うときもあるよ、にひひ、私に言えた義理じゃないね、それじゃあ…また、ね? -- ポイフル 2008-09-02 (火) 03:04:03
  • マオウと二人で仲良くしてたリィエさんを見ることはもう無いのかなー…残念だねー、もう一度見たかったよー…お疲れ -- イオス? 2008-09-02 (火) 02:44:15
  • リィエさん……結局…マオウ様には会えたのかな……幸せだったのかな……。
    また、二人が並んでる姿を見たかったな…。昔みたいに海で遊んだり……したかったな……。リィエさん……。 -- リクウ 2008-09-01 (月) 23:07:48
  • リィ…エ……?うそ…そんなこと、あるわけ……
    この前約束したばっかりなのに……ちゃんと二人目標のために頑張るって……!やらなければいけないことをやるって…!
    これじゃあ…約束守れない、よ……?こんなところで終わりなんて…だめ、なのに…… -- カノン 2008-09-01 (月) 23:01:06

最新の7件を表示しています。 コメントページを参照

日記帳が机の奥にしまってある Edit

黄金暦105年 7月 人型の怪物討伐依頼 Edit

(…日記が書かれることはもう無い…)



血で汚れたメモ帳 Edit

前みたいに使ってみよう。そうすれば収まるかもしれない。

マオウ様のためなら…。

ここで話を一旦別の所に移そう。
れっきとした老舗旅館だったここには様々なうわさがあった。
以前からうちの学校の修学旅行先として使われていたせいか、先輩たちからも色々と聞いてはいたんだ。
上には気をつけろ。 そのフレーズを何度か聞いていたことを思い出した。
関係ないと思っていたけれど、こうもみんなが天井に何かを感じているのなら仕方がなかった。
わるいことに、それはどうやら別の部屋でも同じ事があった事を後から聞いた。
ルート上としては大浴場のすぐ近くにある女子の部屋。
なっちゃん、本名 三沢奈津子っていう、夕方に俺らに同行してた女の子のいる部屋だ。
本を読んで大人しく過ごしていたら、ハっと天井に違和感を覚えたっていう。
当たり前の男子の部屋に遊びに行く事を画策してはしゃいでいた他の女子も、すぐにそれに気づいた。
ニットの帽子を被った子がじーっと天井を見つめていると、「これ、先輩が言ってたやつ?」と口にした。
のってくるのには時間はかからないかった。なっちゃんを含むほかの女子がなになにそれと問い詰める。
ロクでもない噂話の要点は、天井に何かいるということ、それを意識してはいけないということ、首の無い地蔵のこと、
わっか(?)に近づいてはいけないということ、他にもとりとめのない内容がいくつも連なったが、
レクリエーションとしては考え辛い、ゾッとする、しかし具体性を持った噂ばかりだった。
留っているのはとりあえず辛かったのか、まずは画策していた男子の部屋へ遊びに行く事をまずは実行に移すことにした。

お越しいただいたお客様方です Edit

大切に保管されていたようだ Edit

コメントログ:

描いた
自画像です / キラッ☆ / ミニリィエ / チェーンソーメイド / え?どうかしたんですか? / 海へ / 卒業!

日記
もうおわりですか? / CHAINSAW MAID! / 超巨大ムカデ / コボルド大行進 / さようならコルルクさん

描いて貰った
SD化していただきました / 七色に光りました / MTG化 / マオウ様と私 / 黒髪 / マオウ様と私

宝物
マオウ様から頂いたイヤリング

Edit
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst004718.gif

Last-modified: 2008-09-01 Mon 21:55:40 JST (4467d)