岡本家出身 響 413297 Edit

ID:413297
名前:
出身家:岡本
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿
BGM:空気力学少女と少年の詩
施設/私立ゴルロア学園
風邪っぴき待機


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst065937.jpg

設定 Edit

  • 「次元渡り」という体質を持つ少女。
    • 色々な世界を旅したり色々な世界を救ったり色々な世界で志半ばに倒れたりしてきた、という記憶がある。
      • が、その記憶は夢のようにしか彼女には感じられず、経験値も次元を渡る度に振り出しに戻る為、次元渡りの直後は常にフレッシュな女子高生程度の力しか無い。
  • 過去に少なくとも一度、この世界に訪れた事がある。
    • その際、とある冒険者の庇護を受けていたようだが……?
    • 現在はその時住んでいたアパートにて一人暮らし。
  • 転移する前は、女子高生であった。
    • 「とりあえず学校機関でこの世界の常識を学ぼう」と判断し、ゴルロア学園に入学。
      • 黄金歴164年4月にM科を卒業。研究科へと進学。

性格 Edit

  • 引っ込み思案で打たれ弱い割にツッコミ体質。
  • 何かと言うとすぐ涙目。
  • 長いものには巻かれる性質で、愛想笑いとか得意です。
    • しかし、こうと決めたら梃子でも動かない頑固さも持つ。

外見 Edit

  • 身長152cm。
    • 割と不釣り合いなバスト(85)保持者。
  • 院生現在は、私服の上に白衣を着ている事が多い。
+  もらいもの

能力 Edit

  • 蓄積記憶 ”次元渡り”特有の能力。今まで世界を渡る中で得た経験の蓄積。ただし使いこなすには相応の能力的成長が必要。
    • 記憶力・理解力 人並外れて良いレベル。割と凄い。
  • 高速思考 下記の能力の大元。戦闘中にも高速で思考し、適切な判断が可能。
    • 高速筆記 上記と併せる事で神速の事務仕事が可能となる。
  • 魔術 炎の魔術師。魔力操作は良。
  • 錬金術 アメストリス式。 武器、特に剣との親和性が高い。
  • 体力 普通。よく運動する女子大生程度にはある。
  • ツッコミ 要努力。
+  戦闘設定

とある安アパートの一室 Edit

響>名簿/413297
COLOR(#B22222){}

http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=%A1%D8%B7%D6%B2%D0%A4%CE%A5%DE%A5%E9%A5%D5%A5%A9%A5%EB%A5%C8%A5%A5%A5%CA%A1%D9 記録01

お名前:
  • (研究で根を詰めたのか、今日も遅く帰ってきてみれば部屋の鍵が開いている)
    (うっかり鍵を閉め忘れた記憶はないし、合鍵を持ってるとすれば一人だ。 とはいえ部屋に明かりは灯っていない) -- 数多 2010-10-26 (火) 02:02:31
    • …あれ、鍵が。数多君……?
      (暗がりの中を進む。勝手知ったる我が家ということで、滞りなく玄関から居間へと入っていくが……?)
      -- 2010-10-27 (水) 00:07:47
      • (進めば予想の通りに彼はいて、声に答えることはなく。 響の方をゆっくりと振り向けば表情薄く、にごった瞳で見つめて) -- 数多 2010-10-27 (水) 00:55:35
      • (月明かりのみが照らす部屋の中、淀んだ視線に戸惑いのそれを返して)
        …数多、君?(どうしたの、とは聞けない。自分は何故こうなっているのか。どれほどの気持ちなのかを感じる事はできないのだから……ゆっくりと歩み寄り、数多の前へと)
        -- 2010-10-27 (水) 00:59:36
      • (近づいてきた響の胸倉を掴んで、壁に押し付ける。言葉は無い、自分でも何がしたいのか分からない。ただ息だけが荒い) -- 数多 2010-10-27 (水) 01:12:22
      • きゃ……!(痛みに眉根を寄せつつも、抵抗はしない。ただ、自分では力になれないことが悔しく、悲しい)
        これで、少しでも数多君の気が紛れるなら…私は、いいよ(だから、そう言って体の力を抜く)
        -- 2010-10-27 (水) 01:16:00
      • (ずっと諦めたままだったら、こんな気持ちにはならなかったのに。 生きる為に保ってきた思いも今は深く暗い)
        ……っっ(その抵抗をしない様も何処か気に入らなくて、思わず頬を張って乾いた音が響く)
        (胸倉を掴んだ手で引っ張って、乱暴に床に押し倒した) -- 数多 2010-10-27 (水) 01:36:04
      • っ、ぅ……(頬を張られ、押し倒されて背中をしたたかに床に打ち付けた)
        (どうすべきなのか、分からない。分からない故に、今はただ数多のやすらぎとなりたい、と強く思い、腕を回して頭を抱き寄せる)
        -- 2010-10-27 (水) 02:09:01
  • こんにちはヒビキちゃん。(頑張って声を低くしている、そんな高めの声でお菓子を差し出す少年っぽい
    これはボクからのホワイトデーのお菓子、よかったら食べて。(本人は変装しきっている心算らしく、役を演じることに徹している) -- 謎の少年? 2010-10-21 (木) 00:35:04
    • あ、え?(こんな人知り合いに居たっけなぁ…?と訝しみつつお菓子は受け取る)
      あー、その。ありがとうございます……? でもその声、どこかで聞いたような……?
      -- 2010-10-21 (木) 00:36:31
      • それは熱烈な告白なのかな?(にやりと笑う少年っぽい)
        残念だけどボクはもう行かないと。 またね、ヒビキちゃん

        (暫く離れた所で帽子を取って大笑いする妖精) -- 謎の少年? 2010-10-21 (木) 00:43:11
      • いえべつにそういう訳ではー…あ、はい。どうもありがとうございます……?
        (結局最後まで誰だったんだろうと悩んだ挙句、数日後に気づいて研究室で大声をあげてしまった響であった)
        -- 2010-10-21 (木) 00:45:20
  • 着てみてから何でこんな服買っちゃんただろうと頭を抱える25歳) -- 2010-10-18 (月) 23:47:17
    • ………!? お邪魔、しました……(開けたばかりの玄関のドアをそっと閉じる) -- 数多 2010-10-19 (火) 00:49:13
      • え、えぇぇぁぁぁ!? ちょ、ちょっとたんまー!!(その服装のまま追いかけてドアに鼻をおもいっきりぶつける)へぶ -- 2010-10-19 (火) 00:54:04
      • !?(閉じた直後にドアが響かせた派手な音にびくっとなって) …っだ、だい、大丈夫か……… -- 数多 2010-10-19 (火) 01:01:36
      • だ、だい、じょうぶ……(鼻頭を抑えつつ数歩後ずさり)
        いやその、コスプレがしたかったとかそういう訳ではなくて、その……いえ、したかったんですけど
        -- 2010-10-19 (火) 01:06:31
      • (赤くなった鼻をみておろおろしつつ) ……いいんだ。 -- 数多 2010-10-19 (火) 01:22:27
      • 分かり合えた…!!
        それはともかくようこそ。いつも通り、散らかってるけど。(言葉から受ける印象よりは整頓された部屋の中へと薦める)
        -- 2010-10-19 (火) 01:25:28
      • (どこに売ってたんだろうこんな服、と背をまじまじと見ながら追いつつ)
        ん…教室は冬休みだし、することなくってさ。 何か、変わったことはあった? -- 数多 2010-10-19 (火) 01:46:44
      • (そんな視線に気付きつつも突っ込まれると曖昧な笑みを浮かべざるを得ないので内心戦々恐々な恋人)
        変わったこと…えーと、富豪って呼ばれるようになったとかついに魔導器拾ったとか…闇属性だけど。どうせなら炎が良かったんだけどなぁ……数多君の方は?
        -- 2010-10-19 (火) 01:52:01
      • (……色々といいたいことはあるけれどどう突っ込んだものか分からない、本当に分からないので攻めあぐねてる恋人)
        いーなぁ……おめでとう。 こっちゃそういうのは相変わらずだ、魔導器だけはちょくちょく拾うんだけどな。 まぁ、冒険の方はこれといってなんともねえ。
        やぁっと教師生活も板についてきたんじゃないかな、卒業生も送れたしね。 -- 数多 2010-10-19 (火) 02:06:59
      • (流れ始める石川智晶)
        ギリギリギリ……いやまぁ嫉妬しても仕方ないしー…
        そっか、卒業生・・・どうだった? やっぱり、ずっと見てきた生徒を卒業させるのは…私達がその場に居た時とは、違う?
        -- 2010-10-19 (火) 02:17:41
      • 響が剣の一本でも拾ってりゃ、思う所はあったかもしんねえけどな。
        ん……そんなに…変わんなかったよ、やっぱり寂しいもんだったし。 でも、僕はもうあいつらを護ってやれない。帰りを待つ権利もない。 -- 数多 2010-10-19 (火) 02:29:10
      • (実は拾った近接武器は錬成の参考用に解析してバラバラになってるとかいえない)
        んー……護ってやれない、ってのはそうかも。っていうか、護られるだけの存在じゃないから、卒業して一人前の冒険者になったんだろうし
        …でもさ、帰りを待つ権利が無いって訳じゃないんじゃないかな?(にっこりと、ふやけるような笑顔で)
        -- 2010-10-19 (火) 02:33:02
      • (見渡してみて武器の部品が見当たらないのは整頓の賜物だろう、見つけたら悲しい顔になるかもしれない)
        それは…そうなんだけどな。 そうなんだけど……(へらっとした笑顔をわしわし撫でて)んあぁ、なんだろうな、言葉に出来ない。 -- 数多 2010-10-19 (火) 04:17:02
      • (大半を研究室に持って行ってて良かったと胸を撫で下ろした瞬間であった)
        んぅ。……大丈夫。数多君はきっと、卒業して行った子達にとってずーっと「先生」だよ。(ウィンクしつつ、心地良さそうに撫でられている)
        -- 2010-10-19 (火) 04:40:24
      • ぅむ…………(なんだか言われた事が妙に気恥ずかしくって俯く)
        こいっつ。(顔をまっすぐ見たくないのでそのまま抱き寄せて) -- 数多 2010-10-20 (水) 00:41:07
      • わ。(抱き締められたのが突然だったので、少し驚いた声を出すが、すぐに抱き返して)
        照れてる。可愛いね、数多くんは……(くすくすと喉奥で笑いながら、後ろ髪を撫でて)
        -- 2010-10-20 (水) 00:58:32
      • ……くうぅ、そんな事言う奴だったっけ、響は……(実の所、未だに教壇で先生言われるのも少しむず痒い)
        …………この服、生地うっすいな。 -- 数多 2010-10-20 (水) 01:16:26
      • それなりに色々経験してきましたから(おかしそうに笑み)
        …え、あ、そ、そうかな……?(若干慌てた様子が声に見て取れる。数多の言葉どおり、ボディラインを浮き出させる生地は学生の頃からも成長した響の身体の柔らかさを伝え)
        -- 2010-10-20 (水) 01:32:11
      • まったく、敵わねえな……(溜息交じりに苦笑、でも……こういうの空気が決して嫌いではなかった)
        ……ん、うん。(少し身体を離すと、おなかから胸にかけてをつい、まじまじと見て) ………何処で買ってきたんだい、こういうの。(少しムラついた表情で見つめて) -- 数多 2010-10-20 (水) 02:07:30
      • (視線を感じると恥ずかしそうに胸の下で腕を組み)あー……何か酒場の近くでフリマやってて、つい。
        って、やらしい目してるよ数多くん(ジト目で見つつも満更ではない様子で)
        -- 2010-10-20 (水) 02:17:05
      • (腕を組んで、自然押し出された胸が迫ってきて)へぇー………つい。
        へっへっへ。 否定はしねー、最近ご無沙汰だったし?(指でふよっとつつきながら、顔と顔を近づけて) -- 数多 2010-10-21 (木) 00:56:53
      • わぁ、発情モードだ……ん、もぅ。
        (嘆息しつつも唇を突き出し、近づいた顔のそれと重ねる)……ん、ふ……
        -- 2010-10-21 (木) 00:58:57
      • へへぇ、ん……っ(にぃっと笑顔を見せから、唇を合わせてすぐに舌を割り入れてくる)
        は、む……っ、んっ(舌を絡めながら、肩を持ってゆっくりと倒していく) -- 数多 2010-10-21 (木) 01:12:26
      • んっ、ちゅ……ちゅむ、は、ぁ……(舌を絡ませ、互いの唾液を交換して。口を離すと潤んだ瞳で見上げる)
        あ……ベッドでする? それともこのまま……?(と、囁く声には期待感が漏れ出ていて)
        -- 2010-10-21 (木) 01:16:04
      • (顔を離せば、つうっと二人の間に糸が引く)……響も、そういう顔してるじゃん、へへ。
        ん…っ、このまま。 したい。(頬に当てた手を首を伝って胸元まで滑らせて)
        (……………脱がし方…わかんねえ………まぁ、いいや、このままで) -- 数多 2010-10-21 (木) 01:45:58
      • わ、私そんなエッチじゃないし……(などと言いつつも、掌で数多の股間をさする)
        んっ、ぁ…(あ、脱がせるの諦めたのかな、とどこか頭の中の冷静な部分で考えつつも、触れる手に身を任せ――)
        -- 2010-10-21 (木) 01:50:47
      • ――
        ―――
        ――――
        ―――――(貪るような行為の後。 まだ日の昇り始めた直後に魘されたように目を覚ます)
        …………っ、っは……(隣では生まれたままの姿の恋人が安らかな寝息を立てていて、優しい現実に少しほっとする。 とはいえ)
        はぁ…………く、そ。(今、青年の胸中に迫る焦燥はかつての比ではなく。) -- 2010-10-21 (木) 10:16:00

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

大学部研究室 Edit

解説
大学部。卒業後も学園に在籍する者が研究を行いその結果などを発表したりする
http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=%B3%D8%B1%E0%2F%A5%B3%A5%E1%A5%F3%A5%C8%2F%C2%E7%B3%D8%C9%F4  http://notarejini.orz.hm/?cmd=diff&page=%B3%D8%B1%E0%2F%A5%B3%A5%E1%A5%F3%A5%C8%2F%C2%E7%B3%D8%C9%F4
お名前:
  • 研究室 -- 2012-12-29 (土) 23:07:08
    • さて、ほんの少々だけど人が増えているわけだし……僕も先輩としていろいろ見に行こうかな、ははは。……とはいえ。
      どこに遊びに行こうかなあ。 -- ザンマ 2012-12-29 (土) 23:08:19

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

ShcooNet Edit

+  ShcooNet
  • セックス!
    • はやっ!?-- 

裏テーマ

ノートのきれはし Edit


Last-modified: 2010-11-02 Tue 23:19:10 JST (3276d)